「はてな匿名ダイアリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: はてな匿名ダイアリーとは

2019-03-26

ここがはてな匿名ダイアリーけぇ…

なんともチンケな頁(とこ)だのう!

2019-03-25

はてな匿名ダイアリー見てるとみんなまじできめぇなあ。 真面目っぽい感じのゴミって世界一ゴミなんだよなあ。

はてな匿名ダイアリーで、3ヶ月で2000ブクマを稼いだ方法(2019年

まぁ、たぶん上には上がいると思う。

露骨釣り話を書いてる人とか見かけるし。


でも、どうしてブクマ稼げたかは謎です。

さつきとメイって命名、雑じゃねぇか?

これとか、以前の増田なら100どころか10どころか1ブクマもつかなかったのでは・・・

ブクマ記事の選別はキッズ化してるのに、昔のネタで盛り上がってるということは・・・

ボケ始めたおじいちゃん的な・・・???

2019-03-20

最近増田雑感

例えば10年間位の収監されていたような人物がいたとしよう。

その人物収監される以前は重度の2ちゃんねらーだった。

獄中では釈放後に投稿することを夢見てネタを暖め続けていた。

「このネタレスすれば、きっと受けるぞ……」

だが釈放されてみると世の中はすっかり変わっていた。

彼にとっての安住の地であるかつての2chはなくなっていた。

(実際には5chに名前を変えただけなのだが)

仕方なく「はてな匿名ダイアリー」を利用することとした。

ガンダム話題はいまだに有効なのかと感心したりしている。

そういうような雰囲気を感じる。

2019-03-15

初めてはてな匿名ダイアリーを使ってみて

私は準ニートだ。

友人も少なく恋人も居ない、すべきこと(就職活動)はあれど、する気は一切起きないクズ野郎だ。

溜める資格も無いのは重々自覚しているが、こんな無職もどきでも日々の鬱屈は溜まる。

かに話すのが一番良いんだろうが如何せん友人も居ない。

先程、ちょっとしたこと投稿してみたら、すぐに言及された。

ほぼ引きこもりの私は久しぶりに人と会話した気になり嬉しかった。

こういうユーザー同士の距離が近いTwitterや反対に遠い5chの真ん中の様な場所に少し救われた。

ただそれだけの話。

2019-03-13

このWebサイトのノービスユーザーだが利用雑感を記す

 私は、このWebサイトのノービスユーザーだ。

 一ヶ月程度このWebサイトを利用した雑感をここに記す。

 エキスパートユーザーから見ればおかしな点もあるかもしれない。

 その場合は、ぜひご指摘いただきたい。

このWebサイト一言で言うと?

 「長文投稿できるいつまでも履歴が残る匿名チャットサイト

このWebサイト専門用語について

 「はてな匿名ダイアリー」のユーザーは「増田」と呼称される。

 まず「はてな匿名ダイアリー」が「アノニマスダイアリー」になる(なおアノニマスとは匿名意味する)。

 さらに「アノニマスダイアリー」を縮めて「マスダ」「増田」というなりたちだ。

 「言及する」機能はかつては「トラックバック(トラバ)」と呼ばれていたらしい。

 現在もその名残でトラバと呼ばれることが多々ある。

 その他「はてなブックマーク」のコメントブコメと呼ばれる。

告発サイトではない

 「日本死ね」で知名度を高めたためか、ここを告発サイトだと誤解している人がいるようである

まれがちな話題

 プログラミングハイテク機器アニメ漫画学校会社政治犯罪貧富の差性差料理などの話題を好むユーザーが多いようだ。

 また話題は「はてなブックマーク」のホットエントリー(ホッテントリ)とも連動しがちである

特定ユーザーについて

 このWebサイト匿名だがコテハン的に存在を把握されているユーザーもいる。

 彼らは基本的には名前を名乗るのでなく独特な行動から周知されている。

投稿時の空改行の仕方

 半角スペースを入れる。もしくは3回改行する。

 (改行がないと見づらいので、これだけは覚えてもらいたい)

投稿時間帯について

 投稿時間帯は午後六時~深夜零時あたりがピークのようだ。

 なお土日にはユーザー数が増えるかと思っていたが逆に減るらしい。

 このWebサイトユーザーは案外健全なようである

投稿数について

 毎日夜中の12時に投稿される「増田統計」というものがある。

 それによると1日あたりの投稿数はおよそ2000程度らしい。

 そこから考えるに投稿ユーザー数は300~500人くらいだろう。

 (少なくとも2000人以上の投稿ユーザーはいないということになる)

 このWebサイトはそれなりに知名度の高いWebサイトだと思っていた。

 しかアクティブユーザーは案外少ないのかもしれない

 一般ROM投稿ユーザー十倍いるという話だ。

 そう考えるとこのWebサイト訪問者は3000~5000人くらいではないか

 (投稿アカウント必須からROMもっといか?)

投稿文字数について

 最初投稿はある程度の文字数(400文字程度?)が求められる。

 返信がついた以降はチャット的な運用メーンとなる。

 一時間に数回程度は数千文字単位の「渾身の増田」が投稿されることもある。

 彼らは基本的投稿したらおしまいで、あまり返信しない傾向にある。

 文字数は多ければ多いほど良いとは限らず大抵の長文投稿はほぼ読まれない。

 なお文字数確認できた投稿の中では21838文字が最大。

文章読解の難易度について

 文章読解の難易度(可読性&文章量)が高くなると読まれなくなる傾向がある。

 しかし、難読長文投稿でもなぜかヒットすることもある(この現象はいまだ解明できず)。

 読まれる難読長文投稿と読まれない難読長文投稿の差はどこにあるのだろう。

正論は読まれない

 正論は読まれないというのは、この手のWebサイト共通するポイントである

 だからといって見え透いた逆張りもまた同様に反応されない。

 反応が欲しいなら正論でも暴論でもない絶妙バランス感覚必要となる。

ブックマークコメントが欲しいとき

 ブックマークコメント対話的な方法論ではなかなか得られない。

 ブックマークコメントが欲しいときは「お題」「大喜利」を意識すると良いだろう。

 (100文字までの文字制限があることも留意しなければならない)

流行話題について

 このWebサイトにおいても流行話題らしきものがある。

 このWebサイト匿名サイトではあるが背景は実在人間だ。

 おそらく隙間時間流行話題について思案しているのだろう。

 (数日から数週間程度の間は流行話題がしばしば投稿される)

同じやつだな

 文体が特徴的だったりすると「同じやつだな」と思うことがある。

 同じやつが同じネタ投稿を繰り返して、たまたまヒットすることがある。

 そういう時は「成し遂げたな」という気分になる。

このWebサイト投稿する利点

 一般人の文章読解力や理解力を把握することができる。

2019-03-12

anond:20190312125106

投票行動はてな匿名ダイアリー書き込みすることは両立可能なので

そのような論点はただの捏造でありそれによって私がはてな匿名ダイアリー書き込みすることを批判することはただの言い掛かりだと思います

2019-03-10

女子ソシャゲ同担拒否

オタクもすなるはてな匿名ダイアリーといふものを、私もしてみんとてするなり。


私は、彼が好きでした。

ひと目みたときから彼が好きで、彼の声も、表情も全てが好きでした。

彼に見合うアバターを作り上げ、それに自己投影し、彼との空想を書き連ねることもありました。

グッズが出れば買い集め、イベント限定衣装が出れば課金をしてガチャを回し。

彼を好きすぎるあまりに、いつしか同担拒否となっていました。

まるで自分正義だ、とでも言っているようですが、他人迷惑をかける同担に仲間だと思われたくなかったというのもひとつ



今は、彼が好きなのか、分からない。

彼のことは好きなはずなのに、彼の顔を見ることができない。

近く開催される人気投票が、恐ろしくてしかたない。

いかに彼を応援しているか、彼を好きな人どうしで争わせる運営の気が知れない。

私は同担と関わりたくないから、隅の隅に隠れて、誰にも見つからないままでいたかったし、誰ともかかわりたくなかった。

同担がどれだけいるかなんて、知りたくない。私が好きな彼を好きでいる人の存在なんて、見たくない。

でも、彼のためなら私は、同担と争わなければならない。

争わないという選択肢は、どこにもなかった。


一度でいいから見たかった展示物は、不運が重なって見ることもできず。

から次へと販売されるグッズに追いつけず、彼のために何もできないと自分を責め。


きっといつか私は、彼を好きでいることに疲れてしまう。

そうなるぐらいなら、彼を好きでいる今のうちに、グッズを全て売り払い、アプリも消してしまおう。

でも、彼のグッズを手放すのは、彼への気持ちまでも捨てているような気がして。



そうして今日も、テーブルには彼のグッズが並び、鞄には同じ柄の缶バッチが整列する。

2019-03-07

anond:20190307201910

キモくて金のないおっさんの話を読みたくないのであればはてな匿名ダイアリーを見るのをやめ休憩するという選択肢もあります

ご自愛ください

anond:20190307133936

リー最初微妙論点が離れていると思います

そのようなまとめブログWiki等を用意したところでそれを積極的に読み

キモくて金のないおっさん社会問題について真剣勉強しようという人がほとんどいないという問題があるのは同じで解決にはなりません

またはてな匿名ダイアリー上においては逐一会話内容書き込みするのではなく

このサイトのこの場所にこの問題には書いてあるから読んでくださいという形で

書き込みの労力を少なくすることは可能ですが

そのような書き込み方に変えたところでキモくて金のないおっさんのためにURLの先に飛んで熟読するような方が多くいらっしゃるとも思えないので

現状まとめサイトなどを製作する意義は低いと考えています

今は問題を整理するときではなく問題存在することを多くの人に認知してもらう段階であると考えています

また上のような問題以外にもはてな匿名ダイアリー上での議論をまとめるというのはシステム上相当な困難があるとも思います

自作自演いくらでも可能ですし

このような証言がよせられましたというような形で記事の紹介をしてもそれが自作自演であるなどと

因縁を付けられてしまえばこちらとしては反論仕様がありません

初めてはてな匿名ダイアリーを見ました

すごく暴言がたくさんあってびっくりしました

入籍前夜

3ヶ月前のクリスマスイブプロポーズされてから今日まであっという間でした。

両親への挨拶、両家顔合わせ、結婚式場探し、新居探し、家具家電選び

交際1年未満かつ私はまだ20代前半ということもあって父には最初かなり渋られましたが、挨拶後には彼を気に入ってくれ、とんとん拍子に話が進みました。

ベタマリッジブルーにもなりましたが

数日でけろっと元どおり、脳内お花畑に戻りました。本当に単純な性格でよかった。

毎日朝起きた瞬間から幸せ気持ちで、婚約者のことを思うと心が明るくなって

彼はとにかく優しくて優秀で表情が可愛くて素敵な感性を持っていて、自分と私の周りの人を大事に扱ってくれて、小さい男の子みたいなことをするけどかっこよくて紳士的で、わたしにとって世界一ヒーローなのです。

こんなに素敵な人と結婚できるのだから、最高に楽しい生活を送りたいです。

数十年間同じ人を愛し続けて良い関係でいることって相当な努力必要なのでしょうね。

どうしたらいいのだろう。答えは最後最後しかからないと思うので、これからずーっと答えを探し続けようと思います

どうか、私達の未来が暖かく素晴らしいものとなりますように。

絶対そうなるよう良い妻になれますように。

から大好きな友達みんなで独身さよならプチパーティーです。

婚約者さんお仕事早く終わるといいな


インスタにもfacebookにも書きたくないし、かと言って日記に書くのはこっぱずかしいので初めてはてな匿名ダイアリーというものを使わせていただきました。

こんなどこかの小娘ののろけを読んでくださったそこの優しいあなたにも楽しい幸せなことが訪れますように。

anond:20190307123518

私は面白いからやっているのではなくキモくて金のないおっさん差別問題について訴える際に

ブログなどを開設して記事投稿しても誰も読まないため

仕方なくはてな匿名ダイアリーを利用しているというのが実情です

キモくて金のないおっさん存在社会問題として認められブログなどで議論が活発に行えるようになれば

はてな匿名ダイアリーを利用する必要もなくなると思いますがそうなる日はまだまだ遠いようです

2019-03-02

電子書籍の「遺産相続」はどうなるのか?

 当方は紙の本と電子書籍に同じ価値はないと思っている。

 それは大半のネットユーザーも同様であると思っていた。

 しかし、どうやらここ「はてな匿名ダイアリー」においては電子書籍を推すものが多いようだ。

 さて、電子書籍派の皆さんは「遺産相続」についていかがお考えだろうか?

電子書籍は面倒

 はじめに断っておくが、この話はそれなりに面倒くさい。

 この「面倒くさい」という点が話のメインである

 電子書籍を避けたがる人間の中には、こういった面倒くさいことを考えたくない人間も少なからずいるだろう。

 (なお電子書籍定義曖昧であるきらいがあるようだ)

 (本投稿における電子書籍商品としての電子書籍とし無料PDFなどは除く)

質量のある電子書籍質量のない電子書籍

 一言で「電子書籍」といっても質量のあるものとないものがある。

 質量のあるもの(コンテンツカセットなど)の場合、紙の本と同様に法的には所有物とされるはずだ。

 であれば所有者が死ねば所有物として遺産相続対象となるだろう。

 (もしかするとエンドユーザーライセンスで利用は禁止されているかもしれない)

 問題質量のない電子書籍だ。

所有権ではなく使用権

 質量のない電子書籍は法的には「所有権でなく使用権」とされるらしい。

 このあたりは「プラットフォーム規約」によるので一概には言えないが。

 気になったのであれば、お使いの電子書籍プラットフォーム規約確認していただきたい。

 (なにより面倒なのが電子書籍規約によって、その扱いが異なる点だろう。そして規約は無数にある)

 で、使用権個人に与えられるもの死ぬ消滅するのだという(※要規約参照)。

 この時、天涯孤独の身であれば話はシンプルで死んで誰に迷惑がかかるでもない。

一家に一冊?一人に一冊?

 例えば紙の本なら、同じ本は一家に一冊あれば十分だろう。

 電子書籍場合、「一家に一冊」というような言い方は成り立つだろうか?

 ここでもまたもや規約によって扱いは異なる、ということになる。

 仮に「家族単位での共有のような扱いが許可されている」とする。

 (なお許可されないのであれば電子書籍が人数分必要から「紙の本より数倍高額な価格設定」というだけだ)

 その場合、最悪のパターンが「一家電子書籍の名義がすべて一人に集中しており、その人物死ぬ」ことである

 そうなると、一家単位電子書籍がすべて消滅することになる。

不正アクセス禁止法

 名義の持ち主が死んだとき遺族は速やかに規約に則った手続きをとらなければならない。

 手続きとは名義の持ち主が死んだことを通告するか、アカウントを削除するかなどだろう。

 そうなれば当たり前だが名義と関連付けられた電子書籍の内容を見ることはできなくなる。

 もしも名義の持ち主の死後も遺族が死者の名義でアクセスすれば不正アクセスということになるはずだ。

 不正アクセスは現行の通称デジタル万引き(違法ダウンロード)よりも重罪である

 静止画ダウンロード違法化がどう転んでも犯罪行為というわけだ。

 さて、あなた親族ITリテラシーは十分だろうか?

電子書籍は本当に遺産相続できない?

 「使用権であり所有権でない」というプラットフォームの言い分は通るだろうか?

 あるいは電子書籍の「使用権を持つもの死ね使用権消滅する」という仕組みは国民の持つ感覚とかけ離れたもの判断されるかもしれない。

 将来的に法改正などがあり電子書籍がすべて遺産相続対象となる可能性もあるのかもしれない。

 もっとも、その可能性は限りなくゼロに近いだろう。

 誰か正解を知っているだろうか?

 恐らく、正解は実際に裁判などしなければ分からない類のものではないだろうか?

相続待ち作戦

 もし電子書籍遺産相続が認められるのであれば、それはそれで問題ではある。

 電子書籍相続できるならそれを見越した行動がデフォルトとなるのだ。

 電子書籍はかさばらないし、劣化もしない。

 劣化しないデジタル資産遺産相続できるのであれば、やがて飽和するだろう。

 身寄りのない老人から気まぐれで電子書籍相続できる可能だってある。

 「待っていれば無料電子書籍相続できる」可能性があるなら、個人としては敢えて購入しない戦略もありうる。

 名づけて「相続待ち作戦である

 (身寄りのない老人の相続狙いだけなら「親族でなければ相続できない」などとすればいいのだろうが)

 (まぁ、恐らく電子書籍遺産相続することはできないだろう)

無意味な指摘か?

 もっと電子書籍ユーザーは事前に電子書籍について十分調べているはずだ。

 流石に遺産相続ができない可能性に気づかず電子書籍を買いあさっているような人間実在しないだろう。

 恐らく、新聞雑誌などの紙媒体で捨ててしまっても惜しくなかったもの電子書籍で買っているのだろう。

 もしくは遺産相続など最初から考慮していないか、生涯一人暮らしの決意を持つか、といったところか。

 しか電子書籍布教しようとするとき遺産相続の点を伏せても騙しきれるわけがないと思うのだが、どうだろう?

出版社見解は?

 まさか出版社が「電子書籍遺産相続」の面倒くささについて把握していないわけがないはずだ。

 であるにも関わらず、その点について特にアナウンスがない点を不思議に思う。

 電子書籍ではなく紙の本を売りたいなら、この点をアピールして電子書籍ネガティブキャンペーンすることだってできたはずだ。

 順当に考えると出版社としては「名義の持ち主が死ねば、もう一度全部買いなおせ」といったところなのだろうが。

 読者の側からすれば「電子書籍で安くなる」どころか「人数分購入する」羽目になり、逆に高くつくのである

電子書籍は「遺産相続」を考えると、途端に面倒くさくなる。

 以上に述べたとおり、電子書籍遺産相続を考えると途端に面倒くさくなるのである

 紙の本なら、扱いはきわめてシンプルで、こんな面倒くさいことはないのに。

 恐らく、今後この問題が表面に浮上してくるだろう。

 今のところ表立って問題視されていないのは電子書籍ユーザーがまだ若く死んでないためではあるまいか

 あるいは水面下ではすでにトラブルが発生しているのかもしれない。

2019-03-01

「2ch」「はてな匿名ダイアリー」なんて

ちょっと前まで引きこもり楽園だったような気がするな

子供部屋はついに焼かれるのか

2019-02-20

[] はもうダメかもな。真偽が不明の段階でネットリンチ公認

どんな増田

アプリ紹介したら訴えられたって設定の増田投稿される。

そこまでならOKだが、増田記載された アプリTwitter垢 も 事務所弁護士も それぞれ実在する。
わかっているのは、公開裁判前であり、真偽が不明ということである

真偽不明状態公人ではない人物を祭の道具にするのはよろしくないよね? ・・・という事で「はてな」の運営にご連絡。

以下、「はてな」の 運営 回答そのまま

anond:20190220183022

anond:20190129181517

については記事確認できませんでした。


通常、ご指摘いただきましたような第三者摘示しての記述について、その言及理由が、その業務活動

公的投稿発言などに関する問題摘示するものであり、さらに、法人などの公開情報掲載している場合

必ずしもプライバシー侵害には相当しませんので、はてな匿名ダイアリー以外のサービスにおいては、

即時削除対象はいたしておりません。


また、はてな匿名ダイアリーでは、当事者から削除依頼がありました場合削除対象としています


ただ、今回ご指摘いただきました記事のうち

anond:20190220192222

については、当事者から公開をしないよう要請を受けた旨記載されており、明確に、当事者掲載

望まない内容であることが第三者から確認可能でした。

そのため、上記ルールに準ずる対応として、記事を非公開としています

運営記事確認できませんでした

・いや内容の確認は出来てるじゃん?
そもそもログを取らないサービスってあり得るの?(無いです)
増田 から はてなblog に移せば良い(anond:20190220212202)という問題でもないよね?

anond:20190129181517 は完全な別件。実在する住所物件公人ではない実在するかは不明人物名(フルネーム)を記載し、ここに住んでいる人たちが不安になるような不穏なことを記載した

株式会社はてな公認ブクマが盛り上がっているようで

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/yowai-otoko.hatenablog.com/entry/2019/02/20/210633

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20190220192222

公開裁判前で情報開示されてないのにね。ネットリンチが出来れば良いのですよね。わかります

anond:20190220212202 anond:20190220224036 anond:20190221002736 anond:20190221004224 anond:20190221010921 anond:20190221050338 anond:20190221102553 anond:20190221105021 anond:20190221135445 anond:20190221140426 anond:20190221141419 anond:20190221152045 anond:20190221175153 anond:20190221181004

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん