「ナンバーワン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ナンバーワンとは

2022-05-10

anond:20220510105309

この話は追ってないからよくわかんないけど

サークルクラッシャーサークルクラッシュした、って話と

ナンバーワンホストに振り向いてほしくて風俗で金を稼ごうとしたけど客がキモすぎて逃げた、って話だけじゃないか

最初から「やっぱアルファオスとしかセックスしたくないです」って言えばここまで大ごとにならなかったと思うよ

目的アルファオスからは嫌われるだろうけど

 

まぁこ女の子が哀れだと思うなら、話が拡散しないように外部の人間はとやかく言わないことだと思うよ

2022-05-04

やっぱり無職ナンバーワンなんだよなあ!

この休んでも休んでもまだ時間が余ってる感覚が最高なんだよなあ!

労役拘束時間長いしつまんねーし給料安いし興味ないしおもんないし最悪すぎる

やっぱ無職しか勝たん 労役違憲

2022-04-29

外は危険が一杯すぎる!!

車はビュンビュン走ってるし

心療内科に行けば放火されるし

船に乗れば沈没する

やっぱり家がナンバーワン

2022-04-15

最近読んだBLではない本と、関連BL本・関連するがBLではない本。(ネタバレあり)

 けっこういい感じに分厚かったけど、半日没頭して読んでしまった。

流浪の月』(凪良ゆう)

 来月辺りに広瀬すず松坂桃李の主演の映画が公開されるし、TSUTAYAに行けば売れ筋ナンバーワンとしていっぱい平積みされているので、わざわざ私が紹介しなくてもいい気がするが……。

 著者の凪良ゆう先生BL小説家としてデビューした人気作家。数年前からBLレーベル外の小説も書くようになった。『美しい彼』『わたしの美しい庭』『滅びの前のシャングリラ』など著書多数。

あらすじ

 主人公の更紗(さらさ)は、風変わりな両親に愛され、自由奔放で健やかに育っていた。だが、平和な日々は突然瓦解してしまう。天涯孤独となった更紗は伯母の家に預けられたものの、普通の家庭に馴染むことが出来ない。居場所のない彼女放課後、独りきりで公園に行き、ベンチに腰掛け読書をして時間を潰すようになる。

 公園には更紗以外にもう一人、ベンチの常連がいた。更紗の学校の友人達からは「ロリコン」と呼ばれる、痩身の若い男。彼は毎日、暗い目で女児達の姿を追っていた。

 更紗が伯母の家での暮らし限界を感じた夕方、これまで更紗に対して無関心を貫いていた「ロリコン」が彼女に近づいてきて……。


増田感想ネタバレあり)

 ざっくりと言えば、かつてTwitterとかでフルボッコにされた伝説の『幸色のワンルーム』(はくり)みたいなストーリー。傍目には、猥褻目的誘拐犯に性犯罪被害者が懐いてしまストックホルム症候群しか見えないけれど、実は訳ありのお兄さんが虐待を受けている女の子を救い、それをきっかけに強い絆で結ばれ、唯一無二の関係性を築いた二人の物語

 なんか物議を醸しそうな筋書きだけど、今のところ『幸色のワンルーム』のようなボコられ方はされていなさそうだし、これからもそうはならないかもしれない。

 ただ、レビューを見てみると、猫も杓子も作者が読んで欲しいように読んでいるというか、「事実真実とは違うということがわかりました。わたし無理解から他人を傷つけないように気をつけてようと思いました」と多くの人々が判を押したように書いていて、道徳時間小学生じみていて、うすら怖い。一体どうした、みんな真面目か。

 まあそれは置いといて。『幸色―』よりは好意的に受け入れられているっぽいのはたぶん、そもそも挿し絵無しの小説なので、女児可愛い言動性犯罪被害を描いてもそれを「性的消費」目的で書かれたとは思われ難いというのがあるのかなと思う。それに、物語全体のうち、被害者女児誘拐犯の暮らしが書かれた部分はそんなに多くない。それより、更紗が事件以来、15年の歳月をどのように生きてきて、現在はどんな風に暮らしているのかに多くのページが割かれている。そして、更紗が性的虐待を受けている場面や、彼女にとってはしんどいだけの性行為の場面は、心情はリアルに書かれても行為のものは生々しく描写されはしないので、虐待描写オカズ化は防がれている。そういう意味では安心

 未成年略取という犯罪に夢見すぎという批判はあると思う。だがそれも罪を犯した文(ふみ)の内心が吐露される章で緩和されるのかな、たぶん。

 現実にも起こりうる、子供被害に遭う犯罪とその冤罪当事者しか真実は知らないはずなのに憶測が飛び交い、被害者加害者ともにオーバーキルとなるほど晒し者にされ平穏日常生活を奪われ追い詰められること。そういうことを物語ネタとして取り上げることの良し悪し。それについて私自身がどう思うのかといえば、良しとも悪しとも言えないなぁという歯切れの悪いことを言うしかない。

 個人的好き嫌いのことをいえば、センシティブネタほど「逃げの一手」を打たない方が好き。例えば近親相姦もので実は血が繋がっていなかったのでセーフでしたとか、小児性愛者が未成年略取の罪を犯したと思ったら実はそいつ小児性愛者ではなかったのでセーフでしたとかいうのは、何がセーフじゃ甘えんな! もっと業に正面から向き合えと思う。

 『流浪の月』はどうだったかといえば、文は実は小児性愛者ではなかったので、そういうとこは私のあまりきじゃないものの類なんだけれど。だってたぶん多くの読者が「更紗と文にはこれからは静かなところで幸せ暮らして欲しい」とレビューに書いているのって、文が「安全な人」だとわかったからで、もしもまじもんの小児性愛者だったら同じ感想が出るか? っていう。なんていうのか、結局は罪を軽減して世間並に受け入れられるレベルまで物語引き下ろした感が出てしまうというか。それで事実真実は違うよねーと言われてもなって感じがする。

 だが、文がなぜ自らを偽ってまで小児性愛者のふりをしてきたのか、その事情と心情があまりにも切々と書かれていて胸を打たれたので、私の個人的好き嫌いとかどうでもいいかもう、と思い直した。

 事実真実は違う。人それぞれに抱えているものがあって、それを他人が何も知らない癖に常識だのなんだのを笠に着て叩くことが許されようか? 本作のテーマはそんな感じだが、幼い頃の更紗を育んだ家庭や、大人になった更紗に関わる人々などを、更紗が許容するもの・拒絶するものに、そうは言ってもな……とちょっと疑問が残るようになっているところが良いと思った。

 たとえば、母親が無理をせずに幸せであることは大切だとして、更紗は彼女自身母親や、同僚の子持ち女性自由奔放ぶりを許容する。ところが更紗の母親と同僚女性は娘の物分りのよさに甘え、自分恋愛にかまけて娘を放置するという全く同じ行動をする。だが、その結果は大きく異なる。更紗は母親に遺棄されたせいで理不尽辛酸なめることになったが、同僚女性の娘は放置されたものの完全には棄てられず、それが切っ掛けで更紗と文という年の離れた友人に出会い精神的に救われることとなる。同僚女性は更紗と文という協力者を得たお陰で、娘を遺棄せずに自分人生も大切にできたとも言えるかもしれない。同じ事が起きても結果は違う。これを人それぞれと言うか、そんなんただの運だから最初からちゃんとしているに越した事はないと思うか。現実としては、周囲から親にかけられるプレッシャーのお陰で子供が守られているという事も、往々にしてあるが……? などと、ちょっと考え込んでしま余地が読者には与えられている。

 一方で、更紗はDV気質のある恋人の亮のことは、交り合うところが一つもないと拒絶し切り捨ててしまう。亮がなぜDVを止められなくなってしまったのか、その理由を知っていながら、理解共感彼女拒否するのだ。母親が我が子を遺棄することには同情すら示すというのに、DV男はどんな事情があれどもダメであるというアンバランスDV男は許してはならない、そんな奴からは早急に逃げるべきだというのは正しい。ここを違えたら今時の読者には受入れられないのは想像に難くないが、世間へのご機嫌取りとも思えない、あえての偏った描写なのだろうか。と、ここにも悶々と考えさせられる余地がある。

 また、他人無理解によって苦しめられてきた更紗もまた無謬の人という訳でもなく、無邪気な思い込みで発した一言で文を深く傷つけたのに長い間気づかず、文の真実を知らないままであった。それは、読者が安易に更紗と自己を同一視して気分を良くするだけにとどまるのを阻んでいる。更紗が文の真実を知った時、それまで更紗と一緒に被害者意識を持って、解っていない人々を糾弾出来る立場にいたはずの我々は、自分達が解っていない人々と同じ穴の狢であることに気付かされ、ショックを受けるのだ。

 後半、読者目線では余裕で予想できる破滅的な結末に向けて、更紗と文が善意ちょっとした人としての良識を発揮したせいで転がり落ちてゆくところは、はらはらしてつい目が離せなかった。それはダメだ、善意でもやったらいけないやつだと、更紗達を批判することを、圧巻の心理描写妨害してくる。簡単に教訓を得ていい気分になって読み終えることを許してはくれない。それがこの小説のすごい所なのかなと思う。

 にも関わらず、レビュー者が判を押したように教訓を得た事ばかりを書くのは、この小説安易共感を読者に許さない、熟考を強いてくるからなのかもと私は思った。そう易々とは自分意見を書くことが出来ないから、かえってテンプレみたいな感想を書いてお茶を濁すことになるのだ。


さて、以下は凪良ゆう先生BL作品の紹介と、『流浪の月』とテーマが似ていると思う作品とかの紹介。

『美しい彼』(凪良ゆう)※BL小説

 主人公平良吃音を持っているせいで上手く喋ることができず、学校生活の中ではスクールカースト底辺に追いやられていた。両親に心配をかけることを畏れた平良は、イジメターゲットにならないように極力目立たぬよう、息をひそめて暮らしている。

 そんな平良は、高校二年の新学期、同じクラスになった清居(きよい)に一目惚れをしてしまう。清居はスクールカーストの頂点に君臨し、陽キャの面々に一目置かれながらも孤高にマイペースを貫く、まさに王者である。そんな清居とそのしもべ達から奴隷のようにこき遣われる平良だったが、清居が気まぐれに差し伸べる暴力的な救いの手や、逆境ものともしない凛とした姿勢に心酔する。やがて平良は、清居の一兵卒から立派なストーカーへと進化していくのだった……。

 凪良ゆう先生BL小説のなかでたぶん最も人気のあるシリーズであるイジメ被害者加害者カップリング主人公平良と、平良に惚れられた清居、それぞれの視点によって相手人間性共通体験についての見方ががらりと変わる。事実真実は違うとはまさにこのこと。

『にいちゃん』(はらだ)※BL漫画

 幼い頃、近所に住む「にいちゃん」に遊んでもらっていた、ゆい。彼はにいちゃんのことが大好きだった。ところがある日、にいちゃんが奇妙な遊びに誘ってきた。怖くなったゆいは、にいちゃんの部屋から逃げ出した。そこへゆいの母親鉢合わせたことにより、にいちゃん逮捕されてしまう。

 数年後。高校生になっても、ゆいはにいちゃんのことが忘れられず、親には内緒でにいちゃん行方を探していた。そして遂ににいちゃんと再会を果たしたゆいだったが、にいちゃんはゆいを怨んでいた。にいちゃんはゆいを拘束して動画を取り、それを脅迫材料として、ゆいを呼び出し、苛烈性的虐待を加えるのだった。


 ほんもの小児性愛者でしか性犯罪者の大人と、ストックホルム症候群高校生のカップリング虐待描写があまりにも凄惨で心を折ってくるので、性描写ゴリゴリにあるが抜けないエロ本みたいなことになっている。ヤバい奴に雁字搦めにされてしまった状況での愛は偽りなのかもしれないが、渦中にある本人にとっては本物に見える。その様を綺麗事なしに描写した怪作である


『私の男』桜庭一樹

 腐野花(くさりの はな)は、恋人との結婚をもって養父の腐野淳吾の手を離れることになった。花は幼いうちからまだ年若い養父性的関係を持ち、そしてもう一つ、誰にも言えない秘密を淳吾と共有していた。

 そんな花と淳吾の暮らしを、時の流れとは逆順に、章ごとに語り手を変えつつ描いた物語最後には花と淳吾の真の関係性が明かされる。

 はたからみれば養父から性的虐待を受ける女児物語だが、やはりこれも事実真実は違う系。ところが真実事実よりもどろどろとしていて、なのに純心であり耽美でもあるが、物凄い業の深さでもある。

 第1章が花と淳吾の別れの話で、それから章ごとに時を遡っていき、最終章家族を亡くして孤児になった花が淳吾と出会い養子になるところで終わる。

 私は初読の時に、まるでハッピーエンドのように終わるなぁと思ったのだが、再読したら別にハッピーエンドには思えなかったのは何故なんだ。もう一度読めってことかな、ハハッ。

 映画にもなっているのだが、映画版はまるで小さな悪女・花に淳吾が狂わされ搾り滓にされたみたいなラストだったから、あまりきじゃないな。


『つみびと』(山田詠美

 酷暑真夏若い母親は幼い子供達を部屋に置き去りにし、餓死させた。懲役30年の実刑判決を受けた母親を、世間の人々は好き勝手糾弾する。一体、母親は何故、愛していたはずの子供達を死に追いやってしまったのか? 母親自身の生い立ち、彼女祖母の代から続く凄絶な負の連鎖とは……。

 小説しか描けない現実があるとして、実際に起こった事件モチーフに書かれたフィクション小説である

 児童虐待と、世間の人々が助けたいとは思わないタイプ社会的弱者物語。著者の山田詠美先生自由女性恋愛小説を書く一方で、昔から社会の最下層にひっそりと生きる人々の事も書いてきた。中でもこれはすごい作品

 山田先生作品にしては珍しく、リベラル無責任で冷酷な一面が批判的に描写されている。

2022-04-13

東京はよくタイトルに使われるがそれ以外の都道府県はそんなにない

東京リベンジャーズ

東京アンダーグラウンド

東京大学物語

じゃあ大阪は?ナニワ金融道

東京ナンバーワンから使われる。やはり2位じゃ駄目なんだ。

2022-04-11

出会い系女子の思い出

休日暇つぶしに思い出すまま語る、基本的にだいたい20年前の話

   

童貞を捨てたかったがお店に行くのはなんか怖い……と出会い系で知り合った子。童貞を捨てた相手。当時多分25くらい。

※お店に行くようにもなってわかったが、自称素人よりお店の方が色んな意味はるか安全である

確か別3だったが行ける範囲ホテルが全部埋まってて野外で立ちバックでやった

やってる最中ゴムが破れてて気づかずがっつり中出ししてしまったが、元々向こう手持ちのゴムで装着も向こうがしたので、破れたの気付かなかったの?とあきれられただけで済んだ

言い訳をすると当時童貞で、そんな感覚の違いに気づくほど冷静ではなかった

二日後に「もう金がなくなったので今度は2で良いので会えないか」と連絡あり、あーこういう金銭感覚なんだと恐怖を覚えブロック

機械的に入れるだけだとセックスってぶっちゃけ大して気持ちよくないんだなと俺に教えてくれた子でもある。

   

出張で行った四国某市の出会い系で知り合った子。当時大学生

※18歳未満は絶対嫌だったので学生証見せてもらった

あんま可愛くなかったけど、けっこうノリの良い子で割と楽しくセックスした覚えがある

ホテル備え付けのゴムの装着がうまくいかず困っていたら、外出ししてくれるなら生で良いよと言ってくれたのでそうした

別2で会ったが、事後に値引き交渉してみたら、家の最寄り駅まで送ってくれたら1.5でいいというので送った

出会い系で会った子の中では当たりの方だった

   

当時の家の割と近くに住んでて、車で拾いやすかったので4回くらい会った

真剣に金に困っていたせいか、むしろガンガンに値引きしてくれた

自分真剣に金が無い時に向こうから会えないかと言われ、

今日マジで5000円しか出せないんですけど」と当然断られるだろうなと思いつつメールしたらOKでむしろ困惑

マグロなんだけど喘ぎ声が妙にエロくてけっこう楽しくセックスできた

他に会ってた男から性病移されたと聞いてブロック

数年後、子連れで道歩いてるのをたまたま発見し、はー無事?に生きてましたかと妙な感慨を覚えた

   

  • 紹介してもらった子

出会い系やってる男用の雑談掲示板みたいなとこで知り合って、酒飲むに行く程度には仲良くなったオッサンから紹介してもらった子

そのオッサンの定期さんで、でもオッサン一人だとなかなか金がたまらなくて、安心に会える別の男を探していたんだとか

超良い子で普通に明るい大学生で、セックスもノリノリで、「えっこんな子がどうして円を?」と真剣困惑した

会った子でトータルではナンバーワン

半年ほど仲良くさせてもらったが大学卒業で円とかそういうのを完全に辞めるってことでお別れ

最後にそのオッサンと3人でしたのは割と良い思い出

   

家庭崩壊してて実家から出る費用を貯めるために円やってた子

単純な見た目ならプロの嬢含めて会った中で一番良く、アイドルやってましたとか言われても違和感無いレベルであった

円とかやらずにその見た目を活かして真っ当に稼げる職で頑張る方がいいんじゃなかったかと今でも思う

ただまともな教育とかあんま受けられなかったのか、とにかく自己肯定感が低くて

自分みたいな人間が金を稼ぐには円しかない!」

と何故か信じ込んでいた

何気に今でも時々メール交換……というか向こうの愚痴聞き役が俺くらいしかいないらしく

増田さんて私の人生で一番長い期間接してる人ですよ」

ついこの前言われたのは、なんとも微妙な気分になった

   

同じアカウントでまったく見た目の違う子が来たとの情報があったので、

やんわり聞いてみたら、どうやら大学友達同士で円グループ運営していたようである

まあまあ可愛かった

ホテルでの別れ際に

「この後友達と飲みの約束があるんですよー」

と言っており、こっちがその辺で晩飯食べて歩いてたら、たまたまその友達と一緒に歩いてる姿を目撃

はー、オッサンと金セックスして、その後に男友達と飲みに行けるくらいのメンタルじゃないとこういうのやれんのやな、と妙に感銘を受けた

   

所謂援デリ業者の子。そのあからさまな送迎車やめーや。

見た目だけならベスト3に入るがマグロかつ喘ぎの演技も無く激萎え

縁起で良いからやっぱ喘ぎ声ってある方が盛り上がるんやなと強く思った。

   

から送迎車を(略

見た目もサービスも良かったのだが、妙にカサついた肌と変な口臭をしており

今にして思えばあれはひょっとしてクスリやってたんじゃないだろうか?

1回だけ会ってセックスする対象としては悪くなかったが、そういうプロとは2回目会いたくても逆に会えない

   

出会い系業者ガッツリ参入し始めた時期だったのか、一時期プロばっか引いていた

からその送迎車を(略

妙に辺鄙場所薬局駐車場で待つよう指定されたこと以外覚えていない

悪くはなかったと思う

   

ノーパンノーブラで待ち合わせ場所行きますよ!と向こうから言われ、実際やってきた子がけっこう可愛くてビックリ

本当にノーパンノーブラだった

高校卒業したばっかの新社会人で、若く、見た目は良かったがあまりにもマグロ過ぎてきつかった

これが10代の肌の張りってやつなのかー、と思ったことは覚えている

の子SNSを見ていたら、案の定常連ができなかったようである

演技で良いから愛想良くできない子は見た目良くても常連つかなくてだいたいヤバいことになる、これ真実やで

   

とある金の稼げない仕事をしており、割のいいバイトとして円をしていた子

金のためにやってる感をとにかくめっちゃ表に出してくる子で、こういうことやってるオッサンキモいよねみたいなことを平然と言ってくる

いや、そんなん言われんでもわかっとるわい

萎えたので30分でホテル出た

案の定常連ができず苦労していたようである

   

他にもいるけど最低限印象に残ってるのはこれくらいだなー

2022-04-10

anond:20220410085642

本人たちはワースト1位にしとるらしいけど、ワイにとっては電グルアルバムナンバーワンやとおもってるやで

2022-03-30

anond:20220330135634

https://youtu.be/Ekjj4oCsg88?t=95

三洋電機の元社長も言ってるけど

「私らがちょっと油断してる間にこんなに中国企業は成長していったんだなと」

「なんでもっと早くこういうことに気が付かなかったのかと」

80年代ジャパンアズナンバーワンというのがね自分では意識してなかったけどけども、やっぱりどこかにあったのかなという反省ものすごくさせられた」


やっぱ驕り高ぶって自滅したんだよなあ

2022-03-27

anond:20220327091334

あのさぁ!

レベルが高い=頂点じゃないとさ!

世界ナンバーワンを競い合ってるのがレベルが高いってことだよ!

2022-03-21

anond:20220321223951

アカデミック論破増田ちゃんwww

アカデミック論破」とか恥ずかしいワード馬鹿にされてるのにwwww

「言われて痛かった」www思っちゃうwwww


まじwwwwwまじwwwwお前最高だよwwww!!!

お前がナンバーワンだよwwww

anond:20220321063420

ワイは最強やからなぁ

増田ナンバーワンからそんなこと言われても動かざること山の如しやで

2022-03-20

JR東日本大嫌い

マジで常に満員なんだが本当に嫌だ

油断して乗ると後悔する会社ナンバーワン

2022-03-16

anond:20220316005244

役立たずで技術もないくせに偉そうなこと言ってんじゃねーよ。技術進歩文明建設は、弱肉強食の男たちが担っている。女は男と協力する以外、何の才能もないか人類社会は前に進めない。そして、あらゆる外来種と戦うことができる。日本人は、日本社会を外敵から守る責任がある。女は今の日本技術的に助けることは何もできない。オタクは最も知的であり、日本ナンバーワンの国になるように優遇されるべきです。そうでないと、お前ら女も一緒に滅びるぞ。

2022-03-01

anond:20220301083831

ジャパンアズナンバーワン世界時価総額ランキング上位独占→アメリカも全て買える勢いからくる驕り、それの栄光が忘れられずジリ貧による衰退、何も決められない政府、それを支持する国民平家物語日本人に刺さる理由がわかるわ。日本のものだもん

日本ナンバーワン反日左翼クソ」と叫びたいがために

臭い物に蓋して虚栄を張り気持ちよくなることを優先するウヨ

日本を衰退させる元凶だと気づこう

2022-02-21

anond:20220221194538

2ch自由を通り越して、無法だったから表舞台には出られないのだ

舞台に出られない奴はナンバーワンにはなれないのだ

オリンピックの食の祭典増田すまん定差のくょ市のくっピンリオ(回文

おはようございます

冬の北京オリンピックわっちゃったわね。

ビンドゥンドゥンが超可愛かったんだけど、

扉に挟まったビンドゥンドゥンに金メダルあげたいぐらいなんだけど!

でもみんなビンドゥンドゥンって言いたいのよ、

私もビンドゥンドゥンって言いたいもん。

きっとあなたもビンドゥンドゥンって言いたいでしょ?

そんでさ、

あと

あんまりというかほとんど競技は見なかったんだけど、

最後やってたカーリングテレビ付けたらやってたので、

見てしまったわ。

リードセカンドサードモグモグ

ポジションあると思うんだけど、

あの後ろで北海道物産展やってたら絶対美味しいもの取り扱ってるから行きたくなるわよね!

北の味自慢でお馴染みの菊水の生ラーメン試食をしていたりしたら、

ぜったいもぐもぐタイムそれ試食したい!って思ったし、

でもあれ案外最近浸透してきているので、

近所のマーケットの麺売り場で取り扱っていたから、

伊達カーリング人気あるんだなぁーって思ったわよ。

貢献してるわよね。

あのもぐもぐタイム

もぐもぐパート競技化して、

ストーン投げている後ろで

椀子そばみたいに一目で分かる競技感のある食のもぐもぐ祭典をしていたら、

絶対食べたくなるじゃない。

中国からたぶん中国にちなんだ食材の椀子そば的な競技にもってこれる食材がいいのかも知れないわね。

でも逆に言うと、

休憩中あれ何かもう食べないといけないとなると

食べるハードルが高くなるから

協議の内容とは別に

休憩合間のタイム時間にもぐもぐしてない!って

大荒れ大炎上必至必須紙一重的な感じでもあるし、

きっとこれ北海道物産展の人気の食材を扱うメーカー癒着してて

いやーモグモグして下さいよーって

もはやモグモグって言葉隠語になって

陰でモグモグのやり取りがされていると思うと

イオーシーって思っちゃうわ。

実際どうだか分からないけど、

現にうちの商品モグモグでって言ってるところもあるかも知れないわ。

そんでさー、

よくカーリング競技の後ろの場所で私がやって欲しいと思っている北海道物産展位置時計おいてあるじゃん

あれもやっぱり競技中考える時間が限られていて、

まさにモグモグタイムにふさわしいと思わない?

制限時間内に規定の椀子そばクリアしなくてはいけない!って

フィジカル運動得意な人だけがオリンピックで輝けるだけじゃなくて大食いの人もフィジカルオリンピックの表舞台で大活躍必至必勝みたいな、

ゆくゆうくは

ドキメンタル番組北京オリンピックの裏側で競技用椀子そばを茹でているスゴいスタッフを取り上げられていて欲しい

やっぱりここは麺の4000年の歴史は桁違いよね。

から

あの寒い中走って射的して最後鍋食べて温まる、

いや本当は温まる悠長なことは言ってられないかも知れないけど、

あのバイアスロンスタイル最後鍋!って競技もあったら、

きっと中国の人気の鍋で地域活性化!ってなると思うし、

競技最後の締めだけに鍋!って最後やっぱり中国から雑炊タイプではなくて麺で締めるタイプの鍋かも知れないわよね。

ますますオリンピックって

そう言う競技色強めの競技ばかりではなくて、

食の祭典といっても過言ではないぐらい地域物産が盛り上がるぐらい

地域各国でオリンピック開催地で美味しいものを紹介する!ってのがあってもいいと思うし、

やっぱりそこはカーリングの後ろのモグモグゾーン北海道物産展やって欲しいわ!

でもさー、

よくよく考えたら、

北海道デパート百貨店北海道物産展ってやるのかしら?

地元地元物産展ってなんかあんまりみんなテンション上がらないのかも?

逆もしかりよ、

九州九州物産展やってもあんまりテンションが上がらないぐらい、

これは北海道とか九州以外の地域九州物産展やるからこそ値打ち意味があるのであって、

地元食材って言っても

しかしたら中国チームのカーリングチームが

地元食材に慣れ親しんでいるので、

あんまりテンションが上がらない反面

でもさ

よくよく考えてみたら

逆に食べ慣れているからこそそのモグモグパートのところは強い強みがあるってことも考えられるじゃない。

から

なんとなく開催国開催国メダルの獲得数が多いのは

オリンピック村で提供される食堂定食地元定食だったたる所以なのかもしれないわね。

そう思うとなるほどなーって

開催国が強い意味がそう言うことだったんだなぁ。

から今回特に中国強いんだなぁーって

食は万里を越えるって言うぐらいだから

中国4千年の歴史クダリ豚肉1日7000キロタマゴ1日5万個鶏肉3000キロ餃子1日100万個!

ドーンっていうあの中国大陸感の迫力は全然違うわよね。

でもさよくよく考えたら億単位人口を抱えている割りには1日餃子100万って少なくないかしら?

でもこれも逆張りで、

中国からみんなが餃子大好き!だとは限らないってペコパさんが肯定するみたいに、

案外餃子餃子ゆーとりますけど、

そんな餃子毎日食べないわよねって、

関西たこ焼き器で物ボケしてよ!って無茶ぶりぶっ込まれるぐらい

餃子って思ったほど私たちが思ってるほど食べていないのかも知れないわね。

から宮崎県餃子消費金額ナンバーワンになるのよ。

でもでも

そう考えるとオリンピックの食の祭典は興味深いものがあるわ。

オリンピック村の定食ランキング知りたいわー。

うふふ。


今日朝ご飯

カフェオレしました。

ブラックは苦くて調子のいいときはいいけど、

マイルドに味わいたいとき

やっぱりミルクたっぷりが嬉しいわね。

デトックスウォーター

ホッツ緑茶ウォーラーね。

手軽にホッツが摂れるホッツウォーラー

温活温かくして身体温めてね。

意外と冬も水分補給が大切だからね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2022-02-17

白菜の切り方を発見する増田寿丸スン決葉をたかり気の遺作は(回文

くまのプーさんNGなのにマイメロディOKってなかなかトンチが効いている冬季オリンピックね!

でもさあれ、

くまのプーさんプーくまさんって言うとまた意味が違ってくるから恐ろしいわよね。

おはようございます

なんだかまた寒くなってきて一雪降るのかどうなのかってところな冷え具合なんだけど

麻痺しちゃって寒いんだけど寒いのか寒くないのかよく分からないときがあるわ。

まあ今日は本当に寒いみたいだけど。

こないだね、

餃子外食べる価値のない中華屋さん」ってなんか意識高そうなのか自虐なのかよく分からない人気そうな町中華屋さんがあって、

なんだかおもしろパン屋プロデューサープロデュースしたようなお店のたたずまいの店名ね!って思って入って

まあメインの餃子頼んで、

餃子中心の食生活も充実してないので、

八宝菜も頼んで、

その八宝菜を見て発見の気付きだったんだけど。

へー八宝菜白菜の芯って

斜めに削ぎ切りして薄めに切ったら芯でも白菜でも火が通りやすくなるんだー!って

目から鱗だったわ。

きっと劇場版シン・ハクサイ中華のオープニングシーンで白菜トントンきって下ごしらえしていくシーンから始まるんだと思うんだけど、

なるほどねーって思ったわ。

私この時期のシーズンのオンシーズン冬真っ盛りの白菜が大好きで、

今ならほんとまさに芯のみずみずしいジューシーフレッシュなところを

厚切りに切って煮て、

味がしゅんどるわーって柔らかく煮てくたくたになるのが美味しくて好きなんだけど、

でも逆に言ったら、

芯が熱すぎて炒めても瞬時に火が通らないってことで、

あんまり炒め物には使ったことがなかったんだけど

もっと白菜の芯を芯として美味しくと常々思っていたところに

その町中華八宝菜出会って築いた下條アトムだったってわけ。

であったー!って言いたいぐらいよ。

そんで、

天津飯もあって大きなゴロッとした

海老背中の曲がらない方向に曲げてしまったら生きている海老なら海老に直接怒られるぐらい新宿で灰皿で殴られた歌舞伎俳優ほどかぶいていない海老を私は頬張ったの。

なんだか生臭くて、

火も通りきってない感じがして、

私の舌でもなんかちょっと違和感のあるおかしい気がしていたんだけど、

でも初回のこの天津飯で採点して決断を下すのはいかがなものかな?って思ったので、

ここは定点観測が得意な私だし、

次回以降何度か試してみてずっとその調子の灰皿で殴られたような味だったら

まりそう言うことねって

ここの天津飯の実力はこんなものねって

まさに店名通り

餃子外食べる価値のない中華屋さんを地で行く感じで

逆にあっぱれだわ!って思うわ。

から定点観測が好きなので

どんどんどんどん墾田永年私財法があったときに開墾してどんどん新規開拓して土地を広げるってよりも

つのお店に足繁く通う足元の悪い中おこしいただきどうもありがとうございますよくお越し下さいました!ってぐらいな方がいいのよね。

餃子は食べる価値があるからここで特筆すべきではない餃子特派員が言いそうな

実質食べログは3点が一番いいお店ですよ!ってこっそり教えてくれる

私が知っていた3.6点が無料で一番いいお店説を覆すほど、

なんとなくなるほどねーって思っちゃったわ。

そりゃー宮崎県餃子ナンバーワン消費県になるわけだわーって

でも宮崎県餃子イメージなかったから、

いったい本当に栃木バーサス静岡餃子対決にマジ寝耳に水って感じで割って入る感じよね。

そんな宮崎餃子イメージなかったんだけど。

宮崎ちょっと遠いけど行く機会があったら

餃子だけでも食べてみようかと思うけど炭火地鶏みたいなのも名物から

どちらかというと

そっちの方を食べてみたいわよね!

でも案外、

ごろっと地鶏を餡にした餃子ってのがあって

一挙両得感の一石二鳥感増し増しのメニューがあるかもしれないわね。

いやきっとあるかも知れないわ。

一度食べてみたいものね。

何の話しだったっけかな?

そうよ、

白菜の芯は削ぎ切り!って

これが今日キーワードよ。

うふふ。


今日朝ご飯

タマサンドしました!

しましたと言うよりタマサンド今日ほど欲したことはなかったってぐらいなレヴェル。

美味しいわね。

朝の元気のタマはいいわね。

1日頑張れるような気がするわ。

デトックスウォーター

寒いのでホッツ緑茶ウォーラーしました。

戸棚を開けて緑茶ウォーラーにしようと思ったら、

ほうじ茶のパックもちょっと残っていて

あらまあ

次はほうじ茶ホッツウォーラーでもいいわねとも思ったわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2022-02-16

久しぶりに人を嫌いだなーと思った

なんとなく気になったブコメがあって、

その人のブックマークページに飛んだら、

その中に「だからお前らはモテねーんだよ」というコメントがあって、なんか腹立った。

普段人に言われても、誰かが人に言われてても、全く腹の立たない言葉なのに。

自分モテない自覚あるし、それは嫌だけど矯正不可能自分の一面だと思ってる。

それにたとえばテレビ芸人のカッコいい方が不細工な方をそんな言葉でイジってても、俺は気にならない。

まりモテ非モテ階層構造自体は厳然と存在すると認識している。

コンプレックスはあるが、理不尽だとは感じていない。

ではなんで腹が立ったんだろうか。

コメント趣旨は「デートにそういう店選ぶなんて、だからお前らは…」みたいなことだった。

(ちなみにコメント主のプロフィール男性

それが、

俺がよくオベンキョーしてきたマニュアルも読んだことないお前らはバカ(俺はオベンキョーしてて偉い)

みたいな言い方に見えたんだと思う。

まり、大したことのない知識経験を振りかざして偉そうにする態度に腹が立ったのだ。

バカが偉そうにするのは昔から俺の嫌いな仕草ナンバーワンで、

この人もそう見えたんだと思う。

モテ非モテ関係ない話だった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん