「hitomi」を含む日記 RSS

はてなキーワード: hitomiとは

2017-06-06

330番組の途中ですがアフィサイトへの転載禁止です (ガラプー KK56-EIFP)2017/05/20(土) 16:50:12.05ID:vHzPBholK

>>309

◆[2017/04/04 参院農水委]

 民進櫻井「『国会議員殆ど発言できない制度』になっているのが、《国家戦略特区》。

 関係省庁だけでなく、与党議員も、ほとんど発言権がない。内閣府副大臣も、特区諮問会議メンバーに入ってませんよね。

 決定していく中で、副大臣として発言する機会はあるんでしょうか?」

 松本副大臣会議には出席をさせて頂いて、発言をすることは可能だが、『出来る限り民間委員意思尊重』」

 櫻井すみませんが、民間委員の方々が、その分野の専門家ならいい。ずぶの素人が来て勝手なことを言って、竹中平蔵なんて関係ないですよ。

この人が、どうして獣医とか、医学部の新設について、専門家でもない人の意見尊重しなければいけないのか。私には理解できない。

国会議員というのは、選挙で選ばれた国民代表者ですよ。『国会議員意見を言えないような制度になっていること、そのものおかしい』。

構造改革特区の時には、与党の方々、各省庁も、相当意見が言えた』。『しか予算わず』。

 しか国家戦略特区は、民間委員ワーキングGで勝手なことを言って、最後総理トップ、そこで決められていく、『非常に決定が不透明』」

hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1495191177/

2017-03-08

【疑問】大手まとめサイト 依然として森友学園事件をガン無視

俺的ゲーム速報jin

森友スレ ゼロ

ハム速 

森友スレ 6

しかし民進ブーメランスレが半分

痛いニュース

森友スレ ゼロ

はちま寄稿

森友スレ 8 

しかし民進ブーメランスレほとんど

hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1488633867/

※以前に同内容の増田ソース嫌儲スレ立ってたので、今度は嫌儲ソースエントリ書いた。

 あの時は「ニュースワイドショーその他マスコミで大々的に報じられてないから、ニュースバリューが無い」

 が言い訳としてまだ通じたが、今になってもこれ。

 中小規模のサイトで扱っているところも有るが、自民批判的なレスも多いニュース速報+スレソースに使わず

 自民好意的レスが多数のニュース速報無印スレソースとした「民進ブーメランスレ」ばかり。

2015-05-14

おっぱい

日笠陽子って顔だけだったら巨乳っぽいのにな

と思って、なぜそう思ったのか考えたら、昨日 HitomiAV を見たからだった。

似てるよね?

2009-07-06

[][]女性有名人の年齢 2009年度版

1983年生まれ 26歳

青木裕子(女子アナ) 田中美保 上原多香子 宇多田ヒカル

矢口真里 金子さやか 藤本綾 英玲奈 中島美嘉 白鳥百合子

浅見れいな 松尾翠 前田愛 小倉優子 上原美佐

1982年生まれ 27歳

鈴木亜美 山川恵里佳 水野裕子 吉井怜 知花くらら

仲根かすみ 神戸蘭子 安田美沙子 熊田曜子 宮瀬茉祐子

小林麻央 葉山エレーヌ 相澤仁美 大塚愛 三船美佳

吹石一恵 真木よう子 森泉 松本莉緒 深田恭子

東原亜希 平井理央 加藤あい 藤澤恵麻

1981年生まれ 28歳

菊地凛子 新山千春 前田有紀 乙葉 知念里奈

森麻季 奥田恵梨華 小野真弓 長野翼 鳥居みゆき

眞鍋かをり 山本梓 斉藤舞子 原史奈 福永ちな

柴咲コウ 安倍なつみ 森下千里 安達祐実 堂真理子

高橋真麻 内山理名 片瀬那奈 池脇千鶴 佐藤江梨子

安めぐみ 荒川静香

1980年生まれ 29歳

吉岡美穂 山口紗弥加 優木まおみ 山田まりや 竹内結子

脊山麻理子 井上和香 野波麻帆 田中麗奈 優香 石本沙織

鈴江奈々 広末涼子 小嶺麗奈 根本はるみ 高畑百合子

堀田ゆい夏 島谷ひとみ 酒井若菜 夏川純 榎本加奈子

小池栄子 保田圭 大木優紀 橋本麗香

 

1979年生まれ 30歳

伴都美子 安西ひろこ 篠原ともえ 国仲涼子 中村仁美 小林麻耶

松尾由美子 蛯原友里 ともさかりえ 仲間由紀恵 市川寛子

中野美奈子 吉川ひなの 中越典子

1978年生まれ 31歳

来栖あつこ 雛形あきこ 梅津弥英子 古瀬絵理 菊川怜

持田香織 遠藤久美子 原沙知絵 柳沼淳子 釈由美子

麻生久美子 岩崎恭子 長谷川京子 相沢紗世 白石美帆

大橋未歩 竹内香苗 浜崎あゆみ 中山エミリ 大江麻理子

小西真奈美 杉崎美香 小田茜 矢田亜希子 菅山かおる 高橋みゆき

1977年生まれ 32歳

小沢真珠 久保田智子 宝生舞 ほしのあき 一色紗英 伊東美咲

相川梨絵 松たか子 山口もえ 梅宮万紗子 鈴木紗理奈 西尾由佳理

菅野美穂 安室奈美恵 滝川クリステル

1976年生まれ 33歳

中谷美紀 塩田真弓 hitomi 山本モナ 田村ゆかり 小島聖

坂下千里子 豊田綾乃 内田恭子 井川遥 堀江由衣 国分佐智子

観月ありさ 瀬戸朝香 辺見えみり 小雪

1975年生まれ 34歳

千葉麗子 赤江珠緒 持田真樹 相川七瀬 吉瀬美智子 膳場貴子

山田花子 ビビアン・スー 本上まなみ 葉月里緒奈

鈴木蘭々 内田有紀 aiko 黒谷友香 池澤春菜

1974年生まれ 35歳

高橋由美子 柚木涼香(角松かのり) 西尾まり 伊藤裕子

馬場典子 原千晶 中島静佳 華原朋美 小倉弘子 井上晴美

田波涼子 にしおかすみこ 柴田倫世

1973年生まれ 36歳

高橋真紀子 櫻井淳子 深津絵里 田村英里子 りょう 中山忍

加藤紀子 島崎和歌子 大石恵 青木さやか 八木沼純子 宮沢りえ

中田有紀 梨花 中澤裕子 古市幸子 友近 篠原涼子 三浦理恵子

藤谷美紀 松嶋菜々子 はしのえみ 桜井幸子 中江有里

1972年生まれ 37歳

久保純子 緒川たまき 西田尚美 YUKI(ジュディマリ) 魚住りえ

菊間千乃 稲森いずみ 久保恵子 常盤貴子 高橋尚子 石田ひかり

本村由紀子 喜多嶋舞 西田ひかる KCOglobe) 梅宮アンナ

飯島愛 松雪泰子 高岡早紀 半井小絵 寺島しのぶ

1971年生まれ 38歳

高田万由子 工藤夕貴 酒井法子 純名りさ 木村多江 西川史子

大久保佳代子 光浦靖子 木佐彩子 中嶋朋子 藤原紀香 檀れい

丸岡いずみ 細川ふみえ 吉本多香美 千秋 茂森あゆみ 牧瀬里穂

1970年生まれ 39歳

相田翔子 中山美穂 ちはる 水野真紀 工藤静香 鶴田真由

坂井真紀 伊達公子 加藤貴子 永作博美 渡辺満里奈 和久井映見

西村知美 雨宮塔子

2009-06-14

いろいろあって女性恐怖症気味な状態が10年ほど続いている。

普通に話してる分にはそれほど問題はないが

女性特有のドロッとした感情の発露を垣間見ると固まる。

その固まるのが続いたりトゥーマッチなものを見ると

「怖い」が「憎い」に転化する。

トゥーマッチなものとは最近で言うとhitomi妊婦ヌードのようなもの。

許されるならボテ腹を蹴破ってやりたい衝動が奥から湧き上がってくる。

本当に気持ち悪いんだもの。

体の関係大丈夫でも精神的に繋がるなんて本当に怖い。

女なんて消えてしまえばいいのに。

2007-10-13

マドンナ移籍の微妙なトーン ‐吉本興業を目指す音楽産業‐

Nine Inch Nailsレコードレーベルを捨て、今後はアルバムを直接一般に公開するというニュース土曜日に報じてから、OasisJamiroquaiも同じくレコード業界を離れた。しかし、今日一番のビッグニュースは何といってもMadonnaレコード業界を捨てたことだ。

(中略)

今回の件は、世界女優にとってさえ、デジタルダウンロードP2P音楽共有の時代には、もはやレコード会社は必要とされていないということを物語るものだ。

そして壁は崩れはじめた―マドンナ、レコード業界を捨てる TechCrunch

上記はてなブックマーク

世間的には「音楽データで収入を得ている」レーベルから離反したのだから音楽フリー(自由と無料)に近づいている、と取られているっぽい。

しかし、特に業界内部の見解を聞きたいところなのだが、これは知的創造従事者の受難“モダン・タイムス”の本格的な始まりではないのだろうか。

待っているのは世界中で作品を共有し啓発しあうユートピアなどではなく、クリエイティビティが限りなく無価値となり資本の規模だけがモノを言う世界ではないのか。

ユーザーにとっても、音楽無料にはなるかもしれないが自由とは言い難い未来しかないのではないかと危惧する。

万人が富豪で支配者になれる最終解決などでなく、工業化に伴う50年間の市民の試練が情報化によって知的生産者に今及んだと見るべきではないか。

世間の誤解はネットメディア進化が本物の錬金術と思われていることにある。例えば10万円する金貨を100円分ぐらいの材料と手間で製造する方法が発明されたらどうなるのかと想像してみたらいい。我々はあっという間に千倍の資産を手に入れることができて誰もが豊かになれる?

しかし少し考えを進めれば分かるようにこれは100円で10万円が手に入るのではなく、実際には10万円の価値だったものが100円に暴落するということを意味している。錬金術発明と同時に金は無価値になるのにも関わらず、人々はその術の完成を心待ちにしているのである。

現代に町から職人がことごとく消えたのは何故か。流通革新によって町に点在する必要がなくなったからである。現存する大工だって現実には大手住宅メーカーの下請け組立工である。例外的に飲食店職人は居るがこれは鮮度という要素がローカリティを維持しているためだ。

音楽流通には制作環境パッケージ流通広報が必要だった。つまり満遍なく金と手間がかかった。制作可能な者の偏在と流通の偏在が中小零細規模の商業作家存在を許容したのである。

ところが制作環境メディアおよび流通技術的な革新によってほぼゼロにまで暴落してしまった。このことにより音楽市場におけるキーは誰でも作れて流通できる楽曲そのものではなく希少な資本そのものである「ブランド」と資本によって成り立つプロモーションに完全に主導権が移ることになる。

音楽事業「マドンナ」にとって、誰にでも作れる「楽曲」自体に意味は無い。必要な才能はサラリースタッフとして雇い入れればよい。イベントでの収入は音楽にではなくマドンナというキャラクターに、そのビッグネームと空間を同じくする権利の対価として入ってくる。

自動車メーカ家電メーカーと全く同じである。タレントへのシンパシーという商品の販促“カタログ”である楽曲データは複数のスタッフによって作成され、ネットで配布される。場合によっては対価を払ってコミュニティ押し込み、手にとってもらうための大量の広告を打つ。この場合楽曲はもはや財産ではなくコスト広告宣伝費)である。

ここにいたって小資本どころか中規模ごときの音楽事業者では採算に乗せることができなくなるだろう。よく言えば近代化による産業の集約が進む訳だが、事業化するのに必要な最低資本がどんどん上がっていくからだ。

HITOMIヒット曲"SAMURAI DRIVE"のオリジネータバンドcuneはいかほど潤ったのだろうか。ちなみにミキシングは“エンタープライズHITOMIの方が遥かに洗練されていると思った。)

一方でユーザーはどうだろう。無料であらゆる楽曲へアクセスできる夢のような時代になるのだろうか?

大半の人にとってはメリットがあると思われる。いま無料テレビラジオプログラムと同じだからだ。社会全体で見ても効率は高いと思われる。

無料動画が見られる」と言われれば好きなだけ自分好み映画を見ることが出来る気になるが、現実は見たくもないCMとお仕着せのプログラムが待っている。今ユニクロで吊るしの服を買えば5千円で一通り揃うだろう。しかしオーダーメイドすれば10倍でも済まない。

悪い社会ではないかもしれないが、これがフリー(自由)かと言われればどうだろうか。

今までだってミュージシャン貧乏でどうしようもなかったのだから何も変わりはしないという向きもあるだろう。現実の変化は微妙なものだ。恐らくは中抜きが進む。池田先生が言うような中間業者を中抜きしてハッピーという話ではなく、業態空洞化で柔軟性が失われるだろうという話だ。

既にあるタレントメディア露出という両極端な評価軸しかなくてそれ自体の価格は限りなくゼロで日常的に流通しているもの。それは対人コミュニケーション、会話である。その中で唯一換金できるのがお笑い伝統芸能は含まない)だろう。お笑い芸人自虐ネタにもなるように一部スター以外の待遇は悲惨としか言いようが無い。また事務所の寡占が既に起こっている。

音楽業界吉本興業のようになるかもしれない。誤解しないで欲しいが、後進の育成とタレントの露出に力を注いでいる超優良企業という最善のケースとしてである。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん