「家長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家長とは

2021-12-06

anond:20211206174515

フェミ非モテ男の争い、フェミ市場でのマンコの価値がほんまにリアル暴落しているのを知らない、何故なら頭が古いしリアルマンコ使ってないからね、ステレオタイプマンコイメージで止まっている、非モテ男はアホ、無料マンコに価値見出しフェミを喜ばしている、お互いリアルじゃないんだ

若い女性を口説く時はフェミリベラルに、家に帰れば男尊女卑家長として上座に座り、会社では徹底的なシャイロックとして搾取を行うが、娘の学校には寄付して理解ある父親像を演出子供にはグローバル視点を持てと教育会社では保守的軍隊システムを導入、社員給料は削り、今日愛人デート

女なんぞ男とまともに闘うものじゃないわな、むしろその女に味方するチンボ騎士が男と戦っているんだよ、男vs男、男vsチンボ騎士なんだな、例えばきゃりーぱみゅぱみゅ応援するメンタリストダイゴ、あれが女の力の御本尊なんだよ、フェミは力のある男のメスに過ぎんね

フェミニスト?反社めっちゃ弱いよ、暴力とか脅しに弱い、フェミニストってのは所詮女よ、むしろ反社的な男にちょっと優しくされようもんならコローンと女になっちまう、案外両者は相性えんちゃう反社が男を締め上げる時にフェミを使うと楽そうだ、忍者のくノ一の術みたいにな、わしならそうする

私が非モテ男を救済する講座開くなら、間違いなく風俗へ連れていくよ、ほんで帰りに一緒にラーメン食って酒飲むわな、ほんでそんな男を集めてみんなで酒飲んで騒いでドンちゃん騒ぎやる、みんな仲間になってな、男の絆ってのかな、女とかモテなんぞどうでもよくなる、仲間との絆が大事になってくる

明らかなジジイアカウント恋愛非モテだを語るのはクソダサいね、ジジイジジイらしくした方がいいね

私は金持ち非モテ貧乏な女のマンコに釣り上げられて絞られるストーリー好きだ、またその貧乏マンコには彼氏がいてそのチンボにベタ惚れみたいな話が好きで好きで仕方ない、ハートウォーミング!ヒューマニズムネバーエンディングストーリー!とにかく貧乏人が頑張ってほしい、それだけだ

お前らはアラ太郎ちゃんtwitterフォローして学ぶべき!

2021-11-27

anond:20211127010852

正直A一家病んでるし、30年も粘着って異常だと思っている

でも異常だからと言って放置しておく訳にはいかない

彼らとはやはりまた裁判で争わなければいけないのかな…


トラブルの内容は、30数年前当時、私の家は小型犬を飼っていたんだけど、

散歩をしていた時にたまたま近くを通りかかったA一家長男に飛びついてしまった

A家長男は犬が苦手だったみたいで、情けない悲鳴をあげて自転車からバランスを崩して道路側に転んでしま

そこにトラックが通りかかって…………A家長男は命は助かったけど、大怪我を負ってしまった


A家長男は当時高3でスポーツの推薦も決まっていたんだけど、一生障害が残る程の大怪我だったせいで推薦も話も白紙になってしまった

私家が飼っていた犬が原因ではあるので、トラブル後に両親と共に謝罪には行ったんだけどそこで進学がフイになってしまった慰謝料請求された

その件は何とか解決したが、それ以降、リハビリ社会復帰就職などA家長男やA家に何か上手くいかない事がある度、我が家に怒鳴り込んだり嫌がらせしたりと逆恨みを開始された…


何度目かの嫌がらせの際は被害も大きく結局裁判となって、敗訴したA一家は遠くの町に引っ越していったんだけど

まさかそこが、将来長女が結婚する相手実家近くだなんて、思いもよらなかった

本当になんでこんな嫌な偶然があるんだろう?

色々と運が悪すぎる……

2021-11-11

戸籍制度」が運用されているのは実質的にはもう日本だけになっている。

個人を中心に登録する住民登録に続きがらをくっつけておけば行政的には十分で、戸 (世帯) を単位とする合理的理由はない。

現時点の制度においては

  • 筆頭者は家長家族を統率するという前提 (家父長制) の名残
  • 戸に氏が結び付けられているので夫婦別姓の妨げ

といったような問題点存在する。

しかし、これらの問題は戸を単位とすることとは関係ないので戸籍制度を残したまま制度を変えることは可能だし、むしろ戸籍制度は多様な家族の有り方を肯定するものではないかと思うのだ。

たとえば同性婚が認められないと様々な手続きで異性婚よりも不利に働くなどといったことはあるし、多様な結婚を認めるのであれば多重婚が認められないというのは不平等だろう。

どんなに親しい友人と一緒にくらしていてもそれはルームシェアにすぎず家族にはなれない。

しかし、個々の関係性と関係なく本人たちの同意のもとで「戸」に迎え入れれば家族になれるとしたらどうだろう。

実態としてごく普通結婚であるかもしれないし、同性婚であるかもしれないし、友人かもしれないし、養子かもしれない。

しか個別関係性がどうであれ堂々と「家族だ」と言える。

伝統的な血統身分と戸が結びついているか戸籍制度問題なのであって、それを除けば戸籍制度にも良い面があると思うのだ。

2021-11-04

買い物しようと街まで♪出かけたら♪財布を忘れて♪愉快ななサザエさん

財布を忘れて困っている人を愉快がるのは人としてどうなの??


財布を取りに帰ったとして夕食の支度をする時間が無くなって「ばっかもーん!」って家長パワハラされるんだよ??

2021-10-19

村上福寿郎「鳥、うまくやれよ…」

変態一家家長最期言葉…😭感涙!

2021-09-26

パターナリズムでかつフェミニズム

パターナリズムというのは家父長制ということで男の家長が愚かな女や子供を正しく指導するって考えだけど、その問題点指導者が男であるということよりも、正しい指導者が愚かな相手指導してやるというその考え方そのものにある。

したがって、フェミニズム的に正しいフェミニスト女が、愚かなでみだらな女を正しく指導してやるというのも十分にパターナリズムである。そういうパターナリストフェミニストが主張するのが、愚かな女は男の都合の良い社会洗脳的な教育文化の影響でみだらな格好や行為をすることになったということで、女の自主的は嗜好を認めない。

自主性を認めないのはパターナリズムの特徴である

父権主義

なんかずっとモヤモヤ感じてたのがやっと言語化された気がするんでメモ

フェミ議連を含めた現代のツイフェミさんの言説ってさ、なんかめっちゃ父権主義っぽいよね。

年頃の娘がそんなはしたない服着るなとかさ、そんなヤクザ商売生業として認めんぞとかさ、良識ある私達の社会が異分子によって歪むとかさ。

発想や行動が封建時代田舎家長的だよな。権力を持ってない側の発想じゃなくて、持ってる側の発想だよね。

フェミ父権主義っぽいって言葉にするとバグってるんで言語化出来なかったけど、感じてることってこれだわ。

弱者に寄り添う精神性を捨てた反差別運動ってこうなるんだな。

2021-09-20

擁護するつもりでフェミニスト議連に「権力」はないと抗弁するのは筋が悪くない?

いやさ、まだまだ燃えてるフェミニスト議連だけど、そのフェミニスト議連擁護するつもりか知らんが

フェミニスト議連に「権力」はないか無問題理論展開してる人いるじゃん

権力とは端的に言えば法的な強制力のこと。こんな当たり前の話すらカルト化したオタクには通じずに、権力権力と大騒ぎして権力の手先になってる。コメディだとしても極めて悲惨

https://b.hatena.ne.jp/entry/4708588008160812322/comment/RRD

まず根本から絶望的に間違ってるのは議員=権力、という部分。国語辞典の通り、権力関係とは法的優越性に基づく支配服従関係。例の議連にはそれがない。市外の野党議員警察支配してるとか爆笑もんの話。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4708333555390434370/comment/RRD

法的根拠がないと権力じゃないって初めて聞いた…どこの定義だろう…でもさ、その理屈だとフェミニズム否定にならん?

だってよ、法的根拠がない社会規範私生活にまで及ぶ、男女の権力関係とか家長制度権力批判してきたのがフェミニズムじゃねえの

家父長制(Patriarchy)とは、男性女性に対する支配可能にする権力関係総体を指します。

https://liberal-arts-guide.com/patriarchy/

こうしてラディカル・フェミニズム理論的に構築され、これまで「女の幸せ」と思い込まされていた主婦生活における権力関係を、次々に暴いていくのです

https://liberal-arts-guide.com/second-wave-feminism/

ミレットによれば、生まれながらにして有利な位置に置かれた男性が、不利な位置に置かれた女性支配する仕組みこそが「性の政治」です。それは私たち個人的に日々従う「男らしさ」や「女らしさ」という文化にまでイデオロギーとして深くいきわたり男性権力を握らせるシステムなのです。

https://liberal-arts-guide.com/first-wave-feminism/

このリンク先でもさあ「権力」って単語ゴロゴロ出てくるけど、これ全部間違ってるの?

男女の権力関係家長制度権力?それって法的根拠あるの?ないよね?じゃあ権力じゃありませーん!変な言いがかりしないでくださーい!ってフェミニストに対して言うの?

望んだ結論に分かりやす誘導されると理路に見えるという。ゆっくりとは?とか、法学をさしおいて「俺たちは定義プロだ!」とか、お理工さんのオタクしか通じないもので、これは理路ではなくてノリだよな。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4708562230828801250/comment/RRD

善悪基準法律に求め、その法律を教わらなければ善悪判断ができない衆は、法律が禁じなければなんでもやるだろうし、法律がやれっていったら人殺しだってやれる衆だよ。マジ怖い。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4708474378304495010/comment/RRD

なんかさぁ、この辺りの言葉自分に返ってくるブーメランになってない?善悪基準法律に求める「定義プロ」を気取ってない?

2021-08-16

小説・間違わなくても

「命には優劣がある」

「僕からすればホームレスが死んでしまっても構わない」

ホームレス邪魔だし、臭いしさ」

 私は動画配信である

 私がそう配信してから世界面白いほど反応を見せた。

自分がいつホームレスになるかもしれないのだから、そんなことを言うべきではない」

 ──はぁ。

「命は平等尊いもの価値があるかどうかで決めることではない」

 ──そうかい

人間は弱い者を守り、人権を、法律を、福祉を発展させることで繁栄する生存戦略を選んだのだから、見当違い」

 ──ふぅん。

 しかし。

 あなたがいつか上司になるかもしれないのに、上司の陰口を言ったことはないのか? クレーム電話の陰口は? お役所の受付の陰口は? あなたがいつか誰かにとっての陰口の対象になるのなら、陰口をしないのか?

 命の価値が同じなら、自分の愛娘と無縁のホームレスも同じ価値か? どちらかしか救えないのなら、娘が助かって欲しいと祈るのでは?

 日本家長制度を導入していたら政略結婚や男女不平等が正しいのか? それを嫌って現在日本シフトしたのでは? ならば現在の法体制を疑うことが悪にならないはすだろう?

 まるで話にならない。

 私は年間、数百冊の書籍を読み、誰よりも勉強している自負がある。

 だからこそ、システマチック物言いだけれども、間違っているとは思わない。

 ──私は、個人として、陰口を言うこともある。

 ──私は、個人として、ホームレスより愛娘を選びたい。

 ──私は、個人として、生存戦略よりも個人自由整合性を選びたい。

 これは個人の感想である。むしろ批判する人たちに問いたい。

社会的影響力のある者が公の場で個人の感想を言ってはならないと主張するその根拠は?」

普段見てもいないYouTubeチャンネルの内容にまで立ち入って、怒りたいだけ怒り、自分の主張を押し付け行為は正しいのか?」

「私が自殺をしたら、あなた方が私をいじめしたことになるが、あなた方の大好きな『命の価値平等』という主張はどこに行ったのか?」

 例えば「子どもが真似してホームレスを軽視するかもしれない」というけれど、それは「模倣犯になるかもしれないから」とニュース番組を一切見せないのと同じでは?

 あなたの子どもが、あなた方の主張する善悪区別がつかないのなら、「歴史の真似をするかもしれない」といって戦争を教えないのか? すべてを教えて個人に取捨選択させるのが教育なのでは?

 私の動画コメント欄呪詛を吐き出すのが正しい行為か? それを堂々と子どもに見せられるのか? 「将来子どもが何かしでかすかも」という不確定な要素よりも、他人呪詛を吐く姿をこそ子どもに見せてはならないのでは?

 もしかすると、多少の表現の不備はあったのかもしれない(否、あったとすればそれは受け取る側の浅学さ、浅薄であるとも思う)。けれども、私が間違っているとは思えない。仮に誤っていると主張するのであれば、客観的かつ信頼性に足る根拠を示してほしい。私はいつでも謝罪し、反省し、訂正し、その正しさを誠実な態度で以て最大限に広く周知することを誓う。

 勘違いされがちだが、私は基本的論破されたがりなのだ普段から道に外れたセンセーショナルなことを言っている自覚はあるけれども、それは新たな論理で正してほしいことの裏返しだ。それは、強がり掌返しではなく、心の奥からそう思う。

 けれども、その正しい根拠を募っても、いつまで経っても出てこない。だから私は怒っているのかもしれない。

「私のような厄介な人間に、正しさを説いてくれ!」と。

「私程度の小悪党駄々をこねている間に、本当の悪党に対抗する武器を見つけろ!」と。

「正しさを曖昧にして二千年以上も生きてるんじゃない!」と。

 そう言葉にすると、ふつふつと怒りが沸く。たか日本のような小さな国で、数百万人の支持者を持っている程度の小悪党暴走すら止められないのは、あなた人類の怠慢であると──心底、怒っている。

 私を否定できないのであれば、現時点において私が正しいことになる。

 否、正しいかどうかはわからないが、しかし間違っていないことになる。

 もし「正解」という道があるとしたら、私はその縁に立っているだけなのだ。危うい縁に。

 けれども、違反でなければ過ちではない──。

 ◇

 ……と。

 私は、思考を切るためにスマートフォンの画面をオフにする。今日は考えることが多い。浅い割に多いのだ。批判ってものは。

 スマートフォンを手に乗せたまま信号が緑になるのを待つ。手のひらの中で今も生まれているだろう主張の嵐を持て余しながら、ほんの僅か、足元のコンクリートブロック割れているのを感じ、身体を一歩前に進ませる。爪先が少し、車道を踏んだ。

 と、深夜の街に相応しくないスピードの車が近づいてきた。物騒だなぁ、と思いつつも、スマートフォンの裏面を何の気なしに眇めていると、

 身体に強い衝撃が走った。

 衝撃が先か、轟音が先かはわからない。視界が宙を舞い、まるで目ヤニだらけの朝のようにぼやけたからだ。

 続いて、痛み。

 大きな銅鑼を打ったかのような、押して引いての波紋が身体中を暴れている。その振幅は自分身体を越えているように錯覚するほどで、立ち上がることはできない。否、仮に足を踏ん張っても立つことは不可能だろう。なぜなら、膝下がひしゃげて見当違いの方向を向いているからだ。

 次に、不快さ。

 胃の内容物がまるでネズミになったかのように這いずり回る──実際には胃の方が動いているのだろうが、しかし這い上がってくる吐瀉物は鉄臭く、“血の通った何か”を飲み込んだ報いとばかりに喉を押し広げ、ほとんど無抵抗に半固形の何かが口や鼻から垂れる。

 さらに、熱さ。

 命の素がどんどん外に溢れるような、そんな感覚身体の芯は生きる手だてを探してやけに熱っぽく、しかし手足は凍えるほど冷たい。小さな穴の開いた水風船をただ見ているだけしかできないような、取り返しのつかなさと焦燥感。何かを決定的に失う瞬間というのを久々に味わう──忘れていたのかもしれない。あるいは見ない振りを。もしくは「自分は失わない」と高をくくっていたのかもしれない。

 私は、急速に死に向かっていた。

 ぼやけた視界から判断できる限り、交通事故──らしい。私を轢いたと思しき自動車は、「ガードレールに刺さっている」と表現するしかないほどに大袈裟に半壊ならぬ七割ほど破壊されている。

 ──なお、今の私に知る由はないが、この自動車運転手病院へと急いでいた。

 というのも、彼の愛娘が突然大量の吐血をしたため、一も二もなく最高の速度で病院へと向かっていたのだった。

 皮肉なことに。

 運転手は、彼の大切な命を優先したのだ。彼の咄嗟の行動に間違いはなかった。

 私は助けを呼ぼうとするも、体力的な問題なのか、あるいはどこか発声に関わる器官が深刻なダメージを受けているからか、大きな声が出ない。口腔内から聞こえる「ヒュー」という音がやけに空々しい。

 頭を打っていないことが幸いして意識はあるけれども、しかし長く保たないことは確かである。否、どんな仮定の話をしようとも、命を失ったことはないから“失ってみるまでわからない”──。

 そんな“悠長なこと”を考えていると、ふと視界の端で動くものが見えた。それはのっそりと立ち上がり、「く」の字に曲がっていたり、すっくと立ち上がったりしている。何かを引きずる者もいる。

 元々いたのか、騒ぎを聞きつけたのかはわからないが、どうやら人間のようだ。ああ、助けてくれ──!

 そう口元を歪ませると、どうやら仲間同士で話し合いをしている様子だった。冷えは身体中に広がり、今にも意識を失ってしまいそうだ。早く、早く救急車を!

 どのくらい経っただろうか。実際には数十秒くらいなのだろうが、その時間は誇張なく一時間に感じる。身体の中から聞こえる「ぎっぎっ」という音が何に起因するかもわからない。車が焼けているのか、瞳孔の機能が低下しているのか、まぶしくて人間たちの姿が見えない。

 轟音で痺れた耳が復活した頃、声が聞こえた。

「俺らのねぐらにさ、仏さんが転がってたら良くないよな」

警察がうろうろしたらさ、締め付けが厳しくなるもんな」

「な」

「他に行くアテもないし」

 会話からするに、ここに住んでいる住民──ねぐら? つまりここら辺に住んでいる──ホームレスの……集団

「仏さんには悪いけどなァ」

「な」

「すまんなぁ。でも俺らも優先するモンがあるんだぁ」

「手は合わせておこうか」

「だなぁ」

成仏しておくれな」

 な! 待て! 待ってくれ! 私はまだ生きている! ただ、声が出なくて、ア、まぶしくて、身体が、動か……なくて、そん、な死体に向けるよう、な、目を、そんな真似を、命を命とも思わない真似を、なぜできるんだ! ア、ア…考え直してくれ! 今すぐ!

 くぐもったガサガサという音が聞こえる。普段寒さを避けるためのブルーシートか何かだろうか。数人の男たちが私の身体を包み始めた。

 男たちの声は続く。

「口から血の泡が出てるな」

「死んだ後に、肺から空気漏れるんだよ」

へぇ、詳しいね

「俺は前に医者をやってたからさ」

「そっか、お医者さんかぁ。……人生、何があるかわからいね

 いしゃ………? まって……。

「なぁ、この死体こっち見てないか?」

「気のせいだろ! 見るなよ! 目を合わすと取り憑かれるって話だぞ」

 そんなの……“えびでんす”が……ない……よたばなし……で……。

「じゃあ、せーので」

「うん」

「川に流すなんて、罰が当たるかもしんねぇけどさ」

「ま、許してくれなんて言わねぇよ。俺たちの“個人的な事情”だしなぁ」

「……」

「かもなぁ」

「だからさ」

「俺たちは……。

 いや、誰もがみんな、間違ってないのさ。 

 きっとな」

(了)

2021-08-09

anond:20210809162745

まあ親戚の集まりが嫌って言っても、弱者男性として親戚の中で肩身狭いのが嫌なだけで、結婚して家長として上げ膳据え膳お世話されるならむしろそんな集まりも望むところみたいなのあるからさ……

きっとこれまでの時代なら「被害者は本当に可哀想だし加害者人殺しの糞野郎」とシンプルに思えたんだと思う。

「ある日普通に暮らしていた女性が、通り魔理由もなく殺される」

痛ましい事件だと思う。個人間の怨恨などが理由でなく、ただ目についたから標的にされたという理由のない殺人

異常な人間が異常な事件を起こして犠牲者が出た。これまでなら、そう思えていたんだと思う。

ただ、今はそう単純に割り切れなくなってきた。

その理由は、通り魔所謂弱者男性」と呼ばれる社会的弱者側の存在だったからだ。

通り魔殺人は異常者(男性)が女性弱者)を殺傷する卑劣事件だと、これまではそう割り切れていた。

だけど、この事件は追い詰められた「弱者」が恵まれていそうな「強者」を妬むルサンチマンから発した事なのではないか?そういう考えが浮かんでしまった。

女性は体力的に必ずしも男性に敵わない訳ではない

女性男性に体力で劣る弱い存在である

こういう考え方は少し前まで一般的だった。或いは今でも多くの人の頭に根付いているかもしれない。

それまで合同で体育を学んでいた子供達は、ある日女子男子で別れるようになる。スポーツ男子女子競技が別けられる。重量がある物は男性が持って当然である

女性男性と違って力が弱い存在である。だから強い男性女性を守ってあげなければいけない」というマチズモを多くの人間が信じていた。

だが近年その幻想が崩れてきた。江戸時代には300kgの米俵を女性が運んでいたし、太古の時代人間男性女性関係なく狩人として食料を確保していた。

創作世界でも、「女性はただ守られるだけの存在ではない」と男性に混じり戦うヒロイン達が増えてきた。女性は決して男性に劣る弱い存在ではないと、意識改革されてきたのだ。

性差破壊、「人間」は「人間」であり男性女性というジェンダー本来存在しない

男性は家から出て働き、女性は家の中を守る物。そういう考えはやはり一昔前までは一般的だった。

父親一家大黒柱として収入を得るため働き、家族父親感謝する。父親家計を支えているため家庭内で一番偉い存在であり、母親父親の言う事を素直に聞くのが正しい姿である

この父家長制と呼ばれる制度の影響で、男性女性には上下関係存在するという意識が当然のようにあった。しかし近年その考え方は少しずつ変わって来ている。

女性社会進出が進む、女性男性経済力に頼らなくても自分収入だけで生活出来るようになったのだ。それに伴い「家庭」という概念じわじわと薄れてきた。

未だに女性の平均収入男性の7割ほどと深刻な男女格差は残っているが、個人単位で見れば男性より優秀で収入も平均以上である女性もそれなりに見られる。

女性」というだけで守られ養われるべきであると扱われてきた性別の人々は、今では弱者と侮って良い存在などでは決してないのだ。

女性弱者と蔑まれ時代は今終わりを告げている。

女性は従来思われていたほど肉体的に弱い訳でも無いし、経済力もグングン付けてきている。精神力言わずもがなである

女性は決して男性より弱くない」

という事を頭に置いて通り魔殺人という痛ましく残酷事件を考えてみると

幸せそうな人(女性)を見て殺したいと思った異常者(弱者)が恵まれた物へのルサンチマン(妬み)から起きた殺傷事件という見方も出来るのではないだろうか。

苦しい生活をしている人が幸せそうな人を見て「自分はこんなに辛いのに何であいつは…」と思ってしまうように、強者である事は時にそれだけで嫉妬対象になる理由になる。

こんな事を書きながらも、結局自分は従来のジェンダー観に則って

「肉体的強者である男性が肉体的弱者である女性暴力を用いて殺した胸糞悪い事件

だと思っている。

その一方で、「女性というだけで弱者と思う事は絶対に間違っているし、後先考えない事件を起こすような男性は豊かでない環境に居る可能性も高い」という考えが頭の片隅を過ぎっている。

仮に幸せそうな女性と不幸せそうな男性の二人が居たら、果たしてどちらが「強者」でどちらが「弱者なのだろう?と、こんな事を考えてしまうのは自分価値観が少しずつ変わって来ているかなのだろうか…。

anond:20210808152232

2021-07-22

人類史で女権社会が残ってこなかったのは、女が下方婚しなかったから。

女が家長である集団があっても滅んできたんだろうね。

2021-07-02

anond:20210702232324 anond:20210702232426

アインシュタイン書ききれないクズ伝説 (ほかにも盛り沢山)








2021-06-29

anond:20210629074233

ちょっと質問なんですが、どんな風にその区別された小児性愛者を社会が認めれば良いのでしょうか?

LGBTであれば、その人たちを好意的に取り上げた映画ドラマが作られたりしま

ドキュメンタリーなどもあったりしま

LGBT恋愛テーマにした小説漫画もあります

これは一例でしかありませんが、そういった感じでしょうか?

次にLGBTが目指しているものとして法的な婚姻関係などがありますが小児との婚姻を認めろと言うようなことも入りますか?

実際に宗教国家などでは家長同意することで成人と児童結婚などもあったりしま

そういうことを社会が認めろというような意味でしょうか?

2021-06-20

anond:20210620181229

年齢別の金融財産統計を使って、「年寄財産を貯め込んで使わないのが悪い」と庶民の年齢差問題にしたいのさ。

実際のところ単に大会社社長とか、相続財産を受け取る家長年寄りが多いってだけの話に過ぎないし、格差問題なんだけどね。あと、消費税なら年寄から取れるっていうデマのために。

貧乏年寄のほうが多いし、もう働けない。

2021-06-09

anond:20210609014615

少し前に近所でそんな感じの通夜をやっていたお宅があった。看板に○○家長女様というふうに名前でなく続柄が書かれていたのでもしやと思って、他人事ながら少し心苦しい気持ちになった。

2021-06-02

もしこれをやったのが白人男性でも解任されたのかな

ベルギー政府駐韓大使を解任 大使夫人店員手打ち

https://www.bbc.com/japanese/57311675

ベルギー駐韓国大使の妻が先月、ソウル市内の衣料品店店員を平手打ちした問題で、ベルギー政府5月28日ピーターレスクイエ大使を今年夏に解任すると決定した。

ソウルベルギー大使館はフェイスブックで、レスクイエ大使はこれまで3年間、大使として立派に職務果たしてきたものの、「現状」では「穏やかに職務継続することが難しい」と説明ソフィーウィルメス外相ベルギー韓国関係のため、今年夏に大使任期を終了させることが最善だと判断したと明らかにした。

大使のシャン・シュエチウ夫人(63)は今年4月衣料品店店員を平手打ちした。その様子が監視カメラ撮影されていた。大使夫人は当時、万引きが疑われ、店員が妻の着ていた服について私物かどうか尋ねていた。レスクイエ大使はその後、妻が「受け入れられない」行動をとったとして謝罪した。

ベルギー大使館によると、シャンさんはこの後、脳卒中の症状が出て病院入院退院後に自ら店員2人に謝罪したほか、警察事情聴取にも応じたという。ベルギー外務省はシャンさんが外交特権行使するのを認めず、警察捜査に協力する姿勢を示した。

ベルギーEU本部もあるし、もう少し人権を大切にする国だと思っていたんだけどな。

アジア人で、女性で、脳の病気になった人の行動について、これほどまでに責任を追及する必要があるんだろうか。

本当に万引きだったとしても、脳の病気の中には窃盗行為に出てしまものもある。

まして妻の行動を理由に夫を解任するとは、女性に十分な責任能力がないと見なして家長責任を取らせる中世の発想だろう。

2021-05-04

anond:20210503183841

嫁や家族をもてないことを「弱者」と考えるのはゴリゴリ家長父制やで

2021-04-19

anond:20210419113346

一家大黒柱なんて家父長制があった時の古い建前で、しかも実際は大黒柱なんて言っても実際はそんな家長意識なくて、娘を厄介払いに風俗街に売ってそれで食べてたのが実情だし、現代でも大黒柱言葉が生きてるならこれほどまでにシングルマザーが増えて一人親の貧困が深刻化されてないっしょ

突然家父長制がなくなってて草なんだ。家父長制が存在しないならもう男女共同参画社会とか達成できてて議論余地ないでしょ。

あなたの中で家父長制はなくなっているのだから、今後、都合のいい時だけ家父長制を再登場させないでくださいね

実際お前が女をあてがわれて弱者男性卒業できたとして、たまたま好みの女の子に出逢っちゃって相思相愛になれたら浮気せずにいられるか?

突然の人格透視で草なんだ。ちなみに僕は既婚で子持ちですよ。

現代日本の男にとってそれほど家庭ってのは価値が軽いんだよ

前提が妄想なのでこの主張は誤り。

赤ん坊一つとっても女には子供保護法的責任として貸されて刑事罰にもなるけど、父親はその責任比較的薄いし認知しなければ実質ないに等しいか家族にたいする責任の重さは女の方が圧倒的に強い

女性にだけ刑事罰が科されるという条文ありますか?絶対ないですよそんなもの

で、条文はないけれども統計的刑事罰が課されやすいと言いたいならば、データありますか?

仮にそれが正しいとして、まあ、離婚時に女性しか親権が行かない問題

すなわち司法の中に家父長制が残存している裏面でしかないですね。

その点については改善しなければならないと思います

ところで、あなた最初の行で「(家父長制は残っていないので)男に大黒柱意識はない」と書いていますが、最後の行ではあることになっていますね。

あるのかないのかどっちなんですか?

2021-04-06

橋本棋士の色々で、共同親権について考えた

今まで共同親権については、制度としてはあってもいいとは思っていた。

やはり、子にとっては父も母も親だし、面会交流はそれ相応になされるべきだし。

(もちろんDVの有無など個々のケースで慎重な運用必要だと思うけど)

父母両者にそれ相応の責任を持たせるのは大事だよね。

でも、今回の騒動橋本氏を支持する人達の言説を見ていると

ATMにされたくない」

「勤務先を第三債務者にされた人の気持ちを考えろ」

等、自分のことばかり。

家長としての面子潰された逆恨みが7、寂しいが3くらい?

橋本氏も婚姻費用分担請求放置して、差押食らって逆ギレしてるし…

本当に子の福祉考えているのか疑問。

共同親権はともかく監護権の適切な行使は期待できないよね。

それに男性の育休取得に反対する主義の方々がなぜか共同親権の主張しているけど

共同親権は欲しくても監護権は要らないってこと?

なんかもうね、妻から離婚を認めにくくする方向に持って行きたいだけなんじゃないかと。

子の福祉はどこ行っちゃうんだよ。

離婚の子福祉について、追跡調査とかされているのかな?

養育費は多くがバックれられるとは聞いたことあるけど。

2021-04-05

女は下方婚しない、とはいうけれど

そもそも男が上昇婚望んでないことも多くない?

しか上昇婚望んでる割に結婚相手が「お母さん」になってくれると思ってる人も多くない?

上昇婚目指してる女の多くが見た目磨くし家事育児の主担当になるつもりで結婚するじゃん?でも男性でそういう努力とか方針持ってる人ってホントで合わないんだよ

男性にもそのつもりがあれば結婚したい高収入女は普通にいると思うよ

家父長制の家長になりたいみたいな感性のままじゃそらマッチングするのは上昇婚目指してる女性だけだよ

婚活したことあるけど私より全然収入低いのに何故かそこにプライド持っててこっちを馬鹿にしてきたり(仕事だけしてたか婚活する羽目になる、とか、じゃあお前はなんやねん)

私より全然収入低いのに結婚したら家事育児の主担当は私だと思ってるパターンしかなくて無理だわーってなったもん

から結局上昇婚したくないんだよ、男性

自分より収入が低い女がいいと思ってるんだって

からあいう人が言ってるのは「俺たちより収入の高い女が増えたことがいけない」なんだと思うんだよなー、下方婚しない女が悪い、の本音は下方にいない女が悪い、なんだよ

2021-03-23

anond:20210323132635

家父長制

父系家族制度において、家長絶対的家長権によって家族員を支配・統率する家族形態。また、このような原理に基づく社会支配形態

「正しいことな押し付けてもいいって考え方のこと」とは・・・

2021-02-18

anond:20210218100112

そういう事考える人そもそも別姓にしないんじゃね

結婚式とかどうすんの? 磯野家と野比家の結婚式戸籍フグ田な家長挨拶すんの?

結婚式披露宴区別つけよう&

そういう旧態依然とした披露宴するカップルって今でも減ってるのにこれからまれる子が結婚する時はどの程度生き残ってるんだろうか

夫婦別姓なら、妻だけが別姓にすべきだよ

夫婦別姓必要だと思ってる。

けど、子は父の姓にすべき。つまり、妻だけ別姓にしないと社会は混乱する。

思い込みで言ってるんじゃないよ。うちは、旦那が婿に来てくれた。普段旧姓使用してる。

すると、旦那の知り合いからは、「フグ田さん一家」「フグ田家」と呼ばれるわけ。本当は「磯野家」なのに。

子どもも、フグ田さんの娘さんとか息子さんとか言われるわけよ。

それでも戸籍上は磯野だから冠婚葬祭では「磯野マスオ」で出席するし磯野家として扱われるからいい。

これが夫婦別姓になったら?

戸籍上も旦那フグマスオで、妻と子が磯野?だよ?

結婚式とかどうすんの? 磯野家と野比家の結婚式戸籍フグ田な家長挨拶すんの?

妻だけが別姓ならさ、フグ田家と野比家の結婚式でも、挨拶する父親フグ田家の代表戸籍上もフグ田。妻は別姓で磯野でも関係無い。

こういうの全部ひっくり返す覚悟がないと、夫婦別姓なんてむずかしいよねって実感してるし、妻の旧姓使用の延長がせいぜいなんじゃないかな。

2021-02-05

子どもができてしまった親の元に生まれ

私には1歳終わりごろから記憶がある。もちろんハッキリしたものでは無い。1歳半で引っ越したはずの部屋の間取りや、そこでのできごとをいくつか覚えているだけだけど。

両親は学生デキ婚学校中退

父は突然の社会人家長になり、土日も関係なく働いてほとんど家にいなかった。母は平日昼間はなんとなく家事をこなし、午後はほとんどずっと誰かと電話していた。何を話していたのかはよく分からなかったが、私は電話する母の背中を見ながらいつも「おやつまだかな?」とか考えてた。

幼稚園入園準備を始める頃になっても、母は相変わらず午後の時間ほとんどを誰かとの電話に費やしていた。その頃には私も、母の電話の内容も何となく分かるようになっていた。「夫が育児を手伝わない」「子どもいるから遊びに出かけられない」「まだ学校に行きたかった」

母の会話にいつも出てくる「学校」。黄色帽子とつやつやしたランドセルを背に、アパートの前の通りを賑やかに歩いていく小学生は確かに楽しそうで、母が憧れるのも分かる。

私は母を喜ばせたくて、週に何度もダダをこねては小学生の隣の図書館に連れて行ってもらった。自転車の後ろの椅子で母ながら、学校に行けることをさぞ喜んでいるだろう、と、自分ワガママを誇らしく感じながら。

でも結果は母の電話に「毎日毎日図書館に連れて行けってうるさい」という愚痴が加わっただけだった。

この頃の父についての記憶ほとんどない。たまに3人揃って夕飯を食べるとき、母がウキウキしたりイライラしたり、空気ちょっと変わるのを感じていたくらい。今より「育児母親仕事」な時代だったし、私の世界ほとんどは母が占めていた。

幼稚園の終わりごろに弟が生まれると、母は弟のママになった。

私のことは相変わらず「学校に通えなくなった原因」なのに、弟には甘い声をかけ、一挙手一投足を柔らかい目で追うようになった。誰かとの長電話ほとんどしなくなった。

そしてこの頃から私は、母に愛されたいと期待するのをやめた。

今では私も家庭を持った。両親とは程よい距離感で接するし、はたから見たらむしろ仲は良い方かも知れない。

言葉は分からなくても、子ども空気を覚えてる。自分が我が子の目にどう映るのか、彼もしくは彼女にどんな背中を見せることになるのかが怖くて、子どもはまだ作れない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん