「アラフォー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アラフォーとは

2019-04-23

行きつけのお店

アラフォーにもなると行きつけのお店ができて仕事帰りに一杯やりながらおばんざいを食べたりするのが普通になると思っていたけど、まるでそんなお店ができる気配がない。小料理屋でなくても行きつけのバーとか、いい大人なら行きつけのお店の一つや二つくらい...といった語られ方があると思うのだけど、これ金銭的にどうやってるのか全然からない。

お酒飲んで2、3皿の料理を食べると1人で3,000円はくだらないと思うのだけど、こんな食事を月に数回やってるってこと? 3,000円って、やよい軒餃子の王将日高屋丸亀製麺オリジン弁当で4、5回分の食費に相当するんだけど、そんなにエンゲル係数高いの? 氷河期世代以下は下流全然お金持ってないって話だったけど、実はそうでもないの?

とはいえ、たまに食費が月に5万弱(1500円/日くらい)って増田が出てくると食費が高い高いとか騒ぎ出すよね? これは何?別の人たちなの? それとも普段やよい軒にも行かず数百円の材料自炊してて、月に数回行きつけのお店で3,000円をパーっと使ってるってことなのかな。いやそれ何? 修行修行なの?

行きつけのお店なんて話は平成で終わった価値観で、所得一定水準以上の層にのみ許された特権で、一般市民やよい軒が行きつけのお店って話ならいいんだ。それとも、酒を嗜む人からすると3,000円支払ってでも月に数回外で飲むことが大事で、そのためなら趣味への浪費もソシャゲ課金も日々の食費すらも削れるって話だったりするの? それならそれで個人価値観から自分も早々に諦めがつけられるのだけど、なにか行きつけのお店を作る画期的方法を見落としてるんじゃないかって不安なんだ。

2019-04-22

おまえらストレス解消法教えてくれ

何らかのストレス解消法がないと、この先生きていくの辛いなと思って。

趣味を探しているわけでもないが、教えてもらった候補の中からいくつかやってみて

今後続けられたり、趣味昇華できるものがあればなお嬉しい。

当方アラフォー♂、未婚。酒飲む、タバコ吸う。

ちなみに今は無職

去年の夏仕事やめて英語のために留学1月に帰ってきて職探し中。断捨離してて、とにかくいろんなものを捨ててる。

ミニマリストになりたいかというとそういうわけじゃない。エッセンシャリストにはなりたい。

お金に余裕はあまりないが、じゃあ実家帰ろうかというほど困窮してもいない。貯金は減っていくけど。

学生時代人と話すの大嫌いだったんだが、なんとかそれは解決

とはいえ外向的にワイワイやるのは今でもそんなに好きじゃない。

なるべくなら引きこもってひっそりと暮らしたいと、どちらかというと思ってる。

すげー楽しくてもなかなか表に出(し)にくいので、

何考えてるのかよくわからないと言われる。ような人。

ストレス抱えててもそれを多分自分で認めずにそのままにしちゃうから

ガッツリ寝不足なのに考え込んで目が冴えたりして寝れなくなっての繰り返しでストレスでどよーん。

きっと仕事しながらでもストレス解消してけば今までみたいにならなかったんじゃないかと思うと、

もったいないことしたなぁってちょっとだけ後悔してるトコあって。不器用すみません

追記

お二方サンクス。どちらも俺にはハードルが高そうだ…。

マッチングアプリ出会いってやっぱクソだな

もちろん、うまくいっている人もいるだろう。

でも自分はそちら側にはなれなかった。

アラフォー元彼はやや年下、お互いバツイチ

マッチングアプリお見合いパーティー含め、10人と個別に会った。

いろんな人がいた。

見た目がというより、話が自慢ばかりの人、下心ばかりの人、盛り上げる気がない人、性格悪い人、連絡こなくなった人…

その中で数ヶ月やりとりしていい人だなー、真面目そうだなーと思ったのが元彼だった。

複数回会って付き合うことになった。

ちゃん告白いたことをしてくれ、クリスマスサプライズプレゼントを渡してくれ、LINEマメで嬉しかった。

ただ、いまいち会話が合わない、キャッチボールしにくい感はあったけど。

あと、イケメンでもなかったけど。

付き合って1ヶ月目。

ラブラブだった。

会話は相変わらず。

2ヶ月目。体の関係に。

まあそれなりにラブラブ

相手は酔っ払わないと無口。

何考えてるかわかりにくい。

3ヶ月目。

ちょっと会話しにくいし、ちょっと違和感

でも毎週会ってるし、相手デート提案してくれるし、気のせいか仕事疲れかな。

3ヶ月目後半。

マメLINEも頻度が下がるし、反応が悪い。

私のいつものノリに呆れてる風。

一緒にいるとイライラされてる気も。

相手から言われて会ったのになぜ?

4ヶ月目。

毎週会う流れだったのにそれもなく。

LINEの返事も感じが悪い。

まりに行くもテンション低め。

ただ、生理中なのに挿入された。

そして、相手の態度に我慢できず、突っ込んだら別れましょうとフラれた。

私の何がいけなかったんだろうとずっと考えてた。

電話で話したいといったけど、LINEは全て未読スルー

謝ったけど最終的にLINEブロックされた。

いい人だと思って付き合った結果がこれ?

母親との旅行に一緒に行くと言ってくれ、予約までしてて、真面目な付き合いだと思ってたのに。

女慣れしてる感じもなく、インスタのアカウント教えてきたりとヤリ捨てするような雰囲気皆無だったのにこの結果かい

私の見る目がなさすぎるのか…

何もしてないのに急に冷たくなって意味わからん

合わなくて別れるにしても他の形があっただろうよ。

そして、付き合い3ヶ月目早々にはマッチングアプリを再開してた模様。

男のくせに写真加工してんじゃねーよ。

全然顔違うわw

マッチングアプリなんて、やっぱり軽いノリの男しかいないのか。

文句を言いたい衝動かられるが、LINEブロックされてて怒りのぶつけ先がない。

最低のクソ野郎

やりたいだけならやりたいだけの態度で接してこいよ!

わかりにくいわ!

二度とマッチングアプリなんてやらない。

一生一人のほうがまだいい。

追記

試しにいいねしたらマッチングしたんだが。

(もちろん私は身バレしない自己紹介になってる)

不慣れだけどよろしくだと?

「不慣れだけど」???

4年彼女いないって、私の時は2年だったぞ。

こんなのにひっかかる自分バカなんだ。

これが他人の始まり

夫婦結婚記念日おめでとうメールを送った、親元アラフォー独身女子だけど、見事に返信がない。

あと、昨年はお中元送ったけど、

「みっちゃんが気を使うから送らないで」と返事が。

今年は今年で向こうが出産したので、お祝いを包んだんだけど、お祝いが結婚式の時の水引きで、結び切りから縁起悪いと、怒られた。

お金はきっちりと貰われてしまったが。

両親はいずれあんたはお世話になるんだから、今のうちにそう言う付き合いはきちんとしとくのよと言われたんだし、別にそれはなしで、交流はしたいなと思ったけど、弟のお嫁さんにしてみれば、

介護よろしく、でも擦り寄るな!

って気分なんだろな。

両親のうちの子供たちは仲良しファンタジーは壊したくないから、はいはいと言ってるけどね。

職場メンヘラさん

職場メンヘラ♀さんがめんどくさい。

この際メンヘラなのか更年期障害なのかはどうでもいい。

とにかくその人がめんどくさい。

「〇〇さんの席で ムカツク って言ってたのなに?」←言ってない

「そうだよね増田さんはそうやっていつも否定するよね」←いつも言ってないからね

「でも言ってたじゃん。なんなの?」←言ってない

うはwwwwwめんwどwっwくwwっwせえええwwwww

まれる度に「言ってないよ。強いて言えば目の前でエラー吐いてるコピー機にムカついててすごく寿司食いたい(プンスコ☆」と斜め上に受け流してるけど本当にめんどくさい

どんな場面でも斜め上に受け流していたら職場天然キャラ扱いされだしたのも含めてめんどくさい。

同じような内容で上司に絡み同僚に絡み後輩に絡み、育ちのいい優しい先輩♂に依存気味。

定期的に通勤手段が被るのでその度に絡まれいたことに加えそれが原因でついに次の予定へ遅刻したので今後は毎回テキトー理由つけて一緒しないことに決めた。

病気母親と二人暮らし?大変だね。テキトー息抜きしろ自分裁量だよ。

アラフォー彼氏なし?知らんがな。優しい先輩♂は婚約なんや飲み会帰りに荷物♂抱え込んで困らせてんじゃねえ。

「なんかもう私最悪だよ。明日からはまともになる。誓うよ」→翌日「もう我慢できないから言うわ。影でコソコソ言うのやめてくれる?」←言ってなry

「ほぼ異動のない職場だし増田は定年までこんな私に付き合うんだよ!あきらめなよ!」←いやどす

もーどうして欲しいの。

職場の子ありママさんたち(メンヘラと同世代)に泣きついてヨシヨシしてもらい、

上長上長に異動したいと直談判したあとに「あそこ(地獄部署)にトバされたらどうしようここのほうがマシかな」と日和り(これはまあ別にいい)

なんとか盛り上げようとピエロった自分が温めた飲み会の席を「それよりさあ」で葬式にする。

上司てめえ「あれよろしくね(通勤いっしょになるでしょ」とか言って投げてくんじゃねえ。

自分メモ対策

なるべくメンヘラ特攻される場面を作らない(ぼっちになる作業メンヘラが忙しいタイミングに)

通勤ご一緒をあの手この手回避

「それよりさあ」が始まったら無視して隣のひとと勝手に盛り上がる

それでも特攻されたら「寿司食いたい」で受け流す

それでも続いたらわざと主語を取り違えて話を斜め上に流す

かにどうしたらいいんだ。

仕事も手伝った。

ママさんとメンヘラ自分の3人でカフェで甘いもの食べながら愚痴も聞いた。

ふたり仕事帰りにふかふかのパンケーキも食べに行った。

他人としては出来る限りを尽くした。

他人にこれ以上のことはしたくないし背負う気は毛頭ない。

もう疲れた。できればもう寿司の話もしたくない。寿司が汚れる。

2019-04-21

anond:20190421191431


友達ならあんま敵にはならんな。

職場かいろんな層がいるとこは絶対絡んでくる人いるでな。

アラフィフはわりと寛容だけどアラフォーは本気でプライド高いし面倒。仕事に生きてくしかなかった私達、結婚しながら仕事するアラサーの奴らは甘えと思うてるよ。

アラフォーだが初めて投票した

40年生きてきて、今まで国政、地方政治に関する投票したことがなかった

というのも、まつりごとは嫌いで、自分自分でやりたいことだけやっていたくて、権力というものが嫌いだったからだ

しかし、ここ最近の国政の腐れ具合に辟易し、学生時代政経公民はずっと赤点だった自分でもダメだとわかる具合だった

その原因は年齢層に起因するものが多く、団塊の世代がとくに自分らの世代利権を守るためだけの悪法が多いように見えた

そして自民党が嫌いだ、というのも権力物事推し進めるきらいが強すぎる

から、なるべく若く、とんちんかんなことを言っていない自民党以外の候補者投票をしてきた


ただ、はじめて投票するのに候補者を選ぶのは大変だった

自民党候補者はバックがあるからか、多数の人にささるようなマニフェストを出していた

でも、この人が言うこと、自民党が良いように言ってるだけで、どうせ後からひっくり返すんだろうなとも思った

そして若者を選ぶのも、上から圧力に耐えきれるか、反発できるかも不安だったりした

それらは候補者を見定めるのに、個人的に話をせずには見極められない程度のものだと思った

結果、20代は切り捨て、無所属も後ろ楯がないことから切った 自民党はもちろん最初からNG


投票所はマークシートとかじゃなくて鉛筆候補者を記入するタイプだった

コレ、なんで鉛筆なんだよと思った

開票の仕組みは知らんが、ペンで書かせろと思った

なんだったらなんでインターネット投票できないんだと思った

これが団塊の世代が幅きかせてる理由かとも感じた


若い世代はみんな保育所問題などに向き合うことをメインにしていた

俺は子供もいないからそこまで惹かれなかったが、適齢期の人たちはやっぱりそれが問題だと思っているんだろうか?

なんかバックの人間にそれを推すように言われているようにも感じた

なんというか、コレやってもらえるなら全力で応援するよ!って人はあんまりいない感じ

本当に老人はどうでもよくて、若者活躍させよう、って気概のある候補者がいたらいいのにと思った

投票する人が老人ばかりなので仕方がないのかと思った

もはや投票する人の年齢制限も加えたほうがいいんじゃないかとは思った


とりあえず、自民党・老人には権力持たせたくないので、今後もそのように投票していきたいと思った

10年前、私はアラサーだった

今はアラフォー

10年後は…

 

私はこの世にいないと思う。

女の敵は女であることと嫉妬自尊心問題


日東駒専以下の理系学部出身です。

就職文系の人が多いとこなせいか大学でどんな勉強をしたかサークルとか大変だった就活の話をすると「理系からってマウントとるな」「なにそれ自慢?」みたいに言われ、その都度嫌な気分になる。

マウント取ってるつもりもないし実体験を伝えてるだけ。それで自慢のように伝わるのなら受け取る側の問題だろうに、私は文学部教養学部だったか特に話せるようなこともない、サークルも入ってなかったし、バイトをやってたわけでもないと。じゃあ何してたの?と聞くと「特に何もしてなかった」と。大学4年間何もしないで過ごすの楽しいの?それで他人からなんか言われてやっかむならなんかやったらよかったじゃん。

自分の卑屈さを棚に上げて他人批判する女って多いよね。アラフォー独身で、他人結婚生活の苦労話してると「結婚してるだけマシなのにおこがましい」とかいう人。だけど私は結婚じゃなくて仕事を選んだとか言ってプライド高い人。なんで結婚仕事どちらかしか選んじゃいけないの?

自分がそんな嫌味たらしくなるんならそうならない生活恋愛をしなさいよ。男なら他人からまり言われないからいいよね。女の敵は女なんだわ。別の境遇にある女。

独身婚活辛いてか、そんなん年取れば結婚しづらくなるのあたりまえでしょ?なんで早めに努力しないの?なんでその不満を既婚アラサーにぶつけるんだよ。

周りのアラサーはわりと堅実に早くのうちから結婚仕事の両立考えてさ、努力してるよ。現実みて運命恋から結婚とかじゃなくて、日々の積み重ねが人生だって学んでるよ。

2019-04-19

大人男子もの

上司と先輩と飲んでたら上司が何度もモテたいと言う。中学生か。アラフォーの既婚者なのにモテたいと公言するとは。私はアラサー独身だけどモテたくはない。ただ好きな人がこっちを見てくれたらいいのではと思ってる。こんな男が東カレ買っちゃうんだなと思いがっかりした。

言っても上司モテる。仕事の依頼も部下から相談もひきをきらないし、家族何だかんだ大切にし、家族から尊重されている。なのにまだモテたいのか信じられない。私なんか隣で飲んでていつ抱き寄せられてもいいなと思ってこの時間を楽しんでいるのに。向かいの先輩も上司が大好きだから自分から帰ると言った試しはない。そんな先輩や上司との関係を壊したくないし、仕事も続けたい。

上司は好きだけど、そんなにモテてもまだモテたいなら、この人には幸せにさせられても幸せにしてはもらえない。だからぜったい告白なんかするものかと思う。それでこの人はずっとモテたいと言い続け、私たちはそれをかわいいなと眺める悪循環を、みんなでずっと繰り返す茶番モテたいバカ子どもの男、黙ってりゃ渋い大人の男だけど、それを言って嫌われたくもなくて笑ってる女の私もモテたいだけの相当のバカ幸せにしたい男のために東カレ買ってくるわ。

anond:20190419175638

そんだけ付き合った事があっていまだに結婚してないってアラフォー婚活女子まっしぐらじゃん。

そうなりたくなければなんで別れたか分析しろよ。

anond:20190419174357

ワイもアラフォー一歩手前やけど最近になっていきなりステーキに通うようになってから

300g400g平気で食えるようになったけどな。

アラフォーぐらいの女性の何割かにとって、ラピスラズリは石の中でも特別な石だと思う

2019-04-18

いつまで手をつないでいいのか

当方結婚10年目のアラフォーで、子供もいないせいか未だに妻と出歩くときに手をつなぐんだけど、周りを見渡すとそういう人ってあんまりいない気がする。自分としてはこの先も手をつないで生きていきたいんだけど、いずれ控えるべきタイミングがやってきたりするのかな。

anond:20190416194926

この増田ニコ動ができた当時アラフォーの俺よりずっと歳下のはずなのだ

バブル時代の思い出を熱く語る現在50代の文章を読んだような気分……

ちな俺は逆に1020代とまったくぱっとせず

35歳過ぎてからわりと好転したけど

10代後半が人生ピークだった元増田とどっちが良いか微妙やなあ

2019-04-17

anond:20190416112546

日本学術振興会賞より、学士奨励賞の方が受賞者少なくて(1年に4-5名)権威もある。日本学術振興会賞取ってるのに、っているよりも学士奨励賞とってるのにどこにも行く先がなかったのが大問題だって言ってるんだよ。

わかってるだろうけど、どちらも45歳以下の若手対象役職比較するのはおかしくない?分野によって出世スピードには差があって、理系の、とくに工学系は30代の教授もザラ。人文学系は遅い。そもそもポストも少ない。業績も比べにくい。アラフォー役職ついてないのは当たり前。

非常勤講師赤字なのは同意コピーはしてもらえるけど、教材費は一切貰えないし、通勤中に電車止まって、急いでタクシーに乗り換えて来たのにタクシー代は払わないとかね。私学なのに。

2019-04-16

最近プログラマーって偉そうだよね?

自分プログラマとして十数年やってるアラフォーおっさんでいまも現役でコード書いてるんだけど

最近プログラマが重宝されてるしそもそもその会社プロダクトがソフトウェアだってこともあるんだけど

社内でとにかくプログラマ地位が上がってきてるんよね。プログラマが機嫌を損ねると顧客価値を届けられないわけ。

で、そうなると何が起こるかというとみんなプログラマ大事にしてくれるのよ。

つい昨日もあったんだけど、新機能リリースしたら画面に出てる数値が想定してたもの全然違うわけ。

営業とかサポート人達必死こいて紙の資料と突き合わせたり顧客からヒアリングして検証するんだけど数値が合わないわけよ。

もちろん開発チームにも報告が来てて調べたら、というか調べる前から

「あ、こりゃバグってるな。完全にこっちのミスだわ」

ってわかる状態だったのでささっと調査して修正して再リリースしたんよ。

そしたら営業とかサポート人達が嬉しそうに「ありがとうございます!直りました!助かりました!」とかめちゃくちゃ嬉しそうなわけよ。

いやいや、それ完全にこっちが悪いから。完全にテスト不足なんだよ。ほんとすまん。

とか思いながらも「あ、いえいえ。すみません。ははは、、、」みたいな感じで対応ちゃうの。

いや、だって一昔前はめちゃくちゃ怒られたじゃん。

障害報告書かされたり原因調査レポートとか手動で水平チェックとか再発防止策とかPMひとり引っ張られて激詰めされたじゃん。

もちろんチーム内で振り返りはやるんだけど、なんかもう相手の反応が拍子抜けで自分バグ出したときにどんな顔していいのかわからないんよね。

自分バグ出して直してありがたがれるってどんなよ?と思うわけですよ。

いやー、なんかい時代になったなと思って。なんか偉そうになっちゃったなと。

ただそんだけ。

発達障害の人って発達障害からコミュ障でも仕方ないって開き直ってるよね


もちろんそうじゃない人はたくさんいるけど、アスペルガー系の人は開き直り多いわ。アラフォー独身アスペルガーはまじで開き直ってる。結婚歴もなく、そのような自分コミュニケーション継続して根気よく改善へ促してくれる女性との出会いもなく。

ネットまとめとかみて世の中を知った気になるのやめて!

2019-04-15

家がバッチリ再開発地域に入ってるんだが

アラフォーで勤め人のおっさんです。

一人気ままに都内物価安め地域賃貸暮らしなのだが、どうやら、うちの古いマンション(ほぼアパート)がバッチリ再開発地域に入ってるらしい。

今日ポストに、住民説明会計画案縦覧のご案内チラシが入ってた。

ちょっとちゃごちゃした街並みは気取らず気張らず、暮らしやすいのだが、かなり広い範囲で小綺麗な街に変えられてしまうらしい。

まあ、以前から噂は聞いてたんだけど。

持ち家だったら、金なり新しいマンション権利なりもらえるんだろうが、賃貸に住んでるおっさんでも「ここから出たくない」と粘れば、お役所の人が「どうか出てってくださいな」とお金を持ってきてくれるんだろうか?

そういうのは共産党がしきってんのかな?

説明会って言われても、平日夜七時って、かなり仕事融通しないといけねーじゃん。

どうなるんかね?ってまあ、話は着々と進んでるから、いつかはこのマンション(アパート)もなくなるんだろうが。

この街好きだったんだが。

ま、仕事さえあれば、親と妹(地元の男と結婚)がいるクニに帰ってもいいんだけどねえ。

ネットネットリアルリアル

大昔の作品だし供給なんて耐えて久しいから、そこそこ絵を描ける自分が、参入してから、そこそこの評価を貰えた。

アフターやイベントのお誘いも貰っているけれど、遠方を理由に参加はしていないし、今後も参加する予定はない。

当方アラフォーだけど、結婚していないので、いい歳して積まなければいけない人生経験をろくに積んでいないからだ。

仲良くしてくださる、主婦の神絵師小説書きの方に、私なんぞがあえば、絶対ドン引きされる。

だらしなく肥えた体、親元で親の介護がいつか迫り来ることを知りながらぬくぬくと老親に面倒見てもらえるパートタイマーリアルの友人からもすっかり相手にされなくなった幼稚な言動と行動、アラフォーと書いたが四十超えてる、不惑だ、不惑、こっちは生きる知識が乏しく惑いっぱなしだというのに。

自分作品を今後もフラットに見てもらいたいので、そこに「わたし」という存在など邪魔なのだ

自分が駄目人間だということはわかっている。

勇気と粘り強さと思慮深ささえあれば、正職員にもなれたろうし、結婚も出来たかもしれない。

けれど、それができた若い頃は、社会が怖く引きこもりだった。努力が足りないのはわかっているが、四十超えた今、外に出て、自分お金を貰えるようになるまで社会生活を営めるようになるまで、かなりしんどかったんだ。男性に好まれ容姿や行動、生態調査プレゼンテーションまでの努力に手が回らなかったし、それはしたいことではなかった。それに、自分みたいな不適合者が子供を作ったら、自分に似せまいとするあまり、恐らく虐待に走るだろう。世の人が言う幸せをそこまでして欲しくないし、それをきちんと経験した世の女性や私の母を尊敬している。生まれてきてごめんなさい。死にたいんだけど、死ぬのが怖いんです。

ごめんなさい、話が暗くなった。御察しの通り、処女だ。しか腐女子

社会生活を送ろうと思ったのは、イラストを描いて、本やサイトを持って、妄想だらけのこの頭の中を、形にすることができたらなと思ったからだ。そのためなら、年下の人間の蔑んだ目や、あいつの人生よりはまだマシと言う世間から視線我慢できる。年上の家庭に疲れた人の言葉サンドバッグにもヘラヘラ笑っていられる。

そういった視線を、今のジャンルで仲良くしてもらった神絵師さんや神小説書きさんから、注がれたら、あのキモい奴の作品など見れない、悪い意味で見る目変わるわとか思われたら、もう生きていけない。

日常ツイも極力しない、ツイッター内で声をかけられても当たり障りない返しをする、淡々自分理想をこめたブロマンス的なホモを描く、たまにプライベッターでえげつない漫画をおく。

その中にわたしという不純物は不要だ。

交流も最小限でいい。私の裸踊りをしれっと見てくれるだけでいいんだってば。

自分理想けが生きがいだから絶対自分と言う醜いものをおいてはならない。

そもそも腐女子になったのは、男女カプだと、羨ましさが混じってしまうのと、男女カプ好きの独特なスイーツ脳が苦手だったり。

2019-04-14

事実婚を選ぶ人の気持ちが一切理解できないし無責任ではないかとすら

はあちゅうしみけん事実婚みたいなニュースが前にあって最近妊娠したとかいってたけども

事実婚内縁関係をわざわざ選ぶ人の思考がわけわからん。アホなの?

なぜ伴侶にすると決めた人と籍を入れないんだろう。自分職場事実婚相手と一緒に暮らしてるというアラフォーがいるんだが、とにかく夫婦生活の話はしたがらない。隠蔽体質、、普通一緒にいる人が決まったら日の当たる場所で周りからも祝われたり、受け入れたりされたいだろうに、わざわざ「事実婚です」と名乗る意味わからん。こそこそする意味わからん内縁はもしかしたら不倫の末の関係だとかあるのかもしれないけど...あと国籍問題とかさ

一緒にいたいという気持ちだけ優先して覚悟や誠意を見せないとはけしからん。聞かれるのが嫌なら一緒にいる意味ないのでは?

なぜ事実婚内縁関係を選ぶのか?わざわざ選ぶ必要性わからん

2019-04-13

事実婚内縁関係を選ぶ人はアホじゃないかと思う

はあちゅうしみけん事実婚みたいなニュースが前にあって最近妊娠したとかいってたけども

事実婚内縁関係をわざわざ選ぶ人の思考がわけわからん。アホなの?

なぜ伴侶にすると決めた人と籍を入れないんだろう。自分職場事実婚相手と一緒に暮らしてるというアラフォーがいるんだが、とにかく夫婦生活の話はしたがらない。隠蔽体質、、普通一緒にいる人が決まったら日の当たる場所で周りからも祝われたり、受け入れたりされたいだろうに、わざわざ「事実婚です」と名乗る意味わからん。こそこそする意味わからん内縁はもしかしたら不倫の末の関係だとかあるのかもしれないけど...あと国籍問題とかさ

一緒にいたいという気持ちだけ優先して覚悟や誠意を見せないとはけしからん。聞かれるのが嫌なら一緒にいる意味ないのでは?

なぜ事実婚内縁関係を選ぶのか?わざわざ選ぶ必要性わからん

お父さんお母さん、私に謝ってください

自分の気持の整理のために書き連ねる。自分語りで相当長い。


昭和生まれ就職氷河期経験済みのアラフォー

二歳年上の兄(長男)がいる。自分は長女だ。

幼い頃は特に兄と自分への待遇に差を感じたことはなかった。

親は団塊世代で当時は給料右肩上がり時代で、それなりの中流家庭だったと思う。

習い事などもどちらもそれぞれ好きにやらせてもらえていた。

兄が通っていた地元の塾に自分も行かせてもらい、兄は一足先に中学受験をして某私立中高一貫校へ進学した。

自分最初の塾(兄と同じ)で、『御三家も狙える』と言われ、有名な大手進学塾へ通うようになった。

毎週土日のどちらかには親に連れて行ってもらって都内テストを受けに行き、自分純粋に楽しんでいたが、それに付きあう親は大変だったろうと思う。


そしてその頃から、どうやら兄は道を徐々に踏み外していったらしい。

具体的に中学生の兄の身に何があってそうなったのかは今でも知らない。

兄は万引きなど軽犯罪を繰り返すようになり、親が警察に行くこともたびたびあった(当時、自分にはそれらの事実は知らされなかった)。

自分と兄はひとつ屋根の下暮らしていたが、部屋は別々で元々仲の良い兄妹でもなかったし、

自分中学高校御三家の一つに受かった)で良い友人に恵まれ学生生活を楽しんでいて、兄のことはほぼ眼中になかった。

ただ、それでも兄や両親を見ていて、『兄が道を踏み外しつつある』こと、『親が兄の対応で大変らしいこと』は雰囲気でわかった。

から自分まで親に負担をかけてはいけないな、と子供ながらに思っていた。

別に親のためにいい子でいようと思ったわけではない。

道を踏み外していく兄を尊敬できなかった、いや、心から軽蔑していた。ああはなりたくない、と思っていただけだ。

学校の友人の兄弟はみな出来が良くて、どこに出しても恥ずかしくない「まっとうな」人達で、比べると自分の兄が恥ずかしかった。

学歴なんかの問題じゃない、今でもそれで兄を差別する気はない。

犯罪を犯すこと(万引き以外にも路駐やら何かでしょっちゅう警察から電話があった。警察バカにし、遵法精神などまるでなかった)、

それで親に多大なる迷惑と心労をかけていたこと、それを反省もせずにまた繰り返すこと。

兄の心理など知る由もないし、なにか彼の思春期問題があったのかもしれない。

だがだからといって兄の行為正当化される訳もない。繰り返すならなおさら弁護の余地もない。

私は心の底から兄を嫌い、軽蔑し、しかし表にはそれを出さずに、ただ兄とは接触しないようにしていた。

(なぜなら、兄は短気で暴力に訴える人間だったからだ。一度自分がそういった態度を見せた時、夜中に枕元に金属バッドを持ってすごんできたのは忘れられない。

  そしてそういった基質もまた、私の兄への侮蔑をより強める結果になった)



そして兄は高校を(なんとか)卒業し、大学へは行かずにフリーターになった。

親はどこでもいいか大学へ行かせたかったようだが、兄本人が『大学でやりたいことがない』と進学しなかった(ここは兄が正しいと思う)。

ありがちな話だが、兄は音楽の道を進もうとしたらしい。バンドを組んで、いわゆるバンドマンになった。

音楽活動の実態は何をしてるのかさっぱりわからなかったが、さほど身を入れてやっている様子もなく、芽も出なかった。だが諦めきれないのか、フリーターをしながらだらだらと続けていた。

自分高校卒業大学へ進学した後も、兄はその生活をしばらく続けていた。

そのうち、兄は一人の女性(Aさん)と知り合った。そして二人は結婚を考える仲になった。

Aさんはとても良い女性だった。自分や両親とも仲良くしてくれて、兄は大嫌いだがこんな姉ができるなんてほんとに嬉しい、ようやく兄が自分にとって良い行いをしてくれたと思った。

しかしここで、両親は最大の過ちを犯した。

何を思ったのか、兄にマンションを買い与えたのだ。親の名義でローンを組んで、兄と彼女の新居にしろと兄に与えた。

フリーターの兄に月々のマンションに係る支払が払えるはずもない。それはすべて親が払っていたのだ。しか結婚も確定しないうちに買って与えた。

呆気に取られた。納得できないが親の気持ちになって考えてみれば、『Aさんに逃げられないように、住居が確定していれば結婚生活も楽になるだろう』ということだったのかもしれない。

『妹は大学へ行かせてやったのだから、兄にも何か与えねば』と思ったのかもしれない(しか自分国立大で、学費トータルしてもマンション費用20%にもならないのだが)。

兄は別に特段の感謝をする様子でもなく、当たり前のようにそれを受け取った。

そしてその後、結婚が決まっても一向に定職につこうとせずに自堕落生活を続ける兄は、Aさんに愛想をつかされて結婚前に出ていかれた。

(兄はAさんに入れ込んでいたらしく相当なショックを受けていたが、自分から見れば当たり前だばーかしか思えなかった)


この頃からだろうか、自分が『親は兄を贔屓している』と思うようになったのは。正確には、『親は兄を甘やかしている(自分には厳しいのに)』と感じ始めたのは。


自分は親に言われた。『私立大に行かせる金はないし仕送りをする余裕もないから、家から通える国立大しろ』と。

親の言うことに従おうとしたわけではなかったが、自分の行きたい大学はその条件を満たしていたので、結果として親ののぞみを叶えた形になった。

しかし心のどこかに、『親ののぞみを叶えたい』という気持ちがなかったとは言えない。兄で苦労させられている親を見てきて、自分だけは親が誇れる子供でいようとしたのかもしれない。

通おうと思えば通えたが、一人暮らしに憧れていたこともあり、親の援助は一切受けずに一人暮らしを始めた。貯金バイトでなんとかまかない、4年間それを続けた。

親が兄にマンションを買い与えるまではそれも納得していた。だが、親がそれをした時、自分の中で不公平だという気持ちが生じた。

根底に『「親に迷惑ばかりかける穀潰しろくでなしの」兄に、なぜそんなに金をかけて甘やかすのか?』という考えも当然あった。

自分にとって兄は「いないほうがマシ」で、存在する事で何もいいことがない、迷惑なだけの存在だった。

グレてようがフリーターだろうが、優しい兄なら愛せたろう。だが、兄としての優しさを見せてくれたことなど数える程もない(その数回も小学生以下の時だけ)。

家庭を持って子を為し、親に孫の顔を見せて安心させてくれたなら、「普通」で「まっとう」な人間になってくれたなら、それで兄を見直すこともできただろう。

しかし兄は正真正銘クズなので、逆の道にしか行かなかったのだ(それについては後述)。自分が兄を見直す機会はおそらく死ぬまで来ないだろう。

(余談だが、なかにし礼氏の小説再現ドラマ(兄との関係を描いたもの)を見た時、心からなかにし礼氏に共感した。自堕落でお調子者で弟にとって迷惑な兄。

なかにし礼氏が兄の葬式後につぶやく、『兄さん、死んでくれてありがとう』がわかりすぎて辛かった。

何年先かわからないが、おそらく自分も兄が死んだ時、『死んでくれてありがとう』と心から思うだろう。自分が先に死ぬかもしれないが)



Aさんに逃げられた後、しばらく兄は自堕落生活をしていた(親が金を払っているマンションで一人ぐらし)。

自分は何度も親に『マンションから出て行かせろ、でなければ兄は自立できない』と言ったが、親は『そんなこと実際にできるわけがない』『目の届かないところに行かせるほうが不安だ』と言って聞かなかった。

この頃から自分の中で『兄が駄目になったのは親の(甘やかしの)せいではないのか』『親は己の見栄しか考えてないのではないか』という疑念が湧いてきた。

やがて自分大学卒業して、氷河期の中なんとか上場企業就職を決めた。

希望の会から内定が出ず、文系プログラムなど全くわからないのにSEになることになったが、就職できただけでよしとするしかなかった。

親の反応は『とりあえず上場企業から、外への体裁が整った』というものだった。親にとって自分は見栄のための存在なのだなということが、徐々にわかってきていた。

同じ頃、兄もようやく某リフォーム会社営業として働きはじめた。

兄の営業成績は良かった(もともと外面だけは良い)ので、いっとき小金持ちになれたらしい。外車を買ったが、マンションの金を親に返す気はさらさら無いようだった。

その外車ポンコツなのかあるいは外車とはそういうものなのか、しょっちゅう壊れて修理代がかかった。あまり乗らないせいもあっただろう。

乗らないのなら売ればいいのに『売っても二束三文しかならない』と兄は言い張り、親はなぜか修理代を肩代わりして払ってやっていた。

(散々修理代を払って直して、最後にはやはり壊れ、ろくに乗りもしないままに結局二束三文で売ったようだった)

マンションの支払いは親が続けていた。このころようやく、月々の管理費や積立金などの維持費だけは兄が支払うようになったようだった。

そのうち、バツイチ子持ちの女性Bさんと知り合い、今度は結婚した。Bさんについては自分ほとんど知らない。

その頃自分は向いていない仕事かつ長時間労働で心身を病みかけており、朝焼けの街を徹夜明けで泣きながら一人家路についたりしていたので、兄のことなど構う暇もなかった。

結婚式には一応出た。ストレスで過食気味になりむくんだ顔の自分愛想笑いを浮かべて写っている写真は見返したくもない。

兄の結婚になんの感慨もなく、『これで普通人間になってくれれば』と願っただけだった。兄に望むただ一つのことは『普通の家庭を築いてくれ』で、それ以上は望まなかった。


予想していたが、兄の結婚生活は長くは続かなかった。

営業成績が良いのに浮かれ、独立すると言って仕事を辞めた兄だったが、ろくなノウハウもない個人リフォーム営業がそうそう上手く行くわけもない。

あっという間に生活は行き詰まり、さっさとBさんに逃げられた(どうやら浮気されていたようだが、それを追い詰める気力もなかったようだった)。

そしてまた、マンションで自堕落生活に戻った(もちろんマンション維持費は親払いに戻った)。

自分はずっと『兄を甘やかしすぎだ、マンションから追い出せ、マンションを売ってしまえ、でなければ兄は自立しない』と親に言い続けていたが、ずっとでもでもだってで聞き流された。

『(万引きなどの)前科があるから、追い出したら何をするかわからない。もっと悪いことになるかもしれない』『どれだけ言ってもあいつはこちらの言うことを聞かない』。これが親の言い分だった。

しみじみ、親も兄も情けなく、どうしようもないと思った。『お前は冷たい』と言われた。

そもそも最初にあれが道を踏み外した時、お前の中学受験にかかりきりで、親としてろくに関わってやれなかったのが悪かったから』と。

そう言われて自分にどうしろと? 責任を感じろというのだろうか? もうとっくに成人していい年になった兄を憐れめと? 親でもない自分がなぜ親と同じ感情を共有せねばならないのか?

『ずっとそう言い続けて兄を甘やかして、それで状況が好転たか? 好転する見込みがあるというのか? 兄の自立を妨げているだけではないのか?』

そう言っても、親は同じ言い訳を繰り返して兄への甘やかし(マンション与え)をやめようとしなかった。 

自分の中で、兄への嫌悪と親への嫌悪比率は徐々に逆転していった。兄がどれほどのクズだろうが、どんな人生を送ろうがもはやどうでもいい。

自分と同じ親のもとで、恵まれ環境で育ったにも関わらず、兄は自ら堕ちていったのだ。兄の人生は兄のもの、好きに生きればいいしどこでのたれ死のうが勝手にすればいい。

兄よりも、そんな兄を甘やかし続ける親のほうに不信と不満が募っていった。なるほど、親がこうして甘やかすから兄は更生できないのだと納得した。

そして『兄が自分よりも甘やかされてる事実』にどうしても納得できなかった。自分特別扱いしろというのではない、兄を特別扱いするのが耐えられなかったのだ。同じ子供として平等に扱ってほしかった。

自分大学時代、兄は親が与えたマンションゆうゆう一人暮らしして、自分仕送りを一切受けられずに生活費のすべてを自力で稼いだ。

就職してから、兄は親が与えたマンションで好き勝手暮らして、自分は親に金を入れていた。家に金を入れるのは当然だと思う気持ちもあったが、理不尽だと思う気持ちはどうしても拭えなかった。

その気持ちに耐えられず、『兄と比べてあまりにも不平等だ、兄にも金を支払わせろ、兄を甘やかすのもいい加減にしろ』と泣いて言ったら、『じゃあこれからお前も金は入れなくていい』と言われた(そうじゃないだろ)。


家庭のことや仕事ことなど色々あり、結局自分新卒で入った会社を3年ほどで辞めてしまった。親に『30までにやりたい道(フリーランス)で食っていく目処をたてる』と誓い、宣言どおりに28で目処を立てた。

兄は親が見つけてきた非正規パート仕事をなんとかこなし、その頃にはそこそこ年季も入って板についてきていた。新しい彼女(Cさん)もできたようで、マンションで一緒に暮らし始めた。

だが、そんな矢先。兄が、クスリで捕まった。

最初に一報を聞いた時、親はともかく、自分は『まあ、あるだろうな。やっぱりな』としか思わなかった(基本的に兄の人格を信頼していないので、何を起こしたと聞いても『やりかねない』としか思わない)。

もちろん家族の誰も気づいていなかった。家族の目の届かないマンションでずっとやってきたものらしい。

自分は『言わんこっちゃない、だからマンションから追い出せとあれほど言ったのに、甘やかし続けた結果がこれだ』と親に言った。親は『そんなこと今更言っても仕方ない』としか言わなかった。

そこからの詳細は省くが、兄は執行猶予がついて戻ってきて、兄を見捨てなかったCさん(菩薩かよ)と今でも親の与えたマンション暮らしている。Cさんが見張っているので再犯はないと思いたい。

Cさんには敬意と感謝しかない。彼女がいなかったら兄はもっとだめになっただろう。

しばらくCさんに食わせてもらっていた兄だが、今はまた派遣で職について、そこでの仕事軌道にのってきたようだ。今度こそは歳も歳なので落ち着いたと思いたい。

(ちなみに、また維持費だけは払うようになったが、購入費は一切払っておらず、名義は父のまま。毎年実家よりも高い固定資産税を払っているのも父)



兄はもうどうでもよく、二度と犯罪を犯すなCさんにだけは迷惑をかけるなCさんだけは大切にしろしか思っていない。

残念なことに、自分の中で兄の見方が変わることはこの先死ぬまでない。今の兄と表面上でも付き合えるのはCさんあってこそだ。Cさんを姉と慕っても、兄を兄と慕うことは生涯ない。

きょうだい他人の始まりとはよく言ったもので、兄への気持ちはもうこれでいいと落ち着いている。

だが、「未だに」なのか、「今だからこそ今まで積もり積もったものが」なのか、自分の中で親へのわだかまりだけはどうしても消えない。考えると落ち着かず、心がざわつく。

もう親も老い自分もいい年だ。親も人間であり、それも見栄っぱりで子供平等に扱わず贔屓するようなできの悪い人間だったんだと納得するしかないとわかっているのに、

自分はどうしても、親に『自分たちが間違っていた』と言ってほしい。子育ての過ちを認め、自分がどれほど辛い思いをしたか理解し、悪かったと謝ってほしい。

だが、過去喧嘩した時の経験から、親は絶対自分の過ちを認めない、ましてや子供から言われる言葉を決して正面から受け止めないとわかっている。

『それが親に対して言う言葉か』『何様のつもりだ』『はいはい、全部こっちのせいだって言いたいんでしょう』…そう言って絶対絶対自分の過ちを認めない。老いた今、なおさら頑なになり認めないだろう。



自分自分なりに、親の期待には応えてきたと思う。教育で親に金をかけてもらった事は感謝しているが、それだけの成果をちゃんと出し、結果をだした。

なのになぜ、自分は兄と同じに扱われなかったのだろう。自分けが要求され、応え続けねばならず、それなのにそれを評価もされなかったのだろう。

これを言うと嫌な人間だと思われるだろうが、客観的に見て自分のほうが親に貢献しているしまともな人間として育った(少なくとも前科ものでなく、親に迷惑をかけていない)という自負があるだけに、やるせない思いがある。

本来なら自分のほうが親に贔屓されて然るべきではないのかという思いがあることは否定しないが、贔屓してほしいとは言わないしするべきでもない。

ただ自分に求めるものは兄にも求め、兄に与えたもの自分にも与えてほしい、子供の間に差をつけないで平等に接してほしかっただけだ。

男女の差だというのならばなおさら、兄には『長男』としての役割と責務を求めるべきだったろうに、なぜ私が長男役割も果たさねばならないのだろう。

兄が結婚した時、自分は『兄が孫を作ってくれたらそれだけが兄の親孝行だ、自分にも兄がいた意味がある。せめてそれくらい孝行しやがれ』とわずかに期待したが、兄は子供を作る間もなく離婚した(そもそも作る気もない)。

母は自分にだけ言う、兄には絶対に言わないのに、『老後の楽しみがほしい、孫が見たい』と。

子供はジジババの楽しみのために産むもんじゃねえし産んでおしまいじゃない、何ならあなたがたが育ててくれんの? 育てる金あるの? と応えたら沈黙した。

そんなに孫が見たいなら兄に言ってくれ、男なんだから自分よりよほど確率が高いだろうと言ったら、『あの子に育てられるわけがない』。『何を言っても無駄』と言って、兄には20年以上何も要求しない。

精子バンクとかあるでしょう』『50歳で産んだって例もあるし』とまで言われた日には本当に失望した。

50歳で産んだ女性はほぼ卵子提供で母方の遺伝子は入らないし、養子じゃ嫌だってんならそれ(母方の遺伝子が入らない)も嫌なんだろうに。

そもそも出産までにどれだけ苦労したか流産だって何度も経験してるはず)、不妊治療にどれだけお金がかかったかわかってて言っているのか、そして不妊治療高齢出産がどれだけ母体負担がかかると思っているのか。

娘の体など、自分の楽しみのためにはどうなってもいいのだろう。

孫の立場にしたって、父親がいない家庭に生まれることになるのだが、そういったことを考えてもいないのだろう。ただ、自分が欲しいから、だ。 

私の結婚も、自分の見栄だけのためにしてほしかったらしい。大切なのは見栄と体裁で、娘の幸福などどうでもよかった。

結婚しない女はなにか問題があると思われる』なんて言われても、それはあなただけの醜い価値観だろう、未婚率が三割の時代にそんな事思うほうが少数派だ。

図らずも未婚女性への「己の偏見」を曝け出したことにも気づかずに、『あなたのために言っている、それが世間だ』などと諭してくる醜さ。兄にも同じことを言えばいいのに。

結婚しろ』と言われるのが嫌で、それを避けるために誰でもいい、一回結婚さえすれば文句を言われまいと思って結婚したけれど、上手く行くわけもなく2年も経たずに破綻

(付き合っていた人とは、兄の事件で別れざるを得なかった。結婚した人には家族ぐるみで兄のことを隠した。そんな結婚うまくいくわけもなかったし相手には申し訳ないことをしたと思う)

その時の言葉も『せめて2年は持たせろ、外聞が悪い』『相手の親に私(母)の顔が立たない』『どうせお前のわがままだろう』…出てくるのは己の見栄と体裁のための言葉だけで、一度も娘の心情を慮る言葉は出てこなかった。

兄が同じように2年程度で破綻した時、兄に同じ言葉を突きつけたなら、そういう人なのだと納得もできたかもしれない。だが、兄の離婚に関して親は兄に何も言わなかったのだ。

(主に要求を突きつけ言ってくるのは このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2019-04-11

婚活では圧倒的に男が優位なんや

兵庫相談所も言ってる通り、婚活は圧倒的に男有利なんだよ。相談所で男3女7、アプリで男6女4だが既婚者や彼女持ちも多くいるので、おそらく男4女6くらいだろう。男が少ないの。男が選ぶようになってる、それが婚活

からな、アラフォーなのに相手20代がいいとか、容姿は最低でも売れ線のアイドルレベルFカップ以上がいいとか言わなきゃ楽勝なんだよ。結婚できない彼女できないという男はまず婚活市場に来てみ。入れ食いから

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん