「不毛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不毛とは

2017-08-23

殴り合いを楽しんでいるだけなのに真っ当な議論を求める人達

Twitterでもはてなでもいいけど

一見議論に見えるのは全部単なる殴り合いだぞ?

自分が間違ってようが相手が間違ってようが

そんなこと1㍉も関係ないんですよ

から「君達の議論不毛だ!」とか言われても

え?議論なんて一切してませんよ?これ単なる殴り合いですよ?

って事実を述べることしかできないわけだ

大体実りある議論をしようってんなら欠けている事柄が多すぎるっつうの

物理的ならともかく言葉での殴り合いくらい好きにさせてくれよ

2017-08-22

ネットの争いの真実

ネットの争いって勢いあって人が集まってるから

なんかこのホットな争いを知らないなんてモグリか?

などと馬鹿にされるんじゃないかと思いがちだけどさあ

違うんだよなあ実際はこんなネット不毛な争い誰も知らないんだよ

本当はTVバラエティ番組みたいに全く観る必要がない

こんなものに貴重な時間を取られるの無駄すぎるぞ

ピーナッツペースト状になるまで咀嚼しまくるほうが100億万倍マシだ

性的表現大好き。でも人を馬鹿にするのは許さない!

こういう人ってどういう風にバランス取ってるんだろ。

自分が好きなコミュテニィだけに留まっていれば、大体平和なんだけどね。

たまに外部から面白半分でからかってくる奴はいるだろうけど。

議論を交わすのは不毛に思える。

2017-08-21

https://anond.hatelabo.jp/20170821143208

少なくともゆとりじゃないからそれなりに教育は受けてきたか

随分論旨とズレてる気がするし不毛からこのくらいでいい?

2017-08-20

「正しい」と「正しい」が衝突する不幸を避けたい

ただ100文字だと無理だな、ということ。

こう思ったきっかけは、砂浜に火の付いた炭が埋まって子供が火傷した件。

http://b.hatena.ne.jp/entry/nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/19/news029.html

このブクマで、

未消火の炭を埋めた非を責めることと、

砂浜は危険から気をつけた方がいいという意見は両立する。

ただ、トップブコメを見ると、すれ違いか無用な争いが生まれているように感じる。

似たような例では窃チャリ問題が上げられよう。

窃盗犯を責めることと、

盗難防止策を講ずることは両立する。


人に害を成す人間ふざけるな!許すまじ!

だがそういう悪い人間から害を受けないように警戒するのも重要だな!

となれば良いのだが、

100文字で言いたいことだけ言い放って、

言葉足らずやちょっとした配慮不足から誤解が生じて、

その配慮不足や誤解が敵意と怒りを連鎖するような不毛な争いだけは避けたいと思うのだが。

…ただそういう争いも含めて手斧エンターテイメントはてなの真髄でしょ?

と言われるともう溜息ついてこの場を去るしか無いのだが。

2017-08-18

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.「ホットケーキ」と「パンケーキ」を分けることに意味はありますか。

ソシャゲだってスマホゲーだとかに分けられただろ。

まり、そういうことだ。

コミケとかでも金が取引されたとしても、モノは「頒布」と表現するだろ?

……この例えはちょっと違うか。

Q.トラックバックから質問すれば、答えてくれることはありますか。

私のエントリに来て、それっぽい回答を思いついたときは返すこともある。

もちろん、「それっぽい回答」とは私のやってるFAQの枠組みでという意味だ。

月並みな返ししか思いつかなったり、不毛レスバトルにしかならないと感じたら自重する。

私はこのFAQを基本ナンセンスだと考えているからな。

そんな調子他人の話にわざわざ首を突っ込んで、くどくどと持論を展開させていたら面倒くさい人になっちゃうだろ?

Q.不毛な議論って簡単に見分けがつきそうなものですが、当事者とかは気づかないんですか。

いい質問だ。

昔話をしよう。

とある人物A、B、C、Dが、とあることで熱心に議論していたときのことだ。

Aの意見は極めて理想的だが、現実的じゃない。

Bの意見現実的ではあるのだが、あんまり意味がない。

Cの意見は前向きではあるのだが、観念的なことを語っているばかりで中身がない。

Dはというとアニメを観ていた。

Dは別に議論に不参加だったというわけではないぞ。

なぜならテーマになっていたのはアニメからだ。

さて、誰が最もこの議論不毛にしている?

……察しの良い人間なら、すでに私の投げかけたこの疑問自体ミスリードであると気づいただろう。

まり、そういうことだ。

おっと、もし理解できなかったとしても、考える必要はないぞ。

それこそが不毛な議論への足がかりとなるのだから

あ、ちなみに私は上の話だとF的存在だ。

2017-08-15

https://anond.hatelabo.jp/20170814225138

2chぽい煽り

こういう不毛なやりとりが嫌だからコメント応酬システムのないはてブやってるんだよな

言い捨てで評価された時だけ通知されるシステム最高

2017-08-12

ダブルスタンダード論破厨の不毛なる戦い

とにかくダブスタを指摘して何か言った気になっている輩が後を絶たない

何か他人に物申したいという歪んで肥大化した欲求がこのように意味のない手段を取り続けることになってしま

人が何かを発言するとき己の過去発言と照らし合わせて矛盾が生じないかチェックしてるわけないだろ?

いちいち自分文章なんて見返さないし自分の考えをDB化して管理しているわけではない

当然矛盾なんていくらでも生じて当たり前なのだ

こんなことはちょっと考えればわかることなのにダブスタ論破厨にはここまで考えが及ぶことは一生ないだろう

なぜならダブスタ論破厨は他人ロジックの穴を見つけて喜んでいるだけの浅薄人間からである

2017-08-04

日本人権議論をしても無駄なワケ

自称先進国のくせに今時人権を抑圧したがる勢力がいる上、

自称人権派というのも要は西欧崇拝でしかなく、単に彼らが認めたものを丸暗記しているに過ぎない

そして日本にはこの両者しかいない

よって日本における人権議論はどこまで行っても不毛な結果に終わることが宿命づけられているのだ

2017-08-03

お金ください

不毛なことに身を置きたい。何かの力に任せて余計なことは全部飛ばししまうから、焦りとか不安とか恐怖とかは無くて、楽しくて可笑しくてお腹空いたとか美味しいとか、あとはたまに眠いなあってだけ。朝昼晩の概念もいつの間にか無くなって、まあそれは一晩中動き回って朝昼は意識が飛んでるだけなんだけど、ここ最近は青に黒を混ぜた夜空しか見上げていない。人混みの中で仰ぐスカイブルーはまるで居心地が悪くなる。知らないうちにたんまり貯まっていたお金を毎晩少しずつ崩して崩して、だからしばらく働いてない、こんな生活は一、二年ぐらいしか続かないだろうから、その代わりに若くして死ぬ

2017-08-02

知らない間にDebian9がリリースされてた

Dockerバズるくらいだから今どきハードウェア仮想化なんて流行らないのだろうが、Windows10 Proの安いPCを1つ購入してHyper-V有効化したのでCentOSUbuntuのどちらを入れようかと考えてた時に、昔インストールに苦労したDebian 3.1 Sargeのことを思い出して本家サイトに行ったら今年の6月Debian 9が正式リリースされたと聞いてすごく懐かしくなり、こいつを選択することにした。

随分バージョンが上がったものだなあ。しかも今はamd64インストーラーのリスト最初に上がってるし。昔は64は人柱用だったのに。

10年ほど前、玄人志向玄箱というNASOSDebianに入れ替えて単なるファイルサーバから用途サーバにするのが流行ったことがあった。今でも後継品のBuffaloNASDebian化する好事家は細々ながら活動しているが、UbuntuベースであるDebian最初に触れたのがその頃で、当時のバージョンは3.1、通称Sargeだった。タイミングのいいことに、Sarge対応の分厚いDebian入門書存在していたのでレファレンスには事欠かなかった。まあそれでも、スペックの貧弱な玄箱インストールして少しでもパフォーマンスをよくするにはカーネルを書き換えて再コンパイルしたりといった悪戦苦闘があったわけだがもう忘れた。

Hyper-V仮想マシンへのDebianインストールトラブルらしきトラブルもなく、インストールしてすぐに使えるようになっていてまあこれが普通だよなと。OSは使いこなしてなんぼで、インストールで苦労するのは不毛だと当時も思ったし。

あと、エンジニアが多いと聞いているはてな界隈でも個別ディストリトピックはあまり話題にならないんだなというのがちょっと面白かった。

きもくて金の無いおばさんは救済されるか【追記あり】

きもくて金の無いおじさんに金と女を支給しろ、という意見最近よく目にするが

きもくて金の無いおばさんも救済を訴えていいんじゃないだろうか。

男性はよく「女ってだけで男から需要がある」「専業主婦になれるから女はラク」と決めつけてかかるが

きもい容姿に恵まれなかった女性境遇は、男性のそれより遥かに厳しい。

若かろうが男性需要など無いし、専業主婦なんて職業選択肢には入らない。

自然と生涯独身で働き続けることになるが、氷河期リーマンショック後の就職難は男性と同様に降りかかる上

こと雇用においては女性(かつブス)というだけでハンデになったりする。

という訳で社会もっときもくて金の無いおばさんに優しくしていいと思う。

若い男をあてがって欲しいと思わないところは、男女の違いなのかな。

====

追記

きもくて金の無いおじさんとおばさん、どちらがより可哀想で、どちらがより自己責任の色が強いか議論しても不毛だし虚しいだけだと思います

「女は若いだけでボーナスあるだろ」と言われても私には無かったし、

女性から言わせて貰えば「日本という先進国でありながら男女差別の酷い国で日本人男性として生まれておいて金が無いなんて単なる無能では」となります

それに対する男性なりの反論もあるんでしょう。でもやっぱり不毛です。

各自強かに、でも他人への思いやりを忘れずうまいことやっていきましょう。

2017-08-01

例えちゃうと前提も条件も変数も違ってくるんだから例えるなよ

難しいことを理解すしやすいように仕方なく例えを利用する以外例えないでくれる?

うんうんその例えの中では納得だけど提起された問には全く答えてないか

不毛すぎ

2017-07-31

キモくて金のないおっさん定義せよ

金が無い事とおっさんであることは共通理解があると思う

問題は何がキモいのか?

それが人によってバラバラキモくて金のないおっさん話題になると毎度話がこんがらがってる

想定してるキモくて金のないおっさん像がバラバラ状態では話が噛み合うはずがない

キモいのは見た目なのか?

性格なのか?

発言思考形態なのか?

おっさんの癖に(若い女性性的対象にするという行為なのか?

なんかキモいという漠然としたものなのか?

批判するにせよ擁護するにせよ、想定してる人物像はしっかり定義しないとただの罵り合いにしかならん

それじゃ不毛過ぎるよ

anond:20170731191512

言葉尻をとらえて細かいこと言い始めたらもう増田でどうこうの領域じゃないよね?

そりゃ Platform は Linux に限らないよ。

でも元増田客先常駐してたと言ってるんだから WindowsLinux を触っていた可能性が高いと思うのはおかしいかな?

組み込みだって主張してみる?

客先常駐するSEならその2つのメジャーOS については触ったことがあってもおかしくないと思う。

「社内インフラ管理を一手に引き受けてるかもしれないし、VBAの達人かもしれないし、DBめっちゃ詳しいかもしれないし」なら

大学ソフトウェア関係を専攻していたので、今はソフトウェア関係仕事をしているし」というような漠然とした書き方になるだろうか?

もっと自分の得意分野に関するキーワードを使って言及しないだろうか?

VBAはよく知らないのだが、インフラ系やDB系のエンジニアはしばしば自身を「インフラ屋」「DB屋」のように呼称し誇りに思っている人が多いと思うんだけど。

面接で聞くでしょ」と言う前に業務経歴書を提出してもらうよね普通

元増田面接をしてるわけじゃないのに「聞いてみないとわからない」も何もないんだよ。

と、私もあなた言葉尻をとらえてみたが、こういうのって不毛でしょ?(ごめんな。)

2017-07-30

とある少女の憂鬱

SNSではみなキラキラ輝いて見えるこのご時世。なかなか狂っている。

私は九州とある工場地帯に生まれた。

幼いころ6歳の時父と生き別れた。

カルトな母にDVされ続けた。飛び交う家具、怒声、ひっくり返される私と妹の机。破壊される壁たち。

表向きは女手一つで育て上げた立派な母だが、占い師でなんでもかんでも幽霊のせいにして責任を逃れていく。

喧嘩が起きるのも幽霊のせい病気になるのも幽霊のせい。問題解決議論などさらさらない。助けを求めようにも学校のみんなにも気味悪がられ毎日場所がなく憂鬱であった。

4回も5回も変わる男にある日セクハラされた。マッサージと称して体中を触ってくる。

夜はベットのわきになぜかずっと立っている。

セクハラのせいで自分の体が嫌いになった。性に対して直視するといまでも違和感が残る。

その男はある日大地震が来ると10人ほど人を集めて予言して外れて恥ずかしさのあまり消えた。

おとなになって母元から逃げ、上京して生活してて私は人に恵まれ事業軌道に乗ってきたある日のこと、

夜の仕事をしながらOLをして同じく上京していた妹がストーカーにあったり男問題やいろいろと大変そうだったので

私のもとへと呼んで一緒に半年ほど生活したが、

仕事が忙しいときいきい言い出し、自営業で動いてる私がニートみたいに見えると怒りだし、

精神的にくるっていて破壊しだし、結果妹は逃げて音信不通なってしまった。家賃やあの子が壊した損害は私持ちになっている。

笑って、全部許して、自分お金持ちになって全部解決できる人になるのだ。

顔は菩薩で心は修羅

自分の代で責任を負って家族の心を幸せにしなければどこの代までも不毛な戦いが続く。

母も昔親にそうされたのだろう。血は争うが解はあるはず。解決するため今日も頑張るのである

表向きはキラキラ輝いてる私ですが、ここに匿名で書かせていただく。

https://anond.hatelabo.jp/20170729235739

読んだらいじめだってすぐわかる内容なのに、歌を上達させろとかトラバついててびっくりした。

親御さんから教師に物申すとかそういう問題じゃなく、担任だってなかったことにしたがってる。

そりゃ証拠がないかしかたないよ。言った言わないで争うのは不毛

こういう理不尽いじめに抗議するんじゃなくて、息子がどこか悪いかいじめられるわけじゃないってわからせたほうがいいよ。

不当な立場に置かれたら逃げていいって知ってるだけで、あとあと生きやすくなる

2017-07-29

主人公になると決めた

 僕はずっと、自分人生傍観者だった。

 この感覚自体理解出来ないという人が多そうだ。と言うか、そうであって欲しい。僕という人間世界中に一人しかいないと理屈では分かっているが、僕に対する僕自身評価が「その他大勢」だったのだ。世界主人公は僕以外の誰かで、僕はそうではない有象無象の一部だった。

 キモオタコミュ障で、学生時代教室の隅でキノコを生やしながら本を読んでいた。イジメの標的にされなかったのは、比較的育ちのいい子ばかりの私立学校ゆえイジメ自体が少なかったからで、公立に通っていれば悲惨学生時代になっていたと思う。

 本や漫画の好きな、いわゆるオタ友達ならいたのだが、彼らとも時々隔たりを感じていた。「普通高校生が異世界召喚されちゃう、みたいな話あるじゃん。もし自分がそうなったらどうする?」なんて話をしていると、僕は野垂れ死にする自分しか想像出来なかった。ファンタジー世界に行ったらこ属性魔法が使えそう、とか、さすがに王族に見初められる自信はねーわ、とか、そういうバカ話をする友達が眩しく見えた。彼らは自分主人公である世界想像出来るのだと知って、羨ましかった。

 仮に最初からファンタジーRPG世界に生まれ落ちたなら、僕には名もなきNPCがお似合いだろう。世界を救う旅をする主人公に話し掛けられて、「夕食の材料を買いに来たんだ」とかのどうでもいい話をする人。ゲーム攻略の手掛かりを提供することも、プレイヤーの心に残ることもない、そういう存在

 頭も顔もよろしくない僕が、器用に生きるのは無理だった。せめて真面目に勉強して、それなりの大学に行き、手堅い職に就こうと思った。そして当初思い描いていたレールと比べれば、多少の紆余曲折はあったものの、最終的には建築系の企業入社図面を書く仕事に辿り着く。

 この仕事は僕に合っていた。PCに張り付いてCAD操作をするのは得意だった。雑談が苦手でも、最低限の挨拶情報交換さえハキハキとしていれば「自分作業に没頭できる人」としてプラス評価を受けられるのもありがたかった。休み時間にも図面を書いて練習したり、参考書を読んで勉強していれば、そっとしておいてもらえた。人間関係の苦悩も、当面は食いっぱぐれの心配もなく、収入は安定していた。

 顧客の「こういうものを建てたい」という注文や、上司の「法に触れないように調整しておいて」といった指示を、PC画面上に反映させていく毎日。僕は自分意思を持たない、人の言葉PCに受け渡すだけの変換機みたいなものだった。仕事自体は好きでも嫌いでもなく、ただ毎日が過ぎていく。それでいいと思っていたし、僕にはそれがお似合いだと思った。

 そこそこ経験も積んで三十歳になったある日、僕は小さな建築現場事務所に配属されることになった。

 現場事務所にも色々あるが、僕が回された先は労働衛生基準法に照らせば真っ黒な、およそ人の働ける環境ではないという最悪の部類である間取り関係上、空調の効きが悪く、夏は暑く冬は寒い。窓はないため無風であり、日光は差さず、機械音だけがうるさい。

 環境改善要望無視され続け、僕のメンタル一年でイカレた。それでも一年間は問題なく務めたのだから、この人事は正解だったと言うべきだろう。最初からいた現場長以外の、僕の後任として入った人たちは、ほとんどが数日でダウンするか逃げ出してしまったらしい。退職間際、現場長一人で仕事を回しているので大変そうだ、と人づてに聞いた。

 そんなことを言われても、発熱眩暈、圧迫感、何の刺激もない時に突然涙が出る。労働どころか外出もままならなくなった僕は、仕事を辞めざるを得なかった。休職も出来ると言われたが、回復後に同じ環境に戻される可能性を考えると気分が悪くなったので、丁重お断りした。

 変換機として生きて行くことは、もう出来なくなった。

 かような経緯から、今の僕は三十路過ぎのニートである。なんと切ない響きだろうか。結婚どころか恋人もいない上、肉体と精神も損なってしまった。あとは失うものと言えば貯金残高と寿命だけ、というこの状況にあって、僕は一つの気付きを得た。

 職と健康を失ったことで、親には心配を掛け、友人からは「無茶しやがって……」とオタクらしいコメントを頂戴し、必然的に世話を焼いてもらう機会が増えた。それはとてもありがたく心強いことなのだが、申し訳ないことに、施される親切が僕の欲求とずれていることがある。たとえば今はさっぱりしたものが食べたい気分なのに、友人が手土産としてベイクドチーズケーキをくれる、というような。

 当たり前だ。僕の親しい人たちは、僕自身ではないのだから。彼らは彼らなりに、良かれと思うことをしてくれるのであって、僕の漠然とした欲求を察してくれるエスパーではない。友人は僕が「チーズケーキが好きだ」と言っていたことを覚えてくれてはいても、僕が今なんとなく食べたいものまでは分からない。

 ましてや職場において、僕が本当は日の当たる綺麗なオフィスで働きたがっているだなんて、誰が想像出来ただろう。ぼっちが平気で本さえあればゴキゲンコイツなら、環境が多少劣悪な現場でも耐えられるだろう、と判断されたのに違いなかった。

 僕の欲求を察して満たしてくれるヒーローなんて、どこにもいないのだ。

 ならば僕自身が、僕の欲求を聞いてくれるヒーローにならねばなるまい。主人公の座に戻らなければ。次はどんな働き方をしたいのか、どういう生活をしたいのか、趣味だって好きなだけ増やせばいい。一つずつ確かめて実現させて行く必要がある。

 今までは周囲に流されながら、手の届くものだけを掴んでいたけれど、本当は自分で水を掻いて行きたい場所に行けばいいし、欲しいものに手を伸ばしたっていいのだ。

 そういう風に考えて顔を上げると、空が今までよりも広く見えた。ごちゃごちゃと続く街並みを眺めるだけで、心が躍った。

 世間には「誰もが主人公」というメッセージが溢れている。その言葉自分には当てはまらないと、僕はずっと思っていた。

 だが今なら、「誰もが主人公」という言葉を受け入れられる。主人公とは、舞台の上で華々しく歓声やスポットライトを浴びる人を指す言葉ではないと気が付いた。演劇よりもゲームイメージした方が分かりやすいだろう。僕は多くの人にとっての「その他大勢」だが、物語の中で果たす役割が何であれ、僕は常にその人物を通して世界を感じ取り、考え、行動する。使用するキャラクターカスタマイズは出来ても変更は出来ず、人に操作を代わってもらうことも出来ない。生まれた時から死ぬ時まで、ずっと主人公であり続ける。

 だから、僕は主人公だ。非力でいいとこなしで、ステータス異常「うつ」まで付いてる始末だけれど、装備やスキルを工夫しながら目的地に向かうことを許された主人公なのだ。設定された座標を往復するだけのNPCじゃない。

 今の僕は三十一歳。自分がやりたいことを見極め、がむしゃらに夢を追い始めるには微妙な年齢である。夢を叶えようとしても、たとえば警察官になるには既に受験資格を失っているし、俳優を目指そうにもこの年齢の未経験者を入れてくれる劇団を探すのは難しい。

 僕の場合は更に厄介なことに、そもそも自分のやりたいことが分からない。趣味と言えば読書ゲームジョギングくらいで、人に誇れるものは何もない。小学四年生くらいまでは作家になりたいと思っていたが、三十一歳になった僕が小学生自分を参考にするというのも情けない話である

 しかし、うん、作家か。今も昔も、本が好きなのは確かだ。文章が書ける限り何歳からでも目指せる、年齢制限のない夢があるというのは悪くない。故に諦めを付けるのが難しいという、泥沼のような側面には注意を払う必要がありそうだが。

 他にもきっと、意識するより先に諦めてしまった「好き」や「やりたい」が山ほどあるのだろう。中には既に、年齢制限に引っ掛かってしまって叶わないものもあるだろう。それでも今の僕は、それらを探しに行きたいと思う。仕事でも、趣味でもいいから、傍観者をやめて、僕自身物語に介入したいと思う。

 それにしても、まさか三十路を超えた後にやりたいこと探しをする羽目になるとは。作家になりたいです!と公言するのは匿名記事ですら気恥ずかしいのに、年齢がそれに拍車を掛ける。若い人は是非、若い内にこの恥をかき捨てておいて欲しい。

 僕の物語ハッピーエンドである保証はない。夢を一つも叶えられないまま死ぬのかも知れない。そうだとしても、ジタバタもがいた後の方がきっと安らかに死ねると信じ、決意を固めるべくこの記事を書いた。デスクワークしかしなかった日よりも、気力を振り絞ってジョギングに出た日の方がよく眠れるのと同じように。

 三十一歳、無職独身恋人なし、病身。見事な詰みの現状から、この先何が得られるのか、少しワクワクしている。



追記:

 コメントトラバともありがたく拝読している。僕は個別に返信出来るほどマメではないので、かいつまんで書く。

 とりあえず、今の僕は既に心療内科のお世話になっていること、療養二ヵ月目でそれなりに落ち着いていることをお伝えしておきたい。

 この記事では「主人公」という、誰にでも通じるであろう言葉を用いたけれど、意味としてはゲーム用語の「プレイヤーキャラ」の方が適切だと思う。僕の自意識主人公のそれになっても、他の人から見れば立派なモブのままだ。

 ブクマコメで指摘されている、「これといってやりたい事が無さそうに見える」は、本当にその通りだ。自分のやりたいことを考えてみた時、小学生の頃の夢しか思い出せないくらいには何もない。

 最初から主人公としての自意識がある人には分かってもらえないかも知れないのだが、「お前は主人公じゃない」「どうせ何も出来ない」と自分に言い聞かせ続けていると、やりたいという気持ち自体が起こらなくなる。出来もしないことについて考えるのは、不毛無駄なことだから。出来る人を羨むのはしんどいから。心を守るために、「別に自分はやりたいとも思わないし」と思い込むようになってしまう。

 ずっとそんな風に生きてきた僕は、まずやりたいことを探すところから始めなければならない。言われてみれば、似たような筋書きの作品はいくつも思い当たるのに、僕は今まで何を読んでいたのだろう。本で読むのと、体で理解するのは別のことだということか。

 実は僕の状況は、詰みというほど悪くはない。失ったものは大きいが、得たものもまた大きかった。この記事に書いた自意識の変化が一つと、もう一つは人に恵まれていると実感出来たことだ。

 別地方勤務の同期が突然旅行で近くまで来てくれたり(うつ患者観光案内させるとか鬼か)、元上司が飲みに連れ出してくれたり(薬の関係で僕は飲めないのに)、オタク友達はここぞとばかりにDVD押し付けてくる(全部観ているとただのヒキコモリになってしまうからやめて欲しい)。

 盛大に人生をスッ転んだ結果、それでも助け起こそうとしてくれる数少ない人、僕が大切にすべき人たちをハッキリと見分けられるようになった。今のところ僕のやりたいことリスト最上位は、「この人たちに恩返しがしたい」だ。自分欲求とのバランスを取りながら、頑張ってみたいと思う。

 今はチーズケーキの気分じゃないとか言ってごめん。今度は僕が、自分で選んだ菓子を持って遊びに行く。

いうほど「金のない」おっさんだろうか?

この手の弱者男性議論見てて思うんだけど、、大体そこそこ高学歴できちんと勉強に関しては努力してきた人なんだよね

そして勝ち組には入れなかったが人並みには稼いでると思うんだよ

再分配で救われるべき層としてのモノホンの「金のないおっさん」層とは違うというか

カウンターパートとして挙げられる「キモくて金のないおばさん」とはまた違うというか

から、男女論とかジェンダーとかそういう議論になるのがおそらく間違っているのだ

つまるところ、社会が求めるとおりに努力して来たのに、僕らは何も社会から与えられなかった、という叫び以上の主張を拾い上げるのはどこまでいっても不毛だと思われる。

再配分はとうてい回ってこないだろう、もっと救われるべき人にすら回っていないのだから

それでも、その行列待ちの後ろにぐらい、並ばせてくれたっていいじゃないか、というような話なんじゃないのかなあ

求人広告の1番に出てた店舗仕事に応募したのになんで×××店に応募したんですかと聞かれる不毛な大地

青森県死ね

近くに親戚がいるとか?だって

ふざけんな仕事に親戚関係ないだろ

あ?身の上話で銭がいるんですっつわなきゃ採用にならんのかよジャップジャップ浸かりやがって

2017-07-28

いや、不毛だってわかった上で不毛理論を送りつけてるのなら低能には当たらないだろ・・・・。

https://anond.hatelabo.jp/20170728004106

でもこれみたいな言い返されてまともに反論できないか適当なこと書き立ててる馬鹿

必死正論を送りつけてるのも傍から見たら普通に不毛じゃないのか、知らんけど

まあ馬鹿よりは不毛のほうがましか。そういう意味じゃないって言われそうだけど

2017-07-27

別に他人ソシャゲで浪費しようがどうでもよくない?

どうせソシャゲやらなかったら家ゲーやるってわけでもないでしょ?

他人面白い否定すれば結局自分に返ってくるんだし不毛すぎ

https://anond.hatelabo.jp/20170726114000

既に結婚してて、収入も平均あるお茶汲みOL

努力不足のくだり、いったいどういう状況で言われるんだろ?

職場にひとり変なのが居て……というのならわかるんだけど、

昔のお前は頑張りが足りない、金が無くても必死でやれば出来たはず、みたいな

今更言われてもどうしようもない、ひたすら不毛説教をする奴が複数居て

それがしばしばあるって状況が、俺の人生経験足りないからなのかちょっと信じられなくて、

他に何か書かれていない事があるのではと思ってしまう。

2017-07-24

https://anond.hatelabo.jp/20170722210312

人付き合いが苦手で孤独陰鬱とした性格人間にとって「環境を変えても、この先ずっと独り」というのはすごく重要事実で、それに気づかないとやたらと環境を変えてみたり性格を変えようとしてみたりと不毛に消耗してしまう。気づくことができたならあとは独りで幸せに生きていくためにどうすればいいか考えればいい。少なくとも大学勉強を頑張れば独りでお金不自由なく生活していく助けにはなる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん