「おでこ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: おでことは

2017-11-14

anond:20171114144329

昨日、というか今朝?

ハチ割れキジトラ仔猫を拾ってしまい、えーとか思ってたけど飼うことにして、

風呂場でまず洗ってあげようって思い、額を触ったらすこしだけ桃色の汁が出たので???だったんだけど

少しおでこを怪我してるなぁ。たいしたことなさそうだけど、せっけん付けずにぬるま湯でなでながら洗わないと。

肉球のところは爪を立てられずに洗えるかな?って。仔猫はきょとんとしてる。凄くかわいい

明日獣医さん行かなきゃ。。。。で

目が覚めました。

二本立てで、

何故かHAGE外来受診しに行く夢。

その病院がなぜか駅にあって、ダンジョンみたいなの。

ガクトさんがいてw あーHAGE外来からCFしてるよねって思ってるの、

仔猫はそのまま飼ったのか、HAGE外来は行ったのかはわかんないけど

仔猫が可愛かったのでよしとします。

2017-11-09

anond:20171109175442

本当に熱が出ていたら効く。(冷えピタでも同じ)

就寝時に貼って寝て朝おでこパリパリになってる場合は熱があったはず。

熱がないとパリパリにはならない。

2017-11-08

前髪に関心がなかった。

例えば、久しぶりに会った女性同士の会話や芸能人ゲストを迎える番組で。

女子トークの「おおー、Aちゃん髪の毛切ったのー?」とか、タモリさんの「髪、切った?」を知っている。

髪型の変化に気がつけるとモテる、なんて、話も聞いたことあるので分かる。

  

しかし、前髪。

まず、自分美容室で髪の毛を切って貰うときに「前髪、どうしますか?」って聞かれていたことに対してテキトーな返事だった。いや、どちらでもっていう気持ちだった。

そして、たまに、職場などで耳にする前髪についての話題

「あれBさん、前髪作ったの?」「前髪、切ったの?」

それに対する当人の返事は『うん、思い切って』とか『うふふ』だったりする(うろ覚えだが)。

どうも、前髪はかなりクリティカルなことのようだ。女性にとって。

前髪を作る、だと?

この会話には、自分はピンときてなかった。

もみあげの長さとかは、何となく分かる。ルパン三世は、長いよな。

パーマにするとか、カリアゲるとか。うん、個人代名詞にもなるよね。

そして、染めるならハッキリ分かるよ、この間、高校生茶髪がどうとか、茶髪弁護士とか話題になっていたよね。
ミュージシャン女優さんの髪型の変化でロングからショートは分かる。イメージチェンジが大きいからさ。

だけど、前髪の話題はピンとこなかった。

かに、オン・ザ・マユゲ。聞いたことあるキーワードだけど、意味が頭に入ってこない。

頭の中は、はてなマークだらけだった。

前髪の変化は、全体の中の極一部でしかないと見ていたからだろう。

気に留めないのでは、音声や文字情報も頭に入ってこないし、記憶にも残らない。

  

  

今日ツイッターバナナマン髪型の変遷があって、はっきりした。

設楽と日村の二人の髪型比較

設楽が、数年単位髪型が変わるのに対して、日村はデビューから一切変わっていない。

(前髪も、後ろ髪も日村は変わっていないよっていう指摘だった)

Before/Afterで、示されると分かりやすかった。

前髪が変わると、印象が変化するんだな。変わっていないと、印象も変わらないな...。

そして、個人的趣味の話なのだが。

最近フォロワー数1万超えをしているインスタグラマーさんをフォローしているのだが。

ロングヘアの人で、帽子姿もある。

そこで、おでこが出ているときと、おでこが隠れている写真を並べて表示してあるので、女性髪型に疎い自分でも比較検討可能になった。

かなりハッキリ差がある。顔のおでこ、白い部分がハッキリするんだよね、その人。

インスタだと自然過去写真まで一覧で見ることが出来るので、気がつくことが出来た。

2017-10-26

コザクラインコ、生後7か月

ここ2ヶ月以上、ずっと毎日何本か綺麗な色の羽が抜け落ちている。別にハゲるわけでもなく元気いっぱいなので、まぁ雛換羽としてはそこそこ順調なのだろう。おでこの生え際も大変美しくなり、とてもうれしい。

抜け落ちた羽で汚れていないものガラス容器に入れて保存してる。透き通った黄色の中に時々青やオレンジが混じっていて綺麗。成長記録みたいなものかもしれない。

抜け毛のなかで飼い主増田お気に入りは、おでこに生えてた赤い毛。

2~3mmくらいの大きさでかわいい発見すると指に乗せてしばし鑑賞するのだが、あまりにも軽く小さいので空気の流れに飛ばされて行方不明になるのが常だ。


しっぽの羽は、根本が青で先端が緑なんだけど所々オレンジ色の模様が入ったりして複雑。

生命神秘を感じずにはいられない。

2017-10-22

anond:20171021235601

増田さんが、遠くに投げたつもりのブーメラン

自分おでこにあたるって事なんだろうかって思いつつ突っ込んでた(;´・ω・)

2017-09-27

anond:20170927203534

いやいや、あのこ

おでこ広いのやたら気にして、前髪常におろしてたよ

髪が薄くて、あまり意味なさそうだけど

anond:20170927001524

毛に関しては表情でコミュニケーションをとる人には邪魔しかない

脂肪については人類脂肪を蓄えるってのがごくごく最近出来事だし

おでこに蓄えてたら頭が重くなって手が地面から離れないしバランス悪くなってかえって転倒の原因にもなる

んで筋肉については生物学的にありえない

筋肉ってのは関節なんかを動かす目的がないと大きい筋肉なんてつきようがないないからな

よかったな結論がでて

anond:20170927000801

脳が進化たから、じゃあ脳を守るおでこ進化させよう....とはならなかったのが不思議ですね。

2017-09-26

anond:20170926234825

ごっつい骨があるがな

後頭部とおでこ同じ強さで殴ってみろよ

おでこの強さを実感できるぞ

保護されるべきところには毛や脂肪があるのに

なぜおでこにはそれがないのか。おでこの奥には前頭葉という重要な器官があるのだから、そこを保護するためにもおでこには脂肪か毛があってもよさそうなもんだけどなぁ。なぜおでこは丸腰なのか。

2017-09-25

もともとおでこが広いほうだからわかりにくいんだけど気が付いたら前髪が自然にM字型になっててこれハゲなんだろうか・・・

ショックだわ

2017-09-08

anond:20170908072127

この友人のほうが好感持てる。

もし美少女だったら、後ろからそっと抱きしめて、ペラペラ銀行タオルおでこの汗を優しくポンポンとぬぐってあげたい。

2017-09-05

増田をやめたら毎日時間睡眠時間が長くなった

おかげで仕事バリバリこなせるしメンタルも快調だ

肌はツルツルおでこもツルツル分かるかよハゲだって事すら気にならないくらい心が晴れやかなんだ

増田が一番気になるウンコ調子も極めてパーフェクトだ

太すぎ柔らかすぎず硬すぎず細すぎない

たった1時間長く眠るだけで世界が変わる

まり俺が言いたいのは

増田をやめると健康にいいって事さ

2017-08-28

AV女優にすら拒絶されて童貞のまま死んだAV男優

ラブホに消えていくカップルを恨めしそうに眺めて、唇を噛みしめてアダルトビデオを借りて朝方までオナニーして寝る。その繰り返しだった。

から巨乳が好きだった。飯島直子の胸の膨らみで、何回絶頂に達したかからない。芸能事務所から何年間も無視された鈴鹿は、

AV男優で有名になる変化球 を思いついた。社会的地位が低いのが玉に瑕だが、大好きな巨乳を舐めて吸って顔を埋めて、

お金もらえて有名になれれば最高までいかないが、プライドの高い鈴鹿も納得できる範疇だった。

二十九歳。V&Rに男優志願した。若ハゲキモチ悪いルックス竹本テンプルすわに受けて、出演を果たした。

竹本とすわは顔がキモチ悪くて、ハゲてるから面白がって呼んでただけだったが、鈴鹿加藤鷹のような圧倒的な存在を狙っていた。

何本出演しても女のコに嫌がられ、セックスまでたどりつかない。予定と全然違う男優生活だった。

女はホストみたいな男優が触ると喜ぶくせに、鈴鹿が触ると睨んで「キモイんだよ」なんて言いだす。

社会的地位が低い男優すらつとまらない現実絶望し、悩みすぎて神経を崩壊させていた。三十一歳。

『うわさのミスコンパオン3』の頃は舌の痙攣がとまらない神経症に冒され、やることな生活が災いしてアルコール依存になっていた。

ハゲがつむじまで達して、恐ろしくおでこが広い波平さんみたいなルックスになったとき鈴鹿はようやく キムタクみたいな圧倒的勝者の芸能人になることを諦めたのだった。

鈴鹿イチロー最後の出演AVは、「いじくり絵日記」という作品だった。

神戸から青春十八切符を買って各駅停車東京に行くと、紋舞らんという巨乳女がいた。

柔らかそうなお椀乳は鈴鹿が長年妄想し続けた巨乳のものだった。

今日だけはセックスしたいと強く願ったが、舌の痙攣で口元が締められない鈴鹿が近づくと紋舞らん露骨に嫌な顔をした。

出演者たちに笑い者にされ、いつものように他の男優たちがキモチ良さそうにファックを決めていた。

鈴鹿我慢ならなくなって、出番を待って控えていた紋舞らんの乳に手を伸ばしてしまった。

アイドルのように笑顔を振りまいてた紋舞らんは優しい女の子と思っていたが、鬼のような目をして鈴鹿の手を払いのけて

監督! 変な男がいるんですけど」と叫んで撮影は中断となってしまった。

「こんな現場では仕事はできない」と怒って、 大騒動になり、すわの説得でなんとか撮影は終わらせることができた。

鈴鹿はなぜ自分が触ると怒るのかわからなかった。「こんな仕事できない!」と怒りまくる紋舞らんを眺めて、鈴鹿はある人生を左右するある決断をした。

「今度のNHKのど自慢大会で入選しなかったら、俺死ぬから……」そうポツリと呟いて、肩を落として神戸へと帰っていった。

スタッフたちがみた、鈴鹿最後の姿だった。二週間後、鈴鹿イチローは自宅マンションから飛び降りた。AVで一度もセックスをすることなく、アスファルトに頭を叩きつけたのである

2017-08-10

救急安心センターおおさか#7119が全く機能してない

大阪市運営する緊急安心センター通称#7119というのがある。

救急車を呼んだほうがいい?

病院に行った方がいい?

近くの救急病院はどこ?

応急手当の方法は?

大阪市民にとって、とても心強いサービスと思っていた。今日までは。

どうか、このサービス改善してくれる事を願い増田に初めて記述します。

大阪市運営しているという事でお役所仕事なのでこういう事があったと市長の目に留まると嬉しいです。

本日、〔8月10日ベビーカーを押してたら転倒してしまい、生後10ヶ月の子供を頭からコンクリートに落としてしまいました。

おでこに青赤い内出血が引かないので心配になり、緊急受け入れしてくれる病院を探す為に#7119に連絡してみました。

#7119にかけて教えてもらった病院5軒全部に電話しました。

ところが、乳児は受け入れしてなかったり、〔電話10ヶ月の赤ちゃんと伝えています〕この時間はやっていなかったり、脳神経外科やら小児科やらたらい回しになって、やっと行った病院でもその症状は、小児科じゃなく脳神経外科ですって言われて結局診てもらえませんでした。

再び#7119に電話してこういう事がありました。病院では脳神経外科と言われましたが、脳神経外科乳児を受け入れてくれる病院を教えてと伝えてもその症状は小児科だと電話口で強い口調で言われて、結局診てくれる病院を紹介してもらえず散々でした。

紹介してもらった病院が、乳児は診てくれなかったり、この時間帯が診察してなかったり、現場と#7119のセンターがうまく連携を取れてなくて、たらいまわしになってしまうのが現状なのか?という印象です。

緊急時にこういう対応だと本当に困ります!しっかり生きた情報を教えてくれないと救える命も救えないと思います

どうかどうか改善をお願いします。

2017-08-08

https://anond.hatelabo.jp/20170808134855

もう、である証明が何かについても話しただろ

スカートを切ることに色んな可能性があって、それを否定できてないことも言った

なぜスカートなのかも当然答えてる

全部答えたこと

避けてるどころか、もう全部答えてんの

リーあん

サングラスおでこのってるのに、サングラスはどこだって言ってる滑稽な風景

2017-08-06

男の人を触りたいと思った話

の子に比べると男の人に興味がないと思っていた。

恋愛にもセックスすることにも好奇心はあるけどしたいと思わなかったし、実際大してしてこなかった。

だけど、男性の同僚によそ見をしててぶつかった瞬間、月並みな言い方だけど電流が走った。

おでこにぶつかった肩甲骨、全身で当たってもバランスが崩れない体、筋肉で硬い背中

もっと触りたいと思った。

別に好きでも嫌いでもなかったのに、あれからずっとあの感覚がはなれない。

女にも性欲があるんだ。

だけどそれだけで、これからも何もない。

2017-07-27

犬派

から根っからの犬派だ。

動物が好きなんだけどもうとにかく犬が好き。

よくある質問の、猫派?犬派?って質問も即答できるくらい犬派。

猫?いやー可愛いよね、うんうん、可愛い、すんごい、分かる。でも犬派なんだけどね。そんな感じで犬派。


一方で友人は猫派で、猫を飼ってる。

この前その友人宅に遊びに行く機会があったんだけど、玄関を開けたら居た。友人の飼い猫が。

その猫は物凄く人懐こいという話を聞いていたけど、まぁ、友人に懐いてる懐いてる。

自分はというと、久しぶりの生猫に内心「うわー大きい!可愛い!目が大きい!犬のニオイしないかな、大丈夫かな」なんて

友人宅の猫に対してそんな事を考えながら、いざ、友人宅へ足を踏み入れた。

いや、まぁ、率直に、なんていうか、猫がもう、すんごく可愛かった。

素晴らしく可愛い。びっくりした。何か貢ぎたくなる衝動を感じた。

全ての猫に当てはまるわけではないと思うんだけど

呼んでも来ない、けど近くには来てくれる、あの微妙距離感

呼んだら来るって事に慣れている私が少し落ち込んでいると、するりと静かに寄ってきて、すれ違いざまに尻尾で私の身体を撫でる、小悪魔加減。

まり懐いてくれないのか、と思ったら、こちらをじっと見つめて、おでこをコツンとしたがる。

おでこをコツンとしてみれば、甘えるようにスルリと寄ってくる。

なんだろう、こう、心が擽られた。可愛い。猫、可愛いじゃん…

あの日から結構ネットで猫の写真を漁る事が増えた。ああなんて容易いんだろう、自分


いや何が言いたいって犬派の私が感じた事なんて、元から猫派の人からしてみたら「はっ」と鼻で笑われるような感じなんだろうな、とも思う。

猫派の人は、猫のどこに魅力を感じるか、猫を飼ってる方はどういう所が可愛いか教えてくれたら嬉しい。

2017-07-20

うちの猫様がおでこを狙ってくる

うちには猫が3匹いる。性格がそれぞれ違い、好物もそれぞれ違い、懐き方もそれぞれ違う。

みんな違ってみんな可愛い

しかし、その内の一匹に昨夜マジギレされた。

その猫N(仮名)は雑種だが、長毛で姉妹より巨体(手とか耳とかパーツ自体も大きめ)。毛皮の下のボディーは平均より少々ぽっちゃりめ。

性格は、基本的にはマイペースである。猫なんて多かれ少なかれマイペースだけど、相対的にみてもNはとてもマイペースである

かといっておっとりとかのんびりというよりかは、謎の風格がある。走って逃げたりはせず、歩く時もゆったり威風堂々というか、まぁ態度はでかい

そのご尊顔は飼い主のひいき目もあるが、長毛ゆえに優雅金持ちの猫といった感じの美人である。ただしふてぶてしい表情がデフォルト

好きな食べ物はいちごやいちじくなどのフルーツ系で(OLかよ)、好きな場所は箱の中。最近暑いので床でだれていることも多い。

この時期の猫は抜け毛がすごい。N様は毛が長い分、量は多いわ絡まるわで、ブラッシングするのも大変。

しかし撫でろとその金の目が命じれば、拒否する事はできないわけで。

顔・首周りから背中を撫でられているしばらくの内、N様は目を細めていた。尻尾が「くるしゅうない、もっとやれ」と語っている。

その内N様が伸びをして、いわゆるエジプト座りの対象になった。ふと目が合う。

あれぇ、N様の目がマジだぁ。

真ん丸になっている(可愛い)。一向に瞬きをしない。こっちが目をつぶっても逸らしてもウインクしても、ひたすらガン見、真顔である

めっちゃ警戒されている!N様いきなりのマジギレモードである。(なんで猫ってあんなに「私怒ってます」の顔分かりやすいんだろうな、猫なのに)

えぇー私さっきまであんなに尽くしていたのに!!

恐らくゆらゆらしていた尻尾がパタンパタンしだした時が辞め時だったんだろうけど、それに気付かなかったんだろう。

にしても、たまに目線が妙に上にずれる。なんだ、何を見ているんだ?と思ったら妹がひとこと。

おでこ狙われてるよ!!!

言われてみれば、確かにおでこ視線を感じる…!

そういえば先日のこと。N様は機嫌ななめで、手を出そうもんなら威嚇された挙句引っかかれそうな具合だった。

しかし大好きな母に手を拘束されたまま抱かれたので、これなら安心とN様に顔を近づけた私。

すると私のおでこに、N様ががぶっと一撃。

パンチができないなら噛みつけばいいじゃない』

衝撃で皆が思わず笑う中、N様がフンと鼻を鳴らした。私のおでこからは血が出た。

もうちょっとこう、手とか腕とか、自分の近くに出されそうで警戒しなくてはいけない、かつ、引っ掻いたり噛んだりしやす場所はあると思うんだ。今回は拘束されているわけでもないし。

それなのにちらちら投げかけられる頭部への視線。何故。

あの時の衝撃と痛みを忘れるなとおっしゃっているのか。

N様が何を考えているのか、私には分からない。が、とにかく、おでこへの攻撃が癖になっていない事を願うばかりである

そんなこんなですが、猫様はとても可愛いです。ちなみに一番仲の良い猫は靴下にゃんこのC様(仮名)です。いつも玄関でおかえりって出迎えてくれる。

2017-06-22

SNSは恐ろしい

ここ数日、僕を悩ませていることがある
Facebook何気なく友達候補を見ていたら、表示された何人かの中に、もう会うことは無いと思っていた女性が表示されたからだ

僕がいままで生きてきた中で、同名の人とは出会ったことがない
比較的珍しい名前だと思う(キラキラネームではない…はず)
から「もしや…」と気になったのだが、でも苗字は昔と変わっていた

友人とのプリクラで撮ったであろう目がパッチリしたアイコン
プロフィールに飛んで過去投稿を遡ってみると、加工していない写真がいくつかあった
広いおでこ、凛々しい眉毛、力強い瞳、やや厚みのある唇…やはり見覚えがある

たまたま名前が同じだけ
たまたま顔が似ているだけ
たまたま共通点があるだけで、僕の知らない赤の他人かもしれない
そこで彼女名前でググってみたら、簡単InstagramTwitterアカウントが見つかった
こちらも過去投稿を遡ってみた
友人たちに誕生日のお祝いをしてもらったという投稿
祝ってもらった日を確認し、そして確信した

10数年前に離婚した元嫁との間に生まれた娘だ、と

改めて娘のFacebookInstagramTwitterを見てみた
顔は元嫁に恐ろしいほどソックリ
今年の春から大学生になったそうだ(なんと元嫁と同じ女子大…)
そしてどうやら元嫁同様かなりの遅刻魔らしい
娘よ、そこは似たらダメ(笑)
友達より背が高かったり、中学高校時代吹奏楽部だったり、写真の写り方によっては僕の母に似ていたり…
多少は僕の遺伝子を継いでいるのかもしれない

僕が言うのも何だが、娘は(写真しか判断できないが)かなりの美人である
会いに行けるアイドルグループに入ったら間違いなく選抜メンバーに入るであろうレベル
まぁ美人だった元嫁に似ているのだから当然か

投稿を見る限りでは友達も多く、皆から慕われている様子
どうやら素直で良い子に育ったようだ
そこは元嫁と再婚相手感謝しなくちゃいけないなぁ…伝えることは出来ないけど
ところで女友達とばかり仲良くしていて男の気配が全く無い
単に投稿していないだけなのか?
君の容姿なら相当モテるだろうに
僕のようなダメ男と付き合うことのないよう切に願う

そして疑問が2つ

まず1つ目
なぜ娘が友達候補に現れたのだろうか?
元嫁とは学生時代バイト先で出会った
そこで仲良くしていた友人は多数いたが、Facebookで繋がっている人は1人もいない
もちろん元嫁とも繋がっていない(元嫁を検索してみたが出てこなかったので、Facebookをやっていないか、それともブロックされているのかのどちらかであろう)

そしてもう1つ
僕の方に現れたということは、娘の方にも僕が現れているのだろうか?
離婚したとき娘は2歳くらいだった
子供たちとは会わない、という約束で別れた
元嫁は離婚したとき旧姓に戻さなかったので、幼い娘は僕のことは記憶に無くても僕の苗字は覚えているかもしれない(元嫁がいつ再婚たかにもよるが)
そして兄(すなわち僕と元嫁との間に生まれた息子)と僕とは名前がかなり似ている
もし僕が娘の方の友達候補に現れていたら「もしかして…」と同じように気付くのではないだろうか?
年代友達ばかりの中にいきなり僕のようなオッサンが登場したら目立つだろうし

それにしてもSNSというものは恐ろしい
この年になってこんなことで悩むことになろうとは思ってもみなかった
何年も連絡を取っていなかった中学高校同級生との再会とは訳が違う
そして検索すれば個人情報がどんどん出てくる
これが時代というやつなのだろうか…

僕が使っているSNS
Facebook友達候補に娘が出てきたwww」
と草を生やして投稿しようかと思ったが
良い年してそんなバカなことするのも情けないし
かと言って誰かに相談することでもないし
でもどこかで吐き出してスッキリたかったので増田投稿することにした次第

2017-06-19

手を握られると落ち着かない気持ちになる

握手はいいけど繋ぐのはだめだ

それとおでこを触られると逃げ出したくなる

なんでなんだろう

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170518073515

お前の故郷をクソって書いたって読んだんやったら、確かにそれは私が悪かったよ、謝る

謝ってくれているのなら、横じゃなくね?本人じゃね?

あと、注意されてるんじゃないと思うよ。煽ってるだけなんじゃないかな。


お前が腹の底でそういう考えを持っているということを見抜かれてるから

醸し出してるも何も、大きな荷物持ってタクシーに乗っただけで言われたし、

ごはんカウンターだけの店に座って、お酒を注文しただけで言われたりするよ。

こちらの人じゃないですか?地元言葉じゃないから分かりますよって言われて、大抵は方言じゃないからってところがスタート

旅行で遊びに来てますって言っただけなのに「東京は高くて人が多くてろくなもんじゃないでしょ、こっちで美味しいものたくさん食べてって」から始まって

なんかずーっと言われ続けたりする。

私は、タクシーに乗ったりビール注文しただけで、いったい何を醸し出したの?おでこに「田舎馬鹿にしてます!」とでも書いて出かけたのか私は。

まー、人に話しかけられやすいせいかもしれないんだけど。

ここにも微妙マウント臭感じたから言っておくけど、仕事ででも、10カ国くらいウロウロしてたら、

10か国もうろうろするなんて、すごいですね!お仕事でですか?マウント返し乙です!

でも、行ったことあるだけの国なら10か国よりもっと多いんですよと、マウント取り返してしておきますね。

ただ私の場合旅行とか短期留学とかに行っただけなので偉そうには言えない、マウント取り返せるほどじゃないですが!

2017-04-07

おでこが広いって言うけれど

正直おでこが後退しているのと何が違うの?ものすごく後退している人にはさすがにおでこが広いって言葉は当てはまらいかもしれないが、それ以外の人に対しては何を基準言葉を選んでいるのだろう?

男性女性か?イケメンブサイクか?若いか若くないか?で選んでいるのだろうか?

理由がわからないのであれば、是非おでこが広いで統一してほしいなぁと思う。そっちの方がなんかイメージが良いので。

2017-04-06

忘れえぬ人々

ラジオ番組に送った長文をそのまま載せますね(未採用)。思春期あるあるなのかなあ。当時もちろん誰にも言えなかったし今まで誰にも言えてない。たまたま女子同志だっただけで男女間でも男子同士でもあり得る話だとは思う。

----------------

みなさんこんばんは。いつも本当に楽しく拝聴しています大好きです。35歳、女、既婚です。はじめてメールいたします。

私が中学2年生、14歳の頃の話です。

当時、私はゲーム大好きっ子で、今で言うところの「腐女子」であり、ゲームジャンルBL二次創作に手を染めておりました。夜な夜な推しキャラの絵を描き、さらに男×男のカップリング妄想し、その滾る思いの丈と自らの性の芽生えをミックスジュースにして同人誌というカタチにしたためていました。

定期的に地元同人誌即売会(以下イベントします)に出店して、そこそこに売れてファンレターのようなものをもらったり、同じ趣向の友人が沢山できてイベント以外でも会って一緒に遊んだりして、普段学生生活を凌ぐ楽しさでした。

彼女出会ったのはその同人活動きっかけでした。仮にSさんします。

Sさんは私の3つ上のオネーサン。同じゲームが好きで、知人に紹介してもらって意気投合。初めは文通メール文化はまだなかったので)からはじまり電話で話すようになり、そのうち個人的に二人で遊んだりするようになりました。私が年下ということも関わらず、対等に優しく楽しく接してくれて、一人っ子の私は趣味の合う素敵なおねえちゃんができたみたいでとっても嬉しかったことをおぼえています

Sさんとは、好きなゲームBL妄想で盛り上がる他にも、イベントで知り合った共通の友人であるコスプレイヤー男性に思いを寄せていることを打ち明けてくれて、ちょっと現実の恋バナなんかで盛り上がったりもして。

Sさんと二人で遊んでるうちに「M(私のこと)ちゃん、本当に可愛いねえ、すっごい好き」「私、本当にMちゃんのこと大好きなんだよー♡♡」など、ダイレクト愛情表現散見されるようになり、私ももちろんSさんのことは友人として好きだったので、その熱量違和感を感じながらも「うん、私もSさんのこと大好きだよ」と普通に返していました。

二人で遊ぶようになってから4ヶ月程経って迎えたバレンタイン当日。その年のバレンタインはど平日で、私は学校から帰ってきて家でせっせと同人活動にいそしんでいました。夕方7時くらいに家の電話が鳴り出てみるとSさんからでした。

「Mちゃんこからひま?そっちに遊びにいってもいい?」と。

Sさんの家から私の家までは徒歩とバスを組み合わせて40分ほどかかります

「うん、私は大丈夫だけどもう暗くなるし…これから来るの大変じゃないかな?家の人は心配しない?」

大丈夫だよ、どうしても今日会いたくって…」

何だろう?とは思いましたが深追いはせずに、私はSさんがやってくるのを待ちました。

私は母子家庭で二人暮らし、母は看護師夜勤もやっており、ちょうどその日母は夜勤シフトでした。帰ってくるのは深夜1時過ぎ。母が居ない夜に友達が遊びに来るという、ちょっとしたワクワク感と心強さのようなものもあり、遠いところ悪いなあと思いながらも深く考えずに来てもらうことにしてしまいました。

小1時間後、本当にSさんが家まで来てくれました。

「いらっしゃーい」と出迎えた私に「急にごめんね、ありがとう」と言ったSさんの表情はどこか固く、家にあがってからもどこか雰囲気がぎこちなく心配になる私。「平日にMちゃんち来るのはじめてだね」「ああ、そうだね、今日はお母さん夜勤でいないんだ」など他愛のない会話を交わしていましたが、やっぱり顔つきが冴えないSさん

「遠いところ来てくれてありがとう。でも、どうしても今日、って何かあったの?」

「あの…今日バレンタインから。これ、Mちゃんに。手作りしたんだ」

と、手渡されたのは可愛いラッピングが施されたバレンタイン手作りチョコレートでした。

「えっ、そうだったの!私なんにも用意してなかったよー!ありがとう、うれしい!」

素直に驚きと喜びを伝えたら、Sさんは泣きそうとも笑顔ともとれそうな複雑な表情で私を見つめたあと、強く抱きついてきて「Mちゃん、本当に大好き」と囁くように呟きました。

「う、うん?私も好きだよ…?」

「でもきっと、Mちゃんが言う“好き”と私の“好き”はちょっと違うと思うんだ」

「えっ?…」

そしてそっと私にキスしました。ほっぺにでも、おでこにでもなく、くちびるにです。これが私にとってのファーストキスでした。

とにかくびっくりしたけれど、不思議と嫌な感情特には湧きませんでした。その後何を話したのか、どうやってSさんが帰って行ったのかもよく覚えていませんが、すっかり元気な笑顔を取り戻したSさん玄関口で見送った画はしっかりと記憶しています

その次の週末、Sさんの家へ遊びに行くことになりました。

キスのこともあってドキドキはありましたが、あれは何かのきまぐれだろう、きっと普通に友達でいられるだろう、と思っていました。その日、Sさん宅では二人でゲームをしたり同人活動にいそしんだりとこれまで通りの楽しい一日を過ごしました。特にこの間のキス話題も出ませんでした。

私が「じゃあ、時間からそろそろ帰るね」と、帰り支度をしようとしたとき「やだ、帰っちゃやだ、大好き」と言ってまた抱きしめられて、キスされました。何度かキスをされるうちに、舌が入ってきましたが、私はまた拒否もせず、受け入れてしまっていました。

その日から一緒に遊んだ日の最後は、こんなふうに抱きしめられてキスされることが多くなってきました。私からしようとしたことは一度もありません。拒否をするほど嫌だったわけでもなく、実際キスという行為はやわらかくあたたか気持ちいいもので、拒絶することでSさんとの友情関係が崩れることを避けたかったこともあり、背徳感を抱えたままその関係を続けていました。

そんな関係が3ヶ月位経ったあるとき、私はとあるバンド出会い雷を打たれたように骨抜きになってしまいました。そのバンドのことで頭が一杯の毎日TV雑誌などを追いかけるのはもちろんのこと、同人活動土俵にもそのバンドを持ち込んで、また、同じバンド好きの新しい友達が沢山できました。私とSさんはともに受験生となっていましたが(私は高校受験Sさん大学受験)、電話は週に2、3回ほど、月に2回ほどは一緒に遊んでいました。ですが、Sさんは他の友人たちと一緒のときでも手をつないできたり抱きしめてきたりと過剰なスキンシップが多く、私はちょっとうざったいなあと思い始めていました。

だんだん私の興味がバンド一番になっていることに気付いて、Sさんはひどく寂しさを覚えてしまったのだと思いますバンド関係の友人と遊びに行くことにはじまり、そのうちSさんも交えて共通の友人と居るとき私が他の友人と話しているだけでも深い嫉妬をするようになりました。友人がいてもお構いなし、その場の雰囲気が悪くなるくらいあからさまに不機嫌になり、悲しそうな顔をするのです。周りの友人にも「SさんはMちゃんのこと好きすぎじゃない」「SさんってMちゃんにベタベタしすぎ」などとからかわれることも多くなってきて、私は正直もう面倒くさくなっていました。当時のモットーは友人関係は広く浅くみんなと公平に、束縛するのもされるのも本当に苦手でした。これ以上踏み込まれたくない、と私のSさんに対する態度はだんだん冷たくなり、そうなるとSさんがひたすら謝ってすがるようにさらに甘えてくることに辟易し、電話も合う頻度も自然と減っていきました。自分からきちんと嫌なことを嫌だとは伝えずに、冷たい態度をとることで私のことを嫌いになってもらってうやむやのまま自然消滅すればいい、と思っていました。私にとってSさんを傷つけ続けていることよりも、あの熱量の高い束縛から開放された安堵の方が大きかったのです。子どもですね。

その後、私はバンドに熱を上げつつも勉強を続け、無事志望校高校合格Sさんから東京大学への進学が決まったとの連絡が来ました。

Sさん東京へ行く前に駅前マクドナルドで待ち合わせて二人で会いました。10月頃、同人誌即売会ですれ違って話したのが最後だったので、ずいぶん久しぶりでした。お互いの合格を祝って、近況やこれから新生活についてぼんやりと話して、元気で頑張ってね、と言って普通に別れました。もちろん、好きだという言葉も抱擁もキスもありませんでした。

その後、一度だけSさんに会いました。私が19歳の夏でした。

私は高校卒業して東京専門学校へ進学しました。1年生の夏休みのことです。帰省して久しぶりに地元同人誌即売会へ参加しました。その後、居酒屋へ流れて友人たちと飲みに行ったのですが、そこに遅れて現れたのがSさんでした。3年以上振りの再会。私たちはぎこちない笑顔で「ひさしぶり」くらいの最低限の挨拶を交わして、私を避けるようにして遠い席に座ったSさん。それぞれ周りの友人たちと盛り上がり、Sさんとは全く話しませんでした。ただ、居酒屋の喧噪にまぎれてSさん自分彼氏の話で盛り上がっているのが、ぼんやりと聞こえてきたのでした。

現在、私は同人活動からも一切足を洗って、イベントなども10年以上参加していません。当時の友人たちとも疎遠になっていて、Sさんがどこで何をしているのかは一切わかりません。

毎年バレンタインの時期になると思い出す、私にとっての忘れ得ぬ人です。

長文乱文失礼しました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん