「疎開」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 疎開とは

2021-08-31

anond:20210831123913

そうまでして首都圏に在住する理由不明。たしか東京都人口流入最近歯止めがかかったらしい。

おいしい仕事があるから?とか居酒屋駅前にいっぱいあるからコンサートとか小劇場かに気軽に通えるから

救急搬送を断られ続け、23日に亡くなった男性糖尿病で55歳。そもそも中年突入した時に糖質制限するなり

スポーツクラブ脂肪率減らすなり努力しとけば糖尿なんぞにり患しなかったでは?り患しちゃったもんはしかたないか

オリンピック始まる前に有休全投入して田舎疎開すればいいのに。

遺族「こんな異常なことが日本で起きるなんJ

すごいはなしだ。すごい。すごい。

遺族「こんな異常なことが日本で起きるなんJ

遺族ふざけてて草なんJ

そうまでして首都圏に在住する理由不明。たしか東京都人口流入最近歯止めがかかったらしい。

おいしい仕事があるから?とか居酒屋駅前にいっぱいあるからコンサートとか小劇場かに気軽に通えるから

救急搬送を断られ続け、23日に亡くなった男性糖尿病で55歳。そもそも中年突入した時に糖質制限するなり

スポーツクラブ脂肪率減らすなり努力しとけば糖尿なんぞにり患しなかったでは?り患しちゃったもんはしかたないか

オリンピック始まる前に有休全投入して田舎疎開すればいいのに。

遺族「こんな異常なことが日本で起きるなんJ

すごいはなしだ。すごい。すごい。

2021-08-15

国や都のコロナ対応を見てると大地震が起きても助けはないとわかった

都内マンション住み。

周りは一軒家も多い地域なので、災害発生時は避難所に入れないかもと備蓄は多めにしている。

それでもいざとなったら国が、都が、区が助けてくれるんだろうと思ってた。

でもコロナ対応を見てきて、特に今、病院に入れないかもってほんと瀬戸際だと思うんだけど、人の生き死にが関わってても助けようとしないことに驚いてる。

もっとたくさんの病院で診られるようにとか、点滴できるところを増やすとか方法はありそうなのに。

批判提言目的ではないのでコロナに関してはこれだけにしますが、このことで大地震が起こっても助けは来ないんだなと改めて思った。

もちろん住民が多すぎて全員を助けられないことは理屈としては「当たり前」だとは思うんだけど、現実のこととして想像したらめちゃくちゃ怖い。

ケガなどなく家も崩れずだとしても、電気は止まり、水も出ず、トイレも使えず、店は空っぽ。それが3日たっても1週間たっても続くかもしれない。「集団疎開」なんて声も上がるが、国は動かず。首都機能継続という名目議員や高官はいつの間にか東京脱出してた…なんてほんとにあり得る。

これを読んだ人は最低限、生き延びるための水・食べ物トイレだけでも準備しておいてほしい。

2021-08-04

東京に住んでる義両親

割と都心部に住んでおり、割と高齢で、割と自然のもの信仰する感じなので家にエアコンがなくたぶんワクチンも打ってない。

なんかもう生きて再開できる気がしない…いっそこっちに疎開してきてほしい…

2021-08-02

計画疎開政策

そんなものが褒め称えられる時代がくるなんてな。

2021-07-31

最期ステイホーム

コロナ戦線も敗色濃厚となった東京

司令官ゆり子は、これ以上の感染拡大を止めるために最後スピーチをした。

「この夏は人生最期ステイホームを」

医療崩壊してしまった時点で、もう、感染者には自宅で死んでもらうしかない。

この夏の暑さで、死体はすぐに腐り始めるが、それを回収するリソースも無い。

生き残った都民は、強烈な死臭に恐れをなして、近隣都県へと疎開していった。

司令官ゆり子の行方も分からない。疎開できたのか、自宅で病死したのか、

今となっては関心を持つ者はいない。

その年の冬、東京都は正式日本地図から消去された。

2021-07-20

anond:20210720113455

いじめっ子のほうが社会的成功者になってしま問題

これはケースバイケース。筒井康隆戦時中疎開先で農家の子に頭を踏まれるなどのいじめを受けたが、その農家の子社会的成功したという話は聞かない。

お前の場合自分ダメ人間になってしまった責任過去いじめ加害者なすりつけているだけではないか

2021-07-13

anond:20210712235634

なるほどウィキペディアたたいたら

父親である松本強[3] は少尉候補者制度を用い(少候第10期)、下士官から叩き上げ将校である陸軍少佐(最終階級)にまで上った帝国陸軍軍人であり、また陸軍航空部隊古参操縦者パイロット)であった。第二次世界大戦中、その父がテストパイロットをやっていた関係で、4歳から6歳まで兵庫県明石市川崎航空機の社宅に住み[2][4]。その後は母親実家がある愛媛県喜多郡新谷村(現在大洲市新谷町)に疎開していた[2][5](両親共大洲市出身である[6])。このときアメリカ軍戦闘機や、松山市空襲に向かうB-29などの軍用機を多数目撃、この体験が後の作品に影響を与えたという[2]。

ということで軍の近くにいたことはまちがいないということで許してくれたまえよ

2021-07-08

被曝エリアではないのに福島原発から疎開して東京に行った人たちは東京五輪でもまた疎開するのかな

2021-06-02

去年、久方ぶりにコロナ疎開した。

くそ親とも和解たかに見えたが、

世にも信じられない非道い目に遭い。

気力なし。

さて、今後どうする。

2021-05-27

anond:20210527155824

ばあちゃんと近所の奥さん方は負けるってわかっていざという時の疎開先の情報交換とかしてたけど、じいちゃん大本営発表完全に信じて何でもかんでも供出しちゃう戦時国債に突っ込むし内心アホかと思っていたって話は聞いた。今のオリンピックぐらいの温度感っぽい。

2021-05-25

anond:20210525101155

ばあちゃん実家田舎地主だった

食い物にはそんなに困ってなくて疎開してくる子と仲良くなったらしい

戦後農地改革でごっそり土地取られたあとがしんどかったって言ってた

第二次大戦下での富裕層

第二次大戦下での富裕層ってどんな感じだったんだろう。

金ではなんともならない状況だったのか、田舎疎開してのんびりやってたのか。

戦争教育で聞く話は普通の人が苦しんだことばっかりだし、ジブリの『風立ちぬ』はピラミッドのある世界の話してたけど、あれは戦前の話だし。

2021-05-13

リバタリアンの多くは、首都直下型地震が来れば考えを変えることになるでろう。

「ヒトは、共同体なしに生きてゆくことができないことがわかった」

とか生まれ変わったような目をして。

助け合いましょう」などと口走りながら地方へと疎開してくるのだろう。

2021-05-12

anond:20210512155126

俺も疎開しちまったが、田舎はほんとに

自然以外だめ。

後悔もある。

コロナさえなければなあ。

また数字上がってきて、戻るに戻れない。

2021-05-11

以前ものづくり系の仕事をしてる知り合いが神奈川にある本社から愛媛伊予郡に3年近くも派遣されていた時の話。

事前に四国は良い所と聞かされていたものの、やっぱり文化が違ってくるとどうしても身構えてしまい上手く人付き合いができず、仕事のやり方が上手くいってなかったらしい。

それだけじゃなく電車バスなどの公共交通機関が貧弱で車を持ってないと不便、持ってたとしても孤独を穴埋めできる要素が全然無くてそしていつまでここに居りゃいいんだっていう無限地獄…と精神的に負の連鎖が続いて唯一の趣味であった自転車にも興味が沸かなくなって休日永遠アパートに引き篭もる事もあったんだとか。厳密に診断した訳ではないが当時は鬱病だったと本人は語っている。

コロナ疎開のつもりで地方への転勤やらIターンを考えてる人はそういう事も踏まえてよく考えた方がいいかも。

2021-04-19

コロナ疎開で帰ってきた幼なじみに告ぐ

(※アラフォーおっさんです)

去年の11月ぐらいだったと思う。Facebookでもう20年近く合ってない幼なじみと繫がった。が、都会にいたはずがいつの間にか帰郷していた。コロナ疎開らしい。

知らなかったのだが、奴は誰でも知っているような大手インターネット企業社員。まじですか。

で、Facebook投稿履歴を見る限り、去年の夏の終わりには都会の家を引き払って、田舎に帰ってきていた模様。

Facebookにはこう、絵に描いたようなおひとりさま充な生活をしており、帰ってきたか運転免許を取って中古マニュアル車を買い、週末には一人キャンプに出かけ、一方でオンライン技術セミナーを開いたりしているらしい。

一方俺。観光業関係なので、もう去年の今頃から週休4日、収入は6割減。社内では大っぴらに転職活動が推奨されていて、給付金が終わったら雇用の維持が難しいかも知れないと言われている。

自分でもやめとけばいいのにと思うが、奴の会社求人を見てしまった。大卒初任給が既に俺の正規のおちんぎんよりも1.8倍くらいある(笑)

ぢっと手を見る。

何故今さらこんな事を増田に書いているかというと、奴と昨日、合ったのだが、その時に、彼女さんをご紹介いただき、もうすぐ結婚すると言う話を聞いたかである

かに最近記事は様子がおかしかった。たまに、お前その写真、誰が撮ってんの?って写真が出てきていた。なんだよ。お前。まじか。仲間だと思っていたのに…。

そして、奴は実名はてなブックマークをやっているので、間違いなく増田も見ているはず。故にここに、奴に告ぐ。

末永く爆発しろ

SNSで公開する前に地元友達に知らせるのが筋だと思ったって言ってくれて、いろんな友達に紹介しているらしい。すげえいい奴です。

今度、公民館活動相談させてください。

2021-04-17

台湾有事から米中戦争が見られそうでワクワクしてる

自分が生きてる間に大きな戦争が起きそうで最近楽しい

日本列島最前線になるとしても、僕はこう見えてグローバル人材なので、親戚・友人・仕事上のツテをフルで使えば、シンガポールマレーシアインドネシア一家疎開して現地で職を見つけることもできるだろう。

まさか人民解放軍がシンガまで進駐してきて、かつての日本軍への意趣返し日僑狩りするとか、そんなことにはならんだろうからマンゴージュースを飲みながら高みの見物をさせていただくよ。

2021-03-11

あのころ上級国民疎開していて

東京には奉公へ出てきていた地方次男三男坊ばかりだった

から空襲は語り継がれない

2021-03-08

anond:20210307172731

おっ、「蒼天のソウラ」は中島諭宇樹の連載作なんだな

中島諭宇樹には俺は思い出があるので語らせてくれ

20年ほど前、赤マルジャンプ少年ジャンプの連載予備軍が読切を載せる季刊増刊号)で読切の名手として名を馳せていたのが中島諭宇樹だった

彼の読切には舞台設定だけでとにかくワクワクさせられた

移動型コロニーとして荒野を何百年も走り続ける巨大列車舞台にした「ホライズンエクスプレス」や、浮遊する都市支配者として君臨する鳥人間抗う「天上都市」…

魅力的な舞台設定で読者を釘付けにして、そのまま練られた展開とカタルシスのあるクライマックスで唸らせるファンタジーを連発していた

もう読んだのは昔なのにこんな鮮明に思い出せることから俺がどれだけ楽しんで読んだのか察してくれ

その後、週刊ジャンプ本誌で「切法師」の連載が始まった

が、人気が奮わずわずか18話で打ち切り

けっして悪い話ではなかったんだけどな

和風ファンタジーのバトル漫画なんだが、とにかく「そこに生きる者たちの生活」を厚く描いていた

鬼に襲われた村では「疎開すべきかどうか」の議論が丁寧に描かれ、その鬼にも生活があることを示し、時には倒すことより説得を選ぶような、そんな地味だけど真摯な筋書きだった

とはいえキャラが命といわれるジャンプではそこの弱さがネックになったんだろう

正直読切の頃から、設定や展開は鮮烈なのに対してキャラの印象はほとんど残っていない

本誌を去ってからの動向を追えないままここまで来てしまった

蒼天のソウラ」という漫画を描いてるらしいという話は耳にしたことはあったが、そうか、もう16巻も続いてるのか…すごいじゃないか

しかも俺が好きだった作風もそのまま残ってると知ってとても嬉しい

いい機会なので全巻買って読んでみたいと思う

書いてくれてありがとう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん