「駄々」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 駄々とは

2024-07-18

anond:20240718203834

絵描きがラッダイト運動してなかったら少しは同情されたかもな

技術の発展(というか単なる効率化)にガキみたいな駄々こねてる絵師は嫌われて当然だし

エンジニアが多いはてブなら尚更

2024-07-16

anond:20240716194346

オーケーだよ

都合がいいって言われても別に都合とか損得でこの感性築いたわけじゃないので軽くカルチャーショックなんだが

それ以上「そんなわけない」って言われてもそれはお前の尺度では理解できないって話でしかいからまるっとそういう人もいると受け入れるか理解できないと駄々こね続けるかの二択だよな

anond:20240716130153

自民しか政治ができないのは、これまで国民自民しか投票してこなかったツケですよね。

どこかでツケを支払わなければいけないのに、それが嫌だから駄々をこねて、逆に立民を攻撃しはじめる国民が悪いですよね。

2024-07-15

anond:20240715234531

駄々こねるほど石丸とその信者ネガキャンしかなってないぞ

気付いてないと思うけど

anond:20240715234002

な?馬鹿ってこうやって自分が出せと言ってた証拠を出されても本人だけは負けを認めずこうやって駄々をこねるだろ

ググれば出てくる情報にすらたどり着けずにゼロサムゲームガーとか自分から負けに行ってるのと同じ行動してる癖に

けが確定すると決まってこれだからマジで意味不明

低知能がポピュリスト煽動されるのはいつの時代もそうだし泉房穂にしてもそのポピュリストっぽい部分はあるが

流石にこの程度の馬鹿意味不明批判されてんのはちょっと同情するわ

anond:20240715174409

明石市移住して出産した夫婦パラレルワールド存在扱いするのか

石丸信者らしい頭の悪さだな

まずゼロサムゲームという結論に持って行こうとした時点で相当に頭が悪いがな

明石市政策があったか子供産みましたって夫婦が一組でも存在した瞬間にゼロサムじゃなくなって負けが確定するのに

そんな不利な主張を自分から出すってのがもう勝つ気ないのかな?ってぐらい馬鹿

しかも実際に出生率が上昇してるってデータが既にあるのに明確な反証も無く僕はゼロサムゲームだと思います!って小学生レベル妄想だけを武器にそれをやるって完全に自爆

当然スタジオでは笑い者になり

本人も信者も負けを認めるのが嫌で駄々をこねてるだけのアホ

これじゃ一生勝てんわ

2024-07-12

anond:20240712092104

私たちクレーム現行法で許されてる」「男にとって都合のいい受忍限度を男が決める不平等

これはただの駄々であって言われてもキルでも何でもないわ

2024-07-09

自分の父が毒親だとわかった日

「30年近く同居している祖母精神疾患があると知った日」

https://anond.hatelabo.jp/20240706023024

数日前に↑を投稿した。

思ってた以上にたくさんの方に反応してもらえて、本当にありがたかった。私は自分の家のことを誰かにしたことほとんどなかったから。

前回の投稿追記にも書いたが、父と言い争いをした次の日、私はカウンセリング相談に行った。

そして、カウンセラーに「あなたのお父さんは残念ながら世間一般で言う毒親です」と言われて衝撃を受けた。

コメントでも、父に対し「毒親だ」「まともじゃない」「そんな親からは逃げろ」という意見が見られた。

正直、私は今も自分の父を毒親という言葉表現していいのかはわからない。

でも、私にとっていい父親ではなかったと、ようやく思えるようになった。

長い間、父がおかしいのか、自分が求めすぎているのか本当にわからなかったのだ。

私と同じように、父から、あるいは母から離れるべきか悩んでいるひとも多いはずだ。

悩んでいる方の参考になるかわからないが、私が生まれるまでの父の人生と、私から見た父と祖母の話をそれぞれ書き出していく。

私には父方の祖父がいない。幼い父と叔母(父の妹)、そして専業主婦だった祖母を置いて、祖父は突然出ていったからだ。そこから祖母は女手ひとりで父と叔母を育てた。私が想像もできないくらい壮絶な生活だったのは確実だと思う。

それでも父は猛勉強して、希望していた大学合格し、それなりに知名度のある有名な会社に入った。そして実家を出た。数年後、叔母も実家を出て、祖母一人暮らしになり、このタイミング精神疾患発症し、精神科に3回入院していたようだ。

父はその事実を伏せたまま母と結婚し、その数年後に私が生まれた。その2年後に妹が生まれ、同時に祖母との同居が始まった。

父は定年まで同じ会社で勤め続けた。おかげで私は金銭的に苦労をしたことがない。

父も叔母も祖母も、祖父が出ていったときの話を一度もしたことがない。なぜ私が祖父が出ていったことを知っているかと言うと、父方の祖父がいないことを不思議に思った私が、子どもの頃に母に理由を聞いたからだ。母は言いにくそうにだったが教えてくれた。加えて、「お父さんがいるって本当に幸せことなんだよ」と私に言った。この言葉が、わたしの中で、ひとつ価値観になってしまった。

ここからは私から見た家庭内の話になる。父のことから書いていく。

父が仕事から帰ってきたとき、母は「おかえり」と必ず声をかけていた。でも、「ただいま」を父が返すところは見たことがない。

父は母が作ってくれた食事を美味しいということは一度もなかった。眉を顰め、あまり噛まずに飲み込む。うまく切れていない野菜を箸でつまみあげ、「見てこれ。ひどいね」と笑いながら言うこともあった。母の前で、私や妹に向かって言うのだ。

仕事が忙しくなり、私が寝た後に父が帰ってくるのが当たり前になった時期があった。母が父の分の食事ラップをして、箸を置いて、すぐ食べられるように準備しているところを私は見ていた。私が朝起きても、食事はそのままだった。母はそれを流し台に捨てていた。

家族食事をしているとき、私が箸を落としたり味噌汁をこぼすたび、父はうんざりした顔をして、なにも話さなくなった。母に「なにやってんの!」と怒られることより、自分のせいで父の機嫌が悪くなることのほうがなぜかずっと怖かった。

私は母のことが大好きだった。同じくらい父のことも大好きだった。でもなにより、父に嫌われることが怖かった。

から母はかわいそうじゃない。父は母をそういうふうに扱っていいひとなんだから。母の失敗は笑っていいんだ。そう思っていた。私は切れてない野菜を見つけるたび、父と笑った。母は何も言わなかった。

気づけば、元から会話が少なかった父と母はほとんど話さなくなった。相手用事があるときは、私か妹に伝言を頼むのだ。

喧嘩しちゃったのかなあ」と私は思っていた。それでも、すぐ仲直りするだろうと気にしないようにしていた。

いつしか父と母が話さないことが当たり前になっていた。そしてそれに触れること自体タブーなんだとわかっていた。

学校休みの日、「〇〇(近くの遊園地)に行くぞ!」と突然私と妹に行った。父の行動はいつも突然だった。どれだけ気乗りしなくても、私も妹も何も言わず父について行った。それが一番正しい行動だと思っていたからだ。

でも、その日はどうしても行きたくなかった。家で友達から借りた漫画を読むのを楽しみにしていたからだ。

行きたくない。家にいる」と返すと父は「行ったら楽しいぞ。行こう」と眉を顰めつつ言った。少し怖かったが「読みたい漫画があるから」と返した。「そんなんいつでも読める。行くぞ」うんざりした口調で父は言った。どれだけ駄々をこねても、私が泣き出しても、父は全く引かなかった。私は諦めて遊園地に行った。

父は私を楽しませようとしているんじゃなくて、"休日に娘を遊園地に連れていった"という事実がほしかったんだと気づいたのはもっと後のことだった。

中学生になると流石に父との会話は減ったが、それでも父が好きだった。正直、父の振る舞いに違和感を感じていた。信頼はできなかった。父の行動を真似るのはやめた。でも父に勉強を教えてもらうのも好きだった。そして、まだ父が怖かった。

そんな家で育った私が友達の家に初めて泊まった日、衝撃の連続だった。たぶん、私が中3か高1の時だったと思う。

その日、友達のお父さんは先に夕食を済ませ、夜勤に行く準備をしていた。夜にお仕事するひともいるんだなあと思っていたら、お父さんがお母さんに「たぶんいつもより遅くなる」と話しかけた。お母さんが「ならお腹空くやろうから朝ごはん多く用意しとくわ」と答えていた(多分こんな感じの会話だった)。

え?お父さんとお母さんってこんなに普通に話すもの

友達のお母さんが私と友達に準備してくれた食事を食べていると、友達が「このおかずめっちゃ好きやねん!」と私に言った。友達のお母さんは「いつもそれ言うから今日は多めに作ったよ」と笑いながら言った。

え?お母さんの食事って、おいしいって感じるもの?そしてそれを伝えるもの

友達の家の全てが衝撃だった。

私の家のお父さんって、もしかしてひどいお父さんなんじゃないか

私って、ひどい娘なんじゃないか

ずっと感じていた違和感の正体がわかった気がした。

そしてモラハラ、という言葉を知ったとき、まさにお父さんじゃんと思った。

それから、父との関係は一気に悪くなった。勉強でわからないところがあっても父に聞かなくなった。あまり顔を合わせたくなくなった。

父が突然態度が変わった私に困惑するのを感じた。まあ反抗期なんだろうと納得しようとしていたのもわかった。

私が直接父に不満を言うことはなかった。

父にはお父さんがいないんだから。父の方が私より辛かったんだ。そして、"父"を知らないんだから父親が下手なのも当然だと思っていた。

父が友人とどこかに出かけることは見たことがなかった。会社の人と飲みに行くこともほとんどなかった。

父には友人がいないことにも気付いていた。だから私のように自分以外の家庭を知るきっかけもなかったんだろうと、私は自分を納得させて生きてきた。

自分父親大事にできない自分こそ、"娘"が下手なんだと思う気持ちが強かった。

それでも父への違和感は日に日に強くなっていった。

こうして私は父を避けて生きるようになる。

ここから祖母の話になる。

正直、祖母との思い出はほとんどない。私が幼稚園の頃、オセロ相手をしてくれたことくらいだ。

日中妄想独り言を呟き、自分で作った変な歌を大声で歌い、一人二役で会話をする。 部屋に監視カメラがついていると言ったり、テレビから電磁波が出てると大騒ぎしたり、好きな野球選手結婚することになったから出て行くと言い出したり。皇室手作り人形を送りつけ、返送されることもあった。そして母や親戚と揉め事を起こす。それが私が知っている祖母の全てだ。

様子がおかしくなっていく過程を見ていたら、病気になったのかと疑うこともできたかもしれない。

でもまともな祖母を見たことがなかった。だから祖母は生まれた時からこういうひとなんだと思っていた。

祖母普通じゃないかもしれないと思ったのは、私が高校生の頃だ。

クラス友達数人とお昼を食べていると、友達の1人が「最近おじいちゃんボケてきててさ、ご飯食べたばっかりなのに食べてない!って言うんよね。認知症の人ってほんまにそう言うんやってびっくりした」と笑いながら話していた。別の1人が、うちはひいおばあちゃんボケちゃって〜と笑っていた。

それを聞いた私は、点と点が繋がったように感じた。

みんなのおばあちゃんよりちょっと早いけど、私のおばあちゃんのあの行動は、認知症だったのか!と本気で思ったのだ。

祖母のことは、今まで誰にも話したことがなかった。でも、認知症だったんだ。それなら話せる!と私も笑いながら友達に言った。

「うちのおばあちゃんも、なんかテレビから電磁波が出てるとか、部屋に監視カメラがついてるとか、会ったこともない好きな野球選手結婚するから出て行くとか言うんだよね」と。

空気が変わるのを感じた。みんなが一気に警戒するのがわかった。「いや、それ、ボケとかじゃないんじゃない?病院に行ったほうがいいような…」と1人が遠慮がちに言った。周りも同意するように頷いた。そしてすぐに違う話になった。

今なら笑えるが、当時の私にとっては本当に恥ずかしい出来事だった。やっぱり祖母普通じゃないんだ。それがわからなかった自分普通じゃないんだ。死にたくなった。それから誰にも祖母の話はしなかった。

私が部屋で寝ていると、深夜にドンドンドンドン!と凄まじい勢いでノックする音で目が覚めた。

「〇〇ちゃん!〇〇ちゃん!」と部屋の外から祖母が私を呼ぶ声が聞こえた。

私が「もうなに!?」と声を荒げて扉を開けると、「なにかあったか?なあ、なにかあったか?」と、祖母は虚な目で縋るように私に聞いた。

祖母には何かが聞こえたんだろう。何かが見えたのかもしれない。でも私には何も聞こえてないし見えてない。私は「なにも起きてない!もうほんとにやめて!」と怒鳴って部屋を閉めた。部屋の外から祖母がなにかブツブツ呟く声が聞こえた。布団を被って目を瞑った。しばらくすると、祖母が諦めて自分の部屋に戻って行く音が聞こえた。

次の日、祖母が「昨日は悪かったなあ」と涙を浮かべて私に謝ってきた。勘弁して欲しかった。泣きたいのは私だと言ってやりたかった。私は祖母無視してその場を離れた。

部屋に戻った祖母が大声で歌ってるのが聞こえてきた。「〇〇さんお願いしまーす!〇〇さんと結婚しまーす!ひとりで〇〇さんのところに行きまーす!」と何度も何度も繰り返していた。

こんなことは日常茶飯事だった。

祖母がずっとずっと不気味だった。

でも病気なのか、もとからそういうひとなのか、私には本当に長い間わからなかった。

祖母が早く死んだらいいのに。

そしたらこの家ももう少しはまともだったかもしれないのに。

そう思うこともあった。

そんなことを考える自分が情けなかった。

気付けば、私は祖母のことを見えないもののように振る舞うようになっていた。それが一番楽だったからだ。

これが私から見た父と祖母だ。

もちろん書いたことが全てではない。

父や祖母から愛情を感じることもあったような気がする。

でもなぜか今は思い出せない。

父も祖母も、普通じゃなかった。

私は、気づくまで30年近くかかった。

2024-07-07

anond:20240707220005

要するに、負けると分かってる選挙も、告白も、それでも凸するのは駄々をこねたいから。

2024-06-25

anond:20240625103024

そういう駄々こねてなかったら妻さんの気持ちも徐々に戻ってきてたのに

そこで変に駄々こねるから余計嫌われちゃうんだよ…

あと妻さんが気分が乗らないのは疲れてるだけなので

育児積極的に手伝って負担を軽くしてあげればよかったんだよ

あとは妊娠から妻さんを積極的スポーツに誘って

それとなく体力つけさせとけばなおよし

2024-06-17

anond:20240617005312

俺は君に「反論できないなら君の敗けでねーか?」と言ってるだけ

それにたいして「馬鹿の一つ覚えめ!」だの「ブーメラン!(?)」だの「反論できるけどしないだけだもん!」だののレスをいただいてるだけ

罵詈雑言はどっちゃねん

  

けど反論できないなら敗けってのはどんなに駄々こねても変わらんと思う

別にこの議題とかこの増田かに限らん 

君が間違いだと感じて否定したい主張に対し、

君がきちんと反論を書けないならば君の敗け

 

どこの世界でもこれは同じルールだと思うけど

anond:20240617003248

どんなに駄々こねても反論回避して誰かの言い分を否定するのは無理だと思うよ

それが本気でわからないなら君は頭が悪い以前に義務教育もなんか飛んでる

あと誹謗中傷要件は調べた方がいいな

2024-06-16

文系馬鹿すぎるから反証の仕方も知らない

https://anond.hatelabo.jp/20240615015742

こんなの、もし「文系に対するレッテル」が問題なのなら、「わたし文系だが「常識」の使い方はわかっている」と名乗り出れば良いだけの話。

反例はN=1で十分なのがそれこそ論理の「常識」(義務教育範囲)。

 

それができないのって結局「文系に対するレッテル」云々にケチを付けながら、実際は「『常識』を思想的に使う便利さを否定する(延いてはツイッターで『常識』『常識』喚いて暴れた自称リベラル仲間に弓引く)こともしたくない」というケっっっチ臭いポジショントークからすら離れられないからでしょ?

こんな自明のことに悪あがきしたくて駄々をこねてるから、めちゃくちゃな屁理屈を並べ立てながらご自慢の『学歴』に顔向けもできないような恥さらし続けてるわけでしょ?

 

マ・ジ・で、ネトウヨと何が違うのこいつら?????

 

2024-06-15

病人を見捨ててしまった

先週の日曜。

コンビニへ行くために人通りの少ない道を歩いてたらマンション玄関で這いつくばって地面を叩いてる若い男がいたのよ。

びっくりして周りを見渡したらおじさんがじーっとその人を見てたのね。

その時俺は勝手

その若者知的障害者

おじさん=お父さん

と決めつけてしまったのよ。なんかあって駄々こねてんのかなーって。過去にそういう場面を見たことがあったから。

なんか変だなーって思ったけど、そのままコンビニ向かってしまった。今思えば、ここでおじさんに一言確認すればよかった。

でもコンビニに到着した瞬間、

「よくよく考えてみるとあれ障害者だったのか?あのおじさんが家族だって確認もしてないし、もしかしてヤバいんじゃないか?」

と思って現場に戻ってみたらもう救急車来てた。

さっきのおじさんが救急隊と話してたからおじさんが救急車を呼んだらしい。

俺は間違ったことをしてしまったと思った。

面倒ごとに巻き込まれたくない、知らない人と話したくない、という理由勝手自分に都合のいいストーリーを作り上げて人の命を危険晒ししまった。

俺が咄嗟に動いて救急車呼んでたら、あの若者はおじさんが呼ぶより数分早く病院に行けたかもしれない。

以前、牛丼屋の前で倒れている人がいたときは助けられたから俺は咄嗟に行動できる人間なんだって思ってたけど違った。その時は周りに誰もいなかったから動けただけだった。

人の目があるだけで動けなくなってしまう情けない自分に気づいてしまった。

俺は妊婦の方や高齢者に席を譲るのも緊張するんだ。ちゃんと譲ってるけど譲る前にめっちゃ気合い入れて譲ってる。

人の目を気にせず正しいことができる人間にならなければ。

無責任だけど、あの若者に何もないことを祈ります。早く助けてあげられず申し訳ありませんでした。次からはもうしません。

2024-06-14

おじさんが絶対に使ってはいけないセリフ

「もうおじさんなんで・・」


ジジイだわ、おじさんなんでね、もうおっさんだよ・・・

言い換えはなんでもいいけどその手のやつだ。

恋愛観、仕事感、遊び、あらゆる話題で照れ笑いみたいな変な表情とともにこの言葉は使われる。

言われた方はどうか。

「いや知らんし」

これに尽きる。

「そんな、まだまだ全然若いですよ」がテンプレ返答だ。典型的善意カツアゲでもあるな。

心の声はほぼ100%の人が「いや知らんし!」だと思う。

いか、これを言って許されるのは、社会的に高いステータスを持った人間が、そのステータスを充分認知した関係性のある相手に向けての

「もうおじさんなんで・・・

くらいだ。

これなら悲壮感もないし、むしろなにかを成し遂げた大人の発する余裕とかある種の微笑ましさを感じられる。

しかしそんな立派なやつはここを見てない。だから関係ない。




わかる。つい言ってしまうよな。

ちょっとした合いの手くらいのつもりで言ってしまうんだ。

でもな、いいか、逆説的にも思えるが、この言葉が口をついて出るってことは

その時点でお前が思ってる以上にお前はおじさんなんだ。

からいちいち言わなくてもいい。

分かりきったことをあえて言われてもなんか含みがあるのかなと思われて変な空気になるだけだ。

別にそれくらいいいじゃないかって思ってるだろ?

でもなこれは親切で言ってるんだ。この言葉を使いだすとそれは間違いなくクセになる。

そしてお前のおじさん化は加速し、ますますこのセリフを吐き出すお前は陳腐存在になり下がる。

別に無理に若さアピールとかしなくていいし、逆におじさんらしく振る舞おうとしなくてもいい、この言葉だけ気をつければそれでいいんだ。

100%無駄な会話なんだ。わかるとかわからないじゃない、駄々をこねるな。とにかく言う必要がないんだ。

いか二度と言うんじゃないぞ。

2024-06-11

anond:20240611121129

入れてもいいけど銭湯とかプールでアホみたいに駄々こねるな

2024-06-07

anond:20240607122620

老害待ったなしのただの自己中じゃん。怒ることで特別自分であろうとしてる。おもちゃ売り場で駄々をこねてるガキと何も変わらない。

あなた旦那人間関係を常に上下で見てる。相当な劣等感をもっているか自分ランク付けもかなり下なんだけど、さらに下を見つけて優越感に浸ろうとしてる。人間関係に上も下もないはずなのにさ。

解決策として、まずは怒りに使っている膨大なエネルギー量を認識することだと思う。怒るってめちゃくちゃ疲れるのよ。でも怒りを正当化してて疲れてることに気づいていない。仕事で疲れてるんじゃなくて、怒ってることに疲れてるんだ。その無駄エネルギー節約できれば、あなたにも他人にもやさしくなれる。

2024-06-04

[]

行きつけのトライアルがウーバーキャンペーンとかはじめやがった

ウーバーだとかつ丼を半額にする

んで、そのかわり、そのキャンペーン期間は店頭では値下げしないんだって

そのせいでリアル店舗常連のやつらが割引の恩恵受けられなくなってんの

よるのいい時間なのに駄々余りだったよかつ丼

初日でこれだと、早々に店頭でも値下げされるようになるだろうな

けっざまあ味噌漬け

2024-06-01

煽り罵倒で「お里が知れる」のが好き

必死こいた罵倒の連投で情報駄々洩れになるやつも良いけど、

たまにウエメセ投稿するやつのプロフィールが透けていくのはもっと好き。

2024-05-23

立憲民主党は『悪夢民主党政権』を終わらせろ

いつまでも悪夢民主党政権』と見るや自民よりマシだった!と信心深い旧民主党信者のみならず当の旧民主党党員まで頓珍漢な事をフカしてばかりなので、いい加減お前らに幻滅して自民しか支持できない私が正解を教えてあげますね。

悪夢民主党政権』を終わらせられるのは旧民主党政権しかないんだよ!

自民ガーなんて言っても何も始まんないの!

あの朝日新聞アンケートでさえこれだけ自民政権やらかして弱っても野党は更に期待できないってばかりだし支持もない事に真摯に向き合えよ!

悪夢民主党政権』はお前らが思ってる以上に根深い事と、民主主義と言うシステムをいい加減受け入れて支持を得る努力をしなさい!

なんで悪夢って言われ続けるのかって、旧民主党政権が終えたあと、自分たち反省して次はこうします!と旧民主党が打ち出しもしなかったばかりか、そのまま解散して自分達の過ちを、改善点を有耶無耶にしたのが全てなんだよ!

野党支持者は野党を育てろと言うけど、その育つと言う行為を自ら放棄したのが正にこの行為だろ!

旧民主党旧民主党政権真摯反省して次へ向けて動いてたら悪夢悪夢で終わらなかったんだよ!

解散してしれっと立憲やらになったのは悪手だったけど今からでも立憲がそれを引き継げば良いだけのこと!

反省すべき点はたくさんあったよな!?寧ろボーナスステージくらいあっただろ!?

最初評価のあげ方なんて自分の愚行を次はこうしますって真摯有言実行していけば上がるんだから特に最初最初なんてわかりやすい事ばかりなんだから、しっかり拾ってチャンスにしろよ!

とりあえず『悪夢民主党政権』の都合の悪いところから全力で目を逸らして、自民よりマシだっただのとか言うのは支持を得る上で本当クソの役にも立たないからその辺の駄犬にでも食わせておきなさい。

支持率上がらないのは自民情報操作だのキモい妄想もその辺に吐き捨てなさい。

その陰気な自民ガーはいつまでも親離れ出来ない子供駄々と一緒だから、支持上がるわけない。自民頼りの批判で『そうだ!そうだ!』と出てくる声は支持じゃない。自民嫌いが集ってるだけの烏合の衆だ。はてブでもできる。立憲はいつまでも自民おんぶに抱っこですって幼稚な表明してるだけ。

そのくせ選挙結果裁判結果が都合良かったらこれが民意だ!とか噴き上がるでしょ。

その超自己都合な一喜一憂ほんと子供ダサいからもう卒業しなさい。

もちろん今回みたいな裏金問題やら自民不正は指摘したら良いけど、自分達の努力をしないと支持が上がらないことはほんと肝に銘じて。

あとこう言うこと言うと、自民には言わないとか自民モーとか言うバカが必ず湧いてくるのだけど、自民出し抜きたくないの?

自ら自民と同レベルに下げるようなこと言ってどうすんだよバカ

自民は悪い奴だー!って言うならその悪い奴と同じレベルで語らせたら本末転倒だろ。

少しは大人になってくれ。

2024-05-20

anond:20240520114923

なーんかなー

それだと結局「産む方の性の女が一家大黒柱になることは不可能。どうせ男が家計を支えるしかいから女に仕事収入を与える意味ない」ってことになるじゃん

男が専業主夫ならまだしも600万の収入あんのに「産休の間は―」とか「生活の質がー」とか駄々捏ねてるとしか思えん

2024-05-19

彼と喧嘩した

自分のしょうもないメンヘラで彼を嫌な気持ちにさせてしまった

仕方ないことに駄々こねても無駄なことがわかる年齢なのに希望をもってしまった

こんなありふれたカップル喧嘩で悩む自分にも失望する

あーこのまま楽に死にたい 死んじゃおうかな

生きていて楽しいこともあるけど悲しいことも多い

死後の世界はどうか無でありますように

2024-05-18

おはよう

おはます

のうのうと寝てしまいましたわ

それでも増田選手身体

寝足りない!!と駄々をこねるので

しょうがないわねと

枕に頭を横たえて

楽しい眠りに身を打ち任せます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん