「個展」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 個展とは

2019-10-14

anond:20191012060522

どこだかの三下バンドライブで、自分たちアート表現だってんで、拉致されたなんとかさんの斬首映像をそのまま流したってことがあってな。ライブ嘔吐失神で阿鼻叫喚だったそうだよ。おまえの言うことは、それもアートから仕方ないと、そういうことだ。

だったらそれは素人アートじゃないと不快感を持って排斥して当然だし、同じ理由不自由展を排斥するのは自然

しろ表現者排斥視野に入れてリスクを背負って発表する確信犯なんだから保護を求めるなどもってのほかで、プライドがないんだなだったら最初からやるなよと冷笑するしかない。

怒られるのわかってやってんだから、いちいち屁理屈こねてないで、一人個展でやってろってこった。

個展でやることは排斥されない、それこそが表現の自由だ。

2019-09-18

ホームレスIT人権

ブログを持っていないのと匿名で書けると教えてもらいここに書いています

先日、下のブログを見つけた。

https://note.mu/hayato_dandy/n/n460a9139226

他にも似たような記事があるようでしたが、現在は削除されているようです。

このブログにはホームレスとの交流を書き綴っていますが、毎日何かモヤモヤするので考えていたら何となく疑問が見つかった。

そもそもこのブログ記載されているホームレスへの掲載許可は得ているのだろうか?

自分親族ホームレスになり、こうやってインターネット上に言葉は悪いが晒される事は誰の幸せになるのだろう?。

とりあえず法務局人権窓口に確認を行うと、

掲載された本人が被害を訴えない限り何も出来ない。」

と回答をいただきました。

何も間違ってない。それが仕組みなのでそこに文句は全くない。

ただ、ホームレスのみなさんがPCスマホ使用現在インターネットをご存知あれば問題ないですが、PCスマホをお持ちの方はたぶん少数ではないかと思います

googleホームレススマホ普及率を検索したけど見つかりませんでした。)

その中でブログ掲載されると言われても理解出来る方も同様に少数ではないでしょうか。

他にもこの人のブログを読みましたが、自己顕示欲承認要求の塊で読んでて気分が悪くなりました。

自分個展集客するために、多くの人がお亡くなりになった京アニさんの事件を利用し、個展利益を出たら寄付をする。とも書いてあった。

僕は京アニ関係者でもないので、被害者の気持ちを直接聞いた訳でもないので憶測ですが、こうやって事件を利用するスタンスを見てうれしいのだろうか?自分被害者の立場なら正直気分が悪い。

もちろんやらないよりもやる偽善の方が良いに決まってるけど、とても不愉快です利益が出ない場合寄付しないのであれば、単純に客引きとして事件を利用しているスタンス人間として最低の立ち振る舞いではないでしょうか。社会事件自分の何か利益に結びつける行為は許せないです。公人の様に振る舞い、立場をただただ利用しているだけにしか見えないし、寄付するのであれば表だってやる必要は全くない。

最後に、本人はSNSなどで「目標はやさしい世界を作ること」と唄っていますが、決めつける形は失礼ですが、ブログSNS理解が不足している方を自分欲求で、あえて悪意のある言い方をすればホームレス晒し者にする行為は本当に優しい世界なのか問いたい。

2019-08-18

お前の姉ちゃん新宿眼科画廊個展しそうな絵を描いてるよな

2019-08-06

芸術のことはよくわからんのだが

公的美術展ってそんなにありがたいもんなの?

自分の力だけで「個展ひらきました~」ってほうがすごいなーって思ったりするんだが。

2019-08-05

anond:20190805100134

スマホの待ち受けくらい勝手しろ

電車内で音量出しっぱなしにしてAV見たりとか

グロ画像リュックとか持ってなきゃ良いんじゃね。

ただ、もともとのヤツは「公共の場エログロオープンにし続ける」ことが問題から

エログロ個展」とかが存在するなら、行った奴が悪いわ。

一般的書店メインコーナーに急にエログロ設置しました!カーテンもありません!」とかだったら規制されて当然。

2019-08-04

anond:20190804080124

俺も、ほんとどうでもいい。

ただのちっさい個展に難癖つけるエネルギーが皆さんよくあるなと思う。

ホッテントリがそれ関連で埋まってつまらん。

2019-08-03

このブクマ意味を教えて欲しい

sekiryo 税金使って少女像天皇焼き展示してホルホルしてた冷笑左翼フェイクをぶつけられクソ同士で大炎上については因果応報だなとしか。そんなん個展でやれなのは変わらん。ハイヒール無ければ良し。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4672423244422683970/comment/sekiryo



この人が何を言ってるのかさっぱり分からん

だれか解読して欲しい

2019-06-18

anond:20190618160627

いやいやだって俺も独身の時はなんどか風俗のおねーちゃんケータイ番号教えてもらって、プライベートデートしたもん

現役JDだった子とは文化祭みにいったり、個展開きたいかお金貯めてる子だったかカンパしてあげて銀座個展見にいったりしたもん

初めての彼女なんて、たまたま別の男へのあてつけのために、自分を傷つけたいから君と付き合いたいって言われて、何言ってんだこいつ?と思いつつ付き合っちゃったんだぜ?(それで俺のブサメンどがわかるだろう)

必要なのは「人との出会い」だよ、それがどんなきっかけであれな。金で出会たからでしょぼくれてるのは道徳心ありすぎだよ

広い意味で捉えれば、婚活サイトお金払って結婚してるやつだってお金相手買ってんじゃん、そうだろ?

2019-03-29

田舎で育ったことの一番嫌なところ

文化から遠いところ。

これに尽きる。


大学に入るまでは東北地方のド田舎に住んでた。周りに田んぼか畑しかないし、列車ディーゼル汽車終電は夜の8時に終わる。

大きな街に出るには車で一時間近く走らなければイオンユニクロもない。

そんな街に18年間住んできたことによる弊害は「文化に触れる機会がなかったので、能動的に文化に触れることがない」ということ。

実家の街には映画館も、文化センター的な建物も、美術館書店レンタルビデオ店もない。

知識インプットするということに大事子供時代を虚無のような生活をしたせいかどうかもわからないけど、20を越しても映画を見たり、絵画を愛でることに全く興味がない。

結婚を考えている恋人がいるけど、どこか旅行に行ったり、お気に入り画家個展に行ったり、Amazonプライムで何回も何回もシンゴジを見ていたりする。

僕はそれを恋人と一緒に見たり行ったりするのが嫌というわけではないけれど、「前にもこれ見たじゃん」とか、「Amazonで買うので良くない?」みたいなことを言いかけてしまう。

これも文化の違いなのかなと思ったりもする。

恋人はそれなりに都会の街から同じ大学に来ている人だけど、文化の違いをまざまざと思い知らされた気がする。

たまたまそういう子と付き合っているだけかと思ったけれど、大学に入って付き合った3人の人の全てにそれが当てはまった。 (都会で育った&文化が合わない)

都内に住んでいるけど、外を歩くという行為だけでも目に入ってくる情報量全然違う、

昨日までなかったもの街角にいきなり出現してみたり、思いがけない細い道を見つけたり。

田舎じゃ一面クソ緑、歩いてもそこらへんにいるのは生きているか死んでるかわからないようなジジババ。

実家本家なので、実家にいる人間は外の世界を知らない。

父親長男で、高校卒業してからはずっと自分の町で働いているし、母親は隣町から嫁いできた。

祖父母は50年以上営農してるし、実家の町で出会って、実家の町で生きてきた。

文化から遠い18年間は、もしかしたら一生取り返しのつかないことを植え付けられた18年なのかもなぁと思っている。

2019-03-09

大野智アンリ

歴長いが永遠新規気持ち大野担。大野アンリーがひどいというか、いやずっと前からひどいんだけど、休止会見の後もやっぱり全然響いていなくて笑ってる。

長くなったので大事な事を先に書く。

大野アンリーへ。

大野がしゃべってくれたことすらそのまま受け取らないのやめて

/会見での大野の表情見た?声聴いた?同じ映像を見た感想なのかと疑うしかない。

・他メンバーファン限界から鍵つきアカでしゃべって

/大野担の私ですらおこ。嵐の中にいる大野は好きになれないなら絡んでこなくていいし、あと正直、今回大野きっかけで他4メンバーの嵐の活動見られなくなるの事実だし、あなたにとっての大野智と置き換えて考えられないならとにかく鍵つけてくれ。

要望大野智本人にのみ送ったほうがいいよ

/大野本人がGOサインさな個人仕事は実現しないと思うので大野智本人にツイートまんまの原文送ってね。

堂本剛渋谷すばるを引き合いにツイートするな

/これマジで堂々第一位。やめて。この方々が個人仕事を実現・成熟させるために「自らが発信・行動する」ことをどれだけ怠らずにやってきたか分かってる?「ソロでの歌をもっとやりたい」と発していない大野を並べて「叶う人と叶わない人の違いはなにー」とかどこの火に油注いでいるんだそこはよく燃えるぞほんとにやめろ。

ファンが熱烈アピールすれば叶うようなものじゃないから。本人がやりたい事を本人が言葉にし続けて行動し続けて、ときには事務所に反対されたり大きなところに出るまでは地道に、それこそ「最近何やってんだ」と世間からは言われるぐらいな規模からやっての今だから。そして渋谷は休止を断って大野は休止を受け入れた。現実見よう。




ここからグチ。

さんざん個人仕事の少なさを「干された」「隠されている」「印象操作」「仕事奪わないで」と言っておいて大野本人が喋っている事すらそのままでは受け取らない粘質アンリー。

私、大野ソロ短くすんなよダンス歌へたくそなくせに、と暴言まき散らしていたアンリー忘れられない。そのあと有名な放送局でめちゃくちゃいい特番組んでもらって、大野あんな表情で「ソロを長くしてと言われたけど断った、そのことで空気ちょっと悪くなったぽかったけどどうしてもごめんといえなかった」としゃべったのに、アンリーは大人しくなるどころかラブソーがそういう扱いなのおかしいよね抗議しようとか運動初めててマジで笑った。その時私は嵐ファンやめよー、と思った。大野担降りよ、と思った。

なんでもっとはっきり言ってくれないんだろう、って大野を責めてしま気持ちになったから。

違うんだよね。アンリーのせいで、私の大野フィルター越しに見えちゃうのが悔しい。

ただただ、大野言葉すらそのまんまでは受け取らないアンリーのせいなのにね。

大野は大好きなのに勝手にしんどくなった私が悪い。この言葉だってアンリーにやっと分かってもらえる!って喜んだ私がバカなんだよ。

大野アンリーに新規がちらほらいるの、あれ理由があってさ。

ハマりたてって、本当に心の底から「なんで大野あんなに才能あるのに嵐で目立たないポジションにいるの?」って、わりと純粋に思っちゃうんだよな。

私もファンになりたての頃はアンリー予備軍だった。

まぁ、大野インタビューとか他4人の素敵な姿とか見ているとすぐふっとんでいったけど。

目が覚めたなーって思った明確なやつは、松本大野でクロストークしていた雑誌大野松本含めた4人のダンスについてしゃべっているのを読んで、ほんとこの人特殊、って思った。

自分の才能のものさしバカじゃん、って。

そんな大野メンバーになった4人がうらやましかったけど、もうそういう考えも大野を前にすると消えていった。自分振付けた曲のリハ映像延々見て酒のんでる、って言ってたときもそれ思い出してたよ。変わんないよね。

その時アンリーが何て言ってたか知ってる?「大野智の振付けはソロだけでやってほしい、もったいないダンス技術力がないから他が」とか言ってんだよ。

やばいよね。大野本人に言ってみなよ。

私が思うことなんだけど、大野の鍵は大野しか握っていないんだよ。実質、やる気を出すも出さないも大野次第なの。

仕事には本気で取り組んでいるんだろうね。でも、来たものすべて自分しかできないやり方で120%を超えてみせます、ではない。

求められるものに柔軟に答えていくのは「求められるもの」へ自分を当てはめていくとき技術面での地力ハンパないということであって、

自らが「こうしたい、こうありたい、こういうことを突き進めていきたい」という欲求とは違うわけじゃん。

だって大野が自らソロもっとやりたいとか、ソロアルバム出したいとかカバーもしてみたいとか、ソロコンサートもしてみたい、嵐とは違った面を魅せる活動もしていきたいとか言ってたら、叶えてほしいなって思って要望とか頑張ったと思う。

それ、言ったことある?明確に。大野智本人の口から。「歌とダンスを生かしたソロ活動希望」を。ごめん私が最近大野発言いかけていないから知らないだけ?アンリーがよくやる「この言葉は実はこういう意図じゃないのか」というのはなしで。

明確に、言ったことある

たとえばそうだね、櫻井が「自分がやりたくて事務所企画書を出した」報道お仕事のように。大野個展はそうだったよね。

相葉スポーツ関係お仕事だって、明確に言葉にし続けて甲子園仕事が決まったって本人が話してくれてたね。

今回の件でもソロ希望しまくっている人達大野本人に要望出しなよ。

「本人が望む望まないに限らずあの才能があるなら出すべき」の言葉はよく分かるけど最終的に大野のほうなんとかしないといけないよきっと。分かるじゃん、松潤が言ってもソロの長さ変えなかった、ちゃん自分範囲自分で決める人だよ。

別の大野ソロ仕事望むだけならそれでいいのに、それがいつまでたっても叶えられないからかなんなのか、他メンバーは叶えられてるのに、て絡み始めるからアンリーなんだよ。

当たり前じゃん、他メンは本人自ら声に出して希望出してきた仕事だよ。引き合いに出してくるなよ逆だよ失礼すぎるよ。他メンバーファンはめちゃくちゃ悔しいだろうよ。

正直言って甘えんなよ。

大野智という人の才能だけ盾にしてなんでもんかんでもさぁ。甘えてんじゃねーよ。

ラジオが終わっても番組が終わってもコーナーが少なくなっても他メンばっかり引き合いに出して。個人仕事しか望まないファン個人仕事が少ないばっかりに、ほんとめんどくさいアンリーばっかりいる大野。褒めたタレントは持ち上げまくってお礼をいって、ひとたび少しでも落とされた!と感じたら怒涛の抗議と炎上しか大野の才能をきちんと引っ張り出してくるの、あっぱれ。

ほんとやばいね。どうなるんだろ大野大野アンリーは。

これでソロアルバムとか出したり休止後再開のとき個人活動が発表されたらまた水を得た魚になるんだろうな~。まぁいいんだけど、大野の印象が悪くなることを念頭に置いてしゃべってもらえれば。

ただただ大野を褒め称えていればいいだけなのに、被害妄想織り交ぜてほか4人をアンチ発言するからアンリーて言われるんだよ。他4人の努力一切なしみたいに「大野の方が上手」ばっかり言っててうんざりだよ。

嵐が嫌いなら嵐を見なきゃいい。ただそれだけ。大野だけ見ていてください。個人仕事少ないけど、それはほんと、本人にかけあってください。

大野も嵐も、戻ってくるかわからないけど。あの大野が辞めずに休止受けたことで、わりと希望は持てそうだけどどうなんだ。

2019-02-28

会田誠事件へのはてブ民のコメントが酷すぎる

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00009302-bengocom-soci

京都造形芸術大の公開講座精神的苦痛を受けたとして訴訟を起こした件へのブックマークコメントだが、

勉強不足」

シラバス読め」

当たり屋

など原告女性を批難するコメントばかり。

なんだこれ。地獄かよ。

そもそもこれ、大学の正課の授業ではなく、「公開講座」だぞ?

こういうコメントつけている奴らは、公開講座が何なのか分かってんのか?

公開講座は、あらゆる人の生涯学習を支えるために行われる大学社会貢献事業であり、

正課の授業とは全く性質が異なるんだよ。

専門分野に属した学生カリキュラムに従って体系的に学ぶものではなく、

お金さえ払えばド素人が単発で受けに来れるものであり、

本当に興味本位でフラッと申込して良い前提のものなんだよ。

実際に公開講座に行ったことがある人ならわかると思うが、

本当に60-70代のおじちゃんおばあちゃんばっかりだったりして、

逆に中学高校生も参加可能な講座もあったりして、

講座によって参加者層は極めて多様なわけだよ。

から、講座内容や講師がこれだからといって、

特定の年齢層や特定分野の前提知識を有する層を対象とすることは、

公開講座場合は全くあり得ないんだよ。

今回はあくま原告が偶然この分野を専門とする人だったというだけで、

公開講座趣旨を鑑みれば、年齢や学歴わず「学ぶ自由」を保障するための仕組みなんだから

勉強してこい』というコメントは全くの的外れなわけだ。

参加者層を限定していない以上、主催側たる大学が、きちんと事前に条件や詳細な内容を説明して

参加者募集をする責務がある。

そもそもシラバス読め」と言っている皆さんは、自分シラバス読んだんですか?

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/stgg/coursedtls/courseDetail/G1811318

 第3回:ヌードあれこれ話

ヌード、あるいは女性像を画題にした自作を中心に話します。たぶん芸術対立概念になりがちなポルノの話や、第二次性徴期の話、フェミニズムの話なども避けては通れないでしょうね。

会田誠×鈴木芳雄)

担当講師鈴木 芳雄 、 会田 誠 〕

会田 誠 (美術家

1965年新潟県まれ1991年東京藝術大学大学美術館研究科修了。絵画写真、立体、パフォーマンスインスタレーション小説漫画など表現領域国内外多岐に渡る。近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館東京、2012-13年)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、ナントフランス、14年)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、鹿児島、14年)など。


この文章で、残忍で強烈な画像を見せつけられそうな雰囲気が、どこから汲み取れる???

本当に何も知らない人が読んだら、普通アーティストさんにしか見えない文章じゃんか。

これ読んだところで内容の想定は不可能だと思うし、公開講座の受講者がシラバス以上に深い知識

事前に自分で調べないと応募してはならない、なんて義務はどこにもないですよ。

ちなみに、シラバスを見ればわかる通り、受講条件も何も書いていない。

他の科目を見てみると、何らかの条件がある場合は「備考」に書いてあるケースも

あるので、決して書く欄が無かったわけではないことは明白である

(例)"なお、認定の条件は、18歳以上で、"

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/stgg/coursedtls/courseDetail/G1823304

さらに付け加えると、↓の上部に掲載されている受講規約を見れば、

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/stgg/matter/matter/

受講資格は、満 15歳以上の藝術学舎で学びたいという意志をもち、本受講

規約を遵守することに同意される方とします。学歴等の制約や選抜試験はあ

りません。

と書いてあり、シラバスで特段の条件指定が無ければ、15歳の中学生が受講する可能だってあるわけで、

そのような前提の講座にも関わらず、事前説明なく記事のような内容の授業が行われたとすれば、

大学側の配慮不足であったことは明らかでしょうよ。

何より、この原告女性は、会田誠芸術表現自体は否定してないじゃんか。

会田誠のような芸術表現が世の中に存在することは理解するとしたうえでも、

それを大学公開講座という学問プラットフォームにのせるのであれば、

その主催者が相応に運営上の配慮や工夫はしてよ、というお話でしょ?

そんなの当然じゃんか。それをやらないなら、大学は何のために存在してるんだ?

その道の経験者や実務家に好き勝手話をさせるだけなら、

大学という枠組みの上でやる必要なんて全く無いわけで。

学問のコーディネータとしての責務を果たせていたかを問われているわけでしょ?

にも関わらず、「会田誠くらい知ってて当然。知らなかったほうが悪い」という論調ブコメばかり。

さすが、はてブ民の皆様は上級国民が多いだけあって、さぞ教養が高いわけですね。

普段はあれほど「弱者の味方」みたいな顔をしているくせに、

こういうときはこぞって被害者側を攻撃する。

まさにセカンドレイプのものじゃねーか。

本当に酷い集団だよ、はてブは。

2019-01-31

anond:20190130150059

メディアが発達し、たいていの美術品はその写真ネット簡単に見つかる。

ぶっちゃけ写真で見たことあるもの現物美術館で見たところで、たいして感動するわけもないのだ。

そういう時代に観るべき美術品というのは、まだ写真が出回っていないもの、すなわち、新作である

現在活動中の芸術家デザイナーに的を絞って、彼らの新作がみられる展示会、個展に行こう。

仏師山本陽子とか、機会があったら見に行ってみるといいと思うゾ。

2018-12-22

5年近く追っかけている作家最近知名度を上げている。

大型タイトルにもメインスタッフとして参加するくらいで今ではサイン会も大賑わい。

サイン会の席が余り作家本人と常連ファンで笑い合いながら飲み会をしていたあの日々が懐かしい。

有名になってしまって寂しいという気持ちはこういうのを指すんだろう。ありふれた話だ。

作家の新作は面白くて斬新だけど、どこか過去作の焼き直しが見受けられる。

それを作家の持ち味だと言ってしまえばそうなのかもしれない。

過去作が尽く打ち切り歯がゆい終わり方だったことを考えると、売れなかった頃の方が面白かったなんてとても言えない。

言えないんだけど、遠巻きに作家自身過去作品否定を感じ取ったことがあって、あのときはただ苦しかった。

それでも僕は遠方の個展には行くし今後も作品やグッズを買うのだろう。

作家さんはとてもいい人だから僕が挨拶をすればまた一緒に飲みに行ってくれるに違いない。

かつて一緒に飲み会をしたファン達は互いにトラブルで縁を切ったり離れていったものの、今でも遠巻きにファンのままでいる。

形は違うけれど気持ちは昔のままだ。だからこそ形の違う今が苦しくなる。

見切りをつけるにはあまりにもハマりすぎてしまった。

2018-11-15

anond:20181115150044

個展とかは別にいいだろ。

だって興味あるやつしか来ねぇもん。中に入らなきゃ内容分からないし

「興味持ってくださいね!」というアッピールなんて一切ない。

anond:20181115145807

でも公共の場個展とかやってるやん

市民会館とか駅付属施設とかで

それと何が違うねんって思うわ

2018-10-29

ラッパー自称画家落書きみたいな絵で個展開いて同類自称プロブロガー達がいっぱい集まって大成功とか言ってて超怖い

現場でどんな会話してるんだろう・・本気でスゴイ芸術!とか思ってんのかな

2018-10-24

物置とかの整理をしていると自分だけしかからない文脈で盛り上がる。

今だとiphone4が充電器と一緒に眠っていて充電したら復活してたまたまiTunesでかかっていた「ビューティフル・ストーリー」。

いい曲だなと歌詞でググったら中田ヤスタカさん提供!!のアニメedだった。

アニメ本編は全く覚えていないけど、okamaってイラストレーターは覚えている。

衣装がとても綺麗な漫画を書いていた人だった。

調べたら今年個展開いてんじゃんしかも終わってんじゃん。

タイミングがーうがー

2018-10-19

横山由季子「ブロックバスター展は善か、悪か」を批判する

 美術手帖で連載中の「シリーズ:これから美術館を考える」の第6回、横山由季子(金沢21世紀美術館学芸員)による「シリーズ:これからの美術館を考える(6) ブロックバスター展は善か、悪か|MAGAZINE | 美術手帖」。一読して何が言いたいのか理解し難かったが、それもそのはず、書いている本人が考えがまとまらないと言っているのだった。

まとまらない考え、逡巡をそのまま書いてしまいましたが、現状を共有することで、今後の共催展、ブロックバスター展について考えるきっかけになれば幸いです。

https://twitter.com/blanche1002/status/1051094298815430659

 「考えまとめてから話せ、バカ」で済む話ではあるけど、一部好意的に受け止められている様子もあり、少しこだわってみたい。

 まず、かなり気に食わないことの一つに、ブロックバスター展について「善か、悪か」と問うている点がある。「善悪」というのは倫理道徳的価値判断であり、展覧会評価をするにあたってはなじまない言葉である。「是非」でよかったはずだ。にもかかわらず、横山は敢えて「善悪」という強い言葉を用いた。その理由は推測することも可能だが、不要から止めておく。ただ、私自身は「善か、悪か」という問いに答える気にはならないし、また応じて「ブロックバスター展は悪だ」と言っている人がいたら異様だと思う。些末な問題ではある。しかし、筆者の立ち位置や考え方が無意識に出ているように見受けられる所、注意を要する点である

 次。筆者はタイトルで「ブロックバスター展は」と議論対象提示する。そして文中で「ブロックバスター展」の定義を明確に行う。ここまではまったく素晴らしい。だが、なぜか横山は文中でブロックバスター展以外についても語り出してしまう。こんなわずか短い文章にもかかわらず、その対象を固定することすらできない。大丈夫なのか、この人?

 実際に対象になっているのはブロックバスター展と共催展である。前者も後者の一部だが、このうち60~70万人ほどを動員したものを指すと定義している。もちろんそれ以上動員した場合も含まれるのだろう。また、共催展以外でこの規模の動員は不可能と考えられる。すなわち、60万人以上の動員を記録した展覧会ブロックバスター展だと言っていい。明確だ。

共催展のなかでも、とりわけ規模が大きく大量動員が見込まれものは「ブロックバスター展」と呼ばれる。ブロックバスター展の基準について100万人以上の動員としている記述もあるが、近年ではさすがにそこまでの来場者を集めた例はないので、ここでは60〜70万人規模の展覧会ととらえることにしたい。広報会議メディア担当者と話していても、60万人あたりがひとつ分水嶺になっているような感覚がある。

 共催展一般共通するものであるならば、わざわざ分ける必要はない。だが、60万を越える規模になると、単に量の違いではなく、質の差が出るようだ。「60万人あたりがひとつ分水嶺になっているような感覚」というのはそういうことだろう。ならば、「ブロックバスター展」と呼び分けることに意味が出るわけだ。

 しかし、結局筆者が俎上に乗せるのは共催展一般であって、ブロックバスター特有問題についての指摘はわずしかない。筆者は読者にブロックバスター展のみに絞って考えて欲しいのか、それを含めた共催展一般について考えて欲しいのか不明である。というよりも、筆者自身の中で、その程度のことすら整理できていないのではないかと思われる。

 そんな筆者横山が共催展やブロックバスター展の「現状」についてどのように認識しているか批判的に捉えているか文章引用しつつ細かく見ていこう。

ブロックバスター展はその華やかな話題性によって、普段美術館に足を運ばないような人が展覧会を訪れるきっかけをつくり、美術裾野を広げているという側面もある。そのいっぽうで、やはり集客のために打ち出される広報の数々は「イベント」としての側面を強調するものであり、一過性の消費で終わってしまうのではないかという危惧がつきまとう。

 一過性の消費の何が悪いのかさっぱり分からん人生は短い割に、世界はあまりにも豊かだ。誰しもが、美術とがっぷり四つに組んでいる暇があるわけではない。すべてのことに入れ込むことはできないわけだ。学芸員成るほど美術真剣に取り組んでる横山も、例えば音楽とか、芝居とか、映画とか、ほかのジャンルに関しては一過性の消費で済ませていたりするわけでしょ? 美術に対してそういう態度をとる人たちを批判する権利なんかないわな。

そして現場学芸員は、採算性と学術性を両立させるという大きな矛盾に直面することになる。

 ブロックバスター展やそれに準ずる共催展に足を運ぶ人の多くは、作品を見に来ているのね。有名作に心踊り、傑作に胸を打たれに来てる。学術性とか、正直無くても構わないとすら思っている。

最近ではメディア側も展覧会事業にこれまでになく採算性を求める傾向にあり、10万人を動員する小規模の企画を年に何本も実施するよりも、大量動員が見込めるブロックバスター展を1本開いたほうが、労力的にも資金的にも報われるという事情もあるだろう。

 共催展の数を減らして、ブロックバスター展に集約していると読めるけど、事実なのか?

あくまでも組織としては採算性が優先されることになる

 当たり前なのでは。

ここで、そこまでの費用をかけてまで、海外作品を借りてくる必要があるのかという問いが生じるだろう。国内美術館にも豊かなコレクションがあり、それだけでも十分に展覧会は成り立つ。実際に、近年では国内の所蔵品を中心に見ごたえのある展覧会が多く企画されている。

 ブロックバスター展や美術館展など、学術性の低い展覧会批判する人って、だいたい欧米によく行っていて、そこで十分に作品を見ている人なんだよね。だから、そういった展覧会が名作や有名作を持ってきているということ自体意味を見いだせないわけだ。でも例えば、今後10年間、海外所蔵の作品を見ることを一切禁じるって言われたら、我慢できるの? できないでしょ。できないなら「国内美術館にも豊かなコレクションがあり」とか言って欲しくないよね。子供仕事で忙しい人、貧乏人、障害者、老人。誰しもが気軽に海外に行けるわけではない。そういうところにブロックバスター展の意味の一つがあると思うんだよな。弱者に優しいという点を鑑みれば、筆者の問いかけに「ブロックバスター展は善である」と答えることも可能かもしれない。

共催展の広報において差し迫った課題は、いかにして若者展覧会に足を運んでもらうかということである。とりわけブロックバスター展を支えているのは、バブル期以降の大型展に足を運んできた50代以上の世代であり、メディア側も確実な集客を見込んで、この年齢層に的を絞った広報戦略を立てることが多い。しかしながら、このような目先の集客ばかりを求める広報が続くようであれば、美術館展覧会未来はそう長くはないであろう。

 若者じゃないから分からないけど、どっちかというとやはりブロックバスター展の方が若者リーチしていて、それより規模の小さい共催展に問題がある気がするけどなあ。今なら例えばフェルメール展とルーベンス展。

近代美術の延長線上に現代美術位置づけ、両者を結びつける作業は、やはり美術館が担うべきものである。そして、村上隆草間彌生などの知名度と人気を誇るごく一部の作家を除いて、メディア現代美術展に出資することは考えにくい。美術館が主導して近代美術現代美術をつなぐ展覧会企画したり、現代美術一般へと浸透させる持続的なプログラムを行うための体制づくりや予算が求められる。

 これはブロックバスター展や共催展の問題じゃないよね。美術館学芸員が怠けていたからこういう状況になったんじゃないの? 「国内美術館にも豊かなコレクションがあり、それだけでも十分に展覧会は成り立つ」んでしょ。美術館主催粛々とやってればいいのでは。

数十万人の来場者を想定したブロックバスター展の場合、あまり大胆な切り口を提示することは難しく、個展であれば年代主題ごとに画業をたどるようなオーソドックス構成となりがちだ。先行研究調査をふまえた新たな視点を、カタログ論文作品解説のなかで示すことはできても、展覧会構成全体に反映するにはいくつものハードルがある。とりわけオルセー美術館ルーヴル美術館からまとめて作品を借りる場合は、これらの美術館学芸員が監修を務めることが多く、そのことによって企画自由度が低くなるという側面もあるだろう。

 そういう学術性は不要なんだって。単にいい作品を持ってくればいいの。学術性を発揮したいのであれば美術館主催の展示でやればいい。それでは自分能力が十分に生かされないと感じるなら本場の美術館就職してください。あと、日本学芸員よりオルセーやルーヴルの学芸員の方が信用できるから、その場合は口出さなくていいよ。

オルセー美術館には各所蔵作家の膨大な資料が集められており(ルノワールだけでざっと50箱以上はあり、フランス語だけでなく、英語イタリア語ドイツ語スペイン語、そして日本語や中国語韓国語資料網羅されている)、それを日々リアルタイム更新していくドキュメンタリストたちがいる。学芸員は彼らの協力を得て調査研究に勤しみ、その成果が展覧会に反映される。この蓄積こそが、オルセー美術館の、さらには今日における世界的なフランス近代美術の人気の礎なのである。これは一朝一夕に実現されるものではなく、長期的な視点に基づいた、たゆまぬ歴史化の作業の賜物といえよう。

 日本フランス絵画についてオルセーと張り合う必要なんかないよ。自国美術研究環境が貧弱なこと(いろいろ話を聞くに相応の事実だろう)については悲しむべきことだけど、西洋美術基本的に横のものを縦にしてればいい。もちろん立派な研究をなしとげれば敬意を表するが、俺達のブロックバスター展を研究発表の場として利用してくれるな。

 私はブロックバスター展やそれに準ずる規模の共催展を楽しんでいるのだ。それを学芸員風情の浅薄な考えや安っぽい使命感によってぶち壊さないで欲しい。日本に居ながらにして傑作や有名作を鑑賞することができる。これだけでブロックバスター展は素晴らしいものなんだ。ということを学芸員玄人気取りに理解してもらいたいのだが、なかなか難しいのかもしれない。

2018-10-11

知り合いの女性芸術家

子供を二人産んでから積極的個展を開いたりしてるんだけど、義父がその業界の重鎮で金の不自由はなく、その息子は才能イマイチだけどイケメンでめちゃくちゃ優しくて、女性芸術家の才能に惚れて結婚して家事育児全面的サポートしてるから出来てる。

それでも死ぬほど大変そう。

2018-10-01

‪「個展をやりたかったんで有料イベント勝手他人作品を使ったらバレました」という事実をよくもまあここまでそれなりに書けたモンだな ‬

https://note.mu/ketoka3/n/n6c8003db6ec0

2018-08-23

「「ことばのこてん」というアトラクション」出典表示なし、使用未許諾問題反応まとめ

https://togetter.com/li/1258779

要は意識高い大学生が作者に無許可他人作品使用した個展自称:ことばのアトラクション)において来場客から金を取っていたことがわかり、短歌等の創作クラスタを中心に炎上

スラム街行きたい大学生炎上したのが記憶に新しいCAMPFIREクラウドファンディングをし、成立して20万ゲットするっぽいけどどうすんのか。

CAMPFIREFIREが違う意味になってきてないか。「安心愛情たっぷりクラウドファンディングを」とあるが、掲載前のその辺のチェックに安心愛情たっぷり頼みたい。

コンセプトや人となりの役満レベル嫌悪感に耐えつつ見ていたら、ブログイベントサイトは無言で全投稿削除されたよう。

他にも盗用された作品はおそらく大量にあったと予想されるがその資料がなくなってしまったのは痛手。

昔のインターネットにも今のインターネットにもそれぞれの地獄があるわけで、自分もずいぶん昔はメル画サイトで配布してたんで著作権に関して潔白な立場ではない。

著作権問題槍玉に挙がるかどうかって割と「好ましいかどうか」「怒られずにやるかどうか」の問題で、誰かしら著作権について後ろめたい記憶はあるのではと思いつつ。

このイベント運営やそれを応援した人間たちが(いまのところ)割と真っ当で誠実な創作クラスタの怒りの指摘を受けて

ネットの心無い誹謗中傷から立ち直ろうとする俺たち…」

みたいに言い出したり、就活の道具に持出さんことを自分は心から願っている。

今までの教育機関を経てここまで著作権無自覚人間が完成するなら日本教育は大失敗だが、思い起こすと常識範囲内でなんとなくやり過ごしてきただけで著作権のことを学んだ記憶自分にもない。近くで著作権教室とかあるなら月謝払ってでも学びたい。

この頃、自分もそれなりに学生時代追い求めていた「いましかできないこと」や「自分しかできないこと」は、時間死ぬほど使って真面目に勉強することだったのかって卒業してから痛感しててすげえ辛い。自戒

2018-07-09

アート大阪行ってきたよ

コンテンポラリーばっかやね

しか個展グループ展の売れ残りばっか

当然マトモに掃けてねえ

売れる作家はごく一部

一体なんのためのイベントだったんだろ…

あんなんでやる価値ってある?

いや事前に「大阪は売れ行きがすごく悪い」

そもそも絵を買う文化がない」

イベント数はそこそこあっても東京に慣れてると質的格差愕然とする」

とか色々聞いてはいたんだ

聞いてはいたけど実際体感するとひでえもんだわ

2018-04-21

anond:20180420152525

ファイン世界で絵が売れるか否か、個展が開けるか否かにフォトショがどーたら(というかPC含めた画材道具全般の云々は)一切関係ねぇよ

油絵日本画ボンボンクズねー

それ藝大で言ってみな??

あ、私立の話ですかい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん