「獣人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 獣人とは

2021-04-11

anond:20210408222951

言われてみれば、なんでデブケモホモショタクラスタは併発性が高いんだろう?

ケモだけなら多種多様だけど残りのうち2つめが出た瞬間に全部そろう。

おすもうさんみたいな体型のふんどし姿の獣人男児(例えば、しまじろうのお父さんみたいな体型に成長しつつあるしまじろう)が何名も登場する。

実際のおすもうを観戦するところから始めてみては?

2021-04-08

性癖矯正したい

ケモナーショタコンデブ専ガチムチホモ所謂ゲイ向け)を併発している。何となく、どれか1つが好きな人は芋づる式に他の性癖も持ってるイメージがあるんだけど、何でだろう。自分がそうだから主語デカいだけかもしれない。ちなみに自分場合ロリコンではないし、ズーフィリアでもない。等身は比較的高めの方が好き。ショタコンは昔はそうでもなかったんだけど、なんか最近強まってきた。マズい気がする。メスケモにはあんまり興味無い。でも最近ツイッターで見たプッシーキャット先生は良かった。ポケモンにもあまり興味無い。なんとなく違う分野な気がする。雰囲気しか捉えてないから同じ分野かも。あとなんとなくケモナー及び下記芋づる式性癖持ちって男性の方が多い気がする。

性癖はなんかもうそういうもんだし、病気とはまた違うし、しょうがないって思ってるけど、なおしたいな〜って思うことが正直ある。いや別に誰に迷惑かけてる訳じゃないか別に良いのかもしれないけど(他人迷惑掛けたり、犯罪に手を染めるのは論外)。性癖フォロワー含めて誰にも全部を晒したことは無い。いやそれっぽいことは多分言ってしまってるから察されてる気はするけど。デブ専はまだ言えてないと思う。何となく自分から明言するのに抵抗がある。ニッチ趣味(笑)って小馬鹿にされる可能性があるのが嫌なのかもしれない。

そっちの性癖アカウント作って似た趣味の人と話すのが1番良いのかな〜って思うけど、自分性癖に引け目感じてる内は互いにとって良い結果にならなさそうだから今はやめておこ〜!いつか自分性癖と折り合いが付けられると良いな。犯罪には手を染めない。

やや後ろめたい気持ちがあるのは本当だけど、それはそうとして好きな物は好き。人ケモノわず肉付きが良い方が好き。あと色々思い出しててイヌ科というかオオカミ系がメチャクチャ好きなんやな〜って改めて思った。良いキャラが居たら知りたい。別にケモノじゃなくても、ショタとかデブとかガタイ良いオッサンでも良い。あとCV.大塚明夫問答無用で好きになってしまう。

ショタショタっていう大きな枠組みの中でも趣味が分かれると思うけど、小生意気キャラコロコロコミックに出演出来そうな元気な子が好き。可愛いからショタと言うには育ちすぎてるけど、ヒプノシスマイク山田三男は正直本当にメチャクチャ可愛い。今期のスケボーアニメにもなんか似た可愛い子いなかったっけ?デ……ニー映画に出てくるキャラ最近凄い好き。ヒロとかミゲルとかマウイとか。

・BNA

最近アニメだとBNAは良かった。大神士郎系統デザイン王道にして頂点。やっぱり狼はかっこいいね〜ってことで獣人形態はもちろん、人間形態デザインも良い。真っ当にかっこいいのにそこはかとなく可愛さすら感じる。

デカダンス

カブラギが格好良すぎるしナツメメチャクチャ可愛いからオススメ自分は基本ケモノしか興味がなくてモンスター娘だったりロボは趣味範囲外だったんだけど、ロボの良さを知るキッカケには間違いなくなったと思う。

BEASTARS

BEASTARSは何故か自分琴線特別触れるキャラはいなかった。でもストーリーはすごい好きだったから読んでよかったな〜って思う。アニメより漫画の方が好きだった。1番かっこいいのはゴウヒン先生だと思う。

メイドインアビス

メイドインアビス純粋メチャクチャ面白い自分場合ロリコンではないので素直に漫画として楽しんでる。でもレグはやっぱ可愛いな〜って思うしワズキャンが中々クる。

・異種族レビュアー

タンクが凄い良い。あと一々列挙する訳にもいかないけどお店の女の子がみんな可愛すぎる。あんだけ色んなお店描いてたら絶対1人は好きな子見つかる。でも自分は何やかんメイドリーに落ち着く。

スマイルプリキュア

ウルフルンもよく名前挙げられるよね。プリキュア全然通ってこなかったんだけど初代(世代)とハートキャッチOPが好き)とスマプリ(キャラが良い)だけ少し知ってる。アカオーニもかなり好きな顔してる。欲を言えばウルフルンはもう少し肉付き良くてもいい。スタイリッシュ。でも全然詳しくないかスマプリちゃんと見るべきかもしれない。あと今期のプリキュアも気になる。プリキュアがみんな凄い可愛いキャラデザでいえば歴代で1番好きかも。

FGO

FGO、第2部1章大好き。パツシィ本当に良かった。遺影礼装も最高。キャラデザした人は天才馬鹿って分かっててストガチャ引き続けてるのに未だに限凸出来ない。1番好きなストーリー何?って聞かれたらずっと第2部1章って言い続けてるかもしれない。ミノタウロスとパツシィの2本柱で勝てる。東出先生憶測)と趣味が凄い合うのかもしれない。1部3章も新宿も好きだからです。新アヴェの絆礼装バレンタイン本当に良かった。大好き〜。アステリオスくんはモーション変更と共にもう少しマイルームで喋ってくれるようになると嬉しい。本当に可愛いからです。

逆転裁判

これは別にケモ要素は無い。逆転シリーズは魅力的なキャラが多すぎる。特に好きなのは「逆転のトノサマン」に出てくる大滝 九太少年段ボールに乗って証言台に立つ、三白眼が可愛すぎる子。とにかく喋り1つ1つと喜怒哀楽すべての表情が可愛すぎる。本当に有り得ないくら可愛い。好きなキャラは他にも沢山いる。我らがイトノコ刑事こと糸鋸 圭介。可愛さと格好良さを兼ね備えている奇跡存在基本的には可愛いんだけど決める時には決めてくれるから狡い。あのゴツさと男臭さが大好き。ミサイル(すごいかわいい犬)と一緒に並ぶとつぶらな目が4つあって混乱する。かわい〜。「蘇る逆転」に出てくる巌徒局長。こんな可愛いオッサンが居てたまるか〜い。あーーこえーーって思うけどでもやっぱ可愛い。「検事」だと狼士龍と弓彦が好き。後者はほぼショタ。昔はゴドー検事が好きだったんだけど、今は疚しい気持ち抜きで好きだ。純粋に格好良すぎる。

テイルズ・オブ・ザ・テンペスト

テイルズテンペストしかやった事ないです。小学生の時にやった、確か。大人になって酷評されてるの知ってちょっとショックだった。思い出補正と他のシリーズプレイしてないからかもしれない。そうねって感じだけど当然カイウスとフォレストが好き。カイウスは獣人体の時の方が好きだけど、フォレスト人間体のときもかっこよくて好き。DS死んだからほぼ記憶が失せてる。リメイク待ってます

ムーンナイトワンダーランド

児童書。この前ふと思い出して検索したけど4巻で止まってて辛かった。また読みたい。主人公ランがとにかく可愛いしかも返信した姿が銀毛の狼。ズルい。格好良すぎる。また読みたい。藤咲先生お願いします……(届かない願い)しかし本当に三つ子の魂百までって感じ。性癖が昔から変わらなさすぎる。

かいけつゾロリ

正味ゾロリ先生から始まった人はかなり多いと思う。だってメチャクチャ格好良い。自分自身、性癖の根源はしっかりとは覚えてないけど、ゾロリ先生可能性はかなり高いんじゃないかな。原作も夢いっぱいですごい楽しかったんだけどアニメ作画ガチで格好良すぎる。女児期はヒロインポジキャラクターに嫉妬すらしてた気がする。ガオンとかあと新アニメビートくんとかもいるけど、やっぱりゾロリ先生の格好良さは1人だけ突き抜けてると思う。アニメ2期楽しみ〜。

ポケモン

剣盾からマクワくん、ポケモンレンジャーバトナージからロウピンポイント過ぎてなんか恥ずかしくなってきた。

細田守作品

誰かヒロインノルマ大衆受けノルマ細田守から奪って欲しい。本当に細田守と男の趣味が合いすぎるから本当に細田守の好みの男しか出てこない映画が見たい。正直映画としての面白さでいうとここ最近は奮ってない印象が拭いきれないけど、男の趣味が合いすぎて全てを打ち消してくれる。未来のミライは駄目。バケモノの子の前半部分だけ永遠に流してたい。特に好きなキャラは、サマーウォーズからだと佳主馬、キングカズマ。昔は侘助おじさんも好きだった。今はどちらかというとラブマシーンの方が気になる。昔サマーウォーズ小説読んで佳主馬と女の子ちょっとスケベなシーンがあってドキドキしたのを覚えてる。あれ本当に児童書で良かった?詳しく覚えてないけど。おおかみこどもではホームラン級は居なかった。強いて言うなら、雨雪のお父さんと、隣だか裏の家だかの爺さん。あと雪の同級生の子も悪くない。思い出してみるとヒット級くらいなら居たわ。バケモノの子が強かった。熊徹と九太が本気で好みすぎる。この2人はストーリーも強かった。師弟家族になっていくまでの過程が良すぎる。類似語としてダレン・シャンの赤師弟が挙げられます自分は九太少年期の方が好きだけど、だからといって青年期が全てダメって訳ではなくて、九太が家を出ていくと言った時の熊徹の狼狽ぶりが本当に完璧で良かった。あの一点だけで成長した価値がある。不器用な男は良い。

細田守作品、思い出したように挟まれヒロインのシーンでつい笑ってしまう。興味無いのもう少し上手く隠せないのか?

借りぐらしのアリエッティ

アリエッティのパパとスピナーが良すぎる。アリエッティは曲も良い。スピナーは出番少ないのは否めないけど、顔は勿論藤原竜也氏の声優が好きだった。藤原竜也氏繋がりで行くとカイジを初めとした福本作品も概ね好き。

放サモは何となく最後の手段感あってまだ手を出せていない。正直本当に好きそうなキャラしかいないけど本当に引き返せなくなる気がする。

性癖なおしたいな〜とか言ってたけどなんか列挙してたら無理な気がしてきた。

この手の良いキャラが居たら教えて欲しいです。ついでにPSストアが死ぬのでやっといた方が良いvitaソフトがあったらそれも知りたい。

これから犯罪は犯しません。

2021-04-06

anond:20210406154303

俺は無神論者からそこの部分だけケチつけるね

この世に神がいないことはフィクションの中でも神を否定することにはならないでしょ

この世に獣人がいることはまだ確認されてないけどフィクションの中で獣人が出てくることを受け入れられないってことないだろ?

2021-03-18

馬のいない世界ウマ娘という呼称が定着したのは

なぜなのか

馬っぽい娘だからウマ娘だ、と馬を知っている我々は思えるが、馬がいない世界ウマ娘呼称は奇異である

シンプル獣人、もしくは獣女あたりが妥当ではないか

あの世界に馬はいないけどロバやシマウマがいるなら馬に近くとも、せめてロバ娘と呼ばれたのではないか

2021-02-21

本日性癖拡大の儀がしめやかに行われ、めでたく筋肉獣人選択範囲内となりました。

こちらからは以上です

2021-02-06

わかったぞ!わかったぞ!わか……

理解のある彼くん」の概念を聞くたびに、ずっとなんか同じようなものがあったような気がしてた。

わかったぞ、異世界奴隷として売られていた獣人美少女を助けたら普通のことしかしてないのに依存されちゃいました!みたいなアレだ。

理解のある彼くん」側がなんで「理解のある彼くん」のままでいられるか不思議だったんだけど、「自分に頼るしか無い女が居る」ってめちゃくちゃヒロイックな気分になれるんだろうな。

それで、その漫画書いた人がそれをちゃん理解してるから、「そんな私にも」って平気で言うんだろうな。駄目な私は本当に駄目だ、彼くんの幸せを願うなら別れるのが一番なのに、みたいな葛藤があるわけじゃなくて、駄目な私が駄目だから彼くんも幸せ、っていう。ちゃん割れ鍋に綴じ蓋。お幸せに。

アタックして1点くらいダメージは与えたと思うんですが、私はあとどこに1点与えて退場すればいいですか?

2020-12-15

獣人×人類18禁の良さがわからない。

何だか最近獣人(というか最近はまじモンの獣)と人類のアハーンな漫画広告が流れてくるんだけど、あれが性癖に刺さる人の想像がつかない。どんな人なの?現実世界にいる動物にも欲情するん?

2020-12-10

なろうファンタジー亜人差別みたいなことをはてながやっててビビる

獣人族は無知で野蛮!首輪をつけるしかないのだ!」

悪魔族の二枚舌だ!」

差別反対!亜人はとても素晴らし……ちっ汚えゴブリン族が俺に近づくんじゃねえよ……」

マジではてな民度ってこのレベルからビビるね。

2020-12-06

知滅(エアプ)の刃 ランキング(俺が実際にこの耳で聞いたやつのみ)

1位 裏切無惨……無惨は元々鬼殺隊にいて裏切った。お館様と無惨の会話から膨らんだ妄想と思われる。

2位 鬼舞辻無敵……結局無惨を倒すことは出来ず現代になっても戦いは続いている。最終回ネタバレ中途半端に食らった結果生まれた悲しい生き物である

3位 獣人之助……伊之助は本当に顔が猪で猪の血を引いている。鬼がいるんだから亜人がいてもいいだろという発想からまれたらしい。

4位 炭治郎鬼説……炭治郎は実は最初の段階で鬼になっていて最後にその伏線が回収される。なんでもシックスセンスの影響を受けていると言い張りたいようである

5位 鬼=ハンセン病メタファー……作中やインタビューの何処にも出てねえよ。とにかく陰謀論を持ち込みたいらしい。

6位 桜餅を食べすぎると髪がピンクになる……ならんわ。

7位 天丼100杯食えるキャラがいるらしい……無理だろ。いやでも……ワンチャンあるか?いや流石に無理だろ。つうかキャラが混じってんだよ。

8位 主題歌は実は鬼舞辻無惨の歌……ネットのガセです。炎も猗窩座のテーマソングじゃないです。

9位 作者は太ましいキャラが好き……別の漫画の作者と混じってるんで。

10位 100ワニと作者が同じ……もう何も言うまい

2020-11-15

anond:20201115020735

guzuradado やっぱり二次創作が一番良くないよ とよたろうみたいに原作に沿ってるならいいけど原作を壊したりなんか勝手美男美女にしたり あとおそ松さんかい公式原作壊してるやつはオリジナルしろ

そもそもとよたろう自身AF描いてたのわかってて言ってるのかな。

とよたろうはヒーローズ漫画描いてるころはよかったけど、「超」描き初めてからは粗ばかり目立ってるだろ。原作に沿ってるって言えば聞こえはいいけど実際は原作劣化パクリだしな。今のモロ編なんかモロのビジュアルが老獪なヤギ獣人だったり大界王神出てきたりおもしろいところもあったけど、今は間延びしててその上モロが見た目も末路もセルパクリになってて次の話が全く楽しみにならない。

おそ松さんみたいに原作の「くん」と完全に切り離してる方がマシ。漫画版「超」は鳥山先生も噛ませてるからたち悪いよ。半分以上二次創作なのによく知らない人は全部鳥山先生が描いてると勘違いするだろうしな。

2020-11-08

獣人ものが出てくる話で萎える展開

人間獣人実験台にしようと捕らえて、逃げられて、獣人たちが人間たちを叩きのめす

人間たちは自分勝手で、環境破壊するろくでもない奴らだ!我々は森に潜む。もう関わってくれるな」

そんなことを言って、森に引っ込む

みたいな展開が時々ある。それがどうにも苦手。

人間イコール悪、動物側を苦しめるってのが、教育漫画児童道徳用教材かよ!って思ってしまって、説教くさくて嫌だ!となる。

人間が悪くて、ろくでもないことは知ってるんだよ。

マッドサイエンティストテンプレみたいになってて、出てくると陳腐だな…って思っちゃう

2020-11-02

纏足と獣婚ファンタジー

似てる。

私の知る獣婚ファンタジーは、嫉妬の強い種である獣人と番いになった人間が、逃げられないように足を折られ痛くて疲労困憊するセックス強要されるけど、デロデロに愛されてるから幸せ…みたいな、DVハネムーン期とストックホルム症候群の合わせ技みたいなのがわんさかある。

それを人間側の視点メリーバッドエンドとして、愛され物語として楽しむ。

ファンタジーはすぐに現実に戻ってこれるので。

              

てことは、纏足文化を題材にしたフィクションで同じ趣向のものも楽しめちゃう

もう新たに纏足をしてる地域はないんだったら、フィクション現実を切り分けて楽しめちゃう

読んだことはまだないけど、もう書かれてるのかもね。

纏足を愛でる男の視点のは昔からあるんだろうけど、纏足を昔の風習として知った現代の女が、纏足を受ける女の子視点で、女の子感情移入しながら、幸せ物語として書いて読んで楽しんでいるのかもしれない。

2020-10-25

動物同士のセックスを描いたエロ漫画ってジャンルとして確立されねえかな

獣姦モノで動物×人間結構あるんだが、人間×動物は少なくて困ってる。

一応獣人モノだと総排出腔にチンコ入れるみたいな話は出てくるんだが……結局設定が活かしきれてねえのよ。

馬のチンコマンコをただデカくて温かいで終わらせてるような漫画でも抜けないって訳じゃあないが、どうにも消化不良でな。

もういっそ動物×動物エロ漫画AVがあってもいいと思うんだ。

性器構造ちゃん再現した獣人×獣人とかでもいいかもなあ。

種族レビュアーズ見たいのが流行ってるからそういうの来ると思ったんだが、どうも結局はコスプレした姉ちゃん普通マンコに入れるだけで終わりでな。

そういう昭和AVみたいな発想ではなくてな……

2020-10-14

anond:20201013172100

じじいの昔語りをすると

1970年代末にはスターウォーズやら宇宙戦艦ヤマトのせいでSFブームてのがあって

小学生向けのSF入門本とか大量に出てた

すると宇宙生物の分類とかもあって

ヒューマノイド型とか獣人型とかのほかにケイ素型」てのも書かれてたりする

しかし当然、小坊では「ケイ素」(漢字の「硅素」ではない)なんて何か知らんので

せいぜい「鉱物型の生命体?」ぐらいにしか思えない

エビとか蟹とかの甲殻類も硅素でできてると知るのは数年後の話

2020-09-25

絵がすごく魅力的なのに同人を出さなかった人

もうずいぶん昔、pixivがまだ出来立てでタカミン絵茶が流行っていた頃、その絵茶に毎週参加してて早筆なのに魅力的なエロ絵を描く人がいたんだ。ケモショタだったから、当時はかなり規模が小さいんだけど。

こんなすごい人は同人とかでバンバン稼いで信者もたくさんいるんだろうな、と思ったら同人は一冊も出してない、pixiv殆ど投稿なし。Twitterもやってない。

で、絵茶が廃れたら全然見なくなって、語る人もいなかった。

絵は魅力的だったか無断転載サイトにその人の絵がたくさん転載されていて、最近何気なくそのサイトを見てたらその人の最近作品転載されてたんだけど、

絵柄がカートゥーンになってて巨乳のメス獣人の絵で、ジャンルも何もかも変わってて驚いた。

しかもなんか転載元のサイト英語ペラペラだったし(これ、別人なんじゃ?)

何が言いたいかって言うと、糞みたいな落書き絵を出しても500ふぁぼりつもらえる奴がいる一方で、魅力的な絵を描いてた人が全く話題にもならないTwitterって何なんだろうな、と。

2020-09-23

anond:20200923113317

動物園を見に行くしまじろう一行みたいな

獣人」と「獣」が全く別の存在とみなされる世界観と割り切ってしまえばまあ

2020-09-10

anond:20200909235528

ケモナーの中でも二足歩行獣人は良いけど四足歩行の獣は駄目ってタイプ結構居るのが何か裏切られた気分だ

動物の特徴がある人間が好きなタイプ動物その物が好きなタイプで違うんだろうか

2020-08-26

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE最終回直前ネタバレ増田

ガンダムビルドシリーズ」4作目、ガンダムビルドダイバーRe:RISE(2nd Season)がもうすぐ最終回を迎える。放送後だと逆に言いにくくなりそうな話を今のうちに書いておく(ネタバレあり)

ビルドシリーズでは伝統的に、実質的ラストバトルとは別に、それまで登場したガンプラファイター・GBNダイバーがほぼ総登場してしがらみなく大活躍する、お祭り的なオールスター戦闘が終盤に用意されていた。

リライズもどうやら例外ではないようで、最終回ひとつ前の25話ラストでは、全員勢ぞろいでいかにもこれからお祭り」が始まりそうな引きで次回に続いていた。

ただ、これまでのシリーズと違うのは、ボコボコにされる(と思われる)ラスボス意志を持った存在である人工知能アルス」(CV:石田彰であること、そして、この戦いに敗れればアルスは消えてしまうだろうということだ。エルダイバーというデータからまれ存在生命体として認めている世界である以上、当然アルスもまた一つの生命にほかならず、その消滅は「死」と言っていいだろう。

である古き民の命令盲目的に従った結果とはいえアルスはこれまで惑星エルドラの山の民(獣人)を虐殺してきた。ジェドをはじめ主人公たちと交流のあった人々も、本編中(1期終盤)で多数殺されている。

そういう罪と因縁のある相手との戦いを、どう終わらせるのか。主人公たちの方針としては、生命を奪わずに止めると既に決定しているが、それが具体的にどのような形で果たされるのか(あるいは果たされないのか)

いずれにしても、いつものお祭り騒ぎとは似て非なるものとなることだろう。

本家ガンダムのような人の生き死にのかかった戦闘ではなく、あくまガンプラ操作する競技ゲームであるガンプラバトル」という設定を導入することで、純粋ロボット戦闘が楽しめるのがビルドシリーズの特徴だった。

そのビルドシリーズで一周回って、ゲームVRだと思ったら実はリアルだったという形で敢えて「人の生き死にのかかった戦闘」を持ち込んだリライズ(前作の終盤もサラの命はかかっていたが戦闘で直接犠牲者が出るわけではないのでノーカン

本作自体の完成度の素晴らしさはさておき、これはさすがにビルドシリーズとしては行き着くところまで行ってしまったんじゃないか?という気がしなくもない。リライズという、シリーズに対する自己批評(not批判)性の極めて強い作品の後に、ビルドシリーズはこれから先なにができるのだろうか。

まあ、本家ガンダムにしたところで、逆シャアやXや∀あたりのタイミングで、こういうのが出てきたらもうガンダムは終わりだろう……と思われてきたのだろうし、続ける意志需要さえあれば、どうにでもなるのかもしれないが。

2020-08-25

なろうのトラックとか

愚痴です

  

異世界転生作品は、大体主人公トラックに轢かれて死んで異世界に転生する。

なろうのトラック異世界送りしてくれる便利な乗り物である

コミカライズした作品ニコニコ漫画掲載されるが、トラックに轢かれるシーンでは

「いつもの」「トラックさんちぃーっす」「ノルマ完了」などとコメントされるのもご愛敬になってきている。

同時に「トラック運転手さん毎回可哀想」とコメントされる。

  

病死過労死事故死、暴漢に襲われて死亡などもあるが、トラックに轢かれて転生するのが圧倒的に多い。

最近では、トラックに轢かれた描写もなく、既に死んだ状態から物語が開始する事もある。

このように、段々と死ぬ描写が雑になってきている感もあるが、異世界転生という作品が大量にあるので

もはやそんな導入部など読み飛ばされてしまうということなのだろう。

  

筆者は、トラックで轢かれて死ぬ場合はその死んで苦しむ描写を読みたいと思う派である

何故なら主人公は転生後はほとんど苦しむことがない作品が多いため、主人公が最も苦しむ前世での死こそが

楽しんで読める最高の瞬間だからである。惨たらしい死に方をしてくれる瞬間こそが、一番すっきりする。

トラックに恨みでもあるのかというくらいトラックが出てくるのだからもっとトラック活躍させて欲しい。

運転手主人公を轢いた者として可哀想な結果になるのに、異世界転生した主人公悠々自適生活ばかりである

  

作品によっては轢かれた事実みたいなのが消えている場合もあるが、大半はトラック運転手の後の描写など書かない。

まり異世界転移作品トラックが出てくるたびに、トラック運転手危険運転ばかりしているというイメージ

ついてしまうので、そのあたり改善するべきじゃないのかと思っている。

大抵主人公の不注意が原因だが、あまりトラックで轢きすぎだと思われる。

  

プロローグで一回きりの登場となるトラックが再登場することはあるのか?というと、

筆者はそんな作品を読んだことが無い。閑話などで語られる場合などはなかっただろうかと思ったが、やはり無い。

トラック運転手さん可哀想ですねなんて感想に書かれることも無い。

異世界無双して沢山の人を救済している主人公を送り出したトラックだというのに評価もない。

まりにこの扱いは酷いのではないだろうか。

  

作者はこのあたりきっと何も考えていないだろうし、今更トラックの事を書くなんてこともないだろう。

そんなことよりも、物語をさっさと初めてしまいたいのだろうからプロローグが長すぎても今更誰も読まないという

ことで結局今後も書かれることはないと思うと、とても残念だとは思う。

転生の死因ナンバーワンだというのに、掘り下げられないというのはやはり残念でしかない。

別に筆者はトラックがそこまで好きではないが、しかもっとこうひねったりはしないのかと思ってしまう。

  

運転手が実は薬物でも使っていて、トラック暴走させて轢かれるとか、

運転手無敵の人で、トラック暴走させて轢かれるとか、

運転手殺人鬼で、トラックを一番の凶器としており、それで轢くのが好きとか、

トラックは1台だけじゃなくてトラックが2台前方と後方からきてそれで押し潰されて死ぬとか

トラックが空から降ってきてぺしゃんこになって死ぬとか

トラックタイヤが脱輪して、それがぶつかって死ぬとか

  

色々あるはずじゃないのだろうか。

まるで、筆者がトラックに執着しているかのような事を書いてしまっているが、実際ただトラックで轢かれる

という展開など、もう何を読む必要があるんだと思わされてしまうので、読む意味が欲しいだけだ。

トラックに轢かれる、神とかに会う、異世界行き、というプロローグは確かにスムーズだと思うのだが、

そこまでの導入部だけで4000字くらい使われることがある。これを読むだけで10分くらいかかるだろうか。

  

10分真面目に読んで得られるのは、主人公が死んでスキルとか貰って異世界に行ったという事実のみ。

本当にこれだけだから困る。ゆえに読み飛ばす。ちなみにスキル名称は大体タイトルか途中で説明があるので

やはり読み飛ばしても大体は問題ない。

からこそ、最初トラックかに捻りを入れて欲しいと思うのだ。

「くっ!目にゴミが!」とか言いながらトラック運転手運転を誤ってくれるとか

ビデオテープを回収するために護送車でテレビ局につっこんだら人をひき殺してしま警察局長とか

  

そういう最初から他と違う事をやってくれる作品を筆者は期待しているのだが……ない!

折角新しく作品を読むのに、ただトラックで轢かれるだけなんてそんなのもう飽きている!

からトラックを出すなら、トラックもっと面白くしてくれと、切実に訴えたい!

最後になるが、筆者は導入部は病死が一番好きです。

  

以上。

  

貴族編    :anond:20200706225819

王族編    :anond:20200707102749

奴隷編    :anond:20200707174539

竜編     :anond:20200708062743

商人編    :anond:20200708131233

馬編     :anond:20200708203845

獣人編    :anond:20200709092800

エルフ編   :anond:20200709173538

勇者編    :anond:20200710134123

ドワーフ編  :anond:20200710201957

神編     :anond:20200711222724

悪役令嬢編  :anond:20200730063046

猪編     :anond:20200730172612

病人編    :anond:20200731072847

孤児編    :anond:20200731174859

犯罪者編   :anond:20200731230135

斥候編    :anond:20200801113918

魔王編    :anond:20200801192806

ヴァンパイア編:anond:20200802015359

狼編     :anond:20200802102148

騎士編    :anond:20200802184652

受付嬢編   :anond:20200802235250

主人公編   :anond:20200803102754

売人編    :anond:20200814221720

賢者編    :anond:20200815143838

スライム編  :anond:20200816075250

鬼人編    :anond:20200817090051

荒くれ者編  :anond:20200818224710

  

大会編    :anond:20200822160442

2020-08-22

なろうの大会とか

愚痴や不満です

※今回からキャラクター以外の設定などの不満も書きます

  

異世界転生・転移だけではなくVR恋愛系のあらゆる作品大会トーナメントがよく出てくる。

大会の優勝賞品などが欲しいために、主人公はほぼ確実に参加する。

そして大会を勝ち抜き、大半が優勝してしまうという出来レース

キャラクター達は勝利のたびに喜ぶのだが、筆者にとっては苦痛のものしかない。

  

大会が始まってしまうと、大会が終わるまでにそこそこ長い話になるのだが、結局は主人公側の勝利

ということに終わるだけなので、何の見所も無いからだ。

主人公の仲間と敵の場合はどちらが勝つのか分からないため、そこそこ面白くは感じるのだが、

仲間が負けてもその敵討ちとして主人公が戦って勝つなどの展開が多く、やはりつまらない。

  

キャラクターダークホースやら色々でてくるが、そのどれもが、ありきたりな展開。

一体いつになったらこのくだらない茶番が終わるのだろうと筆者はため息が出てくる。

主人公を目の仇にしている連中が返り討ちにされるのも、主人公の実力を認めて挑んでくる挑戦者

主人公以上の力を持ちながらも試してくる敵も、全て見てきたが面白くはない。

また、大会乱入してくる輩もいるが、これすらもう見飽きた存在になってしまった。

  

運営側八百長しているとか優勝者を取り込もうとしているとか、何らかの組織が関与しているため

それを炙り出そうと主人公が参加を決めることもある。人質を取られているため全力が出せないとか

人質を取られているため、絶対に勝たなきゃいけないとかいうのもある。

それを主人公が助けたら、また女が惚れてくるというのもあるが、いい加減にしてくれと思う。

ゆえに筆者は、大会に参加せず勝手にみんな頑張ってくれという展開を望んでいる。

  

大会がなければ大会以外の話を書かかれるので、読み飽きた展開よりもいいと思う。

ちなみにVR作品だと大会が1回だけじゃなく、何回も開催されることがあるので、もう大会は読みたくない

という気持ちしかならない。

そんなものよりも筆者は地道にこつこつやっている展開が好きなので、むしろこちらのほうが好きだ。

地道な作業については毎回同じパターンになるが、地道な作業からこそ、好感が持てるし飽きない。

  

大会を何回開催しようがどうせ同じような登場人物けが出てきくる。新人が出てきても主人公には

勝てないで終わるとかそういう展開しかないので、冷めてしまう。

主人公が優勝賞品を手に入れて更に強くなるという展開も面白くない。元々強いくせに更に強化されてしまえば

主人公と敵の力の差が更に開く一方で、つまらなくなってくる。

  

大会主人公に負けた敵が努力した一方で主人公ばかりが毎回毎回勝利するというのが面白くない。

これだけ頑張ってきたのにという気持ちしかならない。

筆者は「斎藤佑樹」を今も応援しているし、成績が落ちた頃の「聖澤諒」も応援していた。

勝利していることばかりを描かれても面白くもなんともなく、敗北からのしあがり、そして勝者となるという方が

面白みがある。

※なお、追放系でいきなり強くなって調子に乗る(無双する)主人公は嫌いである。

  

筆者は、大会運営するスタッフになるとか、VRモノの場合個人主催大会などを開催してもらったほうが

面白いと感じる。また、運の要素も絡むような大会だとなおよい。これでどこまで主人公が強くても絶対に勝つという

ことができなくなるのですっきりする。

主人公がここぞという時に敗北して涙を大量に流して勝ちたかったという姿なんかを見られれば感動する。

そしてその主人公が連敗して絶不調になっている時も嬉しい。

  

絶不調ながらも立ち直るために、悔しくても何度でも何度でも立ち上がり、大会優勝を目指すというのであれば

ああ、こういうのだよ、こういうのが見たかったんだよと思う。

唐突だが、筆者はアイシールド21の小判鮫先輩と雪光が好きである。当然雲水と葉柱ルイも好きである

臭いほうが面白いのだが、残念ながらなろうの大会ではこういったものほとんど読めない。

  

ゆえに大会なんて薄っぺらい話にしかならないのだから、やめてもっと面白い展開を書いてほしいと思う。

開催が決定するだけで今後の展開が読めてしまものなんて期待できない。

ケンガンアシュラの「この黒木に付け焼き刃の技など通用せん」みたいになってくれれば面白いのになってくれない。

※筆者は、黒木が勝ったのでケンガンアシュラを全巻買った。

  

筆者だったらどんな展開がいいのかと例を出してみると、大会の会場が吹っ飛ばされて

主人公も敵もみんな死んで物語が終了ってとこだろうか。

漫画太郎先生ならそういう展開もやりそうなので、筆者としてもそういう唐突な終わりが好きである

  

以上

  

貴族編    :anond:20200706225819

王族編    :anond:20200707102749

奴隷編    :anond:20200707174539

竜編     :anond:20200708062743

商人編    :anond:20200708131233

馬編     :anond:20200708203845

獣人編    :anond:20200709092800

エルフ編   :anond:20200709173538

勇者編    :anond:20200710134123

ドワーフ編  :anond:20200710201957

神編     :anond:20200711222724

悪役令嬢編  :anond:20200730063046

猪編     :anond:20200730172612

病人編    :anond:20200731072847

孤児編    :anond:20200731174859

犯罪者編   :anond:20200731230135

斥候編    :anond:20200801113918

魔王編    :anond:20200801192806

ヴァンパイア編:anond:20200802015359

狼編     :anond:20200802102148

騎士編    :anond:20200802184652

受付嬢編   :anond:20200802235250

主人公編   :anond:20200803102754

売人編    :anond:20200814221720

賢者編    :anond:20200815143838

スライム編  :anond:20200816075250

鬼人編    :anond:20200817090051

荒くれ者編  :anond:20200818224710

2020-08-18

なろうの荒くれ者とか

愚痴です。

荒くれ者というのは筆者が勝手に呼んでいるだけである

この荒くれ者というのは、冒険者ギルド集会所や酒場などに主人公が初めて入った時に絡んでくる先輩冒険者の事だ。

「お前みたいなガキはさっさと帰れ」「ここはガキがくるところじゃねーよ」「さっさと消えろクソガキ」

みたいな暴言を吐いてくるのである

  

主人公無視すると大体暴力を振るってくるし、無視しなくても暴力を振るってくる。

この展開を筆者は幾度となく読んできた。なろうの異世界生モノテンプレートの展開なのだ

いい加減読み飽きてしまい、うんざりさせられる。

主人公ギルドの受付に対して、反撃してもいいかなどと許可を取ったりすることもあるのだが、

こんなところで暴力を許しているというのが理解に苦しむ。

  

異世界なのだからと言われればそうだが、冒険者同士の諍いはギルドは手を出さないというのもおかしい。

一部は色々と対応してくれるが、どちらかというと、不干渉を貫かれることが多い。

なお、主人公ボコボコにすると、正当防衛ということになるのだが、最終的にボコボコにされた奴が復讐してくる

なんて展開もある。というか大体パターン化され過ぎており、何の面白みも無い展開が続く。

  

荒くれ者は小説の序盤に登場するのが定番だ。というもの主人公は徐々に知名度を上げていくので

他の冒険者ギルドなどに行っても既に有名人となっているため、絡んでくる馬鹿というのがいなくなるということだ。

というかこの話は何故毎回どの小説もやるのだろうか。主人公の実力を知らしめるためというのがあるとは思うが

初めて訪れた冒険者ギルドでそんなことをやるっていうのはどうなのか。

例えばそれがギルドへの依頼者だった場合は?ということを考慮しないのだろうか。

  

主人公ギルド登録するのを目撃しているから絡んでくるわけだが、登録者専門窓口みたいな場所を設けられない

というのはやはり荒くれ者とかは基本的無視するというやり方なんだろうか。

しかしそんなことをやっていては低級な冒険者などは絶対に集まらなくなるのではないのか。

薬草集め専門みたいな冒険者もいるわけで、それをひよっこ邪魔だとかで駆除していったらどうなるのか。

  

荒くれ者が実力者の場合も当然あるのだが、超強いみたいな設定の奴はほぼいない。

精々中級冒険者といったところだ。しかし、そいつ優遇し過ぎて若い芽を潰すということをギルド側が干渉しないのは

やはりどうなのかと思ってしまう。

  

荒くれ者の中にはギルド受付嬢などに恋している輩がいるため、嫉妬して主人公に手を出すこともある。

当然返り討ちにあるわけだが、この展開も見慣れてしまった。

筆者は、荒くれ者が絡んできたら、その仲間とそれを放置していたギルド所属している全メンバー処刑してくれと思ってしまう。

そこまでの展開はいまだかつて読んだことが無いので、いつかはそういう作品が出てきて欲しい。

  

実力のない者が死なないように荒くれ者が最初に絡んでくるという設定も読んだが、ならば最初試験制度実施すればいいだろう。

そんな制度があるわけないだろうと言われるかもしれないが、ギルドランク昇格試験なるものは数多くの作品存在している。

であれば最初試験制度を作ってもおかしくないだろう。

ちなみに筆者が一番嫌いな荒くれ者との遭遇パターンだが、遭遇した後にギルド受付嬢や仲間が主人公の強さに惚れるところだ。

これは読んでいてむしゃくしゃしてくる。

  

筆者は荒くれ者の存在否定しているわけではない。しかしいきなり酔っ払いよろしく絡んでくるのはいい加減なくなって欲しい。

どうせボコボコにされる展開なんだろう、やっぱりそうだったよ。というのが多すぎる。これはもはや読み飛ばすのが正解だ。

だが、荒くれ者の話でたまに新キャラクターが登場する場合もあるため、迂闊に読み飛ばすと、こいつ誰だったっけ?となってしまう。

例えば、誰かこの依頼を受けて下さいとかいう女キャラクターが出てくる場合があるのだが、荒くれ者はそんな金じゃ誰もやらねーよと言う。

そこで主人公が受けることになり、荒くれ者が絡んできてという展開だ。

  

読み飛ばすと「この女誰?」とか恋愛小説にでてくる、主人公と仲良くしている女に嫉妬している女の幼馴染みたいなことを言ってしまう。

筆者は、こいつ!同情を誘って低賃金主人公を働かせようとしている演技をしているなと思う。

荒くれ者が、この女を追い返してくれるなりしてくれればこんな面倒くさい話にならなかったのにとため息が出てくる。

結局いつものパターンで話が終わるので、何も面白くないのである

  

こうして、大体の荒くれ者は結局出てきた瞬間からまらない存在で終わってしまう。

※「最強呪族転生~チート魔術師スローライフ~」の荒くれ者のガストンは割と面白かったが

出来れば、もっと面白い荒くれ者を登場させてほしいものだ。

  

以上

  

貴族編    :anond:20200706225819

王族編    :anond:20200707102749

奴隷編    :anond:20200707174539

竜編     :anond:20200708062743

商人編    :anond:20200708131233

馬編     :anond:20200708203845

獣人編    :anond:20200709092800

エルフ編   :anond:20200709173538

勇者編    :anond:20200710134123

ドワーフ編  :anond:20200710201957

神編     :anond:20200711222724

悪役令嬢編  :anond:20200730063046

猪編     :anond:20200730172612

病人編    :anond:20200731072847

孤児編    :anond:20200731174859

犯罪者編   :anond:20200731230135

斥候編    :anond:20200801113918

魔王編    :anond:20200801192806

ヴァンパイア編:anond:20200802015359

狼編     :anond:20200802102148

騎士編    :anond:20200802184652

受付嬢編   :anond:20200802235250

主人公編   :anond:20200803102754

売人編    :anond:20200814221720

賢者編    :anond:20200815143838

スライム編  :anond:20200816075250

鬼人編    :anond:20200817090051

2020-08-17

なろうの鬼人とか

※不満です

  

鬼人というのはオーガと呼ばれる場合があるのだが、大体は鬼の角が生えた人間である

身体能力人間よりも強く、比較好戦的性格をしている。

服装和服など古い日本の文化踏襲たかのようなもので、武器も刀などであることが多い。

髪の色などは黒、赤、紫などが多く、金髪は多くない。白髪ジジイなどもいる。

美男美女の設定が多く、一部にごつごつした鬼人が少しいるくらいである。

  

鬼人なんてそこまで多くは登場しないというのがあるのだが、長期連載作品では登場しやすい。

なぜか昔の日本類似した国があり、そこでは鬼人が侍や忍者のようなものが出てくる。

筆者はこれで、また偽日本編が始まったかとか言い出してしまう。

主人公が一部の鬼人と仲良くなると、そこに敵対勢力の悪そうな鬼人がでてくるなんてこともある。

また抗争かよ勘弁してくれ、無視してこの偽日本編は即終了してくれと懇願していると、敵のボスを倒すまで

話は終わらない。

  

話がようやく終わったかと思えば、鬼人が仲間になる。大体女。例によって主人公に惚れる。

この鬼人たちとの交流で、主人公は米などが食えるようになり大変満足するのだが、異世界の話なのに

延々と日本最高みたいな話をされても、良かったねとしか思えない。茶番だ。

流れとしては、味方になるっぽい鬼人と戦って勝ち力を認めてもらう、次にこの鬼人のいる国に危機

迫っているか敵対国家と戦って勝とう、勝ったら米とか買えるようになり、交流もするようになる

  

いや、なぜ主人公勝手国家間の諍いに介入するんだというのがある。

お前らの国の事はお前らで解決して、できなければ滅べというのが筆者の意見である

鬼人は硬派を気取っている気がするのだが、結局主人公の力に甘えていることが多く

お前らにプライドはないのか!と思う。

筆者は鬼人同士が争っているのだからこいつらがお互い殺し合いをするシーンを眺めたいのだ。

  

そして親が死んでしまって苦しむ鬼人の子供たちが復讐を誓い、永遠に終わらない争いをするのが

まらなく好きなのだPSO2の白の民と黒の民のように争い合って欲しい。それが筆者の望みである

筆者がなぜそこまで拘るのかと言うと争いを始めたのは二人なのにそこにヤクザを介入して戦いを終わらせる

とはどういうことなのかということであるヤクザというのはこの場合主人公である

鬼人は力こそ正義みたいなことがあるが、主人公に頼ると情けないなぁと思わされる。

  

封神演義(藤崎竜版)で、太公望紂王の息子である、殷郊と殷洪を連れ出した際に申公豹がブチ切れたが

国の未来を決めるのはこの息子たちなのに逃げ出したのだから当然だろう。

筆者も、これと同様に国の未来自分の国の奴が決めろと思うのである

  

さて、いざ仲間になった鬼人はそこそこ強いのだが、仲間になると活躍が少なくなる。

それも物語の後半に出れば出るほどである。序盤から仲間だった場合は、大いに活躍するのだが、影が薄れやすい。

居合だとか、刀で一刀両断するとか色々あるのだが、基本地味なせいなのか目立たないからだ。

ボス級の敵が出てくると大体一撃で倒せない。そこは一刀両断する流れではないのかと思うのだができない。

スパットぎりで33ダメージしか与えられない勇剣士プラスのようである

  

ルフィが「きれ、じゃま」といってゾロが「ああ」と返事してあっさり海列車を斬ったような展開にも期待するが

特にそういった描写もない。

まり、鬼人は、ルパン三世石川五右衛門劣化版みたいなものなので、面白くないというわけだ。

  

忍者みたいな隠密行動を得意とする鬼人も当然いるのだが、こちらのほうが有能だと筆者は考える。

様々な情報収集をしてくれるからである。筆者は、鬼人で仲間にするなら侍よりも忍者にしたい。

出来れば、忍者龍剣伝のリュウハヤブサのようなタイプがいい。くノ一はいらん。

あと、侍タイプよりも、金棒もったでかい鬼みたいな奴のほうがいい。殴って潰すほうが好きだからだ。

  

最後になるが筆者はNHK教育テレビ放送されていた、たっくんのオモチャ箱のサムライダーZが好きである

鎧伝サムライトルーパーも好きである。やはり光輪のセイジ(伊達征士)がいい。Wikipediaに下記のように書いてある。

「また女子供相手でも容赦せず、妖気を発する光輪の鎧を躊躇うことなく自ら一刀両断するなど、果断に富んだ行動も目立つ」

女子供でも容赦しない、なんて素晴らしい奴なんだ。みんなも光輪のセイジを好きになろう

  

以上

  

貴族編    :anond:20200706225819

王族編    :anond:20200707102749

奴隷編    :anond:20200707174539

竜編     :anond:20200708062743

商人編    :anond:20200708131233

馬編     :anond:20200708203845

獣人編    :anond:20200709092800

エルフ編   :anond:20200709173538

勇者編    :anond:20200710134123

ドワーフ編  :anond:20200710201957

神編     :anond:20200711222724

悪役令嬢編  :anond:20200730063046

猪編     :anond:20200730172612

病人編    :anond:20200731072847

孤児編    :anond:20200731174859

犯罪者編   :anond:20200731230135

斥候編    :anond:20200801113918

魔王編    :anond:20200801192806

ヴァンパイア編:anond:20200802015359

狼編     :anond:20200802102148

騎士編    :anond:20200802184652

受付嬢編   :anond:20200802235250

主人公編   :anond:20200803102754

売人編    :anond:20200814221720

賢者編    :anond:20200815143838

スライム編  :anond:20200816075250

2020-08-16

なろうのスライムとか

※不満です

スライムは、作品によって最弱か最強クラスの両極端であることが多い。

最弱の場合は、踏み潰されたり剣などで簡単に斬られてしまいあっさりと死ぬ、序盤のモンスター

最強の場合は、強力な酸で武器や防具を溶かしたり魔法に耐性があったりで攻撃が通らないので極めて凶悪な力を持つ。

多少強い程度のスライムは、主人公の従魔という形でそこそこな数がいる。

  

有名作品としては転生したらスライムだった件があるが、これが最強のスライム代名詞になっている。

筆者もこの作品を読んだが、序盤の徐々に強くなる感じが好きだったのだが後半はインフレしすぎて面白くなくなってしまった。

その他のなろう作品では主人公ではなく、主人公従属する魔物が多い。というか転生したらスライムだった件が有名過ぎて

スライムを出すということが難しくなっているのだと思われる。

  

スライムが従魔という作品では、とんでもスキル異世界放浪メシのスイが強力な個体である

最終的にはエンペラースライムなるものになることがほぼ確約されている模様。強い。

このスイの場合最初は弱かったが徐々に凶悪な強さを身につけていったというタイプである

本当にスライムは仲間の場合頼りになると言うか、強くなりすぎるなぁというのが不満だ。

しかし、なろう作品ではないがスライム冒険記のスラきち(CV林原めぐみ)が好きだった。

  

筆者は、強力な個体であるスライムが苦戦しているというのをあまりたことが無く、スライムが戦えばどうせ

すぐ終わると思ってしまうので、飽きてしまう。

ドラゴンクエスト5小説のスラりんのように、壮絶な死を遂げてくれるなどの展開でもあればいいのだが、無い。

ドラゴンクエスト5小説CDシアタードラゴンクエスト5は超おすすめである。ユアストーリーズは以下略

  

雑魚なりに工夫した戦い方や、スライムであってもいつでも酸を生成できるわけがないなどとか設定が凝っていれば

いいのだが、残念ながらゴリ押しが多すぎる。何連発でもできる酸攻撃魔法や、無限に分裂して攻撃回避できるだとか

わけのわからない耐性を持ちすぎていて、もはや何の面白みもなくなってくる。

まり、言いたいこととしては、つまらない戦いばかりするなということである

  

スライムがあっという間に敵を溶かしてしまい、ほとんどの場合そのまま敵が死ぬことになる。

敵にピッコロ大魔王みたいに失った体を再生できたりする能力でもない限りは大体死ぬ

まり一発攻撃を当てた時点で敵はおしまいというモンスターなのである

が、こうした個体は味方として出てくる事はあるのだが、敵として出てくる事は少ない。

※転生したらドラゴンの卵だったにはそこそこ強いスライムが出てくる

  

からこそ強力な敵として登場して欲しいと思っている。

物理攻撃がほぼ効かない。魔法攻撃もほぼ効かない。なんとかして攻撃を通してもすぐ再生する。

攻撃されたらほぼ即死。分裂されて死角から攻撃されるからほぼ回避不可。また分裂すれば、ヴォルデモートの

分霊箱みたいな感じになるのでわずかでも生き残っていれば死なない。(この辺りは魔人ブウみたいなものだろうか)

もう本当にお手上げのような感じになっている状態で、どうやって倒すのか?というところを工夫して欲しい。

  

が、なろうの作者はこういう手に汗握るような戦いをあまり書かない。それがとてつもない不満だ。

筆者は転生したらスライムだった件リムル=テンペストが苦しんで死ぬ姿が見たいし、

とんでもスキル異世界放浪メシのスイが哀れに死ぬ姿も見たい。

そういう展開が全然ない。筆者は苦戦も何もせず死なない味方のスライムはそろそろ死んで欲しいのだ。

  

ダイの大冒険でゴメちゃんバーンに潰されたところなど感動した。最高だった。

感情を揺さぶられた。初期から登場したゴメちゃんが死んだのである

アバンよりもポップよりもバランよりもブロックよりもハドラーよりも死ぬのが最高だった。

こんな感じで仲間のスライム死ぬような展開が増えてもいいのになかなか増えない。

  

普段雑魚敵として出てきてあっさり死ぬんだから、仲間だってあっさり死んでもいいだろう。

しかし作者が愛着を湧いているのかメインキャラクターにしているせいなのか死なない。

ロトの紋章ポロンの仲間のスライム(ゴーストドラキーも)がグノンにあっさり潰されて死ぬような展開には感動した。

いや、別にスライムに苦しめといってるわけではない。

そうではないのだが、筆者は死ぬかもしれないとかハラハラしながら読むのが好きなので

そういうのが増えて欲しいと思っているのである

  

以上。

  

貴族編    :anond:20200706225819

王族編    :anond:20200707102749

奴隷編    :anond:20200707174539

竜編     :anond:20200708062743

商人編    :anond:20200708131233

馬編     :anond:20200708203845

獣人編    :anond:20200709092800

エルフ編   :anond:20200709173538

勇者編    :anond:20200710134123

ドワーフ編  :anond:20200710201957

神編     :anond:20200711222724

悪役令嬢編  :anond:20200730063046

猪編     :anond:20200730172612

病人編    :anond:20200731072847

孤児編    :anond:20200731174859

犯罪者編   :anond:20200731230135

斥候編    :anond:20200801113918

魔王編    :anond:20200801192806

ヴァンパイア編:anond:20200802015359

狼編     :anond:20200802102148

騎士編    :anond:20200802184652

受付嬢編   :anond:20200802235250

主人公編   :anond:20200803102754

売人編    :anond:20200814221720

賢者編    :anond:20200815143838

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん