「大袈裟」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大袈裟とは

2018-06-18

anond:20180618182441

何を大袈裟1946年が大きくなってまた来るだけのことだろ

アラサー処女婦人科に行けない理由

処女でも婦人科に行こう』という記事を読んだ。今までも、「処女だって婦人科検査を受けるべき」という言葉は何回も見掛けたし、体の健康を思うならその通りだと思う。

私は生理痛が重い。他の人と比べるなんて出来ないけど、1日目2日目はベッドの上で子宮を伸ばさないように丸まっていないとつらい。仕事の時は薬を飲まないと動けない。病気の恐れもあるから婦人科に行くべきだと思う。思うけど、どうしても行けない。それは、高校生の時の体験所為だ。思い出しながら書くから長くなるかもだけど、吐き出したくなったから全部吐き出させてほしい。

私は高校生の時、今よりずっと生理痛が重かった。薬を飲んでも下腹部の鈍痛を忘れられず、脂汗を滲ませるのが常だった。更に冷え性お腹が弱かったので、生理中かどうかに関わらず、制服スカートは足が冷えてつらかった。ただ、有り難かったのは、しょっちゅうお腹を壊してトイレに駆け込む私を誰も笑わないでいてくれた事。女子高生の私にとっては有り難い事だった(陰では耐えがたいあだ名とかつけられていたかもだけど)

授業を抜けてトイレに長時間籠る為には保健室先生許可必要だった。だから必然と、保健室先生は私の生理痛の重さを把握していたし、心配もしてくれた。そして2年生の秋頃だったと思う。遂に保健室先生に「学校抜けて今から病院行ってきな」と言われた。痛みには慣れないけど痛みがくる事には慣れていた私は大袈裟な、と思ったけど、そろそろ受験視野に入れなくてはいけない頃で、3年生になれば今程授業を抜けられないというのも分かっていたので、先生が呼んでくれた母親の車に乗って、婦人科に向かった。先生には「エコーでしっかり診てもらって、薬も貰ってきなさい」と言われた。婦人科は初めてで、膣に何か入れるんだろうかと、処女の私はそこがすごく不安だったけど、結果的にはそれをやってもらった方がずっとマシな結果になった。

学校からは遠いけど地元ではそれなりに大きい婦人科病院(家から近い)に行った。待合室で待っている間の事はあまり覚えてないけど、付き添ってくれた母に「すぐ終わるよね、痛い事はないよね」と不安気持ちで聞いた事だけは覚えてる。そして看護師さんに呼ばれた。中に居たのは60歳くらいの院長先生。ここまで来たら腹を決めろと思って、院長先生生理痛があまりに酷い事、授業を受けられない事を話した。そして開口一番、院長先生が言った。

処女なんだね。帰って良いよ」

は?と頭が真っ白になった。何を言われたか本当に理解出来なかった。母も何か思ったのか、本当に毎月つらそうで診てほしいと院長先生にお願いしてくれた。そしたら言われたのだ。

処女なんだよね? いるんだよ、君みたいな子。性行為経験もないのに子宮内膜症じゃないかとか疑って来る子。処女ならほぼその可能性はないし、体質だから仕方ないんだよね。他にも患者さんいるから、はい、お大事に」

アラサーになって色々ネットで調べられる今なら、この院長先生がクソな事は分かる。けど、勇気を出して婦人科に行った当時の私には面倒臭そうに上から目線説教するような言葉が怖くて、自意識過剰と言われたようで恥ずかしくて、仕方なかった。それでもお腹が痛いのは本当だし、保健室先生エコーで調べてもらえと言われた事を言ったら、それはもう面倒臭そうに顔をしかめてエコーを取ってくれた。ただ、そういうものなのか知らないけど、その場で画面を見つつ「異常なし」と言われただけで終わり。帰らされた。

こうして、私の人生初の婦人科体験は、『処女は来るな』の一言で終わった。

他の人からしてみれば大した事ない体験かもしれないけど、それから私はずっと婦人科が怖くて仕方ない。何故ならアラサーになった今も処女のままで、当時と変わったのは年齢だけだからだ。リスクが上がってるのは分かるんだけど、婦人科、と考えただけで、あの面倒臭そうな院長先生の顔が思い浮かぶ。「処女から病気可能性はないよ」と声が蘇る。婦人科検査を受けたい気持ちはずっともってる。だけど、婦人科に行くのが怖い。テレビに出てくるような有名な先生なら処女でも相手にしてくれる気がするけど、地元医者処女である私を相手してくれる保証がない。ここまであの院長先生言葉に縛られてしまっているのは、数年後、その病院で働いてる人に会ってしまった事も大きいかもしれない。

「院長先生結構評判良いよ」

私にとっては最低最悪トラウマ植え付けてきたクソオヤジだけど、私以外にはそれなりに良い医者であるらしい。なら私が間違っているんだろうか? 本当に処女子宮内膜症とかにはならないのだろうか? そんな事を思いながら今日病院に行けず、生理痛に魘されながらベッドの上で過ごしましたとさ。

2018-06-14

anond:20180614153209

席を移る、店を早めに出るぐらいのことが、なぜパラドックスなんて大袈裟な話になるのか。要するに「ワシの言うこと聞くなら居てもかめへんけど」と許可を出す側でおりたいわけか。

2018-06-11

anond:20180611213132

これはホンマにそうで、そもそも的外れなことを言ってないかとか、言い方ひとつとっても無駄大袈裟な言い方をしてないかとか、もう100万回言われてることじゃないかとか、批判表現するにあたってそれが十分に丁寧なものではないかを常に自問しないといけないんだよな本当は、と思う。それをネットに期待するのは少し難しいけど、にしても賛否の両陣営が互いに浅いところで都合のいい論点だけとってタコツボ化してるのを見ると本当に悲しくなる、でもタコツボの中の意見まとめブログにすると儲かるんだろうな

2018-06-04

https://anond.hatelabo.jp/20180604145952

児童虐待の防止等に関する法律

児童虐待に係る通告)

六条 児童虐待を受けたと思われる児童発見した者は、速やかに、これを市町村都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない

罰則規定がないので、何もしなかったとしても犯罪にはならない。

頭の中に泣き声が残っているんだな。

個人的経験では、何もしなかった記憶は、後を引く。

カレーを食べるたびに思い出す。赤ちゃんの泣き声を聞くたびに思い出す。

そして自問自答のループに入る。あのときのあの子はどうなっただろうか。あの時の自分にはもっと出来ることがあったのではないか思考迷路に迷い込んでいる間、現実から離れている。食べ物の味を感じない。人との会話も気が乗らない。ボーッとしてるうち、気づけば何時間も経っている。

これがずっと続いていく。

虐待されて育った親は、子供虐待やすいという。

おそらく彼女に悪意はないと思う。だから彼女を憎む必要はないんだ。

ただ、気づいてないだけ。

そして来週もその次の週も、これからずっと赤ちゃんカレーを食べさせられるだろう。その度辛い思いで泣くだろう。

それに実は、親が与えてる虐待カレーだけではないかも知れない。赤ちゃん感情を軽視する彼女は、もっと酷いことをしてるかも。児相相談すれば店に連絡がいく。親子はまた来るかもしれない。それどころか常連可能性もある。店員さんがシフトの都合で気付かなかっただけで。上手くいけば追跡できる。

赤ちゃんを救える。

それが出来るのは、増田。君だけだ。

いまこそ動くべきだ。「怒りの瞬発力」を発揮するときだ。

もしも杞憂だったなら …それはそれでいいんだ。母親大袈裟だっただけで普段カレー王子さまを食べているとか。今回の増田意見反省して態度を改めたとか。

まあ増田は、右往左往しただけムダだったかもしれないが、アレを言えるぜ。伝説のあのセリフを言えるぜ。

「よかった。 …虐待されてる赤ちゃんはいなかったんだ」

2018-05-22

anond:20180522085314

関わりたくないけどオタクコンテンツが好きだとどっかしらで目に入るんだよね。

最近だとFGOかい男性向けソシャゲで遊んでるんだけど、そこにもなぜか腐女子が湧いてくる。

好きだった少年漫画腐女子侵略された(大袈裟表現だけど、感情的にはコレ)思い出は数知れず。

本当に声が大きいのよ、あの人たち。

2018-05-21

https://anond.hatelabo.jp/20180520105200

知り合いに、お箸の持ち方が変で食べ方もご飯粒はベタベタすしおかずとかもちゃんと綺麗に食べないしっていう男性が、

奥さんからいつも注意されてたけど口煩いなー大袈裟だなーと思ってただけで直す必要は無いと思ってたけど、

10年振りくらいに高校同級生女性と再会して2人で遊ぶうちにその女性の食べ方がちゃんとしていると感じて自分の食べ方の汚さが恥ずかしくなって意識して直すようにしたっていう話を聞いた。

身内に言われると反発するけど、外から言われたり自分で気付けたら直せるって男性に多い印象がある。

つってもそういうマナーってなかなか外の人は注意してくれないし、男性自ら気付けるっていうのも奇跡に近い。

2018-05-20

【再上げ】正社員を辞めてリゾバ始めた 

 東京まれ東京育ち23区外で働いたことがなかった俺が、ド田舎にそびえたつホテルにリゾバで3か月働くことになった。

リゾバを始めた理由のんびりしたかたから。某温泉街ということで、日中は働いて夜は温泉に浸かってゆったり過ごす。そんなイメージを持って飛び込んだ。

勤め先のホテルすぐ近くに社員寮があるらしく、そこで暮らしも楽しみだった。

派遣会社担当者も「ここは離職率が低く、長く務める方が多いよ」と礼儀の"れ"の字も知らないような口調で推薦してきた。

 癒しと多少の出会いを期待しつつ初日面談を迎える。簡単過ぎる説明名前を書くだけの書類への記入を終えて午後14時頃、これから住む寮に案内された。

真っ白な外観に等間隔に並ぶ窓、陽当たりが悪いせいで肌寒く薄暗い階段廊下。渡されていた鍵で自室のドアを開けた。

 軽い木のドアを引くと、3つの段ボールと畳の上に畳の敷物が敷かれた床に冷蔵庫、少し足が高いテーブルに置かれたテレビが部屋の隅っこに置かれていた。

その寂しい光景を目の当たりにした俺は「田舎だしな」と妙に納得してしまった。

3つの段ボールは俺が予め実家から送っていた荷物だ、PCや着替えが入っているので雑に開封しPCを床に設置した。

その後も使えるわけのないLANケーブルなどを引っ張り出しながら自分の部屋を作り上げた。

布団を敷いて、ここまでの道中で買ったいろはすを飲み切った。

 部屋が完成した頃にはもう夕方で、陽が落ちる前に近場を散策しようと考えていた俺は急いで外に駆け出した。

都会では見られない山々、徒歩15分圏内にある滝をなんとなく見て部屋に戻った。

 一日通してそれなりに歩いたので疲れが出始めた、このまま寝てしまう前に風呂で汗を流そうと黒いシャツジーンズを素手で持ち従業員用の入り口から

このホテルご自慢の大浴場に向かい意気揚々と服を脱ぎ少し重たい扉を大袈裟にガラッと開け、ひたひたと足音を鳴らしながら風呂場を見て回った。

露店風呂はお客専用とのことだが、サウナや"温泉ソムリエ"推薦の湯舟は従業員でも利用可能らしい。

温泉ソムリエという聞いたことのない言葉に、鼻で笑った。

 俺は大の温泉、いや風呂好きだ。温泉でないと寛げないわけではない。

実家の縮こまって入る風呂もまた好きなのだ、お湯ならなんでも良いのだ。

しかし、やはり温泉街温泉は格別だ。これまで旅行してきた各地で温泉街はなかったし、行きたいとは思っていたが何故か足が伸びなかった

そういった事情もあって、非日常からくる高揚感に包まれながら体を手早く洗い、ケロヨンの桶を懐かしみつつ"温泉ソムリエ"推薦の湯舟に浸かった。

 サウナからの水風呂も済ませ、一通りご自慢の温泉を堪能した。

少し長風呂をし過ぎたか足元がふらふらするので木のベンチに座りながら着替えを済ませて脱衣所を後にした。

 自室に戻ったころには体力が尽き、眠りについた。ふり絞った気力ではスマホアラームをAM7:00にセットするのがやっとだった。

 その後は、その後は、その後は。

何もなかった。ここでの仕事など東京でしていたことより簡単だった、簡単すぎた。寮での交流なんてなかった、なかったはずだ。

出会いなんてもってのほかだった、女性なんてどいつもこいつも初老の翁達にちやほやされて喜んでいる者ばかりだった。

挨拶を返しもしない奴らなんかこっちから願い下げだ。「グレムリンみたいな顔しやがって」

寮のトイレが汚く、使う気になれなかった。掃除してもすぐ汚れて放置されるので近場のコンビニトイレを借りていた。

田舎だしな」と妙に納得していた俺に俺は憤って3か月の任期を終えた今無言で怒鳴った。

 寮に集まっていた人間は俺と同じ東京やその他の地方から来ていた人間ほとんどであること。

それに気づかずこの土地やこの田舎独自空気感に俺が合わないからどうしようもないんだと勘違いしていたこと。

「俺はどこでもうまく生きていけないなぁ」

今では趣味だったギターも辞め、友人との飲み会億劫だ。

何を始めれば何を終えればいいのかわからPCの前に胡坐をかく。

熱湯の湯舟に浸かれば火傷を負う、ぬるま湯に浸かれば風邪をひく。

2018-05-15

料理の鉄人真空調理器をよく使っていた鉄人は誰でしたっけ?

だいぶ昔のことなんで記憶がまちがってるかもしれません。真空調理器を使ってた鉄人なんていないかもしれませんし、複数鉄人が使っていたかもしれません。

もし覚えている方いらっしゃれば、レスくださいまし。

なおこの情報提供によって私の生活等に特に影響はありません。ただの知的好奇心といえばそれまでですが、知的好奇心という形容でさえ大袈裟すぎます。正直知ったところで満足するのかどうか微妙ですし、誰かとの会話で話題に出すこともないでしょう。

2018-05-13

anond:20180513014342

焚き付けてるのは「自分絶対痴漢にならない」とか根拠もなく決めつけてる男でしょ。

それ、焚き付けてることになるか??

何を焚き付けてるわけ?

「女は誰でも痴漢される!」はまだしも「男は全員痴漢になる可能性がある!」は大袈裟でしょう

2018-05-12

子持ちが自分時間を確保する唯一の方法

 『何者か』になりたくて、けれども何者にもなれなかった自分政府が掲げる「女性が輝く社会」とは、大袈裟ではなく、自分自身限界に挑戦し続ける、ギリギリ渡りの盛大なトライエラー現在、30代後半〜40代の子持ち普通から普通以下の女性はみな、若くして死ねということだ。

 3時に起床し、仕事を含め、自分時間を確保できた日と、寝坊して5時に起床し、慌てて家事仕事のごく一部だけ処理して出勤した日では、自身のなかでの満足度が違う。たとえ睡眠不足が積み重なって寿命が短くなっても、母親ではなく、仕事に打ち込み、成果を残せる自分らしい人生を生きたい。

 流行りの朝活より早い、毎日朝3時に起床するべき理由は、好きなこと、主に仕事をやりたいからだ。ザワザワした職場は集中できず、気分転換以外の理由家事のために身体を動かすと、以降は集中力が切れてしまう。

 とはいえ、実際には睡眠が足らず、週に何度も通勤中の電車歯科治療中、夜の食事後などに寝落ちしている。氷河期世代の男女、特に女性は、働かない高齢者年金を生み出すために燃え尽きようとしている。陰謀論は信じたくないが、日本人ではなく、日本語日本文化だけ好む外国勢力意図的少子高齢化賃金低下を仕向けているようにも思える。

2018-05-08

わざとぶつかってくる人をやっていた

https://togetter.com/li/1225465

を見て思い出したので懺悔も兼ねて。今はやってない。チビハゲデブ三重苦をかかえた俺の黒歴史である。(三重苦は今も治ってない)

から数年前、35歳非正規雇用職場では毎日のように上司罵倒され深夜までのサービス残業で心身ともにすり減ってるある日、ぼーっと歩いてたら女性にぶつかった。

尻餅をついた彼女を見てビビりの俺は逃げた。通報とかされて急に警察に肩を叩かれたらどうしようとか思いながらも、ちょっとぶつかったたけで簡単に倒れる女性大袈裟じゃね?という若干の不満と、なんというか征服感のようなものを感じてしまった。

気付いたら日々の鬱憤を晴らすかのように、わざと女性にぶつかるようになっていた。老人はやらなかった、大怪我して最悪死亡とかになったら怖かったので。ベビーカー持ちはよくやった、邪魔からいいじゃんという考えもあったと思う。

そんな救いようのない日々を送る俺だったが、ある事件を切っ掛けにぶつかり屋をやめた。

二、三年前だったか当時の俺は歩行者だけでは飽きたらず、自転車にまでわざとぶつかるようになっていた。怪我はしたくないのでゆっくりめで走る自転車に横からぶつかるのである。もちろん女性が乗ってる自転車、うーん俺最悪だ。

いつものように深夜残業でへとへとの帰り道、前から自転車が緩い坂道ゆっくり登ってくるのが見えた。乗ってるのは小柄な20代くらいの女性で、しめたと思った俺は慣れた足捌きで横からぶつかった。

自転車は倒れはしなかったものバランスを崩して、俺は爽快感とか征服感とかがごちゃごちゃになった良い気分でそのまま歩いて去ろうとした。

「お兄さんさぁ!!」

背後から聞こえてくるドスの効いた女の怒声に心臓が跳ねた。歩きながらも横目で後ろを見ると、先程ぶつかった女性こちらを見ていた。

「今わざとぶつかったよね!?

彼女は俺に言っている。そう確信してビビりの俺はパニック状態。逃げるために早足で歩き続ける。

「逃げんじゃねえよてめぇ!」

後ろから自転車が走ってくるのが分かった。俺は走って逃げる。後ろから怒鳴り声をあげながら追いかけてくる女性が怖くて怖くて、信号無視して走り続けた。

数十分か小一時間くらい追いかけられたかもしれない、最後に「逃げるならこんなことすんじゃねえよバカ! みたいなことを言われて、彼女は去っていった。

走り続けて足がガクガクになった俺はその場にへたりこんで、泣いた。怖さ9割、情なさ1割である

それからぶつかり屋はやめて、仕事もやめて、今は正規雇用で真っ当に働いてる。会社ホワイトだ。でも嫁はいない。

心を入れ替える切っ掛けになった彼女には感謝しているが、二度と会いたくない。

2018-04-16

釣りをしてない人は人生50%を損している

と、以前テレビで言ってるのを見た。

大袈裟に感じるけど、子供とき友達と湖で釣りしたのめっちゃしかったんよな。

大人になってもあんな楽しかたことない。

そう考えるとあながち人生50%を損は間違ってないのかもしれない。

2018-04-14

anond:20180413224826

逆だよ

アニメで繊細な表現をするには京アニクラス作画と金が無いと無理って話

基本的には大袈裟演出作画リソースの無さを誤魔化してる

2018-04-08

anond:20180408084952

あいつらは事実より自分感情伝えることの方が大事から

それがどんどん過剰になってってなんでもかんでもが大袈裟になる

2018-04-04

anond:20180404101318

別に35億人に押し付けている気持ちはないしそうじゃない女性もいると思うが認識しておいた方があなた方が楽だよという話

鬱も、あ、この人鬱だからしょうがないってなるじゃん、大袈裟だけどな

2018-04-02

anond:20180402210127

PCスキルっていう大袈裟な言い方の結論エクセルってことに驚いて

いやいやってなってるでしょ?

おっさんもそう思うよ

でも今の若者エクセルですらまともに使えんのや

最早PCスキルって言って差し支えない程に

2018-03-26

anond:20180324001407

俺は嫌な思いしてないか

それにお前らが嫌な思いをしようが俺の知った事ではないわ

だって全員どうでもいい人間だし

大袈裟に言おうがお前らが死んでもなんとも思わん

それはリアルでの繋がりがないか

まりお前らに対しての情などない

2018-03-24

anond:20180324011953

意見として…

しかに、ジャニーズの方があとだしアニメキンプリファンの方たちがおもしろくないと思う気持ちは分かります

ほんと紛らわしいし…

でも、言葉をおかりするなら、アニメキンプリ膾炙されてるのはアニメファンの中だけだったと思うので、これを切っ掛けにそれぞれのことを知ってくれて、興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいと思います

もちろん、いままでひっそりと楽しんできたのに、多くの目に晒され人気が出すぎるのを快く思わない方もいらっしゃると思いますが、相乗効果による利点もあるんじゃないでしょうか。

私は(大袈裟かもしれませんが、)不人気によるコンテンツの終了、もしくはグループの低迷の方が嫌です。。

どちらもほんと素晴らしいので!

2018-03-06

anond:20180306013047

まあわかる

自分痴漢されて傷付くとかはなかったけど、よっぽど刃物で傷付けてやろうかとは思った

触るぐらいなら大袈裟にはしない、こちらの勘違いもあるし

けどな チンコ擦り付けてくるのは流石にキモくない? 知らんおっさんチンコだぞ むき出しの

殴ったら閉まりかけのドアから慌てて降りてった

腹が立つのは、こいつなら大丈夫たろ と思われたことと、短いスカートは派手な女しか履けんのか ということ

痴漢被害者うぜー

痴漢された女は痴漢被害に遭うという選択を自らしたんだろ?自己責任じゃねーか。甘えんな

痴漢に遭わないだけの努力をしたのか?日頃から努力していれば痴漢には遭わねーんだよ。努力不足の女が被害者ぶってんじゃねーよ。

大体、ちょっと体を触られたくらいで大袈裟なんだよ。傷つくとかどんだけ豆腐メンタルなんだよ。また悲劇のヒロイン気取りっすか?きめーっすわ。勘弁してくださいよ。

2018-03-03

女を信じられない

大学生ときだが、とても好きな女子がいた。

はじめは友人含めて3~4人程度で遊んでいたが、俺はその子を狙っていたのでなんとか連絡先をゲットし、2人のデートもした。

数回デートし、詳しくは書かないが誰の目にも明らかな「OKサイン」を確認できたにもかかわらず、告白の結果は撃沈。

それも、一旦はOKしたが、翌日になってメールでただ一言「やっぱりあなたじゃない」と手のひら返し

はじめから断ってくれよ。

さすがにそれはないだろうと電話すると、「(デートでいい感じだったからって)期待した?バカじゃないの?」的なことを言われ、奈落の底に一気に突き落とされた。

どうも、「自分いかモテる魅力ある女であるか」を確認するためのダシに俺を使いたかったようである

自分気持ちだけでなく、プライドまでもが著しく傷つけられた。

単にお断りされるだけならまだしも、なぜ普通に告白しただけでここまで貶められなければならないのか。

それまでにも相応の数の女子とかかわってきた(付き合ったというわけではないものも含む)ので、色々なタイプ女子がいることはわかっているつもりだったが、このタイプははじめてで、当時大学生でまだ世の中のことをよく知らなかった自分の心に「女子とはかくもおそろしい生き物だ」ということが刷り込まれしまった。

はじめは自覚がなかったが、常にどこか女を信用できない、信用したくない自分がいることに気付いた。

その後、何人かお付き合いした人はいたが、すべてたまたま相手のほうからアプローチで始まったものである

どんなに気に入った人がいても、アタックするチャンスに恵まれても、またこうやって奈落の底に突き落とされるかも…と思うと恐怖でとても自分からアプローチするなんて考えられなかった。

そしてその思いは時がたつにつれて自然と「元々俺は女性から受け入れられる余地のない無価値無能な男なのだ」というやさぐれ思考に変わり、現在に至る。

無論、なんとか払拭しようとあれこれ試し、多少改善されてはいるが、根本的にはこの出来事があり、大きくは変わっていない。

結果、30代になった今でも恋愛的な意味での成功体験がまったくなく、まともな経験値も稼げず、歳だけとって本当に無価値無能な男に成り下がってしまった。

いざ気になる人ができても、過去悪夢だけでなく年齢的な負い目も重なり、なおのこと自分からアプローチなんてできない。

しかしやはり気に入った人を自分の力でモノにしたい、モノにすることで自分にそれだけの価値と魅力がある男なのだという自信を取り戻したいという欲求は払拭できない。

なぜ自分けがここまで苦しめられなければならないのかとさえ思うときがある。

(他の人たちが実際どうなのかはわからない、隣の芝は青く見えるだけで皆俺と大して変わらないのだろうか)

大袈裟に言えば、学生時代あの日からずっと時間が止まったままであるかのようだ。

毎日がつまらなく、味気ない。

生きることが苦しい。

(他の要因もあるが微々たるもの

想いを寄せてくれた女子はいたが、申し訳ないけれど自分から好きになった人に振り向いてもらえたのでなければ自分欲求は満たされなかった。

自分が最も認めてほしいと願う人から認められたら、どんなに幸福なことだろうか。

その人が認めてくれさえすれば、世界中のすべての人間が敵になっても構わない。

俺はその人を生涯にわたってとことん愛し、相手からも愛され、魂と魂をぶつけ合うほどに激しく求め合い、幸福感に包まれながら最期を迎えたい。

2018-02-27

anond:20180227173733

伝統的って変なのって思っただけだよ。

伝統とか大袈裟言葉使うなら海岸線の変化から語ってほしかった土木好き。

2018-02-19

恋愛に夢を見る

恋愛がそんなに綺麗なものでも美しいものでもないということを、この少ない人生経験…いや、さらに少ない恋愛経験から弾き出して知っている。なんだかさみしい。男女共に好き合って付き合うなんて夢みたいに思える。本来そうであるはずなんだけど。

私には「ちょっとだけ、肩を貸して 。涙が乾くまで」 って関係もあったし、性欲のぶつけ合いがしたいだけの関係もあったし、お互いの見栄と計算が透けて見えた関係もあった。あの野郎ぶっ殺してやらなきゃ気が済まねぇと思ったこともあった。

それでもなんだか恋愛に夢を見てしまう。

運命の人を待ってるとかい大袈裟ものじゃなくて…なんか普通にから好きだと思えるような、リラックスして本音を語り合えて、何かと好みが合うような人と出合えるんじゃないかと。

そんな事を考えながら帰りの電車に揺られています彼氏夜桜見るとか夢だわ〜

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん