「会社員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 会社員とは

2017-09-20

軽い気持ちちょっとだけ今日セックスしたいって時どうすればいいの

既婚アラサー小梨会社員都内住み

夜予定していた訪問と会食が無くなった。

こういう今夜突然予定がなくなって何もすることないし軽い気持ちセックスしたいなって時どうすればいいの?

別に不倫がしたい訳ではなくって後腐れなくちょっと遊びたいだけなんだけど

2017-09-19

仕事に削られている」方々へ

現状の打開策として「仕事を辞める」ことがあると伝えたい。

自分

 ・40代男性

 ・既婚

 ・子無し

 ・賃貸住み

 ・資格無し

といった感じ。

現在は5度目の無職休養期間中

それなりの会社員期間の中、自分以外にも職場を離れる人間を見ているわけやけど、概ね2タイプに分かれている。

 ①次の収入のあてを決めて辞める

 ②潰れて辞める(出勤できなくなる)

だいたい①のタイプが多い。

ちなみに自分場合は、一回だけ②があって、それ以外は「次のあてはないが、とりあえず辞める」ことばかりだ。

(でも、今も生活できてる)

「辞めるに辞められない」という方は「①であるべき、そうでない辞められない」と思っている方が多い。

そう思っている方は、結局、在籍中に次の職を見つけることは難しいと思う。

そうして、期間がダラダラと伸びて②になる。

「辞める」と覚悟を決めてからでないと、意外と状況は動かない。

「辞める」と覚悟を決めた以上、意識しないところでの本気度・熱量が上がる。

「辞められない」理由はいろいろあるかもしれんけど、自縄自縛になってないかを考えたらいいと思う。

『同僚に迷惑がかかる』

辞めたところで、会社はなんとかまわるように動く。

これは自分存在意義がない、というわけではなくて、企業体として当たり前の動き。

突然、潰れるほうが『同僚に迷惑がかかる』

収入がなくなる』

入院とかしたら収入ゼロになるどころか出費がかさんでマイナスになる。

おまけに、長引くので後々の収入が下がる。

「辞めろ」と言いたいのではなくて「辞める」というのも現実的選択肢だということ。

そして「辞めても意外となんとかなるもんだ」と言いたい。


全ての方に適用されるもんではないと思う。

でも、真剣に「辞める」ことを選択肢に入れることから、いろいろ変わる。

漫画女性会社員リクスー着てると

気になる

女性ビジネスフォーマルってもっと華やかな感じの私服っぽいの着てるよね?

2017-09-18

anond:20070314103851

この記事を書いてから10年が経過した。

今の自分が何をやってきたのかと言われれば・・国立現代美術研究機関仕事をしている。

そこで何の仕事をしているのかと言われれば、ネット美術作品に関するWebサイト制作

システムサーバ管理作業ベンダー企業と打ち合わせを行いながら、世間情報を発信している仕事だ。

プログラムこそ書けないが、PremiumPro、AfterEffects、Photosho、IllustratorDreamweaverを使いな

がら画像加工や映像制作写真撮影、簡単コーディングJavascriptシェルスクリプトゴリゴリ書いて

仕事している。自分では何でも屋と呼んでいる。これがクリエイティブと言われればどうかはわからないが・・・


あれから10年を振り返ってみよう。

アーティストとかデザイナーが嫌いですと言っていた自分ではあるが、知らない人間がそう言う世界の事を

言うのも失礼だと考え、正社員をやめてデザイナーになるため、まずは安いWeb制作スクールに通ってみた。

短期間だがサイトの作り方とAdobeツールの使い方を教わった。


ところが自分にはWebコーディングデザイン考え方は理解できたが、デザインセンスや色彩感覚に欠けていた。

スクールへ通った後、派遣会社へ「Web制作がしたい」と登録したが、ポートフォリオを見せた途端にボロクソに言われ、不採用が続いた。

そんな中、あるWeb制作会社で「君、サーバ管理の方がいいかも」と言われてしまったがデザイナーになりたいとしと考えて断った。

その言葉きっかけに「デザイン能力がないなら」せめてサーバ管理でもと考えて、Linuxスクールに通った

(その間は派遣で時給は安いがWeb制作会社簡単コーディング作業画像修正作業印刷会社でのDTP業務をして凌いだ)。



Linux勉強はすればするほど面白くなり、そちらの知識にのめり込んだ。サーバを学とネットワークの仕組みも知りたくなる。

最後にはネット知識自作PCを組み上げてLinuxインストールしてWebサーバメールサーバを構築した。

ただ、自宅でWebサーバを構築すると言っても外部への公開はリスクが高すぎるので勉強機としてdebian系やredhati系OSなど

デュアルブートさせたり、HDDRAIDを組み上げたりして遊んだ。そのうちにレンタルサーバドメインを取得、CMS個人

ブログを立ち上げるも自分ポカミスからクラッキングあいサイバー犯罪課の取り調べを受ける経験もした。


Web制作デザイン仕事はなかったが、浅いネットワーク知識が幸いしてか、データセンター映像サーバを扱う仕事に就き、

NagiosやらCisco機器RAIDVMセキュリティ知識IPデジタル映像知識映像機器編集知識を得ることができた。

映像と言っても映画なのでDCPやKDP、3D映像知識会社で二週間研修させられた。仕事によっては夜中の仕事AKB48ライブ

の収録に立会ったり、キアヌ・リーブス舞台挨拶で生キアヌと打ち合わせしたりもしながらも、この日記を思い出しながら

「俺、デザイナークリエイターじゃないな」と考えていた。


それ以降は大企業の子会社でのWeb制作部門で勤務したり、IT資格もいくつか取得した。また途中で大学にも通い、好きだった

美術史写真史、表現を学び、論文をいくつも書いた。その途中で亡くなった親父がフィルムカメラをくれたので、フィルム

メラにハマり出し、父親形見の中判フィルム撮影フィルム現像プリント額装して、個展までするようになった。

好奇心からきたここまでの道は、もう40過ぎだった。



結果、あれから10年後の自分仕事・・・

給料こそ高くはないが上記の研究機関で「何でも屋」で仕事をしている。

元々現代アートが幼少期から父親が集めていたアート関連の書籍を読んで、ドナルド・ジャドやフランク・ステラなどのハード

エッジアートに興味があったこと、簡単システム保守サポートができること、フィルム現像写真撮影ができること、ライ

ティング(照明)ができることが幸いして、作品の保管からシステムベンダーとの打ち合わせまでを任される仕事採用され

ることになった。かなりの倍率だったようだが自分のように多く経験してきた方や知識現代アートへの興味がある人は少なか

ったのでというのが採用理由だったようだ。


「オリも混ぜてくれよう。

実際には作ったりしないけど見るのは好きだおう

アートには理解があるつもりだおう

なのになんでオリを混ぜてくれないんだおう

お高く止まっちゃってさ!フン!もうこねぇよ!バーヤバーヤ!!!


こうは書かれたものの、この気持ちもあって、それを理解するために色々と仕事制作仕事をしながら

勉強をしてきた(つもり)だけど、やってよかったと思う。


10年前の自分デザイナーアーティストクリエイターという選民思想を持って「普通会社員」を見下して

いるという、ルサンチマンに囚われていた。でも、仕事の業種に関わらずどんな仕事だって「創り出す」こと

必要なのであって、それはどんな職種であっても創意工夫は必要であり皆がクリエイターである

創り出すことが華やかに見えるのは一部だけであって、世の中にはもっと沢山のものが作り出されている。

たまーにWebデザイン写真作品制作することがあっても自分は「デザイナー」や「アーティスト

とは言わない、それを言ってしまうと自分創造可能性を広げられなくなりそうで怖いから。もちろん周囲に

デザイナーライターアーティストの知人・友人はぐんと増えたが今はそれらの人を僻むことも今はしない。

しかし、あの日記を匿名日記を書けたことは自分人生における仕事を大きく変えたと思うし、過去自分

そういう思いから出発しているから、どんな職業の人でも会う時には、まずは首を垂れて尊敬することか始めている。


それとこの言葉も気にしながら。

未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分根性運命人生カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです」

2017-09-15

年金も出そうにないのに子供ニートになったら将来詰みだな

40代会社員

子供中学生だが登校拒否で家に引きこもって毎日ゲームをやってる。

なんか子供の将来の心配でもあるけど、将来、家庭が崩壊するんじゃないか不安で仕方がない。

典型的増田収入はそこまで高くないし、貯蓄もそこまで多くない。

バカ政治家が、超老人過保護で、金がどんどん年寄りにだけ流れる仕組みを作っていて、それを是正する気がさらさら感じられない。

さらにそれが当たり前みたいな空気社会蔓延してるから暴動もおきない。

結果、2017年にしてもう既に将来の我々の年金が危ぶまれているではないか。。。

近い将来年金がガチ消滅、あっても80歳どころか90歳まで出ないんじゃないか不安で仕方がない。

ここまでは政治家以外の国民が苦しむだけで (本当日本の政治家は保身しか興味ないな)、自分だけに限った話ではない。

しかし、うちの場合子供がこのまま学校にも行かず就職もせず、ニートになってずっと養っていく必要になったら?

60歳になっても仕事があるだろうか?

そのころにはAIが台頭してきて年寄りにできる仕事なんて自動化されていて、ないんじゃなかろうか?

収入支出バランスを考えると、かなり早い時期に貯金を切り崩しながらの生活を強いられる気がしている。

だって、うちはニートをずっと養わなきゃいけないかもしれないんだ。

まあ追い出せって意見が出ることは想定できるけど、実際いろいろあって登校拒否になった子だ、親まで冷たく当たってはという気持ちもあるんだよ。

ニート数は年々増加しているらしい。

おそらく自分のような家庭は決して少なくないであろう数が存在していると思うんだよね。

でも我々の将来は、

年金でない。

年寄り仕事ない。

子供ニート

社会はそんな年寄りで溢れかえる

これってつまり国民の大部分を占める老人withニートがみんなで生活保護申請するってこと?

生活保護ってある意味特権階級へのベーシックインカムだよね。

あぁ、本当、政治家仕事してくれ。

2017-09-14

anond:20170914105346

会社員等として雇用されないのであれば別に5日連続なんて関係ないのでは

2017-09-13

anond:20170911232402

会社員率0%か。おいしい思いをしたら、もう戻れないんだろうな。

2017-09-12

妊娠出産きっかけに雇止めされそう

来年3月までは雇うけど、4月からは辞めてもらうことになると思うよ!

 出産後どうなるかわかんないかしょうがないよね?

 お腹赤ちゃん第一だもんね?旦那さんともよく相談しといてね☆」

だって

ふざけんなクソ!!!!!!!!

産後収入の道が断たれるのに安心して産めるかボケ!!!!!

弊社に漂う男尊女卑的な雰囲気からそんな感じはしてたけど、実際言われるとすごくムカつく

出るとこ出てやりたいけど、そんなクソみたいな弊社訴えるために労力払うのも馬鹿馬鹿しいし、

素直に応じてさっさと次の職見つける方が、茨の道でもより建設的な気もしてきた

先人のお母さんたちはこんな屈辱を受けてきたというのか

ムカつく

本当にムカつく

こんな会社に入らなきゃよかったのか

子供つくらなきゃよかったのか

独立もできない、しがない会社員の私が悪いのか

とりあえずどこに相談にいけばいいんだ

これからどうすればいいかからない

今29歳。会社を3ケ月前に辞めた。

さいこから先生や周りの大人に抜群にウケが良かった。

小中は地方公立に通った。自分からは言い出さなかったけど、周りが勝手学級委員とか何かの代表に推薦してきたり、いわゆるヤンキーとも普通に友達だった。

クラスに馴染めない子がいたらそれとなく声をかけたりもしてた。

成績もまあまあ良かったから、推薦で私立高校特待生で入って大学に行った。

大学入学直前うちにお金がないことがわかって新聞奨学生として学費生活費を稼ぎながら通った。

大して勉強したいこともなかったが、周りがみんな大学行ってたから専門や就職は考えなかった。

学費の元をとろうと思って就活も頑張ったら第一志望の企業に行けた。

入社最初カスタマーセンターに配属された。電話死ぬほど苦手だったので社会人生活終わったと思ったが、すごく頑張ったら3ケ月後にナンバーワンになってた。

それから色々経験して、5年目くらいにはやりたい仕事もポツポツできるようになった。

社会人7年目に入ったころ、上司からあなた管理職にしたい」的なことを言われた。

一瞬で頭にたくさんのことが浮かんだ。残業満員電車責任会社への帰属意識。どれも人生で楽しくない要素ばっかりで、急になんでここにいるのかわからなくなった。

ちょっと考えて、その場で「辞めます」と言った。

ここで初めて、レールから外れた。

今までずっと、誰かが示してくれたレールの上を落ちないように走ってきた。

自分で考えるよりも先に、誰かが課題を与えてくれたから、それをがむしゃらにやってればよかった。

29年間、自分で考えることをサボってきた。

この3か月間、色々な本を読んだり、自己分析したり、勉強したりしてるけど、自分がこれから何をやりたいのか、どうやって生きていきたいのかよくわからない。

ネットにはよく「好きなことを極めろ」とか書いてあるけど、好きなことが見つからない。

受動的に過ごしてきたツケだと思ってる。

会社を辞めたことは後悔してない。自分が初めて与えられた環境にノーを言えたからだ。

初めて自分の声を受け入れて、とても気持ちいいと思った。

ただ、今とても苦しい。

自分の進む方向を自分で考えて決断することが初めてだからだと思う。

また会社員として働くこともできるし、東京を離れることだってできるし、地元に帰ったり、地方移住したり、外国に行くことだってできる。

レールの外歴3ケ月の自分には選択肢が多すぎて頭がパンクしそうである

【追記】

みんな想像以上に温かい言葉をくれて、泣ける。本当にありがとう

1人でぐるぐる考えるタイプからコメントを見ていて自分自身も気づかなかった部分や選択肢が見えてきた。

電池切れとか確かにそうだったかもと思った。

自分の考えをネット上で書くことにものすごい抵抗があったけど、書いてよかった。ありがとう

2017-09-11

自営業の人のほうが弱者いじめが好き問題

下請けいじめにあってのに労働法で守ってくれないという意識が強いのが原因。

若いうちから儲け目的自営業をはじめてるので金持ち優遇・貧者切り捨てを支持している。

会社員はみんな優遇されている、自分のほうこそ弱者だと思ってるので、貧乏人叩きに容赦がない。

2017-09-09

働いてからの方が日常生活赤の他人と揉めるリスクをとりがちになっている気がする

学生の頃は舐めた態度とる馬鹿がいても無視できた

会社員になってからメールでもなんでも、相手がうっすら舐めてるなって思ったらこっちもビジネス的な文法できっちり咎めるということが要求されてきた

その結果、日常で舐めた態度で馬鹿にしてくる奴に関してもなぜか相応の態度を取るべきだと反射的に思うようになっている

"あんな連中無視するのが正解"と思っていることには変わりはないんだが、明らかに赤の他人に行動を起こすハードルが下がったのを感じる

2017-09-04

ベンチャー企業についてもっと語れる場所が欲しい

ベンチャー企業で働いてるんだけど

それでも他社ベンチャーについて語れる人が極小だったりする

たまにベンチャーに明るい人が居ても、事業領域や気にするポイント結構ずれてる、3人くらい居ないと話が噛み合わない

友人も会社員とかだからベンチャーの話はできない、たぶん面白くないし

市況に行っても大企業の話とか多いだろうし

専用スレなんてもちろん無い

上場前後や、上場後はちょっと目立つからはてブとかに上がることはあるけど、語れるほどではない

Twitterベンチャー界隈の人は胡散臭さMAXなのと、やっぱり上場企業とかしか注目してくれない

以前Rさんに外注で入ってたんだけど、それでも思ったより語れなかった

 

でもベンチャー面白い

シード〜アーリーくらいのベンチャーExit2歩手前くらいまでのベンチャー

良い意味でも、悪い意味でも面白い

この売上おかしくね? とか

こんだけ儲かってるのに調達するんだ とか

人数増やしすぎだろ とか

どうマネタイズしてるんだろ とか

これ違法だろ とか

このサービスすげぇ良い とか

これはあのサービスを参考にしてるよな とか

このUIアレと同じだよな とか

 

もっとなー語りたいなー

ちなみにそういう会社を発掘するのは、調達ニュースWantedlyが一番だと思う

あとは注目アプリWebサービスはちょいちょい調べてる

2017-09-02

https://anond.hatelabo.jp/20170902183739

全面的同意

てか、俺ロリの人だけど質問ある?COMIC LOたまに買うぐらいの雑魚だけど。

スペック40代会社員ITエンジニア、既婚子無し。

https://anond.hatelabo.jp/20170902000725

全面的同意

てか、俺タトゥー入れてる人だけど質問ある?肩にちょこっと入ってるぐらいの雑魚だけど。

スペック40代会社員ITエンジニア、既婚子無し。

真木よう子さんのコミケ参戦問題を整理してみた。

現時点で、本人が参加を辞退している以上、もう掘り起こさなくても良いんじゃないかとも思うけど、今回の件で色々と考えさせられたので、自分の中のもやもやを整理するためにこの日記を書いています

なので、自分と違う価値観の方には全然落ちてこない内容かもしれない。そして私は、コミケ同人誌即売会というイベントサークル参加した経験はないが、一般参加は何度もした事があり、友人に同人サークル活動をしている人もいて売り子で協力した事があります。このため、出来る限り中立的目線を持ちたいですが、所謂コミケ参加者側の"オタク"の価値観に寄った意見になる事をご容赦ください。

ただ、自分にも真剣応援している推し俳優がいるので、今回の一連の騒動はなんだか他人事とは思えなかったので。

まず、問題は一つではなく複数あり、複数問題が複合的に重なった結果、今回の騒動が起きてしまったんだと思う。混ぜて話すと分かりにくくなるので、1個ずつ取り上げてみることにする。

また、「真木よう子コミケ参戦を促した黒幕別にいるか彼女には何も落ち度はない」という意見もあるかもしれませんが、ここでは論点が少しずれるので詳細には言及しないこととします。

まず問題なかった点というか、これは是非とも賛同したいなと思えた点から

問題なかった点】
写真集作成するということ

オタク普段から表現の自由を訴えている癖に、彼女表現する機会や表現する自由を奪った」という記事意見を多数見かけたが、コミケ参戦反対派のオタク(以降、便宜上オタク」と略す)の中で「写真集作成する」という行為自体否定している人はほぼいなかったと思う。写真集作成し、彼女写真エッセイ等で自分自身表現すること自体はとても素敵で素晴らしいことだ。今回は残念ながらプロジェクト頓挫してしまったが、今後また別の機会があれば是非とも再挑戦してほしい。

ただしその時は、その作品を発表・発売するのに一番適切な環境手法について熟慮して頂くことを心から願いたい。

問題があった点】
◆「クラウドファンディングによって多額の資金を募った作品」をコミケの「アマチュアサークル」として頒布しようとした事

これは既に多くの記事でも言われている通り「クラウドファンディング自体資金集めの手段としては画期的であるし、彼女応援するファン支援できる、という事は全く悪いことではないと思う。ただ、「クラウドファンディング」というビジネスモデルに頼って「多額の出資金」で作成された「プロライクな作品」を「コミケアマチュアサークルとして頒布する」となると、やはり違和感が拭えない。

正式ルール化されていなくても、アマチュアサークル作品を作り頒布する人のほとんどは、例外を除き自費制作が主流。これは、出す作品同人誌でも写真集でも雑貨でもCD映像作品でも一緒だと思う。当然、自費制作なので多額の資金を準備するのは大変だし、制作数にも限りがある。そういう制約の中で最大限の努力をして、自分作品を出す。コミケというのはこういうDIY精神ベース根付いているし、そういう人達の活力で出来ている。

クラウドファンディング」の「制作したいものがあっても資金がないので、パトロンを募って出資してもらおう」という精神は今の時代の風潮に合う素晴らしいものかもしれないが、「コミケ」の中の主流である自分達の制作頒布するもの基本的自分達の資金力・能力範囲内で準備する」という精神とはやっぱり相容れない部分が大きい気がする。

多くのオタク拒否反応を示したのはこの部分のはずなので、同じことを別の人がやってもやっぱり叩かれていたと思うが、真木さんほどの有名人がやろうとしてしまったことが大炎上に繋がったのだろう。

コミケ企業ブースであれば、出展料金はアマチュア向けブースよりもかなり高くつくものの、そもそもが商用のスペースなので、企業ブース出展する企業コラボレーションして参加するという話であれば、もしかしたら成功していたかもしれない。(企業ブースには声優等の有名人が登場することもある)

真木よう子さん自身目的を達成するにはコミケアマチュアサークル向けスペースが不適切すぎた点

何故コミケに参加したいのかという質問に対し、真木さんは「ファンの方と交流したい」という回答をされているのを拝見した。コミケは、確かに作品頒布者とそのファン交流できる場でもある。ただそれは、あくま作品頒布する際に生まれる「副産物」であって、そもそもファンとの交流に適した場所ではまったくもって無い。

コミケは、毎年ニュースになるほどの人混みになる。アマチュア向けサークルブース基本的に長机を半分で1サークルが使い、サークル側の1ブース内に入れる人数は2人程。大手サークルでも2スペースで長机一つ分。一般参加者が歩き回れる通路もとても広いとは言えず、移動したくても身動きが取れなくなってその場で立往生するなんてことは当たり前に発生する。人混みではない場所でもブースの周りにずっと人だかりが出来ていたら、近隣のサークル迷惑がかかる。そもそも、入場するまでの待機列から目的場所に辿り着くまでに3~4時間以上経っている…なんてことも当たり前に起き得る。夏コミなら炎天下灼熱地獄の中で長時間外で並ぶことになるし、冬コミなら早朝の凍え死にそうな寒さの中で長時間並ぶことになる。

そんな場所で、所謂有名人である彼女が参加することで起きるであろうリスクを考えるのは簡単だろう。コミケ参加者彼女ファンを問わず真木よう子というネームバリューがあれば大量の人達がそのブースに押し掛ける。コミケ参加に不慣れな彼女ファンコミケ常連客との間でトラブルが起きるかもしれない。それによって、近隣のブース作品頒布するサークル迷惑行為被害が及ぶかもしれない。コミケに不慣れなファンが長時間外で並ぶことで体調不良者が続出したり、救急車が出動することもあるかもしれない。

こういった可能性に対するリスクマネジメントをきちんと行い、徹底的に対策することまで考慮されていたのかは定かではないが、少なくとも頒布する場所コミケではなく、個別に専用の会場を抑えてファンミーティング握手会等といったイベントを開催した方がよっぽどリスクが軽減されるはずである。それに、彼女程の女優であればそのようなイベントを開催することも可能なはずだ。つまり芸能人ファンとの交流に重きを置いているのであれば、コミケという場は正直不適切しか言いようがない。

これは、自分推し俳優に当て嵌めて考えても、やはりコミケに出たいと言われたら絶対に全力で反対するだろうし、専用の会場を抑えてファンイベントを開催してくれた方が正直何百倍もありがたい。というか、あん過酷空間推しを放り出すのはファンとしてとてつもなく心配である

あとこれは、個人的意思が多分に含まれるが、コミケというのはそもそも芸能人ファン交流の場ではないので、それを正々堂々と「ファン交流のためにコミケに参加したい」と芸能人が言ってしまうのはコミケ私物化したいと言っているようにも捉えられかねないと思う。やはり、ファン交流目的ならば別の会場をブッキングするべきである

もちろん、今年の夏コミでの叶姉妹のように上記リスクを全て懸念の上、事前のリサーチ対策を徹底的に行い、かつ準備を入念にしているというのをアナウンスをしてくれれば「そこまでしてでも参加したいのであれば…」と参加を応援する声が増えていたかもしれない。コミケに来るオタクの一部は、とてもトラブルに敏感である。そして「有名人が参加する」という事はそれだけでアマチュアサークルの何倍ものトラブル勃発の可能性を内包している。有名人アマチュアサークルコミケ参加にはそれくらいの差があることを、彼女ファンの方々にも是非知って頂きたい。

◆本プロジェクトを発表するタイミングとその内容の詰めが甘かった点

これは想定の話になってしまうが、発表時点で「クラウドファンディング写真集作成をする」という事だけが公表されていて、「コミケ参加」は当選が確定した後に発表されていれば、ここまで批判する者はいなかったように思える。もちろん、コミケ参加を発表する際には、先述のリスクに関する対策案も同時に発表しなければ結局炎上していた可能性はあるが。

毎年多数のアマチュアサークルからの応募があるが、その分落選するサークルだっている。そういった背景があるにも関わらず、確定前に「コミケに参加する」という発表をするのは「芸能人からたぶん当選するだろう」という驕りにも見えるし、「コミケ」というキーワードを使えば話題性高まるのでクラウドファンディング資金集めをするネタにしようとしていたようにも見える。この辺も、オタクから反論を買うことになってしまった要因の一つだと思う。

そもそも事務所意向に反する活動が出来ないと言っているのに事務所的にクラウドファンディングというビジネス彼女個人で実行するのは問題ないのか?

この辺は所属事務所規定にも関わってくると思うが、本人のみで完全に非公式プライベートコミケに参加するというのであれば、会社員をやりながらコミケに参加するアマチュアサークル形式は一緒な気がするが、クラウドファンディングというのは一つのビジネスであり、実際の必要経費よりはかなり少ない額とはいえ800万円もの資金所属事務所を通さず、大々的に公表して集めて、事務所から何も文句は言われないのか?というところも疑問である

コミケという場を借りててっとり早く本を出すよりも、少し時間はかかるかもしれないが、事務所相談するなり、事務所移籍するなりして、事務所側に彼女自身が望む企画理解してもらえるように働きかけるべきだったのではないかと思う。

今となっては、あの発表内容に書かれていた文章が、本人による言葉なのかどうかは分からないが、ファンから集めたお金を使う以上、沢山のファンコミケに関わる全ての人が閲覧できる場所で、あの内容を「本人の言葉」として発表する事を許容してしまったのは、一端の大人であり、女優という注目されやす仕事をしている社会人として、あまりにも配慮が足らなかったと言えると思う。

SNSでの発言内容やその使い方に配慮の無さが際立ってしまった点

これは、かなり個人的意見になるが、Twitterにて批判を受けた際に、数あるリプライの中から特に暴力的ツイート引用して、謝罪文投稿した事は正直ドン引きだった。彼女の元に来ていたリプライを見ていた人なら分かると思うが、その中には暴言だけでなく、建設的な助言や意見が多数寄せられていた。にも関わらず、謝罪ツイートにそれらの意見引用するならまだしも、敢えて特別ひどい暴言引用した意図が全く意味不明だった。

正直、自分ファンに「こんな酷い暴言を受けても謝罪しているアタシって可哀想」というアピールをしているように見えても仕方ないやり方だった。事実、その後Twitterでの論争は更に広がり、彼女擁護派対オタクでの言い争いが巻き起こっている。こういった状況を誘発する事すら想像できなかったのだろうか。

世間には何も考えずに心無い暴言を吐く人間が山程いる。特にTwitterをやっている有名人というのは、そういう人間には格好の餌食だ。そういうのを真に受ける必要はどこにもないし、逆に相手にすることによって、相手負の感情助長してしまう事もあるので、そういう相手へのスルースキルを持つべである

逆に、彼女のことを親身に考えてアドバイスをしていたオタクファンも沢山いたのだから、そういう意見尊重引用すべきだったのではないだろうか。そうすることで、擁護派の人もオタク意見に寄り添えたかもしれないし、オタク側の理解者も増えていたと思う。少なくとも、今よりもう少し、平和な状況になってたと思う。

このTwitterでの一連のやり取りから感じた彼女への印象は、SNS煽り耐性の無い人なんだなぁ、という印象である。仮にも34歳の立派な大人なのだからSNS発言すること、インターネットという世界中に開かれた場所情報を発信する意味を、もっときちんと考えるべきだと思う。

最近この騒動を受けてか、Twitterアカウントを削除されたようだが、一旦彼女自身SNSとの距離感を考える良い機会になってくれたら良いなぁと思う。

…以上が、一連の真木さんのコミケ参入に関する一連の騒動への所感です。素人意見なので、色々と間違っているところもあるかもしれないですが、自分なりに整理してみました。

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

いつか真木さんご自身が、これらの問題をすべてクリアにして作品を発表できる事になったら、その時は快く応援させて頂きたいですね…!

その日が来ることをお待ちしております

2017-08-31

父を尊敬 母に感謝 姉は友達 私は○○

私は父、母、姉の4人家族

厳密には2匹の猫を加えて6人家族

 

父は自営業で、母は会社員。姉は国公立大学を出て今は立派な社会人

お父さんは毎日遅くまで働き、(大変失礼な発言だが)自営業でありながら大金を稼いでらっしゃる

中1の夏頃から私が家事を引き継いだが、それまでずーーーっとお母さんは仕事家事を両立した兼業主婦

お姉ちゃんは早くに寮生活を初めて家を出たせいか、とにかく私に優しくて甘々な性格。まるで友達みたい。

じいちゃんは一緒に住んでないけど、慈愛の塊みたいな人。最近ちょっと体の調子不安

ばあちゃんも暖かくて優しい人だったけど小学生の頃に旅立ってしまった。

 

私は家族全員大好きで、特にお姉ちゃんが大好きだった。

しかしそれを学校で言うと信じられない、と異様に驚かれる。

 

私は学校では、言動制服の着こなしのせいでいわゆるギャルっぽい扱いをされており、

生徒会室でたこ焼きを焼くとか時々突拍子もない事をするのでちょっとした有名人だった。

「突拍子もないことをしている」自覚がある時点で普通の人だと思うんだけどその言い訳あんまり通用していない。

 

お父さんを尊敬していると言えば、普段真面目な女子生徒にあからさまにドン引かれ、

お母さんに感謝していると言えば私を嫌いな先生は鼻で笑い、

お姉ちゃんを大好きだと言えば、シスコンネタで1年くらいイジられ続けている。別にいいけど。

因みにじいちゃんが好きって言った時は大体みんな共感してくれた。

 

そんなに家族を好きな事って恥ずかしいのだろうか。

皆、家族が好きだけど口に出せないだけじゃ無いのだろうか。

「じいちゃんやばあちゃんは好きでもセーフ」な空気を感じて、私は少し切なく思う。

 

今度はジンギスカンを焼けばいいと、使い捨てジンギスカンの鍋をじいちゃんがくれた。

流石に焼かないけど。

 

真面目を気取れば父を蔑ろにしていいのか、仕事に就けば母への感謝を忘れていいのか、

お姉ちゃんが好き、がどことなく恥ずかしい発言であることは弁明の余地なしだが、

人生出会った沢山の友達と同じように家族を愛したってバチは当たらないんじゃないかなぁと、私は感じる。

 

 

そして思う、

胸元をちゃんと閉めろ(少し緩めてるだけ)とか、スカートが短すぎる(少し短いだけ)だとか

時々そんな文句を言われると何だか家族って鬱陶しいなぁ、と思う私は

 

やっぱりどう考えても、性格が悪い。

2017-08-30

会社員やめたい

経営者になりたいわけでもない。

自由が欲しい。

好きなように生きたい。

人々の需要を満たすと

見返りにお金を貰える社会システムのものがめんどくさい。

欲しいものを訊ねても、社内のリソースでは実現不可能だったり、

稀にリソース範囲内で実現できるものがあっても、

本当に欲しいものを答えてくれている訳ではなかったりした。

かつてフォード自動車会社社長曰く

まだ車が無い時代に人々に欲しいものを訊ねたら、もっと早い馬が欲しいと答えただろう。

未来の当たり前にあるものを作り出す。

なんてかっこいいこと言われても

未来なんてまだ来てないし

なにがきみのしあわせ

なにをしてよろこぶ

からないままおわる

そんなのは

なんか結婚できた

今年の2月に結婚したのだが、そこに至るまでの経緯がかなり変わっているので、ちょっと文章に残しておこうと思う。

彼女最初に会ったのは13年前なのだが、最近までほとんどまともに会話したことがなかった。

最初に会ったのは留学先のトロントだった。バイトしていた和食レストランで、数回だけ彼女シフトが重なった。その店は日本人留学生積極的に雇っていた。

彼女は僕より先に帰国した。連絡先を交換することもなく、軽く挨拶だけして別れた。特に仲良くなったわけでもなかった。

数年後、彼女マッサージ嬢になっていた。いわゆるグレーな店ってやつだ。僕はサラリーマンになっていた。会社帰りに先輩と酒を飲んで、酔った勢いで入った店に彼女がいたのだ。体のラインがくっきり見える白いワンピースを着ていた。スカートパンツが見えるぐらい短くて、とんでもなくエロかった。お互いに顔を見合わせて、アッという顔をしたが、それ以上は話さなかった。僕は普通にサービスを受けて店を出た。とても不思議な気分だった。

それから数年後、僕はわけあって会社を辞めて、埠頭倉庫日雇いバイトで食い繋いでいた。バイト先には雑多な人々がいた。中国人フィリピン人孤独な中高年、ヤクザを抜けて堅気になった人。

僕にとってこの職場はすごく快適だった。前職で人間関係のゴタゴタとか、派閥争いとか、そういう面倒なことをたくさん経験して、心底うんざりしていたので、それらがほとんど無い倉庫環境は、とても心地よかったのだ。

ある日、その倉庫彼女派遣されてきた。彼女元請け会社事務員という立場だった。彼女は僕の顔を見て、アッという顔をした。それから互いにニヤッと笑った。マッサージからどういう経緯で事務員になったのか、ちょっと興味が湧いたが、尋ねる機会は無かった。彼女とは昼に食堂ですれ違うだけだった。目が合うと、お互いにニヤッと笑った。

それから僕は転職が決まり倉庫をやめた。再び会社員になり、あっというまに数年が経った。僕は33才になっていた。恥ずかしい話、何年もまともな恋人ができずにいた。いつのまにか独りに慣れていた。僕はどこにでも独りで遊びに行く「ぼっちおじさん」になっていた。映画、芝居、フェス登山、何でも独りで出かけた。特に淋しいとも思わなかった。でも、親や友人にはずいぶん心配されるようになっていた。

ある日、割と好きだったアーティスト来日中だと知った。しかも翌日にライブがあった。休日だったので、行ってみようと思ったが、当然のようにチケット完売していた。当日券の販売もなかった。そこでいちどはあきらめたが、なんとなくチケキャンを調べてみたら、ちょうど一枚余って売りに出している人がいた。申し込んだら、あっさり取引が成立した。時間がないのでチケットは当日に現地で手渡しということになった。

そこに現れたのが彼女だった。待ち合わせ場所彼女が現れた時、僕はアッという顔をした。彼女もアッという顔をした。僕らは互いに声を出して笑った。

二人で並んでライブを見て、大いに盛り上がって、そのまま酒を飲みに行った。こんなに何度も会うのはきっと運命から、もう結婚しちゃいませんかと僕は彼女に言った。

そうしましょう、と彼女は言った。そして、その日の夜に二人でラブホテルに泊まった。婚姻届を出したのは、それからわずか6日後である

彼女宝石の鑑定士になっていた。留学生マッサージ嬢、事務員、会うたびにころころ変わっていて面白い。13年というのは、そういう年月なのだろう。

彼女もずっと未婚で、数年前から焦って婚活などもしていたが、なかなかうまくゆかずにいたらしい。そんなときに僕が現れて、いきなりプロポーズしてきたので、乗ってみたという。決め手は「いつみても顔色が良いから」だそうだ。年収とか、素性とか、そういうことはもうどうでもよかったらしい。長年の婚活で、そこにこだわりすぎて疲れたのだとか。13年間、いつみても顔色が良い男はなかなかレアだと思ったのだそうだ。顔色を褒められたのは生まれて初めてだった。

僕らはお互いに日雇いフリーターだったり、怪しいマッサージ嬢だったり、色々な時期を経ながらもしぶとく生きてきた。今後もどうなるかわからない。でも、何があってもきっとしぶとく生きていくだろう。今のところ結婚生活は順調である

タバコを薬という人がいるんだけどさ

薬品じゃなくて嗜好品からな?当たり前のように言ってた20代会社員見て呆れたわ

2017-08-27

https://twitter.com/meron58052/status/901257227058634752

個人的には双方が納得して勝手にやってりゃいいと思ってるんだけど、虐待肯定しているキチガイが多いから書きたくなった。

今日本に蔓延っているひたすら人件費を削ることで成り立つブラック企業会社員コンビニオーナー。半分以上搾取されてる派遣社員なんかの奴隷が何時までもいなくならない土壌が、

こういう日本古来から脈々と続く勘違い精神論による教育なのだろう。土人国家面目躍如というところか。日本近代国家として発展するにはこういう害悪を垂れ流す連中を一掃するしかないだろう。

一応書いておくけど叩かなきゃ分からない、出来ない奴というのは存在する。叩くことで出来るようになる一人二人の為に体罰肯定するか、体罰を辞めてその裏に隠れている死亡者を救うかどうかと言う話だ。

中学高校柔道部野球部日本EU諸国米国と比べて極端に死亡者が多いのは、こういう体罰論者が殺しているのだ。

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826204521

バブル時代は、テレビで見るような豪遊してるのはマスコミ不動産関係者くらいで

一般会社員は「もっと贅沢してる人を見てる状態」だったので

今の生活に満足と答えるわけない

今の生活に満足なのは過去もっと悪かったのを頑張って向上させたり

今後また不安定生活に戻る可能性が高いか

しろ今が高くなるのは当然

異業種おじさんたちと酒を飲める環境なので年収を上げる為の知見を集めた。

幸運にもいろいろなおじさんと酒を飲んだりする機会が得られている。これまで飲んだおっさん100人ぐらい。一部をまとめて知見を共有したい。

中小企業社長A

地方製造小売社長自分で決めたことは特に根拠はなくても決めたらできる。例えば明日から朝4時に起きると決めたら明日からできるしずっとできる。行動力半端ない。真似出来ない。

無職B

メーカーを50過ぎてクビになった。経験スキルもそこそこありそうだがよく聞いたら30歳ぐらいのスキル経験趣味時間をかけていたらしく趣味知識はすごい。

無職C

50代。営業なのに営業スキルが低く、勘違いして起業転職を試みるも失敗。貯金も少なくなり最近ティッシュ配りのバイトに精を出しているらしい。推定年収200万円。

会社員D

40代半ば。年収380万円で奥さんと2人の子供。忙しさで殺されスキル経験も高められずに消耗戦。

地方銀行E

50代年収1000万円。勤務時間外の時間を使って資格取得の鬼になった結果とのこと。

コンサル起業F

50代。大企業子会社部長の後にコンサル起業業務時間外の時間をたくさん使って勉強したしこの年でも徹夜もする、とのこと。

複数会社経営G

50代年収千万円。人脈お化け。1日3時間睡眠読書勉強時間を確保しているとのこと。

個人投資家H

メーカー開発だったが50代で起業しようと思い退職起業はうまく進んでいないが若いから続けていた株式投資サラリーマン時代より稼いでいるとのこと。

コンサルI

50代。会社何個か持ってる。一度見たことを忘れない、文字を読むスピードがクソ早い。思考も早い。

中小企業社長J

50代中卒。すべて見て学んできたが、50歳になって本を読みだしたら読書が一番学習効果が高いことに気づいたらしい。

●得られた知見

特殊能力持ちには勝てない

決めたことを絶対できたり睡眠時間3時間だったり、完全記憶みたいな特殊能力持ちには勝てない。

・稼いでるおじさんたち、めっちゃ勉強してる

思ったよりみんなめっちゃ勉強してた。寝る時間も削ってた。

自分の父はほとんど勉強してなかったから驚いた。

勉強できる仕事最強

勉強仕事仕事中に勉強できる仕事に就けば仕事すればするほど勉強できるので強い。次点勉強できる時間が確保できる仕事。最悪は勉強にならない仕事を長時間させられて勉強時間を確保できない仕事

世間は低スキルに冷たい

学歴はそれなりに良い方の人たちでもいい年して低スキルだと世間は冷たく、人生は辛そう。

あとなにかありますか?はてなーのおじさんたちに知見を求めたい。

【追記】

どんな環境だよと言われたので書きました。

https://anond.hatelabo.jp/20170828142356

2017-08-25

お酒を飲むことしかやることがない

20代半ばの会社員である

仕事システム開発をしていて、まあ充実している。

大手ではないがいわゆるホワイト企業に勤めており、残業もそんなにない。

これは、普通の人であれば、よいかもしれないが、毎日暇なのが悩みだ。

家に帰っても酒を飲みながらYoutubeを見ることくらいしか楽しみがない。

友人がいないわけではないが、いわゆるおしゃべりが好きな方ではなく

からといってこれという趣味もなく

ただ酒をのんで、ぼーっとして、いつの間にか眠りに落ち、次の日また会社へ行く生活を送っている。

事故とか何かで早く死にたい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん