「報酬系」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 報酬系とは

2019-10-20

anond:20191020232227

脳のリソース使うならラテン語原典購読とかピアノ演奏とかのほうが結果が即時展開されるから報酬系バチバチ刺激されて良いよ。

競技プログラミングなんてやってても分からないままウンウン唸ってるだけで余計にメンタル壊しそう。

2019-10-19

苦痛から逃れる」を目標人生を生きてはいけない

それは最初から矛盾しているから。

その願いを達成したいなら「今すぐ死ぬ」ことが唯一の正解だ。

死ねば達成される願いを叶えるために生きてはいけない、自己矛盾精神を確実に蝕む。

そもそもをして、人間人格精神と呼ばれるものは、生存のための危険回避目的として発生したものだ。

死へと近づく行為状態に対して恐怖や不快感を抱ける生物が生き残ってきた結果が、生存競争の真実だ。

勘違いしていると勘違いされたくないので補足するが、生存競争というものはそういったレースゲーム存在したのではなく、単に生き残りやすい連中が生き残ってきたというそれだけの結果論である

死へと近づくような行為苦痛として認識する無数のセンサー信号集合体こそが意識である

無数のトレードオフデッドロックに対してより生存確率の高い回答を吐き出せる性能を持った連中が偶然生き残り続け、その中でたまたままれてきたものを私達は意識だの知性だのと呼んでいる。

実際、知性を持つということが生き残り子孫を反映させることにおいて如何に強力な武器となるかは今の人類繁栄を見れば分かる。

その機能機構は端的に言えば「生き延びるために苦痛回避しようとする」というものだ。

私達の本能はいだって苦痛から逃れたがっている。

それはそれが生存戦略として正しいからなのである

そして、生存戦略に基づいた行動を取ることによって報酬系が刺激されるわけだが、文明社会の急速な発展に自然淘汰の速度が追いつかずバグが無数に発生しているのが実情だ。

その状況に対して、ただただ苦痛回避するという原始的欲求を加速させていくことは心に巨大なバグを生む。

そのシステムが構築されだした頃、私達はまだ自死というもの理解していなかった。

だが、今は違う。

2019-10-18

【読まないと死ぬ確率アップ】災害時役立つ!最新科学による家族を守

最近研究によると、人間不安を強く感じると「動けなくなる」習性があるそうです。

動物として遺伝子に組み込まれた仕組みなのでどうこう言ったところで変えることは難しい状況です。避難者をこのまま増やすことは物理的に不可能です。

台風などで大きな被害が予想される場合、早期に避難所に向かうことに「うれしいメリット」を避難者に与えるようにして下さい。報酬系という脳の回路が刺激され強制的自主行動が促されます成功したPayPayの100万円プレゼントキャンペーンもこの原則を利用しています

命を守るためですから現金をばらまいても良いですし、とにかく誰もが欲しがるもの、コト、サービス等を提供して下さい。報酬性的ものでも法の許す限り構いません。食欲は少し動機づけが弱いかもしれませんがアイデア次第でしょう。

このような取り組みは行政がすべきことと思いますが、お役所の方々の仕事スキル常識観では最新の科学的知見に準拠したクリティカル対応不可能と思われます

NPOベンチャー関係者の皆様はどうかこのような事実と策が数多くの命を救える手段として存在することをSNSつぶやきでも構いませんので教えてあげてください。今回助からなかった方々の死を無駄にしてしまわぬように。自分自身や大切な家族をも将来守るために。

ちなみに、人間の行動理解についてはノーベル賞にもなった行動経済学書籍が参考になります。大変興味深い事実が明らかにされています。早速図書館で探す等、ぜひ一度ご覧下さい。

2019-09-26

給料をもらったときよりサツマイモを収穫したときのほうがうれしい

報酬系本能バグってる人はサツマイモを育てるのがいいように思う

2019-09-25

老いたのか、最近は生きる気力もやる気も湧かない。ダラダラ毎日過ごしてる。仕事も最低限しかしてない。勉強しなきゃいけないし、もっとたくさんすべきことはあるけど、最低限しかできない。

この生きる気力ややる気なんていうのは元々無いも同然だったのではと思い直す。私には、元来備わっていないものだったのでは。今までなぜか折々に感じていたけれど、勘違いだったのでは、と。

依存症の人が更生するとき報酬系の異常により快楽を感じなくなると言う話があるが、私もそうだと思う。

頭の動きが鈍い毎日を過ごしていて、それでいてなんのやる気も起きないし、生きる気力も希望もない。ご飯も美味しくなくて、ただ毎日を過ごしている。

人生なんてそんなもので、生きる気力もやる気も、ゼロに近くても行動を重ねていかなければならないのだな。

虚しい。

2019-09-19

なんでワクワクとか、そういうのに人生を懸ける気になれるのか

東京IT企業、いわゆるベンチャー界隈にいるせいかそういうタイプの人が多い

かくいう自分ベンチャー企業にいるのだから、そういう感情が心地よいことは否定しない

でも、それに芯から酔っ払っちゃってる人が多くてそれは凄いなって思う。ワクワドランカーだらけだよ

自分はかなり醒めてる性格から酔っ払いだらけの飲み会に一人でシラフでいて楽しめないやつみたいになってる

でもさ、考えてほしいんだよ

仕事やりがいとかワクワクとか、それは単に脳が喜ぶ反応を受け取ってるってだけで

肉の脂身を食ってるとき幸せを感じるのと対して変わりやしない

たんに脳の報酬系が反応するようなことをしてるってだけ

もちろんそれで幸せ気持ちになれるのは確かだから否定はしないんだけど

やたら「ワクワクするものに一生を懸けたい」とか、「ワクワクする日々を送りたい」とか

それが人生の至高の目的みたいに行ってる人をみると不思議気持ちになる

不思議気持ちが4周くらいしてる

最初馬鹿みたいって思ってて、次に羨ましくなってきて、その次は不可解にも思えて、最近では興味深いって思うようになった

肉の脂身人生を懸けるって言われてるような気持ちになるんだよ

僕にはみんな肉の脂身をありがたがって気づかない程度の知能しかいか、もしくは自分必死ごまかしているように見える

いや、酔っ払ってるとき幸せだしそちらの世界のほうが勝ちなのかもしれないけど僕はどうしてもそこに辿り着けないんだ

2019-09-01

anond:20190901170051

時間か……

でも時間を賭けることはできないからな……

あり得るとすれば大食い競争とか時給で働くとか?

それは時間を消費してやることだからな……(時間は増えないし時間は交換や譲渡できない)

質問意図としてはギャンブル依存症

賭け金の高低とかは関係なくて高額な賞金または商品が賭けの対象

ギャンブル依存症患者は賭けに勝てなくてそれが手に入らなくても期待感報酬系からドーパミンが大量に出るから

お金以外でも賭けれるものがあればいいと思ったんだけど

時間は賭けれないからな……

2019-08-01

anond:20190801161129

大丈夫。それは自然なことだ。

人は「何となくそういうものだと思うから」で子供を作って思ったより大変なことに気づき止むを得ずそれまで持っていたものを諦めて生きてきたんだ。そうやって人類は続いてきた。増田にもその血が流れているのだから、そのうち諦められるよ。

生活に追われるうちにふと気がつくとあれほど大事に思ってたことが以前ほど気にかからずどうでもよくなってきていることに気がつくだろう。もういいかな、もう十分やったかなという気になってくる。

そうすると目の前の子供や家族自分の心の中を占める割合が大きくなってくる。この子幸せこそが俺の生きる意味だなという気がしてくるだろう。脳の報酬系が変化して、何を幸せだと感じるかが変わってくるんだ。

そうすればしめたものだ。増田家族第一仕事も何も全てを選ぶようになる。それで家族幸せ増田幸せ完璧に丸く収まる。その頃には、家族を顧みず夢がどうとかやりたいことがどうとか言っている人間のことがどうしようもなく幼稚に見えるようになっているだろう。それが大人になったということだ。

人類はそうやって続いてきたんだ。心配しなくても、自然とそうなるようにできているよ。

2019-07-22

集団ヒステリー

ツイッター本当にキチって発狂してる奴ばかりになってしまったな

数日前までは京アニ火災、昨日は吉本今日選挙毎日毎日いつ見ても他人の怒りを拡散するやつばかり

普通に怒りが娯楽になっちゃってるでしょ

本人たちはこの流れには乗らなければならない!大義がある!今こそ義憤の声を上げるとき!みたいな気分なのかもしれんが

自分タイムライン雰囲気に乗せられ感情に任せてひたすら流れてきたものRTしてるだけじゃないのかって少しも疑いもしていないようなのがきつい

もう完全にツイッター見て怒って発散するっていうの脳内報酬系ができちゃってるんだろうな

2019-07-09

物心ついた時からずっと、頭の中で「つらい」と言い続けてきて、希死念慮(というか、なんとなく死にたいと思ってしまうこと)が日常で、ずっとこれが取れなくて、私はつらいまま死んでいくのか、いつかもっと苦しくなったら自殺してしまうかもしれないと思っていた。

自分はもともと頭が多動で注意欠陥気味だ。

そんな人たちは報酬系が弱く、何かに依存してしまいがち、らしい。

考えた末に出た答えは、自分の頭があまりにも暇すぎて、退屈に耐えるのが「つらい」だけのようだ、ということ。

から、刺激が足りなくて、人生において何もつらくないのに、なぜかずーっと「つらい」って言ってたんだ。

びっくりしたと同時に、こんなに頭がつらくてよく生きてきたなと思う。

私は、刺激があれば結果はどっちでもいいんだ。恋愛成功したって、失恋したって、刺激になれば頭が活性化するから

そうやって虫の走性みたいに、まるで動物みたいに生きてるんだなって、安心して、仕事をしていないと生きてる価値がないと思う人たちや、絶えず刺激を求めて徘徊する人たちに、自分を重ねてしまう。

瞑想がきくのかはわからない。

2019-07-04

発達障害者正義感が強い

特にADHDに言えると思うけど、その理由報酬系の働きが弱いから。

正義感をふりかざすとエンドルフィンが相当量分泌される。

これは性行為にも勝る快感なんだよ、自覚ないと思うけど。

まれつき報酬系が弱いADHD人間は、正義感を発揮すると知らずしらずのうちに快感を得て癖になっている。

本質的正義感が強いのかもしれないが、明らかに快楽の虜になってる。

という説が現在強い。

ポリコレ棒ぶん回してる人は、ちょっと立ち止まって自分言動を振り返ってみよう。

2019-05-05

ゲーム努力に対するポジティブさを育むことができる

当然一部例外はあるけれど、概ねのゲームには成長要素というものがある。

この成長要素には主に二種類あって、格ゲー音ゲーのようにプレイヤー自身が成長する要素とRPGのようにプレイヤーキャラクターが成長する要素だ。

このどちらもある程度つまらない下積みをしないと伸びない。

だが、そのつまらない下積みが努力であり、そしてよくプレイしたくなるゲームはその努力が裏切られないゲームである

現実世界では努力した分伸びるかどうかは保証されていない。けれども、保証がなくとも努力しなければ伸びない分野は数多い。

そんな現実と立ち向かう時に、努力して伸びたというポジティブ経験は間違いなく武器となる。それがゲーム世界であっても。

分心理学世界では報酬系とかそういう言葉でまとめられてることなんだろうけれど、人間は魅力的な報酬があるのならば努力に耐えられると言うか、適度な抑圧の後に報酬を得ること自体快感なのだ

また、ゲームちゃんプレイしているのならば、抑圧だけあって報酬のない、いわゆるブラック企業的な体質の世界を異常と感じる感性が育まれる。

それはとてもいいことだと思う。そんな世界に順応してはならないのだから

なので、自分自身ゲームで学んできたことを子どもにも学んでもらいたいと思う。

2019-04-13

なぜ痴漢盗撮がなくならないのか

anond:20190413101216 を目にして、ああそういう季節かと思ったわけだが、前に厳冬の北海道全裸男が……なんてのもあったよな。何故そこまでやってしまうのか、とふと考える。

全裸男だけじゃない。痴漢盗撮も……冷静に考えると、それで何が得られるのか分からない。スカート越しに誰か分からない女の尻触って何が満たされるのか。それをしたかったとしても、風俗にでも行けば極めて安全に、何の危険もなくそれを行え、満たされるわけだ。それを公的交通機関や街中で行えば、触られる方にとっては心身共にこれ以上ない危険を感じ、傷を受ける行為なんだから社会的制裁を受けるのは相応だよな。その危険を冒す意味が分からないわけだ。

盗撮……尻なのか足なのか、ショーツのクロッチなのか知らないけど、撮影、蓄積、閲覧して何が満たされるんだろう。海外サーバ置いてる動画配信サイトでも使えば、その向こうにあるものが見放題なのに。今やスマホひとつでいつでもどこでも見られるし、あまり無茶なことをしなければそれで告発されることもあるまい。盗撮される方にとっては痴漢同様の危険、傷を伴う行為なんだから、これも社会的制裁を受けるのが相応の行為なわけだが、その危険を冒す意味がこれまた分からないわけだ。

まあ、メカニズム分からんでもない。男には哀しい二つの特性がある。全裸徘徊痴漢盗撮……そういう性暴力的問題行動の病根ってのはおそらくそこなんだろう。

ひとつは、男が事実妄想で補完する能力に長けていること。これは男が優れているというより、不幸にしてその方向に暴走する傾向がある、とでも言うべきなんだろうが、スカート越しに見も知らぬ女の尻を触りながら「ああ、この女、結構感じちゃってんじゃないの?」とか考えてしまうわけだ。そんな筈ないよな。見知った男であったって、相互承認なしに、しか通勤電車でそんな心情に至る筈もなかろうに、誰とも分からない男に尻触られた女性が感じる筈がない。でも、そこを妄想で塗り潰すことができてしまうわけだ。

そしてもうひとつは「行為目的化」。普通に生きている上で、行為目的をすりかえるというのは実は一種社会適応能力なのかもしれない。仕事で、何故こんなことをやらされるのか分からないと思うような作業を山のようにこなさなければならないときに、その行為を為すことを目的にすりかえて業務に集中する……そういうシチュエーションもあるかもしれないから。しかし、この「行為目的化」が、性暴力的問題行動に対して、妄想補完とペアになって機能するとどうなるのか。たとえば……

痴漢の話を聞く→自分がやっている情景を想像したら思いの外に興奮してしまう→通勤電車で手の甲が触れた女の尻に少し力を込めてみるが抵抗されない→「ああ、この女、結構感じちゃってんじゃないの?」と思い、その際のスリルも伴って興奮してしまう→後でその情景を思い出して興奮を反芻する→電車での行為を繰り返す→やがてその場のスリル女性の歪む顔を見ることで興奮が喚起されるようになり、そちらがむしろ目的になっていく→際限もなく続け……

盗撮写真ネットで見る→誰のどんなショーツなのか、希望脳内補完を行って存外興奮してしまう→通学途中の上りエスカレーターで見上げた前方の女性が短めスカート、こっそりスマホ撮影画像を見返して更に興奮→何度も撮影を繰り返す→画像を見返す度にその場のスリル・興奮を反芻し、そちらがむしろ目的となっていく→際限もなく続け……

ってことだよな、おそらく。これ、女性が読んだら、何と傍迷惑な生き物だ……とか言われそうだなあ。脳科学的に言うと「報酬系が」ってだけの話なんだろうけど……

この私もですね、こんな話をしたのを中野信子さんに聞かれて、冷たい顔で「ああ、報酬系ですね」とにべもなく切り捨てられるところを想像すると、もう、そりゃ、興奮してしまうのですよ、ええ。

2019-03-28

スプラトゥーン2と、依存症と、私

自分ゲーム依存のようになった話をしてみようと思う。

そのゲームソフトハードを購入したのは2017年の後半。

ゲームハード機を買うのは約10年ぶりだった。

とりあえず人気のゲームをいくつか購入した。

その中には2017年ベストゲームと呼ばれているオープンワールドゲームもある。

特に私がハマったのはイカシューティングゲームの2作目。

2017年にはPUBGなどオンライン対戦型のTPS系も少しプレイし始めていたので、特に気に入った。

プレイするのは仕事が終わった夜間と休日だったが、ゲーム性質上、3分〜5分で1試合が終わる仕様なのでゲームテンポが良い。

イカゲームの開発会社はどの作品でも小学生の子供でもプレイできるようなゲーム作りをしているので、飽きずにプレイできる様に設計しているので試合時間を短くしているのだと思う。(PUBGは生き残れば1試合30分はかかる。)

また、PUBGとの違いはウデマエと呼ばれる強さのランクがあり、勝てば上がり負ければ下がるランクづけシステムがあることで、負けた時の悔しさが大きく、ウデマエをあげるために必死プレイし続けていった。

その後、生活に思わぬ影響が出てしまう。

仕事が終わった夜間にプレイしていたのだが、ゲームテンポが良いためかやめるタイミングがつかめ

ずるずると夜遅く、朝方までプレイするようになってしまった。

寝不足仕事をするようになった。

仕事ミスが増えはじめ、パフォーマンスが落ちて行ってしまった。

仕事関係者にも「体調でも悪いの?」と聞かれたこともあるが、ゲームのせいなんて言える訳もなく、適当ごまかした回答をした。

それでもやめることはできず、続けていると今後は体への影響も出て来た。

病院へ行った

病院精神科ではない)に行き薬を貰い、ある程度回復したが、それでもプレイをやめることはできなくなっていた。

やめなければまた病気悪化するかもしれないという恐怖よりも体が勝手ゲームに向かってプレイするようになっていた。

薄々感じていたが、病気になってもプレイがやめられなかったことで

自分もしかして依存症なのではないか

と思う様になった。

しかし、依存症は簡単にやめられるものではなかった。

そもそも、そのゲームプレイして楽しいという気持ちはそれほどなかったのである

ただ、ウデマエをあげたいという気持ちだけでプレイを続けていた。

自分意識の中でそのゲームは「勝った喜びよりも負けてイライラする方が遥かに大きいゲーム」という印象だったからだ。

イライラが大きいならやめればいいだけなのだが、なぜか続けてしまう。

しかしたら大手ゲーム会社は皆このような「ハマる」ノウハウがあるのかもしれないが、頭ではデメリット理解しつつもやめられないことが不思議だった。

世にある依存症といえば、酒・タバコギャンブル・買い物・SNSなどだが、私はこれまでそれらを体験しても依存レベルでハマるという段階にはいたらなかった。

スマホソシャゲプレイしたことはあるが、ガチャを含めて課金したこともなく、依存症というレベルにはならなかった。

からこそ自分ゲーム依存になるなんて全く予想もしていなかった。

ひょんなことから依存から離れられた

数ヶ月後、依存症を克服できるような状況の変化が起こった。

コントローラーが壊れたのだ。

私は面倒くさがりで節約家なので、コントローラーが壊れても買うのが面倒でもったいないと思い、プレイ自体をやめざるを得ない状況になった。(元々はゲームハード機とソフトもある程度プレイしたら売るつもりだった)

そして私はゲームをやめることができたのだ。

コントローラーが壊れただけで、依存から抜け出すという何て滑稽な奴だと思われるかもしれないが、事実プレイをしなくなった。

ただ、コントローラーを買いたいという気持ちわずかにあるので依存から完全に抜け出せたのかわからないが、

現在プレイをやめたことにより、なぜ私が依存状態になったのか冷静に振り返ることができるようになった。

これまでの人生、様々なゲームプレイしたもの生活には影響が起きず、今回イカゲームだけはやめられずに危険状態になったのか。

依存症になった原因を振り返って考察してみる

依存基本的に脳の報酬系への影響により起こると言われているところと、このゲーム仕様を合わせて推測すると

1) 1試合が短く、ゲームテンポが早いので簡単に脳への刺激が得られる

ゲームスイッチONにしてすぐオンライン対戦が始まり勝敗も5分で出るという手軽さは今までハマったゲームにはなかった。

2) 運次第で勝ったり負けたりするガチャ要素

オンラインマッチングで4vs4のチーム戦という仕様で味方と会話もできないので、どんな味方とマッチングするか運で勝敗が大きく分かれる仕様になっていることで

→ 運良く強い味方が来たり、敵がたまたま弱くて勝利したとき脳内が、モバイルゲームガチャでたまに当たりを引くのと同じ快楽が得られることで、やめられなくなったのかもしれない

ガチャを何度も引き続けてしまうのと同じ状況に陥っているのかもしれない。

→ 勝つために運よりも立ち回りやプレイ技術必要なPUBGにハマらなかったのは運要素が小さいからかもしれない。

(PUBGでも物資アンチの運という要素もあるが、ある程度立ち回りでカバーできるので今回ハマったゲームほど運要素は必要ない)

3) 連勝した後はほぼ必ず連敗するシステムなので、勝ちすぎて飽きないようにできている

ガチャ要素の部分と似ているが、勝ち過ぎず負けすぎずというようにマッチングの調整を行っているように思える。

子供ターゲットゲームなので飽きない様な仕組みを作れているとも言える。

4) プレイヤーをランク付けすることで、上を目指したくなる

ソシャゲ課金と同じでランクを上げたいという射幸心を煽られると人間はなかなかやめられない。

依存経験して学んだ事

自分には依存症になんてならないと思っていても依存する事はある、とても身近な病気であるということ

・一度患ってしまうと理性で依存から抜け出すのはかなり難しいということ

依存症になったと思ったら病院へすぐに行ったり、環境を変えるべき

自分コントローラーが壊れるという外部環境の変化で運良く抜け出せたが、もし酒タバコギャンブルならそうもいかなかっただろう)

ゲームスマホなどのエンタメは脳から快楽物質を出させるので、今後もゲーム依存ネット依存はより社会的問題になるだろう

2019-02-06

いいえ、逆です anond:20190206095038 anond:20190206103158

子ども製造責任は重いので

日本人の死因の 3位は中絶

(そもそもまれることができない)

また製造責任以前にセックス依存症がもたらす害がデカ

セックス依存する人は人間関係を怖がる傾向が高い

調査ではオンラインセックス売春、人前でのセックス複数人との同時セックスしたことがあるかどうかを質問した。またアルコール摂取自尊心に関する質問も行った。


この結果、セックス依存しているとした人は、人間関係を脅威と捉え、人との付き合い方が不安定で親密になることを怖がる、あるいは避ける傾向の割合が高かった。セックス依存ではない人たちが親密さを望ましい、あるいは価値のある関係だととらえ、また人との関係安心感を覚え、自分パートナーを信頼できると考えているのとは対照的だった。

嗜癖障害とは?

・正常な楽しいはずの活動が、コントロールしがたい欲求衝動によって繰り返され、その結果、その個人他者に対して有害となっている状態

嗜癖性ありとして特定されている過剰行動には、ギャンブル摂食ポルノパソコンビデオゲームインターネットエクササイズ、買い物がある。

診断基準

1. ある種の行動(多くは非適応的、非建設的な行動)を行わずにはおれない抑えがたい衝動(craving)

2. その行動を開始し終了するまで、他の事柄は目に入らず、自らの衝動コントロールできない(impairment of control)

3. その行動のために、それに代わる(適応的、建設的な)楽しみを無視するようになり、当該行動に関わる時間や、当該行動から回復(行動をやめること)に時間がかかる

4. 明らかに有害な結果が生じているにもかかわらず、その行動を続ける

報酬系回路

 行動嗜癖物質依存において、同じ脳内回路の異常が指摘されており、その主なもの脳内報酬系あるいは辺縁報酬系回路(reward system)と呼ばれるものである報酬系回路とは、食行動や性行動などの本能的行動を快感として感じることで、行動の継続を図る種の保存のための神経系であるが、存のための本能的行動が快感追求だけの目的で行われると、快感追求の継続と反復という嗜癖や依存に強く関わる神経回路として機能する。

2019-02-02

anond:20190202145632

露出男の頭の中の女子中高生イメージがそこで止まってるんでしょうね。

あと、こういう行為目的を問うのは無意味だと思います。いや、責めてるんじゃないですよ。目的手段がいりまじってしまっていて、

もはやどちらがどちらか分からんのでしょう。でも、こういうことをやると解放感と充足感に満たされると。人間の脳の報酬系なんて

そんなものなんです。

2019-01-11

anond:20190111212413

しません。前提条件が

A.少なくとも6ヵ月間にわたり思春期の子どもまたは複数の子ども(通常13歳以下)との性行為に関する強烈な性的に興奮する空想性的衝動、または行動が反復する。

なので。加えて、

嗜癖障害とは?

・正常な楽しいはずの活動が、コントロールしがたい欲求衝動によって繰り返され、その結果、その個人他者に対して有害となっている状態

嗜癖性ありとして特定されている過剰行動には、ギャンブル摂食ポルノパソコンビデオゲームインターネットエクササイズ、買い物がある。

診断基準

1. ある種の行動(多くは非適応的、非建設的な行動)を行わずにはおれない抑えがたい衝動(craving)

2. その行動を開始し終了するまで、他の事柄は目に入らず、自らの衝動コントロールできない(impairment of control)

3. その行動のために、それに代わる(適応的、建設的な)楽しみを無視するようになり、当該行動に関わる時間や、当該行動から回復(行動をやめること)に時間がかかる

4. 明らかに有害な結果が生じているにもかかわらず、その行動を続ける

報酬系回路

 行動嗜癖物質依存において、同じ脳内回路の異常が指摘されており、その主なもの脳内報酬系あるいは辺縁報酬系回路(reward system)と呼ばれるものである報酬系回路とは、食行動や性行動などの本能的行動を快感として感じることで、行動の継続を図る種の保存のための神経系であるが、存のための本能的行動が快感追求だけの目的で行われると、快感追求の継続と反復という嗜癖や依存に強く関わる神経回路として機能する。

2019-01-04

「性欲痛」なんてのがあれば嗜癖障害だと思う

性欲が辛いとか、なんでもSEX基準なら、治療した方がいいかも知らんぞ。身を崩す前に

嗜癖障害とは?

・正常な楽しいはずの活動が、コントロールしがたい欲求衝動によって繰り返され、その結果、その個人他者に対して有害となっている状態

嗜癖性ありとして特定されている過剰行動には、ギャンブル摂食ポルノパソコンビデオゲームインターネットエクササイズ、買い物がある。

診断基準

1. ある種の行動(多くは非適応的、非建設的な行動)を行わずにはおれない抑えがたい衝動(craving)

2. その行動を開始し終了するまで、他の事柄は目に入らず、自らの衝動コントロールできない(impairment of control)

3. その行動のために、それに代わる(適応的、建設的な)楽しみを無視するようになり、当該行動に関わる時間や、当該行動から回復(行動をやめること)に時間がかかる

4. 明らかに有害な結果が生じているにもかかわらず、その行動を続ける

報酬系回路

 行動嗜癖物質依存において、同じ脳内回路の異常が指摘されており、その主なもの脳内報酬系あるいは辺縁報酬系回路(reward system)と呼ばれるものである報酬系回路とは、食行動や性行動などの本能的行動を快感として感じることで、行動の継続を図る種の保存のための神経系であるが、存のための本能的行動が快感追求だけの目的で行われると、快感追求の継続と反復という嗜癖や依存に強く関わる神経回路として機能する。

セックス依存症(過剰性行為) について WHO(世界保健機関) や DSM-5 は?

WHO病気宣言しているのは「ギャンブル依存症」と「ゲーム症/障害」だよ

DSM-5 は 「物質関連障害および嗜癖障害群 」に現在 セックス依存症(過剰性行為) を含めてないよ

参考LINK

Sex Addiction Symptoms, Causes and Effects
https://www.psychguides.com/guides/sex-addiction-symptoms-causes-and-effects/

行動嗜癖脳科学辞典
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/行動嗜癖

セックス依存症」は精神疾患……進む理解 性犯罪“逃げ道”の恐れも:産経新聞
https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankei.com/premium/amp/180927/prm1809270013-a.html

不安で…セックスがやめられない:NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0529.html

性欲痛な人たち

anond:20190104030414 anond:20190104013024 anond:20190103182931 anond:20190104151203 anond:20190104153712 anond:20190106104458 anond:20180507010701 anond:20190106105505 anond:20190106135334 anond:20190107014034 anond:20190107012459 anond:20190107071658 anond:20190107115031 anond:20190108040635 anond:20190108091533 anond:20190108092106 anond:20190108093341 anond:20190108095951 anond:20190108113239 anond:20190108120748 anond:20190109095329 anond:20190112215329 anond:20190123182900 anond:20190123193344

2018-12-04

anond:20181204104249

報酬系が糞だから

世の中の大抵のことはこれで説明できるぞ!

2018-11-20

anond:20181120121139

人間精神活動コンピュータシステムとの大きな違いは、モチベーションの有無だと思うんだよね。

報酬系の有無というか、脳は脳にとって心地よい方向へ動き続けるのに対して、

コンピュータシステムはまだまだ受動的にしか動かない。

2018-09-22

肥満炭水化物依存症

ブドウ糖覚醒剤ニコチンと同様に報酬系を直接刺激して深い依存症を生じさせうる。

その行き着く先は肥満糖尿病さらにそこから派生する動脈硬化による重篤な各種疾患である

から嫌煙厨のデブアルコール依存症を嗤うデブは指さして笑われるべき存在なのだ

2018-09-09

anond:20180909230454

GABA受容体のはたらきに作用する抗不安薬は、覚醒剤というよりダウナー系のドラッグかと。アルコールも同じ類。

脳の報酬系ピンポイントに賦活する覚せい剤とは違い、脳全体のつながりをゆるくデカプリングすることで過剰な脳の活動を弱める効果がある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん