「事象」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 事象とは

2018-08-19

どうやって頭をよくするか。そしてウェルプ文とは何か

前々から少しずつ考えていたこなのだけど、最近ファイル圧縮技術の1つとしてハフマン符号化とかいうのがあることを知ってついに着想を得た。

ハフマン符号化とは、頻度が多い記号に少ないビット数を与えて、頻度が少ない記号には多くのビット数を与えることで、もともとの情報の多さを抑えるというものだ。

こうした説明こそがそのハフマン符号化の1つの例だ。「ハフマン符号化」という符号によって、他者に伝達する文字列が少なくなる。ただし符号化したものを復号できる知識がなければ、ハフマン符号化と言っても伝わらないところが難点だ。ちなみに、逆に、頻度の多さから意味を解析していく頻度解析というのもある。

ともかく、上記のようなこうしたハフマン符号化のような概念で長い情報圧縮して短い情報にしてしまうことをぼくは「ハフる」と呼ぶことにする。

ハイコンテキストで使われる言葉専門用語ジャーゴンスラングは、すべてハフられた言葉である

ここで、ハフられた言葉のことをぼくは「ハフワード」と呼ぶことにし、ハフワードが多く使われていることを「プレハフ(plehuff)である」と形容し、プレハフな文は「プレハフ文」である表現することにする。

プレハフ文を使うことで、概念は事細かく整理することができるようになる気がしている。プログラミングでの関数変数への上手な命名によって全体の扱いが容易になる事象と似ている。もちろんしっちゃかめっちゃかなハフワードばかりのプレハフ文は誰にも理解されないものになってしまうが、丁寧にハフられた言葉が多い文は人に新しいインスピレーションを与えたり、複雑な事象簡単に扱えることができるようになるのではないかと予想している。こういった丁寧に構成されたハフワードを「ウェルハフ(wellhuff)」、ウェルハフが多く使われていることを「ウェルプ(wellp)」、丁寧に構成されたプレハフ文を「ウェルプ文」と呼ぶことにする。

ちょっと復習をしてみよう。

「この文は確かに多くハフられているがウェルプ文では決してない」

これをもともとの日本語で言い直すことは難しい。どうしてもどこかでニュアンスが抜けてしまうからだ。

ひとまずウェルプ文という概念を得たので、一度これを実際の文に適用してみよう。

適当増田から文を拾ってきたので、これを勝手にハフってみることにする。もともと日本語にあるものはそのまま日本語にハフることにする。

元増田の指摘は、20世紀以降の科学哲学の基本だ。

 

問題は、大多数の人間はそういう考えをベースコミュニケーションが取れないことだ。

彼らは、自分の身近にいる人間たちの「常識」を普遍と思いつつ世界解釈している。

(それ以外は、変な人くらいに思っている。)

 

一方、元増田意見20世紀以降の科学哲学の「常識」であり、上の「常識」と特になんら変わりはないという話もある。

とりあえずいったん、ふつうにハフってみる。

元増田の指摘は、現代科学の基礎だ。

問題大衆はその基礎がないのでコミュ障になっていることだ。

偏見常識領域普遍的だと世界解釈している。

領域外は変人だと解釈する)

一方、元増田意見現代科学の基礎で、現代科学の基礎も偏見常識領域範疇である説もある。

元増田意見」というのは増田ではありふれているしハフる。「元増見(もとますけん)」と言おう。また「ありふれているからハフる」ということを「ハッフルパフ」と言う。

現代科学の基礎」もハッフルパフしよう。「現基(げんき)」とする。

「その基礎がない人々」→「無現人(むげんにん)」

偏見常識領域普遍であるという考え」→「オマオマ」

元増見は現基だが、問題は無現人のコミュ障だ。

無現人は、世界をオマオマで、オマオマ外は変人解釈する。

一方、元増見も現基で、現基=オマオマ説もある。

文を組み替えてみる。

元増田は有現人だが、問題は無現人はオマオマゆえにコミュ障で、有現人を変人だとするところ。あと有現人=オマオマ説もある。

このようにハッフルパフしまくってみただけで、かなり綺麗なウェルプ文ができあがった。若干文意が損なわれてしまったが。

十分ウェルハフされたことによって、たとえば「オマオマ」はそれなりに高度な概念ながら日常的にも使用可能になる。

「うわお前オマオマかよ」「出た。無現人乙」だけで人を揶揄でき、また、言葉に気をつけどのように律すべきかということを伝えることができるようになる。

さらに、こうした一連の流れを「オマラダイム」と名付けてしまえば、オマラダイムに取り残される人が後に老害となることは容易に認識できるようになる。

まり賛同は得られないかもしれないけど、ぼくはこのようにウェルプ文が増加して、人類思考が洗練されることを期待している。もちろん、他者にハフワード意味が通じなければコミュニケーションとして成り立たないけど、より高速に思考ができるようになることは間違いない。たぶん。

こうしたぼくが提唱するイデオロギーを「ウェルプ=オマライズム」と命名したので、ぜひこれを活用していってもらいたいです。いやマジで

2018-08-16

例えばの話に「そんなことはありえない!!」と激怒する

例えばの話に「そんなことはありえない!!」と激怒する人がいる。

いや、だから、例えばと言ってるじゃない。。

「私はそんなことしない!だから例えとして成り立たない!」

「そんな例を出すなんて失礼だ!」

ここから教訓を得るとすれば、例示に具体的な人名事象を用いないこと、かなぁ。

2018-08-15

レイプされる女が悪い」って意見

よく、性的被害に遭った人に対して、ネット上でも「見た目や言動に隙や問題があったんだろう」みたいな被害者の責任という意見があったりして不思議に思ってた。

でも、正直私自身も、場合によってはやられる方にも何かしら隙があったのかなと思うこともないわけではなかった。

しかし、最近自分自身性的被害未遂に遭ったので意識を改めることになった。

自身事象に関して周りに相談したけど、上記意見の人が割といたので改めてそういう意識が世の中的にあるのだなと思った。

加害者(未遂だけど)は、「本能問題であり仕方のないこと」として片付けようとしていたけれど、その意識に腹が立ってしょうがない。

大多数の人間が理性を保って生きているのに、ろくでもない人間もいるものなんだな。

https://anond.hatelabo.jp/20180810113405

興味深い。義務教育ディベートをもう少し重点的に扱ってほしい。

ディベート試合では、反論に応じてその事象が発生するかしないかジャッジによって判断されるが、

メリット①:発生するが、縦長の日本の日照時間には北海道沖縄で1時間程度差があり、逆に朝が暗いことがあるので削られる

メリット②:立証が難しく、大きく発生するとはあまり認められない

メリット③:ある程度発生するが、1時間分なので減少率はあまり大きくない

デメリット①:立証は難しいが、過去廃止理由と同じなので発生しやすい。労働価値観が昔とどれだけ変わったか議論で発生量は削られる

デメリット②:かなりの割合で発生する。

デメリット③:海外の事例や研究データがあるのでそこそこ発生する

過去廃止理由と同じなので発生しやすい」は因果が逆転してない?

2018-08-14

anond:20180814230803

株価の上昇とかもともと織り込んでおく事象であって、普通に不測の事態でもなんでもないだろ。

もともと織り込んでおく現象ってことではサマータイムも同じ。来年試行して再来年正式採用ってスケジュールが短すぎる、って異論は認めるが、1年前に織り込める事象なら織り込むだろ。

anond:20180814155917

全く同じ事象でないと分からない理解力で言うことか?

君以外は大体みんなわかるよ

anond:20180813145826

地方東京だと圧倒的に東京の方が変な子供が多いことに気づいた

東京の子は金切り声で大騒ぎする(親が注意してもやめない)けど、地方に行くとそうでもない

因果関係が何か分からん

東京の方が多そうな事象としては保育園ストレスとかを親にぶつけてるとか、東京の方が高齢出産いか障害児が多いとか?と考えたけどそれなら政令市レベルでも同様だろうしなぁ

人口密度が高すぎると悪影響なのかね

出産日本育児中国の方が楽だ

一昨年末に次女が生まれた。


嫁の妊娠前後上海移住の話を進めておりちょうど一年前までは現地での出産視野にいれていたのだが

あいにく分娩予約が取れなかったことと、現地駐在の長い知人たちの反対にあい出産後に改めて移住することとなった


反対の理由の8割が「産院のサービス比較にならないほど低い」ということだ。


「最悪のケースを想定しろ、やつらは必ずその斜め上をいく」


というのが20人中20人から受けた共通するアドバイスで、とうぜん家内もある程度の覚悟はしていたもの

それでも不十分なのだろうと思い至り東京での出産に切り替える運びとなった。



一方でもうひとつ予想外だったのは、日本での出産を薦めたすべての人たちが


「でも、子育てをするなら中国の方が圧倒的に楽だなー」


と話していたことだった。


この点についてはなかなか疑問を拭えなかった。

なぜならここでは都心主要駅ですらホームと改札階の間にエレベーターがなく、トイレおむつの交換台を見かけたこともない。

一級都市の、比較外国人に対してオープン上海ですら明らかに育児に対してのインフラ設計が不十分なのだ



歩道はガタガタでベビーカーも押しずらいこの町で子育てがしやすいなんて(笑)、と嫁と話していたもの

次女が8か月になり移住して12か月が過ぎたいま、彼らの意図が良く理解できる。



エレベーターのないホームでは駅員ではない行きずりの人たちがベビーカーを運んでくれる

満員電車に乗ってもスペースを確保してくれる

飲食店ではみんなが笑って話しかけてくれる

子供が裸足でいると目の前からすごい勢いで走ってきたおじさんが靴下を履かせなさいと注意してくれる(足を温めないと風邪をひくという迷信?があるらしい)



こんなハートウォーミングな事象が「たまにある」のが日本だが、

上海では「ほぼ100%」、毎日起こっていることだ。



この件


ファミレスでの「子どもの泣き声は騒音」の件、怒り、憤り。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20180813120212


ブコメを読むと子供の泣き声が「迷惑だ」という発言が多い

その点については正しい。

すべての親も理解していることだが子供の泣き叫ぶ声は例外なく迷惑なのだ

そして親が子供の躾や面倒を「完璧こなせていない」」ことも許容しがたい要素なのだろう。


ただ、この「迷惑」や「不完全」を許容できない体質が今の日本人の病理



電気自動車メーカーテスラ日本Model Sの販売を開始した直後、よくオーナーズミティングを開催していた。

当初のテスラカーナビが無い、スーパーチャージャーの設置が遅れる、日本入力対応してないなど

高級車にしては完璧からは程遠い状態でそんな中開催されたオーナーズミティングでは

当然のように、あれがダメだ、これがダメだ、なぜこんなことができない、ここはおかしいという話を

わざわざ全国各地から集まったオーナーたちがグチグチ言い合う会になってしまいお世辞にも気持ちのいい場とはいえない雰囲気だった。


そんな中、隣に座っていたインド人がぼそっと


「僕はこの車のこういう所が好きだ」


と呟いた。

すると少し離れたところに座っていたイタリア人


「xxが素晴らしいよね、いままでにない体験だ」


と便乗してたたみかけた。


そこから外国人たちが中心になってテスラの良いところを語り合う場になり

序盤に文句を言っていた日本人たちが少しバツが悪そうに発言を潜めてしまったのを今でも思い出す。



少し話が飛んでしまったが、

経済的中国が成長したといわれている中、ぼくは現時点で日本技術サービス文化、あらゆる側面で負けているととても思えない

去年流行った「深圳スゲー」ブーム実態を知らない一見様の盛り上がりでしかなく

依然中国産業は「小さく、速く作る」ことの循環の上にしかない。


ただ、この「小さく、速く作る」サイクルが異常なまでに速い。

それを可能にしているのは市場の寛容性だ。


UIが分かりにくくても文句を言われない

完璧テキストが使われていないし

エラーもたくさん起こる


日本なら低評価コメントが荒れ狂い袋叩きに会うだろう、アプリばかりだが

「こんな所が好きだ」の一言が寄せられてクリエイティブはサイクルする。



新規市場において日本中国に対して劣っている"ように見える"のは、現時点で一点、寛容性の欠如に他ならない。

どんな分野でも同じことだが、急成長というのはストロングを伸ばすことであり、ウィークを潰すことでは起こりえない。



ただし、我々は不必要レベルの「完璧」に慣れてしまった。

それこそ子供の泣き声すら許容できないほどに。



みんなうっすらと気付いているのだが、これからはそれではいけない

「たぶん動くと思うからローンチしようぜ」

みたいな軽やかさから世界的なブランドが生まれているのが事実



日見に行った映画は総製作費200万円らしいけど最高に面白かった。

ファミレスで1000円払ったら子供はうるさかったけどハンバーグがうまかった、とか

そんな心構えでいよう





追記

中国公害農薬によるアレルギーなど環境面でのデメリットも大きく手放しで育児環境として評価しているわけではないです

あしからず

サマータイム実現に必要なのはコンピュータの設定変更なのか

anond:20180813235222

大学行けたのは幸運で、余りに人間の汚いところを見すぎたと思うのは反省してます

誰でも多くの人間の一人でしかなくて、どの事象に関しても感じることは人それぞれだし、汚いところもきれいなところもあっていいんだよと思えるようになっただけ成長したのかなあ。

でも合わない人間は近くに置きたくないし、なんらかの工夫でいろんなものに折り合いをつけていくのが、人生なのかなあと思いました。

2018-08-13

増田ブクマカより上位にある理由

ブクマは100文字に対して、増田無限

ブクマはあるページにどうのこうの批評するだけだが、増田は0から1を生み出せる

ブクマカは自分立ち位置を気にして日和見コメントを書くのに対して、

 増田はいろんな方面でいろんな切り口を持って書くことができる

ブクマカは一つの記事に一回しかかけけないことに対して、

 増田は何度も執拗に背後からゲリラ戦を展開できる

ブクマスターを求めるのに対して、

 増田は求めるものは、トラバであるブクマは不純な付着物ごみのようなものである

 (実はトラバすら求めていないのだが、それを言えば戦いにならないのであえてトラバを求めると書いた。このように余剰戦力が豊富であるのも強み)

ブクマカのIQは平均103であるのに対して、

 増田IQは平均120であるIQ140の増田であるThis_Masudaが複数回執拗に記入している

ブクマカは無駄IDコールで消耗し、最終的にみな逃げていく

 我々増田有象無象集合体永遠事象であり続ける

2018-08-11

anond:20180811235716

君は正しい。もっと多くの事象について増田で述べた方がいい。

全ての事象安倍責任があるかと聞かれたらそうではないと答えるが、多くの事象には国のトップである安倍責任は付き纏うと考えている。

政治的な部分でも安倍責任がないとのたまう人がいて驚きを隠せず、ここに書くに至った。

一部の人真理教だと揶揄するが、あそこまで思想が発展すれば真理教というのも間違いないと思う。

安倍は一人の人間だが、内閣総理大臣という大義名分がついているのだ。それを忘れないで欲しい。

何度も言うが私は全ての事象安倍責任があるかと聞かれたらそうではないと答える。

2018-08-09

anond:20180808163742

一人称三人称かで表現が変わる。それくらい書いておけ。人がいる場面なのかどうかすら分からん

 

それからな、単純に事象説明するだけでは小説として面白みがない。キャラクターの動きと組み合わせろ。たとえば、”何か落ちてくる気配を感じて飛び退いてよけた、一瞬視線が外れた、風圧と轟音、視線を元に戻すと、いつのまにか壁がそそり立っていた、どういうことだ? まるで壁がそのまま落ちてきたようじゃないか”とかな。

 

2018-08-08

anond:20180807222403

河合隼雄本が好きでよく読んでいたけど、

「〜があると仮定すると事象をよく説明できる」

みたいなことをいっていた気がする。

根拠主観的科学的でないけど、ふわっとしたこの感じを説明するにはこの喩えがいい感じ。

根拠は明確でないけど、この手法でうまくいくことが多いよ。

みたいな感じかなぁ。

anond:20180807045519

ホテヘルホテル代込みだと会計を嬢がするのでポイントはたまらない

自分ホテルはらっているのだとしたらシステム上そういうものを利用しているか

もしくはサポートいわゆる援助交際的なもの可能性がある

ゴムは種類をみて市販のものであれば自前で購入したものである可能性も高いが

コンビニで見かけるようなものではない場合や種類がバラバラ場合ホテル

ものでだいたい2個おいてあるもののつかわないほうを持って帰っている可能性がある

からどうしたというものでもないがあとは聡明はてなの方々に想定される事象

挙げていただければと思う

2018-08-06

日本人って哲学教養がないよね

ある日本人哲学家が「日本人哲学は苦手だが、哲学学は世界でも優れている」と言っていたのが印象的。

まり既存西洋哲学における諸概念などの解釈をこねくり回すのは得意だが、独創的とも呼べる新たな概念を創出することは類を見ないとのこと。

尤もそれは、おそらく日本人の悪性として何に対しても「哲学的だ」と捕らえてしまっていることに起因していると思う。

哲学第一条件としては分類わけを必然とするように思えるし、何の事象に対しても「哲学的だ」と言うのは、どのような巨大ロボットを見たとしても「ガンダム的だ」と言うことに等しい。

昨今の日本では、モンティパイソン哲学サッカーネタで大笑いする人は少ないと感じるし、未だに哲学言葉巧みな詭弁もしくは単なる思考抽象化に過ぎないと捉えられている節も多大にあると思う。

これまで以上に日本で明確な哲学意識が流布するようになるには、アニメ化とか漫画化によって身近に感じさせるしか手段はないのかな?

2018-08-05

anond:20180805173718

あれは原爆投下当時に実際頻出した事象を単純に作品に織り込んだだけであって、事象理由になにか医学的な裏付けがあっての話ではないのだよ

まあ、そのせいでいたずらにショッキングなだけのめっちゃ謎のシーンになってしまってるんだけども…

一応

という話はある

好きな説をとるとよい

2018-08-04

anond:20180804000408

個々の事象は低確率でも複合すると高確率トラブルが起こるという見方もできるので

視野というかスコープというかどこまで見るかみたいな話だと思う

2018-08-03

anond:20180803121133

はあ?べつに書いてもいいに決まってんだろ。書いてもいいにきまってるから普通に今こうやって応じてんだろ。

他人には気軽に反論するくせに反論されたら「書いちゃダメって言われてる!」って思っちゃう大丈夫

そんな被害者意識たっぷりの人にエビデンス〜とか言われても、なんでお前に証明してやらなきゃいかんのじゃ。

私の個別具体的な話として捉えずに事象として考えろや。

2018-08-02

文部科学省汚職事件捜査ヤバくないか

何がヤバイって特捜が。

事件の直接的証拠を示さないままマスコミリークを続けている。

癒着の全容解明を」って中途半端逮捕者出してからこれから解明すんのかい村木厚子さんの件の二の舞になる気がする。

証拠ならあるだろって人は断片的な事実しか見ていない。仮に「裏口入学」が確実だとしても、それを見返りに事業採択をさせたという省内の証言がない。「高額接待」が事実だとしてもJAXA宇宙飛行士派遣へとつながる道筋がわからない。賄賂がなくても普通にあり得る決定だからだ。相関がはっきりわからない2つの事象を並べて罪を問えるのなら「獣医学部認可」「会食・ゴルフ」の安倍首相加計孝太郎と何が違う?野党過激発言をする人以外は安倍首相犯罪者だとまで言っているわけではなく、首相としての潔癖さや道義的責任を問うている。この事件本当に法律的有罪にできるのか?

2018-07-30

公務員は夢みたいなところではない

標記の通り。

主語が大きくなったが、国家公務員もしらないし議員もしらない。

神奈川埼玉千葉のどっかで中規模市役所で働いていた。

大卒から5年勤めた会社から転職だが、新卒枠で入庁した。

事務系、やってきたこととは関係ない部署に配属された。

ちなみにもう辞めて、別の一般企業で働いてる。

すべてが個人の感想です

一生懸命働いている職員の方はたくさんいて、

途中でやめた身としては尊敬しています

以下ひどいと思ったこと。

・土日祝日祭り交通整理だとか色々な理由で駆り出される。手当がつくときもある。

災害警報(ウェザーニュースとかので一定レベル警報)が出ると参集させられる。

 夜中呼び出されても手当なし。翌日眠い。ついでに土日に訓練もある。

残業代課長裁量が大きい。

 定時後にしかできない業務(システムバックアップ等)担当でも、課長が良しとしないとその業務では残業代つかないとかも普通

 予算が年度の初めに決まっているため、残業の頻発する部署だと12月ごろには上限に達し、ただ働きになる。

・庁内でも書類たらい回しにあうことがある。

 (「これはうちじゃないから」とリアルで言われる)

・9時5時なのは窓口から見えてる臨職さんの場合多数。

・繁忙期には午前様どころか家に帰れない(祭りとか観光とか)課も当然ある。

毎日朝7時夜23時みたいな勤務してる課もある(国保とか生保とか)

・庁内システムが古臭いし使いにくい。(当然市による)

規定には非常にうるさいのに、変なところで緩い。

稟議書さないと何もできない。数字が半角か全角かでも差し戻されるたりする。

 紙ベースなので他課も回すときはかなり面倒。

・私のいたところは教育委員会および学校先生PCスキル死ぬほど低い。

職員モラルが人によってはかなり低い。

コネ入庁できるかどうかはその時の人事を持つ人次第(事務部長とか)。

・謎の手当てなんかない。

新卒の子たちは優秀な子が多いのに、年を重ねるほど優秀でなくなっていく不思議

マジで仕事をしない人もいる。

担当する人によって同じ事象に対し違うこと言ってくる。

・出退勤簿が手書き有給とか誤魔化せる。

・わけわからんジジイがのさばってる。

技術事務系で全然雰囲気違う。

出先機関(図書館体育館等)のことはよく知らない

新人職員研修の中身空っぽ

以下よかったところ。

公務員というステータスはうけがいい。

・市内のことが嫌でも詳しくなれる。

・各市区町村で受けられるサービス職員給与なんかはけっこう違う。

・市や業務をよくしようという気持ちを持っている職員は意外といる。

仕事はクソと思っている職員も意外といる。

事務用品の購入とか厳密。

・定時内のタバコ禁止

・辞める人もそこそこいる。

転職者にそこそこいる。

公務員ってだけで叩かれることがあるけど、(私の知ってる)一般企業あんまり変わらないなーって印象。

社員10数人の会社とかクソブラック会社には務めたことないから分からないので除く)

ひどいと思ったことってどこの会社にも少なからずあるだろうし。

役所給料や手当、福利厚生なんかはある程度のラインでありますが、きちんとした一般企業の方がよっぽど充実してる。

融通が利かないなぁと思うことがあるけど、何かで融通利かせると結局全部ってなって

何かあったときに規程違反だってなるから仕方ない。そのあたりは担当者次第なところもあるけど。

今の会社が嫌で、まったり働きたいって人で公務員への転職考える人(自分のことでもある)が多いみたいだけど

部署によってはまったりできないし、(営業とはことなるけど)数字を求められることもある。

自分裁量でなんて仕事できないことの方が多いし、コンプライアンスもこれからもっと厳しくなると思う。

災害があったら仕事に出ないわけにはいかないし、よそへ応援にいくとかもある。

基本市内だから転勤はないから家を買うとかはいいと思う。でも最近は市外に買う人もいる。

つぶれないってなってるけど、市役所よりは世間の風当たりを考えると優良な中小企業行ったほうが幸せだと思う。

いけるなら大企業に勤めるのがやっぱり楽ではあるんじゃないだろうか。

給料いっぱいもらう激務を求めてもいいし、スタートアップ自分で作っていく楽しみを求めてもいいし。

国家公務員キャリアスケールの大きさにやりがい見出してもいい。

何をもって幸せとするかだけど、私にとって市役所は夢みたいなところではなかったです。

仕事責任感もってきっちりやってる人もたくさんいますし、

楽しく働いている同期も多かったです。

みんな新聞読んで昼寝してるんじゃ市役所回らないし。

上記個人の感想であって、

会社によってルール規定が違うように市役所によってルール雰囲気は大きく違うと思います

法律政令に従い、市民のために働くってところが共通なだけです。

個人としては、

どんな企業であっても何の業種であっても、全く働きたくないです。

一切の労働をしたくないです。

anond:20180730132844

抽象化ではなく符号化だろ。

「アタマが痛い、お腹が痛い、学校行きたくない」って個別事象を一括りにして「風邪ということにしよう」という符号化を人間はしている。

風邪だという符号に対して実行される行動パターンはほぼ一パターンしかない。「ポカリ飲んで教育テレビ点けていいとも見つつ寝る」だろ。

それら符号化に関しては既にAIは達成できてるんだから、後は人間側が「ポカリ飲んで教育テレビ見ていた人間風邪治療に励んでいた」と評価することだけだろ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん