「キド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キドとは

2017-09-20

アンパンマンユーモアが身に付く訳がない

アンパンマンの終わりの歌はひたすら食品にちなんだキャラ名を連ねるだけの生真面目なものだし

アンパン食パンカレーパンジャムバタチーズどんどんどん」

「優しい顔のジャムおじさん」「バタバタ走るよバタコさん」「ドキドキさせるよドキンちゃん」「火を噴く辛さだカレーパンマンマン」「イキりヲタク食パンマン」「みんなのアイドルチーズさん」「いつでも首切りアンパンマン

2017-09-18

引っ越しブルーかい制御できない感情

去年ぐらいか引っ越しを考えている。今年に入ってから頻繁にWeb上で賃貸を探したり実際に物件を見に行ったりしている。

だが決まらない。いや、決まらないのではなく決まってから不安気持ちが強くなってしまってやめてしまっているのだ。

どうしてこんなことになってしまったのだろう。東京都内引っ越してきてから4年、その生活から脱却できないでいる。

引っ越しを考えるようになったキッカケはマンションでの騒音だ。実はそれが原因で既に都内で一度引っ越し経験している。

騒音という苦痛から逃げた先で待っていたのはまた騒音だった。もう心と体が保たない。

都内おかしいやつとのエンカウント率が高すぎる。安息の地は都外にあるのでは…。」

ヒトが多い分トラブルも増える。以前住んでいた川崎名古屋では出会わなかったトラブルに相次いで遭遇し、都内はもう無理だと悟った。

そう思って都外で探し始めるとなんといい物件の多いことか。最上階角部屋という騒音エンカウント率を下げられる位置で探しても賃料は今と同等かそれ以下。

しかも今のワンルームと違って1DK,1LDK,2DKまで選択肢が広がる。

クワクしながら内見を申し込み、また別の物件も併せて検討して実際に契約の直前までいく。

いくのだが…。

直前になって途端に不安が押し寄せる。ずっとドキドキしてしまって仕事も手に付かなくなる。なんだこれは。

結局いいと思って決めた物件キャンセルを入れる。申し訳なさそうにキャンセル理由を話すと渋々了承され…。自分でもひどいと思うのだが、今年に入ってからこれを4回繰り返した。

意味がわからない。自分これはいいと思って、今のストレスから開放されると思って契約を進めているのになぜ反故にしてしまうのか?

今の生活が変わってしまうことを恐れているのか?いやそれはおかしい。だって今の生活が嫌だから引っ越しをするのに…。

もちろん繰り返すうちにこの不安が押し寄せることも分かって「今回こそは大丈夫」と思うのだが、「大丈夫」と思っている時は不安に思っていないときで、不安が押し寄せると大丈夫じゃなくなるのだ。

意味が分からないとは言うけど、実は不安の原因は分かってる。分からないのはその不安を払拭したと思ったのに再来するその現象だ。

都内を離れることによるデメリットはもちろんいくつかあるのだけど、それはトレードオフだと思ってメリットに活路を見出すのだけど、一旦は許容できたデメリット契約を目前にして許容できなくなる。

「今のほうがいいじゃん」

そんなはずはないのだけど…。この不安に押しつぶされて4度の失敗。家にいるとき時間があれば賃貸を漁る生活。失っている時間があまりももったいない。

精神的に参ってきていると感じる。絶対に引っ越すべきときなのに。

ちなみにこの現象を他にも感じるヒトがいるのかと思って検索すると「引っ越しブルー」というキーワードが引っかかる。どうやら自分けが陥る現象ではないらしい。

ただ、そのキーワードで出てくる事例は大体夫婦で、田舎←→都会に引っ越しとき人間関係子育てに関する話で、一人暮らし仕事が変わるわけでもない自分とは状況がかけ離れている。

当然出てくる精神的な対策無意味ものが多く、共感できるものが見つからなくて途方に暮れている。やはりこれは自分けが陥っているのではないか精神が病んでいるのではないか…。

今まではとりあえず行動すれば不安は払拭されるだろうととにかく賃貸を探して内見して決める、ということを繰り返してきた。

4度目の失敗を繰り返して3連休を終えようとしている今日、やはりこれではダメだと思って今まで誰にも相談したことないこの話を増田にしたためてみた。

文章に書き起こせば考えがまとまるとかよく言うけど、もちろん書き終えようとしている今も整理はついていない。

無意味と思いながらも今また引っ越しメリットデメリットを挙げてみている。あ~、デメリット意外と多いなぁ~…。本当はメリットのほうが圧倒的に大きいはずなんだけどなぁ…。

本当は不安に思っているその時に誰でもいい、誰かから「いいじゃん!」と共感してもらいたいただそれだけなのかもしれない。

なんて脆弱な心なんだろう。たか引っ越しなのになんでこんな苦痛なのだろう。挙句都内に引っ越すことを決めたあの頃の自分を攻め出す始末。

いっそ外部から不可抗力がかかって引っ越しを余儀なくされればいいのに。

苦悶の日々はまだ続く。

2017-09-17

ガチ恋を拗らせて勝手失望した話

とあるヴィジュアル系バンドマンに恋して勝手失望した女の話

 突然だが、私には本命バンドマンがいる。それこそ今回話のメインとなる、昨年2月から今年の半ばまでおよそ1年半私のエネルギー全集中させたバンドマンだ。以後便宜上、彼のことを王子呼称する。

 王子出会ったのは2016年2月5日。諸々の縁あって、とあるイベントライブに当日券で入ったのがきっかけだ。私はとても守備範囲の狭いバンギャだったので、その日のライブには目当てとなるバンドはいなかった。スタンディングで見る気力がなかったので2階席へ移動して幕の隙間から見える機材搬入をする真っ赤な衣装に身を包んだ人影をぼんやりと眺めていた。やがて幕が開いた。5年ほど前に一度だけ見たことがある、やたら覚えにくい名前のそのバンドの上手ギター王子だった。真っ赤な衣装に真っ赤なリップ、派手な金髪、赤と緑のオッドアイテクニカルギタープレイギターソロを弾く真面目な顔、ソロを終えた後に大きな口をパカっとあけて笑う顔。彼の動き全てに目を奪われた。心が震えた。そんな状態ときに、王子は時たま2階を見上げてこちらを指差したりするものから、完全にハートを撃ち抜かれてしまった。25分のステージが終わりメンバーが捌けるのを見送ったあと、すぐさま近くのCDショップへ走り最新アルバムを2枚購入した。我ながらちょろすぎる。私は王子と衝撃の出会いからおよそ30分で翌月の2ショット撮影会参加券を手に入れた。

 翌月3月14日ホワイトデーイベントということで30秒トーク&2ショット撮影会が行われた。ガチガチになりながら初めてのイベントへ向かう。ライブ以来の王子衣装着用時はつけまに派手なカラコン、赤リップ、とキャバ嬢のような見た目をしていたが、衣装でないときは薄いメイクになるようで、男らしさを感じてドキドキした。至近距離で見た王子はむき卵のように白くてツルツルしていて、隣に座るとなんだかい匂いがした。優しくてかっこよくてトークも軽妙で、30秒間の間に100000000000回惚れ直した。この日の帰りさらに8枚アルバムを買い足して帰った。

 4月5月は毎週のようにライブインストに通った。王子は3度2ショットを撮るころには私を認知してくれたし、手元にあるインストチケットがなくなる頃には自発的名前を呼んでくれるようになった。以前通っていたバンドでは空気を貫いていた自分にとってはこれはかなり新鮮で嬉しいことだった。認知されたからには頑張らなきゃ(?)という謎の使命感からライブの本数を増やした。元々ワンマンライブ以外は行きたくないたちだったが、30分でも20分でも王子ステージにたつ公演のチケットはすぐに買うようにした。

 7月にはツアーファイナルのため大阪へ飛んだ。王子バンド拠点関西のため大きなライブは必ず地元大阪で行われる。実は私はギャ歴に比べると経験値が非常に浅く、ライブのための遠征経験ほとんどと言っていいほどなかった。このライブが私の初遠征の皮切りとなり、以降東京大阪間の移動へのハードルがぐんと下がったように思う。

 本当にこの頃、王子が好きで好きでたまらなかった。早いチケットを買い直してライブに行った。王子が構ってくれないと楽しくなかったからだ。構ってくれた日は浮かれて浮かれて、だらだらとツイッター感想を垂れ流した。ライブの合間に行われるインストのために、バカみたいにCDを予約した。たくさん王子写真を撮った。写真なんていらなかったけど王子に私という存在を忘れられるのが嫌だったから、毎週毎週飽きもせず撮影会へ向かった。私の顔を見て名前を呼んでくれるのが嬉しかった。

 こう何度も現場に出向くようになると、周囲にいるファンの誰が王子を好きなのかも分かるようになってくる。いつも同じ列に並んでいる他のファンにたいして無駄に対抗心を持つようになった。こいつらが見てない王子を見たいという一心たかだか20分程度しか持ち時間のないイベントライブのために地方へ行ったこともあった。とにかく私しか知らない王子を求めていろんなことをした。結果、何かが手に入ったわけではなかったけどその場限りの優越感を楽しんだ。

 頻繁にライブに行くようになったある時。王子が贔屓にしている人が誰なのか、分かってしまった瞬間があった。周年記念のワンマンライブ中、そのうえ2列目にいたにも関わらずワンワン泣いた。その日、王子とは目も合わなかった。あまりにショックで翌週の大阪遠征も取りやめた。チケットは捨てた。10月のことだった。

 しばらくの間、ショックでライブの本数をかなり減らした。11月に一度話す機会があったのでそこで少し会話をして、クリスマスライブに行った程度。どちらも大したことは話せなかった。代わりに時々ファンメールを送った。ファンメールといっても、王子に対する八つ当たりのようなことばかりかいていたので、実際には迷惑メールだったが。迷惑メールを送り続けたことで、1月の接触では「痛い女」と王子に言われてこれまた泣いた。しかしそんな風にいいつつも、王子は優しいところがあるので迷惑メールに書いた私のお願いを結構聞いてくれることがあった。私信とまではいかないが、ツイッターブログ、接触等で律儀にレスを返してくれる王子がやはり好きだなあとその度に実感していた。

 ファンメールから徐々にモチベーションを取り戻した私は2月からまた少しずつライブの本数を増やしていった。麺被りは殺す精神はそのままだったので、とりあえず王子に構ってもらいやす位置キープすることでなんとか精神衛生を保っていた。その頃春からツアーが発表された。モチベーション好調の私はウキウキ東名阪チケットを押さえた。なんとこれが中々のあたりで全公演そこそこの早番だったうえ、そのうち1つは最前確実だった。狂喜乱舞した。王子にそのことを伝えると「ほんまか!最高やな!」とハイタッチしてくれた。可愛かった。

 ツアーが始まった。気分は最悪だった。どうして目の前にいる私を見てくれないの。なんで私がいること分かってるのに別の人構うの。そればっかり考えていた。王子の目の前にいるのに王子の目に私は映らない。死にたかった。私はこんなに色々なもの犠牲にしてきてるのに、なんで、お前は。

 公演のあと、メンバー写真を撮るイベントがあった。能面のような顔で撮影場所にきた私に王子は言った。

今日めっちゃ前の方おったやん!」

「私のこと見えてたんですか」

 もう本当に死にたかった。

 私のことを見ない王子が嫌だったし、ファンの分際で見られたいという気持ち肥大している自分気持ち悪かった。私なんてたまたまチケット運が良かっただけの金なし乳なしブスだ。私よりお金をつぎ込んでる人も可愛い人もごまんといる。私が無視されることも、そういった人たちが気に入られるのも当たり前だ。でも我慢ができなかった。「次のライブも同じとこにいる」と王子に告げて撮影場所を後にした。1週間後、私はまた王子の前にいた。その日も王子こちらを見なかった。私は限界だった。

 好きだった頃に買ってしまったチケットが十数枚残っていた。ほとんどは売った。売れなかった3枚は捨てた。友達と行く約束をしていた2枚はちゃんと公演を観にいった。最前列で見たけど、やっぱり王子の目に私が映ったという実感を持てる瞬間はなかった。そして明後日、友人たちと約束しているライブ最後の1枚を使う予定だ。一体この日はどうなるだろうか。

 好きというエゴ肥大して好きなものを好きだと思えなくなってしまった。少し前に起こったアイドル殺傷事件。正直気持ちが少しわかるのだ。好きなのに、好きなのに、好きだから、憎い。まるで病気だ。

 今も王子のことが好きだ。でも王子が憎くてたまらない。この感情と決別するまでは、王子に会いにいってはならないと、そう思ってる。

[]パンガシウスのソテー

パンガシウスは白身のナマズ養殖されたベトナム産がたまに売っている。よく売っている地域もあるだろうけど。

パンガシウス、ネームバリューがまだ足りないためか、夜のスーパーで残っていることが多いのだ。残っているけど実はうまいです。

食べ方も不明点が多くどう扱ったらいいのか困る。そんなパンガシウスの簡単調理法を完成したので、メモを残しておこうと思います

材料

パンガシウス

コショウ

にんにくチューブものでよい)

小麦粉

下ごしらえ

パンガシウスの両面に塩とコショウで下味を付ける

さらに片面ににんにくを塗る

最後小麦粉を両面に付ける

調理

1 フライパンサラダ油小さじ2入れ温める。煙が出てくる手前くらい

2 下ごしらえをしたパンガシウスを入れ、両面を焼く

3 できあがり♪

とりあえず書いてみたのだが、ソテー警察がきそうでドキドキしている。

2017-09-11

「直虎」の一考察~男女のバディ関係恋愛関係描写について

昨日酔っぱらった勢いで書いた事に意外とブクマがついていたので、

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170910230205

調子に乗って今日寝不足な頭で直虎考察を書いてみる。

あくま個人の感想です

ドラマを見てない人にも分かるように書いたつもりだけどやっぱり分からんかも。勿論ネタバレ

「おんな城主直虎」の8/20放映分の33話は、「主人公の井伊家の女城主・直虎が、

幼馴染&家老であり、敵の罠にかかって反逆者として処刑される事になった小野但馬守政次を自ら刺し殺す」という

大河歴史に残る衝撃展開、神回と言われ、多くの(女性視聴者に「政次ロス」を引き起こし

大河では至上初の特定登場人物スポットを当てたサントラまで発売されて

売り切れ続出&オリコン一位を叩き出す、という社会現象引き起こした。

これは沢山の記事になったため(ネットだけではなく文春等でも取り上げられていた)

ドラマを見ていなくても知っている人も多いと思う。

でも記事だけではいまいち構図が分かりにくいので、その後のストーリーも交えて「直虎」の、主に男女関係描写考察してみる。

まず大前提として、実は「直虎は政次に対して恋愛感情は持っていない」んだよね。

直虎の恋の相手は、死んだ許婚である直親や、ふとした事で出会って協力関係になる盗賊団の頭・龍雲丸であって、政次ではない。

このドラマはやたら「バッグハグ」というシチュを使いたがるんだけど、

直親や龍雲丸にバッグハグされた直虎がドキド乙女モード全開になるのに対し、

政次の場合は何とも反応しない辺りが物語っている。

その辺を理解せず、「直虎と政次は恋愛関係」という前提で捉えていると、

昨日の36話の「直虎が井伊家再興を諦めて色々後始末をした後に龍雲丸と結婚する」という展開は

「お前恋人殺しておいて速攻で他の男に乗り換えるのかよ!」となる。

でもそうじゃない。直虎が恋愛相手として、男として好きなのは最初から龍雲丸の方であって、政次じゃない。

あくまであれは「何もかも失った女がこれから人生どうしようという所で、ずっと好きだった男に求婚されてそれを受けた」

「それまでずっと他人の為に生きていた女が、初めて自分幸せの為に生きようとした」、って話。

じゃあ直虎の政次に対する感情は何なんだよ、というと、

最初は幼馴染としての絆だったが、最終的には同士愛というべきものになっていたと思う。

井伊を守るという目的の元に一緒に戦う相棒、お互い尊敬し合い何もかも分かり合える相手安心して背中を預けられる相手、というか。

所謂バディとかブロマンスと言われるような関係(の男女版)。

そしてその相手たる政次が、恋愛相手である龍雲丸よりも、直虎の中で上位の存在として描かれている。

龍雲丸を家臣として召し抱えるかどうか、という話(23話)の時に、直虎は「政次の言う事に従う」という。

自分がやりたい事は強引に押し通す傾向にある直虎にしては珍しい行動だ。

直虎にとっては、超絶人手不足故に多少素性が怪しかろうが使える奴は家臣に加えたいモードな井伊にとって

龍雲丸は貴重な役立つ存在であり、勿論好きな男だから傍に置いておきたい本音もあるけれど、

隣国木材泥棒をした盗賊である龍雲丸を井伊の家臣にするという事は、井伊にとっては隣国にバレたら不和をもたらすリスクがある

(実際にバレそうになり、隣国領主近藤を騙して誤魔化している)ため、ここは政次の判断に任せる、という事だ。

まり「好きな男を傍に置きたい個人的欲望」より「政次による政治的現実的判断」を優先している。

(因みに政次は、リスクもあるし本音としては直虎の恋の相手である為気に食わない&直虎が恋愛脳で暴走しかねない不安もあるが

龍雲丸が役に立つ存在であるのは事実なため、家臣にする事を認める。んで龍雲丸の方から断られる)

ついでに、この「龍雲丸を庇う為に近藤を騙した」因縁が、近藤の恨みを招き、

後の近藤の罠によって政次が処刑される、という展開に繋がっている。

33話だけ見ると分かりにくい「何でこのモミアゲ(近藤)は政次をこんなに恨んでんの?」の答えがこれ。

この構図が分かりにくいなら、直虎と龍雲丸の性別をひっくり返せばいい。

片思い相手(女)がいるけど、それより大切な相棒(男)がいる男」という構図の物語は珍しくもない。それと同じこと。

「おんな城主直虎」は、普通は男同士で描かれる事が多いバディ的な関係を敢えて「女主人公で」「相手役は男で」描くと同時に

それとは別に主人公と他の男との恋愛も描くという、それが珍しくも面白いドラマだけども、

やはり「男女の強い結びつき」というと多くの人が「恋愛」としか考えないようで、色々誤解されている所が多いと思う。

因みに政次の方にも、直虎とは別に大切な女がいる。弟の妻であるなつがそうだ。

政次処刑前夜の32話、夫が戦死した後も「実家の奥山家と夫&政次の小野家の架け橋となるため」小野家に留まっていたなつは、

いつしか政次に惹かれるようになっていたが、その気持ちを押し殺したまま

その架け橋としての役割必要となくなったために小野家を出ていくと言い出す。

それに対し、その気持ちに気付いていた政次は「この戦が終わったら一緒にならぬか」という死亡フラグど真ん中台詞をなつに言い、

直後に近藤の罠にかかって処刑されることとなる。

現代価値観で考えれば「死んだ弟の妻と結婚」はドン引きだが、戦国時代別に珍しくない)

これも一部の視聴者からは「直虎を好きなはずだったのに別の女に乗り換えるのかよ!」と叩かれていたけれど、

あれも乗り換えとかそういうんじゃない、と思う。

もっとも政次の場合最初から一貫して政次を「男として」「恋愛相手として」は見ない直虎とは違って

直虎の事を「女として」「恋愛相手として」も好きだったのが伺えるし、

幼馴染の頃はそういう気持ちの方が強かったように思える。

でもいつしかその気持ちより、上記の同士愛的な愛の方が強まっていった。

直虎が城主になりたての頃は、「愛する女を危険晒したくない(何せ先代城主である直親が今川に殺されているわけで、城主の座は危険まりない)」一心

直虎に対して「城主を降りろ」と散々脅したり城主の座を奪い取ろうとしていた政次が、

最後に、直虎が「城主の座を降りて政次に譲ってもいい」と言い出した時には

直虎の城主としての実力を認め、とても自分がそれに成り代われるものではない、もう降りる事など許されないぞ、と言う。

そしてその直後に、政次はなつに上記の死亡フラグ立てプロポーズをする。

なつはそれに対し、「もうすぐ直虎の還俗が出来るようになる(=直虎が結婚出来るようになる)、

ずっと直虎と結婚たかったんだろうに、私でいいのか」と言う。当然の疑問だ。

それに対して政次はこう言う。

「殿をしている殿(直虎)が好きだ。幼い頃より、自由にのびのび振る舞うおとわ様(直虎の幼名)に憧れていた。

その気持ちは恐らく生涯変わる事はない。

でもそれとは全く違う気持ちとして、そなたには傍にいて欲しいと思う」と。

何だか分らんかもしれないが、つまりこういう事だ。

直虎は例え還俗しても、殿=城主を降りない限り結婚はできない。

城主となった直虎は幼い頃と変わらず色々と破天荒な事をして政次をやきもきさせるが、結果的に色々成功させている。

自分結婚する為に城主を辞めさせ、自分の妻として過ごさせるよりも、このまま城主である直虎を一生支えていきたい。

でもそれとは別の話として、なつと結婚して一緒に人生を歩んでいきたい、と。

仕事上の相棒の女と、夫婦として一緒に生きていきたい女は違う、という事だ。

馬鹿正直すぎて、なつにとっては酷な台詞でもある。

しかしなつは、そういう時は直虎の事はもう何とも思ってないと言うべき、と言いつつも

そういう、直虎の事が好きな政次が好きだから仕方ない、と言ってそれを受け入れる。(受け入れた途端に政次は死ぬんだけど)

そして直虎は、「自ら処刑場で槍を奪って政次を刺す」というまたもや破天荒な事をする。

これが結果的に「自分を騙した家老をそれほどまでに憎んでいる元城主」という構図を作り出し、

「政次=裏切り者家老、直虎=騙された被害者であると印象付ける。

政次は「これでこそ自分が好きなおとわ」と思った事だろう。

そんな直虎も、政次の死と共に城主としての輝きを失い、

結局何の策も取れるままに井伊家再興を諦める事となる。

直虎の師である南渓和尚が「政次が死んでしまえば、あれ(直虎)は死んでしまうからな。片翼では鳥は飛べぬ」と言った通り、

政次の死と共に、城主としての「直虎」は死んでしまった。

そして残った「平凡な女・おとわ」は、一農婦となって愛する男との平穏生活を選ぶ。

おんな城主直虎・完…となりそうな展開だが、まだ9月で残り14話あるんだからそうは行かない。

早速武田がやってきて井伊谷戦場になり、おとわと龍雲丸の平穏生活も壊される予定だ。

そしておとわはまた直虎として戦う事を選ぶんだろう。

それがどういう展開で行われるのか、そこに政次(の思い出)は絡むのか、それとも自力で復活するのか。

龍雲丸はどうするのか、いかにも死にそうな展開だが。

かつて直親や政次、それ以外とも沢山死に別れている故に、「自分と関わった者はろくな事にならない、自分は不吉な女子だ」という直虎に対して

同じように身近な人と何度も死に別れて自分だけ生き残る経験をしている龍雲丸は

「死に損なう事は得意だから自分あんたより先には死なない」と言った。

主人公とか絶対死なないであろうキャラが言うならいいが、大河オリキャラが言ったら死亡フラグです正直。

ここで

悲報】直虎さん、また大切な人を失くす(3年ぶり3度目)(というか父とか大祖父様とかも色々含めたら何度目だ)

という展開になったら流石に立ち直るのは厳しい気もするんだが。

この後に瀬名姫(家康正室の。このドラマでは直虎の唯一の女友達という設定)の処刑という史実もあるんだし。

2017-09-08

金曜夜の食事

土日休みにとって、金曜の夜に何を食うかは非常に大事(食に興味がある場合)。

金曜の18時以降はかなり開放的な気分になる。心がウキウキしてドキドキしてバックンバックンして

息をするのが辛い。

さあ今日は何を食べようか。

向上心のないオタクが嫌いだ

夏目漱石が自著で「向上心のないものばかだ」と言っていたけど真理だと思う。

私もオタクだけどそいつよりも、というか私の周りのオタクみんなそいつよりもしっかりしている。

髪くらいキチンとセットしろ

せめて寝癖くらい整えろ。

歯を磨け。顔あらえ。寝癖も目ヤニもついてんだよ。

集まるメンツオタクだけとはい普通食事会の時にアニメTシャツを着てくるな。

いい年してダンロップスニーカーを履くな。

推しの色で全身をコーディネートするな。青が似合うのはお前の好きな声優だけで、それも顔とスタイルがいいから成り立ってんだよ。

彼女いない歴年齢を自慢げに語るな。

恥と思え。お前何歳だ。お前の周りのオタク私も含めてみんな結婚してるぞ。

100歩、いや1万歩譲ってお前がちゃんとしてるならいいわ。私から見てまともだなって思ってお前が望むなら1人や2人紹介のあてくらいあるよ。

私の周りで私通じて知り合った子達みんな長続きしてるからそのへんの街コンよりよっぽど効果あるよ。

それでお前はなんだ。どの面ほざいて「女は顔で選ぶ」とか抜かすんだ。

電車男の時の山田孝之みたいな顔しやがって。

よく見たら素材はいいんじゃねえか。

性根はクソだけどな!!!

うちの旦那なんて良くてNON STYLE井上だぞ馬鹿野郎。悪くいえばヒキガエルだよクソが。

でも優しいし時々男らしいし一緒にいてドキドキするし記念日とかは絶対に忘れないし私が辛い時にはいつも側にいてくれる最高のいい男なんだよ。

わかるか? 顔じゃないんだよ。

「『誰』に何をされた」じゃなくて「誰に『何』をされた」かが大事なんだよ。

あとコスプレ話題になった時食いつきすぎなんだよ!!!!!

キモい!!!!正直キモい!!!

酒の席だからって普通コスプレセックスの話なんて振る!?!?!?

コスプレ自分が好きでしてるんだよ!!

これなら趣味をただ浪費するだけじゃなくて何かしらの形に出来るって思ってやってんの!!!!!

絵師とかと一緒だよ!!!!!!!!!

ガシャでウン万溶かすだけのお前とは違うの!!!

私も溶かしたけどな!!!!!

ピックアップはクソ!!!

アルジュナよこせ!!!!!!

ていうか既婚者にセックス話題振る????いや既婚者じゃなくても初対面の相手にそれはどうかと思うけどさ。既婚者なら尚更ないよね。

完全に「コスプレイヤーキャラの見た目をしたオナホ」としか思ってない。キモすぎ。

私も好きな相手となら嫌じゃないよ。プレイの1つだもん。1回だけ提案したよ。

でもうちの井上はな!!!

「お前が徹夜して衣装作ってるの見てたら無理。汚しても俺洗濯とか裁縫できないし。お前が努力してるの知ってるし」って言ってくれるんだよ!!!

顔は井上だけど中身は福山だよ!!!!!!



オタクに告ぐ。

お前の中で女を画一化するな。

お前が「俺は違う」って思うように「女も千差万別」なんだよ。

「女は顔で男を選ぶ」って言うけど男もそうだろうが。

それと同じで男にだって顔で選ばないやつはいるだろ。

井上なんて私を好きになった理由「同じ銘柄買ってたから」だぞ。じゃあタバコ結婚しろバカ

女を画一化して所詮女なんてって見下して「女はどうせ俺を選ばない」ってひねくれて最低限の身だしなみすら放棄するのはやめろ。

男としてより人としてありえない。

諦めてひねくれてどうせ俺なんかってなる前にまずは向上心を持て。

今はまだいいけどそのうち人生詰むぞ。

眼の悪い眼科医、鼻の悪い耳鼻科

鬱の精神科医仕事してると死にたくてしょうがない。胃腸から心臓にかけてドキドキざわざわが止まらない。

機序治療法もわかるけど、治す気力がない。さっさと死ねば良いのかな。

2017-09-07

めっちゃキドキしてる

なぜかというと「ずらい」をリアルで使ってる人が身近にいることがわかってしまたか

これまでネットで見知らぬ誰かが使ってるのくらいしかみたことなくて、そのたびにこいつはどういうつもりでずらいと言ってるんだろうというのが気になって仕方なかった

ようやくそれが確認できるときがきた

まわりに人がいないときを見計らって聞いてみるつもり

まず、わかりづらいって紙にかいてもらえる?っつってかいてもらう

そしたらずらいって書くだろうから、このずらいってどういう意味?ってきく

手に汗かいてきた

彼女が布団をざかざかーってする

家に泊まったりしたとき大体くっついて寝るんだけど、私の眠りが浅いのか必ず彼女より早めに起きてしまう。

しばらく寝顔を堪能した後トイレ行ったり水飲んだりするために起き上がって、しばらくすると絶対彼女が布団をざかざかって腕で探るのね。

もしかして、私を探してるんかしら。

そう思ったらぎゅーんときて思わずにやけながら抱きしめちゃった。

マンガみたいなこと、本当にあるんだね。

そんでもってこりゃマンガ定番になるわ、とんでもなくドキドキした。

2017-09-06

好きだ、告白する行為とは

恋することは悪くない。恋をすると人間若返るという程恋は人に大きく影響しているだろう。

ただ「好きだ」

それだけを言う奴は一体何なのだろうか。

好きの後に「付き合って下さい」「恋人になってください」その言葉もなく「好きだ」それだけで終わりの告白

好きでもない相手から言われた側としては「あっ、そう」「だから何?」「好きになってくれてありがとう?」別にキドキもなにもない。

告白される前に目が合って照れて目をそらしたりとか、ふとした時に体の一部が相手に触れたりだとか、とにかくドキドキすることもなく

異性として全く意識してない状態にも関わらず「好きだ」と言われる。

言った本人は勇気を出しただろう、今までずっと抑えていた感情を吐き出したのだ。

君は好きだったんだろう。だから好きだと言う。

だが自分が傷つきたくない、今の関係を変えたくないから「好きだ」それだけで終わるのだ。

正直言ってそれはオナニー行為である独りよがりだ。

緊張したのもドキドキしたのも好きだと思ったのも自分だけだ。好きだと言ってスッキリしただろう。オナニーからね、賢者タイムってやつだ。

恋人になったわけでもなく、あん青春もあったな、と自分に酔うのだろう。

言われた側は独りよがりオナニーに付き合わされて一体どうすれば良いのだろう。思い返しては腹が立つだけである

人間は好きなものを目で追いかける習性がある。

好きな相手なら目を見つめる。恥ずかしくなって目をそらした後ももう一度見ようとする。

そして知りたいと思うようになる。相手も同じだろうか?

相手自分に興味を持っていないとわかったら「好きだ」それだけで終わる独りよがり告白はやめて欲しい。

学生の頃、よく行ってた定食屋

たぶん店主の親戚縁者だと思うんだけど、すごく綺麗な女の子が店を手伝っていて、彼女目当てでよく通った。

童貞だったので、声もかけられなかったけど、顔を覚えられるくらいには通った。

あれから二十年近く。

そういえば、あの定食屋はまだあるのかなとふと思い立ち、ふらりとその町へ行ってみたら定食屋はまだあった。

ちょっとキドキしながら店に入ったら、綺麗な女の子は綺麗なおばちゃんになって、まだ店にいた。

注文を取りに来たとき、一瞬、彼女が「あ…」という顔をしたのは、たぶん気のせいだ。

2017-09-02

最近何かと話題の「アイドルマスター世界にようこそ!」について

藤原肇声帯実装されて、鈴木みのりさんが担当することになりましたね。

さて、今回は声帯実装と身近な話題であり、ここ最近何かと話題になっている「アイドルマスター世界にようこそ!」について話していきたいと思います

私自ツイッターは一応やっているのですが、チキンなのでこのような匿名という形で私の意見を述べていきます

まり文章を書く能力に長けていないので、見苦しい箇所があったらすみません

アイマスの中でもシンデレラガールズSideMアイドルの初登場と声帯声優)の実装タイミングが違うというのが大きな特徴です(例外はありますが)。

まず、アイドルけがゲームだけでなく様々な場面で活躍して、その後しばらく経ってから声帯実装されます

これは漫画ライトノベルアニメ化されてキャラクターたちの声を声優さん担当するのと似ていますね。

まり最初からキャラクター声優が一緒登場するのではなく、ある程度発展しているコンテンツキャラクターの中に新しく声優さんが加わります

アイマス特にシンデレラガールズ)というコンテンツでは、声が付くということは大きな意味があります

声優さん「声」というアイドルにとって新たな命を込め、楽曲が与えられCDが発売され、担当声優さんライブイベントでその楽曲披露します。

アイドル担当声優さん二人三脚シンデレラガールズというコンテンツを歩んでいると言えるでしょう。

ここまで前置きが長くなりましたが、いよいよ本題に入ります

アイドルに声が付くという大きなイベントの中で、新たにアイドルの声を担当することになった声優さんプロデューサーたちに歓迎されます

プロデューサーとは簡単に言えばアイドルマスターというコンテンツ応援しているファンのことですがこの問題については別の議論を生むので割愛

最近声優さんツイッターをやっている人が多く、ここ最近新たにアイドルの声を担当することになった声優さんも何人かが実際にツイッターをやっています

いわゆる「アイマス声優」の一員となった声優さんツイッターでこう述べます

シンデレラガールズの◯◯を演じさせて頂く事になりました。プロデューサーさんよろしくお願いします。」

ツイッターは誰もが気軽にアカウント作成することができ、多くのプロデューサーさんたちが自分アカウントを持っています

プロデューサーさんたちは新しくアイマス声優となった声優さんの上のようなツイートに以下のような言葉をかけます

「おめでとうございます!」「ありがとうございます!」「よろしくお願いします!」「アイドルマスター世界にようこそ!」

出ましたね。

アイドルマスター世界にようこそ!」

アイドルマスターポケットモンスターという言葉に変えればオーキド博士です。

いつ頃からプロデューサーオーキド博士となり始めたのかはわからないのですが、私の実感では去年の総選挙組の声帯実装された頃から目立つようになり、

乙倉悠貴・早坂美玲の声帯実装の頃には多くのプロデューサーが色々な意味でこの言葉認知するようになったと感じます

アイドルマスター世界にようこそ!」

声に出して言ってみると心地よい響きです。

冷静に分析してみると、これを発言するプロデューサー自分を「アイドルマスター世界」の住民だと思っているのでしょう。

新たにアイドルマスターアイドルの声を担当することになった声優さんたちを自分たちの住む世界に暖かく迎える気持ちが伝わってきます

一方で、この発言を快く思っていない人たちの意見を聞いてみましょう。

自分関係者だと勘違いしているみたいで気持ち悪い」「上から目線で何様なんだろう」

ここで言う関係者とはアイドルマスターというコンテンツ創造・発信している人たちを指すのでしょう。

俗に言うプロデューサーさんはコンテンツ享受する立場であり、決してこのような関係者とは同列の存在ではないという見方でしょうか?

じゃあお前はどっちの立場なんだと聞かれると、私はどちらも応援していますと答えます

オーキド博士たちは自分を「アイドルマスター世界住民」だと思いこんでいるので、ぜひ尊重してあげてください。

オーキド博士勢力あくま自分たちは「アイドルマスターというコンテンツ享受する存在」だと自覚しているので、これも尊重すべき存在です。

しかし、「アイドルマスター世界にようこそ!」の是非が有名となったことで別の問題が生じました。

「にせオーキドはかせ」の出現です。

彼らの多くはプロデューサーではなく、冷やかし・皮肉揶揄・悪意を持って新たに「アイマス声優」となった声優さんたちに心無い発言します。

どのような発言かはここでは述べないのですが、新たにアイマス声優となった声優さん発言に対するリプ一覧を見ればいくつかの例が確認できます

もちろんこのようなにせオーキド博士コンテンツに悪影響を与える存在であり、にせオーキド博士になったことがある人やなろうとしている人は一度その行為について考えてみてください。

ここで重要なのはオーキド博士とにせオーキド博士をちゃんと見極めることです。

ここ最近、反オーキド博士勢力が「アイドルマスター世界にようこそ!」という発言をしている人たちを晒し上げている光景が見られます

明確に悪意を持った発言の大多数はにせオーキド博士仕業であり、これをオーキド博士プロデューサー)の行為として叩くことは、プロデューサーイメージダウンにも繋がります

冷静ににせオーキド博士を見極め、彼らはプロデューサーではないとはっきり理解・明言した上で叩きましょう。

最後

ここまで、「アイドルマスター世界にようこそ!」の是非について述べてきましたが、あなたはどちらの立場に立ちますか?

藤原肇に続き、関裕美、荒木比奈村上巴、喜多見柚もじきに担当声優さんが発表されるでしょう。

彼女たちの担当となった声優さんツイッターをやっていれば再び「アイドルマスター世界にようこそ!」について議論が起きることが予想されます

オーキド博士あなたも反オーキド博士勢力あなたも一度相手立場になって考え、尊重してみましょう。

オーキド博士と反オーキド博士勢力がお互いに手を取り合って、アイドルマスターというコンテンツが優しい世界になることを私は望んでいます

2017-09-01

https://anond.hatelabo.jp/20170901012110

真面目だね〜

中国体験するとこういう話がバカバカしい

全てばれない嘘書いて大手入社

経験だけ積んで二社目

今度は実力のまま記述

これでスムーズにどこでも入れるよ

二社に分けるのはハッカーが身元を隠すために行うプロキシと同じ方法

キドキしちゃう

日本人だね〜

から世界馬鹿にされてんだよカス

百合作品の魅力

個人の感想です

 

友達から徐々に意識するっていう過程が良い

・初期位置が近い

・同性同士だから風呂とかショッピングとか髪いじりあったりとか、男女では見られないパターンが見られる

・両方恋に悩んで女々しくなっても違和感ない

クレイジーサイコレズ非常識な迫り方をしても男女の場合に比べて犯罪臭が薄いので成り立りやす

・場の属性が2倍に増える。例えばお姉さんキャラロリキャラが同時にその場に存在し得る

・同性なんて変だよねって悩むのが良い(これはBLでも同じか)

相手への感想が「かわいい」だったりするのでどちら向きにも共感やす

可愛い声が2倍

・いちゃついたときのシルエットが良い、絵的に映える

・友人として好きなのか、本気で好きなのか、境界曖昧でドキドキする

・男キャラが居ないと、男性的なシナリオにならなくても違和感がない(戦闘・衝突・エロが減って、日常系成分が増える傾向)

 

個人的には百合至上主義とか男嫌いとかじゃなくて、百合にすることで新しい魅力が生まれると考えてる

最近BL作品も似てると思うけど、非BL作品BLやるのとはちょっとニュアンス違うと思う

 

あと百合BLのようにねことたちが明確に定まってないことも多いが

これはあくまで(主に)男視聴者欲求を満たすための百合であるからだと思う

両方が萌え対象であるほうが(商業的に)受け入れられやす

昔はそうじゃなかった気がするんだけど(一迅社の影響大きそう?)

昔のような宝塚的な感じはむしろ女性に受け入れられやすいよね

男の娘みたいな感じ

2017-08-29

情報なしでゲームやると楽しい

からちょっとゲーム買ってやってたけど、最近はそれほどでもって感じだった

PSVitaは持ってて、たまたまペルソナ4 ゴールデン」がセールで少し安い、というのがPS Storeトップに来ていたので、何となくノリで買った

それまでペルソナゲーム自体、本当に名前くらいしか知らなかったので、何のゲームかすら知らずにやり始めた

やってる中で驚いたのは、普通のバトル系のRPGかな、と思ったら推理要素が出て来て、ミステリーかなと思ったら好感度あげていくアドベンチャーになって、何ゲーなんだこれ、と思ったこと

出てくる仲間も、オープニングムービーに出て来てたけど(後でわかった)、最初に1回だけ見て、ゲームを続けてる間は見なかったので、すごくストーリーで楽しめた(え、こいつも仲間になるの?、みたいな)

終盤で選択肢で選べと言われるまで、「マジ? この中にいるの?」と本当にびっくりしたけど、何回も出されてたヒントをその時になってめちゃくちゃ考えたのがすごく良かった

多分これはネタバレとか、前情報とかPVとか、全く知らなかったから、ドキドキできたんだと思う

最近は本当にPVとかオープニングムービーとか、公式でもめちゃくちゃ情報出してくるから、どこにネタバレが入っているか気をつけないと、「あ、これ知ってる、前に見たー」となりかねない

SNSなどはもってのほか

これからも、なるべく全く知らない中でゲームしていけたらいいなと思う

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828111751

個人的には見えそうで見えない状態が一番ドキドキする

見えたら「あっ見えた」で終わってしま

まるで射精のようだ

https://anond.hatelabo.jp/20170828001140

マジレスしてやろうか

まずは風俗行きまくればいいと思うぞ

女体や女そのものへの過剰なコンプレックス憧憬を消すことから始めるといい

切実にセックスしたくて切実に彼女欲しいみたいなやつに絶対彼女は出来ない

いい感じでの諦めを得ることが必要

セックスなんて金払えばその日のやってみたいやつといつでもやれるし、彼女と違って年もとらないし、縛られないし、彼女とか無理して作らんでええわ、とな

そうすると、ギラツキとかガツガツ感がなくなって、女からして警戒対象でなくなる

そこ大事

結婚して30過ぎてからモテ出した、とか聞いたことあるでしょ?あの雰囲気を得るんだよ

ここまでは準備段階

次に、だ

恋愛とか、付き合うとか、彼女とか、そういう敷居みたいなものはもう意識するな

遊びたい子を遊びに誘って、話したい子を飲みに誘う

しかったらまた誘う

向こうからも誘ってくるし、自然に毎週会うのが楽しみになっている

で、そのうちセックスしているわ

そこで初めて、ああ、そういえばしばらく前から付き合ってるような関係だったな、ってなる

そういえば俺こいつのこと好きだな、ってなる

そんなもんでいいんじゃないかなと思うぞ

アニメドラマで見るようなドキドキの恋愛は、25までで一般的には終了

それはもう増田には来ないから諦めろ

でもそのかわり、付き合ってから結婚してから、妻のことを大好きになることはあるかもしれんな

恋愛なんて、結婚してからでもいいんじゃない

とりあえずもっと力抜けよ

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826145927

そこはファンから見ても痛いよ

正直目を背けるしアニメ解では飛ばした……

羽入が出てきたものちょっとおいおいマジかと思ったし

ストーリー構成作品に関わる全てを肯定はしない

でも大好きだよ

だって自分が楽しんだのは事実だしワクワクドキドキしたことは消えないからね

全部が完璧じゃなくたって嫌いになったりはしない

そういうのダメ

2017-08-25

DQNネームを名付けられた俺の末路ver1.2

増田DQNネームについて語っているのを見てどうしても増田に書いておきたい衝動に駆られたから書く

これから子供の親になる増田子供名前を付ける時の参考にでもなれば幸いに思う

まず肝心の俺のDQNネームの詳細についてだが、俺の名前は謂わば「女みたいな名前」のDQNネーム

そこでここでは仮に俺の名前を「カミーユ(かみーゆ)」としておきたい

俺が最初自分名前について違和感を感じたのは幼稚園の時だった

当時同じ幼稚園女の子カミーユという名前の子複数在籍してて、子供心に「カミーユって名前男の子はいないのに、女の子は沢山いるんだなぁ」と思っていた

次に違和感を感じたのは小学生3年生の時

親の都合で転校した先の学校自己紹介をしたのだが、複数クラスメイトが示した最初の反応が、「女みたいな名前だな!」だった

この時に初めて自分名前羞恥心嫌悪感を抱いたし、自分名前が他の人からみたら変な名前なんだということを自覚したと思う

それからというもの自分名前にずっとコンプレックスがあり、更に周りの反応もそうしたコンプレックス助長した

「女みたいな名前だよね」というありきたりの反応もそうだったが、初見教師が必ずと言っていいほど全員「なんだ男か。カミーユから女かと思った」という反応を示すことも辛かった

女子からカミーユちゃん」と呼ばれてからかわれたり、髪をヘアピンで弄られたりしたことも辛い記憶として残っている

中学に上がってもそうした周りの反応は依然としてあり、更に今までなかった年齢相応の問題も勃発した

二次成長」だ

身長が伸び、身体はゴツゴツと骨張り筋肉質になり、喉仏は出て声も低くなった

俺の見た目は完全に少年を脱却し青年となった

しかし、俺の名前は「カミーユ」だった

これが問題になった

俺の見た目と名前ミスマッチ加減は当然周囲からネタとして消費された

教師が俺の名前を呼ぶ度に何処からクスクス笑う声が聞こえた

女子からネタにされて、思春期の俺は完全に心を病んだ

中学2年の時だった

それから俺がどうしたかというと、自分に対する周囲の扱いに抵抗するのではなく、自分自身を変革しようと試みた

それは言ってみれば、自分名前と外見の差異を減らそうという試みだった

当時の俺は、自分名前は女々しいのに外見が雄々しいことが嘲笑対象になっているのだから、外見を出来るだけ中性に寄せればいいんだと、そう思い込んでいた

兎に角名前と外見の解離がコンプレックスだったから、変えようのない名前は諦めて、せめて変えられる外見だけでもなんとかしようと考えたのだ

まず最初に口元の青髭から足の脛毛からワキ毛まで全身の体毛を剃った

母親の剃刀を無断で拝借して風呂場でこっそり剃ったのだが、何せ初めて剃刀を使ったので上手く剃れず全身傷だらけになったのを覚えている

次に髪を伸ばした

俺は前髪の毛先が眉毛より上にあり襟足が殆どない短髪だったのだが、前髪が目にかかり襟足が糞ガキ認定を受ける程度の長さまで伸ばした

イメチェン 笑 と揶揄する同級生もいたが俺は気にしなかった

もう全員敵くらいの認識だった

そして極めつけにAmazonプエラリアという女性ホルモンの様な作用をするサプリを購入して服用した

本当は女性ホルモン個人輸入たかったのだが、何せ当時は中学生自由に使える銀行口座がなかったので仕方なくプエラリアに甘んじた

一日6錠くらい寝る前に飲んで数ヵ月も経つと肌がスベスベになり、髪もサラサラになって胸も膨らみ如実に効果が出た

周囲は俺の突然の変化に対して意外にも冷静だった

何というか、「触れない方がいい奴」みたいな扱いだった

そのまま中学卒業した

中学生活の後半はこんな感じだったので殆ど同級生とも会話せず、卒業アルバムの寄せ書きは5人くらいしか書いてくれなかった……

高校に上がってから継続してサプリを服用した

もう既に「小ぶりなおっぱい」と言って差し支えないレベルに胸が膨らんでいたので、周囲から弄られることもあったが、生まれつきこうなんだ、と言って誤魔化した

そしてこの頃になると俺は船で隠れて女装をするようになった

エマさんの服を拝借して姿見の前に立ち写メを取った

大尉罰ゲームでやらされた笑」と無理な言い訳を作ってそうした写メを仲の良い友人にLINEで送ったりもした

もう完全に承認欲求暴走で歯止めがきかなくなっていた

性自認は男だし女が好きなのだが、男から可愛いと言われたいという欲求が日増しに膨らんでいった

そして高3の時、キリマンジャロ攻略で侵攻していた基地トイレ大尉チンコ舐める妄想をしながらオナニーをした

戦争ストレスで頭がおかしかったのも多少は関係しているとは思うが、正直もうこの頃は大尉チンコを舐めたいという謎の欲求が凄くて船で大尉を見る度にチンコ舐めたいとか思ってた

他にもトーレスやヘンケンさんに日常的にボディータッチする癖がついたりもした

誤解がないように再度書くが俺は性自認は男だし恋愛対象は女だ

今は地球医学生をしてる

最近女装して夜にこっそり街を散歩してる

これがドキドキして中々楽しい

あと個人輸入女性ホルモンを購入して服用してる

女性ホルモンをとると血栓が出来やすいとも聞くけど、もっと女らしくなりたくて摂取してる

きっと俺は頭がおかしいんだと思う

けど俺がこうなったのも元を辿れば俺の名前が「女みたいな名前」だったからなんだとも思う

俺が「ジャミトフ」とか「シロッコ」みたいな男らしい名前だったら今ごろこんな状態にはなってなかったと思うんだ

ここまで勢いで書いてしまってだいぶ乱文になってると思うけど、とにかく俺がここで伝えたかったのは、「DQNネームでここまで人生狂う人もいるんだよ」ってこと

ただそれだけ

2017-08-24

DQNネームを名付けられた俺の末路

増田DQNネームについて語っているのを見てどうしても増田に書いておきたい衝動に駆られたから書く

これから子供の親になる増田子供名前を付ける時の参考にでもなれば幸いに思う

まず肝心の俺のDQNネームの詳細についてだが、俺の名前は謂わば「女の子みたいな名前」のDQNネーム

そこでここでは仮に俺の名前を「薫(かおる)」としておきたい

俺が最初自分名前について違和感を感じたのは幼稚園の時だった

当時同じ幼稚園女の子で薫という名前の子複数在籍してて、子供心に「薫って名前男の子はいないのに、女の子は沢山いるんだなぁ」と思っていた

次に違和感を感じたのは小学生3年生の時

親の都合で転校した先の学校自己紹介をしたのだが、複数クラスメイトが示した最初の反応が、「女みたいな名前!」だった

この時に初めて自分名前羞恥心嫌悪感を抱いたし、自分名前が他の人からみたら変な名前なんだということを自覚したと思う

それからというもの自分名前にずっとコンプレックスがあり、更に周りの反応もそうしたコンプレックス助長した

女の子みたいな名前だよね」というありきたりの反応もそうだったが、初見教師が必ずと言っていいほど全員「なんだ男か。薫だから女かと思った」という反応を示すことも辛かった

女子から「薫ちゃん」と呼ばれてからかわれたり、髪をヘアピンで弄られたりしたことも辛い記憶として残っている

中学に上がってもそうした周りの反応は依然としてあり、更に今までなかった年齢相応の問題も勃発した

二次成長」だ

身長が伸び、身体はゴツゴツと骨張り筋肉質になり、喉仏は出て声も低くなった

俺の見た目は完全に少年を脱却し青年となった

しかし、俺の名前は「薫」だった

これが問題になった

俺の見た目と名前ミスマッチ加減は当然周囲からネタとして消費された

教師が俺の名前を呼ぶ度に何処からクスクス笑う声が聞こえた

女子からネタにされて、思春期の俺は完全に心を病んだ

中学2年の時だった

それから俺がどうしたかというと、自分に対する周囲の扱いに抵抗するのではなく、自分自身を変革しようと試みた

それは言ってみれば、自分名前と外見の差異を減らそうという試みだった

当時の俺は、自分名前は女々しいのに外見が雄々しいことが嘲笑対象になっているのだから、外見を出来るだけ中性に寄せればいいんだと、そう思い込んでいた

兎に角名前と外見の解離がコンプレックスだったから、変えようのない名前は諦めて、せめて変えられる外見だけでもなんとかしようと考えたのだ

まず最初に口元の青髭から足の脛毛からワキ毛まで全身の体毛を剃った

母親の剃刀を無断で拝借して風呂場でこっそり剃ったのだが、何せ初めて剃刀を使ったので上手く剃れず全身傷だらけになったのを覚えている

次に髪を伸ばした

俺は前髪の毛先が眉毛より上にあり襟足が殆どない短髪だったのだが、前髪が目にかかり襟足が糞ガキ認定を受ける程度の長さまで伸ばした

イメチェン 笑 と揶揄する同級生もいたが俺は気にしなかった

もう全員敵くらいの認識だった

そして極めつけにAmazonプエラリアという女性ホルモンの様な作用をするサプリを購入して服用した

本当は女性ホルモン個人輸入たかったのだが、何せ当時は中学生自由に使える銀行口座がなかったので仕方なくプエラリアに甘んじた

一日6錠くらい寝る前に飲んで数ヵ月も経つと肌がスベスベになり、髪もサラサラになって胸も膨らみ如実に効果が出た

周囲は俺の突然の変化に対して意外にも冷静だった

何というか、「触れない方がいい奴」みたいな扱いだった

そのまま中学卒業した

中学生活の後半はこんな感じだったので殆ど同級生とも会話せず、卒業アルバムの寄せ書きは5人くらいしか書いてくれなかった……

高校に上がってから継続してサプリを服用した

もう既に「小ぶりなおっぱい」と言って差し支えないレベルに胸が膨らんでいたので、周囲から弄られることもあったが、生まれつきこうなんだ、と言って誤魔化した

そしてこの頃になると俺は家で親に隠れて女装をするようになった

母親の服を拝借して姿見の前に立ち写メを取った

兄貴罰ゲームでやらされた笑」と無理な言い訳を作ってそうした写メを仲の良い友人にLINEで送ったりもした

もう完全に承認欲求暴走で歯止めがきかなくなっていた

性自認は男だし女が好きなのだが、男から可愛いと言われたいという欲求が日増しに膨らんでいった

そして高3の時、受験対策で通っていた塾の入っていたビルトイレで男のチンコ舐める妄想をしながらオナニーをした

受験ストレスで頭がおかしかったのも多少は関係しているとは思うが、正直もうこの頃は男のチンコを舐めたいという謎の欲求が凄くて学校で男友達を見る度にチンコ舐めたいとか思ってた

他にも男友達日常的にボディータッチする癖がついたりもした

誤解がないように再度書くが俺は性自認は男だし恋愛対象は女だ

今は都内大学大学生をしてる

最近女装して夜にこっそり街を散歩してる

これがドキドキして中々楽しい

あと個人輸入女性ホルモンを購入して服用してる

女性ホルモンをとると血栓が出来やすいとも聞くけど、もっと女らしくなりたくて摂取してる

きっと俺は頭がおかしいんだと思う

けど俺がこうなったのも元を辿れば俺の名前が「女みたいな名前」だったからなんだとも思う

俺が「大介」とか「剛」みたいな男らしい名前だったら今ごろこんな状態にはなってなかったと思うんだ

ここまで勢いで書いてしまってだいぶ乱文になってると思うけど、とにかく俺がここで伝えたかったのは、「DQNネームでここまで人生狂う人もいるんだよ」ってこと

ただそれだけ

酒が飲みたいイライラと恋焦がれてるときのドキドキって似てるよね

2017-08-22

ちょっと聞いてほしいんだけどさ

通ってるジムめっちゃ可愛いスタッフの子がいて

今日さっき出会い頭にニコってわらって「ぃよう!今日も元気ですね!」って親しげに話しかけてくれたわけよ

結果としては人間違いだったんだけど俺としてはドキドキして口からちょっと心臓が飛び出したんじゃないかなって気分で

もうアワアワ状態で微笑み返すのが精一杯だったわけさ

せっかくのチャンスなのに自分を売り込むことがまるでできず、いつものキモ笑いしかできなかったわけよ

まぁでもこの10年で間違いなく本当に一番ハッピーな瞬間だったね

また人間違いで俺に微笑んで親しげに話しかけてくんないか

2017-08-21

独り言

キドキわくわくするようなことって、思ったよりない。色んなやりたいことを行動に移せるような実行力が自分にないことも分かって、なんかつまんないなと思っている。別にしにたいとも思わないし、生きたいとも特に思わない。こうやって淡々と生きていくんだろうな。事故とかにあいそうになっても、たぶん避けない。めんどくさいし。

2017-08-20

ヤングアダルトって何だよ

中学生の頃、ドキドキしたじゃねぇか。

なんかネオエロ本でも並んでるンかと思ってた。

ただの厨二病向けの本だったよ...。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん