「キド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キドとは

2019-05-23

セックス

大好きなあの子にどきどきするけど、ようはセックスなんだよ。

セックスの期待がどきどきになっているだけでさ。

最高にドキドキしながらするセックスなんて、既婚者にはもうできないことだ。

不倫する人にはあるのかもね。

カウパー液をタラタラと垂れ流し、お互い狂ったように唇をむさぼり

地球上で最も幸せな2人である錯覚しながら挿入し、一生愛すると瞬間的に誓うあの行為は、

後先考えない若者時間

2019-05-22

anond:20190522204355

その幼女が何故死んだのか、ドキドキしながら読んでいたというのに…

セックスレス解消したので不倫してきた

タイトル以上でも以下でもないんですけどね。

なんというかセックスレスに悩んでいたことがアホらしくなってしまって。

の子妊娠してからからかれこれ5年くらいセックスレスだった。

タイミングが無かったと言うか、きっかけがなかったというか。

その間誘ったことは何度かあったけど全部断られて、誘われたことは一度もなかった。

なんというか、傷つくんですよねー。断られると。ズキーンって。

断られるかも知れないって思いながら誘ってる時点ですでに心臓が痛いのに、その上でにべもない断られ方をされると心が痛いこと痛いこと。

もうちょっと断り方あるだろー!って。今は無理だけどいつならOKとか、OKに向けた提案とかしてもらえないもんなんですよね。

YES BUTは取引の基本って教わってなかった?

こっちは一度でもお誘いがあったらよほどじゃなければ断るつもりなかったけど、一回くらいは断ってやりたい気持ちでいっぱいだった。

でも、一度でも断ったら二度と誘われることはないんだろうな。

なんだろうこの不公平感。愛情を持って接してる側が不利なのっておかしくない?夫婦って何?

性欲を満たしたいわけじゃないんだよなー。そんなの1人でいくらでも処理できるんだし。

愛を実感したいというか、お互いがお互いを喜ばせ合うことがセックスならこんなに簡単にできるんだからもっと活用していこうよってだけの話ですよ。

解消のために色々な努力はしたんですけどね。

断られたからって邪険にせずに、日頃の愛が足りてないのかなってねぎらったり気遣ったり。

でも、頭下げてまでしてもらうのは違うなって。

セックスを通じて互いの愛を確かめたいだけなのに、それじゃあただの行為になってしまう。

相手が上目線で「満足したか?」みたいな態度になってでもしたら満たしたいことと真逆ですよ真逆

から自然とね、距離が縮まるように頑張ったわけですよね。

何気なくを装ってドキドキしながら手を繋いでみたら、さっと避けられたりするのこたえたー。まじでこたえた。

頑張って明るい感じでハグしたら一言邪魔」って言われたのまじで辛かったー。

から、どうしてセックスレスが突然解消できたのかの理由がわからない。まじでわからない。

そりゃもう本当に突然。

ある日、何気なく布団に潜り込んだ時に相手がすっとスペースを開けてくれたのがきっかけ。

あれ?いつもなら押し返してくるのに?って。

また拒絶されたやだなって心臓痛くしながらハグしてみたら、これもまたあっさりと受け入られて、それどころか相手も腕を回してくるじゃないですか。

子供が隣で寝てるのに?前はそんなんじゃする気持ちになるわけないよ!って怒ってたじゃん!!

そこからは本当に、今までの苦労はなんだったの?っていうくらい自然に行くとこまで行きました。

子供が寝てるからすごい駆け足でこそこそとしたセックスだったけど。

で、終わってみて考えると、やっぱり今までの苦労とかつらい思いをしてきたのは何だったんだろってなった。

自分ばっかり背負い込んで、相手はなんのつらい思いもしないでほんの気まぐれでセックスをして、過去放置してきたことには罪の意識のかけらもない。

賢者タイムとかそういうの関係なくて、泣いたよね。あとでこっそり隠れて泣いた。

それでなんとなく、相手にこの気持ち押し付けるのは良くないのかなって結論になった。

相手にはそもそもそういう意識がない中で、自分けが悲しみを重ねていくのって健全じゃない。

から不倫したってわけではないんだけどね。

仕事飲み会たまたま隣になった真面目そうな人が周りにいじられてて、その内容がセックスレスだったっていう。

聞いてみたら自分境遇が全く一緒。

お前真面目かよ!重い重い!って思ったら自分でも確かになーって思って、相手にそのことを伝えたら相手も確かになーって。

なんだ、二人でセックスすれば誰にも迷惑かけないよねー。むしろ夫婦仲も円満だよねー。

世の中うまくできますな!

っていうのが妻の言い分で、来週離婚します。

2019-05-21

娘のテストの成績が悪かった

今日娘が中学校で初めてのテストの結果が返ってきた。娘は普段それなりに勉強していたから予想していた以上に成績が悪く、びっくりした。結果に対して怒っても仕方ないけど、自分学生の時に成績が悪くはなかったから、どうしたらいいのかわからず、とりあえず妻に中学校の時の成績ってどうだったか聞いてみた。それまで妻の学生時代の成績とか聞いたことなくて(妻は美大卒)、絵は得意だったんだろうな程度の認識だった。そうしたら「中学校の時は1番以外取ったことなかったなー。でも高校私立進学校受かったけど、学費が高くて行けなかったし、公立進学校行ったら落ちこぼれちゃって美大に行っちゃった。でも私立進学校に行ってたら美大には行かなかったと思うし、あなたと会えなかったと思うから今は公立に行って良かったと思う」と言われて最近そういう男女の会話というか夫婦の会話がなかったからめちゃめちゃドキドキした。

それはともかく娘の成績はどうしよう。

赤ん坊の泣き声が苦手でも許して欲しい

あのぎゃーという声を聞くと心臓がドキドキして冷や汗が出てくる。

友達赤ちゃんを見にいく時も泣きだしたら逃げ出したくなるけど我慢してニコニコしてる。

から電車で隣に赤ちゃん連れが来たら泣く前に逃げるようにしてる。

電車で座っていたら席を譲るふりをしてなるべく遠くに行く。

近所に保育園が出来たら精神崩壊する前に引っ越す。

私は舌打ちもしないし危害を加える気は無いから嫌な顔する自由くらい欲しい。

子供を持てるような幸せな人の邪魔しませんから許してください。

その代わり一生独り身で孤独に死んでいく予定です。

2019-05-18

気になる人

数年付き合った男と別れてから数ヶ月経ち、あたし、気になる人ができました

もう20代半ばなの、頭では、ちゃんとした職についてて、非喫煙者で、しっかりしてて、家事ができて、「この人となら頑張って家庭を築いていけそうだぞ」と思えるような男を好きにならなくてはいけないのだと思っている、

でも気になる人は全然違うの、煙草大好き、身長はあたしと同じくらい、ブリーチしまくった髪の毛、一般的サラリーマンでもなくて、全然かっこよくなくて、あたしよりかなり低いランク私大卒、(別にヤンキーではなく、むしろキモオタ)

頭では「この人はダメだって分かってる、付き合ったとしても結婚までいかないよって、そもそも絶対そんなに気が合わないでしょって、

でもなんでなのかな、耐性がないからか、慣れてないからか、神様のいたずらなのか、ホルモンか、心はめちゃくちゃにときめいてしまってて、毎日あの人から連絡が来ないか待ちわびてる自分がいて、連絡が来ると舞い上がってしま自分がいて、会うたびに目で追っては「やっぱり好き♡」って少女漫画主人公になってしまって、どうしようもない。まだ、「好き」で確定させていなくて、「気になる」レベルだって言い訳しているけど、心のどこかで「好き」なんだろ認めろよ、と思っている。

はやくドキドキが冷めてくれたらいいのに。もしくはもっと気になる人ができてくれたらいいのに。

結婚とか、学歴とか、お金とか、そんなもの全部忘れてしまって、中学生みたいになんにも考えずに感情を楽しんで、好きだよって言ってしまえたらいいのにな。

自分でも馬鹿みたいだと思うけど、未だに心のドキドキに振り回されるばっかで、でも、ああ、こんなのもちょっとしんじゃってる自分がいる。

2019-05-17

ぼくがやりたいこと

銀髪サラサラで清楚な感じの美少女

それで、いろいろ動かしてみて揺れる髪の房にドキドキしてみたり、パンツをしたかのぞき込んで盛り上がりたい

自分の作ったキャラとか、世に公開されてるかわいいキャラをいっぱい集めて想像を膨らませたい

ああ、考えてるだけで楽しくなってきたよ

2019-05-16

anond:20190516034956

少女漫画にも無理矢理キスする、などの描写があります自分は今まで無理矢理キスするようなセクハラ自体少女漫画で見たことがあり、キャラ感性や行動に現実味を感じないことはあってもそれがギャグになっているところは見たことがありません。なので自分感性ではそれはちょっと現実的描写漫画表現だな、で終わります。勿論流せない人もいると思いますが。

ギャグダメだけど「サイテー!でもなんでドキドキするの…?」みたいなのはいいってこと?よくわからない。

あと百合BL面白いのでオススメですよ。最近アニメ化した「抱かれたい男1位に脅されています」は私も好きです。

2019-05-15

成長した推しへ、さようなら

4年前に出会った推しが、つい最近まで人生の中心だった。

朝起きてから眠りにつく瞬間まで、わたしの心の中にずっとその子がいるような感覚を常に持っていた。

推しは自制心とプライドが高い子だったから、へなへなしそうになったときは「推しに恥じないように生きなきゃ、好きでいる資格なんてない」と思うことでまっすぐに立っていられた。

推しのためならいくらでも強くなれた。実際、わたしは強かった。

推しの話をさせてもらうと、ほんとうは弱さを抱えているのにそれを誰にも見せず、誰にも負けないようにずっとずっと小さな努力人知れずできるような、真面目で地道な子だった。むりやり背筋を伸ばしているのが分かりやすくて、でもそういう必死さがかわいかった。

しかし人は変わるもので、今のその子は人気も出て実力もついて自信がみなぎっていて、まるで虹色に輝くマリオみたいに無敵モードをかもし出している。

ライバルがいても、推しの勝ちが確定してるような雰囲気で、ドキドキハハラも何もない。というか、正ライバルがいなかった。

わたしが好きだったのは、弱いあの子だったんだと気づいたのは、ステージの真ん中で仲間に囲まれてるあの子を見ても嬉しくなかったときだった。

べつに、世界一輝いてほしくなかった。

無敵になんてなってほしくなかった。

きっと、その子人格に変化はなくて、いま無敵に見えるようでもちゃん努力を続けているのだと思う。そういう子だったから。

でも、昔はもっともっと一生懸命だったんだ。必死なのが伝わってきて、振り落とされないように世界にしがみついて、頑張ってるあの子が好きだった。

生きるのが下手そうで、それでも社会の中で生きていこうとする姿が、わたし希望だった。だからわたしも、って思えてた。

の子が気負いなく笑えるようになったのが嬉しいのに、どうしてわたしを置いていったのと詰りたい気持ちが捨てられないので(お門違いの感情だとは分かっている)、今のあの子を好きでいるのをやめたいと思った。

自分以外の人間がきらいで、仲間にも心を許したりしなくて、でもご飯を食べる時はいつも幸せそうで、ステージの上ではいだってわたしに向かってぴかぴか光ってた。そんなあの子から好きだった。

今は、周りの人をちゃんと信頼して好きそうで、一緒に写真撮れるようになって、メンバーアイコンタクトができるようになった。よかった。ちゃんと居場所ができてよかった。

でもそんなあの子を見てるとたまらなくつらい。

成長した推しに比べて、4年前と何も変われなかった自分が恥ずかしいだけなので、推しは何も悪くない。

何も悪くないのに、被害妄想的な気持ちになってしまうのがほんとうにダメだと思う。

終わり方がわからなくなったので適当に終わる。

推しちゃん世界一輝いてる。わたしには眩しすぎるから森に帰ります

増田くんは後からモテるタイプだよ。

増田くんは根ができてるし良いヤツだな。30代半ばたあたりから、そろそろ落ち着きたい女の子モテるよ」

職場女性の先輩から言ってもらった。

似たようなことをよく行く飲み屋オヤジからも言ってもらったことがある。

からそういうことを言われて素直に嬉しい。

けど「今じゃないんだな・・・」と、なんとも言えない感じが残る・・・

趣味を通じて五歳下で20代前半の女の子と知り合った。

何度目かの食事の際「次は1日デートでも・・・」と思ってた頃

増田さんの良さて知ってるけど、私がそれ理解できるのって多分もう少し後なんだろうな・・・」と牽制をかけられ

別の男性とのデートの話をされた。

学生時代に好きだった子に告白したときも「増田くんと一緒にいると凄く安心して楽しい・・・、でもなんか違うんだよね」と言われ断られた。

五歳差のあの子学生時代のあの子も、

恋愛の「ドキドキ」とか「トキメキ」「スリル」を求めてるんだろうなと思う。

それらが自分にはどうにも醸し出せそうにないのもなんとなく理解してる。

こういうことがあったからか、

「そろそろ落ち着きたい女の子モテるよ」は

「落ち着きたい」時からの都合の良い扱いじゃないのか?て思ってしまう。

こんなことを思うのは「良いヤツ」ではないし、30半ばになってもモテんだろうなぁ・・・

2019-05-14

ビジネスクラス航空券を買った

海外旅行が好きで、今度一人旅することに決めた。

なのだが、自分飛行機が大の苦手で、乗るたび死を覚悟し、常に泣きそうになりながら、揺れる度に(落ちるまでに遺書を書けるように…)とペンを握りしめる程だ。そのため、今回の旅においても飛行機のことだけがネックだった。

行き先はヨーロッパ直行便12時間。ちなみに帰国した翌日は仕事12時間ものエコノミー座席に一人きりと考えたとき精神的にも肉体的にも持たないと思って、ビジネスクラス航空券を買った。

正直、収入的にも年齢的にもビジネスクラス釣り合ってない自覚はある。出せなくはないが、今回ビジネスクラスを買うにあたって悩みに悩んだ。でも迷ってる間に席がなくなりそうだったし、永遠に迷い続けそうなのでいったれ!と思って半分勢いでポチった。

キャンセル料がかかるので、もう後戻りは出来ない。ドキドキが止まらないぜ。

追記しました】顔のほくろを手術して取った話

経過報告です→anond:20190522165250

先日、ほくろを取ったのでその話をしたい。

なんでしようと思ったかというと、仕事しなきゃなんだけどやること多すぎて現実逃避したいのと、

Twitterでほくろ取った~って言ったら「いいな」とか「自分も取りたい」といったような反応する人が結構たから。

顔に取りたいほくろがある人の参考になれば幸い。

【ほくろのスペック

まず場所だけど、鼻の下のど真ん中にある。人中?とか上唇溝とか言われるところ。

大きさ(直径)は2mm弱?くらい。ぷっくりしている。

まれつきのホクロではない。中学生高校生の頃、気づいたらぽつんとあって、最初は平たくて小さかったけれど、徐々に膨らんできた。

【取るに至った経緯】

場所場所だし、よく「ゴマついてるよ(笑)」とか言ってからかわれたので、

社会人になったら絶対取ると決めていたのだが、なかなか本気になれなかった。

2年くらい前、1度本気で取ろうと思って調べたら、形状によっては皮膚科保険適用で取れるというのを知ったけど、

そのあとの日焼けすると痕が残るとかで、ケア的に冬に手術するのがいいというのを知っていったん見送った。

それから気づいたら冬が過ぎ、そしてまた冬が過ぎ、取るタイミングを見失い続けていた。

先日、顔面を戸棚で強打し、目の周りを怪我してしまったのだけど、その時に「何科にかかればいいんだ……?」と調べたところ

形成外科というものを知る。その時見つけた病院ホームページを見たら美容外科も併設しており、

ほくろ除去もしているというので、とりあえず怪我を見せるついでに話を聞こうと思った。これがGW前の話。

【診察~手術まで】

診察のついでに「形成外科」のくくりでほくろについて相談してみる。

この時担当してくれた先生がすごい早口オタクみたいな話し方する人で、なんというか句読点がない話し方をするので話がイマイチからなかった。

が、図を描いてほくろの取り方を教えてくれた。

一つ目がレーザーなりメスなりでほくろをくりぬく方法。ほくろは根っこのように皮膚の中まで入りこんでいるので、表面を削るのではなく抉らなければならないとのこと。くりぬいたあとは自然治癒力に任せ、しばらくはぼこっと穴が開いている状態だか自然と皮膚が元の状態に戻ろうとするので平になるらしい。

二つ目が広範囲に(アーモンド形に)ほくろを切り取って縫合する方法。こっちの方が治りは早いけど抜糸の痕が残る。場所的にはお勧めできない。

保険適用で1万ちょっと。多分1つ目の方法になるので長期戦を覚悟すること(だから結婚式とか大切な予定があるならいったん手術を見送ってくれと言われた)

「ほくろ取るのは冬の方がいいとか聞いたことあるんですけど、どうですかね」と聞いたら「別に関係ないでしょ」という答えだったのでとりあえず手術を予約した。私が行った病院では手術を担当できる先生は常駐していないので、その日にあわせて予約を入れておくシステムだった。

【手術】

キドキしながら手術日。化粧していいかとか聞くの忘れていたので、日焼け止めを塗る程度にして一応日傘を持っていく。

Tシャツとロンスカみたいな適当恰好病院に到着。しばらく待合室で待たされたあと、診察の時のような軽い感じで名前を呼ばれ手術室に入る。

手術室は手狭だったが、医療ドラマで見るのとほとんど一緒だった。着替えもせず、そのまま靴だけ脱いで台に横になる。

最初に執刀する先生から説明がある。ほくろの状態・大きさからして、ほくろをくりぬいて縫合はしないパターンで行く、とのこと。おけまる。

歯医者さんで使うみたいなほっそい注射器麻酔をされるんだけど、とにかくこれが痛かった。もうアラサーなのに涙がでた。先生も焦って「痛かったよな~」とか声かけてくれるレベル。曰く唇周辺は一番感覚が鋭い場所なので、痛みもひとしおだと言う。ついで痛いのは掌らしい。

麻酔が効いてきたら、これまた医療ドラマで見るような、患部(?)の部分に穴が開いている青い布をばさっとかけられる。それからメスでほくろをえぐりとられるのだが、麻酔のおかげで全く痛みもなく、何なら触られている感じすらいまいちしなかった。

途中で先生が「うーん、切れ味悪いな……おーい、(看護師)さーん、11番とって」と言い出した時は言い知れぬ不安を感じたが、無事終わった。

手術が終わると鏡でほくろ(があった場所)を見せてくれる。グロ画像注意という感じだった。ほくろがあった場所にぽっかり穴があいている。

そのあと今後のケアについて説明。軟膏を塗って、ある程度傷口がふさがるまでとにかく乾かないようにする。一度かさぶたにししまうと治りが遅くなるしきれいじゃなくなってしまう。最初は赤紫色で、少しショッキングだと思うが、徐々にきれいになってわからなくなっていくので安心して、と言われた。

注射したあとに貼る小さい真四角のばんそうこうをベンッと貼られて終了。帰り道死ぬほど恥ずかしくてマスクを持ってこればよかったと思った。

【術後】

順調です。抜糸とかがないので病院に行く用事がなく、3週間くらいしたらほくろの検査結果が出る(一応本当にほくろか、悪性腫瘍じゃないか調べるらしい)ので、それくらいに着て~と言われた。それまでは軟膏を塗り、サージカルテープ?で蓋をして、乾かないように、そして紫外線さらされないようにする。

ある程度綺麗になったらテープは外して、UVコンシーラーなんかを使って保護して~とのことだが、まだ流石にその域には達していない。鼻の下に間抜けにもテープを貼って仕事している。

あと一応飲み薬(抗生剤、痛み止め)も出た。ただ術後麻酔切れたあとも全然痛くないので、痛み止めはもう飲んでいない。

反省点】

やっぱ冬にやった方がよかったな~!とは思う。日焼け面倒だし、あとこの季節にマスクするの暑いちょっと違和感

仕事結構社外の人間と会うことが多いので、冬場とか春先なら「花粉症が」とか「インフル予防で」とか言えるけど、そういう訳に行かないので鼻の下テープのまま話している。

それと、一応美容外科とかそういう専門のクリニックに相談してみてもよかったかな、と思う。料金高くなるだろうけど、説明もっと丁寧だっただろうし手術の仕方にもバリエーションあったかもしれないし。

あと手術の日は濡らしちゃダメ(顔洗っちゃダメ)と言われたので、本当にドすっぴんで行くべきだった。「だめ、ですか……」って言ったら先生「いや、うーんいいんだけどねえ、あんまりねえ、まだ(傷口が)ふさがってないしねえ、まあ……ねえ~」としぶしぶOKしてくれた。

費用

みんな気になるところだよね。手術だけなら保険適用で14,800円。手術の前のカウンセリング(?)というか、怪我して診察してもらった時に初診料とか診察料とかで2500円くらい払って、手術後の薬代で710円なので、総額2万円いってない。次に経過観察で行くときも大して取られないとのことなので、やっぱり2万はかからないだろう。

【その他】

一応美容脱毛ミュゼとかそういう系)で鼻の下も脱毛やってるのだが、患部にあたらなければ普通に続けていいよ~とのことだった。本当か……?ちゃんと「”鼻の下”を美容脱毛してるんですけど」と言ったかどうか不安になってきたので、次の経過観察の時にもう一度確認する予定。まあ、これまで脱毛してた時もほくろを避けるためにシール貼って施術してもらってたんだけど、同じような感じになるのかなとは思う。

【やってどう?】

このあと手術痕がどうなるかわからないけれど、穴が徐々にふさがってきて皮膚を形成しだしている今は「やってよかった!!!!」と声を大にして言える。ずっとコンプレックスだったし。化粧の邪魔になるし。生々しい話?だけれど、鏡に近寄って鼻の下シェーバーで剃ってるとき、ほくろあたりからちょっと太い毛がはえてるの見えて萎えてたりしたのがなくなるかと思うと本当に嬉しい。

別に劇的に人生変わらないけれど、いやだなあ、いやだなあって鏡や写真見るたび思ってたものがなくなるのはちょっとストレスフリー

ほくろ取りたいな、どうしようかな、と悩んでいる人には、上記反省点を伝えつつオススメしたいな、と思う。

ナクヤムパンリエッタ『泥舟鈍行死体蹴り』へのデッカいありがとう

ナクヤムパンリエッタさんがコミティア128で出した『泥舟鈍行死体蹴り』を読んだ。コミティア128自体には行けなかったので待ちに待ってたDL版を今さっき買って読んだ。

そしたらもうウォ〜ウァ〜ってなって大粒のやつがぼろぼろ目から出ちゃって、本当に心にこの漫画へのデッカいありがとうポップアップしてどうしようもなくなったから、本当にどうしようないファンレターをここに書き殴る。本当にどうしようない書き殴りのファンレターから何もかもめちゃくちゃだと思うけど勘弁してください。

普段ブログはやってないしTwitterだって情報収集するための鍵垢しか持ってないか世間にこのデッカいありがとうを発表する場所本来なくて、でもこのデッカいありがとうを、誰かに伝えたいとかそういうんじゃなくて、ただただ世界のどこかにさないと心がポップアップしたデッカいありがとうで破裂しそうだから、ここに放流する。

ナクヤムパンリエッタさんのことは元々すごく好きで、今まで出されてて買えるやつは全部買ってるしオモコロとかの漫画も何度も何度も読んだ。Twitter舐めるように見てる。ナクヤムパンリエッタさんの言語化の仕方が本当に好き。言語化できないやつをパワーで言語化して、言語化してるのに読んでるこっちにくるのはそのパワーだからわかんないけどウワッ!!そうなんだ!!!って漫画表現されてる色々が流れ込んでくる。漫画を読むという行為でありながらなんかもう感情体験感情体験って何だ?)。そういうナクヤムパンリエッタさんの言語感覚が本当に好きで、今回の泥舟もまたそういうのを味わうんだろうなとドキドキババクソワソワで購入した。

そしたらサンプルの時点でもまぁわかってたんですけど、そこに言語化されてたのはいつも戦ってる〝アイツ〟じゃん。もうどうしようもなくなっちゃって奇声をあげながらボロボロになって泣いちゃった。

すごいんですよ。こう、心とか、脳味噌とか、世界とか、ぐちゃぐちゃになっちゃう時が、あるじゃないですか。そういう時のやつがさ、そういう言語化できないやつがさ、いつものナクヤムパンリエッタさんのパワーで言語化されて、そして私の中に流れ込んでくるのはそのパワーみたいな感じでブワーッって流れ込んでくる。もちろん自分とナクヤムパンリエッタさんのぐちゃぐちゃになっちゃった時の世界とか自分とかって全く同じってわけじゃないんだけど、でもいつも戦ってる、ヌボーってやってくる最悪なアイツが、全部だめになっちゃってぐちゃぐちゃになっちゃった時のあの世界が、そこにはあって。そういうぐちゃぐちゃを表現された時にこんなに気づいたらボロボロ泣いちゃうんだなって自分もびっくりした。

なんていうか、救いだった。陳腐表現だと思うけど。うまく言えないけど、やっぱり多分救いってやつなんだと思う。

世界が死推しになるという表現、本当に本当にそれで、そうかあれは世界が死推しになってたんだなってわかった。楽しいことも楽しみなこともいっぱいあって、やりたいゲームも読みたい本も漫画も観たい映画もいっぱいあって、そう、愛する美しい女性に顔向けできねぇのに、なのに世界が死推しなっちまう。死のう死のうって、死ななきゃいけないって。毒槍が刺してくるんだ。私は一番やられてた時は気づいたら駅のホームで落ちるギリギリだったり横断歩道で赤信号なのに足が勝手に進もうとしてハッと気づいてウォッてなったし、味もわかんなくて何でか玄米ブランだけ義務感で食べてでも味がわかんなくて美味しいとかなくてめそめそ泣いてた(そのせいで今は二度と玄米ブラン食べたくない)。漫画にあった通り、まさに世界に1人なんだなって音がなくて耳がキーンってした。そういう諸々が、泥舟鈍行死体蹴りが、本当に凄まじい言語感覚言語化され、絵として文字として漫画としてそこにあった。

今はその時よりはずいぶんマシになったけど、でもまだふとした瞬間に心にアイツはやってくる。

ヌボーっとして、ベッタリした、いや〜なアイツが心臓の裏にベチャベチャくっついて離れてくれなくなる。心臓の裏にくっついてるもんだから剥がしたいのに剥がせなくて(私は心臓の裏に手が届かないので)、エンエン泣き出したくて、でもベッタリしたアイツのせいで泣くこともできなくて、離れてくれ〜去ってくれ〜帰ってくれ〜頼むよ〜って祈りながら横たわるしかできない。

実を言うと『泥舟鈍行死体蹴り』を読む直前もかなりそんな感じだった。なーんか全部だめになっちゃった。

から、本当にデッカいありがとうでいっぱいになったんだ。

泣き出せもしなくてウェ〜ンってするだけだったけど、この漫画を読んでボロボロ泣いて、別にベッタリがサヨナラ!つってあっさり帰ってくれたわけじゃなくてアイツはまだはりついてやがるんだけど、でもボロボロ泣いたおかげで少しだけ息ができるようになった。その少しだけは本当に大きかった。今もボロボロ泣きながらこれを書いてる。

あのぐちゃぐちゃを、素晴らしい言語感覚表現してくれて本当にありがとう。私にはこのデッカいありがとうをとにかくここに不器用に書き連ねることしかできないけど、でも、本当にありがとう

この漫画を読めて本当に良かった。本当に、本当に。

さっきまでもう無理オバケと頑張らなきゃオバケが戦っててそれも辛かったけど、この漫画のおかげで、とりあえず、明日もっとだめにならないようにおやすみしようって踏ん切りがついた。私にとってはそれだけでも本当にありがたかったです。明日っていうかこの文章一回泥舟じゃなくて泥船って書いて投稿してて後から気づいてだめだめな自分にモ〜〜!!!ってなっちゃって、嫌になって消して再投稿したのがこれで、だからもう今日なんだけど。そして再投稿にあたってもう一回読んでまたダバダバ泣いてた。

何度も書くけど、本当にありがとうございます、この漫画に、ナクヤムパンリエッタさんに、世界に。

世界が滅亡しますようにしか感謝します、ありがとう。」

2019-05-13

anond:20190513165947

文章

  面白かったです。読めてよかった。

  漫画を描いてるんですが、こういうリアルタイム情動日記手紙みたいなものを読ませていただくのは創作のカテとして非常にありがたい。

  (あなたのことやあなたの文を何かに使うという意味ではありませんので心配しないでください。)


・助言

  別に助言求めてないのはわかってるけど、

  思いがあふれてるのであえて客観的コメントをするけど、あんた惹かれる男がやべーよ。

  相手が利用してきたり手をあげたり暴言吐いたりするような男であるほど、接しててドーパミンが出てドキドキするから寄っていくっていう典型的なやつじゃん。


  思春期の女は(男もだけど)多かれ少なかれアホだし頭おかしものだけど、あんたのタイプって一過性じゃないんだよな。

  知り合いにもあんたと同類と思われる(あんたの文読んでてありありと思い出しちゃったぐらいに似てた)女性がいたけど、

  その人が見せてくれた「高校時代に好きだった人からもらった手紙」っていうのがものすごい暴言だらけのくっそ汚い字の書き殴りでさ。

  その人そん時27歳で、つまり10年経ってるのにその思い出が「バカだった」みたいに再処理されずに当時のままの気持ちしかった。

  なのであんたもそうなるのではないかと思っている。


  正直いろんな意味あんたも相手(2人とも)も俺には理解不能だ。

  人にものすごい暴言を吐いたり利用したりして平気な人間も、そういう人間に執着して好き好きって言いながら付きまとえる人間も。

  理解不能だし、俺の脳みそ想像してもあんたらのような人格関係性って絶対出てこないからな。

  そういう人の精神世界や思い出を見せてもらえて本当に良かった。

  見下してるとかじゃないから誤解しないでほしい。

  あんたの青春時代の思い出やパッションが伝わってきたし、それを見せてもらって感謝している。読めてよかった。

2019-05-11

異性との関節キス

昨日会社飲み会があった。

自分はシャレた酒は分からビールしか飲まない。

同僚の女性が珍しい名前お酒名前は忘れた)を飲んでいたので「美味そう」と言ったら「飲む?」と言ってくれた。

驚いた。心臓バクバクするとはこの事だった。恥ずかしい話、下半身も大きくなっていた。

何が起きているかからずに、とにかくドキドキしながら、口紅の跡にゆっくり、しっかりと自分の唇をつける。

この時、童貞は齢27にして初めての関節キス経験した。

興奮し過ぎて、甘かったという以外味は覚えていない。

飲み物の美味さを決めるのは、味以外の要素があることを知った夜だった。

ただただエロいセリフを言ってほしい。

キドキしたい。

2019-05-09

anond:20190509130003

まあ引くだろうけどさ、聞いてくれよ。平日昼間に相席居酒屋に行って、どんな女性がくるんだろうかってドキドキワクワクするだろ?金の事でいうならキャバクラとかわらないだろ。

2019-05-08

ゾンビ映画が好きなんだけど、好みのゾンビ映画が偏ってる上にゾンビ映画って多いから、コレってものがなかなか見つからない

ゾンビランドウォーム・ボディーズドーン・オブ・ザ・デッドとかが面白くてすきだった

ちょっとズレるけど霊幻道士面白かった(興味深かった、が正しいかも)

ワールド・ウォーZゾンビワールドへようこそ、ナイト・オブ・ザ・リビングデッド辺りは、見たけど特にって感じだった

ハラハラキドキと適度なコメディ、閉塞感・絶望感の中にある一抹の希望、みたいなのが好きっぽいんだけど、増田諸氏のおすすめある?

2019-05-06

anond:20190506230022

おっちゃん増田お勧めでよければ、

「おじさんと恋愛経験女」

とか。

純情で不器用彼女と、男前なオジサン彼氏のほのぼの、ドキドキな物語です。

これからヒモを飼おうとしている

これからヒモを飼おうとしている。

文字通り、あの、かの有名な、ヒモだ。


自分絶対に、そういう男にハマらないと思っていた。


今まで私は、いわゆるホストだって行ったことなかったし、

しろ、付き合った年上の男の人にはご飯ホテル代をを奢ってもらって生きてきた。

自分はいつか、経済的に恵まれた男の人と結婚するのだと信じて疑っていなかった。

私は、絶対に、愛よりお金だと思っていたし、それと同時に、きっと自分ならばその両方を手に入れられると信じていた。

彼と出会うまでは。

出会った時の彼はそりゃあもう魅力的で、一瞬で好きになった。

記憶にある最初の夜は、ひどく深夜で、初めて訪れた街であったから、きっと緊張による吊り橋効果なるものもあったのだろう。

その夜は、何も間違いが起きなかったけれど、ずっとドキドキしていた。

それがいけなかったのかもしれない。

間違いが起こるのが遅すぎた。一晩で終わっていたら、きっとこんなに長続きしていなかったかもしれない。

文字通り、私はこれからヒモを飼おうとしている。

二人で一緒に生きていくにあたって、彼の経済力が、想像以上になかったのだ。

精神的病によって働くことができない三十路近い彼は、生きていくための日銭を稼ぐのに必死だ。

その一方で大学生の私は、若さがゆえに体力があり、気力があり、夢と希望がある。

私に与えられた選択肢は3つしかない。ヒモとして一緒に生活するか、離れて暮らすか。別れるか。

離れて暮らすと、きっと会えるのは年に4回程度だろう。

耐えられなかった。それくらい好きになってしまっていた。

でも、恐ろしいことに

だって決してお金を持っているわけじゃないのだ。

だって本当は働きたくない。生きるために働きたくない。

そもそも私は学生だ。好きなことをするついでのような形でお金をもらいたい。私だって。私だって。私だって

「君のためならば何処へだって行ける」

「君のためならばどんなことだってできる」

「俺が扶養してあげる」

そんなことを言ってくれる人が、この世界のどこかに存在していると信じていた。

でも、もう十分わかった。

口先だけの現実世界の王子様は大抵夜の蝶々浮気をするし、

売れない芸人時代を支えた彼女は、男が売れた途端に捨てられる。

本気で好きだと伝えるような女は高確率でナメられる。

世知辛い世の中になりましたね。

彼は、家賃の一部を負担しようかとおまけ程度に何度か提案してくれたけれど、

別にそんなことしなくて結構です。全額払ってくれるんじゃないのなら、半分の額だっていりません。

3割?ふざけないでください。そんなの、逆にいりません。


あなたは、だいぶ、わかっていない。


お金を払わないということは、発言権を無くすということを。

あなた言葉から力を奪うということを。

生活の全ての権限を私が持つということを。

 

そして、私がその権限行使するとき

私たち生活は、

2人のページを2人で紡いでいたのではなくて、

私のページに、

あなたが登場していただけということに、

あなたが気づくことを。

なぜ妹や姉である必要があるのか

エロゲとかラノベで「妹がうんぬん!姉でドキドキ!」みたいなのがあるけど、なんで妹や姉が出てくるんだろう。いや別に出てくるのが悪いとかじゃなくて、それによってどのような萌え要素が発生しているんだろう。

妹や姉ではなくていとこの場合もあるけど、いまいちよくわからない。

2019-05-05

かつて東京(関東)に憧れていた

テレビ東京がない地域だったので、テレビ東京放送されるアニメが羨ましかった。

今じゃネット配信されるようになったので憧れはなくなった。

様々なイベントが開催されて羨ましかった。

大人になって東京に行きイベントに参加したらとてつもない人でろくにイベントに参加できなかった。

そしてもう行かなくていいと思うようになった。

ディズニーランドなど面白い場所が沢山あるのが羨ましかった。

だけど行ってみたら、何時間も待ってようやくアトラクションに乗れる程度で、しか食べ物などが異常に高くてもう行かなくていいやと思った。

東京しか買えないグッズなどがあったが、それも今や通販で買えるようになったので、わざわざ行かなくていいと思うようになった。

その他、東京仕事が沢山あるとか、お店が沢山あるとか、人が集まるから楽しいとか、色々感心することはある。

しかし、最初に面倒臭そうと思うくらい、東京への憧れが薄れてしまった。

東京に行けば自分は、何かに選ばれて特別人間になれるような事を思っていた。

東京に行けば、何らかの才能が開花するとか、今思えば本当に頭が悪い話だが、漫画主人公みたいに面白い出来事が始まるなんて思っていた。

初めて東京に行った時、大量の人に圧巻されただけでなく、あらゆる所に地元じゃ見たことのない看板建物に呆気にとられた。

そして憧れの東京で色々な物を見た。

それなのに、自分は何も変わらなかった。

ボーイミーツガールさながらに、出会いがあって、不思議冒険が始まるんだとか、その日はずっと興奮していた。

だけど、そんなことは何も無かった。

それは当然なことなのに、何かが変わるなんてそんな意識ばかり持っていた自分に対して思った。

自分物語主人公ではない、ただの凡人、一般人なのだと。

そこから徐々に東京という場所に対して勝手失望し、憧れが薄れていった。

ただそれだけの話。

最後になるが、妄想では、シティハンターの海坊主みたいな人か、マトリクスのモーフィアスみたいな人に誘われて、何かの組織リーダーになれるかもしれない!というのでドキドキしていた。

そんなことがあったら良かったのにな。

6年間片思いしてる女に彼女がいた

久しぶりに一緒にご飯食べることになって、バイト終わりに急いで着替えて髪を巻いて家を出た。

待ち合わせの駅まであと数駅、めちゃくちゃドキドキした。

好きな女がいる。

ずっと好きで、諦めきれなくて、ここまで来た。

でも彼女居るんだって

泣かなかったの偉いと思う。カミングアウトされてすぐトイレ行かれて、やばい泣いちゃうと思ったけど頑張って耐えた。

話を聞いた。ゆっくりゆっくり胸を抉られてくような感覚だった。

幸せそうだったら何も言うつもりはなかったんだけど、

前の彼女の話とか、まだ5ヶ月だしどうなるかわかんないとか、今日ご飯行くことは彼女に言ってないとか、言うから

私も腹を括ってしまって、

私もずっと好きだったって言った。

多分驚いてた。

私はあなたのことを諦められないから、あなたは私が恋心を抱いていることを諦めてくれと話した。

うそんな小説みたいな台詞が出たものだ。

「わかった」って言われた。わかったってなんだよ。

帰り道で一緒に太鼓の達人をやった。その流れでプリクラ撮りたいって言った。

すごい久しぶりにプリクラ撮る〜って言ってた。彼女いるのに告られた女とプリクラ撮るなよ。

彼女がいるって聞いて、すごい痛かったけど、でも諦めきれなかった。

私は頭がおかしいから、じゃあ何年後かには付き合えるかもと思った。

(実際、私は10年後も好きだよって言った)

あいつが女と付き合えるかもわからなかったし、好意迷惑になるんじゃないかと思ってずっと隠してきた。

小出しにしてたけど言い訳のできる範囲で逃げてた。

でも腹を括ってしまった。

プリクラ最後の1枚でキスしてやった。

今私に出来るのはそれしかないと思った。

あいつの恋愛対象圏内飛び込みたかった。

「家帰って燃やしな」って言いながらプリクラの半分を渡した。

キスプリの落書きはあの人がした。「びっくり」と書かれた。どういう感情だよ。

ちなみに私が書いたのは「はじまったゾおわんねーゾ令和」である告った後に書く台詞ではない。

素面でようここまでやってのけたわ。

プリクラに不慣れなあいつはよりにもよってキスプリをいちばん大きく印刷してしまって、バカップル感がすごいと呟いていた。

そういう所だぞ。

大丈夫。私は強い女だから、負けないし諦めない。

6年間色々なことを考えてきた。それでも感情が勝つならもう仕方ないのだ。

大丈夫、私はちゃん可愛いし、努力できるし、いい女だし、地獄に落ちる覚悟は出来てる。

ご飯行くって決まって、1週間悩んで新しい服を買ったことも、駅まで送ってくれなくて、深夜の渋谷の道でいろんな男に声掛けられながら、泣きながら帰ったことも、

全部全部知られなくていい。

私はグロデスク感情の上でちゃんと可愛く生きれてる。

私は強い。負けないし、頑張るし、絶対に諦めない。

でも本当は、強い女じゃなくて、幸せな女になりたかったな。

報われますように。

早く告白したい

早く同じクラスの好きな子告白したいけれどなかなか踏ん切りがつかない。思えば2年前の夏から片思いが続いている。

しかし、告白したとして、相手が私のことを恋愛対象として見れなかったら高校卒業まであまりにも気まずいだろう。一方で、もし付き合えたとしても、彼女には私のせいで同性愛話題でドキドキしたり、揶揄されて不快感を味わったりしてほしくないという気持ちもある(どちらも私のわがままだけど)。

結論を先送りにしたまま時間けが過ぎてしまった。私と彼女、お互いに受験が上手くいけば同じ都市に住むことになる。私の第一志望は中学生の時から憧れていた大学だけれど、私立は完全に彼女の近くに住めるという理由から選んでいる。自分でもどうかしていると思う。

誰か助けてー!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん