「秋元康」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 秋元康とは

2021-06-16

子供時代歌詞覚え間違いは人権軽視が多い

私 里歌 里歌ちゃん

便秘娘(里歌! 里歌!)

いか秋元康とはいえ便秘はなかろうよ

2021-05-19

anond:20210519183831

アベマはテレ朝が意地で赤字出して金つぎ込んでるから

お前も勝ち馬に乗るんだぞ


たくさん発信すれば当たることも買ズレることもある 秋元康もそうだ

2021-05-16

本当にジャニーズよりK-POPが良かったの?

ジャニーズAKBは歌やダンスが下手だけどスターになれたよね。

ジャニーズAKBアンチはそこを叩いてた。

歌やダンス仕事なのに歌やダンスが下手だって馬鹿にしていた。

 

そこにK-POP流入してきて、K-POPクオリティジャニーズAKBクオリティ比較して、

ジャニーズAKB馬鹿にする流れが強くなった。

秋元康プロデュースされてた頃の宮脇咲良と、韓国プロデュースされてから宮脇咲良比較すると、

韓国での仕事のほうが圧倒的に歌とダンスクオリティが高い。

日本芸能事務所プロデュース品質の低さが本格的に叩かれるようになった。

 

この流れは本当に良かったの?

 

韓国デビューした日本人の、西村力と大崎太郎は、

5歳くらいかダンススクールで基礎から学んでいるダンス英才教育を受けた人。

18歳くらいかダンスを始めた人と比べると、どうしても別格に上手い。

そして韓国パフォーマンスクオリティ文化は、こうした英才教育出身者を評価する。

底辺家庭出身だとこれは不可能

ゴルフフィギュアスケート選手など、アスリートが幼少期からお金をかけられているのと同じような状態に、アイドルがなってる。

 

歌やダンスが下手でもスターになれるジャニーズAKBは本当に間違っていたの?

 

K-POPは本格的に流入してきてしまって、日本視聴者も目が肥えてきてしまった。

AKBは、TWICEやIZ*ONEに比べたら酷い。ハロプロパフォーマンスは頑張っているけど、

MV美術K-POPMVと比べると酷く低予算で、なにより耐えがたいほどダサい

ハロヲタはダサさがいいんだっていうけど、小さな内輪でダサさを喜んで閉じていっていて、限界集落化してる。

そうして目が肥えた視聴者が純国産アイドルに耐えられなくなってきた結果…、

韓国企業とソニーの合弁で進めたNiziUが大ヒットしたり、

日本人男性を韓国企業と吉本の合弁でプロデュースするオーディション番組が人気になったり…、

歌やダンススキルが高いメンバー評価されるようになってきてしまった。

 

これまでの日本視聴者アイドル顔面と年齢しか気にしていなかったから、底辺家庭出身者もワンチャンあったのに、

歌やダンススキルを恵まれた家庭で英才教育受けて磨いてきた子が「実力がある」として、「正しく」、評価されるようになった。

芸能界って数少ない底辺家庭出身者のワンチャン職業だったのに、いよいよそんな職業じゃなくなってきた。

YouTuber底辺家庭出身者っぽい人たちが次々と不祥事破滅していき、治安が良いYouTuber芸能事務所所属者で埋め尽くされるようになった。

底辺家庭出身者のチャンスは、もうどの職業にも無いと思う。

 

これが正しかったの?

ジャニーズAKBが、歌やダンスが下手なのにスターになれた仕組みは、

日本アイドルパフォーマンスがダサくて低品質であったことは、本当に間違っていたの?

 

追記LDHは鍛えているけど曲がダサすぎ、進歩がない。永久ダサいハロプロと同じ枠。

LDHハロプロ練習生は、基礎練だけそこでして、もっとましなセンス事務所からデビューしたほうが良いのでは

2021-04-25

anond:20210419190356

亜空大作戦スラングル「亜空大作戦テーマ

何話か見た。80年代

 

ナースエンジェルりりかSOS「恋をするたびに傷つきやすく…」

見た。39話くらいで打ち切りだったような気がする。

ラストシーンCGグラデーション塗りだった。

OPコムロ、企画秋元康90年代

  

サイレントメビウス「禁断のパンセ

見た。EDは一枚絵のスクロールだった

90年代

 

快傑蒸気探偵団「君、微笑んだ夜」

2話くらい見た

 

ぱにぽにだっしゅ!少女Q

見た。動画クオリティも高いけどCDシングル買った

 

閃光のナイトレイド約束

みた

 

ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル「JUSTITIA」

3話くらい見た

 

ノラガミ「午夜の待ち合わせ」

1期は見た。外人が騒いだ為

OPは描き直しさせられた。ボンズ

 

ささみさん@がんばらない「Alteration」

見た。阿澄も消えたな

 

だから僕は、Hができない。Reason why XXX

見た

 

山田くんと7人の魔女「くちづけDiamond

再放送を見た。

A-sketchってランティスサクラレコード等、

avex pictures(MAD+PURE)みたいに

アニメ関連企業という訳ではなく

音楽レーベルアニメには関係ない・

興味無いけど曲のプロモーションの為にタイアップしてるのかな

  

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス風ノ唄

15話くらい見た。ゼステリアアニメは2種類あるんだよな

シャイニングティアーズもそうだったけど

 

RELEASE THE SPYCE「スパッと!スパイ&スパイス」

見た。BGMが尖っていていい。アマゾンミュージックでも聞ける

https://www.youtube.com/watch?v=rJ_rZB-AT5Q

 

プリンセスコネクト! Re:DiveLost Princess」

12話辺りまでみた。

 

なんでそんなにアニメ見てないの?

わけわからなーい

2021-04-16

AKBの君はメロディーって

一番簡単主旋律しか演奏できないというふうに馬鹿にしているのか?

っておもうんだけど、なんで

君は、フルバンドとかではなくて、メロディーのみなんだろうな

 

歌謡曲って、一番簡単なのが主旋律メロディーだよなカラオケ用に

主旋律お客様用より、よほど主役なパートってあるよな。相手プロから

ひそかに、お前に簡単なところやらせてやるよ、

おれが、支えてやる、だからうれんだぜとか

ものすごい上から目線を感じる

 

なんでこんな傲慢な、カラオケとかでもお前は簡単なところしか歌えない下手くそ

みたいなタイトルにするんだろうな

この曲は不思議だと思った

 

君はメロディー僕が指揮者ってことだよなこれ。秋元康からすると

たまにこういう謎なのがある

まぁまちがっちゃいないんだけどな

おれたち客だし

2021-04-09

キモオタからアイドルにハマろうとしたけど無理だった

アイドル顔良すぎて普通に怖くて無理だった。こんなにキモいやつがこんなに美しい人間に金を投げまくるという構図を考えたときなんか歪さを感じてしまって無理だった(たぶんただのひがみ)。あと作詞が全部秋元康なのも無理だった

2021-03-27

anond:20210327183109

いやもう男性側の逆レイプが起きたとかそんないきおいがあるなら

AKBオリンピックで歌って、レイプの思いと一緒に残してくれ、子々孫々に至るまで

そりゃそうおもうだろ?の如し

秋元康がなにか犯罪をしたら、AKBオリンピックで歌わねばならない。

その不名誉オリンピック歴史とともに1000年残せという話

2021-03-26

有線で流れてくる秋元康アイドルってなんか聞き分け方あるの?

多人数だけどハモってない女性曲ってしか分からん

2021-03-18

ウーバーイーツの配達員の顔が見れない

自分ぬくぬく在宅ワークで気楽にやっているのに、ウーバーイーツの人は低賃金で使い潰されながら必死配達しているのかと思うと、配達員の顔を見て受け取れない。

とはいえ、罪悪感を消すために高いチップを払うほどの余裕はないのだよな(ウーバーイーツはさっきの配達員にチップ払いませんかって通知がくる)。

みんなこの問題どうしているの?見て見ぬ振り?まったく気にならない?

アメリカだとウーバー絡みの犯罪が起きてるらしいけど、そりゃ起きるよなぁと思う。

雨のなか必死配達したら秋元康みたいな人に「遅えよ」とか言われるんだよ。

街なかでママチャリでウーバーイーツしているおじさんとか見かけると、なんとも言えない気分になる。

あと近所に配達員が待機するような場所があって、いつも配達員何人かが地べたに座ってスマホいじっている。そこを通るのもドキドキする。

2021-03-01

anond:20210301071633

秋元康は、プロデューサーで人数を増やすお金がもらえる

そこは問題がないが

君もプロデューサーになろうと言い始めると

これは場合によっては、無限連鎖講狙い 増えないことはわかっている

それを増やせば儲かるプロデューサー業を無限に増えるかのように歌ったとなると

無限連鎖講の要素を満たす可能性を否定きれいな

結果論にはなってしまうが

秋元康無限連鎖講を始めたのではないか人口を超えて拡大することはありえない

増え続けることが前提のビジネスモデルであり均衡を前提としていないとなると

これは無限連鎖講ではないのか?

 

そうではないというのなら、均衡モデル提示せよ

2021-02-16

透明か不透明かなんて言い出したら、組織委員会秋元康とか王貞治とかが入っているのも透明だったのかって話だよな

2021-02-09

秋元康先生dgeをなんとかしてください。プロですよね

2021-02-08

Clubhouse疲れを起こしている

 バズって一ヶ月も経ってないのにClubhouseというサービスに疲れている。バズってから瞬く間に芸能人が参入して、指原莉乃秋元康吉田豪佐久間宣行のいる部屋にASKAが入ってきて話題になったり、芸能人以外でもいわゆる業界人トークみたいなものも連日開催されたりしている。ロフトプラスワンとかでやってるトークイベントの立つ瀬ないじゃんとか思うんだけど、あそこで展開しているトークとClubhouseで話されている内容って別に差はないよね。アドリブの喋りに差なんてつけられないし、ギャラ貰って話すのと話したいから話すのとでどっちが内容面白いかっていったら当然後者だし。トークイベントだとたまに「来場していた○○が壇上に乱入」とかあるけど、それをデフォルトにしたのがClubhouseとも言えるし。

 というかそもそもトークイベントとは、希少性と閉鎖性とお金を払わせることによる錯覚で満足感を演出していただけで、もともと大したこと喋ってなかったんじゃないかとすら思ってしまった。

 ここ一週間ほどは我こそはアーリーアダプターなりと誰がClubhouseの中心人物になるのかの陣取り合戦、影響力の確保に躍起になっている(ように見える)スピーカーが多くて、これはこの先に流行りだすネットサービス全般に言えることなんだろうなと思ってうんざりしている。Clubhouseの有料周りの機能がどんな風に実装されていくのか分からないけど、オンラインサロン巣窟になるのも投げ銭が飛び交う場になるのも目に見える。ああまたよく見た光景がせっかく新しく流行りだした場でも繰り返されるだけなのか、と思うとうんざりして疲れてしまった。調べてないけど、どうせVtuberも既に参戦してるんでしょ?

 現状のネットで荒稼ぎしている勝ち組が新たな稼ぎの場を占拠しただけとなると、インターネット初期の頃のようなワクワク感が味わえることはもう二度とないんだろうな。少なくとも「新たなインターネット文化」にはならず、既存の潮流の一環で語られてしまうのだろう。

 はーっ、つまんねぇなぁー。

2021-02-04

おっさんのための最近人気のアーティストの見分け方

陰キャメンヘラっぽいのがずっと真夜中でいいのに

高山みなみみたい声なのがyama

作詞秋元康みたいなのがヨルシカ

音圧が低くてビートが単調なのがYOASOBI

2021-01-27

anond:20210127075738

どういうことって、秋元康のために、お金を出したのがキモオタ

いっぱいもうけたね

って

別に悪くはないけど

なんかちがうの?

そこはまだいいけど

キモオタお金を出して、自衛隊ヒーローになりました

なんかまちがえている?

2021-01-09

西野亮廣詐欺師っぽく見える理由

西野亮廣は以下を意図的にやっている。

まり成果物だけで勝負しているのではなく、成果物制作しているロジックや課程をエンタメにしているわけだ。

比較対象として似て非なる人たちを並べてみよう。

つんく

昔、つんくモーニング娘。デビュー時にテレビ番組エンタメ化したが、つんくは当時「アイドルプロデュースする」という企画に乗っただけ。

業界人でないため推測で書いている。違うなら突っ込んでほしい。

つんく自身が賢かったため、結果的音楽ビジネスに目覚めていく。

プロデューサーになる前から著名なミュージシャンであるが、「音楽ビジネス論」を語ることで自身ファンを増やしたり、 「自分の成長過程」を意図的ビジネス化しているわけではない。

しかしたら専門誌などで語っているかもしれないが、一般人が目にする場所で語ることはない。

秋元康

オーディションエンタメ化する手法は取っていないが、総選挙というアイドルの成長(?)過程エンタメ化する発明をした。

最近総選挙実施していない意図不明

裏方なのに表に出ているとはいえ、「音楽ビジネス論」を語ることで自身ファンを増やしたり、 「自分の成長過程」を意図的ビジネス化しているわけではない。

しかしたら専門誌などで語っているかもしれないが、一般人が目にする場所で語ることはない。

J.Y. Park

NiziUのオーディションアイドルの成長過程エンタメ化して日本で有名になった韓国人プロデューサー

ヒットアイドルを多数リリースしていることから意図的に自らチームを作って音楽ビジネスをしていることが分かる。

元々はシンガーソングライター

裏方なのに表に出ているとはいえ、「音楽ビジネス論」を語ることで自身ファンを増やしたり、 「自分の成長過程」を意図的ビジネス化しているわけではない。

しかしたら専門誌などで語っているかもしれないが、一般人が目にする場所で語ることはない。

鳥山明

完全に成果物勝負しており、自分を語ることはほとんどない。

チーム制といっても少人数で描かれている。

作中や著書の文章などではアホっぽいキャラを演じているが、読み手が混乱しない表現を明らかに意図的に組み込んでおり、確実に賢い。

ビジネスとしては編集の力が大きく、本人はビジネスマンには見えない。

「まんがビジネス論」を語ることで自身ファンを増やしたり、 「自分の成長過程」を意図的ビジネス化しているわけではない。

三田紀房

作画外注しているほどビジネスライクな漫画家

元々経営者であり、作画自身でしていた。

描いている漫画自体ビジネスベースにしたものが多い。

経営者として表に出てくることがあるが、「まんがビジネス論」を語ることが作風に直結しているので違和感がない珍しいポジション

ただ、 「自分の成長過程」を意図的ビジネス化しているわけではなく、あくま成果物での勝負がメインである

上記に挙げた人たちの共通

「本人のファン」を増やすことより「成果物ファン結果的に本人のファンになっている」ということである

西野亮廣

話を西野亮廣に戻すと、彼は

成果物ファン」より「本人のファン」を増やそうとしているわけだ。

ヒットメーカーというのは、ある程度はあざとく狙いに行ける技術を持っているし、あからさまにやっていることも多い。

しかしそんなことを語るとファンが興ざめするから、語らないだけである

自身が本やSNSビジネスのことを全く語らず、

淡々クラウドファンディング絵本を作り、

内容を無料公開し、

映画化まで行ったなら

成果物ファン結果的に本人のファンになる」

というポジションに行けたかもしれない。

もちろん、あえてアンチを作って話題にしてもらうという手法もあると思う。

だが、そうでなかったほうがもっと多くの人から尊敬されるクリエイタープロデューサーというポジションに行ける才能を持っていたかもしれないのに・・・

と思ったので、書きなぐってみた。

なお、個人的にはお笑い芸人の時から西野面白いと思ったことはないし、映画面白そうと思わないので見る気もない。

2021-01-04

紅白雑感/前半

事情リアルタイムで見れず週末にNHKプラスで観た。

OP

透明ディスプレイの使い方が上手い。映像が宙に漂っているよう。

2年前のOPムービーは良かった。コロナ禍の影響で出演者は別撮りにするしかないにしてもああい路線はできないものなのか。

ユーミン湯山玲子みたい。

二階堂ふみデヴィッドボウイみたいな服。

大泉洋って意外とスタイルいい。

番組客観性を持たせるという意味サブちゃん顧問位置に座ってるのは個人的に賛成。でもサブちゃん話してるとき加藤一二三みたいだななんか。

いきなり三連ちゃんは各スタジオPA調子が実際に放送してどうなのか確認たかたからか?

やっぱりはじめてことで混乱してるところがあるのかも。

キンプリ

いつもいい曲あてがって貰ってる。衒いがないけど耳に残ってきれいにまとまったポップス

平野紫耀ピッチが甘い(違和感あるほどではないけど)が声質で誤魔化されてる。ハスキーボイスに細かいビブラートが混ざってくる感じが初期の森進一ぽい。

実は弱ペダに出てた人が一番上手いのではないかコーラスパート担当だったけどうまく溶け込んでる。

foorin

メインボーカル男の子変声期できつそう。でも当てふりにすると空々しいだけだから歌うしかないのか。

ワイプ芸でアイドル連中が賑やかしになってた。こういう時にジャニーズ勝手がいい、だから重宝されるのか。

山内惠介

氷川きよしの大幅な路線変更で後釜っぽい見られ方してるんだろうな。

「肌が合う」と生々しく歌った後で「惚れたねほの字だねほっほー」とぶりっ子かますの、ファンからはどう写ってんだろう…

milet

SME推してる若手実力派女性歌手ってAimer、milet、Uru辺りだと思うんだけど、なんで他2人と比べてキャリア浅いmiletなのかな?と思ってしまった。

歌唱力は申し分ないのはいうまでもないんだけど。

今年のAimerは「SPARK-AGAIN」が、Uruは「あなたがいることで」が結構ヒットしたのに、miletが披露したのは去年リリースされた曲だしなあ。

AimerUruミステリアスキャラテレビ出演は慎重だし、キャリアがある分序盤の枠だと声掛けづらいとかそういう事情なのだろうか。

ただ観客がいないだだっ広いホールの真ん中でレーザーに照らされながら歌う様はMV再現のようでなかなか見応えがあった。

審査員紹介と審査方法説明

オリンピック大河/朝ドラに全フリしたような人選。しゃべりは芸人に任せてる。

今回はサブちゃんと徹子にどう相手するかが一つの課題だったのか。

南キャン山ちゃんチコちゃんに恐々と相手してるのじわじわ笑えてくる。

審査方法は今回データ連動を利用した視聴者投票のみ、視聴時間に合わせて投票数が変わる仕組みで大泉洋も言っていたがよく考えたものだ。

アイドルオタクは推しのために興味のない演歌ちゃんと見ろということだ。

坂道

「今年は踊らないの?」って件をウッチャンがめんどくさそうにあしらってるのが一番印象に残った。

あいう、場の勢いでやってみたら上手く行っちゃって後々ややこしくなることってままある。

今年はNiziUと坂道グループが対比される構図だったけど、振り付けとか曲そのもの難易度はそんな大差ないように見えた。ただちょっとNiziUのほうが丁寧。

秋元康歌詞ってイケイケどんどんで人を励ますような描写が少ない。AKBや坂系に限れば「働け、進め、若くて可愛い子に惚れた」ということしか歌ってない気がする。

日向坂46

イントロがあってAメロがあってBメロで溜めてサビがきて、で、それぞれ律儀にキーリズムパターン変えてて」っつうJ-Pop特有歌劇調のスタイル通用しなくなってきたなと思う。「夜を駆ける」も「香水」も「Make You Happy」も実はループミュージック構造を成していて、リズムパターンコード進行を大きく変化させないクラブヒップホップミュージック方法論に従っている。ダンスが身近になったりSNS拡散馬鹿にならなくなった今だとそういったどこを切り取ってもさまになるスタイルがどんどん主流になりつつある。J-Popらしいコテコテの曲は「紅蓮華」のような映像作品とのタイアップか、デート雰囲気作りにちょうどいいバラードしかみられなくなり、そのうち今の演歌のような「中高年向け音楽」という扱いになるかもしれない。

桜坂46

スカートの裾を振り上げる振りは衣装が独特な造りだから出来ることで、こういう衣装意匠振り付けが連動していたりするのがかっこいい。

サビの「No!no!no!」の裏で被せられてるシャウトの声は誰なんだろう。いい声してる。

Hey!Say!JUMP

だんだん大泉洋に対するウッチャンの態度がやさぐれてきてるけどどうなるんだこれから

演歌歌手でもないのに往年の代表曲歌わせられるのは陰りが見えてきたサインかもしれないんだよな…

Ultra Music Power」歌うとき知念の声が年々伸びなくなってきてるのが切ない。

タオル回してるとき大泉の顔。

八乙女光ってEXIT兼親に似てるよね?入れ替わってもしばらく気付かれなさそう。

リトグリ

こういう若い女の子が集まってるグループで1人欠席があったりするとなんか不穏な気持ちになる。

SixTONES

SnowManは欠場。いつ誰がコロナ感染してもおかしくないかNHKプロデューサーはこの2、3ヶ月肝を冷やしてたんだろうな。

大泉洋松村くん推し

水森かおり

篠原ともえには悪いけど、Perfume(ライゾマ)の演出かに見慣れちゃった今はただでかいだけじゃ白けるんだよな。

もう普通に歌わせてあげたって。

GENERATIONS

尼崎ヤンキー数原くんはこの王子衣装をどう思ってんだ。衣装合わせのときに「キンプリと間違えてんのか?」って愚痴ってそう。

純烈

無観客ライブでエア握手してる紹介VTRからして可笑しすぎる。

良心存在であるウッチャンですら吹き出ししま衣装センスはどうにかならなかったのか。

背景映像はあつ森意識したんだろうか。

SMAPメンバーですらドアップきついときあるのによくこんな煽ったカメラワークをやるな。

エース格の人ってこんなココリコ遠藤ぽかったっけ?

最後の紙吹雪できっちりオチがついてた。いいコントだった。

坂本冬美

洗練されたコードや譜割に独創的な詩世界シンプル衣装舞台演出が曲の完成度やパフォーマンスを際立たせていて良かった。だからこそ最初の寸劇は蛇足に感じたけどこれはご愛嬌か。

坂本冬美はかっこいい老け方してる。ツンデレ温泉宿女将とかやたら頭のキレるベテランパートみたいな役どころでドラマに一回出てほしい。

Kis-My-Ft2

10年前くらいの洋楽でよくあったEDMみたいだけど、もはやキスマイはそういう歌を歌う集団って僕は納得してる。

中継主体であることで民放特番ではよくある局内を練り歩く演出が今回採用されたのは面白かった。

天童よしみ

何歌うかとか演出がどうだとか本調子かどうかとかそんなこと関係なくただ出てくれるだけで満足できるか?そういう安心感があるか?っていうのが大御所か否かだと考えている。

その中でも今回トップクラスにホッとしたのは天童よしみの出演シーンだった。

もう天童よしみが歌うならば知らない曲でもジャニーズねじ込みがあってもなんとも思わない。

さだまさし

さだまさしライブ後にNHK生放送フリートークするのを見てる人意外といるよね。

さだまさしの歌を聞くと毎回「力抜いててこうも声が通るものなのか」と感動する。中音域ちょっと歪むのもかっこいい。

乃木坂46

やっぱりJ-Popらしい転調をだんだん耳が受け付けなくなってる。音像はがっつりサブベース聴かせてて海外メインストリームと混ぜても聴き劣りしないレベルだと思うんだけど、なんだろう。

小室哲哉に全く触れられてないのがどうしようもないけど悲しい。

鈴木雅之

鈴木雅之を嫌いな人ってあんまいないだろうけど、かぐやから入って「夢で逢えたら」とか「ロンリーチャップリン」知らない層もやっぱり一定数いるのかな。

意外とジャスチャー激しい人だったのに今更気が付く。

ディズニーコーナー(?)

毎年恒例の子ども向けの配慮コーナーだけど当の子どもに支持されてるかは疑問。

歌ってるとき二階堂ふみのすごく努力したのはわかるし見応えあるけど本職の人にはやっぱり敵わない感じ、歌手になる夢に挫折する「エール」の役どころにはまってたな。

五木ひろし

山河」書けたんだから堀内孝雄天才なんだ。

いずれは誰かに歌い継いでほしい。

後半に続く。

https://anond.hatelabo.jp/20210104091644

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん