「坊ちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 坊ちゃんとは

2017-07-23

大学は8年かけて卒業すればいい」

裕福なお家のお坊ちゃんが多いんだな。

そうでなければ簡単にこんな事言えないよ。

それか相当の甘ったれ

親が子供お金をジャブジャブ使うのは当たり前だと思ってそう。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170722210312

2017-06-04

キチガイだなぁ

http://anond.hatelabo.jp/20170604050229

マラソンランナーの100メータタイム短距離走と比べる様な話はしていない

例えが悪すぎる。

大器晩成の話したいんだろうが、

半年やって目が出ないなら永久に出ない。

半年の時点で充分晩成なんだよ。

分かるかなボクちゃん。

自分説明力不足自慢したいならよそでやってくれないかな。お坊ちゃん

2017-05-27

http://dylan.ikko-j.co.jp/~rendaico/2003seihendrama/koizumiseikenco.htm

【小ネズミの「下半身気質」考】

 インターネット上に次のような情報が流れている。「議員選挙2ch掲示板」の「小泉首相サディスト疑惑発覚か?/変態性欲者か」を参照した。この情報の真偽が定かでないままに引用するのは好みではないが、小ネズミ政治手法との共通性が認められるので、敢えて「下半身気質」を列挙させてみたい。

 この疑惑に対し、木村愛二氏が訴訟の挙に出た(「小泉訴訟」、「木村氏の捨身の小泉首相人格訴訟」考参照の事)。その成り行きが注目されている。

1 【逆ギレ興奮性】

 議論せねばならない事柄に対してそれを徹底できず、いわゆる逆ギレヒステリー症状を催し、その後は恫喝居直りで事を処理せんとする「ある種の坊ちゃん的小児性我がまま」気質が色濃く温存されている。この性分は三つ子の魂で治癒し難し、とれんだいこは認める。

 イラク特措法の審議中、「神学論争には興味ない」などの言辞を弄した「神学論争批判発言事件」もこの系譜にあると考えられる。

2 【婦女暴行習性

 「ロンドン留学真相」がそれを物語っている。小ネズミ履歴として「ロンドン留学」が云われているが、その背景事情として国内での婦女暴行事件があるという。真偽判明していないが、小ネズミは若かりし頃の慶応大学在学中に同学の女子大生強姦するという事件引き起こし、その件で神奈川県警で調書を取られているという。これが表ざたになるのを恐れて、当時防衛庁長官だった父親ほとぼりがさめるまで英国に逃亡させたものらしいという噂が流れている。

 これにつき、木村愛二氏の「小泉レイプ事件地元横須賀の市会議員の間では周知その他満載頁」を参照しつつ。以下、れんだいこが要約する。

 小ネズミは、一浪して1961.4月に慶応大学入学本来であれば1965年3月に卒業であったが、入学後二留し、1967年の3月にも卒業できなかったため、三留年が決定していた。この直後、婦女暴行事件を起こして神奈川県警逮捕されている。場所は、湘南であり、相手慶応大学女学生であった。警察の取調べの際に、「僕の父親は、防衛庁長官だぞ。連絡してくれ」と不貞腐れていたことが漏洩している。「この事件のことは、地元横須賀の市会議員たちの間ではよく知られている話だ」と云う。

 但し、小ネズミの父・小泉純也が「当時防衛庁長官であった」との記載が為されているリーものがあるが正しくない。元防衛庁長官であったとすべきだろう。小泉純也は、第3次池田内閣、第1次佐藤内閣防衛庁長官を務めているが、この当時は增田甲子七氏が防衛庁長官であると思われる。

 いずれにせよ、父親小泉純也氏が政治的圧力を使い、この事件をもみ消した。が、学内でうわさの広まるのを恐れ、小ネズミを急遽1967年の5月にロンドン留学という口実で日本から脱出させた。慶応大学は休学扱いしている。最新情報では、この間、精神病院である東京松沢病院入院させられていたと云う。この真偽は定かでない。これが実際とすると、日本国は際どい経歴の人物首相の座に据え、歴代三位長命政権を許しつつあるというケッタイなことになる。

 小ネズミは5月頃ロンドン高飛びしたものの、英語ができなさ過ぎて、9月から通常始まるロンドン大学入学試験合格できず入学できなかった。そのため聴講生として一般に開放されている大学の講座をとり留学体裁を採った。その後2年間ロンドンにいて、とった単位ゼロであった。「こういう経緯があるため、小泉地元には滅多に帰らない。 昔のことをあれこれ詮索されるのがいやだから、帰りたくないのであるとある

 霍見芳浩氏の次のような指摘もある。

 「閣僚の息子で婦女暴行で捕まった男が、留学という名目ロンドンに来ており、余り勉強もしていないとの情報が入手されており、これが小泉を指しているのではないのかと云う。この事件確認しようとすると、『警察のガードが予想以上に固いために、非常に難渋している』とも云う。前首相・森の学生時代破廉恥罪はスクープされたが小泉調査の壁は厚いということか」(参考サイトニューヨーク市立大教授霍見芳浩氏の「歪んだ日本情報公開」)。

 「女子高校生強姦事件」も噂されている。「代議士2年目になっても女子高校生強姦事件を起こし、このとき逮捕されている。結局示談で処理をした」との情報も出回っている。こちらも神奈川県警所轄の事件である

3 【家庭内暴力(D・V)】 

 小ネズミは、1978(昭和53).1月宮本佳代子結婚(媒酌、福田赳夫夫妻)。1983(昭和58)年に離婚しているが、「離婚真相」として「離婚の直接の原因は、妻への家庭内暴力ドメスティック・バイオレンス)だったとの噂」(「アサヒ芸能」02.2.23)、「3人子供を生ませて、離婚をしているが、その離婚動機も、妻が、小泉の殴る蹴る のドメステイックバイオレンス家庭内暴力に耐えられずに離婚をした」と云われている。

4 【本格SM趣味

 小ネズミSM趣味を廻る次のような証言がなされている。

 「小泉という男がいる。この男、極度のハードS(サディスト)というのは政治家の間では有名な話である。なんでも、『小泉部屋』なるSMルームを作らせ、日夜励んでいるとか。このハードSの小泉という男は、女の子のクビを絞めながらプレイするのが好きなんだそうだ。なんでも『締りがよくなるから』らしいのだが、全くもって噂どおりの変人変態である」(「噂の真相」、ジャーナリスト二階堂豹介氏の公開日記、2003.10.3)。

 「都内の有名SMクラブ『M』に、郵政大臣時代小泉が足繁く通っていたとの情報がある。首相就任した後も総理公邸SM嬢が“出張”していたともいわれる。(中略) 本誌はこのSM嬢を特定、その女性と親しい人物と接触することに成功したのだ。このSM嬢と親しい人物が語る。『彼女から小泉のことを聞いたことがあります彼女女王サマではなく、小泉の方がSだと聞いた』。そこで彼女にも連絡を取ってもらったが、『まだ仕事をしているし、しゃべることはできない』との返事。(後略)」(「噂の真相」2004.4別冊)。

5 【SM事件もみ消し疑惑

 小ネズミSM事件もみ消しを廻る次のような証言がなされている。

 「その小泉がいつものように女の子の首を絞めてハードプレイをしていたある日、興奮して女の子のクビを絞めすぎてしまったらしく、女の子があと一歩で死にそうになったことがある。一命は取り止めたが、その女の子は深いトラウマに襲われて大変なことになった。どうしたかといえば、小泉という男の部下に飯島という男がいるのだが、その飯島が即刻、現金500万円を持ってその女の子のところに謝罪に行ってとりあえずは収まったとか」。

 「小泉氏は、サド趣味があり、よく相手の首をしめてプレイするという。それで一度 死にそうに相手がなり、半死の状態になってしまった。驚いた 飯島秘書官が500万円を支払い、示談にしたことがあるという」。

6 【女性関係トラブル事件

 「鈴木宗男官房副長官だった頃、小泉に起きた女性関係トラブル鈴木宗男がカネで解決したとの噂、そして、そのカネの出所官房機密費だったとの噂」(「アサヒ芸能」02.5.23)。

7 【芸者「小はん」変死事件

 「小泉愛人」と言われていた新橋芸者「小はん」が謎の自殺。かって、小泉郵政大臣就任する直前、彼の愛人と噂された新橋芸者源氏名「小はん」、当時31歳で、小泉所属した旧福田派のアイドルともいわれた花形芸者)が自宅のマンションで不可解な自殺を遂げた。自殺として処理されたが、別に悩みもなく、人気もあ り、死ぬ理由動機などなかったという。 

 当時、この「小はん」の自殺を報じた複数マスコミに対し、小泉彼女との関係否定した。しかし、「ヤジ将軍」ともいわれたハマコーは、小泉を公の席で「この芸者殺し野郎!」と罵倒したと伝えられている。真相は闇の中だが、小泉の不気味な素顔を垣間みた気にさせるエピソードだ。(参考文献「噂の真相」01.8、「週刊新潮」03.1.2―9)。これについては、「小泉首相愛人小はん変死事件考」で更に言及する。

8 【その他顰蹙(ひんしゅく)系噂】

●「小泉の恥ずかしい写真が出回っている」との怪情報も。(「論談:記者クラブ」02.4.22)

小泉と親交のあった飲食店関係者との「ただならぬ関係」についての情報。(「アサヒ芸能」02.5.23)

●「小泉には愛人隠し子がいる」との噂。(「週刊新潮」03.9.11)

http://anond.hatelabo.jp/20170527231926

2017-05-23

加計学園獣医ってさ

そんな問題にするなら京産もつくるわ、ってしたらダメなの?

森友の土地は1つしかないけど、獣医学部はいくらでも作れるじゃないか

獣医供給過剰とかいうけど、どの業種も供給過剰くらいが競争が生まれて発展できていいんじゃない

研究者供給過剰だし、野球選手供給過剰だよ

歯科医師供給過剰で経営大変

獣医師だけ守る必要あるか?

ポスドク問題で散々言われた、坊ちゃんの甘え、みたいな物言いって、獣医師が過剰競争になっても当てはまるでしょ

「誰だってやりたいことを仕事に出来るわけじゃない、そんなに優秀なら他の仕事したらいいのに」って

供給過剰だから作る必要ないって、言ってる意味が正直よくわからない

その言葉は、既得権益以外の何だと言うのだろうか

ポスドクとしては腹立たしいです

2017-04-21

http://anond.hatelabo.jp/20170421120930

浅はかって決めつけるのもどうかと思うけど

それが最適解な人だっているでしょ

はてなにいるような育ちのいい坊ちゃん嬢ちゃんだからできませんっていうのはわかるけど

2017-03-26

学歴を偽った結果。。。

合コンで知り合った彼女卒業大学を聞かれて、ついウソをついてしまった。

本当は高卒なんだが、某有名お坊ちゃん私立大学だと言ってしまった。

そこからいろいろと辻褄合わせのために小さなウソを重ねることになって、今どうしようもなくなってる。

もう身体関係もあるし、今さらウソだとは言いつらい。

本当のことを言ったら嫌われるかも知れない。

彼女と会うのが憂鬱になってる、今日この頃

2017-02-26

おっさんが振り返るユニクロ歴史

・袋にU296と書いてあったころ

数字のごろ合わせって田舎ラーメン屋の出前の番号かよと突っ込みたくなりますが、このころは、質実剛健、丈夫な品物をおいていました。生地が厚かったです。デザイン性より実用性でした。独自の品物だけでなく、「Champion」とか海外ブランド品っぽいものも一部に置いてありました。県庁所在地に買い物に行かないとなかったので、特別なお店でした。

フリースブレイクしたころ

お店の出店数が激増していました。まだ、実用品としてイメージが強かったです。品質としてもこのころが最高だったように思います生地が一番丈夫でした。このころの服で残っているものがあります。売り上げに影響が出るくらいに丈夫です。県で2番手の街にもお店ができました。品が良かった印象があります

フリースブーム後の低迷期

デザインに舵を切りました。スリムフィットという着る人を選びすぎる服を投入。女子からサイズがないという声が聞こえてきました。男性のLを着ている子と服がかぶりました。生地が薄くなってきたかも?とか丈夫さに疑問符が付くようになりました。毎年同じものを買っているので、違いが出ると気が付きます

GU出店後

明らかにGU商品生地が薄いことはわかりました。対GUでは品質が良い。色の品ぞろえがデザイナー自慰行為なのか、棚のエンドに設置されたお値打ち品コーナーにコーデできねえだろ的な色がシーズン遅れで特売されるようになりました。赤シャツとか緑ポロシャツとかレベル高杉晋作です。坊ちゃんファンとか南海ファンじゃないとつかい道が想像できません。それともイタリア国旗コーデをしろというのかと。通年売っていたビジネスバックがなくなったのが痛恨の一撃でした。気軽に壊してもいいものが買えてよかったのに残念です。ハンカチとか売っているときとそうでないときがあるのがめんどくさいです。

・ここ5年くらい

我が田舎の町にも出店されました。これによって、特別なお店ではなくなりました。買い物に行く特別感が激減したのは否めません。同じくマクドが我が町に出店したあとも特別感が大幅に喪失しました。アメリカ空気を持ってくる特別な店ではないです。日常に入り込んでくることはブランドイメージを重視するようになったユニクロとしては相反する課題です。袋にU296と書いてあったころのブランドイメージに戻ったかなとも思います

2017-02-10

安倍首相の「強さ」の理由がよくわからない

主観的にはそんなに支持しないのだけれど、客観的にみれば安倍首相というのは、ここ数十年の日本総理大臣のなかで「名宰相」のほうなのだと思う。

日本にしては長期政権だし、評価はまた別としても政治的な成果は出している方だし、経済的にも「安倍政権になったせいで明らかに不景気になった」ということもない。

多分、後世の日本史教科書には、それなりの行数をとって、その事跡記載されるのだろう。

自分リアルタイム記憶がある「日本総理大臣」というとかろうじて中曽根以降なのだけれど、その範囲で言えば、中曽根小泉クラスの「大物総理」と評価されるのだろうと思う。

だが、この二人にくらべると、どうしても小物感が否めない。

「お前が年取ったからだろう」といわれれば完全に否定できないが、でも安倍場合メディア野党相手簡単に「逆ギレ」したり、知性のなさが端々にもれ出ていたり、なんとも「小物感」が否めないのだ。

「云々」を読めないってのは、やっぱりねえ。

大卒海軍将校であった中曽根や、首相在任中もほぼ毎月歌舞伎座に通う程度には文化的素養のあった小泉では考えられない。

まあ、鳩山とか菅よりましじゃないかといわれればそうなのだが、彼らが「ダメ」なことは結構早い段階で露呈して、だからこそ早々に見切りを付けられたわけで。

中身はともかく、しゃべり方とか議論ときの落ち着きで言えば、野田佳彦の方がよっぽど「総理」ぽく見えたりする。

民主党に比べればマシ」という一点だけでここまできたとも思えないし、自民党安倍しか政治家がいないわけでもない。


一つ想像できるのは、あまり知性がないだけに、「明治から戦前の、偉大なニッポン精神を取り戻して、おじいちゃんみたいな政治家になる!」ということ以外にそれほど政策にこだわりなどなく、それゆえ結局、官僚振り付けどおりに動いているだけなのではないか?ということ。

ゆえに大失敗もしないし、足を引っ張られることもなく。

結局「軽くて担ぎやす坊ちゃん神輿」ということなんだろうか?

一億人奴隷

日本国民は、いつまで日本政府奴隷として生きなければならないんだろうな。

しか政府人間って基本坊ちゃん嬢ちゃんだから、まず一般的国民目線にはなれない。だから的外ればかり。

日本国民は、奴らのコマにすぎない。

この国にいても幸せにはなれない。

なぜなら、政府幸せ国民が嫌いだから

国民政府が嫌い。

嫌いな者同士。

2017-01-15

http://anond.hatelabo.jp/20100130225725

私は音楽テンションを上げるためのBGM的に使っていた時期があるのですが

小沢健二及びフリッパーズ・ギターの曲は

”無邪気に全部持ってる系”みたいなカテゴリ扱いでした

世間知らずで、だけど理想に対してとても前向きな、傷ついたことのないお坊ちゃん

ある意味島国日本キャラだとも思ってました

まあ島国日本原爆2コ落とされたわけですけども

荒川弘最近マンガ、あのすっとぼけ理想主義人道主義者の王子様、

あれにも近いものがあります

2016-12-13

教授人気ランキングコメント面白い

人間性・社会ゼロ。人として問題あり。(男性 , 4年)

講義きもい(女性 , 3年)

歴史好き(男性 , 1年)

淡々としている感じが良い(男性 , 3年)

淡々として良い(男性 , 3年)

ゼミでは優しい。(男性 , 3年)

まともな授業しろ(男性 , 3年)

気持ちいい(女性 , 3年)

きもい(女性 , 3年)

ベスト4に光臨(男性 , 3年)

ペニペニペニントン(男性 , その他)

お前のせいで留年した(男性 , 4年)

きもい(女性 , 3年)

坊ちゃん刈?(男性 , 1年)

授業中はもっと笑顔を(男性 , 1年)

やーすーし!!(男性 , 1年)

ゼミでは優しい(男性 , 3年)

2016-09-29

はてな増田リベラルかぶれの頭ゆるゆるな坊ちゃんに占拠されててインテリはもう逃げただろ

2016-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20160923165835

つうてもニューオーシャン誠と同じく完全にイイトコのお坊ちゃんやけどな>宮崎駿

2016-09-01

カーナビ欲しい増田つの機能軒の勤飛騨素舞志保美ナーか(回文

ナビゲーションシステムの一つの機能で欲しいのがあるのよね、

意外となかなか無いのかしら?

グーグルマップとの連携というか、

グーグルマップ

検索した場所の画面をナビに渡したいの。

それだけ、

はてなスターお気に入り場所インポート機能かいらないから!

ただそれだけでいいの!

検索グーグルが便利なんだけど、

その検索した画面をナビに持って行きたいのよね。

人類の叡智をそこは結集して欲しいわ!!!

自動運転システムの前に、

インド人を右にする前に、

まずそこじゃない?って思うの。

いい加減、私の車のナビを新しくした方がいいのかしらね

とほほ。


今日朝ご飯はまだ決めてないわ。

夏目漱石坊ちゃんの猫ばりに

我が輩には名前がまだ無い級に

まだ決めてないわ。

今日パンフェスあるからお店が開いてるかしら?

お気に入りパン屋さん。

開いてたら行って何か

うまし、なパンを買うことにするわね。

デトックスウォーター

今日防災の日と言うことで

乾パンウォーターしました。

あんまり、浸してる時間が長いとドロドロになるから

さらっと漬ける感じで。

さて、いただきましょう!

カンパーン!!!

なんちゃって

てへへ。


すいすいすいようび。

今日も頑張ろう!

2016-06-22

追記 : 中学ほとんど行けなかった夫

http://anond.hatelabo.jp/20160621052125

に追記します。

皆さんのコメントを読んで、自分が間違っていた事に気がつきました。

しろ大きな問題点があったのは私の方で、国語の授業で答えるような正解を考えるのが当たり前のように思いこんでいたのだと思います

夫と自分の違う所がわかっただけなのに、夫の方が普通でないと勝手に決めつけて勝手に1人で心配してしまいました。

愚かだったと反省しつつ、音読ドリルをめくっていたら

金子みすずの「私と小鳥と鈴と」に

「みんなちがって、みんないい」と書いてあって、

ああこれだった…とやっと気がつく事ができました。

夫と一緒に読んでいて内容もわかっていたのに、どれだけ上っ面での理解だったのかと恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

雨ニモマケズ」の感想を聞いた時は考えもしていなかった内容に驚いて、すぐ検索玄米4合の背景について諸説調べて夫に伝えていました。

でもデクノボウについては、「人から評価は気にせず、良いと思うことを地道にやっていきたい…みたいな事だと思うよ」と適当説明をしてしまっていたので、トラックバックで教えて頂いた「矛盾研究」などを知る事ができて良かったです。

この点だけ見ても、夫の視点の方が正しかった事がよくわかりました。

グスコーブドリの伝記」も読んでみようと思います

音読ドリル夏目漱石坊ちゃん」の冒頭を読んで

坊ちゃんバカだね。続きは?」と気にしていたので、

ドリルが終わったら坊ちゃんを勧めてみようかなと思っています

(資格試験などで問題文章を読んで理解するのに時間がかかって、

答えはわかるのにギリギリ合格できず残念がっていた事があるので

本人の興味のもてる範囲内での読書などで何とかできたら…という気持ちはあります。)

元々、夫に何か無理にさせるような事は考えていませんでしたが、

これからは夫との違いを興味深く楽しんだり補いあったりしていきたいです。

先ほどは、ドリル巻頭の「お口の準備運動」というページで

「あめんぼ赤いな、あいうえお

と読んでいましたが、

「あめんぼって赤くないよね??

そういえば、あめんぼ最近見ないね

と言われました。

これから、あめんぼのことも一緒に調べてみます

コメントして頂いた皆さん、ありがとうございました。

2016-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20160525144737

否定はせんけど昔の制度まんまならええとこのええ娘はええとこの坊ちゃんとくっつくから可愛い子はそうそう嫁にこないんじゃ

2016-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20160509134050

http://thesaurus.weblio.jp/content/%E7%AE%B1%E5%85%A5%E3%82%8A%E5%A8%98

裕福な、あるいは高貴な家庭に生まれた子のこと どこぞのぼんぼん御曹司貴公子プリンス ・ 箱入り娘 ・ 深窓の令嬢 ・ 社長の息子 ・ 良家の子女 ・ 名家の生まれ ・ 良家の坊ちゃん ・ お坊ちゃんボンボンお嬢さん ・ 令嬢 ・ 良家のご子息 ・ 御令嬢 ・ お坊ちゃま ・ 社長令嬢 ・ お嬢様

世間常識をよく知らない人のこと 常識はずれ ・ 常識知らず ・ 世間知らず ・ 非常識 ・ 温室育ち ・ 箱入り娘 ・ 世間の厳しさを知らない ・ 箱入り ・ 無菌室育ち ・ 坊っちゃん育ち ・ お嬢様育ち ・ ぬくぬくと育った ・ のほほんと育った ・ 過保護で育った ・ ぼんぼん ・ 苦労知らず

2016-04-11

ボクが床屋に行けなくなった理由

小学生ボク「こんにちはー」

散髪屋の爺「らっしゃい、こないだ引っ越してきた○○さんトコのお孫さんか」(ニコォ)

小学生ボク「そ、そうです!」

散髪屋の爺「○○さん元気け?はいココ座って、ほな今日はどないしましょ?」

小学生ボク「このまま短く、坊ちゃん刈り?でおねがいします」

散髪屋の爺「ンアァ!?男やったらスポーツ刈りにせんかいィ!!」(バリカンヴィィィィィ!)

小学生ボク「こ、このまま短くおねがいします!」(半泣き)

散髪屋の爺「ンアァー!?なんでぞいや!ファー!!スポーツ刈りちゃうかいや!!」(ヴィヴヴィヴィィィィィ!!)

小学生ボク「スポーツ刈りは嫌です……」

散髪屋の爺「男の子ゆーたらスポーツ刈りに決まっとるやろがい!!!動きやすいしのォ!!ボウズでもええぞ!!」(ヴィーンヴィヴィヴィーーン!)

小学生ボク「こ、このまま全体的にちょっと短くするだけで……坊ちゃん刈りで……!」

散髪屋の爺「よっしゃわかった!」

小学生ボク「(ほっ)」

散髪屋の爺「丸刈りでんな!!!」(ヴィンヴィンヴィィーーン!)

小学生ボク「イヤアァァァァアァァッ!!」

散髪屋の爺「ハァ……しゃーないのー!ったく、都会の子はオシャレでんなァ!!ガハハ!!」

小学生ボク「グスグス(田舎怖い)」

村唯一の散髪屋で、しかも爺が同級生祖父だったからあまり悪くも文句も言えず。

帰ってから泣きながら親に訴えて、次から母親美容室に連れて行ってもらった。

20年経った今でもバリカンの音が怖い。

ちなみに美容院で髪を切ってることがどこからともなくバレて、

上級から「やーいやーいオンナ髪~」「オカマなんですかぁ?」と謎の煽りを受けた模様。

「オンナ髪ってなんやねん(ゲラゲラ)」

「え?オカマちゃうちゃうちゃうちゃう!あ、チャウチャウちゃうちゃう!?(ゲラゲラ)」

って全然堪えてなかったけど、今思うと危うくイジメになるとこだなコレ。

結局「生意気だ」って目つけられて、中学生になってから本格的にイジメられて大人が動く羽目になったけど、

本人は同じ調子イジメられてることに気付かなくてノーダメージだったし、バリカンが克服できないぐらい弱いと見せかけて割とメンタル強いのかもしれん。

2016-01-04

http://anond.hatelabo.jp/20160104021745

単なるキャラ付けだとおもう



少女雑誌によっては属性の偏りがあるのかもしれない

乙女ゲーなんかではひとそろい揃う

2016-01-03

坊ちゃんドラマ

漱石小説ってマドンナお嬢さん存在感なさすぎ。

この21世紀社会学を経た地平においてはそんな認識は許されない。

からと言ってこのオチはねーだろ!

2015-12-29

映画評:クリード チャンプを継ぐ男

クリスマスが週末という曜日の並びから、「ひょっとしたら9連休になるんじゃないか」という期待をよそに、月曜もしっかり働いってやっと今日から冬休みになったのだが、別段帰省の予定もなかったので、ひとつ映画でも観ようと、「クリード チャンプを継ぐ男」を見てきたら、わりと良かったので見所を紹介しようと思う。



ネタバレ上等で書いてるわけではないが、それでもほんのりネタバレはしちゃうかもしれないので、観る気満々のひとは読まないほうが良いかもしれない。



巷の映画紹介で紹介されてる程度に物語のあらすじを紹介すると、かつてロッキー死闘を繰り広げた伝説王者アポロクリード隠し子、アドニスが、自らの情熱を注ぐ夢として、ボクシングの道を選び、トレーナーを頼むため、すでにボクシング世界から遠ざかっていたロッキーの店の門をたたく。初めは拒むロッキーだが、やがてアドニスとともに頂点を目指すというおはなし。



見所1:あらゆる前提が普通白人ヒーロー映画と逆。


さて、このアドニスだが、とにかく周囲からの愛されっぷりがハンパない

隠し子ということもあり、出自こそ施設だが、その後引き取られた家庭で良い教育を受け、投資銀行社員になり、会社からは高級車で「家族2人で住むには広すぎじゃないの?」というような家に帰ってくる。

良い家で育ち、良い教育を受けた2世のお坊ちゃんなのだが、じゃあいけ好かない奴なのかというと、これが思わず可愛がりたくなる様な素直な良い奴で、まず自分施設から引き取ったアポロ夫人メリーアンに愛され、すったもんだボクシングの道を志してからも、ロッキーは実の息子の様に愛情を注ぐ。物語中盤では恋人も現れ、終いには色眼鏡で見ていた様なストリートキッズたちまで彼を応援する始末。

彼は彼で、学のないロッキーを案じて、息子のごとく的確で愛に溢れたアドバイスまでする。

彼を包む環境のものが豊かな愛で包まれており、妙にほっこりした気持ちにさせられる。



一方、彼が挑むチャンピオンリッキー・コンランは、リバプール港湾労働者の息子で、あまり良い教育を受けた風でないので、対戦前に相手を口汚く罵ったりするし、トレーナーとの関係も「こいつあんまり愛されてねーなー・・・」という気の毒な感じで、見ていて切なくなってくる。



黒人の方のアドニスの方が、良い教育を受け豊かな愛もあふれる世界で育った良い奴で、白人チャンプが、下流から腕一本でのし上がったのに粗野でトレーナーにもいまいち愛されてない、という感じで、白人主人公になりがちなアメリカ映画にあって、バックグラウンド逆転現象がおきている。



物語視点も偉大な父の名前を巡る2代目の苦悩だったりして、「下層からのし上がり」ではなく「恵まれた奴にもそれなりに大変な事はある」という方向からストーリーになっている。



見所2:スタローン映画バカぶり


ロッキーのヨボヨボ具合がハンパない

この映画は、無名ライアン・クーグラー情熱に、シルベスター・スタローンが応えて、ロッキーシリーズを託したという。

その若造脚本にのって出てくるロッキージジイっぷりといったら。

スタローンも真面目にやっていて、そのヨボヨボぶりは物語が進むにつれどんどん加速していき、絵面がNHKドキュメンタリーかよという感じになってくる。



中盤では、人種を巡るちょっとしたやりとりがあるんだが、そのピリッとした空気でまた、スタローンボケることボケること。

スタローンを見て感じる「凄い人だけど、この人ひょっとしたらバカなんじゃないかなぁ」というイメージを飄々とやってしまう。



よくぞまあスタローンもこれを「よしやろうぜ」って言ったなと思う。

スタローンの器の大きさと映画人としての凄みを感じる。



見所3:ボクシングシーンの迫力


ロッキーシリーズでは、どうしてもボクシングのシーンがスローモーになり勝ちなきがするのだが、今回はピチピチの若手が主人公ということもあって、なかなかのスピード感



敵役のチャンプを演じるアンソニー・べリューは実際に英国チャンピオンでもあるボクサーという事で、迫力あるボクシングシーンとなっている。

画的にも、派手に血が舞う感じで、痛さが伝わってくる。



気になる点を挙げるとすれば、主人公アドニスは魅力的だが、どうしても「ロッキーの愛弟子」感が強い事か。

スタローンとしては2もやるぜといったとか言わないとかで、そうなってくると、「ロッキーのとこの子アドニス」が、ロッキージジイ圧を乗り越えて、本当に物語全体を支配する魅力ある主人公として独り立ちできるかがポイントのように思う。



そんな感じで、ちょいちょい「おっ」と思う見所もあり、全体としても派手な盛り上がりにこそ欠けるもが、親子愛、師弟愛を感じつつ、しっかりスポ根ものの感動が伝わってくる良い映画だとおもう。



年末にやる事が決まっていない諸兄、スターウォーズの盛り上がりについていけない方などは、こちらもどうだろうかと思う次第であります

2015-12-11

http://anond.hatelabo.jp/20151211163825

ニコニコYouTubeピクシブに関しては、アーティスト自らが喜んで投稿しており、一部の作家には「お金を儲けるためにやってるんじゃない!」とプライドと信念をもってる方もおられます。素晴らしいことです。

お金に苦労したことのないお坊ちゃんお嬢ちゃんなのでしょう。

回りが支えてくれるし、それを当てにしています

ここは困っていないので困るまで放っておいて良いでしょう。

困っていない作家の(現実を知らない作家の)お世話をすると、

サスペンスドラマのように金の亡者め!と言われ恨まれかねません。

弁護士会計士プロフェッショナルへは、

現在の複雑高度化した社会では、

高度な会計法律の専門技術必要ではあるけれど、

肝心のお金を産み出すサービスが難しいので、

会社お金がなく無い袖がふれないという状況なのです。

経営者は、自らが借金を抱えて、従業員生活を守っている人もいて、会社の全責任を背負い、周囲からサンドバックにされながら、社員より少ない給料で我慢するひともいる。

この立場精神レベルは仏様なみです。

プロフェッショナルお金を払ってくれない、という悩みは、遠く彼方に過ぎ去って忘れかけています

なので、ついつい、自分が忘れているので人のことも忘れます

(まあ、経営陣は給料ではなく報酬という考えなので、

儲ける時は、ドカンと儲ける可能性はありますが…

往々にして大衆はそこだけしか見ないので、

カンと稼いだ報酬寄付に回してしま経営者もいるでしょう)

400℃のお湯に浸かっている人に、30℃のぬるま湯に使っている人のお湯の加減を調整するのは難しいのです。

1℃でも温度が上昇すれば発狂しかねないデリケート生命体は、400℃のお湯にいる生命体の温度を、平気で600℃にあげてきます

まるで配慮がない。何をしても良いと思っています

まり全体がもうけていないのに、お金を払ってくれ!といわれても無い袖がふれず、不可能なのです。

とは言え、

プロフェッショナルお金を払って欲しいと心底思ってはおります

一方では、なにもせずに、大金を稼いでいる人もいるので、

ここらへんが、正常になれば、

経済はもう少しましに機能するようになるでしょう…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん