「原子力発電所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原子力発電所とは

2017-10-24

砕かれた鏡

(この日記は、「副業風俗レポを連載していたのだが、」https://anond.hatelabo.jp/20171023190844を「俺が編集者ならこう書き換える」という内容に無断で編集したものです。)

お久しぶり~。とにかく更新が滞りがちなこの連載。今回はちょっと趣向を変えて、生まれて初めてアジアンエステに行った日のことを書くぞ。もう六年半も前の話だ。僕のドスケベオイルマッサージ道はこの日から始まったのだ!

某月某日、夜。駅前商店街を歩いていると、妖しく点滅する立て看板が目に入った。

中国式マッサージ 60分¥6000

インターホンを鳴らすと、異様に背の低い白髪の老婆が出てきた。待合室に通され、メニューを渡された。メニュー表には複数コースが書かれていたが、婆さんは大きな目をさらに大きくして90分一万円のコースゴリ押ししてきた。僕は気圧されて、よくわからないまま一万円を払った。

部屋に案内されて、ベッドに腰かけていると、小柄な女の子が入ってきた。名前はナナちゃん。第一印象はツンとして見えるが、笑うと一気に表情がやわらぐ。かわいい! 大きな目に長いまつげ。ピンク色のぽってりした唇が印象的。髪は長めで、えり足がスッキリとまとめられている。あらわになったうなじセクシーしかし、何より目を引くのはオッパイ。かなりでかい! 上着がパンパンに膨れあがってる。そして、むき出しになった太もも。僕が太ももフェチになったのは、この日がきっかけかも。ミニスカートからのびる二本の素足。た、たまらん....。

ナナ「初めてですか?」

僕 「はい

ナナ「先にシャワー浴びますか?」

僕 「あ、はい

ナナ「じゃあ、脱いで待ってて」

ナナちゃんが部屋を出ていく。言われるままに服を脱ぐ僕。上半身裸になったところで、ナナちゃんがバスタオルを持って戻ってくる。いたずらっぽい笑みを浮かべながら、僕のズボンベルトを引っ張る。脱ぐように促しているのだ。恥ずかしながら、僕はすでにビンビン。ナナちゃんがそれを見て、キャッと笑う。腰に白いバスタオルが巻かれると、腹部がふくれあがり、その形状はまるで雪山

一緒にシャワールームへ。ナナちゃんが全身をやさしく洗ってくれる。「後ろ向いて」「はい、前」「もう一回後ろ」ころころと向きを変える僕。後ろ向きになると、ナナちゃんの手首が僕の足のつけねを通って、さわ~、と尻の穴を通過。最高だ...。タオルで体を拭いてもらい、部屋に戻る。紙パンツを渡されたが、明らかに小さい。無理して履いてみたが、思いっきハミ出てしまう。ナナちゃんがそれを見てウフフと笑う。

ナナ「うつぶせになれますか?」

僕 「あ、はい・・・

ナナ「・・・やっぱり、あおむけでいいよ。うつぶせ、痛そうだから

うつぶせだと、いきり立ったモノが圧迫されて痛いと判断されたらしい(笑)それで急遽、あおむけの態勢から始めることに。ナナちゃんが僕のひざの上にまたがると、太もも感触がじかに伝わる。う~ん、たまらん!

まずは首筋のマッサージ。ナナちゃんが前かがみになると、はだけた胸もとから谷間が見える。膝を動かすたびに、スカートの中もちらり。これってわざと!? そして、ここから先は怒濤の展開。まだ序盤なのに、ナナちゃんが僕の全身にオイルを塗り始めた! 本来うつぶせでじっくりと肩や腰をもんでから、ようやくあおむけになり、オイルが登場するのは後半なのだしかし、ナナちゃんは通常のセオリーをすっ飛ばして、大暴走。おそらく僕の興奮が伝わり、一気にスパークしたのだ! 奇跡フュージョン国籍を越えた魂の交感。ナナちゃんの指先が、僕の体の上を縦横無尽に滑走。そのなめらかな滑りは、ロシアフィギュアスケーターユリア・リプニツカヤ選手のようだ。僕はあっという間にフィニッシュ。開始からわずか30分。瞬殺だった...。

本来、こういったマッサージは焦らしてナンボ。ナナちゃんの施術はあまりトリッキー過ぎた。でも僕は大満足! 最高のアジアンエステデビューであった。

🌑

これは、ある風俗系のサイトのために書いた原稿である。そのサイトが突然閉鎖してしまい、行き場所がなくなった。自分で言うのも何だが、本当に下らない。僕は二年近く、こんな文章ばかり書いていた。この記事は、新しい店を取材する時間が無かったので、苦しまぎれに昔話を書いたのだった。結果的にこの原稿は陽の目をみなかったわけだが、書きながら当時のことを色々と思い出した。

あの頃、実は僕はドン底の状態だった。親から継いだ会社倒産させた後だったのだ。単なる地元中小企業だったが、そこそこ歴史のある会社だった。古参幹部裏切り横領大手の参入、理由を挙げればキリがないが、結局は僕が無能だったのだ。すべてを失った。恋人も仲間も、みんな去って行った。絵に描いたような転落人生だ。酒びたりの日々。毎日、目を覚ます頃にはすでに日が暮れかけていた。時計を見るのもつらかった。起きるとすぐに冷蔵庫を開けて、安い缶酎ハイあおり、またベッドに戻る。酒が切れたらコンビニに行って、缶酎ハイカップ麺を大量に買い込む。そんな生活が何ヵ月も続いていた。

いよいよ金が尽きてきたので、警備員バイトを始めた。まわりは爺さんばかりだった。地元では警備員仕事高齢者の受け皿になっていた。爺さんたちと一緒に働いているうちに、まだ20代後半だった僕も、老後みたいな気分になっていた。

件のエステに行ったのは、そんな時期のことだった。前述の通り、僕は30分で果ててしまった。そのあとどうしたかというと、ずっと彼女とお喋りをしていた。彼女は色々な話をしてくれた。まだ来日して三年足らずで、日本語ジブリアニメ勉強していると言っていた。なぜか子供の頃の写真を持っていて、それを見せてくれた。山村風景を背にして、薄汚れたシャツを着て立っている、仏頂面の少女が写っていた。それが彼女だった。話を聞いてみると、彼女は非常に貧しい家に生まれて、家族を支えるために、日本出稼ぎに来ていたのだった。

僕も自分のことを話した。地元中小企業の二代目社長社員は26人。趣味スキーテニス、車はベンツを2台所有。どれも過去には本当のことだった。でもすべてを失っていた。僕は彼女に、会社経営の苦労や、幹部に対する不満を、現在進行形の悩みとして語った。彼女の前では社長でいたかった。悲しい見栄だ。話しているうちに、自然と涙が流れてきた。彼女がそっと抱き寄せてくれた。僕は彼女の胸に顔をうずめて泣いた。しばらくのあいだ泣き続けた。あのとき彼女はどんな気持ちだったのだろう。異国で、初対面の男が、いきなり泣きだしたのだ。理由もわからなかったはずだ。かなり戸惑ったにちがいない。

ナナちゃんと話した翌日から、僕は仕事で新しい現場に入った。美術館の警備スタッフだ。スタジオジブリレイアウト展覧会だった。そこでマズイことが起きた。彼女が客として入場してきたのだ。どうやら彼女は一人で、オレンジワンピーススニーカーを履いて、髪はポニーテールにまとめていた。相変わらずちょっとツンとしていて、喋らなければどこからみても普通若い女性だった。僕はあわてて顔を伏せた。見られてはいけない。彼女の中ではまだ僕は社長なのだ。警備服を着ているはずがないのだ。彼女は食い入るように展示物を見ていた。僕は帽子限界まで目深に被り、ばれないようにした。

午後になって、今度は外の駐車場ですれ違いそうになり、あわててトラックの背後に隠れた。警備員なのに、僕の挙動は完全に泥棒だった。彼女は僕の前を通り過ぎて、その先の角を右に曲がっていった。彼女は僕の視界から消えた。

数日後に、地面が揺れた。これまでにないぐらい、大きく揺れた。巨大な津波が来て、あらゆるもの破壊した。そう遠くない場所で、原子力発電所が爆発した。日常が奪われ、何日も、何週間も、不安状態が続いた。

僕はやることもなく、ふと思い立って再びあの店に行ってみた。当然のように閉まっていた。インターホンを鳴らすと、ゆっくりドアが開いた。中からあの大きな目の老婆が顔を出して、「やってませんよ」と言った。

僕 「いつごろ再開しますか?」

老婆「もうやらないよ。おしまい

僕 「・・・

老婆「みんな中国に帰ったよ」

僕 「ナナちゃんは?」

老婆「ナナも帰った。モモも帰った。サクラもユキもみんな帰った。日本は危ないから」

当たり前だが、ナナちゃんとはそれっきりだ。僕はほどなく上京して、小さな広告プロダクション就職した。その後、仕事で知り合った風俗関係者に請われ、メンズエステ体験レポを書くようになった。

最初のうちは、アジアンエステ取材する度に彼女のことを思い出したものだが、最近はすっかり忘れてしまっていた。女性の胸に顔をうずめて泣くなんて、あの夜が最初最後だと思う。

地震で粉々に砕かれた鏡の上に今は別々の人生が映し出されている。ナナちゃん、元気だろうか。

2017-10-23

副業風俗レポを連載していたのだが、

諸般の事情サイトが閉鎖されてしまった。原稿が一本無駄になってしまったので、はてな匿名ダイアリーに放流する。

🌑

お久しぶり~。とにかく更新が滞りがちなこの連載。今回はちょっと趣向を変えて、生まれて初めてアジアンエステに行った日のことを書くぞ。もう六年半も前の話だ。僕のドスケベオイルマッサージ道はこの日から始まったのだ!

某月某日、夜。駅前商店街を歩いていると、妖しく点滅する立て看板が目に入った。

中国式マッサージ 60分¥6000

インターホンを鳴らすと、異様に背の低い老婆が出てきた。待合室に通され、メニューを渡される。メニュー表には複数コースが書かれていたが、婆さんは90分一万円のコースゴリ押ししてきた。僕は気圧されて、よくわからないまま一万円を払った。

部屋に案内されて、ベッドに腰かけていると、小柄な女の子が入ってきた。名前はナナちゃん。第一印象はツンとして見えるが、笑うと一気に表情がやわらぐ。かわいい! 大きな目に長いまつげ。ピンク色のぽってりした唇が印象的。髪は短めで、えり足がスッキリとまとめられている。あらわになったうなじセクシーしかし、何より目を引くのはオッパイ。かなりでかい! 上着がパンパンに膨れあがってる。そして、むき出しになった太もも。僕が太ももフェチになったのは、この日がきっかけかも。ミニスカートからのびる二本の素足。た、たまらん....。

ナナ「初めてですか?」

僕 「はい

ナナ「先にシャワー浴びますか?」

僕 「あ、はい

ナナ「じゃあ、脱いで待ってて」

ナナちゃんが部屋を出ていく。言われるままに服を脱ぐ僕。上半身裸になったところで、ナナちゃんがバスタオルを持って戻ってくる。いたずらっぽい笑みを浮かべながら、僕のズボンベルトを引っ張る。脱ぐように促しているのだ。恥ずかしながら、僕はすでにビンビン。ナナちゃんがそれを見て、キャッと笑う。腰に白いバスタオルが巻かれると、腹部がふくれあがり、その形状はまるで雪山

一緒にシャワールームへ。ナナちゃんが全身をやさしく洗ってくれる。「後ろ向いて」「はい、前」「もう一回後ろ」ころころと向きを変える僕。後ろ向きになると、ナナちゃんの手首が僕の足のつけねを通って、さわ~、と尻の穴を通過。最高だ...。タオルで体を拭いてもらい、部屋に戻る。紙パンツを渡されたが、明らかに小さい。無理して履いてみたが、思いっきハミ出てしまう。ナナちゃんがそれを見てウフフと笑う。

ナナ「うつぶせになれますか?」

僕 「あ、はい...」

ナナ「あおむけでいいよ。うつぶせ、痛そうだから

うつぶせだと、いきり立ったモノが圧迫されて痛いと判断されたらしい(笑)それで急遽、あおむけの態勢から始めることに。ナナちゃんが僕のひざの上にまたがると、太もも感触がじかに伝わる。う~ん、たまらん!

まずは首筋のマッサージ。ナナちゃんが前かがみになると、はだけた胸もとから谷間が見える。膝を動かすたびに、スカートの中もちらり。これってわざと!? そして、ここから先は怒濤の展開。まだ序盤なのに、ナナちゃんが僕の全身にオイルを塗り始めた! 本来うつぶせでじっくりと肩や腰をもんでから、ようやくあおむけになり、オイルが登場するのは後半なのだしかし、ナナちゃんは通常のセオリーをすっ飛ばして、大暴走。おそらく僕の興奮が伝わり、一気にスパークしたのだ! 奇跡フュージョン国籍を越えた魂の交感。ナナちゃんの指先が、僕の体の上を縦横無尽に滑走。そのなめらかな滑りは、ロシアフィギュアスケーターユリア・リプニツカヤ選手のようだ。僕はあっという間にフィニッシュ。開始からわずか30分。瞬殺だった...。

本来、こういったマッサージは焦らしてナンボ。ナナちゃんの施術はあまりトリッキー過ぎた。でも僕は大満足! 最高のアジアンエステデビューであった。

🌑

自分で言うのも何だが、本当に下らない。僕は某風俗サイトで二年近くこんな文章ばかり書いていた。先の記事は、新しい店を取材する時間が無かったので、苦しまぎれに昔話を書いたのだった。結果的にこの原稿は陽の目をみなかったわけだが、書きながら当時のことを色々と思い出した。あの頃、実は僕はドン底の状態だった。親から継いだ会社倒産させた後だったのだ。単なる地元中小企業だったが、そこそこ歴史のある会社だった。古参幹部裏切り横領大手の参入、理由を挙げればキリがないが、結局は僕が無能だったのだ。すべてを失った。恋人も仲間も、みんな去って行った。絵に描いたような転落人生だ。酒びたりの日々。毎日、目を覚ます頃にはすでに日が暮れかけていた。時計を見るのもつらかった。起きるとすぐに冷蔵庫を開けて、安い缶酎ハイあおり、またベッドに戻る。酒が切れたらコンビニに行って、缶酎ハイカップ麺を大量に買い込む。そんな生活が何ヵ月も続いていた。

いよいよ金が尽きてきたので、警備員バイトを始めた。まわりは爺さんばかりだった。地元では警備員仕事高齢者の受け皿になっていた。爺さんたちと一緒に働いているうちに、まだ20代後半だった僕も、老後みたいな気分になっていた。

件のエステに行ったのは、そんな時期のことだった。前述の通り、僕は30分で果ててしまった。そのあとどうしたかというと、ずっと彼女とお喋りをしていた。彼女は色々な話をしてくれた。まだ来日して三年足らずで、日本語ジブリアニメ勉強していると言っていた。なぜか子供の頃の写真を持っていて、それを見せてくれた。山村風景を背にして、薄汚れたシャツを着て立っている、仏頂面の少女が写っていた。それが彼女だった。話を聞いてみると、彼女は非常に貧しい家に生まれて、家族を支えるために、日本出稼ぎに来ていたのだった。

僕も自分のことを話した。地元中小企業の二代目社長社員は26人。趣味スキーテニス、車はベンツを2台所有。どれも過去には本当のことだった。でもすべてを失っていた。僕は彼女に、会社経営の苦労や、幹部に対する不満を、現在進行形の悩みとして語った。彼女の前では社長でいたかった。悲しい見栄だ。話しているうちに、自然と涙が流れてきた。彼女がそっと抱き寄せてくれた。僕は彼女の胸に顔をうずめて泣いた。しばらくのあいだ泣き続けた。あのとき彼女はどんな気持ちだったのだろう。異国で、初対面の男が、いきなり泣きだしたのだ。理由もわからなかったはずだ。かなり戸惑ったにちがいない。

この話には後日談がある。翌日から僕は仕事で新しい現場に入った。美術館の警備スタッフだ。スタジオジブリレイアウト展覧会だった。そこでマズイことが起きた。彼女が客として入場してきたのだ。どうやら彼女は一人だった。僕はあわてて顔を伏せた。見られてはいけない。彼女の中ではまだ僕は社長なのだ。警備服を着ているはずがないのだ。彼女は食い入るように展示物を見ていた。僕は帽子限界まで目深に被り、ばれないようにした。午後になると、今度は外の駐車場ですれ違いそうになり、あわててトラックの背後に隠れた。警備員なのに、僕の挙動は完全に泥棒だった。

数日後に、地面が揺れた。これまでにないぐらい、大きく揺れた。巨大な津波が来て、あらゆるもの破壊した。そう遠くない場所で、原子力発電所が爆発した。日常が奪われ、何日も、何週間も、不安状態が続いた。再び店に行ってみると、当然のように閉まっていた。インターホンを鳴らすと、ゆっくりドアが開いた。中から背の低い老婆が現れて「やってませんよ」と言った。

僕 「いつごろ再開しますか?」

老婆「もうやらないよ。おしまい

僕 「・・・

老婆「みんな中国に帰ったよ」

僕 「ナナちゃんは?」

老婆「ナナも帰った。モモも帰った。サクラもユキもみんな帰った。日本は危ないから」

当たり前だが、ナナちゃんとはそれっきりだ。僕はほどなく上京して、小さな広告プロダクション就職した。その後、仕事で知り合った風俗関係者に請われ、メンズエステ体験レポを書くようになった。最初のうちは、アジアンエステ取材する度に彼女のことを思い出したものだが、最近はすっかり忘れてしまっていた。女性の胸に顔をうずめて泣くなんて、あの夜が最初最後だと思う。ナナちゃん、元気だろうか。

2017-09-26

原発必要

原発反対派も原発賛成派も原子力発電所がどういう意味をもっているかよく知っている。

電気を作るだけではない。

潜在核兵器なのだ

から原発反対派は日本核武装させないために原発に反対する。核武装したら外国が攻めて来れなくなってしまうからだ。

原発賛成派も唯一の被爆であるから潜在核兵器のことをおおっぴらにしない。

誰も潜在核兵器のことに触れない。

しか北朝鮮の脅威に対抗するために、日本核武装をした方がいいのだ。

から原子力発電所必要だ。

2017-08-07

Github中国語だけの書き込みをする人も増えているというツイートを見てしまった。

中国は、共産党によるプロキシ検閲があるにも、関わらず思想の自由さはなくても、経済で殴ってくる感じがある。

技術研究が進むか否かは、科学研究費用多寡だけでは語れないが。

英語が出来ないが故に、国際競争力が落ちている

言語の壁がファイアーウォールになってるなんていうひとがいるが、

民間韓国LINE日本国内のサーヴィスとを比較したりすると、なんっか

やっぱり

iモードからまれ絵文字がemojiになったこととか、良いこともあったのだろうが。

なんか、こう、アジアの中でも、どんどん、おいていかれるのだろうか。

  

  

情報工学とは別物だろうが。

ジェット機を作って飛行機も飛ばせないとか、原子力発電所対処に手を焼いているとかって、

北朝鮮ミサイル技術との比較でいうと、どれほどのものなのだろうか。

頭の良いエンジニアの人は、その辺りの件について定量的比較が出来ているのだろうか?

疑問である

この調子で、情報スキルも有名な企業研究所で優秀な技術者飼い殺しされていくのだろうか。

2017-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20170725121337

例えば日本人という種族合理的判断能力に欠如していてたびたび感情的になり論理的思考ができなくなる傾向がある

それは赤字大企業の腐敗や原子力発電所事故オリンピック準備、政治全般実例として表れている

そのため日系を断種することで新たに産まれる不幸をなくす

という理論提唱されたら「はい私たち障害者なので従います」とおいそれと従う?

障害者にも子孫を残す権利はあるしそれすなわち障害者にも産まれてくる権利があるってことだよ

からそこんとこ考えてスコ猫を否定するなら否定しようねって話

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615144326

AI遺伝子チューニングロボットで人工生産できるようになった時点で無意味工程になる

既に植物遺伝子組み換え作りまくってんのにあえて手作業受粉するのにこだわる意味がない

数を増やして天才を作りテクノロジーを後押しするって利点はAIが完成したら全くの無意味になる

AIメンテ人間が?馬鹿

AIからしたら赤子に原子力発電所任せるようなもんだぞ

自分と比べるのもおこがましいくら低能心配してきたらマジで黙ってろと思うだろ

まあ、最終的に仮想空間の中で遺伝子多様性(笑)を維持して

現実世界では適当な個数の猿を飼育しとくという結論に落ち着くと思う

あえて外でお猿さん育てる意味があるかどうかというのは人間矛盾性をAIが許容してくれれば成り立つ

仮想現実人格人権はないか残酷仮想現実でもOK

2017-01-24

ジャンティ原子力発電所になりたい

近所の子供が探検にくるんだ

2017-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20170116235911

ラストではなくてペジテのアスベルセリフ「火と水に調和を 敵意はない」に集約されているのではないか

墓所存在は『浄化した世界到来の暁に人類という種を生きながらえさせるための希望』といいながら、

現実には世界憎悪絶望をもたらしている。

墓所カーバ神殿のようにも見えるが、実際のところ、原子力発電所のようにも見えなくもない。

ナウシカの連載が始まったのは1982年2月から幾度かの休載を挟んで1994年3月に完結しているが、

そのあいだ、1986年4月にはチェルノブイリ爆発事故が起きており、

1995年には毒にも薬にもならない『耳をすませば』と同時上映で『On Your Mark』が発表されている。

3.11の後は「原発ぬきの電気映画をつくりたい」の横断幕で物議を醸したが、

攻撃的な意味」はないとのコメントを出している。

原子力発電所は火と水に調和をもたらさない。でも、自身はどうしようもなくミリタリオタク

その電気を使わなければ、社会が成り立たないのも十分に理解している。

自身整合していないのだからスッキリした結論にならないのは自明

2016-12-31

それでも年は明ける

我が家のお正月が縮小している。

実家で作られるおせち料理は、年々少なくなっている。少なくなるのが分かるたびに、この家で成長してきた年月と、経過した時間の長きこと、そしてそれらに反比例するかのように、この家族構成でいられる残り時間の少ないことを思い知ることとなり、いささか悲しいのも事実ではある。やんぬる哉。

もう戻らない時間記憶に思いを馳せるよりも、これからやってくる時間に対して思案を巡らせばいい、という人もいるにはいるが…僕にとってこれは、簡単なことではない。なぜなら、私は、確実に、未来永劫これだけは信じることが出来るという存在を持っていないからだ。こんな人は、多くはないけども、少なくもないと思う。

3.11以降、僕は、直感以外の信仰を失った。人様は皆僕に良くしてくれるという、他人に対する信仰。これからやってくる明るい未来に対する信仰原子力発電所安全安価エネルギーだという信仰日本は発展していくという信仰、そして、自分自身可能性への信仰

世間知らずの高校生が、勉強もせずに怠けているばかりで生きていけるほど、進学校は甘くはない。それまで抱いていた自分に対する多能感は完膚なきまでに打ち砕かれ、悩み苦しむそのさなかに、かの巨大地震が起こった。

日本テレビの中継で、水素爆発を起こしたフクイチの建屋が映る。親父は呟く。「これは、やべえな」と。日本はここで一度、死ぬのかもしれない。ただし当時のトレンドは、「日本死ね」ではなく「枝野寝ろ」だったり、「ポポポポーン」だったりした。

室町時代僧侶一休宗純は、元旦にはドクロを先端に付けた錫杖を手に、「御用心、御用心」と言いながら京の町を歩いたという。祝賀ムードに水を差すような行いではあるが、生と死、破壊再生は表裏一体と考えると、わずかに彼の行いの意味理解できるレベルに落ちて来よう(枝野のくだりなどはこれの逆バージョンだったのだろうか)。

大学へ進学しても無気力は変わらなかった。テストレポートを何とか切り抜け、仕送りのみで生きる生活。友人は少ない。

ひとつだけ、かねてからの夢があった。それはとにかく、海外へ行くこと。最終学年のこの年、一念発起して英語圏英語留学へ赴いた。今思い出せば、見るものすべてが面白かった。

留学へ行ったものの、日本人とも多く話していた。しかしながら、現地の日本人で、「日本は今後も変わらず発展していく」といった楽観的意見を表明した者は、誰一人としていなかった。来たるべく破壊念頭に置いて、生存もしくは自己表現の為に英語を学ぶ者も少なくなかった。友人の何人かは現地のグローバル企業インターンに参加していた。

不確実な今の世の中で信じられることは、「生き物は、いずれ死ぬ」といったことだ。このことでさえ、神隠しや行方不明、あるいは死後神になるといった思想や、高尚で極めて分かりにくい哲学的議論により、疑問符が付きうるのだ。世間がどれほど不確実なものか。

冒頭で、「これだけは確実だと信じられるものが何もない」と書いたが、「生きているうちに日本死ぬ」ということは、怪しいがあながち信じられないものでもないと思う。3.11のような巨大災害などを契機とした日本社会全体の急速な崩壊が起こる確率は、社会階層が流動せず格差けが拡大し、労働時間の増加が止まらず、社会保障費の増大によって巨大な負債が残ることで静かに日本社会が死んでいく確率よりも低いとは思うのだが、いずれにせよ、「これは、やべえな」という不安を感じざるを得ないような、今年はそんな一年だった。もちろん、フクイチのように顕在した不安を感じる現象はなく、漠然とはしているのだが。

おせち料理だって、今後もっと少なくなり、絶えてしまうか、別の料理に変わってしまうかもしれない。変わらないことは、最も安全だが、生きても死んでもいないともいえる。絶望的なまでに怠け者の自己に対して変化を望んでいる。いわんや、世の中の変化をや。

御用心、御用心。

2016-12-22

勝ち組政治に関心なんか持たない

多くの人は格差が拡大しても、自由権利に制約がかかっても平気なのかもしれない。

現在内閣支持率を見ても非常に高い水準である

投票率が低いが、若者の多くは自民党を支持しているようだ。

そして、大学を見回しても大抵は如何に自分勝ち組になるかというのを気にしている。

頭の悪い大学学生なりに如何に上層に気に入られるかというのばかり考えている。

バカそうな女は化粧と男から食事を奢ってもらうことや取り繕って公務員試験やら銀行やらを受けるのだ。

より見てくれが良けりゃ、マスコミに入りたくてミスコンやらに出場して様々なところから肯定を受けるのだろう。

見てくれが良ければ大抵楽しんでいる。

政治経済なんか気にしない。

いや、彼らが政治を気にしたところで現状肯定で碌でもない選択をするだろう。

からそのままでいい。

ただ、野党候補が素晴らしいかと言うとそんなことはない。

恋愛格差というものにおいて勝ち組シングルマザーに有利な政策を訴えても響かない。

しかしたら、多くの人間経済格差なんかよりも恋愛格差というものを感じているのかもしれない。

から野党も大した争点を打ち出せないのだ。

恋愛格差というものは、政治では解決できないしシングルマザー勝ち組となったり複雑である

大抵の問題容姿だろうから、もはや政治経済ではないのかもしれない。

原子力発電所を止めても、札を刷りまくる経済政策をやめても容姿は良くならないのだ。

そして、自分もなぜこんなにも不自由を感じるかと言えば容姿が醜いからだ。

正直、政治経済に興味を持っても自分の持病の薬に副作用で出来た酷いニキビ跡やら汚い容姿はどうにもならないのだろう。

見てくれの良い輩との格差は縮まらないのだろう。

とりあえず、現在服用している免疫抑制剤理由美容整形外科から断られたが可能なところを探していくつもりだ。

ディストピア小説でも、現代日本の状況を言い表せている作品はない。

あったら教えて欲しい。

2016-11-21

次に日本がやる戦争日本人被害者面出来ない

自分は見ていないが、某アニメ映画アジア太平洋戦争中の日本舞台にしているらしい。

話題になる前から日本人戦争責任についてはどうなのかというのは気になってはいた。

レビューを見る限り、見た人は庶民戦争に巻き込まれるという認識を持っているからどうなのだろうか。

まぁ、見ないことには分からないが、クソみたいな街でセックスしてそうな女は上手くいく路上教習を苦しんでやらなければいけないので忙しくて見に行けそうにない。

ただ、戦争国民新聞社が煽ったのは事実である

しかし、一番考えなければいけないことは未来のことだろう。

もし、次に日本がやる戦争国民主権男女平等に基づいたものになってしまうということだ。

アジア太平洋戦争では一般庶民主権者では無かったから、有耶無耶にされたところがあるのだろう。

そして、今日戦争ドラマやらで女性参政権が与えられていなかったか一方的被害者であることが出来ている。

ただ、今度行う戦争は違うのだ。

一般庶民が止めることが出来る戦争を行うのだから、恐ろしい。

果たして、次に戦争を行ったとき日本人戦争責任を取れるのだろうか。

原子力発電所の様を見ると、到底そうは思えない。

どうせ何も考えず、しゃぶることだけを考えたりしている自分の通う馬鹿大学の見てくれの良い女を見ると何となく絶望してしまう。

少なくとも自分責任があるということを受け止めて、行動していかなければならない。

こんなことを容姿が醜い自分が言うのは、見てくれの良い輩を批判する材料とする目的が9割で、残り1割は戦争終了後に自分は悪くないと言うアリバイのためなのかもしれない。

2016-10-01

大学軍事研究するのはいいんだが軍事アレルギーアレルギーは黙れ

DARPA予算もらってる研究者と共同研究してる関係で,間接的に軍事予算使って軍事研究してる日本大学教員だ.さあ軍事アレルギーの皆様は存分に叩いてくれ.

軍事研究が嫌なら金をくれ

だがな,大学は増え大学教員も増え,文科省から降りてくる研究費は減り,そのくせ社会から大学への要求が増えている今,軍事予算でももらわねぇとやってられねぇんだよ.時間金もない.金で時間節約するためにも金がいる.そんな底辺大学は知らんって?タイムズ世界大学ランキング日本国内10位くらいのうちが底辺だってならそれもいいだろう.それにだ,自分で言うのもなんだが俺がやってる研究なんざ,どう軍事的に役に立つのわからん

DARPA無人爆撃機作ろうぜ」

ワイ「よっしゃ無人爆撃機に指示を出すための音声認識ソフト作るわ」

DARPA「ええで」

ワイ「ええんか」

ってぐらい目的とずれた研究テーマが許されてる(研究テーマ架空のものです).所詮共同研究者だってのもあるが,科研費なら確実に怒られるくらい研究者に広い裁量が委ねられてた.防衛省予算がどんな形で使われるか知らんが,NHK特集したのが船の抵抗を減らす研究だっけ?NHKが総力を上げて一番軍事に使えそうな技術を選んだ結果がそれか?普通に民間の役に立つ研究じゃねぇか.積極的支援されて然るべきだ.お前らそんなに科学技術の足引っ張りたいのか.だったら裸に腰蓑付けて日本アルプスの奥地で猪でも狩ってろ.

それでも嫌なら科研費増やしてくれ.なんなら民間財団法人作って助成金配ってくれても良い.そうだな,年200億くらいくれるなら防衛省予算選択する人間は減るんじゃないか?なんだかんだ言ってもやっぱり防衛省予算にはそれなりに規則や縛りってのはあるから研究者裁量で使いやす助成金があったら飛びつくぞ.

手柄を横取りすんな

あと逆に,「軍事戦争科学技術の発展に貢献した」とかい軍国主義者だか歴史修正主義者だか「軍事アレルギーアレルギーだかも黙っててくれ.そりゃまあ確かに,コンピュータインターネットスペースシャトルも大量の軍関連予算が投入されて今日の発展を遂げたよ.それは間違ってねぇ.だが,それは軍関連予算なしでは成し遂げられなかったのか?コンピュータインターネットスペースシャトルも,アイデアや試作品大学とかの研究者がすでに持っていたものだ.だったらそこに金と人を投入しさえすれば進歩はしただろうし,別にそれが軍関連予算である必要なんかない.別に軍事研究副産物として生まれたわけじゃねぇ(電子レンジ軍事副産物と言ってもいいが).黙って金だけ出してろ.手柄を横取りするんじゃねぇ.

そりゃ原子力爆弾を作るためのマンハッタン計画で得られた膨大な研究データ原子力発電所を作るために活用されたよ.でもだったら最初から原子力発電所を作るために研究費とマンパワーを投入したらもっといいものが出来てたんじゃないかV2ロケットロンドンにぶち込む手間を考えたら,最初からサターンロケットの試作機作ってたほうが良かったんじゃねぇか?そもそもマンハッタン計画アポロ計画もその予算捻出のために,他の科学技術関連予算削ってたんだぞ.お陰でどれだけのプロジェクトが潰れたことか.全体で見れば明らかに科学技術の発展の足を引っ張ったじゃねぇか.

科学技術を発展させたいなら何も言わずに金をくれ.縛りを付けたり歪な選択と集中をやった上に,科学技術わしが育てた,とか手柄の横取りすんじゃねぇ.

まあでも軍事必要

つっても国防必要で,そのための研究開発が必要だってところに異論はないよ.そのためにそれなりの予算を割くことも仕方ない.そのお溢れに与れるなら僥倖だ.デュアルユースってが落とし所として妥当だってのはわかる.分かるんで,今の流れに異論はねぇ.だが財務省はしっかり文科省予算つけろ.これで良いとか思うな.

軍関連という色の付いた1000万と民間財団助成金のような色のない1000万なら,色のない方が研究者目的に沿った研究ができて科学技術は発展するよ.軍事研究科学技術の発展に貢献したなんて寝言は寝て言え.

だが色の付いた1000万と色のない100万なら,色があっても1000万のほうが科学技術は発展するんだよ.だから軍事研究が嫌なら金をくれ.それだけだ.

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160919191758

例えば、地表に照射されて、本来地球を暖めるべきはずの太陽光がすべて電気に変換されてしまったら、

地球寒冷化してしまますよね。

しかし、実際に試算すると

地球表面に降り注ぐ太陽エネルギーは、175兆kW

地球は海面が7割を占めるので、地表で利用可能エネルギーは52兆kW

一方、原子力発電は100万kWなので、原子力発電所5000万個分のエネルギー太陽から取り出すと地表は温められなくなるわけですが…

まぁ、そんなにたくさんの発電量は不要でしょう。

2016-07-27

裁判所原子力発電所などポケモンがどんどん締め出されている。

「やめろとは言わないし今後も言うつもりはないしゲームなんだし楽しんでよ、ただし○○○以外でねはーと」っていう追い込み方でゲームを潰していくやり方。

喫煙者に対するいい方と同じ。タバコ嗜好品から個人の自由にやればいいし否定しないよといいつつも現実はもう吸う場所がない。

マンション暮らしでも自室で吸いにくいし、タバコ不可のマンションもあるし、一軒家でさえ近所から苦情がくるレベル

こういう、相手非難しないやり方で相手を詰めるパティーンって日本特有って気がする。

2016-06-04

ひじき買ってはいけない、になってしまった

ひじき鉄分の高い食品とされてきましたが、とうとう2015年版の日本食品標準成分表で改訂されてしまいました。ひじき鉄分量が多く検出されていたのは、ひじき製造する際、煮るための窯が鉄製なことが理由でした。現代製造現場ではステンレス鍋が多く用いられますので、鉄釜の場合100g中58.2mg ですが ステン釜100g中6.2mgに数値がなりました。

http://www.trendcheck.top/entry42988.html

なにが悲しいのかというと、ひじきヒ素含有量がほかの食材と比べ高いことにありますしか海藻基本的重金属を多く含んでいるはず、とも思いますが、やはりひじきだけは特別に高いようです。

UKフランスではすでに問題となっているようで、2011年原子力発電所事故も相まって、輸入に規制がかかっていたこともあるようです。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/hijiki.html

これでひじきを食べるメリットが完全になくなり、特に妊婦は避けなければならない食品になりました。

<改行>

また、与太話ではあるのですが、魚類に含まれ水銀めぐり、こんな話を知人から聞きましたが、いわゆる伝文というか、友達の友達が~なので真に受けないでください(^^;)

まず厚生労働省10年以上前から、一部の魚類に多くの水銀が含まれていることを問題視し、妊婦特に水銀の多い魚を計画的に避けるよう、ガイドライン制作してきました。

しかしそれ以前からイルカ類・クジラ類には妊娠していない健康的な人間が食べるのもためらわれるような量の水銀が含まれていることは知られていました。

http://jccu.coop/food-safety/qa/qa02_02.html

様々な意見があるようですが、妊娠時でなくともクジラ類・イルカ類・一部のマグロ・カジキ類の摂取は、一週間のうち100g~200gと非常に少なめに抑えておいたほうがよさそうです。

さてここからなのですが、まず公式パンフレット(下記のリンクのもの以外にも、いろいろ発行されています)が発行され、病院で手にすることができるようになっています

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/100601-1.pdf

しかとある病院が、これではわかりづらいと独自ポスターを作り、産婦人科に貼り出しました。

シンプルクジライルカサメ深海魚を食べるのは妊娠中は控えましょう、マグロ、カジキも一人前まで、という感じのポスターだったようです。

ですが、それを見た男性施設利用者の旦那さんだったのかは定かではありませんが…)から捕鯨活動に反対するつもりか!医療機関からといって左翼的思想押し付けはやめろ!

という的外れクレームを受けたそうです(^^;)

確かに、クジライルカに大きくバツがついているポスターを見れば捕鯨反対(?)のポスターに見えなくもありませんが…まあ与太話です。

2016-06-02

http://anond.hatelabo.jp/20160602201402

清く正しい日本人は死んでしまったので守るべきものを失ったこの国は原子力発電所を核爆発させて

隣国もろとも消えて中国には大気汚染のお礼をタップリして欲しがってた海洋資源放射能を添えて献上し

原爆落としてくれたアメリカ合衆国の勝利を祝いながらこの世から消え去った方がいいと思う。

2016-05-19

オナ禁って本当に意味あるの?

オナ禁してたら一週間くらいで近くにいる

異性のにおいだけで異性を襲いたくて仕方ないくらい性欲がたぎってしまうんだが、

そんな精神状態のほうが危ない。

 

みんなオナ禁しても性欲がわかない聖人なのか。

体の調子がよくなるっていっても、あん危険衝動を抱えて生きるのは

歩く原子力発電所くらい怖い。

2016-04-22

ありがとうオスプレイ

ありがとうオスプレイ

「すごいぞ国産ステルス機」

「みんなで靖国神社に参拝だ」

現場責任自分でとれ。国に文句を言うな。俺に飯よこせ」

「大震災級ではない(官房)」

物資は発送。現場でよろしく(河野大臣)」

九州避難10万人以上(東日本大震災避難者約171000人/復興庁発表・3月10日現在

柏崎播磨原子力発電所電源喪失時の直流電源蓄電池事故発生(昨夜)

報道の自由度、180か国中、日本72位に急落。

そんな感じの1週間。

2016-03-16

SPEEDI利用の責任自治体押し付けた件

平時原子力発電所事故ではSPEEDI活用普通に大ありで、参考の1つとしては一番良い物だと思うし

天候とか観測から予測なんだから、それを活用しないという手は無いので自治体責任押し付けるのは良く分からない。

ただ、3.11という様な自然災害時にアレを見せられても正直な所冷静な判断が出来るかといえば微妙じゃないか?

自分の家が津波に流されました」「自分の親が行方不明」「友人が死亡」「食べ物がない」といった状況が明らかになっていく上で

あん予測情報を見させられるよりも、避難所はどこでこれから何をすればいいのか、ライフラインが確保されている地点はどこか

という情報の方が必要な気がする。もちろん避難所管理する自治体とかは必要情報だろうけどね。

さらに言えば災害時に電気が落ちた場合テレビは見られない訳で、情報源ラジオインターネットな訳だけど、

ラジオじゃまずSPEEDI情報を流すには読み上げる時点でまとまってないとかなり情報必要になるし、スマホから調べる一番再優先は

被害とか避難所とかライフライン情報原発二の次じゃないか?家族間の連絡してたら電池容量との戦いも多分あるしね。

今回の件で思うのは3.11で福一の事があった事で大災害時には原発から離れるべきという「おかし(?)も」+「げ(んぱつに近寄らない)」が

出来たという点を教訓にすべきで、災害時にはSPEEDIの様な情報を得る必要なんて無いんだよね。とにかく離れれば良いわけだし。

そういう意味では政府自治体に任せる形になっても問題無いんじゃないかなーと俺は思うけどね、増田ではあんまりSPEEDIの事が書かれてなかったから書いといた

2016-03-11

福島県民が3.11で思うこと

なんと言うか日本韓国と大して変わらないなと思う。

第二次世界大戦原爆被爆した人がどうなったかとか、放射能汚染とかを大々的に教育して煽っていた。

それなのに自国原子力発電所やらかし関東まで被爆してなんと言ったか

被爆は対した事ありません!」「東北食材安全です!」「原爆被害も実際は大した事有りませんでした!」

なら韓国歴史をどうこうつってるのと何が違うんだ?

まぁ、今の放射能汚染が大した事無いという発言の方が嘘なんだろうがさ。

あと東北食材を食べて応援とかやっているが、あれ迷惑だよ。

皆嫌々食べてるじゃん?

嫌な事を圧力でやらされるともっと嫌いになるんだよ。

福島県民として言うが、TVでは帰りたいだのと騒いでいる人間ばかりが取り上げられるがね、あんなの嘘だ。

まだ未来が有るかも知れない若い俺達は絶対帰りたく無いし、これ以上被爆したく無い。

無理矢理圧力で帰らせる雰囲気にしないでくれ。

あとは死ぬだけの70歳以上とかそういうのだけ帰らせてくれよ。

東京が混乱するからってすぐに状況も伝えてくれなかったしさ。

だって東京被爆してると実感するのを避けるため福島安全とか言うだろ?

もうさ、何なんだよ。

東北も、関東被爆してんだよ。

被爆しているし汚染されてるのから目をそらすな。

被爆してない他の地域に物持って行って内部被爆を共有させようとすんのももう止めようぜ。

福島県民の若者福島に帰りたく無い、東京大阪とかそっちに行きたい。

意味の分からない正義感放射能からを無かった物にするの止めてくれ。

2016-02-06

今週の日本やばい

まずジャブで軽くて丈夫震度4の縦揺れ地震

その後桜島火山噴火

きてる。。。きてるね。。。

おそらくは今週末にまた大きなのが来ます

まず世界が白く光ります

それが終わりの始まりの合図です。

日本原子力発電所

日本地震大国

かつて関東大震災ときには風説の流布により大量の外国人日本人の手によって無残にも殺されました

日本人世界一穏やかで優しい民族、なわけがありません

互いに監視牽制しあってどうにか平穏を保っています

安土桃山時代には外国に戦求めて外人部隊やってたり

戦国時代もそうですが基本的には頭のおかしサイコパスの集まりです

お願いですから、今週末だけは日本にくるな

2016-01-24

ここ最近SIer批判について

http://anond.hatelabo.jp/20160123131828

きっと、Web系の仕事楽しいのでしょうね。

最新の技術バンバン取り入れて、自分裁量でどんどん動けて。

華やかな世界。私も行ってみたい。

だけど行かないのは、今の自分仕事に誇りを持っているからです。

ひとつ間違えば新聞沙汰になりかねないこの世界

そりゃー、ちょっとしたスクリプトひとつ過剰反応しますよ。

極端な話、原子力発電所システムだったらそんなこと絶対に許されないでしょう?

増田の主張が間違ってるって言いたいわけじゃないよ。

しろ涙無しには読めないよ。

行き過ぎた保守主義組織が硬化してワケのワカランことになってるのは、私も何度も目の当たりにしてきたし、

顧客を恐れるあまり裏目っちゃうこともしばしば。

だけど、こんな雁字搦めの状態でも何かできることはないか、変えられることはないか、って

ギリギリラインで頑張ってる人たちも沢山いるんです。少なくとも私の周りはそう。

から、『SIerは糞』とか言われると、悲しくなってしまうのです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん