「大学時代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大学時代とは

2020-05-29

正直大学時代幸福絶頂期だったよね

大学卒業して数年経つが、幸福曲線は下がる一方だわ

社会の荒波とやらのせいで感性感情が鈍麻してきている

学生時代に楽しめたことが楽しめない

幸せの素がどんどん減ってきてしまった

もう幸福の上がり目がないか死にたいんだけど

はやく安楽死が実現してほしい

国に家畜として飼われるのは我慢ならない

みんなもそうでしょ?

2020-05-24

暗記数学絶対に間違っている

はじめに

自分は、「一般的に、暗記数学に賛成している人」とされている、

の中の一人だが、そのはしくれとして、「暗記数学が正しい」という妄言を徹底的に批判する。

自分が暗記数学を間違いだと考えるようになった理由

自分浪人生向けの大学受験塾でアルバイトをしていた。

その塾では基本的に生徒に自習させ、分からないことがあったら講師自分)に質問する、というスタイルを取っていた。

基本的自習だが、毎日チェックテスト(基礎的な数学問題が数題出題される)のみ、全員に共通したノルマだった。

講師初日、全員にチェックテストやらせていたが、一人(A君とする)だけなぜかやらなかった。

話を聞いてみると、「基礎の練習など無意味自分もっと応用問題の解答を暗記する」という強い信念を持っていて、基礎はやらない、とのこと。

生意気言うな。基礎もできない人間に応用問題なんてできるわけないだろ」と何度も注意したが、

なんでも和田秀樹の本を読んで感動したらしく、忠告拒否され、毎日せっせと解答の丸暗記をしていた。

結局浪人期間の一年間で一番A君と仲良くなった(自分説明が分かり易いので気に入ったらしい)が、

彼の解答の丸暗記法では、全く同じ問題だと解けるのだが少しでも違う問題だと全く太刀打ちできなかった。

彼が熱っぽく如何に和田秀樹理論が素晴らしいかを語るを聞き、

問題が解けるようになってから言えよ。とはいえいたいけな受験生をここまで変な考えにさせるなんて和田秀樹ってやつはトンデモねー極悪人だな。」

しか思えなかった。

結局彼は成績が上がらず、目標としていた難関大学ぶっちゃけ慶応)よりも相当偏差値の低い大学に行った。

最後に彼は「やっぱり基礎は大事なんですね」と反省していたが、彼の貴重な一年を棒に振った暗記数学はもう極悪だとしか思えなかった。

以上が、私が和田秀樹提唱する暗記数学絶対に間違っていると判断するに到った根拠である

A君は暗記数学を誤解していたのでは?

とは言え、暗記数学氏の

論理ギャップや式変形の意味等の不明点は曖昧なままにせず、人に聞いたり調べたりして、完全に理解すべきである

との主張は至極最もだし、暗記数学氏の提唱している勉強法は「暗記数学」というタイトルを除けば極めて全うだろう。

また、私もA君からの又聞きによってしか和田秀樹理論を知らないので、

「A君のやっていた『解答を丸暗記する』法は本当の暗記数学ではない。本当の暗記数学理解して暗記するものだ」

との反論はあるかもしれない。

詳しくは知らないが、自分の読んだことのある和田秀樹エピソードは、

和田秀樹大学時代に灘の高校生(B君とする)の家庭教師をしていた。B君は灘というプライドがあったため、和田秀樹が何度も

「解答を覚えろ」と忠告したのにも関わらず、いきなり難問を自力で解くという勉強法を繰り返し、成績が上がらず、大学受験で撃沈した

というものである。これは暗記数学氏の言う「何かをこじらせて勉強法無駄な拘りを持っている人たち」に対応するものだろう。

かに数学は暗記だ」という言葉は、B君みたいな灘に入ったからと言って勘違いしてしまった一般人(灘にいる本当の天才はそんな勉強法でも大学受験レベル数学くらい解くだろう)には有効言葉かもしれない。

しかし、である

A君みたいに解法を暗記するだけ暗記して全く応用の聞かない馬鹿を産み出したのは確実に和田秀樹のせいである。

そして、日本の「数学が出来ない高校生」のうち、A君タイプ(解法の暗記はするけど理解が追い付いていなく、暗記した問題から少し変えると答えられない)が99%で、

B君タイプ自分天才だと勘違いした凡人)は1%にも満たないだろう。

そのような状況で、B君タイプを減らすことを目的として、A君タイプを量産することになる

数学は暗記だ!」という言葉に何の意味があるのだろう。

仮にA君の暗記数学理解が不十分だったとしても、暗記数学という言葉有害無益である

じゃあどう言えばいいんだよ?

暗記数学氏の主張が

平方完成のロジックを暗記せずに二次関数問題を解こうとするな

という主張なら、それは100%正しい。オイラーガウスでもない一般人が平方完成も知らずに

二次方程式が解けるはずがない(というかオイラーガウスも平方完成は暗記しただろう)。

しかし、オイラーガウスが行ったことを「暗記数学」とは言わない。

暗記数学氏の想定している「アンチ暗記数学派」の主張は「数学の体系をゼロから始めて全て車輪の再発明をしよう」

という荒唐無稽な主張であるため、このような主張のアンチテーゼである「暗記数学

という言葉には何の意味もない。

よって、暗記数学氏の言う暗記数学は「数学」という名前で呼べばよいのではないだろうか。

https://anond.hatelabo.jp/20200521175803

テレビ番組制作で働こうか迷っている

今、知り合いのつてでテレビ局制作下請け業務ADやらないかって話があってそれを引き受けるかどうか迷ってる。

大学在学時に精神病んだり多重債務が膨らんだことで卒業してすぐ実家に戻って2年くらいニートしてた。

ニートって言ってもぼちぼち家業の手伝いして、とりあえず利息をなんとかするために日雇い派遣に行って、

グループセラピーに顔出したり、町おこしやってる地元NPOボランティアしたりなんやかんやしてたけどどこにも属してなかったかニートニートだ。

同じ面子毎日顔を合わせていると不安でたまらなくなるから月に二日が限界だった派遣も、2年経つごろには週4~5で3つぐらいの現場をローテーションできるくらいには回復した。

そのころになってようやくとりあえずどこでもいいから腰を据えようと考えられるようになって週3のコンビニバイトと週2のホテル清掃を掛け持ちを始めた。

1年前にコンビニの時給が上がってからは週4にシフトを増やしてもらってそっち一本に専念して今もやってる。もうかれこれ4年になる。

そんな自分にもWebデザイナーになるという夢があった。

当時はやっていたテキストサイトなりに影響を受けてhtml自分で書いてみたのが最初で、

それからお遊びで自分サイトCSSで装飾をしたりCGIプログラムを書いてみたりしてた。それも高校生になるころにはやらなくなったけど。

それでもずっとWeb周りの情報は集めていて、はてな情報収集のためにブックマークを使い始めたのがきっかけだった。

2年のニート間中に、ようやく落ち着いて勉強をできるようになったので、

ドットインストールJavascriptPHPPythonRuby基本的な書き方をさらったのち、ちょくちょく自主制作をやるようになった。

いってもPHPPythonWordPressとC4DのXpressoくらいでしか使ってない。Rubyは一回TwitterBOTとミニゲーム作ったあとなんか好きになれなくて弄らなくなった。

ももともとWebに憧れがあったからかサイト制作Javascriptを使うということは結構長く続けられた。

通ってた大学メディア関係学部イラレフォトショもそれなりに使ってたからそんなつまずくこともなく、ちまちまポートフォリオ制作したサイト溜めてた。

あと関係ないけど図書館Java参考書借りてきて写経したり、XCodeSwiftに挑戦したりしたけどアプリあんま興味なくていつの間にかやらなくなった。

それもサーバー代が払えなくなったりHDDがおしゃかになって全部なくなったんだけどね。ここ最近PCも持ってなかったし。

なんとか最近になって惨めな田舎生活から飛び出すだけのお金が貯まって、定職につくことまでようやく考えられるようになって

ちょっと遅くなったけどだめもとでまた一から頑張ろう、まずはポートフォリオまとめていこう」と思ってた矢先にコロナショックで世の中おかしくなりだした。

自分不安でたまらなくて、コンビニバイトをしていることから小売業求人に応募しつつ、Web制作や、大学時代の経験から映像制作募集に片っ端から応募した。

ADの誘いを受けたのはこの流れで、受けた企業採用担当でない社員の方から別の企業を紹介されてそういう話になった。

履歴書も見たしもう一度会ったらもう内定を出すと言われている。

からさまに怪しいと自分も思う。放送業界ハードさは周知の通りであるしか自分にはトラウマがある。

大学卒業直後に第二新卒での就職を目指して3か月だけ就活をしていた時期がある。

そのときに「テレビ制作やってる部署中途採用してあげるから一か月後に荷物まとめて東京に出てきて」と言われ結局自分はそれを蹴った。

当時はほぼ無収入なのに借金の返済に月6万かける生活不安が大きかったのと、

クライアント代理店から依頼された案件企画から制作までじっくり取り組んでいきたかったので放送業界はやや不本意だったかである

でも今になればあのとき飛び込んでいれば違った未来があっただろうと後悔する気持ちがある。

少なくとも今のようにぼんくらとして馬鹿にされ近所から白眼視されながら惨めに孤独に片田舎生活するようなことはなかったのではないだろうか。

今の自分映画悪人」の妻夫木の役どころや「レズ風俗」の永田カビみたいなもんである

現在はその企業以外に2社映像制作会社(放送関係ではない)の面接選考が進んでいてそれも自分を迷わせる原因だったりする。

最近はてブ話題からいろいろ考えてしまうんだけど、現実逃避するように誰に見せるわけでもないポートフォリオサイト休日に作り続けてる。

こうやってずっとPhotoshopコードの書かれたエディターと格闘していられたらいいのに。

2020-05-23

anond:20200523004850

典型例を想像して書いたからだろうが、違和感がいくつか。

中高をひとまとめにしてるが、公立中学進学校では居心地は全然違うはず。

公立中学はかなり下層の民まで一緒なので基本は修羅世界

進学校でも上位10%ならそこそこ優秀。とはいえ東大医学科には手が届かない。

名大学とぼかしてるが旧帝と東京私立じゃ全然違う。

地方中流家庭から東京私立結構つらい。

研究室って言うからには理系文系ならゼミと呼ぶ場合が多い。

サークル学業より先に来る時点でエリート層ではない。

理系なら就活はそんなに頑張らなくてもいろいろ内定もらえるはず。

そのまま大手企業というのは世間体なのか親の喜ぶ顔なのかわからんが、流されて選択権を行使しなかった。

どうせ風俗童貞捨てるなら大学時代に捨てておけば、早く次のステップに進めたはず。エロを極めるにしてもエロを捨てるにしても。

何がいいたいかというと、肝心なところで突き抜けたものがないんだ。

クラスメイトを逆転するなんて無理無理。

子供のころからボケーっとしてると言われてなかったか

2020-05-19

俺の母親は臭かった

 弟も臭かった

   オヤジは粗暴だった

    叔父大学時代に臭かった 今はヤニ臭い

  祖母奇跡的で、かなりの期間善良だったが、裏切った

    祖父は、子供嫌いで最悪だった  別の祖父子供嫌いで、1995年にSPEEDGLAY活躍してるTV番組を見てきれていた

    祖母は、ブスだったから、昭和50年代幸せそうにしていたが平成に入ってから病気になった

    親戚の結婚してない叔母は、特別に善良な人だったが死んだ

     親戚の叔母Aは、全盛期は東京の女として臭かった、最初はすごく悪い女だったが、GLAYに感化されて善良になった

     親戚の叔母Bは、骸骨やせ女で、裏切った

     親戚の叔父C、Dは昭和オヤジで俺を裏切った

     親戚の叔母Aの娘のEが俺の顔を見て嗤った

     叔母Bの息子Fが携帯電話で俺の写真を撮った

     親戚の叔父は偉い人だったが死んで裏切った

     親戚の叔母は、全盛期に悪くて臭い女だったが、最近はそうでもない

七年ラノベの賞に一次落ちし続けてたんだけど、やけになって純文学の賞に応募したらなぜか最終選考まで行った

ってだけの話。

正直めちゃくちゃ嬉しい!!

デビューしたわけでもないのにぬか喜びすんなとかビギナーズラックとか言われるかもしれないけど、今まではビギナーズラックすらなかったから本当に嬉しい。

大学時代から公募生活始めて、社畜になっても書き続けて、全部一次落ちだよ。ネットにアップしても閲覧全然回らなかったよ。

頑張って練った世界観愛着湧いてきたキャラが日の目をみることなシュレッダーにかけられていくのは辛かったけどラノベ読むの大好きだし作家の夢を諦められなくて応募続けてた。

純文学の賞に応募したのは一人で晩酌してるときラノベがだめなら芥川賞()狙うしかないんじゃね」みたいな深夜テンションになったからだった。純文学なんて昔表紙買いした集英社の「人間失格しか読んだことなかったからそれをお手本にしつつプロットも作らないで書きたいことや日頃の鬱憤をごちゃ混ぜにして書き殴った。書きたいことを制約なく自由に書くのは気持ち良くて、信じられないくらい筆がのる一方で「こんなゴミ一次に通る以前の問題だろ」と思う冷静な自分もいた。それがなぜか最終選考までいった。

やばい。嬉しい。

なんというか、好きなものと向いてるものは違うっていうのマジなんだね、たぶん。

2020-05-17

人文学系への興味を急激になくしてしまった

といっても趣味でかじっていた程度で大学時代の専攻も全然違うのだけど

文化理論などの言葉概念説明することにおもしろさを感じていたのだが、ある瞬間にそれらが理論のための理論しか思えなくなってしまった

言葉言葉による言葉のための学問は良くも悪くも結局は言葉しかない

この数か月で情勢の変化を受けた影響も正直ある

もういいかなって

anond:20200517130740

大学時代の彼は創価大学じゃなくて、普通大学の同じサークルで知り合いました。

サークル自体普通活動でしたけど、その彼が創価二世大学から目覚めたらしく、サークルのことで悩んでいた人を勧誘していたそうです。

どこの大学にでもあるサークルでしたが、サークル顧問先生創価学会の悪口言ったたら、辞めちゃいました。

anond:20200517124325

大学時代創価学会のやつと飯食いに行く約束をして、学会の仲間のやつと一緒に来てビビった。

アホだったから、創価学会のこと軽く考えていて、人種が違うんだなぁと考えてしまった。

2020-05-14

居ないんですか普通の人

犯罪しない、倫理は犯さないって当たり前の事だって習ったし、みんなもそう言ってるんだけども。

この前大学時代ゼミメンバーでオン飲みしたんだけどさ、みんなことごとく不倫とかNTRとか、金持ち彼氏キープとかやってんだよね。なんかそれが標準みたいな。

めちゃくちゃ良い人だと思ってた彼女にも浮気されて一方的に切られるしさ。口では言っても行動ではそういうもんなの?

10年ぶりに回転寿司いった

自粛要請が出ている最中だが、用事のついでに旦那と安い回転寿司に行ってきた。

帰れま10とか見ていて「ハンバーグ寿司」だの「炙りサーモンカルパッチョなんちゃら寿司」だの

パフェだのが食べてみたかった。

なぜか「回転寿司」に行きたくて仕方なかった。

10年前というと自分大学生で、今ほど回転寿司にも変わり種はなかった。

というより富山とか新潟回転寿司は行ったが、地元で行くならファミレス一択なので

大手チェーン系の回転寿司自体まり行かなかった。

10年ぶりの回転寿司しかもなんか変わり種が色々ある!席まで寿司自動でくる!

自粛中なのに回転寿司という罪悪感みたいのもあって、テンションがどんどんおかしくなっていった。

ちなみに3月から一切外食はしていない。久しぶりの外食回転寿司なのだ

入店

待ち時間ゼロ。さすがに席は空いていた。

家族連れ数組、おっさん同士、じじばば、女子大生?2名がいた。

タッチパネルを見ると、なるほど期間限定の代わり種が5-6種類。

和牛推しらしい。炙り和牛とか。

茶碗蒸しキープしてから、とりあえずここは軍艦巻きだろうと思って3種盛りを頼んだ。120円、破格だ。

ツナマヨマヨコーンねぎとろ

うん!!!美味しくはない!!が、テンションあがる!!!!!!

シーサラダ軍艦が食べたかったのだが入っていなかったので別で頼んだ。(結局3皿も食べた)

推し和牛も頼んだ。サーモンバジルチーズのやつも頼んだ。

ハンバーグ寿司を楽しみにしていたが、メニューになかった。気持ちは泣いた。

和牛はぺらぺらで、脂の甘みはない。サーモンは水っぽい。

でも!!!楽しい〜〜〜〜!!!

メニューを見るのが楽しい。ワクワクする。

200円以上の皿を頼むと、なんだかものすごくセレブになった気分。

大学時代お金もないので、200円以上の皿は2枚までと決めていた。

もう今は300円の皿だって気兼ねなく頼める。

唐揚げも頼んでしまった。お弁当唐揚げみたいだった。

10年前よりはるかに舌は肥えていたけど、楽しさは5000倍ぐらいだった。

旦那も面食らうぐらい、楽しくて始終はしゃいでしまった。

最後はいちご練乳パフェと、チョコバナナパフェを半分こづつして食べた。

(粉末の緑茶かけたら抹茶味っぽくなって美味しかった。試してほしい)

からなんだって話なんだけど、とにかく10年ぶりに行った回転寿司が楽しかった。

自粛要請中なのにすまん。でも楽しかった。

2020-05-13

anond:20200513123735

オタク系のコミュニティにはこういう人結構いる気がする。

声も外見もステレオタイプデブキモオタ以外の何者でもないのにめっちゃ堂々としてて、皮肉屋で、人が傷つくディスりを平気で本人に言いまくって、なんならクラス超人気者グループの一人にも怖いもの知らずでオタク皮肉早口喧嘩売ることすらある、大学時代のそんな知人を思い出した。

彼は塾に就職してたけど、あれ起業家にでもなったら突き抜けるのかなあ。

2020-05-12

なんで皆スキルアップしないんだろ

日本資本主義社会からスキルアップしたら人が報われる社会になってる

もちろん、日本型の終身雇用はいまだに根強いからそっちでやりくりしたいならすればいい

けど嫌でしょそんなダサい生き方

からスキルアップ一択なんだよ

なのに何の能力もないのに給料だけ上げろってそりゃ無理な話だ

可能だとしたら、生産性を上げて経済良くしないといけないけど、生産性上げるのには国民全員がスキルアップを目指して生産性高めないといけない

結局のところ、皆が能力値上げてかないと無理なんだよ

お前らが総理大臣になってもそこは変わらない

残念だったな

ブコメ返答

『「日本資本主義社会からスキルアップしたら人が報われる社会になってる」初手から間違ってるという。』→間違ってないと思うぞ。間違ってるのはお前の認識だな。根拠は書かない。お前も書いてないから。

『スルキがアップしないから』→社会に出るまでに何故スキルがアップするジャンル見つけなかったんや。人生100年時代、今からでも何か見つけてみ?俺の大学時代は、医療系の国家資格なら、おじさんと言うよりおじいさんに近いんじゃないかって人がちらほらいたぞ。

スキルアップしたら報われるとは限らない。スキルアップしても社内で評価されない技術だったら、給料はびた一文も上がらない。スキルアップ転職とセットで考えるべき。 』→そんな当たり前のこと言われても…。日本雇用にしがみついてるのがダサいって言うとるやん。

若者かな?多くのスキル相対評価から盲目的に鍛えてもあんまり意味ない。後、生産性スキルアップあんまり関係ない。おっさんになると、そのうちわかるよ。

』→日本雇用にしがみつくしかない老害やな。なんで盲目的に鍛えなきゃいけないのか、そこから説明し直してくれ。0点。ちな、俺もいいおっさんだよ。

『なんで増田スキルアップしてノーベル賞級の実績あげないんだろう(´・_・`)既に取ってたらすみませんまさか増田に書くとは思いもよらないので…』→皮肉を言って腐すことしか出来ないあたり老害丸だし。自分の望む年収求人見てそれに必要スキルを身に着け実績積み上げる。それだけでいいんだよ。ノーベル賞なんてとる必要ない。

スキルアップして生産性を上げたところで仕事が増やされるだけで給料は上がらない。搾取されるだけなのでみんな一生懸命やってるように見せかけて残業代を稼いでるんだと思う。』→何故日本雇用の話するかね。それがお前の世界のすべてじゃないって話なのに。

趣味のほうはスキルアップしてるよ。仕事スキルあげる時間もったいない

』→趣味スキルアップ素敵やん。仕事がすべてじゃない。自由にそういう追求捗るように、みんなでスキルアップして生産性上げて、みんなの給料底上げになるような経済作っていきたいね

パチンコやべーな

大学時代ヒマつぶしに入って数千円擂ったからそれ以来やってないけど

勝ってハマんなくてよかった

2020-05-09

anond:20200509164523

大学時代の専攻は何だったの?

独学でもいいから、卒論とかゼミテーマとかでアプリ作ってみたらいい。

大学の時の先生相談してみなよ。

2020-05-08

anond:20200508204516

大学時代、部室に置いてあったF-ZERO Xをやりまくった。

スレースが好きすぎて、普通レースでも体当たりしまくってたな。

2020-05-07

anond:20200507164732

プログラミングを行わないのは、

社内でプログラミングを実際に使うのは極々少数であり、エンジニア配属の中でも開発を行うのは1%程度だからです。

知識としては必要ですが、必須科目ではないのです。

エンジニアの大半はプロダクトの企画要件定義を行い、外注への手続きを推進することや、企画を通すための承認作業にかなりの工数を割きます

投資価値があるものにはお金は出る会社なので、実際に作るのはベンダー企業で良いのです。

自分プロダクトを開発しようとして入る会社ではないと思います

こう書くとエンジニアである必要はないように聞こえますが、システム構成ネットワーク構成技術面など、エンジニアでないと理解・噛み砕いて社内に必要性を訴えられない場面が多々発生するのです。

採用人数が多いため、大学時代ドメイン知識バラバラで、ネットワークインフラ系なんて、用語さえ聞いたことない人がエンジニアでも半数近くを占めます

研修の2カ月は、大学時代社会わずかなバッファ期間だと思って下さい。

いきなり慣れない環境、難しい業務に触れると体調・精神を崩してしまう人も多々居るでしょう。

余裕を感じるぐらいで良いのです。

社内のエンジニア研修に登壇するわけがありません。

研修を担う人事はエンジニアではありません。

他の部署エンジニアが全体研修に力を貸すことはないでしょう。準備に計り知れない工数がかかり、全てに法務部の審査を通さないといけません。

そしてエンジニアが得るものはない。

座談会の参加で勘弁して下さい。

うちはもはや投資会社です。

これは社内外問わず有名ですし、検索簡単に分かる話です。

それでも中でエンジニアとして働いている私はそれを望み、やりがいを感じ、楽しく働いています

こうして社名を挙げて、文句を垂らされるのは嬉しいことではありません。

個人の感想で、会社全体の株を下げるのは良くないです。

人事から来るであろう研修アンケートに、そっと詳細に書いてあげて下さい。

ソフトバンクであれ、他社であれ、貴方が満足して働ける環境出会えることを祈っています

anond:20200507070321

これ、おっさんうんぬん関係ないと思う。人によって早い / 遅いがあるだけだと思う。

高校生時代にこれが来ちゃった人は、理数科目ができなくて私立文系に行く。

大学時代に来ちゃった人は、文系就職する。

社会人になって来ちゃった人は、社内政治屋になる。

2020-05-06

時系列データベタ張りのグラフ見ると

大学時代キツかった思い出が蘇りその場で苦しみ始める

クレヨンしんちゃんのケツが出てる回数の時間経過に伴う変化、BOPMのnを大きくして行った時のグラフにソックリすぎる

2020-05-05

ホームセンター内定を蹴って良かった

19卒。つまり社会人2年目になる。

コロナの影響を真正から受けた今年の春入社したばかりの20卒、現在就活中の21卒と比べて、コロナの影響は薄い。

かといって18卒以上のように社会人にも染まり切っていない。そんな立ち位置だった。

就活の頃は人生に関わる細かな選択が、絶えず無限のように押し寄せる日々だった。

その時捌いていったその選択が正解だったのかどうか、その時の自分には分からない。

何年か経ってみないと正しかったのかどうか分からない。

私はあの時、ホームセンター内定を蹴った。大学時代4年間アルバイトしていた店だった。

折角内定を貰ったが、当時の扱いが不満だらけだった。

バイトなのに障害持ちの方のフォローを任され、人の3倍は働かせられた。店中を走った。本当に忙しかった。

他人ミス押し付けられ、叱られた事もある。

それでも遊んでサボってるパートと時給が100円以上違うのが不満で、それで挑んだ昇給交渉にも失敗した。

障害持ちの方も私も裏でねちねち言われた。実害もあった。陰湿だった。

当時の店長個人単位でクソだった可能性もあるが、こんな会社でやっていける気がしなくてバイトを辞めて内定も蹴った。

その選択が正解だったのかどうか、その時の自分には分からない。

何年か経ってみないと正しかったのかどうか分からない。

今、就活から2年弱、就職から1年が経った。

想像だにしなかった、未曾有の疫病という名の大災害がやってきた。

巨大地震や巨大台風の到来であればまだ想像範囲だった。まさかこんなことになるなんて。

最終的にSEになった私は早い段階でテレワークになった。

ちょうどリリースが終わり、現在チーム全体が次の指示を仰いでる最中ほとんど休みのようなものだ。

お陰様で健康文化的なかなり十分な生活を送らせて頂いている。

あのホームセンターは、まだ営業しているようだ。

ホームセンターといえば、全国的に今店員から悲鳴が上がっている。#ホームセンター従業員叫び が最たる例だろう。

「三密だ!」「テーマパークじゃないんだぞ!」「こんな時なのに混んでる、おかしい!」「早く休業にして!」

しかも先日、隣接のスーパー従業員コロナに倒れた。コロナはもうすぐそこにいる。

今頃あのクソ店長も、クソパートももストレスに侵され恐怖に震えあがっている事だろう。

まあみろ。

と少なからず思ってしまった。

性格が悪いのは承知だが、あの時自分を好き放題に扱ったあいつらが痛い目に遭ってると思うと少なからスカッとした気持ちになってしまう。

ただ、あの店で良くしてくれていた人もいたので、それを思い出し感謝するとともにこう言いたい。

潰れろ。

家電量販店も同じだと思うが、ともかく従業員の扱いが雑すぎる。一言で言えばブラックだ。特に若手社員人権は本当に無い。

善良な従業員の為に一回潰れて、業態ごと改めろ。

あえて言うが、ホームセンターに今来ている人全員が無頓着バカとも限らない。

こういう時にしかホームセンターになんか行けないというブラック文化人間もいるし、土木、小規模農家ペット飼ってる人などにはどうしても必要な店である

からホームセンターはきっと閉める事が出来ない。

あの時ホームセンター入社した自分パラレルワールドからこちらを見ていた。

ホームセンター内定を蹴って良かった。

2020-05-01

バニーガールによるメイドへの差別問題

 常々バニーガールのキワッキワの谷間とか、ギリッギリの鼠蹊部とか、アミアミタイツを見てハッピーになりたいなと思っていた。2019年12月末。久しぶりに会った大学時代の友人と2人で飲んでいた時、ちょうどエロの話で盛り上がったので、一緒にバニーガールバーへ行くことにした。

 バニーガールバーは古い雑居ビルの4階に入っていた。2階には「マッサージ、ドデスカー?」的なお店。3階にはメイドバー……という、いやらしい匂いがぷんぷんと漂うビルの狭い階段を、ドキドキムラムラしながら友人と登った。

 俺たちを迎えてくれたバニーガールは期待通り股間に訴えかけるものが多分に含まれ芸術的衣装で、さらに愛想も良く、俺はハッピーになり始めていた。俺と友人の仕事の話だとか、網タイツしょっちゅう破けて困るだとかそういう話題を経て、このバーが入っているビル話題になった。俺はなんとなく「下のメイド達と交流とかはあるの?」と聞いてみた。するとバニーガールは、眉をひそめ「メイドやばいコばっかなんですよ〜」と言って話し始めた。

「あのコら、あの狭い階段で全ッ然道譲らないの。あのスカート、広がっていて邪魔だッていうのに、全く知らん振りなんですよ!」

 友人が「メイドやばいのおもろいな〜! どこのメイドやばいんかな?」と言うと、バニーガールは一層嫌悪感を露わにして

「いや、絶対そうですよ。前メイド喫茶でバイトしてましたけど、あのコら無断欠勤かめっちゃするし、礼儀とか全ッ然身についてないし、頭おかしいコばっか。メイドにまともなコなんてほとんどいないですよ!」と言い放った。

 

 彼女メイド差別的発言をしたと感じた。その場は「へーそうなんや」と言って別の話題に切り替えたが、友達と別れた後にジリジリと不快になってきた。

 この「不快」というのは、友達同士との何気無い会話の中で、特定人種の人々に対する、本人にとっては悪意のない差別的発言と直面した後にも迫ってくる。だがそれらは決して差別的発言のものに対する、怒りだとか、悲しみといった不快感という意味ではなく、自分感情のあり方にぐるぐると悩み初め、その取り扱い方に困ってしまう、という不快感だ。

その後振り返ってみて俺はどう感じたか

 メイドへの差別的発言を目の当たりにしたが、咄嗟のことだったので「そんなことを言ってはいけないよ」とバニーガールに指摘すべきだったが、できなかった。そのことについて悔しさに震えた。

 いや、それは違う。単にバニーガールの機嫌を損なうのが恐しく差別的発言を指摘できなかっただけだ。それをメイド糾弾されるのも恐ろしく、「悔しかった」と言って誤魔化し「咄嗟のことだった」と言い訳をしているに過ぎない。結局俺は周囲を顔色を伺ってばかりいるような人間なのだ。俺は自分の臆病さを情けなく思った。

 いや、本当に考えるべきことは、差別的発言を指摘できた・できなかったという次元ではなく、そもそもなぜバニーガール彼女メイド差別的発言をしたのか、という点かもしれない。彼女自身について少し考える。どうやら彼女は、自身が「ヤバいコが多い」と感じていたメイドをやっていたようだ。それに、彼女とは別のバニーガールアームカットの跡で肩がまるで焼きイカのようになっていた。彼女のことはよく知らないが、働いてきた中で結構追い詰められていて、メイド差別し見下していないと自分肯定できない状態に陥ってしまっていたのかもしれない。俺はそんなバニーガール境遇に同情し心を痛めた。

 いや、これはバニーガールを「メイドを見下さずには自分肯定できない」と見下すことによって、俺は自らを肯定しようとしているのかもしれない。それを偉そうにバニーガール境遇に対する同情だとか言い繕うなんて、なんて高慢卑怯なんだろう。俺は自身卑劣さに悲しくなった。

 いや、そもそも悔しさに震えるのも、臆病さを情けなく思うのも、同情し心を痛めたのも、卑劣さに悲しくなったのも全部嘘で、結局どれも「差別はよくない」という世間に受け入れて貰うための薄ら寒い演技に過ぎず、本心はただ寂しさを埋めるために差別問題を利用しているだけではないだろうか。いやいや、それもまた違って……。

 差別的発言に直面すると自意識という触手にがんじがらめにされ、一体自分がどう感じているのかが全くわからなくなってしまう。鏡合わせの空間に迷い込み、どの鏡に映る自分が本物なのかわからなくなってしまったような不安に陥る。そういう意味で、差別的なシーンはとても不快だ。

 こんな不快な思いはしたくないし、バニーガールメイド共存し手を取り合い、2人で俺を笑顔で迎えてくれる社会になるのであれば、それはとてもとてもハッピー社会だと思う。なのでこのバニーガールによるメイドへの差別問題がなくなれば良い、とは思う。

 しかし、差別問題について解決しようだとか、どうこうしようだとか考えるのは、メイドでもバニーガールでもない第三者の俺にとっては想像以上に体力を消費するし、例の不安な気分に陥ることになる。こんなことに頭を悩ます位ならば、例えばマイクロビキニ女の子について考えていた方がハッピーだし、有益時間を過ごせるだろう。よし、というわけで今度はマイクロビキニバーへと行くことにしよう。

大学同期

今年30歳 浅田真央とかと同じ世代

俺の転職祝いがてらオタクサークル大学同期男7人とZoom同窓会をやったら色々ひどかった

モテナイ大学代表理系大学出身大学時代女子と会話したことなかったのかどうか知らんけど、未だに全員独身彼女なし全員子供部屋おじさん。

俺も含めて全員まだ最高でも素人童貞なんじゃないかな。

全員ライフイベントというもの経験しないので会話の内容の幼稚さに涙が出てくる。

アニメキャラパンツがどーのこーのとか FGO課金がどーのこーのとかね

顔を引きつらせて話を合わせていたけど、何も考えずにバカみたいにそういう話ができてたあの頃に戻りたい。

2020-04-24

プログラミング適性が皆無な高学歴もいる

東京外大出た友達就活でスベって去年、客先常駐としてIT世界に進んだけどもう辞めると言ってた。

そこらへんの中学生より見込みがないと笑ってた。

高校時代歴史とか英語とか『同じ程度の努力ほとんどの人より抜きん出た成績』を維持できた。

大学時代英会話がそれだった。そういう分野に関しては取り組み始めた段階でもう『大抵の人より上手くやれるな』って察しがつく。

でもプログラミングは本当に無理。中学生以下。なんならEXCEL前にしてもフリーズする。

MOSだって地元寺子屋みたいなパソコン教室通ってかつ3ヶ月猛勉強してようやく受かったって有様だし」

いたこともない私立大出た同期より圧倒的に向いてないんだとさ。

スポーツと違って数学それからプログラミングの適性は学歴との強烈な相関があるとばかり思っていたから衝撃だった。

恐ろしいなプログラミングって。

2020-04-23

合唱をやめた理由

前置き

ふと、社会人デビューする前にこれを吐露しておくと肩の荷が下りる気がしたので下ろしておくことにしました。推敲は一切しないので悪しからず。

本題

自分小学校の時、音楽の授業での合唱に何故か強いモチベーションを持っていた。確かあの時はパヴァロッティ演奏ビデオを見たり、ソプラノ歌手のものを見たりしたか記憶してる。それでもって家に帰るや否やソプラノ歌手の声真似をしようとしていた。声が変わるとそれは厳しくなって少し苦悩はしたが、声は大きかったことと中学に混声の合唱部があったこともあって真っ先に合唱部を選択した。

中学で3年テノール(バリトン寄り)を歌い続けたのは自分にとって一番長合唱経験になっている。

高校に入るとき自分は先行き不安定な歌で身を立てる訳にはいかないだろうから、と合唱から距離を置いて勉強に勤しもうとした。が、これにいくつかの失敗を伴った。

合唱から距離を置いた結果中学合唱時代の同期達と疎遠になった自分は荒れた自称進学校で格好のストレスのはけ口だったようだ。合唱に勤しみすぎたのか、自分には頼れる人間合唱部の同期の他にあまり多くはいなかった。それどころか一部の同期には大分冷たい目を向けられていたように今は思う。ただその一方人数合わせに先輩に呼ばれて一度だけステージに立ったこともあった。

高校を出る頃から今まで、自分合唱から距離を置くべきだったかどうかについては結論が出ないままでいる。そしてこれからも出ないと思う(こういうことを吐露たかった。)

2年を経て上京して、大学に入った際、大学グリークラブ一曲入学式で歌っていた。ゆるそうな雰囲気を感じてここならやっていけるかと思ったが、ここで思いのほか高い壁に当たった。ミサの聖句の一つ一つが余りにも自分にとって重い物になっていた。かつて中学の頃は文章意味を追いかけて、恐らくは絵本程度の世界を思い浮かべることが限界だった。大学に入って、あまりにもミサの聖句は苦しいものだった。半年持たなかった。

それから翌年、中学の同期と後輩に呼び出されて歌った。これは昔ともに歌った人間も居て勝手も分かりよかったのだが、やはりミサの聖句は重かった。しかミサが一番ウケがよかったのも事実だった。結局、1年半ほどたったところで仲たがいしてしまい、それっきり今に至る。

ミサ

結局自分にとってミサは何だったんだろうか。家は浄土真宗本願寺派日蓮宗の両親の下に生まれ、それなりに二人とも経を唱える程度のことはし、自分もさせられた。そんな家で育った自分にとって、若いころはミサはもう一つ、どこか別のところで誰かが信じている神の姿を描こうとするものだったように思える。つまり、そこに神は、自分の中では居たように思う。

しかし、恐らくは不登校と化して自傷まがいなこともやっていた(出席日数もギリギリだった)高校時代辺りが節目だったかもしれない。

大学時代に歌うミサ自分にとって余りにどう歌えばいいかからない、そんな曲だった。旋律を美しく仕上げることは、特に死ぬほど練習した中学時代の勘が多少なり働いてくれる。でもそれだけだった。曲が自分たちを支えている。しかし支えられる自分が何も描くことが出来ないような空虚感があった。神はもう居なかったように思える。

それなりに人を信頼して生きていた中学時代、人を信頼しなくなった高校大学時代ではあまりにもミサに対してモチベーションが違った。

追記

1日経って、やはりある程度肩の荷が下りているのを感じているところです。

思いのほか拙文を人が見ていたので幾分かの追記をしておこうと思います

想像にお任せします(汗)

グリークラブ=聖歌隊なんだから今思えばバカをしたなと思っています

ではないんですがかなり出身校に偏りがあり、出身中学から90人程度、ほかの中学10~30人程度の塊で進学して来ている人が殆どで、既にその中でコミュニティ存在しているというのが実情でした。後東〇予備校に9割の生徒が通っていて、金銭事情でそういった所に所属しなかったのも大きいかもしれません。

今の自分思想無神論に寄っていて、神を熱心に信仰している他人不思議に思えてしまうのです。

それに、ミサはKyrieなどがそうですが、「私はあなた(神)を讃えます」みたいな内容、つまり信仰告白歌詞に含む曲が多い以上それを非キリスト教徒が歌うことに疑問符を隠せないでいます

  • 自分の興味関心が次第に浮かび上がり来る人生と感じた。歌や信仰について現在どういう距離に置いているのか解らないけど、人生の中で少しずつでもそれらに対し思考したり思考する様な材料のある環境にあってほしい。

言われてみると、合唱と神というスコープを通して興味関心が少しずつハッキリとしてきた人生かもしれません。少なくとも信仰無神論寄りになって、クラシック合唱からは足が遠のいているのが実情ですが、時には歌を歌う人、神を信じる人の気持ちを感じる機会を得られればと思います

ミサの項は特にデスノートですね

1年くらいたって見返したら椅子から転げ落ちているか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん