「月並み」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 月並みとは

2018-10-18

虐めに関する意見ダウンタウン松っちゃんが叩かれてるようだけど

内容云々よりか、叩く人間情報番組というものを、そもそもまったく理解していないよね。

叩く人々はニュース番組などにおける、コメンテーターが何の為に居るのか知っているのだろうか。

あの人たちの役目は単に、ニュースの詳細を解説することじゃない。

解説をするなら専門家を呼べばいいだけの話だから

ではどうして、コメンテーターなるもの存在するのか?

それは、一面的見方排除するために居るのであって、ニュースを見る人々へ多面的にも物事を考えることを促し、熟考してもらうために存在している。

故に本来コメンテーターとは一種天邪鬼役割必然的に背負う必要があって、朝のニュースや昼のワイドショーにおいて、世間一般の声と同様のことを意見しそれで満足しているコメンテーターなどこそ、本来役割果たしていないのであり、存在価値は皆無。己の保身に走って、叩かれ炎上することを恐れて月並みのことを言い、市民感情を我が物顔で代弁する。そんな奴は糞だ。

思考における余裕とゆとりを持たないことは洗脳されていることに変わりなく、自分と違う考えや世間意見との相違には「はいあなたは異常です」なんていう社会ディストピアといって齟齬はない。

例の自殺に関しての、被害者を攻め立てるようも聞こえる松っちゃんの論説は、なるほどなかなか刺激的ではある。

しかしそこには確かに真理性が感じられるし、寧ろ頭の回転がよい彼ならば、このようなことを言って「批判され、炎上するだろうな」ということがわからないはずもなく、当然それがわかった上での発言であるように感じる。

すると炎上も恐れず忌憚なき意見を発したその姿勢こそ、咎めるべきではなく褒めるべきでは?

情報はすぐさま拡散し広まること火の如し。そんな世においては、公の場での発言こそより慎重に成らざるを得ない。

かといって保守的なことばかりを言っては意味がない。

その微妙な按配をつく、実に的確な発言だったように思えるのだけどなあ。

2018-10-11

[] #63-3「イタガリアン」

「オイラとしては出場したい気持ち強いんだけど、参加条件を満たせなくて……」

なるほど、あの優柔不断な態度の裏にはそういう理由があったか

「参加します」とのたまっておいて「参加できませんでした」では格好つかないからな。

いかにもカジマの考えそうな自己保身だ。

それにしても、あの番組の参加条件ってそんなに厳しかっただろうか。

それなりに健康で、年齢基準さえ満たしていれば参加できたはずだが。

「条件って、何がダメなんだ」

アシスタントパートナーがいるんす。出場者を痛めつけるための」

なんだそりゃ。

「今までそんなレギュレーションなんてなかったと思うが」

番組スタッフ一般人参加者を痛めつける行為はどうか、ってクレームが出てきたらしくて」

から痛めつける役も任意参加者から募る方式にした、ってことか。

ローカル番組でもそういう目配せをしなきゃいけないんだなあ。

……いや待てよ。

パートナーか。

「よし、分かった。俺がお前を痛めつけてやろう」

俺は演技派ではないし、痛いのも好きではないから乗り気じゃなかったが“そっち”ならアリかもしれない。

番組花形は痛がる方なのだから大してカメラに映らないだろう。

そして俺自身は痛くも痒くもない。

賞金を山分けすることを考慮しても、それならやってもいいと思えた。

「ええ~、マスダがあ?」

カジマが白々しい反応をする。

こういう無駄なやり取りを挟むのは嫌いってわけじゃないが、やらなくていいと思っている時までしてくるのは正直なところ癪だ。

「俺がそう切り出すことを期待したから、そんな話をしたんだろう」

「まあ、そうっちゃあ、そうなんすけど……マスダが痛めつけるのかあ……」


…………

こうしてカジマは『イタガリアン』への出場を決め、俺はそのパートナーとして出るってわけだ。

「参加しない」と言っておいて、実質的に参加していることに少し疑問を持たなくもなかったが、それは賞金の前では気にすることではない。

カウントダウン、3、3、2、2……」

「あー、なんだかんだいって緊張するっすねえ~」

収録が近づく中、カジマが俺にだけ聴こえるようにそう呟く。

なんとも中身のない、月並み言葉だ。

しかしそれを言えるってことは、カジマのコンディションは万全であることを意味する。

優勝は貰ったな。

「さあ、今回も人気コーナー『イタガリアン』のお時間が始まりました~」

司会のコールとともに、いよいよ収録が始まった。

すぐさま流れるように出場選手の紹介が始まる。

俺はカジマの影に立つようにして、カメラに極力映らないように、印象が残らないように努める。

どうせここら辺のくだりはダイジェスト流れるだけだろうとは思うが。

(#63-4へ続く)

2018-09-17

日常生活で使ってみたい難しい言葉は?

一位は若輩者

二位は月並み

三位は?

2018-09-11

anond:20180911021414

地震もう大丈夫かな。停電大変だったね。揺れてるか揺れてないかわかんなくなるのしんどいよね……。電気のひも見たりとか水入ったペットボトル置いとくと一目でわかるから良いよ。ペットボトルはまじでおすすめ

今までずっと週6で働いてて風邪引いてて地震停電来たらそらいつもの調子なんて出るわけないしどう考えても働きすぎ、会社側がおかしいんだから労基に駆け込むか30前なら全然転職考えられる……みたいな話をしてんじゃないよなぁきっと。

会社側がおかしいのも身体に無理が出てきて出社するところで既にギリギリなのもあなたのせいではないとあなたはわかっていて、でも状況的に自分が悪いという態度を取られたり自分でもそう思わざるを得ないのがしんどいのかな。わかる。首ちぎれるくらい頷ける。

めちゃめちゃ月並み申し訳ないけど文面から物凄い疲れてるんだなって察せられるのでとにかくしっかり休める期間を作って(何ヵ月とかの単位で)毎日ごろごろして漫画とか読んで映画とか見て寝たいときに寝られたら一番良いんだけど生活もあるもんな……。でも心を壊したら本当に治るのに凄い時間かかるし、どんな仕事か知らんけど現状週6で働けてるあなた再就職先全く見つからんという気もしないから(特に最近は売り手市場だし)一回本当に今のところじゃなきゃやっていけないのか考えてみても良いんじゃないかなぁ。どう考えても全然あなたはくずめいてないぞ??私なら確実に無理です休みますって言ってるもん。頑張っててえらい。

ほら雇用保険とか使ってこ。ハロワ行こ。一番の難関は今の職場人達に恨まれたら……とかだと思うけど、実際そうでなくても「私のようなやつはいない方がみんな良いよね☆私はみんなのためを思って!!」くらい正当化しても良いんやで……。自分大事にしていこう……。

2018-09-03

anond:20180903225510

こういう長文辞めました系ってどのイナゴジャンルにも発生するけど松オタって高確率で「下品」「やりすぎ」「ファンバカにしすぎ」って憤慨して砂かけてって正直馬鹿以外の何物にも見えない。

おそ松さんがそういうアニメだってことは1話からわかってたことじゃん。

なのに人気だからってホイホイ参入して自分の気に入らない表現があると被害者面だもんなあ。そりゃ2期がクソつまらなくなるわけだ。

月並み表現すると箱入りお嬢様がガラの悪い男に入れ込むけど「ここまでする人とは思ってなかった」と言って悲劇のヒロイン気取りで泣いてる感じ。

消えるなら黙って消えろよ。最後最後まで蝿みたいに鬱陶しい奴らだよ本当に。

2018-08-29

anond:20180829001309

別れて婚活アプリにおいでよ。オイデオイデ……

まぁ月並みだけど、子供については彼女相談するしかないのでは

つーか書いてて思ったけどこれマタニティブルーじゃん。実質惚気みたいなもんよ。

2018-08-27

[] #61-1「一人暮らしバイト

残暑文字通り暑さが残る時期だ。

この暑さにしつこさを感じたとき、その頃に妙ちきりんバイトをしていたのを思い出す。

バイトの内容自体もそうだったが、そこで起きた出来事特に印象的だった。

今日はそのことについて話そう。

少しだけ怪談っぽい話なので、季節的にも丁度いいだろう。

ただ、本当に“少し”だけなので余計な期待はしないでくれ。

忠告はしたぞ。


…………

夏休みも終わりかけの頃、俺は時間を持て余していた。

有り体に言えば暇だった。

「あー、暇だ」

誰が聞いているわけでもないのに、わざわざ口に出して言うほどだ。

「やることがねえ」

夏休みってのは、俺から言わせれば“やるべきことを減らし、やりたいことに割く期間”のことだと思っている。

学生の俺でいうなら、学校で励む勉学とかが“やるべきこと”になるだろう。

当然、学校から出された課題は数日前に完成済みだ。

まり、存分に“やりたいこと”に時間を割ける状態だといえる。

だが、マンネリってやつだろうか。

俺はアンニュイな気分になっており、自分にとって“やりたいこと”が何なのかが漠然としていた。

今までの“やりたいこと”も自分にそう言い聞かせているだけじゃないのか、なんていう実態のない自問自答が頭の中をグルグルと巡る。

ゲームやったり、どっか遊びにでも行けばいいじゃん」

俺があまりにも暇だ暇だと呟いていたからなのか、同じ部屋にいた弟が鬱陶しそうな顔をしながら提案してきた。

未だ課題を完成できていないことからくる焦燥感からなのか、語気も少し荒々しい。

暑い中、ノープランで、気持ちが追いつかないまま行っても時間無駄だ」

この時の俺は堕落しきっていた。

“やりたいこと”の中に多少含まれている“やりたくないこと”が、やたらと悪目立ちしているように感じ、俺から更に気力を奪っていく。

友達でも誘えば、大抵の場所は楽しめるよ」

「しょっぱい上に、月並みなことを言うなよ。個人的暇つぶしに巻き込むなんてマネはしたくない」

それにつけても、この時の俺の態度は酷いもんだ。

個人的かつ迂遠な不平不満を垂れ流し、その解消法を提案されても暖簾に腕押し。

SNSでクダをまいているような輩と同じことを現実でしているわけだ。

弟がイラつくのも無理はない。

だが、そういった身内の機微理解できないほど、俺は心身ともにダラけきっていた。

「……ったくよ~、兄貴はどうしたいのさ」

「それが分からいから、こうなっている。でも、このままじゃ良くないとは思っているんだ」

夏休みが終わってもこの精神状態が続くようなら、かなりツラい新学期を迎えることになるだろう。

その危機感が、俺を取り留めのない抗いに駆り立てているのだと思う。

「じゃあ、無理やりにでも何かやれば? 俺は課題っていう、“やるべきこと”が残っているんだからさ」

「だから、それが見つからいから……いや、待てよ」

不毛なやり取りが続きかけたその時、俺は弟の言葉からヒントを見つける。

「そうだよ。この際、“やりたいこと”である必要はないんだ」

そして打開法を導き出した。

今のこの状態も“やりたいこと”ばかり享受しすぎた弊害、とも解釈できる。

“やるべきこと”を無理やり作り、それで予定を埋めればメリハリもできるかもしれない。

「となると、短期アルバイトだな。金も稼げるし一石二鳥だ」

「むしろ金を稼ぐのが第一目的じゃないの?」

(#61-2へ続く)

2018-08-18

某氏の周りを見下したブログってどこに需要あるの?

引きこもりの友人もどきの次はむかーしの思い出かよ

フィクションだとしたらあれを持ち上げたくなる気持ちがわからない。

でもフィクションであってほしいと思うのは、普通に胸糞だからだ。

嘲笑してた人を本人が見てないだろうブログの中で書いてさも「私は罪人です」って酔ってる文章。書いたあとさぞ教会懺悔室で懺悔したような気分になったろうなーと想像してしまう。

そもそもずっと罪悪感あったわけでもなくポッと昔のことを思い出しただけなのが、やった方感満載で腹が立つ。しかブログネタしかない。

月並み言葉だけど、やられた方は一生忘れないよ。

私は昔やられる側だった、

「あの時はゴメンね(スッキリ!もう終わりな!)」って言われるのも腹が立つけど、「ブログに書いて懺悔~当時は子供だったから仕方ない~」も相当悪質だよ。

からフィクションであってくれー

そして持ち上げるやつは身近なやつにブログネタとして誇張されて消費でもされろ

2018-08-10

[] #60-3「タメになった気の経営ごっこ」

個人がやったことは月並みだ。

「なあ、こっちで働いた場合は何ポイントくれるんだ?」

カジマ側とタイナイ側に、それぞれ報酬を尋ねた。

労働で稼ぐ場合、より金を出してくれる方が得なのは分かりきっている。

から俺みたいに、今まで様子見をしていた人間も同じようにしていた。

「えーと……20ポイント?」

「少ないな。タイナイの方は25ポイントだが」

労働者一人につき、作れる消費物の数は決まっている。

から経営で稼ぎたいならば、労働者は出来る限り欲しいと考えるだろう。

ここは少しでも高めに設定しようとするはず。

「それが嫌ならタイナイの方にいけばいいっしょ?」

にも関わらず、カジマは強気だった。

その理由は察しがつく。

初めにカジマが声かけした時点で、既に一定数の労働者は確保できていたからだ。

消費物を使ってしまった労働者は、もう途中で鞍替えすることができない。

タイナイ側の方が稼げても、カジマのもとで働くしかない。

当然、俺はタイナイのほうで稼ぐことにした。

こうして1ターン目は終了。

何となく予想していた通りの流れだし、俺以外の奴らも半分以上はそうだったろう。

だが、問題は次のターンからだ。


…………

2ターン目、この時点では、俺が暫定トップだ。

だが、別に有利という状況ではない。

タイナイのもとで労働選択した奴らと同率だからってのもあるが、俺たちはこのターンは金を増やせないからだ。

消費物がなくなったから、このターンは労働で稼げない。

消費物を持った労働者がほぼいないので、経営も無理。

実質的に、俺たちが出来るのは消費物を買うこと一択なんだ。

カジマとタイナイもそれは分かっているだろうから、ここは前のターンで得た消費物を売りに出す。

「は~い、ひとつ15ポイントで売るっすよ~」

「よし、こっちも売っていこう。1個15ポイントね」

タイナイは消費物の値段はカジマと同じにしたらしい。

カジマよりも労働者に払った分、高めにしないと1つあたりの儲けは少なくなる。

だが、同じ値段じゃないと俺たちは買わないから、この値段設定にせざるを得ない。

はいえ消費物の数は上なので、その分たくさん売って儲けようという計算なのだろう。

「じゃあ、こっちは14ポイントで売るよ~」

「ちょっ……おい、カジマ!」

だが、タイナイの価格設定を聞いて、カジマは露骨に値下げをしてきた。

当然、労働者的には安い方がいいのでそっちに群がる。

その中には俺もいた。

ルール上、お一人様三点までっすよ~。はいはい、毎度あり~」

タイナイも値段を下げたいところだったが、そうもいかなった。

これ以上、値段を下げても儲けはほとんど出ない。

仮に値下げをしても、またカジマはそれより下げてくるだろう。

そしてカジマの方が労働者を安く雇えた分、値下げ合戦で先に音を上げるのはタイナイなんだ。

結果、このターンはカジマが売り切り。

タイナイは多くの消費物と、少ない金を抱えたまま次のターンを迎えることになった。

そして、このゲームはここからどんどん雲行きが怪しくなってくる。

(#60-4へ続く)

2018-08-07

婚約者不倫しすぎる

先日、聞いて仰天した話。

私:40少し前♂、仕事結構きつめ、年収そこそこ、都内国立大学卒、容姿は人並みだが肥満気味。

が、そろそろ子供を作るにはタイムリミットかなと思ったのでネットde婚活

つり合いの取れる女性を見つけて婚約中、お互いの両親も面談済み、披露宴会場も予約済み。披露宴招待客も決めて、お返事待ち中。

彼女:30前半♀、仕事は忙しそう、大学の少し離れた後輩、容姿好き嫌いはあれど間違いなく美人スレンダー

が、本人いわく忙しすぎて出会いがないのでネットde婚活

つり合いの取れる男性を見つけて婚約中、以下同文。


とにかく頭がいいのでこちらが疲れない。仕事もしてるので、生活安全保障も期待できる。お互い経済的社会的要因を重んじて選んでいるのは分かっている。

社会的なつり合いを重視して選んだお互いであるわりには、夜の相性はかなりいい。敏感なのに恥じらいが奥ゆかしい。ごちそうさま。


さて、ここから問題

その婚約であるが、どうも過去恋愛の全てが不倫らしい。

大学出て最初に付き合ったのは、会社40代の既婚上司で、それがどうも初めて付き合った男性らしい。

むろん、最初恋愛不倫というのは恋愛観とか男性観が歪んでいる可能性もあって、そもそも上司と付き合うとかその月並みさに耐えられない。

本当かどうか問いただすことも考えたが、さすがに処女を誰にあげたかなんて聞いたらこちらの常識を疑われる。

よりによって最初恋愛から、それなりに思うところあっての選択のはずなんだから、きっと治らない病気みたいなものなのだろう。

もう一つは、実は次の不倫相手は私の上司らしい。夜、上司と腹心4人くらいで飲んだ時に気を許したのか今の彼女自慢を始め、しか水商売じゃないと言う。

聞かされて興味津々に、彼のスマホを見せてもらったら、出ましたよ、壁紙リストに入っている私の婚約者の満面の笑顔

もう3年くらいの付き合いらしく、聞くも不愉快交際の経緯。某メディア企業幹部からの紹介で取材を通じて仲良くなったんだそうな。

よくよく聞いたらそのメディア企業幹部が付き合っていたのが彼女だったということで、要はその私の婚約者の処女を奪った男が、私の上司彼女を譲り渡したと、そういうことだ。

上司のアホは、ペラペラペラペラ彼女との逢瀬について話す。しかも私とするときとまるで変わらない様子をしゃべりまくる。こいつ出世を諦めたのか。

さすがにこれは衝撃で、彼女に「つきあった男性、何人くらいいるの?」「その中で私に決めた理由はなあに?」と聞いてみた。

過去についてはあっさりと「2人だよ」と言って、だけどもう過去の話だから気にしないでほしいってこちらの顔色を窺って言うばかり。

かに上司と逢う頻度が私と知り合って激減しているようだし、それに上司が不満たらたらだったので、あながちウソでもないのかもと思ったり。

正直、こういう人と結婚するのは生理的嫌悪が走りました。ビッチでしょ、どう見ても。過去恋愛のすべてが不倫とかありえないよね。

怒りとともに婚約破棄しようとその瞬間は思ったのですが、よくよく考えれば、才色兼備で、もうこれより婚期を遅らせると、子供大学入学たころにもう定年を迎える時期にこれだけの条件を備えた相手なんてそうそういるわけでもなく。むしろかつてアナウンサーを目指していたという美貌を考えると、ほぼレア中のレア

不倫のことさえ目をつぶれば、条件的には申し分もなく、彼女一族は、都内某区で大規模な土地を持つ地主一族で、しか財産に胡坐をかくことなく、一族そろってみな早慶以上の学歴、手堅い職歴。もちろん本人も、これまでの経歴も申し分なく、料理プロ級、お茶着付けの心得があり、聞くところによると、ピアノヴァイオリンも上手、らしい。もちろん彼女家の資産は1億超えてます

さて、どうすればよいのかしら。結婚すべきなのか、婚約破棄すべきなのか。


ちなみに、ここに書いた彼女に関する情報は、私の上司から聞いた話です。役員にもなったのに、婚外恋愛のことを酒に酔ってペラペラ話す彼は、軽率まりないと思います

私も女性経験は人後に落ちませんが、そんなことは口にすべき話ではありません。これまで心と体を開いてくれた女性に失礼です。

男は黙ってハメ撮り写真クラウドに入れてニヤニヤすればよいのです。

こんな上司でも、私を引っ張ってくれたのは確かなので、苦言できませんが。

なお、私の女性経験は、20人超えてます

2018-08-02

anond:20180802092349

辛かったね

ババアがよしよししてあげたいわ

月並みだけど今は気がすむまで泣くのが一番

泣けなかったら友だち連れ回して存分に話聞いてもらいなさい

言語化大事

気が済んだら恋愛じゃなくていいから他の幸せ探すのよ

いやもう★んでますよね?

 久方ぶりに夢を見た。

 リビング家族が集まりわいわいと何かを話していて、楽しい雰囲気だった。

 けれど、兄だけがそうではなく。

最近しんどくてさあ辛くてさあ。俺もう死んじゃうかもしれない」

 滅多に弱音を吐かない彼がそういったので、私は慌てて励ました。

 月並み言葉しかでなかった。

 もう兄は死んでいる。

 何故こんな夢を見せる?

 何故兄は何度も夢に出てくる?

 もう現れないでくれ。

2018-07-17

anond:20180717082236

から「男女問わず誰にでも優しくするタイプ」だったことは否定しない。

実際それで「優しくていい人なんだけど付き合うほどではない」という月並みな、しかし男として最も屈辱的な制裁(?)を何度も受けてきた。

「女ではなく人として接する」の具体的な意図がわかりかねるが、私なりの理解では既にそのように接してきており、その結果が↑の通りだった。

男としての自信とは、男として求められる経験を積み重ねることによって形成されるものではないか

その経験を40手前になって十分に積めていないのでは、この先もう手詰まり感(いわゆる無理ゲーしかないのだが、まだわずかでも何か打つ手があるならそれに全力で取り組みたい。

2018-07-15

マツコのワイプ

マツコの知らない世界をよく観るんだけど、あの番組ワイプ、少し前から変わってる?

今まではワイプ中の顔が移動すると手動っぽく追尾してのが、最近のは自動で顔認識してるっぽくなった。顔認識している座標がピンポイント(目?)なのか、細かくウンウン頷いただけでワイプ領域が小刻みに動く。

個人的には昔の方が慣れてるし自然な動きなので好きだけど、こういう処理がバンバン進んで人の手が減っていくのはイイなぁと思う。別のことに時間が使えるし。他の番組でも進んでるのだろうか。

月並み蛇足だが、マツコのこの番組は深夜の方が良かった。

2018-07-13

anond:20180713205524

月並みだけど自分の子供は可愛いぞ。俺は他人の子はクソガキだと思うが、息子のためなら命は惜しくない。

ただ、日本社会の一線で活躍したいなら、言い方は悪いが足枷になるかもね。旦那出張が多ければそれこそ家から離れられなくなる。

女性人生子育てが全てじゃない。それぞれ自分の道を歩んで、幸せに死んでゆけばよい。

2018-07-07

大企業内部留保の話

定期的に盛り上がる大企業内部留保の話、内部留保労働者に回せっていう共産党の主張もメチャクチャなんだけど、それをきちんと否定できている人もあまり多くない。会計用語を使って説明しようとする人が多いけど、実はそこはあまり本質ではないので、会計用語を使わないで何が論点なのかを説明してみたい。

最初結論を書いておくと、いわゆる内部留保(利益剰余金)を労働者に回すのは理論可能だけど、現在世界支配的な法的・経済的な枠組みの中では不可能、という風に考えておけばいいと思います

内部留保を配ることはできる

まず、内部留保現金として配るのは可能です。内部留保工場在庫に化けてしまっていて現金にはできないと言う人がいますが、それは正しくありません。会社株主配当として現金を配るとき会計上は内部留保の減少として処理されます配当当期利益から支払われるんだと言う人がいるかもしれませんが、その人の知識2005年会社法以前の時代で止まっています現代的には、会社内部留保から株主お金を配っているのです。

会社配当を支払うとき現金出所はいろいろあります事業で生み出した現金を配るのが一番わかりやすいですが、銀行から借りたお金を配ることもできますし、設備の一部を売って得たお金を配ることもできます。突飛に聞こえるかもしれませんが、広い意味で言えば多くの会社が当たり前のようにやっていることでもあります

ではなぜ労働者には配れないのか

それは内部留保株主の持ち物だからです。会社がお客から受け取った売り上げから仕入れ先に原料の代金を支払い、従業員給料を支払い、営業必要な諸経費を支払い、銀行には利息を支払い、政府には税金を支払った後の、株主最後の取り分が内部留保です。その内部留保労働者に配ろうというのは泥棒論理、もしくは「お前のものも俺のもの」というジャイアン論理です。

もちろん、法律を変えてしまえば内部留保を配ることができるかもしれません。でも、内部留保株主の持ち物であるという前提で株価はついているし、経済も回っています。その前提を崩したときに何が起こるか、僕にはちょっとわかりません。

共産党泥棒なのか

実はこの内部留保活用論、共産党の主張としてはとても理にかなっています資本家たる株主財産である内部留保を奪って労働者に分配しようという話だからです。つまり共産党のこの主張は私有財産否定現代的な文脈で言い換えたものだと考えておくといいでしょう。時代時代資本家像・労働者像をしっかりととらえたうえで効果的なプロパガンダ打つ手腕は鮮やかで見事だとも言えます。票は入れたくならないけど。

もっとも、共産主義私有財産否定からトンデモだと言うつもりは全くありません。程度の差こそあれ、官製春闘による賃上げも似たようなものです。逆に、工場処分して現金を配るような内部留保の取り崩し方をするとその工場で働いていた人は職を失うので、これも程度の問題です。いいことが起こるかもしれないし悪いことが起こるかもしれない。月並みに言えば制度設計次第というところだと思うので、何がベストかはみなさんが各自で考えて議論していけば良いと思います。先ほども言ったとおり、僕にはちょっとわかりません。

まとめ

以上をまとめると、

ってところです。

おっさんになって、2ヶ月の長期休暇を得た

でもな、何もできないのよ。妻は働いているし、赤子もいるから。

休暇が始まる前は、海外旅行とかしたいなあって思ってたのよ。バイクでどこかツーリングにも行きたかった。

とりあえず外泊ができない。育児とかまわんなくなっちゃうから

しょうがいから、司馬遼太郎とか山崎豊子で読んでなかった小説読んでる。あと社会人になって読めてなかった漫画も読んでる。なんだかなあ。

若い人や独身の人は、やりたいことがあったらやっておいた方がいいよ。月並みな助言だけど、ほんとそう思う。

2018-06-27

刺殺事件の話を少し見てみた印象

色々な意見があるものだ、と思ったし、特に誰を説得しようとかそういうことは思わなかった。

愚行権がどうの、モラル的にどうの、というよりは、俺自身も好きにやったし、好きにやればいいのでは、という意味で。

(昔と今とでは状況が変わっているので、そこは合わせる必要はあるだろうけど)

 

ただ、前提条件くらいの共有はあってもいいかもな、という感じで書いているのだが、「リスクコントロール」の意識大事かな、と思った。

 

「それなりに身分晒すリスク」を取る場合言動にそれなりに気をつけるとか。

匿名でも絶対安全地帯では無く、「名誉毀損」で訴えられる場合もあるとか。

 

マーフィーの法則ではないが、今回の事件は起こるべくして起こったと思う、冷たく聞こえるかも知れないが。

もっとも、「失敗する余地があるなら、失敗する」的にユーモアで言ってしまうと、さすがに違うな、とは思うが)

 

アメリカでは今後も銃乱射事件は起こるだろうし、極度の貧困人口世界最多8700万人のナイジェリアでは今後も餓死する人はいるだろう。

一方で、銃を持った犯人に「さすまた」で対応するよう指示された警備員が死亡したり、今思い出したが、つい最近新幹線事故で亡くなった方もいた。

 

相対化して今回の件を軽くしようということでは無く、世の中はそういう面もあるし、案外何とかなる部分もあるし、どうしようも無い部分もあると思う。

要するに、リスクに晒される度合いを無闇に増やしてもあまり意味がない気もする。

もちろん、こういうことを書いてもやる人はやるし、痛い目にも遭うのだろうし、痛い目を見ないと分からない部分もあると思う、後に資産になる勉強代として。

 

結局、「行動」というのも投資の一つと考えることも出来るのだろう。

投資するから回収出来るわけで、投資しなかったら何も得られない。

投資技法として、伸びそうな所に小さく分散投資するのが基本とか、中長期的運用が基本とか色々あると思うが、今回の事件は「金をドブに捨てるような自暴自棄」に

近いと思うし、人の命という「高すぎる代償を支払った」と言っても、可能性がある限りは起こってしまうのだろう、1000年に一回の地震のように。

 

特にビビらせようという意図は無くて、ユートピア理想気体存在しないようにリスクのない世界もやはり存在しないと思う。

逆に、完全管理ユートピアを作ろうとする試み自体が、ディストピアを生み出す、月並みの言い方だが。

個人的には、「可能性を広げていく」方向に賭けた方が良いと思う(こちらも平凡な意見だけど)。

2018-06-22

おっさんたち、もっと昔話をしてくれていいんだぜ

22歳の若者からおっさんたちに言わせてもらう

もって昔話をしろ

いや、してくださいませんか

俺が物心つく前の話、俺が産まれる前の話

何を聞いてもすごく興味深い

20年前はビジュアル系バンドブームカラフルな髪色の兄ちゃんちゃんがそこら中にいたって本当すか

パソコンが3、40万もしたとか信じられないす

FF7のグラが衝撃的だったって話もっと聞きたいです

さながら遠い異国の話を聞いている気分

でも外国はいくことできても昔にはいけない

俺は当時を知らないからおじさんたちの話に相づちを返すぐらいしかできないけど、つまらないとは微塵も思ってないか安心してほしい

聞き終わったあとの「面白かったです」あの月並み言葉社交辞令じゃなくて本心なんだ

なので改めて言わせてもらう

おじさんたち、もっと昔話をしてくれていいんですよ

2018-04-30

anond:20180430202812

文章がつまらないのは、表現月並みからではなく、内容に興味を持てないためではないでしょうか。

2018-04-18

男vs女ではなく、男&女vs既得権益にならないと、と言ったけど、非モテミソジニー男やヤリチンミソジニー男を肯定するわけではない。

ヤリチンミソジニー男は、リアルでの環境に気を使っていたら、ある程度、回避できる。(そういった、軽薄で、経験人数を増やすことしか考えてないような男が出没する場所を避ければ、関わらなくて済む、職場にいた場合は、避けられないけど…

関わりたければ、風俗キャバクラ出会い系ナンパ待ちをすれば、そんな男ばかり見える。

けど、非モテミソジニー男はネット上に多く目にする機会があり、自分が気を使っていても、目にしてストレスを感じる場合があるから、こっちの方がタチが悪い、と、個人的には思う(ネットしか攻撃できない非モテミソジニー男とリアル女性を傷つけるヤリチンミソジニー男と、どっちが嫌かは人それぞれでしょうが

そういった男たちは、女を見下し、消費し(二次元AV動画など、あくまで非現実の中でだけど)、キャバクラ風俗に通うヤリチンミソジニー男とやってることは変わらない、と思うけど、本人たちはそんな男たちと自分たちが同種だとは、気付いてないんだろうな、と。

そういった非モテミソジニー男の存在と、女性への差別発言が許される土壌がある社会のせいで、ネット上で、女性差別的な発言をよく目にするのが、疲れる。

最近は、ビッチという差別発言公的な場(匿名ではないレビューサイトなど)で許されていることに、納得がいかない。

日本の男だけが取り立ててクズなわけではなく、全世界的に男はそういった差別発言をする可能性があるけど、他の先進国では、それが社会的に許されていないか抑止力になっていて、そういった男の差別意識に満ちた言動が少ない、今の日本では差別発言社会的に許されているから、そういった言動が多い、だから社会的に許されない風潮ができれば、変わるんだな、と思ったけど。

そういった風潮に変わるためには、上の世代(50代以上は確実、40代も危ないかも…)が死ぬことが一番の近道で、日々、早く上の世代が死なないかなぁ…と思って、生きてる。

差別をしていいという社会、男女の扱いに差があった環境で育った世代は、骨の髄まで性差別意識が染み付いてるから自分たちが問題のある言動をしていることに、気がつかない。

よっぽど内省的な人じゃないと、差別意識無自覚

今の若い世代は、教育の段階では男女に差がないという環境で育っているから、平等意識が強い。(社会に出たら根強く残る男女差別に、疲れるんだけど、男も女も…)

から、そういった世代が中心となれば、自然と、性差別の少ない世の中になると思う。

性差別だけではなく、性別役割分業の意識をはじめとする、高度経済成長期だけに通用した価値観終身雇用新卒採用長時間労働や、そういった、今の時代に即していないのに上の世代過去にしがみついていて新しいシステムを生み出さないから、今の世に歪みが生まれる原因となっている、古い価値観システムたち。

それらが、上の世代死ぬことで、一掃されるのではないか、と、期待している。

から早く死んで欲しい、社会の中心から引退して欲しい(年取っても権力の座から離れたがらない人間が多いから、引退より死んでくれるのが一番いい)と思うけど、そういった老害的な存在がいなくなり、ようやく現状に適した社会システム運営できるようになったとき少子高齢化でこの国は立ち行かなくなっているかも、という懸念も…

過去から現在まで、いつの時代も、年寄りは昔のやり方に固執して、だけど数で勝る若い世代が現状に適したシステムを導入して、やってこれてたのかなぁ。

今は昔のやり方にこだわる古い価値観世代が数で勝ってて、いくら若い世代が現状に適したシステムを考案しても通らないのかな…と。

そう考えると、少子高齢化という、現役世代より高齢者の方が数で勝るような歪な状態になった時点で、日本は終わってたのかもしれない、初期にまともな対策をとればよかったのにね…

上の世代の、現状に適さない、過去システム延命させようとするやり方にはついていけないし、そういった世代死ぬまで待っていたら日本は終わってしまうかもしれないし、若者に残された選択ってなんなんだろう。

月並みだけど海外に出る、とかなのかなぁ。

そうじゃないと、この国で生き残る(最低限度の生活ができる存在として)のはハードル高すぎる。

現実には、海外に出るのはハードルが高いから、労働とかって社会活動はしながらも半引きこもりみたいな生活をする若者が増えてるんだろうけど…

外に出るのはお金がかかる、若い世代お金があるのは稀、半引きこもりで支出を抑えるしかない、と…

そうやって、老尊若卑な社会で、どうするつもりなんだろう…

海外に出る、まではいかなくても、地方移住で中心から離れた暮らしをするという若者が増えているのは、古い価値観(資本主義物質主義)から離れて支出を抑えて、長時間労働にも巻き込まれずに暮らす、という、古い世代固執する古い価値観に決別してる人が増えている、ということかな。

私もそういった暮らし方に近い。

私の観測範囲では増えているように感じるだけで、実際に地方移住する若者が多いのかは、知りませんが。

そうやって、全体の豊かさや幸せを追求した過去時代から個人の豊かさや幸せを追求した時代に変わっていくんだろうな、と。

技術の発展で仮想現実が今より充実したら、お金がかからず、個人幸せの追求であるネット社会が、今よりもっと大きな存在になるんだろうな…少し明るめの妄想

2018-04-05

ガーデニングはじめた

最近ガーデニングをはじめた。

きっかはいとうせいこうさんの本。

植物と触れ合うのはよい。月並み言葉だが、癒される。

毎月ひどいPMDD(PMS精神症状が主のもの)が、今月はなんとほとんどなかった。

植物パワー、すごい。

昼間ベランダに出るから日光を浴びる。セロトニンどぱどぱ出てると思う。

次は何を植えよう。何と何で寄せ植えしよう。果物を食べた。さぁ、この種を蒔こう。

次々とやりたいことが出てくる。

洗濯物は乾燥機を使い浴室に干しているため、ずっと使ってなかったベランダ環境も整えられていく。

ベランダの分だって部屋の一部なのだから有効に使わないとね。と、またまた満足感。

みんな、植物はいいぞ。

2018-03-30

anond:20180330193337

月並みだが、義務教育教育強制する場ではない。児童が通いたい場合に親は拒否できない、といういみでの義務教育だ。

anond:20180320234112

月並みなことしか言えないけど、頑張れ。応援してるよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん