「最終話」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 最終話とは

2017-11-15

ガルパンに人型ロボってでてきたっけ?

俺が知らない間にガルパンが人型ロボットアニメになっていたらしい。

確かアニメ最終話までは見たはずだからOVA劇場版路線変更したんだろうな。

なんで戦車が人型ロボになるんだろう。

人型戦車なんてWW2の時代にあったっけ

どうしてつまらないのか分からない(追記しました)

放送中の某松アニメ2期。

いろいろ言われているが、私はつまらないと感じている。

1期はとてもおもしろく、2期の放映開始を楽しみにしていた。

まらないと感じる原因(考察)

・1期と2期の間に面白いと思えるツボが変わった。

・(ツイッターなどで調べると、2期はどうやら「くん」を意識して作られているらしく)「くん」の時のギャグ雰囲気に私がついていけてない。

・別のアニメにハマって、松に集中できなくなった。

2次創作を読みすぎて、自分の中のキャラクター像とアニメキャラクター像がズレた。

(1期最終話も少し面白くないと感じていた。

野球マンを見た時も「?」と思ったし照英が出て来た時も「?」と思った。「スベってる??」と思った。「ボエバー」というセリフ、1回目に聞いた時は面白かったが2期でもう一度同じセリフが出てきたときは「つまらない」と思ってしまった。)

(2期を見ていると、セリフストーリーなど、随所で「腐に媚びてるのかな??」と思ってしまう)

まあつまらないのなら見なければいい、と思うのだが、一期であれほど夢中になりDVDも全巻揃え始発の電車に乗り列に並びグッズを買い漁るほどハマっていたアニメに対して、こんなにも冷めてしまった理由が知りたい。

いろいろと考えているが、納得はする理由にたどり着けていない。どれも腑に落ちないというか…。

ED曲は有名人を起用しすぎて、お互いの良さを打ち消しあってる?と思ったし、OPも、1期のが好きかな…。

まらないと思うけど嫌いになったわけではないのでこれからも毎週見ます

■追記

たくさんのコメントトラバありがとうございます

またアニメをつまらないと言って、不快な思いをさせてしまって申し訳ありませんでした。

「つまらない」というのはネガティブ意見ですが誰かに共感してもらいたく、しかツイッターブログなどには書きづらく、匿名であればいいか、という気持ち投稿してしまいました。

・いろいろと考えてみて、自分自身が変わり熱が冷めてしまったのかなぁと思います

感想言語化できていないのにグダグダと長文を書いてしまってすみませんでした。

合コンの回は1期のような勢いがあって面白かったです!

FGOやYOIは視聴していないのでよく分かりません。

(あと本文とは直接関係ないのですが、私は腐女子ではありません。)

ED曲について、ROOTS66というグループがあるのは知りませんでした。勉強不足でした。すみません

これからちょっと距離を置いて視聴してみようと思います

拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

2017-11-14

[]11月14日

ゲーム日記アンケート「次にプレイするゲーム!『MS販売なのに未だOne360互換機能実装されてないゲームたち!』」

・No1:ナインティナインナイツ360

なんか無双っぽい感じのゲーム

前々回アンケートから続いてです。

No2キングダムアンダーファイアサークルオブドゥーム(360

RTSアクションを混ぜ合わせたようなハイファンタジーな世界観ゲーム

・No3:トゥー・ヒューマン360

未来未来すぎて逆に魔法とか神様っぽい感じになっちゃた的なSFファンタジー3Dアクションゲー。

前回のアンケートで一票とってますが、改めてチョイス。

・No4:オーバーロード魔王サマ復活ノ時(360

RTSアクションが混ぜ合わせた感じのゲームで、グロピクミンとか呼ばれてた気がする。

何気にこのゲームは珍しい、日本MSセカンドパーティー的な関係なしにローカライズしてくれたゲームで、ここ最近MSスタジオ系列ゲームすらたまに発売されない状況と比べると、あの頃は景気がよかったなあ、としみじみするね。

アンケートについて

前まで0表枠ってのがあったんですが、よくよく考えるとこのアンケートって期限を切ってるわけじゃないので、0票とはなんぞや? だし、その後またすぐアンケートをするのか? とか運用意味不明仕様だったのでなくしました。

あと、お題考えたり中身入れ替えたりがたるいので、基本的に選ばれたゲームが抜けて行くスタイルで行こうと思います

○朝食:きしめん

○昼食:パンチーズ)、フライドポテト

○夕食:鶏肉鍋(白菜えのきしいたけしめじ人参ニラ生姜鶏肉、つみれ)、きしめん

○間食:みかんゼリー

調子

はややー。

熱が下がらず、今日仕事を休んでしまった。

しかも、午前中寝ていてたら治ったみたいで、午後は普通に元気だった。

2日連続で休むなんてよくない、という自責気持ちと、このことについて責められることへの恐怖で、憂鬱しかたない。

仕方ないが、それを気負いすぎて一人でうじうじし始めるのが非常によくないので、気分を切り替えてまた明日から頑張ろう。

頑張るぞ!

Xbox360

○エブリパーティ

最終話攻略して、おはなしすごろくの一週目はクリア

4回ぐらいでクリア

ストーリーは、市長になったとも人助けをし続け、さらカメばあが第三の救世主を連れてきて、このドタバタはまだまだ終わらない! 的なネバーエンディングな終わり方。

ゲームの総括として、面白いとか面白くないとかじゃなく、後二週しないと実績埋まらないとかそういうのでもなく、

ただただ、終わったことが嬉しくて、もし万が一なにか気が触れて残りの二週もプレイしたとしても「10年後だな」と思える程度には、読後感がすごかった。

3DS

ポケとる

今週のイベントを色々攻略中。

月中ガチャは、スキルチェンジ

それと、ネクロズマ捕獲

レックウザレベルMAXは19レベルまでクリア

それと久々にメインをゴリゴリ進めていた、メインステージ588ローブシンまで一気にクリア

エルレイドメガストーンを持ってなかったので、嬉しい。

すきな悪ポケのスキル掘りのためにも、虹飴あげてもいいかもなあ。

2017-11-12

[]11月12日

○朝食:冷凍そば

○昼食:カレー(ビーフカレーチキン煮込みほうれん草)

○夕食:なし

○間食:なし

調子

はややー。

午後から、また風邪をひいてしまったみたいで、熱が高い。

明日会社いけるかなあ……

しんどいよお。

Xbox360

○エブリパーティ

第十二話「みやこ町:みやこ公園GO」を攻略

昨日から通算4回負けてクリア

ツルじいとカメばあの目的が明らかに、なんと彼らは市長選のための人気稼ぎに救世主である主人公を利用していたのだ。

もう用無しになったため、街を出て行っていいと言われる主人公

果たしてどうなるのか?

……不愉快だの不快だのと書き連ねてきたけど、この後ちゃんとカメばあに制裁を加えれたり

主人公この街に住んで行く理由を格好良く語ったりしたら、このゲーム好きになるかも。

最終話「わらし町:かんらん車へGO」を攻略

大苦戦、10回以上ぐらい挑戦してクリア

ストーリーは、市長になろうとするカメばあに対して自分市長になる! と宣言する救世主こと主人公

そして、無事市長になり、市のみんなから頼られる救世主となっておわり。

おまけエピソードがあと一つあるみたいだけど、大筋は終わりかな。

正直、ちょっと体調が悪かったことと相まって、このゲーム辛辣感想を書いたけど、

最終的にはベタで割と良いシナリオだった気すらしてきた。

エピローグ明日からプレイしよう、来週に持ち越しちゃったや。

3DS

ポケとる

メインステージ570ブロスターに苦戦中。

2017-11-07

ジャパリパーク平和幻想

いい加減そろそろ言っても許されるかな。

ジャパリパーク平和世界って幻想が一部で広がってるのが恐ろしい。

あの世界は平和なんかじゃない。

セルリアンっていう怪物が暴れまわっていて弱い奴は襲われてくたばってしま世界だ。

かばんちゃんが生き残ってきたのは強いからだ。

道具を使える。

仲間を作れる。

知恵を回せる。

生き残るのに必要な力をちゃんと持ってる。

から生き残れた。

あの世界は強い奴が生き残る世界だ。

その中には運のよさも含まれている。

運にすら見放された弱いフレンズは消えていく。

あの世界は平和じゃない。

いつだって死と隣り合わせの世界だ。

最終話あん死闘を目の当たりにしてもまだそこが分かっていなくて「平和」という意味で「ジャパリパーク」を使っている人間がちょくちょくいるのが本当に残念だ。

2017-11-03

[]

今回はガンガンオンライン

僕達の魔王普通 20

まあ最終話なのもあって上手いこと話を収めたなあという感じ。

魔王人間世界普通に活動することの正当性説得力を持たせるなら、そういうオチにしたほうが収まりが確かに良いよね。

あっくん父親が絵に描いたような胸糞発言を繰り返して、徐々に魔族や人間すら危ない方向に意見が一致する展開は、問題の重さに反してコメディであることをちゃんと忘れていない。

最終話からといってメインキャラばかりではなく、相変わらずモブ出張らせるのも安定感があるし、得心したあっくん母親が身も蓋もない罵倒で一蹴するくだりからの、魔族的な解決法は一種の爽快感がある。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪124

友達関係の妙さを上手いこと描写しているなあ、と。

自分の知らない友達の一面を、自分の知らない相手によって知り、そのことをどう解釈するかっていう着眼点に感心する。

で、その中心人物であるはずの主人公が、これまた全く違う解釈をしている。

この流れを小難しい理屈を並べず、サラっとやってしまうって作家にとっては中々勇気がいることだと思う。

そのことが理解できるか、或いは共感できなかったら、今回の話を把握できないからね。

ただ、これはこれで面白いんだけれども、やっぱりちょっと物足りないかなあ。

わたモテ最近こういった人間関係の妙さを描写する作風は嫌いじゃない。

けれども最初期の主人公がこじらせながらバカやってた頃のほうが、露悪的で低俗ではあってもエンターテイメント性という意味では優れてたよなあ、とは思う。

2017-10-31

アニメ作画の良さを理解できるようになりたい

アクションシーンとかでどんちゃか動くのがすごいってのはわかるんだけど、もうちょっと地味なところ、日常芝居みたいなところの良さが理解できるようになりたい。

この手の芝居で好きなシーンって、輪るピングドラム最終話、幼い頃の主人公たちが水族館にいるシーンで冠葉が陽毬を抱き上げたら陽毬の帽子が落ちてそれを晶馬が拾うシーンなんだけど、もっとこういうシーンで好きなシーンを増やしたい。

なんかこういう静かな芝居ですげー、ってシーンのオススメないですか?

ブコメレス

id:msdbkm 劇マスでプチシュー拾うとことか、そういう話ではないと思いつつ、思いつかないのであとで。

いや、めっちゃそういうの。何かを拾うとかお茶を飲むとか、そういうさりげない仕草でいいなっていうシーンをもっと観たい。劇マス観てみる!

2017-10-25

「X話で面白くなる」作品にとって一番重要な話数で何話だと思う?

X話?

X-1話?

X+1話?

Xから始まった物語が1つ目のピークを迎える回?

それとも最終話

2017-10-16

毎週アニメを追うのって貧乏人だよね

金持ちアニメを毎週追わない。

大容量のHDDに最高画質して録画して放置

半年寝かせて評価が固まってから世間での評判が良くて自分と相性のいいアニメだけを厳選して視聴。

焦って毎週アニメを追うのは目先の小銭を追う貧乏人のすること。

金持ち父さんコストパフォーマンスの高いアニメを見極めてから視聴する。

そのための投資は惜しまない。

世間では評価が低いけど自分には最高かもしれないアニメがあるかも知れない可能性は追わない。

それは期待値が低いから。

評価が高いアニメはただのステマだらけだから自分の目で最終話まで見て確かめるべきは貧乏父さんの常套句

本当に感性が豊かな金持ち父さんは評判が良いけどただのステマに過ぎないアニメは3話まで見れば化けの皮を剥がすことが出来る。

3話まで見てから決めるのは1話で焦って決めてかかるとステマを見抜く目を養う機会を失うから

次の次の戦いを見据えているのが金持ち父さん

次の次を見据えたその目で、前の前のクールアニメを見ている。

それが金持ち生き方

賢すぎて嫉妬しそうだね。

2017-10-06

anond:20171005013842

一番避けなければならないのは、途中で切られて最終話の感動に辿りつけないことと、ロリアニメに過ぎなかったので途中で切ったという評判が出回ること。

途中の話も面白かったけど万人受けするほどの破壊力はなかったんで、下手に序盤と中盤も良いと言ってしまうと期待はずれだと思って見切られるリスクを高めてしまうでしょ。

10話まで持っていければ勝ちなので、あえて途中がつまらないと言っているんですよ

2017-10-03

メイドインアビス最終話が観られない

1時間はとてつもなく長く感じる。

社会人になってから空想に浸るというのがとても億劫になった。

ゲームも然りでPS4の月額料金を垂れ流している。

アニメゲームを嗜んでいる他の大人たちってどうやってモチベーションを維持しているのだろう。

2017-10-01

anond:20170930045332

12.1話なんて最終話を補完する程度の僅か数分のファンサービス問題視するほうがおかしい。

ヒットアニメじゃなかったらどうせゆる~く済ませる癖に、人気が出たらしたり顔で「権利契約プンスカプン」のお説教モード

損したわけでもない癖に何を大げさな

2017-09-30

メイドインアビスアニメ一期が原作の4巻最初までやってくれてよかった

ネタバレ注意






アニメ13話見た。

どうなるか心配だったけど、最終話が1時間に延長されて、4巻最初までやってくれた。

待っていた「レグ・・・”それ”どうしたの?」のシーンもあった。

温泉に入る前、超遠目だけど、レグとリコの全身が写ったし、

「レグ・・・”それ”どうしたの?」と言われて赤面するレグの様子はちょっと大げさで漫画っぽさが強かったところはあったけど、

その後のリコの反応は原作では、レグの”それ”がどうにかなった意味を察して赤面していたのに対して、

アニメでは、全く察しておらずアビス以外のことへのアホの子ぶりがよかったし、

「チューまでしたんだろ?」ってセリフの時のナナチの口の形もまさにチューの形でかわいかったし、

オリジナルカットでは「リコ・・・胸当たってる」「当ててるのよ」と言わんばかりの2人の密着具合(もっともリコには、当てるほどの胸はな)もよかったし、そのシーンでレグは前を隠すことなく両腕を左右にだらりと下ろしてるだけで、「リコに見せているのか、それとも視聴者に見せているのか」と腐った邪推させるしで、いやーとにかくよかった。

2か月間待った甲斐があった。

ボンドルト卿の「また、会いたいですね」はナナチに向けただけでなく、画面越しに視聴者に「(2期も)また、会いたいですね」あたかも語りかけてきたよう。

ぜひ、会いたいですね。

anond:20170902085346

2017-09-29

ナイツOPのフワフワってした感じはなんなんだろうね

意図的にやる気のなくなるようなSE採用していたのかな

ならいっそ最終話ぐらいは直球勝負でブッピガンしていくべきだったのでは

2017-09-27

けものフレンズプロジェクト問題とする作品利用とは何か

まずはけものフレンズプロジェクト公式リリースから問題の部分を引用する。

けものフレンズプロジェクト|公式サイト

しかし、アニメーション制作担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。

コレに関してファンの間では最終話公開の一週間後に投稿された12.1話のことや、各種コラボ映像のことかと憶測が飛んだ。

しかし、12.1話については栗田穣崇ドワンゴ執行役員問題ないと取れる発言をしている。

各種日清JRAからの発表があり、「KADOKAWAの窓口を通した」とのことで委員会の中心であるKADOKAWA側も認めていたと思われる。

ウマのフレンズ | Umabi - 今度の休みは、うまびより。

サイトは『けものフレンズ』に関する正規ライセンス窓口である株式会社KADOKAWAを通じて、173月企画段階からけものフレンズプロジェクト』の許諾を得て制作したものです。

同時にこのコメントからは、けものフレンズ関連のコラボ等はKADOKAWAが受付をしているということが読みとれ、

おそらく個々に言及されていないアニサマ映像などでも、商用利用されているもの基本的無問題と思える。

また、夏コミでirodori名義で出された本についても「けものフレンズプロジェクト」の許諾があり、問題はなかったと思われる。

まり大前提として、現時点で商業分野での作品利用や、数々の映像についてはなんら問題はなかったと考えられるのだ。

ならば無償行為……例えばたつき氏によるTwitterへのイラスト投稿問題になった可能性もあるのではないか

自分が関わったオリジナルイラストネットに挙げるくらいは他のアニメ関係者も行っている。

しかけもフレが多くのアニメと違うのは、3DCGアニメーションであり、たつき氏のイラスト3DCGレタッチしたものではないかと考えられることだ。

3DCG3Dモデルを作り、それをアニメーションさせるという手順が基本であり、当然そのモデルには著作権が発生する。

この「モデルを利用する権利」を巡って対立が起きたとは考えられないだろうか。

もう一度委員会リリースを見てみる。

けものフレンズプロジェクト|公式サイト

しかし、アニメーション制作担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。

問題とされているのが作品制作」ではなく作品「利用」であることに注目したい。

映像イラスト制作問題だったのあら、作品利用とはならないのではないか

この作品CGモデルのことであり、それを使ってイラスト制作することを「利用」という言葉で表しているのではないか

推測するとこうだ。

KADOKAWA側(あるいは委員会側)からたつき氏の本編で使用したモデル二次利用について止めてくれというお達しが出る。

ヤオヨロズ側はモデル制作したのが自分であることから二次利用についても権利を主張する。

KADOKAWA側は、モデルについても委員会側の共有の著作物として主張する。飲まなければ2期から外すと行った条件を出す。

ヤオヨロズは権利を手放したくなく、2期から外されることを受け入れる。

この推測は飽くまで推測だが、実際の所3DCGモデルの利用については色々と難しい部分がある。

自分アニメ業界人間なので聞いたことがあるが、過去の別作品で利用したモデル再利用に関してはかなり敏感で、

例えば背景に家のモデルを置きたいけど①から作るには時間が無いなどで過去モデルを使いたいときは、

原型を残さないように改造したりすることになっているらしい。

またヤオヨロズ含め3DCG関連の制作会社普通アニメ製作会社以上の制作費を要求するので、

委員会との関係はあまり良くないとも聞く。(これに関しては普通アニメ制作費が安すぎるのである

繰り返すようにこれは飽くまで推測なので事実全然違うかも知れないし、なんならその可能性のほうが高いが、

3DCGモデル権利問題は今後ますます3D存在感が強まるであろうアニメ業界において重要問題となるだろう。

ましてけもフレのように、CGモデルの絵柄自体独立した価値が生まれているケースでは特に重要だ。

もしこの推測が当たっていたなら、この問題スムーズ解決するかは、今後のアニメ業界での3DCGの普及にも関わってくるかもしれない。

カイトアンサというアレなアニメ

ナゾトキネに続く、立川舞台で謎解き要素が盛り込まれ10アニメなのだけど、

どちらの要素も全く頭に入らないカオス展開と節操ないパロディを連発し、個人的大好物一品だった。

最終話もMOCO'S キッチンパロディで、

例のキャベツ作画オリーブまみれ、塩振りシェフを盛り込むなど、

なりふり構わない姿勢に終始。

最後まで追いかけていたファンもきっと満足したことだろう。


問題最後まで追いかけていたファンがはたしてどの程度いたのか、ということなのだが。

本来大勢を占めるはずの立川市や謎解き目当てのファンは完全に置いてけぼりにされたので、

早々に離脱してるのは間違いない。

声優目当てのファンは…まあ残ってたかもしれない。女性受けするキャストだったし。

天龍目当てのファンは…そもそも見てねえから

2017-09-26

皆さんはもう夏アニメ個人ランキングの叩き台書けた?

納期いつまでだっけ?

来季アニメ期待値ランキングの提出もそろそろだよね。

どうしよ先にそっち片付けようかな。

今季アニメ配信で見てるのもあるからそっちの都合で最終話・最新話まだ終わってないの結構あるしなあ。

というかさ、今期のアニメって小粒ぞろいって感じで順位決めるの難しくない?

たとえばアホガールサクラクエストどっちが上かとか簡単には決められないじゃないですか

流し見で見てなんとなく面白いってならアホガールだけど、アニオリでちゃんと話畳んだサクラクエスト総合力において劣っているかといえばそうじゃないわけで。

なんかもうこういうのばっかなんですよね。

メイドインアビス魔法陣グルグルだと思い出補正込みで考えれば魔法陣グルグルの勝ちになりそうなんだけど、今脂が乗っているのはメイドインアビスの方だからこっちのが上かなとも思えて。

世界スマホみたいなカオスアニメになると、単品で既に評価軸どこにおけばいいのか全く分からないですからね。

何が面白いのか説明しようとしても説明に困るけど、なんか面白いし、同時にものすごいクソアニメだとも感じているっていうカオスですから

いやあ難しい。

もう今回は単位所得諦めて来季頑張ろうかな。

でも来季期待値ランキングの段階で既に難しいですもんねえ。

たとえばおそ松さんの二期とか一番期待出来る気もするし、逆にネタ切れ失速しそうで全く期待できないオーラも出てますよ。

もうどうしろっていうのかと。

新しいアニメいぬやしきとか宝石の国とかこんなん実際に放送見なきゃ評価なんてしようがねーよと言いたくなるような代物が普通に紛れてるんだからもうね大変なんてもんじゃないです。

やっぱ自分自身アニメはここで評価するっていう軸を持ってないとキツいですねえ。

そういう点では好きな声優が出てさえいればいいっていう声優オタクの人とかは話が分かりやすくていいですよねえ。

2017-09-24

なろう系の長編と、1クールアニメ相性の悪さと、今後のアニメ化

書いている内にすごく長くなっちゃいました

2017年アニメで「小説家になろう」発でアニメ化された作品は下記のような作品がある

(※ 2017年アニメの一つであるゲーマーズ!』も「なろう」ではないがWeb小説発とも言える作品しか継続してWeb執筆が続けられた作品ではないので、ここでは分かった上で除外してしましたと、一応ツッコまれない程度の知識開陳しておく)


異世界食堂』は連作短編作品なので、1クールアニメ構成する際に非常に楽な作品だっただろう。

原作ストックにも余裕があり、アニメにはなっていないエピソードもまだ多く残っていて、登場していないキャラクターもまだ多いです。

原作の方でも「常連」と言われるようなキャラはまだ他にもいて、アニメではその全員が登場したわけでもない。

この辺りの判断監督判断してエピソードを絞り、アニメ放送する上で必要最低限のキャラエピソードをチョイスしたのだろう。

常連キャラには中堅・ベテラン声優を配して、複数話に登場するようにして、うまくバランスを取ったシリーズ構成物語を仕上げたと思う。

ちなみにキチンとアニメを観ていた人は気付いたかと思うが、アニメ監督シリーズ構成脚本も兼ねて担当し、かつ全12話の脚本執筆された作品でもある。

なので他の作品ではたまにあることだが、OPEDには登場しているが、アニメでは登場しなかったみたいなキャラクターがなかった理由の一つにもなっているかと考えている。

異世界食堂』はニコニコでは動画有料で一週間無料公開なく、無料ニコニコ生放送配信となってしまったが、毎回アンケートでは90%以上の高いアベレージの高評価を保ち、最終回は97.0%の高評価で終りました。

評価だったので円盤が売れるとは限りませんが、評価が売上にも繋がることは期待したいと思います


ナイツ&マジック』は長編作品ですが、今回のアニメ化に際して物語というか、小説的な描写にかなりの圧縮を施されたかと。

大原さやかによるナレーションにより、幻晶騎士(シルエットナイト)の細かい製作過程や、敵国との関係や動き、アニメで描くと面倒な色々なところが必要最低限に圧縮されて視聴者情報として提供されたと思う。

原作ストーリーの違いが少しあったが、ほぼ大筋は変わらないし、1クール全13話で切りのよいところでまとめるとなると、こういう形になるかと思われる。

シリーズ構成であるベテラン横手美智子の手腕が大きく影響したのではないかと。

これを書いているのは最終回放映当日。最終話はかなりガンダム意識したところが多く、オマージュ要素を読み解くのが楽しいエピソードでした。

幻晶騎士3DCGによる戦闘シーンの描写は、マクロスアクエリオンなどで慣れた「サテライト」(+オレンジ)によるものなので、迫力のある仕上がりだったと思う。

1クールアニメ作品としては悪くなく、トータルで見れば良作以上の出来になっているので、これも円盤が売れて欲しい作品だと思っています


……で問題の『異世界はスマートフォンとともに。』ですが、自分放送からこの作品は1クールにまとめるにはかなり難しい作品だと考えていました。

そもそも原作大長編で、「なろう」の方の原作では大きな区切りとなるところはありますが、書籍版のHJノベルス最新10巻の方でもまだそこに達していません。

仮に今のアニメ放映のペースで区切りまで持っていくとなると、+1クールでも多分足りず、+2クールの全36話分ぐらいは必要になるんじゃないかと思っています

なのでストーリー的には半端なところで終わると思われる作品ですが、そういう意味合いも込めて、出来として考えると余り上手な作品ではないと。

そもそも問題として大長編作品を1クールにまとめる困難さがあると思います

とりあえずアニメ異世界はスマートフォンとともに。』の出来を今、論ずるよりはこの問題を抱えている今後アニメ化される可能性のある作品言及して思考した方が少しは建設的なのではないかと思い筆を走らせた次第。


今後「なろう」発の作品アニメ化が予告されているものがあります

自分が知らないだけで他にもアニメ化公表されている作品があるかもしれませんが、知っている限りの四作品を並べました。

(※ 2017年末に何か発表予定のある『ありふれた職業世界最強』もアニメ化されるのかも)

(※ 二期製作決定が発表されている『オーバーロード』は既にアニメ化されたということで除外)


異世界居酒屋「のぶ」』は、同じ系統の『異世界食堂』が好評だっただけに、比べられる後発の苦しさのようなものがあるかもしれません。

ただ同系統、つまり連作短編なので、ストーリーを1クールにまとめるのであれば比較的楽な作品になるかと思います


自分としては問題作だと考えているのは、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』です。

正直言ってストーリー構成の面から考えると、『異世界はスマートフォンとともに。』と同じような問題を抱えていると思います

まり1クールにまとめる場合の着地点は中途半端。かと言って、2クールでも全く足りない。仮に4クールやっても終わらないんじゃないかとか思うほど、すごく長いし、区切りの難しい作品です。

明確な区切りという点では「なろう」の方のオリジナルを読んだ限り、『異世界はスマートフォンとともに。』よりも今のところはハッキリしてなく、大筋のストーリーをずっと継続している感じです。

主人公目的の一つが「この異世界観光したい」なので、ある意味で終わりのないロードムービーをずっと続けている作品という側面が。

その為、区切りという観点から考えると、主人公の行動や目的が明確な終着点のあるものではないので、それが区切り邪魔をしていると思います


盾の勇者の成り上がり』はもしかすると1クールなら、そこそこまとまる可能性はあるような気がします。

書籍版の4巻〈ISBN:9784040663210〉、コミックスの8巻〈ISBN:9784040691541〉までを区切りと考えると、1クールの尺に収まるようにストーリー構成することは難しくないかも知れません。

俯瞰的ストーリーをなぞると要所要所で強敵が登場するので、うまく区切っていけば、1クールでも二期に繋げるようなストーリー展開も可能物語だと思います


そして変な意味ネット上ではネタ枠扱いもされている『賢者の孫』ですが、凄く強引にストーリー圧縮してまとめれば1クールで完結しちゃう可能性があるような気がしま(笑)

自分が読んだ限りは「なろう」の方の原作はまだ完結していませんが、ラスボス戦は近いので、それさえ終わればストーリー的には完結してもおかしくはないかと思います

作品的にキャラはそれほど多くなく、作中の(強くなる為の成長要素を加える為の旅のような)移動も多くないし、最初から強い無双系の主人公で、ストーリーシンプルなので、もしかすると構成次第では1クールで強引に圧縮してまとめることも可能ではないかと思いますが、『賢者の孫』という作品を知っている方々はどう考えますか?とアンケートしたいところ。

良い意味で言えばあっさり、悪い意味で言えば薄っぺら物語作品……と言えちゃうかもしれないので、もしかしたらアニメオリジナルな大きな改変を入れたりして仕上がる可能性もあるかもしれないと書いておけば、もし当たらったら予想的中とちょっと自慢できるかもしれないので続く駄文






……でここまでは書いたのは前提で、やっと本題に。

自分問題視した大長編の『異世界はスマートフォンとともに。』と『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』がなぜ1クールアニメとしてまとめるのが難しいのか、その問題を考えたいと思います


この二作品主人公最初から無双できるぐらいに異常に強いことが問題かと思っています

なぜかと言うと登場する敵よりも主人公の方が圧倒的に強く、作中では一応中ボス級の敵はそこそこ出現しますが、主人公相対的にみると強敵と言えるレベルでなく、簡単に倒してしまうので話の区切りにはならず、それがストーリー構造的な弱点になっているのです。

主人公が敵とのバトルで多少の苦労する、てこずるシーンはありますが、命の危機に追い詰めらるほどの切迫感はなく、主人公の心身の成長を余り感じず、物語区切りとなるピークに達しない状況です。

異世界はスマートフォンとともに。』と『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』では、自分が読んだ範囲になりますが、自分と同格以上の強敵と相対するようなことがありません。

多少てこずることはありますが、ちょっと別の手札を使えばあっさり解決みたいなパターンが多いと思います

「なろう」の異世界での無双パターンで、「無限収納四次元ポケット系)」「レベルMAX(もしくはレベル上限なし)」「瞬間移動(転移どこでもドア系)」「鑑定&スキル学習能力魔法)」「トンデモ錬金」あたりの能力定番ですが(強さには直接は繋がらないが「和食ではなく日本での食知識による無双」もあったりします)、これらの能力複数持っていると強さに限界がないので、ドンドン強くなっていきます

特にデスマーチからはじまる異世界狂想曲』は今後発売される書籍版の12巻以降に主人公の強さ(というか正確には能力)も極まってくる設定になってしまい、『ドラゴンボール』で言えばパターン化した展開である悟空は仲間が強敵と戦っている間は別のところにいるので遅れて登場するということが多々ありましたが、この作品でもそれを踏襲というはおかしいですが、そんなパターンを何回かやっています

主人公転移能力を持っているので、ある意味ではすぐに仲間のいる現場に来れるのだが、その状況が混迷し、もしくは登場が遅れるように物語が展開しています

遅れる状況を作り出すのに苦労している描写垣間見れ、穿った読み方をしたい方は、その辺りの描写を見つけて楽しむという変な方法があることを記しておきます


話が飛びそうになったので閑話休題

例を挙げて考えると、「なろう」発のアニメ作品であるRe:ゼロから始める異世界生活』は物語全体で考えると、中盤に「王選」という主軸となりそうなストーリー提示されましたが、アニメストーリーの終わり方を考えると、「王選」を考えた場合、結局のところ多少の同盟的な繋がりと、主人公意思を味方と敵に認めさせるぐらいのことしか結果達していません。

ただしストーリーの抑揚というか、物語の浮き沈みから見ると、主人公は中盤に絶望どん底に落ちるが、そこから這い上がって復活し、そして強大な敵を倒してヒロインを救ったことで、根幹のストーリーは余り進んでいないが、主人公の大きな成長をみせたところで終わったので、印象的には凄く区切りの良いところで終わった感じのアニメ作品になったかと思います

まあ1クールではなく、2クールというそれなりの尺を使ったことも大きいと思いますが、物語にキチンとした起伏があるからこその区切りとなったと思います


まり自分と同格以上の強敵、手強い中ボスラスボスを倒すようなシチュエーションを作り出していない作品は、区切りがないように感じると思います

ひと昔前だと、原作ありのアニメ化作品の中にはたまに、1クール枠の終盤に原作にはないアニメオリジナル強敵が出現し、それを倒して終わりを飾る作品結構あったかと。

しか継続連載している「なろう」の作品だと、アニメオリジナルラスボスキャラが登場するような事態は、話に齟齬が出来る為かそういう展開に持っていくことを避けている傾向を感じます

その辺りが足枷になっているし、原作物語の展開を兼ねて考えると、そういう展開にもできないジレンマかもしれません。


ここで視点を少し変えて、原作が既に完結している「なろう」系の作品ならアニメ化可能か?という問題提示したいと思います

「なろう」発の作品で、アニメ化が発表されておらず、かつ書籍版が100万部以上売れている作品自分が知っている範囲では二作品あります

無職転生
https://twitter.com/mushoku_tensei
転生したらスライムだった件
http://micromagazine.net/gcn/slime/

アニメ化した上でシリーズ累計100万部以上売れれば大ヒット作品と呼べる言われるこの業界異論はあるかと思いますが、一つの分かりやす基準として)。

書籍版の方はまだまだ出版が続いていますが、オリジナルであるなろう版はストーリーが完結している作品です。

作品ともに文庫ではなく、単価の高いソフトカバー出版されている作品で、まだアニメ化していないのにも関わらず、現時点でこれだけの売上を誇っています

これだけの売上を記録していれば普通アニメ化の噂も聞こえてくるかと思いますが、2017年秋の時点ではまだそれらしい話は入ってきません。

その理由は今までここで考察している通り、1クール枠では中途半端なところまでしか描けない問題を抱えているからではないかと思われます

もしもの話ですが、仮に2クール枠を用意できたとしても、ラストまでアニメ化不可能だと思われます物語を凄く圧縮しても4クールぐらいには)。

これだけの売上を誇っているのならもしもアニメ化した場合、売上ブーストがかかり倍増し、ファンが増えラストまでのアニメ化を期待する方も多くなると思います

ただこれら二作品ソフトカバー書籍版で20巻ぐらいにはなるかと思われる大長編なので、ファンが多くなればなるほど、更にアニメ化した上での目指す先がかなり高い場所になっているジレンマがあるのかもしれません。


この二作品ストーリー俯瞰すると、自分考察になりますが、『転生したらスライムだった件』より『無職転生』の方がアニメ化ハードルが高い気がします。

ネタバレな感じになりますが、『無職転生』の締めはよくあるパターンラスボス撃破してのエンディング……という感じではないからです。

しかすると書籍化にあたり、大きく手を入れて修正する可能性は高いかもしれません。

それを別に考えても、前半はかなり波乱万丈なストーリーで、区切りの良いところはどこだろうと考えると意外と難しく、ストーリー構成が難しくアニメ化の際の高いハードルになっていると思います


転生したらスライムだった件』の方は書籍化に際して、オリジナルであるなろう版には登場していない新しい中ボス級の敵が登場し、大きな相違点があります

それが影響しかなり設定が変わっているキャラもいて、その辺りのストーリー全体の構成の見通しが立たない限りは、アニメ化は難しいのではないかと思っています

逆に言えば2クール枠が用意できるなら、そこそこ切りの良いところである書籍である6巻か7巻(もしかしたら10巻の可能性も)あたりまで、アニメ化するようなプロジェクトが動いていたりするかもしれません(いい加減な期待値を込めた予想です)。


編集の手が入らず自由に書かれた「なろう」の大長編作品は、アニメ化する上ではかなり難しいものが多いのかも。まだ文章あるが文字数限界

そんなことより『サクラクエスト最終話

会長はかっこよかったよな。

2017-09-17

ここが駄目だったよRe:CREATORS

最終話

築城院真鍳ちゃん野放しだけどいいのか国外逃亡したしもうどうでもいいのか

官僚天下りしてハッピーエンドっぽい感じでいいのか

・被造物を安易に元の世界に戻していいのか

・多元宇宙論がどうこう言ってるが多分誰もちゃんと理解してないけど本当に大丈夫なのか

メテオラずっと残るらしいけどこれは世界の歪み的にはセーフな範囲なのか

適当に話でっち上げて終わらせたぜってセリフスタッフ本音漏れてないか

チャンバーフェス

・ソノウソホント奇跡を起こして解決物語的にどうなんだ

・真鍳ちゃん>アルタイル>>その他作中の全て みたいになってないか大丈夫なのかマジで

クリエイター雁首揃えて考えた攻略法アルタイルを倒すためにアルタイル下位互換を用意したましたは流石にショボくね

・セレジアの恋人カロンハゲにかました皮肉を見事にスルーするハゲ創作者としてどうなんだろうかお前の話ワンパすぎんぞって言われてるぞ

・トレパク疑惑のある絵師自分創作キャライチャイチャしてるのを真剣に見守る統率の取れた観客

承認力作中最強クラス 電車

そもそも承認力って何だったんだろうね

アルタイルベース二次創作から何でもありだぞというギミックに追加の説明は無かったですね

承認力で全部説明つくならステマしてバズらせさえすりゃスーパーシンジやU1みたいな感じで他のキャラチートし放題じゃねえか

・だが最強なのはからチートの真鍳ちゃんなのだ

デウスエクスマキナクラスキャラを都合よく使ってはいはい辻褄合わせましたよは本当よくないよ創作者の怠慢だよ盛り上がれないよ

ソレ以前編

・もう疲れたので一言だけ

あじゃらかもくれんきゅうらいすは台詞がダサすぎて何でバズったのか不思議でならない

・というか承認力による設定改変をもっと積極的にやれよそれがこの作品の肝だろ

・どうせ設定の雑さなんて浮き彫りになりすぎてこれ以上どうしようもないんだからもっと派手に動くべきだったんだよ

チャンバーフェスネタを取っておこうとしたんだろうがそれならもう1クールでまとめろよ

・22話って中途半端だな本当に


下駄

いやーとりあえず最終話終わりましたね。

ラストを見るまでは分からないという事で今まで色んな事言うのは我慢してきましたが流石にもう言います

ひどかったね今のアニメ

最終回で大逆転することはなくて、やっぱ駄目だったかとため息がでるような話でした。

とりあえあず個人的評価を100点満点で言えば40点ぐらいの作品でしょう。

そのうち大部分がネットでわいわい語り草にするのが楽しかった事による点数ですので、人に薦める場合の点数は100点満点で10点ぐらいです。

嫌いな奴に時間無駄に使わせようって時か、糞アニメ好きな人アニメ紹介する時ぐらいしか名前を出すことはないでしょう。

放送前の期待値は70点ぐらいだったのでそこからかなり下がってます

自分もまだまだ見る目無いなぁ。

1話の段階で「ん~~~~???これって伸びない可能性のほうが高いのでは~~~????」と思うには思ったのですが、それを放送前に感じ取れないと駄目ですね。

伸びないにしてももう少し低空飛行しそうに予想してたのですが、気づけば地中を潜っていたレベルになったのは予想外。

全体的な造りも荒いし細部の枝葉も荒かったですからねー。

たまーに細かい話を掘り下げようと頑張っていたのは見かけたんですが、世界観の造りが荒いせいかいまいちピンと来ない話ばかりになってた印象です。

そんな中でも作画音楽は頑張ってた事が多いと思います

「落とした?」としか思えない放送スケジュールもちょくちょくありましたけどねー。

内容の割にはリッチな絵作りしようとしてましたからねー。

そこまで頑張らんでいいのにと思って見てました。

あいいやこの辺で話終わりにします。

どこまでもやり続けるとヘボット放送時間なっちゃう。

2017-09-14

最後まで読まずに済ませられるようになった

無料マンガアプリで、最終話から数話とか最終巻だけ有料というパターン

我慢できず購入して読んだものいくらかある

が、最近はまあいいやとそこで読むのをやめるようになった

読まずとも察しがつくこともあり

年とっていろいろ諦めがよくなったこともあり

2017-09-09

https://anond.hatelabo.jp/20170909223048

うっそだろ

噂じゃなかったのか?>最終話1時間

 

マジだったわ

http://www.at-x.com/program/detail/8272

 

じゃあアソコまではいけるのか

OP同様ボ卿はチラ見せだな

anond:20170909183735

一応言っておくが13話までだぞ。後、最終話は1時間

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん