「お茶」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お茶とは

2017-08-21

https://anond.hatelabo.jp/20170821212209

そういう教育方法って、そういうお茶らけたガキひっぱたくまでがセットやと思うんやが

カフェインで腹が痛くなってると気づいた

コーヒー

コーラ

お茶

紅茶

 

何も飲めないなもう

水飲もう

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170819101153

「気付かなくてすみません。やって頂けるんですか? 助かります! あとでお茶いれますね」(笑顔)

って、"言うんじゃなくてテメーがやれ" をオブラートに包んで言えば正論いじめは減ると思う。

2017-08-18

性的差別

とある鰻屋での事。

テーブル席は満席で、座敷かカウンターしろと言われて、嫁とカウンターに着いた。

その時店のほぼ真ん中のテーブルには、ごついババアと親父が座っているように思えた。

他のテーブルも、夫婦や男同士で鰻を食していたのだが、何故か真ん中の夫婦らしき人達が気になった。

ババアの方だが、顔が汚いと言うか、ごついと言うか、化粧が汚いというか... あまりじっくり見るわけにもいかないので、

ちら見しかできなくて、もやもやする。背はかなり高そうだ。

ババアが、「美味しいわね...」等と発する声は、明らかに作り物の女の声色だ。

ノーマル夫婦が退席し、テーブルが一つ空いたので、

カウンターからテーブル席=ババア達の隣のテーブルに移らせてもらった。

セルフお茶を汲みに行くような素振りをしながらも、またちら見で確認してみる。

長い髪、下手な化粧、細い目というか小さな目(一般的なら大きく描くのだろうが)、

ごつい顔、腕についた筋肉サンダルからはみ出したでかい足は、やはり男のものだ。

話し方も女のそれではないし、声もなんだか「気持ち悪い」。

俺は性的差別者のつもりは無いが、「気持ち悪い」と「思うこと」は差別なんだろうか?

そういう人たちは、誰にも迷惑を掛けないのなら、非難されるいわれは無いわけだし、好きにやればいいと思っている。

でも、グロテスク人達に対しての気持ちは、やはり「気持ち悪い」 だ。

じろじろ見た訳ではないけど、確認しようという気持ちが働いている時点で、差別者なんだろうか?

そんな自分が残念だ。


相手の男の人の顔は見なかったけれど、30代半ばのような感じだった。

この男の人はどういうつもりで付き合っていたのだろう、とても気になった。

此処の鰻屋は2回目だったが、とても美味しかった。

2017-08-16

30年後、日本存在している気がしない

今日本が抱えている一番大きな問題って少子高齢化だと思うの。

これが起因していろいろな問題引き起こしてるけど、問題本質に取り掛からずに上辺だけの政策バカみたいに進めているよな。税金使って。

医療制度は過剰すぎるよね。もう病院行くと老人だらけじゃん。なんか老人からすればお茶飲みにきている感覚

でも1割負担で済むからなんてことはない。大量の税金をこういうところで消費しているのに、何の手も打たないよな。

しょっちゅう病院行くからちょっとでも体の数値に異常があれば、薬漬け。そりゃ寿命も伸びるわ。

税金を大量に投入して大量の老人を量産するこのシステム、いつになったらなくなるのか?

寝たきり老人とか、お得意様じゃん。病院からすれば。

もう寝かして機械取り付けておけば、大量の税金病院に入ってくるもんね。

すげーな、日本。こんなことにまで税金を湯水のように使えるなんて。なんて裕福な国なんだ。

そんな余裕があるなら年金は50歳から支給してくれよ、ベーシックインカム可能だろ。

平均年齢を税金死ぬほど使って引き伸ばす。

そして一般の働いている世代保証を削る。もう今働いている人にとっては年金制度崩壊してると思うんだけど、崩壊しているって言わないんだね。

老人は増えるけど、人口はどんどん減っている。

そりゃそうだわ。老人ばかりに税金投入して少子化対策まったくしてないもん。

必要不可欠なことすらやってないよな。保育所足りてね~じゃん。老人の寿命を引き伸ばすことより優先順位低いんだ、へー。

人口減の最中地方人口さらに減少する。

人口減を意図的に引き起こす政策をしておきながら、地方創生と称して癒着ゼネコンに金を流す。

すげーな、原因は無視して、上辺の政策100%無益と知りながら多額の税金を投入しちゃうんだ。

もう何?癒着企業政治家だけで金が回る社会マスコミもだんまりだぜ。

もう税金無駄遣い、極めに極めた安倍政権、すげーわ。

彼らのとっておきの秘策は「洗脳」だからなあ。俺らがんばってます。でも時代に逆らえんわーみたいな感じ?あらゆる国民(老人以外)に降りかかる悲劇しょうがいないの一言で済ますパワー。日本すげー。

人口減を逆手にとってさあ、企業とか人が足りてないことを経済政策うまくいきましてん、みたいな自分の手柄のように言っているよな。

F欄とかのバカ大学生、もう騙されまくりじゃん。安倍すげーみたいになってる。だからバカウヨバカにされんだよ。

日本という社会を取るのか、老人を取るのかって選択肢に対して、老人を選んだんだ。

政治家的には30年もてば自分は安泰と思ってるんだろう。議員年金でな。まずこっち削るのが筋だろうけど、自分らの優先順位1番だもんね。

このままいけばあらゆる政策機能しなくなる。

30年後って言ったら自分はまだまだ現役で働いているんだよなー。日本存在していて、自分日本にいるならね。

年金制度はもう今の時点でほぼ崩壊しているといってもいいだろう。30年後なんて100%存在してない。

遠くない未来、老人で溢れてインフラすら維持できず、老人だらけで企業生産性を維持できないか国際競争でも取り残される。てか普通に潰れる。

国民は老人だらけで保証のない社会明日自分も見えない中で消費なんかしないよ。これが起因して倒産ラッシュとかそんな次元じゃない悲劇が起こる。

防衛費なんて捻出できないか尖閣どころか、沖縄九州北海道はもう日本領土じゃないかもね。

きっついぜー、将来の何の保証もない老後は。さらに老人だらけの社会経済にっちもさっちもいかない状況だ。

そんな時代にヨボヨボのじいさんばあさんを雇ってくれる会社がどこにある?こんなやつらにできる仕事なんか自動化したほうがマシだ。

今の政治家は暗に「死ぬまで働け」と言っている。でも仕事がないんだよなー。

そんな未来を選んだ安倍政権、というか今の問題に着手してこなかった、この過去20年の間に政治に携わった人間はまぎれもない国賊だよ。

社会健全化するためにあるはずの政治が、国そのもの破壊するためだけに存在してるじゃん。政治家癒着企業の懐を潤わすことと引き換えにな。

日本死ねは、まぎれもない、政治家官僚の口から出た言葉だったんだよね。

将来の社会教科書に、日本を潰したのは今の時代政治家たちであると、名指しで記してもらいたい。

2017-08-13

古民家の台所

今日、某所に保存されている古民家を見てきた。

それは明治時代に建てられた養蚕農家の家で、普通農家の様にだだっ広い土間があるだけでなく、蚕を飼う為の二階部分があるのが特徴だ。

親戚の家が元養蚕農家なので、あの特徴的な外観の二階建の家は見慣れているが、これほどまでに古めかしい間取りの家を見たのは初めてだった。なんたって、玄関入ってすぐ右手が厩になっている。一つ屋根の下に家畜の住処があるなんて。

それ以上に目を引かれたのは、玄関から一番奥にある台所だった。

家の奥の壁に面している流し台の手前には竈があり、その前には囲炉裏があって、更にその前には大きな火鉢があった。つまり今で言うところのダイニングルーム・リビングキッチンが隣接しているというか、むしろほぼ一体化している。洗い物をする際は囲炉裏に背を向ける事になるが、煮炊きをしている間は囲炉裏ばたに居る人達と対面で話が出来る。そういう造りだった。

もし、囲炉裏ばたでご飯を食べている最中に喉が渇いたとしたら、三和土に降りて数歩で水道だ(古民家なのに何故か流しにはごく普通水道が引かれている)。あるいは台所で作業している誰かに「お水ちょうだい」といえば、はいよっとすぐにお水をくれるだろう。

私は、日本式の台所といえばもっと孤独場所、隔絶された、上は熱気がこもっていても足元は寒々しい様な場所と思い込んでいたから、あの古民家の台所の、玄関から囲炉裏にかけての大きな空間にきちんと溶け込み存在している感じを、とても意外に思ったのだ。

それで、これまでに私が見た事のある古い家の台所の様子を思い出してみた。父の実家、母の生家、祖母の生家、祖母の友人の家、夫の祖父の家。

どこも家の一番奥に台所はあって、そこは茶の間に近いもの廊下や戸で隔てられていて暗い。玄関からは覗く事が出来ない隠された場所だった。

それらで一番印象的だったのは祖母の友人の家の台所だった。

私はまだ5歳位の頃に、祖母に連れられてそのお宅へお邪魔した。祖母の友人が私たちを通したのは客間でも茶の間でもなく台所だった。

当時祖母の友人宅は増築をしたばかりで、ついでに台所もリフォームしたらしい。新しいシンクガスコンロにピカピカのナイロンの床。暗い奥まった所から戸を開けたら別世界のような暖かい光の溢れるキッチンに入るのである

広い台所の中央には作業用のテーブルはあっても食卓は無かった。その代わり、部屋の片隅にはなんと炬燵があった。私達はその炬燵に入ってお茶お菓子いただきながらおしゃべりをしたのだった。

祖母祖母の友人がおしゃべりを楽しんでいる間、お嫁さんが忙しそうに夕飯の支度をしていた。立ち仕事をするお嫁さんの足元にはファンヒーター。お嫁さんは一段落つくと炬燵に入って来た。

要はその台所は、古い家制度下において最上級の厚待遇で設えた女の園的な場所になっていたということ。家の他の部分とは隔絶された異世界なのには違いない。そこを使っていた主婦はそこを自分支配する城の様に思えたかもしれないが、自由は無い。

一方、明治時代に建てられた例の古民家のやけに開かれた台所で仕事をしていた人は一体どの様な思いで日々を暮らしていたのだろうか?非常に興味深いことだ。

年寄りの話によれば、養蚕農家の嫁というのは朝から晩まで蚕の世話にと酷くこき使われ、妊娠中でもろくに休みを与えられず、出産後はほんの数日で子供を取り上げられ働かされたものだという。

あいった開放的な台所で立ち働く人を、家族はそんなにも虐げる事が出来たものなのだろうか?それとも案外嫁は台所に立たずにどっか隅の方にでも追いやられていたのだろうか?

或いは古民家の建てられた時代女性は案外昭和現在よりまともに扱われていたのだろうか?

そんな事を考えた。

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810190537

はてなー天邪鬼病と謝ったら死ぬ病を併発している重症患者からね。

元増田の論旨はギャンブル依存症を生み出すという意味では競馬パチンコも同罪であるという点にあるのに、

「何が違うんだ?」と言われて、

「確かに違わないね、そうだ確かに同じギャンブルなんだからもう少し慎重になるべきだった、懐柔されてた自分が恥ずかしいわ」

反省すりゃいいものを、

ただ元増田問題提起に素直に乗るのは癪だ、

ただごめんなさい私が悪かったですと謝罪するのも嫌だ、

という汚れた心によってご覧の通りのブコメの反応になるわけだよ!

しかも、増田ウォッチャーの連中くらいならまあ半分ネタかとして見逃せなくはないが、

quick_pastやdeath6coinなんてのは横浜カジノ構想に反対してるし、

その反対の論拠はギャンブル依存症問題解決しない!とか言ってるんだからおいおいお前ら舌何枚持ってんだ?って感じだよな。

まあdeath6coinあたりはこういうこと言うと「あ、4枚ほどありますー」とか超つまらない返しでお茶を濁しそうだが。

2017-08-09

藁人形ですが、何か

ぶっちゃけて言うと、「キモくて金が無いせいで結婚できない男」と見られると世間体が悪いから、誰か結婚相手をあてがってくれないかなと思ってるだけで、

体裁が悪くないのであれば別に結婚もしたくないし子供も欲しくはない。自分の身を削ってまで、年々ババアになっていく女とガキを養いたいとは思わない。

ババアをあてがわれるよりも、若い女とエロいことしてたほうが楽しいに決まっている。

現に、キモくなくて金があるオッサンは大抵若い女と不倫したり、キャバクラ風俗遊んだりしている。

それを一生続けられるほど稼げるわけでも資産があるわけでもないし、金がなくても若い女と付き合えるほど容姿コミュ力があるわけでもないから、

せめてもの慰めでアニメとかアイドルとかAVお茶を濁してるのに、それすらイチャモンつけて潰そうとしてくるのかお前らは。

オナニーして死ね」と言っておきながら、そのズリネタすら取り上げる気か。

だったら代わりのズリネタを持って来いよ。こっちだって若い女とヤれればアニメアイドルAVでギャーギャー言わねえよ。

2017-08-06

anond:20170806220639

IT系にずっといるとその他との文化的な差に愕然とすることあるよな。

俺も今の現場ビルの同じフロアに入ってる非IT企業従業員とすれ違うんだけど、男は50代の古臭そうなおっさんばっか、女性従業員は若くて綺麗で制服着せられてお茶くみしてる(お茶を共有の流しに捨てに来てるのをたまに見るのでわかる)、というのを見てびっくりしてる。まだこんな企業日本にあるんだwって。

飲み物を飲んだ後にかならず、あ~という人がいる

ゴクゴク!あ~っ!

ゴクゴクゴク!あ~~っ!

うるさい

お茶を飲んでも味噌汁を飲んでもあ~、あ~、あ~言ってる

これもヌーハラと同じくハラスメントにしてほしい

https://anond.hatelabo.jp/20170805180926

イギリスでは料理は食べられればいい、美食を求めるのが侮蔑対象下品とされているか料理がまずいと聞いたことがある。

ティータイムはそうではないかお茶お茶菓子は美味いとか。

まりエロ下品と思っているか日本人エロがくっそ下手なのでは。

2017-08-03

保温戦争

所属するフロアには50名程の社員がいる。

皆外でご飯を食べる事が中々ないので、カップ麺、カップスープカレーメシ等を

食べる為に電気ポッドがよく利用されている(5リットルタイプが2つ並んでいる)。

そこで問題なのが保温の設定。

私は大体朝一番早く来るので、ポットに水を入れ98℃の設定にする。

でもお昼前になると二つとも90度に下がっている。

……誰かが下げているのだ。

インスタント食品に対して90℃は若干温い。

からまた98℃に戻す。

でも、また直ぐに90℃に下げられているのだ。

これはどういうことか?


98℃派 VS 90℃派


そう。フロアには98℃派と90℃派の二つの派閥存在しているのだ。

一時期80℃派という過激派がいたが、直ぐにケトルが導入され、

お茶飲む人はケトルを使用」という通達が出た。

そのケルト和平が結ばれた後、気が付くと5リットルタイプ電気ポッドが増えて2つなっていた。


これで解決されると思いきや、増えたことで争いがより明確になってしまった。

二つある電気ポットの片方が98℃、もう片方が90℃の場合でも、

両方共98℃に上げられるか、90℃に下げられている。


派閥特定しようにも、電気ポットは死角になっているので、中々温度設定を変えているところを見ることは出来ない。


いつまでこの状態が続くのか……。

噂によると3台目の電気ポットが導入されるとかされないとか……。

最近話題アダルトVR店舗をざっくり一巡りしてみましたよ?(8/4追記

アダルトVRに興味はあるが設備を整えるだけのカネは無く(全部で20万円以上かかるんだぜ)、しか時間はあるので、その手のコンテンツを試せるお店にいくつか行ってみた。現在アダルトVRを体験できる店は、自分の知る限りは次の三種類だ。

我ながら暇人だと思うが、とりあえずこの三つを一通り体験してみたので、軽く感想を述べてみたい。

VRゴーグルを置いているネカフェ

ネカフェそもそもアダルトコンテンツを楽しむ店ではない。楽しんでも良いが、本格的に楽しむことは歓迎されない店である

そういう訳で、ネカフェのVRはアダルト専用という訳ではない。「VRをとりあえず体験してみる」ための存在であり、幅広く(もないんだけど)集められた各種VRコンテンツ一種類としてアダルトも入れてあるよ、という程度。メインはどちらかというとミクさんに会いに行く方面だ。

いわばネカフェアダルトVRは体験版であって、とてもじゃないが実用に耐えるものではない。しようと思えばできる人もいるだろうけど、前述の通りネカフェでそういうことしちゃダメです。

個室ビデオ金太郎太郎グループのうち、DMM VRを導入済みの店舗

個室ビデオ店とは、ご存じの通りアダルトコンテンツを本格的に楽しむための場所である金太郎太郎グループはその大手で、最近都心の一部店舗DMM VRを導入したと宣伝している。

DMMはというと、これまたご存知の通りデジタルコンテンツ配信大手企業最近アダルト以外のコンテンツ配信しているが、元々はアダルトがメインで、現在もその方面では他の追随を許さない。昨年くらいからはVRにも注力しており、そのサービス名がDMM VRだ。

個室ビデオ大手コンテンツ配信大手の組み合わせと聞いて胸を躍らせない人はあまりいないだろう。自分もかなりワクワクで導入店舗に足を踏み入れたが、詳細を聞いた途端、期待はもろくも崩れ去ってしまった。選べる作品が少ないのだ。

誤解の無いように書いておくと、DMM自体はかなり多くのVR作品配信している。ところが、花太郎VRゴーグルには、その中の10作品程度しか入っていない。月替わりか何かで入れ替えるそうだが、作品の決定権は店側にある。ひょっとしたら店が選ぶのではなくDMMから送られて来るのかもしれないが、とにかく好きな作品自由に見られるという訳ではないのだ。何だか入ってた作品微妙だったし(これは偶々かもしれないが)。

これで「DMM VR導入!」と声高に宣伝するのはちょっとどうジャロという感じである。まあこのサービスは本当に始めたばかりのようなので、今後、DMM提携するなどのような驚きの展開があれば化けるかもしれない。

ちなみに、VRコースでもDVDを持ち込めるので、その点は良心的と言えなくもない。

SODVR公式店舗

SODはソフト・オン・デマンドという会社略称で、アダルトビデオ大手メーカーである。実写のアダルトVRに先鞭を付けたのは、事実上この会社であると言って良い。

冒頭にも書いたが、VRコンテンツの鑑賞環境を準備するのは本当にカネがかかる。

つの時代も先端機器を広めるのはエロだとかいう話もあるが、個人設備投資だけに頼るのは限界があると感じたのかどうなのか、SODはなんと自前で公式店舗を作ってしまった。店で体験してハマったら自分でも設備を整えるだろうという考えなのかもしれない。実にこう何というかスジの通った話である

公式店舗だけあってSODで制作販売しているVR作品はすべて鑑賞可能であり、作品数はこの手の店舗では2017年8月現在ダントツ。多いと言っても今のところ数十本くらいなのだが、それでもこれだけあればかなり楽しめる。女優シチュエーションもそれなりに広くタイプを押さえているし、何と言ってもきちんと本番までやっている作品が多いのが素晴らしい(本番という言い回しがわからない人はお父さんに聞いてみよう)。今後どんどん投入されてもいくだろうし、街でアダルトVRを体験したいなら、現状SODVR公式店舗一択といっても過言ではない。

あ、なんだかSODの回し者みたいだけど違いますからね、念のため。作品クオリティという意味ではKMPというメーカーにも興味があるので、KMPVR公式店舗みたいなものオープンしたら是非行ってみたいと思っている。しかし、あくまで現状はSODVRが頭一つ抜けている。

それと、VRゴーグルと一緒に、穴の開いたアイマスクみたいな奴を渡してくれたのは嬉しかった。これを顔に装着してからVRゴーグルかぶるようになっており、まあ下着みたいなものだ。VRゴーグル想像以上に蒸れて汗ばむので、こういう配慮は中々にありがたい。

で、結局アダルトVRはどうだったのか

というとですね。

うまく作られたアダルトVRコンテンツは、普通アダルトビデオに比べ、確かに圧倒的に没入感がある。その一方で、没入感が高いが故の違和感というのもかなりある。ひとことで言えば「目の前にあるのに触れない」というのがそれだ。

触覚が伴わないのは、例えばヴァーチャルコンサートのようなコンテンツでは問題になりにくい。

しかアダルトのような、密なコミュニケーション仮想体験するコンテンツでは大いに問題になる。だってさ、手を伸ばせば触れるところにある(ように見えるし聞こえる)女体に、実際に手を伸ばしたら触れないんですよ。こういうのは軽く脳が混乱してしまう。慣れの問題もあるかもしれないが、視覚聴覚の没入感は本当に大したものなので、触覚が伴わないのは本当に残念な訳である

ちゃんとしたレビューならこの辺は「可能性を感じた」という風にお茶を濁すところだろうが、可能性を感じるというのは、裏を返せば実用にはまだ遠いということでもある。まあ触覚フィードバック技術も開発が進んでいるので、そう遠くない将来に解決するかもしれない。しかしながら、現状はとにかく「あと一歩」感がすごい。

それから、これはアダルトVRに限った話ではないが、手元が見えないのは地味に結構ストレスだ。何か取ろうとするたびにゴーグルを取らなければならないのでは、興がそがれるどころの話ではない。DMM VRはこの辺も考慮に入れて開発が進んでいるが、善し悪しというのが正直なところ。特にアダルトではナニをアレする必要もある訳で、こういった面でもまだまだ発展途上なんだなという印象である

そうは言っても一度は体験してみようぜ!

いろいろと書いたが、一応最後に言っておきたいのはこれ。

確かにVRは発展途上の技術で、言ってみればまだまだのコンテンツが多い。けれど、それはユーザーの声が制作や開発の現場フィードバックされやすいということでもある。例えば、SODVR公式店舗にはアンケート用紙が置いてあるのだが、これはSODをはじめ、アダルトVRに関わる人たちの熱意の表れそのものだ。

制作側の熱意に答える方法は、とにかく体験し、感じたことをどんどん伝えていくことではないかと思う。そして総合的な熱量に比例して洗練されていくに違いないのである

から少しでも興味のある諸氏は、ぜひとも一度は体験してみてほしい。そして皆でアダルトVRを育てていこうじゃないですか。

あと、これ読んで「なにそこまで熱くなってんだよw」とか言わないでくれると嬉しい。


追記

いろいろとコメントをいただいたので、気になった辺りだけでもちょっと追記。


VRするのに20万円もかからないだろ

ご指摘通り、実写VRだけならスマホと安いVRゴーグルでも十分楽しめると思う。PSVRでも10万円くらいというのもそうですね。でもどうせ自分でVR環境作るなら、高スペックPCと高解像度ゴーグルが欲しいよね。VRエロゲもやってみたいし。とはいえ、最低でも20万円からみたいな書き方をしたのは軽率だった。すみません

ただ、スマホVRは本体をゴーグルマウントするためか、やたらと熱を持ちがちで、短時間使用じゃないとキツいという印象はある。スペックはともかく、個人的にはパソコンVRの方が快適に感じた(ネカフェスマホVRで、SODVRはパソコン。花太郎は何か単体のゴーグル)。画質については、店舗に置いてあるのは多分エントリーモデルなのでお察しというか、スマホパソコンもそこまで差は無い感じ。PSVRは未体験なので未知数。


眼鏡だとVRゴーグルは無理なんじゃないの?

ゴーグルの機種とか眼鏡デザインにもよると思うけど、案外大丈夫。自分眼鏡っ子ですし。でもまあ装着時にちょっとコツがいるのは仕方がないところ。


全周動画はVRじゃないだろ

おっしゃる通りかもですが、提供元がそう呼んでるし、世間でも概ねそういう認識なんだからとりあえず良くね? ダメ


SODVR公式店舗でナニをアレできるの?

業態としては個室ビデオみたいなもんだから大丈夫。実際にイケるかどうかは個人の趣向にも関わるので何とも。どんな作品があるかはSODのサイト確認できるので、気になるなら事前にチェックしてどうぞ。


追記2(8/4)

たくさんのブクマブコメトラバありがとうございます。VRって関心が高いんだな。せっかくなのでもうちょっとだけ追記。


アダルトVRの神髄はエロゲにあると思うわけだが

言いたいことはわかるけども、さら選択肢が少なすぎてどうにも。でも、アダルトコンテンツの行き着く先は、リアル寄りであれ二次元寄りであれ、エロゲの発展形になっていくんだろうとは思う。


PCの方がどう快適なのかもう少し詳しく

上で書いた通り発熱問題がほぼすべて(※個人の感想です)。パソコンVRも暑くなるが、スマホVRは極端に言うと猛暑スマホ動画ゲームを開きっぱなしにして、目の前10cmくらいに固定してみたら、少し感じがわかるかも。


店舗においてあるヘッドマウントディスプレイは何があるの?

VR機器に詳しい訳ではないので、機種まではよくわからない。少なくともVIVEとかOculusみたいなメジャーどころではなかった。触った感じ数千円レベルのものでもなかったと思うけども。おそらく実用になるクラスエントリーモデルといったところかと。


没入感って言葉だけじゃわかんない

ものすごく作り込まれ水族館トンネル水槽で海中気分を味わう感じ。まるで本当に海の中にいるみたいなのに、息はできるし体も濡れないし魚にも触れない感じ。アダルト関係無いな。


なんだライター

残念ながらライターさんではないが、確かに読み返すとステマっぽいな。お褒めの言葉と受け取っておきます。ちなみにSODVRの水城奈緒がなかなか良かった(蛇足)。

2017-08-02

https://anond.hatelabo.jp/20170802001234

女が一か月に何千円もメイクにかけなきゃならない不条理

会社纏足のようなヒール履かされ、お茶くみしなきゃ窓際に直行させられるような不条理

男に媚び売ることが絶対価値観

男は筋肉質でなければならない

長時間労働する義務

家族を持って養わなきゃならない社会からの重圧

矢面に立って銃弾を受けなきゃいけない風潮

少しでも弱みを見せたら付け込まれる常時闘争状態

 

この状況を自由意志の結果だと考えるなら

君はどこまで飼いならされるのだろうと

 

そもそも無視できないほどの数のフェミニストから「この状況を打破したい」と

その声が上がった瞬間に、

もはや彼女らが望むべくしてなった状況だとは思えないんだが

 

植民地時代白人

黒人最近権利主張してるが、あいつら『現に』奴隷から奴隷であることが好き』なんでしょ?」

と言うくらい、バカげた論理

2017-08-01

「よろしくお願いしますm(_ _)m」

こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m」

社内のLINEグループに流れてきたのだけど、これ書いてるの二人ともリアルではハゲてるんですよね。

お互いのハゲを見せ合う儀式みたいなものなのかなと思ったと同時にデスクお茶吹いてピンチ

2017-07-30

家族の思い出

 風呂掃除をしていてうっかりゾーンに入った。

タイルの目地を狂ったようにタワシで磨く行為を1時間程続けていたのだ。汗が眼に入った。脇から流れた汗がTシャツを通って腰に伝った。今日はよく晴れていて、風呂の窓からは蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。頭の位置を変えたら酷い立ちくらみがして、大きく長い息を吐いた。

普段まったく家事をしない。必要に迫られないとしない。そして「必要に迫られている」と感じるのが人よりだいぶ遅いようで、自分でも呆れる位、家事をしない。

今日、年に何度か訪れるこのうっかりゾーン最中、あることを思い出した。

以前、同居人がいた。2年と少しくらい一緒に暮らしていた。

同居人家事全般、とりわけ料理が得意だった。事情があって一緒に暮らしはじめ、事情があって家事はあまり分担せず同居人が一手に引き受けていた。家事が好きだから、好きな方がやればいいじゃない、と同居人はよく言った。色んな事情があったので、バランスを取るために自然とそうしていたのだと今では思っている。そして実際うまく機能していたと思う。

それでもたまに、何から何まで申し訳ないなと思うことがさすがにあった。そんなとき今日のように風呂タイルの目地を磨いたりしていた。家事が苦手な人の特徴なのか、自分の特徴なのかは知らないが、いったんやり始めると今日のようにうっかりゾーンに入る。一時間や二時間、平気でタイルを磨いていた。

そんな時よく同居人背中から声をかけてきた。「お茶のみませんか」「居酒屋さんごっこしませんか(揚げ物とビールを準備しているとき)」「お蕎麦屋さんごっこしませんか(日本酒卵焼き、板わさを準備しているとき)」。

背中から鬼気迫るものを感じていたのだろう。無理にとは言いませんけど、区切りませんか、そんなニュアンスだった。そんな時はたいていハッと引き戻されて「するする」と犬のように尻尾を振ってタワシを投げ出して、いい匂いを嗅ぎながらタオルで濡れた身体を拭いた。

今日タイル磨きをやめるタイミングを掴み損ねて、立ちくらみを味わいながらそんなことを思い出した。

 かつての同居人とは、何故かあるタイミングでお互いの事情が一致して暮らし始めた。

行為は付かず離れずしていたが、恋人ではなかった。友だちとも違った。同じ家で暮らして、一緒に起きて、一緒に食べて、一緒に眠る人だった。子供ができたらいいね、と年に何度か言い合うことがあった。動物として自然の流れでそうなったらいいね、という意味だ。自分同居人も、お互いについての感情は「たまたま一緒の檻になったライオン」のような温度だった。

恋愛感情が無かったわけではなくて、持っていた頃も多分あった。お互いそうだと思う。ただいろんな事情理由があって、結婚選択肢に入らなかった。それぞれが別の異性と遊んだりすることもあった。「浮気してくる」「異性と交遊してくる」と言って出かけることもお互いあった。気をつけてね。何時に帰るの。お互い自分自身をそんなに素晴らしい人間だと思っていない同士、そんな生活に不満は無かった。一緒に暮らし続けた。

 もちろん人間感情はそんなに陶器のようにツルンとしてないようで、色んな諍いはあった。お互い思った事を口に出す人間では無かったので(悲しいことだと今では思う)、喧嘩にはならなかった。言い争いの代わりに、子どもや猫のような抗議をお互いよくした。突然夜中に居なくなったり、家に帰らなかったり、メールに返信せずに心配させたり、寝たふりをして返事をしなかったり、料理をしなかったり、料理を食べなかったり。そんな小さいギザギザは数ヶ月に一度あった。それでも同居人とは同じ檻同士、基本的に信頼しあっていた。お互い求められた通りの心配をした。夜中の公園真冬に探し回ったり、帰ったら好きなお酒料理音楽が準備されていたり、心にもない優しい言葉をかけたりした。どうせ仲直りするのはお互い分かっていた。早くしたいとお互い思っていたのだ。諍いに限らずあらゆる事が、始まり方は子どもでも終わり方は大人だったと思う。

 一緒に暮らしから色んな事が変わった。そして、これは自分にとって驚くべきことなのだが、色んな事を学んだ。

まず、健康になった。皮膚や髪の毛の質、睡眠の質が変化した。これは食事がガラッと変わったので当たり前なのかも知れないが、自分には驚くべき事だった。風邪を引いたり、一日寝て過ごす事も減った。同居人が酒好きだったので、自然自分の飲む量は減った。酔っ払いが二匹居ては収集がつかないと思ったためだ。伴って体重も減った。

趣味世界物事視野も広がった。同居人にとって当たり前のことは、初めて知る事ばかりだった。色んなモノが世の中にはあること、それぞれの用途のこと。野菜ジュース野菜代替にならないこと。直火炭火焼きの違いのこと。季節の食べ物のこと。いろんなお酒が世の中にあること。いろんな方言のこと。悲しいとき運動をするといいこと。泣きながらご飯を食べられないこと。スーパー鮮魚を買うと捌いてくれること。沖縄本州で畳のサイズが違うということ。島の暮らしのこと。革製品の手入れのこと。

そして、自分にとって当たり前のことにも興味を示された。テクノエレクトロニカのこと。色んな漫画や本のこと。映画や芝居のこと。旅行海外のこと。色んな動物のこと。身体の変化のこと。変な服のブランドのこと。仏教イスラム教ヒンズー教のこと。お互いの好きな物を教え合ううちに教えられた方が詳しくなって、それが原因で諍いになることもあった。ばかっぽい。村上龍キャンプについてはそうだった。だいたい土日の昼間に料理を作っている同居人の周りをチョロチョロしながら様々な話をした。自分がこんなに話をする人間である事や、甘えたがる人間である事、そして人間に救われる人間である事。ある業界仕事をしていた時期から人間を信頼することは自分とあまり関わりがないと思っていた自分にとって、これは大きな発見であり変化であった。アルキメデス浮力発見した事に次いで偉大な功績だった。ユリイカ

そんな暮らしの中であっても、人間は変化する生き物なのだった。自分にも、変化のスピード生活を合わせたいと思う時期が訪れた。それで、同居はやめた。自分が変化したのは同居人との暮らしのお陰だった。それはとても辛かった。それでも、時間が経った今はあの決断をした自分は偉かったと思う。偉大な功績だ。ユリイカユリイカとして、正しいか死ぬ時まで解らない。

 多分ここまで読んで、同居人との関係性について嫌悪感を示す人もいるだろうと思う。我々は少しネジの緩んだ同士だった。誰にも理解されないような、子ども同士の暮らしみたいな生活が好きだったのだ。毎日親がいない家みたいだった。ヘンゼルとグレーテルのようだった。一般的理解できないものを受け入れることが、わりあい得意な人間同士だったんだろうと思う。人間は変化するので、多分いま暮らしても同じふうにはならない。でも、かつての同居人は今でも家族のような感じがする。かつての同居人もそう思っている気がする。うまい言葉が見当たらないが、belongしあっているという感じ。今でもたまに顔を合わすと、たまに会う親戚のような顔をされる。元気にしてるの、ごはん食べてるの、ちゃんと洗濯してるの。言葉にはしないけれど眼から発信されてくる。

 先日、会社女性に「彼氏同棲しようかなって話してるんです」と言われた。相談ではなく背中を押して欲しいだけなんだと表情から伝わった。なので、「同居はいいよ」と無責任なことを言った。こいつの責任を持つ筋合いはない。「同居はいいよぉ、まいンち、楽しいことしかないよ」。

 同居はいいよ。毎日楽しいことしかないよ。

 家族になるっていいよ。

 同居をやめたのは、今日みたいな夏の暑い日だった。突然ひとりにした。突然ひとりになった。「素直に言ってくれてありがとう」という言葉。「がんばったね」。依存しあうものが無くなったあの開放感と、途方もない悲しさ。同居人が見えなくなるまで距離を取ってから階段でめちゃくちゃに泣いた。部屋に入るまでもたなかった。汗と涙と鼻水がごちゃごちゃになった。蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。鼻の奥がずっとツーンとして、酸欠になって頭がくらくらした。一人にしないで一人にしないでと布団の中で喚いた。相手のほうが思っていただろうと思う。だから相手には言えなかった。血縁上の家族以上に大切だった。人工の家族だった。相手可哀想から、という感情共依存だと知っていた。お互いの変化を阻害すると知っていた。だから行動に移した。自分のために手放した。相手理由にするのは相手を一番傷つけると知っていた。対等な人間関係でありたいと願う、自分に残った唯一の正義だった。

何を見ても同居人連想する日々が続いた。何をしても楽しくなかった。食事の質が落ちたせいで体調も変わった。それでも不思議と、死んでしまいたいとは思わなかった。悲しい事に集中すると、他の事に集中しすぎずに済んだ。なんていうか色々捗った。ロボットのように仕事食事や人付き合いをこなした。こんな辛いことを乗り越えたのだから、何があっても生きていけるだろうと、直感理解した。悲しいとき運動をした。泣きそうになったらご飯を食べた。あれからだいぶ時間が経った。何かを見て同居人を思い出すことは、今では殆ど無くなった。

それで今日風呂場でうっかりゾーンに入って思い出した。

人間記憶はすべて熱量だと思っている。同居をやめてから、変化に対応していくなかで、たくさんの記憶熱量エネルギーに変換して生きてきた。変換したら消えていく。記録と事実は残るが、涙が出るような、胸が痛むような熱量は、失ったら二度と戻らない。

あらゆる事について、もう少し若い頃はこの「失っていく感覚」「燃えていく感覚」を怖いと思っていた。なるべく残したくて、よくテキストにしていた。いつからかそんな執着は無くなり「燃えているな」「もう二度と会えないんだな」とまっすぐに見つめるようになった。何かを決断した自分が得た変化の一つだ。燃えエネルギーを、これから別のなにかに注ぐ事。もう二度と出会えない分だけ、新しい事が入る余地が出来るんだろう。望むと望まざるに関わらずだ。

もう思い出す種火が少なくなっているのかもしれない。タワシを洗いながらそう感じた。消える前の焚き火を思い浮かべた。少しくらい残したっていいだろう。それくらい愛していた。自信をくれたのだ。自分で作った人工の家族の思い出の事。嘘は一つも書いていないが、自分同居人性別や年齢や重要なことは書かない。

同居はいいよ。毎日楽しいことしかなかったよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170730092259

キモさと貧困が結びつけられて議論になるのは良いことだよね。

容姿言動キモいことと生活水準には明らかに関係があるのにお茶を濁してきたからね。

平日昼間の浜松町駅ってもうすぐ定年くらいのおっさんでもタッパあって整った顔しててやっぱ顔だなあって思った。

2017-07-29

かーちゃん「りんご食べる?」

かーちゃん 「りんご食べる?」

わい「いらん」

・・・

かーちゃん「はいりんご

---

かーちゃん「お茶のむ?」

わい「いらん」

・・・

かーちゃん「はいお茶

疑問形をなんだと思っているのか。

ネスカフェ通販サイトがひどい

よくテレビネスカフェアンバサダー♪ってやたらリズミカルCMしてるでしょ?

私は職場お茶係をやっていて、その一環でネスカフェアンバサダーを利用している。

年度初めにそこの通販システムが入れ替わったようなんだけど、そのシステムエラーだかトラブルだかがとにかくひどい。ひどかった。

トラブルが発生してると噂には聞いていたけど、先日私にも被害があったので、増田に書き捨て。

ネスカフェアンバサダーっていうのは、コーヒーを淹れる機械無料で貸し出す代わりに、

コーヒーお菓子を何ヶ月かに1回は買ってね、という制度である

アンバサダー」なので他の部署等にも紹介してね、という面もあるけど今回は関係ないので省略。

要はコーヒー粉の定期購入コースである

定期購入と言っても必ずその頻度(1ヶ月に1回など)で購入しなければならない訳ではなく、

今月は余裕があるから見送りということもできる。

システムトラブル前は、発送の20日前に注文確認メールが入り、10日前までに手続きがなければそのまま発送という仕組みだった。

在庫確認し、その月のコーヒーが間に合いそうならばサイトアクセスして今回は見送りする手続きを取ればOKだし、

コーヒーが足りないならばそのまま発送してしてもらう。

だけど盆暮れ正月サイトメンテナンスに入るためか、サイトそもそもアクセスできなくなるので、

発送のキャンセルが出来ずに痛い目を見ることもあった。そこは融通が利かないと思いつつ、盆暮れ正月から仕方ないと思っていた。

ここ2ヶ月ほど、ネスレからメールが届かないなとは思っていたし、システムトラブルが発生していることも知っていた。

だけど夏なので、ホットコーヒーはあまり売れず、しばらく注文しなくても十分だと思って放置

今にして思えばこれがいけなかったのだが、気づいたところで対処できたかからない。

7月25日、これまで音沙汰のなかったネスレからメールが来た。

要約すると、「システムトラブルが直ったので、今まで滞っていた注文のお品を発送します」。

ここで焦る。これまでは20日前に注文確認メールが来ていたのに、当然それもなし。

慌ててネスレ通販ログインして注文状況を見ると、7月18日と19日に注文したことになってる!しかももう発送済!!

確かに2ヶ月間モノは来ていなかったけれど、だからって注文の確認も入れずにすぐ発送してしまうのはおかしくない?

実際に次の日(7月26日)、また次の日(7月27日)にコーヒー粉が届いて、困惑した。

困惑するだけじゃ駄目なので、コールセンター電話したり、メールフォームから問い合わせしたりしたけど、音沙汰なし。

Twitterなどで情報収集したら、全く同じような状況の人が複数いることが分かった。

私の場合は「連絡もなく勝手に届けられた!」という怒りだけど、「1ヶ月前に注文してまだ来ない!」と怒っている人もいる。

結局根のところは同じで、通販サイトシステムトラブルで注文の状況とかがしっちゃかめっちゃかになっているんだと思う。

聞けば、サイトログインすら出来ない時期があったらしく、私がコーヒーが来ないことを不審に思って

通販サイトアクセスしても、結局何も出来なかったかもしれない。

(気づいたところで対処できたかからないとはそういうこと)

システムトラブルサイト内だけで留まるのであれば良かったけれど、これは通販システムなので、顧客お金が多少なりとも絡むことである

しかも、ネスカフェアンバサダーを利用している部署は、部署内でお茶代を一定徴収したり、あるいは1杯何円として飲んでもらったりなど、

個人一人ではなく、部署内の人間お金を出し合い運用しているところが多いと思う。

それを注文したのに来なかったりとか、あるいは確認もなく送りつけるなどされると当然迷惑だし、信用をなくしても仕方ない。

現に、私の職場ではネスカフェアンバサダーを辞めることにした。

コーヒーを淹れる機械自体は6,000円程度で購入できるし、近隣のスーパーコーヒー粉代を調査したところ、

通販サイトより少し高いくらいであり、今回のようなトラブルがあるくらいなら自分たちで買ってきた方がよほどマシとの判断である

ちなみに、届いてしまったコーヒーについて、1ヶ月分は仕方ないのでお茶から支払い、

もう1ヶ月分はコーヒーをそれなりに飲む我が家で引き取ることとなった。

ITに強いはてなーはどちらかと言えばシステム中の人に同情すると思うんだけど、

利用者勝手に送りつけてお金も余分にかかってすごく腹が立ったという出来事でした。

https://anond.hatelabo.jp/20170729151353

病んで当然お茶ってのはね世界各地の農家のみなさんがね除草剤をわんさかかけながら育てた物質から

新入社員で入った会社精神障害で辞めた。

よくわからないけどなんか微妙なことしてるらしくて、

咳払いとかすごくて病んだ。悪口言われるし。

飴とか配ったけどよくわからないままで頭の中がおかしくなってって、

2か月目で病院に逃げ込んだ。


新入社員は朝イチで会社に来てお茶くみしなくちゃいけなかったらしい。

自分常識がなかった。親のところは当番制だったから気付かなかった。

景気悪かったのに新卒採用蹴ったようなもんだから馬鹿でした。

2017-07-27

石原真理子弁当お茶万引き

石原真理子コンビニ弁当お茶万引き」っていうロジックそもそもオカシイ

石原真理子お金を払って買っていった」ことがニュースになるのならワカる。

石原真理子」は彼女が欲するものすべてを受け取る存在

「対価」とか「許されてる」とか「貢ぐ」とかそんなレヴェルではない。

「受け取るべき」でもなくただ「受け取る」存在

以上である

https://anond.hatelabo.jp/20170727154846

元増田ができる人であった場合彼女記述を信じるとすればかなりできる人だと思う)、こんなにできるのにお茶くみOLなんてもったいない、とかなんとかいう人は、一定数発生するよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170726114000

既に結婚してて、収入も平均あるお茶汲みOL

努力不足のくだり、いったいどういう状況で言われるんだろ?

職場にひとり変なのが居て……というのならわかるんだけど、

昔のお前は頑張りが足りない、金が無くても必死でやれば出来たはず、みたいな

今更言われてもどうしようもない、ひたすら不毛説教をする奴が複数居て

それがしばしばあるって状況が、俺の人生経験足りないからなのかちょっと信じられなくて、

他に何か書かれていない事があるのではと思ってしまう。

安倍に対しては疑惑に向き合っているかが問われているとお茶を濁すはてな民

蓮舫全然向き合ってこなかったのに、それは差別すり替えはてな民

びっくりするほどのダブスタ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん