「戦前」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦前とは

2018-07-18

靖国神社国家神道)とオウム真理教

靖國神社明治2年(1869)6月29日明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っています

明治維新天皇が作った神社なんだね。

 

戦後GHQ1945年12月15日神道指令を発布した。

GHQは、占領間中靖国神社の存続の容認を苦慮している。

信教の自由観点から、慎重に時間をかけて調査している間に、国際情勢が変化し、アメリカは、ソ連を中心とした共産主義国家に対抗することに外交政策軸足を移した。

靖国神社の存続容認に、いわゆる逆コース、もしくは、「日本の非軍事化民主化の促進に重点を置いた政策から日本共産主義国家に対抗するアメリカ同盟国に変える政策」という政策変更が、作用したと見られている。

 

GHQによって、日本戦争に駆り立てた宗教神道)は禁止されたけど、アメリカソ連冷戦で、見直しになった。

GHQ靖国神社OKにした。

外国から見ればA級戦犯でも、日本人にとっては同胞なので、日本人も靖国神社容認/参拝している。

 

オウム真理教事件を起こしたが、信者たちはいまだに教祖尊敬している。

オウム信者と昔の日本人は、似ている部分もありますね?

 

anond:20180718205646

2018-07-15

anond:20180715095418

サンクス。これで検索できる。

というか、戦前から加速器はあったんだな。ハイテク最先端イメージだったからとても新鮮だ。

しばらくここら辺、ウォッチしてみる。

2018-07-13

元々フェミニズム男性を敵視する思想ではなかった

戦前平塚いちょう女性解放論などを読んでみれば、それは男性を敵視する思想ではなかった。

フェミニズム思想が変化したのは1970年代ウーマンリブから

それまでエリート女性だけの思想であったフェミニズム大衆レベル女性まで広がったことが大きな原因。

男に恋愛対象にされないブスな女たちによって、フェミニズムは男を敵視する思想に成り下がってしまっただけ。

戦前フェミニズムは、夢物語のような思想を主張しているだけでもいいような面もあった。

戦後、実際にフェミニズム思想を実現する段階になると、男を敵視するような施策政策をせざるを得なくなっただけとも言える。

その意味では、フェミニズム思想もそれほど高尚なものではない。

2018-07-12

日本サッカー代表全体主義キモ

テレビサッカー日本代表に関する論調ものすごく戦前戦中の全体主義を想起させられて気持ち悪い。

大人からね?テレビ局も高い金払って放映権買ってるから盛り上げて視聴率とらないと、ってのはわかる。

わかるがm全国紙大本営発表肯定的に煽って報じてた戦時中記事を読むの同じ違和感を感じる。


あるいは、こういうところでナショナリズムガス抜きをするのがサッカー役割なんだろうか。

2018-07-09

屈辱する」

2014年竹田恒泰ツイート話題になったっぽいけど、

https://twitter.com/takenoma/status/432081537299779584

それ以前から使われているというような記述もあり、

関係ないけど、「屈辱する」という表現がどうも気になって一般的なのかどうか調べてみたらなんかいわゆるネトウヨの皆さんが多用する表現っぽい。

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20140215/1392446610



Twitter検索してみると、

https://twitter.com/search?f=tweets&q=%22%E5%B1%88%E8%BE%B1%E3%81%99%E3%82%8B%22%20until%3A2012-01-01&src=typd

2010年から急に出てくる。

ネトウヨっぽいツイートは多いけど、それだけでもない感じ。

https://www.google.com/search?q=%22%E5%B1%88%E8%BE%B1%E3%81%99%E3%82%8B%22&tbs=bkv:p,sbd:1&tbm=bks

Google Booksでは戦前の本がいくつか引っかかる。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~tanomura/kwic/aozora/

屈辱する」で検索してみるも青空文庫には無し。

うーん、どう解釈すべきだろうか。

医療関係者モラル - 看護師倫理教育歴史

https://anond.hatelabo.jp/20180709055614

の続き

 ダニエル F.チャンブリス著、浅野祐子訳「ケアの向こう側 看護職が直面する道徳的倫理的矛盾

 この本は、病院フィールドワークを行い患者医療者に起こっていることを目の当たりにしたことをもとに書かれています目的は「ナース日常業務の中で倫理的問題をどのように捉え、対処しているかを、詳細に、かつ弁護できる程度の一般化をもって記述すること」です。

 第1章は、「ナース世界、すなわち病院は、一般社会とは全く異なる道徳システムを持っている。病院では悪人でなく善良な人がナイフを持ち、人を切り裂いている。そこでは善人が、人に針を刺し、肛門や膣に指を入れ、尿道に管を入れ、赤ん坊頭皮に針を刺す。また、善人が泣き叫ぶ熱傷者の死んだ皮膚をはがし、初対面の人に服を脱ぐよう命令する」といった衝撃的な言葉で始まり、「一般人にとって身の毛のよだつ残酷物語もここでは専門家商売なのだ」と続いています

 確かに病院一般生活とは異なる独特の世界がありますしかし次第にそれが普通のこととして「日常化」され、業務は「ルーチン化」されていきます。チャンブリスはこの「ルーチン化」とともにナース感情は平坦化し、そこで生じる出来事に対する感受性も失われていくと述べています患者さえもそのルーチン化に含まれていきます患者は人としてではなく、一つのケースとしてしか認識されないようになるのです。その結果、ナース患者に生じる多くの倫理的問題道徳的問題認知しなくなっていくのだと分析します。

 しかし、倫理的問題こそナース積極的に関っていくべき必要があるはずです。なぜなら、ナース患者擁護する立場にあるからです。アメリカでも、アメリカ看護協会(American Nurses Association )による「看護師の倫理綱領( Code of Ethics for Nurses)」にそのことが明記されています

看護歴史倫理に関する書籍の紹介

 こういった事実を知っているかどうかで、未来は大きく違ってくるはずです。まずは、女性から看護師だから、そういった犯行は起きない、という偏見先入観を捨てる必要があります

 それどころか、むしろ看護師という職にある限り、必然的モラル倫理的に気が付けば滅茶苦茶な様態になる職だと認識し強く自覚し、教育をしていくことが必要です。

歴史の浅い日本看護職、その虚飾


 根源的には人類共通の「死と病への畏れ」があり、日本においても仏教思想的な浄・不浄・穢れの概念から科学が発達していない時代に、やはり皮膚・血や体液・死を取り扱う医師助産師看護師、洗濯、理髪は賤業と見なされていた。(ヨーロッパでも同様に血を扱う理髪師兼外科医

 それゆえ、日本近代的な専門職としての看護の始まりにおいては、やはりナイチンゲールの「白衣の天使」というイメージを輸入し、キリスト教徒信心深い修道女禁欲規律使命献身と清純のイメージを全面に打ち出し、「聖**看護学校」「聖**病院」「**マリア病院」、はたまた教会修道女の誓い(神との結婚まり禁欲貞操の誓い)を真似た宣誓と戴帽式といった、実際には看護師はキリスト教徒でもなく修道女でもないのにも関わらずそのイメージ一般大衆に植えつけ印象付けてきた。

 中身と行動が伴っていない虚飾はまったくの茶番

 問題なのは日本看護はその上っ面のイメージ形式だけを輸入し、本質的な使命と人間性道徳教育倫理観を輸入し損ねたことだ。欧米文化圏では文化的に刷り込まれているキリスト教道徳価値観倫理観すらも持ち合わせていない日本で。。。

 そもそも現代日本看護教育は、戦時中軍隊式日赤十字従軍看護婦養成伝統をそのまま引き継いできてしまったものだ。

日本では戦後長らく,看護研究に関する倫理問題はおろか,「看護倫理一般についての空白期が1980年代初頭まで続いた.かつて日本看護師には,清楚さ,奉仕精神医師への従順さ,組織への忠誠,規律と秩序の維持等の,専ら内面的な美徳を備えた者であることが期待され,それに応答することが看護倫理であった.しかし,戦後民主主義が浸透し,経済的に豊かになる中で,過去看護師像に対する強い反発と反動日本看護界に広まり,抑圧された過去看護師像を想起させる「看護倫理」そのもの敬遠されたことが,この空白の背景にあるといわれる.その結果,米国では1960年代からすでに看護研究に伴う倫理的課題に対する積極的応答が看護界全体においてみられたのに比して,日本看護界における対応1980年代中頃になるまでほとんど皆無であった.

http://homepage3.nifty.com/cont/42_2/p519-30.pdf


この時期(1951-1966 年)の看護倫理に関する教育内容は、「ナイチンゲール誓詞」などの倫理規定のほか、看護師にとっての礼儀作法、心構え、守秘義務、対人関係など、戦前の流れを引き継ぎ美徳中心であったとされる。

1967 年の指定規則改正では、看護学が基礎科目と専門科目に分けられて体系化がはかられる一方で、「看護倫理」という独立した科目は削除された・・・

この時期(1967-1988 年)には、1967 年のカリキュラム改正前の看護倫理は、看護婦としての心構えや人類愛、使命感、奉仕などの精神性で貫かれており・・・

1989 年に指定規則改正されたが、このとき看護倫理を「看護概論」の中に含むという「注」も削除された。これによって、看護倫理に関する記述指定規則から全く無くなり・・・

1996 年の指定規則改正でも、看護倫理に関して独立した科目は設けられていない・・・

2002 年に出された文科省看護基礎教育の在り方に関する検討会報告「大学における看護実践能力の育成の充実に向けて」(文部科学省, 2002)の中では、人間尊重擁護方法について「看護職者は、対象者治療及びケアを受ける過程で遭遇する具体的な場面で、常に、その人の尊厳権利擁護する立場で行動できることが不可欠である」と述べられている。また、その教育方法についても「学生自身がその意味に深い関心を持ち、看護職者が対象者権利擁護者として機能することの意義を追求できるよう、具体的な看護事象を用いた演習を組むなど、学生同士の討論や患者などの対象者などから学ぶ方法採用することが大切である」とされている。さらに、人間尊重について「対象者立場に立つこと、個人文化背景・価値信条理解意思決定必要情報提供自己決定権人間としての尊厳人権尊重インフォームド・コンセント実践支援プライバシー保護個人情報の取り扱い、セカンドオピニオンの意義などについて」と具体的に言及し(た)

https://www.osaka-med.ac.jp/deps/dns/pdf/zasshi/09.pdf

 プライバシー尊重とか超超基本的倫理についてやっとここ数年になって看護教育の課程に組み込まれただけ、以前は全くありませんでしたとか、冗談かよ、な状態

 恐ろしいことに本来あったり前の守秘義務でさえ、看護師においてはほんの10数年前まで存在してなかったというお粗末さ。

秘密の保持に関する保助看法上の条文は法 制定当時にはなかったが、平成 13 年(2001) の法律第 87 号で第 42 条の 2 として新たに追加されたものである

今の30代以上の看護世代…そしてそういう世代から教わる今の看護師達。

日弁連日本弁護士連合会)も懸念表明

 ところが,我が国には,このような基本的人権である患者権利を定めた法律がない。

そのような中で,今日我が国医療は様々な場面において多くの重大な課題を抱え,患者権利が十分に保障されていない状況にある。

...

ところが,いまだ,患者権利に関する法律は制定されていない。

...

 日本医師生命倫理懇談会による1990 年の「説明同意」についての報告も,こうした流れを受けたものではあるが,「説明同意」という訳語は,インフォームド・コンセント理念を正しく伝えず,むしろ従来型のパターナリズムを温存させるものであるとの批判を受けた。

http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/organization/data/54th_keynote_report3_1.pdf

看護師=モラル高い人達」という幼稚な幻想や、看護師が何か問題を起こせば「環境による被害者」という風潮を、周囲やメディアも含めて、煽り過ぎている現状があります

 今日日本では、医療現場のみならず、世間一般の中にも無知蔓延し、患者の当然の権利を「モンスター患者」の一言黙殺しようとする風潮がある、とまで言える。

続く

https://anond.hatelabo.jp/20180709080702

2018-07-08

危険思想を取り締まることの是非について。

日本では憲法によって思想信条自由保障されているので、思想のものの是非を問うことは出来ないという建前になっている。

怪しげな新興宗教団体がどんな危険思想を持っていても、それを国家(=警察)は取り締まることは出来ない。

松本サリン事件地下鉄サリン事件のような大事件を起こしたとしても、事件を起こしたこと自体犯罪として取り締まることは出来ても、事件を起こすことになった背景としての「思想」を取り締まることは出来ないのだ。

1995年5月に麻原死刑囚執行済)が逮捕された後、オウム真理教破壊活動防止法適用して解体する、なんて話もあったけど、結局無理だったよね。

オウム真理教がなぜあんな重大事件を起こしたのか、未だに理解できない人が多いかもしれないが、裁判宗教学者達の分析によって、一応は答えは出ている。

タントラヴァジラヤーナの教えというものがあり、簡単に言えば要するにこの世で悪業をなした人は、グルの導きによってその魂を天上界にポアすることができるというもの。これによって、グルが認めさえすればその人の魂を奪ってもそれは罪にはならず、逆に善業になるという論理である

この考えを応用して、教団の人間以外の悪業をなした大多数の人間最終戦争アルマゲドン)によって粛清し、新人類理想郷を作り、自分達がその世界の神になる。

その理想実現のために、東京を大混乱に陥れようとしたというのが全ての真相

荒唐無稽だ、と言えばそれまでなんだけど、実際にオウムはその思想を基にあのような事件を起こしたわけだ。

今、戦後日本が手に入れた思想信条自由の考え方が、足かせになってしまっているのではないか

考えてみれば、戦前日本共産主義者弾圧アカ狩り)とか、危険思想と見なされたもの弾圧普通に行われていた。不敬罪なんてシロモノもあったっけ。

戦後まれ私たちは、思想信条自由なんて当たり前の価値観だと思っているけど、わずか70年の歴史しかないのだ。

危険思想であっても、容認しなければならないのか。オウム問題本質はここだと思う。

2018-07-03

anond:20180703131243

日本野球場合は、戦前から続く長い歴史の積み重ねがあるわけだからね。

サッカーは、Jリーグが創設されたのは1993年と、まだ25年しか経っていない。

セリエA創設が1929年、ブンデスリーガ創設が1963年と、欧州プロサッカーリーグ歴史と比べると若すぎる。

日本サッカーは、高度成長以前の段階。

高プロ法案の先の未来って1930年代日本だよね

東大だかの社会学者が書いた戦前日本の、今で言う勝ち組増田クラスエリート(現在で言えば700〜1200万くらいの年収の人たち)の家計収支から当時の物価経済状況と合わせて考察しながら

当時のアッパーエリート生活を調べたがある

ちなみに現在年収格差は約二倍程度と言われてるが、1930年代当時の年収格差はなんと驚異の350倍(年収300万円以下が国民の97パーセントくらいで残り3パーセントが平均年収11億の計算)

増税に次ぐ増税対象となった家庭の家計崩壊していく様が手記と家計簿が淡々と記録が書かれていく様が物凄い無機質で怖い

そして彼は、破産して会社(今でもある某財閥商社)をクビ(しかロックアウト)になった挙句徴兵を迎えて戦争

その後どうなったかは気になる増田図書館へ探しに行こう!

下手なホラー映画小説より背筋が凍りつくからおすすめ

2018-07-01

みんなのために魔法少女になってよ!に騙されたスーパーマンの行き着く果て

バカ老害はみんな「オレを優遇しろ、金が欲しい、努力はしたくない」しか言わないわけで

ましてや世論調査アンケート取ったらみんなそう言うにきまってんだろと

で、そのアンケート通りにやってバカを図に乗らせて政権取ってやってきたら、日本アッパークラスエリートが、働かないでぶら下がって金もらいたい無能のために特攻死して使い潰される地獄ブラック社会になりましたよって事

選挙で勝つには教育問題なんて取り上げる必要がないからどんどん予算が削られる

結果が国民識字率学力も低下する現状

バカ無能が増え、そのバカ政治要求する事は

バカでも優遇される政策、ただ黙って無能代弁者に票入れればスーパーマン死ぬまで俺らの食い扶持稼いでくたばってくれて、ぶら下がって楽できる社会の構築」な訳で、それでどんどんダメになっていく

戦前日本民度が低く、米英との戦争国民自らが望んで騒いでて、真珠湾攻撃を大喜びしていた

日本の前途を案じていたり、破滅を予想していたのは一部の識者や本当に賢い人間だけだった (故三笠宮殿下言葉が有名)

バカを図に乗らせてスーパーマンたちを人柱にして維持している国家の末路を70年前に見た筈なんだがな

2018-06-30

anond:20180630235154

何か戦前とかならまだしも、現代の話としては全然見たくないなそれ…

現代の話でど素人シングルマザー家電業界新風を起こしてハッピーエンド、ってリアリティ無さ過ぎて

2018-06-27

anond:20180627225759

戦前もあまり良くはなかったけど戦後でどうしようもないレベルに落ちたよな

教員地獄で千回死んでほしい

もげろ

ハリルホジッチ解任とサンパオリ実権喪失の違いについて。

僕はサッカーそこそこ好きで、ハリルホジッチが解任されたことに憤りを感じ、戦前ネガティブな予想をして恥をかい人間

で、今回のサンパオリの実権喪失

ハリルホジッチの解任と何が違うのだろう。

職場の人に、「ベスト16進出アルゼンチンだって監督クーデターで居ても居なくてもいいってなったじゃん」「ハリルホジッチの解任もそんな問題なの?」、とか聞かれたら、今までのハリルホジッチ解任を問題視していた自分としてはどう答えたらいいのだろう。

2018-06-24

anond:20180624173840

俺は原発がいつから稼働してるか

知らんから戦争の影響が無く

原発存在しない戦前

ベンチマークとしたんだぞ

まー、調べてもいいが

終戦直後比較対象にならないし、

高度経済成長期に原発

稼働したのだろうから

原発が無い時代とは呼べないだろうな

anond:20180624173654

ん?戦時中の話と混同してるのか?

戦前って欧米石油止めるまでは

そんな暗黒時代じゃないぞ

計算マスターになる前に、

歴史勉強しろよ!

anond:20180624173221

戦前ぐらいの暮らしを維持しないと国民全員は賄えない」という点

anond:20180624172635

原発否定するなら

もう少し電気使用について

シビアになるべきでは?

少なくとも、

戦前ぐらいの暮らしを維持しないと

国民全員は賄えないよ?

2018-06-23

anond:20180623115350

戦前にそんな表現がなかったとか何を根拠に言ってるんだ?

日本人お金を使わない問題について

http://www.byosoku100.com/entry/2018/06/21/125251

今日本で一番お金を持っているのは高齢者である、ということになっている。高齢者だけではなく多国籍にまたがるグローバル企業お金を持っているはず。

この両者にお金を使ってもらわないと、日本少子高齢化経済の縮小によって、更に小さくなっていく。

移民も嫌だ、増税も嫌だ、となればお金のを持っている人間組織お金を使っていくしかない。

とは言っても、欲しいものが無い状況において、お金を使いたいという人間はいないだろう。

経済の流れは縮小しているのに、日本人が持っているお金けが増えている状況を打開するにはどうするか。

戦争しかないんだよね。

今の日本は、第一次世界大戦大戦景気が終わって不景気になり、関東大震災が大消費地東京を直撃して市場自体崩壊しかかっている時と似ている。

日本被害が及ばない程度に、日本の近くで大規模な戦争長期間続けば、日本同盟国を支援するために財政出動せざるを得なくなる。

無人兵器人工知能兵器であるとか、戦後復興を支えるイノベーションも起こるだろう。

俺たちは近い将来、「戦前世代」と呼ばれるようになるのかな。

anond:20180623114533

それさー、

男に文句いっても仕方無くない?

そういう、性的アピールをし始めたのは女からだよね

戦前はそんな表現無かったよ?

戦後欧米かぶれの日本人女の願望が

そういう描写を増やしたわけでしょう?

黒いヒジャブ全員着るようになったら

無くなるよ

2018-06-22

いたこと。防衛大の偏差値が思ってたよりも高くないことに。

戦前は優秀な人が集まるエリート養成機関だったけど、今の軍学校はそうでもないのね。

2018-06-18

https://anond.hatelabo.jp/20180617214551

ブコメ日本人としての意識形成から数えれば…というのがあったので結核による死者と愛国心による死者を概算してみる。さら戦前戦後も分けて、戦前だけでカウントしてみよう。まあ、日本国大日本帝国不連続だと思えるのと、現在進行形自称カウントするのが不適切なのではというので納得してくれ。

さて戦前結核死者数はだいたい1万人あたり毎年20人。日本人口はざっくり5000万人くらいなので、毎年大体10万人が死んでたことになる(出典はwikipedia結核の項)。一方愛国心による死者はざっくり太平洋戦争の死者を採用するとしよう。すると太平洋戦争はばらつきがあるものの多くの資料で軍民合わせ300万人が死んだとされている。日露戦争等の死者は桁で少ないので無視するとする。

国民国家としての意識形成されたのは遅くとも日露戦争のころであろう。するとざっくり40年、ということで結核による死者は400万人と、この適当な試算では若干太平洋戦争による死者より多くなった。しかし驚くべきことに、オーダーは同じなのであるさらもっと詳細を詰めれば、死んだ人間のうちどれくらいが日本人としての意識を持っていたか江戸明治前期生まれの老人やあるいは幼児まで『日本人』なのか?結核と比べ太平洋戦争では、軍関係の死者230万人には適用されないだろうし、民間でもより年代関係なく死者を出したと考えるのが自然であろう)とか、また結核の年間死者10万というのは1940年代以前に関して若干オーバーエステメイトの感があるよねとか、あと太平洋戦争中の病死者は物資不足もあるのでは?とか、日中戦争の死者も結構多い(40万人程度。ただし太平洋戦争との被りがわからないので今回は無視した)とか、国民国家形成の時期は日清戦争の頃では?とかいろいろ訂正すべき点はまだある。『愛国心』による死者は結核による死者より多いという主張は、少なくとも笑い飛ばせるほど馬鹿ものではなかったのだ。

しかし試算してわかったが本当に太平洋戦争は無謀だったのだなぁ…。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん