「自分自身」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自分自身とは

2022-05-22

ゲイだけどウケ→タチになって世界が広がった

自分ゲイである

ゲイセックス時のポジションでタチ(挿れる方)、ウケ(挿れられる方)の2種類に分かれる。

どちらのポジションもできることをリバ、挿入行為をしないことをバニラと呼んだりもする。

ほぼウケしかしてこなかった自分が、ここ1年くらいでタチができるようになって世界が広がったのでその感想を残しておこうと思う。

前提

自分現在アラサーである

初めてセックスしたのは19か20の時で、それ以来、人並みにセックスをしてきた。

 

20代前半のときは挿入行為なしのいわゆるバニラ派だった。

20代半ばになってウケの気持ちよさを覚えて、それ以来もっぱらウケだった。

たまにタチをしてもイマイチうまくいかない(中折してしまう)ことが多かった。

ちなみに自分の中でのタチが成功することの定義は「手を使うことなく挿入したまま射精までできるようになる」ということである。(もちろんゴム着けた状態でね!)

 

とはいえタチをしたい願望はずっとあった。理由は2つある。

 

前者についてはそのままで自分がウケとして相手をしているタチの姿や、エッチビデオの中で見るタチの姿を見るにつけ、「そんなに気持ちよさそうなら自分もタチができるようになりたい」という気持ちが日に日に強まっていた。

後者については「性自認」に関係した問題である自分性自認は「男性である

男性として男性が好きな、シスジェンダーゲイ男性ということになる。

したがって女性になりたいという気持ちはない。

「挿れられる」という男女間においては女性側が担う行為を行うことは、なんとなく自分性自認およびそれに基づく性表現にそぐわない感覚があった。

 

そんな自分だったが、ここ1年くらいでタチができるようになった。

タチができるようになった方法

タチができるようになる過程を振り返ってみて、習得のコツ的なものが2つあった。

①1回成功すること

逆説的なんだけど、タチができるようになるためには、とりあえず1回タチを成功させることが重要だと思う。

自転車に乗るのと一緒で、1回成功するとタチとしての身体感覚をつかむことができる。

そして何より「自分はタチが全くできないわけじゃないんだ」という安心感を得ることができる。

自分自身1回成功するまでは「今回も中折しちゃうんじゃないか」というプレッシャーがあり、プレッシャーますますスムーズにことが進まなくなるという悪循環だった。

1回成功して以来は「少なくとも自分はタチのポテンシャルはあるんだ」という自信につながり、仮に一度中折してしまったとしても余裕を持って挽回できるようになった。

TENGAを使うこと

これは1回成功した後に始めた習慣なのだけれど、マスタベーションのときに手ではなくTENGA*を使うようになった。

男女のセックスにおいて男性女性の膣内で射精まで至らない、いわゆる「膣内射精障害」の原因の1つに「強グリップ」マスタベーションがある**。

ゲイなので膣内ではないのだが、多分同じことは言えるだろうと思い、手からTENGAに切り替えた。

そうすることで、これまでグリップ力で快感を得ていたのが、TENGAヌルヌルした摩擦によって快感を感じられるようになった。

手でやるときよりもタチをしている最中に感じる刺激と近いものを疑似体験でき、本番に備えられている感覚がある。

---

*自分が使っているのは洗って繰り返し使えるTENGA SPINNER(https://store.tenga.co.jp/product/EC-SPN-001)という商品。タチ云々より、単純に手より遥かに気持ちいかおすすめ

**膣内射精障害の原因となるマスタベーションは他にも「足ピン」「床・壁」があるらしい。タチができるようになりたいならそれらも避けた方がいいはず

タチができるようになって感じた変化と余談

楽しみの幅が広がった

当たり前なのだけど、ウケしかできなかったときはタチを探すほかなかったのが、ウケも相手ができるようになり、乱暴に言えば楽しめる相手が2倍に増えた。

また、長らくウケをやってきたからこそ感じるタチにやってほしいこと・やってほしくないことをタチ側として実践できるようになった。

具体的には、一度挿入したらいきなり腰を振らずにウケが慣れるまでじっとしている*とか、ウケが射精した後は相手が望まない限りは挿入はしない**とか。

ウケであることの後ろめたい空気を感じた

ゲイ向けのデートアプリではプロフィール内にタチ・リバ・ウケを記載している場合が多い。

しかしながら自分がタチをやるようになってから会ったプロフィール上でリバの人の半数以上が実際はウケであった。

「タチもやったことはあるけどほぼウケしかやらない」みたいな。

理由をくわしく聞いたことはないんだけど、なんとなくウケって後ろめたさがあるのかなと思った。

先述の男性性の話にも通じるんだけど、ウケってやっちゃいけないことをやってる感というか、ちょっとヘンタイっぽい印象がある気がする。

実際のところはわかんないし、そんなスティグマがあるならばなくなってしまえばいいと思うけど、自分自身、ウケしかやらない時期も「タチ願望」から来るささやか抵抗としてプロフィールではリバにしていて、各人フクザツな心理が働いているのかなと推測している。

タチ・ウケどっちが好きと聞かれても答えに窮する

自分はウケからリバになり、最近セックスポジションを振り返るとなんならタチが多いくらいだけれど、タチ・ウケどちらが好きかと聞かれると答えに窮する。気持ちよさの質が異なる。

例えば「醤油ラーメンとんこつラーメンどっちが好き?」と聞かれたら「醤油ラーメン」と答えられるけれど、「ラーメンスパゲッティどっちが好き?」と聞かれると「その日の気分による」としか答えられない感じ。

自分の中でタチ・ウケは完全なアップルトゥアップル比較になっていない。

ただ確実に言えるのは、タチの方が楽である

ウケをするときは事前の準備もさることながら、やはり挿れられることによる身体負担が大きい。

タチも腰を振るという運動量はあるが、そのエネルギーを受け止めるウケの方がどっと体力を使う感覚がある。

自分場合「タチをやりたい」ではなく「ウケをやるのがめんどうだから」というモチベーションでその日はタチをやったりすることもある。

---

*女友だちに聞いたら女性もこの慣らしの時間が大切って言ってた。ストレート男性・タチ諸君、気をつけような!

**ウケは射精した途端、掘られるのがしんどくなる場合が多い。人体って不思議

クワイン増田可能か?

はてな匿名ダイアリー日記は、投稿した時点で含まれ増田に「言及」としてぶら下がる。

記事を後から修正しても、新しいリンク先にくっ付き替わる訳じゃない。

から自己言及増田を作るためには、投稿記事URLを事前に正確に推測する必要がある。

しか記事URLの、下二桁は何なんだろう? 秒数だとすると極めて厄介だ。

クワイン増田——… 自分自身言及として繋がる増田が作れれば、そこには増田たちが未だ見たことない景色があるはずだ。いや、そもそも不可能だろうか?

anond:20220522041500

anond:20220522034604

感謝できないヤツは恵まれていても恵まれていなくても感謝出来ないが

感謝できるヤツだって自分経験したところまでしか想像は及ばないぞ。そんなに人間はお利口じゃない

 

自分自身もサバイバーだし

外資IT屋さんと搾取系のメガベンチャー(海外法人作って海外やらせる系)とタンカー周りのお仕事してたか

通貨の強い国に生まれ幸運をとてもよく理解してるけど

流石に電気水道水調理に使えることに心から感謝は出来ないしな

それが世界の当たり前で無いことはよくよく理解してるけどね

Where are「イケメンイケメンであることで生じる弊害を描いた漫画」?

とある女性向け漫画を読んだ。

女性の生きづらさみたいなものを細やかに描きつつ、大枠は異性同士の恋愛ものと思われる作品だ。

その漫画自体面白さは置いておくとして、こういう話題って最近どこいっても見るな、と思った。

時流もあってか、漫画映画において女性の生きづらさはよく取り上げられる。それは多岐に渡るが、ひとつとして無遠慮で無配慮性的男性視線がよく挙げられる。

それは現実問題がこうして表出する以前から少女漫画では描かれてきた、と思う。昨今の現実問題とは全く別の文脈で、困ったヒロインを助ける相手役の活躍シーンまでを1セットに物語的な障害ひとつとして。

 

しかし、男性がそういう被害を被る漫画を私は見た記憶がない。「無遠慮で無配慮性的視線」はなにも男性だけのものではないはずだ。女性がその視線男性を見て加害者(精神的なものも含めて)になるケースもあると思う。それなのに、なぜ男性(少年)向け漫画では、この要素が描かれないのか。敵対する人物から守るのではなく自分が守られる対象では“男性的”に盛り上がらないから? 

 

女性の生きづらさの反対(?)は、マッチョイズムだというのがよく見る主張で、社会規定する男らしさを押し付けられた男性の生きづらさを描いた作品も見かけるが、その場合、男は自分自身や父、友人など男性、あるいは男性価値観に苦しめられる。

そうではなく、上に書いたような異性から攻撃(物理的にだけでなく心理的ものも含める)に苦しむ男性を描いた作品ってないのだろうか。

 

ここまで書いて、悪い意味で異性の攻撃を描いたパターン男性女性も見たことがある、とは思った。漫画の中でキモオタ揶揄される本好きの男子高校生も、キモオタと陰口を叩かれる眼鏡女子漫画で見たことはある。

しかし、やっぱりその逆は見たことがないような気がする。

2022-05-20

anond:20220520203033

言っちゃ悪いけど

心理職とか取るのって

たいてい自分自身が……

anond:20220520173019

自分自身よりも年下を望むとか、贅沢なやつしかおらんわ〜。

anond:20220520001432

子供をここまで大事にする価値観は割と最近価値観なので、本能的に他人の子供でもかわいいと感じるわけではない のはその通り

種として我が子以外も皆かわいいと感じる、ということはあり得ない

というか我が子だっていつ何時でもかわいいと感じているわけではない

我が子も他所の子も皆いつ何時でもかわいいと感じるべきだ…という強迫観念があるのなら、そんな義務感は感じる必要がない

ただ、元増田のいう話は他所の子供が可愛いかどうかというより、子供を持たない自分自身の将来の不安を歪んだ形で表現しているだけだとは思う

専業主婦が楽そうだとしてそれがお前に何の関係があるんだ

お前の嫁でもあるまいに。

お前の嫁が専業主婦をしていてお前に対して専業主婦のほうが大変なのよ!と言い出して

お前がそれに反論があるんなら徹底的にやればいいし、相容れないなら離婚すればいい。

でもそこの楽そうな専業主婦別にお前の嫁でもなんでもないだろ。

その専業主婦旦那がその仕事量で問題ないと判断しているなら、

楽そうだろうがしんどそうだろうがお前に何の関係もない話だ。

よくあいつはあんなに楽してるのに俺より稼いでてズルいとか言う奴がいるが、

雇い主がその仕事量で満足して金を出してるんならとやかく文句を言う資格はお前にはない。

他人を妬んだって恨んだって今のお前の境遇は何一つ改善しないんだよ。

まずは他人じゃなくて今の自分を見つめなおして自分自身を改善しろ

そしてそれができたその時には伝説の木の下で待ってるよ。

anond:20220520111659

そもそも赤子の脳の状態に、大人だった人間記憶にあたる情報が保持できるのか、という点は置いておいて、意識記憶がそのままダウンロードされたら、身体制御はある程度上手にできるのだろうか。感情制御はどうか。「あの赤ちゃん全然泣かないんですよ。」た言われたりするだろうか。記憶があるが感情制御できないとすると、泣き喚く自分自身をどのように認識するんだろうな。情けないな、なんて思いながらも、地団駄を踏んだらするのか。

こんなもんでいい?

じこ‐ちゅう【自己中】 の解説

[名・形動]《「自己中心的」の略。「ジコチュウ」と書くこともある》何事も自分を中心に考え、他人については考えが及ばないさまをいう。自分勝手。利己的。

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E4%B8%AD/

一般的自己中心的とは、無自覚自分物事の中心であるとして世の中を見ているため、他人のことを考慮しない行動をする傾向を指します。


口語では自己中(じこちゅう)と言われ、「わがまま」「自分勝手」「協調性がない」「他人への思いやりがない」といったネガティブイメージを持つ人が多いかもしれません。そこには自己中心的な人の行動が「自分自身の利益のため」であるという意味合いが含まれています


一方で、心理学者ピアジェ提唱した自己中心性は、発達過程で見られる幼児の考え方の特徴のことでした。自己中心性とは、物事自分立場または一つの視点からし思考認識することができない性質を指し、特にネガティブ意味合いは含まれていません。

https://www.uraraka-soudan.com/column/206

anond:20220520035905

元増田女性に対して強烈な偏見をもってなかば見下している自分自身に気づいていないようだ。


常に自分の好きなように振る舞い、それを正常で正当だと思い込み、その結果の目の前のある状況の中から

自分敵対心を抱く者を攻撃して自分が正しいのだと主張したがる人間。まさにオステリー

当然、性別問題ではなく、このオスの生き様問題

anond:20220520095402

個人に寄り添って流行らなかったのがグノシー

みんなが何に興味あるのかが知りたいのであって、自分自身個人的な興味は二の次で良い

からYahooニュースは偉大

ホッテントリは役に立つ

ツイッターだってトレンドありきで話が進む

anond:20220519025906

自分自身オタクって意識はあったけど、Gの閃光しか知らなかった

オタクから見るとニワカで、一般人から見るとオタク微妙位置なんだろうな

キモい男の愚痴

ネットではしばしば、女性に騙されて酷い目にあったとか

性犯罪被害に遭ったけど男だから救われなかったみたいな体験談に対して

「女への憎しみを募らせてる。さぞかしモテなかったんだろう」

みたいな趣旨のことを言ってる人が結構いて、震える時がある。


被害者叩きはネットだとありがちなんだけど、

例えば男性に対して強い憎しみや恐怖を感じてる女性

男性に対して異常なぐらい加害敵な女性に対しては、同情的な反応が結構見られるんだよね。

過去男性からセクハラ等を受けたり、酷い男に酷い事された事が原因で

男性不信になってしまったのではないか

から厳しい態度を取っても仕方ない……みたいなね。


勿論、そういう女性は同情に値するし、何らかの救済が必要だと思うんだけど、

これが男女逆になると途端に

モテいからって女を恨むのは男らしくない」と、逆恨み扱いされてしまう。

ポリコレに厳しい人達の間ですら、男女の間では、

加害者は男で被害者は女』という固定観念根付いてるように感じる。



でも、女性の「キモい」というたった一言きっかけで、

職場学校害虫のような扱いを受けた経験というのは

女性に強い憎しみや恐怖を抱くのに十分なトラウマだ。

まさに自分自身が、そういうトラウマを抱えてる。


主観では普通に過ごしていただけなのに、いきなり「キモい」「キモい男」みたいな扱いを受ける。

初めは無視していてもどんどん酷くなる。

その内、仲良くしてくれていた筈の同性の友人も離れていく。

いい加減我慢出来なくなって文句を言ったら、被害者ぶられて、自分加害者扱いされる。

「お前がキモいから悪いんだ」と、自分自身ですら思う様になり、自己嫌悪が酷くなり、

まともな対人関係が築けなくなる。

自分はこれで、何年も苦しんだし、自サツ未遂も何度も発作的に起こしている。

例えば4階の自宅から衝動的に飛び降りて、

骨折して入院して痛い目にあって迷惑もかけて正気には戻るけど、

それでも死にたいという願望が完全に消え去る事は無かった。


もう10年以上も前に、とても優しい女性出会たことで、昔よりはだいぶ回復したものの、

今でも夜中に「もしかしてこの隣で寝ている人は、俺を馬鹿にするために一緒にいるんじゃないか

不安になって体調もおかしくなって眠れなくなったりする。

普通に考えれば、特別財産をもってるわけでもない自分を騙すためだけに、

結婚し、一緒に暮らし子供を産み育てまでするわけないってわかってるにも関わらずに。



以前、「女だけの街で暮らしたい」というツイート炎上してたけど

自分はあのツイートを見たとき、正直強い共感を覚えた。

自分も長らく、女性に怯えなくていい男だけの街で暮らしたいと思っていたからだ。

女性が嫌いとか苦手とか、ではなく「怖い」「恐怖」があったから。


自分からすれば、特に交流も無かった女性からの、主観的で感情的言動が原因で、

心に深い傷を負い、人間としての尊厳を傷つけられ、女性不信に陥って何年も苦しんだ。


ここまで書いて思ったけど、そんな被害に対して同情されるどころか、

「そんな大した事気にするな、男らしくない」と被害を無かった事にされたり

女性の方がもっと色んな辛い目にあっている」と自分には関係無い話をされて被害あやふやにされたり

「お前が女性を怒らせるような事をしたんだろ」と被害者なのに加害者呼ばわりされたり

キモいお前が悪いんだ」と被害者なのに、加害者加害行為をさせた自分が悪いと言われる。

見ず知らずの共感も出来ないどっかの酷い男がやった事が悪いからいけないんだと、

やってもない原罪連帯責任強要される。


実際にされた事と同等か、それ以上に、こうしたセカンド○イプに絶望していたのかも知れない。



そしてこんな愚痴も、「お前が悪い」「女性の方がもっと辛い」と、切り捨てられて終わる。

自分場合は、主に女性から率先してセカンド○イプをされてきた訳だけど、

全く信用されずにお前が悪いからと言われて終わる。

最近の風潮を考えればこうなるだろうって諦めもある。

自分被害者感情が心から癒される事は死ぬまで無いというのは仕方ないんだけど、

こうなった原因は自分が男だからか?とか、女だったら救われたのかな?

とか思っちゃうのは、仕方ないのだろうか。


ただの愚痴ですが、長々と失礼致しました。

2022-05-19

anond:20220519124637

勇者AはBに対して「努力してないからムカつく」と表明したのはなぜなのか?

それはもちろん異教徒からである

我らが神は、ズルして楽していただくことを固く禁じておられる

何をするにも最大限の苦痛を伴わなければならぬ

この教義に反するものは等しく異端であり、罰せなければならぬ

自分自身もそうやって幾度となく罰せられて来たのだから

慈悲などどこにもなかった

成人などのタイミング改名する文化を持っている(いた)国、地域ってどのくらい存在するのだろう

wikipediaで幼名とか改名とかのページ見てみたけどいまいちピンとこないな

まさか昔の日本アイヌの人々だけなのか?いやいや自分の調べ方が悪い予感がある

西洋だと洗礼名が少し近いか

現代で幼名システムを復活させたら親の変な名づけに振り回される人生から解放されたりしないかしら

だがそれはそれで問題が起きるかもな

キリスト教圏だと洗礼システム現代でも運用されているはずだから通称が増えるくらいなら影響はそんなになさそう

国民識別する台帳に名前欄が増えるとかになるとすごくめんどくさそう

仮に現代日本で「ある年齢になると名前が変わる(増える)」っていうIF設定を空想するのであれば、そのタイミングは……18歳くらいかねえ

自分自分名前分別を持って決定できる年齢として定められないといけないだろうな

18歳以上〇〇歳未満の好きなタイミング実施できる、とかだと融通きくかな

就活タイミング名前を変えるとかありそうだな……

就活のために就活に有利とされる量産型っぽい名前自分自身につける人々を想像するとなんか物悲しくなった(そんな人々は現実はいない、空想世界で助かった)

anond:20220519060136

30どころか55歳くらいまでなら別に何したって食えるんやろ

肉体労働しても良いし格安デスクワークしても良いし勉強スキル不要

日本は豊かな文明社会なので身心にトラブルを抱えていなければある一定の年齢まではメシが食える

そして、何らかの事情で身心トラブルを抱えたり、予期せぬ災害に巻き込まれた時のために、

生活保護をはじめとするさまざまな社会保障制度(セーフティネット)もある

まり文化的で最低限度の生活送ることが日本では誰もが可能

 

問題は今も昔もこれからも老後よ・・・

 

ちょっとばかり稼ぎがあったとしても、

すべてはFIRE出来そうか?老後の不安は消せそうか?に尽きる

この辺解決できないなら、すべてどんぐりの背比べよ

 

あと、FIREの実現・老後の不安を消すINの確保の達成と併せて、

(少なくとも自分自身は)楽しいって思えるものを世に出したいもんですな・・・

社会的なインパクトはともかくね

anond:20220519054147

そっちの意味も何もない

いつものよくあるやつだと思ったか過去のやり取りから引っ張ってきただけだぞ

下記も過去のやり取り

 

「ボク自分嫌いなんですぅ~、ねえ聞いてるぅ~?ボクこんなにも自分嫌いなんですぅ~!」

ボクとは違ってぇ~自分のことが嫌いじゃない人は幸せそうで羨ましいですねぇ~

でもボクはぁ~自分客観的に見てしまうからぁ~図太く生きられないからぁ~無神経ではいられないからぁ~、ねぇ聞いてるぅ~?


誰しも根拠なく思い込む力(自我自分存在すると勝手に思う)は持っているのに、自分自身の評価についてだけ “根拠がないとNG” としているのは何故なのよ?

何がなんでも根拠がいるなら、“クズの○○よりマシ” でも良いじゃん?も以前拒否してたな

もういっそ、無理に自分自身を肯定しようではなく、『絶対自己肯定しない。常に自分自身に厳しい目を向け続ける』と決めてみなよ

2022-05-18

anond:20220518184636

邪悪サイドがウソを貫き通せば負けることもあるかも知れんが、

そんなケースでも元増田さんの正義は揺るがないな。

公的証明は無かろうと、本人は自分自身では自分の正しさを解っている。勇気を知っている。

[]やはり真面目に腐女子こそが原初の闇。フェミニズム()や男女論()は四六時中これについて話し合うべきレベルの最重要トピック

腐女子プラットフォーム仕様理解していない&SNSインターネットの仕組みを理解していないのは

知的な困難を抱えている人物』or『禅でも極めているレベルで物を考えない人物』だからで終わる話なので言及しない

(その見本のブクマカたち → https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20220206222214)

 

ただし、下記は一言一句元増田が言う通りなんだよな

もしかして女性SNSユーザー他人のことを自分摂取する情報自分コントロールする能力がないゾンビトロールか何かのように思っているんだろうか?

(anond:20220206222214)

  

腐女子たちはあらゆる自己選択自己責任から逃げているので "嫌なら見るな" だってもちろん出来ない

彼女たちにとってあらゆる情報自分自身が取捨選択するものではなく、自分以外の何かに無理矢理見せつけられる物なのだ

 

児童福祉と親の教育権利配慮してゾーニングを徹底しようという意識から "無理矢理見せつけられる" 発言が出てくるならまだわからないでもないが、

基本的腐女子たちは共同感覚が欠如していて海外なら児童ポルノ児童虐待判定される作品を平然と肯定したり垂れ流す

そして日本という社会はそれを誰も咎めないし、むしろ売れれば何でも良いとばかりに腐女子応援ちゃうノリだ

  

具体例をあげたらキリが無いが、近年のジャンプで言えばBLを題材にした『腐女子除霊師オサム』

ポルノ作品でも社会作品でもないのに差別的ポルノファンタジーであるBLを題材にする時点で既にヤベーのだが『どっちが受けか攻めか』なんて公式アンケートを無邪気に取ったりする

https://twitter.com/shonenjump_plus/status/1411894677385613319?s=21

 

ちなみにBLの受け攻めとは『どっちがちんこ入れる方か?』であり、単なるポルノの嗜好の話である

しかも『腐女子除霊師オサム』の中でポルノファンタジー対象になっているキャラクター"未成年"である

これをインディーズ独立系出版社・・・でなく、日本代表する出版社編集部やらかした上に自らSNS拡散しているのである

海外ならフツーに担当者なり役員なりの首が飛ぶレベルの話だと思う

(ちなみにジャンプ過去にはスポーツ漫画公式スピンオフを同作品bl描いていた(る)同人作家に描かせていたりもする。

もちろんポルノファンタジー対象になっていたキャラ"未成年"だ)

 

日本代表する出版社ですらこの有様なので App Store女性向け男性向けともにヤベーことになっており、

英語圏なら 17+であってもキックされるゲーム日本ではまさかの全年齢でリリースされている

Applelazy なのは今更指摘するまでも無い事だが、

金に物を言わせてレーティング無視するパブリッシャー(アニプレックスなど)の倫理観の無さもなかなかどうしてである

 

人類は所構わずセックスちんこまんこってやってる個体積極的に淘汰してきたし、

お布団の中のこと(性癖)は男女ともお外では口にしないのは人権が生まれる前からの暗黙の社会ルールである

この暗黙の社会ルールを親から兄弟姉妹からも先輩や友人から先生牧師から自然に学ぶことができないとして、発達障害(特にADS) 向けの支援サイトなどでは、愛情性愛表現を公開して良いシーン、ポルノの取り扱い方を明示的に示していたりもする

 

・・・にも関わらず、なぜ腐女子大手を振って差別的ポルノファンタジーであるBLを愛好しているとネットで表明出来たり、オフ会同人誌即売会に参加して自らの顔を第三者晒す事が出来るのか?

 

社会インフラが発達し生活にゆとりが生まれ子育てコストが下がったので社会全体が性に寛容で奔放になった?

もちろんそんな事はない

今もなお子どもが成人するまでのコストは高く、子ども人権が守られる国ではお気軽にセックスしてポコポコ作れないし、

児童福祉と親の教育権利配慮し、性表現には年々厳格になっていっている

 

衝動は男女とも持つもの、女もBLなどのポルノツールを使って積極的自己解放すべきという一種ウーマンリブ

もちろんそんな事はない

もしそうならポルノの公開・共有の仕方はともかくまだ救いがあるが、

腐女子たちはポルノファンタジーを愛好しておきながらオナニーに使わないと言って憚らないだけでなく、

わたしは性欲を持っていない』と言って憚らない

 

 

ちなみにこの『性欲を持っていない』というのは、

アセクシャル・デミセクシャルなどのセクシャルの話でも、生物における性欲とエロ(eros)は違うといった類いの話でも無い

 

腐女子らにとってセックスは、自己決定で望んで楽しくするものでは無くて、

"恋人" や "妻" という肩書きを得る為に、直球で "(理解ある彼くん等に) 養って貰うために"

『させてあげるものなのだ

あるいは一方的暴力的第三者強制されるものなのだ

 

から腐女子らはキスやボディータッチセックスのいずれかを必ず描写する。なにせ彼女たちにとっては肩書きを得るための義務からだね

そして義務なのでわたしが望んでやった事ではない=性欲は無いという事だそうな

 

彼女はいったい何時代の人なのか?

 

ここから既にコケている逃げているのに女性社会進出もなにもねーのである

 

実際、はてブでヤベー言動をしている腐女子ブクマカを眺めていると、当たり前のように男に縋るしか無い思考であり経済レベルもヤバければ自己実現も他者任せだ

自己選択を楽しむ・責任を持つという発想がなく、当たり前のように化粧をすべき・化粧を強いられているとかならやっている

 

フェミニズム()や男女論()は四六時中これについてだけ話し合うべきレベルの最重要トピックだと思いますマジで

2022-05-17

理解がなくても彼くんは突然生えてくる

以前からフェミニズム的に話題になっていた『82年生まれキム・ジヨン』って本だけど

先日初めて通して読んでみて、まあ読む前から何となく想像はついていたけれどこれっぽっちも共感出来なかった

まず小学生時代男子からいじめについて教師からいじめるのはその子あなたを好きだからだと言われる場面があったけれど

世間ではよくある事だと言われる割には実際にはよくある事だとは思えず、全く共感出来ず(そんな事本当に言われるのか?仮に言われるのだとしてもごく一部の可愛い子だけでは?)

その後の就活仕事でのセクハラに限っては少しは共感出来たけれど、全体的に男性との比較目線しかなくて同じ女性同士の扱いの違いという視点がないのでリアリティを感じないなーと。

そして何よりも驚いたのが、結婚相手との出会い交際については一切具体的に触れられず、突然相手家族自分家族とで両家の顔合わせでの食事の場面に入る事。

キム・ジヨンの夫であるチョン・デヒョンはけして理解のある彼くんなどとは言えないキャラクターだが、そうだとしても女の半生を書くにあたって配偶者というものは突然生えてくるものである事に変わりはないらしい。いや、マジでどういう経緯で交際結婚を決めたんだよこいつら。そこが一番気になるところなのに描写ゼロって。

夫の貯蓄が多い事、給与が高い事を知ったキム・ジヨンが喜ぶのではなくがっくりしたという辺りにも、とてつもない違和感が…。普通に考えたら喜ぶ所でしょうそこは。男女二項対立視点に拘り過ぎるあまりリアリティ皆無の描写になっていないか

子供を産む事を決意する場面でも、夫に押し切られて自分自身には何もメリットがないのに仕方なく、みたいに書いているけれど

女は子供を産まないよりも産んだ方が確実に社会の中で優遇され上の存在として扱われるというメリットについて一切触れていない辺りが卑怯だと思った

作中でキム・ジヨン子育てのために仕事を辞めるし、同じように仕事を辞める女性もいて作者はそれを女性差別問題として書いているようだけど

それって夫の稼ぎがそれだけあって経済的に恵まれているという事だとしか思えないのでちっとも共感も同情も出来ない

韓国独身率が上がって少子化が進んでいる筈なんだけど

なんでこう女は皆が皆当たり前のように結婚出産する前提で話が進むのか……

結婚出来ず子供も持てない独身女性は一切存在しない前提なのか。それとも韓国では男児を望むあまり男女の出生数に差が出ているらしいから、日本と違って独身女性は少ないのか?

それにしても独身女性存在感がなさすぎる。

作中ではキム・ジヨンのような専業主婦の事を『ママ虫』と呼んで侮蔑する男性が出てくるんだけど、それって男性に限った話なのかよく分からない

日本においてそうであるように、韓国だって男の庇護下に入って安穏と生きている既婚女性に苛立つ中には独身女性だって絶対にいる筈なのに

この物語の中では独身女性存在不思議なくらいに透明化されて出てこない

この本の最後キム・ジヨン担当医師(男性)の周りの様子についての独白がメインになってて

その病院カウンセラー女性妊娠を機に辞める事になったので今度は未婚のカウンセラーを雇おうという所で終わる

で、作者の意図としてはこの男性医師は働く女性理解のないさも酷い上司なんだと言いたいんだろうけれど

こっちとしては寧ろ未婚女性に職を与えてくれる良い人じゃん?って印象になってしまった

仕事を辞めても夫の稼ぎで生活できる既婚子持ち女性は『ママ虫』なるスラング通りに特権階級しか見えないし

何かもう全くこれっぽっちも共感出来ない……

作者の後書きを見るとこの作者自身も娘がいる子持ち女性らしいけれど、娘さんが生涯独身になる可能性とか一切考えないんだろうか?

とにかくこの本そのものが全体的に母親目線しかなく、娘の立場女性の事を全然考えていなくて酷いと思った

自分自身人生に興味が持てね〜

から予定立てられね〜

明日の事は明日の俺がすんだから関係ないよバカアホウンチゴミゴミ

anond:20220517193241

自己肯定感ってのは、心理学的に言うと「どんな自分でも自分自分。他の人と同様に価値のある人間」って感じられる感覚のこと。

自尊心と訳されることもあるが、日本語で言う自尊心prideのことであり、self-efficacyとは区別されてる概念から

自分自身を無条件に肯定出来るやつは、スペック固執しないのよ。スペックに拘る奴は大抵自尊心は高くても、自己肯定感が低い。

anond:20220517175950

自分自身がまさにその「理解しがたい輩」なんだがそれは気づいているんだろうか

anond:20220517175637

家を買うわ。自宅ですら他人に気を使いながら生きるのはもう疲れた

投資信託にぶっこんだ方が賢いとは思うし、自分自身投資信託は買ってるが、そんな大金舞い込んできたら投資信託我慢なんかできないっしょ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん