「研修」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 研修とは

2024-07-24

anond:20240724071148

エリートwwww

三曹(最低限のことが出来る)になればいいだけやぞ。

バイトリーダーどころか研修マーク取れればいいだけや

2024-07-19

スクウェア・エニックスゲーム開発研修実態新入社員の作ったゲームを,社長と著名クリエイター陣が直々に,忖度なく講評する場にお邪魔してきた」という記事ブコメで叩かれてっけど、お前らこれがスクエニじゃなく任天堂なら絶賛してそうだよな。

anond:20240719214954

ラッダイト運動の教訓は、技術革新社会変革のバランスを取る重要性に尽きると思う。

この運動は、19世紀初頭のイギリスの織工たちが機械化に反対し、労働条件悪化失業問題に抗議して機械破壊したことから始まった。

教訓の一つは、技術進歩労働者に与える影響を無視してはいけないということ。

技術革新がもたらす効率化や生産性向上は企業にとっては利益だが、それが労働者失業賃金低下につながる場合がある。

このような影響をしっかりとモニターし、適切な対策を取る必要がある。

また、労働者の声を無視せず、彼らとの対話を重視することも重要

ラッダイト運動は、労働者自分たち生活を守るために最後の手段として過激な行動に出た結果だ。

現代では、労使間の対話労働条件改善が早期に行われることで、同様の衝突を防ぐことができる。

さらに、経済の変化に対応できるスキル労働者提供する教育研修重要

技術革新が避けられない現代において、スキルアップや再教育の機会を広げることで、労働者が新しい環境適応できるよう支援することが求められる。

これらの教訓は、単にラッダイト運動に限らず、現代技術革新が進む社会においても非常に重要ものだと思う。

2024-07-18

世帯分離したら

市役所から毎週のように手紙が届いて

今までは二級市民扱いだったんだなってしみじみ感じる。

しか

研修で一か月くらい家をあけると納税の締め切りに間に合わないのは困るな。

延滞税は1000円までは切り捨てですから安心くださいじゃないんだよ。

払えるのにそちら都合で延滞扱いにされるのが気にくわない。

納付額が決定するまで口座振替申請を受け付けないせいで1回目は確実に延滞してしまう。

マイナンバーに口座登録してんだから勝手に引き落としてくれよな。

これまでまじめに生きてきたのに延滞扱いされるのは許せない。

ガソリン市役所燃やしたくなるのもわかる。

2024-07-17

10年の付き合いの親友と縁を切った話

●はじめに

これは相手に向けて書いたものではなく、相手批判する意図はない。

もしこれを読んで相手批判しているように思えたのならそれは私の表現力の乏しさによるものである

また、フェイクを入れずに書いているので、両者の友人知人は「もしや」と感じるかもしれない。

だとしても二人に触れずにそっとしておいてほしい。

以上のことを踏まえて、了承していただける方のみ先を読み進めてほしい。

登場人物

私=筆者

一次創作をする。

絵と文章を嗜む。

A

私の親友だった人物

絵を描くことが生きがいであり、人生のもの

この文章は、Aとの出会いから別れまでの備忘録私自身の反省のためのものである

再三になるが、この文章にはAを批判する意図はない。

●Aと私の関係

Aと私は高校入学して出会った。

そして縁が切れたのが我々が28歳になる年の2月ごろ。

10年を共に過ごしてきた仲だった。

間違いなく、一番仲が良かった友人だった。

高校3年間はクラス替えもなく、いろいろな話をして、真剣な話もして、時には喧嘩をしたりすることもあったが、それも乗り越えてきた。

大学は別々の道に進学することになったが、それでも毎日のようにLINEで会話を交わし、時々二人で遊びに行っては日が暮れるまで話し、解散後も夜が明けるまでLINEで話をしていた。

大学卒業してからもその関係は変わらない。

私が新卒入社した会社研修で2か月東京に行くという話をしたときはとても寂しがってくれたことを今でもよく覚えている。

Aは絵を描くことが好きだ。

絵を描くことが好き、と一概に言っても色々幅があるが、私から見ればAの「絵を描くことが好き」とはAのアイデンティティであり、Aの人生のものなのだと思っている。

自分気持ち言葉にするのは少し苦手のようだったが、感情を絵に込めるのは大得意でAの描く絵には喜怒哀楽様々な感情が乗せられていた。

私も少し絵を描けるが、どちらかといえば絵を描くことは好きではなく自分の描く絵は好きという難儀な性格をしている。

そんな私と比べると、Aの絵に対する思いは尋常じゃないものなのだと思う。

Aは私の一次創作ファンだった。

私の作ったキャラクターお話ファンで、この世のキャラクターの中で一番、私が作ったキャラクターが好きとまで言われたこともあった。

Aは私のキャラたちのファンアートをたくさん描いていた。

そのキャラたちしか描いてないのではないかという時期があった程度にはたくさん。

Aが絵を描いてくれることが嬉しくて、私はAにたくさん自分創作の話をした。

長くなったがここまでが大まかなAと私の関係である

●事のあらまし

Aと私は今までの一次創作の積み重ねを本にしたいという話になった。

私が書いた小説や、私から聞いた話をもとにAが描いた漫画の断片はいくつかあれど、それらを本という形に残したくなった。

そこで一次創作同人誌即売会を調べ、Aと私の二人で本を出すことになった。

私は今まで書いた小説を集め、書き下ろしの話を追加した短編集などを3冊作り、Aは私が文章で書いていた短い話を漫画の本にした。

ところが肝心の即売会は諸事情で中止となり、半年後に延期になってしまった。

頑張って作った本たちはひとまず通販に置いて、Twitterフォロワーを中心に頒布することができた。

半年後になってしまった即売会を待つ間、Aと私は喧嘩をしてしまった。

Aが私の地雷を踏みぬき、私が苦言を呈したこときっかけだった。

私としてはその場で謝罪をもらって、それで終わりで良かった。

喧嘩をしたつもりはなかったのだが、思えばAの様子が変わったのはそこからだった。

多分おおもとの原因はここなのであろう。

Aの様子が変わり、Twitterにも出てこなくなったことが心配で、私はAに手紙を書いた。

Aと大事な話をするときは、手紙を書くことがしばしばあった。

その手紙きっかけでAと仲直りをすることができた。

仲直りをしたとき電話で、数か月後に迫った即売会の話になった。

「せっかくまだ少し時間もあるし、もう一冊本を作りたい」とAに伝えた。

Aもそれに賛同してくれたので、私は本の攻勢について説明した。

前に話していたネタで、漫画の本を作りたい。長くなりそうで作画が大変だから、今回は私が全部作画をする予定で、と。

Aは「あの時のネタか」と喜んでくれ「すごくいいね」と言ってくれた。

その会話の中でAが言った。「その漫画読みたいな、何なら私が描きたいくらい」と。

しかしどうにも作画コストがありそうなので、Aに全部描いてもらうのは申し訳ない。

だがAがそこまで言ってくれたのが嬉しくて、Aにも制作に参加してもらえたらと私は返答した。

結果、表紙と人物紹介ページの立ち絵だけAに作画を頼み、あとは全て私が自分で描くことに落ち着いた。

そして私は自分が描く予定で考えていた表紙のラフや、キャラ立ち絵ポーズイメージを送り、Aに制作をお願いした。

私は今までAが描いてきたファンアートに対して何か対価を支払ったことはなかった。

強いて言うなら「新しくお話を作ること・考えること」を対価としていたのかもしれない。

だが先の喧嘩のこともあり、好意で描いてくれたものに対しても何かお返しをしたいと感じていた。

なので今回の制作に対しても「お礼をする」とAに伝えていたのだった。

Aの作業も私の作業も少し進んだころ、二人で遊びに行く機会があった。

そのときに私はAに「お礼として晩ご飯ご馳走するよ」と伝えた。

Aはそれを聞いて少し渋い顔をしたあと「じゃあ2回分で」と答えた。

Aの返答に少し違和感はあったが、私は2回分の晩ご飯をご馳走することを了承した。

だがしばらくした後、Aから晩ご飯2回分と、表紙・立ち絵を描くことは釣り合ってないと思う」と言われた。

私はさら違和感を覚えた。

もともと私が全て描くつもりで考えていたものを、Aが描きたいと言ったから急遽参加してもらうことになったのだ。

まり好意で描いてもらうものに対して、私も好意でお返しをするという形だったはずだ。

どちらかと言えば同じサークルメンバーで1つの本を共同制作する形に近い認識であった。

から「"依頼"に対しての"対価"が釣り合ってない」と言われたことは、私としては違うと感じたのだ。

しかし、自分の描きたい絵を後回しにして人からまれた絵を描くことは大変なのは私にも分かる。

「じゃあ、何なら釣り合うと思う?」とAに聞いてみた。

Aは「考えておく」と一言。この話はこれで一旦おしまいになった。

Aから"対価"の話はされないまま、その後もお互い制作を進めた。

とうとう絵と漫画は完成し、本が出来上がった。

私は刷り上がった本を一冊と、同時に一人で制作していたグッズを合わせてプレゼントした。

Aのリアクションには違和感があったままだった。

本を開き完成した漫画を読み、楽しそうにリアクションを取るAの姿は、無理をしてそのように演じているように見えた。

長い付き合いなので、Aが気持ちを抑えてそれらしく振舞う癖があること、しかしそれが下手でバレバレなことは私にはわかっていた。

Aはそのときも、何かの感情を押し殺してそれらしく振舞っていた。

そのまま迎えた即売会当日。

その日はたまたまAの誕生日でもあり、私は今回のお礼と誕生日プレゼントを兼ねていくつかプレゼントをした。

細かくは覚えていないが、確かお土産菓子と、Aが一番好きな私のキャライメージ香水

それからAは自分へのプレゼントとしてiPadを購入していたので、1000円ほどの有料のイラストアプリを入れてもらおうとiTunesカード1500円分をあげたのは覚えている。

iTunesカードは突発的な思い付きで、昼ご飯を買いにコンビニに買いに行ったときにふと目についたのだ。

「昼ご飯買ってきたよ。あとこれはい、あげる」と、さらっと渡したのだが、Aのリアクション

「はあ……」と言ったものだった。

即売会も終わりに近づいた時刻、Aから「そういえばお礼の話だけど」と話が始まり「いろいろ考えたけど、1万円で」と告げられたのだった。

……イラスト有償依頼で、表紙(カラーイラスト)と立ち絵名分を依頼した、となると確かに1万円は破格だろう。

しかし今回の話は果たして"依頼"だったのだろうか。

友人同士の"共同制作"ではなかったのだろうか。

"共同制作"ならAが「印刷費をいくらか出した方がいい?」と聞いてきた際に頂いておいたほうがよかったのだろうか。

私にはわからなかった。数年経った今でもわからない。

私は1万円を支払わなかった。

友人同士で金銭のやり取りをすることに抵抗があったからだ。

その代わり1万円分のお礼はすると伝え、今回渡したプレゼントはお礼も兼ねていることと、今日ご飯代、打ち上げカラオケ代で1万円くらいになりそうだから、それでどう?と言った。

続けて「もし対価としてお金要求するなら、それは話を引き受けるときにするべき話で、後から1万円でと言われても了承はし難い」と伝えた。

「今回はお互いのすり合わせがちゃんとできてなかったから、それは両方の責任だと思う。お礼に関してはあくま好意で渡している。もし足りなかったら今後遊ぶときに代金持つよ」とも伝えた。

Aは最後まで納得がいかなそうな顔をしていて、頑なにカラオケ代を受け取ろうとしなかったが、私はそれらの代金を全て押し付けて、その日は解散になった。

あくまで私の価値観として、金銭が発生するやり取りは"契約"だと思う。

"依頼"を受ける"対価"として「これくらいの金額で」と提示し、双方合意の上で契約が成立するものだと思う。

今回はただの口約束で、そこに契約など存在しなかったのだ。

「描いてもらいたいんだけどいい?」「描くよ」「ありがとう。お礼はするよ」

そこに金銭のやり取りが発生するとどちらも言わなかった。

私はこのやり取りのことを友人同士の口約束だと捉えていたのだった。

Aはその後、即売会の後処理や事務的なやり取りを私と交わし、私と連絡をすることはなくなった。

またもや大変長くなったが、ここまでが事のあらまし。

●縁切りに至ったきっか

約1年、Aと会話をしなかった。

そんなことは今まで初めてだった。

AのTwitterからは私のキャライラストが消えていた。

しかし連絡がなかったとは言え、TwitterLINE相互のまま。

リアル友人用のインスタも見られる状態にあった。

まだ縁が切れたわけじゃなかったのだ。

私は中途半端状態が好きではない。

Aが私に対して思うところがあるのは嫌でも分かった。

まだ友人関係を続けるなら清算必要だし、縁を切るならそれはそれも仕方がない。

迷ったが、Aの誕生日に「おめでとう」と送った。約1年ぶりに発した言葉だった。

そのときのやり取りは消してしまってもう残っていないので、事実とは異なる可能性がある。

ぽつりぽつり、とぎこちなくやり取りを交わしたが、かつての親友を歓迎する雰囲気は全くない。

まだ怒っているか尋ねたところ「そうだね」と返事が来る。

「私のことが嫌いになったならもう現れない。あなたの前からいなくなる」と縁を切る提案をした。

とてもとても時間が空いて、Aから「嫌いとか、勝手に決めつけるのやめてほしい」と返事が来た。

『なんだその返事は。どう考えても「お前もう無理」が態度ににじみ出てるんだよ』

そもそもお互いちゃんとすり合わせができてなかったことが原因だからどっちも悪いところあったんじゃないのか』

『なんで私だけが悪いみたいな態度を取られなきゃいけないんだ』

『謝ろうにもそっちの意見を聞かない限りは本当の謝罪なんて無理だろう』

『いい加減自分意見を隠して察してちゃんするのはやめろ』

私のこのときの率直な思いだ。

しかし、まだこれなら修復ができるかもしれない。

「私は今でもまだ友達だと思っている」と伝えると「私も同じかな」と返ってきた。

しっかりと話し合う時間が欲しかった。

会う約束をすることになったのだが、いろいろあって実際に会えたのはさら半年後だった。

ちゃんと話し合おう、主観で悪かったと思うところは謝って、相手の口からもきちんと思いを聞いて、

粗相があるなら謝ろう。誤解があるなら解けるまで言葉を交わそう。

そう思っていたはずなのに、久しぶりに会って私の口から出るのは、薄っぺらい近況話や中身のない話だった。

その日の私とAは、傍から見ればいかにも友人っぽかったと思う。

しかし確実に、距離が空いていた。お互い腹を探りあっていた。

私に至っては。もはやAのご機嫌取りに近かったのかもしれない。

いかにも友人っぽい二人は、大事な話もできずにいかにも友人っぽいまま解散してしまった。

その日を境にTwitterなどでやり取りは再びするようになったが、心理的距離は変わらないままだったと思う。

それでも私の誕生日には簡単イラストが贈られたので、私もAの誕生日イラストを贈った。

私はその年、結婚式を挙げる予定があったため、Aのことも誘ってみたのだが

Aはその日どうしても外せない予定があったらしく、申し訳なさそうな顔をして断られた。

しかし祝福はしてくれていて、Twitterに載せた前撮り写真にもコメントをくれたり、

ドレスの色の相談もしたりしていた。

式当日の写真にも、いいねコメントがきていた。

行くことはできなかったけど、祝福はしているという雰囲気であった。

年末、式に招待した人たちに年賀状を出そうとリストを作っていたところ、

招待したけど来られなかった人にもお礼状として年賀状を出そうと考えた。

AにLINEで住所を聞いた。Aの一人暮らし先の住所は知らなかった。

Aからは「正月帰省しているので実家に送ってほしい」と返事が来た。

私は過去年賀状ファイル実家に置いてきていたため、再度実家の住所を聞き、送った。

送った年賀状は「あて所に尋ねあたりません」のスタンプが押され、返ってきた。

Aに聞くと「省略した住所だったからかな?これが正式な住所だから送ってみて」との返事。

住所を訂正し、切手を貼り直し、再度送った。

再び、スタンプが押され返ってきた。

原因はどうやら転居届を出していたことだと分かった。

Aに「一人暮らし先の住所教えて。それか、直接渡すからどこかで遊ぼう」と伝えた。

Aは「年賀状のためだけに会うのは申し訳ないし、仕事が忙しくなりそうな予感がしてるから

しばらく遊ぶのは無理かも。何か手間かけない方法で……局留めとかできないかな」と返信した。

(やりとりは削除済みなので記憶だよりである

……私はもう疲れてしまった。

わずかに繋がっていた糸が切れてしまった感覚があった。

Aの仕事は土日休みだし休日出勤もなさそうなのに。

年賀状のためだけに会うのは申し訳ない」はどう考えても「会いたくない」の言いかえだと思う。

局留めなんて提案バカバカしい。住所を教えたくないだけなのがよく分かる。

「分かった。じゃあ会わなくていいから、どこかで話をする時間がほしい」

私はそう伝えたが、これは仲直りだとか謝罪だとかのためではない。絶縁のための話がしたかった。

しかし、Aからの返事が来ることはなかった。

話したくないの意志のものだったと思う。

話したくないことはよく分かったがそうも言ってられない。

私たちが縁を切るにはもう少し事務的手続き必要だった。

大事な話なので」と念を押しても無視された。

Aは私の連絡は無視し、Twitter更新を続けていた。

LINEブロックされたのかと思い、確認してみたがそんなことはない。

ただただ、無視をされていた。

日経って、AがTwitterでスペースに参加しているのが見えた。

別のフォロワーホストのスペースにスピーカーとして参加しているようだった。

よく見てみると、スペースに入る際に匿名で聞く機能が追加されているのが分かった。

盗み聞きのような気分だったが、そういう機能があるのだから使ってみることにした。

他愛のない会話。Aは楽しそうにしていた。

少なくとも元気であることが分かって一安心

同時に無視意図であることも分かった。

私はAに追加でLINEを送ってみることにした。

目につきやすいように、短文で3件ほど。

わざと気を引くような言葉も選んだと思う。

スペースで何か反応があることを期待したものだった。

しばらく待つと。案の定Aはその件について触れ始めた。

そこからはもう出るわ出るわ本音の嵐。

それを聞いたフォロワーも一緒になって私への悪口を言う。

いや中学生か……。いい歳した大人が……。

だがしっかりと聞きたかった言葉を聞くことができた。

「まあ、私(A)の中ではね、友達としてはね、もうあのときで終わってるから……」

これだ。私が聞きたかったのは。

私は確信を持ちたかったのだ。

その後、スペースは「謎の匿名リスナー」の存在がばれたため、

アカウントの方へ移行していった。

私はAの全ての連絡先を削除し、SNSブロックした。

そしてAとの関係肯定するものをすべて処分した。

Aからもらった絵も、渡すはずだった年賀状も、一緒に撮った写真も何もかもすべて。

Aの魂のこもった絵を処分していくのはさすがに心が痛んだが、私にはもうすでに必要のないものだった。

絵を捨てることで、私はAという存在すべてを否定した。

実家を出て、新居に必要ものだけ持ってきたはずだったのに、やたらとAの痕跡が多かったことを私は忘れないだろう。

(余談……事務的手続きをやり残したまま処分を始めてしまったため、後始末に少し苦戦した。

他人も巻き込んでしまったためここは大いに反省すべき点だと思う。)

主観と推測と反省

タイムマシンがあったら戻るか?と聞かれても、私はもう戻ることはない。

やりなおしたいわけではないが、自分の行動のどこがまずかったのかは今でも考える。

私はあのとき、ポンと1万円を支払っていればよかったのだろうか。

誕生日プレゼントとお礼を混合したのが良くなかったのか。

そもそも、お礼に何をするかを前もってすり合わせておくべきだったのか。

いっそのこと、自分の本なのだから他人に絵を描いてもらおうなんて思ったこ自体が間違いだったのか。

……恐らくすべての点で間違っていたのだろうと思う。

Aはきっと、私に対して「自分の絵(=自分人生のもの)に対して1万円の価値もないと思われた」と

感じているのだろう。

もちろんこれは断固否定するが、そんなことは決してないし、Aの絵と絵に向き合う姿勢リスペクトしていたつもりだ。

だが、思っていてもそれが相手に伝わらなければ意味がない。

私の思いはAに伝えたつもりだが、その通り受け取られなかったのなら、それは私の言葉表現方法が悪い。

そもそも受け取ってもらえなかったのはきっと今までの積み重ねもあるのだろう。

私の信用は、もっと前には既になかったのだろう。

Aが私に対して「許せない」と感じているのはもう仕方がない。

許されないことも仕方がないと思っている。

しかし、今でも私はきちんとした謝罪ができなかったことを悔やんでいる。

Aは私の謝罪必要としていないのかもしれない。だが私が謝罪をしない理由にはならない。

人間として、相手のことを本当に大事に思うのならば、きちんと謝罪をするべきだったのだ。

ここまでで書いたことはあくまでも私の主観に基づいたものだ。

ない頭を振り絞りAの立場に立って考えたつもりではあるが。本心はAにしかからない。

Aの本心を聞けなかったこと、強引な手段しか本音を聞けなかったことも非常に後悔している。

何にせよ、もう私たちは戻れない。二度と戻ることはできない。

Aが私を許せないのと同じくらい、私もAのことが許せないのだ。

かつての親友であっても、二人の共通の友人とは今は関わりがほぼない。

共通コミュニティに属していない以上、時間とともに価値観の相違は生まれものだ。

Aも私も、少しずつお互いにずれていっただけなのだと思う。

Aが使っていた「ばかたれ可愛い」という語彙がなんとも下品で嫌いだった。

家に招いたとき、部屋中に飾った好きなキャラのグッズやぬいぐるみを見て

ちゃんと定期的に埃とか取らないと汚い」と言ったことが許せなかった。

言いたいことをはっきり言わずに態度に出まくりなところが本当に嫌だった。

自分けが被害者のような態度を取られるのが不満だった。

誰が聞いてるかもわからないオープン場所で人の悪口を言ってる姿が情けなかった。

「もうとっくに友達じゃない」と思っていたのならさっさと切ってほしかった。

友達として終わってる」なら私の結婚関連の祝いの言葉は何だったのか。

これらは全てAが悪いのではなく、私の価値観に合わなかっただけである

それでも私はAを許さないと思う。

Aが私を許さないのではない、私がAを許さないのだ。

以上、非常に長く見苦しい文章を読んでくださった方に感謝します。

2024-07-16

結婚してから女性差別に直面するようになった

当方、30代女性

中小企業管理職年収700万ちょい。

  

結婚してから部下(50代女)に「数年は妊娠しないでくださいね!私が定年まで◯◯さんには世話焼いて欲しいんで!」とか部下(30代男)に「結婚したなら営業成績下がって給料減っても安泰ですね!」とか言われるようになって毎回すげーむかつく。

子供は授かりものですから」とか

「夫とは家計別だから関係ない、相手が働けなくなったら私が養うことになるから責任は倍だよ。」

とか言って躱しているのだがめちゃくちゃ腹が立っている。

さらに前述の50代女に至っては「娘が授かり婚をしたので孫休暇(社内にそんな制度はない)で一ヶ月休みます♡」と言って突然休みに入った。

こういった調整をするのも管理職の務めなので

黙って対応したがどの口が…!と内心思っていた。

上司や同じ役職の同僚は結婚後も対応は変わらないのだが、部下ばかりに差別的なことを言われる。

これ、もし私が部下に言ったら一発アウトだよね?

毎年受けているハラスメント研修で配られた

資料では加害者が同僚もしくは上司取引先を想定した内容になっているため、私のようなケースはどうすればよいのか記載がない。

やはり「そのような発言不快です。次回このような発言があった場合には人事部に報告します」

というような毅然とした態度が良いのだろうか…

2024-07-13

田舎中小企業・30代

新卒求人媒体に100万円以上払ったが、新卒は1年も経たずに辞めた。残るは行き場のない年食った中堅社員のみ。ここに明日はあるか。

     

・ここは中小企業

  ・売上規模5億円にも満たない中小企業

  ・人口規模5万人に満たない田舎

  ・研修もなく、ぶっつけ本番で4月1日から電話応対させられる新卒新入社員

  ・年功序列のため出世してしまった割合計算が出来ない40代管理職

  ・30代の求職者を中途雇用するも入社半年も経たずに身体に支障が出て休職

  ・60歳~30歳の男性社員が30代の女性社員を「女の子」呼び

   ・それをセクハラ非難するわけでもなく純粋に喜ぶ女性社員

       

負担選択

  ・お子様の学業・心身の事情により唐突休日および早退申請を行う社員

  ・サビ残してまで代打業務をこなす独身実家暮らし社員

   ・缶コーヒーと共に労いの言葉をかけるも反応は風になびく向日葵

  ・入社3ヵ月で退職した新卒新入社員

   ・電話応対後の内容を指導先輩に報連相するも溜息をつかれたとの事

   ・トイレに篭り30分~1時間出てこない日が何度かあったとの事

     

    

それでも、ここには明日があるさ。

2024-07-12

新人向け】会社仕事ができるようになるテクニック

こんにちは4月入社の方はもう3ヶ月たちましたが元気にやっていますか?

出世したいかどうかはさておき、人生の中で多くの時間をかけるのであれば、穏便な人間関係の中で働きたいと思う人は多いのではないかと思います。穏便な人間関係もつためには、先輩や同僚の性質によるところも大きいですが、じつはあなたの振る舞いによっても変わります

自然とそんな振る舞いができる方も少なくないですが、これまでと違い、年の離れた人たちが多い環境では、あえて教えてくれる人も少なくできない人はいつのまにか失敗してしまい穏便な人間関係を持ちにくい方もいるでしょう。

そんな方々に、上から目線で恐縮ですが、数点テクニックを授けますコメント歓迎です!

1.返信もしくはリアクションをする

メールだったりSlackだったりであなた宛てになにかを頼まれることがあります

そのとき、気付いたときに返事をしたり、リアクションスタンプ)をとって、受け取ったことを依頼者に伝えると依頼者は安心します。

それがなければ、依頼者はあなたが依頼を見逃しているのか、困っているのか判断できず気にし続けることになってしまます

依頼に対して、不明点を訊いたり、対面(もしくはビデオチャット電話)での意識合わせしたいであったり、見込みの所要時間を伝えるとなおよしです。

2. 数時間以上リアクションできないときはわかるようにする

予定がないにもかかわらずチャットでのメンションに3時間以上対応ないことは基本ないようにする。

例えば集中モードに入るとか研修や客先訪問があるのでSlackはみません、というときはあらかじめ宣言しておくかステータス更新しておいてほしいです。

※ 突発した打ち合わせやなんらかの対応があった場合は仕方ないですがその場合は、そういう事情があった、と「言い訳」してほしいです。

3.休むときはチームに共有する

労務的には勤怠管理ツール申請するだけでよいのですが、これだと上長しか把握できません。チームのいるチャットなどでも共有してもらえないと、チームはあなたがいない理由がわからず困りますSlackでしたらステータスを設定しておくと便利です。

また、体調不良なら仕方ないですが、それ以外で、例えば明後日休みます、というときはその日にあなたが主要な参加者となる打ち合わせを調整してください。小規模の打ち合わせであればリスケを依頼するか、議事録を読んでおくと宣言するなどあるとチームメンバーフォローやすくなって一緒に働きやすくなります

4.あいさつする

出社したときおはようございます、と言ったり、退勤するときに、おつかれさまですといったり、お先に失礼します、というだけでちょっと信頼感があがります。何も言わずにいなくなると不審に思われます

あいさつなんて儀式的なもの社会でいらないと思うかもしれませんが、先輩方も人間で、人間は複雑です。単純接触効果で声をかけるだけでも信頼感は増えます

※ 多くの人間が長時間残業している職場であれば定時に帰ることにひけめがあるかもしれません・・・

5.声をかけられたときに、顔を向けるかひとこと返事をする

声をかけられたときに、パソコンに向かいながら話を続けると、話を聞いてくれていないと信頼を失いやすいです。

すぐに手を離せない場合は「この返事をするので少しお待ち下さい」であったり「あとでそちら行きます」などと伝えるなどしてください。

6. 失敗したとき申し訳なさそうにする

誰でも失敗します。そして組織での失敗の場合は、チームの責任でもあってあなたけが悪いわけではないです。

というのは前提なのですが、失敗のフォローをしてもらっているときには、すみませんでした、もしくは、ありがとうございます、など一言声をかけるだけでも印象は違います

以上です。ほかのテクニック見出した方がいれば、はてなブックマークコメントするか、右下の「言及する」をクリックしてはてな匿名ダイアリーでお知らせください。

なるべく楽しく働いてお金を稼いでいきましょう!

北朝鮮みたいな弊社

現場社員が書留(400円)を1通無くす → 総出で捜索、始末書面談、再発防止策、研修強制参加etc.

経営陣が買収に失敗して2年で6000億円の損益を出す → 特に反省もなく何のプレスリリースも無く退職金満額

下っ端は郵便物一枚無くしても怒涛の如く怒られるが、上に行くと何をしても怒られないし労働組合も仲間なのでノーダメ株主総会でもしかしたら怒られる程度)

まさしく北朝鮮

医師免許を取ったが、自分のなりたい医者になれなかった。

医者8年目。

専門医もとらず、田舎診療所でショボイ内科をしている。

  

本当は、外科に行って、徳洲会あたりの外科救急とかこなしまくりたかった。

しかし、実際は、初期研修後は後期研修をせずに、あっさりとハイポ(楽な)バイト先を探し、週2〜4くらいでフリーター

簡単救急対応と健診とかの外来継続診療はできるが、病棟管理は既にできない。

一念発起して、学位博士)とかを取ろうと頑張って、研究は才能があったのか論文コンスタントに出せている。博士普通に取れるっぽい。

  

学生時代は、研究に全く興味がなく、「臨床できずに研究できない医者とか哀れすぎる、普通に稼げるようになってから研究やれよ」と思ったが、まさにそれに自分がなった。

  

恥ずかしいが、博士を取ったら、もう少し、他の救急バイトとかバイトの幅を増やそうと思う。

救急バイトとかで病棟とかも少しは目に入るようになるだろう。

  

できれば、救急専門医をとって、ICUとかの集中治療専門医とかなりたいが。

自分能力じゃあ3年も後期研修をするのは無理だと思っている。

田舎診療所でも、十分な額稼げてるしなあ。

2024-07-11

anond:20240711143001

なぜかタメ口

クリエイター系これめっちゃあるよな たぶん会社でそういう研修無いんだと思う

特に2D絵描き全般に多い

anond:20240711130702

水俣病の軸にポンコツ研修者がSNS承認欲求炸裂、贅沢日本ケチつけながらKADOKAWAでよちよち。JAXAエリート不正研究名指しで学者(発達)が嘘力学駆使。正義謎の技術職が、正常子どもたち憧れないわけ。

急募 頻繁に受験できて試験一発で合否でる資格

最近転職して思ったのだが

資格取得に一時金が出る会社が多い。

月々の手当てになった方が長く勤めるにはいいが、一時金だと一気に100万前後もらえることも珍しくない

難易度は不問だが、なるべく一時金が高そうで、頻繁に受験出来る資格を教えてくれ

定期講習だの研修を挟まないといけないやつは除く

2024-07-10

anond:20240709205020

職場については先輩も1年目だし、まだ研修間中のようだからからずに言っているんじゃないかね。

博士課程や修了後が厳しいというのは君も知っているはずで先輩の言うことは極論ではあるけど、それに加えて先輩は博士中退から君に嫉妬している部分もあると思う。

自分が夢諦めたところに君のようにまだ真っ白でキラキラ輝いている人が来れば羨ましい気持ちになるもの

それで博士課程に行かせないように、自分が行けなかった領域に到達できないように阻止する発言しているのかもしれない。

自分のことはあまりわずアドバイスと称して君のことばかり干渉してくるのは困りもの。信用に値する人間判断するためにも先輩の研究歴(特に論文数、学会での受賞歴)を確認すべき。

他の人も書いているが先輩の例はたった一つに過ぎないから、色々な人に話を聞いてみたり、実際に就活インターンをしてみるのがいいと思う。

2024-07-09

進路相談:この先輩の職業観は正しい?

私は理系修士1年。

将来は博士課程に進学し、博士修了後は海外研究機関へ行こうと考えている。そのため週一回英会話教室にも通っている。

しかし、その英会話教室である先輩(男)に出会い気持ちが揺らいでいる。

先輩は社会人一年目。博士課程を中退し、国家公務員キャリア技官となった。

先輩は色々と私の進路にアドバイスをしてくれる。

博士課程は教授奴隷」「博士取っても就職口なし」「博士就職してから取ればよい」と博士に厳しい。

からから就職活動をして修士就職せよと。

さらには公務員世界は「天国」のような環境であり、自分のしたいことができる「夢のような世界」だと私に会うたびに誇らしげに語ってくる。

先輩の職場最初の1年間は研修期間で、その間は付属工場で働くとのこと。1年たてば希望部署に行けるらしい。

そのため、私に修士就職して「早く俺のような楽しい世界に来いよ」と国家公務員をすすめてくる。

先輩はなぜ博士課程を中退したのか、なぜ国家公務員になったのか、どんな仕事をやっているのかについては、聞いても具体的には教えてくれない。

この先輩の言っていることは正しいのでしょうか?信じてよいのでしょうか?

2024-07-07

底辺高校出身雑記

中学時代自分は不良では無い不登校になってしまい、中学2年までは中の下だった成績が、中学3年では得意教科以外は完全に下から何番目になった。家には金がなく、親には時間も無く、子供がたくさんいてそれぞれが不良ではないもの学校にいけなくなりつつあった。服は伸びきっていて毛玉が沢山ついていて、靴は擦り切れていた。割れメガネ接着剤で直した。親は綺麗で流行りの格好をするのは見栄なのだと言っていた。金がなくてそれが原因でよく怒鳴っていたし、私のせいじゃないと親は泣いていた。いやお前のせいじゃん(もちろん今思えば親だけのせいじゃないけど)、なんでバカスカ産んだんだこの人たちは思っているくらいには嫌なガキだった。さすがに言うことは無かったけど。数学英語特にダメだった。嫌われるのが怖くて、同世代の人が怖くて、喋れなかった。かじりついてた本が、唯一自分の逃げ場所だった。

定時制に入ろう思っていた。それでも定時制よりかは全日が良いと言われ、名前書けば入れる高校に入った。定員割れしていたので、落ちるとかいものはなかった。

その高校ではきちんと手間かけて貰ってる子供殆ど居なかった。放置されて金もかけてもらえない子どもか、女であれば親にこき使われていた子も多かった。そこには知的障害っぽい子も数人混じっていた。入って1週間で3人くらい不良みたいなひとたちが辞めた。

最初の授業は数学は足し算、引き算。英語アルファベット国語平仮名からだった。みんな笑っていたけど、自分先生たちが好きだった。そこには情報の授業があって、BASICをやった。■の記号で丸を作ったり、お花を作った。楽しかった。卒業の時にはクラスの人数は半分になった。

就職時気に一般就職IT会社を探して応募したら、何故か受かった。そこは小さい会社だったが旧帝の人間が沢山いたり、要件定義天才のような人間がいたりした。自分のような覚えの悪い人間は居なかった。文字通り反吐を吐きながら、激しく失望されながら数時間にわたって叱責されつつ、頭を下げたり反発したりして数年で仕事を覚えて、そうしてストレスばかりかかる売上のないシステムを任されて3年で病んで酒を手放せなくなった。ある日いきなりチーム解体が決まりクラッシャー有名人だった人間の下に着くことを契機に辞めることにした。世話になった会社だったがもう無理だった。コードが読めなくなっていた。安い給料手取り15万。背中に汗をかきながら電話要件不具合を聞いて、見積もりに対するクレームを聞き、不具合修正リリースし、不具合の原因と修正内容を説明し、見積もり説明資料を作って、別日リリース予定のなんかを製造して、明日イチリリース対応予定の何かのために18時に電話がかかってきた。何が一次受けだよ。クソ喰らえ。(それをここに書いたらフィクションって言われたな、いいよな恵まれた所にいてよ)

頭を休ませるため2年、毎日温泉に入ることができる福利厚生がついた職場仕事をしていた。

そのあとまたIT業界に戻ってきた。次はでかい会社がいいと思ってでかい会社に入った。給料が良さそうだし、役割分担されていそうで、作業が多そうだったからだ。

研修間中だった自分の目の前で違う人間高卒には見えないです〜って何がなんでもやりますって何も出来ないくせにと嫌味を言いながら笑っていたクソ女がいた。面接の際に自分が使っていた売り文句をなぞるように言っていたので完全に自分のことだ。でかい会社には本当にこんな女がいるのか、すごい。そいつを人事に刺すためにも出世しなければ、と思って粛々と仕事して1年で同じ役職なった。なのに、その女は辞めていた。大学まで卒業した人間が、底辺高卒自分と同じ役職で大したことない仕事しながらピーピー喚いてるのは恥ずかしくないんすかねと言うか、大変そうだったのであなた仕事を教えてあげようと思って同じ仕事ができるようになりましたけど、何か悩んでることは無いですかというか悩んでいたのに本当に残念だ。

予想通りでかい会社残業が80時間になろうが多少楽だった。残業代出るし。23日間連続勤務になったりしないし、ある程度役割分担されていた。配属してすぐに炎上して3ヶ月ほどで配属先に入っていた人間リーダー以外全滅したが、自分は割とピンピンしていた。次はコミニュケーション能力の高さで要件定義補佐でツモった。でも自分能力は本当はそんなところにない。タフさだと思う。病んでもやるぞ、次の仕事だ。

2024-07-05

上司と部下の良いコミュニケーション理想現実

あなた工場責任者だったとする。

工場設備について新人10人程度に研修をしなければならない立場だ。

工場では絶対に押してはいけないボタンがある。

研修でのその際の伝え方として

1.「このボタンを押すとラインが止まって、安全確認作業をするのに30分以上かかってしまうからさないでね」

というのは理想だが、

2.「このボタン触ったらクビだから!」

と言った方が優しい。

なぜなら研修によって様々な情報を受けるなかで、情報重要度を正しく整理できる人はかなり少ないからだ。

また初めての場所は緊張感が高くIQ普段より下がりやすい。

まり言い方は優しいが、研修を受けてる側にとって負担がかかる伝え方なのだ

しかインターネットでは2の方法で教えると叩かれ、1の方法で教えると称賛される。

ちなみにマジモンの発達障害はあのボタンを押せば仕事を辞めれるのだなと解釈するのでそこには留意してくれ。

2024-07-01

あと273日

大学卒業後、数年間の非正規を経て特別区職員になったのが今年の4月

介護制度高齢者福祉障害者福祉部門に配属され現在3ヶ月経

からないことが多いから窓口や電話では来庁者や施設の人から怒られベテランの前任と比べられ、システムの使い方に慣れておらず事務仕事が遅かったり決裁に不備があったりして上司や先輩にストレスをかけている

地方自治体特有の「研修なしでいきなり新採現場の頭数にカウント」やマルチタスクに潰されている

自宅最寄駅から職場までは地下鉄で15分だが何度も「職場最寄駅で降りようとしては躊躇し乗り過ごす」を繰り返すため通勤に1時間半かけている

せめて1年間は勤務してから辞めようと思ったが、辞めたところでニートする余裕はないし、公務員から待遇の良い民間への転職不可能

ミスやらかし職場トイレで手首を切って死のうとした時にふと「せめて1年間勤めたら自殺しよう」と思った

あと273日

土日祝日有給休暇分はカウントしていないので実際の勤務日数はもっと少ない

辛いけど終わりが見えている分少しは気が楽

発達障害者は健常者に仕事奪われてる?

よく、発達障害持ちの無職ニートに「それくらいなら働ける。働けよカス」って言う人いるじゃん?

じゃあ、無職ニートが「こういう仕事したいです。研修も受けます」って言ってるのに、「今、その仕事は人手足りてるのでいりません」って言われるのはどうなん?

発達障害って「脳の病気」って認められてんじゃん。だから障害者手帳とかあるわけで。病気なんだから、それしかできない、できることが少ないのは仕方ないじゃん。だから、健常者は発達障害者のために転職すべきなんよ。他の仕事もできんだから

 

で、仮に働き出したとしても、心ないクソが職場にいて、また退場してしまうこともしばしば。目に見えない病気から軽視されてるけど、病人の1番気にしてる部分に塩塗ってんだよ?小中学生ならまだしも、社会人でこれやるのが軽い犯罪しかならないのえぐいよ(イジメが軽くみられる日本だし、仕方ない気もするが…)。

 

バランス調整難しいと思うよ。健常者に何でも我慢しろっていうのもおかしいから。ただ、まだ受け皿ってちゃんと作られてないなと思うわけ。もっとも、発達障害云々が叫ばれるようになったのも近年の話だし、逆に受け皿は整ってる方だとする見方もあると思う。

 

給料は低くていいよね。流石に。

 

まあ、発達障害って言ってもピンからキリまであるからね。知的なのか情緒なのか。その中でも特性さらに分かれるし、発達障害理解して受け入れることができる人って、健常者の中でも突出して頭のいい人だけだと思うし。

 

こういうのって自民だろうが民主だろうがれいわ、維新だろうが、なーんにも進歩する気配ないよな。いや、自民は進めてきた方か…?俺、若いから分かんねえや。

 

近年、発達障害持ちの中年問題視されつつあるのと、少子高齢化問題じゃん?でも、驚くことに発達障害児は増えてんだよね(単に、発達障害に対する理解が深まったから増えてるように見えるだけかもしれんが)。

 

俺の母校(小学校、大体700人くらい?)だと、俺の時は全員合わせて5,6人しかいなかったのが、今は1クラス作れるくらい(30人くらい)いるんだと。そして、教師も足りないから、通常学級の担任をさせれない無能特別支援級に寄越されて地獄と化してるそうな。

おいおい、これからうなっちまうんだよ…と、ちょっとだけSF感あって、不安とワクワクが入り乱れてる。

話に終わりが見えないからここで終わる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん