「管理職」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 管理職とは

2017-09-20

女性管理職をやっかむ、ズレているオジサン


女の先輩がマネージャーになった

今日女性の先輩がマネージャー職になることが通達された。

社会営業部門では初めてのことだ。

僕はまだぺーぺーだから

出世争いに加わるのは先の話だけど

うちの会社も、やっと古くさい昭和の皮を1枚脱いだのだと喜ばしかった。


先輩は任された係で新しい取組をどんどん仕掛けて実績をあげていた。

他の部門との連携でもうまく調整していた。

彼女が抜擢された役職は、それまで他のマネージャー兼務していたか

ポストのものも長らく空いていたんだと思う。

実力と環境とがいいタイミングで重なった人事だと感じた。


それでも、前世から抜け出せない、ひねくれた見方をするオジサンがいた。

「〇〇さんは産休で休んでたのに、なんでこんなに早くマネージャーになれるんだろう。俺もあの部門に行きたいよ」


先輩は確かに産休・育休を取得していたけれど、

それはもう大分前のことで、ここ数年は出産前と同じようにフルタイムで勤務していた。

「俺の方が彼女より実績をあげている」とか「もっと会社に貢献している適任者がいる」とか

先輩の実績を見て人事に文句をつけるならまだしも、

産休で休んでいたことは先輩が出世することを否定する理由にはならない。

しろ産休で休んでいた間のGAPを乗り越え

家に子どもを抱えながら、

より効率よく、なるべく残業せずに成果をあげていたことは

先輩が有能であることの証明だと思う。

文句をつけたオジサンは、仕事人間だけれど

所謂セ・パ両リーグ制覇((セクハラパワハラ両方すること))の人。

僕も、オジサンの心無い発言を受けた同期の女の子に泣きつかれたことがある。

どんなにその人自身が実績をあげていても、

会社という組織の中で

わざわざ目下の人を踏みにじって余計な軋轢を生む人は

採用コスト教育コストを積み増す生産性の低い人だと思う。


限られた時間で成果をあげていた先輩が、他人気持ちが思いやれないオジサンより先に出世したことはとても良いことだ。


僕が子ども妊娠することはないけれど、

まれてきた子ども身体が弱くて、時間お金がたくさんかかるかもしれないし

いつ実家の親が倒れるか、いつ自分自身病気になるかもわからない。

ライフステージの変化があっても、

限られた時間で大きな成果を上げられる人になりたいし

置かれた立場で最大限の力を発揮する人を評価する会社でいてほしいと思った。

2017-09-16

成績が良いか管理職にするのは無能じゃない?

成績が良いのと管理職能力は別だと思う。

成績が良い営業管理職にするより、そのまま営業させた方が利益率は高いはず。

上司給与高いのが耐えられない上司にするのが一番無能

2017-09-12

指示待ち批判する人は経営者の指示を知らない

日本中小管理職経営者から受ける指示というのは「売上上げろ」ということを豊田議員マイルドにした感じで受けることじゃないでしょうか。そこにマネージメント余地があるのかは疑問ですね。

https://anond.hatelabo.jp/20170912103426

どうして、管理職を一度もやらずに止めるのかわからない。

平職から管理職になったら、自分管理やすいように仕事を変えられるチャンスだと思うけど。

平職で上司残業ストレスで過労しているのを見ていたからかな。

手に職とか、職種にこだわって今まで仕事をしていなかったのならば、無職になって喪失感があるのはわかる。

趣味でもいいから声がかかるくらいに何かに打ち込むとか、アクションを起こさないと本当に脱落しちゃうよ。

引きこもったり世捨て人みたいな生活をせず、毎日家族以外の1人以上と会うべき。

モンハンとかポケモン好きすぎて仕事貰えてる人もいるくらいなんだから

これからどうすればいいかからない

今29歳。会社を3ケ月前に辞めた。

さいこから先生や周りの大人に抜群にウケが良かった。

小中は地方公立に通った。自分からは言い出さなかったけど、周りが勝手学級委員とか何かの代表に推薦してきたり、いわゆるヤンキーとも普通に友達だった。

クラスに馴染めない子がいたらそれとなく声をかけたりもしてた。

成績もまあまあ良かったから、推薦で私立高校特待生で入って大学に行った。

大学入学直前うちにお金がないことがわかって新聞奨学生として学費生活費を稼ぎながら通った。

大して勉強したいこともなかったが、周りがみんな大学行ってたから専門や就職は考えなかった。

学費の元をとろうと思って就活も頑張ったら第一志望の企業に行けた。

入社最初カスタマーセンターに配属された。電話死ぬほど苦手だったので社会人生活終わったと思ったが、すごく頑張ったら3ケ月後にナンバーワンになってた。

それから色々経験して、5年目くらいにはやりたい仕事もポツポツできるようになった。

社会人7年目に入ったころ、上司からあなた管理職にしたい」的なことを言われた。

一瞬で頭にたくさんのことが浮かんだ。残業満員電車責任会社への帰属意識。どれも人生で楽しくない要素ばっかりで、急になんでここにいるのかわからなくなった。

ちょっと考えて、その場で「辞めます」と言った。

ここで初めて、レールから外れた。

今までずっと、誰かが示してくれたレールの上を落ちないように走ってきた。

自分で考えるよりも先に、誰かが課題を与えてくれたから、それをがむしゃらにやってればよかった。

29年間、自分で考えることをサボってきた。

この3か月間、色々な本を読んだり、自己分析したり、勉強したりしてるけど、自分がこれから何をやりたいのか、どうやって生きていきたいのかよくわからない。

ネットにはよく「好きなことを極めろ」とか書いてあるけど、好きなことが見つからない。

受動的に過ごしてきたツケだと思ってる。

会社を辞めたことは後悔してない。自分が初めて与えられた環境にノーを言えたからだ。

初めて自分の声を受け入れて、とても気持ちいいと思った。

ただ、今とても苦しい。

自分の進む方向を自分で考えて決断することが初めてだからだと思う。

また会社員として働くこともできるし、東京を離れることだってできるし、地元に帰ったり、地方移住したり、外国に行くことだってできる。

レールの外歴3ケ月の自分には選択肢が多すぎて頭がパンクしそうである

【追記】

みんな想像以上に温かい言葉をくれて、泣ける。本当にありがとう

1人でぐるぐる考えるタイプからコメントを見ていて自分自身も気づかなかった部分や選択肢が見えてきた。

電池切れとか確かにそうだったかもと思った。

自分の考えをネット上で書くことにものすごい抵抗があったけど、書いてよかった。ありがとう

2017-09-11

anond:20170911182148

みんなそんなに仕事してないけど、いざリストラするときはそれを利用するんだよな。

プロキシログとか利用して。

リストラ材料業務専念規定を使うも使わないも管理職次第。

忖度忖度

2017-09-09

人事部残念!あなたはしょせん低学歴

氷河期入社A:「顧客担当からも頼りになると言われました。勉強もして資格も取りました」

人事担当者C:「そうですか。頑張りましたね。しかし、残念! アナタはしょせん専門学校卒ですね」

氷河期入社A:「え?」

人事担当者C:「いまの時代大学卒業もしていないなんてありえないのですよ。アナタ処遇をアップ

させると、アナタの同期の大卒者の士気に影響します。ただ、確かにアタナの現場から評価はかなり高い

ですので、会社としては貴重な戦力として期待しています。今後もぜひともがんばってください」

氷河期入社A:「……」

……

現場管理職B:「おい! あんた、ウチのAに何を言った? 学歴理由処遇は上げられないなどと言った

らしいな。すっかり消極的になってしまったぞ」

人事担当者C:「事実を言ったまでです。ウチの会社に入るには本来、最低限MARCHクラス学歴必須

のはずなのです。それなのに、過去採用担当は何を考えたのか知りませんが、専門卒などを採用してしま

た」

現場管理職B:「…あんたなぁ。新人ならまだしも、入社して10年を超える中核メンバーだぞ。現場での

仕事で実績も積んでいる。学歴なんて関係ないだろ」

人事担当者C:「現場での実績なんて、我々人事部からは見えませんし、客観的評価もできません。客観的

評価ができない時点で意味が無いのです。我々にもこれまでの人事データを持っています。全体的な傾向から

も、学歴が基礎能力と比例している事は確かなのです。会社は長い目で人事評価をしているのです」

現場管理職B:「長い目もけっこうだが、ウチの人事評価制度は成果型に変更されたはずだが?」

人事担当者C:「あなた方、現場管理職の皆さんは、たいていご自分の部下を過剰に評価する傾向にあるので

す。全社的な視点で成果点のバランスを保つことも我々人事部の役目です」

……

人事担当者C:(本当にめんどくさい。何が現場だ! しょせんは底辺仕事をやっている連中ではないか

Fラン大卒以下の専門卒なんかが、うちのような一流企業正社員としていること自体おかしいんだ。

会社を裏から動かしているのはコッチなんだよ! クソが!)

……

(数ヶ月後、初夏)

新入社員D :「この度、xx部xxグループに配属されましたDと申します! まだ仕事の事は右も左も

わかりませんが、よろしくお願い致します!」

氷河期入社A:「……右も左もわからない? 君は大卒なんだろ? 大卒様ははじめから大卒よりも仕事

なんてできて当たり前なんじゃないのかい?」

anond:20170908195021

そりゃ「ぱっと動ける環境」「不正ミスを防ぐ環境」は両方バランスを取らないとならないですがな。

前者は不正ミスが多く発生する。後者はとにかく行動が遅くなる。

良く言えば経験豊富、悪く言えば、大量のミスミス危機書籍から学んで抑えるところを抑えている人がバランスを取るのがいいが、結局人としての特性に戻る。

不正ミスを防ぐ環境」をとことん突き進めたのが、日本稟議社会、その結果行動力が遅くなった。

たいして、とにかくぱっと動ける環境を重視しているのが、中国企業。その結果安かろう悪かろうになってる。

しかし、後者ミスを踏まえて、抑えれるところを抑えて、両者のバランスがとれた上層部管理職が十分できた中国企業には日本企業はもうかなわなくなってる。

そのバランスができるような上位職は給料むちゃくちゃ多い。まあ、そういう上位職だと見抜け、扱えるその上の経営層がいるか給与を出しても惜しくないとなってるんだろうけど。

日本の多くの年功序列と、自己アピールうまいやつを昇進させてきた上位層とは訳が違う。

で、日本が「不正ミスを防ぐ環境」を完全無視したのが今のブラック企業蔓延だとは思うね。

から、上の2つは、どちらも注意しないとならないんだけど、制御できずに極端から極端しか扱えないんよ。

で、とにかく最近はテキトーマネジメントでぱっと動ける環境の方ばっかり取り上げるからエンジニアが苦言を呈していることもある。

一方ミスが怖いから前者を嫌うこともある。特にキトーマネジメントで、ミスったら、誰かをスケープゴードにして反省せず乗り切るみたいなのが見える職場では。

どっちなのかは相対的ものだけどね。

2017-09-07

anond:20170907135754

でもその百姓どもを殺したのってたぶん秀吉じゃないよなー

秀吉意思忖度して媚びようとした裁判官役が死刑にしただけだよなー

ほんと中間管理職って癌

男だけど「女性差別!」とかいわれると大抵

「いやこれ男女逆なら騒ぐほどのもんじゃないしぶっちゃけ騒がれすぎだと思う」としか思えない

で、「だって男はこう優遇されてるはずだ!」といわれる例が男女平等でもなくて特殊な男の一例を全体に適用されてるし只の我儘にしか見えない

管理職には男が多い」→「男というだけで職業役職も好き放題、女には職業選択の自由がない」とか

家事をしない男性もいる」→「たとえ共働きでも男は女に家事を任せて自分では全く家事をしない」とか

あれ何なんだ

anond:20170906224918

2017-09-06

10年かかった

営業

配属された部署20代から30代中盤までが多く、若いゆえの活気で溢れていた。

仕事でも血気盛んにガツガツするタイプが多く、午前様が見えても残業は当たり前、何ならそこから飲みに繰り出すという、営業らしいといえばとても営業らしい雰囲気

一方で若いゆえかコンプライアンスはゆるゆるで、10年前といえば管理職でも大概なものであった。上場企業であるにも関わらずだ。

アルハラセクハラパワハラ縦横無尽跋扈し、新入職員は時に鬱になり、時に離職し、時に異動していった。

その矛先は当然私にも向けられ、飲みに行けば二次会三次会当たり前。カラオケに行こうものなら一気コール

用を足すふりをしてトイレに向かい、口に指を突っ込んですべてを吐き出し、涙目を隠しながら午前二時の薄暗いカラオケルームに戻ることはしょっちゅうだった。

戻ってみれば酒にタバスコが入ってる事まであった。疲れて寝そうになれば氷とお絞りが容赦なく飛んできた。

苦労して就職活動を終え、大人の仲間入りしてやる事が飲みサーの延長以下という事実はあまりに腹立たしく、土日は怒りが頭を支配していた。

酔いつぶれるのは嫌いだし、翌日の仕事にも良い影響を与えないということはわかりきっているのに、やれ「お前は潰れないからつまらん、もっと飲め」だとかで酒を注がれ、頭の悪すぎる先輩に至っては「寝坊して出社して怒られるのが新人」みたいな夜迷いごとを言いながら笑っていた。

たった10年前だ。

私はこんな職場絶対に染まるもんかと心に決めた。ニコニコしながら酒を飲み罵声を浴びてそれでも耐えた。

どれだけ辛くても定時の一時間前には平然とした顔で来て、仕事をこなした。

今思えば可愛くない後輩である。目をつけられるのも当然なのかもしれない。

後輩が来た。この子は辞めるのだろうか、残るのだろうか。その子はそう時間がかからないうちにパワハラアルハラセクハラが当たり前な人間になって行った。

どうやればこの状況を打開できるだろうかと考えた。

一つは経時的な変化を待つこと。

営業職お馴染みの異動がある。

数年ずつクソみたいな先輩は異動し、別の先輩がやってくるか新人が入る。

別の先輩がクソではない保証がないこと、新人が残るクソみたいな先輩に染まる恐れがある事から耐え忍ぶだけでは環境正常化しない恐れもあった。

二つ目自身立場を強くすること。

これまた営業職らしく数字が上がっている奴は一目置かれる。発言力が増すのは会議時に限定されない事がわかっていた。

三つ目にコンプライアンス違反通報すること。これもやんわり狙ってみたがクソ先輩共はクソ上司(直属以外でも)と繋がりがあり、まだまだコーポレートガバナンスがゆるゆるな当時はリスクしかない様子が伺え、断念した。

何なら当初コンプライアンス違反認識し(感じ)ているのは私以外に居ないような状況で、分が悪すぎた。

四つ目に後輩教育の徹底。入り口で「染まらないように」コンプライアンス遵守を求めた。

結論から言うと三つ目以外を並行して行っていった。

時の流れには人の入れ替わりを促す力とともに遵法意識を少しずつクソ先輩方に浸透させる力もあったのか、少なくともハラスメントリスクであるという認識をクソ先輩方が有するようにはなってきた。

自分の社歴が増し、一方で結果を出せたことから支店内における発言力はかなりの勢いで増していった。

時にクソ先輩の業務を引き継ぎ、いかにクソ先輩が仕事をしていなかったかを詳らかにしても、私の発言であればそれは十二分に説得力を持ち、上司や後輩、また別のクソ先輩方に響かせる事ができた。

それから間もなくして私に業務を引き継いだクソ先輩には懲罰人事が下された。

ここ数年になり、上司も変わり、ますます私の影響力は増していった。

幸いなことに、上司も遵法意識の高い方に変わった。

クソ先輩や後輩の仕事上司とすり合わせるところまで来た。何ならクソをクソと言い続けるだけでクソコンセンサスを得てクソは他部署に飛んでいった。

ここまで来るとクソ先輩方はもうただの先輩になっていて、特に脅威を認識する必要はなくなってきた。

後輩たちに関しても、少なくとも私が入社した頃のような理不尽享受することはなくなった様に思う。後輩が後輩を傷つけることも無さそうだし、仮にそんな事があれば私がクソのレッテルを塗りたくってやる。

一方でやや後輩たちの個が過ぎたり、ポリティカルコレクトネス感が強い気もしないでもないが、それはまあ私が古い人間なのか、自分が受けた苦労を無意識に美化しているのか、うまく言語化できないがまあそういう事として、ハラスメントが溢れていた時代より100倍マシとニコニコできている。

強いて言えば自分がクソ先輩になっていないかという強迫観念自縄自縛的に気になるとき最近少なくない。

ここまで書いておいて、私が職場に何か良い影響を与えられたのかというと、何だか怪しい気がしてきた。

結局辞めずに残り続けたか発言力が増しただけで、自分ハラスメントを受ける立場卒業し、後輩に恵まれただけの気もする。

それでも、この春の異動で最後のマキグソ級のクソ先輩が居なくなるとわかったとき、私は真っ先に「お世話になった先輩の送別会」の幹事を買ってでた。

サプライズとして、みんなで行った温泉海外写真スライドショーとして流してやった。

どの写真も先輩は笑顔だが、その裏で私は酒を飲まされ続け、吐いていた。

社歴を鑑みると私の異動もそう遠くない筈。

次はどのような職場に異動するのか。願わくば栄転であって欲しいが、ハラスメントなどの問題が無い所ならどこでもいい気もする。

きっと問題のある職場は依然少なくないだろうし、きっと問題のある職場は依然わが社だけではないのだろう。

クソを駆逐するのは難しいが、私は諦めない。

そして自分がクソにならない事も、諦めないでいたい。

2017-09-05

刺青怖い

https://anond.hatelabo.jp/20170902000725

男性が全員性犯罪を犯すわけでもないように、タトゥーある人が全員暴力に頼るわけでもない。

こういうの、差別っていえるよね?

刺青否定派の人間だけど、まぁ差別差別だと思う。

ただ、危機回避のために差別って必要な時もあるのも事実

私はビビリだから色んな人に色んなレッテルを張って生きてる。

車高ギリッギリまで低くしたり車検通らないような改造車は無茶な運転する率が高いから車間広く取る。

あんな車乗ってる人がまともな運転するわけないって発想は差別的だけど、当たってからじゃ遅いし死んでからじゃもっと遅い。

行った事無いけど外国スラム街付近に行ったら防犯に気を使うと思う。

貧しい人を犯罪者予備軍として認識するのはやっぱり差別的だけど、殺されてからじゃ遅いし無防備状態で行ったら誰もが「ばかだなー」と思うと思う。

私が刺青入れてる人と関わり合いになりたくないのはこれと同じ次元感覚なので、

いくら批判されて口では「差別よくないよね」なんて言っても改める予定は今のところない。全く無い。

恫喝暴力する人がこわい→彼らは刺青してる→刺青の人こわい のパターン現実的かな。

私は典型的なこのタイプ人間

恫喝暴力が怖いし、そういう人は人から物を奪ったり傷付ける事に躊躇が無いだろうから凄く怖い。

更に言うと刺青は怖い人がするって意識がある程度あるのに刺青をするって事は、

怖い人だと認知されたいって人か世間が何をどう思おうと自分意見を通す⇒そのためならタブー(法)に触れたって構わないってタイプなのかなって思うからやっぱり怖い。

自分から怖い人と同類って思われるような行動しておいて見た目で判断するな!って言い出す人も面倒だからやっぱり関わりたくない。自分中心に世界が回ってるんだなって思う。

なら、恫喝暴力禁止されるべきであって、刺青じゃないよね?

これも確かにそうなんだけど、恫喝暴力はずっと昔から禁止されてるよ。でもやる人はやるし、禁止されてる「から」やる人も居るよ。

自衛するのに手っ取り早いのはそういう人と関わらないようにする事だもん。見た目からやりそうな人とは関わりたくないよ。刺青してる人はそういう事やりそうだもん。

持って生まれもの差別されるのはなんだかなって思うけど、刺青自分意思で入れるものじゃない?そう思われる事も込み込みで入れたんじゃないの?って思う。

高卒キャリア官僚になれないのと一緒で(これだって高卒管理職に向かないって差別だよね?)、

刺青世間から歓迎されないっていうのは少なくとも現状では必然だと思うし、そうあってくれた方が怖がる側の人間としては楽。

ただ、

彫り師規制があるよ。医師免許?がないのに医療行為したって裁判になってる。

これは怖いなー。こういうのは明確に法律で線引きすべきだよね。


ファッションでやりたいって気持ちはある程度解るけどシールじゃダメなのかなって思う。

柄変えられるし好きな時に付けられるし外せるし最高じゃないのかな。柄が少なかったりするのかな?

私には、働きアリのほうが向いている

社会人になって5年目。ずっと壁にぶち当たっている。

昨日は仕事をしながら、ふと泣いていた。

気づかずに泣くことってあるんだな。

私は、管理職ではないものの「支持する立場」で働いている。

人を教育したり説明したりする事が多い職場だ。

私は「言われたことを実行する」のは得意だ。

改善案を考えたり、そのことに対する「こうなったらいいな」を考えるのは好きだ。

だが、今の仕事はそれがほぼ無い。

契約はこのくらいかかって」「これを実現するのにどうしたらいいのか」

なんというのだろうか。基軸がないような状態

必要経験が無く「どうしたらいい」という予測も立たない。

これが私には向いてないし、とてつもなく苦痛だった。

昨日は仕事を今すぐ辞めてやるくらいまで落ち込んだ。

指示するほうには向いていない。経営するには…なんて大きなことを考えるのにも向いてない。

つの目標に一途に取り組んでいくのが一番向いている。

私には、働きアリが向いている。

いつかロボット仕事を奪われる日までには

働きアリのように坦々と物事をこなせるようになりたい。

2017-09-04

紛失を「盗んだ」と表現する人

昔の職場にいた。備品の紛失を「盗んだ」と表現する人。管理職だった。自分と直属の上下関係はなかったが、嫌な感じだった。

オフィスちょっとした備品一時的行方不明になることはある。例えば、会議室ノートPCモニタをつなぐケーブルとか。誰かが忘れてつけたまま居室に帰ったとか、どっかにまぎれたとか、そういったことで一時的にどこに行ったかからなくなるようなこと。大体すぐに見つかる。普通モラル会社なら本当に盗む人はいない。

その管理職の人は、そういった時に、全社宛てのメーリングリストや社内チャットで「誰ですか○○を盗んでいった人は」とか、そういう嫌らしい書き方をする。嫌な人だなーと自分は思っていた。

大体、そういった状況でそういう場所発言するその第一目的は物品が見つかるという解決に導くことである。それをわざわざ、気づいた当人が言い出しにくいような言い方をする。それで管理職って言えるのか。

その人、テレビラピュタ放送されたときに社内チャットにわざわざ「バルス」とか書き込みにくるような精神年齢の人だったし(なぜかこの件がこの人の代表的な行動として印象に残ってる)、しょうがないのかもね。でも嫌だったので、その人が転職して辞めていったときはほっとした。

自分もものの言い方に気を付けないとなと思った思い出。

2017-09-03

ブログ転載記事けが残った

5年以上前の話。

 

ちなみに解雇理由については、

ユニオン側は不当解雇と主張しているが、実際にはカラ出張が発覚したから。

(ここは会社からしか話が聞けていないので中立的ではないが・・・)

 

このブログの影響かは知らないが、検索サジェスト

「弊社名 事件」が高い位置に出るようになった。

今まで放置されてきたが、最近になってどうにかできないか相談された。

(とりあえず「弊社の良いニュースで埋め尽くせば勝手に落ちるんですけどねえ〜」と誤魔化しておいた・・・)

 

いやいやどうすりゃいいのよ・・・

2017-08-31

上司に頼まれてた見積もりができたから報告したら

「じゃ、それ○○さん(上司上司)に見せといて」

お前の目はYoutubeを見るためについてんのか?

なんのための中間管理職なんですかね...

2017-08-30

日本を支える優秀な管理職

仕事柄多くの企業人達と会う機会があり,自社を含む日本管理職たちの優秀さに感動したのでメモ代わりに気づいた点を書く.

1. 基本的に失敗しない

通常の企業運営であれば,成功するプロジェクトがあれば失敗するプロジェクト存在する.しか日本の優秀な管理者プロジェクト基本的に失敗しない.

彼らは仕事の内容ではなくコミュ力で戦う.なので,彼らにとってプロダクトの品質不足や赤字プロジェクトの失敗を意味しない.

赤字プロジェクト数字の見せ方を工夫すれば順調なプロジェクトに見えるし,事前に政治力を働かせておけば厳しい追求もない.不十分なプロダクトも同様である

順調であると報告された赤字プロジェクトには当然,引き続き投資が続けられて赤字を垂れ流すが,発覚する前には昇進か退職が待っているので彼らに失敗はない.

会社ごと吹き飛ばしかねない特大の爆弾に成長することもあるらしいが,基本的にはその前に爆発して不運な管理者子会社へ吹き飛ばすに留まる.

2. 新しいことに挑戦し続ける

経営層に次期計画説明しなければならない彼らにとって,既存業務の強化や安定化などといった停滞はなにもしないのと同義である

積極性にかけた部下の意見に流されず,常に新しく耳障りの良い新規プロジェクト提案していくことが彼らには求められている.

もし新規プロジェクトの成果が思わしくなくても,前述の通りそれらはすべて成功したプロジェクトとして扱われる.

3. 特定技術力に依存しない能力

コミュ力という全てを貫く槍,政治力という全てから身を守る盾を持つ彼らにとって,使える状況が限られすぐに陳腐化する技術など不要である

技術開発をするよりも食事に行ったほうが仕事になるし,JavaJSの違いなんて知らなくても良い.

とまあ皮肉っぽく書いたが,コミュ力政治力長所であるのは間違いないと思う.

20代ゆとりド真ん中世代の今の私には無い能力であることは間違いないので,うまく見習いつつも本質を見誤らないように成長したい.

2017-08-28

カードを整理してみよう

https://anond.hatelabo.jp/20170828003006

今、あなたが持っているカードはなんですか?

社員フリーランス会社設立 一通りやったことある者で、今、二児の父です。

私の父は普通サラリーマンで、前述の経歴は全部自分で考えて行動しました。

1.職場を変える

2.メンターに言い方や指摘の仕方を変えてもらう

3.上司メンターを変えてもらう

4.上司職種を変えてもらう

「好きな仕事」というくだりがあったけれど、仕事って何をするかよりも、誰とするかのほうが実は

とても大事で、ほんと相性って大きい。まして、今は人口減少の時代から、これまでのように長く

いても出世できるわけでなく、管理職はよそから引き抜いてくる時代技術があっても管理職になれ

ないと、子育てで一番お金かるときに、年収が足りなくなる可能性ある。

http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001.html

俺も昔は技術大事だって思ったけど、まわりの40代を見てると、転職してどんどん小さいところに

行ってヤバそうな人と、上にジョブチェンジしている人と分かれてる。

上に行けた人は、技術はないが競合他社の情報もってる人か、圧倒的にスケールできる技術を持ってる

人くらい。とはいえ、これから技術もどんどんアジアのほうに持ってかれるから、やっぱり40過ぎる

マネジメントのほうにいかないとなんだよね。

悩む気持ち愚痴りたくなる気持ちは、凄い分かる。

おれ、フリーランスになったとき、野望があったわけでなくて、「すみません、とりあえず仕事つらい

んで社会保険いらないんで、もう少し自由にさせてください」って交渉してなった、後ろ向きフリー

ンスだったから。

でも、ストレスで2回体壊したから、さすがに2回目のときやばいと思って、ビビりながら直談判した。

フリーになってから年収は下がったけど、体調悪くすることは一切なくなった。ストレスってほんと

足引っ張るよ。生産性下がるよ。

で、それから技術力を磨いたけど、やっぱり天井はくるんだよね。俺の実力っていうのもあるけど、

前述資料でほんと納得した。若い人やアジア資本力っていう競争はほんと辛いよ。

から増田は悩む気持ち愚痴気持ちを誰かに話してすっきりしたら、すぐにでも自分のとれる

行動(カード)を整理して、それらのメリットデメリットコストを算出して。

それで、40歳くらいまでのキャリア自分の欲しい年収や将来設計可能性とかを、掛け合わせて、

納得のいくカードを切って=行動してね。

目標さえ決まれば、あとはやるだけだから

やらないでうじうじしている時間ってほんと無いんだよね。俺ももっと若いときに気づいていれば

良かったって今でも後悔してる。

俺がフリーになったとしに楽天誕生してる。その差は、どれだけ行動したかだと今はわかる。

でも、その行動が間違った方向の努力だt、今はほんと報われないから、カードの整理をほんと

緻密に行ってね。

そして、体だけは大事にしてね。

最後に一つだけ。迷ったら、親孝行になる選択肢最後に選ぶといいよ。親じゃなくても自分

大事にしている誰かでいい。でも親のためっていうのが、一番まわりが納得しやすいから(まわり

というのはいつか受ける転職先や、成功したとき自分のことを誰かに語る時、人って一人では

行きていけいないのよ)。

意外と自分のためってよりも、誰かのためにって考えて行動したほうが、意外と行動できる。

何が言いたいかっていうと、行動の脚をひっぱる人が少ない選択肢を選ぶといいよ、っていう感じです。

マイナス要因ってほんと多いのよ。

よく「人は変えられないけど自分は変えられる」ともいう人いるけど、その限度を知ってるのは自分から

あんまり無理しないで、がんばってね。

PS あと、相談する人も大事からね。やったことない人は期待する回答は得られないし、やったこと

ある人でも、その範疇しか答えられない。つまり相談っていうのは、選択肢に気づかせてくれる方法

や、選択肢を整理することを助けてくれるって考えて、答えを求めてはいけないよ。

最後自分で決めるしかない。

PS ごめん、こういうことだったよね。

仕事してるのが毎日楽しくて仕方なかったのに、今の人がメンターについた途端、正直楽しくない。」

選択肢としては、メンターに対してどうするのか、という具体的に取れる行動を考えるところですかね。

はっきりいって相性問題ってほんと大きいよ。

納得させられるのは、その相手しかいない。

「なんでそういうことをするんですかね?」

「君のためを思って・・・

(俺の言ってること通じてないダメだこりゃ)

っていうのもぜんぜんあると思うよ。前述したけど、人は、自分のやったことしか、やってきた範囲でし

か回答は言えないから。

運はほんとあるし、相性が悪い人は世の中に一定数いるのも事実だけど。

2017-08-24

2015年にもなって設立されたEC課なる部署

管理職コピペしかできんよ。

30代の管理職同族経営の息子とその太鼓持ちから、どんなに無能でも席はなくならない。

B2BB2Cだと言っているが、メールで受注する卸売と、ブラウザ管理画面しか使わないネットショップ

発注は基幹システムEDIFAXサーバを使わせてもらえず、Excel発注書を作ってプリントアウトしてFAX

部署部長より

「まあ、わしらが紙の伝票や精神論でやってきた商売から、多少なりとも進歩した形態のはずよな」

と言われるも、正直、退化してますよ。あなたが構築してきた業務支援系に類するものも一切、入れる気はないですから

てか、部長も分かって言ってるわけですが、もう数年で定年退職のはずで、

もう好きにしやがれ、な気持ちなのかもしれない。

一橋大・ゲイだとばらされ転落死「同性愛者を差別する社会が、彼を死に追いやった」ゲイ大学教授が指摘

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.buzzfeed.com/kazukiwatanabe/20170419

calmazin 偏見がなくなれば、告白される側もアウティングしてしまリスク自体がなくなるので、LGBから告白精神負担で黙ってられないと言う人ほど、偏見のない社会を望むべき。


痛いニュース(ノ∀`) : 男が女に勝算のない愛の告白をする「告ハラ」が横行…女性にとっては精神的な負担物理的な恐怖を与えるセクハラ - ライブドアブログ

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1937139.html

calmazin まあハラスメントは言いすぎ感。でも職場では辛いな…。あと男性版考えるときは男女逆転じゃなくて、男→男で考えてほしい。職場男性管理職告白されてその後の仕事が面倒になる事を考えてみて欲しい。辛い



同性愛への偏見をなくせ!」からの~「男→男で考えろよ、辛いだろ?」

まあ流行にのってLGBTがどうこう言ってる奴は大体こんなレベルだよね

BBA熱量

さっきの飲み会で、知らない女(BBA)がいた。

あの人誰?って聞いたら「僕と同じ部署の人で、なんか彼氏探してるらしいです」とのこと。

なんか知らんけど、そいつが俺の隣にきて、根掘り葉掘り聞いてくるわけ。結婚してるの?やらどこの部署にいるの?やら。

適当に話を合わせながら、そのBBAの事を聞き出したらさ…

彼氏欲しい」

自分は41なので、子供は無理」

結婚したい。世帯年収で1500万欲しい。自分も働くし。」

管理職の人と結婚したい」

とかナントカ言っててハイパー頭湧いてる。

あのな。

どこの世界に41のBBA結婚したがる管理職部長以上で年収1200万以上)がいてお前を選ぶんだよ。

カネも地位もある人間がお前を選ぶ理由あんの?

ぶっちゃけ俺はお前の要求事項を満たしてるけど、自分より年上のBBAを選ぶ理由がねーよ。

BBAって現実を受け止める事できないのな。

2017-08-23

うちの上司

うちの上司はぱっと見の印象と実際の性格仕事のやり方が全然違う。普段はへらへらして適当冗談が大好きで、暇さえあれば飲み会ゴルフばかり行っているように見えるし、実際飲み会ゴルフの回数は半端ではないんだけど、仕事資料を作って「見てください」と持っていくと案外きちんと見てくれる。しかも私が休んでいるとき本社からその資料について「数字おかしい」と指摘が入ったら私の代わりに数字計算しなおしたうえに本社側で直した部分の確認までしてくれていた。昔経理系の部署にいたせいか日本語単語固有名詞を度忘れすることはあっても、案外数字には厳しかったりする。

その上司と同じ歳でとっくに管理職になっている人もいるので、別に出世が早いわけではないけど、人脈が広いうえに、偉い人に気に入られ度が半端でないので、下手に評判の悪い管理職より強い権力を握っているのではないかと思う。うちみたいな大きな組織で何が重要かって、人脈とコミュ力と周囲の評判だ。私より少々年上なだけなんだけど、持っているものの量が果てしなく違う気がする。なんかね、自分は人脈とかコネとか作るのすごい下手くそで、別に嫌いじゃない相手にも壁を作ってしまうところがあるので、正式ルート以外の情報が入ってくるということが全然ない。非正式ルートをいっぱい持っている人、いろんなところに仲良しがいる人の情報収集能力が羨ましい。

う~ん、自分はどこで乗り遅れちゃったんだろう?確か就職して2年目ぐらいのとき上司に「いろんなところで立ち話をできる相手がいるぐらいが良いのよ」と言われたけれど、私が苦手なジャンルがまさにそこだった。ある程度人脈を持っていれば、人事異動シーズンになるといろんな情報が飛び交ったり、「お前は今度はここだ」という話が一足早く来たりするものらしいけど、私は正式ルートで話が来るまでただただ待っているしかない。

別に出世を望んでいるわけじゃないけど、そういう情報を教えてくれたりする人がいないのがとても寂しい。あと、ある程度評価の高い人は「○○さんってどんな感じ?」などと情報提供を求められるらしいが、そういう話も来たことがない。一言でいえば「信用がない」で片づけられてしまうんだろうけど何だかなぁ…。普通に上司や同僚や先輩・後輩と仲良く働ける環境を求めて生きていたはずなのに、気が付いたら全然違うところに来てしまっている気がする。

2017-08-20

専業主婦の辛さは管理職の辛さ

家事参加の夫の辛さは説明のできない管理職上司に持つ下っ端の辛さ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん