「工業高校」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 工業高校とは

2021-04-28

高卒大手企業転職できない

大卒なら、大手企業入社して、2~4年勤めて、合わないなと思って、転職活動しても、いくらでも優良企業再就職できる。

新卒大手企業入ったっていう経歴は一生の武器になる。

大手企業に勤めていたんだから、優秀な人材なんだと認めてもらえる。

でも、工業高校卒で、電力会社製造業鉄道会社などの大手企業に入った場合、確かに定年まで勤める上げることができれば、そこいらの大卒より良い生活ができるかもしれないが、

仕事が合わないと思って、転職しようとしても、高卒としての転職しかない。

大企業自分から辞めるような根性なしとしか評価されない。

でも、高卒大卒関わらず、実際に仕事をしてみないとその仕事自分に合っているかからないでしょ?

高卒だとたとえ新卒大企業入っても、その後の方向転換がすごく難しい。

うどんパワハラにもブラック労働にも耐え抜く奴隷の心がなければ、高卒大企業は務まらない。

anond:20210427033456

二十数年前に高校卒で就職した。

が、地元では一番まともな工業高校だったからか、数社だけだが一部上場企業の推薦入社枠が有った。

しかし、推薦枠は成績順で割り振られるため、手に入れるのは非常に困難だった。

幸いなことに成績が良かったため、自分は推薦枠を確保できたのだが、所詮工業高校卒の職種

会社見学という名の推薦枠面接に行ってみたら、業務は2交代制の工場勤務。

内容はスキルが身につかない製造ライン単純作業だった。

給与は良かったのだが、将来性を考えて辞退。

ちょうどWindows95インターネットが普及し始めた頃だったのと、独学でPC操作を覚えていたので、

スキル努力次第では何とかなりそうな中小就職。幸いなことにスキルを認めてもらってそのまま

大手IT企業仕事を貰えるようになり、IT業界で生きていけそうなスキルと実務経験を身につけられたので

結果として過去自分選択は正解だったと思う。

当時あった一部上場企業の推薦枠の企業、今でも存続している会社もあるが、ある会社工場を畳んでしまったようだ。

畳んでしまった工場に推薦枠で入社できた同級生は、退職金で細々とニート生活をしているらしい。

若い頃の経験は貴重だ。

限られた枠の中でも将来性を見越した選択をすれば、なんとか道は開けると信じている。

2021-04-27

anond:20210427033456

俺の弟2人は工業高校卒業して、上の弟は化学メーカー(一部上場・誰でも知っている会社)、下の弟は自動車メーカー(トヨタ日産ホンダのどれか)に就職した。ついでにいうと親父も工業高校卒業して電機メーカーに定年まで勤めていた。

一方で家族で唯一の学卒(駅弁)の俺は誰も知らない会社就職して、紆余曲折あってフリーランスやってる。家族には何も言われないが(額面上は一番稼いでいるから)、田舎親族には大学出ても無駄とか陰口叩かれてる。

anond:20210427033456

いやいやいや。増田東北を語るなよ。今どき高校でも卒業後の就職先とか普通に公開してるわ。/弟は工業高校卒業して成績上位3名が就職できる東北の超有名企業入社した。結婚して家建てて子供大学に入れてる。

から何?

2021-04-22

anond:20210422120635

そういえば成績でいえばもう少し上でも行けたのに工業高校行った女は、その学校の「成績1位なら無条件で地元大手メーカー(日本人ならほぼ全員知っているし多分海外でもかなり有名)に就職できる」という制度を利用して「大手の男捕まえるぞー!」って張り切っていたな。

anond:20210422114045

手に職なら商業高校女子大半)工業高校工業大学だよな。



普通科は何も考えてない(未熟な)やつが多い

2021-04-09

どこかのタイミングでいつかネットに記さねばと思ってたことを今日こそ書けるかもしれない

個人的ことなので大多数の人には関係いかもしれない。

増田昭和生まれ名前さえ書ければ進学出来る典型的馬鹿工業高校卒業生

令和現在理解でき難いかもしれないが当然当時はネットは普及してない。あることにはあった。

で、その馬鹿工業の授業のお話を書きたい。

社会の話だ、どんな内容かと言うと毎回自習だった、

自習というか授業開始に先生プリント配って終わり。

その課題プリント増田は好きだったんだ。内容はと言うと

2枚のプリントが配られて1枚はYahooニューストピックスの記事をそのままプリントアウトしていてこの中で興味がある記事感想を書きなさい。ちなみにこれはアメとムチのムチに当たる。

そして2枚目はカウントダウンTVランキングキャプチャーしたプリントだ。そしてその中から好きな曲を選びなさいが課題だ。

これはわかりやすくアメだ。

こんな生ぬるい授業だがきちんとやるのは俺ぐらいだった。やってもやらなくても内容は関係なくて名前の所に自分名前を書いて提出できたらそれが満点だからだ。

補足として書かないといけないのは当時そのプリントを見てすげえって思うのが普通感覚なこと。

インターネット黎明期以前なのでYahoo高校生は知らないしカウントダウンTVテレビ番組でそれをプリントアウトすること自体が謎の技術であった。

当時の環境説明はこの辺にしないと文字数いくらあっても足りない。

で、その授業がその後社会に出た後役に立ったのかと言うと、役に立ってないし、寧ろその授業で身に付いたニュースチェックの習慣は膨大な人生無駄だった。単なる情報ジャンキーを生み出すだけの授業だった。

2021-04-02

ひんやり冷たくてほよほよでたゆんたゆんのおっぱいの話

成人式で、乳を揉ませてくれた同級生地元に戻ってくるらしい。

トイレで書いてたら興奮のあまり長くなりすぎた。全部読んでも大したことは書いてない、すまない。

彼女同級生の中でも結構金持ちの家の子で、長い髪をお嬢様むすび?(アイマス橘ありすみたいな髪型)にして、授業中はメガネをかけていた。学区は近かったけど俺は野球をやってた上に、彼女はたいていデカ外車に乗ったお母さんが送り迎えをしていたからあまり学校帰りに一緒になることはなかった。

彼女とはただの同級生しかなかったから、思い出が特にたくさんあるわけではない。俺が外で遊んでいる時、彼女教室で本を読んでいた。あんまり、関わりはなかったように思う。

4,5年生の時だ。宿題が終わらないで居残りさせられていたら、見かねた彼女が手伝ってくれたことがあった。それから漢字の書き取りが多すぎると愚痴っている俺に「送り仮名が長い言葉を選べば少し楽じゃない?」と言って、例に挙げられていた「原因」ではなく「因みに」と書けばよいと教えてくれた。「ちなみに」という読み方を、この時知ったのを覚えている。

彼女はいから年賀状をくれるようになった。母ちゃんに「あんたにくれるなんて律儀な子だね〜」とからかわれるのが嫌だったけど、流行ってた丸文字じゃなくて大人っぽい字で、俺の名前と何らかのひとことを添えてくれていた年賀状は未だに捨てられない。

中学生になると、男女の溝がくっきりするようになった。彼女優等生の真面目な女子に、俺は野球部のイジラレ役になって、接点はまた少なくなった。たまに話す機会もあったけど、そのうち俺は彼女敬語を使うようになった。彼女は授業中も眼鏡をかけるようになって、髪型ポニーテールになっていた。彼女は県外の進学校に進み、俺は地元工業高校に行った。大学は知らないけど、多分有名なところだと思う。俺は、地元会社就職した。

成人式の日、着物彼女は遠目にしか見られなかった。黒っぽい高そうな着物を着ていたことだけはわかる。乳を揉ませてくれたのはその日の夜だ。俺の地元では、成人式の日の夜に中学校ごとの二次会が開かれる。

彼女ピンク色のドレスみたいなひらひらの服を着てやってきた。小さなブランドバッグを持っていて、やっぱり金持ちは違うな〜といじられていた。俺は誕生日3月から先生がいる2次会で酒は飲ませてもらえない。もう眼鏡をかけてはいない彼女ビールを美味しそうに流し込んでいて、大人になったんだなあと妙な感想を抱いたりした。

先生達が帰って、三次会居酒屋に移動したあと、彼女と話す機会が訪れた。「久しぶり、変わらないね」という彼女いかにも育ちが良さそうな喋り方は変わっていなかったし、俺は相変わらず「うっす」くらいしか言えなかった。隣に座った彼女は顔色1つ変えずお酒を飲んでは笑い、俺にお代わりをねだってコップを差し出してくる。こき使われているような状況もちょっと心地よかったのだが、彼女高校から付き合っているという恋人の話もしていて、ああ、彼女はもう俺の知っている眼鏡女の子ではないんだなと悲しくなったりした。

そうしているうち、不意に彼女がこう言った。「小学校の時、熱出した私にジャンバー貸してくれたでしょ。あれはときめいた」口ではそう言えばそっすね、なんて言ったけど、彼女が俺との思い出を残していることに驚いた。そう言えばどころではない。俺は、早退する彼女が返してくれた上着を着ずに持ち帰って、抜いた。首にあたっていたあたりからほんのり甘いような、新品の教科書のような匂いがしてしばらく置いておきたかったが、母ちゃんに洗われた。

「なあなあ、おっぱい超でかくなってね?」俺が甘酸っぱい思い出に浸っていたら、野球部のツレに耳打ちされた。

かに、昔から彼女巨乳だった。合唱部だった彼女は外で走ったりしないし、学年いちの巨乳だった陸上部女子ランニングする時ゆさゆさ揺れていたのでゆさパイと呼ばれていた)に隠れていたけど、多分学年で2,3番目にでかかったと思う。

ドレス姿の彼女の胸はだいぶ破壊的で、谷間は見えない清楚な感じのデザインにもかかわらず、その大きさは十分わかった。

「ひと揉みさせてやってよ!こいつ、こんなでっかいおっぱい触る機会なんてないと思うからさ」ツレが彼女にそんなことを言ったから、顔がボッと熱くなった。真面目な彼女から無視するか、不潔!とか言われるだろうと思った。なのに、彼女は笑って「こんなのでよかったらどうぞ?」と言って、胸を差し出してぴったりしたドレスの胸元をぺろんと開けた。

俺は取り敢えずいいっすと断ったけど、耐えきれず触ってしまった。酒に酔ってるはずなのに、彼女の胸はひんやり冷たくて、この世で一番柔らかかったと思う。三次会からは酒を飲んでたし、おっぱいの衝撃でその後の記憶ほとんどないけど、ツレの話だと他の男には揉ませていなかったという。女子は数人もんでいたらしい。

彼女は「明日普通に大学なの、辛い」なんていって、明け方まで飲んでそのまま電車に乗って帰って行った。それっきり、もう10年近く会っていない。そんな彼女が、地元に帰ってくるらしい。在宅勤務が増えたから、骨折してリハビリ中のおばあさんのために月の半分はこっちで暮らすのだとおばあさん本人が言っていた、と母ちゃんづてに聞いた。

俺は、ふうん、そうなん、と言ったけど、ほんの少し浮き足立った。別に、好きとか嫌いとかではない。連絡先も知らないんだし、どうということもない。でも、あのひんやりしてほよんと柔らかいあの乳が、俺の地元にあるということが嬉しくなってしまっただけで。反芻しすぎて食傷気味だったあの柔らかさが、また息を吹き返したみたいだ。今夜は思い出して抜こうと思う。

2021-03-30

anond:20210330134313

それは有利ですね。大学数学の先っぽだけやるとかいうので、地域によってはすごく受けがいいです。

これから高専ガラガラになるので、面白がっていくのが多いんじゃないでしょうか。

過去工業高校卒がいまの高専卒レヴェルなんじゃないでしょうか。

anond:20210330133856

お前いつも日本人馬鹿にしてるなw

工業高校行くより高専の方が将来的に色々有利

anond:20210330120222

俺は工業高校高専で進路迷ったから知ってるけど、

その後文系大学に進学した時の学友は大体知らんか、専門学校との区別が付いて無かったよ、高専

2021-03-05

anond:20210305172151

高校なの?

商業高校工業高校なら必須だよ。

学生時代に頑張ったこと」を説明できれば大丈夫だよ。

学校公認の「ゲーム部」なら

学校が設置意義があると判断しているわけだから

部内でどういう役割でどう努力してどんな結果が出せたか

説明できるよね。


帰宅部を選んだなら部活以外で

学生時代に頑張ったこと」を説明して欲しいのが採用側の都合です。

2021-02-25

anond:20210225111548

そんなんじゃ工業高校行って通用しないよ!!やり直し!!



学内で来客を見かけたら、元気よくこんにちは!!!!!

2021-02-15

anond:20210215115630

工業高校哀歌バレーボーイズって女もブスだし絵も下手だしどの層に需要有るの?

2021-02-11

anond:20210210213635

高卒一口に言っても工業高校情報科などでプログラミングを学んでいたケースもあるのではないでしょうか?

個人的には日本IT分野の発展が鈍い原因は「プログラミング専門家しかからない得体のしれないもの」というイメージ蔓延している事にあると思います

スポーツなど他の分野でもそうですが、高みを目指すのであればまずは裾野の広さが必要になります

全体の量を増やす事なく、上澄みだけが増えるという事は有り得ません。

プログラミング専門教育を受けて身につける様なものではなく、義務教育で身につける程度の最低限の基礎教養にしなければならないのだと思います

2021-02-07

anond:20210203234005

機械系の話が出たのでちょっと実際の現場作業晒してみる。

ワイのステータスは以下である

何で書くのか?

仕事の内容

この仕事の良いところ

この仕事の悪いところ

最後

ITとかキラキラしてるかもしれないけど、こういう選択肢もあるよって事で。地味かもしれないけど、それぞれの仕事にはそれぞれ価値ある。じゃないと世の中は回らない。皆様方のおかげで色々出来てます

以上。解散。閉廷。終わり!

女向けの作品工業高校が出てくると

high&lowの鬼邪高校みたいな

ヤンキーの中にインテリ眼鏡が一人って構成

何故テンプレートなんだろうな

顔面偏差値高いオタク出してもええやん

男向け、女向けとも美少女/美少年なのに中身俺らってキャラ

かなりの確率で人気になる傾向あるのに

2021-02-05

anond:20210205181447

静岡県西部平成元年頃の高校受験もなかなか凄かった。

まず中学毎に、どの高校に何人受けるか?の枠があり、

中学内の成績順に誰がどの高校を受けてもらうかが最初にほぼ決まっていた。

成績上位者の何名までが進学校行き、中間商業高校行き、底辺は、工業高校行きみたいな。

もちろん、それは学区内の中学校同士が決めたことであって、最初の段階では生徒や親の希望は全無視状態

西部には女子けが行ける女子高や、推薦入試で入れる特殊学科があるせいで、

当然ながら、中学側の最初の想定通りにはならない。

生徒&親の進路希望を聞く段階で、

学内での受験者数調整と、それでおさまらない場合は、他の中学との受験枠のトレードという形での調整を繰り返した。

進路指導というのは、先生と生徒が一緒に将来のことを考えましょうなんて理想とはかけ離れていて、

先生が生徒に受けるべき学校をここにしてと説得する場でしかなかった。

生徒が受けたい高校自由に願書を出せばいいという状況ではなく、

あくまでも、中学校同士の談合でこの生徒はこの高校を受けてよいという承認を得ないと合格しないらしかった。

滑り止めの私立は全員が受けさせられて、全員が合格した。

私は、担任先生受験枠の確保交渉成功したお陰で、特殊学科受験・進学できた。

2021-01-17

公立工業高校統合失調症

 高校時代の思い出。公立底辺工業高校で好き勝手やっていたら職員会議にかけられたらしく、担任精神科を勧められた。教育現場精神疾患疑惑をかけられる経験など早々ないことに違いない。

 面白そう! と思い親同伴で出発。長い待ち時間の末、そう長くない問診時間で「統合失調症」の破瓜型と結論された。まさか童貞卒業しない内に非処女認定されるとは、やはり精神医学界とは面白世界である。おそらく一連は精神攻撃一種なのだろう。

 結局続く第二診で異常ナシと判断されたものの、それで私の生活態度が改善するというわけもなく、やがて卒業するまで職員たちの監視の目が緩むことはなかった。別に悪いことをしていたわけでもなく、成績も決して低くはなかったというのに、なんとも労力の使い方が下手な組織である。私の青春疑惑を抱かせる私と様子見しかできない大人たちの一進一退の攻防でしかなかった。

 少し逸脱した個性精神病という型に押し込めて無理くり理解しようとする、その臆病な姿勢は敵ながら私も見習うべきだろう。高校時代の収穫と言えばその気構えくらいで、勉強の内容など既に記憶にもない。高校なんて大体そんなものである

2020-12-20

私には3歳差の兄がいる。

兄は底辺中学の中でも頭が悪い方で工業高校に進学し、ギリギリ卒業して今は高卒で働いてる。

ちなみに私は兄とは異なり、同じ底辺中学でもずば抜けていたし、控えめに言っても世代上位1割に入るくらい勉強ができる。

両親は大卒ではなく、学力関係するような遺伝生活環境もうんちであると思う。

私は小学生の頃から死ぬほど勉強してきたからここまで上り詰められたのだろうか?

もし、私が努力を怠っていたら兄のようになっていたのだろうか?

そう考えると、自分頑張ったなって思う。

2020-12-13

anond:20201213163755

専攻による。分野によっては工業高校卒の田村淳でも院生になれる。今の日本大学院学生をいっぱい入れたがっている(学費を取りたがっている)から

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん