「フレキシブル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フレキシブルとは

2018-11-20

anond:20181120003237

出産予定日に合わせた育休を取りやすかったり、事前入院などで時間調整しやすい女と比較して、いつ生まれるかわからない子供へ合わせてフレキシブルに動けるよう調整していた父親努力とか気付いてないタイプ

これも「女が育休取るより男が育休取る方が大変だ」と言ってるよな

育休なんか取れずに首になったり、1年育休取って職場迷惑かけまくって針の筵になったりケースも多い女より

一日取るだけ(別に嫌なら取らなくてもいい)の男の方が大変という認識

2018-11-19

anond:20181119230711

我が家妊娠のたびに子供が腹の中でクルクル回りまくったり、嫁が妊娠糖尿病になったりしてハラハラしたものだが、まぁ何とかなったな

俺が言いたいのは可能な限り夫婦出産時の互いの視点を共有しておくべきだということだ

この点は父親は余計な心労を母親へ与えないよう話さない傾向があるから父親も悪いとは思うが、もっとそういう話は社会全体に共有されるべきだと俺は思っている

俺は船員ともあって出産予定月に休暇とっておけば1ヶ月以上も暇だからフレキシブルに動きやすいが、陸上勤めだと相当仕事スケジュール調整は苦労するはずだぞ

暇な俺でさえ生まれるまで出産予定日前後で毎回3度以上病院を往復してるからな、仕事があるとしたら相当な気苦労が掛かっている

ちゃん父ちゃん出産時は大変なんだよ

それを理解せずに母ちゃん視点ばかりで語るのは社会として建設的じゃない

anond:20181119222343

なるほど理解した

子供出産前後父親がどう動いていたのか?に気付いてないなコレ

駆けつける為にどうやって仕事を調整していたのかとか想像すらしてなかったタイプだな

特に出産後の母親子供意識が行き過ぎていて夫がどんな状態なのか気付きにくい母親は多いけど普通は数年経ったら気付くんだけどな

出産予定日に合わせた育休を取りやすかったり、事前入院などで時間調整しやすい女と比較して、いつ生まれるかわからない子供へ合わせてフレキシブルに動けるよう調整していた父親努力とか気付いてないタイプ

最近やっと父親も育休が取りやすくはなりつつあるけど、まだまだそんなことはなくて、無理な仕事の調整を強いられている父親は多いはずだが、それに気付いてない

から父親子供へ対してコミュニケーションを取ってもなかなかなその努力が報われない悲しさとか全く気付いてないな

想像で話さないで、結婚して子供が居るなら当時の話を夫から聞いてみなさい

悪いことは言わないから知っていた方が良いと思うぞ大事夫婦の会話だから

俺も自分の嫁視点の話は非常に勉強になったぞ

それを真面目に聞いてから俺に話しかけて来なさい

2018-09-28

まだ「大学よりオンラインサロン」って議論で消耗してるの?

200ページくらいの新書1冊2日で読めますよね。

なら1年で180冊、15万程度。

分厚い学術書でも1冊にまるまる1週間かければ読めますね(当然初学者のものを読む、用語辞典片手として)。

それで3年で150冊。3年で50万~80万。

これのほうが安いのではないですか。

飲み会交流大学勉強するところです。もし関わりが持ちたけりゃ外部のサークルとか……オンラインサロンに参加すれば良いではないですか。

オンラインサロンでは早稲田政経ブロガーのイケ●ヤさん、慶應ブロガーのは●ちゅうさんが注目されていますね。彼ら曰く「大学不要」とのこと。

サロン費足しても学費ほどは高くなりませんよね。東京にあるという大学を出て研究室にこもってきたエラ~いセンセイと、フレキシブルかつ柔軟な頭脳を持つ方々のサロン、どちらが魅力を感じますか。

皆さん、まだ大学で消耗してるの?……………………………(?)

2018-09-05

anond:20180905211318

いろいろ疫学とか自殺予防とか言いたいことが湧いてくるが、

とりあえず産まれてくることそのものが望まれていなかった忌み子が自殺の一因ならば、

中絶規制フレキシブルに緩和することで、せめて母親だけでも救えるようにするのもありだと思う

そうじゃなくて産後鬱が主要因なら、早いうちの母子分離、あるいはアカポスの拡充

2018-08-18

anond:20180818223953

そんだけあれば何とかなるかな、って思うけど

自由になる時間子供がなんかあったとき対応できるか、フレキシブルに動けるかのほうが問題になりそうやな

ベビーシッター兼家政婦的なサービスがあれば、それ使うことを誓約すれば独身男子でもいいのかもしれない?

2018-08-15

転職して明日で1ヶ月

転職してよかった〜!

前職は大手SIerで6年勤務。

ホワイト企業福利厚生も手厚い企業だった。

から転職したら噂のブラック企業とやらで使い潰されて疲弊するものだと思ってた。

違った。

web系のそれなりの業績の企業転職

若い企業から伝統や慣習もなし、フレキシブル労働環境で、やりたいことができる。

エクセルパワポプレゼン稟議書契約書の作成ばかりが上達する前職だったけど、

今は自分キャリアプランを見据えて技術力を身につけている。

すごく楽しい

2018-07-15

anond:20180715075948

きららクールジャパンコンテンツで売れない、つまり成長がないコンテンツの特徴

きららクールジャパンコンテンツって売れtelのは親クラスセックスワーカー恋人に見せてウエってならない、『デキる人』はみんなそうしてるのが多そうでもある。

要は毎回露骨おっぱい出したりエロい事(LGB営業とか)したりしない、それに私はこんな所でくすぶる気はないエッグ欧米通用する俺たちはポルであればあるほど話題フレキシブル対応する日本ならまだ通用するけど

売れてないエッグきららスキームも含めてポルセクターがかなり似通ってて毎回エロくしないとグローバルな視点から見てNG的な強迫観念さえフィードバック

コンツェルングローバル的な観点から視ても安堵できるきららクールジャパンコンテンツミリオン人受けするし売れるんだろうな(苦笑)。

2018-06-07

麺硬とか針金でアグリーする意識の高いやつ

いかが考えても麺フレキシブルなめにしたほうが、麺が多くなり、次の世代へとバトンタッチしてよくね?

まぁ、「語り」の後とか時間所謂タイム)が取れない昼時にフラッとシングルケース日本国民食なるオポチュニティーに麺かたビジョンカカッとかき込むって読み取れる意味で麺かたなら理解し難くはないんだ日本ならまだ通用するけど、麺硬めで頼んでるのに日進月歩レギュラー採用してたら逆にブルー・オーシャンに漬かってる間にデフォルトの硬さに携わるじゃん。

2018-05-27

Fire8とフレキシブルアーム買った!

ルームウォーカーの前に設置して

映画とかアニメ見ながら歩くのだ

デブを治すのだ

2018-05-15

ジャッジキル」について

ジャッジキルって言葉が本当に嫌いで、自分でもなんでこんなに嫌いかからなかった。

今日ふと考えてみて、ジャッジキルっていうのがジャッジ(や執行されるルール)をプレイヤーの敵として見てる概念からなのかな?と思った。

自分とあるTCGジャッジをしている。

しかしたら、自分が(直接的にでも間接的にでも)敵視されることがイヤなのかもしれない。

しかし、自分ジャッジになる前からこの言葉が嫌いだった記憶がある。

某国TCGにおけるジャッジキルっていうのはまさに盤外戦術で、ゲームルールとしてもおかしく思うものだった。

有名どころだと巻き戻しナンチャラとか。

自分ジャッジをしている某TCGでは、ゲームルールに則った論理的裁定が整備されている。

しかし、それすら「ジャッジキル」と呼ばれることがあるらしい。

ジャッジによって、"ゲームしないで""負けさせられる"ことがジャッジキルなのかなあ。

ジャッジからしたら、プレイヤーに楽しくない思いは全くしてほしくない。

いつだって大会を楽しんでもらいたい。

でも、同時に大会を公平に保つ義務も持たされている。

から、(プレイヤー発見するにしろジャッジ発見されるにしろ)何か間違いが起こってしまったとき、「さまざまな状況をなるべく公平に処理するための」公式ルールに則って裁定する。たとえ、プレイヤーが不満に思うとわかっていても。

プレイヤーからすれば、ジャッジ発見されたとき特に自分達の対戦を邪魔されたと思うだろう。

難癖をつけられた、と思うこともあるだろう。

でも、それは全て、公平のためのルールがそう定めているからであって、ジャッジが悪意をもって裁きを下しているわけでは当然ない。

公平のためのルールだけど、さまざまな状況を全てカバーできているわけではない。

しろジャッジ解釈余地を(少し)与えて、よりフレキシブル適用できるようにしている。

それが結果として、一部のプレイヤー不特定多数ジャッジに対して「ジャッジは贔屓をする」とか思わせていることは本当に悲しい。

まとまらない文章になってしまったけど、とにかく、ジャッジはいだってプレイヤーの味方だし、プレイヤーに楽しんでもらいたいという一心ジャッジをしているし、偉そうにしているとか難癖をつけたがっているみたいなのは全て誤解だし、そういう思いが募り募って「ジャッジキル」への嫌悪感を生んでいるのかもしれない。

まあ、全部ウソなんですけどね。

2018-04-29

子持ち未経験者が入社してきた

職種経験、30代、二才の子がいる女性入社

まー休むだろうなとは予想していたけど、入社1ヶ月もたたず、子供入院してほとんど会社にこれなくなった。

うちの会社従業員数十人の規模だけど、そういうとこは寛容で、他の子持ち女性子供が熱だすと在宅に切り替えたりフレキシブルにやってる。

もちろん社員本人が病気場合もみんなでフォローする。

それはいつも助け合ってる仲間だから、人として当たり前。

しか新入社員はどうだろう?経験者で、これまで培った経験いかして、どこかで結果として返してくれるならわかる。

だけど経験者枠で応募してきて、役員面接の段になって、「実は未経験だけど技術系の現場に憧れてる。スクールにかよって多少知識はある」と言ったのだそうだ。

イヤイヤその年で未経験て無理でしょ、というのが私(現場)の意見

経験者を教育するリソース、どこから出すの?てかその人入れたら、本来入れたはずの経験者枠減るよね?

ところが彼女採用されて、ほぼ希望部署に配属された。

現場は、リソース不足を理由教育できないと主張したので、元その部署にいた部長が請け負ってる。

で、彼女が休んだり、経験不足で任された仕事納期までに終わらなかったりすると、フォローするのは私たちだ。

腑に落ちない。

「好きを仕事にしたい!子供を持っても夢を諦めたくない」その気持ち、すてきね。でも現実見ようね。

本来なら役員面接で、その希望は叶わないよと、経験職種ならいいよと伝えてほしかったのだが、彼女採用された。

理由シンプルで、美人から

人当たりもよくて、好感度が高かったのだそう。

人当たりがよかったのは面接からだろう。

入社しておはよう挨拶すら目を見てされてことはないし、困ってるとき助けてもお礼一つ言われたことはない。ただし、多くの人が見てる場所では別。大げさに「スッゴク助かりました!」

同じ女の嫉妬ととらえてもらっても結構なのだけど、役員のじーさんたちには見る目がなくてガッカリです。

人は増えたけど現場はかつかつで、なんとか部下に無理させまいと上司が頑張っている。頑張りすぎてうつ病発症してるので見ていられない。上司職場では笑顔でいるけど、役員から、かなりきついようだからフォローしてやってほしいと特命が出た。なにこの会社

休んでもらいたいけど、休まれたら相当現場はきついし、本人も悩んだ結果、続けることにしたそうだと聞いた。

今まで助けてくれた上司から助けたいと思う。これ自然

突然入ってきた顔採用の人を助けたいとは思えない。私が心狭いのかな?

正直、辞めてもらって、採用枠空けてほしいんだよね。

2018-04-14

日本就活事情海外の人に説明してたら悲しくなった

労働文化説明してたら悲しくなってきた。

2018-03-15

[] #52-2「カカオ聖戦

「けど……ある意味チャンスなんじゃないかな」

「は?」

「俺たちがチョコ押し付けることもルール上ありなんでしょ?」

バレンタイン女性チョコをあげているのがポピュラーだが、別に明確なルールがあるというわけじゃない。

逆にいえば、その裁定個人に委ねられるわけだ。

弟のフレキシブルな発想に、俺はどこか感心していた。

「まあ、ナシではないだろうな……」

「よし、早速チョコを大量に買って戦闘準備だ!」

そう言って弟は家を飛び出していった。

当然、俺は不参加だ。

世間に振り回されない弟ならともかく、俺がやったら免疫細胞はたちまち死滅するだろうからだ。


…………

弟はありったけの小遣いをチョコに先行投資した。

チョコは質と量を考慮して、松竹梅でいう竹クラス勝負を仕掛けるらしい。

いざ、チョコばらまき作戦の開始だ。

「あ、マスダ、どうしたのそのチョコ。すごいじゃん」

その道中、話しかけてきたのは、弟の同級生であるミミセンだ。

大量に抱えていたチョコが同じ見た目の市販であることに気づくと、ミミセンは身構えた。

誰かから貰ったチョコではないことは明らかであったからだ。

バレンタインからな」

弟の思惑を知らないミミセンは、その発言に頭を抱える。

見栄?

だが、こんな見え見えなことをするとは思えない。

聡明なミミセンは、弟の人格と状況から分析して結論を導き出した。

「……なるほど、貰うんじゃなくてあげる側になってやろうってことだね」

「そう。ホワイトデーの見返りは、期待値が大きいらしいからさ」

「はは、よかった。気づいていなかったら、チョコ押し付けられるところだったよ」

しかし、ハナから弟はミミセンに渡すつもりはなかった。

ミミセンは、その呼び名の通り耳栓を常備している。

まり定期的に買っているということで、見返りを期待できるほどの預金はないと考えていたからだ。

実のところ、耳栓は親が買い与えていたもので小遣いとは別口だったが、弟がどう振舞っても結局は受け取らなかっただろう。

“先約”がいたことで、ミミセンは既に警戒心を高めていたからだ。

俺がテキトーにのたまったことだが、ホワイトデーをアテにする人間というのは存外いるらしい。

「でもマスダ、気をつけたほうがいいよ。タオナケは僕たち仲間にチョコを配っている」

弟がよく連れ立つ仲間の一人には、紅一点(ということになっている)タオナケがいた。

口癖が「私、女だけど」で、ちょっと主張が強い子だと仲間たちに認識されている。

そして押しも強いと認識されていた。

まりチョコ押し付けることに関していえば仲間内で随一なのだ

「既に僕は貰ってしまった。当日、たぶん無理やりにでも取り立てるよ」

その取り立てがどれほどのもの推し量ることはできないが、貰った時点でホワイトデー審判の日になるであろうことは想像に難くない。

弟はタオナケの出没を念頭に置きながら、作戦を完遂する必要に迫られたのだ。

漫然とチョコバラまくだけでよかったはずが、一気に難易度が跳ね上がった。

しかし、弟には奥の手もあった。

「そうか……まあ、タオナケにチョコを貰ってしまっても、ドッペルが俺に変装していたということにしてやるさ」

弟の仲間には、変装が得意なドッペルという子がいた。

特に俺の弟の真似は完成度が高く、身内でも油断すると騙されることがある。

最悪、そのドッペルを身代わりにして有耶無耶にするということも考えていたのだ。

「ズルいなあ……そういえば、今日はドッペルを見かけないんだよね」

「俺も見てないな。もしかしたら、お得意の変装で隠れて機会を伺っているのかもしれない」

「ドッペルは、マスダやタオナケと違って、そんなことしないよ」

「いや、そういう意味じゃなくて……」

そんな会話を二人でしながら歩いていると、町の大広場にさしかかった。

そこはいつも以上に人で溢れており、どうやら何らかのイベントをやっているようだった。

その中心には、見知った顔があった。

(#52-3へ続く)

2018-02-18

anond:20180218140132

俺はゲーテッドコミュニティだと思ってた

から何で自分達で要望して用意してもらった聖域なのに

なんで隔離された黒人ぶるんだろうって不思議だった

勝ち取った成果なのか追いたてられて隔離された結果なのかその時反論したい相手フレキシブルに変わる印象あるんだよな

2018-02-11

ワークライフバランスって?

こないだ面接行ったとこ、子育て介護に対してフレキシブル対応しますとのことだったのでタスク管理労働時間について質問したら

「やってません」

裁量労働制なので」

と回答された。


興味持って労務関連を調べたんだけど、残業は基本禁止でする場合は別途記載必要一定超えるなら更に契約必要

心身の健康を守るのが雇用主の義務ってあった。

定量的評価できない業務は確かにある。が、それを見るなら実質労働時間8時間企業が多いこと自体まずいんじゃ? と思っていた。

上記企業裁量労働制なら残業代さなくて良いと思ってるのかもしれないが、それは心身の健康〜には反しないんだろうか。

こうやっていくつかの企業を見てると法律を守っている企業ってほんとにあるの?と感じる。

激務でも法律が守られていてお給料がちゃんと払われる企業に入りたいんだけど、転職サイト人材紹介会社経由でも蓋を開けてみれば違法なとこばかりでびっくりする。

どうにかならないものか。


ちなみに先の企業上司になる予定の人はきちんとしてそうだったけれど、代表の人に対してもやもやが大きくなった。

2017-10-27

人間パフォーマンスなんて人それぞれ時間によるんだから

もっとフレキシブルに働けるべきだと思う

 

俺のパフォーマンス

 

9:00〜10:30 70

10:30〜12:00 ★★

12:00〜15:00 ★★★★

15:00〜16:00 ★★

16:00〜17:30 ★

17:30〜19:00 ★★★★

19:00〜20:30 ★★★★★

20:30〜00:00 ★★★★

00:00〜01:30 ★★★★★★

01:30〜03:00 ★★

03:00〜07:00 ★★〜★★★★★★★★

2017-10-24

anond:20171024141053

iPhoneiOS更新されサクサク動くことを前提にフレキシブルデザイン、快適なユーザーエクスペリエンス提供される。

iPhoneを手にするということは、そういうことなんだ。波に乗るしかない。

2017-10-22

anond:20171022005238

薄くて曲がるフレキシブルディスプレイを本のようにつなげればページをめくる感覚はありそうだけど

いくら万円の電子ブックになるのやら

2017-10-21

anond:20171021131925

それは古い考え、既に人間AIに置き換えてフレキシブル労働力確保が大半だよ

2017-10-05

anond:20171005104011

普通は、支出収入はだいたい決まってるから、そんなフレキシブルにしなくて毎月定額でいいんじゃないの?

2017-10-03

けものフレンズヤオヨロズ降板整理(妄想

結論

身内主義秘密主義体質のヤオヨロズに対して製作委員会の面々に不満が溜まる。

2期を制作するにあたってIP窓口KADOKAWA代表して体質改善要求

身内・秘密主義ヤオヨロズ福原P)にとって要求された「情報共有の正常化」は、身内主義にとっての外部から干渉であり、身内主義秘密主義制作体制のもの)の否定である

けものフレンズ以降も現在制作を維持、むしろ身内主義を強化したいヤオヨロズけものフレンズを降りる選択をする。

たつきには残っている仕事への影響が出ないよう考慮して、ひと段落ついた9月末に降板説明した。

    

本文

まず、ヤオヨロズ秘密主義・身内主義をよしとする会社である

伊佐作画監督白水美術監督の対談[1]によれば、けものフレンズのメイン制作たつき・伊佐・白水の3人で回している。ヤオヨロズ自体アニメ会社としては少人数であり、背景美術

も内製のものである。その利点として放送直前での作り直しや追加注文、各自判断で最適な描写を選ぶことができる。ヒットした要因としてよく挙げられる。

  

そのような制作体制なので、内部での資料は少なく、当然ヤオヨロズ外部へと出す事前資料も異常に少ないのは、「福原細谷対談インタビュー」[2]で漏らしている。

提出されるものがあらすじ3行だけということもあったらしい。

制作体制に対して委員会内部で不満がなかったかというと、前述のインタビュー[2]でもあるように、色々言われたようである

当然関係者各位は不満を持つが、福原P・吉崎観音[3]・梶井斉(KFPリーダー)らヤオヨロズ内部をよく知っているものたちがなんとか説得。

人気が出ることによってうやむやになっていった。

アニメけものフレンズ結果的社会的な大ヒットを樹立した。これに関してはソースを示す必要はないと思う。

    

放送中はなんとか許容されていた情報共有の無さ。では、放送後はどうか。

  

まず12.1話「ばすてき」であるテレビ東京細谷Pが最終回見逃し上映[4]で「無声のgifアニメ程度の物かって思って」と語っているように、ヤオヨロズが持っている素材(3Dモデル等)のみの使用を想定されているように、ここで連絡の不備があったのは明らかである

登場しているキャラクターアライグマフェネックジャストプロ)、アフリカオオコノハズク青二プロダクションワシミミズクキャトルステラ)と、ヤオヨロズジャストプロ)以外の委員会声優事務所は使っておらず、極力外に漏れないようにしたように思われただろう。

「ばすてき」が問題なかったという論では、絵的な素材はヤオヨロズのものであるし、プロ声優同人作品もよくあることだ。というのがあるが、楽曲に関しては、ヤオヨロズ(irodori)に同人での使用権があったのかは疑わしい。

ただ、「ばすてき」のサプライズファンからは大好評を博し、ボイスドラマでは明らかに繋がりがあるシナリオ作ったりフェネックアライグマのセットのフィギュアは「ばすてきコンビ」と名付けられるなど公式的に追認され、これの問題もまたうやむやになった。

  

次に「Mステである

誰もが知っているミュージックステーション

ファンは湧いたが、一方でMステ出演が発表された4月7日同日にブシロードカオスTCGもふもふブースターパックのお渡し会延期が発表された。4月14日Mステブッキングしたのである

延期発表前は、お渡し会の告知があまりなくお渡し会を不安する声もあった。Mステブッキングたことが判明すると「Mステなら仕方ない」という声も多かったが、お渡し会に合わせて有給を取るなどスケジュール調整をしていたファンからブシロードの延期発表の遅さが批判されることとなった。

遅くとも3月9日には日程が発表されていた[4]お渡し会、Mステの話が来たのが3月15日〜22日[2]あたり、Mステ出演とお渡し会延期が4月7日でだいぶ間がある。

連絡が遅れたのか、Mステブシロとの調整に手間取ったのか。

なんにせよ先に日程が決まっていたはずのブシロが折れて、延期を発表したのは事実である

  

次に、「ヤオヨロズ声優オーディションである

趣旨としては事務所に未所属声優を発掘し、通ればヤオヨロズ制作する作品に出演を約束する、というものである

どのタイミングでかは忘れたが、「けもフレに出す」という趣旨だった時期もあった。応募返信メールで「けもフレオーディション」と売れたものがすぐに「けもフレ」部分を消して再送信されたようである

1期(2期はないかもしれないが)のオーディション主催したのはAge Grobal Network、他の製作委員会領分を犯す行為である

ちなみに、クレジットから名前が消えることになった脚本田辺茂範はAge所属である

オーディションの発表が遅くて5月13日[6]、田辺氏のクレジット削除がガイドブック3巻発売同日の5月26日

3巻に田辺氏のクレジットが載っていることからクレジット削除の話が出たのは3巻のデータ印刷所に納品された後であろう。

Vコンテに制作方針が変更され田辺氏の仕事が少なくなったのと、声優オーディションで揉めた結果なのかもしれない。

  

各種関係者からの不満は幹事社とIP管理者であるKADOKAWA担当者に伝えられていただろう。

表に出ているだけでもこれだけ製作委員会との摩擦を引き起こしていれば、普通制作ヤオヨロズを下ろす以外の余地はない。

しかけものフレンズは大ヒット作品であるファンの間でも「ヒットしたのは(ヤオヨロズの)たつき監督のおかげ」と認知されているわけで、そう簡単に下ろせない。

  

2期の制作を始めるにあたって委員会代表者として、KADOKAWA担当者が「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れ」を提案

1期のクレジットにも名を連ねている工藤大丈が「通常のアニメ制作体制」をよく知る者として同席していたかもしれない。

  

ヤオヨロズはこれを拒否

通常ならありえない選択であるが、ヤオヨロズは身内主義秘密主義を是とする会社である

さらに今後の福原Pの方針は、「アニメに関わる業務を全てやれるようになる」である[7]

irodoriチームでもやっているような「出来るだけ関わる人数を絞り、最小限かつスムーズコミュニケーションフレキシブル制作」をより多くの業務適応させようとしている。

これに対して委員会代表者KADOKAWAの申し入れは、ヤオヨロズ目標とする体制からヤオヨロズを遠ざけるものしかない。

元々製作委員会の参加企業の多いKFPAはヤオヨロズでは調整が難しい。ヒットしてさらに多くの企業が関わることになればより困難は大きくなる。

けものフレンズがヒットしたからこそ、けものフレンズを続けることがヤオヨロズにとってデメリットになってしまった。

  

けものフレンズのヒットでヤオヨロズの名が売れた。ラブ米もけものフレンズではないにしろ2期が作られるほどには順調だ。

ヤオヨロズ制作体制を曲げてヒット作の続編を作るよりも、より自分たちのやり方が通りやすい新しい企画を作ることを選んだ。

    

さて、当のたつき監督自身はこのことをツイートの直前まで知らなかったであろう。

基本的に外部との調整は福原Pに任せている。

福原Pは「気を使って」残っていたけものフレンズ関連の仕事が終わるまでたつき降板を黙っていたのだろう。

福原Pはてさぐれが1期の途中で連続クールになることが決定した時もしばらく黙っていた過去があった。[8]

  

委員会自身は2期をなんとかヤオヨロズを再登板するか、別の会社に任せるか思案していた最中だった。

  

たつきが「けものフレンズから降りることになりました。カドカワ方面のお達しみたい」とツイート投稿

カドカワが名指しされ、KADOKAWAの"過去の実績”からKADOKAWA乗っ取りを企てたのではないかという邪推が生まれ炎上した。

KFPAが出した声明文は「ヤオヨロズがヒット作を蹴るわけがない」「あのKADOKAWAアコギな条件を出したのではないか?」との思いから火に油をそそぐ結果となり、委員会企業だけでなくコラボ企業まで波及する大炎上に発展した。

  

ヤオヨロズは「自社の都合で辞退した」と言えば手の下ろしようのなくなったファンの矛先が自分たちに向かう。担当者不在で通さざるをえなかった。

委員会の各社はヤオヨロズ体制改善を求めた当事者であり、KFPAの声明にも相違はなかった。

  

  

そうしているうちに一週間が経ってしまった。

  

  

引用元

[1]けものフレンズBD付きオフィシャルガイドブック2巻18P~21P

[2]http://otapol.jp/2017/05/post-10509.html

[3] けものフレンズBD付きオフィシャルガイドブック6巻16P~29P

[4]https://twitter.com/bushi_teamchaos/status/839783633242107905

[5]https://togetter.com/li/1155928

[6]https://twitter.com/fukuhara_ystd/status/863227405137096704

[7]http://biz-journal.jp/2017/09/post_20424.html

[8]http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1392328242

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん