「嫌悪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 嫌悪とは

2018-01-18

みなさんは現実土下座謝罪されたことがありますか?

わたしはありますドラマみたいだなと思いました。


みなさんはコップの水を目の前の人間にぶちまけたことがありますか?

わたしは一度だけあります土下座している人に向かって、そのとき持っていたコップの水を全部勢いよくぶちまけました。うわっ、ますますドラマみたいだなと思いました。

すなわち、わたしには「土下座して謝っている人に向かってコップの水をぶちまけた経験」があります稀有経験だと思いますが、リアルで話すと絶対に引かれるので、致し方なく匿名ダイアリーに書いています


どうしてそんなことをしたのか?

相手土下座という、およそ非現実的謝罪方法選択したときわたしは強い危機感を覚えました。彼の必死さが怖ろしく、一方で、ここで舐められたら終わりだと思いました。わたし相手絶対に赦さないことをはっきり示し、復縁を諦めさせる必要があると感じました。

伝統的には土下座をしている相手を踏みつける方法もありますが(ドラマとかで)、現実にそれをやると犯罪なので、とっさに手に持っていたコップの水をぶちまけました。水は弧を描いて、土下座をしている相手の後頭部と背中を濡らしました。

厳密に言えば、これも暴行罪に該当する可能性がありますが、場所が自宅のリビング相手パジャマ姿だったので、万が一、被害届を出されても警察は動かないだろうと考えました。

相手は、土下座して謝っている最中に水をかけられるという完全に異常な状況であるにもかかわらず、特に驚く様子もなく、か細い声で「ごめんなさい。本当に反省してる。許してほしい。」と言いました。

わたしはここが正念場だと思ったので、普段は出さない大きな声で「うるさい。早く出て行け。視界に入るだけで不愉快だ。」というようなことを言いました。その夜はさすがに眠れませんでした。


その日に至るまでの3カ月間、彼はほぼ一日おきに「とても反省している。愛しているのは君だけだ。君を失ったら生きていけない。なんでもするからやり直すチャンスをくれ。」といった内容のポエムメールを送ってきていたのですが、その夜を境にピタリと止み、2週間ほどで荷物をまとめて出て行きました。

彼が去ったあと、がらんとした部屋のテーブルの上に記入押印済の離婚届と一緒に四つ折りにされた便箋が置いてあり、確か「君と暮らし10年間、とてもしあわせだった。本当にありがとう。傷つけてごめんなさい。」というようなことが書いてありました。

わたしはそれを読んだあと、すぐに鋏で細く切って他のゴミと一緒にマンションゴミ捨て場に持って行きました。

部屋に戻って靴を脱いだ瞬間、ああ本当に一人になってしまったんだなという実感が湧いてきて、涙が溢れて止まらなくなり、床にうずくまって、文字通りわんわんと泣きました。

離婚たことについて後悔はなかったのに、それでも10年の歳月はあまりにも長く、喪失感は大きく、どうしようもなくてわんわん泣きました。


それから一年は、これまでの人生で最もつらい期間でした。一番つらかったのは、人を信用できなくなったことです。わたしはおろかだったので、10年も一緒にいた相手が病的な嘘つきであることを見抜けなかったのです。客観的証拠により相手が膨大な嘘をついていたことが分かった後は、誰も彼もが嘘つきに見えました。

周囲の人からは、なんであんなにいい人と離婚したのか、もったいないと責められたり、浮気は男の甲斐性だ、許せない女のほうが悪いと説教されたりしました。

離婚後も相手からは「元気にしてる?君のことをとても心配している。落ち着いたらまた会えないかな。」といった内容のメールときどき来ていたのですが、返信せずに削除していました。

最近連絡がないなと思った矢先に、「ご報告」という妙にかしこまった表題メールが届いて、開けてみると「結婚再婚)することになりました。相手妊娠しています。」といったことが神妙なトーンで書いてありました。彼が出て行ってから半年も経っていませんでした。


彼の再婚相手は、複数人いた浮気相手の誰でもなくて、わたしもよく知っている、ほんの数日前に一緒に食事をした女性でした。わたし彼女を友人だと思っていました。お酒がとても好きなはずなのに、その日はガス入りの水しか飲まなかったので、体調が悪いのかなと少し心配していたのです。ああ、なるほど、妊娠していたかアルコールを飲まなかったのかと妙にスッキリ腑に落ちました。

わたしは、「土下座して謝っている人に向かってコップの水をぶちまけた」瞬間が一連の出来事クライマックスだと思い込んでいたので、まだ続きがあるなんて想定外でした。事実小説より奇なりとはこのことかと思いました。

そして、ようやく治り始めた傷口に乱暴に塩をすり込むようなことをした彼らを強く憎みました。彼らを憎んでも自分を損なうだけだと頭では分かっているのに、感情コントロールできなくて、四六時中、彼らがしたことについて考え、彼らが不幸になるように願いました。そのときには、もうわんわん泣く余裕もありませんでした。


その後どうなったかというと、特に何もありません。

彼が出て行ってから一年くらい経ったある日、気が付くとすべては過去になっていました。時折、激しい憎しみの名残が発作のようにやってくるのですが、それも長くは続かなくなりました。ただ、不倫浮気を美化する内容のドラマ小説に強い嫌悪を感じるようになりました。

彼らが不幸になったかも知りません。子どもは無事に生まれたらしいと風のうわさに聞きました。それでよかったと思いますわたしの見ている前で、彼らが不幸にならなくて本当によかった。

さっき「離婚して、わんわん泣ける女になりたかった。」というタイトル記事を読んだら、一連の記憶フラッシュバックしてつらくなったので、気持ちを静めるためにこれを書きました。

自分経験に照らすと、記事中できれいごとを言っている元夫は嘘つきで、本当は慰謝料を払わず離婚して他の女性再婚したいだけなのではないかと感じましたが、そんな風にうがった考えを持つことは人を幸せしません。



なので、ここに書くことで忘れてしまうつもりです。

2018-01-16

anond:20180115231924

元増田だけど、行ったのはアメリカで、留学学校事務室バイトしてた。

例は本当に数え切れないくらいあるけど、例えば仕事場の非効率なところを改善したい場合

アメリカでは:こんなの資料があったら便利だなぁ→どう見ても役に立つんから上司OKって言うだろ→勝手資料作りをする→上司にこれ使ってもいい?と聞く→たいていOK改善終わり。私が何か口だしすることで上司プライドを傷つけるとかい思考回路がない。全てのプロセス自分の「やりたい」という意志を軸に一直線に進むようなイメージ。途中データが足りないとか誰かの許可必要だとかい障害があっても苦にならない。一個一個片付けて「やりたい」という軸に戻る。

日本では:こういうところめっちゃ無駄だなぁ・・・改善したいなぁ・・・と思いつつ、新入りがこんなこと言ったら絶対上司の機嫌悪くなるなぁ・・・周りの人から否定的に見られるかもしれない・・・と考えて何も言えない→イライラを紛らわせるために「でも、こういう無駄に見える仕組みもきっと長年の試行錯誤からまれものだろう」とか「こうして日本人の忍耐力が鍛えられるのだ」などと頭の中で合理化しようとする→考えの方向がぐにゃぐにゃあっち行ったりこっち行ったりして脳溶ける。ちなみに非効率的に思えることを実際に「なんでこうなってるんですか?」と聞いてみたことがあるけどマジで上司にムッとされたのがトラウマである

書いてみたら全然具体的じゃなくてスマン。

ちなみにどちらの場合他人を巻き込むタイプ改善ではなくて私個人がやることに関しての改善日本の例は底辺企業なのであしからず

はいっても日本人が書くもの読んでると頭が溶けてるのはどの階層でも同じなのかなと思えてくるけど。

アメリカも常に言いたいことを言えるというわけではなくて、日常生活でも、ネットや本の文章でも、防衛線張ってるような言い方が増えてきてるらしい。

でもほとんどの場面は日本から比べたらありえないくら合理的で、私の脳の霧を晴らしてくれたよ。

2018-01-15

鷺沢文香が嫌い

オタクはすぐキャラになりきろうとする

キャラクターだと思いこんでいる精神異常者が嫌い

自分鷺沢文香に似せて本人はかわいいと思ってるだろう擬音を発言しているが、かえってきもい

とあるごとに鷺沢文香ですとか言いやがるし、ハンドルネームをすぐ鷺沢文香にするし、いちいち発言キモい

鷺沢文香というキャラクターは一切悪くないが、鷺沢文香と聞くだけで精神異常者が浮かんできて嫌悪しか感じなくなった。

過去にも匿名ダイアリーでフレデリカが嫌いになったというような日記がバズっていたが、似たようなもんだ。

2年ずっとやってたデレステも飽きてしまったし、シンデレラガールズを追いかけることもなくなった。

なりきるんだったらなりきりアカウントとして全力でやりきろよ。変に自我まぜて着飾ってんじゃねえよ。

腹が立つ。

anond:20180115141625

「そういえば、前○○って言ってたよね」 「いや、××だし」

あの、これだったら、「あわせないから不機嫌」

じゃなく。増田さんが、「解釈間違い」か「記憶違い」してるでしょ。○○が××だったんだし。

これで相手が不機嫌になるのは、自分の話をちゃんときいてないか、他の女性と間違えてるんじゃないの?って事かな。

増田さんが間違えて、相手が不機嫌、そうしたら増田さんも機嫌悪くなる

相性悪そう。どっちも気が強いね🙄🙄🙄

私の苦痛に向き合ってくれ

嫌悪だの異性嫌悪だのって説教されても私のこの嫌悪は治らないわけ。

その原因になった相手文句言ったって無駄だし(そもそも連絡取れない相手も多い)。

あとカウンセラーや投薬は受けてるけどろくすっぽよくならない。

理屈はいいから私の苦痛に向き合って手助けしてくれ。

本音を言えば社会運動政治運動平等もどうでもいいんだ、私を助けてくれ。

2018-01-14

悲しいとき

あれだけ嫌悪していた「カーッ、ペッ!」を無意識にしてしまったとき

anond:20180114150153

スポーツ選手身体がでかいから、でかい身体で優位に立っているから、ずっとそうやって生活してきたから、車道においても自分より小さな自動車に追い抜かれるのを無意識嫌悪する。それででかい自動車を選んでしまう。彼らは自分がなぜでかい車を選んでしまうのかを知らないから、安全のためかな?と思ってしまう。でも本当は、身体が小さいと負けてしまうと感じるのだね。

友人の黒人曰く感覚的に日本人黒人差別してないのを分かってるらしい

ちょっと乗り遅れたけど

黒人に黒塗りが差別かどうか聞いてみた

ちなみにアメリカまれアメリカ育ちな

結局はやられる相手によるそう

アメリカ白人が黒塗りかましてきたらムカつくし差別だが、日本芸人がやってるのを見ても何も感じないとさ

それに感覚的に日本人黒人差別してないと感じるのは、黒人普通に異性にモテるから

ご存知の通りアメリカでは白人黒人カップル結婚するのは結構少数派だ

白人から生理的嫌悪されてるのを感じることがしょっちゅうだが日本ではそれがないと

この生理的嫌悪されてるってのが差別での根本的な悪意だそう

日本に住んでる他の黒人外国人同士で結婚するんじゃなく日本人結婚する人が多い

から感覚的に黒人差別してないのを分かってるとのこと

ただ、以上に珍しがられるのはうざったいらしい

東京ではそんなことないが観光地方に行くとガキにスマホ写真取られるんだとよ

2018-01-13

女性視点だと使える

エロ漫画女性視点だとレイプ物でも使えると気づいた。

いままでレイプや陵辱が好きな人を「男尊女卑野郎が!」と侮蔑してたけど、単に男性視点なのが受け付けなかったみたいだ。

女性視点でさえあれば、女性セックス嫌悪を感じても使えた。理由はよく分からない。

誰か分析してください。あ、男です。

2018-01-12

anond:20180112143655

クチャラー基本的に「唇を閉じないで噛む」ことに起因しており、

その原因は「鼻づまり口呼吸している」か「噛み合わせが悪い」ことによる。

鼻づまり風邪以外にも鼻炎や腫瘍などで慢性的に引き起こされることも多い。

噛み合わせも言わずもがな一時的ものではない。

鼻づまりが嘘だと断ずる根拠はないわけだ。

あるいはそれを聞いている側が音嫌悪であるという可能性もあるがな。

anond:20171216141911

法律禁止するのはダメなのかもね!

以下書き散らし

自分絶対嫌だ〜。

周産期医療で毎週のように内診を受ける。

助産師さんに股のジェルを拭いてもらう。

エコー陰毛すれすれまで塗られたジェルも拭いてもらう。

乳首状態もチェック。乳輪や乳首おっぱい全体のマッサージもしてもらう。

出産という命の危機も伴う大仕事白人以外の黒人がいて果たしてリラックスして全力が出るのか…?

嫌悪とか以前に緊張すると思う。

ただでさえ妊娠中って不安と不調だらけでしんどいことばっかりなのに…。

緊張するとお腹が張る。腹が木でできてるかのようにカッチコチになってめちゃくちゃ痛い。

張りすぎると早産の危険があるから薬も出る。

かいかい日々の相談事なんかも助産師さんが電話カウンセリングで聞いてくれる。

生理痛みたいな痛みが〜とか分からんやん。

産後ボロボロの中でおっぱいマッサージしてもらう。

おっぱいマッサージちょっともみもみするだけじゃないよ。

乳首つまんで引っ張って押し込んでってすごいこねくり回さないといけない。

会陰切開後の傷もチェックしてもらう。

穴と穴の間よ。

悪露も入院中だだ漏れ。血まみれ。

悪露ってのはまぁ生理みたいなもの産後数日出るやつ。

自分じゃナプキンえれなくて股だけ開く産褥ショーツというオムツみたいなパンツ履いて助産師さんがナプキン変えてくれる。

血まみれに汚れたナプキンなんて白人にも見られたくないくらいのやつ…。

あー、ほんと考えただけでキッッツイ…

他人白人産科付き添いで来てるのもなんとなく嫌なのにさ。

お産って本当生きるか死ぬかの世界で、妊産婦はめっちゃくちゃ不安デリケートな生き物で、そこに無駄ストレスかけてくんのやめちくれ〜〜って感じ。

選べるとかいうけど、どうすんの?

この病院には黒人助産師がいますってサイトとか病院看板にでも書くのか…?

医師は大体看板名前書いてあるから分かるよね。

白人さん選びたいとき検索かけてそうしてます

助産師くらいでそこまでするかな…?

あと病院変わるのも簡単にできることじゃないし。

自分とこは9週目くらいで入院費一部前払いみたいな制度があって、転院する場合それは別に返ってこない。予約金みたいなものか。

そんな大金ではないけど、黒人助産師いることに途中で気付いて転院させられるとかアホくさすぎる〜。

今日黒人助産師さんいるのかな…とかいちいち思うのも嫌すぎる〜めんどすぎる〜。

今の病院黒人先生で、近所はそこしかいから通ってる。

気にしてないと思ってる、けどそりゃーー本音を言えば内診で指突っ込まれるのもまぁできたら白人先生がいいかな…と思うし、毎度あのくぱぁ椅子乗るときストレス

カーテンで顔見えないからいいけど。

白人医の産科探せばあるだろうけど、妊娠してから遠出はマジでできなくなった。

何かあったとき近くの病院の方が安心だし。

臨月の今、家の中ですらちょっと家事するだけでお腹バリバリに張るし白人医のためだけに電車乗って毎週通院とか無理すぎる。

話逸れたけどとにかく限界ギリギリで生きてる妊産婦に余計なストレスやすのやめてくださいお願いします…という気持ちでいっぱいです。

好き嫌いで語るなとかいうけどお気持ち表明するのは個人自由だよね??

2018-01-09

私の私の彼はマイノリティ

差別云々の話題でいつも考えるのが左利きのことである

ぎっちょって言葉差別語になってたり、後は無理矢理右利きに強制されて弊害がみたいな話も一応あるけど、

でも現代日本の四十代以下なら左利きネガティブイメージはほぼないと思うんだよね。

なんならサウスポーつってかっこいいイメージすらある。

にもかかわらず、左利きの人には些細な生きづらさが無数に重なっている。

世の中の品物の多くが、右利きの人にとって便利なようにできている。

建物も、電化製品も、道具も、文字ですらそう。

左利き用が売ってる場合もあるけど、そういうのは高かったり、買うのに若干の手間がかかってしまう。

それは凄くシンプルに、「どっちの手で使っても問題ないデザインをするのは困難であり、かつ両利き用のものを設置する予算やスペースがないなら、90%をしめる右利きの人に合わせた方が益が大きい」という話。

これ。これですよ。

左利きに対する悪意や嫌悪なんてほとんどない社会においても、マイノリティということで負担を受けてしまう。

この……何というか……水は低い所に流れるとか、エントロピーは拡大していくみたいな物理法則並に厳然とした、

「9人にとって便利なものと1人にとって便利なものなら、9人が使えるものを作った方がお得」っていう法則がある限り、

資源に限りのある社会で、マイノリティはワリを食わされるのではないか

そして資源無限になることはないので、永遠にマイノリティはワリを食わされ続けるのではないか

そう考えて陰鬱気持ちになる。

どうにかならないんですかね。

anond:20180109065140

「一度そういった視点を得ると自分普段生活にも似たような面があることにも気付いた。両親の友人や親戚、隣近所との付き合いにも大事意味がある。翻って自分の交友関係を考えて、これはアカンと。極めて打算的な動機ではあるが近所付き合いは大事にすべきだ」

「人付き合いを嫌悪する人が生活できる環境は、人が余りサービス業が発展してる都会にしか存在せず、サービスお金で補う際のコストが安い都会でなければそういう生活を維持できない。都会から田舎移住した人のトラブルにも同様の面がある。田舎の閉鎖性や住民の質にだけ問題があると捉えると大きく見誤る。」

まり表現が拙いので書き直した。せめて日本人なら句読点は使えよ。

都会に行くほどコミュ力が要らなくなる

もちろんコミュ力はあった方がいいんだけど、都会なら大抵は金で解決できるので必須ではない

田舎度が高まるほどコミュ力重要になる

当たり前っちゃ当たり前なんだよね

だって田舎は人が少ないもん

人が少ないとサービス業仕事として成り立たない

金を払う事でお客様っていう立場になることができない

個人個人の対等な立場で物なり労力なりをやり取りするならコミュ力必須

都会なら極力人付き合いを断って生きていくってこともある程度は可能だけど、田舎じゃそうはいかないよね

多分だけど田舎で人付き合いを断つってセルフ村八分みたいなもんだと思うんだよ

自分ひとりでなんでもできる様な人ならともかく、普通は何かと誰かの手を借りないと生活できない訳じゃん

都会ならお金を払うことで他の人にやって貰える事も田舎度が高まるほど隣近所の人の手を借りることになる

近所付き合いなくて面識すらない状態ではそういう時に助けてもらうの難しいと思うんだよ

もちろん大金を払えば別だろうけど、毎度毎度そういう訳にもいかないでしょ

こういう風に考える切っ掛けになったのは去年母方の祖母が亡くなった事

母の実家離島にある

一応葬儀場はあるんだけど、こっち(地方都市)なら葬儀屋さんにやって貰えることも自分達でやらないといけない

で、仕切りはそっちに住んでる伯母がやってくれたんだけど、料理作ったり葬儀から火葬場までの足を用意したりってのを伯母の友人や隣近所の人達がやってくれてた

それ見て断片的だけど実感できた

こういうのは普段の人付き合いが物を言うんだなって

祖母や伯母が普段から近所付き合いを絶やさずにやってきたからこれだけ世話をして貰えたんだなって思った

で、一度そういう視点を得ると自分普段生活にもそういう面があることにも気付く様になる

両親の友人や親戚、隣近所との付き合いにも大事意味があるんだって気付く様になった

翻って自分の交友関係を考えるとこれはアカンって思うようになった

極めて打算的な理由ではあるけど近所付き合い大事にしようと思うようになった

で、最近は時々近所のお寺の集まりかに顔を出すようにしてる

若手(といっても俺ももう30過ぎのおっさんなんだけど)が少ないから色々と重宝がられることも多い

行ってみて初めて知ったけど、ああいう集まりってそれなりに力仕事あったりするのね

完全に無償労働だけど、話に聞く消防団の大変さに比べればそこまでキツイ訳じゃない

それに人から感謝されるのって悪い気はしないしね

こういう人付き合いが嫌で田舎から都会に移り住んだ人って結構いると思う

どうしても人に関わりたくない、あいさつするのすら苦痛って人もいるのかもしれない

そういう人達の中には田舎の事を悪く言う人もいると思う

でも田舎には人付き合いを断って生きる人が生きていくだけの余裕が無いんだ

田舎であればあるほど生活していくのに人付き合いが必須になっていく

人付き合いを嫌悪する人が生活できる環境って人が余っててサービス業が発展してる都会にしかない

人付き合いの無さをお金で補う際のコストが安い都会じゃないとそういう生活を維持できない(石油王は除く)

都会から田舎移住した人のトラブルにもそういう面があると思う

それを田舎の閉鎖性や住民の質にだけ問題があると捉えると大きく見誤ることになると思う

2018-01-06

正月明けだから結婚ネタ毒親ネタが溢れてるので便乗。

私→30歳会社員。過干渉の親と絶縁済み。

彼氏同級生専門職母子家庭育ち→学生時代母親恋人蒸発した経験あり。

彼氏とは中学時代からの付き合いなのでもう人生の半分一緒にいる。

出会った頃から彼氏の家はハイパーごたごたしていてそれをネタに笑いをとるくらいだった。

付き合ってからも「俺は子供は作らない。変な家庭で育った人間は家庭を持たないほうがいい」というのが彼の持論で

私は「そんなことないでしょ~」とたしなめるのがお決まりだった。

私は両親も揃っているしずっと普通の家庭に育っていると思っていた。

高校生の頃はゴタゴタと仲が悪かったし、大学生の時もなるべく家族と顔を合わせないように授業とバイトを調整してたし

一人暮らしを目指して就職したけれど、別に変ったことではないと思っていた。

しかし私の就職したそこそこの安定した会社でその認識は打ち砕かれた。

みんな家族めっちゃ仲がいい。

若い人は親元にめっちゃ帰るし、既婚子持ちは子供配偶者の話めっちゃするし家族に優しいし、家族に対する愛が溢れていて驚いた。

そしてそういう人達はすぐ結婚したがるし結婚を勧める。

せっかく就職して一人暮らしを始めた安住を犯され壊される感じがして、職場人間怪物に見えた。

私もいつかは結婚するし子供も作るとなんとなく思っていた。

ウエディングドレスにも奥様業にも子供にも興味はなかったが、社会で生き抜くための責務と義務だと思っていた。

と、同時に「どうにかこの役割から逃げれないかなぁ」ともぼんやり思っていた。

彼氏のことは心の底から好きだけど、結婚することで今の関係から「夫」と「妻」になり

更に子供をもうけることで「父」と「母」になることを考えると嫌悪感でいっぱいだった。

子供を捨てたり虐待する母親クズ中のクズから絶対になりたくないが、子供というだけで私を縛り付け、仕事社会生活を不利にする存在

心の底から望み喜んで誕生させ育てなければならないという事実は許せないと思っていた。

しか仕事をしながら育てるとなると両実家の協力は不可欠で、またあの実家と密にかかわりを持つのかと思うだけで憂鬱だった。

とにかく「経済的身体的自立を手放したくない」「実家と触れ合いたくない」という気持ちが強く、それが崩れるとなると泣きそうなくらい恐怖を感じた。

そんなこんなで、速攻でメンタルクリニックのお世話になった。

カウンセリングを受ける中で、私の強迫的なまでの自立への執着と家族に対する嫌悪感は生育家庭に問題があるのだな、という結論が出た。

私の両親は「こうあってほしい娘」像がすごく強固な人で、そこから外れることを許さない人だった。

どういう娘像かというと「成績優秀・スポーツ万能のオールマイティ優等生で、清楚で可愛くて、家の家事は全てこなし、家族に尽くすことを喜びとする」といった感じ。

私は運痴で地味だったので勉強家事でその穴埋めをして家に置いてもらわないといけなかった。

年々親の求める学業レベル自分の出来るレベルギャップが出来てきて、勉強家事以外のことをしていると責められた。

更に父親ナチュラル女性蔑視をかます人で、思春期以降は毎日セクハラ的なイヤミを言われ、女だから母親兄弟ケアを負わされた。

母はまさしく「社会承認されるために子供を産んだ」としか思えない人で、仕事に忙しく子供時間を割くことを本当に嫌がっていた。

勝手に進路を変えられたり入る部活課外活動を決められたリ、といった学生時代だった。

親に認められないと生きていけないと思い込んでいたか結婚出産子育てをしないといけないと思っていたけど、

親と過ごす生活自分が親になることが感覚的に耐えられないか結婚出産子育て嫌悪を感じる。

これがわかった時、彼の「変な家庭で育った人間は家庭を持たないほうがいい」という言葉がスッと飲み込めた。

いわゆる変な家庭で育っても結婚出産をして立派な家庭を築いている人はいる。

いるけれども、現在の私はその段階ではない。

彼氏とはずっと一緒に居たいけど、世間の求める夫婦の型にははまりたくないし、子供も欲しくない。

それは関わった全員が不幸になることだから

このまま自分治療を進めて、結婚して子供を持ってもいいなと思えるようになったとき

もう子供を産めない身体になっていたとしても、それは仕方のないことだ。

それまで自分のことを考えて、自分幸せを追求しよう。

そう決めて、彼氏にもそう告げて、家族全員の電話メールを着信拒否した。

今は薬を飲みながら、子供の頃できなかった趣味に手を出したり、勝手に進路変えられたせいで就けなかった仕事に就くために勉強している。

とても心が穏やかです。幸せになるぞー!

エンタメ」と「やり過ぎ」の狭間

所謂プロレス」を芸人がやるケースでも

頭悪い人や子供なんかは本当だと勘違いしてしまうケースが有り、度々問題になる

 

いや実際の所芸人もやり過ぎる人が居るので、本当にプロレスなのかどうかは定かではない

視聴者も「これはプロレスだ」と100%わかっているわけではないはずだ

しろそういった「どうせヤラセだという安心感と、若干の恐怖」がいい塩梅エンターテイメントになっているのだと思う

心霊番組とか、手品超常現象番組なんかもそうだ

「きっと嘘だけど、ひょっとしたら」というのが楽しさになる

これは不思議もので、例えばイジメ自体嫌悪を覚える人でも、イジメの「振り」は楽しめたりする

ホラーが大嫌いな人でも、「ホラーもどき」は楽しめたりする

結局ウソであるなら人間だいたいのことが楽しめてしま

 

しかしそれが分からない人も一定割合で居る

エンターテイメント歴史とは、そういう人たちとの戦いの歴史でもあると思う

 

もちろん「分からない人」が常に悪いというわけではない

ボーダーラインというのは人によって違うんだ

悪ふざけが過ぎる人に嫌悪感を覚えるのと同じで、人によっては皆が楽しめるライン嫌悪感を覚えるんだ

かと言ってその人のボーダーに合わせたら何もできなくなってしま

彼らの存在はそれだけで場を白けさせる

芸人や楽しませる側はたまったもんじゃない

 

こういうのはゲーム創作なんかでも起きている

ゲーム創作に影響される人、現実区別がつかない人は一定割合居る

ゲーム業界ではどうにかそういうのを回避しようとゾーニングが行われている

しかしそれは年齡という最低限の観点しかない

個人ボーダーラインや、現実虚構区別が付くかは加味されていない

 

これから先のエンターテイメントが生き残るには、彼らを制御しなければならないのかもしれない

彼らは「嫌悪」し「区別がつかない」ので、義憤かられて突撃してくる

最近は、彼らの見つからないマイナー場所エンタメを発達させる手法が上手く行っていたが

うそろそろそれも難しいのかもしれない

情報SNS簡単拡散され、簡単にそれを海外メディアが取り上げる

彼らは確かにマイノリティではあるが、炎上してしまうと突撃者の数はとんでもなくなってしま

より強い仕組みのゾーニング必要なのだと思う(手段はまるで思い浮かばないが)

 

また、制御しなければならないのは楽しむ側にも居る

嫌悪」はしないが「区別がついていない」人が、真似をしてしまうから

そちらも同じように制御しなければ、いずれ彼ら側に世界ノーマライズされてしまうかもしれない

エンタメ自由と、互いの共存のために、上手い方法必要だと思う

「年上好き」と「熟女好き」は違うっつってんだろ

「年上の女の子と年下の女の子どっちが好き?」

よくある質問

それも女からよく聞かれる質問

年上年下からこの質問をするのは少々露骨になるからか、主に同年齢の女からこの質問をされる

おそらく、この質問だけである程度男のパーソナリティや付き合った時の振る舞い、彼女に何を求めているかなんかが推して知れるからだろう(男の俺からしてもそう思う)

例えばあくまでもステレオタイプだが、年上好きはなよなよでリードしてくれなくて情けなくて大人しくて甘えてくる

対象的に年下好きは男らしくてリードしてくれてオラオラ系で頼り甲斐がある甘えさせてくれる

何より女はマザコン死ぬほど嫌う傾向があるため、この質問で男にマザコン兆候があるか否かを探ろうとしている(と思われる)

俺はシングルマザー家庭に育ち、立派な年上好きに育った

お母さんにデレデレというわけではないがよく二人で食事をしたりするため、世のマザコン嫌悪症の女性からしたら即刻マザコン烙印を押す対象になってしまうだろう

しかし嘘をついたところで俺の好きな女が年上なことに変わりはないのだから臆せずに正直に言うことにしている

「俺は年上かな〜」

「うわ〜熟女きじゃん〜w」

ちげえよ

俺は1個2個上の「先輩」が好きなのであって

断じて「おばさん」でも「友達のお母さん」でもない

年下が好きですって言ったら普通に1個2個下を想像するじゃないか

年下が好きと表明したところで小学生大好きロリコン人間と見なされるわけではないのに

なんで年上好きだけこんな仕打ちに会わなくてはならないのか

おそらく女性の皆さんは「年下好き」の回答を求めていて、「年上好き」を恋愛対象から除外するためにこの質問をしてるのだろう

だって年上好きの男ってちょっと気持ち悪いし

それはいいんだよ分かってるから

からって年上好きを熟女好きと勝手認定して蔑むのはよしてくれよ

あと俺は熟女好きもロリコンも立派だと思ってます

2018-01-02

鉄道イメージダウン日本車社会経済利益

日本人の半数近くを占める都会人は、自動車社会日本社会と一蓮托生であることを知らない。よって、鉄道信頼性の低下や過度な混雑などに絡んだイメージダウンをごく単純に捉え、「鉄道社会の腐敗」「鉄道迷惑施設」とみなす。結果、日本の人たちは、鉄道に対する嫌悪を増幅させ、バスタクシーなどを含めた車社会への帰属心を強める。まさにこれこそ、日本社会が望むところである車社会を快く主なわない人間が、ヤンキー非行組織結社して、車社会に対するイメージダウン喚起したのと全く同じ構造である鉄道イメージダウンは、日本社会計算に過ぎないのである。だから日本社会はいつまでも現状から目をそむけ続けるのである

2018-01-01

腐女子でした

どうも腐女子です。

痛いファンです。

あの二人は中野腐女子スターズと事務所一緒だったりして売れる前から腐女子文化は知ってたっぽい。売れてからは彼らも知るところ、ご覧の通りで痛いファンがたくさんだ。こんな風に。

いやでも彼らの腐女子ファン割合が他のお笑いコンビと比べて有意に多いかどうかは分かんなくて分母が多いだけではとも。ピクシブ芸人1000users入りでの彼らがしめる比率を思ってもそもそも普通ファンが多いかファンアート創作ファンも多くなりさらに痛い二次創作ファンもどうしても多くなるというだけの話だと私は思ってるけど。

あの人(便宜上文字熟語で司会専念と呼ばしてもらう)は2010s初頭の腐女子にとっては革命的だったんだ。卑屈で等身大で顔が可愛くて死ぬほど才能がある人たらし。そして彼(便宜上私たち初恋)は今も昔もダメスパダリだ。

余談だが最近初恋思想時代が追い付いたなと感じる。初恋絶対相手を悪いようにはしないお笑いをやるから、一昔前の悪口全盛バラエティじゃ映えなかったけど、そのじつ、今の寛容な時代を用意したのは、初恋ですよ。

話は戻るが彼らの普通ファンで「私はBL嫌悪感がわくのだが最近彼らの活動を見ていてひょっとしたら実際にそうなのかもしれないと考え始めた、万が一そうならば私のこの嫌悪感差別なのかと悩んでいる」と仰っておられた人を見たことがある。まあ、あの二人、正直仲いいんすよ。

で、嫌悪感にも種類があって、

①単純な同性愛嫌悪

②生身の人間腐女子行為ますのに対して覚える嫌悪

②はあって当然というのが今実際現実問題共有されやす感覚だろう。

ただ②も①にもとづくあれでアレなんちゃうかと混ぜ返されたら黙ってしまう。アレなんかな?いや、そんなつもりちゃうんやけど、でも(万が一)^2実際ホンマにそうやったら?

まあそんな悩みを仰っておられる人もいたなあということを思い出した。そういう悩みはただの悩みとして終わった。

楽しい杞憂杞憂で終わって私はなんだかこざっぱりした気分だ。ちょうど、そう、10年だった。

めちゃくちゃいい夢からさめた。

2017-12-28

anond:20171228002534

わかる、私は女性経験のないこと自体はなんとも思わないけど、童貞はうっすら恐怖の対象

なんか童貞の苦しみってみんな説明不要みたいにして語ってるのがさっぱりわからない、怖い

素人風俗かって話にすぐとぶ、恋の話しないとこも理解しがたい、怖い

ようわからん自分のことでいっぱいいっぱい?は伝わってくる

こちとら内臓さらすんですから落ち着いてくださいませんかって思う、怖い

ただ怖いだけなんだけど、まあ、この状態って嫌悪してるってことなんだろうなー

これもいじめセクハラ差別だ見下しだと思われるのかなあ

2017-12-26

この際だから訊くけど男嫌いフェミニストは男の何が気に入らないの

昨今急進的なフェミニスト自称する男嫌い女性インターネットのあちこち散見されるじゃないですか?

僕は自分性別が男なんで正直こういう人達男性に対してまるで男性の全員が性犯罪者であるかの如く凄まじい悪罵の数々を以て痛烈に批判している姿を見るとですね

正直めっちゃテンションが落ちるんですよね……

だって本当に酷い言葉を使うんですよあの手の方々って

あんなん見ただけで気が滅入ります

それでもうこの際だから訊きたいんですけど、なんでそこまで男性が嫌いなのか、男性の何がそんなに気に入らないのかを訊きたいんです

かに社会制度的な問題で男女格差があることは僕も承知してますし、民間レベルでも男女格差偏見が根強く残っているのが現代社会だと思います

でもだからって男性を嫌いになる必要はないわけじゃないですか?

女性の権利を向上させることと男性嫌悪することって=じゃないですよね?

から僕はこの手のフェミニストの方々が男性嫌悪する理由ってそういう制度歴史みたいなマクロ問題関係なくて、実は凄い個人的ミクロ経験にあるんじゃないかって睨んでるんですよね

実際そこのところはどうなんでしょうか?

それと僕はフェミニズムに対しては一般レベルかそれ以下の知識しかないと思われるので色々とフェミニズムに対して誤解している点もあると思います

そこら辺お詳しい方がいたら是非指摘して頂けると幸いです

別冊図書館戦争水島弱者男性弱者女性論について

有川浩の人気シリーズ図書館戦争」の別冊Ⅱに水島というキャラクターが登場する。

郁の後釜で柴崎の同室となった女子容姿は地味。性格は卑屈でコミュ障KY。真面目なだけが取り柄だがそのKYなまでの真面目さで柴崎からひたすら疎ましがられる。そして卑劣犯罪に手を染め、供述で痛い勘違い女ぶりを披露し、誰から共感されない惨めな悪役として終わる。

その散々な描かれ方に、水島気持ち悪い嫌いという声に混じり、同じく地味でコミュ障自称する女性読者から水島同情論」が聞かれたりする。(私もその一人だ。彼女達の発信を読むまでは、作中の嫌われ者水島に同情し柴崎に対して僻む自分を認めたくなく、「じ、自分はここまでじゃないし!…多分」と思い込もうとしていた)

しかしその同情論は、あくまで卑屈で真面目なだけに大それたことはできないはずの水島に対してであり、卑劣犯罪に手を染めた勘違い女水島に対してではない。正直私も、卑屈な筈の水島自分手塚に愛されてると思い込み柴崎に対してあれ程固辞していた呼び捨てをしながら嫌悪侮蔑を容赦無く露わにする様は、これまでの水島キャラとちぐはぐな印象を与えた。「有川は嫌いなタイプをとかく貶めたいがためにキャラに合わなくとも悪者にすりゃいいと思ってんじゃないか」とすら思った。

でも水島供述を読んでいると気づいた事があった。柴崎言動全てを悪く受け取り、「柴崎はズルい」「美人からって」「チャラチャラしている。手塚さんに相応しくない」と僻む様が、「真面目で不器用で善良な俺達がモテず、悪いイケメンヤリチンチャラ男DQNばかりがモテる」と僻む、ネット自称弱者男性に重なったからだ。

水島弱者男性女性版だったのだ。いやもう、こんな言い方しないで弱者女性と言おう。

そう考えれば納得できる。「ネット上のおまえら現実おまえら」のように、水島も影ではいくら柴崎を悪し様に言えても貶められても面と向かってはおどおどするしかない。真面目なだけが取り柄で、恋愛面でも真面目に努力してきたつもりの彼女にとって、美人簡単に近づける柴崎存在は「ズルい」と思えたのだろう。

水島弱者女性問題についてこのブログが参考になるだろう。

若い女性に多い自殺願望☆地味な女子は負け?『別冊図書館戦争2』と座間遺体殺害された女性被害者について」

http://urx2.nu/HJP5

柴崎手塚のような、顔が良くて優秀で皆に好かれる強者女性強者男性は正しくて幸せになれて、一方水島のような弱者女性(や弱者男性)は悪役で惨め。残酷な程の対比は、水島タイプ弱者女性を益々卑屈にさせる。有川浩はこれに限らず、男女共に対してマッチョ主義な所がある。主要登場人物大抵顔が良いし。

弱者女性弱者男性はその境遇ゆえにコンプレックスを抱え、性格がひねくれているかもしれない。好かれないのも仕方ない。弱者男性のお友達になると言ったエマワトソンも手に追えないだろう。では、彼ら彼女らが救われる方法はないのか?

私はと言えば恋愛友達も諦め一人の気楽さを満喫している。しかしそれは多くの弱者男女にとって救いではないのだろうな。

2017-12-25

anond:20171223130202

そうやってよく仮定に出される女性蔑視をしていない童貞とやらが屏風から出てきた試しがないし、

いくらでもいるだろうに「屏風から出ろ」とはw

もうこいつ自身が、こいつが非難してるであろうステレオタイプな「ネットの女叩きを鵜呑みにして女を叩く童貞」の思考そのまんまじゃん

ネット妄想詰んでないでお外に出て友達を増やせば

それに一般女性蔑視を行わない男性に関しては嫌っていないかミサンドリーではないし

童貞まるごとに蔑視嫌悪を向けておいて何が「ミサンドリーではない」んだ?

女たたきと何が違うのお前のやってるの

性別という努力で変えられない要素を理由攻撃してくるミソジニー童貞と同じ土俵にあげるのは無理すぎるわ

もはやお前の知能は「女は寄生虫から女を叩くのは正当」みたいな最も低レベルな女叩き言説と1ミリも変わらない


要するに男かも女かもバージニティ関係無いんだよ

問題は知能

お前やお前が憎む相手そっくり同じ階層に属しているんだよ

知能というカテゴリーにおいて

人格とか差別とか以前の問題頭が悪いんだ

頭が悪いから論理的思考批判が出来ない

2017-12-24

嫌だと言えない

#MeToo 石川優実さんのnoteを読んだ。

優実さんの感じた苦しさと悲しさと悔しさ、苦い感情を感じるとともに、自分経験も思い出す。

いい歳しても、嫌だと言えない。

先日も、ただ一緒に飲みに言っただけでホテル連れ込まれた。

「帰る」と言ったのにタクシーの奥の席に突っ込まれて、どうやって逃げよう、とずっと緊張してた。ずっと寝て、機嫌悪いふりして、何もさせずにそのまま帰った。

こんなの氷山の一角だ、嫌な思いはもっとたくさんしてる。

そんな気ないのに言い寄られて、断ったら逆ギレされて謝罪強要されるとか、

その気もないかごまかしごまかし逃げてたのに、待ち伏せされるとか。

断った時、嫌だと言った時に相手から暴力振るわれるんじゃないか、険悪な雰囲気になったらどうしよう、といつもビクビクしている。

自分安全に暮らすために#MeToo言えないことだってある。

仕事相手だったり、友達旦那さんだったり。

自分が「ヨゴレ」だって見られることは平気。でも安全に暮らす環境をぶち壊してまで#MeToo言いたくない。

男の人は、人の話なんてきいてない。とくに女の人の声は届かないから、最終的にはキレたふりして怒るしか逃げられない

こういう経験を重ねるたびに、男の人は、私とセックスしたいわけじゃなくて

私とセックスした、という経験を男同士で共有したいために、私に興味があるんだなと実感せざるをえない。

小さい頃、兄に殴られるたび「我慢しなさい、悪いのはあんただ」って大人にずっと言われてきた。

大人になってもずっとその状況が続いてる。

嫌だ、ってどうやったら言えるようになるんだろう。

2017-12-23

まんこ呼びの発端

まんこ(ま~ん)を女性代名詞として扱う風習は「ま~ん(笑)」が誕生する以前から存在した。

それはBBSPINK同性愛から発祥した。同性愛である住民たちは、非同性愛であるにもかかわらず、主に研究目的掲示板に書き込む女性を警戒していたのだが、2008年頃に同サイト801板から突撃が行われ、一斉に研究目的スレ立て書き込みが為されると原住民男性らの怒りはピークに達する。男性同性愛研究する女性のことを「マンコ」「腐マンコ」などと呼んで嫌悪した。




まんさんの自業自得じゃねえか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん