「嫌悪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 嫌悪とは

2017-08-23

どうしてみんな、年齢制限の無い一般サイトエロいことを平気で書けるの?はてなツイッターを、子供エロ嫌悪する女性が見てるとは思えないの?一般サイト公共の場だよ?

パンティ

https://anond.hatelabo.jp/20170823115749

横だが、そういうカップリング妄想自体二次創作ヲタ以外の人間からすると「毒薬」と言うくらい物凄く気持ち悪いもの

って事を自覚した方がいいと思う

子供有害とかじゃなくて、二次創作ヲタ以外の人間から見たら気持ち悪い、ね

誰も子供有害とか言ってないだろ

それも表現の自由だ!ってなら勝手だが、

腐女子の多くは原作を愛しているからこそ、腐女子以外の一般ファン嫌悪を煽って原作イメージを低下させたり

原作者迷惑がかかったりするような行為を慎むんだよ

別にそんなのどうでもいいじゃん表現の自由!ってタイプもいて、腐女子同士で内ゲバしまくってるわけだけど

2017-08-22

それはつらい

https://anond.hatelabo.jp/20170822232213

さて、可能はいくつかありますが、それを明らかにするには材料不足です。

胸の奥のどす黒いものが「もんもん」なのか「イライラ」なのか「ムカムカ」なのか

怒りなのか不安なのか妬みなのか生理的嫌悪なのか。

もう少し自己分析ができるといいとは思いますが、

取りあえず「ありそうな可能性」としては、自分体験と離れた恋愛話が、非常に作り物臭く空々しく感じられ、

しか現実にそれを否定批判するほどの材料も持たないから、そのギャップ生理的に怒りとして表出している。

先行する過剰な自己像と現実自分とのギャップを、過剰な感情表出によって処理しようとする、と一般化すれば、

まりそれが、すがすがしいほどよくある、いわゆる「中二病」というやつです。

ああ、別にけなしているわけではなく、それが成長の一過程というやつなので、盛大にイライラモヤモヤしてください。

つーか、するしかない。あきらめて。よくあることです。

ただ、その黒いものあんまり創作を読むときだけでなく)日常全般を覆い始め、なんか気力とかもなくなってくるようでしたら、

思春期ウツか、ホントウツ可能性もあるので、迷わずおうちの人に相談してカウンセラー受診した方がいいです。

https://anond.hatelabo.jp/20170822070212

https://anond.hatelabo.jp/20170822121632

オタクか否かに関わりなく、

自分嫌悪するもの攻撃する人は、

自分キモイという動機攻撃されたからって

自分尊重しろとか言うな。

尊重して欲しいなら

自分嫌悪するもの攻撃するという行為を改めろ、

くらいでいいのではないか

2017-08-21

渡辺直美が嫌いなんだが(デブからでなく)

ある番組を見るまでは何とも思っていなかった。

ただ、番組アニメオタクだったか、そういう話題の時に明らかに、オタク嫌悪丸出しの発言してから嫌いになった。

その後、番組内ではオタク嫌いアピールせず、むしろ、「あー、オタクってすごいですねー」みたいなゴマスリしてて気分悪くなった。

  

カンナさんのマンガ比較的好きだったけど、渡辺直美がその役だときいて絶対見たくないと番組宣伝の時ですらチャンネル変える努力をしてる。

売るために媚へつらうのも嫌だけど、そういえば、昔お笑い番組で、無理やり男性自分おっぱい触らせていたのが気持ち悪くてダメだったな。

デブが誰にでも体触らせると思ったら大間違いだぞ!

女性安易男性に体を触らせるもの勘違いさせることを助長させかねないと思ったけど、あれは売れる前で必死だったんだろうけど気持ち悪かったなー

2017-08-20

ヒカル氏が詐欺だとしても購入者に同情の余地はない

人気ユーチューバーのVALU炎上騒動について。

[人間関係現金フィンテックの「VALU」、人気ユーチューバー自爆テロで新たな情弱ビジネスとして知名度高まる](http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65894562.html)



まずこの件でヒカル氏の行為詐欺に当たるかどうかは以下の一点です。

もし氏がツイートをして削除していたとしても、それを立証するのは困難です。

誰かが疑惑ツイートスクショ保存していてもそれは捏造できるし、公式が「こんなツイート投稿があったけど削除されてますねー」と立証するとは考えられないからです。

そしてヒカル氏が悪いか購入者は損失を補償されるべきだとの論調おかしいです。

購入者リスクがあるのが当たり前で、そのリスクを受け入れて購入しているはずだからです。

当然発行者にもリスクはありますが微々たるもので、購入者ハイリスクローリターンであるのに対し発行者にとってはローリスク(もしくはノーリスク)ハイリターンです。

VALUを発行するリスクとは

まず発行者リスクですが、**「金の亡者だと思われて信用をなくす可能性」**くらいだと思います

株式の発行だとすると会社を乗っ取られるかもしれないという大きなリスクがありますが、VALUではそのようなものはありません。

しかもVALUを発行するコストゼロです。たとえ1VAを1円で売っても損はありません。

VALUを購入するリスクとは

発行者は多くて50000VAを売ることができますが、この発行コストゼロです。

発行者は1円で売っても利益になります

言ってみれば道端で拾ってきた小石を売っているのと変わりません。

優待があるじゃないかと言われそうですが、この優待も「あなたブログアドバイスします」とか「人生相談に乗ります」とか「ありがとうって言います」とか信者以外には価値があるのか無いのかわからないようなものばかりです。

VALUに本質的価値はありません**

株でも為替でも商品先物でもちゃんとした価値があり、それを割安だと判断して買うのが投資であり、割高だとわかっていても先の需要を見込んで買うのが投資です。

現在価値が割高でこの先も割高だと知りつつも買うのは投機です。マネーゲームです。

マネーゲームに参加していながら損したから「詐欺だ」と言うのは恥ずかしい行為です。つーかアホです。

そもそも石ころを勝手ダイヤモンドだと妄想して購入ボタンを押しといて被害者ヅラはないだろうと。

しか発行者はその石ころを50000個近く持っているんです。

道端の石ころが数万円で売れるならそりゃ売りますって。

発行者は「ダイヤモンド売ります」って言ってるわけじゃなく、購入者勝手勘違いしてるだけなんですから

結局のところ詐欺なのかどうか

詐欺にはならないと思います。上記で書いた通り高価になることを保証しているわけではなく、優待についても立証困難だからです。

被害者いるからとTwitter社に証拠提出を求めてもおそらくTwitterサーバーからも削除済みのはずです。

Valuのサイト優待情報一時的に設定していたとしても、そこに「◯月◯日時点でVAを保有していた方に優待付与します」とでも記していない限りは、それを信憑性に欠けると判断できなかった購入者の負けです。

実際の株でも最終判断購入者責任を持って行うのが常識です。

詐欺るにしても中途半端

そもそもヒカル氏は「優待をつけるなんて一言も言ってない」と公言しているようですが、この辺の対応からして中途半端な印象を受けます

もし本気で詐欺るなら

  • 「来月に優待発表します!」と煽って値段を吊り上げる(ほんの少しだけ売る)
  • ↑を繰り返してなかなか優待発表せずに値段を吊り上げる
  • 高値で買い注文がたまってきたら注文入ってるくらいの数を一気に売る
  • もし再び買い注文が入るなら煽り続ける
  • もし暴落したら数日かけて地味に拾う(高値で売っているので損にはならない)
  • 買い戻しの状況により再び煽る
  • 高値で注文がたまったら売る

そしてある程度稼いだ所でテキトー優待を発表します。それこそ「セミナーやります」でもいいし、めんどくさかったら「新規で作ったTwitterの鍵アカウントフォローします」くらいでもいいでしょう。「優待します」を実現しているので詐欺にはなりません。

今回の件でヒカル氏に優待詐欺疑念がなければ購入者の損失はもっともっと拡大していたはずであり、中途半端詐欺もどきで逆に良かったとも考えられます

結局誰が悪いのか

ここまで書いてきてヒカル氏の擁護記事なっちゃってますけどそんなつもりは全くありませんし、むしろヒカル氏のことは嫌悪しています

ヒカル氏と購入者のどちらが「悪」かと問われたらヒカル氏だと思います

ただそれ以上に購入者がアホだと思うので同情の余地は無いと思っています

だって知らなかったもん!説明足りないのが悪いんだもん!」と言ってもビットコインを用意して儲けに目がくらんで自分で購入ボタンを押した以上は購入者自身問題です。

強いて言うなら発行者市場操作できるようなシステムを作って手数料をせしめていたVALUはもっと悪いし、ビットコインを通せば証券取引もどき正当化されるような法整備放置していた国も悪いです。

結局、誰が悪いかといえばみんな悪いし、誰がアホかといえば購入者がアホなだけです。

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170818151521

別に差別する心を持つなってことじゃなくて、そういう嫌悪したりする心をそれぞれ持ってることは個人自由だししょうがないんだけど、他人に対して差別する発言をしたり態度を取ったり虐めたり傷つけたり失礼なことをするのをやめようね大人なんだからって言ってるだけだと思うんだけどポリコレって。

https://anond.hatelabo.jp/20170818075649

「嫌い」という理由がまっとうなものであればだれも文句は言わんよ。しかし実際にはそれらの嫌悪妥当性がまったくないものが多い。

本人にはどうしようもない理由で嫌いと言ったり、また嫌いな奴がいたとして、それがその性別グループ民族全体を嫌う理由にはならない。

なのに一個人を「嫌い」と言うだけではなく対象全員を「排除」する方向にもっていくから叩かれる。

一般人からすると、妥当理由なく人を嫌う人、特に「本人にはどうしようもないことを理由嫌悪感を露にする人」ってのは危ないんだよ。

そういう理由差別する人が蔓延るといつかは自分もその対象になる可能性があるから。だからそれを未然に防ぐためにも、小さなことでも指摘するように働きかける。

逆に聞きたいんだけど、黒人が嫌い、朝鮮人が嫌い、ホモが嫌い、女が嫌い、そういう理由で人を嫌う人がなぜ自分自身は嫌われる対象にはならないと思えるの?

本人にはどうにもしようがないことを理由差別可能になるとすれば、どんな差別だってから作り出すことができるんだよ。

「女が嫌いと言う奴は人類の半分を敵に回す危険人物なので排除してよし」なんて理由でも通ることになる。しかし実際にはこんな理由は通らない。なぜなら「主語がでかいからだ。

「女が嫌い」は実際には「昔ある女に結婚詐欺でだまされ信用できなくなったから"うまい話を持ってきて簡単結婚を迫る女は嫌だ"」という理由かもしれない。まとめて排除するなんてのはいい加減すぎるわけ。

これには発信する側の努力必要で「昔ある女に結婚詐欺でだまされ信用できなくなったから"うまい話を持ってきて簡単結婚を迫る女は嫌だ"」といった適切な理由と、"死ね"ではなく"嫌だ"という適切な反応を示して初めて相手にも伝わる。

これをせずに「兎に角嫌い」「全員嫌い」「死ね」とか言い出したらそりゃあ「あ、こいつやべぇ止めないと」と思われるよ。

インターネット脳内では1分で言えそうなことをキーボードぱちぱち打って10倍は時間がかかるし、ハテブなんて100文字でまとめる必要がある。だから言葉足らずで主語がでかくなる」ってのはある程度は仕方がない。右翼でも左翼でも「俺は右翼左翼)だけどさすがの俺もこれはないわ…」と思うようなできごとは沢山あると思う。一緒にまとめないでくれよ、と思ってるはずだ。

でも今回の増田。お前はわざわざ文字数制限のない増田で百数十字というハテブで間に合いそうなくらい超雑な内容だ。

>「嫌う自由」まで制限されちゃうわけ?「嫌い」って言っただけで叩かれるのはどうかしてると思う。

言いたいことはこの一行で言ってるわけで文字数必要ないともいえるけど。

「(正当な理由で、対象限定して)嫌う自由」はある。逆に、人を正当な理由なく嫌ってしまうことは、同時に「私も正当な理由なく嫌われるかもしれないという恐怖感」を多くの人に呼び起こす。この流れから差別する(本人にはどうしようもない理由で嫌う)のはやめてほしい。そういう人は嫌い」と人が思うのは正常だ(ここでは嫌いの対象主語限定されている)。

自身で「俺は他人を正当な理由なく嫌う」と宣言しているのに「自分は(正当な理由があっても)嫌われたくない」なんて通るわけがない。

自分だけは差別対象にはならない」「自分だけは貧乏にはならない」「自分だけは障碍者にならない」「自分だけはいつの時代に生まれても特権階級でいられる」

差別したり、人を見下したりする人はこのような心理に陥っていることがある。

こんな不合理な考え方ではなく、自分自身もいつか弱者マイノリティ立場になるかもしれないという考え方をしていれば自然に「なるべく初期に、未然に防げる差別は極力防いでおく。一度拡大してしまったら縮小させるのには数世代レベルの途方もない努力必要になるから」「そのためには"正統な理由なく人を嫌う"(だけでなく"その対象排除する"ような)自由は認めてはならない」という考え方になるんだよ。

女性営業マンとは一緒に行動したくない

昼飯が食べられないと機嫌悪くなって面倒だし、食うのトロいし、休憩はしっかり取らないとブーブー文句言うし。女営業マンと一緒に行動するのはほんとダルい。男は移動中の車の中でサッと食えりゃそれでいいんだよ。時間無駄を作りたくないんだ。でも女はそういうところの考えが違うから嫌だ。無駄な動きや時間無駄に消費するところが性に合わない。

2017-08-17

公務員現役リーマンの考える日本再生プラン

私は今の日本が嫌いだ。リーマンショック以前はアメリカよりも大嫌いだった。しかしそれでも世界3番目の大国。この国がしっかりしなければ、先進国の足並みをそろえて衰退への道に歯止めを掛けることはできない。そこで、私なりの「日本再生プラン」を考えてみた。

①「ウルトラ資本主義から社会主義」へ

まず必要なことは資本至上主義発想の解体だ。良く言われているように、今の日本の諸問題資本主義暴走にあって、それに歯止めをかけるものがない。これは良く言えば一時期のアメリカ匹敵する経済構造を支えていた。

しかし今の日本では、資本主義国家の味方というわけではない。むしろ弊害が増えていて、公務員でも資本主義嫌悪する人も多い。そんな彼らからすれば「資本主義カースト上位」もモンスター思想家と同じくらい嫌悪すべき存在で、結果的資本主義を活かしたプランが嫌われる傾向がある。

かつて大きな資本主義必要だったのは日本社会のものが未熟だったからでもあるが、今の日本社会成熟している。要するに社会主義的な考え方が導入・実践されており、たとえば高度な社会保障が持続化できるようになっている。

欧米各国で広まっている社会主義運動の流れを艦みて、日本はこの際、もう資本主義拡張を諦めるべきではないか勇気ある行動で示してほしい。資本主義社会社畜思想もどうみても同じ側の存在であることは明白だ。旧来型の資本主義思想ときっぱり決別し、社会主義との共生への道を示すことを鮮明にすれば、国民は「日本は変わったな」と評価するはずだ。

②「烏合の衆から多様性」へ

日本国民はまとまりがなく「烏合の衆」とされていた。もともとが学生運動崩壊後にノンポリごった煮になった国民なので、内心極左だった人もいれば極右もいる。その節操なさが日本国民の強みとも言われていたこともある。

ところが実際には、平成ポスト好景気になった時に、これがネックになった。景気回復問題、そして国民の荒れなど、是非が左右できっぱり分かれるテーマに直面した時に、はっきりと決断できなかった。妥協すれば国民失望するし、一方をとればもう一方を失う。派閥抗争も激化した。

日本は当初、第二次世界大戦敗戦の際にアメリカなどの西側諸国同盟を組んでいたが、韓国が反発し、戦前問題ではアメリカ人も躊躇するような過激思想が台頭し、2000年代の対中接近路線で一気に友好関係破綻した。そうしたら、西側諸国との協調関係崩壊したのである

なので日本国民烏合の衆である必要性はない。現状では、なんだかんだで一致団結すべき困難が続いているので、ネトウヨ新自由主義エリートたちが敵ということがわかりきっているのなら、日本国民がすべきは内部にある彼らを忖度することではなく、むしろ追放することではないか

村田蓮舫がかつて述べた「私は多様性象徴」という言葉にあるように。多様性こそが今の日本社会必要ことなである日本社会の敵が右翼カラー全体主義に陥る中、日本国民が示すべきは寛容な多様性主義である。そのために、まず右派なんか追い出したほうがいい。

日本社会のもとに集まるべきは、新自由主義エリートでも右派思想でもない人であり、インテリであり、社会主義になびく人ではないか烏合の衆を脱し、多様性国民に生まれ変わることも、日本の再起のために必要なことである在特会みたいな小物右派をさっさと追放しろ

過去・現状が「ポスト藩閥社会ポスト帝国主義」なら未来は「最先端民主主義国家」を目指せ

かつて日本は藩閥社会(江戸時代エリート末裔)、帝国主義(天皇制シンパ)という大きな権威を抱える国家で彼らの末裔総理大臣になったりした。現在も「日本2677年の歴史であることから現状も帝国主義であると思い込んでいる人が多いが、それは間違いだと思う。日本の現状はどちらかといえばポスト帝国主義国家、つまりそれをブランドにしているに過ぎないのだ。

実際、本当の安倍政権の最大の支持者である藩閥主義者帝国主義者東京への搾取で裏切られ、選挙左翼系が彼らを乗っ取る光景ももう当たり前だ。地方創生天皇制問題を見ても、美しい伝統民意を圧殺してぶち壊しているようにしか見えない。形は残っても中身は残っていない。

藩閥主義者帝国主義者安倍政権を支持しないが、高齢者なら左翼若者極左大衆なら中道となると、残るは中道でも左翼でもない「右翼」というポジションである経済面では、エコカーコンパクトカーや安い車を作っても日本人の車離れは改善せず、公共交通の混雑は市場競争弊害でむしろ激化するが、政治はちっとも進歩しないのだ。

そこで日本社会がすべきことは、安倍政権が見限った藩閥主義者帝国主義者の受け皿になりつつ、歴代政権放置し続けている諸問題(たとえば都市問題経済問題など)に取り組むことである。ついでに共和制移行も検討してしまえばいい。なぜこれができないのか、不思議でならないよ。

今の持つ層と昔の持つ層と持たない層できっぱり考えが割れる傾向はアメリカを筆頭に共和制先進国では当たり前になっているが、日本場合アメリカのような進んだ政治もなければ果てしなく富裕層排出するような最高クラス経済もない。「量産型化」したロボット国民存在があまりに多いので、現役勝ち組と元勝ち組負け組割れない。

現状維持はいずれ衰退する

これら私の掲げる方向転換を日本国民実施してくれる可能性はたぶんないだろう。だが、それくらい思い切った変化がなければいけない。あれほど圧倒的な勢いで経済成長できた日本が、わずか四半世紀で好景気終了後に凋落がとまらないのは、国家現状維持以外の何もできずにいることに国民失望しているからだ。

復興出直しをするなら、今だ。それができないなら、ほんとうに売国するしかない。

2017-08-16

アイマスについて考えた

はじめに

自分にとっては、これから生きていく上で大事存在だとも言えるのが765プロアイドルである

先日にライブを終えた346プロの面々も、さわりくらいなら知ってはいるが、どうにも馴染めないクチである

キャラの魅力としては、より最近風でバリエーションにも富んでいて、知らない人が見比べれば「765プロアイドルは地味」という人もいるかもしれない。

しかしながら、自分にとっては何よりも765プロアイドルが一番であり、たぶんそういう人が他にもいると思う。

お盆に休暇を取ったもののヒマなので、いろいろ観たり聞いたりしながら、こうなったらと幅を広げて「アイマス」について考えた。


スター」について

今年の高校野球は、清宮というスーパースター選手がいた。彼はのちのちプロになり、輝かしい成績を残すのだと思う。

野球に限らず、あらゆる人気スポーツには「スター」と呼べる一握りのプレーヤーが必ず存在する。

競技のことをよく知らない人間を、まるでまんがかドラマかのような力で惹きつけ、人間を呼び集めることができる人間である

彼らは自然とそのような状態を作り、本人はただ勝っているだけなのだが、それはひとつ経済圏を生み出す。

渦巻くファン層に商売人が目をつけて、そこに広告をブチ込んでさらに大きな渦を作る。そしてカネを飛び交わせる。

いわゆるひとつバブル現象であり、今年の清宮などはこれの好例であったと言えよう(主に商売人側で盛り上がっていた気がするが)。


彼らのようなスター選手の中にも、2種類のタイプがいると思う。純粋暴力的な力でドラマを作る者と、あともうひとつである

前者は若い選手に多い。藤井四段も現在のところはこれである。彼らはただそこに在り、勝負に勝つだけで人を惹きつける。

ただ、それは得てして一過性のものである。何かのきっかけで敗北を喫すれば、ドラマはそこで終わってしまうからだ。

競技自体に興味のない、バブル層のなかで最も分厚い層を作る「競技を知らない」人々は、確実にここで去っていく。

藤井四段も、清宮も、あるいは自分が知らない間に大活躍したスター選手も、きっとみんな「あ~あの子ね」と言うと思う。

夏でもあるし、ここでは「花火型」とでも呼ぼうと思う。


後者で伏せていたもうひとつタイプは、自分自身生き様ドラマを作る者だ。

必然的に、これは歳を重ねた選手の方が多くなる。羽生善治王位も、たとえばイチロー、EVOで優勝したときどはこれにあてはまる。

彼らは自らの人生ドラマチックに生きてきた。ウメハラはたくさんの自著を持っていて、その大半が「人生観」についてである

瞬間最大風速は前者に劣るかもしれないが、継続性は後者が圧倒的に上だろう。

彼らが自分の信念に基づいて生き、たとえ負けが込んだとしても、いつか諦めずに優勝すれば前者よりも強く輝くはずだ。

イチローときどに魅入られたファンたちは、自分人生のお手本として信じ続け、彼らのことをずっと忘れない。

一見地味であっても、より強く歴史にその名前を刻むことになるのは後者人間である

こちらは「劇場型」とでも呼ぼうと思う。


765プロアイドルは「劇場スター

そろそろ765プロに話を戻そうと思う。

つまるところ、自分にとって天海春香如月千早は「後者」、「生き様で語る」アイドルなのだ

彼女らは空想上に作られた存在かもしれないが、物語というのは、事実でなくとも真実であるということに変わりはない。

物語が持つ真実の力を、現実のものと遜色ない力強さで手にしている、自分にとっては稀有存在だ。


天海春香のように、まっすぐキラキラ自分目標に向かって生きることは、どこか気恥ずかしいことだと思っていた。

如月千早のように、周囲に与することなく孤高の存在であり、自らが持つ力だけを持って世の中と戦うのはカッコいいことだと思っていた。

星井美希のように、自分にできることを程々にやり、何かひとつのことに一生懸命になることなどせずに生きるのは賢いことと思っていた。

けど現実はだいたい違っていて、自分の夢にアツい人は全員すげーと思うし、一人では限界がすぐに来てしまうし、飽きっぽい性格では何も面白くない。

765プロアイドル出会っていなければ、こういった当たり前のことに気づくのが遅かったかもしれないし、下手したら死んでいたかもしれない。


アイドルというのは「偶像」であって、それは「非現実的可愛い」だとか「彼女らが頑張るのを自分が支える(崇拝)」対象では決してない。

偶像=神の教えと言葉に従い、崇め奉るだけでは単なる「信仰」だけで完結してしまい、それはいつか「狂信」となるか「飽き」を迎えてしまう。

彼女らがファンに向けて送っているメッセージは、「私も頑張っているから、あなたも頑張って!」である自分は思っている。

ライブ課金ゲーム時間を使うという行為は、そのエネルギーや「言葉にしにくい真実」を交換しあう行為だと考える。

神というのはそもそも人間が生み出した概念であり、アイドルも同じで、決して向こう側から「与えてくれる」だけの存在ではない。

理想ドラマチックな生き方」をアイドルという「偶像」に依拠して、それを体現する者に自分から価値あるもの」を供出する。

そうしたプロセスを踏んでこそ、アイドルという存在がこの世に、人々にとって魅力的な存在であり続けることができる。


日本神様はどこにでもいて、誰からも忘れられたときにひっそりと消えるという。そのためにお祈りやお供え必要なのだ

昔の人にとっては、自分たちの食料となるもの、貴重なものを神に奉納するという行為があった。それくらい大事なことだからだ。

純粋に「異界の神」の存在を信じた人々もいたかもしれないが、それは「狂信」だと言ってよく、たびたび「非人道的な間違い」を起こす。

本質は、「自分たちを見守る存在」=「理想的生き方を守る存在」に「価値あるもの」を奉納し、その価値を高めるということにある。

自分たちの願い(神様偶像)がそこに結実していると確かめるための行為なのだ


10年代の「ソーシャル型」アイドル

要は、自分にとって理想アイドルは「劇場型」であり、「花火型」ではアイドルたりえないという話をしたかったのである

765プロアイドル以外は認めないのか」と問われれば、イエスと答える気がする。346プロも、ミリオンアイドルも今のところではそうだ。

自分としては、彼女らのように息が長く、大勢プロデューサー必要とされ、様々な歴史を与えられた彼女らに勝るアイドルはいないと言い切れる。

他のプロデューサー自分とでは、彼女らに求めているものが違うという実感はある。こういう話をして納得してもらえた経験がまったくないゆえだ。

自分自身羽海野チカ先生が言うように、「大事なことは全部、漫画アニメ(=フィクション)に教わったんだ!」という感じが近いからというのもある。


老害いたことを言うが、最近の新しいコンテンツキャラクターの薄利多売ぶりがすさまじいと思う。

これはデレマスミリマス、空前の大ブームであるソシャゲ全般を主として言えることで、あまりにもキャラが多い。

そして、全員が全員似たようなことを言う。誰も彼も個性などあまりあったものでなく、先に挙げた765プロアイドルのように、強い物語性と動機などはない。

つまるところ、彼らのようなキャラクターに「劇場型」のようなドラマは生まれないのであるキャラクター自体存在は極めて薄いものなのだ

自分にとっては大変味気ないものであるキャラクターが大量にいるという前提もあり、どうにも(言葉は酷いが)「粗製乱造」といった印象が拭えない。


しかし、そこを補完しているのが「ソーシャル性・社会性」である。「大量のユーザー集合的無意識を共有している」という前提があるからこそ成立するキャラなのだ

ツイッターでの同好の士との、友人間でのグッズのための遠征ライブツアー同人作家の持ち上げなど、これらはすべて「社会性のもたらす快楽」が下支えしている活動だ。

如月千早のところで言ったように、人というのは一人では何もかもにすぐ限度が来てしまう。何かを面白がるにも、一人では見える範囲のことしかからず、すぐ飽きてしまう。

だが、誰かと共有することで可能領域は倍増し、それはたまらなく面白いことだと気づく。リア充だろうがオタクだろうが、誰かと会って話すのが人間は一番楽しいことなのだ。

ゆえに、キャラクターは「浅く広く」の方が都合はいいのだ。オタク的に深い造詣と知識がなければ弾かれるのなら、新規はやってこないしヘタなことは言い出せない。

大きなコミュニティを作り出し、まるで文化祭前夜がずっと続いているかのような熱狂の渦を保つには、共有対象簡素かつ魅力的であればあるほど好都合なのだ


自分は、彼女らのようなアイドルを「ソーシャルアイドル」とこっそり呼んでいた。

765プロアイドルのような「劇場アイドル」も初期は「ソーシャル型」だったのかもしれない。

ただ、いくらなんでも数が多すぎやしないだろうかという風に自分は捉えがちである

結果的にどれにも入れ込むことができない、自分のようなぼっちが前提のオタクにはつらいなぁという印象だ。


劇場型」と「ソーシャル型」

時代の移り変わりとともに、アイマスも形を変えたのだなというところに思考が落ち着いた。

掲示板にでも出入りしなければ「お一人様」性が強かったネットからスマホによるネット人口爆発や、ツイッターが台頭した環境変化に対応したと。

アイドルとの距離もより身近になり、春香の「後ろの席までみんな見えてるからね!」にありがたみを感じにくいご時世になったこともある。

自分にとってソシャゲアイドルはとっつきにくいものだが、彼女らについて(上辺だけでも)深く考えることができ、より765アイドルが好きになれた。


AV女優云々で騒いでいたのは、決して職業差別宣伝への嫌悪とかでなく、純粋に「社会」が乱されることへの強い拒絶反応であることもなんとなくわかる。

ソーシャル型」アイドル世代は、決してアイドルの一存ですべてが成立しないのだろう。自分たちで「デレマス社会」を守っていこうという意識が強いのだなと思える。

デレステ運営公式アカウントへの過度な許容もその現れだし、ライブが頻繁に行われていたり、声優さんが大量に現実いるからこそというのもあるはずだ。

旧型ぼっち重視オタクである自分には、深く考えるまでは「奇妙」の二文字で片付けていたが、しっかり考えるとなんとなく頷くことができる(自分とは違うのだなーと)。


自分はここまでで、「劇場型」と「ソーシャル型」を分けて考え、前者が自分には合っていてそれは765アイドルであるとしていた。

ただ、「花火型」とほぼイコールであるソーシャル型」アイドルも、中心にいる人々からすれば「劇場型」と捉えているのかもしれないとも思う。

自分が望むような「二次元でほぼすべてが完結できる」劇場型ではなく、「リアルツイッターゲームライブ声優」、それぞれをすべて同列に考えられる基準を持っているのだろう。

自分にとってそのような考え方は無理があることだし、それができるのは正直うらやましいことだ。きっと違う楽しみがあるに違いない。


おわりに

文字数文章としてのまとまり、書く時間制限をつけなかったので、たいそうバラバラ文章になったと思う。

自分としては、モヤモヤと考えていて喉元でつっかかっていたことがスッキリしたのでよかった。これぞ匿名ダイアリーパワー。


何かとレジェンド扱いされる天海春香さんだが、単に新しい展開が少なくなってしまったというだけである

基本的運営を信頼しているので、天海春香らしい新しいエピソード新曲、展開があるといいなといつも期待してはいる。

ミリシタは…………………………ログインボーナス継続中ですが………………音ゲー無理で……。据え置きで新作出いかなーと希望を。


上にも書いたように、自分には正直なところソシャゲアイマス系列にはどうしても馴染めないところがある。

大量のキャラを常に見回したり(自分にとっては全員が全員魅力的なのですよ)、リアル体験との併用が前提とされているような構造はすこしキツい。

しかしながら、アイマス全体を支えているのは間違いなく彼女らであり、そういった意味では応援している。アニメは観たし、CDもとりあえず買っている。

いまやソシャゲアイマスあってこその765プロアイドルである。いつか揺り戻しがあり、強いアイドル必要になったとき、また765のようなアイドルが観られればそれでいい。


いわゆるデレマス界隈は、人を多く集めまくったリスクとしていろんなトラブルがあったりするんだろうなと思う。

けど、大した問題にもなっていないようなので、すごいと思う(ぼっちゆえコミュニティの仕組みはわからない)。

自分にとってパリピめいて盛り上がるリア充なんだかオタクなんだかわからないPたちは正直無理である

が、デレマスアイマスを好きだという気持ちはたぶん同じなので、遠いところから同士よ! と応援している。


なんかすげー長く書けた。自分用のメモにしてもよかったんだけど、経験則的に、誰かに見てもらうって前提で文章を書いた方がわかりやすくなるのだ。

ということで投稿しつつ、ローカルに保存しつつ。よかったらなんかコメントとかくれると楽しいです。てーかここまで読む人おらなんだ。

読んでくださった方、ありがとうございます


2017-08-12

からVIPとかで「wwwwwwwwwwwwwwwww」って

大量に芝を生やすのを嫌悪する人はいて、

そういう人たちが「草」って斜に構えた定型文、

あるいは正規表現的な意味使用し始めたはずなのに

結局「大草原」とか「草草の草」とか文字数増やし始めているので

諦めてw並べる方が楽で良いと思う。

強烈なブスと会った

ツイッターフォロワーに初めて会ったらすごいブスだった。

顔中ニキビ痕のクレーターだらけ。

パンパンに太ってるから別に嫌悪くない感じの時でも仏頂面。

もちろんノーメイク

唇の上はなんともなかったけど、アゴになんていうかワサァ……って産毛が密生してて、勢いのないヒゲって感じ。

あと太ってるせいだと思うけど、なんか臭い

アラサー社会人女性なのに。

私の職場にいる女の人は老いも若きもみんな化粧してるし、多少ふとましい女性はいても百貫デブなんかいないし、みんなニコニコしてるし、ヒゲ生やしてる人なんかいない。

臭い人もいない。

地元で会わなくてよかった。お盆明けに出社して職場の人に「増田ちゃんが友達歩いてるとこ見たよ」とか言われたら恥ずかしくて死ねる。

ボロクソ言ってるけど、嫌とか嫌いとかじゃなくてフォローも外す気ないし1年以上やり取りしてていい人だってことはわかってもいるんだけど、

とにかくブスで臭いのがただただ衝撃だった。

女捨ててるって表現、目にはするけど実物に会って会話したの初めてだからびっくりした。私の人生あんな感じの人が登場したことなかった。

あ、私は10人並みの20代です。

人の見た目にあれこれ言えるような顔でもないけど、社会通念上メイクしたり体臭に気を使ったり電車座席1.5人分占領しないようにデブデブ太らないようにした方がいいかなとは思ってそうしてるよ。

性格はご覧の通り悪い。衝撃を共有したいという理由投稿するぐらいに悪い。

ごめんねフォロワー

2017-08-08

フェミニスト認定ガバガバな人にこそフェミニズムを学んで欲しい

よくはてなで見かける光景だけど、単なるミサンドリスト弱者男性を名乗るミソジニストと互いに難癖付けあってるのはフェミ関係ありませんからフェミ叩きに利用しないで

まりいい例えではないかもしれないけれど、イスラム教原理主義者が事件を起こすと99%を占める穏健派まで冷たい目で見られる状況と似ている

確かに、穏健派が同じムスリムであるらしい原理主義者を表立って避難することにためらいを覚えがちなのと似ていて、一応は女であるミサンドリストフェミニスト攻撃対象にすることは稀だと思う

でもフェミニストである条件があるとしたらそれは少なくとも「女であること」ではないし「フェミっぽいことを言ってたら誰でもフェミ」みたいに大雑把にくくれるものでもない

そもそもフェミニズム自体の複雑さ、内部での分裂に伴う種類の多さが部外者的な人から見て分かりにくさを生んでいるってのはあると思う

男に対抗する性として女を定義付けその権力を拡大していくやり方はもう25年以上も前にジュディス・バトラー辺りの時点で否定されててジェンダー研究の最新の知見を取り込んだ新しいフェミニズムに取って代わられてるので(少くとも知的コミュニティに属するフェミニストの間では)、自分批判したい女の言動フェミニスト言動ということにしてフェミ批判してる人にはまず色眼鏡を外してフェミニズムを学んで欲しい

あなたがおそらく思っているであろうような学問とは全く違うもの

ジュディス・バトラーが難しいなら(かなり難しいとは思う)ベル・フックスとか読んでみて

歴史を大まかに掴むために古い人から順番に読んでいく勉強法フェミニズムに関してはあまりお勧めできない

「いま、ここ」に関係のあることを書いてる人の文章を読むためにはちゃんと頭がアップデートされてる人の文章を読む必要がある

あと、いろいろな人のフェミニズムへの反応を見ていて、誤解があるといけないのでこれは言っておきたいのだけど、フェミニズムニセ科学やニセ歴史のような既存の知の体系を乗っ取ったり汚したりするものではないし、ましてや人格に悪影響を与えるものでもない

から例えばあなたミソジニストだとしても、フェミニズムを知らないミソジニストであるよりはフェミニズム理解するミソジニストである方が良いことだ

あなたミソジニストでありたいならその権利尊重するし、あえて変われとも言わない

ミソジニストというのは自分意思ではどうしようもない女性への嫌悪感を抱えている人のことであって女性差別一般を指す言葉ではないとの理解のうえでこう書いてるわけだけど、合ってるかな?

フェミニズムにもいろいろあってミソジニストミサンドリストを許容しないって人もいるけれど、私は嫌悪差別は別だという立場なので、特定対象嫌悪感を覚えてしまっても、その嫌悪感とうまく付き合っていければ(差別のような行動に移さなければ)それでいいのかなと思う

自らが抱える、何に由来するのかも分からない嫌悪感をどうにかしたくて日々苦しんでいる人を私は知っているし、そんな人がふとしたことでその嫌悪感を外部にもらしてしま差別者レッテルを張られてしまうという例にも何度か遭遇したことがある

男だけがミソジニストになるわけでもないし、女だけがミサンドリストになるわけでもないと知れば、嫌悪感を抱くことと差別をすることの違いがよくわかってもらえると思う

そんな人をすべてフェミニズムが救えるとは言い切れないけれど、フェミニズムを学ぶことは良いスタート

2017-08-06

なんだかなぁ…「電車ぶっかける男が悪いっ!」って言説にスター付けてる方々、何を根拠に「4割もの女子学生射精嫌悪する原因」だと思ってるのか、データが有るなら別だが、どうしても論理性に欠ける。

4割以上がぶっかけられたニュースを見てるだろ

報じられてても自分の身に降りかからないと思ってるとこんなに意識しないものなのか…

気に入らない意見に!付加する点といい泣き寝入りの多い性犯罪データを出させようとする点といいなんだかなあ

https://anond.hatelabo.jp/20170806131847

粘着される事に嫌悪を覚えたのと、プライバシーを開示する必要性を感じませんでしたので。

2017-08-04

https://anond.hatelabo.jp/20170804172106

お前らちょっとまて

人間頭脳ってのは25までは上り坂だけどそっから下り坂になるから(ただし言語能力を除く)

数学物理経済学法学医学みたいに覚えること、頭の回転の速さを求めるもの

できるだけ若いうちに勉強しておかないと一線級になれない

から早期出産を取ると圧倒的に勉強時間が減るからそこのトレードオフが一番問題なんだ

もちろん出産育児勉強両立できる超人いるかもしれんが

超人を前提としたら凡人に当てはまらず広がりもしない

理想大学卒業して3年務めた27・8での出産、2回目は30・31での出産だけど

みんなそんな都合よくいかないわけで

特に男を嫌悪している女子諸君が多いので上昇結婚狙いが多すぎる

弱い男はそもそも婚活自体しない

2017-08-03

ゴキブリには嫌悪を超えて恐怖を感じる

先日、今年初の遭遇をしたんだが戦争映画の新兵のごとく狂乱してゴキジェットを噴射することしか出来なかった

スズメバチみたいに毒針持ってるわけでもないのに何であんな怖いんだろう

足の指ってキモクね?

足の指をじっとみてたらなんかすごくキモイものみえてきた

指というには短く、細かい操作もほぼできない無能

それなのに片足5本にも分かれているうじゃうじゃ感

足先に触手がついているような違和感

サルから脱することができていない遺物にして異物

足の指はもっと忌避嫌悪されるべきじゃなかろうか

2017-08-01

あー次の

生理いつくんのかなー。なってから18年も経ってるのに、いまだによく読めない。

あー、セックスする習慣ないからかー。危険日とか全然気にしてねーわ。

高温期に入ってから、すっごい機嫌悪くなるのが辛い。

生理から機嫌が悪いと分かっていてもスーパーホルモンパワーで劇的に機嫌悪いか対処できない。

だって、成長ホルモン出て成長痛だって分かってても、痛いもんは痛いじゃん。

悪いもんは悪い。

生理なっちゃえばこんなに機嫌悪くならないから楽なんだよな。

薬飲むと、機嫌治るというより、ぼーっとするんだよなあ。あと汗出てくるし。

2017-07-27

https://anond.hatelabo.jp/20170726215433

(戦後西側先進国での)左翼科学嫌悪は昨今急に始まった事ではなくて、

1960年代ベトナム戦争反対運動公害問題の頃から系譜ですよ。ニューエイジ

ダム建造やロケット開発やオリンピック開催等、政府主導の大きなプロジェクトは基本反対。

それらに奉仕する科学者技術者権力の犬、というか寧ろ大衆とは隔絶した権力者テクノカラー

これが社会主義者となると逆に接頭区にやたらと「科学的」を付けていた訳ですが、

今は絶滅してしまいました。

尾崎さんのラジオについて

本当に独り言です。尾崎さんのドラマ出演に素直に喜んでいた人たちは、少し不快な思いをするかもしれない。ごめんなさい。てかなんかもう色々自己責任でお願いします。

まず、別に、私は尾崎さんがしたいことをすればいいと思ってるし、考え方が違うなと思ったらゆっくりファン辞めるとかはできなくても距離を置くくらいはしようと思ってて。決して私の所有物じゃないんだから、私の言う通りにして!なんて1mmも思ってないよ。でもね、Twitterは私のフィールドで、自分の思ってることを呟くのは自由だと思ってる。ドラマ出て欲しくないな、とか、昔の方が良かった、とか。もちろん誰でも見れる場所ではあるけれども、見たくないものミュートなりブロックなりで自衛できるし、「死ね」とかそういう理不尽DIS批判されてしかるべき、でもただの意見自分と違う意見、を見て不快になる方がちょっと怖いなって思う。ドラマ出演が発表された時、私は本当に「なんで?」って思った。私が好きになったのはクリープハイプ尾崎世界観だし、歌を歌っている尾崎世界観だし。祐介や苦汁は、あくまで"歌を歌っている尾崎世界観の書いた本"で、でもテレビに出てしまって、ごめん、好きな人がいたら本当に申し訳ないんだけど、星野源さんみたいな、"歌を歌う人なのか演技をする人なのかわからないと一般的認知されつつある人".になってしまうのが怖かった。私のおばあちゃんとかは星野源のこと俳優だと思ってました……。もちろん、尾崎さんのソロ活動が増えて、ボーカルリズム隊、みたいに少しずつ溝ができるんじゃないか、なんて余計なお世話だろうけど今までそんな風になって終わってしまったバンドも見てきてるからそういう不安とかもあったし、本を書いて、ドラマに出て、音楽活動がどんどん縮小してしまうんじゃないかとも思った。Twitterには、尾崎さんのドラマ出演を素直に喜んでるファンの人もいて、私は素直に祝えなくて、ダメファンだなぁってそれなりに落ち込んで。話逸れちゃったな。まぁ、そういう気持ちを抱えてTwitterにあれこれ書き込んでいたのね。その後に声だけの出演ってことを知って、あぁ、言いすぎたなぁ、ごめんね、って思って、ツイートして。ただ、そこには、声だけっていう、尾崎世界観役っていう、クリープハイプ尾崎世界観であることが嬉しかった、役者でないことが嬉しかった。だって役者になって欲しくないんだもん。

その後のスパークですね。最初フォロワーさんのツイート尾崎さんがドラマのことについて色々言っているのを知った。その後すぐにラジオを聞いて、もうその話はしてなかったんだけど、あぁこれは機嫌悪時の声なのかな、って、尾崎さんのこと全部知ってるわけじゃないけどなんとなく感じた。フォロワーさんツイート文字起こしされた「散々言った後に、声だけの出演だからって、ごめんねって謝るのはDVみたいなもんですからね」って言葉を見た、怖かった。拒絶だと思った。その時はまだラジオでその部分を聞いてなくて、夜中にぶわーーーーって衝動ツイートしてしまって、多分それなりに不快な思いにさせた人もいたと思う。あとでちゃんとラジオで聞いたら、言ってることは間違ってはない、と、思う。理解はできなくても、私が好きだったクリープハイプから変わってしまってきても、間違ってはないんだよ。ただ、私は私が「昔のクリープハイプの方が良かった」ってTwitterで言うことも間違ったことだとは思ってない。だって私のTwitterだし。不快になるならブロックしていいよ、って思うし。もちろん仲良かった人ならそれなりに悲しいけどね。でも不快な思いして、モヤモヤを抱いて、2chとかに書き込まれるよりマシだし(笑)なんの話してたんだっけ、あぁ、DVね、DV。私は、尾崎さんがこの言葉を使ったのがどうしても抜けなかったんだと思う。DVっていうのは、加害者被害者がいるわけですよ。で、今回の尾崎さんのお話だと、DV加害者Twitterドラマ出演に反対した人たち、被害者尾崎さん、になってしまっていて。私は、エゴサーチって基本して気持ちよくなれるものじゃないと思うのね、いい意見が99あっても悪い意見が1あったらそれに引っ張られてしまう。しか職業批判されやすいし。もちろん尾崎さんはそこを踏まえた上で、エゴサーチをしていると思っているけど。そもそもそこで、私は「批判されたくないならエゴサ辞めればいいじゃん、辞められないとか言って自分から批判見にいって傷ついて被害者ぶるなよ」って思ったし、そういう旨のことを呟いた。これは失敗だったなー。ここの文だけ見たらめちゃくちゃ嫌な奴だね。まぁ嫌なやつか。辞められないのはわかってるよ。でもね、その批判の中には好きだからこそ、戸惑って素直に喜べないファンもいっぱい居たはずなんだよ。尾崎さんが音楽から離れてしまうんじゃないか、って、クリープハイプ音楽が好きだからこそ、ドラマに対して後ろ向きなツイートをしてしまったファンが何人もいたはずなんだ。好きだから何言ってもいいとは思ってないよ。ただすきだから色々考えてしまって、お節介だけどクリープハイプのこれからとか、もちろん今までのクリープハイプから乖離とか、そういう複雑さを持ったツイートDVに括られてしまうことが、「尾崎の声、アナルバイブ刺さったみたいな声だな」って言ってる人と同じ風に扱われるのがただただ悲しかった。違うんだよ、っていうのは言い訳かな。でも、あ、私のこの気持ち尾崎さんにとっては邪魔ものなのかな、って、自分のこと被害者だなんて思ってないよ、こっちから喧嘩ふっかけたわけだし、ただ、自分気持ちが伝えきれてなかったことが悲しかった。あと、これは性格の悪い話なんだけど、好きだから何言ってもいいとは思ってないけど、自分Twitterでくらい好きに戸惑わせてよ。そもそもここ私のTwitterだし、せめてフォロワー尾崎さんいるならちょっと躊躇うけど、居ないし、エゴサしてんのそっちじゃん、なんでわざわざ尾崎さんを傷つけないために尾崎さんから批判されないために鍵かけたり検索除けしなきゃいけないわけ?とも思ったの。加えて、朝発表で、夜に出る?え?ドラマ?曲ら?ライブは?ZIPの告知は?って。心の準備がね、できなかった。ラジオの後、ほんと色んな人のTwitterを見てた。がっつり私宛だろうっていう批判ツイートもあったし、この人と考え方似てるな、っていうのとか、この人の考え方が素敵だなぁ、とか、ドラマに出ることに賛成している人のツイートにも素敵な文章はいっぱいあったよ。そこで思ったのは、私は尾崎世界観を信用しきれてなかったんだなぁ、ってこと。誰のツイートか忘れちゃったんだけど、「尾崎さんは1人になってもクリープハイプしてたんだから今更辞めないでしょ」「十数年音楽やってきてる人が今更音楽から抜け出せるわけない」みたいなツイートを見て、わー、この人たちはすごいなー、と思った。そういう風に考えれたら今回の件でもこんな頭を悩ませることもなかったわけだし。ただ、そういつツイートを見た上でもまだぶつくさ考える自分もいて、やっぱり今からまた尾崎さんがドラマに出ます、今度は役者です、って言われたら、あー……ってなっちゃうと思う。でも、めんどくさいけど、その度に「音楽辞める気はないし、音楽のためにやってます」って言ってくれたら安心、落とし所ができるのかな、って。何様だよって感じなんですけど。ていうか今回私が欲しかった言葉はこれだったんだよね。安心たかった。めんどくさいファンだんだんTwitterも変な方向になっていって、尾崎さんとファンお話だったのに、「ドラマ化にうんぬん言うファンは見なきゃいいじゃん」「尾崎さんの活動範囲が広がって嬉しくないの?」とか、反対してる人は本当のファンじゃないみたいに言われてるのも見て、どんなファンでも好きな気持ちがあればファンなのになぁなんて思って、よしだに宥められて、落ち着いて。とりあえず自分の考えていることを文字にしたかった。決して尾崎さんの活動制限したいわけじゃなくて、でも、お互いの摩擦を少なくするためにもちょっとくらい戸惑わせてほしいし、心の準備をしたかった、っていうお話です。ここまで書いといてあれなんですけど、あのDV加害者対象はほんとにいつもみたいなしょーもないとりあえず批判しとけってやつしかまれてないかもしれないんですけどね。そしたら私が頭を悩ませた時間とこの文章は全てゴミです。あぁ、こんなにいっぱい書いたのにまたあとでこれも書けばよかったあれも書けばよかったって思うんだろうなあ。書いてる途中に書きたいことがぽろぽろ落ちていっちゃう。これ読んでハァ?って思う人もそこそこいるかもしれんけど、その人たちにはごめんなさい。あと、尾崎さんがドラマ役者として出ることに対して反対、戸惑っていた人たちの意見が全部こういう意見なわけでもないと思う。これはあくまで全部私の意見です。また気持ち悪い独りよがり文章を書いてしまった。ここまで読んでくれてありがとう。お休みなさい。あ、お母さん、誕生日おめでとう。いつもありごとう。なんだかんだ感謝してるし、すごいと思うところもいっぱいあります。今度旅行にでも行きましょう。国内で。

2017-07-26

ゴキブリはどこに行ってもゴキブリしかない

これは一個人愚痴しかないのですが、誰かに言えそうでもなく、それでも何処かにぼやきたくなった為ここに書かせていただきます

私は所謂世間で言う腐女子です。私自身の気持ち的に、元腐女子と言った方がいいかもしれません。

元々私自身が腐女子となったキッカケは高校部活の先輩のススメでした。

共通して好きだった作品を通して会話をしていて、誰が好きなの?と聞かれた時にこの人が好きです、と答えたところ腐向け作品を教えてもらったのです。

前々からBL存在は知っていましたが、さして興味も無く、手を出す機会もなかったので先輩のオススメを読んだのが二次創作BLに触れたキッカケでした。

読んだその時の感想としては絵も上手だし、好きなキャラが描かれている訳ですから単純な私は「ああ、これ凄く可愛いなぁ」と私は率直に思いました。

ただ今よく考えれば私の他人の顔色を窺ってばかりな性格も災いしてか、先輩が良いと言ったものから!と右にならえで賛同しただけだったのかもしれません。

それでもその先輩に「この前教えてもらったの、凄く良かったです」と感想を伝えた過去の私がいましたので、そこから腐女子としての生活が始まりました。

腐女子としての生活といっても何ら特別な事はありませんが、イベントに行く・参加する、漫画を買い漁る、ネット二次創作を見る、ツイッター交流する、などが主でした。

今振りかえっても、悪い思い出ではないです。寧ろ掛け替えのない思い出だと思います。楽しかったですし、とてもとても充実していました。

ツイッターで出来た特に交流が深い所謂価値観が近いフォロワーと、この作品面白いよ!と言い合ったり

この作品だったら「○○×△△」だよね、そうだよね!だなんて会話をして盛り上がったりというのはしょっちゅうの事でした。

ただ人間何が起こるか分からないもので、私はとある理由から一時ネットから退いたのです。

己の薄情さを自分自身ひしひしと感じましたが、それまでの関わり合いというのは一切シャットアウトしてただ一人殻に閉じこもるみたいな生活になってしまいました。

そんな生活に陥ってしまう程に自分としては精神的にもまいっていて、塞ぎ込んでいた所、とある作品出会いました。

こんな風に書けば大袈裟かもしれませんが、この作品のおかげでかつての「楽しい!」という気持ちも芽生えたし、新しいCDやグッズが出るから買いに行かないと!と当初は避けていた外出も行えるようになりました。

私としては純粋にこの作品がとても好きで、楽しくて、素敵だと思ったのです。ただ一人、その作品を見て読んで聴いて楽しんでいました。

そんな生活を続けていると気持ちも徐々に復活してきて、割愛しますが色々な機会もあったので、私はまたPixivであったり、ツイッターだったりそう言ったSNSサイトを閲覧したり、私自身も再び参加する様になりました。

ただとある日、その作品二次BL作品を見かけた時に私は今まで感じた事のない「嫌悪感」の様な物を感じたんです。

原作は勿論BLジャンルではないので○○と△△は付き合っていません。

友情関係の結びつきで○○は△△に「好き」とは言ったけどそれは別に恋愛感情ではなく、ブロマンスとして最高の感動シーンなはず。

それでも○○の△△に対しての感情を「恋愛感情」として置き換えた、そんな二次創作でした。

その事に対して私は嫌悪感を抱いたんだなと思いました。大好きな作品、その登場人物を歪められたと思ったんです。

そこまで思ってハッとしたのですが『私が今までやってきた事ってこれと同じじゃないか』と思いました。

私がとある作品大事なように、誰かにとってもそうである作品を今まで私は歪めて捉えてきたんだ。

それは原作者にも熱心なファンにも凄く失礼な事だったな、と本当に今更ながらに考えました。

考えれば当たり前の事なのだと思います。なんと自分は身勝手なんだろうと思いました。

今も昔も自分の楽しさ、自分の考えを押し通すように生きている、そう思いました。

ただ世の中に「腐媚び」という概念がある様に、そう明言されずとも明らかにそれを狙い澄ましたような演出があるのも確かだとは思いますが、それでも純粋作品を愛している人にとってはどうでしょうか。失礼に値するのではと思う訳です。

それでも一人一人に嗜好という物があるのですから二次BLを好んでしまう人が大勢いるのも仕方がないことです。

ですが今、ツイッターを覗いてみると「BL二次創作は当たり前」だと隠れず、何も見えないようにアカウントを非公開にもせず大多数からの閲覧が出来る状態で堂々と呟いている人が多いのが目に見て明らかです。

作品公式アカウントリプライカップリング名をツイートしてみたり、○○×△△は公式からツイートしてみたり。

自分の嗜好と合わなければ「地雷」だという言葉を使って他者殺傷物呼ばわりして跳ねのけてみたり、逆カプ(自分が好きなカップリング〔○○×△△〕とは逆の組合せ〔△△×○○〕)は潰れろと、自分過激派から~と前置きしていってみたり。

自分想像とそぐわない事が起これば「解釈違い」だと言ってみたり、ましてや公式に対して気に入らない事があれば「公式解釈違い」と騒ぎ立てる事も見かけた事があります

ましてやあるキャラ過去を知っているキャラが現れただけで「元カレ」だとお祭りの様に騒ぎたてたりするのは、個人的に「取り敢えずBLにしとけばいいや!」くらい、ちょっと軽率すぎなんじゃないだろうかとも思います

自分解釈を、自分の嗜好を何だと思っているのでしょうか。あなた公式なのですか。過激派から何言ってもいいですか?テロリストと一緒でしょう。と思うと、不信感ばかりが募ります

フォロワー数が多い人の発言鵜呑みして少数派の意見を摘み取っていくのも、つぶすのも、その発言がさも公式だと振舞う様にも首を傾げざるを得ませんでした。

ここまで来て、自分腐女子であった事に対して罪悪感を抱くようになりました。

マナーがいい方も、優しい方もいます。ちゃんとルールを守ってひっそりと楽しんでいる方もいます

それは当然の事でした。ただ自分自身、そんな勝手気持ちがムクムクと大きくなったのです。

誰に関係ある事でもないので、私はそっと「見たくない人は見なければいい(この意見も極端だと思いますが)」という意見の元、またツイッターPixiv等をパッタリ退会しました。

そんな中でも自分自身の汚い所で「私と同じ気持ち人間がいるんじゃないのか」と探してみたい気持ちになって、辿り着いたのがBLが嫌いな人達が書き込む掲示板でした。

そこの掲示板にもなかなか過激な事が書かれてありましたが概ね同意するような内容ばかりで頷く事も多かったのですが、書き込むルールという所に「元腐女子もここでは厳禁」と書かれてありました。

あぁここにいる人達からしてみれば、私も何ら嫌悪する対象と変わりがないんだなぁ、と思うと、そのページを閉じるしかする事がありませんでした。

それに私としては見る、見ないはさておき一次BL存在自体、何もおかしいとは思わないのです。

前にツイッターで「大豆は一度腐って納豆になったら、もう二度と大豆には戻れない」と書かれてありましたが、自分はそうでないつもりでも他者からしてみたら全くもってそうなんだと思いました。

腐女子俗称で「ゴキ腐リ」とありますが、やっぱりゴキブリはどこに現れようがゴキブリのままで、納豆納豆のままなんだと思いざるを得ません。

これが今まで通ってきた業だと思い、受け止めようと思ったのですが勝手ながら寂しいのも事実でした。

結果ここに甘えて、このような書き込みをしてしまう事を許していただければ幸いです。

随分と長々、自分勝手な事ばかり書きならべて申し訳ありませんでした。

追記

こういう場に書き込んだ以上矛盾した言い方ですが、こんなに人に見られるものなのだなと内心驚いています

この文章にて他の腐女子の方々を巻き込むように、ゴキブリと明記した事は配慮に欠ける発言だったと思います

一部界隈でそう呼ばれていた為、これを書いていた時はただ単純に自分を嘲る為に用いましたが他者の目に触れる以上大変不用意でした。

他の方の気持ち推し量らず、感情のまま書き並べて申し訳ありませんでした。

ただ同性愛差別をしていることにつながるのでは、という事に関しては同意しかます

ここまで書きたてておいて今更どう思われても仕方の無いことですが、ただ純粋作品の一キャラクター発言をそういう風には捉えてほしくなかったという一心だけでした。

そのキャラクターが同性に対して恋愛感情を抱いているようなニュアンスでの発言の上だったらこのような気持ちにもなっていません。

あと腐女子自体が嫌いになったわけでも「仲間にしないで!」といいたい訳でもないのです。

また、自分腐女子であったため腐女子マナーを例に挙げましたが、百合が好きな方であろうが、男女カプが好きな方であろうが人目に触れてはいけないものはいけないと思います

自分文章能力の低さや偏った思考を大変恥ずかしく思いますが、色々とコメントを頂いて自分を考え直すきっかけになりました。

このような稚拙で幼稚な塊のような文章を読んでいただき、またコメントを頂き、有難う御座いました。

2017-07-25

漫画におけるDQNヤンキー

本屋ヤンキーショタオタクおねえさんという漫画をみかけた。

近頃こういう作品が多い。

私はDQNが嫌いなので、例え漫画でも嫌悪している!したい!

と思いつつペロペロしちゃう

我は罪深い。

漫画アニメDQNはOKみたいな風潮なんなんだろうね。

あ、闇金ウシジマくんに出てくるホンマモノじゃないからか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん