「バイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バイトとは

2018-01-16

キャッシュレス社会はまだか?

スーパーを例に挙げる。

買う物をカゴに入れたらレジに並ぶ。

レジ打ちのバイトが1個ずつバーコードを通す。

合計金額が出る。

客は財布から小銭を出す。

レジバイトが小銭を数えてレジ入力する。

おつりをレジから出して数え、客に渡す。

客は小銭を受け取って財布にしまう。

バカじゃねえの?

レジ打ちのバイトなんてこの世で一番無駄だわ。

このIT社会で小銭をいちいち人の手でいじってるのイライラする。

未だに小銭ジャラジャラしてるから行列もできて手間も倍増するんだわ。

クレカスマホにぶち込んで全部電子決済させろよ。

雇用がどうこう言うなら防犯のためにレジに立たせる警備員役はどうよ?

anond:20180116071707

反論1 ストーリーがメインじゃない物も昔から受けてた。ドンドンドリフの大爆笑とかな

反論2 ストーリー物は今でも受けてるし、あんたが馬鹿にしてるyoutuberだって今一番受けてるのは「コンビニバイトからワンチャン狙って自力バーチャルyoutuberになったら何か受けてその分野で働く夢が叶ったおじさん」であり、どう考えてもストーリー部分が受けてる。

のじゃおじの中の人が可愛くて好き

バーチャル狐娘のじゃろりyoutuberおじさんのこと可愛くて好きだって私の気持ち、これたぶん中の人に向けて思ってるんだよな。たぶんこれはね、「可愛いプロトコルに則ったものは、可愛い」という脳のバグが利用されている。可愛いとされるものと可愛くないとされるものが入り混じって感じられる場合、「可愛くない」ものは「可愛いものを打ち消せないというロジックがありまして、たとえばカッコイイとダサイがまじってるものトータルでは「よくみればかっこいいところがあるんだけど、でもダサいw」んだけど、可愛いは全てに打ち勝つ力を持っているからダサ可愛い❤️てなる。ダサいところもこみでこういう可愛さがあるになる。キモカワでもグロカワでもなんでも「可愛い」の力があればそれは可愛い。のじゃおじは、コンビニバイトだしけもみみオタクだしべつにイケボじゃないけど非常にかわいいおじさんだ。好きだ。

この感情、ひいてはハライチ岩井女子にきゃあきゃあされているのと繋がっている。岩井ツイッター宛のリプ欄すごいよね女の子湧きまくりだよね。あれはわきまくるだろうよ、私も心はわきわきしてる。

ゴッドタンのマジ歌の、前々回の方、オワライヤーのほう、あの終盤のぼくはねこが好きですにゃんにゃんにゃんとか言ってるやつ、あるいはラジオで今週のねこちゃんニュースです! ね〜こちゃんねこちゃあ〜んとか言ってるやつ、あのきもさ。あれの可愛さは非常に雑で儚く汲み取るのに繊細なセンサー要求されるが、不潔感などのノイズが極めて少ないことから(ネガティヴ要素としては挙動がきもく滑稽であることが挙げられるがそれらはみな「可愛いものの別の側面にすぎずここで言うノイズとは区別される)、かわいいきもい!あたし岩井すきかもー!になる。

ここでさらに、浜田ばみゅばみゅを例に挙げるととよりわかりやすくなるだろうか。小汚いおっさんでありながらも彼女きゃりーぱみゅぱみゅと同じスタッフ陣によって可愛さが暴力的に練り上げられており、ダミ声でおっさんであるにもかかわらず「これは可愛いやつですよ」と強く示され、我々は「でもかわいい」に辿り着き、音楽特番でぱみゅぱみゅやアイドルの子たちにえ〜可愛い!!の黄色い声が上がる。

私はのじゃおじの顔を知らないしたぶんリアルで会ってもいいことないとは思う。が。あの狐耳のあのこが可愛いがゆえに、あのピンクの服はあまり私の好みじゃないんだけど、可愛くって素敵と思うし、その好感はあのいかにもナードっぽい声質や滲み出る人柄とシームレスに繋がっている。

私だけかなー。実は私だけじゃないと思うんだよなー。でもそんなことないのかなー。みんなはのじゃおじのことどう思う?

anond:20180115192216

しょせん「本気」「熱意」なんて気持ち問題証明なんかできやしないのだから、段階的に往復するようなやり取りがあった、というくだりを仕立てるのがいいと思う。

言い換えると、「建設的な取り組みをした分野」でいい。

  • バイトの例
    • 塾の講師をしていて、生徒から質問や彼らの成績の変化を見て、指導に反映させていくと、良い反応があった(成績が伸びた)ので、それを別の生徒にも……
  • ものづくりサークルの例
    • 販売している時に、お客さんの反応を見て、次はこういうものを作ってみようと思えた。そして実際に要望があったものを作ったら、それをまた届けることができ……

まり、「自分活動」「他人への影響」までで話を止めずに、「その時の相手の反応」が「次の自分の行動を変えた」というところまで話す。かんたんに「本気っぽい」「まじめっぽい」になる。

これが表れるなら、お題目はなんでもよくて、人間関係の話でもいい。

自分にとっては人間関係をとても大切にする時期だった。友人の悩みを聴く機会があり、自分が思うことをきちんと、ていねいな言葉で伝えると、やはり友人の気持ちが楽になったり、あるいは一緒に次の行動につなげていけた」的な。いや、これはあんまりうまくないけど。

書いてて思ったけど、これはPDCAサイクルだな。その「サイクル」のところにフォーカスしてみる、というのをひとつおすすめしてみます

anond:20180116124357

コンビニバイト日本主婦は終わった。弁当惣菜ばっかり買っていきやがる。クズみてぇな連中だって言ってるつまりよくある話なんでは?

anond:20180115192216

ごめん揚げ足取って申し訳ないんだけど

「知ったこっちゃない」ね。言わんこっちゃないと混ざってるんだろうけど

それは置いといて、ゼミのことを上手く話せば何も問題ないと思うよ。

女性文系で、御行と言っているか銀行一般職勝手仮定するけど、

周囲大手銀行一般職行った子はみんな取り立てて何かに取り組んでる様子なかった。バイトほとんどしてなかった。

その代り、増田のように言われたことならそれなりにまじめに取り組める人。だから就活にもまじめに取り組んでたんだろう。

anond:20180116113915

医学部じゃないけど時給2500円の家庭教師してるよ。高給バイト医学生特権だとのたまうのは思い上がりもはなはだしい。

医学部に行って一番よかったこ

医学系の増田が伸びてるので自分語り

今某大の医学部に在学している学生

高尚なエピソードはないが、医者になって仕事を頑張ろうと思って勉強し、医学部合格した。

医学部に行って一番よかったな、と実感したのは講義でも実習でもなくアルバイト

医学生ですってだけで、家庭教師塾講師の高給バイトの口が山ほどあるんだ。

先輩や同期の紹介があれば面接審査もなく働き始められるし、受験時の知識ちょっと高校生相手するだけで、時給だってそこらの飲食の3〜4倍はゆうに超える。

他の学部の奴らがブラックバイトの安い時給で働きまくって金が無いだのウン連勤だの言ってるのを高みから眺めながら、空いた時間でちょろっと働いて同額以上を稼ぎ出す。

世間様が医学生に持ってる神聖イメージのおかげで、こんなに楽にバイトで稼がせてもらって、高校時代勉強頑張ってきてほんとによかった。

学費自分で稼ぐ場合でも、国公立大で奨学金ももらっとけばまあ苦労はしないだろうな。

学問と将来の社会貢献のために大学行ってるくせに意識低くて悪いが、これが現実の今、身に染みて感じてることだな。

医学部行ってよかった。

anond:20180116102521

笑うのもいいけどバイトでも1000万くらいは軽いよ

anond:20180115181736

金持ちしか医者になれねーのかと暴れてて、着地点が美容整形クリニックのバイト医者なのか。笑わせるなぁ

私小説 不登校

私は中一の途中から不登校になった。

元はと言えば小学校高学年で「ハブる」という文化のもと、クラスメイトからの徹底的に無視をされたことが発端である担任との相性の悪さなども相まって、学校生活への自信や信頼をなくしていった。核家族共働き家庭の一人っ子の私は、学校では人と話せず、放課後時間も一人で過ごした。特に習い事などもしておらず、学校と家庭の二つしか生活の場がなかった私は人間関係における信頼や安心などを失い、自分の考えを人に話すことや言葉スムーズに出すことができなくなっていった。

そして中学入学環境が変わることを期待したが、結果的には悪化した。たいていの公立中学では部活動には強制参加させられる。しかし私が入学した中学校は全校生徒が少なく、文化部は一つだけ。他運動部一般的にはあるような部活がなかった。当時文化部に入るとスクールカースト底辺になる空気があり、私は運動部所属した。しかし、運動神経が良くない方だったため部活でもうまくいかず。小学校高学年で人間関係に対する安心や信頼を失った私は、中学出会ったクラスメイトともうまく接することができなかった。

そして決定打となったのは合唱コンクール「絆」「仲間」「大きな声を出す」「グループ練習」などといったものは当時の私には地獄だった。音楽時間が恐怖の時間になり、合唱コンクールが近づくにつれ朝練や帰りの学活でも練習を行うようになり、一日の始まりから終わりまで恐怖の時間となった。そこから学校に行けなくなるまでは簡単だった。学校に向かう足が遠のき、制服に袖を通すのが怖くなり、家から出られなくなった。共働きの私の家で朝一番最後に家を出るのは私で、一番最初に帰るのも私だった。そんな中で、朝起きて制服を着て仕事に行く親を見送り自分学校へ行かず無断欠席をするようになった。当然学校から固定電話電話が掛かってくるが、家には私しかいないため無視。親に連絡が行く。意外にも親は私が不登校になったことを受け入れてくれた。

会話からまり日常生活の行動全てに自信をなくした私は学校での学習電車に乗るといった行為もおぼつかなくなっていた。授業で先生から発問されれば、注目される恐怖や答えを急かされるような焦燥感で「わかりません」というのが精いっぱいだった。「私は何をしてもうまくできない」という強迫観念に襲われ、不登校の間に学習障害検査などを受けたこともあった。一人で家で勉強する分には問題なく、また中間テスト期末テストを受ける分には人と関わらず済むため、それなりの点を取れていた。

不登校だろうが、家から出られなくなろうが、無情にも時は過ぎていく。中二では、通知表は「1」「2」「-」がほとんどになっていた。中三が見えてくると頭をよぎる高校受験入試資料集などを見ると、入学選抜に当たっての内申点基準数字が踊っていた。家から出られなくても、学力低下だけは避けたかった私は家で学習を続けていた。当時、私の学力から出される偏差値は60〜63あたりであった。それくらいの学力層の高校では、おおよそ大半が9教科36以上の内申点基準としていた。一方、私の内申点は9教科で23地元工業高校ですらあやしい点になっていた。また、中二の時の担任は繰り返し私に面談の場を設けてくれた。私の話を無視したり、相槌を打たないなどということはなく、久々に会話ができることに感動した。担任もっと話したいと思うようになり、徐々に学校に行けるようになっていった。

この状況の中で、私には一つだけ自信が持てるものがあった。それは絵を描くことである。まだ学校に行けていた中一の初めに美術先生から風景画を褒められ、不登校になってからは家でよく写真模写などをしていた。授業にも出られるようになった中三一学期、今まで体験たことのなかった画材出会った。油絵である。失敗しても被覆度が高く上から重ねることができ、乾くのも遅くゆっくり描くことができるこの画材は私の中で革命的であった。人間関係で失敗を重ね、急かされることに恐怖を覚えていた私は、個人で取り組むことができ、ゆっくりと描ける油絵具に希望見出した。もっと油絵が描きたいと思い、誕生日には親から油絵セットを買ってもらった。もっと油絵を描きたいと思い、美術コースのある普通科高校への進学の意思を固めた。

その高校を受けるにあたり、偏差値は足りていた。美術コースを受けるにあたり、実技の力も合格するであろうという程度には達していた。しか問題となったのは、やはり内申点であった。担任からは渋い顔をされた。それでもやっぱり受けたい、あの高校に行きたいと思い受験制度などを調べ尽くした。すると、不登校などを経験した生徒のための特別選抜制度発見した。内申点度外視し、受験時の学力テストと実技、面接入学選抜を行うという制度だ。その制度担任に報告すると、なんと担任は知らなかった。50も過ぎたベテラン教員がその制度を知らないということにはがっかりした。その教員が受け持ったクラス過去不登校の生徒はどんな進路をたどったのか心配になる。

何はともあれ、私はその制度活用し無事志望校合格することができた。入学後は絵と勉強に励み、学力では上位10%あたりを維持し絵では県の高校美術展で賞を取った。

そしてやってくる大学受験もっと油絵を描きたかったので美大を望むも、家計が厳しく断念せざるを得なかった。幸い、学力はそれなりにあったため国立大教育学部美術専攻に進学することでどうにか油絵を続ける手段を得た。

時は流れ大学四年。義務教育時代に失った人間として生きる自信や信頼関係高校大学の友人と接するうちに取り戻し、バイトをしたり彼氏ができたりと一般的大学生として大学生活を送ることができるようになった。教育学部で学ぶ中で、義務教育時代自分メタ認知することができた。当時の自分と同じように人間関係に悩む子供に接し前向きな未来を示せたらと思い、教員の道を選び教員採用試験合格した。

卒業制作バイトに追われる今日、私が四月より働く予定の自治体では不登校の生徒が高校に進学する際の特別選抜制度が数年前に廃止されたと知った。

anond:20180115235403

そりゃサークルに入ってたらサークルの話するだろう

こういうので困って就活詰むのは

バイトもせずサークルも入らず当然友だちも少ないような

そんなゴミみたいな奴なんだぜ?

おじさんのバイト隠蔽対策

https://anond.hatelabo.jp/20170410000627

https://anond.hatelabo.jp/20170702225355

どうも、バイトのおじさんです。

あけましておめでとうございます

おじさん、もちろんバイト継続中です。

はい12月1月は閑散期なので年末年始はおかげさまで、大晦日ビールあけましておめでとうビールニューイヤー駅伝見ながらビール箱根駅伝見ながらビール!!と飲んだくれておりました。

さて年も明けると、そろそろ確定申告の季節ですね。

おじさんもバイト収入はきっちり申告が必要なので、いろいろと調べ中です。

これまで普通なリーマン人生を歩んで来てましたので確定申告とか詳しくないんですよ。

まあ、でも最近Web上で出来ちゃうみたいなんで楽チンですな。

それよりもおじさんの悩みどころは、住民税ですよ。

バイトしてなければ普通に本業給与から会社経由で支払われるわけですが、バイトしてる場合、何もしないとその収入分も本業会社請求されるらしいんだよね。

そうすると、会社社長さんとか経理の人とかに、あれ?こいつ住民税多くね?となり副業バレする仕組みらしいですよ。

おじさん一応、会社役員なので別に副業問題ないんだけど、積極的にはバイトしてる事知られたくないわけですよ。

本気でほぼ趣味バイトしてるようなもんなだし、なぜ?とか聞かれても困っちゃうし。

逆に、増田さん借金でも抱えてるのかな?それとも...とか変な心配されたり、「えーマジバイト?」「バイトが許されるのは学生までだよね!」「キャハハハ!!」とか言われそうでも怖い。

てなわけで、インターネッツで調べてみたら確定申告普通徴収にチェックしとけとか、市役所行けとか出てるけど、結局、市区町村で違うっぽいか市役所に聞くしかないらしい。

市によっては、会社経由での徴収しかしない所もあるらしいので、そうなったら覚悟完了するしかないなーと思いつつ市役所電話

かくかくしかじか副収入分を個人で収めたいんですが可能ですか?」

「できますよー。具体的には2つの手続き必要でして、まずは確定申告の際に住民税徴収方法選択という項目がありますので、そこで自分で納付にチェックして下さい。それから会社バイト源泉徴収票市役所にお持ち頂いて市県民税申告の手続きをお願いしますー。2年目から郵便とかでも手続きできるんですが、最初は間違いがあると大変ですので窓口にお越し下さいー」

なるほどですね

これで、おじさんも安心してバイト続けられそうです。

以上、よろしくお願いします。

anond:20180116014215

自分は男だけど、というか結構いい歳のおっさんだけど、

増田の状況読んで昔のウチの実家と少し似てる思った。

ウチも父母仲が微妙で姑が居て母のテンションが常にナーバスな状況が続いていた。

一秒たりとも家に居たく無くて中高時代結構夜遊びして歩いてた。

いや。遊ぶというより外で時間を潰していた。

自分ナーバスヒステリックな母が嫌いだった。同時に母を嫌う自分が嫌いだった。

高校までは自分自分暮らしをどうこうする事が出来ずにずっと悶々としてたけど、

大学進学と同時に激安の長屋を見付けて、バイトしながら独り暮らしをし始めた。

そこで始めて、掃除やら洗濯やら炊事を自己流でする様になった。

自分も、どちらかというとどんくさい方であり、かつ、男だったので、

当然の様に何をやっても失敗ばかりしたのを覚えている。

でも、全てがとても新鮮で楽しかった。

コメの炊き具合をアレコレ工夫したり、

洗濯ミスって縮んだ服を着て行って大学の同期と笑い合ったり、

ヘタクソなりに自分暮らしを獲得出来て、

まれて始めて自分が生きてるんだ。って体で実感出来た。

そんな感じで半年試行錯誤したら、まあ一通りの家事は出来る様にもなって、

それまで、何となくダメだと決めつけていた自分にも少しだけ自信を持てる様になって、

だんだん暮らしが楽しくなって行った。

それと同時に、母や父と自分距離を、以前より冷静に保てる様になって行った。

以前より少しだけ「他人」に思える様になって行った。という方が正確かもしれない。

それは、寂しい事でもあったけれども、でも、それでも、

以前の様にドス黒い感情を伴った関係性では無くなって、

落着いて会話し、感謝すべき所は感謝出来る方向に自分の感じ方も変化して行った。

増田も、最初は失敗とか色々あるかも知れないけど

良い形で自分自信の暮らしを獲得出来るようになると良いね

応援しています

親不孝者の腐った決意

後期試験が終われば卒論就活

モチベーションをあげるための合言葉は「実家から出て行く」。

こんな程度で親元から離れるなんてガキ思考の親不孝者だけれど。

出て行ったらもう関わるつもりはない。

しかしたら離れることでそこそこの関係が保てて連絡くらいは取り合うかもしれない。

とにかく、まずは家を出たい。

母親が苦手だから

とにかく関わりたくないという気持ちしかない。

不細工と言われて育てられた。

全ての行動が遅くて、よく鈍臭いと言われた。

鏡を見るのが嫌になった。

少しでももたもたするとすぐ怒られた。

よく出される夏休みの宿題

家事を手伝おう。料理をしてみよう。

初めてのりんごの皮むき。

よく見るマンガのようにつらつらと長い皮なんてできるわけない。

センチで途切れる皮を見て、下手くそと言われた。

以来、台所には立っていない。

手伝えと言われて行くことはあったが、分からないことを訪ねても教えてくれなかった。

からないままの私は手伝いが出来ずに怒られた。

台所にいるだけの邪魔存在なので、行くことをやめた。

少しでも手際が悪いと金切り声で怒られる。

料理以外のことも、次第にやらなくなった。

家事を何一つ手伝わないぐうたら娘。

親不孝宣言をするクズからそれくらいの自覚はある。

母親に何かをしているところを見られるのが嫌になった。

でも、コソコソしているのがバレると機嫌が悪くなる。

隠れてやるくらいならするな、が口癖の時期があった。

今も隠れてたくさんのことをしている。

誰も家にいないときお菓子を作って一人で食べた。

自室にこもって絵を描くのも楽しみの一つだ。

誰に何も言われない空間は気を遣わなくていい。

話は少し変わるけど、母親父親が嫌いだった。

から見て夫、私から見て父親と呼ばれる人物が。

顕著になったのは私が中学に上がった頃からだ。

今まで幼かった精神が成長してそういったものに気づけるようになったか

ある程度の自我を持ち始めた娘にはもう隠す必要はないと思われたか

父親が帰ってくるなり舌打ち。

父親が出て行った後、加齢臭臭い家中アルコールで消毒してまわった。

まるで思春期の娘のようだ、と思春期真っ盛りの私は感じていた。

おかげで父親に対する嫌悪感を抱いたことはない。

それよりも、汚物邪魔者扱いの父親を見るのがいたたまれなかった。

たまにこちらに飛び火が来ることもある。

父親が触れたものを触れた私も汚物認定された。

聞こえるか聞こえないくらいか悪口

隠れてやるくらいならしなければいいのに。

消毒の件に気づいているかは分からないが、父親が何か反発したところを見たことはない。

母親からしてもストレスが溜まっている状態だった。

中学生のこの時代が一番荒れていた。

対する私もこの頃が一番嫌悪感があった。

痛いほどに掴んでくる母親の手を必死にふりほどこうとした記憶がある。

虐待で訴えられてもいい。お前を育てずに済むならそれでいい。

母親が嫌いなはずなのにこの言葉は私を傷つけた。

母親は姑を嫌いだった。

からすれば、母親の母も姑も同じ祖母なのに対応の差は歴然だった。

成人式写真。元々乗り気じゃなかったが、おばあちゃんのために、と泣きじゃくる母親を見て撮ることとなった。

撮ることには文句はないが、母方の祖母にはアルバムを送ったのに、父方には何もしなかった。

母方の祖母が言うには、あっちには何もしなくていいと本人が言ったそうだ。

そんな母親でも、毎日料理を作ってくれた。

家に帰ればご飯があった。

私は恵まれている。

だけど、母親感謝する気になれないのは、この状況が当たり前だと思ってしまう、ゆとりの子供だからだろう。

私は親不孝者だ。

この程度のいざこざで家を出ようとするのだから

育ててもらった恩よりも、ほんの少しのワガママが勝つのから

成人式アルバム。私用のが部屋に置いてある。

どうやったら母親にバレずに父親に渡せるだろうか。

私は鏡が嫌いなくらい自分の姿を眺めていたくはない。

撮影後、家でまだ化粧の取れていない私の顔をこっそりケータイで撮った父親

このアルバムを渡せば、あの時感じた心苦しさを消せるはずだ。

あと一年

就職先を早く決めて、バイト貯金を増やして、早く自由になろう。

一人の家なら、料理を始められるかもしれない。

テレビを見ていても、私の好きな俳優悪口を挟む人はいない。

あと一年、頑張ろう。

anond:20180115231924

元増田だけど、行ったのはアメリカで、留学学校事務室バイトしてた。

例は本当に数え切れないくらいあるけど、例えば仕事場の非効率なところを改善したい場合

アメリカでは:こんなの資料があったら便利だなぁ→どう見ても役に立つんから上司OKって言うだろ→勝手資料作りをする→上司にこれ使ってもいい?と聞く→たいていOK改善終わり。私が何か口だしすることで上司プライドを傷つけるとかい思考回路がない。全てのプロセス自分の「やりたい」という意志を軸に一直線に進むようなイメージ。途中データが足りないとか誰かの許可必要だとかい障害があっても苦にならない。一個一個片付けて「やりたい」という軸に戻る。

日本では:こういうところめっちゃ無駄だなぁ・・・改善したいなぁ・・・と思いつつ、新入りがこんなこと言ったら絶対上司の機嫌悪くなるなぁ・・・周りの人から否定的に見られるかもしれない・・・と考えて何も言えない→イライラを紛らわせるために「でも、こういう無駄に見える仕組みもきっと長年の試行錯誤からまれものだろう」とか「こうして日本人の忍耐力が鍛えられるのだ」などと頭の中で合理化しようとする→考えの方向がぐにゃぐにゃあっち行ったりこっち行ったりして脳溶ける。ちなみに非効率的に思えることを実際に「なんでこうなってるんですか?」と聞いてみたことがあるけどマジで上司にムッとされたのがトラウマである

書いてみたら全然具体的じゃなくてスマン。

ちなみにどちらの場合他人を巻き込むタイプ改善ではなくて私個人がやることに関しての改善日本の例は底辺企業なのであしからず

はいっても日本人が書くもの読んでると頭が溶けてるのはどの階層でも同じなのかなと思えてくるけど。

アメリカも常に言いたいことを言えるというわけではなくて、日常生活でも、ネットや本の文章でも、防衛線張ってるような言い方が増えてきてるらしい。

でもほとんどの場面は日本から比べたらありえないくら合理的で、私の脳の霧を晴らしてくれたよ。

2018-01-15

anond:20180115192216

俺は大学バイトもせず学業いまいちで、サークルクイズをやってたのだが下手の横好きでてんで弱かった。

何も実績は無かったんだが、クイズに答えるよりも問題作成や裏取りが好きだった。だからテーマに関わらず何かを調べること自体が好きでやり通せますみたいなことをアッピルした。就活先の企業がそういう調査をやるところだったからな。で、補欠だったけど一応受かった。

さなエピソードでいいか自分がやったこから逆算して、俺にはこんな長所特性があってそれは仕事の役に立つみたいなことを言えればいいんじゃないかな。塾講やってたならテキストの読み込みやしゃべり方とかで、ちょっとは工夫したところとかあるでしょ。

実績でウソつくと後からばれる可能性もあるが、内面ならなんとでも言えるから、盛っても少なくともウソにはならない。

つまんない人生

自分が甘いっていうのは重々承知

しか人生に対して全くヤル気が湧かない。

今すぐ死んでも後悔しないけど死ぬ気概もない。

仕事に行けば楽しいし、人並み以上の給料はあるから生活不自由してない。

ただ趣味もなく、適当スマホをいじってるのが一番楽。

そんなんだから休日も一日中家に引きこもって出勤の時間が来るのを待っている。

彼女も車も家も全く欲しいと思わない。

ただ25歳にもなると周りで結婚する人なんかも出てきて自分ダメ人間なのではないか劣等感が少しだけ。

思えば周りに合わせて大学まで行って、たまたま始めたバイトから社員になって、何一つ自分がやりたいことをやってこなかった。

そしてやりたいことも特に思いつかない。

人生ってなんだろう。なんで生きてるんだろう。

本気で何かに取り組んだことある

ない。なくてもそう困らないだろうが、困っているので書いている。

就活である

学生時代に力を入れたこと、すなわちガクチカを3つは用意しとく必要がある。たいていはバイトサークル学業

もうこの1年ずっと悩んで、延々と悩み、悩んでる間に何かに取り組めればよかったのだろうけど、まあそんなことはなく、そして今死にそうになっている。

適当に嘘でも書ければいいのだが、やったことがないのだから全く想像出来ないし、就活サイトに載ってるのはやれ部活大会だであまりに現状と離れておりどうしようもない。

ほんとやばくて、支離滅裂なのは分かってるけど、なんかもう、なんでもいいから、増田に助けてほしい。助けてください。



バイト

塾講やってる。嘘。やってた。都合が悪いので続けてる体で行く。

塾講ってさあ、どこに本気出すの?ないし努力するの?

教材は塾が用意してるし、誰がどのテキストを使うかは塾長の指示だった。

教材作ったことにしてもいいけど、もし「見せて」なんて言われたら詰むので、そこは諦める。

ぶっちゃけ本気を出すのは生徒の方だ。

いかに本気を出させるか?勉強モチベをキープさせるか?なんて問うことは出来るけど、んなもん、こっちの知らんこっちゃない。

それは親と学校仕事だ。

塾はあくま勉強の補助(うちはそういう塾だった)で、せいぜい週に一回会うぐらいのバイト子供にしてやれることなんて何もない。

そいつの成績が上がろうが志望校に受かろうが、結局そいつがちゃんとやったってだけで、こっちには何の影響もないんだよ……

困った。


サークル

ゆるい物作り系に入ってる。もうこの時点で詰んだ気がする。詰んでる。でも体育会系とかなんか人多いとことか無理して入ったら、きっと私のことだ、辞めてただろう。しゃあない。

大会とかない。これと言った仕事もない。

学祭で作ったもの売ったりとかはしてた。あ、これアピール行けるっぽくない?

でも何をどうアピールするんだ。そりゃ作ったからには売るだろ。

別に売上の目標とかないし、そもそも売るためじゃなくてなんとなくの集まりだし。

一応合宿もあったけど、日程決めて宿を取るくらいしか仕事はない。

ちょっと前ならその日程決めだって大変だっただろうけど、今はラインカレンダーに丸付けたらおしまいだ。

困った。


学業

言うまでもない。

いやまあ、GPAは4超えてるし、成績は悪くはないと思うが、特別良いとも思わない。周りのGPAもそんなもんだし。普通

レポートは言われた資料読んだり美術館行ったりでちょろちょろって書けばよかったし、試験は一晩か二晩徹夜すれば成績来るような授業ばっかり取ってた。

なので「じゃあこれ知ってる?」なんて突っ込まれたりしたら一巻の終わりである

あ、ゼミグループ論文があったけど、まあそれは苦労したけど……

苦労は苦労でも、フリーライダーが多かったとかリーダーと連絡がつかなくなったとか、アピールしたらまずい苦労である

困った。




とりあえず思いつくだけのガクチカを挙げてみたけど、なんというか、ダメである

いやほんとどうすればいいんだろう。

からボランティアでも行く?どの?何のために?手遅れである

なんで今さらこんな困ってるかって、週末に模擬面接があるからだ。

短期インターンエントリーだったら何となくそれっぽいこと書けばよかったけど、流石に模擬面接でそれはやや困る。いやかなり。

人事の方も「とりあえずガクチカ深堀りする」って言ってたし。

まあ最悪上手く答えられなくても、本面接ときにちゃんと出来てればいいのだろうけど、それでもやっぱりある程度ちゃんとしておきたい。

私は御行に入りたいが、御行は私でなくてもいいのだ。

企業が「こいつなら雇ってやろう」と考える何らかの基準があって、それを満たしてるかはかるためのガクチカなのだ

からこんなんじゃどこにも入れない。それは困る。

私には趣味があって、それにお金がかかるので、お金が欲しい!!!働いてでも!!!

御行の収益やすので雇ってください、と言っても雇われないだろう。

だってこんなガクチカじゃ、到底売上に貢献出来るような人材には見えないし。

しっちゃかめっちゃかだし、どうしろってんだとしか言えないだろうけど、とにかく助けてください。

anond:20180115181021

キャリアとしてどうかはともかく、医師免があれば週2,3日バイトすれば家族が十分養えるくらいの高額なバイトはいくらでもあるんだよ

anond:20180115151544

そうなんだ……。その年賀状、すくなくとも証拠になるので、それが手掛かりですね。

法律に詳しい人が知人にいたら相談するとか。

妹さんが違うなら、まずは安心ですけれど、

個人情報漏れた出先が謎で。それをちゃんと調べられればいいのですが。

学生時代の名簿とか?住所交換したことある人全部怪しいかも。

auctionや買い物、アンケートや届け物かなぁ。

普通バイト経験があるならバイト先や、案外妹さんの、友人知人、考えたくないけれど。

案外、ゴミとかで住所みてたりして。なんかドラマでそういうのやってたような。

若い女の子ってほんと気を付けないといけないですね。

学生ジャニオタ

私は今奨学金を借りている。

一人暮らしで、地方大学に通いながらもジャニオタとして現場によく行く。

月に借りているのは3万。アルバイトの稼ぎは5~6万ほど。月に約9万が私が自由に使えるお金だ。

家賃学費は親持ち。贅沢に大学生活を謳歌していると思う。

もともと超地方の超田舎育ちで、ジャニーズが好きだった。そしてジャニーズ応援できる女の子が憧れだった。CDDVDも昔は買ってもらえなかった。ジャニショなんて遠すぎて、コンサートは夢。大人になったら自分お金を稼いでコンサートに行くんだ。ファンクラブに入るんだ。CDDVDを買うんだ。それは大きな目標だった。

東京ものすごく遠くて、家賃も高くて、偏差値も高くて。現実を考えて東京大学を受けることはやめた。でもせめてもと都会なところを選んで進学した。ドームジャニショもある。嬉しかった。越してきた次の日にジャニショ写真を買い込んだ。

ついにアルバイトを始めて、コンサートに行った。DVDも買ったし、ファンクラブにも入った。楽しかった。働けば働いた分だけ、自由お金を使える。勉強してもお手伝いをしても泣いて喚いても行けなかったコンサートチケットがあれば入ることができる。自分の力で稼いだお金で、楽しい時間を買うことができる。

大学生には時間がある。そこそこ体力もある。働けばお金だってある。今が一番無敵のような気がした。社会人になってからなんて分からないし、もっと大人になれば結婚するだろうし。自由になんでもできるのって今が最後なんじゃないか時間は有限だから、やるならきっと今しかない。だから私はできる限りコンサートに行くことに決めた。

ドームがあるといっても所詮地方。向こうから来てくれるなんて年に数回。デビュー組もJr.応援してるがJr.現場は基本東京だ。毎度遠征して現場に向かっている。

最初は行けるだけで満足だった。コンサートのために東京に行ったんだ。コンサートジャニーズを生で見れたんだ。それで満足だったのに、Twitterを見ているともっともっとと欲が出てくる。同じ公演に何回も入ったり、ツアーに合わせていろんなところに遠征したり。また、もどかしくなってきた。行きたい。もっと、見たい。

名義をひとつ、増やした。シフト自由な高時給のバイトを増やした。現場に行くうちに知り合いが増えて、コンサートに誘ってもらう機会が増えた。行けるなら行きたい。今しかいから、行く。それから地方遠征もして、よく東京にも行っている。

コンサートのために働いている。信念として学業は怠らないことにしてるので、成績は落としたくないとそれなりに頑張って勉強している。授業を受けて、終電まで働く毎日。まじでめっちゃ働いてる。周りからは常にバイトをしてる人という印象らしい。課題バイト、そしてジャニーズ。余裕がないな、と思う。忙しくするほど、ジャニーズが見たくなる。

月に9万。おかげでジャニオタをすることができている。これは奨学金をもらっているからこそだと思う。奨学金はいつか返さなければいけないと嫌というほど聞かされたし、返せない現実の大変さも聞いた。正直貰いたくはない。しかし、授業の関係アルバイトができない期間がある。収入が安定しないのだ。

奨学金の使い道は自由だと思う。奨学金の分は生活費として使っているし、ジャニーズに使ってるわけではない。でも、奨学金があるからこそ自由に楽しんでいる。

卒業すればすぐ返済が始まる。収入が安定してる職に就かなければ、借金に追われることになると思う。たくさん今楽しんでいることを返済するときに後悔するのだろうか。

anond:20180115113124

例題初めて聞いたけどオシャレやね、歴史に残る文章はさすがや

ミライアカリキズナアイより サイコパスだね シロイルカ

コンビニバイト せちがらいのじゃ 現実逃避 VR

77 75で間に接続詞?を入れるといいのかね

都都逸川柳の違いはなんなんだろう

バイト先に来るチーズ男の話

チーズ男は毎週日曜にやってきてチーズ牛丼テイクアウトする。ネット予約なしで店に来るので、毎回やってきては適当カウンターに座って出来上がりを待つ。

お金を払って、椅子に座って一呼吸置いたら、男は必ず店の中を見回す。女が何人かいるか調べてるのだ。昨日は、ギャル風の綺麗なお姉さんと、子供づれのお母さんがいた。チーズ男はお母さんに目をつけたな、とわかった。

チーズ男、母親の元へ突進。で、やはりあのチーズくさい声で騒ぎ始めた。

「何してんだよ、静かにさせるとか、気が回らないわけ。困るんだけど」

チーズ男、クレームつけるのが下手。言葉が貧弱。バイトリーダーに目を向けたら、大丈夫から放っておきな、とのことであるバイトリーダーは、私が母親心配してると思っているようだが、いいえ、私はチーズ男を観察するのが好きなのです、とは言えなかった。

チーズ男、着席。騒ぎ出したせいで、隣にいた怖いお兄さんがイライラし始めたので焦って引っ込んだ。チーズ男、男にはとことん弱い。今日は、隣に座ってたのが旦那さんじゃなくてよかったね。あのときは私も少しだけ同情したよ、チーズ男。

そして、チーズ男、チーズ牛丼を持って退出。主要時間10分。この時間が、奴にとっては何事にも変えがたい至福の時間なんだろうな、と時々思う。

帰り際、チーズ男はバイトリーダーにすいませんとへこへこしていた。わたしはいつもタメ口なのに、とことん男には弱いものだ。

子供づれのお母さんがさっき出たところだったから、チーズ男に見つからいか心配だなあと思っていると、どうやらバイトリーダーも同じことを考えていたらしくて、「あの子なら大丈夫だよーしっかりしてるから」とやたらと馴れ馴れしく言ってきた。

真ん中の子が塾に行ってる間に二人で来るんだよね、と言われて、よくわからなかったが、よく聞くと二人は母と子ではなくて姉と弟らしい。チーズ男と同じ勘違いをしていたのは、なかなか悔しい。まあ、わたしチーズ男みたいに偉そうに説教してないから、いいか

anond:20180114130801

定時制高校に行こうと思っている

21歳のヒキニートです

一応通信高校卒業しているのですが、在学中は全日に通うのが夢で、でも父親に反対されてそのまま卒業してしまった。レポートは書かなければ退学になるかと思ったが親が書いて提出してしまった。

在学中も卒業後もバイトは中々採用されず、働き始めても試用期間までしか雇ってもらえなくて、今年は夏のリゾートバイトを終えてから映画を見たり少し外出したりするぐらいで、特別なことは何もしなかった。

バイト先のおっちゃんに「ただ働くんじゃなくて、何か目標を持つと良いぞ」と言われて、確かにそうなのかも思って、ただ4年以上「全日高校に行きたい」という夢以外もってなかったものからそれ以外のことに対してあまりクワクしなくなってしまった。ギター小説カメラやその他の趣味もあまり楽しいと思えなくなってしまった。

ただ全日に通うことはあまり現実的ではないので定時かなと漠然と思っている。でもその先は…? 分からない。

周りは何の意味もないと言う。「そうか、私が生きている意味なんて何もないもんな」なんてしばらくは思ってしまう…なんちゃって。とても辛い。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん