「自分語り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自分語りとは

2019-05-21

anond:20190521191008

ほんそれ。隙を見計らって自分語りするけど、私も殴られたり裸のまま外に出されたりした。愛がない訳ではなく正しい教育法を知らない人達だった。

産後の鬱期に親の育て方を振り返り、死ななかったから良かったものの、お前達の育て方は間違っていたと糾弾した。母は「あの時は仕方なかった」を連呼し、父は自分子供を殴った事などすっかり忘れていたけど。

そうする事で親の人生の誤りを許そうと思えるようになり、悪い所は悪い、良い所は良いと認められるようになった。

子供は許す天才から。その時ようやく私は大人になった。

今は孫にとって良い祖父祖母として良好な関係を築けてる。

2019-05-19

anond:20190518204949

寒すぎるネタ自分語りしか呟かないなりきってないなりきりもどき垢とか、非公式カプのbotとか、平気で鍵無しで夢とかBLのツイするやつとか

これ何が悪いマジで?お前がブロックしたら終わる話だろうに。

だいたいWEB上でファン活動したいだけなら性別不明でやってりゃいいのにわざわざ自分性別晒す必要どこにあるの?

絵描きだって性別不明の人めっちゃ多いのに。

2019-05-18

特撮オタクTwitterをしない方がいい

私も垢消そうか今悩みながらこれを書いてます。仲良くしてくれたフォロワーさんが心残りでまだ悩んでるけど。理由いくつかに分けて話します。まだTwitterやってない女特撮オタク絶対やらない方がいい。

理由1、多すぎる女の子と会話したい系おじさん

繋がりたいタグやると絶対一人二人は見るから女の子と話す目的の垢が混じって反応するし、特撮女子と〜タグ付ければ更に増える。無視すればタチ悪い奴はなんで無視するんですか!って凸ってくるし、まともそうに見えて繋がってもDMで連絡先聞いてきたり短時間で返事催促してきたりする奴も混じってくる。本当に面倒だし精神やられる。後全部のツイートいいねするのやめてくれ。

2、男オタクと仲良くしたくてもできない結果対立する

1で書いた理由で男オタクタグ反応されてもお迎えが慎重になる。怖いし面倒だし気持ち悪いし。その結果お迎えやめて、その人が出会い目的じゃないけど過激な人だった場合男女差別だってキレられたりする(これは私なったことないけどフォロワーさんがなってた)。過激な人じゃなくても蹴られればそういう目的だと思われたんだと思うだろうからオタクにいいイメージは抱かなくなっちゃう。こういうのがいつもだから、男オタクと女オタクの仲が結構悪い。お互いを叩くツイがよく回ってる。

3、全体的に民度が低い

寒すぎるネタ自分語りしか呟かないなりきってないなりきりもどき垢とか、非公式カプのbotとか、平気で鍵無しで夢とかBLのツイするやつとか、発売前の児童誌のネタバレ写真上げるやつとか、イベントに行けば隣が清潔感ない大人オタクとか。挙げ句の果てには公式大事に隠してた根幹部分のネタバレを、企業ニュース垢が出しちゃった!もうこれ詰んでるね!

4、他のオタクからも見下されがち

最近だと何故かアベンジャーズと比べて仮面ライダーとか戦隊ゴミ!みたいなツイートが流れてきて頭抱えた。他にもいい歳して恥ずかしくないんすかとか。スルーしてるけどいい気分にはならないし、どういう気持ちか知らないけどわざわざ引用RTして見せてくる奴がFFにいるので気分が下がる。

6、公式Twitterちょっとアレ

さっき上げた企業ネタバレやらかしたり、なんでか知らないけど語尾がクソ寒だったりする。まあ企業ニュース垢以外はそんなでもないかも。オフショットとか上げてくれるし。

以上!ですかね。書いてちょっとすっきりしたので垢消そうかな。俳優さんとか公式垢とかは基本オフショットとか裏話上げてくれたりするんで、そこだけフォローした鍵垢作るのが一番幸せなのかなって感じします。後はまともそうなオタクが繋がりたいタグしてたら反応して少しずつ増やしていくくらいでいいと思う。

追記

思ってた以上に反応あってびっくりしました。害悪オタクですいません。自衛してますけど、ミュートがザルなのかTLに流れてくるんですよね。周りに同じ趣味の人がいなかったんで、ちょっと話してみたいなと思ってツイッター始めたんですけど、繋がりたいタグとかあんまり使わない方がいいんですね、知りませんでした。

所謂子供向け、それも男向けのジャンルなので、女オタなんていない方がいいことは自覚してます。界隈が嫌いなら出てくべきなのも分かってます。先程垢消しました。私がSNS向いてないだけの話ですので、これ読んで気分を害した方、本当にすみませんでした。SNSオタクが得意な人間に生まれたかったなあ。

2019-05-17

『何か』である人は幼少期からすでに『何か』である

『何か』ではない人は大人になってあがいてもきっともう『何か』にはなれない。

そもそも『何か』にどうやってなるのすら分からない。

余計な『遠慮』や『人の目』が行動の幅を狭めるのだ。


ちょっと自分語りをしよう。

小学校のころ漫画家になりたかった。

だがバカなので何もしてない。PCもなかったし。そもそもペンタブ存在を知らなかった。まだそんな普及していない頃かもしれない。1日1枚模写はしていた。まあ上手くならない。

小学校が終わり、中学生になったら投稿するぞいという意気込みが高校生大学へと進んだ。

漫画書いてない。そもそも絵すら描いていない。ワナビだよ典型的ワナビだよ。

5年くらいちゃんと描いてまあ見れるんじゃないかなってくらいにはなったと思う。

とはいえSNSで絵を上げても評価されるでもなく。


何を思ったか今年漫画ネーム)を初めて持ち込んだが(プロとしてではなくて一応アドバイスとして。コミティアのあれですよ出張のやつ)

『いやこれ絵がないやんけ絵を描け(間接訳)』と言われた。時間なくてほぼ文字でした。てへぺろ

今、別にどうしても漫画家になりたいとかそういうんでもなく。

でもなれるならなりたいななんて四方から怒られるようなふわふわな感じ。

浅い水たまりに寝そべってさぞ浮力によって浮いてるかのように見せる甘え。


そもそも何がしたいのかすら分からなくなった←今ここ

評価が欲しいのか?

漫画見てほしいのか?

絵でお金を稼ぎたいのか?

褒められたい?

働きたくないのか?

どれも正解に見えるし、でも正解じゃないから△をもらったものの、何が違うのかわからない曖昧さがある。


あがいたところでがぼがぼ溺れてるのが現状。

とりあえずちゃんと描いて今年中にまた持ち込んでみたい。

anond:20190517215813

自分語り申し訳ないんだけど、子供の頃おさがりのリコーダーがすごく嫌だったのを思い出したよ

下心と軟禁貧困情弱商法 後編

https://anond.hatelabo.jp/20190517205809

これの続き。

しばらく話したら股間大分落ち着いてきた位で、急に彼女トイレに。

しかも扉を開けっぱなしに。

トイレは我々が居るダイニングキッチンに隣接していて、扉を開けると自分位置から丸見えなのだ

「え、見えちゃう!?

忠告しても

大丈夫、太ももいから見えないよ」

と返ってくる。

結果排尿音を聴きながらトイレをガン見する謎のイベントが発生した。

なんなんだよ。股間に良くない。

ずっと勃起してるのでなんか頭と腰が痛くなってきた。

彼女は都合3回程排尿なされました。

そんな事よりも何とかしないとなと思った所でLINEを使うことを思いつく。

彼女LINEを使わないのだ。だからスマホいじっててもLINEで知り合いに助けを求めているなんて気がつきもしなかった。

知り合いの女性に飢えてるやんちゃ目な奴を生贄にここを突破しようと思ったのだ。

結果的には平日の昼間には無理だったのだけども。

急に彼女が立ち上がっりコーヒーを淹れると言い始めた。

後ろ向きでネグリジェでしゃがんだりたったりするので股間のスジがうっすら透けてこっちに突き出されるため股間に良くなかった。正直頭おかしくなって襲ってしまいたくなったけどめちゃめちゃ我慢した。褒めて欲しい。

覚悟を決めても流石に辛くなって来たので、

「4000円だけ払ったら帰って良いの?」

と聞いたら

「アタシはそんな感じじゃ無いんだけど!」

と急に怒り出した。急に追加されるルールしまった統合失調気味だったというのに後から気がつく。

イク事も退く事もゆるされずいよいよ軟禁めいてきたら急に始まる自分語り。

曰く、池袋秋葉原童貞を探している。

あーなんていうんだっけ(俺:童貞狩り!)。違う、そういう感じじゃなくて!(俺:筆下ろし!)そう筆下ろししたいんだよね。前の旦那がそういうので〜感じだったのよ。

後半が意味不明過ぎてこっちの相打ちも適当になっていくが彼女は気にしない。

お兄さんも童貞に見えるよね。(失礼な!童貞ちゃうわ!

第一自分父親よりも年上捕まえて何言ってんだこいつ

取り敢えず秋葉原童貞の方は4000円で筆下ろしさせて貰えそうだな。とか思ってたら秋葉原は遠いお金かかる。とか言うのであ、貧困見っけ!で急に冷静にさせられる。

他にも急にDVDプレイヤーUSBメモリ挿して起動するとファイルマネージャが表示されて、フォルダ名にはRippingとついていて、SOUND000みたいなのが100個位ずらずらっと。中身に法則性はなく、途中で曲が切れていたりと2000年代ぐらいまで引き戻される感覚目眩がした。世間から断絶され過ぎてる。

性欲、支配欲、同情、政治問題、性欲、性欲、感情ジェットコースターやばくて、本当に頭が痛くなってきた。部屋の臭さもそろそろ気になって限界を迎えつつある所に、とどめの一言

彼女になってあげようか」

俺は早急にここから出る事を検討する。

時刻は約束の5時をとっくに過ぎていて、母親が帰って来たら更なるトラブルは必至なのは自明

「車に乗せてくれ」ラッシュも本格化して

彼女にしなくても家族付き合いになるのは本当に無理だと思った。

勢いで付き合ってこの子家族になるなんて無理!この子が良くても父母がだめ!こんなの親戚になったら何が起こるか分かったもんじゃない。ごめん普段リベラルぶってるのにいざとなると差別意識ちゃう

取り敢えず知り合いに仕事のフリした電話をかけて貰おうとしたけど、仕事中で無理っすとの事。

家族LINEグループ軟禁されてますヘルプを出したら速攻でかかって来た。

2〜3回目の連絡で「ごめんなさい本当にすぐ戻ります!」とか嘘付きながら一気に玄関出る事は出来たが、

「嘘電でしょ」

と後ろから声をかけられて心臓が飛び出るかと思うほどびっくりする。

かに嘘だが、仕事なのは本当なので理解出来ないであろうslack仕事のやり取りを見せて煙に巻いたのだ。

「15分位したら戻ります!」

って言ったけど

絶対嘘だと思うけど、本当に仕事なら戻って来なくていいよ」

彼女は2回「バイバイ!」って声をかけてくれた。それは少し寂しそうな感じがした。

俺はそのバイバイ後家に入ったのを横目で確認したあと、出来る限り早足かつ遠回りで家に帰ったのだった。

ちなみにコンビニで買った飲み物などは全て置いてきた。もう怖くてそのコンビニ行けない。

性欲はプロお金解決してもらうのが一番だと思います

2019-05-16

モテる奴らに物申す

優男。どこかフニャフニャした響きのある単語である諸君はこの「優男」と言える人に会ったことがあるだろうか。ある人は、その人のことを、ない人は、とりあえず「優男」像を適当に思い浮かべて欲しい。

男性諸君そいつウザくないか

優男。優しい男。特にマイナスな語意をはらんではいない単語だが、どこかウザったい。その理由考察してみた。

仮定から言うと、(結論から言うと、と言いたいところだが結論と言うにはあまりにもお粗末だ)「優男」は女性目線評価なのではないか女性の言う「優しい」は換言すれば「話を聞いてくれる」「共感してくれる」、「寄り添ってくれる」である自我を消し、自分語りを控え、女性にひたすら共感し続ける男が優男である。車がぶつかりそうになった時に自分が盾になって女性を守る「優しい男性」像は明治男子恣意的に生み出した幻想である

分かりやすい例がある。男性間の会話ではあまり聞かれないが女性は3秒に1回ペースで発している言葉があるだろう。

へぇ〜、そうなんだ〜」

これが、共感である

したがって、モテる男になりたければ、女性議論してはいけない。ひたすら共感するのである脳死で頷き続けるのである

くだらない。

この先待ち構えている(かもしれない)夫婦生活も、この共感ゲームが続いていくのだと思うと、私は今から憂鬱である

2019-05-15

anond:20190515023457

自分語りスマ

ぼくの場合学生時代まではオタク仲間と群れてたからひどい格好だったと思うけど、会社矯正されたように思う。オタクなのに営業部に配属されたもんだから上司や先輩にあれこれしばき倒された。

お陰で(?)一般人価値観に触れられたし見た目もだいぶ変わった。眉毛髪型を変えたらスーツ効果で別人になっちゃったよ。スーツ効果すごいね

ただオシャレ上級者じゃないから、ちょっといい服をシンプルに着こなす程度。それでも昔と比べて鏡の前の自分に自信が持てるようになったし、何よりお出かけが楽しくなった。オシャレの効果ってすごいよね。

2019-05-14

いい話!私はカードばかりだから現金は2万円しか持ってない(隙あらば自分語り)

現金持ってないかタクシー無料!優しい世界・・・^^

俺を不幸とはカテゴライズ出来ない辛さ

あとがき最初は色々とドラマチックに書こうとしていたが、最終的にただの自分語りになりました。多分タイトルに込めようとした物ほど深い内容は無いです。

まあでも色々とコメント頂けると嬉しいです。もう私の周りに私に背狂してくれる人が居なくなってしまったので。



あとがきあとがき)全部書き終わってみてみたら文章量えげつなくてやばい

誰にも自分の事をちゃんと話したことがないって、悲しいことです。


家もある、定職もある。俺をあやす友人もいる。俺は前よりはずっとまともになったし、人付き合いも随分うまくなった。

これも家族と俺の問題を許してくれた社会の親切な人たちのおかげだ。借金は多分50万くらいあるが、ようやく職にありつけたのでなんとかなるだろう。

商売も学んだ。小銭くらいすぐ稼げるようになった。借金の元はまあ取り返せそうだ。

俺は社会の屑でもド底辺でもない。そうならずに済んだのは全部周りのお陰だ。だから俺はギリギリ畜生になれずにいる。

誇りも倫理も人道も全部捨てた鬼になれずにいる。俺は根っからの善人だと思うが、犯罪者素養はかなりあると思っている。

俺は不幸ではないらしい。俺もそう思う。つらい時期もあったがなんとか脱した。その時につけた知恵は一生モノ

でも幸福とは決して思えない。というか俺の中に幸福基準が一切無いからなんだろうな。こうやって文字にしてみたら尚更不幸だとは思えない。かなり恵まれてる。

今一番の問題は俺が何に対しても幸福感を感じられない感性を持っている事なんだろうか。

自分語りをさせてくれ。Twitterじゃ誰も俺に関心を示さなかった。ここはそういう場所なんだろう?そして出来れば何か一言俺に物申してくれ。

悪口でも何でもいい。学生の頃もっと教師説教をよく聞いておくべきだった。もう俺の年じゃ誰も俺を思って言葉を発さないんだよ。

ちょっとナルシストで無表情で、でも別に特別他者を害したりしないから悪い奴じゃないよねって感じでそっとしておかれるんだよ。

聞いて行ってくれ。頼む。こことTwitterでだけは現実で誰にも見せたことのない俺が出せるんだ。

俺に一言物申してくれ。

遠慮はいらないぞ。多分一瞬ひるんで1日くらい落ち込むだろうが飲み込める。多分。

さて話そう。どこから書こうか。そうだ

俺は典型的アダルトチルドレンで、無関心な父親とやや過保護母親のいる家で育った。

さらアスペバカで、幼少期のころ地主が威張り散らす様な昔ながら土地引っ越してきた。近所にいたのは悪ガキ集団だったが、俺は気が弱い子ちゃんだったので色々あった。

次第に荒れた。すぐキレる。すぐキレる奴で子供はどう遊ぶか?気軽にキレさせて遊ぶ。誰もが何時ものことかと俺を見下した。

しかもすぐキレて暴れる上に好奇心が強くて普段からいたずら好きだったので、あらゆる悪事の容疑は俺にかけられた。ちなみに俺を擁護するやつはいなかった。

俺を憐れんでくれていた同級生ママも、声のでかい性悪親によるつるし上げが怖くて中立未満を決め込む始末。そんな人が居たというだけ気持ちも幾分救われるが。

ちなみに肝心の教師は俺の事を全く信用していなかった。平成といっても初期の初期だからな。SNSも無かったし俺は小さな町でひたすら1つしかないコミュニティ玩具にされていた。

多分いじめられ経験者はそいつらがどんな奴らだったかすぐわかるだろうが、わからない人のために軽く説明すると今で言うとネット暇人どもみたいな奴等だ。

自由に叩いても許される奴を見つけて、居なければ自分たちで罪を被せレッテルを張り、皆で叩いて自分たちの正しさを証明し合うのだ。

今ってネット有名人断罪した気になれるすごい時代からリアルいじめは少なかったりするのかね?どうせなら大物狩ったほうが楽しいよな?

話がそれた。まあそうやってボス猿が獲物を見つけては取り巻きと叩く。猛烈に叩く。ネットリンチはネットから離れれば避けられるが、リアルは違うぞ。しか小学生

不幸中の幸いは俺がバカだったことだな。俺は学校いじめは良くないと聞いたのでみんないじめなんてやらないと思っていた。

なんかよくわからんけど俺だけ怒られるけど、その事に疑問も持たなかった。バカから。当然不登校なんて選択肢にも無い。そんな発想は無かった。

自分他人と違うって悩み始めたのもここ数か月だからな。15年おせーよ。しかし、あの当時何をされてもすぐ忘れる馬鹿さが無ければ今の俺は無かったと思うとアレはアレで幸運だったとは思う。

ちゃんマジでありがとう。1度や2度かあるいはもっと理不尽言葉を投げかけられたが、あの状況で俺を守ってくれてありがとう。これが一番の幸福だった。

父親は何もしなかったからな。若いのにガキ作ってひーこら働く羽目になったってのもあるだろうが。

父親の話もするか。毒親。おわり。

俺と妹が人嫌いになったのはあんたのお陰だよ。もっと言うと祖父あんなんだったかあんたもそうなんだろうがな。多分そのまた親もそうだったんだろう。

だが俺に罪は無い。俺が平均点よりいい点とったんだからせめて貶すな。本人は高学歴で頭がいいつもりかもしれんが子に対する行動言動としては最低だよ。

俺の自己肯定感が皆無なのはこの父親の影響が多分7割くらいあると思う。もっとかな。

まあでも最終的には平和家族になったから良いけどな。これ以上はやめとくか。心配性なのでよくある話にとどめとこう。

次は何を話そうかな。あ、そうだ。部活の話を聞いてくれ。俺は多感な時期にブラック企業みたいな部活に入って心が壊れたんだ。

マインドクラッシュだぜ。心のピースはある程度組み立て終わったが今でも人の心として大事なパーツがいくつか見つからない。

冒頭で言った「比較的まとも」な感性を取り戻したのはつい最近のことだ。気が付いたら青春時代全部消えてたぜ。幸い友人達のお陰でゼロではないがな。

でも俺のあの辛さを共有できる相手は居ない。暗い部屋に毎日押し込めて、朝は早く夕方遅く。自律神経は乱れまくって夜は眠れず次の日の朝は極限状態

それをコーヒーで無理やり動かすのさ。合宿ハードメニューな上に睡眠時間がどう見積もっても5時間未満。眠気覚ましに俺はバカだったので自主ランニングまでやってた。

お陰で若くしてカフェイン中毒さ。あとなんだ?統合失調症的な?数時間だけだが自宅以外のあらゆる場所殺人鬼が潜んでいて俺を殺そうとしていると何故か思い込んでいた時間があった。

幸い次の日が休みだったので朝から夕までたっぷり寝てある程度回復したが。(その晩からはまた不眠ね)

結局その部活は辞めたんだが、後遺症がひどかった。元々多感な時期で、俺はアスペで、最終的に自衛隊に行った上級生が顧問とともに恐怖で支配していた閉鎖空間で。

そりゃあもう俺へのヘイトがやばかった。まただよ。俺はアスペから理解していなかったがな。惜しいことをした。もっと早くこの世の生き方がわかっていれば俺もちょっと楽しい高校生活を送れてたのにな。

まああの経験が無ければ今の俺は無かったわけだが。今では必要経験だったと割り切っている。

で、部活辞めた後の続きね。あ、ちなみにだけどめちゃくちゃ辞める奴が多かったその部活の中で俺はわりとまともな辞め方をしたんだ。

顧問にこの部活あんたらと幹部矛盾だらけって言って、俺はもうあんたらの考えにそぐえないって。全員参加の夏の大会だって価値が見いだせないって。

顧問は俺の事を褒めたよ。男らしいってな。ほかの先生も今どきの生徒にしては自分の考えを持ってるって。

今思えばあの教師たちも昭和犠牲者だった様に思える。その犠牲者の事を思うとできれば死後裁かれてほしいもんだが。生徒を追い詰めてもらった賞と、その時の賞与で買ったロレックスだぞ。

あれも世の中の仕組みに気づくきっかけの一つだったな。

で、そうそう。部活辞めた後。俺は何もしなった。バイトだけ始めた。人手不足の店で優しい社員の元で働いた。彼らもブラック犠牲者しか現在進行形だったので俺の雰囲気から何かを察してくれていたのかもしれない。

ただ客層がクソ過ぎて辞めた。部活の奴らが夏の大会にギスギスしながら取り組む一方で俺は強迫性障害発症した。まだ治ってない。

ちなみに俺が在籍していた2年間で連勝記録が止まったらしいんだが、俺が辞めた年からまた勝ち始めたらしい。なんなんだろうな。同期も結構やめたから俺だけのせいじゃないんだろうが。

次のバイト普通にクソだった。働く奴の人間性がクソだった。

三が日にシフトに入ってしっかり働いたが、確か5時間以上勤務でお正月ボーナスが出るところを1日4時間半だけ3日間全部働かされてキレた覚えがある。

次に務める飲食店にもクソな奴が一人いたが、他は良かったので結構続いた。ちなみにそこの新人離職率は多分8割超えてた。クッソ忙しい上にクソが居たから。

どっちかに耐えられる奴も両方には耐えられない。俺はまだバカだったのと、田舎に他にまともなバイト先が無いと知っていたのでつづけた。

あとは確か大学2年だったか。そこで派遣アルバイトをして色々知ってついに辞めたんだった。で、ようやく趣味に手が付き始めて、それを商売にしてついに短い間だがノーバイト生活を始めた。

話逸れまくってるな。俺がいかに不幸だったかって話をしないと。

部活辞めた後はの流れはこんな感じだった。

高3...マジでなんもしてない。後からネットで知った情報から察するにほとんど鬱だったと思われる。机の前に座って何時間も何もしなかったり、それを父親にいろいろ言われてまたストレスためたりしてた。

高3男子の部屋いきなり開けてんじゃねぇよ。

大学1年...一応ロケットスタートで仲間は探してボッチ回避。俺は行動力があるんだ。でも特に何もしてない。ここでも最初に入った部活でクソ先輩に当たり部活崩壊したりしたが、もういいや話すのもめんどくさい

2年...俺はこの時何もしてないと思っていたが、よく考えれば大学生ってそんなもんだった。サークルに飽きてひたすらゲーム

3年...俺のビジネス前身を始めた。すこし性格が前向きになるも、コミュ障炸裂。あとゲーム

4年...わりと平穏だった。しかし大きな病気をして価値観がいろいろ変わる。さら就活を通じてまたいろいろと学ぶ。ゲームもやらなくなった

今...楽しくないゲーム楽しいゲームに変わった。ようやく遊び方を思いだしたが時すでに遅し。社会人。ただし今までの経験からブラック回避にだけは成功した。



こんな感じ。いやあ上手く立ち直ったねぇ。もうこの辺に関しては納得しちゃったんで今冒頭にあとがきを書き足しておきました。

じゃあ今から俺が不幸ではないにも関わらず何に嘆いているかを書いてみようと思う。

俺は他人が怖い。それはもう俺がアダルトチルドレンからに違いない。

俺は他者を一切信用できない。幼少期に親どころかあらゆる存在から悪意を受けて育った。悪意の中の悪意だからだ。

そのうえ自己肯定感も低い。時々自信満々になるが実際には何となくそんな気分になってるだけ。部活の奴らはもう底辺ルートに入ったが自分にはまだまだ先があるってね。

でも俺は思うんだ。世の中バカばっかりであいつらはドラマで見た様な恋愛ごっこオナホ探し、財布探しに必死。でも普通はそうなんだよ多分。

世の中大半そんなんばっかで俺は面倒くさいから関わりたくない。サルを除いて残った人類は3割くらいとしてみよう。

やつらはまともだ。親に周囲に愛を受けて育ったから、他者と当たり前に愛の交換ができる。愛とは無償の愛の事ね。セックスもまあ間違いではないが。

だが俺はどうだ。俺は他者に借りを作らない。俺はそいつを信用しないからだ。この時点で愛の交換は成り立たない。

俺は何を交換できるか。利害関係。それだけ。だからビジネス脳はすくすくと育っている。

しかし愛だけはどうしても理解できない。どんな善良な人と会っても信用できないし、俺は自分の事をどちらかといえば闇にいる側の人間から彼らを汚してはならないと思ってしまう。

向こうは気にしないようだが、それならなおさら友達にもならない。今の上っ面な世の中で彼らのような存在は貴重だから、俺のような人間が関わってはならないと。

これが俺の一つ目の悩み。いや根源にして最大の悩みか。

どうしても人が怖い。まして裸で抱き合うなんて不用心な交流なんかできる筈もない。

あ、ちょっと話逸れるけどセックスでイけない女の子もわりとこういう側面あると思うんだけどどうなんですかね。その道のプロの方はいらっしゃいますか?

相手のいるなしはさておいて、俺はセックスも怖い。金を払えばどうにでもなるし、童貞食いが趣味上品な奥様とか多分いるだろ。裏垢界隈で学んだ。

あとこういう哀れな男を落とすのが趣味の人とか、ああそうだ多分今の俺ならおとなしいバカは落とせる。いわゆるだメンズウォーカーとかなんだかって人ね。

最近そういう人に会って何となく察してしまった。おれも多分屑だ。でも俺は変に正義感があるからそういう事はできない。基本的に人よしだからな。

じゃなくて。俺は人が怖いか信頼関係の不可欠なセックスはできない。ましてや恋人も作れない。一度だけガチ恋したことがあるが、多分2度とないような気がしている。

最近ラブコメ漫画が好きなんだけど、俺がどっちの立場でも無理。

相手がどれだけ俺を好きでも答えられないと思う。どんな美女がいつの間にか裸で俺のベッドにもぐりこんでいたとしてもセックスはできない気がしている。

そうだな。愛されたいけど愛し返せる自信がまるでないんだな俺は。彼女ができるとしたら俺の事が純粋に好きすぎるメンヘラ相手責任感感じて一緒にいるくらいが限界じゃないのか。

他のパターンが思いつかない。思ったより俺って誠実だな。このパターンでも俺はすごく悩むと思う、、、いや、こういうメンヘラは大体自分問題直視出来てないだけだから多分俺通報するか誰かに押し付けるわ。

なんだ。うまい例が思いつかないけど平成初期くらいのイメージ主人公だけを無条件に愛してくれる系ヒロイン?がいれば少しづつ変われるかも?なるほどなだから流行ったのか。俺みたいな育ち方をした奴ら向けで。

正直2時間くらいぶっ通しで無修正で書いてるからもう自分が何を書いているのかわからなかったりする。

やっぱ俺ってあんまり頭良くないな。誰が読むんだこんな文章。とは思うがたぶん誰かは読むだろうとか打算している俺もいる。頼む俺にコメントくれ。

しかすると俺は俺をよく知る誰かの言葉が欲しかったのかもしれない。正直無限時間があれば半生全部書いてた気がする。

でも議論するなら愛がどうのこうのの下りに絞るべきだったね。明日時間があれば書き直してみようか。

色々冷めて落ち着いたしもう眠いので寝ます

どなか人を愛せなかった自分が変われたって方、是非色々教えてください。

文句言うな甘えんなだって愛されたいって方もどうぞ。他人を見てきた期間が圧倒的に短いのでそういう生の声も聞きたいのです。

しかし一番聞きたいのは自分の愛し方です。誰に褒められてもどこまでも続く上と比べて自分ゴミだと逆に落ち込むような、そんな人間が何をすべきか。

本当に心の支えがない。

2019-05-12

学生時代お世話になった人が辞めたらしい。

というか、他県へ移った。

近々ここは辞めるんだろうなって分かっていたけれど別れの挨拶さえ出来ないのは何というか、心残りがすごい。

自分語りになるが、学生の頃はとにかく家にいるのが辛かった。

からそれを忘れるかのように研究に没頭した。よくあるやつ。

研究以外でも当時不安定だった自分相談にいつものってくれてとても助けられた。

からせめてお礼を言いたかった。

もうあの頃のように死にたくはなっていないし、人間らしい生活を送れていると。

だがあまりにも当時、自分の弱さを晒け出しすぎてメンヘラだと思われていそう。

から気軽に連絡が取れない。

研究してたことに関する報告とかで卒業後に何度かメールはしたが、返事はない。

まりそういうことだ。

せめて他へ行く前に直接感謝を述べたかった、元気な姿を見せたかったというのは自分の我儘で、自己満足に過ぎないというのは分かっている。

次の勤め先も分かっているが、そこまで行くのは執着が恐怖に捉えられそう。

分かっている。まともな人間だと思われたいか絶対にしない。

から勢いで最後会いたかったメールしてしまわないように、ここに吐かせて頂いた。

本当にただの独りよがり

あなた幸せを願っている。

からもう自分と関わらない方が良い。面倒な奴に執着されていると思われないためにも

あなたのような生き方をしたかった。

不登校のゴールを登校にしてはいけない

最近不登校についての話題が多いので元不登校児として気になった事を。

言いたいことはタイトルの通り、不登校は結果であって不登校児が抱えている困難は登校したからといって解決するわけではないということ。

その困難を脅しで解決させようとしないでほしい。

以上。

以下は自分語り

学校へ行くことのメリット行かない事のデメリットは親はそりゃもうわかってる。子供はわかっている子とわかってない子と、わかっているけど諦めている子がいる。

自分理屈としては理解できていたけど、不登校になったのならそれらのメリットを求めてはいけないと思っていた。

から二十歳過ぎたら自分死ぬしかないと思っていた。家族のおかげでなんだかんだ二十歳過ぎてもみっともなく生きているけどね。

不登校児への説得ってする側の大人も追い詰められているのでどうしても脅しのようになってしまう。

けれど子供はなにしろ子供なので、それを真に受けてもう自分に将来はないと受け止める。少なくとも自分はそうだった。

最近不登校へのケアが増えてきているようで、大人も穏便にそれを提示できるのなら良い時代になったと思う。

自分たちの時代にはマジで登校するか死ぬか将来死ぬかだった。実際死んでしまった友人もいた。

ネットでは逃げた先の教育を考えずに逃げるなという声も多いが(まあ正論ではある)後のことを考えて逃げられなくなって死んでしまった友人のことを思うと自分絶対肯定できない。

ただ教師や親の立場を考えると、とにかく登校することをゴールにしてしまうのは理解できる。けれど子供にとっては地獄の始まりだ。

いじめが原因の場合想像やすいだろう。学校という場に困難があるので転校することで不登校から脱する子も多い。

けれど、いじめが原因でない不登校想像しにくいだろう。こちらの原因は身体的なものから精神的なものまで様々だ。

子供本人の内面理由があるということで甘えとして自力でなんとかするよう促されることが多く、これはこれでいじめとは別の地獄がある。

自分もこのケースで、他人から理解を得られないのは仕方ないとしても、自分でもなぜ登校できないのかがわからなかった。

ただ「できない」のだ。

わけもわからマリオの1面の最初クリボーで延々死に続けるような感覚を覚えている。

周囲はこぞってジャンプすればいいと言う。けれど何度やってもAボタンを押してもジャンプができない。

できたと思ってもスタート時にキノコファイアフラワーを取っていただけで、以前ジャンプはできないままだった。

そしてマリオはどんどん小さくなっていき最後は必ず死ぬ

すると周囲はなぜできない、できるはずだ、最初からやり直せと言う。できないことは全て本人の気持ち問題として処理された。

何度マリオが死んでもゲームは終わらない。終わらせるためには本当に死ぬしかない。

大人になって知識を得てやっと「自分にはジャンプ機能がないから」と言語化できた。

まあ今できたところでそれまでに壊したメンタルや体が戻ることはなかったが。

自分のように普通市民になれなかった元不登校から見ると、簡単不登校を勧める人間も、後の保証がないのに逃げるなという人間も、同じく軽薄に見える。

一部の子供を除いて、子供不登校選択なんてしていない。それに対して自己責任を求めるのは残酷だ。

自分はもうどうしようもないが後の世代だけでも、子供責任を求められない世界になってほしいと思う。

2019-05-11

学校に行かなくて良い」じゃなくて「学校に戻れるよ」って言ってほしかった。

不登校 現在大学で1留したけど大学院に通ってる。

例の小学生YouTuberの件で、色々不登校に関する記事を見かけたので、ちょっと自分語りを。


まず、私が不登校になったのは中学生の時。

原因はいじめ?かな。正直いじめだとは思うけど、金をせびられたり、暴行されたりと言った事はなくて、無視されるとかキモい汚いと言われるとかそんな感じだった。

当時、私は結構ひどいアトピーで、それが原因でキモいだのなんだの色々言われた。そこから元々あんまりきじゃなかった学校がどんどん嫌になって、2年生の時に夏休み終わった2学期の初日に行けなくて、それからズルズル休み続けた。

不登校の期間はあんまり覚えてないけど1年いかいくらいだと思う。


不登校を脱したきっかけは自分や親の力と言うよりは学校先生のおかげかな。親がそっとしてくれたのもあるけど。

3年生の時に担任になった先生がすごく熱心な先生で、頻度は忘れたけど何度か家にきては「増田君!学校に行かないか!」とか言った感じで半ば強引に引き出してくれたおかげ。当時はすごくテンション高くてちょっと強引だったのは嫌だったけど、今となっては感謝してる。


今は良くなってるのかもしれないけど、もっと自然社会のレールに戻れたら良いのにって思う。

私が不登校の間、不登校の子達が行く民間学校?みたいなところの見学もしたんだけど、そこはあまりにも今までの中学校と違いすぎて、私にはしっくり来なかったし、不登校の子として、学校に合わない子として扱われてる気がした。


今思えば、私は学校から自由になりたくて不登校だったんじゃなくて、学校に戻るきっかけが掴めずに不登校だったんだと思う。だから不登校って言う事を特別な子として扱われてる事に私はなんだかすごく違和感がある。

特別な子も確かにいるんだろうけど、不登校の子の中の何人かはただきっかけが掴めなかったりするだけで、学校を変えるくらいでまた通えるんじゃないかなって。

2019-05-10

anond:20190510225619

女性成功したらブスじゃなくなるような奇妙ないいぐさ

成功したもてないブスなら自分語りばっかりしてるはずってこと?

まあ成功するためにも化粧覚えたらいいよってのはそのとおりだしよく見かけるけどね

ネットの三大イライラする自分語り

うちの夫/妻がクソでツライ系の話←とっとと別れたらいいのに

うちの職場がクソでツライ系の話←とっとと辞めたらいいのに

あと一つは挙げなくていいです

2019-05-09

女性同人作家活動をやめた話を長文でダラダラ自分語りする増田がよくあるけどなんなん?

いや、それ自体別にいいし増田の正しい使い方だとすら思うんだけど、なんで毎回何百もブクマつくの?

OLテンプレみたいな愚痴ならそんなことにならない訳じゃん。

本人にとっては一大事から書くのはわかるけど、読む側としては毎回毎回ほんとしょーもないことをダラダラとっていう内容で、凡百のブログ記事と比べてもバリューが低いのに、なんでみんなブクマするんだろう。

あれ、書いた本人も嫌じゃないのかなあ。

ブクマカには女性同人作家がそんなに多いんだろうか。

字書きといわれる二次創作者が苦手だ。

最近Twitter上で小説の表紙を描きたい・描いて欲しい系のタグ流行っているのを生温い目で見守っている。

私は、いわゆる「字書き」といわれる二次創作者が苦手だ。

だが、もともとそうだった訳ではない。

人をカテゴライズすることを失礼だとは思いつつも、そうせざるを得ないくらい「字書き」には苦い思い出しかない。

自戒と注意を込めて、過去出来事を下記に挙げる。

長文乱文につきご注意ください。

私は絵描きなのだが、ありがたいことに相互フォローの字書きから小説本の表紙イラストの依頼が来たことがある。

かに寄稿を頼まれたこ自体が初めてだったのでジャンルとはいえ、本当に嬉しかった。

数あるフォロワーの中から私に依頼が!と舞い上がっていたと思う。

表紙のデザインの打合せをして、「ああしたい」、「こういうのもいいよね」、なんて言い合いながら遂に表紙は完成。タイトルデザインも私。

気合を入れて制作したのが功を奏したのか、相手も気に入ってくれていたみたいだった。

賞賛言葉を頂いて、「ああ、頑張った甲斐があったな」と充実感を得ていた。

イベント直前、字書きは新刊宣伝をしていたので私自身の本ではないとはいえ、わくわくしながらチェックした。

新刊○×△△本表紙です。当日はよろしくお願いします!」

…ん?私の名前は?

Twitterpixivにも表紙画像付きであげているのに、紹介文に私の名前はどこにも無かった。

その後のツイートでも私に触れられることは無い。

通常「表紙は□□さんに描いて頂きました」とか書いてあるものだと思っていたけど、

この界隈はそんなものなのかな?と少しモヤモヤしたままその場は何も言わずスルーしていた。

そんな気持ちのまま、イベント終了後に「表紙ありがとう」と書かれた旨の手紙と共に本が届いた。

読了後に、奥付を確認して本当に驚いた。

奥付に字書きの名前はあれど、私の名前は一切無かったのだ。

字書きの名前は勿論、Twitterpixiv IDまでしっかり記載されているというのに、だ。

え?なんで?と頭に衝撃が走って、真っ白になったのを覚えている。

もしも表紙イラストを気に入って私に興味を持ってくれた人が…、なんて淡い期待を思い切り打ち砕かれた。

でかでかと表紙イラストを飾っているにも関わらず、この本に「私」は存在しないのだ。

普通ライトノベルでも文学作品でも表紙デザイン作者名は載っているもではないか

あんなに打合せしたのに。装丁相談だって受けたのに。睡眠時間を削って描いたのに。

全てがショックで心が張り裂けそうだった。

普通の人なら「奥付に名前記載が無いんだけど!」と抗議しそうだが生来、人の顔色を窺って生きてきた私にとっては困難だった。

この一件で嫌われたらどうしよう…。

噂を広められて活動できなくなったらどうしよう…。

そんな考えが頭を巡って、結局どうすることもできなかった。あたしって、ほんとバカ

聞いた話によると、この本の売り上げが字書きにとって過去最高の頒布数だったそうだ。

クソが。

残念なことにまだまだ続く。

上記の件もあり、すっかり疑心暗鬼になった私は表紙依頼を受ける時は、奥付に必ず私の名前を明記することを約束したうえで引き受けることにした。

今度は同ジャンルの字書きから新刊の表紙イラストの依頼があった。

奥付の件も納得してもらえたので、表紙イラストタイトルデザイン制作

問題なく入稿し、相手イベントを楽しんでいたようで本当に良かったと思った。

イベントも終わって落ち着いた頃に、新刊を送りたい旨の連絡があったので私は快く承諾。

すると字書きは

「本代○○円 送料○○円 合計○○円です。」

?????????????????????????????????

目玉が飛び出るかと思った。新手の押し売りかよ。

今まで表紙を手掛けてイベントに不参加の場合には、献本という形で送ってもらっていたので本当に驚いた。

一万歩譲って「私が表紙を描きたいと字書きにお願いした」のなら、上記の内容も分かる。

しかし、「字書きが私に表紙を描いて欲しいとお願いした」のにこの有様。

字書きは更に「振込はこちらにお願いします」と続けた。どうやら振込手数料も私持ちらしい。

印刷費厳しいのかな?と思い込むことで怒りを抑えて、支払った。

ええ、支払いましたよ。あたしって、ほんとバカ

その後、奥付だけ確認して読まずに捨てた。高い勉強代だと思った。

クソが。

そんなことがありつつも、中には好きな字書きもいた。

支部作品を読んで、その精巧な話の組み立て方、キャラクターの心情表現の緻密さに魅了された。

本職なのでは?と疑うくらいに、作品クオリティが桁違いだったと思う。

Twitter作品を紹介させて頂いたところ、ちょうどTwitterを開設したばかりの字書きの目に留まり相互フォローになって仲良くなっていった。

字書きの作品投稿されれば熟読し、いつも感想を伝えていた。

本当に好きだった。崇拝していた。

前述したとおり、私は絵描きなのでTwitterイラスト投稿する。

字書きもそれに反応して、よく感想をくれていた。

しかし、徐々に感想は私のイラストとは関係ない字書きの宣伝にすり替わっていった。

イラスト投稿すれば「イラスト素敵ですね!そういえば、支部作品投稿しました。(支部URL)○○が××する話なのですが、△△も出てきます」という具合に。

私のイラストに該当するキャラ一人も居ないんですけど…。

隙あらば日常の会話も中でも宣伝されることがあった。

最初こそわざわざ教えてくれてありがたいな、と思っていたが8割方宣伝ツイート

感想はおまけ程度、感想クレクレが滲み出た会話内容だんだん疲れてきた。

字書きにも徐々にフォロワーが増えていき、私に構うことも減ってたまに会話する程度になった。それはそれで楽だった。

ある時、字書きは「○○はこんなこと言わないw」とツイートした。

私の新刊の内容であることは明らかでそれに派生して界隈を巻き込むプチ論争になっていたようだったが、私も納得する部分があるため傍観していた。

しかし、字書きの

「私の○○はこう!誰にも批判させない!」

この発言を、私は許せなかった。

撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ、とどこかの皇帝も言っている通り批判たからには批判される覚悟を持たなければならないだろうと私は考える。

しかし字書きは、批判はするけど私のことは批判しないでね☆彡ときものだ。

もう許せなかった。その思想が。神経が。

今まで積もり積もった鬱憤もあり、全てをブロックした。全てを。字書きの作品が目に入る全てを。

愛情の裏返しとは凄いもので、今まで敬愛していた作品も全部汚物のように思えてブクマを外した。

ここまでする自分の行動に自分が一番驚いた。

ぶっちゃけ最後は字書き関係ないけど、上記の以外にもいろいろあって字書きが苦手だ。

あと、字書きって聞いてもいないのに何で自分語りばかりするの?承認欲求の塊なの?

○○さんに私の作品が好きって言われました!××さんに新刊渡せた!とか、わざわざDMで送ってくる。聞いちゃいねぇ。

最近も、頼んでもいないのに字書きに新刊の紹介をされて押し売りされた。

イラスト等と一緒で絵柄の好みがあるように、小説だって文体の好みってものがある。

あと、ある字書きは奥付の記載には自分名前Twitterpixiv IDや連絡先を載せてるのに、表紙担当の私は名前だけなのは何故なの?Twitter宣伝でも頑なに私のID載せないけどなんなの?そういうものなの?これが普通なの?絵描き情報開示したら死んでしま病気にでも罹っているの?頼む治療してくれ。

絵描きだってアレな奴居るじゃん!と思われる方がいるだろうが、少なくとも私は絵描きに今までそういったことを受けたことはない。

中には良識的で素敵な作品を書き上げる字書きが居ることも知っている。

しかし、それさえも掻き消してしまうような特殊な字書き共が私の周りには多すぎた。

こうも複数人数にしてやられると、苦手にもなるというもの

いや、苦手という言葉では生温い。

私は「モラル常識が無い字書き」が嫌いだ。大嫌いだ。消えてしまえばいい。

当初述べた表紙タグ良心的な絵描きが、私のような目に遭わないことを切に祈る。

私は今請け負っている表紙イラスト小説本のお手伝いは今後一切もうやめる。

まだやってんのかよ!、と思われた方もいるだろうが断れない性格って本当に損するので今から矯正できる人は矯正した方が絶対にいい。

あたしって、ほんとバカ

もう疲れた

全てフィクションです。

しんどい

暇な仕事しんどい人、いませんか。

勉強努力も何一つしてこなかったツケだというのは分かってる。

高卒入社した販売仕事は当然だが盆正月GW全部駆り出され、

代わりの連休は当然のようになく年間でも80日ほどしか休めず

からといって給料ももちろん良くない。

いいことと言えば簡単仕事ということくらいだが、

簡単すぎて自分がみじめに思えてやめた。

間を開けず入社した今の会社大手グループ会社の一番下くらいに位置する企業

地方環境施設で未経験から事務職に就いたがこれが驚くほど暇。

設備知識はおろか未経験である事務仕事もちまちま覚えながらの仕事なのに、

追いつかないということがない。作業量が少なすぎるのだ。

グループ会社としては大きいから、細かい給料計算などは本社にある専門の部署が行う。

毎日決まってやることと言えば、日報の記入(5分)、コーヒー淹れ(1分)、

ちんまりした掃除(3分、だいたいは清掃業者がやってくれる)、銀行への振り込み(長い日で1時間だがほぼ待ち時間)

くらいだ。

これで月18万円もらって生活をしているが、地方では十分なくらい。

前職に比べ当然のように休める連休に加え、有給休暇も初年度から20日間もらえた。

いいことずくめのように思えるが、虚無感がすごい。

なぜなら自分以外の社員は忙しそうにしているからだ。

事務員は1人しかいないから同じ境遇の仲間もおらず。

なんなら今だってその暇な時間である

毎日、心の疲労がすごい。でも自分はほぼ何もしてないのに、

疲れたというのも変な話だ。

友達に話してもうらやましいといわれる。

なんとか知恵遅れみたいなサイトにもこういう人がごまんといたが、

ほとんどが向上心を持ち資格勉強をして転職へ挑んでいる。

自分は?

向上心もやる気もない癖に、暇なのはいやだ。

ただのクズだった。

何が言いたいかからない日揮になったし完全な自分語りだが

こんなところに投稿するぐらいだから慰めてほしいんだろうな。

何の努力もしてこなかったくせに。

素人童貞自虐

この前コス仲間と久しぶりに会った。

久しぶりつっても10年以上ぶり。

私がコスプレをやっていたのは学生時代のほんの一時期だったけど、その人は当時すでに社会人で、それからもずっと続けていて、その界隈ではちょっとした古参コスレイヤーになっていた。

私はその間、結婚したり離婚したりいろいろあって、仕事も含めて社会にもまれ学生時代よりは大人になったと思う。

ある時その人とリアルに会うことになった。

SNSではなんとなく繋がっていたのだけどリアルで会うのは学生時代以来かな。

で、会ったらその人は変わっていなかった。

10年以上ぶりに会ったのに、久しぶりでもなければ、今どうしてるのでもウンでもスンでもなく、スマホを取り出し、自分コス画像披露しながら自分語り。何の導入も無しにね。

容貌オッサンになっていたけど、中身は当時と変わっていなかった。悪い意味で。

向こうは話すだけ、こっちは聞くだけ、割合で言ったら10:0だった。

よく、会話はキャッチボールなんて言う。しかし、ボールを投げ返さなピッチング練習のようだった。私はずっとキャッチャーである

たまに別の話題を振っても、ゴニョゴニョと何か言ってから何事も無かったように自分語りを再開する。

レイヤー仲間での食事会やオフ会なら独演会も聞いてくれるだろうし、コス画像も喜んで見てくれるだろう。

しかし、昔そうだったというだけで、1対1でそれをされてはたまったもんではない。

時間独演会を聞いて、会計をとなったとき、もちろん今の時代から割り勘で、それはいいんだけど、その人は席で私から現金を回収して、当たり前のように二人分のポイントつけていて何だかモヤモヤした。

ポイントなんてオマケなんだから、それだけで目くじら立てることは無いんだけど、私の周りの人は男女関係なくお茶食事をしたとき、端数のお金は私が、それならポイントあなたが、なんて譲り合ったり、別会計で済ませたりしてたから正直な話ビックリしたんだよね。

多分、この人はずっとオタク仲間との付き合いしかしてこなかったのではないかと思った。

会社飲み会とか、そういったものには極力行かないとか言ってたし。

飲み会に行く行かないは本人の自由ではあるけど、もうそこそこの歳の子供がいて、場合によっては孫もいてもいい歳なのに、それはちょっとどうなのよ、とは思った。

から駅までの道でも、カップルとすれ違うと「リア充爆発しろ」とジョークだか本気だかよくわからない事をブツブツと言っていて、モテるようなことなんか何もしてないくせによく言うわ、と腹が立ちました。

それから何度かお誘いがあったけど、もう独演会はまっぴらなので断わった。

しかもその誘い方というのがまたアレで、イベントか何かの帰りに私の最寄り駅を通るからと、当日に連絡が来る。

コス仲間ならそれでもいいのかもしれないが、私はとっくの昔にそうではないし、分かってる予定ならせめて前日くらいまでには連絡すべきではないか(その旨を伝えたらお誘いは無くなった)。

こちらにだって予定はある。

いくらなんでも、社会性が無さすぎやしないか

で、後日その人のツイッターリツイートが流れてきたので何かと思ったら「童貞というのは自力セックスにたどりつけない人」という内容で、その後「それ俺のことww RT」とツイートしていた。

さもありなん、と思った。ジョークなのかもしれないが、これまでの行動を見ていたらジョークとは思えなかったし、仮にジョークだとしても、それをわざわざツイートしてどうなるというのか。

フォロワー女性が、それなら私がと何かしてくれるとでも思ったのだろうか。

下手すりゃ自分の娘といってもいいような歳の女子フォロワーさんもいるだろうに、気持ち悪いにも程がある。

構ってほしいゆえの単なる自虐なんだろうが、それを見てそっとスパブロしました。

2019-05-08

大学ぼっちなのが辛すぎて休学したい増田

anond:20190508035136

書かなきゃいけない気がしたので書く。

俺の大学入学以降の経歴

1年目 入学

2年目 留年確定

3年目

4年目 休学(1年間)

5年目 復学

6年目

7年目 卒業

8年目 既卒就活

9年目 就職

今 生きてる

大学ぼっちなのが辛すぎて休学したい」

周囲がウェイウェイガヤガヤしている中で自分孤立しているのは確かに辛い。

だが周囲をもっと注意深く見回してみろ。孤立してる奴はお前だけじゃないはずだ。必ずいる。お前が孤立しているように俺も孤立していた。ぼっち遍在する。お前はぼっちかもしれないが、一人ではない。

から何だと思うかもしれないが、「一人ではない」ということは「同じような悩みを抱えた奴も一人どころではない」ということだ。それはつまり相談窓口がある」ということだ。

構内のビラ、掲示板大学ウェブサイト…注意深く見てみろ。「相談室」「保健センター」「保健室」そういう類のワードだ。大抵の大学にはこういうサポート存在する。

この手の窓口はまず間違いなく無料だ。たっぷり時間をかけてカウンセラーと話せ。気後れするかもしれないが、安くない学費を払ってるのだからそれくらいやってもらわないと困る。主に俺のような奴が。

ところで、カウンセリングは全てを解決しない。だがカウンセリングを、他者との会話を通じて見えてくるものはある。例えば「自分が何を辛いと思うのか」だ。漠然と「辛い」と思うより具体的に「◎◎が辛い」と掘り下げた方が対処やすい。

例えば「ぼっちなのが辛い」にもいろいろあって、「ぼっちであることで不利益を被るのが辛い」と「ぼっちであること自体が辛い」とではそこそこ違いがある。

前者を更に掘り下げると「休んだ回のノートを借りられない」とか「試験情報共有ができない」とかだ。ここまで具体的な事象に落とし込めばぐっと対策が立てやすくなる。例えば「教員に参考文献を聞いて自学自習する」「オフィスアワーに教員に直接聞きに行く」「ネット掲示板Twitter検索する(大規模な大学学部であれば有効)」などだ。教員は友人ではないが、基本的に味方だ。

後者場合は少々厄介だが、手がないわけではない。人間本質的孤独だが、他者との交流を持つことで孤独感を和らげる生き物だ。ならば他者との接点を増やして交流への足掛かりを築こう。

大学2年生であれば他者との接点は「講義」「アルバイト」「ゼミ研究室(3年次からが多い)」「サークル」「SNS」「学外のコミュニティ」が主軸になるだろう。前2つについては申し訳ないがアドバイスできることが殆どない。何故なら奏功しなかったからだ。これは俺の限界でもあるが、自分限界認識しその範疇でできることをやることも大切だ(自己弁護)。

ゼミ研究室についてだが、増田が今2年生ということは学部・専攻によってはゼミ研究室の話が出てくる頃合いだと思う。少人数ゆえに距離は近いが、同期や先輩との相性に加えて指導教員との相性もあるので、合わない人は合わない。中には一生ものの友人と出会う人もいるが、合わなければさっさと割り切っていくしかない。自分後者だった。あっ、これも奏功してないな?

サークルについてだが、それなりの規模の総合大学であれば「サークルリセマラ」が利く。都市部であればインカレサークルもありだろう。なんとなく興味を持ったサークルにふらっと寄って、なんとなく雰囲気が合うなとか、話しやすい人が多いなとか思ったら残り、そうでなければフェードアウトする。新参が一人来なくなったところで誰も気にかけないので、こちらも気にしないことだ。コミュニケーション能力を高めるより、自分コミュニケーション能力でも溶け込めるサークルを探した方が話が早い。相性もある。あとは試行回数。

自分語りで恐縮だが、俺が大学生活で最も長く在籍したサークルは2年生になってから入ったところだった。集まることは集まるが、互いにさほど深入りしすぎず、孤独とゆるく付き合っているような人が多かったのが俺には合ってたのかもしれない。休学中もサークルには時折立ち寄るなど、サークル存在は立ち直る上で非常に大きかった。

何が言いたいかというと、一つで十分なのだ。何か一つ自分の居場所を確保するだけでかなり違うということだ。俺は講義でもゼミでも孤立していて、教室の前まで来たのにどうしても入れずにそのまま帰ったり、アルバイト募集電話をかけられず断念したり、そういう学生生活を送ってきたわけだが、サークルの片隅に居場所ができたおかげでなんとか致命傷で済んだ。

しかし、例えば増田地方単科大学に在学中だとしたらサークルリセマラはちょっと難易度が上がる。学生数が少ないとサークルの数も少ないからだ。そこで「SNS」「学外コミュニティ」も有力な接点となってくる。今はインターネット同好の士を探しやすい。自分学生時代はmixi全盛期でクローズドコミュニティが多く辛かったが、今主流のTwitterはとてもオープンだ。何より大学の外の人たちは自分視野を大きく広げてくれる。視野とはつまり「なんとかなる」という感覚だ。

大学というある種閉じた場所孤独と向き合うばかりだと、周囲とのギャップ自分がひたすら惨めに思えてくるものだ。だが世の中には孤独うまいこと付き合いながらそれなりに楽しくやってる人たちが実は沢山いる。サークルSNSや学外コミュニティでそういう人たちと出会うことで孤独に耐え得る価値観を知ること、そして「孤独でも案外なんとかなるんだ」という感覚を知ること、それがつまり視野の広がり」なのだと俺は思っている。価値観は柱だ。柱は多い方が頑丈なのだ

勝手に涙が出てくる」という記述について

これは鬱の初期症状の可能性があるので早めにカウンセリング心療内科受診が望ましい。上述した通りまずは学内カウンセラー相談の上で受診検討した方がよいだろう。

休学についてだが、積極的にはおすすめしない。休学は基本的に「問題一時的な凍結」でしかいからだ。それでも心身が休養を要するのであれば一つの選択肢になり得る。ただし、カウンセラー医師家族相談して慎重に決めるべきだと思う。例えぼっちでも学業面に問題がないのであれば休学しないに越したことはない。

俺が休学を決断したのは自宅から出られず引きこもる日が増えた頃だった。学業生活に支障をきたすようになったら一つの目安かもしれない。だがいずれにせよ、自分一人で決めるべきではないというのは間違いないだろう。

==============

いまいちまとまっておらず乱文乱筆で申し訳ない。一連の話はあくま自分生存バイアスを通したものしかないのも重々承知している。人にはそれぞれの地獄がある。ある人にとっては何てことなくこなせることでもまたある人にとっては地獄の苦しみだったりする。

からここに書いたことが全てお前のためになるかは分からないし、保証もできない。何故なら俺はお前ではないし、お前も俺ではないからだ。

だが、自分大学生活のことを思い返すと居ても立っても居られなかった。

自分経験と、それを通じて考えたこと・実践したことをここに記すことで何らかの助けになることを願っている。

2019-05-07

二次創作とは声のデカ大手に気に入られた者が勝つ

二次創作してる分際で声がでかいオタクは何様だよって話だけど事実そうなのだ

拡散力のある声のデカ大手に好まれなければ自分作品は数あるオタク二次創作の中に埋もれていってしまう 勿論輝く才能を持っている人はそれだけで注目されるだろうけど全ての人間がそうではない

ここから自分語りになるが私も大手に気に入られて作品拡散されて一時舞い上がっていた それでと段々自分が書きたいものと違っていると感じ始めたことと、その大手趣味方向性と異なり始めたのでブロ解で縁を切った が、その後はそこそこにいたフォロワーはポツポツ減り始めて作品のビューワー数も落ちていった 結局自分は有名どころの○○さんの推している人だからという付加価値しかなかったんだと酷く落ち込んだが自分なんかその程度だったんだと落ち込んだけど冷静にもなれた そして今年私は二次創作界隈から足を洗う

この世界には中学生から十年ほど浸っていたが昔に比べて横繋がりが重視されているように感じることが増えた コミケなどの即売会は基本サークルの仲間と来てサークルの仲間と帰るようなものだったが最近は会場前の挨拶回転寿司に始まり終了後の大規模アフターなどオフでの関わりが積極的に行われている 内輪ノリと言えば昔からあったがその内輪の規模が大きくなっているのだ 例えるなら中高生グループ活動するテンションがそのまま二次創作オタクの中で行われているのだ 何度か参加したが初めて会うような大勢人達食事をしてもあまり楽しくなかった 正直公共の場オタクトークをし散らかすことに抵抗があったので酒やつまみを飲みくらいながら高速・オタク・語りをするオタク達には少しだけ引いた それでも根はい人達だと思って最後までいた

ここまで書きたいことを思い付くままに書いたせいでまとまりのない文章になってしまったがここまで読んでくれた人にはお礼を申し上げる これはただオタク・横繋がりに辟易して大手と縁を切ったらその囲いにもブロックされ界隈を撤退するはめになったつまらない二次創作オタク独白である 二次創作オタクなんて出版社に見逃してもらってる分際で他人の褌で相撲を取りながら一丁前に産みの苦しみ面をするヤバい奴等(全ての二次創作オタクがそうとは限らない)なのだがもしそんな世界に足を突っ込みたいと思ったら大手に気に入られることをおすすめする

高速・オタク・語り、終わり

2019-05-06

anond:20190506215743

私は立派だしすごいとも思うけど200円は払わない(唐突自分語り

anond:20190506024913

浅はかな主張の材料にされること。同情する私オ●ニーの材料にされること。増田自分語りに使われること。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん