「クソコラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クソコラとは

2021-08-25

anond:20210825115632

イスラム国の人も言ってたな「日本人は5000キロ距離があるからクソコラをつくっても大丈夫だと安心しているのだろう」と

2021-08-18

anond:20210818213650

最初の方しか読んでなかったけどクソコラ音MADの小保方さん野々村さんでふふってなって元気出たわ

久々にあの年代のやべぇ人物まとめでも見るかね

なぜみんな死にたいと思っていないかからない

このところ常に死にたいとうっすら考えているような感覚で生きている

楽しいことがあってもふと「そういや死にてえな」と思い返して楽しさが冷めていく感覚

そしてそれは大体みんな同じような感覚を抱いているんだろう、死にたいと思っていない奴はむしろ相当の楽天家馬鹿の少数だけと思っていたが、どうやらむしろ死にたいと思っている人の方が少数派らしい。

別にいじめられているとかブラック労働がとかじゃない。それなら別にそうじゃない人は死にたいと思わないだろう。理由SNSを始めとする社会蔓延する憎悪があまりに重苦しく苦痛からだ。

最初憎悪の集合を感じたのは例の池袋ひき逃げの件だった。

最初に断っておくとこれから出てくる加害者たちを擁護する気は無い。

もちろん悪い事をした人が悪いのだが、ことある事に槍玉にあげてその都度完膚なきまでに叩く多数をみて「ああ嫌だな」と何となく感じた。

スキャンダルに対してその当事者ネット槍玉に上がったことはそれまでにもいくらでもあった。

思い返せば小保方氏や野々村議員もその例だろう。ただ彼らは音MADにされたりクソコラを作られたりと、もちろん本人してはたまったもんじゃないだろうが、スキャンダルコメディとして消化しようとするものだった。

もちろん、ひき逃げ加害者音MADしろという訳では無い。こちらは明確に被害者がいる以上そんなことが許されるわけが無い。

それでも、一人の人間憎悪対象として消費されるのを見て擁護はなくても同情はしてしまう。

あまつさえ上級国民かいうこれまでなかった言葉まで使って高齢者富裕層まで主語を広げて叩く日には、「フランス革命ラボアジェ処刑した国民はこういう人達だったのかな」と思った。

それからコロナが来てその流れは爆発的に加速したと思う。

オリンピックの諸問題の方々、金メダルを噛んだ市長それがし、不倫した芸人なにがしや声優なにがし等々。取っかえ引っかえの回転寿司状態だ。そしてその度に地獄のようなコメントが溢れる。これを書いてる途中に声優それがしが死にかけているらしい。書いている途中に知ってめちゃくちゃ偶然だが、遅かれ早かれそういうことが起きるのは明白だっただろう。

なぜそんなことになったかといえば、これらの人達は「わかりやす自分関係ない悪」だからだ。

家族上司などといといった簡単には解決できない問題、更にはウイルスなどといった実体のない敵によるストレス人類全体に重くのしかかってくる。「正義をもって悪を誅す」というのはそのはけ口としてとてもよく働く。自分ストレス不安から目をそらすことに精一杯な人達ますます想像力が欠如して盲目になり、ましてや、加害者の心情なんて想像しない。

要はストレス解消のために叩いてもいい大義名分を持った人が求められているのだ。

こういう人達活動自粛したり降板したり表舞台から退いたり、ましてや自殺したら「責任を果たせ」だとか「逃げるな」だとか言われる。

そして決まって「被害者を思うと…裏切られたファンを思うと…」とかがくっついている。その綺麗事大義名分になんの意味があるのか。

「次の悪者が現れるまで後腐れなく叩かせ続けろ」って言え

おもちゃ勝手に逃げるな壊れるな」って言え

大体そういう人たちは何を以て責任を果たしたと認めるのだろうか。謝罪しても当事者でもないのに「誠意が足りない」だの「被害者には許さな権利もある」とかいうくせに。じゃあ目に見えればいいかといえば「金で解決しようとしてる」とか「上級国民が」とか言い出すくせに。

そして死んだら「責任から逃げるな」とかいう。むしろ自分が死の遠因になったという責任から逃げているのはそっちだろう。

開会式いじめがどうとかいミュージシャンそれがしを集団で叩くといういじめの構図をもって成敗した気になっているのは、悪趣味すぎるコメディかと思った。

もちろん自分が知らないずっと前からこういうことはネットリアルわずあっただろう。でもそれはメインストリームではない。

しかし、一億総発信社会/コロナ禍となってユーザーが生成するメインコンテンツ憎悪になってしまった。

そこに需要存在すれば当然供給も発生する。メディア問題があった人たちが如何に極悪人であったかを強調するために過去を漁って露悪的な記事を量産する。

もう現代においてピカソワーグナーのような人はもう出てこないんだろうな。そして悪事はバレたら社会的に抹殺されるのだからますます陰湿になるか一撃必殺になるかのどちらかだろう。

膨れ上がった憎悪関係ない人をも蝕むようになる。こんな社会に耐えるくらいなら消えた方がいい。いわんや当事者にしては想像を絶するものだろう。

から死にたい

こういうことを言うと起こりそうな意見に先に返しておく

・「悪いことをしたのは向こうなのだから当然だろう」「報いは受けるべき」

別に自分は「誹謗中傷はやめよう」とか「加害者にも人権はある」とか道徳先生みたいなことを言うつもりは無い。これは絶望言語化であって啓蒙ではない。

そもそもそんなことずっと言われ続けているのに悪くなる一方なのだから無理なのだろう

個人的にその原因は、歴史的人類は「罰する」と「赦す」を神に丸投げしてきたからじゃないかと思う。

シャリーアを引き合いに出すまでもなく、法とは神が定めた道徳人間にわかやすくしたものだ。神の代弁者執行者として悪人は裁かれ断罪された。逆に言えば、刑期を終えるとは「神が赦したのだから私達も赦そう」という理屈だろう。私刑が許されないのは、同じ理性の範疇内の人間人間を捌くこと自体傲慢で歯止めが聞かないからだろう。

それが現代になって神が死に、ネットによって「罰する」と「赦す」が急に個人個人人間の与えられたら上手く使いこなせるはずがない。何を以て許せば良いのかも分からない。だからこそ憎悪はどこまでも増幅し、終わりがないのだろう。

・「確かにクソなことはあるがネットにもリアルにも善意楽しいことだってあるだろう」

それは確かにそう。実際自分もある程度いわゆるオタクなので「次のイベントが生きる糧」だの「2期を見るまで死ねない」だの思っていた。

でも最近ふと、なぜそれらが好きか理由を考えたら、自分死にたいという感情麻痺させる麻薬に過ぎないと思っていたことを悟った。一回そう思ってしまったらもうそ麻薬は直ぐに効き目が切れるようになった。

・「今のネットに向いてないからやめた方がいいよ」

これも確かにそう。ジャコモ・レオパルディという人も「世間とは立派な人間たちに対抗する悪人もの同盟、あるいは寛容な人たちに対立する卑怯者どものまりだということである。」とか言っている。その通りだと思う。でもネットをやめたとてこの社会に逃げ場なんてあるのか。分断と対立不寛容が加速するこの世界ネットのような憎悪現実にも染み出していることはキャンセルカルチャーなんかを見るまでもなく明らかだろう。情報自体から隔絶された世界仙人のように生きればいいのか。そうしたら確かに死ななくても良いかもしれないが、憎悪を撒き散らす人達が野放図に暮らして、そうでない人が隠れていきなければいけない世界ならますますこの社会はクソだろう。

・「この恨みにまみれた投稿だって憎悪を増やしているだろうブーメランじゃないのか」

その通り。だけど今更ネットデブリひとつ増えたとて誤差だろう。

繰り返すがこれは現実への諦念であって啓蒙ではない。だからこそ聞きたいのは、どうやってこの憎悪の中死にたいとも思わずに生きていられるのだろう?

2021-07-10

自己愛性人格障害オタクごっこをやめた話

私は才能にも恵まれたこともあり、幼少期から俺TUEEEEEな人生を送ってきた。

勉強運動音楽など、適当にやれば平均以上なので持て囃される。親からも。

それが当たり前だった私は、自分しか興味がなく、全ての人間は私を讃えるために存在すると思っていた。

正直、才能のない人たちを見下していた。

しかし、私の能力イマイチ評価されない分野があった。ネット上の2次創作だ。

私は美術の成績は良かったけれどそれは写実的絵画の話であり、マンガ表現や、いわゆる絵心は皆無だった。

小説も嫌いで一切読んでこなかったので、文章力も皆無だ。センター試験国語小説セクションだけ点数が低かった。

オタクのことはキモいと思っていたし、アニメにも興味なかったが、昔からゲームはやっていたのでその2次創作ネットでちらほらと見ることはあった。

そこから興味が湧き、この私の才能なら創作界隈でも無双できるのでは?と思い、長文SS掲示板投稿した。

結果は、賞賛が半分、ボロクソに批判されたのが半分だった。

「こんなに否定されたのは初めてだ。顔が見えないとこうも攻撃的なことを言えるのか。批判した奴らの顔を見てみたい。どうせ、会った瞬間にあっ察しとなるような、キモい見た目と態度なんだろうなあ。

総合的に見ればこの私の方が能力的にも社会的地位でも上なのだ底辺のくせに何様だ。この私を上から目線批判する資格があるのか?」

と思った。実際は、そんな情報相手は知りようもないのだが。

そこから、私はSSを執念深く投稿し続けた。

ツイッターでの活動も始めた。界隈の書き手フォローし、持ち前の人当たりの良さ(初対面だけ)で友好関係を広げていった。

全ては私の作品を称賛させるためであり、相手作品に全く興味はない。だが、さすがにしばらくは人付き合いで他人作品を読み感想を送り、馴れ合いを続けた。

しかしながら、それは長く続かなかった。自作掲示板でこき下ろされるたび、私はツイッターで荒れた。その批判は正当か?とか、批判した奴出てこい直接話せ、とか。

そうでなくても元々私は隙あらば自分語りするタイプだし、他人との交流を楽しむという発想がない。それに加えて暴言ネガティブツイートばかり。当然、周囲は離れていった。

いや、離れる前にこちから勝手憎悪を膨らませ、ブロックした方が多かったか

「この私が作品投稿したのに、なぜお前はコメントしない?

なぜお前はあの作品賞賛する?あの作品より私の方が優れているのに。

なぜ界隈であの作品話題になっている?私の作品の方が先にそのテーマ言及し、クオリティも高いのに。私の作品が当然先に評価されるべきだろう。おい、リツイートしたそこのお前も同罪だ。」

などなど。上記のことは直接発言こそしていないが、匂わせることは言った上で、ブロック

そうこうしてるうちに、相互フォローは一桁になった。

私は次第に精神病み、垢消しして引退した。

だが、数年も経てばそんな感情も忘れ、承認欲求が高まってくるものだ。

私は別の界隈に移り、再度創作活動ツイッターを開始した。

今度は小説だけでなく、絵も始めた。絵心がなく正直ヘタクソだが、小説に比べると圧倒的に反応がいい。リアルタイムいいね数が増えていく快感は私を満足させた。

前回の過ちを繰り返さないよう、私はツイッターはいい子ちゃんぶっていた。そのほうがいいね数を稼げるから

また、作品の内容も界隈に媚を売るようになった。トレンドを盛り込んだり、わかりやす百合要素を入れたり。そのほうがいいね数を稼げるから

元々、人の輪に溶け込むのが苦手な私は、孤高のご意見版みたいなポジションを目指した。実際、「頭良さそうな人」みたいなイメージは持たれていたと思うがしかし、界隈の有力者とは仲良くなれずにイマイチ地位確立できない。

実力で叩き伏せるほどの画力はないし、小説そもそもまりまれない。

次第にいいね数に限界が生じてきた。ヒット作を生み出すも、それが当然のラインとなり以降の自分を苦しめる。

承認が、承認が不足している。何かないか

血迷った私は色々なものに手を出した。クソコラも作ったし、楽器演奏したし、音ゲープレイ動画も作った。だがどれも反応はイマイチ

次に私は、そのゲームアイドルもの)のリアルイベントに行くことにした。

アイドルライブにこの私が行くだと?キモいと見下していたが、まあいい。住む世界の違いを見せつけてやろう。オタクから見れば、何か育ちの良さそうなキレイめな奴が来た、いけ好かねえ。と思われるはずだ。それで私の承認欲求は満たされる。

さて、人生初のアイドルライブだ。

臭い。なんだこの人たち。これは誇張ではなく本当に臭かった。

運動部の男子更衣室のむさ苦しさとは少し違う。オタク特有の臭さだ。ネット上で言われてるようにホント風呂入ってないの?

まあ私とて、夏場の寝起きはこんな感じで脂ギッシュで汚いのだが、そのまま家を出てきたのかこの人たちは?

ライブ自体はまあ楽しかったが、周囲が気になって集中できなかった。

その後も何度か行ったが、やはり周りが不愉快でしんどかった。臭いだけじゃない。行動も発言内容も気持ち悪いし、たむろして迷惑かけたり、なんていうか、幼い。

自分も大概なのだが、自分黒歴史を見ている気分になってしまった。

この中にいると、私もキモく見えてくる。

ライブ終了後の全体写真には絶対写りたくなかったし、握手会も一度も行かなかった。自分自分キモく思えてしまうのが嫌だからアイドル自体に罪はないし、パフォーマンスのものは良かったけど。

かつて私に批判コメントを送っていた連中の顔は、おおよそこんな感じなんだろうなあ。

奴らを見下すことで、承認欲求を満たすつもりだったが、なんか微妙な気分になってしまった。

そして、これまでの自分の行いを振り返り、自分が嫌になった。結局私は特別存在でもない。みんなと同じく、普通キモい人間だ。

これまで俺TUEEEEしてイキってきたつもりだったが、周りからはあっ察し状態だったんだろうなあ。

そう考えると途端に恥ずかしくなってきた。

というか、このプロセスすら、大なり小なり誰しもが経験大人になっていく過程なのではないか

それが遅すぎたのだ、私は。もう、30歳を超えているというのに。

私は2度目の垢消しをして、引退した。

その数年後、結局別の界隈で再開したけど。

今は壁打ち垢のみで、誰とも関わらずに気が向いたときだけ投稿している。

いいね数は一桁。

結局断ち切れていない。でも、こうやって少しずつ大人になっていくんだろうと思うことにする。


コメント頂いたので追記

・顔は平均以上。若い頃はモテたが、しかし中身が幼いので、大人になってからはパッとしない印象。さらに薄毛も始まり現在は美形とは言えない。

理系、一流大学大学院卒、一流企業、既婚。

こう列挙すると嘘くさいが、本当です。

このステータス根拠に周囲を見下していた。

写実的なのが得意とは言っても、そこまでレベル高いわけではない。模写が得意なだけで、2次創作には向かない。背景とか武器ばかりやたらリアルになってしまキャラがお粗末。

こうやって増田投稿することも承認欲求を満たすため。何も本質的に変わってはいない。

拡散されて特定されることを恐れつつも期待している自分がいる。キモいな。

まあそんなにこの記事伸びなさそうだから大丈夫だろうけど。

さら追記

久しぶりだこの高揚感。初めてSS投稿したときのことを思い出した。

自己愛野郎は、賞賛だろうが批判だろうがとにかく構ってもらうことが重要。というかそれしかコミュニケーション手段がない。

掲示板荒らしに構ってはいけないとよく言うけけどその通り。無視が一番効く。

ということで、いい気分転換になった。

ちなみに書いてあることは本当。

↓こっちの記事も私が書いたんだが、少し誇張している。実際は会社では苦戦している。努力を知らないので、大学院を出ておきながら何の知識も積み上げていない。社会性がないので人脈を築けないし、成長も遅い。でも年功序列人手不足に助けられ、ヒィヒィ言いながらも管理職としてなんとかやっていけている。

https://anond.hatelabo.jp/20210710112952

私の両親も似たようなタイプで、顔と才能で一切挫折せずに生きてきたようだ。私が子供の頃は私と一緒になってよその子を見下していた。私が就職決まったことを告げると、即、私の目の前でその企業就職偏差値検索し、上位であることを確認し満足していた。

いわゆる毒親なのかな?と思いつつも、別にそうは思わない。別に嫌な思いはしてないし、仲もいい。私がこの先も勝ち続ければいいだけの話だ。

しかし、私自身は子供を作る予定はない。人格面を育てられる自信はないし、才能だけで無双できる時代でもなさそうだし。不幸にしてしまいそうで、怖い。

2021-06-11

パロディには愛とリスペクトがなきゃダメ!」とか例の抗議文上げてドヤってる人いるけど、木滅のコラ画像大会とか○○クソコラグランプリとかやってた人達が何言ってんのって感じ

(元ジャンルロクに知らないまま参加してた人もいっぱいいたよね)

結局「俺好みのヤツ」=「愛がある」なだけだろってなる

2021-05-26

FGOウマ娘気持ち悪いっていうなら大河ドラマは平気なの?

あれも偉人名前と実績と名声を借りてるけど、ビジュアル原作無視してイケメン人気俳優起用、話も史実無視でアレコレ付け足した挙げ句ワープしたりと何でもありじゃん。

作品空気日本ドラマ特有のとりあえず叫ぶ、とりあえず顔芸、キレ散らかしたりつまらギャグを入れたり、歴史上の人物を本当に尊敬してるとは思えない要素てんこ盛り。

しかもなまじっか国営放送普通にやってるものからその嘘っぱちを本当だと思いこむ奴らが続出してイメージに変な影響が。

その点で考えると完全に別物として魔改造してるキモオタ向けアニメゲームある意味まだマシというか、実在した信長美少女だったと言い張る間抜けなんて流石にいないし、諸葛亮ビーム撃つと思う輩だっていないわけで。

まあどっちにしろよくやるよね。実在した人物キャラクターとして消費って。

そもそも地方自治体博物館とかでも平気でゆるキャラ化して玩具にしてるのはどうなんじゃろ。

プーチン金正日クソコラを1000年越しに作ってるような侮辱行為じゃねーのかなあれは

2021-04-22

なんだかなぁ

スバルが社内でクソコラ作って遊んでた話してたけどあの時ってすいせいやみこが人気なくて泥水すすってた時期で辞めようと考えてたわけで

一方は社内で遊んでてもう一方は引退を考えてるってなんだかなぁ

かに本流じゃなくて別グループステルス扱いだったから別だったんだろうけど

2021-04-17

私はクソコラが嫌いだ

私はクソコラが嫌いだ。

ネットに数多存在するクソコラを見て笑えていたのは過去の話だ。

笑えなくなったのは私が間接的に「される側」になったためであり、この記事にはそれに関した懺悔の思いも含まれている。

この記事はいわゆる「お気持ち」であり、二次創作への個人的価値観もあり、また、製作であるが故に匿名にせざるを得ない情けなさをないまぜにした長ったらしい愚痴である

=====

インターネットには実写、イラストわず無数のクソコラが転がっている。

まだましなもの人物を雑に切り抜いて別の背景に合成したり、当事者から許可の降りているコラージュだ。(ぼっさんなどが最たる例だと思う)

故に、私がここで明確に「嫌い」とするクソコラは全ではなく、「製作者側の許可はなく、二次創作範疇であり、且つなんらかの二次的影響を波及させるものである

正直、公式画像使用している時点で本当に二次創作範疇であると言えるのかは微妙であるが、製作側が直接注意をしないのであれば黙認の範囲なのだと思う。

以下記事内でクソコラというワードが出た場合は、このように対象限定したものであるということである

 

また、大きめの主語となるため特定などに意味はないとは思うが、大なり小なりフェイク部分を混ぜることをご容赦願いたい。

(このような稚拙一方的な狡く読みづらい文章を読む物好きがいればの話であるが)

これは例えの話である

あるアニメにおいて、至極真っ当なキャラクター存在する。

そのキャラクター作品内では比較的人気は高くなく、しかし嫌われているわけではない。

性格や設定にある程度の尖りはあれど、それは創作キャラクターにおいては大して異様な特徴ではない。しかし、その少々尖った部分がそのキャラクターに深みを与え、個として際立たせているポイントでもある。

このようなキャラクターなど無数にいると思う。むしろこちらの方が基本的には多いはずだ。

こうしたキャラクターが、時にクソコラの餌食となるのだ。

 

今まで見てきた犠牲者達のパターンはいくつかある。例を挙げると、

画像の頭部を切り抜かれ、実写や全く異なる体型の別キャラクターの頭部にすげ替えられる

身体の一部を過剰に変形させ、原型からかけ離れた骨格になる

名称の似た別のキャラクターと融合させる

二次創作で誇張されがちな尖ったキャラクター性をより強調して変態性へ改変する

etc.

しょうもな……

問題はこれらのクソコラ犠牲者達が、前述の通り「作品内では比較的人気ではない」部分にある。

もしこのクソコラ対象がその作品で最も人気のあるキャラクターで行われていたとき不快感を顕わにする人々は多くいるし、それを声明する。

しかし、往々にして比較的人気のないキャラクターの数少ないファンたちは、これらのクソコラを楽しむ「実はそのキャラクター自体はどうでもいい大勢の人々」を前に閉口することがままある。

「言っても仕方ない」、「水を差したくない」、「自分が見なければいい」くらいの気持ちであると思う。

私もそうしたいと思っている。

 

こうしたクソコラにはさらに先の問題存在する。

それは、「キャラクターイメージの改変」だ。

少し前に、二次創作におけるキャラクター改変を糾弾する文章投稿され、話題になった。

私は該当の記事の(過激言動はともかく)内容については同意できる部分が多かった側だ。

二次創作をするにあたり、元のキャラクター性を捻じ曲げる行為は、それが必要でなければすべきではない……というべきか、「二次創作である意味が無い」というべきか……

 

特定キャラクター性を捻じ曲げたり、極端に誇張したりした作品群が広く認知されたときファン間においてあまりにもあんまりだと思える状況が起こる。

『(該当キャラクター)って、〇〇(クソコラによって付与された改変)だよね』

このキャラ改変が単独同人作家によるものであれば、作家性がついて回るためある程度「二次創作である」という感覚視覚的にも制限を与えてくれる。

しかし、クソコラは“公式画像使用している”という部分があり、故に“誰が作っても視覚的な作家性が希薄になる”のだ。

 

どういうことか?

Twitter蔓延する漫画の数コマの改変コラ画像がよい例である

その改変コラ画像は、誰が作ったものであるか、パッと見て判別できるだろうか?

少なくとも私にはできない。

そしてできないからこそ、製作者以外の人間別所使用拡散するし、更にその作家性は限りなくゼロに近づいていく。

作家性がほぼ失われた二次創作であるコラ画像が高い認知を得たとき、それは一定概念となって読者やプレイヤー認識に擦り込まれしまう。

これが最大の問題だと私は思っている。

変態ではないキャラクター変態とされたり

決して筋肉質ではないキャラクターがムキムキマッチョとされたり

言ったこともない台詞がそのキャラクター代名詞とされたり

……

そしてそれらの認識ファンの間で“常識”になる。

そしてとき無能製作側がそれを逆輸入する。

そのキャラクターを好きな者、製作に関わった私からしたら、かなり“““嫌”””なのだ

もし私がこの吐き出しを行う切っ掛けになったキャラクタークソコラが、「1人1回くらい」のものであれば何も感じなかったと思う。

ここまで汚物を垂れ流しているのも、そのキャラクタークソコラを年単位で作り続けている者たちが存在するからだ。

真っ当に作ったキャラクターが、そのクソコラによって「変態キャラ」にされているからだ。

 

この感覚はおそらく、「そのキャラクター純粋に好む人」「製作側になった人」にしかからないのだと思う。

実際、そうしたクソコラを笑って楽しんでいた人物が、己の最も好きなキャラクターにその歯牙がかかった途端に不快感を顕わにしたのを見ている。

 

クソコラに愛はなく、愛あるクソコラ存在しない。

そこにあるのは自覚のない悪意だけだ。

そのキャラクターは、お前のものではない。

 

何故ここまでこれらクソコラ嫌悪するのか。

それはかつて、クソコラとは言えないが若輩の私は知り合いの創作キャラクターを改変して遊び、当事者に苦言を呈されたことがあるからだ。

そのときは戯れのつもりであった。そのとき申し訳なかったという気持ちはあった。

が、いざ、しかも全く面識のない人間の手によって「される側」に立ったとき、愚かにもようやくその苦しみを理解してしまった。

ここ数年、私はそのことについてより深く反省し、恥ずかしかったと思い、思い出す度に身悶えするような懺悔の思いに苛まれている。

おそらく当該人物はもう気にしていないとは思うが、かといって許されたわけでもないと私は独り悔やんでいる。

これは自己嫌悪と、自己投影による己かわいさの苦しみによって引き起こされている嫌悪感の吐露だ。

 

よりにもよって商業方面での製作側になったため、そのキャラクターの全権を持っているわけではなく、個人的に釘を刺すことも出来ず、Twitter愚痴るのも都合が悪く、こうして匿名に甘んじている。

 

コラージュをやめろとは言わない。言えない。

ただ願わくば本来キャラクター尊重された上で二次創作が行われるようにならんことを。

 

 

[追記4/18]

記号については私が変えればいいだけのことに思えたので消した。

 

かに何かを強要している文章ではないし、反応に対して何か返すことはしないと思っていたが、私の文章の拙さ故に明らかに読み違えられていそうなことに関してだけ補足。

「人気キャラクタークソコラされない」のではなく、「人気キャラクタークソコラに対してはキャラクターを好む人間の母数が多いため不快感を口に出す方もそれなりに現れる上、人気キャラクターであるが故にクソコラによる二次創作認識は拡がっても同時にそれが公式ではないという感覚も伝わりやすい」ため、私が嫌悪している(記事内における)クソコラ群とは少しばかり性質が異なると考えている。

あらゆる事物には例外があることも理解している。

私がここでクソコラと呼んでいるのは、あくまで「人気が無い故に歯止めの利かなくなっているコラ画像」であって、すべてのクソコラではありません。

[追記ここまで]

2021-04-01

anond:20210401121347

イカスかとしあきクソコラ公式化した上で公式ファンもしっかり共存してうまいこといった現場猫が稀なパターンなんだなって

anond:20210401131552

元々男性の方が社会性が無い人が多いけど

そういう人が一般社会に馴染めなくてオタク世界を逃避先にしている、って率が高そう

その手のは逃げてきてるだけだから元々オタクとしてのスキルもろくにないのが多いだろうし

クソコラ動画なんかは技術なくても作れるからそういうのが出てきてイキるけど

絵描くのはスキルいるから、ウマ娘はイキってエロ描くのがあんま出てこないのかもね

絵師として稼いでる人ならくだらないイキリで垢停止されたら困るもんな

anond:20210401121347

そして公式が「MAD動画クソコラ?大歓迎!素材あげちゃうよ!」って乗り気だったりすると

逆に「寒い」って批判するのもセットで

公式の「やめろ」は、人々にとっては饅頭こわいでしかない

或いはダチョウ倶楽部鉄板コント、「押すなよ!?」か

そういうのをカリギュラ効果と言うらしい。

たとえ話をしよう。

CAPCOMの青いロボットゲーム(9作目辺り)の主題歌がある。

その曲の心地よいリズムに合わせて、異常性癖者が金玉を振り回す動画を合わせたクソコラ動画を、どこかの界隈が作った。

作曲者は怒った、「品性を疑う使い方はやめてくれ」と。

するとどうだ?彼等は更に動画を作った。作曲者の怒りの言葉揶揄してそれらを「品性」「はい品性」と言い、完全にネットミームとして固着させた。

作曲者は黙るしかなかった。


とある漫画家動物たちの日常漫画を描いた。

その漫画キャラたる少々ブサイクカエルが、「最高にキモチェェェ!」的な事を口にした。

そこから、何故かその国の右翼(それも俗に言うネトウヨネオナチじみた、過激下劣な連中)が、自分たちシンボルとしてカエルアイコン化した。

クソコラによりカエル原作では言ったことのない差別発言過激リベラル思想発言をし、彼らのシンボルを持って振りまくキャラにされた。

作者は悲しんだ、そういう使い方イクナイと発表したり、悲しみを述べた。

でも現状は変わらなかった。だから作者は作中でそのカエルを死なせた。

それでも現状は変わらない。

カエルの亡骸は掘り起こされ、アンデッド、或いは亡骸を機械化したサイボーグとして生き返され、未だ彼らの思想暴力に用いられる兵器にされている。



公式が「やめろ」というのは、反逆心を駆り立てるだけなのかもしれない。

2021-02-12

anond:20210212090521

JOCって見聞きしたらJCO?まぜまぜしててチェレンコフ光被曝を思い出してドキドキするし、貨物列車コンテナJOTみたら吊端激彦てジャパンオナニストレンメイ名乗ってクソコラム書いてた人思い出してニチャアしてしま

2021-01-14

anond:20210114153728

フリゲ作ってるから増田気持ちすごく分かって辛くなった

べつに利益欲しくてやってるわけじゃないけど作品踏み台にされてるみたいで何か嫌なんだよ

俺も自分作品キャラとそのVtuberコラボイラストみたいなの見かけて何かすごくモヤモヤしたことある

あとサムネクソコラ化されてたりとかも正直キツい

かといって実況は一番素直な感想が見られるから禁止にもしたくないし

どうにか上手いこと折り合いつけられる案欲しいよなあ

2020-12-30

思うにサプライズプレゼントやめたほうが良いのかもしれない

まず俺は童貞KKOオタクだ、女性気持ちなんてわからないし、フェミの皆様から童貞KKOオタク故にレイプ擬人化扱いされ最優先攻撃対象として殴られる存在である

エッチ動画漫画でよくシコる女性の敵だ。日本女性主権国家になったら真っ先に拷問され処刑される存在と思われる。

そんな俺に一生縁がないであろう女性へのプレゼントについて、なんかいつもどおり男と女喧嘩するための議題となっていたのが目についた。

「その……これ……」とかそんな感じで4℃写真うpり、男や言動をよく思わない女(推定)に叩かれた所、某鬼を斬る漫画会議シーンのクソコラ煽り返して来た為、更に燃えたそうな。

で、4℃?なるモノはどうにも女性からしたら地雷らしい。調べてみた所、その4℃とやらはジュエリーショップらしい。

女性の皆さまがやたら敵視し、コレを送る男は地雷だとかセンスが無いとか言うのでさぞかしダサイのだろうと思い見てみたら……普通に綺麗だな、オイ。

いや待て、恋愛なんてエッチゲーム漫画しか知らない童貞チンポコ野郎だ、俺が綺麗だと思っても女性の皆様からしたら醜いデザインなのかもしれないし、

ジュエリー界のファストブランド(ユニクロみたいな安いけどそこそこセンスのいい普及品ブランド)とかそういう感じで軽く見られてるのかもしれない。……いやでも綺麗だなこれ…いいなぁ…俺が欲しい……。

話がズレた。で、ググる4℃贈られたから別れたとか、メルカリヤフオクに即出品とかそういうのが多い。

思った。「サプライズで突然渡せば女の地雷踏むのも多いのでは?」と。

いや、普通に「何が欲しいスか?」って聞くと何が欲しいかわかるじゃん、「何が地雷スか?」と聞けば何渡しちゃ駄目かわかるでしょ。

本当は男とリンゴを一緒に買ってほしいの…♡なんてヒネくれた回答する様な人間じゃなきゃ、教えてくれるんじゃないの?付き合ってるとか結婚前提のお付き合いしてるならなおさら

いやまあわかんないけどさ、俺童貞KKOキモオタだもん。

かにサプライズプレゼントは嬉しいだろうけど、喜びか嫌そうな反応のバクチじゃんぶっちゃけ

油田が欲しいの♡」「あなた内臓が欲しいの♡」みたいな無理難題言われたらレベルが高すぎる女か、マトモに付き合う気が無い女ってわかるだろうし。

いや俺に女心わかんないけどさ、童貞KKOから

確認したほうがいいんじゃねぇかなあ、やっぱ。

まー、KKO童貞キモオタチー牛の俺には関係ないんスけどね、ガハハハハ!

俺の代で御家断絶だよ畜生!!アハハ!!!!!

今思えば何であの絵師らが燃えたのか分からない

具体的に言えばモナアイスを上手く食えず彼氏の出勤前に奇妙な儀式を行うバカップル漫画を描いていた人と

クリックして拡大すると透かしで別絵になるやつをよく描いてた抽象的な絵を書く人

あとは不甲斐ない人間に怒り叱る猫の人だ

ここに元恒心教徒現在風刺皮肉絵ばかり描くスル○ロックを加えた四人がよくツイッターを燃やされ、スパム報告によって凍結させられてたが

ぶっちゃけス○メロック以外何も悪いことをしていないのではないかと思う

バカップルも透かし絵も叱る猫も、特定層がただ「気に食わない」「キモい」「痛い」と思っただけで燃やされ、ネット民クソコラの素材やオモチャにされてた被害者だと思う

なのに、未だその絵師への攻撃が続き、凍結させようと必死な者もいる

彼らがその特定層へ暴言を吐いたかと言われれば、全くそんな事は無い

(ただし透かし絵の人だけは無断転載なりすまし剽窃への怒りをにじませる絵を描いた事は多々ある、スルメ○ックのように皮肉系の絵もよく描くし)

でもなぜか彼らは燃やされ、悪の組織のように扱われ、叩かれた

謎だ


こういうエントリを書くことも、この絵師らへの攻撃に思えるかもしれないが

俺はむしろ彼ら(○ルメロック以外)に同情というか、ここまで叩かれるのはおかしいと疑問に思っていた

からこれを書いただけ

2020-12-25

4℃プレゼントの件、信頼できると思ってたフォロワーが軒並み

「女はプレゼントをもらったら喜べというのか!」と明後日の方向で論破したつもりになっててすげーがっかりする

そういう問題じゃなく、わざわざ写真に撮って全世界に公開して嘲笑うという行為がどうかと言われているのに

そこのところは全く無視

くれた相手が全く親しくない相手かというとそうでもなく、クリスマス前に食事して3000円のコーヒーを送る程度の仲らしいし

そんなら直接言えばいい話じゃん

言ったら逆上されそうだというのなら、そんな相手とはそもそも友達付き合いするな

ていうか30代以降で4℃カナルのアクセサリーが好きな女性だって大勢いると思うんですけれど?

デザイナーインタビューでも20~30代向けってあったしな

デパートに行けば普通に30代以上の客も大勢いるブランドに対して「高校生向け』と決めつけるその感覚が分からない

大体あのアカウント晒しを抜きにしても鬼滅の刃クソコラで喜んでたりして全方位的に悪でしかないよ

2020-12-14

anond:20201213232659

そういうのはツイッターで言いなよ。

言ってる事は正論だし間違ってないよ。でも匿名ダイアリーで言ってもクソコラしてるような連中には響かないんだわ。

2020-11-07

鬼滅のクソコラ

だいたいはネット悪ノリだなと思ってみてるけど、それで説教くさい主張してる奴はさすがに「無断転載してる分際で偉そうだな」としか思えん。

2020-11-04

かにその創作が気に食わなかったのは認めるけど

その絵師を「キモいから」と凍結させたり、復活後も絵師漫画描くとそれを茶化すクソコラ作って本人にリプライで送りつけたりするのは

流石に頭がおかしいとしか思えない

モナアイスをまともに食えなくて出勤前に変な習慣あるだけのバカップル漫画描いただけなのに、なんかひどくないか

風刺や透かしのトリックアート描いてる某アボカドも同じ、創作が気に食わないということでファンまで罵倒し、垢凍結を何回もさせてる

これやってるのが女嫌いのミソジニーか、先鋭すぎる狂気フェミか、人の創作を壊すのが大好きななんJとか、烏合の衆ツイッタラーかは知らんけど

フェミの人が言う「性的搾取」や「眼差してる」やつじゃなくても、ミソジってる人が言う「棲み分け出来てない腐女子」「白ハゲお気持ち」「嘘松嘘柱」でなくとも、ただ気に食わない創作だったというだけで迫害される

息苦しいし、ヲタ萌え絵なんかよりこの流れが一番気持ち悪いわ

2020-09-07

「一周目終わったらハミルトンはパルクフェルメ直行でいいよ」などと言っていたが、昨日のイタリアGP面白かった

最近F1よりもF2の方が面白いなと見てたけど、誰が勝つかわからないのがいいよねやはり

ポディウム常連ハミルトンサインミスで30秒近いペナルティを受け、ボッタス、タッペンマシンのパワーが上がらず不調

そんな中で先週も頑張っていたガスリーと先週走れずに絶望した姿をカメラに見せたサインツ、そして赤旗予知たかのようにステイアウトを選んだストロールの三人が表彰台

誰が勝っても初優勝というところで非常に盛り上がっていたが、ここの写真クソコラと言われても仕方のないメンツだった

しか最後尾に落ちた後怒涛の追い上げで8位入賞ハミルトンは、普段どれだけ抜いて走ってるのかと

こんなのがPPにいるんだからなぁ・・・そりゃ他のチームは勝てませんわ

2020-08-30


最近オタクがやたらヨイショしてる(イメージがある)、木村昴という人物が苦手である


個人的意見だが、この男、ツイッターが悪い意味でそのへんのオタク臭い

書き出したらキリがないし変な奴に叩かれたくないので省略するが、決定的に無理だったのがこのクソコラ。経緯まで含めて。事務所のチェックとか入らないの?

https://twitter.com/GiantSUBAru/status/1249172590964486144?s=20

ネットで拾ったっぽい感じの写真を載せてたり、漫画セリフ差し替え投稿してたりetc…とやってる事がアレすぎて、マジで最初は有名な一般人なのかと思ってた。Youtuberとかそういう。事務所、これでいいのか、マジで。持ち上げまくってるファンもそれでいいのか。

同じような事をやっている声優芸能人は他にも居るのかもしれない。ただ、この人の場合はやたら目に付く。あと全体的なノリが苦手。でもウケてるんだろうな、どこが好かれてるのかは知らんけど。

2020-08-26

anond:20200825103218

スパチャの話題が盛り上ってるので乗っておこうと思う

スパチャを投げている人には2種類いる


どちらが多いかというと圧倒的にコンテンツに対する対価として払ってる人だろう

コンテンツお金を払わなければコンテンツが死んでしま

コンテンツ価格はいくらが適正かは払う人が決めるのである

スパチャ読みもテレビ提供読み上げと同じだ

スパチャは基本的金額コメントに表示される色が変わるが、1万以上払った場合に表示される赤スパは1時間配信の中で1人か2人ぐらいだろう

投げられる額は圧倒的に500円や1000円といった金額が多い

例外としては誕生日等の記念日配信した場合

スパチャ1位の桐生ココが3Dをお披露目した記念枠では1時間で累計で1000万のスパチャが飛んだと言われている

ちなみにこの放送では10万人超の同接(リアルタイム視聴者数)を叩き出し当時のVtuberとしては圧倒的1位の記録だった

https://www.youtube.com/watch?v=9a7_lq72xlk

どういったタイミングスパチャが投げられるかは後は配信者毎の文化になる

たとえば同じ桐生ココの文化では配信者がトイレにいくと100円の青スパを大量にされ水を流すという遊びが行われているらしい

メッセージ名前を読んで欲しくて貢いでる人はどんな人かというと有名なのは昆虫食おじさんだろう

色んなVtuberスパチャの限度額である5万円で赤スパを投げコメントに「昆虫食べてほしい」と書いているおじさんがいる

他にも無言で5万円のスパチャを投げつづける人とかいておそらく石油王か何かなんだろう

最近ホロライブに加入した5期生配信では初のスパチャ解禁で大量のスパチャをされた結果、スパチャ読みを3時間させられ喉がやられた人も出た

結果として他の新人スパチャ読みではなく画像にしてまとめて御礼といった方法をとったり試行錯誤をしている

https://www.youtube.com/watch?v=mdCLfvdkG24

https://twitter.com/yukihanalamy/status/1297083709263237121

2年以上実績があるホロライブVtuber でも試行錯誤なのは現在爆発的にホロライブの人気が高まっており、想定されない量のスパチャが飛んでるからである

つい2週間程前にデビューしたホロライブ5期生チャンネル登録者数が20万を突破したり同接も初配信10万、通常の配信でも2万といった異常と呼べる状態が続いている

会社のにじさんにも同じタイミング新人デビューしてるがこちらは登録者10万未満で同接も6000程であり比べるとホロライブの異常さがわかる

ホロライブが今Vtuberで人気なのにはいくつか理由がある

まず1つは切り抜きといわれるユーザー配信おもしろかった所だけを切りぬいて自分チャンネル動画として投稿してそこから認知されていくパターン

ユーザー無償宣伝してくれるのだ

https://www.youtube.com/channel/UCkZ8g26jWgbf5q5yqm5AM-w/videos

次にこれをVtuber自信が行なった朝ココと呼ばれる配信

桐生ココがデビューの翌日から毎朝6時に行なっていた配信で、ホロライブで前日に配信された動画の中からおもしろかった所を切り抜いてニュース風に紹介していく

桐生ココがネイティブ英語をまじえながら話すので海外視聴者がここから認知していく

最近では桐生ココがホロライブ公式redditクソコラ配信でいじる事で海外勢も配信に参加できるようになって認知度が増えている

戌神ころねの長時間レトロゲー配信海外ユーザーにバズって海外視聴者の導入先となっている

ころね本人は英語をしゃべれないのでほぼ日本語だけでの配信だが「Hey Guys」と呼びかけるとコメント欄に大量の海外視聴者(英語コメント)が発生するような状況だ

他にも兎田ぺこらのキッズに向けた配信子供視聴者を増やす要員となっていると言われている

夏休みの期間は昼間に配信したり、オーバーリアクションなど Yoututber の配信に近いのではないだろうか

長くなってきたので次はホロライブにじさんじの違いについて述べたい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん