「多面的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 多面的とは

2020-09-14

anond:20200914142938

> 入試学力試験一辺倒ではなく、スポーツ音楽芸術の才能があるとか、ボランティア地域貢献をした実績があるといった多面的評価基準を作る。

こういう文化的資本を前提とした評価基準だと絶対的金持ちのほうが有利になる。

スポーツ音楽芸術子どものころから習わせないとダメだし、ボランティア地域貢献も一定以上の社会階層でないとアクセスできない。

まだ勉強一本勝負のほうがよい。

anond:20200914142938

スポーツ音楽芸術の才能があるとか、ボランティア地域貢献をした実績があるといった多面的評価基準を作る。

これはむしろ格差を拡大する方向に行く。

スポーツ音楽芸術しろボランティア地域貢献にしろ、裕福な家庭の子でないと出来ないから。

どうやったら格差をなくせるのかな

課金ゲーム化」する東大受験学歴は結局、資金力でほぼ決まる

https://nikkan-spa.jp/1698451

これは格差を固定するからよくないと思う。

なんとか格差の緩和策を考えたい。

東大側が出来ること

貧困家庭社会的に恵まれないバックグラウンドを持った受験生には、その分の特別点を入試の点に加算する。

入学後も学力的についていけない場合は、成績評価の際に貧困度やバックグラウンド考慮して加点して評価する。

入試学力試験一辺倒ではなく、スポーツ音楽芸術の才能があるとか、ボランティア地域貢献をした実績があるといった多面的評価基準を作る。

・恵まれた家庭の親が出来ること

格差を少しでも緩和するため、子供を中卒か高卒就職させるように努力する。

どうしても子供大学進学したいと言ってきかない場合は、専門学校我慢してもらうか、BFランク大学入学させる。

特に格差問題を批判している教授政治家が、率先して自分の子供の代で格差解消して範を示す。

2020-09-04

anond:20200904094845

男は売れっ子になるかもしれないブスと付き合ったりしないよね。

これから大手企業就職して金持ちになるかもしれない高学歴のブスとも付き合わない。

女は男の顔も金もその他いろいろ多面的に魅力を見るけど、男は女の顔しか基本見てないか

女でブスに生まれたら勉強頑張っても仕事頑張っても男に相手にされる可能性はゼロ

まり男のブスのほうが女でブスに生まれるよりはましということだよ。

2020-08-19

anond:20200819122604

話が主観的すぎてなんとも言えない。

姉が怒るに至る心理的背景も、喧嘩の具体的なシチュエーションもわからない。

客観的に見てどんな様子なのかもいまいちからない。

あげている事柄も、食べ方が汚い、怠ける、服装ダサい、人見知りがち、進学先の偏差値が低い等、

わりと至るところで聞かれるものが多くて、程度にもよるがそれだけで異常だと判断できかねるものばかりなので、安易同調していいもの困惑した。

(程度によるので実際にあってみれば自分も「この人はおかしい」と感じる可能性はある)

読む限りお姉さんは人一番無気力クズに見受けられるが、いくらF欄とはいえ四大をつつがなく卒業新卒入社した会社に結局今も勤めているところからして、社会に順応する能力はそれ相応以上とも解釈できる。

で、それを覆せるだけのインパクトのあるエピソード増田を読む限り残念ながらなかった。

世の中には大学高校不登校になってそのままドロップアウトするような奴もいるし、

Fランなのに留年するような奴や近年の売り手市場でも現役で内定もらえなかった奴、

中学から大学まで一切友だちいないような奴、

何したらそこまで疎まれるのってぐらい騒然ないじめを受ける奴、

簡単なはずの小売り店アルバイトを試用期間で首にされる奴、そもそもその面接で落される奴、

3日に一回しか風呂に入らない女…

とまあお姉さん以下の属性を持った人はいくらでもいるし、そういう人たちもなんだかんだ社会の中にすぽっとおさまって生きていられてる。

正直言うと増田ブクマカの傾向から言って、毒家族問題という体裁自分が如何に疲弊しているか相手がどれだけ醜劣かを強調すれば、内容関係なく書き手に同情的なレスポンスは寄せられる。

意図してか無意識かはわからないけど増田もそれ(同情的なレスポンス)を期待して投稿したのは読んでいてわかった。

わかったしこれが作り話でないなら、確かに貴方フラストレーションを溜め込んでいておおよそ健康的ではないと認められる。

でも話を合わせてくれる人を選んで、取るに足らないと思われかねない話をだらだら羅列していくのは、リアルに誰かの助けを必要とするとき問題解決したいと本気で思ったときに不利になるだろうから辞めたほうがいいよ。

気を抜いて愚痴るのは悪いことではないし、それが嘘か本当か自分は気にしない。

しかしながら増田が冷静で客観的かつ視野が広く、青年として申し分ない含蓄があり物事多面的に見れる、そういう信頼に足る人物だと思わせたいのなら

こういった場でこういった語り口を選ぶのは適切ではないと思った。

2020-08-10

anond:20200805010054

異性に対する理解があまりにも未熟。

こういう生き方を選んでしまうと、異性を多様な精神性をもつ人間として見ることができず、ひとつ動機のみで行動する機械のように見て理解した気になる。

相手自分とは異なる欲求システムを抱えつつ知性も理性も情も愛もある複雑な動機を持つ人間ということを理解する必要があるし、

そこを理解した後に、生活習慣や社会観や倫理観宗教観人生観ともちろん性に対する意識などでお互い譲れない部分でぶつからなければようやく結婚という可能性が見えてくる。

異性の多面的な内心に寄り添えないのでは男女関係スタートラインにすら立てていない。

2020-07-27

anond:20200727095750

増田があげているいくつかの項目においてハト生得的に人間以上の能力を持つけど

人間である増田ハト

 

鳩「ヒトカスざっこwww

 

って言われても腹立たんやろ。スルーする

鳩が重要視していることを人間は必ずしも重要視しないからだ

 

それと同じで増田定義する頭の良さとやらで煽られても多くの人はスルーする

増田重要視していることを必ずしも他の人は重要視しないからだ

 

また知能とは多面的ものであり一面からどうこうジャッジできるものでもない

2020-07-25

anond:20200725223960

しかに!死者が少ない状態蔓延すればだんだん多面的免疫を獲得して一番良いパターンになるのか

2020-07-22

anond:20200722084634

人間」であり「性処理の道具」だよ。

人間って、多面的存在から、性処理の道具として使っているからって即人間扱いしてないってことにはならない。

2020-07-17

anond:20200717125933

でもさあ、ネタバレ良くない配慮すべしってのはそうだと思うけど、言うほどネタバレ食らっても感動体験の質は変わらなくないか

結果に至るまでの過程とか、演技とか、演出とか、そういう細部に神が宿っているから人は感動するもんだと思うし。

から、俺は実際見たときに事前知識関係なく初見おおっと映像に圧倒されるし、なんなら見ているうちに没入してバレ内容は頭から消えてる。

こいつが犯人みたいな分かりやすいバレの類ならちょっと気にして見ちゃうかもしれない。

でも口頭で伝わる情報量なんてたかが知れてるしそもそもレトークの内容は「その人の見方」にすぎんよね。

実際のストーリーってもっと複雑で多面的見方ができるもんだったりするから、人の話をそこまで信用せずに自分の目で確認する、ってスタンスなのも俺のバレ耐性に有利に働いてるのかもしれない。

問題があるとしたら、「バレ食らったからもう見ない!」ってタイプの人かな。でもそういう人はもとからそんなに見る気がなかったんじゃって気もする。

2020-07-09

anond:20200709100617

全面的同意だし、まあ結局は溜飲下げなんだよね。

嫌なことなんでもかんでも性差別帰着させようとするけど、ジェンダーロールにしたって双方向的な問題なのに被害者面でゴリ押しすることしか考えてないし。

よく父親をガキ扱いして「我が家には大人は一人だけなの…?」みたいなのあるけど、サンドバッグに甘んじながら父親やってる奴はむしろ大人に見えるし、そこに無自覚母親のほうがよっぽどガキに見える。

多面的に見ればどっちも同じくらいガキ臭いはいるんじゃないですかねって言いたくなる。

元増田はそういうとこ冷静に見れてるし立派に親やれる人だと思う。

anond:20200709160915

ちゃうねん、国家というもの多面的なんや

歴史はこの時代から残ってる」

民族に着目すればこのあたりで血統が固まってる」

土地を見ると現在国境線が決まったのはこの時期」

現在行政組織ができたのは第二次世界大戦以降」

いろいろあるわけやから

2020-07-07

私は感想屋にすらなれない

オタクお気持ち文章です。

スパッと介錯してくれ、死なせろ。

まず増田感想屋の話題があり

https://anond.hatelabo.jp/20200629213448

おけパ中島がバズリ

https://twitter.com/sanada_jp/status/1269465337675698176

闇の感想屋(漢字やばい方)が炎上した。

https://anond.hatelabo.jp/20200706042509感想屋そのものには誘導したくない)

要約すると、

『とても文章力のある感想書きが界隈を席巻してしまった』という内容の愚痴増田話題になる

神字書きと字書きを題材にした創作漫画登場人物『おけけパワー中島』に注目が集まる

有償ポジティブ感想を書きますと言いだした『感想屋さん』を名乗る人物が、サービス内容の不備や文章稚拙さおよび返金対応への不誠実さなど千々に炎上

ここ一週間ほどの間で、以上のような文脈が発生した。

この結果、感想屋という文言に幾つかの意味合いが発生してしまい混乱を招いたり、炎上したものと似た屋号サービスへの悪影響が心配されたり、純粋な長文感想書きが誤解から心を痛めたりしている。このあたりは個々に注意されたし。また、有償の『感想屋さん』の問題点については羅列していったらきりがないので、特別記述はしない。

前置きが長い。

私はオタクである特に創作はしていない。時折、特に萌えを感じた時に短文を書く程度の人間である。昔長文を書こうとしたが冒頭三千字を書いたあたりで挫折放置している。その上特に交流もしていないし、感想も書かない。一言で言えば、ROM専である

それなのに、私には妙な自信があった。それは言葉にするならば、「俺だって本気出せば書ける」。小説はそれなりに読むオタクからちょっとした文章ならば書ける。商業のような文章は無理でも、なろう程度なら。書評は無理でも、紹介文くらいなら。また嫌なことに、学生時分は図書委員会だの新聞委員会だので短文を書いて「本を読む人だから文章うまい」と言ってもらって有頂天になったりしていた(今自分で思い出して、あれはお世辞だったのだろうと恥じ入っている)。

そんな私が、ここ一週間の流れを追って、何を思ったか

まず増田を読んで、二次創作するオタクは大変だなあ、と他人事のように思った。

二次を書き、二次を読み、交流し、その動向に一喜一憂する。どうも大変そうだ。ROM専はその点気楽でいい。だが、まあ、感想というのは良くも悪くも人に影響を与えるものなのだな。時には感想を書くのも、善行かもしれない。そのように思った。

次におけパ中島に触れた。

最初創作物として面白く読み、リツイートした。その後おけパ中島話題になっていることを知り、もう一度、我が身我が事として考えてみた。私にとっての神とは誰だろう、おけパは誰に当たるだろう。実際に当てはめてみると、ツイッターでつぶやかれている感想は、なるほどもっともと思えるものも多々あった。私の悪いところは、ツイッターにすぐ感化されるところだ。オタクの嘆きに共感し、すぐに自分で考えついたように錯覚する。私は、まるで自分主人公になったかのように(馬鹿たことだ)酔いしれ、おけパ中島への薄っぺら恨み節ツイートしてみたりした。

そして、最後有償感想屋さんだ。

感想屋が出してきたものは、かなりひどいものだった。界隈のオタク気持ちを踏みにじるものだったし、何より悪文だった。それは野次馬である私にさえわかるものだった。下手くそで、金を取るような文章ではなかったし、そも人に見せられるような文章ですらなかった。

その程度の文章に、私はひどく動揺した。

何が私に衝撃を与えたかって、それは、その悪文が、私の書くものに途方もなく似通っていたことだ。

いや、あそこまでの悪文ではない。ない、と信じたい。下ネタを好まないゆえにあそこまでの下劣さではない、はずだ。

だが、似ている。文章構成が、筆の運びが、何より配慮の欠けた思考回路が。私もかつてこういう文を書いて、自信満々に教師に提出したことがなかったか。こういう感想を、臆面もなくファンレターとして出しやしなかっただろうか。その稚拙文章他人を傷つけていたかもしれないことを、否定できない。

そもそも自分文章に自信を持ったのはなぜだったろう。

それは、他人よりも本が好きだという自負だ。小説を読むのが好きなことと、文章を書くのが得意なことを、取り違えて混同した、おぞましい勘違いだ。その上、私が読むのは『他人に比べて』多い程度であって、誇れる程ではない。何一つ、誇れることなどなかったはずだ。眼高手低とはこういう事を言う。

私は自分文章に向き合ったことがあっただろうか。何度も推敲し、多面的に読み直し、練り上げた文章を書き上げたことなど、一度でもあっただろうか? そう問うてみれば、一度もなかった。この文章だってほとんど読み返さず、激情のままに綴っているだけだ。プロットも、描写力も、考えて作ったことなど、一度もない。

私自身が、物事を考えたことはあっただろうか。物語を読んで、薄っぺらい表面的な理解をしてすべてを分かった気になったことは。まるで自分で考えたかのような顔をして、他人考察を口にしたことは。私は、私自身の無能と向き合った事が、これまでに一回でもあったのか?

これは恐ろしい事だ。誰かにとって恐ろしいのではない。タイムラインオタクにとって恐ろしいのではなく、創造上の誰かにとって恐ろしいのではなく、私にとって恐ろしい。誰かではない。私の恐怖だ。私の足元が崩れ、私の心が崩れている。他人事ではない。それが、こんなにも恐ろしい。

私は今、パソコンエディタを開いて、この文を書いている。隣にはもうひとつウインドウが開いていて、そこはまだ新規ファイルのままで、まっさらだ。そこに、小説を書いてみようと、思っている。

私は感想屋にすらなれない。

『なれなかった』と、過去形にしたい。今、切実にそう思う。せめて自分に誇れる自分でありたい。

そして、今度こそ。

自分で読み返してひどいな、これ。

2020-06-27

anond:20200627011824

被疑者被害者潔癖監獄地獄地獄

何だっけ?クズって?カス

人間アンビバレントで複合的で多面的単純化一般化できる?解析的に紐解ける?

それはどうかな。論、仮説、大域的に知れる?シル?知れる?知られる?

無理だね。言語では難しい。言葉概念ディビジョン。解体するための手段、誤認の一因セイ

2020-06-22

自民党以外を支持するメリットを教えてくれ

なぜかはてな村だと自民党安倍政権の支持者を見下す風潮があるよな。

「支持してる4割は何なの?」だの「国民レベルはこの程度」って何様なんだよ。

野党支持してる連中って何で上から目線なの?自分他人より賢いとでも思ってんの?

俺は悪夢民主党政権以来ずっと自民党支持だけどアベガー言ってる連中より優秀だし納税額も多い自信あるし、

ちゃん多面的に見て自分家族、勤めてる会社、住んでる地域、大多数の日本人に最もメリットがあると考えて自民党支持してるんだよ。

仕事もできねえ年収もねえ批判しかしねえゴミみたいな左翼連中は何政権になろうが世の中で活躍することはないからな。

幸いにも、お前らが馬鹿にしてる4割の側の方が実はよっぽど賢いか安心してくれて良い。

これから自民党政権が続き俺らが幸せ日常を送る中、アホ面で吠え続けるのがお似合い。

2020-06-14

anond:20200614185834

さて、後半やるか…。なんかもう嫌になってきちゃうな。ここから先、自閉症はおろか発達障害さえ出てこない代わりに、「男らしさ」がマジックワードとしてメキメキ頭角を現してきます。「男らしさ」の指標論文によって様々であり、その点にrei氏は意識的かどうかは怪しいところですが、少なくとも段落ごとに「男らしさ」の内容が変転していきます。では読みましょう。

そして当然であるがチー牛顔はモテない。

知らんがな。次。

テストステロン値の高い男性は顔の横幅が広くなる傾向にあり、テストステロン値の低い男性は顔の横幅が狭くなる傾向にある。そしてチー牛の元となったイラスト男性も面長であるが、先進国女性全般に「面長の男性らしくない男性を嫌い、横幅の広い男性らしい男性を好む」傾向が確認されている。例えば、米国若い男女を対象としてスピードデート研究を行ったところ、男性の顔つきの男らしさが短期的な関係に対する女性の関心の差異の34%を説明していることが示された。

https://ink.library.smu.edu.sg/cgi/viewcontent.cgi?article=2727&context=soss_research (論文d)

スピードデートっていうのはいわゆる婚活パーティ。この論文dでは、顔つきの男らしさを、テストステロンに影響されると考えられている顔の縦横比で表しているみたいです。多分婚活パーティでの女性の反応と男性の顔の縦横比の関係を調べたんでしょう。で、rei氏は"先進国女性全般に「面長の男性らしくない男性を嫌い、横幅の広い男性らしい男性を好む」傾向が確認されている。”と書いてますが、この主張の出典はどこですか?論文dの先行研究に触れてる部分にもDiscussionにも、国の発展度合いは女性の嗜好と関連性がある、といった記述は見受けられません。関連性が本当はあるのだとしても、米国内の研究だけを例に挙げて、"先進国女性全般に"と言い切るのは流石に通らないです。もっとも、顔の縦の長さや横の長さが女性にとってなんらかの関心を引く要素の一つであることは間違いなさそうです。これはさすがに誰か気づいて指摘してるだろうと思うんですけど、この論文dを出したのは米国大学ではなくてシンガポール大学なんですよね。ざっと見た感じ、アメリカで行われたともアメリカ人を対象にしたとも書かれてません。次の段落に移ります

また顔つきの男らしさは童貞卒業の早さを予測する因子であることが示唆されている。言うまでもない事であるがチー牛顔は遅い。

https://psycnet.apa.org/record/1994-44767-001 (論文e)

論文eの題は"Dominant looking male teenagers copulate earlier.”、和訳すると支配的な見た目の10代の男子はより早く性交する、ですね。このリンククリックしてもらうとわかるんですけど、Abstract(要約)しか書いてません。本文はどこでしょうか?試しにCitation引用)って書いてる下のあたりのリンクを踏んでみましょうか。でもやっぱりAbstractしかありません。実は、論文ってタダで読める訳じゃないんです。検索して出てきた論文を読みたいと思っても、お金を払って電子ジャーナル学術誌を購読しないと読めないことが多々あります大学生や研究者の場合基本的大学が代わりに費用負担しているので割り当てられたメールアドレスを使えば無料で読めます。私も大学アカウントサインインして読みました。大学生や研究者でなくても大学図書館に行ってコピーすれば印刷代はかかりますが、可能でしょう。しかしこのご時世、ほとんどの大学図書館は解放されていませんでした。以上を踏まえると、rei氏は電子ジャーナル個人購読していると考えられます。なんと素晴らしい心がけ!一般企業勤務年収700万の会社員であるrei氏が支払う購読料で出版不況に喘ぐ学術業界はきっと大助かりのことでしょう。みなさんにこの感動を伝えたいあまり、すっかり前置きが長くなってしまいました。では論文eの内容を概説します。

アメリカの7thGrade、8thGradeの男の子日本で言えば中一中二の男子に対して、男子の性行為経験の有無、身体男性成熟度、リーダーっぽい支配的印象の程度、イケメンな印象の程度の四要素間の相関を統計的処理にかけて調べました。その結果、身体男性成熟が進んでいて、支配的な印象を与える、イケメン男子ほど性的活動が活発な傾向があると判明したそうです。

論文eは捉えがたい「男らしさ」を多面的定義づけ、そして「男らしい顔つき」の男子はより早く性交渉する機会があると分析したわけで、なかなか面白いなあと思ったりするんですが、それをrei氏は"顔つきの男らしさは童貞卒業の早さを予測する因子であることが示唆されている”の一行で済ませてるんですよ。まとめ方が雑。情報取りこぼしすぎ。ちなみに論文eによると支配的な顔つきの男子イケメン男子眼鏡をかけていない傾向があったそうですが、この記述から眼鏡をかけているチー牛顔の男子性的経験に乏しい、とまで言えるのかどうかは正直よくわからないです。次の段落に移ります

しかしながら、チー牛顔がここまで忌避されるのは「豊かな先進国から」という事情もある。たまにインターネットでは「所詮この世は弱肉強食強ければ生き弱ければ死ぬ」みたいな事を言う人間がいるが、この世は弱肉強食ではなく適者生存であり、また社会が豊かで平和からこそ、そのように言ってられる面がある。人間戦争災害時など本当に弱肉強食環境下では、所謂「群れ」になる。そして野生動物の群れを見れば分かる通り、群れ内では弱肉強食摂理は働かず、互助相互監視役割分担といった形で群れ内は「平和」な形になる。これは考えれば当然の事であり、本当に厳しい環境下において同じ種で争っている場合ではない。要するに個人主義は社会平和である事を前提とした価値観なのだ

色々トンチンカンなこと書いてるrei氏のこのnoteで、最も意味不明な箇所がここです。何を言いたいのかマジで把握できなくて、読むだけで一時間くらい費やした。ここまで可読性が低いのはいくつか理由が考えられて、まず接続詞おかしい。段落頭、「しかしながら」は逆接の接続詞のはずですね。前の二段落rei氏が言いたかったであろう主張は「女性は男らしい顔を好む」のはず。しかしながら、この段落では突然、「平和社会状況であることが人々の行動に与える影響」の話が出現します。新規情報です。新キャラです。「しかしながら」の前後で予想を裏切るような意味内容の反転は生じていません。もう一つ指摘するとすれば、対立軸不明確な言葉遣いである点。「先進国ときたら「発展途上国」、「弱肉強食ときたら「共存共栄」、「個人主義」ときたら「全体主義」もしくは利己主義の逆という意味で「利他主義」。こうした対義語リードされてあっち行ったりこっち行ったりしながら議論を進めていくのが一般的なリズムな訳です。現代文の定石です。ではもう一度読んでみましょう。

……………。何が書いてあるか、何を主張したいかわかりましたか?私にはわかりません。とりあえず”この世は弱肉強食ではなく適者生存"の部分に着目してみましょう。なにやら進化論じみた雰囲気しますね。弱肉強食適者生存進化論については、科学史哲学史関連の書籍出版している吉川浩満氏のインタビュー記事がとてもわかりやすかったので、ちょっと長いですが紹介させていただきます

https://synodos.jp/science/17264

この記事によると、弱肉強食世界認識モデルに組み込んでしまうのは素人あるあるらしいです。rei氏も度々モテ/非モテ論の文脈位置付けられる文章を書いていましたね。インタビュー記事は続いて「適者生存概念歴史的経緯へとトピックが移ります吉川氏によると、ダーウィニズム進化目的生物序列を認めない立場なのだそうです。そして、絶滅を免れて生き残った生物種のことを適した生物、すなわち適者であると定めましょう、というダーウィニズムの考え方を端的に表すスローガンこそが、「適者生存」なのです。生存する者を適者とみなす適者生存」とは、ダーウィニズムにおける議論の出発点にすぎなかったんですね。これをひっくり返して飲み込んでしまうと、お前は適者でないか生存できないんだ、俺は劣っているか勝負競争に負けるんだ、となってしまます。これはよくない、本当によくないですよ。優生思想ど真ん中、ナチスドイツの大虐殺。そんでもってこれがrei氏の手にかかると非モテから結婚できないんだという同語反復に陥っちゃうわけです。

わかりましたかrei氏は語の意味をまともに調べることすらせず、雰囲気だけで文章を練り練りしてるんですよ。キリがないんで次行きますね。

それは異性選好においても同様であり、34か国の異性愛女性4483人のサンプルを使用して、社会的、生態学的、経済的変数女性の顔の男らしさの好みをどのように予測するかをテストするかを調べた研究では、国の健康指数人間開発指数が高い国でより強くなると報告された。男らしい顔に対する女性の好みは、子孫の生存率が高く、経済状況がより好ましい条件の下でより強いことを示している。

https://www.nature.com/articles/s41598-019-39350-8論文f)

アッ!前段落最後の部分、"要するに個人主義は社会平和である事を前提とした価値観なのだ。”の意味がわかりましたよ。社会危機的状況に陥っているとき生存を目指して仲良く男女協力して生殖に励むけれど、現代平和で裕福な先進国ニッポンにおいて女性利己的に振る舞うために男性的魅力に乏しいチー牛顔の人々は選ばれないのだ、ってことですね?世が世なら俺たちには女があてがわれるはずだった、でも時代がそうさせなかった、とrei氏は言いたかったんですね?うぅ、頭がクラクラしてきた……。いや、確かに人間動物一種だけどさ、何もそこまで野山の猿やジャングルゴリラと同一視するのはやりすぎでないか?なんだよ、"男らしさの好みをどのように予測するかをテストするかを調べた研究”って。日本語になってないじゃん……。

この段落については、他の方からも指摘がありました。

https://note.com/hiroko_yayane/n/n7970f9279b51

 6/17追記リンク先が謎の理由消滅していましたが、新しく書いて頂いたみたいなので貼り直しました。

 

字数が厳しくなってきたので次の段落いきます

そして男らしい顔つきの男性攻撃性、不正行為自己中心的衝動性、欺瞞搾取的行動など「所詮この世は弱肉強食マインドを持つ傾向があることが示唆されている。要は豊かで自由で安定した先進国になるほど優しい男性モテなくなる傾向が存在するのだ。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4388848/  (論文g)

論文gでは、顔の縦横比と攻撃性の関係しか見てません。先進国の話もモテ/非モテの話もしてません。"要は"以下の部分は導けないと思います

それにnoteタイトルは「何故、我々は三色チーズ牛丼顔なのか?」でしたが、なぜか結論は「先進国ほど優しい男性モテなくなる」に着地しているんですね。

話がめちゃくちゃズレていってるんですよ。rei氏もそれに気づいてないんですよ。

でね、ようやく全部読み終わったと思うじゃないですか。まだ喋らせてください、まだあるんですよ。この記事本当にすごくて、本文の下にあるコメント欄を見てみましょう。

修正リンクこちらになります

https://www.nature.com/articles/s41598-017-09939-y#Sec17論文x)

ま〜た何をどう修正したのかよくわからん論文リンクが貼ってありますね。

私が読んだ時には既に修正されていたんですが、他の方のツイートによると、もともとrei氏は、コルチゾール値が高くなってテストステロン値が低下するから発達障害男性は「男らしくない」顔つきになるという論証の根拠として、結論真逆論文を引っ張り出していたみたいです。

https://twitter.com/reefedgeswim/status/1265592680915931136

この論文xは、タイトルの「ASD男児及び女児における顔面形態学的な超男性化傾向と症候学との関連」からわかる通り、一番最初に読んだ論文aの結論ASD男性の顔は両性具有で男らしくない」とは反対のことが書かれています時系列的には論文aの方が先で、論文xは後。そしてDiscussionの中で論文aと相反する結果について考察しています。その考察によれば、論文aの実験2の対象として選ばれたのは二十歳前後の男女であるのに対し、論文xの実験対象は三歳から十二歳の児童であることが重要な違いを生んだ可能性があるそうです。思春期の間に男性は血清中のテストステロン値が女性と比べて爆発的に増加します。この思春期におけるテストステロンがなんらかの働きをしたせいで相反する実験結果が出た可能性がある、というわけです。しかし、これまたややこしいことに、成人の顔の形に関して出生前テストステロンが与える影響の方が出生後のテストステロンが与える影響よりも大きいとする論文もあるそうで、研究者の間でもどちらがどうだと確定的な結論は出ていないっぽい。

文章誤リンクの件に話を戻しましょうか。可能性の話をしますが、数多くの論文渉猟しているrei氏のことですから、貼りたい論文と題が似ているのを間違えて貼っちゃったのかもしれませんね。訂正前の論文タイトルは"Hypermasculinised facial morphology in boys and girls with Autism Spectrum Disorder and its association with symptomatology”で、訂正後の論文は"Enhanced Cortisol Response to Stress in Children in Autism”です。Autismとin、二つも単語が重複してるじゃないですか!論文タイトルは全体の要旨を簡潔に書き表したものですから、その中の重要単語が二つも同じであれば、内容が近い論文だったような…と曖昧記憶が生成されてうっかり取り違えてしまうことがあってもおかしくないでしょう、とでも言うと思ったかちゃん論文読み込んでるやつがこんな凡ミスするわけねえだろ。だいたいさ、何が正しいのか誰もわからない研究フロントラインで色んな科学者が仮説を立てて検証してディスカッションしてるような事柄の、おそらくこうかもしれない、って部分を、論文からパーセント正しいんだとピックアップしてるのありえん不誠実でしょ。今後まだまだ検証余地があるって書いてあることを揺るぎない事実として取り上げちゃってるってこと、わかりますか?

reiさん、あんまり疑いたくないんですけど、本当に論文読んだんですか?

おまけ

rei氏の書く文章noteでもtweetでも、どういう意図なのか全くわからないけど、ほぼ全て漢数字が半角数字に置き換えられてるんですよね。でも恐ろしいことに、このチー牛顔を取り上げたnoteでは、3色チーズ牛丼顔と書いてないんです……。

追記

https://anond.hatelabo.jp/20200614190033

2020-06-11

不倫相手複数人いる時の心境について

恋人奥さんがいて、かつセフレが何人かい場合をあまり知らない人が多いのかと思いますんで、ちょっとだけ解説します。

この場合、なぜ複数人いるかということですが、

それなりに性欲がある場合、異性に対して様々な欲望があると思うのですが、セフレ愛人を多く囲うのは、それぞれの相手役割が違うからです。

恋人にはひどいプレイはできないけどセフレにはできるみたいなことよく言うじゃないですか。

あれが細分化されるようなものです。

みんなエロビデオも色んなジャンルのやつ見るでしょ?

それらジャンルごとに担当セフレがいる感じです。

恋人や嫁さんはラブロマンスのみです。女性向けAVみたいなセックスしかしませんが、そもそも恋人や嫁さんが性的役割を担うこともないかもしれません。

相手によっては自分が甘え、また相手によっては甘えられ、別の相手とは激しく、他では雑なセックスを楽しみ、または若い肌、熟女の肌、同年代安心感プロ技、控えめに感じるのもまたいい。

そんな自分多面的欲望をそれぞれ満たそうとすると、相手が増えます

知ってる範囲ですが、大人でも複数人パートナーがいる場合、週一のセフレが四人で一ヶ月のローテーションってパターンが一番多いですね。

月イチのセックスだと飽きないですから

中には週2回し続けても飽きない、飽きられない(と思ってる)相手っていますけど、まぁはぐれメタル以下ですよね。

まぁなので、家に誰がいるとかあん関係ないです。

浮気しない男でも大半オナニーするでしょ?

オナニーは気軽でしょ?

それくらい気軽なんですよ。セックスが。

自己満セックスっていう意味じゃないですよ。

浮気っていうものが、浮気する人間の中では軽いんですよ。裏切ってる感覚も無いんですよ。

そんなもんですよ。

最後に、叩くことも慰謝料請求対象になるし、不倫することも慰謝料対象から不倫ネタに叩いてる奴らは結局同レベルというか、ちゃん手続きした場合叩いてる人たちのほうが総額大きそうですよね。

2020-06-02

anond:20200602101401

この数年は、安倍政権の脇の甘さから出る疑惑に、ブクマカたちが左派メディアにいいように踊らされる光景が続いている。

モリカケなんかも、すでに明らかになった事実から、かなり多面的再構成可能事件なんだが、そういう報道は本当に少ない(毎日の森友報道は優れていたが、注目を集めなかった)。

左派ブクマカも玉石混合で、その中で本当にクリティカル批判のできるアカウントは少ない。

個人的には、コメントと共にその主張のソースたるリンクを貼る作法もっと定着してほしいと思う。

100字めいっぱい呪詛を吐くより、よほど有意義だよ。

2020-05-29

上司工数を出したら〜のやりとりについて思うこと

こういう記事を目にした。ちなみにこのQuoraというサイトについては初めて見るのでQAサイトなんだろうなという事以外は何も分かっていない。

上司工数を出したら「私なら半分で終わる」と言われ工数を削られました。それならあんたがやれと思うのですが、こんなときどう捉えるべきですか?そもそもあんたが作ったんだから速いだろと反論したくなります

https://jp.quora.com/%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%AB%E5%B7%A5%E6%95%B0%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89-%E7%A7%81%E3%81%AA%E3%82%89%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%A7%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8B-%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C

(本当はリンク先の該当する回答を全て読んで欲しいのだが)

私が覗いた時点で1番上に来ていた松本 祐司さんという方の回答(この表示順のルールについても知らない)を読んで自分なりに思うことがあったのでそれを書きたい。まずは客観性のない私の主観でその方の回答を要約してみる。

・確かにその上司コミュニケーションスキルが足りない

しか解決策は己のあらゆる能力をあげることしかない

・逆の立場になって考えてみると相手あなたに期待していたともとれ、結果的に残念に思われたとここでは規定する

・残念に思われた結果、回される仕事雑務、誰でもできることになっていき、次第に年齢がいけば、リストラ候補にもなりうる

上司の期待に応えられていない現状を素直に認めて、自分能力を上げることを勧める

最後に「上司避難する気持ち仕事をするな」という言葉を教えてくれた(今では成功して偉くなった)昔の上司とその言葉をまもって今のポジションにいる自分自身の美談が語られている

よく見る模範解答だと感じるし、正直なところ5年前や10年前であれば特に違和感もなかったろうと思う。

現在の私はこの回答自体にも違和感を感じるが、この回答が1番上、つまり1番多く見られる(おそらくベストアンサーだろうと思わされる)回答になっていることにも違和感を持った。自分が働く側にまわってそれなりに経ったからだろう。この方が会社上司側の視点で多くを書いているので私は個人や部下側の視点で書いてみようと思う。

端的に「能力を上げることしか解決策がない」とする意見だが回答に書かれている文脈においてこれは非常に危険な考えだと思っている。

かに質問者にとって現実的有効であると思われる解決であることには同意するが、能力をあげることしか解決策がないというのはいささか恣意的ではないだろうか。そして「能力をあげる」という言葉方向性は最終的に上司の想定の半分の期間でものごとを終わらせることを目標例にしている。つまり上司意向に沿って現在仕事成功していくことを質問者が望んでいる前提となっている。

質問自体も前提条件や背景など分からない部分が多いのである程度想定で書くしかないということも分かっているが

こういう上昇志向個人能力を鍛えることで何でも解決しようとする考えを勝手ドラゴンボール思想と読んでいる。

質問者が本当にそれを望んでいるならそれで構わないし、そうであればこれ以上ない最良の回答だろう。

しかし本当にそうなのだろうか。分からない。

質問者ドラゴンボールで言うZ戦士系譜であれば少なくとも質問者回答者という単位では問題ない。

そして実際にZ戦士達はそのせいで(おかげでとも言えるが)永遠に続く戦いの螺旋に身を投じることになる。

しか多様性が叫ばれ、日本経済落ち目となり、これまで力を持っていたものが弱体化し、疑われ、多くのものが見なおされている昨今、日本で働いている人間多数派悟空ベジータのように己の適正を理解し、適切な職場業界位置しており、そこで仕事における能力の(殆ど無限と言ってもいい)上昇とそれによる出世を望んでいると同時に望める状況にあるとは到底思えない。

そもそも人間自分自身の求めていることを正確に把握していることの方が稀だとすら思っている。

そして我々の世界マンガではない。我々の肉体をはじめ、現実のあらゆるものは有限だ。

そして最後に加えられた物語美談)がより一層この回答の訴求力を強めている。人間にとって物語というのは劇薬だ。

しか人生というもの物語解釈意味づけしようとする考えに対してそれは物語である限り間違えているとユヴァルノアハラリ氏は21Lessonsの中で説いている(たしか)。

大事なのは上司と部下、組織個人いかバランスを取っていくかに思えてしまう。

バランスを取るには適切なコミュニケーション必要だ。

適切なコミュニケーションを取るには信頼関係必要だ。

信頼関係を構築するには適切なルールシステム機能していることが必要だ。

例えば頑張ってもそれに見合った対価がもらえなかったとしたらどうだろうか。

仕事は多くの場合上司社長株主がおり、ある種彼らの都合のいいように時間能力リソースを奪われていると考えることも出来る。

仮に上司人間的に信用できたとしてもルールシステムがそれを阻む場合もある。

から言われている昇給と昇格が切り離されていなかったらどうだろうか。

会社側で重要ポストというのは限られているし、自分の適正が管理職にあるとは限らない。

そもそも成果の分だけきちんと利益還元されるというのは基本的に国や世界経済が上向きになっている必要があるし、人間による評価というもの構造的な欠陥を持っている。

そして対価が自分の望むものではなかったとしたら。

まり以前は有効機能していたとされる構造システム問題が生じてきていることの方が多いのではないかと思う。

そしてそこに健全であると思えるよう)なシステム環境がないと人間の行動はなるべくリスクを取らず、なるべく仕事の量を増やさず、なるべくストレスを避けるといったものになるか、あるいはその逆になるのは自然だろう。いずれにせよ多面的かつ長期的な利益追求のために目指すべき形ではない。

もちろん営利組織利益を拡大していかなければならないので能力向上や納期短縮は重要だろう。

それを否定するつもりもないし、不真面目な社員がさぼるのを助長するという意見もあるかもしれないが、まずそんな人間採用する仕組みに何かしらの問題がある。

個人の持つあらゆる能力をあげておくに越したことはない。それには自分同意する。

しかしそれと同時にお互いの利益がなるべく一致するような新しい評価報酬システム環境がつくられ、健全コミュニケーション信頼関係がなければいけないはずだ。

それにはトップが牽引して組織的に動く必要があるし、個人能力向上だけでは解決できないだろう。

個人レベルでは比較的それらのシステムが整備されている場所へ移ることも手段の1つだ。

いずれにせよどちらか一方的という所があるならそれが問題のように思える。

我々は有限な血と肉で覆われた不完全で複雑な動物であることを忘れないようにしたい。

2020-05-15

anond:20200515220838

オタクというのは本質的リベラルであるはずなんだよ。

多様な価値観を多様なネタ、多様な萌えに変換して消費・受容できる懐の広さと、多面的感受性を備えているから、フィクション作品に没入できるわけ。

から保守的視野を狭めるような一面的作品というのがそもそもまれない。一見保守的テーマを描くように見えても、必ず多面的俯瞰的見方ができるようになっている。少なくとも商業作品は。ゴブリンスレイヤーだってそうだ。

2020-05-06

anond:20200506121515

顔面及第点とまではいかなくても、ちゃんと打てば響く人であった場合顔面ものすごく好みでもなんかしっくりこない相手よりは総合評価高いはずだし、もっと多面的評価ができれば選択肢広がるのにもったいないな、と思う。

2020-05-02

読書記録

コロナ禍に伴う外出自粛で持て余した時間有益に費やそうと、学生時代ぶりに読書をしようと思い至る。

以前からゲーム時間を奪われてばかりだが、「良質な人生」やら「スキルアップ」やらのため読書をすべきと思ってはいた。

そうした気分と、今回のコロナ禍という状況を鑑みて、前々から気になっていたジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」を読むことにした。

学生時代に同著者の「世界史」を読もうとしてギブアップした苦い記憶があり、今回はしっかりと読み込みたいと思っていたので、こうして読んだあとのことをアウトプットしておきたいと思った。

しかし、数多の名だたる知性人たちが読み漁り語り尽くされた名著を、今更に教養のない者がまとめても誰も得しないので、ただ個人的に気になったところをいくつか己の言葉にする程度にとどめておきたい。

今回は、特に気になった「病原菌」がどのように世界において役割果たしていたのかという所である

病原菌」とは他の生き物の構造感染し、伝播することによって己を増殖し存在拡散していくものと大雑把に理解した。

時に細菌突然変異によってその性質を変えることがある。ネコにだけ感染する菌が、ネコからヒトへ感染するようになり、さらにヒトからヒトへ、という具合である

しかし、この問題は前提に「異種」が接触する範囲存在し、更に突然変異を発生させるだけの試行回数を重ねる環境を要する。

世界では、先んじて家畜と共に暮らす人びとが家畜から細菌接触し、そして(結果的に)その耐性を得て、遺伝子に刻み込んでいった。

逆に、家畜を持たず生きてきた人びとは、こうした機会を得ることはなかった。それだけの理由で、家畜を持った人びとと比べて、免疫という力において圧倒的に不利になる。

その「家畜化の条件」から栽培可能植物」、果ては「大陸の形」に至るまで様々な要件を読み解き、現在世界情勢に至る起源多面的に語り尽くそうとしたのが本書だった。

私は「人やイベント名前を覚えるのが致命的に苦手」で、歴史という学問にあまり興味が沸かない。

それでも、今に至る歴史の流れの中に、ただ条件が悪かったと言うだけで死んでいった者たちで溢れていると思うと、今生きている私が明日を迎えるかどうかすら約束されてはいないという事実に思い当たり、陰鬱とまでは行かなくとも、逃れがたい何かに流されているような、言いようのない浮遊感を覚えてしまう。

2020-04-30

昭和天皇戦争犯罪人」か、について

@nabeteru1Q78

昭和天皇は、自分の命と地位が惜しくて、沖縄戦原爆投下ソ連参戦を招いた戦争犯罪人だし、本当に国民申し訳ないと思ってたら、最高の戦争指導者として責任を取る手もあった。マッカーサーに対して命をかけて国民を守ったなどというのは虚偽であり、とんでもない。

時々こうして凄いことをさらっと言っちゃう人がいるんだけど、

まず生まれついて自分地位を選べなかった立場の人に「命と地位を投げ出して国民を守れ」と臆面なく言えるのは差別主義者以外の何物でもないし、

あそこで聖断が出来たのだからもっと早く出来たはずだとか、近衛上奏文一つで沖縄戦/ 原爆投下/ソ連参戦の責任を問うとか、そんな薄っぺら歴史観に囚われてしまうのは、nabeteru氏もまた大貫俊夫氏の言う「一つの出来事によって歴史の大きな流れを一括りにとらえたいという欲求」の奴隷からだ。(中世ペストに関する3つの誤解 https://bit.ly/3d77mff

昭和天皇実録、および山田朗氏による実録批判宮中祭祀から昭和天皇実態に迫った原武史氏の著作など、多面的昭和天皇の生涯を追えば、そんな言葉は出て来ようがない。

昭和天皇が単なるお飾りに過ぎないとか過度な平和主義であるとのイメージが誤りであることと、昭和天皇戦争犯罪人に値することがイコールであるかに述べることは欺瞞的だ。

実際は、nabeteru氏は山田朗氏の著作すら読んでいないのではないか。読めば分かるが、山田氏は天皇戦争犯罪人だなどという主張は1ミリもしていない。

山田氏はむしろ、当時の日本においては複雑な戦争遂行するだけのシステム存在しなかった、権限責任も縦割り分散型で、全てを統括しているかに見える天皇存在も建前で、むしろシステム阻害要因ですらあったと述べている。山田氏の実録批判とは、そのようなものだ(山本七平の「日本にはミリタリズムが存在しなかった」にも通ずるものがある)。

原武史氏の著作は、戦争への不安皇太后への恐れから、それまで宮中改革に熱心ですらあった昭和天皇宮中祭祀すなわちカルト的な神がかりに没頭してゆき、虚実の区別すら怪しくなりリアルポリティクスからの逃避をはかり、またそこから立ち直る様を描いている。天皇存在や言行に大きく宮中祭祀が影響することを描いている点で、現在天皇制をも批判の射程に含むユニーク観点だが、天皇が守ろうとしたのが「自分の命や地位」などではなかったことは明らかだ。

いずれにせよ、何がnabeteru氏のような人を誤らせていくかというと、歴史に対する問いが「昭和天皇戦争犯罪人であるか否か」に終始するからで、歴史はそのような問いに答えを出すための道具ではない。

2020-04-09

相変わらずモーニングショーコメンテーター席って

弱者の味方」に対しては批難しにくいという立ち位置を最大限に活かして、言いたいこと言いまくってるね。

問題なのは多面的考察が足りないのでバランスが悪いというのと、あくまで「(ぼくの考える)弱者」なのでこれまた偏っている。

更に困ったことに、意見軸足結構コロコロ変わるので、コメンテーター個人個人を見てると一貫性のなさに混乱する。

玉川氏はずっと変だけど、白鴎大学先生も、最初の頃はまともな部類かと思っていたのだけど、最近は疲れているのか変な具合になってきているし。

とりあえず最近だと、政府批判をしつつ国家は口出しするな監視するな、と声高に叫ぶ一方で、ロックダウンから呼び込まれ国家による制限)を推奨するような発言をするという。普段から視聴者を煽って政府の足を引っ張っているくせに、変なところで頼るんだよね。

ちなみに、番組自体ネットだと叩かれてるのは承知しているけど、聞き流す分には比較的マシだと思っていつもつけてる(誤報含め)。

話はちょっとズレるけど、

が、どうも被っているように見えるんだよね。

2020-03-24

anond:20200323084726

自分場合アニメを始めとする二次元コンテンツデフォルメ記号化されてるから集中して見れるんだよなー

三次元人間動植物とかって存在するだけで情報量がめちゃくちゃあるから、1コマ写るだけでも自分の中でそれらを処理するのにすごいストレスかかる。全ての情報物語必然ものではないから、取捨選択もしなきゃいけないし。

アニメゼロから全部人の手で描かれてるから、選ばれた情報しか載ってない。キャラクターも実際の人間の一側面を物語必要なところだけ抽出して、分かりやすく加工されて記号化してる。

現実ってすげー複雑で多面的で、普段はそういう現実に向き合って耐えてるからアニメデフォルメ的な分かりやすさに安心するし、物語テーマに集中できる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん