「他者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 他者とは

2017-06-23

いじめをしてしま申し訳ありませんでした

当時は思慮の至らぬ点があり、若さゆえの過ちでございました

取返しがつかないことをしてしまい、いくらお詫びをしても足りず、痛恨の思いであます

過去のことは変えられませんが、心を入れ替え、未来のことは変えられると信じております

これまでの経験を踏まえて、己の言動を律し、他者への思いやりの心を持ち合わせた立派な社会人となることで、贖罪といたしま

過去のことは、けっして無駄はいしません

このたびの誠心誠意、心よりの謝罪をもちまして、けじめとさせていただきたいと思います

お互い、過去に縛られることなく、明日への一歩を踏み出す機会となれば幸いです

まこと申し訳ありませんでした

2017-06-22

https://anond.hatelabo.jp/20170621180734

リベラル自称している人達が重んじる思想は"自由"ではなく"リベラル"だヨ

保守(既得権益者)との対比で リベラルが欲するのは"自由"ではなく 自分達に利益をもたらす新たな権益だヨ

リベラルが"リベラル"を賛美するのはそれがすでに既得権益になっているからだヨ

から自分既得権益を脅かす他者の"自由"や"平等"は "リベラル"ではないとして攻撃するんだヨ

自分達にも権益よこせと言うことは全く正しいのニ

その手段として他者を騙し扇動する為に自由平等を騙るから別の他者の"自由"や"平等"と矛盾が発生して破たんしているのにネ

2017-06-21

リベラルオタクから嫌われる理由

正確に言い直すと、「保守派リベラルの両方に表現規制派がいるのに、リベラルけがオタクから嫌われる理由である。 

  

結論最初に書くと、それはリベラルが"自由"を重んじる思想からである

従来は男だけが持っていた自由を、女にも与えましょう。女は結婚前にセックスを楽しんでよいし、好きな相手恋愛結婚をしてもよい。ファッションだって好きなものを選んでよい。この自由を拡大し、もっと確固たるものにしていきましょう。――これがリベラリズムの考え方だ。

そうやって普段から自由自由と言ってきた奴らが、「エロ漫画を楽しむ自由」を奪おうとしてきたら、そりゃ当然、オタクたちだってブチ切れるわwwと思う。

  

これに対して、保守派は、自由というもの価値を重んじていない。

現代保守派は、上述したくらいの権利女性に認めてはいる。しかし、それは既存社会慣習を承認したというだけのことであって、自由という観点からその権利積極的擁護するものではない。

から保守派から表現規制の声が出てきた場合オタクはそれに危機感を抱きこそすれ、「嘘つき野郎に裏切られた」という失望はない。そのため、保守派に対して怒りが爆発することもないのである

  

  

  

もうすこし詳しく見ていこう。

リベラルは、差別偏見を無くすために"理性"を用いる。人の感情はややもすると差別偏見に傾きやすものなので、感情より理性を優位に置くことで、その目的を達成しようとする。

  

こういう方針普段活動しているリベラルが、オタクへの差別偏見に加担しているとすれば、ほんとうに目も当てられない。

差別偏見には2種類あって、事実に基づかない悪評を立てることと、尊厳を傷つける罵倒を浴びせることである表現規制派の中には、この2つを兼ね備えている凶悪な者も多数いて、それはオタク側に強烈な反発を呼び起こしている。

  

一方、保守派はこの点においても有利である

なぜなら、彼らはリベラルと違って、理性を重んじていないからだ。彼らはそのかわりに、人の心に芽生える自然感情と、それによって作られてきた社会の慣習を重視する。したがって、差別偏見の撲滅にはどうしても関心が薄い。

もしこの保守派リベラルと同じくらいの方法オタクバッシングしたとしても、それは保守派普段姿勢とあまり矛盾していない。これはオタクから見て、リベラルほどには欺瞞的と思われずにすむのである

  

  

  

さいごに、「リムジンリベラル」に通じる問題をあげておく。

アメリカでは、リムジンに乗れるようなセレブたちが華々しい舞台リベラル思想を賛美している。ヒラリートランプ選挙戦でも、レディー・ガガヒラリー陣営応援に駆けつけていたことは記憶に新しい。

その光景を見た労働者たちは、いったい何を感じたであろうか? 言うまでもなく欺瞞を感じたはずだ。――"平等"を訴えている人間がなぜ大金持ちのセレブなのか、なぜ彼女たちはその資産放棄するつもりがないのか。労働者からこういう反発が出てくるのは当然といえる。

  

私が思うに、この視点は、オタクリベラルを敵視する理由についての分析にも適用できる。今日では「リア充」「オタク」という対立項を設けることの有効性は揺らいでいるが、あえてこの構図で話してみよう。

リア充は、リベラル思想受益者であるリベラル思想禁欲的な性道徳を排して、女性主体的恋愛セックスを楽しむ権利擁護する。これによって利益を得るのがリア充の男女である

一方、オタク非モテであって、この点では受益者たりえない。オタクリア充嫉妬しながら、アニメなりエロ漫画オナニーにふけって日々を過ごす。

  

さて、このリア充リベラル思想にかぶれたあげく、「表現規制を推進するぞ」と主張しだしたら、オタクはそれをどう思うだろうか?

リア充自身享受してきた自由恋愛セックス自由)がいか正義にかなっているかいか人間的に豊かになれて素晴らしいものであるか、そのことをリベラル思想を使って堂々と力説してみせる。その一方で、オタク側の自由アニメなりエロ漫画オナニーする自由)を容認せず、それを不健全で汚らわしいだの正義に反するものだとして攻撃しているのだ。

これは猛反発を招くに決っている。

  

この点においても、やはり保守派は有利である保守派は、もしリベラルと同じ程度の自由恋愛セックスのあり方を容認するとしても、それをわざわざ言葉にして語らない。リベラルがそれを「自由」と位置づけて熱弁をふるうのとは対照的だ。

ゆえに、保守派がいざ表現の自由の抑圧者として現れたときも、オタクからはあまりまれずにすむのである

  

  

  

6/22追記 ブコメ返信

coldsleepfailed アメリカの例だけど、保守層って宗教的理由からかなり厳しいので例としてはピンとこない。日本保守って共同体主義的な感じがあって日本の伝統では性風俗は緩い所もあるから

本文中に書いたとおり、リベラルは、女性主体的恋愛セックスを「自由」と位置づけて擁護します。

さらにその自由の拡充に努めます。例えばフェミニズムアプローチのように、DVや性暴力の根絶をめざしたり、性教育を充実させるなどして、女性たちが安全にその自由享受できるようにするわけです。

  

逆に、宗教保守は、禁欲的な性道徳を掲げていて、「女性危険があるなら自由は無いほうがいい」という立場です。彼らの主張によると、自由恋愛セックス危険ものです。女性が傷つくのを防ぐため、それをある程度は禁止することが必要なのです。

  

あと、世俗主義保守派は、現状肯定をしているだけです。日本保守派はこっちが多数派だと思うんですけど、女性主体的恋愛セックスを楽しむことについては特に禁止しません。それは社会にすでに存在する慣習として容認します。

彼らはそれを端的に容認するというだけのことであって、「自由」の観点からわざわざ擁護をしたりはしないのです。ましてや、それの拡充をめざして努力するということもありません。

  

こうして見ていくと、やはり、リベラルが一番「自由」の価値を語りたがっていますリベラリズムとは自由主義という意味なのだから、これは当然の結果といえます

  

  

  

6/22 12:55再追記

quick_past 狭い了見でオタクって存在規定しまくってる上に、コンプの固まりから全体の自由には抵抗がある(でも自分たちの事はとやかくいうな)って宣言しちゃってるけど、それこそオタク分断する上にバカにしてないか

本文中にも書きましたが、「リア充」「オタク」の対立項はあまり厳密なものではありません。私もこれが雑な議論だというのは認めます

しかしながら、リベラル表現規制の論者に「リア充」の要素が加わると、それはオタク側の猛烈な反感を呼び寄せます。たとえその原因がコンプレックスの固まりからなのだとしても、この現象については一考の余地があると思います

  

あとそれに、「コンプの固まりから全体の自由には抵抗がある(でも自分たちの事はとやかくいうな)って宣言しちゃってる」という見方は、それこそが典型的オタクへの偏見じゃないですかね?

私が提唱した「オタク」像の中には、リベラルを支持するオタクも含まれます。そういうオタクは、自分コンプレックスとは内心で折り合いをつけるし、理性的判断に従って他者自由尊重しようとします。例えばリア充の男女だけが受益者となる自由についても、当然ながらそれを尊重するでしょう。それなのにいざ表現規制問題になったときは、リベラルから攻撃されて、その思想にかぶれたリア充にも蔑まれるわけですよ。これが強烈な怒りになるわけです。

リムジンリベラルの話にもどすと、セレブリベラル思想を説いているのを見たとき反感を抱く労働者は、すべてがすべて反リベラルだというわけじゃないんです。中道無党派労働者は言うまでもなく、リベラル支持者でさえ、それに反感を持ちうるということの方が肝要です。

そして一つ注意するべきは、リムジンリベラルにどれだけ強い反感を持ったからといっても、その人がただちにリベラルへの支持を止めるわけではないということです。反感を持ちながらも支持を続けることは十分可能なのです。

私は、オタクリベラルを嫌うときの、その反発の感情について分析しましたが、感情ただちにその人の政治信条を決定づけるわけではありません。「リベラルに反感を持った奴はリベラル支持者ではない。そいつネトウヨになる」などという見方偏見だし、短絡的すぎます

  

  

  

6/22 22:09再々追記

tick2tack なんだこれ。「僕の考えたリベラル」感がすごい増田。とりあえずリベラル語るなら社会的公正というとこから始めるべき

社会的公正の概念については論じるのが厄介ですけど、このエントリは、自由放任主義リベラルというような定義で書いたのではありません。

例えば「女性自由」について言うと、保守派が現状をそのまま放任するのに対し、リベラルはその拡充をめざす立場だと私は書きました。リベラル性教育の普及、性暴力の根絶のような施策積極的におこなうのです。

リベラル社会的公正を用いるのは、それによって真の意味自由を実現できると考えているからでしょう。これは結局のところ、リベラル保守派より「自由」の価値を重視しているからであって、やはりそのすばらしさを熱弁する傾向を有するということなんです。

IkaMaru 「自分たちは気分で政治を選びたいんだ。放っといてくれ」というならもうどうしようもないけどさ。そんなんで世の中の平均よりも知に軸足を置いたクラスタのつもりでいるならお笑い草だよ?

オタク」の中には、いくら不愉快になってもリベラルへの支持を続ける人がいるし、逆にそっと黙って離れていく人、アンチになる人もいるでしょう。けっして気分や感情けがその人の政治信条を決めるわけじゃありません。けれど、全く影響しないということもないはずです。どれくらい影響するかは知りません。勿論、最初からリベラルという人もいるでしょうし、ひとまとめにして語るのは軽率です。

  

ところで、リベラルの側には、「オタクが俺たちに逆らってきたからムカつく。こっちはもうオタクを助けてやらないぞ」と言っている人たちもいます。こういうのはまさしく気分に従って政治方針を選んでいますし、あなたに言わせれば、知的に劣っていてお笑い種なやつらだということになるんじゃないですかね?

この点については、オタクが弱小の集団から、それでやっぱりナメられているんだろうなと思う節があります。例えば安倍政権が続いているのは、オタクがそれを支持しているからじゃなく、「労働者」なり「女性」という集団がそれを支持しているからです。しかし、そういう普通集団リベラルからまれないし、報復をほのめかされることもないのです。

agricola リベラルにとって表現の自由は数多ある権利の一つという位置づけなので、他の権利との衝突で表現の自由制限されることもしぶしぶ容認するし、いやいやながら手を貸すこともあるわいな。わがまま片思い乙(嘲

他人権利との衝突により、自由制限をするケースがあることはやむをえません。しかし、リベラルは「自由」の価値を重んじる思想なのですから、そういうことをやると欺瞞的と見られて、反感を買いやすいというのが本エントリの主旨です。

あと、リベラル自由制限をするときに「しぶしぶ」というのは、本当にそれが文字通りならいいんですけど、実際には全然そうではなかったり、少なくともオタク側はそう見ていないってこともあるんじゃないですか?

本文中にも書いたとおり、リベラルの中には、偏見まみれにオタクを殴りながら表現規制を訴えている論者もいますし、到底"しぶしぶ"ではなく積極的表現規制をやろうとしている論者もいるのです。もちろん、これは私の観測範囲問題かもしれません。ただ、リベラル(とくにリア充リベラル)がそういうことをやったとすれば、保守派がそれと同じことをした場合とは違って、オタクから何倍も激烈に恨まれると思います

k-takahashi 生活保守おっさんがオタ趣味叩きをしてきたとしても、しばらく低姿勢でいれば「直接迷惑がなければ好きにしろ」となることが多い一方、自称リベラル極右ジェノサイドを仕掛けてくるので話にならんことが多い

とくに前置きせず「規制」という言葉を使うと、それがゾーニングの強化ではなく、表現物の抹消であると思われてしま問題があるのかもしれませんね。

規制推進派が何をもって「規制」と言っているのか、たびたび不明瞭すぎて、それが問題をややこしくしていると思います

(参考「クジラックスの件で分かった、2つの表現規制派」https://anond.hatelabo.jp/20170617222457

2017-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20170620215801

2,000~3,000もサンプルがあれば、割と信頼出来るけどな

母集団が偏っていたとしても、近しい間柄の人なら恐らく似たような母集団所属してるし

はいえ、いざリスクテイクするべってときに、他者から普通を望まれるやら強いられるやらは困りものですな

https://anond.hatelabo.jp/20170619172721

まずあなた自身他人に「こいつ生きてる意味ねーなw」「死ねばいいのに」とか呪い言葉を吐いてたりしないですか? 人を呪わば穴二つ。

口に出さなくても、そういう思考回路は年月をかけてあなたを蝕んでいきますあなた自身がその言葉自分に突き付けられ苦しむことになるのです。

他人存在や生きてる価値に口を出さない、判断しないこと。できれば他者存在を許す、存在価値を認めること。少しずつでも。

https://anond.hatelabo.jp/20170620114348

見るのは一瞬でも、それを名画として認識できるかどうかっつーと、他者評価がないと難しいでしょ。

世間的な評価考慮せずに良し悪しを言えるなんて、それこそ子供かその道の専門家くらい。

2017-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20170619063536

どう説明すれば理解してもらえるのかわからなくて困惑しています

まず私はアイドルファンではないですね

なのでAKB48などに所属しているアイドル個人結婚しようがファンに隠れて性行為に勤しんでいようが私個人としては正直どうでもいいです

前述のような主張を行うとアイドル処女性を求める熱狂的なファンであると決めつけられてしまうという状況自体絶望的だと感じています

私の言いたいことはアイドル恋愛禁止ルールがないほうが幸福であると主張することが

他者人生内面勝手に決めつける不遜な態度であるということです

アイドル恋愛の話で言うなら恋愛禁止ルール下で隠れて恋愛をしているほうが本人の人生経験としては濃密で

恋愛許可されており誰とでも交際可能でそれを公表しても問題がないという弛緩した空気の下では

経験としては薄っぺら人生しか歩めないという可能性がおおいにあるわけです

2017-06-17

Q. LGBTは認められるのにデブチビが認められないのはなぜですか?

デブ男君「なんで?」

LGBT博士「フォッフォッフォ、デブ男くん、君は海外情報を得ようとした時に創作物に頼りすぎていないか?」

デブ男君「だって映画ドラマ以外でアメリカとかの情報って入ってこないじゃん」

LGBT博士「入ってこないなら取りに行け。今はインテルネッツという素晴らしい仕組みがあり、もはや国と国との距離は壁ではなくなったんだよ」

デブ男君「でも英語がね…」

LGBT博士Don't Think. Feel!(考えるな、感じろ!)」

デブ男君「ブルース・リーくらいはわかるよ馬鹿野郎

LGBT博士デブ男君が普段愚にもつかないまとめサイトを見て義憤かられたりするように、インターネットがあるからといって全ての人々が理論理屈で行動するようになったわけではない。

世はほとんどが悲しみや怒り、喜びといったプリミティブな感情を揺り動かすだけの駄情報で溢れている。その記事を読んでる人を見、感情をどう発露しているかをなんとなく辿るんだ。さすれば、英語が読めなくてもその情報がどういった意味のあるものなのか理解できるようになるだろう。他者自分を映す鏡だ。他者を見て自分をどう鏡に映すか決めれば良い」

デブ男君「まだるっこしいな。何が言いたい?」

LGBT博士デブ男君みたいな自分感情論理も体型を管理できないだらしない人間が、日本にもアメリカにも世界中にはたくさんいるってことさ」

デブ男君「その人たちがサベツされてるんだよ! これは由々しき問題だろう!?

LGBT博士「といっても、それはあくまで一部の海外だけの話。日本はまだそれほどデブに厳しい国ではないし、比較デブだった人間総理大臣につくことだってそこそこあった。森喜朗元総理なんてタッパがあるだけのデブじゃないか

デブ男君「確かに…」

LGBT博士「それに、お隣の国中国北朝鮮では伝統的にデブ男性理想の姿であるという考え方が今以て主流だ。有名なところだと『西遊記』で一番主人公格のキャラは誰だ? と尋ねると、中国の人はみんなこぞって 猪八戒だ! と答えるんだそうな。それだけデブの方が男性として認められる傾向にあるわけだな。中国北朝鮮政治的トップは見た目からわかる通りデブだ。逆にデブでないと政治的トップを飾れないのであろうな」

デブ男君「じゃあ僕を認めてくれる中国朝鮮に行けばいいんだね! …っって行けるかボケー!」

LGBT博士安心したまえデブ男君。日本にも中国人朝鮮人がたくさんいる地域というもの存在する。大阪西成東京池袋などに行ってみればいい。きっとデブ男くんもモテモテだぞ?」

デブ男君「うん、そうするよ…」

https://anond.hatelabo.jp/20170615065219

悪いことはやってない、けれど、その要領を得ない性格のせいで理不尽な目に遭ったっていう感じよね。

でもまぁ、あなた的には良かったのではないか

おかし集団おかし意識に飲み込まれずにあなたあなたを保てたのだから

でも、その逆にあなたあなたを保とうとするばかりに他者気持ちを鑑みれなかった。傲慢教師性善説を振りかざしてしまった。けれどそれは失敗であって、罪ではない。

結局あなたのしたことは自己満足かもしれない。

だけどクラスの誰もカンニング行為に踏み切れなかった。

結果、単なる罵倒で終わってしまったけれど、本来怒るべきはあなたに対してではなくそ教師に対してであった。だけど勝てなかったかあなた無視した。その時点で彼等は精神的に敗北してしまった。

まりあなたクラス人間よりも上位にいるのだ。誰もあなたを褒めなかったとしても私はあなたを褒めるよ。

勿論、これからもその不器用を続けろだなんてひどいことは言わない。だけど、その不器用正義が彼等に軽微な罪を共有させなかったことは良い事だろう。

しか社会もっと仄暗くて、真面目だ清楚だな彼氏彼女達が吐き気を催すような外道行為に走っている場面も見受けられるだろう。

だがもう、赦してやってほしい。彼等はあなたになれなかったのだ。どれだけお金を稼ぎ、どれだけ立場が上がり、どれだけ幸せな家庭にその身を埋めていても。

あなたのような正義を持てなかったから軽々しく禁忌に身を染めていくのだ。

そんな彼等を赦してほしい。上位におられるあなたならばきっといつかの彼等も、愚かな教師も、無知蒙昧な増田も奸佞邪智な2ちゃんねらーも赦してくださる筈です。

嗚呼、憐れな我々にどうか御容赦を。

2017-06-16

劣勢になるとリベラル派はマウンティングに走る

世界の良いリベラルでなく日本特有リベラル派って形勢不利になるといつもマウンティングするよね

しかマウンティングの内容は良き日本人愛国人を踏みにじるようなことばっかり

そんなに英語喋れるのが偉いのか?そういうお前は日本語の美しさや歴史理解してるのか?

そういうエリート風の態度でいればヒラリーのように強烈にしっぺ返しを食らうというのは歴史証明しているのに

必死他者バカにしてウエメセマウンティングするのは日本似非リベラルの悪いところ

劣勢になるとリベラル派はマウンティングに走る

世界の良いリベラルでなく日本特有リベラル派って形勢不利になるといつもマウンティングするよね

しかマウンティングの内容は良き日本人愛国人を踏みにじるようなことばっかり

そんなに英語喋れるのが偉いのか?そういうお前は日本語の美しさや歴史理解してるのか?

そういうエリート風の態度でいればヒラリーのように強烈にしっぺ返しを食らうというのは歴史証明しているのに

必死他者バカにしてウエメセマウンティングするのは日本似非リベラルの悪いところ

クジラックス問題に対する意見の法的見地から考察分析

 未成年に対し強制的性的行為を行ったとされる容疑者同人誌に影響されたと供述し、警察がその作者に「申し入れ」を行った、いわゆる「クジラックス問題」を受けてさまざまな意見が表明されている。これら議論については表現の自由を考えるにあたって当然歓迎されるべきことであるが、それらのなかには法的に根拠が薄い、もしくはないものも含まれている。そこで本稿では、こういった意見を分類して法的見地から分析を試みる。

表現の自由について

 今回の問題にあたり、前提となるのが表現の自由である。これに対し意義を唱える人は少ないだろう。もちろん大衆には表現の自由を与えるべきでないと考える意見もあるだろうし、実際そのような国家存在する。しかし、日本においては憲法二十一条において一切の表現の自由保障されている。そのため、以下では表現の自由原則として認められるという前提で議論を進める。

 さて、表現の自由については憲法言及されているものの、無制限保障されているわけではない。憲法第十二条、第十三条においては国民自由権利濫用してはならず、公共の福祉に反しない限り最大の尊重必要とするとされている。「公共の福祉」についてはさまざまな解釈があり、憲法で明確に定められているわけではない。しかし、憲法制限される場合があると定めているのは事実であり、現行の憲法上「表現の自由は無制限に認められるべき」という主張はやや難しい。

公共の福祉」の解釈

 表現の自由に制約を課す「公共の福祉」の解釈であるが、これは複数の説が存在するものの、現代日本においては社会他者に損害を与えることがない限り制約されない、という考え方が主流である。これに従うと、「未成年に対し相手意志に反し強制的性的行為を行う姿を絵や文章で描く表現」が社会他者に損害を与えるか否かというのが第一の争点となる。

 ここで留意したいのは、「自分はこの表現嫌悪感を感じて損害を受けたか規制しなければならない」という主張は成り立たない点である。ここで発生したという損害は精神的損害に相当すると考えられるが、現代民主社会において第三者を描いた表現による精神的損害というものが認められたケースはない。表現を見て嫌悪感を感じるかどうかは人による差異があり、かつその損害も限定的、見ないという選択肢提供されているなどがその理由である

 また、国によって前提となる文化は異なることから、「海外ではこの表現規制されている、だから日本でも規制しなければならない」という主張も根拠はない。たとえば熱帯地方で男女とも上半身裸で過ごすのが普通文化圏においては、上半身が裸の女性の姿を描くことを規制する意味はない。これに対して「海外では猥褻」という理由規制を行うのは文化侵略となってしまう。あくま日本における表現規制は、日本における文化背景、世俗基準として規制すべきなのである

表現に人は影響されるのか

 さて、今回の事件で大きな議論となるのは、「犯罪行為表現に影響されて人が犯罪行為に至るかどうか」という点であろう。これは過去にも多くの研究がされているが、統一的な見解は得られていないのが現状である。今回の事件においても、容疑者問題表現を見て犯行を思いついたのか、それとも元々犯意があったうえで問題表現を見て模倣したのか、はたまた自分で思いついたが「言い訳」として問題表現を上げたのか、本当のところは不明である

 とはいえ、表現人間に影響を与えることはない、とは言い切れないのも事実である。実際のところはケースバイケースで、影響を及ぼすこともあればない場合もある、というのが現実であろう。こういった状況下においては、「表現犯行の間に相関関係はなく、表現社会に悪影響を与えることはない。そのため規制できない」という主張が認められるのは難しいと思われる。

 現実としては現在未成年に対し相手意志に反し強制的性的行為を行う姿を絵や文章で描く表現」は規制されていない。それは、影響を及ぼす可能性はあるがそれはレアケースであり、表現の自由制限するほどのものではない、との意見一般的からであろう。そのため、もし今後同様の事件が頻発したとしたら、規制が認められるようになる可能性はある。

 今回の問題現実的な争点はここにあり、規制派は「社会に影響を及ぼす可能性があり、さらにそれが高頻度で発生する可能性がある」ことを、反規制派は「社会に及ぼされる影響は小さく、その頻度も小さい」ことを証明することを目指すべきであろう。

 なお、問題表現について「社会的利益にならない」ために規制を主張する意見もあるが、前述のとおり表現の自由への制約は社会他者への不利益のみを根拠に課すことができるとされている。そのため、こういった主張について法的な根拠はない。

 いっぽう、犯罪行為を描いた表現一般的には規制されておらず、漫画表現けが規制対象として挙げられるというのはおかしいという意見があるが、これについては漫画表現画像を用いるものであることからより臨場感があり影響を与えやすいため、という一定根拠存在する。ただし、より影響が大きい映像という表現方法存在するため、もし漫画規制された場合は当然ながら映像規制されることが妥当であろう。

まとめ

 今回の淫行事件については誠に遺憾であり、加害者は当然その責を負うべきである。また、これを機に表現規制に関する議論が進むことは歓迎すべきことであるしかし、その根拠となる法や慣例、文化理解せずに思い込みで主張を行っている例も見られる。表現の自由民主主義の根幹であり、軽んじてはならない。その原則理解したうえでの適切な議論が望まれる。

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615191654

 なんでそう極論に振れるのかな。

しかし、ロリコンショタコンには他のマイノリティにはあまりない特徴がある。それは、欲そのもの暴力性を孕んでいるということだ。

異性愛者であっても同性愛者であっても、お互いの同意なしにセックスするのは当然レイプである

そして子供相手には、性的同意などどうあがいても取れない。なぜなら未熟な子供はそれを理解していないからだ。

からロリコンショタコンがその欲望を果たすというのはレイプ以外になるはずもなく、当然暴力なのである

同時に、真っ当に大人が性の対象であっても、同意のないセックスしか興奮しない性癖はやはり暴力であることは注意が必要である

性という人間の根源に暴力性を抱えている人間は、社会的に認めることは難しい。

それは、他人への暴力を許容することになるからだ。

 小児性愛者やレイプしか抜けない人を「認めろ」って、彼らの欲望をそのまま叶えてやれって意味じゃないよね。

 実際の性暴力に手を出さない限り、差別されたり迫害されたりせず、「まあ、性癖は人それぞれだからね」で流してもらえる、好きなものを(それが実際の人権侵害に関わっていない限り)規制されない、って、そこまで不当な要求とは思わない。

 これすら認めないってどんだけ狭量な社会

 実際に子供セックスしたり他人レイプしたりしたら捕まるのは当たり前で、それは小児性愛者だろうが異性愛者だろうが同性愛者だろうが変わらない。人権侵害をして作られたコンテンツが取り締まられるのも当然のこと。他者危害を認めないという最低限のラインは、小児性愛者その他暴力的セクシュアリティを持って生まれた人への差別をすることなく設定できるよね。

 なんでみんながそうやって差別をしたがるのか、私にはさっぱりわからないんだけど。

本能として子供を守りたいというのは分かる。

だが、それで他者権利侵害してもいいという理由にはならん。

今回の件自体出版差し止めたりするような案件でもないとは思うが

世の中ってのは権利権利の調整だから

他者のより重要権利侵害する場合制限されるかんな

特殊性的嗜好のエロ漫画開陳する権利」と「政府批判する権利」は

同じ表現の自由からって保護される度合いが同等なわけじゃないし

別にあらゆる状況で「表現の自由>>その他」なわけじゃないか

そのあたりは勘違いすんなよ

18禁同人誌の中で幼女レイプして何が問題なの?

例のアレで吹き上がってるやつが多すぎるんだが、何が問題かあるいは何の法に触れるのか明確に根拠を示してるやつを見たことがない。

ただ自分不快

ただ自分不安

ただ自分が嫌。

ただそれだけ。

現実ではないただの絵空事の中で行われていることを、現実犯罪かのように断罪しようとする。

しか犯人クジラックス同人誌に影響されたと語った。

この時問題なのはなんだ? 同人誌か? 違うだろ犯人だ。

包丁をつかった犯罪がなされたとき、悪いのは包丁をつくった職人か? 包丁を使った犯罪が起こるたび包丁をこの世からなくせというのか? 違うだろ。

夜道を女が歩いていてレイプされたら悪いのは女か? そのたびに夜道をひとりで歩く女を取り締まれというのか? 違うだろ。

幼女レイプ同人誌犯罪を引き起こす怖いと言ってしま馬鹿にはこういった論理が考えられない。

から感情で「創作物が原因、規制せよ」などと吹き上がってしまう。

ひとはあらゆる創作物から影響を受ける。ありとあらゆる創作物はひとに影響を与える。

からゾーニングがある。18禁意味を考えたことはあるか?

そしてその行為を実際にやるまでには無数の壁がある。たいていのやつは行動を起こさない。なのに行動を起こしたひとりのやつがために創作物規制せよと声高に叫ぶのは包丁が悪い夜道を歩いた女が悪いというようなもの。作者や作品犯罪者犯罪行為をなすりつけるな。

もしここまで言っても幼女レイプ同人誌包丁を夜道を歩く女をいっしょにするなと思ったお前。

それはただお前が嫌なものだけこの世から消えろと要求してきていることを自覚しろ

そういうお前こそが表現の自由他者権利侵害してる悪だと自覚しろ

同人誌頒布している警察がといきなり自宅にくる可能

一人暮らしならい

実家だとアウティング問題になる

毒にも薬にもならない内容だと自認しているからと言って、犯罪者予備軍に影響を与え「ない」と言い切れるわけがない

表現は常に他者に影響を与える

今回は供述を受けてという話だが

次は容疑者の自室にあったから、にならないと誰が言い切れる?

ブラウザお気に入りに入っていただけで影響をはかることだってできる

WEBであれ同人であれ増田であれ、なんらかの表現活動をしていて、それを家族に明かされては困るのなら、今すぐ引っ越すべき

そもそも同人誌よりWEBのほうが多数の目に触れる

例外はない

https://anond.hatelabo.jp/20170615112741

病気でご飯食べられない人間から、ご飯の画像上げられるの苦痛なんだけど、そういう人間は「少数派」だから我慢しろっての?

他者人権尊重するなら僕の事件尊重してご飯画像アップロードはやめてください

https://anond.hatelabo.jp/20170615094524

世に出回っているサスペンスバイオレンスホラーの大多数は

大多数の人間生理的嫌悪感を催すような内容のものではない

そういう内容は多くの出版社自主規制されていて殆ど出版されていないし、殆ど本屋が扱う事もない

それは「そんなもんは見たくない」と言う人が世の大多数だから

でも性犯罪に関しては、それを見たがる人間が山ほどいるし

見たがっているのは加害者側であり社会的強者側、見たくないのは被害者側であり社会的弱者

と言う非対称性問題なんだよね

要は強者たる加害者側が弱者たる被害者側に対して「お前らの被害なんか知ったこっちゃねーよw俺たちが楽しむ方が大事からwww

しか思ってないか規制されないわけ

世の中強者意見の方が優先されがちだから

ヘイトスピーチと同じ問題だよ

社会的強者社会的弱者に対してお前ら死ねと声高に訴える事が「表現の自由」として認められるべき事なのか

それは他者人権尊重に反してはいないのか?

2017-06-14

漫画のせいだってようするに「責任転嫁」じゃないの?

https://anond.hatelabo.jp/20170614120233

警察対応云々が正しいかどうかはすっ飛ばし意見からアレだけど。

犯罪なんざやった犯罪者が悪いに決まってるじゃん。

あれのせいだこれのせいだってようするに責任転嫁じゃん。

社会が悪いとでも言えば「社会に申し入れ」されるのか?

実際社会が悪いからで犯罪やらかす人間はあまたいるだろ。

でもそれはそれで犯人が悪いとなってるのが現実じゃん。

結局これ騒がれてるの、理想としては犯罪要因も撲滅すべきとの考えがわからんはいわないけど、事実として他の人権とかと干渉するし

難しいってことだと思うんだが。

例えばこれが先行研究ならぬ先行「犯罪」みたいなのを参考にしたのだとしたら

犯罪やらかす権利など無いんだから先行者が叩かれててもここまで反論する人はあまり出てこなかったと思うけど

漫画を書くことそれ自体合法なわけで。

今の社会じゃ本当に他人責任がある場合でもアイツのせいだなんて行ったら厳しく叩かれる中に

自分勝手理由性犯罪やらかしといて、それを他者転嫁してるんだと仮定したら、

なんだかなあとは思うよ

もちろん、推定無罪だし、まだその人が犯人と決まったわけではないからこういうこと言うのは極めてアレだけど。

作者が悪いとかそういう話の前に、こういうこと考え出す人間もいるんだって認識してほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20170614125607

単に自分誕生日にも他者誕生日にも興味がないんじゃ?

からその何気ないやり取りにも強い疑問を抱く

そういう人知ってるよ アスペルガーの人なんだけどね

2017-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20170613170644

恋ダンス初めて見たのがキレッキレの紅白だったもんだから

もう他者恋ダンスなんて見れない

こういうとこやっぱりNHKはすげえや

2017-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20170612021707

単に気持ちいからだよ。

処女好きを公表すること自体女性名称を恥じらいもなく口にして「ああ、舐めて~」っていうぐらい気持ち悪い。

特に実在女性からすれば、一度失ってしまえばどうしようもない可逆性に欠けたものに対する物言いからな。

あえていえば俺は好きなほうだぞ。

どちらかといえばそうとうな、な。

ちなみに、処女好きにはハーレム好きも多い気がする。

数字をとったわけではないがな。

この場合そうした好みをもつだけで、実在女性に対してきわめて無礼をはたらくことになる。

人をたくさん集めておいて一定以上の大学卒業してない人間大学名以外を見ずに落とす面接のようなもんだ。

増田処女好きだとして(元増田では厳格にそう宣言してるわけではないようだしな)、自分公表すべき好みをもっていないことを自覚していない、それこそが元増田の悪いところだ。

その他にも、処女好きは女キャラに「膜」があるかないか判断しているわけで、そうした実に性的で、物理的で、生々しく、市井で口外することのない情報に関して、日頃から「このキャラは(女は)どうだろう?」と思考をめぐらせることの気持ち悪さがわかるか?

新宿駅前で「あー、あいヅラ、こいつもヅラ、隠すの上手いがあれもヅラ」って、嘲笑うでもなく見下すでもなく認定してまわるのより酷い。

ズル剥けじゃない限り人間と認めない、そう言う女がいたらどう思うか、に近いかもしれない。

ひとつ一般の皆様方にクソ気持ちわりい情報をお披露目するなら、「独占」という言葉がこの世には存在する、ということだ。存分に気持ち悪くなれるぞ。

主にエロゲの分野でのプレーヤーがしてみせる分類のひとつだが、

1.ヒロインが全員処女

2.ゲーム内で他の男が誰一人ヒロインとヤってみせることな

3.主人公けがヒロインとヤる

そういうゲームのことを指す。

まり処女ヒロインたちを主人公自己投影したプレーヤーが「独占」する、という代物だ。

気持ち悪いんだよ、これが。

からすると、「自分客観的に見ると気持ち悪い」ってことだがな。

もし皆様方がこの情報を今まで知らなかったのなら、こういう人間をなるべく触らずほっといてやってほしい。

知らなかったのなら、それだけ巧く「隠れて」やってたわけだから

ハーレム云々は別としても、処女好きというものは、そういう好みを抱いている時点で、他者を傷つけないために「非処女を責めてはならぬ」という不文律という枷をかまされることとなる。

となると初めから処女好きを非処女の前で公言しない」というのが、処女好き訓戒の第一条に書かれているレベルの話なのである

から増田でその話を持ち出すこと自体が悪、気持ち悪いではない、悪ということだ。

公言していないLGBT性同一性障害の人の前で、彼/彼女たちを揶揄してしまうような類の話はしないようにしよう、そんな当たり前のことよりずっと浅い話で、ちょっと考えればわかることだ。

処女好きを叩くのが「多様な価値観否定」?

そもそも処女好きが多様性排除してんだよ。

処女好きを公言するなら尚更な。

これを読んで気分を害した人たちには、どうかこうして元増田を律するために、矛盾した形で俺が愚かしくも自分の好みを公開露呈させたことを謝罪したい。

許してくれとはいわない。

から元増田よ、わかったら黙して貝になれ。

次に、せめて今を楽しめ。

処女ハーレムを作ってる制作陣が、俺たちを見放すそのときまで。

2017-06-11

結局「成熟」と「政治的正しさ」は水と油だと思うわけだ

残念ながら「成熟」と「差別」は親和性が高い概念である、と言わざるを得ないと思うわけだ。

から世が「政治的正しさ」を志向するリベラル社会となるほど「成熟」というもの価値は下がってしまう。

よって「政治的正しさ」が浸透した社会では「○○~は未熟」「大人になれ」的な言説で他者を説得する行為は、全く無効となってしまうのだ。

ここら辺のことを、「政治的正しさ」をモットーとしてる方々や、リベラリストな方々がどの程度認識しているのか、イマイチ疑問であるが…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん