「愛情」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 愛情とは

2019-03-21

別居とセックスレス

いくつもの原因が積み重なって、

いくつもの偶然が積み重なって、

思い切って別居した。

別居ってすごく大変で辛いことだらけのように思ってたけど、わりと楽しいことも多くて、当然だけど辛いことも多い。

一緒に住んでる時とは別のベクトルで忙しい。

でもトータルで考えればハッピーなんだろうな、というくらいには落ち着いたと思う。

別居して世界が変わったなんて大げさだけど、別居しないとわからないことがたくさんあったなと気がついたことは確かで。

当たり前のことだと言われそうだけど、半年前の自分とは変わったのを感じる。

まず一番は、家族がいないとさみしいかと思ったけどわりと平気なこと。

これが別居するとき一番心配だった。

子どものいない私たち仕事以外はべったりで、そのくせセックスレスだったりしたんだけど、ひとりぼっちになってしまうことがすごく不安で踏み切れなかったことが何度もある。

でも、1人になるのがさみしいと思う時点で、そばにいてくれる人なら誰でも良かったんだろーな。

やることがない週末を持て余すこともあるけど、2人でいてケンカしたりモヤモヤしてたことを考えるとずっとずっと心は平穏

さみしいかと言われたらさみしい。でも私はもっと強いさみしさを彼といて感じてたんだと知ることになった。

あの頃に比べたらまし。簡単に言うとそういうことなんだろうな。

次に、別居するのは簡単だけど、別居してしまうと離婚の重みを感じにくくなるということ。

あれほど離婚しかないと決意して飛び出したのに、不思議なもんだ。

目の前に相手がいないから、当然悩む時間も減るわけで。

あーこれからどうしよっかなって帰り道にふと思ったりもする。

でも彼の思いはわからないけれど、もう何ヶ月も連絡を取っていないと、いくら旦那でもその存在は軽くなっていく。

乱暴な言い方をしてしまうと、離婚しようがしまいが、私の苗字が変わるくらいで今の生活には変わりがないのだ。

2人でよく聴いていた歌や、彼が好きだったものを見るとふと思い出す。

あ、そうだ私結婚してたんだ、って。

あんなに毎日悩んでいたのに、忘れてしまう日が来るとは思わなかった。

彼と分かり合えないのなら生きている意味なんてないような気がしていたのにな。

いつかははっきりしなきゃいけないんだろうなぁと思いつつ、なんでも問題先延ばしにしてきた私たちは籍を入れたまま別々に生活をしている。

第3に、やっぱりセックスレスよくない、と再認識したこと

私たち夫婦にはセックスレスけが問題ではなく、その他にも問題はたくさんあったのだけど、別居当初の話し合いで彼はいくつもの解決策を提示してくれた。

その内容は、たぶん私がこれから先どんな手を使っても手に入らないような、私にとって都合の良い条件だった。

軽々しいことを言わない彼の性格から、本当にその条件を飲むつもりで提示したのだというのも想像できた。

今戻れば、私にとっては都合の良い楽な生活が待っている。

打算的だと言われようと、生活に疲れていた私には魅力的にも思えた。

でも、どうしても、

復縁想像した時に彼と抱き合う自分想像できなかった。

セックスレスで悩んでいたのに、だ。

望んでいたものが手に入る。

でもそれは私が望んでいたものではないような気がした。

失いたくないからセックスする?

さらどんな顔して抱かれればいいの?

どうしてもそう思ってしま自分がいた。

セックスしたい。

他の誰でもない、自分配偶者と。

それが叶わない苦しみと恨みで、きっと私は彼への愛情を食べつくししまったんだろうな。

彼がセックスしない理由はわからない。

本当のところ、彼にもわからないのかもしれない。

もう少し早くに2人で向き合っていれば。

何かが変わったのかもしれない。

ももうどうやっても、私が世界で一番抱かれたくないのが彼なのだ

セックスレスで悩みながらも、解決策が見つからないまま、一緒に住んでいるのだから、いつか解決する日が来るか、その前に欲求が枯れてしまうのかな、なんて考えていた、

最後最後に、こうしてセックスレスが目の前に立ち塞がる日がくるなんてな。

肌のふれあい大事自分が思うよりずっと。

そのほかにも、なんでも1人で解決しなきゃいけないとか、体調崩すと心細いとか、私はペーパードライバーなので遠出できないとか、別居してみて、あ、不便だな、とか、大事にしてくれてたんだな、と感じる瞬間がうんざりするほどあった。

できることなら彼と一緒に幸せになりたかった。

そう強く思う反面、今の私たちではもう一緒に幸せになれないんだなと実感する。

好きだからセックスたかった。

好きだからセックスできないことが辛かった。

一番抱かれたい人が、一番抱かれたくない人。

何度考えてみても揺るがないその思いを抱えて、まだ慣れないマンションのドアを開けて仕事へ行く。

泣きわめきもしないし、食欲もある。

たくさん笑えてるし、新しい環境にも慣れた。

夜眠りにつく前に真っ暗な部屋で、ずいぶん遠い場所に来てしまったのだな、とぼんやりと思ったりもする。

自分がいなくなった部屋で1人暮らす彼を思ったりもする。

それもきっと、いつか忘れてしまうのだろうな。

取り返しのつかないことが夫婦にはあるんだ。

その当たり前のような事実を私は知らなかった。

タイムマシンがあれば、私は絶対出会った頃の彼に会いに行く。

彼は嫌がるだろうが、私はあの頃の彼に抱かれたい。

から離婚してほしいって言っても、理解してもらえないんだろうな。

だめな19歳、だめな29歳

なんにも言い訳できない。わたし10歳上のお客さんと恋に落ちてしまった。しかも薬指に指輪をはめた。最初は苦手意識が強かった。顔がよくて背が高くて仕事もできる。人当たりもよくて奥さん悪口も言わない。完璧な男に偏見を抱いてしまわたしはどうせちやほやされてんだろ、ぐらいに思ってた。でも今となれば不思議記憶に残ってることが多かった。かなり酔っ払って店にきた日。わたしは席につかなかったけど、ソファーに体沈めてぼけーっとしてる姿みて、じゃあ店にくんなよとか思ったっけな。そのとき愛情の裏返しとかじゃなくてほんとに嫌だったのに気づいたらこんなよくわかんない関係なっちゃったな。あの頃が懐かしい。薄い記憶の中にいる、大嫌いだったあなたの影を見つけてはなぜかその頃に戻りたくなる。今はあなた会社の人と店に来るとき赤の他人のふりして話すけど、それももう飽きたしな。本当に他人だった私たちを思うと燃える奥さんが魚焼いてくれて食べた、とかそんな話ししたね。今じゃ、あってないものだとしてるからそんな話できないね。最低だ。こんな仕事してること、こんな関係持ってること、お父さんとお母さんに謝りたい。魚を焼いてくれるあなた可愛い奥さんにも。あとお店のマスターにも。ごめん。でも好きみたい。腹立つことも増えたけど好きみたい。向こうのことは全くわかんないけど。他にも女の子がいるのかもしれないけど。わたしはいないと信じてるよ。そもそも私のじゃないのにね。正確に言えばこれは恋じゃないとわかってる。ただの欲を満たすだけの手段だと。もうあとはこのまま朽ちていくだけなのに、あなたの人柄の良さがそうさせてくれない。ずるい。

2019-03-17

あやうくDV父親になるところだった

基本的にはまだ小さい娘は可愛く、一応パパやって休日は遊んであげたりしてるんだけど、どこかで愛情を注ぎきれていない部分がある。

それは嫁と不仲で離婚したいと常々思っているかである。こいつの娘だからというように見えてしまう。

今日、俺が自分のことに集中していたところに、娘に構ってと邪魔をされたとき、思わず一瞬かっとなってしまい、キレてベッドの上に投げ倒してしまった。泣くかと思ったけど、そうではなくじっと黙り込んでいたので、見るととても悲しそうな表情をしていた。そんな表情見たことがなかったので、我に返って焦って全力フォローした。

あの一瞬、あいつの子供からどうでもいいと思ってしまった。

こういうことがまた起こってしまいそう。

anond:20190315202418

疑心暗鬼ってあるとおりこいつ完全受け身じゃん。

雰囲気を出して避けられた、すらない。相手が欲しがってくれるの待ち。でも子供がほしいって入りじゃダメ。どういうわがままだよ。

頼み込む~相手から求めてくるの間に「そういう雰囲気になったか自然と」という広大なゾーンがあるんだけどそれに対する努力なんかしたわけ?

あと産後1年以内の女、というボロボロ状態について、把握しようと努めた?

やっぱり排泄のときとか痛かったりする?とかしばらく経ってから急に出てくるような体の不調ない?とかそういう

「この人は私の体も心も大事にしてくれてる」っていう実感たっぷり与えてる?

それは愛情だよ。お前がいうような惨めな行為じゃない。要するに原因はテメーのプライド旦那が悪いの正体はだいたいそれ。

そういうところから頑張るべき。

2019-03-16

愛情っていつだって歪だ

壊れて音が鳴らないオルゴールのように

2019-03-15

子供可愛いから欲しい」って言ってる人見ると不安になる

前に「子供欲しいと思わない」みたいな増田読んでふと思ったから書くぞ。

まず私は今子猫を飼っている。すごく可愛い。成猫の方が好きだから健康に育ってほしい。

でも「子猫飼ったよ」と言うと「子猫可愛いよね」って人がたまにいる。私はよくわからないので調べたら、子猫子犬の時しか飼わないで捨てる人は結構いた。ペットショップも大きくなったら売れないか処分のところもあるらしい。(大きい時からだとなつかないとかあるからかもしれないけど)

何が言いたいかと言うと、子猫子犬しか愛せない人はいる。そしてその人はペットを飼う資格がない。飼った以上ペット死ぬまでお世話するのは義務からだ。(どうしようもないこともある)

そしてその子猫や子犬しか愛せない人がいるなら、子供しか愛せない人がいるんじゃないか?と安直に思った。実際子供を育てていると「そのぐらいが一番可愛いよね」とかよく言われるらしいし。

子供可愛いと思え続ける時期はいからいつまでっていうのは人によって違うだろうけど、「可愛いから欲しい」って言ってる人の子供がオッサンバサン手前までいっても親としての愛情は持続しているのだろうか。

自分の子供を虐待する親も虐待する為に子供をもうけたわけではないだろうし、親としての資質みたいなものって子供まれる前にわかんないのかな。

2019-03-14

anond:20190314083745

お手軽すぎて、マイクロ波焼き鳥愛情がない、とか言い出す奴いるんだろうな。

2019-03-13

スリジエという女性アイドルグループにハマった話

その出会いは衝撃だった。

どん、と胸を打たれるような、きっとこれは出会うべくして出会ったのではないか錯覚するような、そんな出会いだった。

これは別にただのアイドルヲタクの備忘録のようなものであり、個人特定などもされそうだが特にこれと言って匿名で書いている意味もない。これを踏まえて興味がある方に興味を持っていただければそれに越したことはない。

ことの始まりは昨年1月に遡る。

たまたま地元イオンにふらっと寄った時のことだ。エスカレーターを降りる時、ふとアイドルライブをしているのが目に入った。

降りた先で最初に目についた背の高い女の子はなんとも可愛いミントグリーン衣装を着て熱心にビラ配りをしていた。(これが後にスリジエ候補生リー(当時)の石原由梨奈ちゃんであったことがわかる)2つのグループで合同のインストアイベントだと聞いたが、他にも何種類かの衣装を纏った少女たちがとにかくたくさんいた。

その日、たまたま散歩帰りで望遠レンズではないとはいえ一眼レフカメラを持っていた私は迷わず撮影エリアに行った。というか、気がついたらピンク衣装女の子たちを撮っていた。ほんの無意識だった。あの日カメラを持っていたことは偶然ではなかったのかもしれないとすら今になって思う。

そうこうしているうちにひとりの小柄な女の子が目についた。

可愛い

なんだこの可愛さは。

これが後に「推し」となる朝日奈えみちゃんとの出会いだった。これはもう衝撃だった。

幸いにもインストアイベントが終わってからハイタッチ会があったためにメンバー全員を近くで見られたのだが、全員が可愛いのは言うまでもないがやっぱり彼女は抜群に可愛かった。まさに一目惚れだった。

メンバーとのハイタッチが終わってすぐに、迷わずGoogleで「スリジエ」と検索していた。わたし一目惚れした彼女朝日奈えみちゃん自分と同い年、さらにはお誕生日も2日違いではないか趣味コスプレ。元々小学校高学年の頃から深夜アニメを観るようになって、その後は声優ヲタに片足を突っ込んだ経緯のある自分に重なるものがあり、一気に親近感を覚えた。

そして発売が1ヶ月以上先のCDを迷うことなく予約した。そして初めて、その場で一目惚れした女の子ツーショットチェキを撮った。初めてチェキを撮った時はとにかく緊張と興奮が混ざっていて何を話したか全然覚えていないが、その時のチェキを見返すと、推しと一緒に非常に楽しそうにハートを作っているわたしが写っているので、きっと相当楽しかったんだと思う。

その興奮も収まりきらないまま夜になってしまった。そんな時だった。時刻は午前1時半をまわっていた。その時は偶然起きていて、昼間にの散歩で撮った写真現像していた。iPhoneの画面がついたと思って見たら、そこにはTwitterからの通知が来ていた。

開いた先には何と、先ほどチェキを撮った彼女からリプライが来ていた。というのも、興奮したままのテンションで「スリジエというグループが可愛くて~特に朝日奈えみちゃんが好み~」みたいな何とも稚拙ツイートをしていたかであるまさかリプなんて来るわけないだろう、と思っていただけに本当に衝撃だった。そこに書かれた「またライブに遊びに来てくれると嬉しい」といった内容に、軽率に釣られてしまったのである

わたしは元々SKE48から女性アイドルに興味を持つようになり、スリジエを知る前はでんぱ組.inc妄想キャリブレーションなどが好きだった。とはいえ、いずれもある程度女性ファンが多い。しかスリジエは、ましてや撮影可能エリアには女性なんてほぼほぼいなかった。でもやっぱり「推し」となった子の笑顔を見るとこちらまで嬉しくなるものからインストアイベントでは何とかして大きなカメラを抱えた男性方に混ざって必死写真を撮っていた。

たまに「女の子がいるのが見えたらメンバーも嬉しくなるだろうから」と前に入れてくださる方もいた。こういう場では軽蔑されるだろうとヒヤヒヤしていたわたしからしたら、その人たちがもはや神様か何かに見えた。今もインストアイベントやら撮影可能の外部ライブ写真を取り続けていられるのは、そんな方々がいたおかげだと思う。そして、メンバーに青葉桃花ちゃんという「カメラ女子」がいたことも大きかった。彼女のおかげで写真を撮ることが間違いなく楽しくなった。

スリジエインストアイベントや外部ライブへの出演だけでなく、週に4日秋葉原で「定期公演」と称されるライブを行っているグループだ。わたしは当初、このライブには行けなかった。理由はよく覚えていないが、間違いなくアウェーだと思っていたのは事実である。おかげで4月の終わりまで何だかんだで定期公演へ足を運ぶことが出来ないでいた。

でも実際に行くと、アウェーとかそういうものとはまるでかけ離れていた。その日はゴールデンウイーク間中ということもあり、とある候補生メンバー生誕祭が平日の朝から行われていた。はからずも生誕祭という比較的誰でも楽しみやすイベントで定期公演デビューを飾れたことは、我ながらとても良かったなと今でも思う。

意外とあたたか現場。会場に入るや否や、初めに感じたのはこれだった。女性の居場所なんてないんじゃないかと思っていたのは何だったのかと思うぐらい、罵声を浴びせられることもなかったし好奇の目で見られることもなかった。どう見てもわたし以外は全員男性だったのに。学生時代男性アイドルグループも観てきていたが、その度に「メンバーと同性なのにファンをしているのは何が楽しいのか」という疑問を抱いている人が多い環境にいたわたしには、これも衝撃のひとつであった。

しかった、という感想しかか出ない程楽しかった。次の日も、そのまた次の日も、朝から秋葉原に出向いた。そうしていくうちに、元々インストアイベントで撮らせてもらっていた時以上に全体的にライブを観られるようになった。この子はこんな魅力のあるダンスをするんだ、この子MCで話すとこんなに面白いんだ。そんな発見がとても楽しかった。そして、元々この子が好きだなあ、というぼんやりとした気持ちだったのが、各ユニットでこの子を観たい!というものさらに明確に定まっていった。それまでは1人でライブを観ていた超人見知りのわたしと、この頃から会場で話してくれる方が出来始めた。実生活共通趣味友達があまりいないこともあって純粋に嬉しかった。

ゴールデンウイークが明けてからは、平日に各ユニットでのワンマンライブがあった。わたし候補生リー(5月16日)スリジエ宙組(5月18日)のワンマンライブを観に行った。ツリーワンマンライブの日、別のユニット所属しているメンバーたちが参加しているサイン会推しチェキを撮ったその足で走って会場まで向かったのを鮮明に覚えている。人は普通ヒールでこんなに走れるのか、と感激したぐらい、高校生の体育の授業の時のように全力でダッシュした。また、この時の公演は半分以上観られなかったこともあって、初めてその場でBlu-Rayを買ったのもいい思い出だ。

宙組ワンマンライブの日はその前から告知があったために職場には休み申請していた。そして意気揚々と会場に入った。推し体調不良で先述のサイン会からの復帰であったが、正直どこの誰よりも可愛くてああ、この子を観に来て良かった、と思った。また、この時に初めて宙組メンバー全員と一緒にチェキを撮った。その前からTwitterにちょいちょいインストアイベントで撮った写真を載せていたこともあったからか、推しチェキサインをしてくれている間に色々話しかけてくれるメンバーいたことにもびっくりした。

そんな充実した5月も終わろうとしていた頃。アイドル撮影会に初めて足を運んだ。それまでポートレートと言っても友人ぐらいしかまともに撮ったことのなかったわたしからしたら未知の世界ではあったが、先述のサイン会(またかよ)の会場であったスタジオでの開催ということ、そして推しが参加することからわず予約した。

撮影会と言ってもポージングの指示出しとかしたことないしな…と不安だったが、そんなもの杞憂だった。どのメンバーもほぼ同世代ということもあって、いろんな話をしてくれたことがすごく楽しかった。気がついたら結構な量の写真を撮っていて、3時間なんてあっという間に経ってしまった。

それから先は推しが休業したり出演したりとまちまちではあったが、とにかく受付で「お目当てのメンバーは?」と聞かれると「朝日奈えみちゃん」と答える日が続いた。推しの休業が寂しくなかった、と言えば嘘になるが、休んでる間にも待ってることを伝える術はTwitterリプライを送ること以上に会場へ足を運んで動員を入れることだと思ったかである。そしてその間にこの子はこんなところが素敵だな、とか、そういう発見をたくさんした。このことは後々の(今でもだが)インストアイベントやら外部ライブやら撮影会で写真を撮る時の参考になったり、話すネタになったりしている。

また、推しがいない中でもライブを観て楽しめたのは当初スリジエ候補生リー所属していた中村柚月ちゃん(現在アリスプロジェクト移籍仮面女子候補生所属)の存在なくして語れない。彼女推しと仲良くしていたほか、わたしとの共通話題がたくさんあったこからイベントがあれば気がついたらチェキを撮るようになっていた。推しとはまた違った魅力がたくさん詰まっていた。どんどんその魅力がに惹かれるようになり、「推しが大好きな彼女もっと好きになりたい」そう思うようになった。

そして迎えた9月。うだるように暑い夏が終わろうとしていた9月2日に、スリジエリーダー中丸葵ちゃん生誕祭が開催された。その時に偶然居合わせフォロワーさんと話した時に言われた些細なひとことが、この後の運命を変えたような気がする。

「えみりー(推し愛称)の生誕祭、どうするの?」

正直わたしはそれまで、他に動く人がいるだろう、とか、何なら女性がほぼいない現場で、しかわたしみたいなどこの現場にもいるわけでもない人間が動いたりなんてしたら5ちゃんねるとかでフルボッコにされるんじゃないかな、とか思っていた。その上推しは当時、身体の不調が続いていたことにより、長期的な休業に入っていた。

しかしその段階では誰も彼女生誕祭について動いていないようで、誰かがやらないといけないことをその時に初めて知った。生誕祭9月24日。あと3週間しかない。

元々何かを頼まれたら断れない性格であったことも相まって、せっかくならメッセージカードをたくさん貼ったアルバム(通称ヲタ図鑑)を作って「皆で復帰を待ってたよ」的な感じにしたいなと思った。その日の公演の帰りに自分メッセージカードデザインして業者発注をかけなければならないということに気がついた。そして帰ってからデザイン構成し、業者発注した。自分で言うのも何だが、尻に火が付いたら秒で物事を終えられる性格だなと改めて思ったものだ。

この後「生誕祭一緒にやりませんか?」といった内容で連絡を下さった方には事後報告になってしまったが、とにかく注文したメッセージカードが届き次第メッセージを集めた。正直100人ももらえないかもしれない、予備を含めたと言ってもさすがに200枚は作りすぎたな…とか思っていたにも関わらず、余裕で120枚近くのメッセージカードが集まった時には感激した。それらをアルバムに1枚1枚貼る時、たくさんの方がメッセージカードの内容を読みながら泣きそうになった。こんなに愛されている子を好きになれたことは幸せだな、そう思ったら胸の奥が熱くなった。

余談だがこのヲタ図鑑推しと同い年の自分担当することになった時に「推しが泣くぐらい喜ぶものを作りたい」という目標を設定して作った。せっかくならとびっきり可愛くて、他のメンバーに自慢したくなるような女子ウケの良いものにしたい、と思った。しかしながらわたし自身にそこまでのセンスがなかったこともあって、そこまで可愛いものではなかったかもしれない。

そんなこんなでバタバタしつつも順調に作業をして迎えた生誕祭当日。朝から気合を入れるためにビールを飲んで秋葉原へ向かった。開演1時間半前に秋葉原に着いたのに、開演するまであっという間だった。何なら開演してからもあっという間だった。生誕祭の内容に関してDVDも発売されているために詳しく書かないが、とにかく本人がこの日のために撮影編集したというオープニングの映像(https://youtu.be/b-JAqGexHWU)が始まってすぐに泣いた。というかその前から推しの姿がちらっと見えるだけで泣いていた。久しぶりに見た推し笑顔。そしてそんな推しに皆で振った緑色サイリウム。ただただあっという間に過ぎていくそ時間は、2018年いちばんキラキラしていた瞬間だった。その後のチェキ会でメイクがドロドロになりながらもチェキを撮ったこともはっきりと覚えている。いろんな方のご協力があっだからこそ見られた推し笑顔。どの方面にも感謝してもしきれない。

それから推し活動復帰ということもあり、足を運べる時はライブに行くことを優先した。アイドルはいつ会えなくなるかわからない、でも会えるうちにたくさん会わないと伝えたい言葉を伝えきれないと感じたからだ。気がついたらいろんなイベントスリジエと一緒に過ごしていた。

元々インドア派だったわたしフットワークが、異様に軽くなった。楽しいこともあったし、推しと仲良くしていたメンバーが次々に卒業してしまったり移籍してしまったり、そんなような泣きたくなるようなこともあった。でも、今となってはどれもいい思い出だ。思い出したらきりがない。

そしてスリジエきっかけに、住んでいる場所や年齢、職業などの壁を超えた知り合いがたくさん出来た。びっくりするぐらいどの人もすごくいい人で、それぞれの推しに対する愛情が深くて観ているだけで「ああ、○○ちゃんはこんなに愛されてて幸せ者だなあ」と思わされるぐらいだ。

女子出身学生時代バイト先も女の子ばっかりだった上今の職場でも異性とあまりさな環境にいて自他ともに認める「コミュ障」であったわたしがこんなに様々な男性と話せるようになるなんて、1年前には思ってもみなかったことだ。

その人たちの推しているメンバーの記念のイベントがあった時にお手伝いをさせて頂いていると、この子はこういうところが素敵だなという新たな発見がある。その時も「そうなんだよね〜この子のこういうところが好き」という会話から好き、可愛い、という感情シェアできるのがシンプルに嬉しい。

どうして女性女性アイドルヲタクをやっているのか時々聞かれることもあるが、単純に楽しそうな推しを観ているとこちらまで楽しくなってくるからという理由に尽きる。別にガチ恋でもないし、かと言って友達になりたいとかそういう願望もないので、単純に雲の上の存在として眺めているのが目の保養になって楽しい。そして自分の見た目へのコンプレックスも相まって、来世ではこんな顔に生まれいから今のうちに徳を積みたいな、という実にしょうもないことを考えている時もあるがこれも楽しい

書いていて文章がまとまらなくなりつつありますが、とにかく何が言いたいかというと。

わたしスリジエが大好きです!

スリジエの定期公演について

......................................................

❁*゚スリジエ定期公演詳細

https://ameblo.jp/livecerisier/

❁*゚『You are No.1MUSIC VIDEO FULL Ver.

https://youtu.be/1KMQD8c0-c0

カレーキュウリ

入れないよな。

いや、俺の母親が入れてくるんだよ。俺がキュウリ嫌いだからって。

俺はキュウリの生臭さがダメなんだけどカレーに入ってるとそんな生臭さしないから食べられるけどさ。

でも、火が通った乱切りのキュウリってすごく変な食感しかしない訳で。

これも親の愛情なのかもしれんけど、明後日の方向に行ってるよなぁと。

anond:20190313110911

稼ぐだけ稼いで自分のために溜め込んでまわりには最低限の奴隷ぐらしを強いたのでは

一日14時間会社通勤中で外にいる人に家をホテル扱いされるならまあ一泊5000は払ってほしいよな 掃除かに文句つけるなら15000かな

もちろん食費別

 

家事の子育てにちょっと協力してもらえるだけでいいんだよな、奴隷と感じなくさせる程度のそれが愛情ってもんだろ

種まいて放置学校も塾も卒業式運動会もどうでもいい人のことは子育てしてるっていわないんだよな~

2019-03-11

anond:20190311174730

分配があってもそれはそれでいいんだ。無限にあるだけ吸い取っていいとおもってるんじゃなければ。

あと東北次男東京にでて金の卵あつかいされてたから逆に社会から愛情たっぷりもらえたんだな

anond:20190311174314

愛情兄弟間で公平に分割されている(ほしいだけもらえる性質のものではない)ことが子供心に理解できるので、その分成人してからいつまでも母親尊敬する機運がある。

いやナイナイ

昔は息子>>>>娘、息子同士でも長男>>>>それ以外、と言う序列があって当たり前。

長男が出来が悪いとかなら他が成り代わる事もあるが)

しろそれが当たり前だったから、序列で下の方とされていても「そういうもの」だとされて不満が出なかった。

(あるいは不満を持っても表に出さなかった)。

でも今は兄弟姉妹平等が当たり前だから長男だけ可愛がる親がいたら即毒親認定

anond:20190311072100

まあ、控えめにいって今の「ちゃんとした子育て」ってのは

育児役の一人の24時間365日=人生を20年間拘束する事業

これがなんで専業主婦だのおばあちゃんだのでなりたってたかっていうと、

ちゃんとし」てなかったのと多産だったから。

多産ならなんでOKかっていうといくつか要素があって

・1人が人生を捨てて3~5人が育つなら社会全体でみれば収支はプラス

・上の子が下の子を面倒見る。下の子も上の子が叱られてることはやらないようになる。(同じ子供が叱られているのが一番学びになる)

愛情兄弟間で公平に分割されている(ほしいだけもらえる性質のものではない)ことが子供心に理解できるので、その分成人してからいつまでも母親尊敬する機運がある。

・不出来な子供が(増水中の川に流されたり冷蔵庫に隠れたり夜店の串で喉を突いたりして)自爆死しても、なんでADHDの診断うけさせなかった薬のませなかったといって母親をせめたりする人は誰一人いなかった。若年の鬱自殺なんかも流行したりしてた(アイドル自殺に伴う自殺の増加や有名な心中など)けど少子化じゃなかったので自爆した人のまわりだけちょっと悲しんであと社会から忘れさられてもよかった

社会に出るのに失敗してもセーフティーネットとしての子育て業があった

 

今は万能人間ダヴィンチちゃんみたいな良妻賢母調理師免許なみの食事知識)+稼げる父+医者選びをこなす医療福祉司あたりを全部こなす母親が求められているので、はい無理ぃ

日記

週末は娘と二人でプールに行ったり動物園に行ったりボートに乗ったり。やはり妻は来ない。理由はもう聞かなかった。プールの後のピアノ教室だったので眠気でつらそうで娘のわがままを聞かずにプール日曜日にすればよかった。

日曜日は朝から妻と娘が無印フォンダンショコラを作っていた。僕が娘と作るつもりだったがバターを室温に戻している最中ピアノを弾いていたら妻が娘と作り始めた。最初は若干面倒そうだったが作り始めてからは無心で作っていたように見える。できあがりは美味しい。

外出から戻るときに娘が焼きそばをどうしても食べたいというのでスーパーでいつものセットを買い作る。妻も少し食べたが彼女には少し油っぽすぎたかもしれない。


気になったのは日曜日の夜に妻が珍しく娘を風呂に誘ったがパパがいいと即答したため僕と入ることに。一足先に自分だけ洗っていると脱衣所から娘の悲鳴が聞こえるので覗いてみると、妻が娘の手足を押さえつけて歯磨きをしていた。大丈夫大丈夫と声を掛けておいたがその後風呂に入ってから娘はずっとパパがいいと泣き続けていた。僕も目薬を差したりするときに押さえつけることはあるが歯磨きでやったことはない。なんとなく風呂の誘いを断った嫌がらせに見えなくもなく不安がまた少し募る。

妻は娘に対し愛情を注いでいるように見えるが義務的にも見える。体調なのか精神的なものなのかわからないが万全ではないし体力もない。どうして娘ともっとコミュニケーションを取ろうとしないか聞きたいが必要以上に強く聞いてしまいそうだし逆に反応が苛烈ものになる可能性もあり判断に迷う。PMSの影響だと思いたいがそれにしては長い気もする。正直ピルを飲んでほしいが効果確信がないのとその話題を切り出すこと自体地雷になるのは明白なため機を伺う。ただ妻に生理が戻るまでは妊娠中を含めそれなりに良好な関係だったことを考えると一定の効果は期待できる気もする。妻の婦人科医は以前この話が出たときに処方はすぐにすると言っていたそうだが妻は乗り気ではなかったことが引っかかる。

美少女イデアから解放

 「AVエロ漫画非モテが性欲から解放されるか?」というのが非モテ界隈ではたまに話に上がる。

 『解放されない』というのが主流の意見らしい。

  

 しかし、当の非モテ自分からすれば、なんか論点がズレているように思えている。

  

 うまく言葉にできないが、「俺は美少女エロを知らずに死ぬ」という苦しみから解放されていると思う。昭和なら、ブロンド美女とは何か、180cmモデルが爺とセックスすることはどういうことなのか、ということを分からずに、悶々として死んでいたのだろう。

 今は、そういう悶々としたものはない。普通に知って、普通に当たり前になって生きられる。

  

 リアル女性から愛情というのが、非モテ論での解放される趣旨なんだろうけど。そういうものは、世界最高の女性エロを知らない苦しみより遥かに低いんじゃないかと感じてしまう。

 世の中の女性は、バンドマンホスト借金作ってAVなどに行ってしまうほど、愛に狂うらしい。そこまでの気持ち男性にはあるのかね。ないんじゃないかな。無いから、苦しく無いような。

2019-03-10

anond:20190310194324

変な攻撃されると心の準備はしたほうがいいと思う

卑屈な人間というのは余裕がなく相手を責めるのだ

しかしたら愛情を確かめ行為なのかもしれない

しか自分は無理だったわ

2019-03-09

anond:20190308224845

う〜ん、早くても名器でもちゃん愛情タップリに前戯してればお互い満足だと思うんだけどな。

まり愛情が足りないんだろうなと思う。お互いにね。

2019-03-08

男性には何もしない

それが一番良い関係を作れるんじゃないかと思い、ここ一年間、恋人に自らなにかをする事もなく過ごしている。

正直、私は尽くすタイプの女だ。事実元彼はとことん尽くした。しかし、上手くいかなかった。最後の方に私は尽くした分の見返りである愛情を求めるようになってしまった。

からこそ同じ轍は踏まぬぞと、今の彼には一切、尽くす事をやめた。遠慮もしなければ、嫌な事は口に出して述べるし、相手を思って行動したりしない。

最初不安ばかりだった。相手の為に動かない自分が。しかし、いつの間にかそれに慣れ、元彼よりも自由恋愛を手にできた。

彼がしてくれた事に感謝して、ただ笑っていればいい。無理して可愛い服を着なくて良いし、彼に合わせて甘いもの我慢しなくて良い。

そうしてくうちに、今の彼が本当に素敵な人に見えた。「ありのまま自分を受け入れてくれる人」になった。荷物を持ってくれる事や、ショッピングに付き合ってくれる事。全てに感謝してしまう。

異性に何かしていた時の自分は、「自分を良く見せよう」と必死だったのだろう。頑張る事は勿論大切。でも、それが本当に相手が望んでいる事なのかは分からない。

異性には何もせず、ただ寄り添うだけで幸せなのかもしれない。

2019-03-07

anond:20190307103141

そもそも子供の間違った育て方を議論する前に

子供の正しい育て方は分かっているのかと言いたい

もちろん親の愛情とか関心とかサポートとかが必要みたいな話はあるが

少なくともその中にはゲームやらせるかどうかは入っていないだろう

2019-03-05

春の訪れ。雛人形子供への愛情っぽいもの

今日は娘の初節句のために飾っていた雛人形を片付けました。

妻が片付けて、その間私は子供をずっと抱っこしていました。

最近子供日中ずっとグスグスしているという問題意識が妻と私の間で共有されており、愛情っぽい何かを与えると回復するのではないかという仮説のもと、いつもよりもスキンシップを多めにしています。そしたら子供も楽しそうで、良かったなと思いました。日中のグスグスがなおるかは全然わかりません。

まぁ、これから愛情っぽいものを与えていきたいなと思いました。愛情っぽいものを与えていない時はどうせスマートフォンを見ているだけで生産性はない。

このエントリでずっと "愛情っぽいもの" と表記しているのは、私が愛情を感じていようがいまいが、子供が "自分愛情が注がれてる" と感じなくては意味がないので、私主体愛情ではなく、子供愛情を感じるもの、という意味で使っています。私は愛情感じてるとは思っているけど他の人と比較できないしなんともかんとも。

ただの感情の掃き溜め。機能不全家庭と離婚した母の病気

自動思考の書きだし...

なんかムカつく。。

私は本当にしんどい思いをしてきたのに、それを否定されているように感じる。

私が母に怒りを感じるのは当たり前で、それを許そうと私だってしんどい思いで乗り越えようとしてるのに。。

結局病気になるまで罪悪感なんて全く感じずに、好き勝手生きていて、自分病気になったから、治すために自分の罪を許してもらって解放されるために呼んだってこと?それは私のためじゃない。自分のためだ。

私には献身的サポートをしてくれる人なんて、中学の時から誰もいなくて、人格否定を常にされながら育って、そのおかげで相当に苦しくて人生希望が見出せなかった。死にものぐるいで努力して、普通の人と同じ土俵に立ったと思ってもすぐに足元をすくわれた。

この精神病質は一生治らないんじゃないかって、思い悩んで、死んだ方がましで消えてしまいたいと何度も何度も繰り返しながら、原因と思われる事を恨んだ。

ずっと消えない、トラウマと変容してしまった脳と、心の歪みを抱えて、幸せを感じることができない。

そんな、人生を経てきている。何も知らないあなたが、それを否定しないでほしい。私だって病気と闘っている、幼い頃からずっと。サポートだって本当は欲しい。でも誰もいなかったから、1人で闘ってきている。本当はあったはずの青春楽しい子供時代も奪われてコンプレックスの固まりで、出来損ないの心を持って、周りに迷惑をかけている事に罪悪感を感じながら、自立しようと、まともになろうと、認められようと努力をしている。

母のことばかり優先は出来ない。母に似てるだなんて、私にとっては侮辱と同じなんだよ。私はそうは思わない、嫌なんですって前にも言っているのに、なぜ繰り返し言うの?何故、私の気持ち意見を伝えているのに、否定するようなこと、私の不幸なんて大したことじゃないみたいな風にいうの?

あなたに何が分かる。あなたに私の想いなんて分からない。母のことを本当に愛しているようだけれど、その為に私達を、利用したり、センシティブ話題に首を突っ込まないで欲しい。どんな思いで、私が病院に来ていると思っているの?

本当に腹がたつ。自分病気よりも、子供幸せを願うくらい利他的であったなら、わたしもこの感情を和らげることが出来るけど。

あんなひどいことをしておいて、一言くらいで簡単に許されると思わないで欲しい。。変なスピリチュアルカードで、どうやって病気が治りますかって聞いたら、"許し"というメッセージが出たから、だから謝ろうと思ったってそういう事なの?

罪悪感を抱えて、罪を背負いながら、生きて欲しい。それが贖罪であるから解放されただなんて思わないです。事情がなんにせよ、あなたしたことは、ひとり、ふたり人生を大きく毀損してしまったんだから

私は、人を傷つけることに凄く罪悪感があるよ。よくもあなたあんなに酷いことが出来て、言えたよね、、まだ子供の私に。それを、癌になるまで悪いと思ってなかったってこと。。?病気になるまで、謝るつもりは全く無かったって、そういう事?

から私のことが心配なら私の話をもっと聞いてくれるはずじゃない?私のことに興味を持ってくれるはずじゃ無い?応援してくれるはずじゃ無い?自分の考えの押し付けで、人の気持ちを考えていないんだよな。相手立場を慮る余裕やキャパがないのか。。いつも結局自分勝手で結局自己中。自分が常に優遇されていて、贅と快楽享受しないと気が済まない...結局そんな浅ましい人間本質は変わっていない...

そんな母のことが、ずーーーーーっと嫌いだった。そんなにすぐには、この感情は変えられない。時間がかかる。私は、母を好きになることは出来そうにないや。過去を仕方がないと受け入れて許し、彼女幸福を祈ることは出来るけれど。やっぱり、好きにはなれないよ。やっぱり近づきたくないと思ってしまったよ。死んでしまったら悲しいのかもしれないけれど、何を話していいかからないよ。まだ怒りが残っているようだ。私は次の世代や、周りの大事な人を傷つけるような事をしたく無いから、自分人生を強く幸せに生きて、周りを不幸にする愚かな選択をしたくないから。だから母の事を、少なくとも過去の母の言動思考パターンは病的で否定しないといけない。そうしないと、同じ事を、私も連鎖してしまいそうで怖いんだよ。。。。

今は献身的な夫に見せてる旦那さんだって家族が酷い状況の時に母をたぶらかし不倫して、一層家庭をかき回して、母は外泊三昧で父も子供達もみな傷ついて、私の思春期楽しい思い出が殆ど無い。離婚した時なんて、はっきりと思い出せず記憶が飛んでいる。わたしはとっくに母からサポート愛情なんてものは諦めて、必要ない、自分努力して立派になるんだって理想生活を手に入れるんだって、母の存在否定して1人で頑張るしか無かった。誰にも辛さ、悲しさ、苦しさを話すことができなかった。

そんな風に奪われるべきじゃなかった。

そのことについて、罪悪感は感じない?謝ろうとは、思わないかな?

母は離婚して旅行や贅沢三昧で罪悪感もなく、手厚いサポートあなたにしてもらえて、私は荒れた家庭でずっとひとりぼっちだった。

食事だって困ってた。病気になっても、自分対処するしか無かった。

兄や孫たちが来るのは良いけど、被害側の私や弟が来て話すのは、負担になるからもうやめた方が良い?もう来なくていい?

何なの?マジでムカつくわ....。もう2人で勝手にやってくれだなんて思うよ。私は一体何に巻き込まれていて、どうしてこんなにストレスを感じないといけないの?

せっかく過去に向き合って、母を許し、過去のことを水に流して今の母さんと、新しく絆を作ろうと思って、トラウマに苦しみながらも、体調崩して休職せざるを得なくなっても、今は母との時間を作って母のためにも自分の為にも向きあおうとしているのに....

カウンセリングだって言った。心療内科にもお世話になっている。

当たり前かもしれないけれど、現旦那は母のことしか、全く考えていない。私達がどう感じるか、どんなショックを受けるかなんか考えていない。

他のことなんてどうでも良いと思ってる。

私が昔つらかったことを話すのは母を傷つけて、体調を悪化させる、悪者扱いされている?初めに向こうから過去の嫌だったこと全部話して、言いたいことはなんでもゆってって言うから、ゆったのに。ずっと蓋をして出来れば忘れてしまいたい感情で、向き合うのも思い出すのも辛かったのに。それなりに、自分なりに人生築き上げてたところだったのに。。思い出したらフラッシュバック気持ち悪くなっちゃったよ。

どうして、それで母を悪くいう私が悪者扱いなの?

お金持ちをひけらかして、一体何なのか。ディズニーホテルなんて私は泊まったことないよ。うちの家庭ではディズニーは私が行きたいといっても兄がいかないとゆって、私だけでは連れて行ってもらえなかったよ。

母が捨てて出てった家に今でも住んでいる私は、カビだらけのエアコン20年以上未だに使っていて、母が壁に穴を開けて、嫌な思い出の詰まった部屋に住んでいるよ。一人暮らしが出来る気力も体力もないんだよ。努力してスキルを磨いて、職を手に入れ、鬱や体調不良に苦しみながら、精一杯稼げるお金年収400万だよ。

あーー良いご身分ですねーー。なんでもやってもらって、なんでも買ってもらって、好きなことだけして働きもせず、金持ちに甘やかされて、離婚して良かったですねー。あれだけそんなんじゃお前は社会でやっていけないよって、私を否定していた癖に、自分はちゃっかり、お金持ち見つけて不倫して、愛されて自立もせずに余裕があるふりして、孫を甘やかして良い人ぶって幸せ満喫ですかーそうですか。

私に贖罪したいなら、アパートの一棟くらい買って欲しいくらいだわ。言葉じゃなく、行動で示せ。利己的な動機が透けて見えるうちは、言葉は信用することが出来ない。

なんせ今までなんども裏切られてきたからねー簡単に信用したら、危ないって染み付いてるのよ。

病気が分かってから自分の住む家の改築に、自分趣味2000万ものお金を使って、私の将来のことを心配してくれる事はないもんね。成人後何度か食事に言った時もいっつも自分の話ばかりして、良い家に住んでるから遊びに来てって、自慢していたなー。こんな生活が出来る私すごいでしょーって、何にも努力してないくせになー。

私の仕事に興味待って話を聞いてくれたり、思いやってくれたり応援してくれることはなかったな〜。

子供達や孫のために、お金を残したいとは思わなかった?おまけに連帯保証人にされそうになったんだ。あれは危なかった。こうして死にそうになっていて、あの時すでに病気の事分かっていたのにね...

嗚呼、ならなくて本当に良かった。信用しなくて良かった。はあ。こういう、落し穴とか罠みたいなのがちょこちょこ潜んでいるから母と対面すると気を抜けない。

旦那は偉そうに、自分は何でも知ってるみたいな言い方しやがって、あなたに、私の気持ちや辛さは分からない。

一体母の何が良いのか。話を聞いているだけで気が滅入ってくる。論理的な話が出来ず、頓珍漢で意味不明。標準医療を拒み、代替医療大金を注ぎ込み、挙句に癌がどんどん悪化して苦しんでいる。見てるだけで、話を聞いているだけで頭が痛くなってくる。

ちゃんと、彼等との間に防御壁を作っておかないと、医者なんてヤブ医者ばかりだとか、抗がん剤は毒だとか、検診なんて無駄だとか、あなた病気じゃないか医者なんて行くなとか、そんな、将来の私に不利益になるような全く根拠のない価値観押し付けられそうになる。

から自己をしっかりと保ち、それを受け入れず、ただそれを信じ込んで祈っている弱った母の事を傷つけないように配慮しなくてはならない。

私は、素人意見よりも専門医意見を、信じる。結局それが、一番当たっている可能性が高いから。医者だって、間違うこともあるだろう。分からないこともあるだろう。でも、素人のそれよりは、断然信用出来る。良い医者に当たれば本当に信頼してお任せしたくなる。

日々、研究努力を惜しまない、優秀な医師判断を聞かないだなんて、本当に頭が悪い素人判断思い込みが何故正しいと思うのか?愚かだ。。。実に愚かだ。。。

論理的合理的思考破綻している。

まじない病気は治らない!!

揃いも揃ってアホか!!

肯定出来ないのはね、私は母のようになりたくないし、母のように生きたくないし、まともな人になりたいから。。私と同じような思いを将来子供にさせたくないから。だから私は母と似ていたらいけないんだ。母のようになったら、虐待連鎖をしてしまうことになるから

---

まあでも、今は私だって父さんに支えてもらっているし、母さんだって本心から謝ってくれたのかもしれないし、母さんも辛い思いはしてきているし、職場の人にも状況理解してもらって配慮してもらっているし、、恵まれていて、皆から思われて心配されているんだよ。だからいつまでも被害者意識抱えなくていいんだよ。私のために。許せないと思い続けることが、私の負担でもあるんだよ。

私のことを愛していた、悪い事をしたと思っている、それが母さんの本心。受け入れてみよう。愛を受け取る努力をしよう。信じたい。本当は人の善意を、心から信じたい。

怒りなんて感じたくない。実の親を否定して悲しい気待ちになりたくない。昔のことは、ただのすれ違いで、今は仲直りができると思った。心から、私の事を愛している、心配してくれると思った。。

今は疑い深い、闘争本能が出ているだけなんだよ。臆病な警戒心の強い幼い私がでてるだけなんだよ。客観的に見つめて落ち着こう。


ふう。今は強く怒りの感情を感じている。

これは正当な怒り..?

この怒りの根っこは...?

これは認知のゆがみ?

被害妄想なの?

相手発言を、恣意的に歪めて、攻撃だと捉えている?

腹が立って、仕返ししてやりたい、傷つけること言ってやりたいだなんて思ってしまう。

ただ、反射的にそれをしたら私は母と同じになってしまう...

から実際には言わないで、相手が喜ぶような事を言ったりするんだけど。それが"すべき"事で自分本来の"ありたい姿"であるから

でも現にこうして私の自動思考が怒りを反射的に感じてしまうことは事実で、これをうまく解放できないと、怒りや悲しみの感情自分の中に、溜まってしまうんだと思う。そして一定以上溢れると、また抑うつや体の不調や感情麻痺が起こるのかもしれない。

アンガコントロールを学びたい。

感情を無理やり押さえつけたり、見ないようにするんじゃなくて、怒り上手く操ってあげたい。怒りを必要以上に恐れないようにしたい。

普通の人はこういう場面で怒りを感じないのかもしれない。母に似てるって言われて凄く嫌で、怒るってたしか一般的にみれば普通では無いよね。

なんだかもう会いたくなくなっちゃった

次に会うのは別にお葬式でもいいや。

私って本当愛情無いのかな。

信用してないんだな。

寂しいやつなのかな。

開きかけた扉が閉まっていく音.........

こうして、全人類に対する愛を失って、新たなトラウマになってしまうんだろうか....

人を信頼することは怖い事で、愛は存在しないと、潜在意識に刷り込まれしまうんだろうか。。。

とりあえず現旦那とは、話したく無い。うちの家庭の事情のことを理解していないのならば、悪意が無かったとしてもその余計な発言は私を苛立たせる。

はあ。イライラ些細な発言ひとつで。

疲れたな。

でも、怒りを感じる事は当然!今まであまり使っていなかった、吐き出していなかったから、ちょっと過剰反応で出ちゃってるかもしれないね

そう、この怒りは受け止められる。

私が悪いわけじゃ無い。

大人対応して偉かったね〜

もっと言い返しても良かったんだよ。

あいつ偉そうに。何なの?ムカつく。

でも、あの人も母の癌が良くなることだけを考えていて、精神的に余裕がないんだろう。

あー虐待加害者の母が愛されていることにも腹が立ってんだな。私はひとを傷つけることが怖くて、パートナーを作れないでいるのに。

だって口論なんてしたら疲れる。余計に、分かり合えないしんどさを抱えて落胆してしまうかも。問題を起こす自分として、自己否定をしてしまうかも。

母の本音が聞きたいのよ。

私の幼少期のことが聞きたいのよ。

可愛いと思ってくれていた?

愛してくれていた時はあった?

私は本来はどんな性格で、小さい頃に何があったの?何が、私の心に今も引っかかっているの?

私はどんなトラウマを抱えさせられたの?

今も私の人生にしつこくしつこくついて回る暗い影の正体を知りたいの。

どんな事を、謝りたいと思っているの?

ちゃんと思い出して話して。

私がこれから健全な心と精神を取り戻せるように協力して。

じゃないと、私はあなたを許すことは出来ない。

あなたはもう十分、人生楽しんだでしょう。子供お金をかけるより、子供希望を叶えたり、喜ばせることよりも、自分欲求を満たすことには躊躇なくお金を使って。

かわいそう?そんな風には思わない。

あれはあの人の業。

人にねー、呪詛ばかり撒き散らしていたからねー、帰ってきているんだよー。

弱い存在の子供をいじめて、鬱憤はらしていたんだから

母さんとの楽しい思い出、いくら探してもなかなかなかなかなか出てこなかったよ。

それでもね、今日は本当は、母さんにハグをしてね、昔のことはもう気に病まないで、母さんは一生懸命だったの分かっているし、育ててくれてありがとう産んでくれてありがとうって感謝を伝えようと思っていたんだよ。

そうすれば彼女の心が明るくなって、病気に良い影響になるかなと思ってさ。喜ぶかなと思ってマッサージジェルも持っていったよ。

これからは愛を与え合う関係になろうと思っていたんだよ。

そんな、私の努力と決心を踏みにじられた気持ちだよ。苛々してしまって言えなかった。

あいつ、私が3才の頃にいつも駄々こねて母が置いていくよといって置いていっていくら離れても動こうとしないなんてことが何度もあったなんて話をして、なにが言いたいわけ?3才の私が悪いとでも言うの?私の性格おかしいとでも言うの?

ああそう言う事柄があって、私のこころは少しずつ傷ついて壊れてしまったんだなって、怒りしか感じないんですが。

ムカつく。

加害者側の癖に。。。

私は誰かに加害したことなんてない。問題があると、怒りを感じても出さないようにして、うまく平和にやり過ごそうとして、そう感じる自分を責めて、全部負の感情背負ってきたんだよ。怒って口論になることが、トラウマなんだよ。イラときても人に適切に怒りの感情を出すことが出来なくなってしまったよ。子供の頃に私が怒る=倍で帰ってきて、人格否定される =罰を受けるっていうパターンが染み付いていたからかもしれない。地獄だった。そうして怒る母を否定しているからかな。。。。

一度、この感情が全て放出されるまでキレてみたい。徹底的に相手をやり込めてやりたい。言い返せないようにズタズタに心を切り刻んでやりたい。私が正しいんだって証明してみせたい。闘いたい。勝ちたい。

私が経験した、この辛さや苦しみを味あわせたい。後悔させて、泣いてすがって謝らせたい。

おっと、出てくる感情そのままに書き出していたら、まさかこんな言葉自分から出てくるとは。

本能というか、潜在意識からメッセージだろうか。気づかなかった。蓋をしていた頃は。こんな激しい強い怒りを抱えてたんだ私は。あの人の発言はキッカケで、過去の事、その時溜めてしまった事、今まで感じないように抑えていた事、ひっくるめて出てきたんだ。

今は随分穏やかになったと思っていたけど、やっぱり昔封じ込めた何かが開きかけている。何か、恐ろしいものが私の中に眠っている。

でも、こうして感情を感じられるのは良いこと。私はある時から空虚諦観を抱えた感情の無い人形のようだった。

人格は、普通のふりをしているだけで、中身が存在していなかった。楽しみも、嬉しさも感謝幸せも、ポジティブものを感じられなかった。まずは怒りを徹底的に吐き出す。そうして健全な心が帰ってくるかも!

あーーーーーーーーーむかつく!!!!!

うざい!!!自業自得だよー。

ほんまに。神さまは見てる。

それがあなたが負うべき業なのかもしれないね。赦し、だなんて。

ぴったりじゃないか

そうやっていつまでも利己的なままでいたら、きっと治らないだろうねー。

良い最後じゃん。いい気味だよ。

人を苦しめた分だけ、自分に返ってきてるんだろう。

叔母は、同じ家庭で育っても、あんなに優しく繊細で人の気持ちを思いやれる人に育った。努力して自分と向き合ったから。

あなたは何度も気づけるチャンスがあったのにも関わらず、他人責任押し付けては、自分欲求を満たすことに夢中だった。ひとを傷つけることに躊躇が無く、非常に冷酷で、それを見せつけて楽しんでいるようにもみえた。

人格障害レベルやで。許されることじゃないで。これが許されたら世の中の頑張ってる本当に子供思いのお母さんが報われないで。

これ以上私みたいな思いをする子供が、居なくなりますように。子供達が愛情たっぷりと受けてのびのびと育つことが出来ますように。

願わくば私も、そんな家庭を築けますように。


---

長い、要約編

被害感情

軽率な非合理的判断への軽蔑

・哀れに思う気持ち

・ここから学び、二の舞にはならないぞ、という決意

自分をまず大事に、母とのことで消耗しすぎない

相手問題と、自分問題は別

・この怒りは、嫉妬かもしれない

本来私が欲しかったものを持っている人、それをわたしから奪った人。

・私は今のの自分を不幸だと感じ満たされていないんだろう

・母を許せていない

・私がしんどい時に母は寄り添ってくれなかった。何故私が、心配しなくてはならない?

2019-03-04

anond:20190304102243

帰ってきたらご飯風呂済ませて洗濯機回しながら寝るまでの時間ゲームをしている。

のは増田なのか彼氏なのかどっちなんだろう。

増田なら、それだけやってるのに家事しない認定する彼氏おかしいし(ってか彼氏は何やってんだよ)

彼氏なら彼氏が不満を持つのは当然だけど、増田の帰りが遅いなら出来ないのは仕方ないし

あと

彼は愛情深くて夜求められることも多いけど

そりゃ愛情深いんじゃなくて性欲強いだけ

1年半付き合って同棲半年の彼と倦怠期

突入しました。

ただのポエムです。

仕事が手につかないので吐き出したくなった。

昨晩3時半まで語り合った。眠いし泣いたせいで目が腫れていてつらい。

話し合う余地があるだけお互いに気持ちがあると思いたいけど、一時期は本当に終わりかと思った。

彼の言い分はもっともで、

私は女のくせに(これは彼が言ったわけではなく一般論的にこんな言い方になる)、家事全般やりたがらない。

はさみしがりで尽くしてほしい人なので、もっと自分に構ってくれという言い方をしていた。

私はエンジニアでばりばり働いているので帰ってくるの遅いし、

帰ってきたらご飯風呂済ませて洗濯機回しながら寝るまでの時間ゲームをしている。

彼は愛情深くて夜求められることも多いけど、もともとそんなに行為が好きではないこともあって、

なかなか応えられないことも多くて、我慢ばかりさせていた。

ここ2~3週間、上のことは改善してきた。

でもそれが逆に彼の心に障ったという。

「いままでやってきてなかったくせに」と言われて、「たしかにそうだ」と思った。

そこまで不満を溜めさせてしまった私がよくない。

私は「最近のことを期待値高めに見てほしい」とお願いした。

たとえ一緒にいることが居心地よくても、ずっと一緒にいる以上、いつかは不満も出てくる。

彼は自分ではない。

から分かり合うためには言葉必要だし、お互いに譲ることも必要だと思う。

それはこの先、死ぬまで一生ついてくる。

1年目は遠距離で、彼と生きていくことを諦めようと思ったことは何度もある。

それでも、彼がいいと思って私はここにいる。

なぜそう思ったのかは正直なところ明確な答えがない。

結婚してるひとたちってどう乗り越えてきたんだろう。

一緒にいる時間を積むごとに、うまい方法を見つけていくものなんだろうか。

お互いに匙を投げない気持ちだけあったら、きっと乗り越えていけるんじゃないだろうか。

anond:20190304091327

夫に親権押し付け離婚した増田ってこれ?https://anond.hatelabo.jp/20180906123716

トラバじゃ叩かれまくってる&ブコメでも叩いてる人はちらほらいるし、

これは露悪的に書いてるだけで追記を読めば本音はまた別である事が分かるし、

何だかんだで「自分より義母が育てた方が子にとっても良かろう」と言う冷静な判断をした上での話だしで

元増田とは全然状況が違うんだけど。

これが元増田みたいな

キチガイDV夫に子供押し付け離婚したよ、それでも子供を愛している私って良いママでしょ?」

だったら普通に袋叩きだろ。

逆に元増田

不倫した妻が許せなくて、子への愛情も無くなってしまって離婚した、

そんな事で子への愛情が無くなった自分ドン引きしたけどどうしても無理だった、

妻は裕福で実家サポートもあるから愛情金も実家サポートもない自分が育てるより子供にとっても良いだろう、

子には恨まれるだろうけど養育費はしっかり払います

だったら、件の夫に子供押し付け離婚した女増田より叩かれないだろうし。

元々の前提が全く違う話を一緒くたにして「男だから叩かれるんだー!」って雑過ぎ&被害妄想強すぎない?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん