「母性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 母性とは

2018-08-14

詩織愛海の「らぶ!」」第83回放送 死んでらガールの話

詩織「この番組は海を愛する…… 瀬名詩織と」

愛海「お山を愛する棟方愛海が」

詩織「新たな愛を見つけるラブ発見型新感覚ラブリーラジオです」

愛海「この番組は磯端交流提供でお送ります

詩織「ここでもちょくちょく話してたと思うけど。運転免許をとったのよ」

愛海「いいですねー。ドライブ連れてってください」

詩織絶対行かない」

愛海「何かあったかのような言い回しですね」

詩織「そのね…… テレビお仕事私服を何着も持ち込む企画があったのよ。それで、服をたくさん持って電車乗るのも嫌だったから、事務所社用車を借りて、テレビ局まで行ったのね……」

愛海事務所社用車ってあのバンですか? 8人乗れるの」

詩織「そうあれね…… 楽屋で同じ事務所のみんなと雑談しているときに、その日車で局まできたことを話したりして……」

愛海「誰がいましたか?」

詩織ゼッケンズとダークイルミネイトと月虹の導き手と羽衣小町PCSと蒼ノ楽団C5…… あたしはときめきオーシャンとして参加していたわ」

愛海ユニット名で言われると、混乱しますね」

詩織「このフリートーク登場人物がわかるとオチが割と読めるのよね……」

愛海「なんですかのそのミステリみたいな。えーっとかなり大人数ですね。というかこの番組ユニット跨いでる人がたくさんいて、大変ですね。人数をすぐ計算できないですけど、詩織さん入れて二十人以上いるかな?」

詩織「そうね…… そうなのよ…… そのせいもあって、まあ失敗とまでは言わないけれど…… 大成功とも言い難い収録だったのよ……」

愛海「そんなこともありますよ」

詩織なのだけど…… 菜々ちゃんちょっと怒った…… いや怒ったという言葉は違って、彼女プロ意識合致しなかった場面が多かったか反省会をしようという流れになったのね……」

愛海「菜々さんストイックですからね」

詩織「そうなの…… ただ、この大人数で反省会しても何にもならないからって、各ユニットの最年長で集まろうということになったの……」

愛海「菜々さん仕切りますね」

詩織「それで、その最年長メンバー全員で事務所まで移動するときに、楓さんが「詩織さん、送迎はSO OKですか?」って……」

愛海別にいいじゃないですか、送ってあげるぐらい」

詩織あなたはわからいかもだけどね。免許とりたてで他人を乗せるの緊張するのよ!」

愛海「そんなもんですか……」

詩織しかも、バンから大きくて感覚が教習車と違うし……」

愛海「けどこれ断るのも、少し気まずいですよね」

詩織「そうなのよ、菜々さんはピリピリしてるわりに、楓さんはいもの調子だし……」

愛海「あの二人仲いいですしね」

詩織「それで…… 仕方なく嫌々…… 各ユニットの最年長を乗せてテレビから事務所までを運転していたのだけど……」

愛海「えーっと、どなたがいるんでしたっけ。さっきユニット名前だけ言われたから、誰がいるかちゃんと把握してなかったんですよね」

詩織ゼッケンズとダークイルミネイトと月虹の導き手と羽衣小町PCSと蒼ノ楽団C5最後ときめきオーシャン。これは私ね……」

愛海ゼッケンズは愛梨さんですね。うひひっ、愛梨さんはこの時期お山が溢れちゃいそうな格好をしててうひひうひひ……」

詩織「ダークイルミネイトは誕生日が早い蘭子ちゃん

愛海「蘭子ちゃん洋服は黒で収縮色からお山が小さく見えるはずなのに自己主張が強い立派なお山ですよね!」

詩織「月虹の導き手は、凛ちゃんね」

愛海「凛さんって年上と絡むとき、同世代と絡むとき、年下と絡むときでお山の魅せ方が変わるんですよね。年下の子と絡むとき母性を感じさせる優しいお山になるんですよ」

詩織羽衣小町は周子ちゃん

愛海「この世界線の周子さんのお山はある人の占有地なので冗談でもアプローチかけると怒られるのでノーコメントです」

詩織「知らないけど…… PCS誕生日が先の卯月ちゃんね」

愛海卯月さんって私には笑顔しかないなんて言ってましたけど、その笑顔で誰かを笑顔にできるその力こそがスマイルオブパワーなんですよね」

詩織「急にお山じゃない話で褒めるのなによ……」

愛海「あれ、そうえばこれってメンバーが跨いでるときはどうするんですか? C5PCSって両方卯月さんが最年長ですよね」

詩織「まあそこは、別に柔軟によ。C5代表は菜々ちゃんね。言い出しっぺだし、リーダーだし」

愛海「そうですか。それで蒼ノ楽団は楓さんで、C5はさっき言った通り菜々さん」

詩織「……気づいたかしら」

愛海「みなさん素敵なお山の持ち主ですね!」

詩織「……私は運転して初めての信号で止まるときに気づいたわ」

愛海「なんでしょう」

詩織シンデレラガールなのよ…… 全員……」

愛海「……あー」

詩織「もうね、私ね、心臓がばくばく言い出したのよ……」

愛海「そこまですか」

詩織「私がここで事故したら、アイドル業界パワーバランスが変わるのよ……」

愛海パワーバランスより前に、詩織さんの人生が変わりますけどね」

詩織「もうね、道中後ろで菜々ちゃんがみんなに色々話していて、それはとてもとてもためになる話だったのだろうけど。

私はもう一切聞いてなかったわ」

愛海「そこまでですか」

詩織「言い方変なのはわかっていうけど…… あのとき私は運転失敗してたらみんな死んでたのよ!」

愛海「そりゃそうですけど」

詩織「もう運転なんて一切しないわ! 私はシンデレラガールを死んでらガールにするところだったのよ!!!!」

愛海「楓さんの何かがうつってるよお」

2018-08-06

anond:20180806101007

ネコを見ていると、母性はあるようですよ。

anond:20180806100544

母性」なんて、女性社会進出を好まない男達が作り上げた言葉に過ぎないのを知らないの?

フェミニスト自身男性の家庭進出否定するという本末転倒

母性って結局あるのないのどっちなん?

anond:20180806100217

仕事をしているプライド高い旦那が、簡単仕事辞めて「育児」出来るとでも?

そもそも、男に母性なんて殆どないのに「育児」出来るとでも?

家事すら出来ない男が多いのに、机上の空論ばっかり言うな。

2018-08-05

26歳彼氏いない歴年齢。

いとこに子供が産まれた。そりゃあもうかわいい!!

見ていて母性本能をくすぐられたのか、さいきんとても授乳がしたくなる。

2018-07-19

anond:20180719113802

この高度文明社会で連綿と続いてきた歴史なんて何の説得力も持たない。

女性だけでなく男性去勢された思考を持っている場合は多い。女性への渇望感がない・性欲が薄いなど。

女性母性本能が失われていることばかり責めないでほしい。

哺乳類として生きることに無理が来てる時代なんだよきっと。マトリックスみたいに人間栽培されたほうが幸せかもしれない。

2018-07-09

赤ちゃん本舗の「お母さんを応援」削除問題

ポリコレによってこの国の伝統が奪われることを憂慮している。

子育てはお母さんがやるものだ。

母性がないお父さんに子育てができるはずがない。

赤ちゃん粉ミルクを飲ませるなどあり得ない。

お母さんが母乳子育てするべき。

2018-07-07

anond:20180706133528

男が女を求める動機として、女の体を使って射精したいという性欲とは別枠で「子供の時にもっと甘えたかったのに取り上げられた母を取り戻す」って願いがあるんだよ。

男の子から母を取り上げるのは本来の持ち主である父でもあるし、「いつまでもちゃんに甘えんな。自立しろ」と命令する大きな父としての世間社会でもある。

増田はそういう男たちの願いを満たしてくれそうな雰囲気女性なんだろうな。

それを自覚して上手く使えば、社会で男に求められる役割を万全に果たしている、決断力と問題処理能力に優れた高所得の(それ故に人一倍甘えられる母を求めている)かなり高目の男を釣り上げて操縦して、何不自由無い生活を送れるはず。

こういう母性による魅力は美貌や妊孕力と違って経年劣化しないどころか、歳を重ねるにつれておっきなお母ちゃんとしてますます強力になる。

増田は女として相当に有利な武器を持ってるよ。

2018-07-06

anond:20180706195601

子供のお世話する感覚なんじゃないの?

母性本能に訴える感じの頼りなさなんだよ

甘えて懇願したら、性処理してくれるよ、きっと

2018-07-05

恋人母性を求める自分が情けない

俺、いわゆるマザーコンプレックス

母子家庭で育った。母に迷惑をかけたくなくて、手のかからないようにしようと思いながら育った。もう3歳くらいからそう思って過ごしてた。なんでかというと、母は寂しがりで、まあメンヘラで、男を求めてた。幼い俺のことは二の次で、よく男と遊んでたね。

んで、流石にガキを家にほっとく訳にはいかないってんで、俺は母と男のデートに連れてかれてた。かといって一緒に過ごす訳ではなくて、車に放置されたり、今風にいうとキッズスペースに放置されたりして過ごしてた。まあそれはそれで楽しかったが。

ただ、圧倒的に母親に甘える機会は少なかったし、自らも望まなかった。母は男と一緒に過ごしているとき、とても良い顔をしていたから。俺の子守をしているときよりも。

男と手を繋いで歩く母を後ろで見ていた。男とキスする姿も見ていた。腰に手を回されたり、膝枕をしてあげたりしている様子も見ていた。大好きな母が幸せならよいと思っていたので、自分のことは何も考えられなかった。

ただ、自分がある程度物事理解できる年齢になると、こういう感情が湧き始める。

「俺は愛されなかった」。

周りの子供たちが大好きな母親の話をするときの様子と、俺のそれは全く違った。話が噛み合わなかった。よその子は、彼ら/彼女らの親から愛されていることがよくわかった。

そこからしばしば劣等感に苛まれるようになった。

誰か、誰でもいい、愛してくれ。寂しい。僕のことをかまってよ…。

気づいた時には、恋人がいながら他の異性と性的な繋がりを持ったり、倒錯した趣味に走りがちになってた。性的なことに安心感が結びついた。理由はわからない。そして不思議なことにセックスしても何も満たされない。愛情がこわい。欲しくて欲しくてたまらなかったものをいざ向けられると、わけがからなくなる。これは何だ?わからない。助けてほしい。涙が止まらなくなって誰でもいいから抱きしめて欲しくなる。お母さんごめん、俺やっぱりいない方がよかったな。

今いる恋人にも申し訳ない気分でいっぱいなんだ。本当に本当に俺なんかを好きにならせて申し訳ない。抱きしめられると「嬉しい」を上回る「ごめんなさい」で頭がおかしくなる。愛されたかったけど愛されたくない。自分好きな人ゴミを愛させたくないだろ。俺もお母さんが欲しかったんだ。普通の。マザーコンプレックスじゃなくて普通コンプレックスだったのかもしれないな。

情けねえ

anond:20180705075533

自分0歳の赤ちゃんいて、こういう人に辛い思いもさせちゃってるんじゃないか

いつも申し訳なく思ってしまうから、極力泣くでしか伝えられない間は

そういう空間に留まらないように気を付けてはいる本当にごめんね

赤ちゃんの声が嫌いなんて女なのにとか、将来お母さんになるのにとか

批判されやすいよね。赤ちゃんが嫌いなんじゃなくて、必死な泣き声が聞いてて辛くなるんだよね

でも逆に言えば、それって母性が強すぎる人こそそうなるんじゃないかなあって。

赤ちゃんの声に敏感な人ほど、凄く子供のことよく見てて、可愛がって育ててる人が多いというか…

感受性が強いんじゃないかな。

皆言わないだけで、結構そういう人は多いと思うよ。

世間がそれを認めないし言うと批判されるから、表面上は明るくかわいいねとか言ってるだけで

赤ちゃん可愛いけど、泣き声好きな人はいないとおもうよ~

2018-06-28

低能先生が欲しかったもの


このうちどれひとつとして手に入らないような、どの層からも求められない、何のニーズもない人が「誰か僕を愛してよぉぉぉ!」って悲しみを怒りに変えて当たり散らしていたが、それすらも封じられたので逆上して「畜生!頃してやる!」になったという理解おk

“ホンモノの家族”ってなんだ?

「ホンモノの親なら子供を見捨てない」

「ホンモノの親になることに憧れていたんでしょう?」

カンヌで最高の賞(パルムドール)を約20年ぶりに獲得した邦画万引き家族」では、警察によってこんな言葉が次々と主人公たちに投げかけられる。つまり主人公たちが身を寄せ合って創り上げた家族は、血縁関係を持たないゆえに“ニセモノ”であり、紐帯根底に打算的なものを含んでいるから、ちょっとした圧力ですぐに瓦解するのは当然、というわけだ。

杓子定規主人公たちを攻め立てる警察はとても憎たらしく描かれており、観客は「お前ら警察が一体何を知っているんだ」とイラッとさせられる。だが、一方で我々は日常生活において、“ホンモノの家族”という思い込みに囚われている。

実は、現代のわれわれが当たり前に持つ家族イメージ像は近代的な産物だ。例えば、E・バダンテールの著作母性という神話」では、1718世紀フランスにおいて、子供の大半が産まれてすぐに里子に出され乳母に育てられる風潮があったことが示され、“母性愛”という概念人類史において常に家族間に君臨してきたわけではないことが明らかにされる。統計によれば、同時代に毎年パリ洗礼を受ける新生児2万人のうち、約7千人が捨て子であった。日本でも一昔前の農村を思い出せば分かるだろう。子供は「小さな大人」であり、安価労働力に過ぎなかったのだ。

歴史を遡ると、「血縁関係があるのだから自分犠牲にしてでも、親は無償の愛を子供に授けて当然」という考え方は、ここ100~200年特有理念に過ぎない。ざっくばらんに言ってしまえば、家族という概念が「血の繋がりを契機として、様々な世代が身を寄せ合って互いに助け合うべき存在から、「血が繋がっている以上は、無償の愛で繋がり合うべき存在」へと変化したのである

言うまでもなく、現代に生きる以上、誰だって愛のない親より慈愛に満ちた親になりたいし、子供をこき使う親など御免こうむりたい。しかし、「打算抜きで、無償の愛で繋がり合う家族こそがホンモノだ」というとき、我々は家族に対して、実際にはありえそうもない“完璧さ”を要求している。

完璧さを家族要求する社会は、その基準を満たさない親を徹底的に許さない。さいきん東京目黒で起きた5歳女児虐待死に対する、社会のいささかヒステリックじみた反応は、その証左と言えるだろう。もちろん、こうした社会過剰反応で救われる子供もいるし、未然に防がれる悲劇もある。

しかし、そうした社会は同時に、血縁関係によって成り立っている家族こそを“ホンモノ”とするがゆえに「血の繋がった親が実の子供に愛を抱かないはずがない。なぜなら、親は無条件に子供を愛する存在からだ」という循環論法的な前提に立っている。残念ながら、これが近代特有の“神話であることは、すでに述べたとおりだ。先に挙げた目黒事件でも、日本特有親権の強さが問題になったが、「ホンモノの家族」への神聖視と親権の強さは無関係でないはずだ。

万引き家族」でもやはり、虐待から逃れニセモノの家族の元で幸せ時間を送っていた子供は、最終的に虐待を行っていた実親のもとへと返される。ホンモノの親は、ニセモノの親と違って“愛”を持っているはずだ、という社会思い込みが、結果として子供を再び悲劇に追いやるのである

さら悲劇なのは、親役を担っていた2人(リリー・フランキー安藤サクラ)だ。彼らは事あるごとに「血が繋がってないからこそ、逆に絆が強いんだ」と述べるのだが、その実“お父さん”“お母さん”と呼ばれることに固執している。一見すると「ホンモノの家族」という社会通念から自由であるように見えて、やはり彼らもまた近代家族に与えた役割を引き受けることから逃れられていない。

したがって、リリー・フランキー演じるニセの父親子供を裏切って逃げようとした理由も、血縁関係が両者の間にないことに求められる。ホンモノの父親なら子供を裏切るはずがないのだから。こうして、彼は「お父さん」と呼ばれることを諦め、単なる「おじさん」であることを自ら認めるに至る。

ニセモノは決してホンモノになれず、ホンモノにはいささかの弱さも認められない。仮にその弱さがどうしようもない貧困に由来するものだとしても、この息苦しい社会において弱さはニセモノの証なのだ

別に打算的だったっていいじゃない。弱い一面があったっていいじゃない。ホンモノ、ニセモノどっちだっていいじゃない。そこに幸せがあればさ。

2018-06-21

anond:20180621040121

子供誘拐は実は虐待されてた子供を救う母性から来たものでした

と間違った認識が広まりそうな作品公共電波に乗っていたわけだが。

2018-06-20

女だけど子供に1ミリも興味がない

リアルではあんまり堂々と言えないけど、本気で子供に興味がない。

ちなみに30代女性独身

から母性本能が全くない。

大人になったら子供がかわいく見えてくるよ」と言われてたけど、大人の年齢になってもそんな感情は全く沸かない。

友達の子供と会っても、どう接していいかからない。

言葉を話せるぐらいの子ならまだいいんだけど、生まれたての子供だと「かわいいね~」の一言しか言えない。

電車で知らない子供と目が会ってニコってされた時、かなり無理やりニコって笑顔を返す。

こんな調子から自分の子供がほしいとも思わない。

強いて言えば自分自分好きな人遺伝子がかけ合わさった結果どんな人間ができあがるのかは若干興味ある。

けど、自分人生を生きたいという気持ちの方が強いかもしれない。

子供自分時間を捧げるなんてできる気がしない。

女性として、人間としてクズだと言われそうだが(実際言われたことはある)、もうしょうがなくない?

LGBTと同じにするのは違うかもしれないけど、「子供に興味がない」のも性質の一つで矯正する必要はないと思うんだよね。

種の保存につながらないか生物として異常なんだとか言われても、いや好きでこうなったわけじゃねーよみたいな。

多様性を認める風潮は昔よりだいぶ広がってきたとは思うけど、子供への感情に関しては「良識ある普通の人は子供大好きで大事にするよね!」

っていう暗黙の同調圧力を感じてしまう。私が過剰に思い込んでるだけかもしれないけど。

2018-06-16

anond:20180616160756

例えば妊娠すれば労働基準法における母性保護規定雇用は確保される。

妊娠出産社会全体の生産性寄与するからだね

ただ女性であるというだけでは社会全体の生産性寄与しないので、特別優遇されることもない

終わり

anond:20180616160756

例えば妊娠すれば労働基準法における母性保護規定雇用は確保される。

社会全体で見た場合に目先の仕事効率が悪くなることよりも優先されるもの存在するわけ。

から女を雇うとデメリットって話でわ

anond:20180616160347

例えば妊娠すれば労働基準法における母性保護規定雇用は確保される。

社会全体で見た場合に目先の仕事効率が悪くなることよりも優先されるもの存在するわけ。

そんな大局的視線なんかないんだろうけど。

2018-06-11

子供好きの言い分

https://togetter.com/li/1235746

この『「子供嫌いの言い分」のまとめ』を読んで思ったこと。

先に言っておきますが、『子嫌い論』への反論ではありません。

---

自分子供が好きだ。性的な意味ではない。母性的な意味でだ。

まらなさそうにしている赤子が居たら、変顔をして笑わせたい。

泣いている子供が居たら、優しく訊いて、可能な限り助けてあげたい。

笑ってたり、楽しそうにしていたら、自分もう嬉しくなる。

でも、最近そんな思いに、ちょっとどす黒い感情が混じってきた。

赤ちゃんに対してではない。親に対してだ。

赤ちゃんを育てられる経済環境なんですね』という感情だ。

今の自分経済状況だと、1馬力では確実に無理だ。だからと言って、2馬力を前提にするべきではないとも思う。

ただ、最初に書いたように、この文章は『子嫌い論』の反論ではない。また、この感情同調が欲しいということでもない。

もしこの感情を公にしたときに、どのように思われるのか、反論されるのだろうか、と思った。

https://togetter.com/li/1235746ブクマを読むと、所謂『子嫌い論』を叩くコメントスターが集まっているように見える。

なんでだよ。思うことすら許されねぇのかよ。

いいじゃねぇかよ、そのくらい。

いきづらい。

いきたい。

きっと自分は、現実に面識がある人にはこの感情死ぬまで黙っていると思う。

その自分死ぬまでに、自分の子供の笑顔を見れたらいいな、とも思う。

2018-06-10

佐久間まゆ」を好きになってしまうことは、ズルい。

これは俺が自分自身への戒めとして考えたことであって、

全てのP達への侮辱批判の類では一切ないが、

佐久間まゆ」を好きになってしまうことは、ズルい。

彼女は”一目惚れ”と”運命”を理由に、すべてを投げ出して俺達の元へ来た。

そう、そんな理由で俺達を愛してくれるのだ

一途に、献身的に、盲目的に、ひたすらと。

俺達は何も考えられなくなって、瞬く間に彼女に惹かれてしまう。

底なしの泥濘だ。足を取られたら急激に沈む。

もがく気すら起きずに沈み続ける。恐らくは恍惚に。

さて、俺達はどうしてこんなにも彼女に惹かれてしまうのだろう?

彼女の魅力を一言で表すなら、”無償の愛”だ。

彼女盲目的に俺達のことが好きだ、愛してくれている。

から俺達がどんな外道だろうと、歪んだ性癖の持ち主だろうと、

精神疾患を患って無職ヒモになろうと…とにかくなんであろうと、

持ち前の無償の愛で受容し、肯定し、愛してくれる。

例え彼女にとってどれだけ悲しいことを俺達がしようと、

最後には許し、愛してくれる。

これは母性共依存などとは似て非なる、別次元の愛だろう。

極端に狂った愛とも言える(愛は肥大化すると狂う傾向にある)。

けれども、彼女真剣に狂った愛をやってのける。

だが、なぜこれほどまでに彼女は俺達を愛してくれるのだろうか。

常人が人を愛する上では何らかの理由必要だ。

価値観の一致、一定期間の付き合い、魅力がある、信頼関係出産した我が子…etc.

しかし、「佐久間まゆ」が俺達を愛する理由は”一目惚れ”と”運命”だ。

そんなものはハッキリ言って、人を愛する理由とは言えない。

いや、仮にそれを理由に人を好きになったり愛したりしたとしても、

これ程までに無償の愛を捧げ続けられる人間がいるだろうか。

ここが重要点だ。

彼女は明確な理由がないまま、即座に、必ず愛してくれる。

俺達が現実世界でどんな人間であろうと、決して蔑んだりせず、必ず愛してくれる。

気づきだろうか。

佐久間まゆ」は現実存在しない。

社会学校、家庭、あらゆるところで虐げられ、愛に渇望した人間達が生み出した存在だ。

決して否定しない、そのままを肯定し、受容し、無条件に甘美な愛を捧げてくれる…

そんな存在を求める人間が沢山いたんだ。

その思念バンダイナムコ天啓として下った。

そう、それが愛の具現化「佐久間まゆ」の正体だ。

から佐久間まゆ」を好きになってしまうことは、ズルい。

これほどの愛は、そんなに簡単に手に入るものではないから。

愛を愛してしまうと、一生、抜け出すことはできない。

2018-06-04

プリパラマニアに聞きたい

らぁらママって言葉あるけど、どういう意味

バブみって意味でらぁらに母性を感じるってこと?

それともらぁらのママに甘えたいっていう単純なママ萌えってこと?

1話を見始めたけどふと疑問に思って気になって仕方なくなった

バブみ溢れる少女という創作上の生き物

バブみバブみと人は言うが、それを少女に求めるとはどういうことなのか。

相手から母性享受し、かつ自らの父性(あるいは母性)の発揮をも満たせるという都合の良い形を追求した結果なのか。

単に背伸び少女いいよね・・・いい・・・ってだけなのか。

しろバブみ溢れる少女の母の存在が気になる。どんな母なのか。むしろ母がおらずその少女母性への渇望がバブみを生んでいるのか。

そして俺はこんな駄文を書いている暇があったら仕事に戻るべきなのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん