「母性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 母性とは

2018-10-16

幸せ母親

妊娠が判明した瞬間、絶望した。

あと少しでずっと憧れていた職に就けるところだった。

過労で倒れるほどの下積みを経ていた。

私は30代目前にもなって、まだ自分のことで精一杯な毎日で、

そういえば入籍もしていなかった。

ただ、偶然にも、私は恵まれていた。

子供父親結婚を望んでくれ、まもなく正式に夫となった。

たくさんのひとに祝福してもらった。

職場は相変わらず激務だったが、産休までの間本当に色々とサポートしていただいた。

「おめでとう」

胎動感じると一気に母性が出てくるよ」

赤ちゃん早く会いたいね

私はその言葉全てに笑顔で返したが

心の中では泣いていた。

今じゃない。

妊娠は、おめでたいこと。

分かっている。

どんなに望んでも子供に恵まれないひとたちがたくさんいる。

こんなにお腹が大きくなって、こんなに強い胎動奇跡だ。

なのに喜べない。

仕事も遊びもろくにできない毎日、ちっとも楽しくない。

どうして?これがマタニティブルーというもの

そして、そのどす黒い感情を内に秘めたまま、出産した。

「おめでとう」

母乳をあげると幸せ気持ちになるよ」

「すごく可愛いね。抱っこしたい」

その気持ちがよく分からない。

赤ちゃんは、可愛い

分かっている。

の子は今私を頼って全力で手足を動かし、泣いている。

母乳をあげた。

とても上手に飲んでくれた。

でも、違う。

此の期に及んでまだ私は心の中で失った毎日を嘆いている。

世間ではちょうど産後うつ話題になっていた。

ホルモンによる一時的ものである場合が多いら、周りの手助けが大事です、と。

妊娠が分かってからずっと静かに鎮座しているこの感情

果たして一時的もの」?

私は実母とは幼少期からウマが合わなかったが

それを察してか義母は私にとても優しく、産前産後

何度もお世話になった。

夫も育児に協力的で、あやすのなんか私より断然上手だ。

片付けは少々苦手だが、夫の作る料理はとても美味しい。

周りに誰かがいるときは、

私は泣く赤子に笑顔で、かろうじて話しかける。

「どうしたの?おっぱいかな?オムツかな?」

家でこの子ふたりきりのときは、

私は上手く笑えない。優しく話しかけることもできない。

怖くて鏡なんか見れないが、きっと恐ろしく無表情だ。

こんな母親申し訳ない、と思う。

だって、きっと、すごく可愛いのだ。こんな可愛い生き物はいない。

なのにどうして?

はいつまでも身勝手感情を拭えないんだろう。

私の母性は一体どこにあるんだろう。

妊娠タイミングコントロールできなかった自分が悪い。

ライフプランをきちんと夫に伝えていなかった自分が悪い。

責める相手自分以外にいない。

子供は、生後3ヶ月を迎えた。

どこからどう見ても、私は「幸せ母親」だ。

2018-10-13

anond:20181013134053

生後1ヶ月ぐらいまでは視覚とか聴覚などの感覚が未発達なので、一番近くにいる授乳女性乳首の周囲にある腺から出る匂いにひかれて母乳を飲む。これは人間本能として説明されるけど、そこから母親になつくかどうかは別の問題

女性側の母性本能も、生後1ヶ月ぐらいまではホルモン変調として執着心が強くなったりするそういう精神的な影響はある。それ以降は本人の生育歴とか持って生まれ性格によって個人差がある。

これはサルでも同じで、死んだり病気になった子どもをあっさり見捨てる母ザルもいるし、ミイラ化しても離さない母ザルもいる。

いずれにしても、人の本能として休まないといけない期間の休業については産休という形でケアされている。その後、本能関係ないフェイズになったあとも過剰に「育児母親役割」という思考停止が働いているのが問題。他の動物を見ても、子ども自力で動けるようになったあとは、親からは離れる(そして、バンバン死ぬ)のが自然ということになるし、生物的に自然子育てというもの動物に倣って考えると、成長した子どもが親と暮らしてるほうがよっぽど不自然ということになる。

いずれにしても、出産女性仕事することの両立という点においては、人間本能実質的ほとんど影響ない事柄だとみなして差し支えない。

anond:20181013132342

えええええ…

生物学無視かよ

ちなみに母親の方にも母性本能あるからむし子供を手放さなかったりする

2018-10-10

anond:20181010165254

言われりゃ最近はそっちもあったなあ。

母性で包んであげるお姉さん(お母さん)

・元奴隷こちらの小さな愛情に対して過剰な愛と恩義を返してくれる女の子


昔で言うツンデレは今メスガキロビッチ系譜に移行してる気もする

anond:20181010164338

世のオタクたちは拒絶されることに疲れたのだ…

何の根拠理由もなくただただ自分を無条件に受け入れてくれる母性に飢えているのだ…

2018-10-09

パターナティックフェミニズム、家父長制フェミニズム母性主義マナーリズム、優しい家父長制

どういう言葉が適切かはわからないがそういうフェミニズムがあるようだ

2018-10-08

ワンダーウーマンを見たミソジニー男が思うポリコレシナリオ限界

無差別ポリコレ差し込みはクソだと強く思っている

ポスターやらVTuberとき性的目線がどうのこうのとギャーギャー言ってるのなんて馬鹿みたいだし

乳袋云々、恥ずかしげな表情が云々、そんなもん個人主観だろう

あれが不快これが不快と言い出したらキリがない


つい最近思い付きで鑑賞したワンダーウーマンはその思いをより強くさせてくれたので、

増田感想を放り投げておく


ざっくりとあらすじを説明すると、神が作った孤島(女しかいない楽園)で生まれ

アマゾネスプリンセス世界を救うために旅立ち、人間の男と出会い、愛に目覚めて悪を倒す話である


この作品レビューを眺めてみると、以下のような内容が大半になる

ガル・ガトットが美しい」「つまらん」

シナリオ王道的で~とか台詞が~だとかふんわりと褒めるものもあるが、少数派でしかない


何でこのようなことになっているのかを理解するための材料として、

劇中で判明したワンダーウーマン個性を挙げてみようと思う


勉強より武術の鍛錬が好き

結婚という概念を知らない

子供のでき方も知らない

 ※子供粘土からできると思っている。母もそう説明している

  自分ゼウスと母の間で作られた子供だと知るとショックを受けるシーンまである

・ただし数百の言語精通している

 ※複数シーンで言及されるし、それによって事態が打開される場面がある

・肉体的快楽論(全12巻)を読破しているので快楽については詳しい

・男は生殖必要だが快楽はいらないと言う

赤ちゃんかわいいと思う


一言で表すとしっちゃかめっちゃか

どの事実をどうつなげても整合性が取れない

彼女がどのような時の流れを生きていたにしても、

結婚や子作りの概念回避しつつ数百の言語習得できたのはどういったからくりなのだろう

生殖知識があるのにこどもの出来かたは知らないだと?


ワンダーウーマンカマトトぶっているという線は薄い

ロンドンについた彼女は剣を順手に持って街を歩く程度に世間知らずで、

作中で男に嘘をついて戸惑わせるような小悪魔的な素振りを見せることは決してないからだ


何とか理屈をつけようとするより、以下のように解釈した方が妥当だろう

少女性と女性性、母性を全て兼ね備えようとしたらこうなった」のだ


ポリコレ配慮八方美人を目指した結果、

全編通して平均台を歩いているようなせせこましいストーリーテリング上の綱引きが繰り返される


結婚を知らない(結婚に拘らない女アピール

子供のでき方を知らない(処女アピール

→肉体的快楽論を12巻(13巻ではない)読破している(女性快楽を求めること自体肯定しておく)

→男は生殖にいるが快楽はいらないと言い出す(ただし男に都合のいい女ではないアピール

→そんなことはないと反論されたら寝入ってかわす(めんどくさくない女アピール


狭い船の上で男と寝るという些細なイベントでここまで事細かな配慮必要なのだからもはや同情するしかない

こんな有様では本筋で大胆な話を展開するなど絶対に無理だろう


序盤で


ゼウス人間をつくる→アレス(今作のラスボス)がそそのかして人間が争いだす

ゼウスに作られたアマゾネスが愛で包んで解決アマゾネスが反乱を起こす

ゼウス達が加勢する→アレスを倒す→アレスの復活を予期してゼウスアマゾネスを島に保護神殺しの剣を渡す


という説明が為されるが、この時点ですでに意味不明

アマゾネスは誰に反乱を起こしたのか、まったく語られない

話の流れからすると人間が起こした争いの平定のためだけに生み出されたアマゾネス

ゼウスに」反逆するのならわかるが、ゼウスアマゾネスに加勢している、何故?


ここも無理に話のつじつまを求めず

ゼウス父性 アマゾネスフェミニスト

人間市井の人々 アレスマッチョ

と置き換えるとすんなり話が通る


強引だ、と思う向きもあるかもしれない

しかし、ワンダーウーマンでは本作における戦争の決戦兵器であるマスタードガスの開発者

顔に瑕のあるサイコパスの女科学者に置換されている

彼女貪欲に勝ちを求めるドイツ将軍に加担して毒ガスを作り出し、

謎の肉体強化ガスまで将軍提供していた

この女科学者も「名誉男性」のメタファーなんだと考えれば非常にわかやす


無辜の人々が死んだ根源である彼女を殺せ、とアレスワンダーウーマンに迫るが、

ワンダーウーマンは愛に目覚めていたので結局彼女を殺さなかった


ご丁寧なことに、一見ラスボスに見えたドイツ将軍は島の塔(意味深)に眠っていた

ゴッドキラー(剣)で貫かれて息絶えるが、アレスはその剣をあっさりと無力化した

女が握る仮初の「剣」では真の悪は倒せないのである

ワンダーウーマンヒーロー自己犠牲(愛)で己の力に目覚め、

最終的にアレス自らが放った真っ白い光を跳ね返して、アレスを倒す


フェミニズムに徹底するかと見せかけて、最終的に古来よりヒロインに受け継がれた

由緒正しいイヤボーンラスボスを倒して見せたワンダーウーマン

家事仕事の両立を迫られる現代女性の困難をそのまま示しているようにさえ見えた


要するに、ワンダーウーマン

旧来のかたくななフェミニズムから脱出して理解のある男と触れあい

愛に目覚めた新世フェミニスト少女性と女性性と母性を全部託されてマッチョから世界を救う話なんだろう



こんな馬鹿馬鹿しいことになったのはひとえにポリコレ価値観による要求のせいだとしか思えない


小難しい綱渡りを求められた挙句に「つまらん」で切って捨てられるのだから

本当にやっかいな世の中だ


少なくとも作劇においてポリコレ害悪しかない

ある程度の偏りを容認しなければ面白さはどんどん犠牲になる

名誉男性作の大量破壊兵器心中したヒーロー主人公に「父の形見時計」を渡したが、

超人であるワンダーウーマンと違い一般人

時計(おそらく作中の流れからするに世代を超えて受け継がれる揺るぎない信念のメタファーなんだろうが)と愛だけでは生きていけない


そろそろ、何にでも苦情を申し立てて暴れまわるポリコレモンスターから市民を守るヒーローが登場してもいいんじゃなかろうか

2018-09-30

anond:20180930002450

イスラム圏では普通に一夫多妻というシステムを維持できるしなぁ。

母性本能とか、そういうのではないと思う

anond:20180929122613

一夫多妻で共同子育てぶっちゃけ無理だと思う。

相当な金持ちの夫だとして、よその嫁は友達ではなく自分を脅かす敵だし、恋敵の子供なんか可愛くない。

あと母性本能をなめてる、母親自分の子供が一番かわいい自分の子供と喧嘩したり将来的には財産を奪う他の子供なんか全く可愛くないを通り越して憎しみになる人も居るだろう。

敵に自分の子供を安心して預けるのも無理。

下手したら事故を装った殺人事件を起こしかねん人と共同子育ては出来ない。

多夫一妻は男は妻の共有で嫉妬しないのか、誰の子供かわからなくても何なら他の夫に瓜二つでも愛し人生をかけて尽くせるのか、家事育児等々各夫が自分でやらないなら妻に増えた夫の分の負担が重くのしかかり負担軽減にならない、自分の子供を持てない夫が数人出るみたいな問題があるね。

2018-09-29

息子を慰めるという表現

男性でありながら母性の発揮を最も強く感じる瞬間だ。

実際の絵面の下衆さと、文字に起こしたとき嫌悪感しかしその響きは甘美で何処と無く胎内を思わせる安心感

皆も是非この言葉の奥深さを噛み締めて、昼下がり試してみて欲しい。

2018-09-24

ラノベの絵の話

https://togetter.com/li/1265112

話題になっていたコレ、置く置かないはおいといてそもそもの話を考える。

これらの中にはいくつか問題がある。

1点目は様々な人も言っているが、子供がそう言っているのにその場で写真を撮る余裕があるのは何故だ?

これはまぁご家庭の教育なので不思議ではあるがご自由に。

2点目は商品画像を無断でSS投稿している事。

これは知的財産権侵害でなり公衆送信権を犯している可能性がある。

そのため、一般に言われるアフィブログなどではAmazonリンクを使って画像を出している事が多い。

責任回避もあるし権利処理されているから使われていると考えられるからね。

3点目がすげぇ微妙

胸は性器であるのかどうか議論がなされている部位。

何故か?男は歴史的公共の場所で胸を出している事が多い(プール、海等)。

また、工場労働等で熱い場合上半身裸で労働していることもある。この辺は世界的に見ても変わらない。

ちなみに、江戸時代の頃だと女性でも胸出して普通に仕事をしていて西洋文化が入ってきて以降「恥ずかしい物」となったっていう背景もあるよ

歴史を見れば女性母性象徴として胸を出しっぱにしているのが当たり前の文化もあった。

なのにも関わらず男はよくて女は何故だめなのか?と議論がされている。

機能が違うだろって?男でも乳腺自体はあるし多少の母乳は出たりするよ?大量に出る場合病気だけど。

っていうか、男性でも乳がんになるのと同じ。

女性の胸を性器とするのであれば男性の胸も性器とならなければいけない。

そういった意味統一思考として最近の子供向け水着で男女変わらずに上も隠しているのは理解が出来る。

さて、機能が同じだってことはわかったよね?

フィンランドでも女性公共プールで胸を出す権利は認められているし

ニューヨーク州でも認められているし調べるとそこそこ女性が胸を隠す必要性がない国は結構ある。

それでも胸は性器か?胸を性器だと考えているのはその思考をしている人物が「僕にとって興奮する部位だ」と言っているだけでは?

男だったら股間を大きく描いているような物だと言っているが、男性器に対応する女性の部位は陰核(クリトリス)であり胸ではない。

胸がセックスアピールたり得るかどうかに関してはなるとは思うが、胸は性器ではない。

アメリカでも一部州で女性公共の場で胸を出す権利を求めてデモ行進していることもあるよ。

なので、胸を性器だ!って言ってる人は男尊女卑ではなかろうか。男も女も胸は胸でしかないよ

4点目も若干微妙

「異様に巨大に描かれたイラスト」と、言っているが手の位置を見ると両脇から下に手を入れて胸を持ち上げていて強調されているわけで

割と世界中見ても最近日本でも巨乳化の傾向はあるので多くはないが居るレベルサイズだと考えられる。

目算でG~Hぐらい、日本人は鳩胸が割といるので大きく見えるだけで実際は小さいもある。

逆にバスト本体が大きいんだけど胸が大きく出てないから小さいと思われる人もいる。

ですんで、コレを問題にしたいのであればグラビアに絡めて女性性的搾取される~・・・であって

胸が異常に大きいんだ!っていう主張は巨乳女性バカにしているように受け取れる。

まぁ、纏まってないけど女性の胸は性器ではないよ

2018-09-20

anond:20180920152849

から母性子供第一に考えて、キャリアがめちゃくちゃになった自分収入だけでは子供に満足な教育を受けさせられない事を何とかしたいし、自分が死んだら子供抱えて路頭に迷いそうな夫をどうにかしたいんだろ。

女を全面に出して男を優先せず子供の事を考えてるいい母親じゃん。

anond:20180920152849

やばいコイツ日本語良く分からない。

母性子供産むときホルモンによって生まれるメスとして当然あるべきものからな。

anond:20180920085333

母性子供産むときホルモンによって生まれるメスとして当然あるべきものからな。

母性幻想抱いてるとか言って楽しようとすんな。

子持ちで言ってんならそれは欠陥だから病院相談したほうがいい。

anond:20180919003925

自分キャリア台無しにして子供を産んだ

って所にやたら食いついてるブクマカ多いけど、

まさか母親なら『子供の為なら自分キャリアなんかいらない!』と考えるべきだ」とでも考えてるんだろうか?

ちょっと前の親権放棄した母親の時といい、本当に「母性」に異常な幻想妄想を抱いてる、ぶっちゃけマザコンだらけだな。

2018-09-19

母性父性呪い

https://anond.hatelabo.jp/20180918120625

自分はこの人よりは年上だろうし、永遠独身&子なしである

子が生まれたら愛さなければならない。子を産んだら愛さなければならない。

これ、一種呪いだよね。

血の繋がった子が生まれれば、その子を無条件に愛さなければならないなんて決まりはない。

無条件に愛することができるようになるのは、日々の積み重ねがあってこそで、生まれ落ちたばかりの子に対してそれがなかったとしても、愛情が薄い人間ということにならない。

子には何の落ち度もない。憎しみを持ってしまった相手に似ていたとしても、子に罪はない。

それと同様に、それゆえに愛せなくなってしまった母や父にも罪はない。

この世は呪いに満ち溢れていて、親は子を愛さなければならないし、子は親を愛さなければならないと強要する人間いかに多いか

愛は何もないところからは生まれない。

ゆえに母性父性も、何もないところでは存在しない。

母親親権を取らないと非難されることが多いけど、なぜそうなるのかわからない。

理性的な人であれば、子が一番幸せになれる状況を選択するだろう。

この人は子にとって、最良の選択をしただけだ。

もし、世間体などを気にして親権を取った場合、本格的に子に対して憎しみを持つようになる可能だってあった。

後日談を読むと愛情はあったのだとわかるけど、それはあくまでも今の選択をしたからであって、他の選択だった場合はわからない。

子が成長した時、母親をどう思うかはわからない。いいことばかりではないと思う。

でも、この子人生を得られる機会を与えたのは確かだ。

この人には、自分人生大事にして生きてほしいと思う。

綺麗なことも醜いことも全部丸呑みにして、そうして生きていくのが人生だと思うから

2018-09-18

理想の親像が強固すぎる

離婚して親権を夫に押し付けたと自虐する増田の反応を観察していて驚いた。

増田を責めるでもない体を装って結局のところ暗に責めているような、親権放棄した増田を追いつめている様子なブコメが少なからずある。

養育費ぐらいで免れると思うなとか、子供に恨まれるかもしれない、などなど、母親なら子供を育てられなかった良心の呵責に悩んで当然、それどころか罰が当たればいいぐらい言いかねなそうなブコメである

当初は、元増田も元夫に対して母性への過剰な思い込み見出していたように、多くの人が母親子育ての最終・最大責任者であるべきという思い込みから逃れ難いのだなぁ、とジェンダーギャップっぽい感想を抱きながらブコメを読んでいたのだが、一部のブコメの「祖母父親が育てたらろくなことにならなそう」という呪いをかけているブコメを見て、ここにはジェンダー的なゆがみではない、別のゆがみも混ざっているのではと思った。

母親責任放棄という呪い以上の、「親ならこうあるべき」という呪いが凄く強固にあるのだ。母性関係なく。

母親だろうが父親だろうが人間だし、親になった途端に正しいことしかしない言わない聖人君子になれるわけでもない。もちろんなるべく正しくあろうとすることは尊い努力ではあるが、出来ない時があったってしょうがないだろう。親になったことないか分からんけども、ずっと「子供にとって正解」を叩き出し続けるの無理だろうと思うんだが、「理想の親」っぽくないものはすげー叩かれる。

はてな界隈でも定期的に噴き上がる「しつけのなってない子供に怒る人vsそんなだから少子化なんだと責める人」とかも、噴き上がる原因は同じでどちらのサイドも「理想の親」像ががっちりありすぎて、親サイドも親ウォッチサイドもその理想の親像を脇に避けて現実の話が出来なくなってしまうことが多いんじゃないか

そりゃー、理想の親像のような親に育てられたら、理想の親像のような親になれたらチートかもしれないが、そうじゃなくても割となんとかなるしそもそも理想の親」ってなんだよ、と思うわけだよ。そんな理想みたいな親いねーわ。私の親たぶん理想が100なら28点ぐらいだったけどそれなりに人生楽しいわ。理想の親通りじゃなくたって全然なんとかなるのにな。つーかそもそもどんななんだ理想の親って、割とあいまいなのにすごい強い呪いだよこれは。

独身なんだけど件の親権渡した母親あんなに言及で叩かれるのが全く理解できない

不倫した旦那の子供なんて全く愛情わかなくても普通じゃないの?!

いや子供に罪はないだろうけどさーだって子供って一人じゃできないし旦那は逃げ切り勝ちとか最悪じゃん

からあい方法に出たのは別に人間として悪くないと思うんだよな

それとも母性本能()とかいうのがあると普通はならないの?!摩訶不思議すぎる!

結婚して子供いる人が叩いてるの?それとも独身

万が一自分結婚して子供が出来たとして、旦那浮気されて、子供だけは可愛い!守り育てる!

って思える自信がない…まあだからこそ結婚もしないし子供も要らないんだけど…

女だけど親権押し付け離婚して、それから

https://anond.hatelabo.jp/20180906123716

もうすぐ2回目の養育費の支払い。毎月こどものまれた日付に振り込むことにした。

もう興味ないかもしれないけど、後日談みたいなものを書くね。

養育費について

養育費について思うのはまず「やっっっす!!」。弁護士相談して決めたんだけど、私が時短勤務だったとはいえ、あまりに安くて驚いた。進学や医療費に多額のお金がかかった場合は追加で払うことにはなってるけれども、月々たったこれだけのお金育児から手を引けて、一応『責任は果たした』ことになるなんてヤバすぎる。ちょっとずつ貯金をして、子供が成人する時にでも渡せればいいなと思う。

②元夫について

子供を強く希んでいた。子供好きで、結婚から姪と甥をすごく可愛がっていた。

「僕は子育てを『手伝わない』。僕たち二人の子なんだからふたり平等に助け合おう」なんて言ってたのに、早々にお手伝いに成り下がった。不倫相手が出来てからは、お手伝いさえほとんどしなくなった。彼が欲しかったのは意思の疎通が出来る子供の子育てファンタジーで、夜泣き、排泄、よだれに癇癪各種手続き、そういうリアルはいらなかったらしい。手が汚れること、匂いのあることは特に嫌がった。

ワンオペ育児がつらすぎて、もう少し早く帰ってこれないかとお願いした時、

子供のためにも仕事を頑張る、それの何が悪いんだ」とため息をつかれた。結局私が謝ったんだけど、残業の半分以上は不倫相手とのデート(笑)だったと知った時、申し訳なさが怒りに変わった。

義母が良くできた人だったからか、母親という存在神聖視しすぎているように感じた。疲れていても子供に笑みを向け、家事をきちんとこなし、愚痴を言わない。欲しいものは「子供のもの」。母親自分の靴や服なんていらない。華美なものにも興味がなくなると本気で信じていたらしい。私がそれに反するといちいち驚いていた。「えっ、そんなのまだ要る?ママなのに?」

彼がメルカリにハマったときコテ(髪を巻くやつ)やブランドピアスを「これ使ってないなら売っていい?」と悪気なく聞かれて死にたくなった。ちなみに不倫相手は、ふわふわの髪に揺れるタイプピアスを身につける女だった。 

不倫相手について

実家内容証明を送った&本人には到底払えない高額慰謝料をふっかけたので親が出てきた。親子ともどもしおらしく謝罪。本人は慰謝料を払い終えたら彼(元旦那)と結婚したいと涙ながらに訴えていたけど、親が猛反発。(私の前だったとはいえ)元旦那が「妻と別れても君とは結婚できない」と言っても意志は揺らがなかったのに、旦那親権を持つと知った途端に引いた。他人旦那を奪うなら、子供ごと引き受ける度量を見せてほしいと思わなくもないけど、子供のことを考えるとそれでいいんだろう。

大事な箱入り娘だったらしく、彼女の両親と元旦那で揉めていたっぽいけどもう興味も沸かなかった。最終的には相場よりちょっとだけ色のついた慰謝料をいただいておしまい

④元夫の母親について

離婚騒動の前までは、関係はかなり良好だった。旦那ともめれば私に味方してくれるような義母だった。

旦那浮気を知った時は、真っ先に旦那の頭を叩いて怒鳴りつけた。それから、私の手をとって、ごめんね、ごめんねと謝ってくれた。態度が変わったのは、私が親権を取らないと言い出してからだ。

義母慰謝料なしで女手ひとつふたりの子供を育てた人。そんな人から見たら、母親子供を手放すなんてありえないだろう。

私の両親は地方在住の上、母は闘病中で父はその介護をしている。近くに元気な義母がいて、ローンの支払いのない広い家(夫の実家)がある元旦那側の方が、よっぽど環境が整っている。それを伝えても、母親そばにいないことが何より子供を不幸にすると、彼女は信じて疑わなかった。だから誰よりも怒っていた。

養育費もいらないと言われたが、「子供権利あなたの一存でふいにしないでください」と目を見て返せた。夫相手には強気を貫いていた私の足は、その時ガクガク震えていた。

子供について

不倫に気づいた時、旦那に対してだけじゃなく子供への愛情も一気に引いて、そういう自分ドン引きした。気づいてる人もいたけど、子供旦那にとても似ている。子供に罪はないと何度も思おうとしたけど無理だった。愛情がなくなると、子育ては苦行でしかなかった。義務感・責任感でこなす育児は本当にしんどい。変な話だけど、失ってから愛情母性?)の凄さに気づいた。タスクは変わっていないのに、精神的な疲労の度合いが全然違う。

離れてからしばらくたって、子育てタスクから解放されてから、やっと他人ごとめいた感覚が消えた。確かに自分の子だなと思う。愛情についても不倫騒動の前ほどとは言わないけど、ある程度戻ってきたような気がする。でも、親権をとらなかったことに後悔はない。あの子にとって最善の環境元旦那の、いや、義母のところだ。私はもう、再婚もしないし子供も産まないと決めた。だからたったひとりの子供のために、できる限りのことをしたい。親権を捨てた母親に、どれほどのことができるかはまだわからないけど。

前回の記事にすごい反響があって、騒がせてすみませんでした。ブコメトラバ全然流れが違うんですね。読める限り全部読みました。最低限、子供金銭面で不自由はさせないように、頑張って働こうと思いますありがとう

2018-09-16

わざわざ荒らすために読むクソフェミムーブ

2018-09-10

anond:20180910102200

そんなこと言ったら皇室雅子さまだって周囲の圧力に負けて産んだクチじゃないかと思うんだけど、それも統失扱いなの?

結局産まれたのは女の子だったし、結婚する前から「後継ぎを産め」というプレッシャー半端ない家に嫁ぐことは理解していたはずだけど…

私だったら義理親なり自分の親なり一番「子どもを産め」っていうプレッシャーをかけた人間に極力育児の面倒を押し付けますが。子どもが熱を出したら「医者に連れてってその後看病しといて」っていうし、自分が遊びたかったら相手の都合構わず預けに行って、「今日はそっちに泊めてね」って全部お任せする。

女にみんな母性本能があると思ったら大間違いだから。私は育児に一切金も手間もかけたくないから産みたくない。

2018-09-09

まれ変わったら何になりたい?

ナウシカになりたい

母性で他を圧倒したい

老人に最も必要ものは愛らしさ

人間誰でも年をとる。

それが老人にまでなると色々と体が不自由になる。

頭も悪くなり、仕事もできなくなる。

いわば社会お荷物だ。

全体主義社会であれば殺処分にかけられても文句は言えない。

そのようになった時、色んな人の助けを借りることになる。

家の事を任せたり、毎日の話し相手になってもらったり、どこかに連れて行ってもらったり、介護してもらったり、そして死んだ時の後始末。

そんな時、愛らしさのない老人に誰がそんな世話をしてくれるだろう。

「クソジジイ」や「クソババア」に誰が手を差し伸べてくれるだろう。

老人として生き残るには「おじいちゃん」「おばあちゃん」と親しまれるような善良なパーソナリティを持つ事が、若い世代以上に重要なのである

よく年老いると子供のようになるというが、それは他者母性くすぐり世話をさせる為の本能なのかも知れない。

2018-09-07

anond:20180907073353

サレ夫テンプレ感ある。イマイチ新鮮味を感じられない

元ネタ母性と女としてのプライド狭間で揺れる複雑な心が垣間見えておっ、と思ったけど、これはあまり響かない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん