「母性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 母性とは

2022-07-02

ぶっちゃけママみたいな女性結婚したい

もちろん本当の母ちゃんは嫌だぞ

想像するだけでキモい

けど、メンタリティとしてガチママみたいな女性じゃないといや

母性を渇望してる

普通生活なら人生3周しても使い切れないほどの収入あるから、何度も求婚されてるけどかわいい女を演じる人ばかりで全然需給が噛み合ってないんよな

なんだかなー

2022-06-25

anond:20220625125239

おねショタイズムの思想

おねショタイズムの思想としての構成要素は、以下を主な柱としている。

(1)お姉さんは母性に溢れて優しく、かつエロティックでなければならないこと

(2)お姉さんはショタよりも精神的にも肉体的も優れていなければならないこと

(3)お姉さんは男性経験豊富でなくてはならないこと

(4)ショタ童貞であり、なおかつお姉さんに手玉に取られ翻弄される存在でなくてはならないこと

また、これらの柱から導き出される政治理論として、国家はお姉さん主導の政治形態によって運営されるべきであるという「お姉さん社会主義」が提唱された。

資本主義の打倒、及び、お姉さん社会主義の実現がおねショタイズムの目的であるとされている。

2022-06-18

ジェンダー平等アンチにおける詭弁

1.事実に対して仮定を持ち出す

生物界ではメスの育児の方が明らかに多いのでそれが正しい。」

3.自分に有利な将来像を予想する

専業主婦を増やし固定的性別役割分担に戻せば少子高齢化は解消する。」

4.主観で決め付ける

子ども母親の方と相性が良い。」

男女平等生物的に間違え」

「男女性差による適性が沢山存在する」

父親育児はただの親の都合」

6.一見関係ありそうで関係ない話を始める

「昔は女性家事育児を中心に行ってきた。(だからそれが正しい。)」

女性には女性ホルモン存在する。」

母親には母性存在する。」

男性には男性ホルモン存在する。」

男性育児が増えた時期と少子化が加速した時期が一致する。」

「昔は男女平等では無かったが、経済が発展していた」

8.電波を発する

女性生得的に子どもと心が通じ合っており子どもの表情から気持ちを読み取る能力が高い」

「固定的役割に背くとホルモンバランスが崩れて危険

10.ありえない解決策を図る

男性育児休暇はやめるべき。」

女性専業主婦に限る。」

イクメンは止めた方が良い」

11.レッテル貼りをする

女性社会進出を推進する人はフェミニスト

「お父さんがお母さんと同じくらい子どもに好かれてるとか、、、あなた子育てした事ないでしょ。」

12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す

女性が中心で育児をすべき。」

男性仕事に専念すべき。」

性差による適性は存在する。」

13.勝利宣言をする

母親が中心に育児を行うのは生物的には正しい。」

16.全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する

男性育児についてはまだ増えてきたところなのでこの方向で良いと判断することは出来ない。」

------------------

ジェンダー平等が正しいか異論もあるが上記危険論では議論が進まない。

詭弁の特徴のガイドラインより。

2022-06-12

「『ククルス・ドアンの島』が反戦アニメ」?(苦笑)

安彦さん、あなたテレビ版の放映後に新聞で「アムロ母親意見を違えて別れる」回を反戦じゃ無いって批判されたとき、当時のムック本で『あのシリーズは単にしょーもない子供向けのアニメなんだよ、朝日新聞さんまでそんな面倒臭いこというの?トホホ,ウンザリ…』てボヤいた手記を載っけてましたよね?

あと、『アリオン』だか『ジャンヌ』だか製作されてたころ、「ずっと母性に対して反発心を持ってる」て語ってたはず。

・・・どーしたんです、反戦するなんて(笑)

2022-06-07

子供が欲しいと全く思えない

お金かかるし

時間かかるし

そもそも出産が上手くいくかもわからない

障害が持ってるかもしれないし

健康に育ってもニート引きこもりになるかもしれない

いじめられたり事故にあうかもしれない

不幸な人間を増やしてしまうかもしれない

メリットがあるのはわかるよ

でもデメリットのほうが多くないか

生きがい?老後のため?

生きがいを得る方法なんて子供以外にたくさんあるじゃん

自分の老後のためとか、エゴ以外の何でもない

子供が嫌いなわけじゃないんよ

年の離れた妹の世話もしてたし

母性がないわけではないと思う

でもなんか年々そういう欲がなくなってしまった

今は自分のことで精いっぱい

仕事したり遊んだ趣味に打ち込んだり

恋人との時間も大切にしたい

子供産んだら24時間365日子供の世話しないといけないわけでしょ

絶対無理

やりたいことたくさんあるしかなえたい夢もある

私は私の人生をやっていきたい

死ぬまでね

はーー

彼氏になんて言おうかな

2022-06-05

anond:20220605084821

昔はセクシーキャラとか母性キャラとか特徴付で巨乳キャラがいたけど、オタク向けコンテンツは清楚だろうがクールだろうが頭よかろうが、登場する女性全部巨乳みたいのあるな。

元増田気持ちはわかるけどそれは権利かつ国と企業の義務だからな

ただマジではてなー(ブクマカ)はスノッブではなく、ザマァ系に出てきそうなテンプレモンスターDQNになったな

それが知能やメンタルの不調が原因なのか、どちらにも問題は無いが分かってて開き直ってる真性のフリーライダーなのかは知らんが、

ガチネタ抜きで爆サイ以下・ママスタ以下だわ

 

ブクマカブクマカを兼ねてそうな増田モンスターDQNぶりはともかく、権利義務権利義務なので書いておきます

 

 

▼育休:労働基準法における母性保護規定

 → たまーに、バイト派遣だと育休使えないとか言ってるアホがいるけどバイト派遣でも使えるのでちゃんと使ってください

   ハラスメント指導がなされている世の中でまだ生きてるか知らんけど、

  意識低い採用担当者が、結婚出産の予定を聞いちゃったりしてたのはこのため

  (まぁハラスメント採用担当が生きていても知らん顔で『予定無い』って言ってフツーに産休とりましょう。裁判で勝てます)

(1)産前・産後休業(法第65条第1項及び第2項)

産前6週間(多胎妊娠場合は14週間)<いずれも女性請求した場合に限ります

産後は8週間

女性就業させることはできません。

(ただし、産後6週間を経過後に、女性本人が請求し、医師が支障ないと認めた業務については、就業させることはさしつかえありません。)

 

(2)妊婦の軽易業務転換(法第65条第3項)

妊娠中の女性請求した場合には、他の軽易な業務に転換させなければなりません。

 

(3)妊産婦等の危険有害業務就業制限(法第64条の3)

妊産婦等を妊娠出産、哺育等に有害業務に就かせることはできません。

 

(4)妊産婦に対する変形労働時間制の適用制限(法第66条第1項)

変形労働時間制がとられる場合であっても、妊産婦が請求した場合には、1日及び1週間の法定時間を超えて労働させることはできません。

 

(5)妊産婦の時間労働休日労働、深夜業の制限(法第66条第2項及び第3項)

妊産婦が請求した場合には、時間労働休日労働、又は深夜業をさせることはできません。

 

(6)育児時間(法第67条)

生後満1年に達しない生児を育てる女性は、1日2回各々少なくとも30分の育児時間請求することができます

 

(7)罰則(法第119条)

上記規定違反した者は、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられます

(3)妊娠出産等を理由とする不利益取扱いの禁止(法第9条)

事業主は、女性労働者が妊娠出産・産前産後休業の取得、妊娠中の時差通勤など男女雇用機会均等法による母性健康管理措置や深夜業免除など労働基準法による母性保護措置を受けたことなどを理由として、解雇その他不利益取扱いをしてはなりません。

 

不利益な取り扱いと考えられる例

○ 解雇すること

○ 期間を定めて雇用される者について、契約更新をしないこと

○ あらかじめ契約更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること

○ 退職又は正社員パートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと

○ 降格させること

○ 就業環境を害すること

○ 不利益な自宅待機を命ずること

○ 減給をし、又は賞与等において不利益な算定を行うこと

○ 昇進・昇格の人事考課において不利益評価を行うこと

○ 派遣労働者として就業する者について、派遣先が当該派遣労働者に係る労働派遣役務提供を拒むこと

 

 

残業強制36協定はとっくの昔に改定されてます(2019年2020年)、それ以前の問題業務上の必要性がない残業強制出来ません

 → 世の中はPC起動時間や退室時間就業管理していて業務時間内に仕事が終わらない=マネージメント能力不足っていう

   評価を喰らう世の中なんだよなぁ・・・

  その抜け穴的にコロナのお家時間も追い討ち掛けて自宅で無限労働(VPN切ってると計測しない)みたいなノリがあるのに

  ブクマカブクマカ兼ねてそうな増田は違う宇宙を生きてるのかな?って思う

  まぁ運送屋さんはめちゃくちゃノルマがきついって聞くからそっち方面の話か?でもだとしたら産休で揉めないよな・・・

○ 36協定

そもそも36協定が締結されていない場合は「1日8時間、週40時間」の法定労働時間を超えて働かせることができません(労働基準法違反)。

36協定が締結されている場合であっても、原則月45時間、年360時間残業が上限です。

 

36協定特別条項付きだった場合も、年720時間以内が残業時間の上限であることに加え、45時間を超えて残業させても良いのは1年につき6か月までとされています。また、2~6ヶ月のどの期間をとっても残業時間の平均が80時間以内におさまるようにしなければなりません。

 

 

○ 業務上の必要性がない場合

「この人気に入らないか残業させよう」とか、「皆残業しているのだからあなた残業しなさい」といった理由残業強制することはできません。

 

○ 労働者の健康私生活に影響を及ぼすような場合

この理由に該当するケースとしては以下のようなものが挙げられます

2022-06-01

左翼って良くも悪くも母性の人なんだよな

自分の傘の中にいる時は猫可愛がりするけど

そこから離れた途端に牙を剥く

2022-05-28

anond:20220528133129

労働法令でみても「母性保護」が女性を別扱いする理由から

更年期を過ぎれば準用する必要性もなくなる

   

はい、寝る前にジャムおじさんお話聞こうね

おじさんね、オフばいきんまんとよく競輪場に行くんだけどあいつは苦労人だと思うのね

「悪役って誰かレイ〇すんの?」って聞いたら

ばいきんまんは凄く悲しい顔をして「できませんよ。そんなことしたら本当に嫌われるから怖いんです」って

そういうもんかなーって思いながらカス券を口に入れて噛み砕いてると

「大体ばいきんまんって名前ですから、好きになった女の人もエッ〇させてくれません。病気が移るとイヤだからって・・・・・・

ばいきんまんが急に泣き出すわけよ

おじさん、もう母性本能出ちゃってさ「おじさんのアナ〇、貸そっか?」って言っちゃった

ばいきんまんは首を横に振って「いやそういうのは病気になるのでできません。同性愛エイズになりやすいっていいますし、肛門〇交はゴムなしではダメって聞きます」ってマジでいい子なのなあ

おじさん嬉しかったよ

ばいきんまんのおかげで久しぶりにちゃんと前の穴にチン〇入れたい!って思ったんだ

で、本番おkトルコ風呂探し回って久しぶりに11万ぐらい使い込んできちゃった

いやー、やっぱいいね マン

よし、お話終わり

寝て良いよ

2022-05-24

anond:20220524082710

母体保護法に定められた適応条件―

母体保護法 第三章 母性保護

十四条 都道府県区域単位として設立された公益社団法人たる医師会の指

定する医師(以下「指定医師」という。)は、次の各号の一に該当する者に対して、本人及び配偶者同意を得て、人工妊娠中絶を行うことができる。

一 妊娠継続または分娩が身体的または経済的理由により母体健康を著し

く害するおそれのあるもの

二 暴行若しくは脅迫によってまたは抵抗若しくは拒絶することができない間

姦淫されて妊娠したもの

2 前項の同意は,配偶者が知れないとき若しくはその意志を表示することがで

きないとき又は妊娠後に配偶者がなくなったときには本人の意思だけで足りる。

「二」でレイプによる妊娠中絶認められてますやん。

なんで嘘つくの?

2022-05-23

母親子供に対して「産むんじゃなかった」などと言う事を肯定して

"母は人間を越えた女神のような存在ではありません。『母性』をもっと人間らしいものにしていく必要があると思います"

とか言う人って

人間を理性のある存在だと思ってない訳?それとも母親けが特別に許されるべきだとでも?

anond:20220522080722

地獄先生ぬ〜べ〜→鋼の錬金術師

主人公が片手を喪失

片手を普通義手ではない特殊もので補いそれがトレードマーク

生き別れになった父

父を憎みながら父と同じ才能を持ちその道のスペシャリスト

母は父の理解者であり最期に父に宛てた言葉を残す

父が主人公のために死ぬことになり主人公が泣きながらようやく父と呼ぶ

主人公の術の師匠女性

母を幼くして失った主人公師匠にどこか母性を感じる

2022-04-29

anond:20220429140703

内心はどうあれ、母になった以上その気持は墓まで持っていくべきってことらしい。

なにしろ世間には「母は強い」って母性神話蔓延してるから、弱い母は世間からボッコボコに叩かれるのが普通なんだよ。

anond:20220429043944

男の人に大量のプロラクチン注射して、強制的母乳出させて完全に赤ちゃんのお世話できるようにならないかな。あと女性ホルモンとかも入れて母性本能出させてさ。

anond:20220429040329

うまく母性本能に目覚めることができなかった女性向けに、

大量のオキシトシン注射して、強制的に目覚めさせることはできないのかな。

2022-04-24

キモいと言ってください

自分めちゃめちゃキモいって思ってる。

会社の若手(異性)が可愛くて仕方がない。

本当に自分キモいんだが見た目がタイプすぎる。6〜7個ぐらい年下だし、こちらは既婚なので恋愛とはまったく無縁な生活なのだが、これは母性本能か?

こちらの抱えている可愛い!っていう熱量がめちゃくちゃデカくてキモいと思ってるから会社では極力関わらないようにしてる。自分が怖い。

前に一度会社の飲み会で、話しかけてくれたんだけど緊張しちゃってあいまいな笑みを浮かべることしかできなかった…

みんな酔いすぎてて、後輩に一瞬腰に手を回された気がするけどスルーしちゃった…いやでもこちとら既婚だし、そういうのダメだよね

うう…話しかけてくれたときは、乙女ゲーイケメンがいうセリフみたいなのも言ってたから、転職する前にもう一回くらい飲み会ご一緒したいな…

一周回って本当に自分キモ

2022-04-19

anond:20220419151908

なんやろなぁ

ママの懐に入る才はないのよ(母性本能をくすぐることができないみたい)

せやからパパに奢ってもらわないと無理やと思う、ワイの場合

上司にも気に入られるし、オッサン気持ち良くなるポイントはなぜか抑えられてるらしい

2022-04-18

anond:20220417160109

母性の喜び》

ジョン・ウィリアム・ヘインズ

19世紀後半 - 20世紀

ヨハネ・パウロII世美術館所蔵

・・・でいいのかな。

素敵な文章で、画像を見に行って、また読んで、またもう一度じっくりと時間をかけて見てしまった。

後でもう一回またみて、自分も湧き上がってきた感情を書き留めてみようと思う。

素敵な文章を読ませてくださってありがとうございました。

2022-04-13

優しそうでかわいい母性を感じるおっぱいの大きい女の子の絵に癒されて

何が悪くて何で文句言われるかわからない。

それで文句言われるならジャーニーだって宝塚だって目障りって話になると思うんだが。

2022-04-05

anond:20220405110531

子どもを産む/産んだ人を批判すると雰囲気悪くなるから

どんなに金がなかろうが、ろくに仕事してない、病気障害持ちだろうが産んだほうが正義ってことにしないとさ、

考え無しで子ども産んだことを責められても生まれ子供は今更どうにもできないし、母性がどうとか愛とか子どもはすばらしいとかそういう精神論コーティングして必死自我を守ってんだよ。

子ども人生真剣に考えてる風に装って実際は「子持ちの親」とか「子煩悩な俺/私」みたいな自我ステータスがほしいんだよ。

言い当てられてもそれを認めるわけにもいかいか必死に訳わかんないこと言うはめになってんだろうなあ。

2022-04-03

anond:20220403031136

見出しと改行を知らぬ哀れな子羊よ反省しなさい

■いい人はなぜ女に選ばれないのか

はじめに

優しくていい奴はモテない、とことんモテない。

これはいったい何故なのだろうか。

いや、そもそも優しくていい奴こそがモテるに決まっているだろうと思う人もいるだろう。

女の子に好みのタイプを聞けば当然のように「優しい男」がまず挙がる。

実際、女の子からは「暴力を振るう男は絶対無理」、「チャラい男は苦手」、「浮気をする男なんてサイテー」という言葉もよく聞くだろう。

やはり優しい男こそモテるのではないだろうか。

これはとんだ誤謬である

女は決まって優しい男が好きだと言い、優しくない男を侮辱した言葉を使う。

だが現実彼女たちは普段どんな男を選んでいるだろうか。

あえて直接的な表現を使うならば、彼女らはどんな男とヤってしまっているだろうか。

そもそも暴力を振るう男が最低と言われるのは、男に暴力を振るわれたか、そういう男の存在が身近にいたからだろう。

まり、わざわざ最低であると言われる程度には女と深い関わりを持っているのである

これは浮気をする男やチャラい男についても同様で、女側が浮気をされたり、チャラい男に遊ばれたり、もしくはそれに準ずる体験をしたからこそ、そういった男たちが悪く言われるのだ。

まるでそういった所謂悪い男」たちの肩を持っているように思われるかもしれないが、伝えたいことの本質はそこではない。

女に暴力を振るってしまうような悪い男でも、女性から男性として認められ、身体関係交際関係を許されている時点で、男性としての魅力やモテ力という意味においては、優しくていい人だけど恋人とは違うかもなんて戯言を言われ続け、交際セックスへとたどり着くことのできない「いい奴」よりも数段格上であるという事実なのだ

ここまで言ってもおそらく、ほとんどの人間はこの事実を認めようとはしないだろう。

特に女性と、女性に媚びてしまっているタイプ去勢された非モテ男は絶対に認めることはない。

もしくは仮に認めたとしても、「正しいかもしれないけどそんなことを言って何になるの?」と決まりの悪い顔をするだろう。

実際は人間の幸不幸を決めかねない、とてつもなく重要問題であるのにも関わらずだ。

しかしこれは本能に裏打ちされた感覚であるため、それは仕方のないことである

理屈によって議論を進めることもできるが、ここではまず、あえて例を挙げつつ「優しくていい奴はモテない」という現実直視するところから始めていこうと思う。

優しい男の悲惨

男女の集まりでよく見かける光景の一つとして、男の彼女いないアピールとそれに対する女性側の慰めがある。

「○○くんは優しいし、いい人だから絶対すぐ彼女できるよ」、こんな言葉を聞いたことがある人や、言われたことのある人もいるだろう。

ここでまず疑問に思われるのが、じゃあそれを言っている女の子はなぜその男彼女に今すぐ立候補しないのだろうかということだ。

そして、優しくていい人であるはずのその男には今現在なぜ彼女がいないのかということである

この疑問に対する答えとして、「いい人だと思うかどうかと恋人にしたいかどうかは違う」だとか、「その女の子別に恋人を欲しいと思っていない」だとかが考えられるが、これらは建前でしかない。

「単なる社交辞令」というのも正解のようで説明がしきれていない。

この疑問に対する解答として的確なのは、「そもそもその男男性としての魅力や雄としての力が一ミリもない」だろう。

男性としての魅力がないか女の子から彼氏にしたいとは思われないし、雄としての力がないか彼女を獲得するだけの行動をすることができないとすると、完全に説明がつく。

そもそもの話をすると、女性の前で彼女ができないアピールをするのは恋愛的な面では百害あって一利なし言語道断な悪手である

自分には男性としての魅力がない」ということをわざわざ表明しているようなものなのだ。だからこそモテない奴は、その言動によってよりモテなくなる。

モテないスパイラルに陥ってしまうのである

一度女性の言うことや、一般的常識から抜け出した視点現実を見てみよう。

大学課題に困っている女の子課題を教えてあげている優しい男はその子と付き合えているだろうか。

デート代を毎回払って三回目のデートで誠実な告白をした男が振られているのを見たことはないだろうか。

「優しい人なんだけどね」と女に陰で言われている男を見たことはないだろうか。

筆者は女の子死にたいライン一年間ほど精神をすり減らしながら優しく慰め続けた経験があるが、ついぞ男として見られることはなかった。

一方で、一見不誠実な男たちを見てみよう。

チャラついた男の経験人数が何桁もあったり、サイコパスな男でも彼女が出来ているのを見たことはないだろうか。

女性に対して舐めた態度をとっているのに、なぜか自分よりモテる男を見たことはないだろうか。

自分の方が真面目でいい奴なはずなのに、何人もの女性から選ばれ浮気をしている男を見たことはないだろうか。

学生中にデキ婚する男を馬鹿だと見下しつつ、そんなことができる相手がいることを疑問に思ったことはないだろうか。

仲のいい女の子が明らかなクズ男の沼にハマっているのを見たことはないだろうか。

こういった、一般的常識女性意見現実との乖離はなぜ起こるのか。

これを説明する答えは単純明快だ。女性本能的に優しくていい奴には男性としての魅力を感じないようにできているのである

しかしこういった疑問を持つ人もいるはずだ。

「ではなぜ口では優しい人が好きだと言うのか」、「女性本能的に優しい人に魅力を感じないのであれば、その形質が現代まで保存されているのはおかしいのではないか」と。

これについてはgood genesとgood dadの概念や、男と女での形質の非対称性によって説明できる。

ヒトも遺伝子乗り物である

まず第一に、人間だって動物なのである

どれだけ文明が発達しようが、理性を持っていようが、ヒトは動物であり種を保存しようという性質があることは事実だ。

ずっと遡って、言葉ができ始めたぐらいのちょっと賢いサル時代のことを考えてみよう。

ヒトは通年繁殖可能であり、今で言えばナンパのように見知らぬ個体に声をかけて性行為交渉していたのだろう。

そんな環境では自分から声をかけられなかったり、雌に対してグイグイ押していけない優しい個体はきっと性行為にありつけなかったはずだ。

逆にレイプまがいのことをするような個体の方が遺伝子を残せていたのではないだろうか。

しかし、群れの繁栄という意味で見た場合は、優しい個体にも有用性がある。

群れが存続するためには新しい世代を育てなければならない。

産むだけであればなりふり構わず行為を行う形質のみが有利に働くだろうが、子育てとなると母性や優しさや、育て続ける誠実性も重要になる。

セックスのことしか考えないような個体ばかりの群れは近親相姦によっても崩壊するだろう。

なぜ雄が雌に求愛するという仕組みができたかはわからないが、そういった仕組みである以上、優しさや誠実性といった形質は、雄に受け継がれた場合遺伝子を残すのに不利に働き、雌に受け継がれた場合には子を育てやすいという意味遺伝子を残すのに有利に働く。

この雄と雌での形質の非対称性によって、強い雄の性質であるオラオラ形質と、弱い雄や良い母の性質である優しさ・誠実性形質が絶妙バランスを保って保存され続けてきたのだとすると説明がつく。

弱い雄が遺伝子を残せなくても、良い母が遺伝子を残すことによって優しさや誠実性といった形質も保存され続けるのだ。

運が良いのか悪いのか、弱い雄に生まれてきた個体は、おそらく本人は子を残さずに群れの子もの世話役をしていたのではないだろうか。

これが所謂、good genesとgood dadの関係である

良い遺伝子であることと良い親であることは異なるのだ。

そして雌は雄の性質本能的に嗅ぎ分けており、遺伝子を残す(=性行為)に値する個体かどうかを見極めているのである

この仕組みは現代でも変わらない。実際、托卵(遺伝的な子ではない子をそうだと知らずに育てている)の割合日本では20人に1人程度らしい。

これを聞いてそんな酷い世界があるかと思う人もいるかもしれないが、むしろ現代社会は弱い雄に優しく、弱くても子を残せるようになっているぐらいなのだ

皆婚制度や一夫一妻制なんかは、強い雄が女性を独占できないようにする、まさに弱者男性を守るための制度である

文明の発達によって誠実さのある人の方が仕事で成果を出して収入を得ることができ、結果として結婚などに結びつくようになっている。

だがしかし収入肩書き、優しさや誠実性が評価されるのは女性結婚を焦るようになる30代前後での話であり、しかもそれは肩書きを抜きにした男性的な魅力を評価しているわけではないのである

少なくとも大学生や社会人になりたてぐらいの時期では強い男の方がモテるし、優しくていい奴がモテることはないのだ。

そして雄としての力が弱い状態結婚をしても、十分に女性を魅了することができずに不倫や托卵をされるという事態につながることもある。現実残酷だ。

そして現実は優しい男なんて選ばないのにも関わらず、優しくていい人を褒め称えるような行動を女性はとってしまう。

これも群れの繁殖に都合がよいかなのだ。強い雄はその強さ故に群れの和や秩序を乱してしまうし、そんな暴力が完全にまかり通ってしまっては群れが崩壊してしまう。

一部の強い雄の遺伝子を残して弱い雄に育ててもらうという戦略女性本能で取り続けているのだ。

実際に言葉説明できる女性ほとんどいないだろうが、それを感覚理解しているからこそ、男を優しい非モテに仕立て上げようとしつつも、それを破ってくる男の遺伝子を残そうとするのである

おわりに

優しくていい奴、つまり結婚するにはいいけど彼氏にはしたくない(=遺伝子を残したくない)と思われる人は基本的男性としてモテることはない。

これはヒトという動物が採択した生存戦略に基づくものであり、社会制度女性側に期待をしてどうにかなるものではないのである

男が恋愛結婚といった男女の関係において充実し、人生幸せにするためには、まずこのことを理解しなければならない。

そして強い雄へと成長するしか道はないのである。このことを理解するためにも、男として成長するためにも、行動や実践に挑むことは必要不可欠だ。

最後に、何もクズ男になれとか、ただグイグイいけるようになればいいとか、そんな次元の話をしているわけではない。

優しくていい奴に甘んじて、若いうちに沢山遊んできたけどそろそろ結婚を考えてドキドキを妥協してでもいい人を選ぼうなんて女性の魂胆に乗せられるしか救済のない人生を送るか、good genes性とgood dad性を使いわけて真に好きな女性幸福を分かち合う人生を送るか、その選択の話なのである

いい人はなぜ女に選ばれないのか

・はじめに

 優しくていい奴はモテない、とことんモテない。これはいったい何故なのだろうか。いや、そもそも優しくていい奴こそがモテるに決まっているだろうと思う人もいるだろう。女の子に好みのタイプを聞けば当然のように「優しい男」がまず挙がる。実際、女の子からは「暴力を振るう男は絶対無理」、「チャラい男は苦手」、「浮気をする男なんてサイテー」という言葉もよく聞くだろう。やはり優しい男こそモテるのではないだろうか。これはとんだ誤謬である

 女は決まって優しい男が好きだと言い、優しくない男を侮辱した言葉を使う。だが現実彼女たちは普段どんな男を選んでいるだろうか。あえて直接的な表現を使うならば、彼女らはどんな男とヤってしまっているだろうか。そもそも暴力を振るう男が最低と言われるのは、男に暴力を振るわれたか、そういう男の存在が身近にいたからだろう。つまり、わざわざ最低であると言われる程度には女と深い関わりを持っているのである。これは浮気をする男やチャラい男についても同様で、女側が浮気をされたり、チャラい男に遊ばれたり、もしくはそれに準ずる体験をしたからこそ、そういった男たちが悪く言われるのだ。

 まるでそういった所謂悪い男」たちの肩を持っているように思われるかもしれないが、伝えたいことの本質はそこではない。女に暴力を振るってしまうような悪い男でも、女性から男性として認められ、身体関係交際関係を許されている時点で、男性としての魅力やモテ力という意味においては、優しくていい人だけど恋人とは違うかもなんて戯言を言われ続け、交際セックスへとたどり着くことのできない「いい奴」よりも数段格上であるという事実なのだ

 ここまで言ってもおそらく、ほとんどの人間はこの事実を認めようとはしないだろう。特に女性と、女性に媚びてしまっているタイプ去勢された非モテ男は絶対に認めることはない。もしくは仮に認めたとしても、「正しいかもしれないけどそんなことを言って何になるの?」と決まりの悪い顔をするだろう。実際は人間の幸不幸を決めかねない、とてつもなく重要問題であるのにも関わらずだ。しかしこれは本能に裏打ちされた感覚であるため、それは仕方のないことである理屈によって議論を進めることもできるが、ここではまず、あえて例を挙げつつ「優しくていい奴はモテない」という現実直視するところから始めていこうと思う。

・優しい男の悲惨

 男女の集まりでよく見かける光景の一つとして、男の彼女いないアピールとそれに対する女性側の慰めがある。「○○くんは優しいし、いい人だから絶対すぐ彼女できるよ」、こんな言葉を聞いたことがある人や、言われたことのある人もいるだろう。ここでまず疑問に思われるのが、じゃあそれを言っている女の子はなぜその男彼女に今すぐ立候補しないのだろうかということだ。そして、優しくていい人であるはずのその男には今現在なぜ彼女がいないのかということである

 この疑問に対する答えとして、「いい人だと思うかどうかと恋人にしたいかどうかは違う」だとか、「その女の子別に恋人を欲しいと思っていない」だとかが考えられるが、これらは建前でしかない。「単なる社交辞令」というのも正解のようで説明がしきれていない。この疑問に対する解答として的確なのは、「そもそもその男男性としての魅力や雄としての力が一ミリもない」だろう。男性としての魅力がないか女の子から彼氏にしたいとは思われないし、雄としての力がないか彼女を獲得するだけの行動をすることができないとすると、完全に説明がつく。

 そもそもの話をすると、女性の前で彼女ができないアピールをするのは恋愛的な面では百害あって一利なし言語道断な悪手である。「自分には男性としての魅力がない」ということをわざわざ表明しているようなものなのだ。だからこそモテない奴は、その言動によってよりモテなくなる。モテないスパイラルに陥ってしまうのである

 一度女性の言うことや、一般的常識から抜け出した視点現実を見てみよう。大学課題に困っている女の子課題を教えてあげている優しい男はその子と付き合えているだろうか。デート代を毎回払って三回目のデートで誠実な告白をした男が振られているのを見たことはないだろうか。「優しい人なんだけどね」と女に陰で言われている男を見たことはないだろうか。筆者は女の子死にたいライン一年間ほど精神をすり減らしながら優しく慰め続けた経験があるが、ついぞ男として見られることはなかった。

 一方で、一見不誠実な男たちを見てみよう。チャラついた男の経験人数が何桁もあったり、サイコパスな男でも彼女が出来ているのを見たことはないだろうか。女性に対して舐めた態度をとっているのに、なぜか自分よりモテる男を見たことはないだろうか。自分の方が真面目でいい奴なはずなのに、何人もの女性から選ばれ浮気をしている男を見たことはないだろうか。学生中にデキ婚する男を馬鹿だと見下しつつ、そんなことができる相手がいることを疑問に思ったことはないだろうか。仲のいい女の子が明らかなクズ男の沼にハマっているのを見たことはないだろうか。

 こういった、一般的常識女性意見現実との乖離はなぜ起こるのか。これを説明する答えは単純明快だ。女性本能的に優しくていい奴には男性としての魅力を感じないようにできているのであるしかしこういった疑問を持つ人もいるはずだ。「ではなぜ口では優しい人が好きだと言うのか」、「女性本能的に優しい人に魅力を感じないのであれば、その形質が現代まで保存されているのはおかしいのではないか」と。これについてはgood genesとgood dadの概念や、男と女での形質の非対称性によって説明できる。

・ヒトも遺伝子乗り物である

 まず第一に、人間だって動物なのである。どれだけ文明が発達しようが、理性を持っていようが、ヒトは動物であり種を保存しようという性質があることは事実だ。ずっと遡って、言葉ができ始めたぐらいのちょっと賢いサル時代のことを考えてみよう。ヒトは通年繁殖可能であり、今で言えばナンパのように見知らぬ個体に声をかけて性行為交渉していたのだろう。そんな環境では自分から声をかけられなかったり、雌に対してグイグイ押していけない優しい個体はきっと性行為にありつけなかったはずだ。逆にレイプまがいのことをするような個体の方が遺伝子を残せていたのではないだろうか。

 しかし、群れの繁栄という意味で見た場合は、優しい個体にも有用性がある。群れが存続するためには新しい世代を育てなければならない。産むだけであればなりふり構わず行為を行う形質のみが有利に働くだろうが、子育てとなると母性や優しさや、育て続ける誠実性も重要になる。セックスのことしか考えないような個体ばかりの群れは近親相姦によっても崩壊するだろう。

 なぜ雄が雌に求愛するという仕組みができたかはわからないが、そういった仕組みである以上、優しさや誠実性といった形質は、雄に受け継がれた場合遺伝子を残すのに不利に働き、雌に受け継がれた場合には子を育てやすいという意味遺伝子を残すのに有利に働く。この雄と雌での形質の非対称性によって、強い雄の性質であるオラオラ形質と、弱い雄や良い母の性質である優しさ・誠実性形質が絶妙バランスを保って保存され続けてきたのだとすると説明がつく。弱い雄が遺伝子を残せなくても、良い母が遺伝子を残すことによって優しさや誠実性といった形質も保存され続けるのだ。運が良いのか悪いのか、弱い雄に生まれてきた個体は、おそらく本人は子を残さずに群れの子もの世話役をしていたのではないだろうか。

 これが所謂、good genesとgood dadの関係である。良い遺伝子であることと良い親であることは異なるのだ。そして雌は雄の性質本能的に嗅ぎ分けており、遺伝子を残す(=性行為)に値する個体かどうかを見極めているのである

 この仕組みは現代でも変わらない。実際、托卵(遺伝的な子ではない子をそうだと知らずに育てている)の割合日本では20人に1人程度らしい。これを聞いてそんな酷い世界があるかと思う人もいるかもしれないが、むしろ現代社会は弱い雄に優しく、弱くても子を残せるようになっているぐらいなのだ。皆婚制度や一夫一妻制なんかは、強い雄が女性を独占できないようにする、まさに弱者男性を守るための制度である文明の発達によって誠実さのある人の方が仕事で成果を出して収入を得ることができ、結果として結婚などに結びつくようになっている。

 だがしかし収入肩書き、優しさや誠実性が評価されるのは女性結婚を焦るようになる30代前後での話であり、しかもそれは肩書きを抜きにした男性的な魅力を評価しているわけではないのである。少なくとも大学生や社会人になりたてぐらいの時期では強い男の方がモテるし、優しくていい奴がモテることはないのだ。そして雄としての力が弱い状態結婚をしても、十分に女性を魅了することができずに不倫や托卵をされるという事態につながることもある。現実残酷だ。

 そして現実は優しい男なんて選ばないのにも関わらず、優しくていい人を褒め称えるような行動を女性はとってしまう。これも群れの繁殖に都合がよいかなのだ。強い雄はその強さ故に群れの和や秩序を乱してしまうし、そんな暴力が完全にまかり通ってしまっては群れが崩壊してしまう。一部の強い雄の遺伝子を残して弱い雄に育ててもらうという戦略女性本能で取り続けているのだ。実際に言葉説明できる女性ほとんどいないだろうが、それを感覚理解しているからこそ、男を優しい非モテに仕立て上げようとしつつも、それを破ってくる男の遺伝子を残そうとするのである

・おわりに

 優しくていい奴、つまり結婚するにはいいけど彼氏にはしたくない(=遺伝子を残したくない)と思われる人は基本的男性としてモテることはない。これはヒトという動物が採択した生存戦略に基づくものであり、社会制度女性側に期待をしてどうにかなるものではないのである

 男が恋愛結婚といった男女の関係において充実し、人生幸せにするためには、まずこのことを理解しなければならない。そして強い雄へと成長するしか道はないのである。このことを理解するためにも、男として成長するためにも、行動や実践に挑むことは必要不可欠だ。

 最後に、何もクズ男になれとか、ただグイグイいけるようになればいいとか、そんな次元の話をしているわけではない。優しくていい奴に甘んじて、若いうちに沢山遊んできたけどそろそろ結婚を考えてドキドキを妥協してでもいい人を選ぼうなんて女性の魂胆に乗せられるしか救済のない人生を送るか、good genes性とgood dad性を使いわけて真に好きな女性幸福を分かち合う人生を送るか、その選択の話なのである

2022-03-26

『「産んで後悔してる」と言う母親を最悪だと思わせている社会』なるもの批判されている人達

『誰』が『誰』に対して批判していると考えているんだろう?

多分、保守的なガミガミ親父的なものを想定してるんじゃない?それも、言っている相手赤の他人若い女性に対してだろうと決めつけているんじゃない?

母親たるもの母性愛を持った常に完璧理想聖母でなくてはならないと言われているものと、「勝手に」決めつけているんでしょう。

でも実際はそうじゃなくて、母親からまれて年齢を問わず子供としての自意識を持っている全ての人が

自分母親から「産んで後悔してる」と言われたら嫌だなと考えていたり

あるいは母親からそういうふうに言われて傷付く幼い子供立場に立って考えていたりするんだよ。

まり、「産んで後悔してる」と言う母親を最悪だと考えている人達あくま

子供立場子供目線に立って考えている。

それに比べると自分自身が子供の頃に母親から「産んで後悔してる」と言われて傷付いたにも関わらず、

すっかりその気持ちを忘れて母親目線しか考えられなくなった瀧波ユカリさんの想像力の欠如は凄いね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん