「相互」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 相互とは

2018-01-16

アルファツイッタラーになったけど虚しくなってアカウント消した話

 今から八年くらい前の話。

 当時僕の居た界隈ではコミュニケーション情報収集Twitterでするのが当たり前になっていて、

 Twitterを見ないと界隈の動向すら追えないという状況になっていた。

 そんなわけで僕はアカウントを作ったが、すぐに飽きてしまった。

 別にその界隈に居るからといっていつもその話をするわけではないのだ。

 例えばポケモン好きが集まる界隈の人でも、いつもこのポケモン可愛いやら種族値がどうたら語ってるわけではない。

 今日のご飯はこんなんだったとか、昨日こんなことがあったとか、そういう他愛もないことを話している。

 僕はそんな話に興味の欠片もない。

 ここが2chならチラシの裏にでも書いてろよとでもレスしてる所だろうが、Twitterでそれをやると頭のおかしい人である

 僕はアカウントを作って早々にTwitterに飽き始めてたのだが、とある人の出会いから運命を大きく狂わせることとなる。

 名前は伏せるが、それは所謂ネタクラスタに分類されるタイプの人だった。

 全然名前も聞いたこともないただの一般人の癖にフォロワーは多く、ツイートには常に大量のfavが付いている。

 そう、favoriteお気に入りである。ふぁぼである。星である。今はいいねハートマークに変わってしまったが。

 当時お気に入り機能積極的に使う人は少なかった。

 著名人Twitterを使っている人はいたが、そんな人のツイートに大量のRTが付いてもfavが付くことはない。

 そんな中、彼等は面白いことを言ってfavをたくさん貰っている。

 その異質な世界に、僕は魅入られてしまった。

 僕も面白いことを言って、たくさんのfavが欲しいと思った。

 僕は界隈向けのツイートをやめ、ネタクラスタに特化するようになった。

 具体的にはネタクラスタフォローし、とにかくふぁぼるいいねする)。

 そして自分ネタツイートを考える。ネタツイートを呟くとたくさんのfavが貰えるのだ。

 面白いことを言えばたくさんのfavが付く。上手く行けばRTもされてバズる

 僕はこの快感の虜になっていた。寝る間も惜しんでネタツイを考えた。

 ふぁぼられたい、バズりたい、たくさんの人に褒められたい。Twitterはその欲求に応えてくれる。

 そんな無益にも程がある行為を二年ほど続けてきたが、Twitterユーザーのfavの使い方も段々と変わってきた。

 まず、ネタクラスタだけの特権だったfavを他のユーザーも使うようになった。

 そしてふぁぼられの数を増やすことだけを追い求めるふぁぼクラスタなるものも出来上がっていた。

 彼等は全てのツイートふぁぼる。ふぁぼられたらふぁぼり返す。

 そんなことをしてるので何の変哲のないツイートでも大量にふぁぼられてしまう。

 全盛期だと、ふぁぼクラスタトップおはようツイートだけで300favくらいいってた記憶がある。

 これの何が問題かというとFavstarというサイトが荒らされるのである

 Favstarは大量のfavが付いたツイートだけを紹介して載せる。

 ネタクラスタ全盛期はネタクラスタツイートやバズツイートけが載ってたが、その時代はふぁぼクラスタ占領される有様だった。

 当時ネタクラスタの中でもそこそこの地位(笑)に居た僕はこれを批判した。

 こっちは評価としての公平なfavなのにお前らは組織票でのfavをしてるではないか、と。

 言うまでもないが間違ってるのは僕の方である

 Twitter自由なのだ別におはようおやすみツイートをふぁぼっても批難される謂われはない。

 とはいFavstar自体はバズツイートを見付けるのに重宝されてたので、僕以外にも不満を持つ人が居たのは事実ではある。

 しかしそんなふぁぼクラスタ相互厨と呼ばれる人達にfav数で勝てないようになる。

 基本的ネタクラスタもふぁぼクラスタフォローを返さない人が多かった。

 これはTLが荒れるからというのとFF比フォローフォロワー比率)がかっこいいからという理由があった。

 ちなみにふぁぼクラスタトップツイートをふぁぼればその対価としてフォローを返すという仕組みでfavを稼いでいた。

 一方で相互厨は相互によって稼いだ圧倒的なフォロワー数を利用する。

 ただ、フォロワーに向けて「お気に入りしてね」と言うだけで良い。

 それだけで簡単に大量のfavを稼げるのである

 ふぁぼクラスタはそれは下劣だと批判した。僕はお前らが言うなよと思った。

 さて問題だ。僕、ふぁぼクラスタ相互厨。この中で頭がおかしい人は誰だろう?

 答えは全員だ。当たり前の話である

 さて、こうなってくると最早fav数で面白さは計れない。

 既に僕は彼らと勝負することを諦めていた。何を勝負してたのか知らないが……。

 だが僕は普通一般人よりは遥かに多いフォロワー数を誇るという所に着目した。

 その時の僕は何を言ってもそれなりの人が見てくれるという状態である

 このフォロワーを利用すればまだ見ぬ面白いツイッターユーザーを発掘できるのでは?と考えたのだ。

 そしてツイッター深淵へと潜っていった僕はある一つのことに気付く。

 別にフォロワー数が少なくても面白い人はごまんといる。

 そしてそういう人は別に評価とか望んでない。楽しく馴れ合ってるのだ。

 更に気付いたことがあった。

 数千人~数万人のネタクラスタタイプアルファツイッタラーでも、別にそこまで面白くないということ。

 数字なんて所詮数字であり、人気のバロメータにはなるだろうがクオリティ保証するものではないという当たり前の事実に今更気付いたのである

 こうなってくるとfavもフォロワー数も虚しいものしかない。

 いくら大量にfavが付いても、つまらないツイートにそれ以上のfavが付いてるのを何度も目撃してるのだ。

 数字固執するのがどれだけ馬鹿馬鹿しいのか、長い年月を経てようやく理解したのである

 虚しくなった僕はアカウントを削除した。

 疲れていた、というのもある。

 数字の為にウケる発言を考えていると最早僕はピエロか何かかと思ってしまう。

 だいたいこんなネットでの評価を貰って何になるんだ、金貰えるならまだしも無だぞ。時間潰してること考えたらマイナスだぞ。

 削除した当時のフォロワー数は3000人程度だった。

 いやたった3000人かよ、と思われるかもしれないがこっちは返し目的フォローフォロー返しもしていない。

 それでこのフォロワーなのだから結構な人数だと思う。呟いてた内容はどれもこれもクソほど面白くないわけだが。

 僕は数字にこだわり続けた結果疲れてしまったわけだが、自分を高める為に数字目標にするのはモチベーションを保つ上で悪い手段ではないだろう。

 だが、決して数字を取ること"だけ"を目的にしてはいけない。あと他と比べてもいけない。

 数字は人を狂わせる力がある。それに囚われた瞬間人格までもが壊される。

 これはアルファツイッタラー(笑)ネタクラスタ(笑)かいうクソに固執した馬鹿野郎の話だが、他の界隈とかでも同じこと言えると思う。

 なんか数字持ってるから自分はすごいとか言う人いるじゃん、ああいうのほんと良くない。ああいうのになったらおしまい

2018-01-15

人とカラオケ行きたくない

人とカラオケに行くのが大嫌いだ。

歌が下手だとか苦手だとか、趣味が合わなくて気まずいとかそういう話ではない。

他人の歌が聞きたくないのだ。

好きな歌ならお前の変な歌い方で聞いても嬉しくもなんともないし、知らない歌ならなおさらどうでもいい。歌がめちゃくちゃうまい奴のを聞いても、うまいね、以外の感想は湧いてこないし、原曲を本人が歌ってるのを聞いた方がいいに決まっている。

カラオケ好きな奴だって自分が歌いたいだけで、別に他人の歌が聞きたいわけじゃないだろ?

人と行くカラオケってのは、自分の歌を人に聞いてもらう気持ち良さを味わうためのものだと思っている。ただし、それを味わうためには他人の歌を聞いてあげてなくてはならない。そういう相互の優しさで成り立ってるのがカラオケなんじゃないか。そんなの面倒臭すぎる。メリットよりデメリットの方が大きいものをわざわざお金払ってまで享受しに行きたくない

そんなに嫌ならカラオケ行かなきゃいいだろって?

その通り。もう何年もヒトカラ(一人カラオケ)しか行ってないよ。

2018-01-13

マッチングアプリ

20代後半になって新たな出会いがなかなか無くなった。

故にマッチングアプリに手を出した。



マッチングアプリとは、写真プロフィールを異性に公開し、良いと思った相手に「いいね」をし、相互に「いいね」がされる仕組みだ。

女性が皆そうなのかは分からないが、私の場合放置をしていてもだいたい1000いいねくらいがつく。

その中からいいと思った相手に「いいね」を返し、最近は2週間から1週間に1回のペースで会ってみている。



しかし、会った先が進まない。



この間、1回会った人に「次はうちに来ない?」と言われたので、「よっしゃーセックスできるぞ!」とマンコ周りも含めた全身の毛を綺麗にして伺ったのに、なぜか抱かれなかった。

しかもそのあとから連絡が返って来なくなった。



なんでやねん!!!



友達にこの話をしたら

「思ってたよりお前がブスだったからじゃん?」

って言われたけど、1回会っててそんなことある



男性の皆様、どうしたら2回目以降の逢瀬に進めるのでしょうか。

最悪、付き合うとかじゃなくてセックスできればいいです。

2018-01-11

10分でわかるビットコイン本質

10分じゃ読めない記事を読んだので、別の視点からビットコインのことを10分程度にまとめました。

---

経済システムとしてのビットコインの最大の発明は"経済的に偽造されない通貨"だということです。

ビットコイン思想

ビットコイン中央管理存在せず、物理媒体を持たないという思想のもとに開発されました。

これはどういうことなのでしょうか。

既存通貨

まず一般通貨について認識しましょう。

一般通貨JPYなど)は中央権限を持った管理者がいて、物理媒体を持っています

そのため、取引を行うときはその物理媒体を交換することで資産の移動が成立します。

また、通貨の発行は管理者のみが行い、それ以外のものは *偽造* である定義され無価値ものになります

経済原理として、無限にあり、容易に手に入るものは交換価値が低く(ほぼゼロに)なります

そのため通貨発行者は発行量を制御して、通貨の交換価値を守ろうとします。

物理媒体は様々な偽造防止技術が用いられ、容易には偽造できないようになっています

そして、その物理媒体としての特徴が広く交付され、一般の人でも粗悪な偽造品は見分けることができ、専門機関に依頼すればより精巧な偽造品も見分けることが可能です。

おもに国家権力により、偽造は犯罪とされて取り締まりも行われています

これらが存在しないと、どういうことが起こるでしょうか。

ビットコイン解決しないといけなかった問題

ビットコイン中央管理存在せず、また、物理媒体も持たないのです。

そのため、通貨発行者もいないし、偽造を取り締まることもできません。

また、単なるデータでは無限増殖可能なので、通常の方法では通貨の移動をすることもできません。

通常の通貨と同じようにできることは通貨の特徴を広く交付することぐらいです。

ビットコイン通貨要件を満たすために、

  • 無限に増殖できず、
  • 交換可能で、
  • 偽造が困難で、
  • 取り締まりがなくても偽造ができない

に当てはまる何かを用意する必要がありました。

ビットコイン問題解決方法
有限性

無限に増殖できないようにするため、ビットコイン通貨特殊計算結果であると定めました。

そして、その計算を求め通貨を一つ発行したことを第三者に広く通知することを求めました。

これにより、誰でも通貨製造できるようになりました(マイニング)。

交換可能

交換可能にするためにビットコインでは取引に際し、AliceからBob資金の移動が行われたことを第三者に広く通知し、第三者同意必要します。

ヤップ島の石貨のように管理者存在せず物理的な移動もしない通貨というもの過去には存在しました。それと同じようなアプローチです。

そのため、AliceコピーしていたデータAliceからCarolへ移動しようすると、第三者からそれはできないと通知がされ取引が不成立になるようになっています

しかし、ヤップ島のように閉鎖され相互認証可能コミュニティーでなく現代社会通貨を作ろうとすると悪意に対する耐性が必要です。

例を挙げます

MalloryからAlice資金の移動が行われ、第三者に広く通知します。VictorとOscarがそれを聞いていました。

その後 MalloryからBob資金の移動が行われ、再度第三者に広く通知します。

すると Victor はそれに異議を唱え、悪意あるOscarは問題ないと言います

こうなるとBobはその通貨を信頼できるのかどうかわかりません。

この悪意に対する耐性を持つためにビットコインでは通知されたことを検証するし、同意または異議を唱えることに対して一定計算を求めることにしました。

その結果、MalloryからBobへ偽造資金の移動をする際、悪意あるOscarはVictorよりも多くの計算をする必要ようになりました。

偽造耐性

ビットコインの賢いところはここです。実は取引に立ち会うとき必要計算と、通貨を発行する時に必要計算本質的に同じものなのです。

そして、立会いの時に嘘ついて資金をだまし取るよりも、同じ計算資源と使って通貨製造したらそちらの方が儲かるように計算はなっています

このため、*収益を上げるため* に嘘をつくと損をすることになるので、経済利益のために嘘をつく人はいなくなります

まとめ

こうしてビットコインビットコイン通貨要件を満たすために、

  • 無限に増殖できず、(計算しないといけない)
  • 交換可能で、(みんなで計算必要)
  • 偽造が困難で、(計算しないといけない)
  • 取り締まりがなくても偽造ができない(偽造するより採掘する方が儲かる)

という条件が達成できました。

おしまい

10分じゃ読めない方の記事http://komugi.jp/?p=780

2018-01-10

anond:20180110141903

戦前の例は、日本がアホすぎて自爆たことの例としてあげています事実の一部を取り出して報道することで、交渉相手国の邪悪さを強調することは、戦前に見られたような「悪い」ナショナリズムの苗床になるとおもう。相互尊重に基づく健全愛国心が育つとは思えない。今の日本侵略戦争を始めるとは思わないけど、将来、中国挑発されたら、勝てない戦争を始めそうな方向に進んでいるな、と思います

中国ではそれをもっとずっと大規模にやってるわけだけど、中国人インテリは少なくとも自国報道が嘘ばっかりってことは知ってる。日本新聞を読む層は、自国報道事実を正確に反映していると思ってるし、怖い。

2018-01-09

anond:20180109213822

でも調査してみると貴方投稿って相互アカばかりで、ネット上で誰も読んでないみたいですよ

http://ja.whotwi.com/reu8mon

好きになったら抜けない

よく「結婚したら妻/夫が家族に見えて性的に見れなくなった」みたいに言う人も実はこの部類なんじゃないかと思うんだけど。

自分の中で「やりたい/抜ける」枠と「好意」枠があって、尊敬できるとか大切にしたいとか幸せになってほしいとかは後者のほうにずっと強く感じるんだけど

後者に入ると性的に見れなくなっちゃうんだよね

もちろん「やりたい」対象から親しくなって「好意対象になることもあるけど

※実際に行為たか否かは関係ありません

そうなるとやっぱりもうやりたいとは思わないし、それこそ肉親とかペットとか性的指向と異なる性別の友人と行為するか?いやいや…無理でしょ…みたいな気持ちになる

好意」枠から外れたパターンは今まで特に思いあたらないんですけど、疎遠になるとかでも、「やりたい」に戻ることはない

なんで恋人作ったり結婚したりしないのかっていうと自分がそういう性質だってわかってるからなんだけどそんなこと言えませんよね

世間一般交際婚姻関係性交渉を含むのが当たり前のようになってるしセックスレス離婚事由になるっていうし

フェミ系の人も「妻に魅力を感じなくなった」みたいに言う夫は努力不足!セックス相互コミュニケーション!みたいにすごく叱咤してる

若い頃は今ほど自分自身のことをきちんと把握していなかったか特定の人と交際関係を持ってしまって相手に悪いことをしたし罪悪感で自分も辛かった

性欲はあるけど愛し愛されている関係性交渉を持ちたいという欲求があるわけではないのでオナニーで十分だし

(好きな人とやりたくないだけであって、好きじゃない人とは誰でもやれるというわけではない、だから割り切りで不特定多数とやりまくってるとかもない)

「本当に心から愛してる人に出会ってないからだよ!」みたいなこと言われるんだろうなとか自分でも考えたりするけど

この年まで出会ってないんだからこの先も出会可能性は低いと考えるのが普通じゃないだろうか

というか「心から愛せる、やりたくなる人かもしれない!」みたいな考えで交際して「やっぱり違いました、ごめんなさい」とか失礼すぎるしこっちも地獄だと思う

そんなもろもろの事情を明かした上でお互い好意を抱ける人と出会える確率とか考えたらどんどん低くなっていくだろうし

それまでにかかる労力とか考えたらめんどくさすぎる…そこまでして交際したり結婚しなくてはいけないのか…

こないだAセクとかセクマイだけど異性婚したい人向けの結婚相談所記事も見たけど、結婚したい人はそういうところ使うのかな。

今の所そこまで結婚したいかというとそれほどでもない

ただ、皆はこういうことうだうだと考えることもなく、当たり前に好きになった人と性交渉をもって恋人になったり結婚したりしているのだと思うと、

それができない自分は人としておかしいとか問題があるとか言われるのも止むなしなんだろうなと思う

少ないながら税金を納めるのでどうか許してほしい

anond:20180109193008

実際お前ってツイッターとかアカウント作りまくって相互リツイートしまくってるだけ

安倍首相公式アカウント書き込みたから、相手も読んだと思い込んでるだけ

言葉を信頼できないことが辛い

小さい頃から「嘘は言ってはいけない」と思っていたし、人の言うことはまず「信じて」理解するべきだと考えてきた。

人の言葉を疑わないと言う意味ではなくて、疑うのはいくら疑ってもいいんだけど、相手が嘘だと認めない以上は、どんなに疑わしくても、とりあえず「相手のいうことは正しい」とみなすと言うこと。

この態度がどうやって身についたのかよくわからない。小さい時から冗談を真に受けたりして「どうしてそうやってすぐ信じちゃうの?」なんて言われることがあった。別に本気で信じているわけではなくて、冗談のように信じたがいことであっても、そう言うのだからそうなのだろうとみなして理解するのが礼儀というか、当然そうするべきだと思っていた。多分、礼儀という概念はわかっていなかったけど、「人の話を無視してはいけない」みたいな感じで、当然、人の言うことを嘘だとみなすなんてことはしてはならない、みたいな。

そういえば、「人の話を無視してはいけない」は、多分小学校とか幼稚園大人に言われてそのまま受け入れていて、中学くらいまで正しいと信じていて、高校生くらいの時に法学勉強をするようになってから、「人の話を無視してはいけないと要求してはいけない」と認識修正して、これは大変なショックだった。自分は今まで間違ったことを教えられてきて、それを今までずっと正しいと思い込んでいた、と言うことを受け入れるのが大変だった。

「人の話を無視してはいけない」って子供には一般的に教えていることだと思うし、みんな大人になるに従ってこれが世の中では通用しないことは肌で感じるはずなのに、どうやって折り合いをつけてるんだろう。

それと同じような感じで、「相手のいうことは正しいとみなすべき」って言うずっと受け入れていた正しさが、対人経験を重ねるにつれて、現実整合できないと感じること。

相手の言っていることがある程度疑わしいとき、一応自分確認をするようにしてきたつもり。「それは本当なの?」「本当だとするとこれおかしくない?」みたいに、それが信じがたいと感じる理由説明して、相手が「実は嘘でした」と認めるか「それはこういうことだから自然じゃないし疑うことないんだよ」って説明してくれるのを期待していた。

納得できる説明が得られなくても、相手が間違いを認めなければ、やはり信頼しなければいけないと思っていた。それが相互に信頼するために必要な態度だと思っていた。

でも、世の中では、信頼っていうのはそういうことじゃないんだってことを、最近強く感じる。言葉では認めないのに、やはり本音自分が疑っているようなことで、そして自分がそれを疑う理由は全く正しく、そのような疑う理由が明らかにあるから相手こちらが察することを期待していたり。

自分では察することはできているつもりだ。察しているからわざわざ念押しの確認質問をしたり疑問を表明したりするんだ。それでも認めなければ、「疑わしいけど、本人がそういう以上信じるしかない」というのがこちらの結論になってしまう。

それが後になって、最初から疑いの方がただしかったということを告白されて、ものすごく悔しく裏切られたような気持ちになったりする。わかっていたのに、無理やり信じさせたのはそっちじゃないか、と思ってしまう。

言葉への信頼を裏切られるというのはものすごく辛く悲しい。でも世の中の人は、言葉を重視していないみたいだ。行動とか態度の方が重要なんだ。

逆に、立場をひっくり返したらいいのか。言葉ではなく行動と態度を聞いて、言葉ではなく行動と態度を信頼したらいいのか。どこかにそういう慣用句のようなものがあった気もする。でもそれって、相手の誠実さをはなから信頼しないってことじゃないのか。そんなことしていいのか。

こういうことを考えることが、度々ある。

anond:20180109000047

パソコンがちょーいっぱいつながって相互通信してるで良いだろう

2018-01-05

チューリングテスト

AIチューリングテストのような二値分類は得意な方だと思うんだよね。

からチューリングテスト試験官はAIがやった方がいい。

しかし、AIAIを判定するのはいかにインチキくさいので、チューリングテスト人間AIのどちらも試験官であり得るし、どちらも被験者であり得る相互認証と考えたほうが良いのではないだろうか。

 

そういうチューリングテスの結果はこんな風になると思う。

人間相手はまぎれもなく人間だが、残念ながらネトウヨアカ/ハテサ/レイシストであった」

AI相手はまぎれもなく人間でした」

 

AI相手AIのようです」

AI相手AIのようです」

 

人間相手AIのようだ」

政治家「回答を控えさせていただきたい」

2018-01-04

来月一年ぶりのライブがある。

女性ファンが多めなとあるコンテンツライブだ。

開催も近づいて日に何度か譲渡・同行の募集希望そうめんのように流れてくるのが目に入る。

で、気になったけど直で聞けないが、独断偏見によるその勢いはすごいね君たちベスト5を記したい。

第5位

普段ツイート暴言dis塗れ。譲渡・同行応募時は一転して丁寧な口調で担当愛をメモ帳スクショにしたためてお届けする

第4位

相互フォロワーさん限定募集に迷いなく「FFから失礼します」とリプライ

第3位

「AB好きな方だと嬉しいです」の募集に迷いなく「AC好きです!一緒に語りましょう!」とリプライ

第2位

以上を叩いた上で譲渡・同行には一転して丁寧な以下略

第1位

「○○担当の友人を○○に連れて行ってあげたいので代理リプライしました!」

anond:20180104103920

とにかく、コミュニケーションをとること。

恋愛結婚相互承認欲求を満たすことです。

同じ趣味をできるならして、譲れるところはできるだけ譲ってできるだけ同じ時を過ごして。

何らかの事情で、あなたといるのがつらい、重荷となったから外に救いを求めたのかもしれません。

正直浮気離婚でもいいのですし、お互いが何も変わらなければ、また離婚話になる気もしますが、

あなたがこいつ浮気たからって感情は抜いて、お互いにとって居心地がある家庭になるように。

でないとまた浮気離婚話になりますからね。浮気はなかなか治りませんし。

2018-01-01

けものフレンズ騒動妄想を交えながら読んでみる

前提

公式発言(Pの発言委員会からの発表など)は正しいもの仮定する

発言内容に食い違いがある場合意図的な嘘はなく、認識のずれなどからくる意見の相違とする

・参照した発言たつき監督の例の最初発言福原Pの発言委員会から公式発表の他、インタビューなどで一部触れられた関連すると思われる話題なども参考にしている

参考

https://togetter.com/li/1155008

https://togetter.com/li/1184144

実際にあったことと推測による穴埋め

8月会議があった(事実

この会議ヤオヨロズが二期から降板することになった(事実)。しか降板に至る経緯としては、福原Pは突然言い渡されたと認識、辞退とは思っていない。委員会側は注意したら辞退してきたとしている。(見解の相違)

参考になりそうな発言として、委員会側は「情報共有や事前連絡がないままでの作品利用」があったため、二期の条件として事前共有の徹底を申し出たらヤオヨロズが辞退した、としている。

12月福原Pの報告では、該当しそうな部分として12.1話委員会へ報告していた、同人誌は吉崎先生許可を得ていた、としている。

→文面をそのまま素直に受け取った場合同人誌は「原作者である吉崎氏には話をしていたが、委員会まで話が伝わっていなかったのでは?」となる。どちらも委員会に話をしていたなら、わざわざ前後区別をつける必要がない。

ただし、では誰が悪いのかということになると話が難しくなる。例えば単なる二次創作に関しては公式OKとされており、元の意味からすれば違うが、昨今の風潮で同人誌二次創作認識されているケースもある。「同人誌」の作成の可否について委員会にまで確認する必要があるのか、と考えたとき、ただの二次創作ならそこまで話を通さなくてもいいのでは?と思う。

しかし、「17年夏のたつき監督けもフレ同人誌」の内容を調べたところ、それは単なる二次創作ではなくてアニメ雑誌に使われたイラストであったり、他の媒体で使われたものを収録していたらしい。つまり同人誌のために書き下ろしものでも公に出ていなかったものでもなく、既に別の媒体で使われているもの。それを委員会許可なく使っていいかと問われたら、駄目だと思う。普通原作者ではなくて公式確認を取る話ではないかと思うし、実際、ソシャゲ絵師Pixivなどで寄稿した絵を投稿するときは大概説明文に許可を得ていることを書いている。

そのため、同人誌に関してはむしろ文面通りに取るならヤオヨロズ側(むしろ同人誌を発行したのはたつき監督名義なのでたつき監督個人?)に落ち度があるのではないかということになるが、新たに書き起こしたものを使うのか、以前に仕事作成したものを使うのかなどの詳細を互いに確認していなかったのならどちらがコミュニケーション不足だったかという別の問題になってくる。

※ここから妄想

もしも仮に吉崎氏がOKを出した時、委員会にも話を通しておくだとか、委員会への相談をその程度ならしなくていいだとか、直接委員会相談することを止めたり不要であるかのように言ったり説明を代行するようなことを話していたりしたとしたら、謎の怪文書吉崎観音黒幕説」が成り立つかもしれない。

※ここまで妄想

・吉崎氏は二次創作には好意的だった(事実

自由に使っていいよ」と監督本人に言っていたあたり、今後も非公式たつき監督けものフレンズ連作品を新たに作ることについてはむしろ歓迎はしていた。

ただし、当然ながら今までに作ってきたものたつき監督裁量自由にしていいという話ではない。

※吉崎氏の発言拡大解釈した可能性は、状況を見るにそれなりにありそう(確定ではない)

※吉崎氏がだんまりなのは、この自分発言が過大解釈されて「情報共有や事前連絡がないままでの作品利用」に繋がったためこれ以上のうかつな発言ができないのでは、という妄想もある

8月ヤオヨロズ降板が決定した(事実

これも降板したという結果そのもの委員会側とヤオヨロズ側で相違はない。ただし経緯の認識が違う。

しかしこれについては認識がずれていたと仮定すると割と簡単にどちらの言い分も嘘ではない話の流れの推測はできる。(あくまで推測)

委員会側は、「情報共有や事前連絡がないままでの作品利用があった」として福原Pと話をした(これが同人誌についてかそれ以外であるかは不明)が、福原Pは事前連絡のない作品利用に心当たりがなかったので「何を問題にしているのか分からなかった」。

※これが同人誌に関してであれば、この認識相互にある程度説明がついてしまうので、同人誌のことについてである可能性が若干高い

※ただし、声優オーディションけもフレ名前があったという未確定の話題もあったりするのでやはり確定ではない

※そして、どうも認識のずれはここの「情報共有や事前連絡がないままでの作品利用」のところにあるように感じる

※そしてここから妄想

福原Pは話し合いの中で、例えばダチョウ倶楽部的な「それならウチは止めますよ?(本当にそれでいいんですか?)」からの「どうぞどうぞ」があったかもしれないし、あるいは「(何をどう問題にしているのかも分からないので)正常化しろと言われても無理、(特に問題もなかったはずなのに後から問題にされてああしろこうしろと言われたら困るので)そのような話をされると仕事ができない」といったようなことを言ったら、「なら二期は依頼できませんね」となった、無理だと言ったのはヤオヨロズなのだからヤオヨロズの辞退だ、と思われた、なんてケースもあるかもしれない。

実際の話し合いがどのような流れなのかは妄想するしかないのでそこに関してあれこれ考えるのはあまり意味がない

※一旦妄想終わり

ここで言えるのは、話し合いに最後まで齟齬があったと思われること、言葉尻を取ったのか何なのかは分からないが福原Pの発言委員会側にヤオヨロズ側が二期を断ったという認識を与えたということくらい。

委員会ヤオヨロズのしたことを問題視していても違反があったとは言ってない(事実

連絡不足、確認不足、コミュニケーション不足であった点は否めないだろうが、それを一方的ヤオヨロズが悪いとは言ってない。本当に悪いといいたければ著作権違反だとかもっと強い言葉はいくらでも使えた。

どちらかと言えば「ちょっと雑になってた点があったから、二期という一大プロジェクトに向けてここできちんと整備しなおしましょう」というだけの話だったのではないか、と公式の文面であれば読み取れる。

※実際の話し合いの場でのニュアンス表現がどうだったかは置いといて、委員会としては別に即切ろうとは思ってなかったのではないだろうか。円満たつき監督の二期が作成できるならそれが一番なわけで。という妄想

※ただ、公式の発表としてそんな強い言葉は使えないので本音はお前らが十割悪いと思いながらも言葉を濁した可能性も当然ある。公式発表では悪いと言ってないだけで内心や会議の内容までは分からない





個人的感想

いい悪いの話ではなく巨大プロジェクト担当するにはコミュニケーション権利関係認識が雑だったね、というだけのことではないのかと邪推。もちろん単なる与太話でしかない。

2017-12-28

社会実験痴漢専用車両

「この車両では、乗客痴漢被害を訴えることが出来ません。」痴漢をしたい人は是非ご利用ください。

実際にこんな車両運行されたら、どうなるのだろう。

1.痴漢と思われるのが嫌で誰も乗らない。

2.誰も乗ってないので、いつでも座れる車両として一部の客に重宝される?

3.痴漢被害を訴えられないということは、痴漢冤罪も起きないので、一部の男性客に重宝される?

4.男性同性愛者の痴漢ばかり乗って、痴漢同士が相互痴漢しあう?

どれが起こる可能性が高いかな?

2017-12-27

anond:20171227155342

その後SNS相互フォロー済み)にクリぼっちタグ投稿していたのは「あーはいはい当てこすりですねー」とは思っていたんですが、そこからだったとは。

寂しいアピールにしてはアレですよね、というかその「かなーりアレ」の表現がアレすぎて笑ってしまいました。少し和んだ。言及ありがとう

SNS他人のページに

「あーそれ知ってる何年前から知ってるこんな風にすごーーーくよく知ってる」

って言いに来る奴なんなの?知ってる知らないの話してないのに「あー俺も私も」で乗っ取られるのマジ不愉快なんだけど。

相互マウンティング自慢は自分のところでしてくんない?

anond:20171227141638

危険水域ではないけど、「自由に」のボーダーラインを決めるのはお前じゃないぞ、という

相互視点のなさそうな感じが、「俺はボーダーラインわかっとる」という言葉から説得力を奪っているというか…。

増田もそうなのだが、女をやってると、本当はイヤだけどセックスに付き合わされる、という経験がある人は一定数いると思うし。

風俗はもちろん、ナンパとかも「本当は面倒くさいけど、逃げるのすら面倒くさい」みたいなことは実は割とある

2017-12-25

ねえねえ、年食った処女ってなんで処女なの?( ´ ▽ ` )ノ

処女感あふれる年食った人が「早稲田です」って言ったら「やっぱりね!」って全力の納得をする時以外

 早稲田の事なんて考えない

処女期間が長いほど、クリエイティブ戦闘力が高い

相互フォロワーだけで興奮する年食った処女

・年食った処女の人って、男に相手にされないのを基本として生きているか

 「あのレベルより2次元のほうが良いね」とか言って普通の男を好きにならないのだけど

 逆にスーパーいい男が優しくしてくれると「神降臨」っつてコロッと好きになっちゃって

 でも高根の花だから落とせなくて結果年食った処女

早稲田って年食った処女がたくさんいるところだよね?

・年食った処女についてのツイートばっかりしていますが、悪気はなくて、年食った処女の人って一生思春期って感じがするから好きです。

・世の中は年食った処女ブーム

・本人が堂々と公言している年食った処女ヤリマンコミュニケーションネタとしていじることや

 下ネタセクハラは違うと思うんですけどねー。

 明るく楽しく笑えるもの自粛になるのは嫌だなー...。

私ははあちゅうじゃないです

年食った処女をいとおしく思う一人の男です

今度自著を出しま

 

2017-12-22

少女終末旅行が最高すぎたので何が素晴らしいのかを言語化してみる

少女終末旅行は素晴らしい。さっき最終話を見たばかりのワタシからすればこれはもはや自明なのだが、もしかしたら明日朝起きたワタシにとってはそれはもはや説明必要とするような感覚かも知れない。だが、ワタシはこの気持を忘れたくないので、一度言語化してみる。言語化することによって記憶は記録となる。記録を残すと思い出はより高い精度で再生する事が可能になり、明日以降のワタシも少女終末旅行の素晴らしさを忘れないでいることが出来る様になるのだ。話が逸れてきた。興奮しているようだ。落ち着け

落ち着いた。続きをかく。

ここ数話の少女終末旅行を見てワタシの記憶に蘇ったのは2つのアニメだ。1つはけものフレンズ、もう1つはテクノライズ。どちらも素晴らしいアニメだ。片方は滅びた後の優しい世界を描いた作品であり、もう片方は滅びゆく優しくない世界を描いている。少女終末旅行世界は優しくない世界の名残が各所に残る優しい世界だったからこの両者を思い出したのだろう。1つ間違いなく言えるのは、滅びるとは美しいという事だ。そして、滅びていると滅びていくが同居する、滅びかけの世界はとても美しいという事だ。

少女終末旅行世界は滅びているし、滅びかけているし、滅び続けている。そして少女終末旅行世界には世界を滅びから救う道が残されていない。人類世界が滅びることで、別の新しい世界が生まれていると捉える事はできるが、人の世が滅びることはもはや避けられない。世界に残されているのは思い出と、ほんのわずかな人間であり、そこから人類世界が蘇る未来はもはや何処にもない。

滅びている世界の中で、残されているのは人類がかつてそこにいた記録だけだ。だが、それらの記録を人類記憶として再生するための人間がもはやいない。観測者不在の世界において記録はただのデータであり、記憶に書き換わることはない。そこにオッサンやオネーサンや、2人の少女がやってくることで、かつて人類がそこにいた世界を生きる日々の思い出が生まれていく。この世界に人が居たことを証明する事が出来る存在はもはや残り僅かだ。

歯車が、兵器が、工場が、食料が、機械が、記録が、人類がこの世界にいた証拠がこれほどまでに溢れていて、自然を上から覆っているのに人間ほとんど残っていない。矛盾だ。人間の為に存在するもの世界を覆っているのに、人はもうほとんどいない。矛盾ではない。人間の為に存在するものは、人間存在していたことは証明しても、それらを築き上げた人間たちが今もそこにいることはまでは証明しない。


あの世界は屑鉄色だ。しかし、その世界で描かれる物語は暖かく柔らかい。それはそこにいる人間が柔らかいからだ。つくみずデザインの丸顔はとても柔らかい饅頭を頭に乗せたような顔をしている。ちーちゃんはとても柔らかい。ユーもとても柔らかい。2人の関係も柔らかい出会人達もまた柔らかいあの世界はあんなにも固くて冷たそうな物ばかりが溢れているのに、その世界観測する人間が柔らかいからあの世界は柔らかい

屑鉄色の固くて冷たい世界が、それを眺める人間によて柔らかくなっていく。その過程があそこにはある。


少女終末旅行が何故素晴らしいのか。それは夜に見るのに相応しいアニメからであろう。それも週末の夜に見るのにとても素晴らしいアニメだ。週末にやっているという事が素晴らしいのかも知れない。放送時間はとても大事だ。平日の夜に見る深夜アニメは、次の日が平日であるという気持ちから入り込めない。平日への逃避の気持ちから深く入り込めるという意見もあるだろうが、それは入り込み方として濁っているとワタシは考える。これはワタシの個人的意見だ。平日が終わった金曜日の夜に、一週間の仕事の疲れを抱えながらテレビを見る。季節は冬だからもう周りは真っ暗で部屋は少し寒い。だけど心は穏やかだ。膝に載せた電気毛布ほのかな暖かさと柔らかさが肌にしみる。そしてアニメが始まる。人気のない道をケッテンクラートが進む。寒空の下か、暗い工場の中を。少女達が現れる。途端に世界は晴れやかになる。晴れやかなまま穏やかに物語が進み。OP流れる。とても心地よい。そしてCMがやってくる。

物語が再び始まる。冷たい雪景色に轍を残して軍用の半装軌車が進む。少女達が取り留めのない会話をする。雪が鉄を覆う景色灰色と白の二色だ。しかし、その世界がまとう空気は春の並木道を思わせるような暖かさだ。世界は温かい世界は冷たい。硬い。柔らかい矛盾した感覚。滅びゆく世界未来のある少女少女2人の旅。未来のない世界矛盾。心地よい。コタツに入ってアイスを食べるような。心地よい矛盾

物語は進む。世界真相は少しずつ暴かれる。暴かれているようで、暴かれていないようで、暴かれていく。世界の滅びの核心が近づく。世界が滅んでいても、2人の旅が楽しいことが確信に近づく。世界は滅んでいる。間違いない。もう駄目だ。救いはない。2人一緒の度は楽しい。もう疑いの余地はない。救いはある。

滅びの美学少女の愛らしさをラッピングしているのか。少女の柔らかさで破滅の寒さを包んでいるのか。相互作用だ。相互作用しあっている。混ざることのない2つが混ざり合わないからこそ引き立て合う。深夜アニメだ。深夜アニメとはこうあるべきなのだ。言い過ぎている。だが他の言葉表現したくはない。真夜中に起きているような年齢の人間が、子供の見るような絵柄の番組を見る。内容は子供でも分かるような気がするが、大人の方が楽しめるように作られてもいる。難しい話をしているようにも見えるし、幼稚園児向けのおとぎ話みたいにも見える。深夜にやるアニメ特別時間。その特別がこの所は失われてきた。大人向けのおとぎ話、少し背伸びしたい子供のためのカルチャーオタク向け作品オタクでない人間の視聴にも耐えるような作品。本当は誰のものなのか誰にも分からなくて、きっと誰のものでもない。子供寝る時間大人も寝たほうがいい時間にやる番組狭間世界にある狭間テレビ。柔らかくて、冷たい。暖かくて、硬い。心地よい矛盾。その手触り。思い出せた。ワタシが深夜アニメを好きな理由言語化しきれなかったけど、せめて言語化出来た範囲までは記録できたはずだ。何故ならこうして言語化したのだから

とりあえず言いたいこと。ちーちゃんが凄い可愛い。ユーが可愛いのは、ユーがちーちゃん可愛いと思っているからだと思う。相互作用

2017-12-19

twitter流行ってるアレ

最近twiiterでよく目にする、「〇〇RT以上で××配布」だの「RT&フォロー抽選で〇名様にプレゼント」といった企業PR方式が最高に気に食わない。

広告とはコンテンツの利用や視聴に大して利用者が支払うある種の費用一種であり、広告を目にした時点で企業には利用者に何らかの対価や特典を与えるのが筋であるべき筈だ。

このPR場合は配布されるデータに対する対価、もしくは抽選に参加する権利への対価として広告拡散するという形でPRに参加し、対価を支払っている。無論ここまでは企業側にも利用者側にも相互的に利益が発生しているので取引として正当に成立している。

だがRT拡散された広告タイムラインに流れてきて、それを目にする人間はどうか?流れてきた広告を目にした人間に対して、企業は一切の利益をもたらさず、広告を見せられた人間一方的に対価を企業に対して支払っていることになる。

これはとても理不尽な話だ。貧弱なデータ配布や、当選確率が限りなく低い抽選に参加したいという自己中心的で強欲な他人勝手につき合わされて、企業費用搾取されているも同然ではないか

そういった一方的搾取回避するには目にした人間拡散に協力して、参加する権利を得るしかない。だがそれは半分強制的で酷く傲慢な話だし、限りなく薄い目的の為に自分フォロワーに対して同じ選択を迫ることになる。更に自分がまったく興味がないコンテンツ、物品だった場合はそういった選択肢すら選べない。

このPR方式を考案し、実行している企業。及び余りにも小さな利益を求め群がる参加者自分は心の底から軽蔑している。遠ざけても問題のない相手なら出来る限り迅速に自分の目の前から見えないようにしてしまう。

彼らは広告情報という物が、他の形のある物と同じように消費、及び生産されるリソースだということを意識的にあるいは無意識的に考えず、こういった醜く下らない形で発信し続けている。

他にもネット上には下品で粗暴な、もしくは有害広告が氾濫している。そういった質の低い広告を淘汰する為の自浄作用を働かせ、本当に周知させるべき情報を伝える為の広告が増えて欲しいという投げかけである

anond:20171218133039

これは、マクロ視点ミクロ視点の話があって。ミクロ視点では、子供が親が病気でも全くお見舞いに来ないってのは今の相互関係物語っているし、端的に言えば失敗だといえるとも思う。

ここで、「若者にはそんな時間も金ねえんだよ!金のある年寄りは贅沢言うな!」と言い出すのは、はてブに巣食うマクロ視点バカ意見で、すぐそういう大きな視点の話をしだして自説を開陳しだす病気なんだと思う。

どんな仕事しているのか知らないけど、率直に娘さんに来れない理由を尋ねて、お金問題だったら休みの日付確認して旅費は払うくらいの姿勢でお願いしたら?今までのアレコレも詫びる点があったら詫びてさ。もう先が短いなら、余計に率直に言った方がいいと思う。

2017-12-18

ブクマカお気に入られ

http://hatebu.ta2o.net/favrank/

 

2000以上

ちょっとした有名人

Twitterフォロワーが万レベル

例:2443 kensuu

 

1000以上

はてブ有名人

ブロガーとか

例:1225しいたけさん

 

500以上

どこかの有名人

Twitterフォロワー数千だったり

名のあるエンジニアだったり

ヨッピーだったり 

 

200以上

公式アカウント

相互お気に入り

なんか目立つ人

 

200以下

不明

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん