「人員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人員とは

2018-06-22

ソフトウェア開発の世界では遅れているプロジェクト人員を追加するとさらに遅れることが知られておりブルックスの法則と呼ばれる

結論はありません(「積極的に生きる意味」が何か分からいか意味がほしいとグダグダしているだけ)

きっと検索たらこんな話題ごろごろ転がっていることでしょう

でもこれは問題提起とか解決してほしい問題として投げるのではなく、私の心の中のもやもやを吐き出すため、そして誰にも聞かれることなく消える独り言ではなく、誰かに聞かれる可能性のあるネットの海への投稿として吐き捨てたくて書いているので既出だとかはひとまず置いておきましょう

生きる意味が見いだせない。でも死ぬのは手間がかかるから仕方なく生きている。

生命保険がかかっているので後2年は生きるけれどそれ以降何をモチベーションとして生きるか決めていない。決めていないので現状2年生きるのに最低限必要ラインしか頑張れない。それ以上生きることになったとき苦労したくはないが、生きるかどうかもわからない時間のために努力できるほどできた人間でなかった。

こんな生とは死とはとか考える時間があったらまず何かしら行動したほうが百倍マシというのは頭では分かっています。でも趣味なんです。露出狂みたいなものです。タイトルと冒頭数行で時間無駄にすると確信した方はブラウザバックしたほうが良いです。この記事意味はありません。

就職活動中の大学生です。内定ゼロ文系

有り難いことに悪くはない人生を送らせてもらえたと思います。それでも積極的に生きる意味がわからない、そして積極的に生きる意味が無ければ生きるための努力をしたくないと思っている。しか積極的死ぬのは面倒なので、今のところ消極的に生きている。

これの問題は生きてるだけで迷惑という点です。積極的に生きていないので、生産性が低い。生きるためのタスクがあり、しばしばそれはチームプレイになる。その時私のパフォーマンスは低い。締切ギリギリしか手を付けない、準備期間があってもサボる

他に頑張りたいことがあるなら(他人迷惑をかけるという点でアレかもしれないのですが)まだマシだというのが私の評価です。でも私には頑張りたいことが無い。それなのにしない。私が足を引っ張っている。生きてるだけで赤字です。即刻操業停止すべきです。

他の人にもこれ(消極的に生きているのは無駄から今すぐ操業停止しろさもなくば生きがいを探せ)を適用するわけではありません。多分。してないはず。他人迷惑をかけるのはどうなのと思うし、何とかしたほうが周りとしても助かるよねと思うけど、その人のための解決策は人生の操業停止じゃないです。過激すぎる。

でも私は解決策を探すためにまずは生きる意味を求めるのでそれが見つかるまでは操業停止路線で行きます。私は意外と頑固なようです。

Twitterでよく「生きる意味 ない」「死ぬ 面倒」などで検索するのも趣味の一つなのですが、多分、何で生きているのかなぁと、ライトな感じで思考しているであろう人も見かけます。私もライトに考えてます

手首を切ることはしていません。相談室に電話をかけたこともありません。人生が嫌で嫌でたまらなくて、という方には遠く及ばない、何なら贅沢(「辛い境遇」でも無いのに「大切な命」を捨てようとするなんて)とも言えそうな考えです。

私も本気で富士樹海に行きたいとか言っているわけではなく、生きることに理由を求めてしまう、面倒なバグにこだわってしまってるだけだと思います。周りの人が優しい(/甘い)ので「あなたにとって生きる意味は何ですか」と言う問を酒の席で投げると本気であれ軽い感じであれ返してくださるのですが、そんなものなくても生きるという人がいます社会に対して何かしら功績を残して/貢献をしてからでないと死ねないという人もいます。何であれ、理由がなくても生きれる人たちです。なぜ生きるのかを問うて答えが出なかったとしても生きるために頑張れるのが、私の理想とする人間でした。そういう人間として生きる中で、生きる積極的意味を見つけるのが小中高で夢見た人間でした。無理でした。

私は私の嫌なことが嫌いです。やりたくない。逃げたい。逃げ方として社会的に死ぬだとか、人生操業停止するだとかも選択肢としてあがることでしょう、この先。多分。そうした分岐点でいちいち生きるか死ぬから考えるのはコスパが悪い。時間無駄。そういうのは趣味としてやる方がいい。

ですので、分岐点で生きるに自動的に行けるように、仮でも人生意味を作り、自己暗示し、思い込み、それのために頑張るのが目下の目標です。最低限2年は生きないといけないけれど、その後も生きて、できれば私に投資された分くらいは回収したいから。

権威に流されたい。規律に縛られたい。これを信じれば正解だという唯一の答えがほしい。

小中高までは楽でした。勉強さえして、テスト数字が良ければ、私には価値がある。私には生きている意味がある。と思い込めていた。(実際にはスポーツ芸術等その他の分野で創造するのもすごいことです。更にテストの点を、学校試験レベル中途半端さで追求したところで、それは手段知識を得て、そこから何かを生み出したり発見したり研究したりする)が目的完璧にすり替わってるのでどうなのって感じです。)

現実社会はケースバイケースで、その時時のベストはあっても導き方はそれぞれでしょうし、ベストは誰が決めるのかという話ですし、ベストを求めるよりベターを求めるべきときもありますし、一筋縄じゃ行かない。そして人生テンプレートが無い。(昔はあったかもしれませんが、今の社会で実現可能な「中流階級」(平均値ではなく中央値的な……)のテンプレートってありますか? 何歳で結婚何歳で貯蓄何万みたいな)更に人生テンプレートに私が魅力を感じて、この幻想人生を賭けたいとなるかわからない。

権威に従い人生脳死プレイ人間は今の時代求められてないことは知ってます。もしくはヤバイ案件に関わらせていざとなったら切り捨てられる人員か。組織の一員であっても自分で考え行動する創造力ある人がほしいんでしょうね、すみません

就活という、来年以降自分身分が定まらない今の状況が嫌です。来年以降の身分自分責任選択しないといけないのも嫌です。私の能力性格を何とかして判断して勝手職場配置してほしい。そういう経済圏移住しておけば良かった(そう簡単国籍変えられるかわからないんですが)

私が頑張るべきフィールドとやることを示してもらえれば頑張るので、という気持ち

何とかして生きて、何とかしてどこでもいいか職場さえ決まれば、そこで何とか頑張れそうな気がします。そのために今頑張る理由を何とかつくりだして自分洗脳できれば少なくとも数カ月は生きられるはずです。

そんなことをうだうだと考えながら、保険証裏のドナーの1.に丸をつけました。

人生を閉店するための仕事が面倒なので、無気力に(しかし娯楽は享受し)生きています積極的に生きるために職を見つける、職を見つけるためにやる気を出す方法を見つけるのが今後の人生方針です。せめて生きる後2年は、他人迷惑をかけないように生きることだけは最低限頑張ります。もうすぐ深夜2時。夜ふかしをしない理想大人に私はなることができませんでした。

以上

2018-06-20

anond:20180620021800

ホント自分の望んだとおりのところに自由サービス選んで入れるようになるといいですね。

どこまで求めていいのか、値付けが出来ないもんだからもめるんだと思う。

職務記述書なしに裁量労働させようとするのに似てるな、って思いました。

細かく提供できるサービスを分類して、基本料金にガンガン上乗せしていく

とすれば、保育園側も納得だし、保護者も納得せざるを得なくなるし、経済活性化にも繋がると思います

規制緩和するとしたら、こっちじゃないかな?

保育園の過労問題も、食事と排泄の世話、発病時の病院手配とかの最低限以外はやらない、ってのを基本サービスにすればだいぶ解決しそうな印象。

そのレベルなら達成できる人員供給できそうだし

不満のある保護者はより充実したサービス(と追加料金)を取る保育園を選べばいいわけで。

最低品質だけ規制した上で、自由競争させたほうがみんな幸せになれるんじゃないか

839 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:51:19 ID:Hz7

大規模災害時に避難所物資管理担当した

ありがたいこと大変なこと嫌なことたくさんあったがここで言いたいことはひとつ

「衣類は個人から募る(個人で送る)べきではない」

はいろんなところで言われてるがあまり浸透していないようなので

自分体験した修羅場を書いてみたいと思う

被災者のためにと衣類を送ってくださった方々の善意まで否定する気は毛頭ない

ただ現実的被災地で何が起こったかを知ってもらえたらありがたい

災害直後から届き始めた衣類の寄付

マスコミの「冬用衣類が足りない!」(ちょうど季節の変わり目だった)という報道を受けて爆発的に増加

あっという間に狭い体育館を埋め尽くした

四方の壁にうずたかく積み上げられる段ボール

床が見えないほどの服、服、服の海…

もちろん食料品生活雑貨など衣類の他にもさまざまな種類の物資も続々と届く

しか個人から送られてきた衣類ほどスタッフを苦しめる存在はなかった

まず仕分けの手間。普通物資を1とすれば衣類の箱は10というほど手間がかかる

男性女性子ども上衣下衣・肌着・上着。そしてサイズ

せめてこれだけでも分類した状態で入っていれば御の字だがそんな箱はほぼない

箱を開き一枚一枚手に取って確認する

これは女性のセーター、Mサイズ。こっちは子どもズボン、140センチ

見た目ですぐに判断できる服ばかりではない。

これは紳士婦人?どっち? サイズタグはどこについてる?

畳んである服を広げて基本情報確認し、また畳んで分類する

これが想像以上に膨大な時間と手間を要する。やってもやっても衣類は減らない

それどころか次々に新手が送られてくる

840 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:51:50 ID:Hz7

そして需要に合っていない服も想像以上に大量だ

被災者が泥だらけで復旧作業をしている状況で

ひらひらワンピースタイトミニスカートスーツ礼服。誰が着るだろう

さらに、見るからに古くくたびれた服、汚れが目立つ服

こうした需要のない服、人には勧められないような服の割合は実に3~4割にも達した

しかしすぐに捨てることはできない

ゴミひとつとっても災害の片づけで不足している上、マスコミの目もある

善意」をゴミとして捨てていると報じられたらどれだけのバッシングを浴びるか

結局「使えない服」として分類された大量の衣類が少なくない場所を占拠していく

また、被災者に衣類を選んでもらうのも一苦労だ

場所がない中でぎゅうぎゅうに並べた服を、被災者自分サイズを探してかき回す

せっかく分類しても、衣類置き場はすぐにカオス状態になる

ぜいたくを言うなと怒られるかもしれないが被災者にもプライドがあり

特に発災から日がたってくると、服も「着られれば何でもいい」とはならない

しか個人から送られてくる衣類というのは大半が「うちではもう誰も着ない」服だ

気に入っていて今よく着ているという服を送ってくる人はいない

しかデザインが古いとか何度も着て色が落ちてきたとかそんな理由で着なくなった服は

たとえ被災者だってできれば着たくないに決まっている

結果的に選ばれるのは数少ない、本当にわずかな新品や新品同様の服

それ以外はいつまでも山となって残る

841 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:52:57 ID:Hz7

具合が悪くなるほどの服の海に溺れているにもかかわらず

ほとんど見つけられないのが肌着と靴下

この二つは中古で人にあげるということがまずないので

送るとしたら新品になるが、わざわざ新品を買って送ってくれる人はほとんどいない

いても個人レベルなのでせいぜいが5セット、10セットといったところ

これが本当に苦しい

肌着や靴下の不足は本当に深刻で、服と一緒に並べようものなら数秒でなくなる

そこで避難所内に不公平感が出ないようなるべく平等に配布したいのだが

数百人の被災者から5人、10人をどうやって選べばいいのか

高齢者、持病のある人、どんなカテゴリー分けでも難しい

冬用肌着と靴下はかなり最後の方まで不足したままで

肌着がない、肌着がほしいという被災者要望にはほとんど答えられなかった

もっと効率的だったのはだいぶ経ってから実現した企業から支援

衣類メーカー、肌着メーカーが「新品」を「大量」に送ってくれた

一人〇点限りとはいえ全員に行き渡る新品

さらにひと箱に同じサイズの同じ製品が入っているため仕分け不要のありがたさ

正直涙が出た。そのくらい仕分けはきつかった

服の山に埋もれているのに肝心の被災者の求めるものはないという状況もきつかった

こうした状況は自分の居た避難所だけで起きたことではない

各地から応援職員、大震災経験したボランティアに話を聞くと全員が同じ事態に直面していた

842 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:53:23 ID:Hz7

しか支援を受ける側の立場

「新品しかいらない」「同じものを大量にほしい」「古いの汚いの送るな」「需要考えろ」「仕分けして詰めろ」

などとはなかなか公言できないもの

なので、結果として同じことが繰り返されているのだろう

被災地では、特に発災直後はスタッフ不眠不休で働かねばならない

そんな中で衣類の仕分けはあまり過酷であった

多くの人員が割かれ、貴重なスペースを奪われ、他の業務に支障をきたすことも多々あった

箱を開き、服を取り出し、サイズ確認し、誰も着ないと判断した服を再び別の箱に詰め、積み上げる

手間をかけても最後被災者の手元に届くならまだしも

言い方は悪いがゴミを捨てるまでの手順をわざわざ増やしているようなものから

災害直後の極限状態の中では徒労感も一層激しかった

自分の実感としては、衣類に関しては個人から中古品の寄付は受けるべきではない

被災地の人手を奪った上に誰にも利用されず最後ごみとして処分され処分費用がかかるのは

寄付してくれた方の善意にも沿わない結果だろう

例えばこれまでの災害で寄せられた義援金などをどこかにプールしておき

新たな災害が起こった時にそれを財源として企業から新品を供出してもらうような形が最適ではないか

これはただの思いつきだが、災害列島日本では次の災害は近い将来必ずどこかで発生する

その時、被災地で働く人たちが自分と同じ苦しみを味わうことのないよう祈るばかりだ

2018-06-15

中国に飲み込まれ日本

 

中国寒村の余剰人員2億人を日本移住させれば、日本過半数中国人になる。

日本宗主国アメリカから中国へ変わるのだろうか?

北海道沖縄関西。大規模な中国人街が誕生しつつある?

[][][][] 日本人ユダヤ人に負けた理由原爆の開発

 

アインシュタインは、アメリカ原爆を開発しないと、先にナチスが開発してしまうことを危惧して、アメリカ大統領に親書を送り、原爆の開発を提言した。

アメリカ原爆を開発して、白人ナチスドイツイタリアではなく、黄色人の日本に投下することを決定した。

黄色人はイエローモンキーであり、人間ではないので、人体実験に利用しても罪悪感がないから、原爆大量虐殺した。

実際問題として、日本人ユダヤ人よりも知性が低い。

から原爆を開発できなかった。

 

日本原爆研究を進めていたが、アメリカ日本の500倍の規模で原爆研究投資していた。

これでは、アメリカ日本よりも先に原爆を開発成功するのは当然と言わざるを得ない。

では、その間日本は何をやっていたのか?

日本軍部は、戦艦大和武蔵など馬鹿かい船を作れば勝てると勘違いしていた。戦術時代遅れだった。時代の推移を見抜く目がなかった。

 

第二次世界大戦太平洋戦争)中、軍部には二つの原子爆弾開発計画存在していた。

大日本帝国陸軍の「ニ号研究」(仁科頭文字より)と大日本帝国海軍のF研究核分裂意味するFissionの頭文字より)である

 

ユダヤ人科学者よりも先に日本人科学者原爆を開発していれば、日本アメリカに一発逆転で勝てた。

原爆研究日本の活路を見出しもっと多くの予算人員を割けば良かったのだが、日本天皇軍部には先見の明がなかった。科学の知見がなかった。日本人の知性は低かった。

から、負けた。

 

anond:20180615064845

2018-06-12

妻が神具仏具屋に勤め始めた

神具仏具屋は斜陽産業らしいよ」

「だろうな」

「それで会社ではどうやって将来の収益を上げるかみんなで考えていきましょうって話になってる」

「いやたぶん斜陽化しちゃってる時点でダメなんじゃねえか?」

「それ言っちゃうと元もこうもないから何か良い案ないの?」

法人取引先ってどれくらいあるの?」

「数百社はあるらしいけど」

「知らず知らずの内に自分の嫁が仏具大手に勤めておったわw」

「私も入社してから知ったw」

「数百社もあるなら在庫系や勘定系のシステムインフラ作って無料取引先にバラ撒いて依存させたら良いんじゃない?時代インフラ支配だよ?」

「物凄く悪い笑顔で嬉しそうに言うのやめてw」

「いやまぁホントなら楽天市場仏壇売られる前にIT参入すべきだったけど、統合的な神具仏具オンラインマーケット勘定系のシステムが無いならやる価値はあると思うけど」

「でもお金かかるんでしょ?人員も」

「その辺は経営者が考えることだわ。会社のみんなで考えて欲しいのは仕組みだろうしね。具体的な仕組みでなく糸口になるレベルで良いと思うけど」

「なるほど〜言ってみるわ」

2018-06-11

anond:20180611152700

やるとすればどこでやるんだろう、という疑問はある。

指定席時間に乗れずに間違いなくクレームになるだろう。

始発駅で全数検査するなら(座席数×検査時間)は繁忙期に最低限乗車前にこなさなければならないわけで、

それをするための場所時間人員、周知にかかる広報、確保できるかとなると厳しいのでは。

anond:20180611151736

いやその商店が大きければ大きいほど分業が進んでて、まず受付た人員正社員なのか?から始まる

正社員じゃないと返品処理ができないわけだが、ここで正社員でも該当カテゴリ商品担当じゃないと返品処理ができない

更に言えば正社員複数担当していることも珍しくなく、忙しくて返品処理を1から10まで客から聞き取りする時間がない

すると非正規スタッフがある程度を客から聞き取りするが、非正規スタッフなので最新マニュアルを把握していない可能性があるので稀に聞き取りミスが発生する

正社員に交代して返品処理をしようとするが一応ミスがないかそれとなく客に質問を投げると、なんだか非正規スタッフ情報と食い違う部分が出てくる

すると正社員スタッフ時間が無いのにも関わらず1から10まで客から聞き取りをしなければならなくなる

こういう客対応をしていると次の客が待たされるわけだ

退職するのが憂鬱

モヤモヤする気持ちを書き出します。


今勤めている会社は安定しているがそれは今だけで、将来どうなっているのか考えた時は非常に危うい。汎用的なスキルが身に付く仕事でもない。いわゆる潰しの効かない仕事だ。

さら私自身30前半で、年齢的にも新しい環境で新しい仕事に取り組むなら、今がギリギリと考えている。だから転職活動を始めた。

その結果運良く1社の最終面接を通過し、近々条件交渉面談がある。条件が折り合えば内定になりそうだ。

でも悩んでいる。新しい環境へ移ることの不安はもちろんあるけれど、それ以上に現職を穏便に退職することが不可能だという点だ。

新卒からこの年になるまで同じ会社で働いてきたこともあり、そこそこの仕事を任されるようになった。

来月から立ち上がるプロジェクトもある。一年間続くプロジェクトだ。私はプロジェクトマネージャーとしてその体制に入っている。

代わりになりそうな人間はいない。能力的にではなく、人員に余裕が無いということだ。

人員に余裕が無いというのは会社問題」「退職社員権利」「私が後任を探す義務は無い」

と頭では分かっている。特に人員が足りないのは今に始まったことではない。8年間働いてきて私の下についた後輩はたった1人だった。それでも考えてしまう。

「このタイミング転職するのは正しいのか?」「プロジェクトが終わるまで現職で頑張るべきなのでは?」

転職はここ3年ほど悩んでいたが、会社実態もがよく分かってきて、自分の年齢も踏まえ転職活動に踏み切った。当然、内定がいつ出るかなんて分からいから、現職のプロジェクトを気にしても仕方が無かった。仮に今のプロジェクト遂行したとして、その間に他の案件が降ってくる可能だってある。

それにあと1年待ったところで若くもなく、だけれど大した経験も無い30代を雇ってくれる(私が希望するような)企業があるかもわからない。可能性は低いと思う。

から転職するなら、環境を変えるなら、今がチャンスで今がギリギリだと強く感じている。現職を考慮する余裕は無い。

職場人間関係がズタボロなら躊躇なく辞められるだろう。だけれど今の職場人間関係比較的恵まれている。上司個人的には少し苦手だが、パワハラなどは一切ない。

転職してしまえば現職の人間は一切関係無い」「どんなタイミングでも必ず現職に迷惑はかける」「会社の将来と自分の将来、どちらが大切かと聞かれれば間違いなく後者」。頭では分かっている。

しかし忙しい現職の仲間をさらに突き落とすような、プロジェクトマネージャー退職という決断を今すべきなのだろうか。

世の中の転職者は、退職する時どんな心持ちでいるのだろう。

そもそも私のように中途半端タイミングで離職しないように転職活動するのだろうか。

それとも私は「転職したい」と言いつつ、新しい環境へ移るのが不安で、現職を言い訳にして転職を止める理由を探しているだけなのだろうか。

2018-06-09

男嫌いを直したいレズビアン

なんでこんなに男が苦手なのかわからない

直せるものなら直したい

高校までは共学だったけど、大学女子大でとにかく女だけの空間である大学で過ごす時間が大好きだった

バイトは塾講だったから同僚と関わる時間もそんなに長くはなかったし

職場では女6人で新卒1年目を過ごしてきて、いい職場仕事大好きだったんだけど、2年目にして初めて男性が異動してきた

仕事に行くのが辛い

同い年の同期で、仕事に対しては真面目で、他の女性社員とも普通にコミュニケーションを取れる、普通男性

私に嫌がらせをしてきたり特別好意を持ってしつこく迫ってきたりしているわけではない

彼は何も悪くないのになぜ私は同じ空間にいるのが苦痛なほど辛くてたまらないんだろう

職場かなり人員の変動があって今私が職場で一番の古株で、かつ一番年下で、後からきた上司や年上の後輩の女性に可愛がられて過ごしているので、私が彼のことを「嫌だ」と言うときっと彼の方に“指導”が入ってしまうと思う

そうなってしまわないように懸命に彼と普通コミュニケーションをとって普通に振る舞おうとするけど、顔を見るのも辛い

なんでこんなに嫌なんだろう

背が高くてがっしりした体型で目が細くてつり目であんまり爽やかではないので明らかに私のタイプではない(レズビアンでも好みの男性タイプはある、恋愛感情とは別で)ので、それが理由だとは思うけど、なんでこんなに男性を毛嫌いしてしまうんだろう

異性愛者になりたいとかそこまで望まないけど、せめて男嫌いが直ればいいのに

嫌いなものがあって常にそのことについて考えながら生きるの辛すぎ

どうしたら楽になりますか?

アドバイスください

2018-05-31

anond:20180531145345

判断の仕組みが違う、という話。

狭いコミュニティで限られた人員で、やるべき役割を回す分には、

こういった構造の方が適切かもしれないって説もある。

PTAとか学級委員とか、やりたくないけどしゃーなしやるやつね。

専門家を用意しやすく利害が明確なビジネス組織とは、いろいろ違うんだよ。

2018-05-29

上司が先帰って現場が残るって

上司は定時でさっさと帰っていくのに現場は終わらないから残ってる、みたいなのを見たけど、終わらない仕事を振る上司が悪いんだし、律儀に残って続ける必要もなくて上司が帰ったら現場も帰れば?と思う

終わらなかったとき責任取るための上司なんだし、上司も完成できず責任とりたくないだろうから、それくらいになったらどうにかして人員追加したりするでしょ。

変に責任感持って無理してやるから上司も何もしないんだと思う

必要以上な責任感は損するだけだよ

anond:20180529215431

シュンペーターによると企業イノベーション資産技術人員、何もないところから起こる。

国もまた同じ。

かつて島国大英帝国(今のイギリス)が世界を席巻した。

日本英国を見習って植民地支配を進めた。

あとはグラバーとかの暗躍もあるけど、それを説明しようと思うとバックグラウンドやらなにやら1000文字くらいになる。

2018-05-27

なんでSIが辛いかわかった

古くからシステム大事に扱う白髪頭のおじいちゃん元請け古参派遣社員)と、そのシステムしか知らないお客が現場管理しているからなんだ。

新しい人が「使いにくい」と言うと決まって「それはお前が仕事に慣れていないだけ」と叩き潰すのも白髪頭のおじいちゃんだった。


未来がないと言われている業界だけど保守運用はどんなに規模が縮小されてもコストカットの主役にされても最低賃金で最低人数で高稼働のまま人売りの飯食いネタにされるし

必要としない客もいないから延々に亡くならない業界だ、無知新卒落ちこぼれ派遣が毎年来るから一時しのぎの人員は常に補給されるし。

2018-05-26

anond:20180526004601

これが不法占拠とする立場もあれば、不法占拠じゃないとする立場あって強制執行しようとすると左翼関係支援団体弁護士関係者が現れるんだな

からものすごく時間と金がかかる

集落と化してる場合なら金かけてでもやる価値があるが転々と移動してる個人には人員を避けないというのが現実

まめに声をかける以外の手段がないっすよ

2018-05-25

内定もらったか転職活動の経過をしたためる

転職活動開始:2018.3.18

転職活動終了:2018.5.25

約2.5ヶ月の転職活動だった。

尚、私のプロフィールは以下。

アラサー女(独身)

都内1人ぐらし

社会人7年目

IT企業勤務

転職経験なし

3年前に一度転職活動をして内定をもらったが、

内定をもらった会社が内資系コンサル企業でちょうど電通のまつりさんの件があり長時間労働にびびって内定辞退した。

※現職は元国営企業グループ会社、安定したホワイト企業

その時の経験から転職エージェントなんて伝書鳩しかない

(ばかりか、利用したリクルートエージェントメール送信多くて困った)と知っていたので

まずは企業採用ページから4者応募。

一流大手企業4社、書類通過率50%、一次面接で全敗。

昨今の売り手市場で余裕で転職できると思ってたし、

書類で落ちるのは想定済みだが前回の経験から面接には自身があったので

若干精神的にショックを受け、転職エージェントに頼ることにした。

@Type

DODA

パソナキャリア

全てIndeed検索した結果、興味のある企業求人掲載していた会社企業採用ページに該当の応募がなかったことも利用した理由の1つ。

でも実質利用したのは@Typeのみ。

DODAサイトが見にくい(スクロール後画面遷移→戻る→ページ上部に戻される。回避のために別ウィンドウで開こうとするもうまくいかない。)

    エージェントに前もって伝えた避けて欲しい求人条件を無視して大量の紹介を送りつけてくる

    築きたいキャリア(半未経験)より、良い年収を獲得できそうな企業ばかり紹介してくる

パソナキャリア:遅い、催促するまで応募を企業側へ伝えていなかったと推測している(3社しか応募していなかったため?)

総じてメールがウザい、紹介求人が100社以上届いて見るのが大変(うまくフィルターになって欲しかったのに)、

最初エージェントは嬉々としてアポを取りたがるが、半分未経験職種希望としてると少し対応が変わる。

転職エージェントにはあまりいい印象がない。正直嫌い。

4月後半頃から書類審査結果が届くようになった。

概算ではあるが書類通過率は5割程度だったように思う。売り手市場伊達じゃない。

はいえ、同時並行で企業採用ページから応募した場合書類通過率は3割程度。

転職エージェントを介すとほぼほぼ書類通過する。

(これなんでだろう。確かに転職難易度が高い企業ばかりだったとはいえ、エージェントを使うと同程度の難易度企業も通る。

企業サイドにとっては直接応募のほうが安く済むはずなのに、会ってもくれないなんて…。劣等感で死にそうだった。)

エージェントを使うと志望理由は一次面接で考えればいいのは楽だった。数撃ちゃ当たる戦略が出来るのは精神衛生の観点からもよい。

個人的大事だと思ったのは(経験資格はどうしようもないので言及しない)「企業マッチしていると思わせること(志望理由逆質問)」

HPを隅々まで読み、利用できるなら提供サービスを使い、ニュースリリースIRは一読、キーワードSNSやGoogleNews検索する。

企業大事にしていることを理解共感し(志望理由)、改善点や課題可能ならソリューションまで考えて述べてみる(逆質問)。

一次面接が終わる頃には、にこやかに和やかに談笑できる。

人間は往々にして理性より感情を優先しがちな生き物だから理論的に共感を示せれば落とす理由を粗探しされることはない…と思う。

自分面接官をした経験もあるが、結局最後は一緒に仕事ができそうか互いに不幸にならないかというポイントが大きく作用していた。

最初に直接採用ページから応募した企業本命だったが

それを除くと第一希望だった会社4月後半一次面接5月半ばに最終面接、そして無事内定

四季報ポジティブランキングランクインしているような成長と安定を兼ね備えた企業だと思う。

志望度が高く、提示している年収がもらえるなら必ず入社すると伝えているので

途中の状態の数社(一次通過2社、書類通過5社)にチャレンジできないのは今となっては残念に思う。

(内定もらってない期間は、常に転職が頭から離れなくて、それはもう凄まじいストレスだった。

自己嫌悪劣等感不安感で、食欲は失せ遊びに行く機会が減った。)

面接は、自分評価されていると同時に自分企業評価できるいい機会で

(実際、約束面接時間からまらなかったり、廊下ですれ違う人の会話、トイレを借りた際に聞こえてくる会話等々で企業が見える)

色々なオフィスを見ることができるのは、楽しい価値があるように思う。

(先進的でデザインが優れたオフィスはわくわくするし、企業が何を大事にしているかオフィスから見えることもある。)

他社の偉い人と直接話せる機会は少ないし、いい経験だ。

なにより自分市場価値が分かる。

以下、蛇足蛇足愚痴

働きながら転職活動するのは辛い。暫くやりたくない。

好きで応募した企業も、正直落とされると逆恨み不可避。

何社か絶対に金を落としたくないと思ってしま企業がある。

今の悩みは上司退職をどう伝えるか。金かけて成長させる人員として予算が付いてるのを知ってしまった直後で辛い。

PMなのに契約終了前に逃げられるのか。不安

いつか暇つぶし退職エントリ、にみせかけた現職の愚痴投稿してスッキリしたい。

2018-05-24

anond:20180524110342

昔ほどwebは高給取りの世界ではなく、人員に関しても「フルスタックエンジニア」っていうインチキワードが横行するようになってる昨今、予算抑えるために一人で全部やらせスタイル業務が割とある

その場合おっさんエンジニア(メインはサーバサイド)が頑張るときフロント側で使われる代表的おっさんずラブツールjQueryなんだよ。

anond:20180524093855

納期までに仕事が終われば会社には何も言われないぞ。納期には絶対間に合わせるしな…

いずれにしても、連絡入れようが入れまいが月二回は多すぎるので、会社としてはどっちだって使えないけど次の人員補充までに使い倒したい人材にはなれてる気が。

2018-05-22

anond:20180522143509

基本的に往復輸送する仕組みなんだし、帰りがけの高速バスだけ遠回りして観光地かに止まってくれるようにしてもいいのよ? (人員確保が無理なんだろうが)

備忘録

離婚または別居、するにせよしないにせよ、今の生活理想的ものではない。

理想に近づくための備忘録。紙に書いとくと、気が変わった時に捨てちゃう

・寝室をともにする理由がない…セックス断られてこちももうする気がない

・寝室を分けたい理由いびきうるさい、生理的ちょっとダメになってきている→快適な睡眠

・月収を増やす…別居準備、現在生活費、貯蓄のため、同居継続にしても意見を言いやすくなる→雇用先に勤務条件相談

・夫に期待するだけ無駄なことが判明→夫激務、期待する分メンタル疲れるだけ、家庭を回す人員として収入以外の面で夫をカウントできない

・労力削減は、タイミング状況次第では金で買える

軌道修正は1日でも早い方が良い。

2018-05-21

お前らも「荻上チキりん論破ゲーム」やろうぜ

TBSラジオの22:00-24:00のセッション22で活躍する荻上チキ氏。

彼は割と理論立てて物事を語る割に、一方の現実問題の部分を伏せて語っていたりと詭弁めいた語りが多いというのが良く言われるところ。

なんで、増田の力をもってして荻上チキの語りを論破してみよう。

因みにさっき言ってた事だと

「これから日本高齢化社会突入するに際して介護人員が圧倒的に足らなくなるということが言われていますが、介護人員を増やすためには待遇を良くする事が絶対で、待遇を良くする事が出来ないのならば外国人労働力として入れるという考えは間違っている」などなど力説されておられた。

肝心の「サービス減らせばいいんでね?」って部分には触れずな。

こういう部分にどんどん突っ込んで行こう。

観光施設での仕事介護を両立できず自殺未遂した話。

前置きしておくと、この文は後ろ暗い心持ちからまれた文です。なので、読んでスッキリ、なんて読後感をお求めの方は別のページへと向かう方が良いでしょう。

この文の目的は、復讐…とまでは行かないけれど、私の知らないところでいいから、あの人に報いがあればいいな、という小さな期待。それと、結局、一体誰が正しかったのか?という答え合わせをしたいという願望です。

から、もしお読み頂けるようでしたら、叱咤でもなんでもお言葉を頂けると幸いです。

まとめると、全てのタイミングが悪かった、という話です。

部署異動のタイミングで、家族介護をせざるを得なくなり、やむなく退職を願ったが上司に引き止められ、一ヶ月後、無理がたたって自殺未遂をして辞めることになった、と。

私の昔の職場は、日本でも有名な観光地です。都心としては少し外れたところにあり、昔はそこまで発展はしていなかった場所のようです。ですが施設が出来てからは、大きく様変わりし多くの人で賑わうスポットになった…そんなとある観光施設です。今では交通の便も悪くありませんしね。

観光施設、というと明るく朗らかなイメージがあるかもしれません。実態日本有数の観光地、という看板を背負えども、小さないざこざが絶えない職場でした。

それと、世の中どこもそうですがここも慢性的人手不足。なので、応募があると即雇う。なので少し問題がある人でも雇うため、さら人間関係がこじれるこじれる。

そういう悪循環に陥っている職場でした。

そんな職場に昨年まで私はいました。

接客の案内部門にいた私は、前々職の経験を生かせるかも、と軽く話していた別部署に急に異動することになり、急遽販売部門に異動になったのです。

まあ、前職の経験もあるし、きっとやっていけるだろう。

そう思ってたんですが、ここで2つ問題がやってきました。

ひとつ職場環境。

異動先があまりにもギスギスしていて、私はそこに溶け込めなかったんですね。

教わっていない事を聞くとなぜ知らないのか詰問されたり…なんというか、新人を受け入れるだけの余裕も無く仕事が忙しい、という部署でした。

それと私自身、ミスも何回かしたりして…本当に申し訳ない日々でした。ただ、そこから虚偽の失敗の報告を入れられたりするようになり、職場でどんどん孤立していきました。

噂では、職場圧力が強くて退職していく人が多い、とは聞いていましたが、それを実感するとは、思ってもみませんでした。

そしてもう1つが、そう、介護です。

父方の祖父が急にボケ始め、体も衰え寝たきりに。共に住むのは叔母ですが、私も流石に手伝いに行かねばならなくなりました。

介護って聞くよりも本当に大変でした。

血の繋がる祖父ですら、幾度となく殺意が沸くほどに。

なので、ここでは詳しくは書きませんが、介護士というのは本当に慈悲深い方にしか出来ない仕事だと実感しました。

それと、父が祖父の姿を受け入れられなかったのか荒れるようになり。前から粗暴な人でしたが介護強制するために暴力を振るうようになったのも困った点でした。

そんなわけで急に介護をせねばならなくなったのですが、仕事の都合があまりにも悪すぎる。

ざっくり早番と遅番の2パターンシフトで出勤せねばならないのですが、

早番だと始発で家を出て、夕方に帰る。

遅番だと昼頃に家を出て、終電で帰る。

というなんとも時間の振り幅の大きいシフト制でして。

しか契約社員からバイトのように選択権がない。なので、どうしても休みたい日3日以外は選ぶ余地もなく、上司の采配次第、という状態でした。

もーこれはあかんそもそも仕事だけでも体内時計狂いまくりなのにそこに介護なんて無理だ。こんな職場もう辞めたいし、もう無理。

そんなわけで上司相談をしたところ、その上司の方からのお答えはこうでした。

だって子育てして仕事して、二足の草鞋を履いてるの。他の人だってそう。でもみんな普通に生活してる。介護ぐらいのこと、どうしてできないの?このくらいのことを普通に出来ないの、本当に心配だよ?

これからここでもっと仕事していけるように頑張ろう?

それは心配の皮を被った、もっとおぞましい何かだと思いました。

私は普通に満たせていない。その言葉がどうしても怖くて、私は辞められませんでした。

心配なのは、私のことではなくて、人手不足職場の方なんだろうな、とはわかっていても、普通に生活が出来ていない、という言葉がどうしても怖かったのです。

そういって退職は取り下げたものの、結局は、その一ヶ月後に退職をすることになります

睡眠不足朦朧とした頭で、祖父の崩れていく姿と、介護強制するために受けた父の暴力と、職場の陰口の数々と、そして、普通に生活すらできないのだという烙印

全部が入り混じれば、なんだか、簡単だったのです。

腕に、切れ込みをスルリと入れるくらいは。

リスカをして、翌日には退職の話がまとまりました。

あんなにまとまらなかった退職が、腕の傷一つでこんなにスルスルまとまるなんて。

ホッとする反面、ああ、これでついに私は普通人間にはもうなれないんだ、という諦めがやってきました。

あんなに、この職場が好きだったのに。

この職場で働くことを夢見てたのに。

なんで、こんなことになっちゃったんだろう。

自殺未遂、だと人に知られると辛いよね?だからあくまで君から依願退職って体にしておいてあげるね。

その上司の優しさもなんだか申し訳なくて、何もかも裏切ってしまったようでいたたまれなくて。

そんな失意の中、私は前職を後にしました。

そうして一年がもうすぐで経ちます

あんなに辛かった職場から離れ、今は穏やかな社員に囲まれた、緩やかな仕事生計を立てています

家族関係も、大きく一変しました。

私がその後、父の暴力に耐えかねて、家を出たことで介護人員がいなくなり、仕方なく父も祖父施設に入れることに了承。叔母の負担も減り、祖父もきちんとした処置を受けることができるようになり、丸く収まりました。

金銭負担がかかるため、父は私を探しているようですが、警察役所保護されているため、私の戸籍住民票を、父は見れません。私は父からすればほぼ失踪したことになっているのです。

あんなに辛かった仕事とも、家族とも縁を切り、今、ようやく穏やかな生活を手にしました。

何も過不足ない日々。けど、ようやくそこへたどり着けたからこそ、今になって昔の日々への怒りや疑念が募ってしまって仕方がないのです。

どうして、私は職場あんなに冷遇されなくてはいけなかったんだろう。

どうして、私は介護強要されなくてはいけなかったんだろう。

どうして、普通ではないとまで言われなくてはいけなかったんだろう。

あの日々は、自分ばかりを責めてたけど今になって周りも十分におかしかったんじゃないかと思えてきて、腹立たしくて仕方がないんです。

冷静に考えると依願退職にされたのも私のためじゃなくて職場問題だと思うし。

接客運営業務委託されてる身だからクライアント自殺未遂した社員がいることを知られたくなかっただけじゃねーか、と今になって気づいてそれも腹立たしい。

から、この場を借りて、皆さんに聞いてみたかったんです。

何もかも捨てた私は、やっぱり、ダメなやつなんでしょうか。

それとも、周りもどこか、おかしかったんでしょうか。

私サイドの話しかしてないから、中立的に見ることは困難だとしても、何かしら他の人の話を聞いてみたいんです。

昔はずっと私が悪いんだと自分を責めていただけだったし、今になっておかしかったのでは?と疑念を持ったので、何が正しくて何がおかしいのか、自分でもわからないんです。

それに、今でも前の職場がやっぱり好きだったから、辞めざるを得ないほどに弱かった自分を今でも時々責めてしまうのが辛いんです。

本当は、もっとあの場所から景色を見たかった。

もっと、たくさんのお客様を迎えたかった。

もっと日本有数の観光地という稀有場所経験を積みたかった。

そう思ってしまうのです。

毎年十数人ほどスタッフが心を病んで退職していく、とは聞いていたけどまさか自分がそれに当てはまるとは思ってもなかった。

時折、東京の街を歩いていると、前職の建物が目に入ることがあります

その度に、期待を裏切ったこと、職場の悪意、介護への負担自分への落胆、あの辛い日々の全てをないまぜにした得体の知れない感情が心の中に生まれるのももう嫌なんです。

私、どうやったら楽になれるんでしょう。

私、どうやったら元に、普通に戻れるんでしょう?

2018-05-18

anond:20180517162500

室町時代の正長の土一揆や嘉吉の土一揆などの、成功した土一揆を見れば、

体制側に混乱がある状態で、戦慣れした人員を迎え入れつつ、数万人規模を動員できれば勝てる可能性があることが分かる。

ただ、そもそも一揆というものは、

一揆いっき)とは、日本において何らかの理由により心を共にした共同体が心と行動を一つにして目的を達成しようとすること

とあるように、かなり幅広い意味を含む言葉である

元増田が言うような、江戸時代の「百姓一揆」などは、確かに農民が中心だが、それにも様々な形態があり、

村長や村役人農民たちを指揮して領主圧政を訴えるものもあれば、

領主とつるんでいる村長や村役人農民たちが襲うものもあった。

また、その手段も、代官のところに押しかけて直訴するだけだったり、

逃散したり、酒屋や土倉を襲ったりと、バリエーションがあったわけで、

農民武器を持って武士と戦うだけが一揆ではないのである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん