「しょうもない」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しょうもないとは

2017-10-23

おじさんとメル友になった

プチ不倫かな?奥さん知ったらヤバイ気がするから

おじさんだからね、LINE使ってないの。

ひょっとしたことで、必要に迫られてメール交換した。

いまは25前後、アラウンド25??の女。

まれてこの方彼氏いたことない。

で、おじさんから個人的メールも来るわけです。

おじさん既婚で子持ちなのにいいのかなって困惑したし、

あんまり個人的なのに返信は憚られるなって思ってできない。

でも、メール来てると結構嬉しい。





おじさんからしたら、わたしはまだまだピチピチの女だから、ちやほやしてくれる。

私は、いろいろ拘りが強かったり、恋愛する勇気がなかったりして、彼氏作れない。でも、おじさんは恋愛対象じゃないからか優しくできる。

かいことは気にしなくていい。だから楽しいし、楽。

から、今のこの関係がとっても楽しい

でも、いわゆる不倫は、女は適齢期をしょうもない人に捧げてしまうことになるから良くないっていう。わかる。

こーいう関係未来はないよね。



でも、いざ結婚相手恋人を探すって、どーしたらいいのかわからない。

拘りが強いから、てきとーに付き合うくらいなら1人がいい。

多忙高給な仕事してるから相手家事その他してほしいくらいだけど、私はお見合い相談所にでもいくべきなんだろうか。

おじさんは、既婚者のよゆーで優しくしてくれるけど、

年代はそーいうものでもないでしょ?

未来作っていくのが面倒。でも、未来はほしい。

仕事で忙しくて、って言い訳にならないなぁ。

あ、違う業種の人と出会いたいってのも難しくさせる理由






だって高学歴で、高給取りで、自分第一人間なんだもの

はてなって匿名なのがいいけど、それを理由民度がめちゃめちゃ低いから笑う

中学から友達フレネミーだった話

 「フレネミー」という言葉をご存知だろうか。

アメリカ大人TVシリーズセックスアンドザティ」などにも登場し、「フレンド(友達)」と「エネミー(敵)」から作られた造語で、いわば友達の顔をしながらも実は敵である人を指す言葉だ。

かげながら悪口を言ったり、マウンティングしてくる人などを思い浮かべる人もいるだろうが、フレネミーのなかでも厄介なのが「居場所をとる」「対象と成り代わる」人たちだ。

 私は最近中学時代からの友人Aをこれを理由音信不通にした。

Aと友達であった時は、得体の知れないモヤモヤを感じながらも「私の心が狭いのかも」とあまり考えないようにしていた。

ある日「フレネミー」とい言葉を知りぐぐると、ネットにかかれた説明はまさにAそのものだった。

そして多くの人、とくに女性で悩んでいる人が多いこともビックリした。

私のように長年「なにかおかしい、でもなにがおかしいんだろう?」とモヤモヤストレスをためながら、でもどうしていいかからない人たちの少しでも助けになればと思って書こうと思う。

 初めに結論を述べるとフレネミーへの対処法は「距離をとる」というのが一番効果的だ。

穏便に済ませたい人には申し訳ないが、フレネミー普通関係を築くのはほぼ無理だと思ったほうが良い。

 Aとの付き合いは長い。中学高校と一緒で、よく遊んでいたし連絡も取り合っていた。

大学は私は東京、Aは地元大学へいき少し間疎遠になった。

ある日、中学同窓会があった。そこでAと2年ぶりに再会しまた連絡を取り合うようになった。

専攻が近いためレポート前などはお互いスカイプしながら徹夜したり、彼女東京へ遊びに来ることもあった。この頃のAは私にとって何でも話せる気の合う友人だった。

 大学卒業後、Aは地元社会人になり、私は地元にはもどらず東京フリーターをしながら資格勉強をしていた。

Aは志望していた業界が人気だからと諦め、近いけど違う業界就職した。お互い新生活に追われながらも時々連絡をとりあっていた。

私が資格をとってやっと社会人になれたのがそれから3年後の春、ある日Aから東京で改めて学生をすることにした、初上京から色々よろしくー!不安がいっぱいだー!」とラインがきた。

私は嬉しかった。中学からの友人が近くに住むぞ!と意気揚々東京で仲良くなった友人達にAを紹介しようと飲み会などをセッティングした。

 夏にAが上京しまカフェで会うことにした。

私の電車人身事故で遅延し走ってカフェへいくとAが店前で待っていた。そのとき「あれ?」と思った。

彼女が着ているスカートが私がお気に入りのものだとSNSに何回かあげているものと全く一緒だった。

でもブランド品だしかぶることだってあるかな、とその時は何も言わずそのスカートについても触れなかった。

 諦めた業界へ30歳までにもう一度挑戦したい、と専門学校へ入りなおすことを決めたA。

夢を語る彼女の姿に私も嬉しくなったが、Aがふとカフェ内のすみの方で手を握り合っているカップルに対して「あんな顔でよく人前でいちゃつけるよねー気持ち悪くない?年齢考えてって感じ!」と周りに聞こえる声で言った。

私は突然のことにビックリしたし隣の席にいたおじさんたちは怪訝な顔をしていた。

 この頃はAのこういう行動に対して「東京生活ストレスが溜まっているのかも」「環境がかわって神経がたっているのかな」と思っていた。

これは私に非があるが、あまり深く考えないようにしていた。同級生の悪い方向への変化を認められるほど私自大人になっていなかった。正直このとき違和感を信じていれば、と今でも思う。

 私はAをよく遊ぶグループ趣味グループ習い事や同僚など様々な自分が属するコミュニティの人たちに紹介した。

Aは少しシャイだが、私の長くからの友人ということもあり私をネタにしつつ徐々に皆と仲良くなった。

18歳で上京したとき友達ができるか、親元を離れて生活できるか不安だった自分を思い出し、なるべく彼女孤独を感じないよう色々なイベントにも呼んだ。

春はお花見、夏はバーベキュー、秋はおうちパーティー、冬はスキークリスマスパーティー忘年会などなど、私が今まで毎年していたことにAが加わった。

 冬のある日、お台場イベント大人数で遊びにいくことになった。

駅で合流し、Aもそこにいた。私と全く同じコートを着て、同じカバンをもってそこにいた。

周りは「おおおーさすが中学からの仲だね!」「おそろい可愛い!」と盛り上がり、Aは「私このブランド大好きだからなあ~」と何食わぬ顔で話している。

このときもしかして真似されてる?」と、前のスカートの件とあわせて疑うようになった。

その日はあまりAと話さないようにした、なんだか話す内容から次なにか真似されたら嫌だな、となんとなく思った。

 そのあとも真似は続いた。一度違う友達に「真似されるのってちょっと辛い」と漏らしたときに「あなたのことは大好きなのよ」「そんな真似とかなんとか中学生みたいな悩みもつなんて」と笑われた。

なんだか自分の心が狭く子供っぽいことで愚痴ってるように感じてその後、このことは誰にも言わないようにした。

新しい服やアクセサリーをつけて次にあったら彼女が同じものを持っている、それについて特に触れるわけでもなく、周りも「おそろいだ~」と笑うのみ。そのたびにちょっともやっとしてる自分人間として未熟なんだと落ち込んだ。

 その後、Aの真似はファッションだけでなく趣味や考え・意見にも及んだ。

私が軽い気持ちで参加したボランティアで関わったスウェーデン伝統工芸に惚れ込み、実際にスウェーデンへいったり友人にも「本当に好きなんだね、いつかスウェーデン人結婚したりして」と笑われるレベルにその話をしていた。

Aは最初興味がなさそうにしていたが、「最近スウェーデンに興味がある」に始まりあたか自分はずっと前からスウェーデンが好きというような態度をとるようになった。

私が参加しているボランティアにも来て「私の友人なんです~」と色々な人たちと仲良くなっていった。

この頃になるとAの髪型服装は後ろからみれば私と区別つかないレベルに一緒になっていた。

 私はこの頃には彼女のまるで私の居場所というかコミュニティ内のポジションに居座るかのような、私の成り代わりになるかのような態度にかなりイライラしていた。

しかし、最初に色々な自分コミュニティにAを紹介したこからどのコミュニティで遊んでも彼女がいる状態になっていた。

どのコミュニティでも私が誰かと話していたらAが寄ってきて、いつのまにか私が話していた人とAが話し、私が傍観者のような立ち位置になることが繰り返された。

 Aの他者に対する暴言ますますひどくなり道端で「あんデブでよくあんな服着れるね」「ババアのくせにあの髪型痛い!」と言ったりしていた。

私はそういう言葉をきくたびに疲れるようになっていった。

 この頃一度ネットで「友達に居場所を奪われる」「友達コミュニティを乗っ取られる」と検索たことがあった。

ヒットしたのはほぼほぼ中高生の悩みで、それに対して「人をとるとかとらないとかものじゃないんだから」「まねしたっていうけど自意識過剰では?」という意見を読み、自分モヤモヤしていること自体が間違っているように感じた。自分性格が悪い心の狭い人間だといわれてるような気持ちだった。

 段々私はAに限らず友人たちと会うのが億劫になっていった。

何か買ってもそれを着たり使ったりするのが怖くなり、何か新しいことに興味がわいてもそれを人に話すのが嫌いなった。集めたスウェーデン工芸品も全部売り払った。

不思議なことに私が中々イベントなどに顔をださなくあると毎日あったAからラインはパッタリと途切れた。

 Aに真似されるというのが、大げさだが自分アイデンティティをどんどん奪われていくような感覚だった。

同じ趣味教室に通う同僚が心配して声をかけてくれた時、いっそぶちまけてラクになろうと思ったときに「Aも心配してたよー!」と言われ何ともいえない脱力感に襲われた。

 Aはその後も私の友人達遊んだ様子などをSNSにアップしていた。

最初は同郷の長い付き合いの友人が自分の友人達と仲良くなっていくのが楽しかったし嬉しかった。

なのに私はなぜか友人達と会いにくくなり、孤独を感じるようになっていた。

28歳にして人間関係を丸ごとAにもっていかれたような感覚だった。

 春先に会社帰りにバーへ立ち寄った。

久々にお酒が飲みたくなったけど誰かを誘うのも面倒だし、誘って「Aも呼ぼう」ってなるのが怖かったので一人だった。

しばらくぼんやり飲んでると隣に40代くらいの女性が座った。とても身なりが綺麗な人、仮にBとする。

マスターを介してBさんが話しかけてきた、彼女大手アパレル企画をしている人でいわゆるキャリウーマンだ。

しばらく他愛もない話をしてたが、私はふとAのこと、今の自分の現状を話したくなった。

バーで会った私のことを今日知った人、私の属しているコミュニティのどこにも属していない「他人」だから話せると思った。

 ポツポツと話し出しBさんは真剣な顔で聞いていた。

私は「子供ぽいんですが」「本当こんな悩み馬鹿馬鹿しいんですけど」「自分の心が狭いのはわかっているんですが」「女子中学生みたいですよね、ほんとしょうもないんですが」とそういう前置きを何度も使った。

話している最中に、自分が寂しいと思っていることをやっと受け入れられるような不思議感覚だった。

 18歳で初めてきた東京最初友達も知り合いもいなかった。

大学でできた友達大学の外でできた友達フリーター時代にであった人たち、就職してから一緒に働いている同僚、ボランティアで一緒に一生懸命になった仲間…それまで考えたこともなかったけど、人間関係というのは自分が築き上げてきた財産だ。

それが、その財産が急に人の手に渡ってしまったような感覚、Aに対する不信感とそれを誰にも相談できない孤独さ、私がいた場所に私と同じ服やアクセサリーカバンをもっているAがいる違和感

 話しながら涙と鼻水がでていた。Bさんがティッシュをくれたけどたりなくてマスターが箱ティッシュをくれた。

Aとの楽しかった思い出がいっぱい頭をかけめぐった。でもAが東京にきてからは辛い思い出の方が多くなった。

Bさんは「それってフレネミーってやつよ、辛かったね」といってお酒を一杯奢ってくれた。

 「年齢の話はしたくないんだけど」と前置きしてBさんが話してくれた。

人間は年齢と共に人格が少しずつ変わること、それがいい方向に変わる人もいれば悪い方向に変わる人もいる。私はながいAとの付き合いのなかで無意識にAの味方をして自分直感違和感を信じずそれでストレスが溜まっていること。

子供っぽいというが誰だって自分が見つけたものや持っているものを真似されたら気分が悪いこと。自分テリトリー必要以上に入ってくる人間には注意しなきゃいけないこと。

そして、Aは私がいたポジションにおさまることで優越感や承認欲求を満たしているのだから、それはもう友人とはいえない、と。人との関係には寿命があるということ。

 決定的だったのは「あなたはAさんを色んなコミュニティに紹介したけど、Aさんはあなを彼女コミュニティに紹介はしてくれた?」という質問だった。

私はハッとした。Aは学校での友人の話やイベントの話をしてくれるが私をその人たちにあわせたり、イベントに呼んでくれたことは一度としてなかった。

 Aは他の友人たちに悪口を吹き込んだりはしてない(と思う)が、なんというか私と他の友人達遮断する影のようだった。

私の前にAがいて私は彼女の影のなかにいるような、段々彼女が私のオリジナルで、私がコピーのような感覚というか、成り代わられるというのは自分を消されるような恐怖感があった。

今でも何でAがそういうことをしだしたのかはわからない。私は真似されるような魅力のある人間ではない、もしかしたらAはAで寂しくて必死だったのかもしれない。

決定的なことをしたわけじゃないが徐々に食い込んでくるあの不気味さから、私はもうAに会うのはやめようと決意した。

 Bさんは別れ際少しこわばった顔で「彼氏旦那ができたときに、彼女に紹介しちゃダメよ」と言った。

私は帰って「フレネミー」で検索をかけた。冒頭にのべた通り、多くの人々がこの厄介な存在に悩んでいることを知って、不謹慎ながら少しホッとしてしまった。

 Aとの関係は綺麗には切れない。

自分所属しているコミュニティ彼女もまたしっかり根を下ろしているか共通の友人が多い。

でも、Aとは今では全く会っていない。何度か会う機会はあったが私がそういう場には絶対に行かないようにしている。

友達結婚式などどうしても会わざるえない事で今後会う可能性はあるが…。

そういう制限のなかでなかなか会えない人もできてしまったが、前より心が平穏だ。

周りは不思議がっている人もいるし、友人伝手にAの話も聞くことがあるが、それはもうあまり気にしないようにしている。

 夏になって私は新しい趣味に手を出しそのつながりで新しい友人ができた。

前に比べ人に警戒心を抱くようになったけど、やはり人との繋がりから得るものは大きい。

自分が着たい服、身につけたいもので遊びに行き、好きな話をしても真似される心配がないのが嬉しい。

ずっと付きまとっていた違和感がなくなって、孤独感が消えた。

 「フレネミー」は十人十色、Aのように真似をしてポジションをとろうとする人や、マウンティングしてくる人、心配するふりして不安を煽ってくる人…色々いるみたいだ。

今もし、友達のことでしんどい思いをしている人がいたら、一旦冷静になって考えて欲しい。その人は本当に友達なのかどうかを。

「そんなことぐらいで」と他人が言う事でも自分しんどいのなら、それは「そんなことぐらい」じゃないのだ。

 時々Aと過ごす時間が多かった十代を思い出し少し悲しくなったりもする。

しかしたらずっと先の将来でまた友達になっているかもしれないし、もうこのまま会わずに終わるかもしれない。

 長文&駄文失礼しました。

anond:20171023011617

単なる選挙互助会から与党でも野党でもないってことだろ

ちょっと前に「ゆ党」なんてしょうもない言い回しが出たことがあるが、まさに今のあいつらだよ

2017-10-22

ソシャゲボックス拡張で金を払うのが本当しょうもない

ボックスがいっぱいになったら絶対に使わないだろうキャラを捨てて、それでもいっぱいになったらやめ時だと思ってアンインストールしてる

2017-10-21

https://anond.hatelabo.jp/20171021191322

一瞬、なんで匿名のはずがオレの学歴ばれてんの?はてなセキュリティ大丈夫?と思ったが、

「お前(のような実際は賢くもなんともないクソしょうもない人間)が生きられているのは(たまたま偶然得られた)東大卒(という学歴)のおかげ(で就職できているから)だ」

っていうことじゃなくて、

「お前(のような凡人)が生きられているのは(お前とは別の)東大卒の(人間の)おかげだ(と、東大卒以外の一般大衆に呼びかけている)」

っていうことなのね。

ドキッとした。

2017-10-19

クッソしょうもないの好き、って言われた。ありがとう

クッソしょうもない奴で良かった。

はてな匿名ダイアリーは難しい

しょうもない薄っぺら投稿に皆集まってコメントくれてブクマされて、

なかなかおもしろネタというか記事が書けても、コメントブクマもそれほどでもない。


2chみたいなおかしい人はいなそうだが、薄々感じてきてはいものの。。。。


はてな民結構バカなのか?

幸せになるチャンスから逃げてしまった

昨日、気になっている人から告白された。

相手大学生。頭がわりと良くて何より優しい。

当方20代前半。高卒フリーター現在無職+鬱(入院中)。

「なんで私なんかのこと好きなの?」と何度も聞いた。

でも納得出来なかった。

どう考えても釣り合わない。相手の人には絶対もっといい女性がいるはずなのだ

自分には何も取り柄がない。経歴もしょうもない性格だって特別良いわけじゃない。家事も得意じゃない(練習中)。

何より相手のご両親に申し訳が立たない。愛情をこめて育てた立派な息子がゴミみたいな女を連れてきたらがっかりだろう。

「私なんかと付き合ったらいけない。絶対もっと素敵な人いるから。自分価値を下げちゃだめだよ」

なんか私はそんなことを言っていた気がする。

その後、相手に「もしこのまま一人になっちゃいそうだったら貰ってくれる?」と聞かれたけど、

絶対にそんなことありえないから!大丈夫から!!」と言い放ち、逃げてしまった。

幸い、まだ相手との関係が切れたわけではないのだけれど、某掲示板で内容を書き込んだら「もったいない!」と言われた。

幸せになれるチャンスだったかもしれないのに、と。

けどどうしても自分に自信がない。どうやったら自信が持てるのだろう?仮に退院して就職出来たとしても、同じことを思っている気がする。

以前、元彼の実家に訪れたことがあるのだが、その時元彼のご両親に「そんなんじゃ就職面接通らないよ」と言われた。これも自信がない一つの要因かもしれない。

幸せになりたい。努力し続けたらいつか自信が持てるのだろうか。でも幸せになるのも怖い気がする…

そんなことを考えて頭がぐちゃぐちゃしている。だめだ。とりあえず不在者投票行ってくる。

2017-10-18

anond:20171018134726

小田嶋氏はねぇ…

そうなんだよ。パソコン雑誌パソコン関連で突っ込んだ話が出来ないから(ちょっとパソコンが出来る人レベル)、脇道の話ばかりして、そこそこ人気が出た人だから、ずっとそういう脇道人生なんだよ。

でも、正面切って反自民なんていう人じゃなかったし(勿論、親でもあり得ないけど)、マスコミで主流のそういう主張を正面からではなく、脇道から突っつくような事を書くのがメインだったけど。いつごろからか、完全にこちらに舵切ってしまって、なんか別の人みたいになってしまった。主流に乗った方が仕事になったからだと思うけど。

大した事書かないし、本質的にはしょうも無いけど面白い事を自覚的に書いていた人が、しょうもない内容を大真面目に書くようになったという印象。あと似顔絵駄洒落ね。

本来持っている物は全然フェミニスティックでもリベラルでも無いと思う。

あと、町山さんね。

サブカル蛇おじさんとして変に悪名が轟いちゃったけど、田中さんが言っていた「持っている物は体育会系のノリで本来めちゃめちゃマッチョな人」っていう町山さん評は正しいと思う。

最近の若者って基本スペックが高いよな

いえね、自分職場の話なんだけど、20代前半〜半ばくらいの男子ね。基本的スペック高いんですよ。変な例えで申し訳ないが、新人の頃からギラとかバギとか使える感じ?

見た目イケメンだし、アニメとか楽しむし、でもスポーツもするし。恋人いなくても別に何ともないし、人生楽しんでるし、みたいな人がたくさんいる。

いやー、おっさんなんて、社会出たての頃は見まがう事なきレベル1だったけどね〜。最大HPも1だったような気がするよ(ウィザードリィ並み感)

いつか、若い頃の自分みたいなしょうもない新人が入ってきたら全力でサポートしてやるぞい、なんて思ってるけど、そんな必要はないのかもしれないと思う今日この頃だよ(遠い目)

2017-10-17

男のモテてると女のモテてるの違い

男の場合
女の場合
留意すべき点

あくまで全体を見たものであり

男でも「ブスから好かれてモテてるとか言わないでしょ」って人もいれば、女でもカースト低い奴からしかモテてないのに「わたしモテてるから!」と言う人もいる。

これは女がある程度ブスでも「セックスしたい!!」って言うと、しょうもない男がわらわら男が群がってくることによると思う。

女側からするとこういうのは「モテてる」とは言わない。

翻って男が「セックスしたい!!」って言って、女が複数寄ってくれば、これは「モテてる」と言える。

こういう違い

ヒエラルキーはこんなかんじだと思う(個人の感想です

2017-10-16

anond:20171016100903

15秒で切り取ったか?なんだけど、そこは少し炎上狙いもあるかなと。


単にこんなことにいちゃもん付けるほどネット民知的劣化が進んでいるということに気づかなかっただけでしょ。

こんなクソしょうもないことがバズるってマジで日本終わってる。

2017-10-12

顔すごくかわいかったけど

そういうことじゃなくて何度か寝たあと俺の琴線に触れることを言われてしまったので

俺の人生テーマみたいなことをなんかしょうもないゲーセンのよくわからん写真機械を弄りながら

あのときああこの人なんだと思ったまま一生ひきづっている

2017-10-11

anond:20171011184315

行きたくないなら行かない方がいいよね。

それか従兄弟に殴られること覚悟で従兄弟の嫁さんの前でされた事言ってしまえ。

どちらにしろ家族には「今後は従兄弟との付き合いはNG」ということを教えておけばええんや

やったらもうしょうもないヤツに予定煩わされんで済むし、もう男が本格的に無理になったんやったらいっそのこと女に行ってしもうたらええんや

そんなヤケクソに使われるLtotheGtotheBtotheTな人には悪いけれども、でも案外そっちの方が気持ちの落ち着き方が変わるのかもねかもね沖のカモメ

まぁもしかしたらどっかで頭ぶつけて「コイツ24時間接吻してても飽きんな」というヤツに出会えるかも知れないけれど、どちらにしろ頭の中に従兄弟が入ってたら出てくるものも出てこない気がするから完全に脳味噌から削除することがオススメです。ロボトミー?!なんて恐ろしいことを…

2017-10-10

エロ漫画は売れても発行部数たかがしれてるのに。

エロ漫画家一般で描いた終末のハーレムみたいなしょうもない漫画でも1巻50万部売れる。

anond:20171010103040

できないことをできることにされるんだから

もうどうしょうもない

そんなこと言うなら生活保護受けてるやつで働けないやつなんていないことになる

働けない生活保護受給者にも同じこと言うのか?

2017-10-09

まーた選挙の時だけ生活根付いたマニフェストが発表されるのか

で、受かってから国会しょうもない議論が始まる

あーつまんね

最近はてブ小町化してきている

特徴を簡単に書く


まりタイトルの通り小町化というか互助会的客層のように感じる

例の参考になりましたとかすごいですねとかしょうもないbotみたいなコメントではないんだけど

これはよくないですようんたらかんたらで~あれこれですよね~

と、互助が知能手に入れたらこう書くだろうなみたいな文章を書く

文体が丁寧で「じゃないですか?」と共感を集めようとする書き込みも多い

うまくいえないが女子アナセクハラ問題かに怒る感じだろうか

かつてのはてブで怒り散らしてるといえば、政治科学関係で面倒なオタク集団といった感じだったが

いよいよ客層が変わってきたなと感じる

政治にしても妙な文体増えたよな


IT科学くらいだろうか、今まで通りなところは

2017-10-08

自分子供のころ親や親戚に言われて嫌だったこ

子供の頃、どうしてもタコやイカの食感が苦手で、食卓に出ていたとしても手をつけていなかった。

その様子を見た大人

「こーんなにおいしい物を食べれないなんてあんたはかわいそ~!」

と言って私の嫌いな物を目の前でパクパク食べるのがとても嫌いだった。

今は結婚もし、自立して親と食事をする機会など殆どいから言われなくなったけど、今思い出してもやはり嫌いだ。

非常にしょうもないマウントを取られていたなと思う。たしかにおいしいのかもしれないけど、なんで食べれないから食べないことをああも上から目線で哀れまなければならなかったんだろう。

何より怖いのが、嫌だと思ってたはずの自分も人にそれを言ってしまいそうになること。

旦那食事をしているとき、偏食な彼に嫌味を言いたくなる気持ちを抑えて小さいころに食べれないものを食べられないのをかわいそうだと言われたことがあるのか聞いてみたら、彼はないそうだ。

こういう小さな歪みが、自分の育ちの悪さを物語る。本当に恥ずかしい。私は自分で気付けたからいいけれど、この手の小さな歪みを気づかずに抱えて生きてる人はたくさんいると思う。自分のふとしたセリフ価値観にこそそれは潜む。

自分のされて嫌なこと、言われて嫌だったことはたまにこうやって反芻すると色々な気付きがある。この感情無駄じゃない。

いつか子供ができたら、私は子供にこんな概念は与えないようにしたい。

2017-10-07

結局東大に入ろうが起業しようが

理想の高すぎる人にはどこまでも理想自分には勝てないんだよね。

 -100の誤差が-90になるだけ。

少し歯車が狂えば-1000の誤差になり、プレッシャー自己嫌悪で病むことになる。

理想が高すぎる高学歴学生が病むというのはよくあることなんだよ。

思い描いた通りにいかなかったしょうもない人生だったって死んでいくだけ。

あくま理想の姿しか見えてないから誰々よりましとかいう励ましなんて一切励ましにならないんだよ。

2017-10-06

デブってあんま見かけなくね

最近はどうでもいいモブサラリーマンみたいなおっさんでもあんしょうもないボディのヤツは見かけないような

2017-10-05

仕事趣味の両立

仕事を始めるようになって、趣味活動ができる時間が減った。

元々怠け者だったのであまり積極的活動は出来ていなかったが、

もう少し頑張っていたら趣味仕事に出来ていた気さえしてきて、すごく後悔している。

それが、仕事の不満と合わさって、仕事を辞めて趣味で生きていこうと思い始めていて、自分が、この考えのせいで死ぬのではないか、と思い始めた。

どうしたらいいか最早自分では判断つかない。

  

仕事多忙を極めていて、いわゆる残業が3時間は必ずある。

仕事始めたてで、一生懸命働いているものの、周りの人間徹夜してまで仕事をやり遂げようとしている姿に物凄い違和感を抱いていて、

立場が上がるにつれて徹夜の量はかなり上がっているように見受けられるし、正直、徹夜ありきの姿が自分にとって気持ち悪く感じられる。

特にそこまで楽しくもない、むしろ生活の為くらいにしか思っていない仕事に対して心身を削りつくして働くのが意味が分からず、

この考えのせいで、仕事上で比較されて(他にも態度に出ているのだとは思う。)「責任感がない」ことを叱られている。

  

だんだんと、逃避的行動として趣味に走るようになって

もっと趣味で色々な人に評価されたい。と思うようになった。

だが、自分には体力もそこまでないし、

ただ労働量が多いだけで他に不満がない仕事に対して、他者が見た時に責任感が無いと思わせるような行動をしていて

こんな自分フリーで働けるとは思えない。

趣味仕事にしたらもっと労働時間が増えるのは確実だし(仕事がもらえた場合の話だけど。)

何だかんだ言って、最近は辛くて、仕事にも趣味にも向き合えず、ただゲームとかしょうもないことに時間を費やしてしまっている。

ものすごいつまらない人生だと自分で思っていて、どこかで切り抜けたいのに

1人で生活仕事をしていく自信がなくて、どうしても、踏みとどまってしまっている。

anond:20171005193355

今までしょうもない人格攻撃しておいて素直に質問に答えてもらえると思ってる厚かましさもやべえわお前

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん