「お姉ちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お姉ちゃんとは

2019-01-13

2019年 買ってよがったモノ一覧

クラス女子全員に射精管理される音声

菜月お姉ちゃんVSマゾチ○チン~僕のマゾチ○チンは菜月お姉ちゃんに敗北するのが大好きで菜月お姉ちゃんに屈服しながら一生ドビュドビュ逝きまくる~(バイノーラル音声)

意地悪な三つ子射精我慢ゲーム バイノーラルで輪姦される音声

意地悪な後輩チアガール姉妹射精我慢マゾ彼氏調教コース!

惨め射精クラブ

お姉さんのノルマオナニーサポート シコシコ1000回に負けなさい?

2019-01-11

シュガーラッシュオンライン感想

まとめ:「インターネット世界を最新のCGアニメーション表現」「ディズニープリンセスが多分長編映画としては初の全員集合」など、個々の要素はそれなりに魅力的な映像となっているが、それらが上手く噛み合ってなくて一本の映画としては冗長でいて唐突な話だった。

あらすじは公式サイトを読んで貰うとして、

話は「(主人公達のせいで)ゲーム機ハンドルが壊れたので、ゲームキャラクターの居場所を守るためにゲーム機撤去される前に新しいハンドルインターネットでゲットしよう」という話と、「平穏だが退屈な故郷ゲームセンター)を出て、新しい刺激的な世界オンラインゲーム)に移住する若い娘と、それを受け入れられず暴走する父親ないし恋人存在の男」という話が前半と後半で切り替わる。

まあその話の筋自体は良いとして、冒頭に挙げたインターネット世界描写とかプリンセス大集合とか、予告編映えするシーンは実は本筋にあまり関係ないんだよね。話としてはプリンセス軍団はいなくても成立するし。YouTuberで金を稼ぐくだりも結構長かったけど実はその間話の展開が停滞してたわけで…そういう「単体の映像としてはキャッチーだけど映画全体に対してはあまり寄与していないシーン」が多かったという印象。商売としては予告編映えするシーンが多い方がいいんだろうが。

個人的独断偏見で言えば、本当はオンラインゲームスローターレース)内でもっと話を展開させるべきで、なんとかっていうかっこいいお姉ちゃん(娘の方の主人公が憧れる存在)の内面もっと掘り下げるべきだったと思う。結局余計なことに時間を費やしてやることやってない感じというか観ながら「これ、どーやってまとめるかすごい悩んだ感じがする…」と思った。

同じ監督ズートピアもっと引き締まった映画だったので、やっぱりジョンラセターが抜けた穴は大きかったのだろうかとかスタッフロールを観ながら考えた。

anond:20190110160037

だいじょうぶ。このお姉ちゃん既婚だから、この二人が一線を越えて子供ができたとしても、そのまま産めばいいんだし。何も悩むことはない。

女が未婚だとこうはいかない。そこが一般若いカップルの悩みどころでもあり、人妻相手場合メリットであり、、

2019-01-10

anond:20190103055748

なんか、ブコメを見ると、従姉のことをお姉さんと呼ぶことに強い違和感が表明されているんだけど、親しい従姉なら「お姉ちゃん」とか「◯◯姉さん」とか普通に呼ぶんじゃないの? ボクはいまだにそうしてるよ。(従姉にシスコンじゃんかと思うかも知れないけど... ま、その通りなんだけど...)

anond:20190103055748

ああ、たまらん。

ボクも5つ年上のいとこのお姉さんに可愛がられて育ったので、いまだにシスコン気味で年上の女性が大好き。

初体験お姉ちゃんでと夢想していたし、実際にそうなりかけたが、なんとか理性で踏みとどまった。(今のところはw)

小さい時はトイレの世話までしてくれてたんだよね。

もうダメ。一生シスコンが続くと思う。

2019-01-09

従姉のAさん

私には2歳上のAさんという従姉がいる。私とAさんの血縁関係は少し特殊

Aさんの母親は私の父親の妹(=私の実の叔母)でAさんの父親は私の母親の兄(=私の実の叔父である

即ち、Aさんと私は母方と父方の祖父母が同一なのである

母が父と結婚後に叔母に叔父を紹介したらしい。(自分で書いててややこしいな・・・

母の実家と父の実家電車で40分程度で行き来できたので私の家族とAさんの家族正月帰省した時は

まず母の実家に泊まりに行きその後父の実家に泊まりに行くのが定番であった。

幼い頃は私にとってAさんは「仲のいい親戚のお姉ちゃん」であったが思春期になる頃には「一人の異性」として意識していた。

しかしながらAさんを異性として意識すると同時にある種の後ろめたさというか背徳感というか何とも言えないものを感じていたのも事実である

血縁の濃さを無意識のうちに考えてしまっていたからなのかもしれない。

あれは私が大学一年生の時の正月であった。例年通り母の実家に泊まった後父の実家に泊まったのだが

そこで麻雀に興じていた親戚達からコンビニに行って酒とつまみを買ってくるよう頼まれたのである

寒い夜に外に出たくない私が頼みを引き受けるのを渋っているとAさんが「増田君一人で行くのが嫌なら私も一緒に行くよ」と言い

二人でコンビニに行くことになったのであった。

道すがら私はAさんを意識していること悟られないよう注意しながら他愛ない話をしていたのだが

ふとAさんが冗談で「彼女いるの?いないなら私が立候補ちゃおっかな~」と言った。

私は内心ものすごく慌てながら「冗談はやめてよ~セクハラだよぅ」とわけのわからないことを言いながら自分の動揺がAさんにバレない様願っていた。

結局その後私とAさんは特に何も無く今に至るのだが、あの時もし「わたしは一向にかまわんッッ」と言っていたら(Aさんはバキシリーズが好き)

何かが変わって今頃「血の濃い従姉と一線越えかけた話」を増田投稿していたかもしれない。

そして「一線も何も従姉は結婚できるのだが」とブコメでツッコまれていたかもしれない。

2019-01-06

anond:20190106225000

くさそう

お姉ちゃん「なんかくさいんだよね・・・通報していい?」

anond:20190106224915

お姉ちゃん死んで」出なくて「30秒くらいお話ししよう」と言ってれば暗殺できたわけか

容疑者灯油を100リットル買った報道だけど噴射して火を近づけても燃えないんだよね

ゆとり】「お姉ちゃん、死んで」姉に灯油をかけ、マッチを投げたが引火せず・・・殺人未遂で妹逮捕

http://kzmax1234.seesaa.net/article/243950886.html

ガソリン灯油も何か工夫をして引火しやす状態にしないとそのままで火災にならないんだよね

ガソリンスタンドでみんな当たり前にスマホしてるけど爆発事故が起きたニュースは一度もないし

放射脳みたいな無意味規制をやめてほしいわ

匿名ラジオ

匿名ラジオは、オモコロライターでお馴染みのARuFa目線の人)とダ・ヴィンチ・恐山仮面の人)がトークするラジオ

youtube公式チャンネルであがっている。

これがすごく面白かったのでその魅力を紹介したい。

個人的には数多の面白記事で有名なARuFa目当てで聞き始めたのだが、実は、オモコロ記事だけでは計り知れなかった恐山トーク能力もすごいラジオだった。もっとクールで冷めたタイプかと思ったら、ノリノリで話を盛り上げてくれる。

ARuFaの話し方は、意外にリア充系というかテンションが高い勢い系で、意味がわからない面白ネタボンボンぶつけてくる。

普段記事スタイルから、丁寧に組み立てて話を進めるタイプかと思ったら、ものすごく適当なことを放言していくスタイルだった。

頭がブッ飛んでいるのは各方面証言からも本当のようで、急に突飛なことを言いだして恐山が引きながら突っ込みを入れるやり取りが天才

ARuFa個人でも話が面白いのは間違いないのだが、適切なパートナーがいないとラジオ番組としては成立しないタイプかも。

恐山は、知識が広く言葉選びのセンスが抜群で、与えられたお題の中で面白い展開を探っていくタイプ

小説家でもあるため想像力も豊かで、こちらがついて行ける範囲で巧みに話を膨らませていくのが非常に上手い。

滑舌に少し難はあるが、ARuFa破天荒暴走を的確にいなしたり、コンビとして物凄くうまくラジオをまわしている。

恐山独特の才能が良くわかるのが、#34「この世で一番かっこいいアルファベットを決めよう!」の回。

アルファベットだけでこんなに笑える話を展開できるのかとビックリした傑作。

持ち込み企画なので冷静に理論武装してくるのかと思えば、「第五位、J。一角で書ける割に、かっこよさがすごい!」「Uは正直恋人としては、無い」など変幻自在コメントをしてくる。

文字にすると伝わりづらいが、音声で聞くとそのおっとりした口調もあいまってわず笑ってしまう下らなさ。

こんなしょうもない話に同じ温度で付き合い、ランキング結果に一喜一憂してはしゃぐARuFaも流石。

といっても、基本はアニオタ思考ラジオなので、オタク文化に親しみがない人にはいまいち良さがわからいかも知れない。

逆にいうと、アニメ系に親しんだ人なら抱腹絶倒できるトークスタイルである

#101「世間知らずのお嬢様になりきれば、つまらない夏も楽しくなる!」」の回では、

お嬢様視点を実演する恐山が、独特のたどたどしい口調でチョコバナナを「ショコラバナーヌ・・?」と呼んでみたり、さらっと「花火が見えないのであの公園を買収いたします」「ベトコンの再来ですわ!」というセンテンスを挟み込み、

#109「それは決して叶わぬ夢、お姉ちゃんが欲しい!!」の回では、

ARuFaの出したガサツな姉、甘々な姉などの欲しいお姉ちゃんパターンの他に、速攻で「ギャルねえ。」という回答を出していて、的確すぎる言葉選びに感動すら覚える。二人の掛け合いのテンポ感は是非実際に聞いていただきたい。

#29「理想的な将来のビジョンさらけ出そう」で、将来は探偵事務所を開き、猫を探していた女子中学生助手に雇って、解決した事件顛末小説にして暮らしたい、

というボンヤリ妄想天才かと思った。

匿名ラジオあるあるネタシチュエーションを語るパターンが多いので、恐山が女役を演じる機会も多いのだが、これが妙にしっくりはまるのも個人的にツボ。

#65「子ども質問にすぐさま適当に答えよう!」の、謎の女児すぎやまみ小学三年生は最強の当たり役だと思う。

これに対して急に「泣いてみて。」と言い放つARuFaも頭がおかしくて好き。

二人のトークはどれを聞いても笑えるが、ただラジオの初期ではまだお互いに探り合っていて当意即妙の掛け合いにはなっていないので、初期も面白いのだが最初は#20以降を聞いた方が確実だと思う。

月ノ美兎(!)などのゲストを呼ぶ回もたまにあるが、二人だけでグダグダ話をしているときの方が特有安心感があって面白いので、最初に聞くのはあまりオススメしない。

(※この回では恐山がまったく発言せず、女性ゲストが出るから緊張したんだね~とコメント欄でからかわれていたのだが、あれは口内炎のせいで喋れなかったんですよ!と大声でブチ切れる次週のトーク死ぬほど面白い。怒った恐山は貴重)

個人的初見の人にすすめるなら、アニメあるある話を展開する、

#32「ラストバトルでOPテーマ流れる演出は最高」が聞きやすいかと思う。アニメ好きの人だったら誰もが「あるある!」と共感しつつその語り口に笑えるはず。

萌えアニメに特化した回なら、

#93「アパート管理人になったら、どの部屋にどんな萌えキャラが住んでほしい?」

がツボを突きすぎててすごい。

ARuFa妄想の完成度が研ぎ澄まされていて、考えた幼馴染の名前が「ひなた あおい」、酒飲みのお姉さんが二階の部屋に住んでいる、ロリ双子などのダメ暴走っぷりに、オタクならば俺もこの会話に参加して~!と悶絶するはずだ。

同じアニメ系統だと、

#13「一度は言いたいセリフ『とにかく服を着てくれ~!』」

#89「さえないオタク眼力だけで不良をビビらせろ!『殺す眼』のコーナー!」

などがある。

さらに二人のトーク関係性がわかってきたところで聞くと最高に気持ち悪くて面白いのが、

#127「モテモテになるために『俺様キャラ』になってみよう!」なので、これは後の楽しみに取っておくことをオススメしたい。

既存作品商品から妄想する形式の、

#75「ちびまる子のクラスメートサバイバルした時の必勝法とは?」

#86マリオ主催する立食パーティに誘われたらどうすればいいの?」

#44「エナジードリンク、どれも同じ味じゃない?」

#35「決定!野原しんのすけ達と飲み会をする時に最適な席順」などは、それぞれの作品を知っているほどこんな語り方もありなのか、と興奮する面白さだと思う。

マックグリドルソーセージエッグショタキャラっぽいという話からARuFaが「レースのきん○ま袋」を想像して一人で勝手爆笑してる#103「マクドナルドハンバーガー友達になるならどれ!?」も、マクドナルドに行ったら思い出し笑いしてしまう内容。

オタク系以外のトークももちろんオススメ

二人の愛すべきダメさがよくわかる、

#31女子高生集団、後ろから追い抜くの怖過ぎ問題

#108「行かない旅行の予定だけを立てるとすごい楽しいね!」は、放課後友達グダグダ話を聞いている雰囲気楽しい

いい歳した大人2人が、理想友達について延々と話し合う様がシュールな#63「全人類から好かれる『最強の友達』を作り上げよう!」も傑作。

妄想で作り上げた恐山の友人に、ARuFaまでもが惹かれていく流れが楽しいしよく考えると異常だしでとても素晴らしい。妄想友達と4人で遊びに行くオチ恐山が見せるリアクションの巧みさにも笑った。

仲の良い友人がふざけあっている空気が満載、ついでに二人の演技力も満載の、#52「祝一周年!忘れもしない、あの日起きた大事件を振り返ろう!」もこういう系統楽しい

オモコロ記事に親しんでいる人なら、マンスーンがゲストで登場する、#118「モテるために自分の『ヤバい部分』を他人から指摘してもらおう!」が聞きやすいかもしれない。

ARuFaモテない理由を知人にアンケートし、その調査結果を元にARuFaをイジる内容。勝手にこんなことをすると恐山が「ARuFaさんにビンタでビン殺される」可能性があるため、年長者のマンスーンが参戦。オタク属性が強いためか、二人のトークスタイルにも一番馴染んでいるゲストでこの回もいい味を出している。

#77「ごめん!ARuFaお腹壊しちゃった!」も、お腹を壊したARuFa恐山トイレ越しに4、5分会話するだけのラジオで、いかにもオモコロっぽいテイストかも。

「なんなんですか本当に!もう帰りますよ」「いや帰んないで帰んないで、近くにいてくれ」「気持ちわる」等のやり取りが聞ける。

ARuFaの持つ能力の異常さが後半で判明する、#88「確信はないけど『恐らく自分が得意なこと』に挑戦してみよう!」もオススメ

本来存在しない「けいおん!」の曲を即興で作って披露するのだが、普通にクオリティが高すぎるし良い曲だしで何度も聞いてしまう。

他にも、ループものアニメでよくある演出動画に活かす回もあったりして、ラジオを聞き込んでいくとARuFaの芸達者ぶりがよくわかる。

母親が弟の○○○をARuFaランドセルに入れた話をヘラヘラ話すのも気が狂いすぎててやばい

これがタダで聞けるのは本当にすごいことだと思う。

1本あたり10分~30分程度で聞きやすいので、是非聞いて欲しい。

今更「やってTRY」を叩いてるやつら

おまえらは、まだあの番組の真髄を極めていない。

私も以前はあの番組批判的だった。しかし今は悟りに至り、精神の安寧を得ている。おまえらも早く私と同じ境地に至るべき。

以下、私のやってTRYに対する見解の変遷(以前別の記事として増田に書いたことあり)

子供のころ:

「このお姉ちゃんたちバカだなあ。僕は絶対こんな大人にはならないぞ!」

二十代から三十代前半まで:

「この番組は、老害若者バカにして嘲笑することが目的の低劣な番組!!なおかつ女性料理をするべきという古い固定観念に囚われた差別的番組!!!マスゴミうんこ!!!!!」

三十代後半以降:

若い子はみんなかわいいなあ・・・

人は誰しも、森本毅郎になる可能性を宿している。

2019-01-04

昨日も今日明日もブス

幼稚園ごっこ遊びはいつもお父さん役。"◯◯◯◯ちゃんお姉ちゃんダメ!"気づくと仲間はずれ。

小学校。初めての夏休み、開放プールで初対面の上級生たちから"目つきが怖い、こっち見るなブス!"、笑いながら水の中に頭を押し込まれる。ペアの6年生から一度も遊んでもらえず1年生を終えた。

中学校。"◯◯◯と友達やめてくれ、あのブス俺無理、お前があいつといるの恥ずかしい"と友人が彼氏から言われる。この頃は相手の年齢性別関係なくエグい言葉かけられたことが多すぎて逆に思い出せないことが多い。

高校。15年間の経験から学び、先に自虐することを心掛けてブスなピエロに徹したのであまり辛い思いをしていない。女じゃないので。

大学。ブスピエロ続行。同期や上級生、先生からの"女らしくしろ" "メイクしろ"の言葉ダイエットしてメイク必死練習する。ようやくギリヤレる枠に。

社会人現在進行形でブスピエロ。良く見られてギリヤレる枠同時進行中。

時期問わず見知らぬ人からブス!と笑われたこ複数回あり。場所は色々。電車デッキ高校総体の会場、車の運転中、隣車線の車の助手席&後部座席から etc...。友人に気を遣ってもらうことも多い(飲食店やデパコスカウンターでの接客簡単な街頭インタビューなど)。数年に一度の法事はいつも親戚たちからかわいいはとこ比較されていた。両親や祖父母申し訳なく思っていたことを覚えている。

久しぶりに水中に頭押し付けられる夢見たものしんどい。常に自分が醜いと言う意識は忘れずにいるんだけど、実体験を思い出すのはまた違ったきつさがあるね。3歳くらいからの自分写真、我ながらブスすぎて恥ずかしくてろくに見られない。てか情けなくて、お母さんお父さんごめんなさいと涙ぐんでしまったりする。こういう所がこれまたキモい特に幼い頃は、まだブスだという自覚がなかった頃はセーラームーンの真似とかして写真撮ってもらってて、頭掻きむしりたくなる。365日24時間常にブス。今年もブスとしての1年が始まったんだなと思うと悲しい。せっかく明日休みなのに。

年末に観たアイフィールプリティだって、とても素敵な映画だったのに自分は中身もブスだからやっぱ全然あかんなと自分のブスストーリーに乗っ取らせてしまった。

ブスと言われたり思い知らされたりするのは全く腹立たない。怒る資格なんてない。27年間変わらない事実なんだからそろそろ受け入れたいのに毎回悲しく思ってしまう。周りのみんな試行錯誤しながら人生進めていってる、こんな馬鹿みたいなことでくよくよ悩んでるの私だけ。

2019-01-03

年賀状を作って出す増田ますテック津をうょ慈顔ね(回文

おはようございます

広瀬アリスです!一緒にカルタやろう!

はい!と言うことでお正月気分広瀬姉妹今日までです。

今日お姉ちゃんの方です。

でもお姉ちゃんの方はクールビューティー

笑ってなくてもなんか美人に見えるから良いわよね。

今年のテーマは笑ってなくてもクールビューティーです。

そんでもって、

あんまり笑わないから周りの人からこう聞かれるの。

「なんか怒ってるの?」って

もー違う違う怒ってないってば!とか言っちゃったりなんかして、

なんか考えてみたら面倒くさいやり取りね。

そんなわけで、

年賀状急ピッチ印刷擦って切手貼って送りつけるわ!

今年は何もかも後手後手にならないようにクールビューティーでいたいわ。

ヤバイ

どんどん今年の抱負が増えていく!

でも今年の年賀状は今年に出すという

理に適ったり願ったりよ。

から今年に書いて出します。

でも年賀状って、

住所知ってるコミュニティーしか送れないから、

住所知らなくても送れる仕組みを郵便局が作ったら、

また年賀状爆売れだと思うんだけどなぁ。

だれかそんな事考えてくれないかなと思いました。

うふふ。


今日朝ご飯

まだ食べてないのである程度年賀状をキメてからにするわ。

と思ってたらハガキ印刷のマット紙を忘れてしまった!

とほほね。

朝ご飯はお預けかしら?

でもアップルパイがあるから紅茶といただくことにするわ。

デトックスウォーター

寒い寒いと言ってられないわよね。

そんなめでたいお正月チックな

数の子を浸していた水を飲むわけにも行かないから、

昨年の新茶とおととしの新茶を飲み比べてみる

春の海ひねもすのたりのたりかな

新春ホッツ緑茶ウォーラー春の海よ!

新茶概念をぶっ潰していきたいわ。

でも上品にいきたいわね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-12-31

anond:20181231104631

経費精算書は出さんといけんのやで

庶務のお姉ちゃんが課にいて丸投げおkでも理由説明はせんといか

ガチ営業は知らんが、部会でも懇親会でもない、接待でもないものに、フツーは金は出ない

あと経費精算が面倒なので経費で落ちるヤツも面倒だからいいよって放置するパターンはあるあだと思うが

1000〜1500円でそんな必死になる給与ヤバない?

2018-12-26

姪っ子がとっっってもかわいい

年末なので妹が早めに帰省してきて小学校中学年になる姪っ子もやってきたんだけど、すごい私に懐いてくれて昨日からずーっと遊んであげてる

私のどこが好きなのー?って聞いたらお顔がかわいいところ!お姉ちゃん優しいくてかわいいー、なんて言ってくれて私はもう嬉しくて頭わしわしして、同じ女の子だもんねー!あなたかわいいよ〜なんてずっとメロメロ

35歳独身女子です☆

2018-12-25

家がそこそこ貧しかったので、幼い頃サンタからプレゼントは妹の分しかいかお姉ちゃん我慢してと言われたなぁ

ということをまさかこんな歳になっても覚えてるとは我ながらびっくりしている

もう成人してひと回り経とうとしてるのに…別に当時納得してなかったか親を憎んだとかは一切なく

一度もサンタを信じないまま大人になってしまってそれはそれでいいかなという気もするし

妹だけ欲しいものを買ってもらって喜んでたのはちょっとモヤっとしたこともあったかもしれないけど妹とは仲良しだし

てか今思えば二人とも無しねの方が良かったのでは…?

anond:20181221094041

同じように苦しめとまでは思ってなかったけど、確かにそういう風にも読めますね。

弟とのことに関して言うと、弟自身が悪くないのは分かってます

の子に手が掛かるから親の対応もある程度仕方なかったのも分かる。

でも毎回、弟が欲しがれば何でも譲ってやれ、ゲームでは負けてやれというのは、数歳しか違わない私には辛かった。

大人になった今でも、親のやり方はもう少しやりようがなかったのかと思ってしまます

下に兄弟がいる人は、「お兄ちゃんお姉ちゃん)なんだから」と我慢を強いられて、下の兄弟に対して多かれ少なかれずるい!って思ったことがあるのかと思ってましたけど、私ってそんなに少数派だったんでしょうか

2018-12-24

信じることはいいことか

6年付き合って別れた人のことについて振り返ろうと思う。

私は、仕事を頑張りすぎて鬱になった彼を突き放したひどい女である

彼はとても頭が良くて、ユーモアがあった。

はてなも、彼が長年愛用していたこから知った。

YouTubeお笑い番組も、彼が見ていたから私も見るようになった。

今好んで見るエンタメほとんど彼が教えてくれたものだ。

私ではとても入れないような優秀な大学の中でもずば抜けて優秀な学科に通っていた。

浪人していたことをコンプレックスにしていたけれど、多浪も多い、しばらく不正入試話題になっていたあの業界である

オープン模試では一位もとったんだけど、今では全然でね

と笑って話していた。

同じ地方国立大なんだから、大差ないよ

ともよく言われたけれど、地方国立大底辺と頂点ではえらい違いだというのはよくわかっていた。

私と彼では業界は違うものの、大学に入ってしまえばもう道が決まっており、選択肢基本的一択しかない。それに抗うよりも従った方が効率がいい、というのは共通していた。

とはいえ、できれば従いたくない、抗いたい、という思いも同じだった。

先に従うことを決めたのは彼だった。

命を救うという大それたことに戸惑いを感じながらも、逃れられないのだと覚悟を決めたようだった。

医者になってからの日々は怒涛だった。

医学部の中でも地元では最高峰大学卒業した彼は、初期研修の時期に救急医療技能を身につけたいと、かなり忙しい病院就職した。

あとから、全国の中でも忙しさは指折りだったということがわかってきた。

いつ鳴るかわからない携帯を抱えて家に帰ってくる。鳴らない日も多いものの、鳴るかもしれないという緊張感から逃れられない。

大学時代の友人と会って話をすれば、同じ業界にいながらも自分ほどは忙しくない様子になんともいえない虚無感を感じていたようだった。

はじめはその忙しさでさえ楽しんでいるようにもみえたが、どんどん疲労していくのがわかった。

もともと変わった言動の多い人ではあったが、お金を手にし、時間のない中で、それまでの質素暮らしから変わっていった。

学生時代は通学定期券代を払うために家の電化製品を売るなど、本当にお金に苦労していた彼だったが、

働きはじめてお金を手にすると、

靴下臭いから新しいものを買った

、というから驚いた。

病院では感染予防のために使い捨てのものも多いとは思うが、まさか靴下使い捨てにするとは。

嫉妬多忙疲労が渦巻く闇に彼が飲み込まれていくようだった。

相手を思いやるつもりでかけた言葉なのだろうという上司言葉でも、選び方が下手すぎて傷ついていく彼がいた。

癒されている余裕はない。

生活を立て直さねばという思いから気晴らしにコンサートに出かけようと計画したこともあった。

しかし、チケット購入まではできたものの当日会場に行くことはできなかった。

私は、彼に医者を辞めて欲しかった。

彼の優秀さに惹かれていたが、医者であってほしいとは思っていなかった。

彼の生活を支えるために、私はなるべく早く仕事を切り上げて、彼の家に向かい掃除洗濯料理など身の回りのことをした。

距離は高速で片道1時間ほど。

多いときには週4日は彼の家にいた。

移動だけでもしんどかった。

仕事が終わる時間が夜8時前であれば家に帰らず、高速に乗った。

夕飯の買い物を済ませ、洗濯を回し、時間があれば掃除をして、夕飯を作る。

彼は、10時に帰ってくることもほとんどなく、日付を超えることも多かった。

はじめは起きて待っていたが、体がもたなくなるため、そのうち仮眠をとりながら待つようになった。

彼が帰ってきたらご飯を食べ、片付けをして、夜食を作り、彼が寝てから家に帰る。

次の日も仕事であることを考えれば、夜のうちに帰れば道が空いているため移動時間が短い。

朝まで待てば高速でさえ渋滞し、仕事に間に合うか読めない。

うっかり彼と寝てしまうと、遅刻との戦いになり、冷や汗をかく。

職場に通知してある住所は彼の家よりはるか職場に近い。

結婚したら、住所がうつせる。

そうすれば、周囲の理解も得られ、少しでも楽になるのではないか

そう思いながらも、結婚は遠かった。

朝日が昇るかどうかという時間帯に高速に乗って帰る日々は決して楽ではない。

疲労から居眠り運転もあった。

運転に命の危険を感じていた。

私が住所を置いていた家と、彼の住む家との生活圏は全然違っていた。

自分が苦しいときしんどいときに、いつも苦しんでいる彼に頼ることはできなかった。

頼ろうと思ったこともあったが、結果ストレスが増えるだけだった。

風邪で辛いか長ネギ豚肉ビタミンをとろう、簡単に作れるように鍋にしようと買い出ししたのに、あとは切って煮るだけなのに

なぜあなた宅配ピザを頼もうとするのだ。

こちらは病人なのである

何が食べられるか、何が食べたいか、少し考えていただきたい。

幸い、職場環境には恵まれており、自分が苦しいときは力になってくれる職場の同僚がいた。

いつか結婚するのだろう

そうすれば、きっと楽になれるはずだ

未来希望を抱いていたとき、彼から勧められて読んだのが、闇金ウシジマくんだった。

正直、私はウシジマくんが好きではない。

ウシジマくんよりはナニワ金融道の方がまだ、よい。

勧められて仕方なく読んだのが、洗脳くんだった。

洗脳くんを知らない人にはネタバレになるが、

北九州連続殺人事件元ネタになっている話である

私はそれまでこの事件のことを知らなかったが、内容が衝撃的すぎて、受け止めるのに時間はかかったものの、事件について少し調べた。

主犯の男が、1人の女性を惚れさせ、洗脳させ、支配下に置く。

親族を殺させ、そのあと処理をさせる。

なぜこんなことに、なぜ、なぜ、…

どうしたら回避ができた?

どうしたら、

恐ろしかった。

我が家典型的亭主関白である

一般的な家庭で、よくあることだと思っている。

女は男を立てるもの

ウシジマくんを読むまでは、それでいいと思っていた。

正直、男性に対して少し馬鹿にする意味合いも含んでいたと思う。

従っているそぶりを見せておけば満足するなんて浅はかな人たちだ、くらいに思っていた。

男性は偉そうな態度を取るのが当たり前だと。

でも、それでいいと受け入れている感覚こそが、あの事態を招く可能性を秘めているのではないか

そう思うようになった。

わたしは、洗脳くんを他人事として読めなかった。

もし何か踏み間違えたら、わたしはこの渦中にいてもおかしくない。

人を信じることは素晴らしいことで、疑うことはいけないことだ思っていた。

性善説を信じてきた。

でも、世の中には、信じ続けて、従い続けて、それがこんなことになってしまった事例が事実として存在している…。

これまで信じてきたことを覆されたような気がした。

私は彼を信じていてよいのだろうか

その先に結婚はあるのだろうか

その結婚は救いなのだろうか

それは自分が望んでいることなのだろうか

北九州連続殺人事件は、主犯である内縁の夫がいなければ起こりえない事件である

一番の凶悪犯は内縁の夫で間違いない。

しか

妻が、盲目的に信じていなければ、もっと早く外に出て意見を求めていれば、思考停止になっていなければ、…

ちはやふるの序盤、小学生時代の話の中で、(記憶がおぼろげなのでセリフは正確ではないことをご容赦願いたい)

ちはやが新に

私の夢はお姉ちゃんが有名になること

と無邪気に話すと、新は

それは、夢とは言わん。夢は自分で叶えるもの

という。

彼が医者として立派に働くことは、彼の夢であって、それを私の夢にしてはいけない。

ほんとうに彼を信じていいのか

その先に幸せはあるのか

2人の幸せを追求するのであれば、私は医者を辞めて欲しかった。

環境を変えなければ共倒れになると思った。

優秀な人だから活躍の場はいくらでも作れると確信していた。

もっとゆっくりした、穏やかな生活を望んだ。

けれど、彼は医者であり続けることを選んだ。

私は人生の最大の危機を、闇金ウシジマくんに学び、ちはやふるに救われたと思っている。

2年前、彼と別れ、今の旦那出会い結婚し、もうすぐ第一子が産まれる。

あのとき夢みていた穏やかな生活の中で、クリスマスキャロルを見て、ケーキを食べている。

ときどき、よそのお家の、家事育児に非協力的な旦那さんの話を耳にしては、もしあのまま前の彼と結婚していたら…と想像する。

クリスマスにゆっくり家族と過ごすことは当たり前ではない。

休日旦那休みであるのも当たり前ではない。

家庭内殺伐とした戦場ではなく、落ち着け安心できる場所にしてくれたのは今の旦那である

私よりも育児書を読み、妊婦のためのレシピを調べ、作ってくれる。

ほんとうにありがたい。

誰か家庭をみてくれるような人の支えなくしては出来ないような働き方を望む会社はこの先も存続していくのだろうか。

その犠牲となり、苦しんでいる人たちはどうしたらいいのか。

働き方改革医療業界でも行われているのだろうか。

今となっては知る術もないが、身を粉にして働かれている方々に救いのあらんことを。

2018-12-22

入籍の日取りをざっくり親に伝えたら、「その日はお姉ちゃんの元夫の誕生日からやめてよね」って言われた。姉の元夫の誕生日からなんでダメなのか具体的に説明して欲しい。なんかめっちゃテンションさがった。

2018-12-21

自分で調べずに聞いてくる人が嫌い

知識を奪われる感じも嫌だし、時間と労力を使って得たものさらっと持っていこうとするのも嫌。

私には弟がいて、「お姉ちゃんなんだから」と我慢しろだの譲れだの言われていたけど、その延長で、私のときの○○はどうしてたか親に聞かれるのもすごく嫌だった。

私は私なりに迷ったり悩んだり、自分で調べたりしてきたんだから、弟にだってそうさせたらいい。ずるいと思っていた。

自分で調べずに聞いてくる人に対しての嫌悪感が、かつて弟や親に対して抱いていたそれと同じような感じで、だからこそ余計に、私の知識を今度こそ奪われてなるものか!と思ってしまう。

相手別にそんなに興味があるわけじゃなくて、単に話の流れで聞いてる場合もあると思う。

そう分かっていてもやっぱり聞かれるの自体が嫌で、自分ときとは○○が違うから参考にならないよ、などとぼかすような答え方をしたりする。

最近彼氏との会話がまさにこれ。

自分で調べずに聞いてくる人が嫌いだから何でもかんでも聞かないでほしいと伝えるタイミングを完全に逃してしまって、毎回1人でもやもやしている。

2018-12-19

生田家の朝 第7話

(朝の食卓

弟「お姉ちゃんサンタさんプレゼント決めた?」

姉「さとるは?」

弟「僕もう決めたよ?」

母「何にしたの?」

弟「プレステ4


姉「ふ〜ん」

母「いくらすんの?」

父「2万ぐらいだな」

姉「いや、多分ソフトも入れたら、4万くらいすんじゃない?」

父母「「4万!」」

姉「うん」


母「さとる、一応第二希望も決めとけば?もう少し安いのも」

弟「なんで?」

母「ほら、サンタさん、みんなのプレゼント買わなきゃだからあんまり高いのお願いしたら、お金足りなくなっちゃうでしょ?」

弟「サンタさんっておもちゃ買ってるの?」

母「そりゃそうでしょ」


弟「魔法おもちゃを出すのかと思ってた」

母「いや、買ってるよねぇ?」

父「うん、あれは全部、自腹で買ってるね」

弟「そっか」

母「だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「うん、わかった」


弟「サンタさんって、どこのお店で買ってるんだろ」

母「え?」

弟「おもちゃ

父「うーん……」

母「トイザらスじゃない?」

弟「トイザらス?」

母「あそこ、おもちゃいっぱいあるでしょ?」

弟「そっか、大丈夫かな?」


母「何が?」

弟「みんなのおもちゃトイザらスで買ったら、売り切れになって普通のお客さんが困るんじゃない?」

父「……あれじゃないかなぁ、メーカーから直接仕入れてんじゃないかな」

弟「メーカー?」

母「そうだ!メーカーだった!トイザらスじゃなかった(笑)


父「サンタさんは毎年、大量におもちゃを買うからさ、おもちゃを作ってるところと契約して、直接仕入れてんだよ」

弟「へぇー」

父「だからおもちゃ屋さんで買うよりも安く仕入れられるんだよ」

弟「じゃあプレステ4も安く仕入れられるね」


父「……あー、まあ、安くっつってもたかが知れてるけどね」

弟「そうなの?」

母「そう。だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「分かった」


弟「サンタさんって、お金はどうしてるの?」

父「お金⁉︎」

弟「みんなにおもちゃを買うためには、お金がたくさんいるんでしょ?」

父「まぁ、そうだね」

弟「そのお金はどうしてるの?」

父「……お金は、ちゃんと働いて稼いでるよ」

弟「サンタさん働いてるの?」


父「そりゃそうだよ〜みんなにおもちゃ買わなきゃいけないし、たくさん働いてるよ」

弟「えらいね

母「偉いよ〜感謝しなきゃね」

弟「どれくらい働いてるのかな?」

母「いろいろ掛け持ちしてんじゃない?」


弟「例えば?」

母「ガソリンスタンドとか、居酒屋さんとか」

弟「へ〜!おじいちゃんなのに、たくさん働いて体壊したりしないかな?」

父「……だからあれだよ、働いてるといっても、マンション経営してんだよ!」

弟「マンション?」


父「マンションを持ってるだけで家賃収入があるから、その金でみんなにおもちゃを買ったり自分生活の足しにしたりしてんだ」

弟「じゃあ、おじいちゃんでも大丈夫?」

父「大丈夫大丈夫、いたるところにマンション持ってるし」

弟「そうなの?」


父「うん。都内高層マンションなんて、ほとんどサンタさんのだよ」

弟「そっか、よかった。たくさん儲かってるんだね」

父「まぁね」

弟「じゃあ、プレステ4も買えるかな?」


父「……いや〜、儲かってるって言っても、限度があるからね」

弟「そっか」

母「だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「わかった」


弟「サンタさんっていくらまで大丈夫かな?」

父「パパが今度、サンタさんに聞いとくよ」

弟「電話大丈夫?」

父「電話代?」

弟「サンタさんって、外国の遠いところに住んでるんでしょ?国際電話だと、すごくお金かかっちゃうでしょ?」


父「うん……それは大丈夫だよ!あー……日本事務所に、つながるから

弟「日本事務所⁉︎」

父「サンタさんって、ひとりじゃなくて世界中にたくさんいて、それぞれの国に担当がいるんだよ。日本地域ごとにも担当サンタさんいるからね」


弟「へ〜!すごいね日本にもたくさんいるなら、おもちゃ代もそんなに大変じゃないね

父「まぁ、そうかな」

弟「プレステ4お願いできるかもね」

父「あ〜〜〜、でも、東京だけでもたくさんの子供がいるから、大変っちゃ大変だよね」


弟「そっか」

母「だからあんまり高いのはやめときなね」

弟「うん」

母「あと、いい子にしてなきゃもらえないからね?」

弟「サンタさんって、ずっと見てるの?」

母「へ?」

弟「僕がいい子にしてるかどうか、ずっと見てるの?」


母「……見てるよ〜?」

弟「どうやって?」

母「……どうやって、だっけ?」

父「……あれだよ、サンタさん事務所に、たくさんのモニターがあって、そこで、自分担当している子供たちの様子を、監視できる仕組みになってんだよ」


弟「へ〜!すごいね

父「すごいよ!だから、悪いことしたら、すぐバレるよ」

弟「……プライバシーもなにもあったもんじゃいね

父「……まぁ、悪用はしないから、大丈夫だよ」

弟「そっか、なら平気か」


母「ほらさとる、もう行かなきゃ」

弟「ごちそうさま」

父母姉「「……」」

(通学路でタワーマンションを見上げて)

友達マジで?」

弟「マジで。」

友達「スゲ〜な、サンタさん

2018-12-17

仕事で関わっている、50代くらいの知人の話

暴走する老人の愛と性欲】職場高齢男性ガチ恋されてしまった体験談がなかなかにキツかった

https://togetter.com/li/1278571

仕事で関わってる、50代くらいの知人がこんな感じだ。

仕事している時の距離が近すぎる、頻繁に差し入れをくれるetc

兄弟に「お姉ちゃんのこと好きなのでは?」と言われた時に

私も「(その知人は)結婚してるし、子供いるし、年齢的にも父親と娘みたいなもんなのに、そんなわけないでしょ」と思っていたけれど、

距離感がおかしいのか、それとも好意なのか、どちらにせよあまり接したくなくなってきた。

なので、帰りに送ると言われても断ってるし、自分からまりしかけないようにしてる。

差し入れもいらないし、平和仕事がしたいだけなんだけどな。

2018-12-15

脳のなかの卑猥思考言語化しておきたい

 今日は脳のなかの卑猥思考言語化する練習をしている。自分エロ同人作家だったら、あるいは官能小説家だったら間髪入れずに最高の妄想を具現化するために原稿にとりかかっただろう。不幸なことに自分にはそのような才能がないので、自分想像し、感じたことをここに書き留めておく。

 いま、仕事がヤマを迎えていて一週間前からオナニーしてない。まあ、仕事が終わるまでの願掛けというつもりだ。仕事年末までに終わらせる予定だけど、どうなるかな。

 これまで特に何も感じず日常を過ごしていたのだけれどちょっと今日は変だった。車を運転していたら楽しかった少年時代気持ちが突然に蘇ってきて、ボロボロと泣いてしまった。哀しい気持ちでも嬉しい気持ちでもない。どちらかというと歓喜気持ちが高ぶっている感じに近かった。

 それから今日書いておきたいことのメインなんだけれど、午後のひとときファミレスで休んでいたら眠気を感じて、同時に卑猥思考が強烈に頭に湧いてきた。昨日見AVの印象的なシーンがフラッシュバックした。なんだかそれを自分は止められなかった。机に隠れていたけれど、正直勃起した。目の前には何もないのに、勃起した。オナニーしたい、射精したいという気持ちでいっぱいになった。30分かけて自宅へ帰ってオナニーしようかとも思った。しかし、性欲が高まって発情している自分を観察する自分面白かった。そして突然に、これはセルフ射精管理なのだとという発想が浮かんだ。とてもよいアイデアに思えた。手っ取り早く射精して性欲を忘れるよりも「自分射精管理されている」と想像するほうがより強くより長い時間興奮できるように感じられた。内側から溢れる性欲に対して射精できない状況に置かれている自分に興奮した。

 性的な興奮が高まって、いろいろなAVのシーンが脳裏をよぎり、自分理想とするものへと改変されていった。この発想力を少しでも仕事に活かせたら、もうすこし幸せ人生が送れただろうに。ところで、自分の脳の中では絶頂であった。理想的なシーンが組み立てられた。そのシーンを紹介する。お姉ちゃんはぴったりと自分身体を密着しながら手コキをして、それで何度も寸止めをする。自分射精懇願する。それを無視しながら妖艶な笑顔で見つめられる。そして、自分は頭を撫でられながら「かわいいよ」と耳元で囁かれることで突然に射精する。というものだった。これを書きながら完全に勃起している。もし、頭の中を取り締まる法律がもしあったなら、絶対に罰せられていたと思う。自分がこのようなことを考えていること自体公衆面前での羞恥プレイだったのだ。

 いったいなぜ、こんなことになったのだろうか。お昼ににんにくを二切れ入れてラーメンを食べたからかな。

2018-12-08

anond:20180602125034

尼神インター誠子は、メイクすればそれなりに見れる見た目なのに、無理矢理ノーメイクでブスを維持してる。

『ちょうどいいブス』であるはずの相席ケイも、なまじ「破滅的に不細工なわけでない雰囲気ブス」故に、売れて垢抜けてきた現在、全く『ちょうどいいブス』ではない。普通にきれいなお姉ちゃん

ゆにばーすはらは、まあ、見た目は紛う方ないブスなのだが、詐欺メイク自撮りのうまさで女性誌メイク特集常連

もうブスで笑いを取ろうとするのは「低レベル芸人」のやることだろ。春菜なんか、見た目完全にブスだけど、テレビでの需要は完全にコメントのうまさや頭の回転の速さだもの

誠子もリアクションの良さや瞬発的なコメント力高いんだから、そっちの方が活躍の幅広がると思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん