「病気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 病気とは

2017-07-22

熱中症らしき症状で救急車を呼んだ

金曜日15:40分頃、アパートにて起床。だが、おかしい。

体がだるいし、目が開けられない。私の寝起きには良くあることだが、今回は一段と重い。

何とか体を起こして立ち上がるが、どうもふらふらするしかも動悸と吐き気がする。いつものように首筋に寝汗をかいていない。なんだこれは?

温度計を見ると30度とある熱中症や脱水症状に思い至り、冷蔵庫を開けてお茶を飲み、また横になる。リモコン扇風機を付けた。冷房は壊れている。

少し経ってもいずれの症状も治まらない。お茶では足りないのか。

どうにか起きてコップに水を入れ、塩を溶かして二口ほど飲む。まずいが仕方がない。

再度横になって様子を見る。

16:00分頃、周期的にこみ上げる吐き気と動悸は一向に回復する様子はない。悪化している?

意識はしっかりしているつもりだが、一人暮らしなので、もし失神でもしたら恐らくアウトだ。

私は緊急社会システムアクセスすることにした。即ち119への電話である

自己判断死ぬよりはいくらかましだ。

電話口の相手には救急であること、住所、アパート名、名前、症状を伝えた。

あなたご本人ですか?」「はい

熱中症とおっしゃいます思い当たる節があるんですか?」「30度の部屋で寝すぎました」

「わかりました。今救急車が向かっています。ドアの鍵を開けてお待ちください」

大体このようなやり取りで電話は終了し、私はベッドに倒れる。その後体感で5分程度でサイレンの音が聞こえてきた。

インターフォンが鳴らされたので出る。もう何も考えたくない状態になっており、救急隊員とのやり取りは覚えていないが、症状を説明して歩けるかどうか確認され、身分証が入っている鞄を持って戸締りをしたことは記憶に残っている。そういえば隊員の方に顔が真っ白と言われた。

寝巻きのまま自力で歩いて救急車まで行き、中のベッドに横になる。

そして指や腹部に何やら得体の知れないものを付けられる。どうやら指に付いたもので脈を取るらしい。

次いで血圧と体温をはかる。体温37度らしい。平熱34~35度の私にとっては発熱状態と言えそうだ。風邪でもないのにこんな体温になるとは。

搬送先の病院を見つけて頂く間、ライトで目の確認、痺れや神経の確認などをされる。

3名の隊員に来て頂いているが、常に1人は私の横にいて見張ってくれるようだ。大変失礼だがこの方の目は怖かった。口調は丁寧そのものであるのに。

「お名前言えますか?」「生年月日は?」「年齢は?」「今日の日付は?」「ご実家電話番号は?もしかしたらご家族に来てほしいということがあるかもしれません」「今の症状はいかがですか?」「ご職業は?」

質問には全て答えられたが、いかんせん体がだるい。喋るのも億劫だったが否やもない。

他には、今まで似たような症状を経験たかどうか、過去に何か大きな病気にかかったか、持病はあるか、普段何か薬を飲んでいるか、などだった。それ以外にもあったかもしれないが覚えていない。一週間前まで夏風邪にかかっていたことを確かここで話したか

質問最中には別の隊員の方が私の状況を年齢性別と共に病院に伝えてくれているのが聞こえてくる。2、3回、この病院はかかった事があるかと聞かれるが、全て初診の病院である。金曜午後4時とあってなかなか搬送先が見つからないようだ。付近で行った事のある病院を聞かれたので、以前風邪とき見てもらった個人のクリニックの診察券を見せるが、すでに診療時間外であった。

今思えばこの質問攻めとも言えるものは、必要情報を得ると同時に意識を失わせないようにするためのものだったのだろうか。

この間に動悸は治まりめまいも軽減したようだ。何も考えたくない状態は変わらないが、症状としては吐き気のみになっている。救急車の中の温度が功を奏したのだろう。

やがて搬送先が見つかり、移動開始。車内はゆれるので何かあったら伝えてほしいと言われる。

10分ほど揺られて病院に着いた。体に付いた器具は到着直前に全て外される。

どこにある何という名前病院なのかもわからなかったが、どうでも良いことだった。ベッドごと救急車から降ろされ、救急室へ運ばれる。

移動中、看護師さんらしき方が「大丈夫ですよ~病院に着きましたからね~」と声をかけてくれる。

救急室に入室。時計をチラッと見てみると、16:28分ごろだった。

救急車のベッドから救急室のベッドへ体を移動する。「ゆっくりで良いですよ」と優しい。

そして胸部腹部に器具を付けられる。心電図か。指にも脈を取るための何かを付けられる。たちまち救急車の中とほぼ同じような状態になった。

症状とそうなった経緯を聞かれたので説明する。もともとロングスリーパーで、前日の22時から寝ていたと言うと驚かれた。

ここで気付いたが、やたらと女性が多い。医師の方も女性であり、経緯と症状を説明している救急隊の方以外に男性がいない。

救急室で何をされたか、おぼろげにしか覚えていない。時系列がぐちゃぐちゃだが思い出してみる。

思考停止状態の私はなされるがままぼーっと目の前にある特徴的なライトを見ていたと思う。手術室にありそうなUFOのごときあれである

確か、もう一度目にライトを当てられる。首を左右に振られる、などだ。眩暈はしない。

採血しますよ。その後点滴打ちますからね」なんと。この状況で血を抜かれるのか。まあ、もう任せておこう。「アルコールはかぶれませんか?」かぶれたことはない。大丈夫だ。

じゃあ3本などと聞こえた気がするが、見ていないのでどれだけ採られたのかは定かではない。

点滴の後、それから看護師の方に心臓部に何やらローラーを当てられてぐりぐりと動かされる。なかなか終わらない。鈍痛的刺激である。私の体のせいか、どうやら目的を達しづらかったようだ。医師の方に交代するが、それでも時間がかかっていた。体を左に傾けるように指示される。よくわからないが、これで成功したようだ。

喫煙飲酒確認をされる。煙草は吸わないし酒は2週間に一度ぐらいだ。

あとは、目の前に指を出され、目で追ってくださいと言われる。問題なくできた。

めがねのような物をつけて天井を見るようにと言われる。とてもぼやけるレンズで、まともに外界を見ることが出来ない。気持ち悪くなったりしないかと言われるが、大丈夫だった。

「私の指先と自分の額を指で往復してください」これもできた。

親指に何かを打たれ、出血したときにその血を器具で調べるということもされた。結構痛くて指が震えてしまった。チラッと顔を確認される。「痛かったですか?」「はい少し」などと会話して気恥ずかしくなった私は目をそらす。

おおよそ処置が終了したようで、救急室にいる人数も少なくなってきたか

点滴が効いたのか、この頃になると吐き気もほぼなくなっていた。

実家電話して頂いたようだが、出なかったのだろう。連絡の付く時間を聞かれるが、今いないのなら深夜でないと連絡不能である。我が両親は忙しい。

迎えのための連絡先を聞き出される。

しかし、連絡先が入っているスマートフォンは持ってきていない(これがまずかった)し、普段の連絡はメールであるデジタルネイティブである私は両親の携帯の番号など全く覚えていない。「おじいちゃんおばあちゃんは?」実家にいるが、祖父はすでになく祖母は離れにいる。電話したとしても聞こえない。「他に近くに知り合いはいいか」いない。

いよいよ困らせてしまったようで、鞄の中のファイルに閉じられた紙に書いてある電話番号を見せられる。「ここは?」「それは職場人間の番号です」「よくわからないな~」申し訳ない。

そうこうしている間に別の患者が来たようで、私は車椅子で別室に移される。何かあったらナースコールをお願いしますと言われ、カーテンを閉められる。

ここでもぼーっと寝ていた。点滴を見る。かなり速いペースで滴が落ちていて、少し経ったら終わった。まさか25歳で救急車のお世話になるとは思わなかった。天井を見ながら、そういえばネットでふぐの毒にあたった人がこのような光景写真をアップしていたな、いやあれはただのネタだったか、などと考える。余裕が出てきたのか。

その後、先ほどの看護師の方がやってきた。曰く、連絡が付かないなら無理に付けなくて良い。血液検査の結果が出て問題なければ帰宅。と先生がおっしゃっていたということだった。

またしばらくして先ほどと同じ方がやってくる。「救急車で来た方は、病院荷物を預かったことになるんです。今回は靴と鞄です。お受け取りのサインをして下さい」なるほど。いつの間にか私の鞄も右に置いてある。気付かなかった。

さらに少し経って医師の方が血液検査の結果を持ってやってきた。2項目ほど異常値だが比較的きれいであり、問題は見受けられない。めまいには二つあって、脳か耳が原因だが、前者は考え辛く、後者をチェックするために耳鼻科受診お勧めする。それから、ご家族には今日救急車で運ばれたことを伝えるように。それから暑いので、クーラーを付けないなら窓を開けて寝ること。脱水は正直わからないが、水を2リットルほど飲んだほうが良いことを伝えられる。

次に医師ともう1人の方が水を持ってきた。「体を起こして、飲めますか」問題なく一口飲む。「込みあがってきたりしませんか」大丈夫だった。

最後確認として、点滴スタンドの取っ手を杖代わりにして立つことを指示される。立てるし、眩暈はない。そして、靴を履いて歩く。歩ける。綱渡りをするように、前に出ている足のつま先に後ろの足のかかとを持ってくる歩き方でまっすぐ歩けるか。できた。

大丈夫そうだ。医師も同じ判断らしく、帰宅の準備に入る。「お帰りはどうしますか?」「どうしましょうね……」「お金があればタクシーが良いですね」なるほど。

点滴を外され、消毒したガーゼを当てられるので、自分で押さえておく。太い針だったようで、少し待つ必要があった。その後テープで固定される。

荷物を持って靴を履く。会計場所説明されたので、医師の方に今回のお礼を言って移動する。

そういえばめがねをかけていない。視力が悪いので少し視界がぼやけているが、目を細めながら会計に到着し、救急で来たことを伝える。診断書を書いて提出して待つ。この間に時計を見やると、18:40分ごろだった。少し経つと名前を呼ばれる。

この病院の診察券を発行して頂いたようなので受け取って精算する。合計8000円と少しらしい。持ち合わせの現金では足りなかったが、クレジットカードが使えて助かった。会計後、タクシー駐輪場所を聞いてそこへ向かう。ちょっと迷った。

最初は寝巻きのまま外を出歩くのに違和感があったが、状況が状況である。気にしたところでどうしようもない。会計では、タクシー駐輪場所にいなかったら自分で呼ぶようにと電話番号を書いた紙を貰っているが、電話がないのでいないと困る。しかし、運良く一台のタクシーがとまっていた。

手を挙げて乗る意思を伝え、自宅アパートの住所を伝える。タクシー代は1700円と少し。現金で支払った。

帰宅後、何はともあれ水分補給をする。そして熱中症で運ばれたことを家族と友人に伝える。だが、ここで部屋の温度と湿度に気付く。間抜けな!この環境から事が起こったんだろう。

すぐに窓を開け、付けたままになっていた扇風機の風力を上げる。これで涼しくなる。

時間か休んだのち、着替えて近所のスーパーへ向かう。ポカリスエットと水とカロリーメイト、そして食料を買った。

ところで私が運ばれた病院はなんという病院なのか?診察券を見てみると……なるほど、女性が多かったのはそのせいか

なんとも稀有体験をした一日だった。直接お礼が言えたのは医師の方のみだったが、今回119の電話を受けて下さった方、私を運んでくれた救急隊員の方、処置をしてくれた医師及び看護師の方には深くお礼を申し上げたい。


反省

・初期の対処

扇風機を付けただけでは足りなかった。すぐに窓を開けるべきだった。

・部屋の冷房が壊れたまま

早く直さなければならない。

病院に両親の連絡先を伝えられなかった

必ずスマホを持っていく。緊急時であればあるほど重要

めがねを忘れる

持って行く。

あなたが私の事を好きかというより興味を持っているかどうか知りたい。

それよりもあなたスローで素敵なセックスがしたい。

だって私の目的は若くて美しい男と1回限りの病気心配のないセックスをすることだから

あなたお金を持っていなくても構わない。

延長に結婚なんか無くてもいい。

ただただめくるめくセックスがしたいだけ。

本当はみんなもそうでしょ?

結婚して子供作って生きて行きたい?

もし性病心配がなければ毎晩違う行きずりの相手セックスしたい。

それだけじゃ駄目なのかな。

やなこった。

2017-07-21

お前ら外見的な特徴をバカにすんの禁止

https://anond.hatelabo.jp/20170720130428

室内で帽子はとるものだろうか

この記事トラバに無毛症に関してのトラバがあったからそれついて。

俺もガキの頃から友達に1人、無毛症の奴がいる。だからハゲだのなんだので人を笑う奴は常にボゴボコにしてきた。文字通り痛めつける意味でのだ。

というのは、そいつ場合はそれが原因でおかしな行動をとるようになってた。意味なくドア開けて足をぶつけて入っていくみたいな。なんか不安が原因でなる病気らしい。

から、周りでハゲだのなんだのいう奴がいたら徹底的にやっつていく必要があった。そいつに向けて言ってないみたいな言い訳する奴もいたが、そもそも人の外見をバカにすんのが許される訳がない。なんでハゲデブだのが許されてんのが俺には分からん

んで、それに続くトラバブクマも酷い。なんでかつら被んないの?みたいなやつ。んな簡単解決すんならやってんだろ。バカじゃねーの?運動、雨、風全部に対応可能なもんなんかねーし、高性能なのがあってもたけーだろ。しかも、いちいち不自然じゃないか確認する必要である日常生活に支障がでんのくらい想像できるだろ。

ってか、最近だと政治家の録音データなんかもそうだけど、何で人の外見的な特徴をネタにして笑えんの?ガキじゃないんだからいい加減やめろよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170720181821

無毛症に対するハラスメントはやめて頂きたい

不倫の行く末で女が自殺。。。

気に入ったホテヘル風俗嬢リピートして懇意になり、

無料でヤラせてくれるセフレをゲットして、

ホテルから公園や、雑居ビルの谷間なんかでエッチを重ねる。

都合の良い女で金もからずに20歳近く年下の女は最高だと思えた。

しかしその女が境界性人格障害を持っていて極度の依存症を表してきた。

妻と離婚要求して、自分との結婚を激しく要求

ピルを飲んで中出しOKだったが、ピル意図的に飲まずに妊娠

悩んだ結果、勝手中絶

ただ都合が良いのでセックスは続けて、ハメ撮りもした。

ウザくなって別れ話を切り出して修羅場になる。

脅迫めいてきたので警察にも相談を重ねる。

そしてストーカー容疑の前段階として警察連行してもらい事情聴取、そして保証人に引き取られていく。

精神鑑定をしても正常。境界性人格障害病気ではない。

ブログに今までの出来事を赤裸々に書いて、時たま公開。

看護学校卒業して就職した職場でもうまく行かず、先輩にいじめられた。

自殺をほのめかして、家族やら揃って二回目の警察連行され、弁護士を交えて話し合いをする。

xvideoなどに顔も性器無修正のハメ撮りを公開。

完全なリベンジポルノ違反人生破滅覚悟のアップ。

7月19日Twitter最後つぶやき

袋小路に入った。死ぬしかないとつぶやく

Twitter更新も途絶え、アカウント削除。

そして、相手精神的に追い込むための最終手段を決行。

2018年事実をもとにドラマ化。

金と女と時間不自由しなくなってしまった

なぜ35歳を超えると頑張らなくなるのか。それはロールプレイングゲームの終盤と同じだから。 | Books&Apps

この記事を読んで身につまされてる。俺はまだ30代前半だけど、欲しかったものは全部手に入ってしまった。

金は今のペースで生活する限り75歳くらいまでは給与収入なしでもやっていける。大きな病気にかかるとか予定外の出費がかさめば別だろうけど、それでもたぶん60歳くらいまでは仕事をせずに暮らせるだろう。趣味といっても読書とか散歩とかネットくらいで金のかかるようなものではないし、意識して無駄遣いする理由もない。たまに気が向いたらwikipediaクラウドファンディング寄付くらいはしてるし、ふらっと旅行に行くくらいのことはしてる。

女についても、若いころは女心と呼ばれるものがわからなかったりして、遠い世界の住人みたいな考えでいた。童貞を捨てることになった相手に振られてからは、なるべく近づいてみたいと思って、研究というと大袈裟だがまあそんなようなことを続けた。そのうちなんとなく波長のようなものがわかるようになってきて、今ではむしろセクハラに勤しむおっさん気持ちのほうがわからなくなってきたくらいだ。今すぐセックスしたいみたいなのとか、特殊プレイをやってみたいっていうようなのは風俗に行くのがもっとも手っ取り早くて後腐れもないことに気づいたので、今でもたまにお世話になってる。エロマンガとかAVに金を落とすこともある。ナンパしまくるとかキャバクラで豪遊みたいなのには興味が持てない。性的にもたぶんノーマルで、ロリコンとかではないため叶わぬ夢みたいなのもない。これから性欲が増進していくとも思えないので、まあ順調に枯れていくんだろう。

仕事をしなくても食っていけるし、そのことに不安もないので、24時間すべてが自分自由になる。ニートに向いてるやつと向いてないやつが居るとされるが、俺は明らかに向いている。時間がありあまっても苦にならないし、運動不足が続くと体がなんとなくだるくなるのでわざわざ散歩したりして体調を整えてる。持続可能ニート生活になってしまっている。

友達にはまだ仕事を辞めたこととかは秘密にしているが、わざわざ白状する動機がないだけで、なんとなくそのままにしてる。それが知られて金をせびられるようになったり僻みをぶつけられるようになったら、まあ、所詮それまでの関係だ。

俺は何の心配もせず安楽に安心して暮らしたかった。それは叶った。残りの数十年も退屈せずにやっていけるだろう。でも金や女や時間を欲していたころの情熱はもう蘇らないし、寂しく思うこともあるが、戻りたいとは思わない。情熱自家中毒みたいな状態幸せだとも、自分が望んでいるとも思えない。

すべての欠落が埋まった人間狂人だけだというが、我が家家庭菜園トマトの出来が気になっているので、それを確認するまでは死ねないし、たぶん狂いもしないだろう。呆けるのは早いかもしれないけど。

2017-07-20

無毛症に対するハラスメントはやめて頂きたい

室内で帽子かぶるべきかという増田が上がっていたので一言書かせてください

私の親戚に無毛症という病気の子供がいます

読んで字のごとく全部あるいは局所的に毛が生えてこない病気です

親戚の子は限局性無毛症という部分的に生えてこない状態で、今のところ帽子を被っていると病気かどうかは分かりません。ただ、進行するようで全頭無毛症というすべての毛が抜け落ちる状態になる可能性がたかいようです。

本人は帽子を被っていることを指摘されるよりも、頭を晒して余計な注目を浴びるのが嫌なようで室内でも帽子を被っています

はっきりいって、室内で帽子を被ってはいけないというのは現代においてなんの合理性もないマナーです

多くの方がまだまだマナーから脱ぐべきという意見を持っていますが、はっきりいって合理性からいっても多様性観点からいっても帽子を被っていることを指摘するというのはハラスメントだと私は考えています。(宗教上、スカーフ?を巻く女性もいますよ)

学内でのいじめも激しいそうで、かなり嘲笑の的にされているようです。これは、ネットでもメディアでもそうですが髪のないことを馬鹿にすることが当たり前になってることが原因だと思います。それは、そのまま子供世界にも引き継がれています。どうやら髪がないということは、障害であっても笑われしまうことが運命づけられているようです

もしあなた帽子を被っていることがマナー違反だと言ったり髪がないことを面白おかしく笑っているなら、あなたの子供も同じくいじめ加害者になっているはずです

これは、お願いでもありますがそういった価値観ハラスメントいじめに繋がります。どうか控えていただけたらと思います

https://anond.hatelabo.jp/20170720130428

最近森博嗣先生



もう十分有名で売れてるんだけど、最近新作SFミステリィ次々書いていて、その内容がもうちょっと話題になっても良いと思う昨今の読者。

https://anond.hatelabo.jp/20170720141438

生活習慣病に関わらずそういう理念運用されてますよ。その上でもし負担が大きくなることで上手に健康管理ができるようになる病気があったらって話。社会的責任があれば一律は変えられないだろうけど、ある程度自己責任を認めるなら累進課税にして健康の向上に繋げられる。そういう可能性を全部放棄するのって妥当かねーと。

何が起きれば日本世紀末みたいな状況になるだろう??

もし世界恐慌みたいに株が紙くずになっても日本人は株を資産として1,2割しか保有してないらしいから影響は限定的だろうし

病気日本の高い医療水準なら大事にならないし

自然災害東日本大震災原発事故レベルなら耐えられたし

 

一番可能性ありえそうなのは北朝鮮核ミサイル飛ばして全弾命中とかかなあ…(ヒロシマ型の2倍ぐらいのが最大10発)

それだってガチ準備しようものならアメリカあたりが潰すだろうし

ヤバイコンピューターウイルスが全ての銀行ハッキングしてデータ全部消すとかなったらちょっとヤバいけどバックアップとってるだろうし

 

異常気象が起きて世界全体で飢饉からの輸入できない状況からの飢え死にが一番ありえるか?

https://anond.hatelabo.jp/20170720093526

生活習慣病ならその症状に悩むことで十分負担を負ってるから金銭面ではみんなで協力してどうにかしようというのが今の保険の考え方だよね。

保険があるっていうのはそういうことなので。

医療費の7割は払わなくていいか積極的に不摂生して病気になるかっていったらやっぱ私は嫌だもん。

任意自動車保険禁止されたら交通事故減るのかって話で、まぁ減るだろうけど、それでいいのかねー

室内で帽子はとるものだろうか

自分は両親や祖父から、室内では帽子をとるもの、と躾けられて育った。

から、室内で帽子をかぶっている人がいると、お行儀が悪いなあ、と思ってしまう。

しかしながら、室内で帽子をかぶっていけない理由、というのは見当たらない。

強いて言えば「そういうもんだ」というのが理由か。

室内で帽子はとるべきだろうか。

はてなー諸賢のご意見をききたい。

-----

追記

病気その他の事情もあるから、というのが大変しっくりきましたが、やはりマナーから、というご意見も多いですね。

3歳と6歳のこどもがいますが、彼らへの躾にたくさん示唆いただきました。

有難うございます

2017-07-19

30歳だけどうんこ漏らした

屁と同時に出るタイプのヤツ。

これで職場で漏らすのは三回目だ...。

職場に住んでるみたいなところあるのでパンツは置いてあるから問題ないんだけど、これもしかして病気かな。

鬱病に似た病気のまとめが欲しい

鬱病過去やってるから鬱病じゃないのはわかるが

似たような感じで体調が悪い

ここ2年くらい、似た病名を探し回っている

 

低血糖症

血圧

起立性低血圧

自律神経失調症

副腎疲労症候群

ADHD

過敏性腸症候群機能性胃腸症

 

(今は副腎疲労を疑ってる)

 

一個一個、見つけては検査してってのを続けているが

いっそどこかにまとまってないだろうか

「明らかに何か具合悪い」的な病気はどれも症状が似ていて、チェックシートが役に立たない

どこへ行っても適当にあしらわれることが多い

それにこれ系の症状は詐欺的な病院も多いから、どうにも難しい

これ系の病気を診断してくれる医者は居ないのかな

 

__

 

追記

 

慢性疲労症候群

なぜ政治家は老人の寿命を引き伸ばすことばかりに税金を使うのか?

年金受給開始が75歳になるかもしれない。

ついこないだ、引き上げられたところかと思えば、もうこんなことを言い始めた。

今の若者未来はない。40代初老世代すらやばい

これまでに引き上げられてきたペースを考えると、20代,30代なんてもらえないって考える事のほうが普通だし、40代すらやばい

保証がなければ、自分で蓄えるしかない。しかしこれがどんどん難しくなる。なぜって内需の国でこの超高齢化だ。

労働力も失い、競争力にいたってはもう今のタイミングでほぼ失っている。あらゆる産業が廃れ、そんな国内では貯金どころの話ではない。

20歳にも満たない子供は何に希望を持って日本で生きればいいのだ???

こんな時代子供を生むとか、子供申し訳ないというか恐怖しか感じない。

それでいて政治家少子化をなんとかしようとか言うだけ言うが、あいつら知恵遅れなのか詐欺なのかわからないが、やばすぎる。

この負のスパイラルさら少子高齢化を加速させる。

高齢化社会自然発生したものではない

まずはっきりさせなければいけないのが、

高齢化社会自然現象のように捉えられていて、高齢化社会に備えて貯金しようとか、2050年にはこうなりますなんてデータが出てたりするけど、なぜ軌道修正しようって方向に国民政治家も思わないのか??

この点が不思議でならない。

これは自然現象ではない。紛れもなく、政治家による意図的行為だ。

まず、税金の使い方おかしすぎる。

いつまでも健康診断だ、定期検診だと老人にいつまでも病院に通わせ、山のように薬を処方する。薬で体の数値がコントロールされ寿命は伸びるが、自分長寿を維持する努力をしているわけではないから、身体自体は動かなくなる。そして介護必要になり、今度は介護保険だと税金をむしり取る。

税金のおかげというか、ひいては未来ある人間保証と引き換えに、医療費が安いものから別に体が悪くなくても雑談のために通院する人もいるくらいだ。

こんなことをやっていたら仮に日本資源大国であっても無理があるわ。

おかしいを通り過ぎて、狂気だ。

おい、政治家医療機関との癒着で私欲を肥やすのもいいかげんやめろ、今のおまえらがやっているのは国の破壊行為のものだ。


価値観を変えるべき

これは健康にいい、これをやると寿命が伸びるなんてデータメディアに流れたりするけど、これ以上寿命を伸ばしてどうする。

保証のない社会での長寿ほどキツイものはないぞ。

人間が適度に病気死ぬから社会にサイクルが生まれるわけであって、この過剰な医療制度いつまでも続けていては、そのサイクルも壊れ、若い世代しわ寄せがいくだけだ。そもそも若い世代どころか初老世代にまでしわ寄せがいっているが、それは政治家意図的行為なのでしょうがないって話ではない。

だって死は怖いだろう、苦しみたくはないだろう。その結果いつまでも病院に通い続け、むやみにダラダラ長生きすることになる。

そうなってくると、生にたいする尊厳も薄れてくるし、介護に苦しんだ家庭はその被介護者が死んだときには喜びすら感じるかもしれない。

これってすごい不健全社会だと思う。


今の老人からこそ、保証を切り崩すべき

高齢化自然現象だと洗脳したおかげで、どれだけ若者から保証を削ろうが暴動なんておきない。

もも限界だ。

さっさと以下を実行すべき

老人が病気になることはあたりまえなんだ。もし長寿を望むなら自己管理して健康体を維持すべき。

摂生生活してるだけの人間までだらだら税金で生きられるとか、無益すぎる。

オランダでは85歳になると、理由なく利用することができると聞いた。

医療制度が高度になりすぎた昨今、まぎれもなく必要制度だ。

いつまでも保証を削るだけの政策未来はない。

これがあれば、死や苦しみに対する恐怖心も収まるし、適切に利用すれば社会はより健全になると思う。

実は政治家って日本破壊したい人の集まりだったのかと、本当に思う。

この日本合理性をもって、早く軌道修正することを望むばかり。

2017-07-18

この世は生きるに辛すぎる

健康人間なら今の世はまあそれなりに生きていけるんだろうが、俺には無理だった。親の虐待後遺症でまともに稼げない。今の医学じゃこの後遺症に病名はつかないから補助もない。生活保護だけじゃ病気治療費を払えない。死のうかな。

https://anond.hatelabo.jp/20170718084852

http://b.hatena.ne.jp/entry/341995429/comment/sirocco

TVCMが流れているからと言って良い製品とは限らない。健康食品CMはみんな怪しそうだ。ネットもそれと同じなんでしょう。

http://b.hatena.ne.jp/entry/281878296/comment/sirocco

ミトコンドリア重要なのですね。「水素水とサビない身体」。ミトコンドリアで消費される酸素1%~2%は活性酸素になってしまい、それが病気を引き起こすそうです。水素水は:悪玉活性酸素を水に変換するそうです。

http://b.hatena.ne.jp/entry/324316047/comment/sirocco

水素が入っているのか、いないのか」と「水素健康によいのか、影響ないのか」が混じってしまっている。個人として、草津温泉のお湯の方が自宅のふろよりいいと思うように、水素風呂は水の風呂よりいいと思う。

http://b.hatena.ne.jp/entry/301898580/comment/sirocco

久しぶりの水素水炎上。みんな水素効果を認めてしまったのかと思ってしまいました。毎週のようにスーパー銭湯に行って水素風呂に入り、水素水を飲んできます。ぐっすり眠れて疲れが取れます

http://b.hatena.ne.jp/entry/284920249/comment/sirocco

水素水を調べないで「ニセ科学だ」と言っている人たちは、好奇心がないのでしょうか。調べると面白いことがいっぱい見つかります

http://b.hatena.ne.jp/entry/286937278/comment/sirocco

水素水炎上しているけど、大田教授サイト、「水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか」、「ミトコンドリアのちから」などを読んでから判断して欲しい。

http://b.hatena.ne.jp/entry/282241004/comment/sirocco

パーキンソン病水素水が良いそうだ。

ずっと体調が悪いのですが

病気ほどではないけど、だるかったりすぐ風邪をひく

今も熱中症で寝たきりだ

ガチ健康になって真面目に働きたいので誰にでもできる健康になる方法を教えてくれ

b.hatena.ne.jp/entry/https://anond.hatelabo.jp/20170717145213

ところで字画判断追跡調査ってどこかで行われてたりしないのかな。

新聞に載った事故死者とか犯罪被害者とかのお名前を山ほど集めれば「不運な人名DB」ができるよね。新聞に載るほどなのでクソ不運な標本群(笑)

これを一般的名前標本群と比較して「字画が悪い名前」の含有率に差がないかを見るわけよ。もし何か差が出たら面白いよね。出ないだろうけど出たらびっくり。

でここまで考えて思ったんだけど、仮にだよ、もし仮に日本人が全員字画判断のとりこになって世の中に「字画のいい名前しかいなかった場合事故に遭うのも詐欺に遭うのも、病気になるのも没落するのも、不幸なメに遭うのはみんな字画のいい人々ってことになるよねえ。

んー。

ライブフェスが好きになれない

音楽は好きだし良く聞く。でも、どうしてもライブフェスというものに馴染めない。盛り上がるということができないのだ。どうやら、周りの人は高揚や一体感のようなものを感じていてそれに身を任せているらしい。

しかし、自分はどうしてもそういったものを感じられない。何かの病気なんだろうか。自分も周りと同じように我を忘れて夢中になりたいが、どうもそうはならない。どんなに盛り上がっていても自分の中の冷めた自分を追い払うことができない。

ふざけた友達おしっこを覗かれていると集中できない感覚に似てる。ライブ場合、誰かに見られているということはないが、自分自身が頭の中で自分を見ているような感じになって落ち着かない。

なんか、こういう病気があるのだろうか。

ここさけを観に行って失声症緘黙症について知ってほしい

7/22日から心が叫びたがってるんだ。という実写映画が公開になりますアニメとして過去に公開してるので知ってる方も多いのかな。私はこのアニメ版を観ました。



この映画主人公は、過去トラウマから話すと腹痛が起きてしまうという症状に悩まされています。皆さんも周りとうまく喋れない人を一度はみたことがあるかもしれません。あるいは、友達とは普通に喋れるのに授業中先生に当てられたりすると喋れなくなってしまう人なんかもいたと思います

前者は失声症後者緘黙症と言います。それぞれ全く違う病気ではあるんですが、人とうまく喋れないという意味で同じような悩みを抱えています。こういう人たちは、無口な人とか暗い人と思われがちですが実はそんなことありません。性格とは全く別のものなんです。

私は、緘黙症に悩んでいましたが本作で扱われる失声症女の子物語にも痛いほど共感する部分がありました。この映画を通して性格と一切関係無く周りとうまく喋れない人がいるんだということを多くの人に知ってもらいたいです。そして、もし自分の周りに同じような症状の人がいたら少しでも理解を示していただけたらと思います

2017-07-17

https://anond.hatelabo.jp/20170716062006

この人は色々変わってて、メンヘラの人もよく思っていない人だよ。

実際自分メンヘラで服薬中だけど、メンヘラがみんながみんなこんな人だと思って欲しくないな。

自分年金とか手帳とかのお世話になる程重度ではないけど、彼女年金貰うほどだから相当重いんだろうね。この人見るとうつって脳の病気なんだなあと思うな。

健常者に理解しろって言っても限界がある。自分だって理解できないもん。

http://nyaaat.hatenablog.com/entry/psychiatric-care01

私は恥ずかしながらメンヘラです。幸い入院歴はありませんが、10年単位で通院をしています。この病気は運悪く藪医者に引っ掛かると人生の中の貴重な10年間なんてあっという間に失われてしまます

日本精神医療欧米より遅れているという話がありましたんで、ついこないだ経験した事を些細なことですが便乗がてらお話しさせていただきたいと思います

私は服用している薬物の関係で、定期的に有効成分の血中濃度を測る必要があります

その日は暑い日でした。左肘窩の静脈から採血を行ない、看護師から止血のための綿花を暫く押さえていてくれと指示されました。

その後、看護師は幅50mmはあろうかという極太不織布タイプのサージカルテープで、綿花を固定しました。

もうね、お前は馬鹿か?あほか?マヌケか?と思いましたよ。

その日は暑くて半袖だったんです。そこにベージュはいえ、必要以上に特大のテープなんて貼ったら目立ってしょうがないだろうと…。

精神科病院というのは大抵へんぴなところにあるんですよ。最寄りの駅に行くまでにも時間が掛かるし、その間の人の目もあります

私は男だからまだ良いですよ。これが女性だったら、処置室出たら速効でテープをはがすのは間違いないですね。それで、又出血したらどうすんだ?

こんなこと、身体科のクリニックでやったら患者蜘蛛の子散らすように逃げていきますよ。仮にあの看護師転職して身体科で勤めだしたとしたら、やっていけるんですかね?

それとも、私がメンヘラから、どんな見た目になろうと、どうでも良いと思ってたんでしょうか?

https://anond.hatelabo.jp/20170717172219

http://1license.com/ippatusiken_news/menkyo-koushin-kaisei20140601/

運転免許の取得・更新時の質問は下記の5項目

  • 過去5年以内において、病気(病気治療に伴う症状も含みます。)を原因として、又は原因は明らかでないが、意識を失ったことがある。
  • 過去5年以内において、病気を原因として、身体の全部又は一部が、一時的に思い通りに動かせなくなったことがある。
  • 過去5年以内において、十分な睡眠をとっているにもかかわらず、日中活動をしている最中に眠り込んでしまった回数が週3回以上となったことがある。
  • 過去1年以内において、次のいずれかに該当したことがある。

添付文書で服用中は運転を控えるよう記載されているからと言って、免許の取得・更新ができないというわけではないし、元増田が言うように、運転が許されていない類の精神薬が決まっているわけでもない、同じように運転が許されていない類の疾患名が決まっているわけでもない。

医師の診断をもとにして判断されるとなっている。

まり主治医免許の取得についてGOサインをだせば問題ないことになる。

差別をしている自覚はありますか?

https://anond.hatelabo.jp/20170716062006

増田言及しているブログ主に関しては、おそらく難治性であり、かつ青年期の早い時期に発症していることを考えると、これまでの間に病気に対する無理解などに傷つけられてきていることは容易に想像できる。


例え優しくて気が使える人たちでも、常に周囲の無理解(例えば増田のような)に晒されていては、いい人を演じ続けることができるだろうか?


それから運転が許されていない類の精神薬については以下を参照されたい。

公益社団法人日本精神神経学会患者自動車運転に関する精神科医のためのガイドライン」の公開

https://www.jspn.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=74

厚労省 SNRI3剤に添付文書改訂指示 条件付きで自動車運転可能

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/54897/Default.aspx

自動車運転抗うつ剤抗てんかん薬の話

https://ameblo.jp/kyupin/entry-12256144021.html

てんかん患者さんが服薬しつつ運転できるのであれば、たいていの向精神薬は服薬していても精神症状が概ね落ち浮いていれば、プライベート運転許可するのは自然だし、その方が日本経済にも良い影響を及ぼす。(実質、そうなっている)




病人、身障者、精神障害者を受け入れる器のない人間は、最初からこれらの人々に近寄らないことだ。それがお互いのためだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん