「病気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 病気とは

2018-06-20

総合職

うちの会社総合職に応募してきた女性問答無用で落とすんですわ。

説明会せっかくきてくれたのに、問答無用。有無を言わせずに。容赦ない。

かに女性結婚出産でいなくなったりしますが、男性も突然の介護とか病気長期離脱してる社員いっぱいいますよ?

仕事内容は女性でもできるし、実際女性総合職も働いてる。

そういう差別志向会社の衰退に繋がっていて、若手がどんどん辞める事態になっているんだと思う。

うちの会社のそういうところが嫌。

奨学金借金1000万、無い内定19卒。希望が見えない就活生の吐き出し

吐き出し。

高校大学奨学金を借りて、返済額が1000万円近くある。

借りた当初は「どうしても学びたいことだったし、これは未来への投資」「就職したら頑張って返していこう!」そんな風に前向きだった。

元々母子家庭で、非常にお金がなかった。

運良く高校無償化の恩恵には預かれた世代ではあるが、制服代、教科書参考書代、その他施設費、そして受験費用……

結局奨学金を借りなくては高校卒業ができないような経済状況の家庭で私は育った。

このような状況なのだからそもそも大学お金がかからない国公立、もしくは行かない選択をするべきだった。

だけれども何を考えたか私立大学へ進学してしまった(今の大学を選んだことは全く後悔していない。質の高い、すごく良い大学だった。でもお金のことを考えるとその点では非常に後悔している)

結果、奨学金の返済1000万円を抱えることとなった。

最初のうちは「どうにかして上位の大学に入れたし、ここで頑張って勉強していい会社に入って奨学金を返そう!」「ちゃん就職したらお母さんも楽させたい」

そんな風に希望に満ちあふれていた。

でも、いざ就活が始まってみると、お祈り、お祈り、お祈り、お祈り……

少し長めのインターンに参加して「ぜひうちに来てください!」「あなたと一緒に働きたい」そう言ってもらえた会社からも当然のように不採用通知が届いた。

内定が欲しいのならより好みせず選考に参加しましょう!」「飲食や小売は狙い目です!」

その言葉を信じて飲食、小売の企業にも応募したが、祈られている。

企業研究だってエントリーシートの書き方だって面接対策だって、どれも一生懸命やってきた

勉強だっていつも頑張ってきた……

でもどれも結局は自己満足しかなかったんだろうな。

だって誰も、どこの会社も私のことを必要としてくれてないんだもん。私という人間は、必要とされない。その程度でしかなかったんだよな。

奨学金1000万円も借りるほどの人間なんかじゃなかったんだ。1000万円を借りてたくさん勉強するべきなのは、私みたいな人間じゃない。もっと価値のある、素敵な人がこのお金を借りるべきだったんだよ……この大学に通うべきだったのも、きっと私なんかじゃなかった……私よりも合格すべき人はきっといっぱいいたんじゃない?

なのに身の程知らずにも奨学金を借りて、大学にまで行って……

私って一体なんなんだろう……

今日、また一社から祈られた実家から通える範囲会社で、ここにもし受かれば実家に戻って、家族を支えながら働けるな…なんて思っていた。

そしてさっき実家の母から祖父がもうダメかもしれないと連絡がきた。

膵臓がだめになってたらしい。膵臓は異常に気づくのが遅くなりがちな臓器で、祖父発見がもう遅かったんだって

そもそもだって体調はよくない。もともと病気がちで、数年前に倒れてしまたこともあった。

そんな祖父や母を、私全然支えられてない……職すらまともに見つけられてない。借金けが残ってる。


奨学金、借りた本人が死んだ場合はチャラになるらしい。

私は機関保証制度を利用しているので、私が死んでしまったとしても親族には連帯責任が行かない……

大好きだったおじいちゃんももうだめかもしれないんだったら、もう私も死んでしまおうかな……

毎日そう考えて、毎日泣いてる。

2018-06-19

自分社会不適合者だと気づいた

フルタイムで働けないうつ病持ち。でも生活のため仕事に行く。いけるように市販薬100錠入1瓶(どれとは言わない)を過量服薬して出勤する。内臓はぼろぼろで土日は動けない。最近薬物依存なんじゃないかと思う。薬の反動で飯食えないし動けない。ODなんかして馬鹿じゃないかと言われるのわかってるけど、なんとかして行かないと生活ができないじゃない。だから生きるためのODなんだと思ってしまう、この認識が間違っているのはわかっている。

とにかくこのままじゃいけないと思ってここ一ヶ月ほど薬を飲まないようにしている。仕事は行けたり行けなかったりする。それがつらい。だってODしていたら仕事ができてお金が手に入って生きていけるのだから。なんとか生活を守りたくてODしてることは誰にも言ってない。社会にこんなかたちでしか適合することができない社会不適合者なんだとやっと気づいた。これから10年〜20年、ずっと老い未来までどうやって生きていけばいい。薬を止めろ医者相談しろ、言ってることはわかるけどそうすると仕事に行けなくなってお金がなくなるの。誰かがお金出してくれるの?お金がなくなったら死ぬしかないんだよ。頼る親も不仲だし、親も病気持ちだし、頼るのが薬しかない。生活保護受けろって言われるだろうけど、生活保護に対する社会ネガティブイメージを抱えて生きるくらいなら死ぬ。こんな生活嫌だ。死にたい

anond:20180619183433

古い話で恐縮ですが、ブッシュ政権ときにもそうやって心の病気になり自殺した人が沢山いました。

どんなに政治について考えても批判しても行動しても、

しょせん政治を変えることは出来ず、戦争を止めることも出来ない。

社会との軋轢は増えるばかりなのに、最後は、リーマンショックなどもあり。

株価ヤバイですよねー。嫌な予感がします。

JK産婦人科に通うなんてけしからんと言うオッサン

妊娠以外の理由で通院することもある」と反論しても暖簾に腕押しやぞ。

あの人たちは妊娠生理不順・その他女性特有病気、全部等しく「えっちではずかしいもの」と認識してるから

佐山某の反論いまいち噛み合っていないのはそのせい。「だから何?結局はしたないじゃん」と思ってる

幻覚まで見えてくるレベル

なんかもう本当よく分かんねえけど

自分が本当に情けなく感じて謎に病んで

日本帰りてえなってなってなるんだけど

今帰って何になるんだろうって感じだし

からと言って今こうやって過ごしてても

何になるんだろうって思ってしまって

しんどかったら記憶の中のあの人が出てきたんだよね

あのときみたいに引き込まれるような笑顔で慰めてくれたんだ

未だに会いたいなって思うのは病気かもね

あなたを思う時いつも月が見えるの

偶然なのかもしれないけどなんか

あれから月を見るとホッとするんだよ

幻覚見えて喜んでる自分が怖いな

早く気持ち元気になりたいな

anond:20180616015344

マジレスすると、統合失調症的なものによる病的なものか、あるいは(これは病気じゃなくて気質だけど)HSP っぽい。

まずは精神科受診して、問題なさそうなら、自分気質として受け入れるしかいかもしれない。

HSP (wiki で恐縮だが、日本ではまだあまり認知されていない)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハイリーセンシティブ・パーソン

HSP っていうのは一言でいうと「とても敏感な人」で、ほかの人が気にならないような音、匂いものすごく気になってしまったり、

あるいは、人の気持ちが分かりすぎて辛くなってしまう人の事。

こればかりは生まれ持った気質から、治すとか治さないとかそういうものではないといわれているよ

anond:20180619092219

病院でこう言えば病気認定もらえるんだな。障害年金欲しくなったら真似しよ。

https://news.headlines.auone.jp/stories/economy/economy/11622563

性同一性障害GID)は「性別不合」という名称になり、精神疾患から外れた。ジェンダー多様性病気ではなく、個人状態だという考え方を反映した。

てことはLGBTがLGBになるの?

anond:20180619064123

ぼくがかんがえたびょうきのていぎとかアホか?妄想事実区別できないのは立派な病気だし、地震予知ができないなんてしっとけばいいだけの事実拒否してるのも問題

そもそもデマ紙一重じゃなくて、デマのものから。どこまで言ってもアホを晒してるな。

anond:20180619063056

君さ、単に自分の気に食わないやつに「病気」と当てはめてるだけでしょ?

精神病絡みって、大概「生活に支障が出る」ってのが付け加わってるんだが。生活に支障ないもの

そういう意味で、このことで支障がないため「病気」ではないね

地震予知が真か偽かともかくあって、それでストレス生活に支障が出たら病気

で、地震予知絡みってのは、「デマ」と紙一重なので問題。というのはわからんでもない。まあ、基本的スルーしたらいいだけのもの

何らかの電波、音波に異常があるかもしれないぐらいのところまではわかってるが、体系的な予知まで至っていないのが今の科学の現状。

体系的な予知にまでまだ結び付けられないから大きな金がつくめどもない、だから研究が進まんという鶏と卵の理屈でもあるかもしれんが。

anond:20180619061859

からそれを予知と結びつけるのが病気だって言ってんだよ

地震があった時に勝手に昨日の出来事を思い出してあれは予知だったとか思い込んでる

お前が言ってるのは俺が東北地震の前日、米派の俺がパンを食べたくなってパン屋に行ったってのと同じレベル

anond:20180619061141

お前が勝手自分耳鳴り地震を結びつけてるだけだカス

こんだけ言われても気づけないってガチ病気だわ

本当に病院に行け

地震がくるぞって騒いでたらさすがに周りが病院連れてってくれてるだろうから家族にでも打ち明けて病院連れてってもらえ

anond:20180619060138

病気から病院いきなさい

昔はお前みたいな病気の奴が同じこと言って祈祷師やら占い師やら宗教家で成り上がるやつらがいたが

現代では迷惑デマ野郎しかない

不安感の強い奴はお前のそのデマに惑わされるんだぞ

病院で薬漬けになってに度とシャバに出てくるな

anond:20180619024529

イモトコスプレした件で普段からコスプレしてたりコスプレが好きな奴が炎上させてるね。

どう見ても似合ってないコスプレしてたり、とりあえず露出増やしてるだけのコスプレイヤーよりもイモトの方が楽しませてくれてるという。

芸能人がそういうことやると気に入らないと思ってる奴らの炎上のさせかたはホント病気

anond:20180619004606

就職しても事故病気で一発で詰む 

家のローンがあって家族がいたら悲劇が起きる

2018-06-18

anond:20180618234259

パスタなんざせいぜい1500、

おしゃれ風の店でコースでもせいぜい5000程度だろw

から1人5000円と何度も言っているのだけれど

文字が読めない病気の人か?

anond:20180618162152

僕は、昔からの友人が何かの病気になって妄想にとりつかれた時には、純朴にも彼の主張を信じ切って悩みを聞いてあげていました。

テレビ自分の噂をしているという悩みを聞き、彼のいう番組を録画したり一緒に見たり、

またある時はネットでの「悪口」を管理者通報して削除させるなど、今思えば馬鹿馬鹿いくら一生懸命でした。

世の中には病気の人と、純朴な人がいるということです。

あなた迷惑していなければ、そっとしておくのがよいと思います

anond:20180618131100

病気とかではない女には「産む機能」が必ず備わっているというのに

病気とかではない男には「働く機能」が必ず備わっているわけではないという残念な感じ。

男とは、産む機械未満の底辺だったのか。

anond:20180617175503

病気なんかじゃないよ。街宣右翼仕事として淡々とやってる。

どこから金が出てるかは言うまでもないよな。

病気の人をからかうのはよくない

アラサー処女婦人科に行けない理由

処女でも婦人科に行こう』という記事を読んだ。今までも、「処女だって婦人科検査を受けるべき」という言葉は何回も見掛けたし、体の健康を思うならその通りだと思う。

私は生理痛が重い。他の人と比べるなんて出来ないけど、1日目2日目はベッドの上で子宮を伸ばさないように丸まっていないとつらい。仕事の時は薬を飲まないと動けない。病気の恐れもあるから婦人科に行くべきだと思う。思うけど、どうしても行けない。それは、高校生の時の体験所為だ。思い出しながら書くから長くなるかもだけど、吐き出したくなったから全部吐き出させてほしい。

私は高校生の時、今よりずっと生理痛が重かった。薬を飲んでも下腹部の鈍痛を忘れられず、脂汗を滲ませるのが常だった。更に冷え性お腹が弱かったので、生理中かどうかに関わらず、制服スカートは足が冷えてつらかった。ただ、有り難かったのは、しょっちゅうお腹を壊してトイレに駆け込む私を誰も笑わないでいてくれた事。女子高生の私にとっては有り難い事だった(陰では耐えがたいあだ名とかつけられていたかもだけど)

授業を抜けてトイレに長時間籠る為には保健室先生許可必要だった。だから必然と、保健室先生は私の生理痛の重さを把握していたし、心配もしてくれた。そして2年生の秋頃だったと思う。遂に保健室先生に「学校抜けて今から病院行ってきな」と言われた。痛みには慣れないけど痛みがくる事には慣れていた私は大袈裟な、と思ったけど、そろそろ受験視野に入れなくてはいけない頃で、3年生になれば今程授業を抜けられないというのも分かっていたので、先生が呼んでくれた母親の車に乗って、婦人科に向かった。先生には「エコーでしっかり診てもらって、薬も貰ってきなさい」と言われた。婦人科は初めてで、膣に何か入れるんだろうかと、処女の私はそこがすごく不安だったけど、結果的にはそれをやってもらった方がずっとマシな結果になった。

学校からは遠いけど地元ではそれなりに大きい婦人科病院(家から近い)に行った。待合室で待っている間の事はあまり覚えてないけど、付き添ってくれた母に「すぐ終わるよね、痛い事はないよね」と不安気持ちで聞いた事だけは覚えてる。そして看護師さんに呼ばれた。中に居たのは60歳くらいの院長先生。ここまで来たら腹を決めろと思って、院長先生生理痛があまりに酷い事、授業を受けられない事を話した。そして開口一番、院長先生が言った。

処女なんだね。帰って良いよ」

は?と頭が真っ白になった。何を言われたか本当に理解出来なかった。母も何か思ったのか、本当に毎月つらそうで診てほしいと院長先生にお願いしてくれた。そしたら言われたのだ。

処女なんだよね? いるんだよ、君みたいな子。性行為経験もないのに子宮内膜症じゃないかとか疑って来る子。処女ならほぼその可能性はないし、体質だから仕方ないんだよね。他にも患者さんいるから、はい、お大事に」

アラサーになって色々ネットで調べられる今なら、この院長先生がクソな事は分かる。けど、勇気を出して婦人科に行った当時の私には面倒臭そうに上から目線説教するような言葉が怖くて、自意識過剰と言われたようで恥ずかしくて、仕方なかった。それでもお腹が痛いのは本当だし、保健室先生エコーで調べてもらえと言われた事を言ったら、それはもう面倒臭そうに顔をしかめてエコーを取ってくれた。ただ、そういうものなのか知らないけど、その場で画面を見つつ「異常なし」と言われただけで終わり。帰らされた。

こうして、私の人生初の婦人科体験は、『処女は来るな』の一言で終わった。

他の人からしてみれば大した事ない体験かもしれないけど、それから私はずっと婦人科が怖くて仕方ない。何故ならアラサーになった今も処女のままで、当時と変わったのは年齢だけだからだ。リスクが上がってるのは分かるんだけど、婦人科、と考えただけで、あの面倒臭そうな院長先生の顔が思い浮かぶ。「処女から病気可能性はないよ」と声が蘇る。婦人科検査を受けたい気持ちはずっともってる。だけど、婦人科に行くのが怖い。テレビに出てくるような有名な先生なら処女でも相手にしてくれる気がするけど、地元医者処女である私を相手してくれる保証がない。ここまであの院長先生言葉に縛られてしまっているのは、数年後、その病院で働いてる人に会ってしまった事も大きいかもしれない。

「院長先生結構評判良いよ」

私にとっては最低最悪トラウマ植え付けてきたクソオヤジだけど、私以外にはそれなりに良い医者であるらしい。なら私が間違っているんだろうか? 本当に処女子宮内膜症とかにはならないのだろうか? そんな事を思いながら今日病院に行けず、生理痛に魘されながらベッドの上で過ごしましたとさ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん