「ファンアート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファンアートとは

2021-05-06

二次創作BLおよび百合等もセクシャリティの改変なのではないか

主に少年漫画系を想定する話として、漫画アニメキャラが当然のようにヘテロセクシャルであるということを前提とするのはヘテロセクシズムであり、そのキャラがもしかしたら同性愛者かもしれないじゃないか、というのはわかる。

ただ現実的には性的指向が明かされるキャラなんてそうそういるわけでもない。彼氏彼女がいる、性欲があるキャラの描き方がされることもあるけど、そうでないことの方が多いくらいなんじゃないかテクストだけを見るならば、むしろ多くのキャラが無性愛者だと考えたっていいくらいではある。

恋愛描写のないキャラに対して半ば強引に二次創作ヘテロものBL百合あるいは夢小説にするというのはセクシャリティの改変であり、厳に慎まなければならないことなのではないか

先日、アセクシャル矯正する薬を飲ませて恋愛をさせるという漫画Twitter炎上していた。これは別におかしなことではない。その人物、そのキャラクターのセクシャリティ尊重せず、無理矢理恋愛あるいは性行為をさせることなど以ての外だからだ。そのことは多くの人が批判点として共有していた。

しかし、そうであるならば二次創作として描かれる恋愛ものも同じなのではないか? そこに刃は向けられないのか。

別に例はなんでもいいが、カヲルくんとシンジくんでも、煉獄さんと炭治郎でも、五条悟と虎杖悠仁でも、その他無限カップリングについても、そのキャラゲイまたはレズビアンではないのではないか場合によってはヘテロセクシャルですらないのではないか、という疑問は残る。メインキャラはともかくサブキャラになればなるほど恋愛描写なんてなくなるわけで、ヘテロセクシャルなのかどうかすら描写が皆無なんてのは珍しくもない。

もちろん、仮に性的指向であるからといって、相互関係性を必要以上に縮ませる(はっきり言うと性行為をさせるエロ同人など)こともまたそれでいいのかどうかという問題もある。

ミスジェンダリングという言葉があって、トランスジェンダーやノンバイナリーに対して当人の自認するあり方とは違う性別で呼ぶことを批判する用語なのだけれど、それはゲイレズビアンヘテロセクシャルとして扱うことにも適用されるものではあると捉えている。このことは二次創作には適用されないのだろうか。

所謂ポリティカル・コレクトネスについて、私は重視しているのだが、そうであるが故に、それを推し進めていくと今まであった二次創作もまたどんどんキツくなっていく。インターネットにおいて二次創作ファンアートは聖域に近く、その存在を認めない発言は極めて少数だ。二次創作存在していいものとしてあることが明らかな既得権になっている。ポリティカル・コレクトネスを重視する人はしばしば批判対象の既得権特権)を指摘するのだけれど、そういう人が、個別的エロ同人などはともかく、二次創作のものにまで批判を向けることは、意外に少ないようにも思う。フェミニストでありオタクでもある、というのは非常によくあることでもある。そのこと自体別に問題ない、けれど、自分の持つ刃をどこまで適用するか、という問いはいつでも突き刺さったまま残るのではなかろうか。

今まで自明であったものがそれは抑圧だという批判に晒されるということはよくある。例えば所謂腐女子(この名称にも問題は多数あるわけだが割愛)の中での「ホモ」呼びもこの10年で漸減してきたとは感じるけれど、それと同じように、そもそもの前提としての性的指向の改変自体が好ましくないものなのではないか、という問いの声は、もう少し出てきてもいいとは思っている。

既得権からは「二次創作文化である」という反論が来るのだろうけれど、そんなのはセクハラ文化だと言っているに等しい、とさえ言うことができるのではなかろうか。既得権はいだってそれを自覚せず傲慢なままだ、というのはポリティカル・コレクトネスを重視する側ではよく聞く話でもある。

すぐに変わるとは思っていない。変化には長い年月がかかるだろう。ただ、自分の楽しんできたものは正しかったのかを問い直す作業は、どの分野でもあって欲しいとも思う。

2021-04-30

anond:20210430163321

ウマ娘であっても牡馬は生えてるよ

画面には映らないしファンアートでも誰も描かないだけなんだ

anond:20210430131931

今のインターネット時代、ただ見て遊んだだけの人間なんて君じゃなくてもいくらでもいるんだわ。

自分で考えた良かったも語ることもできない人間コミュニティの席与えて喋らせるほど皆は暇じゃない。

その好き自体は何でもいいけどさ、何にもないってことはそのコミュニティからしたら「消費しただけ」のファン底辺しかないんだわ。

例えばファンアートを描く人なら、その作品に対して何時間もかけてイラストを描きたくなる、好きの強さが存在してるんだよ。

そういった創作披露できない人にも残された最後の好きの強さのアピール推しだったりするんだけど、君にはそれすら無い。

何にもない君と好きの度合いが全然次元な人たちに仲間に入れてもらいたいとか恥ずかしくなる。

2021-04-29

高田吉田増田の話

増田は30歳の女である

最近、ある漫画に夢中になった。週刊の連載を追うほどである

子どものころから単行本派だったので、毎週決まった曜日にワクワクしたり、休載の日は落ち込んだりするのは初めてのことだ。

その漫画登場人物の細密な描写に定評がある。性格にブレがなく、行動規範も芯が通っており、生き生きとしている。

故に、私はとある人物ファンになった。ここでは便宜的に「高田」と呼ぶことにする。

高田の出てくる話は何度も見返した。セリフも覚えた。

しかし、満たされない。もっと高田を見たい。原作だけでは物足りず、ついにpixivに手を伸ばした。高田名前検索をする。

ずらりと検索結果一覧に高田ファンアートが並んだ。

かっこいい高田、凛々しい高田、可愛げのある高田…。

どの高田も素晴らしかった。

そして、高田カップリングが目に留まった。カップリング相手男性。いわゆるBLだ。

ここでは高田相手を「吉田」とする。

私はBLは嫌いではない。中学生ときには他のオタク女子同様、一度は通った道である

当時の同人個人サイトでの活動が主流で、ジャンルを表す隠語検索し、相互リンクをたどり、作品に触れたものだった。

いまやPixiv簡単にたどり着く時代になったんだなと感慨深さを覚えながら、高田吉田カップリング(以下、「高吉」と表記)をいくつか眺めてみた。

なかなか良い。絵が上手い人が多いし、漫画作品小説も、たくさんある。どの高吉の解釈も興味深いし、鋭い洞察には思わず唸った。

しかし、ここで問題にぶつかる。私は、エロよりプラトニック作品が好きなのだ

エロ自身はあってよい。いい文化だ。否定するつもりは毛頭ない。

しかし、エロを見たか嫌悪感まではいかないが、なんというか、お腹が減っていないときに山盛りのラーメンを出されるような気分…というのだろうか。嫌いじゃないけど、そんなにはいらないかな…といった気持ちになる。

そして令和の今、プラットフォームの発展により、15年前よりは比較オープンセクシャル作品掲載されている。

Pixiv18禁作品にはワンクッション警告がされているので心の準備もできるが、Twitterだといきなり出てきてドキッとする。(Twitterの「センシティブ画像ブロックする

機能」?は精度が低すぎて、犬猫画像レベルでもブロックされるから使っていない)

もっとプラトニックな高吉を見たい。高吉の信頼関係フォーカスした作品を見たい。そんな思いを抱えて悶々としていたとき、ある考えにたどり着いた。

ーーお前が製作者になるんだよ!

そうか。私が作ればよいのか。私が、私の思う、最高の高田吉田を描けばいい。

さっそくペンをとった。ファンアートを書こうと思うなんて何年ぶりだろうか。

原作を見ながら、高田吉田練習をする。描きながら、原作においてのキャラクターの造形や小物へのこだわりを知る。うーん…こんな細かいところまで描かれているなんて、さすがだ。

とりあえず、高田吉田の特徴は掴んだ。自分のなかでは及第点で描けるようになった。欲を言えば、もっと高田のかっこ良さを表現できるようになりたいし、手や骨格の描写も上手くなりたいが、欲ばかり言っていられない。まずはここからだ。

さて、高田吉田の絡みを描く番だ。意気込んだ瞬間、筆が止まった。

何も思いつかない。脳みそがまっ白だ。

あれだけ二次創作を読者として楽しんでいたのに、いざ自分で作ろうとなったらまったく分からなくなってしまった。中学生のころはあれこれ妄想できていたのに、15年の時を経て、私の脳みそストーリーを作る力をすっかり失ってしまっていた。

なんてことだ。なんてつまらない人間になっていたんだ。

思い当たる節もある。漫画こそ読んでいたものの、そのほかの創作に触れる機会はめっきり減ってしまっている。小説にいたってはもう何年も読んでいない。

自分物語を考えるなんて、もう十何年前の話だろう。

にっちもさっちもいかず、気分転換コーヒーでも飲もうと思いキッチンに移動した。

冷蔵庫からセブンイレブンの紙パックで売っている「いつものコーヒー」を取り出す。

冷凍庫の氷をグラスに入れようとしたとき、氷がすべてなくなっていることに気づいた。

「いつものコーヒー」は氷なしで飲むと濃い。飲めないこともないが、苦みが強く出過ぎる気がする。

そこで、先日カルディコーヒー豆を購入していたことを思い出した。

在宅勤務のお供にと思いつつ、忙しくてなかなか淹れずにいたのだった。

ホットコーヒーを淹れよう。

そう思い立って、薬缶でお湯を沸かす。

豆をミルに入れ、ゴリゴリコーヒー豆が挽かれる音を楽しむ。

そこでふと、思いついた。

これが高田だったら、どうだろう。

高田は割と腕が細いから、コーヒー豆挽くのも大変かな。

吉田の方が力持ちだから、豆を挽くのは吉田役割かもしれない。

でも、吉田料理を作るのが上手そうだ。

だったら、料理担当吉田で、食後のコーヒー高田担当かな。

そしたら、そしたら……。

次々にイメージが膨らんだ。高田吉田がともに暮らしている情景が目の前に広がった。

きっとインテリアはこんな感じ。高田はきっとコタツが好きで、コタツで寝ちゃうんだろう。

コタツで寝た高田吉田が布団まで運ぶんだろうな……。

堰を切ったように、シーンが思い浮かぶ。15年もの間閉じていた想像力の扉が開いた瞬間だった。

これなら、描ける。描けそうだ。

増田一心不乱に描写した。そして、Twitter投稿した。

高田用に作ったTwitterアカウントでは、フォロワーは3人しかいない。

きっとこの作品は、誰に見られることなタイムラインの海に消えていく。

それでも、私の脳みそからまれた、私が思う最高の高吉を世に出せたことは、喜び以外の何者でもなかった。

想像力は、いま私のもとにある。

2021-04-28

推しの肌の色を勝手に変えられてる話

推しの肌の色は白。綺麗な白なんだよ。黄色人種だけど、アニメ見た限りではヒロインと同レベルで白かっただろ。

このジャンル、確かに歴史は長いし海外ファンも多い。ポリコレ関係なく、推しの肌の色が2回ほど土色で塗られていたこともある(理由は知らない)

だ け ど も 、お前の描いてるそれは土色で塗られてたとき推しじゃねぇよな明らかにな~~~??? 肌が白いはずの推しだよなぁ?!

推しの肌の色はさぁ、初めてアニメが始まったときも白で、最新のTVシリーズでも白なんだよ。

ここまで描いたらもしかしてあのジャンルかな?って気づくオタクいるかもしれない。そう、あのジャンルです。節目の年なのに記念グッズが高すぎたりしょぼすぎたりするあのジャンルです。

公式は一部キャラ冷遇をいい加減にやめろ。

わざわざハッシュタグまでつけてるのがムカつくわ。何がファンアートじゃい。ファンならもう少し原作アニメを見てくれよなー頼むよー

お前が白人黒人かは知らねぇが、推しの肌の色は白。

自分欲望のままにアジア人を真っ黄色に塗ったり黒く塗るのはやめろ。クソッタレ

2021-04-24

[]西山茂行氏の「ウマ娘エロOK→2次利用NG騒動時系列順に

ずっと話題を追っていて徹夜気味の頭で書くので、細かい誤字脱字やミスがあっても大目に見て欲しい。



セイウンスカイニシノフラワーオーナーエロ同人誌を嫌だと思うのだろうか」という旨のツイート投稿される


オーナー西山茂行氏、そのツイートエゴサーチ発見し(重要!)、「わしは全然OK話題になるだけで嬉しいんですよ」とリプライする

(※現在削除済み。スクリーンショットhttps://imgur.com/a/CJQ4gGx


そのツイートを見た不特定多数が「セイウンスカイニシノフラワーエロ同人が解禁された」と判断する


西山氏、他のアカウントへのリプライで「ただし許可を取るように」という旨のツイートをする(も、時既に遅し)


情報拡散し、中には明らかな捨て垢が「おもちゃにして良いって許可出た!!!」とツイートするなど、騒動が大きくなる


騒動を察知した西山氏、「わしも今回誤解を招くツイートをして申し訳ありませんでした。【うちの馬の創作2次使用エロ使用、固くお断りします。】」という旨のツイートをする


普通ファンアートをアップするのもやめた方がいいですか?」という質問に対しては「わかりません」「意味がわかりませんのでお答え保留します」と答える


こういうのは取り急ぎまとめないとどんどん尾ヒレが大きくなるので書き記しておいた。

ウマ娘」の権利関係については既にいい増田があったので下にリンクを張る。

端的に言うと馬主に「ウマ娘」の二次創作を直接禁止する権利はない。

[ウマ娘]ウマ娘関連の創作に関する妄想の多さに驚く

https://anond.hatelabo.jp/20210317171527

個人的感想を述べさせてもらえれば、馬鹿捨て垢は論外としても、西山氏もよく分から発言しているせいで情報錯綜を招いた面はあると思う。


追記

西山氏、全年齢向けの2次創作なら可という見解を表明 https://twitter.com/seiun0005/status/1385718281592446978

繰り返しになるが、馬主には「ウマ娘」の二次創作を直接どうこうできる権限はないため、行き過ぎた発言修正したという見方が正しいように思える。

2021-04-23

anond:20210423082614

これ読んで「嫌い」なんてサジェストまじで出るのか?と思って調べたら本当に出てきた

よくTwitter公開垢でそんなこと言えるな、「育成が難しいわ」だけじゃだめなのか?

加えて「メスガキ」なんてサジェストも出てきた、本当にオタクのそういうところが気持ち悪いんだよ、周り見えてない感じが

ニシノとウンスの馬主さんがブログ言及してた事からもわかるでしょ

最早Twitter、ひいてはネット環境オタクだけのものじゃないわけ、悲しい寂しいけど

そういう文化にどっぷりつかった俺のようなオタクたちにはわかりづらいかもしれないが

「メスガキ」なんて本当に本当に本当に本当に気持っっっっっち悪い蔑称なわけ、「メス」に「ガキ」だよ 「オス」でも然りだが

逆にそういう"気持ち悪い"単語をあえて使用することで、「俺たち"わかってる"オタクだよなww」って連帯感を確かめ合ってる一面もあるにはあるさ

けど少なくともその連帯感は目に見えるように出しちゃいけないものだろ、ましてや「マヤノトップガン」っていう実在馬の名前を用いてTwitterという「公の場」でまき散らしていいものじゃない

あれだけサービス開始当初に「名前を借りてるんだしR18はやめよう!」って示し合わせてたのに

最近普通にファンアート調べてるだけでも異様に胸だの足だの強調した絵が出てくる、たぶんここの裁量イラストレーター自身感覚に委ねられる部分も大きいけど、それにしたってもう一次創作でやれやといいたくなる作品もある、チキンレースでもしとるんか?

エロが見たいならDLsiteとかFANZA行けよ、なんか挙句の果てダスカは馬主意向で胸盛った説とか出てなかった?あれ探してもソース出てこない、だれか知ってる?

怪文書文化も行き過ぎて、ただ辺鄙もの書いて目立ってやろうなものばかり

イオーのストーリー、どこにヤンデレ要素があったんだよ

いつもそうだよな、面白いものがあるとみるや一気にみんな群がって、その結果ブレーキきかなくなって、方向音痴に絶壁へ突っ走る

そうじゃないじゃん、"原作"たる名馬たちに思いを馳せながら(っていうと仰々しいけど)、その名前を背負ったウマ娘の可愛さカッコよさを味わっていければいいじゃん

無理に何かを生産しようとしなくていいじゃん、ただ公式が出したストーリーとか絵とか見て楽しいねでいいし本来娯楽ってそういうものじゃないの

2021-04-12

ソシャゲで際どい絵が流れてくる

最近流行りの某ソシャゲを大半のフォロワーがやっているので、ファンアート(二次創作)がしょっちゅう流れてくる

最初は、可愛い絵だなってぐらいのだったのに

最近は、結構絡んでる絵とか流れて来るようになり、遂にキスしてるのが流れてくるようになった

良いのかこれ

運営的には不味い気がするのだが

エロ禁止と言ってるし

エロ=男×女と勘違いしてるユーザー居るんじゃないか

女×女なら良いって

それもエロだぞ

どんどん無秩序無法地帯になって行くな……

2021-04-11

聞いてないのにソシャゲガチャ報告してくる奴

いい加減にしろ

○○が出た、○○が出ない、なんてツイートを見たら嬉々として寄ってきて出た、出ない、○回回した報告してる奴。

定期的に沸くがやめろ。

お前に興味ねぇしお前のガチャ報告なんざもっと興味ねぇわ。

ウザすぎて元々ガチャ結果なんて上げてなかったけどソシャゲツイート自体ほぼしなくなってもたまにあげたファンアートガチャ報告してくる奴がいる始末。

まじでいい加減にしろ

リプライで言うな、聞いてない。

勝手ツイートしてろ。

2021-04-10

ROM専が初めて推しカプ二次小説を書いたのだが投稿する勇気がでない

いやもう表題の通りである

当方成人済み腐女子である漫画アニメは昔から好きだったけれど、十代から二次創作およびBL存在を知ってしま

ガラケーでは推しカプの小説ランキングサイトを上から順に訪れ、個人小説サイト様で素敵な作品を貪り読ませていただき

スマホに変わってから丁度ピクシブなる存在を知り、この歳になっても相も変わらず推しカプ小説イラスト漫画を血眼で読みあさる日々である

オリジナル商業作品も勿論好きですが、二次創作ってファンアートとして込められた熱量が伝わってきてまた別の良さがありますよね。

BLに限らず原作愛に溢れた作品はとても好き。

ちなみに隠れオタクかつビビ野郎なので、リアルでもネットでも誰かと萌え語りも交流したことがなく、

皆様の素晴らしい作品群に性癖が着実に歪められ、その性癖他者との交流ゼロによって純粋培養かつ煮詰められた哀しい存在になっている気がする。

とりあえず目に入ったものは何でも口に入れるタイプなんだ……。守備範囲バリ広かつマニアックになってしまったんだ……。

閑話休題

今まではどんなに萌えても読む専見る専ROM専だったもので、

創作については他人事、あるいは対岸の火事のように「わぁーすごいな大変だなー」と捉えていたのですが。

とあるキャラに沼りました。ソシャゲキャラで、元々キャラデザした方のイラストファンだったのでそこから興味を持ったのですが。

いやー落ちた。沼だった。ビジュアルがそのキャラデザした方の持ち味がよく出ていて、その時点で好きだったんですが

中身性格含めて性癖にぶっささる要素てんこ盛りで最早推すしかなかった。

彼には好敵手とされる天才キャラがいるんですが、もうこいつのことしか頭にないんですよ。

自身も優秀なのに、その相手に何をやっても勝てない劣等感自分への怒りを燃やしながら自壊するような不器用さがあって。

ゲーム内では悪役ポジで登場して、悪行の限りを尽くす非道なんですが(でもそんなところも好き)、

そこに至る前の彼、至ることになってしまった心理とそこまでの道筋想像するともう……もう……(語彙力)

当方BL嗜好としては関係萌えが強いので、ゲームもぼちぼちやりつつ

エロとか健全とか気にせずこの天才キャラ推しのカプ二次作品も漁っていた訳なんですが。

萌えが高じすぎて初めて自分での創作に手を染めましたね。はい

長いお話はまだ書けず、1本3000字ぐらいのたいしたことないSSばかりですが。

一時期話題になった、同人活動をする女性達の群像劇漫画を呼んで、

ROM専だった一人が小説練習しまくって、初めて二次小説を書き上げるお話を読んで憧れたのもあります

ちゃんとした形のだと15本ぐらいPCに溜まりつつある。

最初自分で見返してニヨニヨするぐらいだったんですが、

だんだんせっかく書いたんだし誰かに見てもらいたいとか……欲が出ちゃいますよね……。

だがしかしいかんせん勇気が出ない。

個人サイト様のWEB拍手を押すだけで緊張していたやつがネット投稿なんてハードル高いわ。

ツイッターフォローのみ交流ゼロROM専の使い方しかしたことないわ。

とりあえずピクシブとぷらいべったーで非公開にして、そもそも作品アップロードすること自体練習をしている。

タグ付けとはなんぞや?!地雷への配慮とか検索避けってこういう感じで合ってるのか?!ページ分けってどうやってるの??みたいな状況。

先に苦しみを知っていた方が良いと思って、推しアンチスレだの二次創作愚痴スレだのも読んでいるんですが(予防接種みたいな使い方……)。

いや所詮ファンアート自己満足なんだから自分だけで書いて楽しめばいいとは思うんですが、

でも誰かに読んでもらえたら嬉しいだろうな……。自分なりにめっちゃ推し推しポイント描写してるんだよな……。

あわよくば推しを好きにならなくてもいいから知ってもらいたい……(いややっぱり好きになってもらえると嬉しい)。

いやでも誰かに添削頼めるようなもんじゃないし文章力も自信ないな……でもな……。

上記の状況が続き早2ヶ月。

頭の中で悶々とし続けるのもあれなので、整理のためにも匿名ブログで吐き出した次第。お目汚しすみません

一次でも二次でも、創作して作品公開してる人すごいなー。ホントに。

巧拙とかそんなの抜きで、ちゃん作品最後まで完成させて公開までやる、それをやっていること自体尊敬の念を抱きます

2021-04-05

anond:20210404071509

有償ならともかく、無償ファンアートにまでそこまで強く禁止したところで、じゃあ何の罪なの?って思うんだが。

2021-04-04

ソシャゲエロ絵と表現の自由の死

※まず、大前提として公式が嫌がる有償エロ同人活動の是非については触れません。あくまでも無償でのエロ絵の話になります

また、あくまでもSNS上での話題を見かけ、個人的に思った事のメモ書きになります

タイトルが大げさですが、なんか変だなぁと思ったので。

ソシャゲエロ禁止周知、絵を描かないし、焦点になっているゲームもしない側からすると、変だなぁと思うわけです。描いたら「絵描き仲間」「ゲームプレイヤーから警告が来る状態らしい。

公式の言い分としては

「何かあったら公式じゃなくて、元ネタ権利から何かあるかもよ?」

との事。

元ネタ的にその権利はいわゆる○級国民と呼ばれる立場の方々が多い印象。

継続的高収入を維持しているわけですから

まり、そういう人達になんか言われたらコンテンツ自体消えるからな?(下手したら本人も、みたいな冗談もよく見かけた)というトコが1番のポイントらしい。

かといって無償で描くセンシティブな内容のファンアートまで口出しするのだろうか。 

かにオタク向けアート気持ち悪いと思われても仕方が無い物も多い。

目を覆いたくなる様な表現も少なくは無い。

しかし、そこに法的な根拠があっての口出しはあるんだろうか。

表現の自由より優先される根拠があるのだろうか。

元ネタあくまでも動物であり、法的な意味毀損される名誉があるとも思えない。(この辺は不勉強で実際はあるのかもしれない)

かに歴史やなりたち、育成から調教レースの素晴らしいドラマやかかったお金名誉であるとは思うし、バカにされたりないがしろにされたら感情としては全く良い気持ちがしないのは確かである

自分もも権利者だとしたら良い気分はしないだろう。

しかしそれはあくまでも感情論。

気持ちいか有罪

はまかり通るのだろうか。

しかも、公式ではなく、「元ネタ権利者」という1歩離れた立場人達から

○○娘は所謂擬人化コンテンツであり、キャラクターデザイン版権公式が持っているものであり、元ネタ権利者は言ってしまえば名前を使う許諾をしている 程度なのでは。

何はともあれ、同人文化に詳しくないので、知っている作品コンテンツをざっくり調べてみた

エヴァ 最近ルール更新され話題になったらしい。元のイメージを崩す表現は控えるようにとの事。(昔の劇場版内臓ぶちまけてたり、公式の脱衣ゲームがあったと思うけど)有名な絵描きさんがルール設定でもう描かない宣言をしたらしい。

・円谷系 一番厳しいと出ていた。有償でのエロ禁止。実際に販売停止や削除依頼が来るらしい。エロなしでもイメージを損なう漫画等も連絡が来るらしい。円谷ルールみたいな感じで広まっているらしい。無償エロ絵で削除依頼等が来た話は見かけなかった。

ガンダム インターネット上に小説などを含むあらゆるファンメイドコンテンツ禁止 と文面上は書かれているが、実際は海賊版著作権侵害レベルの話のための記述と思われる。特に大きな取締があった事案は出てこなかった。又、無償エロ絵の削除依頼の話は出てこなかった。

素人ガイドラインを読んで理解した内容です。勘違いしている部分も多々有ると思います。)

なる程。あくまでも商売的に敵になる場合は動くぞ。という感じなのか。という印象を受けた。

円谷プロに関しては、元々フリー掲載していた仮面ライダーVS人類という構図の同人漫画打ち切り・削除という流れになっていた例は見かけたが。

さて、今回のコンテンツ

そう考えるとかなり異様な空気を感じる。

Twitterを見てると、無償でのファンアートであっても少しでも性的表現があると「○○娘警察」と呼ばれる口出ししたがりなユーザーからメッセージが来たりするらしい。

いよいよ本質が分からなくなってきた。

というより、アーティストはやたら「表現の自由」を主張するイメージがあったが、オタク全然しないんだな。という印象を受けた。オタクコンテンツに明るい政治家表現の自由を焦点にしていたので、てっきりこだわりが有るかと思っていたのですが。

ざっくり他人意見を見ていると

公式的には認める訳にはいかないけど、法的な根拠否認はし辛いのでは。

元ネタと同じ名前を使っているので、サジェスト汚染が発生する可能性がある。(もう起き始めている)

・その汚染健全絵ならともかく、エロ絵だとマズいよね。

・何かあったとき公式トラブルに巻き込まれからめんどいからやらんでくれ、が本音なのかな。

結局答えは出ず。

というより、前述の「○○娘警察」による自治ルールが守られている感じの様。

健全可愛いデフォルメキャラTシャツを作っただけで炎上してるのは異様だったが。

あえて描きたくても怖いから描かないという意見もチラホラ。

それでオタクが納得してるならまぁ良いかな…と腑に落ちないけど飲み込む事にした。

(察しの通り、面倒くさくなっただけ)

※冒頭の通り、ただのメモ書きです。乱文駄文

2021-04-01

とある界隈のチワワ森に遭遇事件(2019)

ファイル整理をしていて勿体ないと思った記事第2弾です。

これで終了です。

前回記事『2018~2019年頃に執筆したwrwrd二次創作ガイドラインについての自己解釈』を執筆するきっかけとなった出来事についての記事なので一部同じ内容が含まれています

どちらか一方しか読んでいなくとも問題はないような作りとなっています

↓以下、本文

10月某日 某生放送にて

放送参加者リスナーMinecraftで『黒歴史ガチャ』と言うもの製作

それを先にTさんが回し、「貴方は○○番目のアリス」と書かれた紙が出て来た。

次にKさんが回したら「森頁」(実際は正式名称が書かれていた)とだけ書かれた紙が出て来た。

Kさんはその意味を知らなかったので知るためにそれを検索

端的に言えば、そのサイト現在ナマモノ半ナマと呼ばれる実在する人物を元にした二次創作が席巻していた。

そして、キーワードランキングは彼らの略語が1位となっていた。

さらに言えば内容は腐と呼ばれるちょっとあれなものが多数。

個人運営するサイトはその界隈を知る人達しかからないパスワードがかけられていたが、アピール文と言う『サイトの内容を示す文章』がサイト名の下には掲載されていた。

そこにはCP名やR系を示す内容、サイト運営者の趣向などが書かれていた。

実際には分からないが、恐らくKさんはそれらを見てしまったと思われる。

数分間の無言と困惑したような呟きから、「虚無の塊」と言う言葉が出て来た。

見た感じではかなり引いている様子で、フォローのような「世界は広い」と言う言葉も残した。

いつも明るくどんな事でも笑い飛ばす彼のテンションが明らかに下がっているのが見受けられた。

ナマモノと言うジャンルは隠れて行うべきもの”と”本人の目に晒しはいけない”と言うタブーが破られた。

この事でその界隈の人達ファンが荒れている。









黒歴史ガチャ』を作った人に、ナマモノを本人に見せる意図はなく、

「おや、見つけてしまいましたか。うんたらかんたら、ごゆっくりどうぞ」

(隠しリンク、大体イラスト小説日記)

貴方は○○番目のアリス」(キリ番)

などが盛んだった頃の話を想定したもので、今の20代・30代が過去に通ったであろう夢小説などオリジナルHP作成が盛んだったあのサイトは外せなかった。

黒歴史=あのサイトは分かる人には分かる、今の若い世代には分からない公式である

黒歴史ガチャ意図を汲めば、彼に悪意はなかった事が理解できる。

放送を見てもいないのに憶測勝手に決め付け、責めるのはお門違い。

責めるのであれば、

誰の目にも触れられる可能性のある場所活動していた、検索避けもろくにしていなかった、ランキング1位に躍り出ている危険性を理解できなかったサイト運営者達である


結果として、

黒歴史ガチャ製作した人はあのサイトの現状を知らず

Kさんが分からない事はきちんと調べる立派な大人であったこ

ナマモノの界隈ルールを明確に理解出来ていなかったサイト運営者たち

その全てが衝突して起きた事故であり、一部によっては自業自得である一連の出来事であった。










まず、この問題は”ご本人様の目に晒されてしまたこと”と”ナマモノ界隈のルールを守れていない”と言う点が一番の問題であると考えています

そして、もう1つは事態を正確に把握できていない人達憶測で話し合い、それを鵜呑みにしていることです。

ナマモノと言うのは非常にデリケートでつついてしまえばすぐに崩れてしまう。そんなものです。

何故かと言うと、現実世界で生きている生身の人間が、二次創作と言う人の想像によって自由に動かされているからです。

まり簡単に言えば他人自分想像の中で思いのままにしていると言うことです。

当然、その事に嫌悪を感じる方はいます

例えば、生身の人間二次元に置き換えて、動物の耳や尻尾を生やしたり、TS(性転換)をさせたり、同性同士で恋愛をさせたり、団体であればメンバー同士でそう言った関係にさせたり。

同性同士の恋愛と言うのは現代社会においても理解がされにくいものとなっています

嫌悪感を抱いたり、理解が出来ないと言う人もたくさんいます

同性愛でなくとも、身体的な改造に嫌悪を抱く方はいます

からこそ、他人不快な思いをさせないためにもナマモノと言うのは隠れて行うべきなのです。

当然、その他人の中には題材にされているご本人様達も含まれます

自分に置き換えて考えると分かりやすいですが、長く付き合いのある親しい友人と自分第三者の手によってカップルにされている。そう言った行為を描かれている。となれば不快に思うでしょう。

これは、友人が同性であろうと、異性であろうと同じだと思います

全然大丈夫、気にしない」など、強気発言をする方も中にはいるかと思いますが、それは相手にもよるでしょうし、誰とでも問題ないと言うのであれば、少々貞操概念見直した方がよろしいかと思います

自分自身が、顔も名前も知らない人に好きに描かれているのは不安や恐怖があるものです。

内容によっては嫌悪感を抱き、名誉を汚されたと訴えを起こす方もいるかも知れません。

我々だ内では公式ガイドラインが出されているので、それはないかも知れませんが。

万が一もありえますので。

そして、そのガイドラインですが。

曰く、

「○○の主役は我々だ!」に関するリアルネットを問わないあらゆる逸脱も含めた二次創作表現全面的に歓迎しています

利用者間では

・どんな創作表現にも、とてもおおらかに

・各人の解釈方針干渉しない

・作劇上、我々だの中の人感情事実配慮せず、忖度もしない

 という方針運用をお願いいたします。

と、書かれています

これを見て、何人かの方は「あぁ、自由にやっていいんだ」と思ったかも知れません。

しかし、よく見て欲しいのですが、

作劇上、中の人感情事実配慮せず、忖度もしない。

と書かれていますが、本人に見せて良い、不特定多数の人々の目に触れられる場所に無遠慮に置いても良い。とは書かれていません。

そして、重要なのは作劇上、と言う単語です。

作劇、と言うのは物語イラストの事です。現実世界ネット上の事ではありません。

この言葉を詳しく、分かりやす言葉に置き換えて書くならば

イラスト小説などの中では、実際の中の人感情事実(年齢や性別性格)などに拘らず好きに変えても構わない。また、それを製作するのに、自分たちへの配慮は要らない。』

と言う事になります

また、

“どんな創作表現にも、とてもおおらかに”と“各人の解釈方針干渉しない”ですが。

これら二つは利用者間、つまりこれらのジャンルを楽しむ人たちの間の決まりであり、作劇上の表現の仕方は自由である。と言うことにすぎません。

何が言いたいかと言うと、この3つは『多くの人の目に触れる場所ナマモノ二次創作をして良い』『これまでのナマモノ界隈のルール無視して良い』とは言っていないということです。

注意して欲しいことに、

コスプレなど「どこで何の表現をして良いか」はそれぞれの場を提供する主催者によって制限されていることがあります

そうした場で発表をする場合主催者の定めるルールを優先してください。

と、書かれていますが、これはコスプレを例に出しているだけで、限定している訳でもありません。

これまで何年にも渡り、先人様達が築き上げてきたルール無視して良いとは言っていないのです。

コスプレなど、と書かれていますが、言外にイラスト小説などの二次創作物も含まれています

その界隈のルールに則り楽しむように明記されているのです。

ですからナマモノを取り扱う際は検索避け、パスワードの完備、TwitterなどのSNSでは鍵垢にする。など、○○の主役以外のナマモノのを取り扱っている方達を倣って活動するべきなのです。

散々ナマモノと書きましたが、腐を匂わせるもの事実を大幅にねじ曲げたものは全てナマモノになります

ナマモノ定義実在する人物を元に作られた創作物です。

ファンアート、と言われてしまえばそうかもしれませんが明らかにファンアートの域を越えたものは全て鍵垢など大多数の目に触れない場所に隠すべきかと思います

これら全てが出来ていないから、他のナマモノに携わる方々やそうでない方々から民度が低いと言われるのです。

もちろん、きちんとしている方々がいるのは存じています

しかし、今回のことでそれを証明してしまった。守れていなかったことを露呈してしまった。

更には最悪の結果としてご本人様の目に晒されてしまったのです。

現状の我々だ内のナマモノの取り扱いを見直さなければ近い未来、確実に飛び火が多方面に行ってしまうかと予測できます

そうならないためにも、ご自身作品の取り扱いを今一度見直してください

2018年~2019年頃に執筆したwrwrd二次創作ガイドラインについての自己解釈

これは数年前に◯◯の主役は我々だ!にはまっていた頃に公式から出されていたガイドライン自分なりに噛み砕いて理解が追い付けていない人に向けて注意・警告を目的執筆したものです。

(当時は分別が出来ていない方が多かったため)

自己解釈が多分に含まれており、これが全て正しいと言うつもりはありません。

ファイル整理をしていた際に誰にも見せずに閉まっておくのは少しもったいない気がしたので自己満足のために放流しておきます

ちなみに私は2019年の冬辺りからとあることがきっかけで2年ほど彼らから離れていました。なので、現在とはガイドラインが違っているかも知れませんので、正しいガイドライン公式掲載されているサイトの閲覧をご覧下さい。

↓以下本文

ナマモノと言うものについて】

ナマモノと言うのは非常にデリケートでつついてしまえばすぐに崩れてしまう。そんなものです。

何故かと言うと、現実世界で生きている生身の人間が、二次創作と言う人の想像によって自由に動かされているからです。

まり簡単に言えば他人自分想像の中で思いのままにしていると言うことです。

当然、その事に嫌悪を感じる方はいます

例えば、生身の人間二次元に置き換えて、動物の耳や尻尾を生やしたり、TS(性転換)をさせたり、同性同士で恋愛をさせたり、団体であればメンバー同士でそう言った関係にさせたり。

同性同士の恋愛と言うのは現代社会においても理解がされにくいものとなっています

嫌悪感を抱いたり、理解が出来ないと言う人もたくさんいます

同性愛でなくとも、身体的な改造に嫌悪を抱く方はいます

からこそ、他人不快な思いをさせないためにもナマモノと言うのは隠れて行うべきなのです。

当然、その他人の中には題材にされているご本人様達も含まれます

自分に置き換えて考えると分かりやすいですが、長く付き合いのある親しい友人と自分第三者の手によってカップルにされている。そう言った行為を描かれている。となれば不快に思うでしょう。

これは、友人が同性であろうと、異性であろうと同じだと思います

全然大丈夫、気にしない」など、強気発言をする方も中にはいるかと思いますが、それは相手にもよるでしょうし、誰とでも問題ないと言うのであれば、少々貞操概念見直した方がよろしいかと思います

自分自身が、顔も名前も知らない人に好きに描かれているのは不安や恐怖があるものです。

内容によっては嫌悪感を抱き、名誉を汚されたと訴えを起こす方もいるかも知れません。

我々だ内では公式ガイドラインが出されているので、それはないかも知れませんが。

万が一もありえますので。



ガイドラインに関する考察

そして、そのガイドラインですが。

曰く、

「○○の主役は我々だ!」に関するリアルネットを問わないあらゆる逸脱も含めた二次創作表現全面的に歓迎しています

利用者間では

・どんな創作表現にも、とてもおおらかに

・各人の解釈方針干渉しない

・作劇上、我々だの中の人感情事実配慮せず、忖度もしない

 という方針運用をお願いいたします。

と、書かれています

これを見て、何人かの方は「あぁ、自由にやっていいんだ」と思ったかも知れません。

しかし、よく見て欲しいのですが、

作劇上、中の人感情事実配慮せず、忖度もしない。

と書かれていますが、本人に見せて良い、不特定多数の人々の目に触れられる場所に無遠慮に置いても良い。とは書かれていません。

そして、重要なのは作劇上、と言う単語です。

作劇、と言うのは物語イラストの事です。現実世界ネット上の事ではありません。

この言葉を詳しく、分かりやす言葉に置き換えて書くならば

イラスト小説などの中では、実際の中の人感情事実(年齢や性別性格)などに拘らず好きに変えても構わない。また、それを製作するのに、自分たちへの配慮は要らない。』

と言う事になります

また、

“どんな創作表現にも、とてもおおらかに”と“各人の解釈方針干渉しない”ですが。

これら二つは利用者間、つまりこれらのジャンルを楽しむ人たちの間の決まりであり、作劇上の表現の仕方は自由である。と言うことにすぎません。

何が言いたいかと言うと、この3つは『多くの人の目に触れる場所ナマモノ二次創作をして良い』『これまでのナマモノ界隈のルール無視して良い』とは言っていないということです。

注意して欲しいことに、

コスプレなど「どこで何の表現をして良いか」はそれぞれの場を提供する主催者によって制限されていることがあります

そうした場で発表をする場合主催者の定めるルールを優先してください。

と、書かれていますが、これはコスプレを例に出しているだけで、限定している訳でもありません。

これまで何年にも渡り、先人様達が築き上げてきたルール無視して良いとは言っていないのです。

コスプレなど、と書かれていますが、言外にイラスト小説などの二次創作物も含まれています

その界隈のルールに則り楽しむように明記されているのです。

ですからナマモノを取り扱う際は検索避けパスワードの完備、TwitterなどのSNSでは鍵垢にする。など、○○の主役以外のナマモノのを取り扱っている方達を倣って活動するべきなのです。

散々ナマモノと書きましたが、腐を匂わせるもの事実を大幅にねじ曲げたものは全てナマモノになります

ナマモノ定義実在する人物を元に作られた創作物です。

ファンアート、と言われてしまえばそうかもしれませんが明らかにファンアートの域を越えたものは全て鍵垢など大多数の目に触れない場所に隠すべきかと思います

これら全てが出来ていないから、他のナマモノに携わる方々やそうでない方々から民度が低いと言われるのです。

もちろん、きちんとしている方々がいるのは存じています

しかし、今回のことでそれを証明してしまった。守れていなかったことを露呈してしまった。

更には最悪の結果としてご本人様の目に晒されてしまったのです。

現状の我々だ内のナマモノの取り扱いを見直さなければ近い未来、確実に飛び火が多方面に行ってしまうかと予測できます

そうならないためにも、ご自身作品の取り扱いを今一度見直してください。

ご一読ありがとうございました。

anond:20210401211543

どういう認識なのかよくわからんが、「ささやかファンアート程度」でも二次創作二次創作なんよ。

というかウマ娘なんてそれこそ例のお達しの関係エロあかんし。

anond:20210401211117

俺の界隈はささやかファンアート程度なら許容されてるが

エロ絵とか同人誌まで行くと割と批判されてるな

クッパ姫みたいな二次創作絵が流行った時も苦言呈してた人が多かった

anond:20210401210248

あんなに色々とファンアートありきなジャンルばっか流行らせておきながら二次創作批判的ってもうめちゃくちゃじゃん・・・

別に批判的でもいいけど、じゃあ自分の好きなジャンルでもやるなよ・・・

anond:20210401153309

同人とか読み上げとかとかは話が違うかもしれんが

ファンの描いた二次創作を扱うってのはまさに宝鐘マリン自分18禁ファンアートに関する話とかしてたんじゃなかったっけ

anond:20210401121347

ゆでたまご最近、かなり強硬姿勢になったな

AA引用ダメ、全部訴える!って息巻いてる感じ

そのうちファンアートダメにしそう

2021-03-31

かつて親愛なる存在だった推し

※これはただの限界厄介オタクのクソポエム独り言です。

 閲覧は自己責任でお願いします。

「元」推し活動終了する。

「元」と言ったのは、いろいろあって失望し、もう推しとは呼べなくなってしまたから。

もっとこうなればいいなって理想もこんな景色見られたらなって夢も何もかも

これ以上言っても仕方ない、理想押し付ける厄介オタクになってしまうからと降りた。

降りてからは他に楽しめるコンテンツも見つけて、しばらくは忘れて過ごしていたのに

ふとこの「元」推しの門出を祝うファンアートツイッターで流れてきた時、急に泣きたくなってしまった。

卒業してからもずっと推しです」「本当にありがとう」とか、そんなツイートとともに載せられる作品にぐさりと刺された気分になった。

ああもうここは、いなくなってからも一途に推していける人だけが歓迎される世界なんだと思って、居心地が悪くなってしまった。

「元」推しのことは本当に好きだった。声も見た目も作品も、代わりはどこにもいないと自信をもって言えた。

グッズもそこそこ買っていた。リプもコメントピーク時はかなりの頻度でしていた。

それでも自分最後まで見届けられるファンにはなれなかった。最後まで応援できなかった。

いくら「前は推してました!」って言ったって、そんなの無駄なんじゃないか

自分推しに夢を見続けられずに途中で冷めて、離れちゃったんだから

そういう声が頭の中に響いてくるたび「そんなことない!」と「そうかもしれない」に挟まれて苦しい。

何かで読んだ「大好きだからこそ大嫌いにもなる」って。

実際、ほんとにどうでもいいと思ってたらこんなところで書き散らしたりしない。

かつて推しのことが大好きだった自分を疑いたくない。

それでも「これからもずっと推しです!」て言ってる人たちに混ざって

「大好きでした」なんて言えるわけがない。

このなんともいえないクソデカ感情を引きずっていくしかなかった。

からここに書き込んで、自分気持ちを整理して、もうくよくよ考えるのはやめにしたかった。

かつて親愛なる存在だった推し

面と向かって言えなくてごめん。でも大好きでした。

2021-03-30

腐女子界隈のマウント不思議

同人誌は男女で"里の掟"が違うから買った女性向け本の表紙をSNSに上げると大問題になる」未知の文化交流で互いに驚き - Togetter https://togetter.com/li/1689847

呪術廻戦のファンアート(成人向け)をする皆様へお願い - Togetter https://togetter.com/li/1689789

腐女子(女性向け)界隈は男性向け作品と違って配慮ゾーニングしてますマウントを取る割に、『高専』の存在を知らずに呪術廻戦のホモエロ絵をアップする際に記載して検索汚染を起こしている不思議

阪神高専卒の選手調べようと思って「高専 野球」で検索したら呪術廻戦のコスプレが出てきてびっくりだ

国立高等専門学校機構 問い合わせ https://www.kosen-k.go.jp/information/

集英社 お問い合わせ総合案内 https://www.shueisha.co.jp/allinquiry/

2021-03-25

二次創作という尻馬に乗っかって小遣い稼ぎする絵師に思うこと

何らかの形で創作を行う人として、私は長い間考え続けてきたことがある。それは、昨今の同人界隈でも度々言われる問題として名高い、「二次創作で何らかの金銭を得る行為すべからく違法ではないか」ということである

私以外でもいくらか考えている人は少なくはないと思うが、世にあふれるあらゆる二次的著作物原作者からお目こぼしによって訴えられていないだけに過ぎず、そのほぼすべてが法的措置をとられれば簡単に潰れてしまものであると思っている。それだけ二次創作というものあやふや危険な橋であり、十分に注意しなければならない創作態勢なのである

とはいえ私は、二次創作という概念は取り立てて罪のある行いであるとは思っていない。何らかの形で作品に触れ、それに感銘を受けてファンアートなどが生産される行為は、私も何度も目にしてきたこであるし、健全創作活動の一環であるとは極力思いたいところなのだが、現状の二次創作界隈全般を見る限り、やはりファンアート一つとっても十分に注意すべき事柄なのは誰もが当然と思うべき常識だろう。

そして、その二次創作界隈というくくりの中でも、特に取り立ててひどい状況にある部分も存在しているのもまた事実である。そのひどい状況というのがまさに「安易露骨性的表現を描くもの」、「パトロンサービスコミッション誘導する手段として描くもの」の2点である

この2点に関しては、問答無用ギルティであると私は考える。以下にその定義理由を列挙する。

1. 「安易露骨性的表現を描くもの

当然だが、作者は果たしてそれを快く目にするのだろうか?という問題である。何かしらの人気作品が登場すると、決まって詳しい内容も見ずに性的イラスト漫画を描き出す創作者があふれ出てくるのは、昨今では珍しいことなどではない。まるで下半身しか物事を考えていないかのようなこれらの蛮行に対し、作品の作者が目をつぶっている状況であるという前提からして奇跡のような状態であることを、二次創作者は全員心しなければならないのではないか

実際、『映像研には手を出すな!』の作者は2年前の今頃、エロ同人の公開に対して苦言を呈し、大きな問題となった。この例のように、エロを描かれて喜ぶ作者がいるわけではないことも当然として考えるべきであり、心のこもっていないような安易すぎる性的表現二次創作表現するのはまずよほどではない限り控えるべきである

https://www.excite.co.jp/news/article/Otapol_201905_post_64569/

とはいえ、巷ではそのようなことはお構いなしにといわんばかりにファンアートpixivに何百枚何千枚何万枚と投稿され、ツイッターではその宣伝が開けっぴろげに拡散されている。まさしく常軌を逸した二次創作界隈の暴走ともいうべきこの事態に、一体何人の作者が先のように身もだえ苦しんだだろうか。想像するだけでもおぞましい事実である

著作権的にはファンアートというもの自体場合によってはアウトとなり得るのだから権利者の強い作品エロを直接描かれた場合今後どのように痛烈な批判を受けるかなんてわかったものではない。その危惧如実に表れかねない界隈が、最近では生まれた。いわゆる『ウマ娘である

馬主という大きな権利者が存在していて、その馬主特別許可を出して自身家族同然のウマを美少女化させることを容認したことで成り立っているメディアミックスというのが『ウマ娘である。それゆえに運営Cygamesは徹底したガイドラインの流布に努めて、ファン創作者に「イメージの損なう表現は避ける」ことを通達している。

当然である大本となるウマのイメージが損なわれれば、それこそゲームどころか、コンテンツのもの立場すら揺らぎかねないわけで、そのような綱渡りCygamesは強いられているわけだからだ。多少ぴりついた空気が生まれてもおかしくはない。

幸いにも、『ウマ娘』に関してはイメージを損なう表現、その中でも性的表現についてはユーザーレベルでの自治が行われつつあることからまだ自浄作用が働いているということを意味している。これは非常に良い傾向だろうし、私もこの自治行為についてはもっと盛んに行われるべきだ。後述のように、安易二次創作エロを描きつつ、パトロンサイトコミッションを行っている同人屋についても徹底的に処断する必要があると考える。

そう、後述の行為に関しては、同人界隈そのものの暗部であり、誰もがなあなあで済ませてきた汚点なのである。次はそこについて言及したい。

2. 「パトロンサービスコミッション誘導する手段として描くもの

https://togetter.com/li/1222309

これは、FantiaやFANBOXを利用したり、Skebを利用したりする絵師やらの多くが該当する案件である。彼らはあまりにも欲深く、創作に対する敬意というものに欠いた存在である

これらのサービス二次創作を取り扱うことは、まさしく営利目的でその作品を利用していることにほかならず、多くの作品二次創作ガイドライン禁止されている行為に該当する。そして実際にそれで批判や論争が発生したこともあるのだ。

私は当然このような営利目的での二次創作の利用は厳禁であり、作者や作品へのリスペクト意識に欠いた、守銭奴のやり口だと考えている。だが、私が言いたいのはそれだけではない。

私は、「絵で食っている絵師こそ、ありとあらゆる二次創作を即刻やめるべきだ」という主張を綴りたい。

なぜだ?と思った読者も少なくはないだろうし、疑問に思うのも無理はない。私の主張は、ただ1枚のファンアートでさえ、上記のような「絵で食っている絵師」は描くべきではないという突拍子もないことだからだ。顰蹙を買うことは覚悟の上である

ではなぜそう主張するのか。その理由は単純だ。「二次創作が、絵師宣伝に利用されているから」である

ここ数年、パトロンサービスコミッションサービスが盛況し、絵師が小遣い稼ぎをする手段は以前よりも遙かに多様化していった。インターネット世界的に普及して以降、国内外を通じて作品公表したり、それで資金を得たりすることも難しくはなくなった。

しかし、その一方で何かしらの作品二次創作がこれらのサービスの中で描かれる例も多発し、「作者や権利者の許可のない営利利用」に引っかかる取引が激増したのもまた避けては通れない現実である。実際にそれによって権利から指摘された事例も存在していることを考えると、当然このような取引は今すぐにでもやめるべき行動である

しかし同時に、「ウチらはそんなサービス版権作品なんか描いてませ~ん」なんて調子に乗ったことを言っている絵師もいる現実がある。実際に、その絵師らは上記サービス二次創作取引を行ったことは一切ないと自負しているが、それでも私は彼らも真っ黒であると断言したい。

なぜなら、彼らは二次創作同人誌を即売会で売っているかである。そして、同人誌を売っていなくてもまた、ツイッターpixiv二次創作を描いているかである

そんな彼らが自分たち権利者に配慮をした創作活動を行っていると宣うなど、おこがましいにもほどがあるとは言えないだろうか?彼らが小遣いを稼げるだけの人気が出ているのも、あらゆる二次創作無料でさえ公開し、知名度を上げることに成功たかである。結局は彼らもまた、二次創作の力なくして、自分の主張や表現を通すことのできない無能しかない。

真に一番賞賛されるべきは、生涯一度もそのようなファンアートを描いたことのない同人作家である。彼らこそが本当にあらゆる作品の作者に敬意を示し、リスペクトの心を忘れない人間である

二次創作を描かなければ人気が出ない」などという意見は、その二次創作を描かれた大本作品や作者に一切の敬意を持たない意見であり、そのようなことを宣ってファンアート一枚描いている奴は一人として健全絵師や作者などではない。今すぐにでも創作活動をやるべきではないというほかない。

私たちは本当にその作品が好きで絵を描いている」というなら、まず一切のパトロンサービスコミッションサービスを利用してはならない。自分宣伝作品を使っていないという証明をするには、これまで二次創作のし上がってきた人気や知名度をすべて捨て、名義を捨て去って一からやり直すべきだ。それができない時点で、そんな絵師は作者への敬意に欠いている。

誰も絵師は儲けるなとは言っていないが、儲けたいのなら完全オリジナルで全員勝負すべきだ。本当に面白い作品というのは、他人の尻馬に乗らなくとも人気が出るものであるし、評価されるものだ。埋もれた名作なんてものはこの世にはない。あらゆる作品が等しく評価される世界は、この世界に確実にあるのだから

私はそれを信じているからこそ、二次創作は敬意を持って描くべきだと考えているのである

2021-03-24

自己投影型夢女やめたい

最近自分が長年追っかけている女性向けゲームアプリゲームになった。

キャラ一新などもありゲーム話題を見ない日はないぐらい盛況でファンアートなどもおおく嬉しい。

ただ、デフォルト主人公が絡んでくるファンアートがどうしても受け付けない。

他のシリーズではそうでもなかったのにどうしてかわからない。

自己投影型夢女なので主人公キラキラさとかが合わないのだろうか自分でもよくわからない。

少なくとも自分あんなにキラキラしてないからこれは主人公とはまた違ったキャラクターと思っているんだとは思う。

でもファンアートは日を追うごとに流れてくるしそれを見たい気持ちもある。 

多分今後イベントとかでメッセージが流れたとしてもそれはデフォルト主人公宛に聞こえてしまうんだろうかと思ったらなんか寂しくなってきた。

夢女をやめられればこんな気持ちにもならなくて楽しめるんだろうか。とりあえず吐き出すところがないので書いてみた。

推しくんが自分ファンにだけ反応しない話

友人と一緒に、同じ作品に出ていた別々の俳優推している。

その友人の推しくんが、自分ファンにだけ、SNSでいっさい、反応をしない。




それって逆にSNS上の自分ファンを把握してます、ってことだと思うんだけど、どうなんだろう。



反応しないというのはタグなどのファンアートや感想ブログリプライなどに反応しないと言うことです。番組映画を初めて見た人や通りすがりの人には反応している。



友人曰く「もう推しくんはファンとかどうでもいいし、売れるとか売れないとか関係ないんだと思う、芸能界の隅っこの席に座れてたらいいんだと思う」とのことでした。


私としては友人の推しくん、拗らせてんな〜! という印象ですが。若手俳優はこういう人多いんですかね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん