「悔恨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悔恨とは

2022-03-29

送別会の夢を見た。

送別会の夢を見た。

前の会社には新卒で入った。終身雇用は夢見ていなかったが、会社愛着はあったので、数ある危機も、会社の死に水を取るつもりで敢えて脱出することは無かった。

いくつかの危機の後、激務の果てに、周りの人間脱出を試み、そしてある時自分もこの会社を支えることが出来ないと自覚した。

なんとか業務健全に保てないかと8am-11pmで奮闘し、慣れない英語人材を確保し、人材派遣の会社と闘いながら日々の業務改善を進めて行った。

しかしそれも叶わず、とうとう心が折れ、内に籠って休職し、うつ診断後闘病し、フェードアウトするようなリタイアを選んだ。

収入支出をしっかりと検討した結果、今の貯蓄で充分年金まで持ちこたえることが出来、そして年金だけでその後もやっていける見通しがついた。

なので失職後は再就職を目指すことなく、FIREの道を進んだ。隠居

休職から退職、在籍中の人からは消えるようにいなくなったと思われただろう。

挨拶も何もなく、ただ消え失せたと思われただろう。

退職後、幾度も「どうやって退職するか」を苦悩する夢を見た。既に退職しているのに。

それほど、仕事自分の中で大きな要素だった。

20年以上、自分生活の中で大きな部分を占めてきたのが、仕事だった。

仕事が好きか嫌いか、聞かれれば「好き」だった。

しかしいろいろな面で、「嫌い」な仕事だった。

そのアンヴィヴァレンツな状況のまま膨大な作業量プレッシャーに耐えられなくなり、休職した。

休職後は、復職するだけのモチベーションを見つけられず、退職を選んだ。

20年、見続けていた職場を、逃げるようにして退職した。

(傷病休暇中という立場で、会社から復職するか意図を聞かれたが、それにどうしても「ハイ」と答えられなかった)

辞めた身から、まだ現場にいる同僚には自身の辞職については何も言い訳ができない……と思っていた。

「お前が弱いからだ」「お前がしっかりやらなかったからだ」という責めについては表立って受けたことは無いが、退職を選んだ時にすべての関係者から責められてもいたしかたないと思っていた。それだけ罪悪感を感じていた。

後ろ指を指されて当然と思いながら退職した。

しか自分には、その過去の知人友人同僚を捨ててでも、あの立場から脱出する必要があると考えていた。

自死や希死観念と戦いながら、「周りにいる人を悲しませない」ために取れるただ一つの手だと思っていた。

そこは、後悔ばかりの選択の中で、胸を張って「間違っていない」と言える選択だった。

今でも会社在籍中の出来事は、思い出すだけで心拍数が上がる。

罪悪感、諦念、悔恨、黒いしこりが渦を巻く。

それは在籍中の楽しい思い出(20年も務めているのだから、そりゃあ色々楽しい事もあった)を失う羽目になった、という思いも少なからずある。

人生の半分をその会社と共に過ごし、それを失ったのだから、当然そう感じるだろう。

そんな思いに折り合いを付けながら、隠居生活を3年ほど続けた。

そして、先日夢を見た。

その夢の中では、どんな理由かはわからないが、自分退職して、そしてその送別会に参加していた。

仕事上縁があった沢山の人たちが酒を交わしながら、これからも頑張れよと声をかけてくれた。

今では名前も思い出せないが、確かに顔は覚えている元同僚が、沢山集まり、一緒に飲んでいた。

目を覚ましてしばらく茫然とし、そして泣いた。

彼らにお別れを告げられぬまま退職したという後ろめたさ、祝福されて次のステージに移りたかったという想い、その両方から泣いた。

今となっては彼らにどうやって3年前の別れを説明して良いかもわからない。

自分に耐えられるだけの力があったら、もっと頑張って仕事で彼らを支えたかった。

しかしそれはもう無理だと判断し、捨てることで自分を保ってきた。

忘れようとして忘れていたのに、こんなことで思い出すとは。

彼らからしたら「いつも見ている同僚が一人いなくなった」「仕事で縁がある人が一人いなくった」ということだろう。

自分がいなくなったとしても次の担当者が取って代わるだけで、本来仕事には支障がないはずだ。いや、支障が無いからこそ自分退職という道を選ぶことが出来た。

自分退職が、彼らの負担にはならないと思ったから。そう信じたかたから。

あの時の自分はそう選択したけど、そんな選択をしなくても良い状況だったら良かったのに、とは常に思う。

しかった仕事もあった。みんなに挨拶して、笑顔でお別れを言いたかった。

でも休職の果てに退職を選ぶしかなかった。

あの時挨拶出来なかったみなさん、ごめんなさい。

2022-02-15

Twitterパーソナリティ障害の一例を見つける。

こち

夫に、5年間ずっと口調が悪く、話し方に俺への憎悪感が感じられて凄く嫌だ、
結婚した時はそうじゃなかったのにと真顔で言われたので、
「なんでか教えたろか?5年前に子供を産んでからずっと疲れてるからや。」
憎悪感?あんの子供やのに私が殆ど一人で育児してるからや。」と言いました。

この人の行動は、『受動攻撃行動』と呼ばれるもの

そして、5年間(!)もまともにコミュニケーションをとらず精神的な圧迫をし続ける異常性を見るに、彼女は『受動攻撃パーソナリティ障害』といえそうだ。

受動攻撃性の特徴は以下の通りで、

  1. 他者から適切な評価を受けていないという不満を持つ。
  2. 親密なコミュニケーションを拒む(無視沈黙など)。
  3. 他人批判的で、やたらと議論をふっかけたりする。
  4. その他、遅延させたり妨害行為に及ぶ。
  5. 不機嫌で抑うつ的。
  6. 個人的なことに対する愚痴を誇張してしつこく語る。
  7. 敵意と悔恨の間で揺れ動く。

この行動自体は誰にでもあるものだが、年単位長期間続く人はパーソナリティ障害と考えられている。

こういった人物普通人間と思っている人が多いが、この手の人物はどんなに善意を示しても認知の歪みによって悪く受け取り、かつ最悪の方法復讐しようとするので注意が必要。通常の人間関係としての解決を見るのは難しい。

2022-02-01

https://anond.hatelabo.jp/20220130195853

ボールペンはミツビシがよくミツビシのボールペン買ひに文具店に行く 奥村晃作

履歴書写真がどう見ても菩薩いちど手を合わせて封筒へ 山川

校庭の地ならし用のローラーに座れば世界中夕焼け 穂村弘

廃村を告げる活字に桃の皮ふれればにじみゆくばかり 来て 東直子

濁流だ濁流だと叫び流れゆく末は泥土か夜明けか知らぬ 齋藤

もういやだ死にたいそしてほとぼりが冷めたあたりで生き返りたい 岡野大嗣

われの一生(ひとよ)に殺(せつ)なく盗なくありしこと憤怒のごとしこの悔恨は 坪野哲久

家々に釘の芽しずみ神御衣(かむみそ)のごとくひろがる桜花かな 大滝和子

たそがれの空は希望のいれもの外套ビスケットを投げあげて 寺山修司

賞味期限消費期限のいとはしき冷蔵庫内だいこんズドーン 大松達知

ざっと思い浮かんだ好きなのを羅列してみた。ムーオカルト短歌も好き。

2022-01-22

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力が幼い。現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのか。彼もまた憐れまれるべき存在ということになる。

>https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind>

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

<<

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力は育たなかったらしい。

現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのだろう。

>https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind>

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

<<

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力は育たなかったらしい。

現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのだろう。

>https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind>

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

<<

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力は育たなかったらしい。

現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのだろう。

2021-10-27

意味が分かると泣ける珠玉名曲槇原敬之わさび

2021年10月25日に先行配信が開始され今日CDが発売される、槇原敬之の復帰作『宜候(ようそろ)』。

引用という形式ですが、考察として歌詞を書き起こしている都合上、このエントリはすぐ消します。)

こんな素敵な曲なのにネット上でも思ったより反応が薄いのが驚いている。

一方で、仕事中にもかかわらず号泣してしまうほど刺さってる人も居る。俺のことや。

歌詞提供しているのは、尾崎豊村下孝蔵玉置浩二浜田省吾プロデュースしている音楽プロデューサー須藤晃。

説得力のある歌詞歌唱力で人々を魅了してきた。

槇原敬之わさび

https://www.youtube.com/watch?v=vjyQTWT-Oe8

マッキーの静かに語りかけるような独唱

歌詞が伝わりやすいよう、敢えて伴奏ピアノだけという最小限のスタイル

まずは何も言わず配信サービスで聴いてくれ。冒頭35秒だけでいい。

話はそれからだ。

https://ssm.lnk.to/Yosoro

ジョジョを読んだことがない者は幸いである。

これから読むことができるから。」 ーー詠み人知らず

同様に、まだこの曲を聴いたことのないみなさんも幸いである。

私は普段歌詞考察歌詞解説といった野暮なことは一切しない。

その作品出会った際に各々が感じた時のフィーリング気づきこそが宝物だと思っているからだ。

たとえ善意でも、ネタバレによって公式意図と違う形で聴き手に伝わってしまうのはファンとして本意ではない。

ましてや、私個人解釈というフィルターを通すと全く違った風景で見えてしまうだろう。

説明しよう!」と割り込む人は、その作品に邂逅した時の感動を減らし自論を押し付けしまうことになるかもしれない。(本稿の私のことである。)

例えば、誰かがジョーク飛ばして周りが笑ってるのに

「今のは何が面白かったの?」と解説を求めると白けてしまうだろう。

しかしたら自分の前では二度とジョークを言ってくれないかもしれない。

自分の頭や感覚理解することに意味があるのだ。

ガルパンおじさんが「ガルパンはいいぞ」としか言わないのは、単に語彙力が足りないからだと思っていた。

しかし、実際に観てみるとそういった優しさからだったのだと今なら分かる。ガルパンはいいぞ。

だが、この忙しい現代社会

皮肉なことに、日々の仕事や家庭生活真剣に向き合う人ほど

こういった曲のテーマが届かないものである

また、曲の背景に想いを馳せるためには少しばかり教養必要となる。

なので、歌詞考察一助となれば増田冥利に尽きる。

(YOASOBI「夜に駆ける」の原作小説タナトスの誘惑」を読んで納得して

感銘を受けるタイプ歌詞考察厨はぜひ聴いてほしい。)

以下、歌詞引用

ネタバレ厳禁な方はここでブラウザバック推奨。

---------------------------

「どちら様かは存じませんが

そのサングラスやめなさい

悪い輩(やから)に見えたら損よ

その目を私に見せなさい」

ばあちゃん 俺に微笑みかけて

かすれた声で叱ったよ

出会いと別れを 繰り返し

「もう慣れたわよ」と言ったけど

「やっぱり一人は つらいか

誰かの傍にいなさいね

ばあちゃん遠くの空を見て

さな声でつぶやいた

「夢なんて叶わぬうちが花だけど

かに明日を待ちなさい

待ってるだけでは駄目だから

行きたい場所を目指しなさい」

「橋の袂で声かけられて

いかんざし褒められた

あの日の私が一番綺麗

忘れられない思い出よ」

ばあちゃんはにかみ謝った

「ごめんなさいね こんな話」

「毛皮も指輪も 押し入れの中

どこに置いたか 忘れたわ

一度ハワイに 連れてってくれ

息子に頼んでみたけれど

伊勢神宮さえ 行けなくて

膝が悪くて 行けなくて」

「先頭に立たないように気を付けて

争いごとは やめなさい

じゃんけんぽんは あいこでしょ

いつまでたっても あいこでしょ

「今度訪ねてくれるなら

土産にお寿司を持ってきて

どちら様かは存じませんが

これも何かの縁でしょう

白身の魚に烏賊と蛸

わさびを抜いてくださいね

人生は思うようにはなりません

それでも希望を持ちなさい

神様なんていないけど

わたしはずっとわたしでしょ

変わっていくものを嘆くより

変わらぬものを愛しなさい

笑う門には福来る

あなたはずっとあなたでしょ

あなたはずっとあなたでしょ」


-------------------------

さて、以降は2回以上聴いた人に読んでもらいたい。

答え合わせをしましょう。(抜け・漏れ解釈違いがたくさんあるはずなので、どうかコメントで補足お願いします。)

歌詞の大部分が、お節介な性分の認知症の「ばあちゃん」が孫(孫と認識されていない)に向けて語りかけるセリフである

叙述トリックで多用される「信頼できない語り手」の可能性も考慮せねばならない。なんせ認識が歪んでいるのだから。)

一見すると(前半はともかく)後半は思い出すままに過去を語ったり、

人生の先輩としてアドバイスを始めたり脈絡が無いように思われる。

しかし、言葉ひとつひとつに含蓄や温度感があり何故か聞き流せない。

出会いと別れを繰り返し」:記憶を失う(別れる)→自己紹介出会い)のループを指すのだろう。

後半で自分の孫に「どちら様かは存じませんが」とまた語りかけるので、「ばあちゃんまたボケとるわ!」とツッコんでしまう。

「やっぱり一人は つらいから 誰かの傍にいなさいね」と語りかけられても、

「ばあちゃん、いま孫がそばにおるんやで…」とさみしくなってしまう。

認知症祖父母介護した経験がある人は共感できると思う。


ところで、こういった違和感がないだろうか。

ハワイに行けなかったら妥協点で伊勢神宮が来るのおかしくない?

・というかハワイに連れて行ってもらいたかったら息子より先に夫に頼めよ

唐突な「じゃんけんぽんはあいこでしょ

・孫のことは何度も忘れてるのに、若い頃に口説かれたことは「忘れられない思い出よ」?

・なぜサングラスをかけるだけで「周囲から悪い輩(ヤカラ)と認定される」と思い込んでいるのか?

グラサンといえばローランの民からすれば陛下象徴と言っても過言ではないだろう)

こういった違和感や疑問を紐解き、一本の補助線を引けば、

ハマらないと思っていたパズルピースが繋がり、この歌詞全体像が視える。

「ばあちゃん」は若い時の戦争経験を語っているのである

「ばあちゃん」は戦災未亡人戦没者遺族であったのだ。

それを前提にもう一度聴いてほしい。

「先頭に立たないように 気を付けて

争いごとは やめなさい」

この歌詞が異様に生々しく感じないだろうか。

まるで親しい人が先頭に立ったせいで亡くなったかのような物言いである

じゃんけんぽんは あいこでしょ

軍艦じゃんけんの掛け声「せーんそっ(戦争)」を嫌ったのではないだろうか。

「グー・チョキ・パー」は「軍艦朝鮮ハワイ軍艦沈没ハワイ地域もあるらしい)」に置き換えられている。

小学校の時に「不謹慎だ」と先生に叱られた人もいるのではないだろうか。

実際、その後にお土産としてお寿司を細かくリクエストしている割に、「軍艦巻き」は入っていない。

「一度ハワイに 連れてってくれ

息子に頼んでみたけれど

伊勢神宮さえ 行けなくて」

→夫が居ないので息子に頼んでいる。おそらくハワイで亡くなった(と聞かされており、真偽は不明)。

そもそも、「ばあちゃん」は太平洋地名ハワイぐらいしか知らない可能性も高い。

なぜなら当時のメディアは時の政府の統制下にあり、大本営発表検証せず偏向報道をするプロパガンダの道具となっていたからだ。

国威発揚のため、日本軍勝利事実以上に喧伝し、大敗事実隠蔽する構造であった。

真珠湾奇襲の報道は大々的に宣伝したので、その印象が強いのではないか

さて、ばあちゃんハワイに夫を弔いに行きたいが、それが無理ならせめて国内で、

ということで日本全国最高位の神社である伊勢神宮にお参りしたいわけだ。

戦後世代にとっては戦没者を祀るのは靖国神社というイメージが強いが、

戦前世代にとっては伊勢信仰普通であったようだ。現在神社本庁の本宗は伊勢神宮

(ちなみに作詞須藤晃は富山県出身槇原敬之大阪府高槻市出身。)

「夢なんて叶わぬうちが花だけど

かに明日を待ちなさい

待ってるだけでは駄目だから

行きたい場所を目指しなさい」

→これは解釈が分かれるところか。素直に歌詞通りに受け取っても良い。

膝を悪くしてしまい二度と夫の弔いという夢が望めなくなってしまった悔恨にも解釈できる。


「橋の袂で声かけられて

いかんざし褒められた

あの日の私が一番綺麗

忘れられない思い出よ」

→孫(俺)のことは何度も忘れるくせに、「忘れられない思い出よ」。

その理由は、夫と過ごした時間が少なく他に思い出が無いからではないか

日常的に赤いかんざしを身に着ける習慣はないと思われるので、

お見合いで精いっぱい着飾ったシチュエーションが想定される。

貧乏ながらも家族が増えて幸せな将来を予期していたところ、

戦争が始まってしまい夫が徴兵されたのだろう。


・「毛皮も指輪も 押し入れの中」

財産が毛皮と指輪しかない。おそらく夫からの贈り物。

・「サングラス=悪い輩」というばあちゃん先入観は、

GHQ連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーの印象によるものではないか

「変わっていくものを嘆くより

 変わらぬものを愛しなさい」

→生きている人より、亡くなった夫への執着を感じないだろうか。

・「あなたはずっとあなたでしょ」

ここの「あなた」は孫(俺)に語っているように見えるが本当にそうだろうか。

夫に似た孫の姿を通して、

過去の思い出の姿の夫に、

あなたはずっとあなたでしょ」と語っているように感じる。

ここにきて思い当たる

「その目を私に見せなさい」と言われサングラスを外し、孫の目を見る描写

ここでばあちゃんは若き日の夫を思い出す。

それをきっかけにこの歌詞セリフのような回想が始まったのがこの曲じゃないだろうか。

タイトルが「ばあちゃん」じゃないのは、一人称が「俺(孫)」に固定されてしま

ばあちゃん感情移入できなくなるからじゃないだろうか。

「ばあちゃん」に感情移入させたいので、

メインディッシュにもなれず世の中の隅っこで苦い人生を送ってきた「ばあちゃん」の象徴として「わさび」がタイトルとして選ばれたのだろう。

わかる。俺もわさび抜きの人生がいい。

2021-10-14

姉の親離れで鬱になりそう

から姉は母離れができず、母は子離れができないタイプだった。

末っ子である私以上に母と姉は仲良がよかった。

姉は結婚してから金銭面や子供の面倒、日常の細かなことまで母に甘えていたし、母もそうすることに自分価値見出していたように思う。

そんな姉がある日、もう母に縛られて生きるのは嫌だと言い始めた。

これまで母の言うように生きてきたし、母が喜ぶ選択をしてきた。(私の目から見てそうは思わないが、姉の視点ではそうだったのだろう。)

そうして生きてきて、いまは母のことを考えるだけでしんどく、精神的に参ってしまい、診断も受けているようだ。

これからはそういったストレスから逃れ、自分の家庭を大事にしたいそうだ。

私としても姉が精神的に自立するというのはいいことだと思う。

母の問題さえなければ。

母は母で問題を抱えている。

どうも母も精神的に不安定になっているようだ。

この原因は私にもよくわからない。

コロナ禍で気分良く出歩くことができないことがストレスになっている面はあると思う。

そうしたところで姉から距離を置きたいと告げられ、さら精神的に落ち込むことになったようだ。

その結果、母から私への連絡が増えた。

元々姉との交流の分が私に回ってきているのか、それよりも量が増えているのかわからない。

が、日に30分ほど時間が取られる。

電話に出ないとLINEで出かけているのか?と確認される。

私としても、私がたまに電話で話して母の精神が少しでも落ち着くのなら喜ばしいと思っていた。

しかし、取られる時間があまりに長い。

電話がかかってくると思われる時間に出かけることも躊躇ってしまう。

そうして聞くのは体調のことや精神的な負荷になっている祖父母関係ことなど、楽しい話題は少ない。

からもたまにLINEがくる。私に母の負担がいっていないか、という心配気遣いの体はとっているが、自身精神的な不調の訴えだ。

からの連絡は普段はあれど、聞いてればよく、精神的に回復して落ち着いてくれれば落ち着くだろう、今だけだと思うとやっていける。

私自身も母が心配ではある。人生まだ数十年、元気にやってほしい。そのために遠隔地から出来ることがあるなら多少は頑張ろう。

ただ、仲が良かったはずの母と姉が不和であると言う事実が私を苦しめる。

これは昔からそういったことに気づかなかった悔恨からか、不和解決しない限り自信の負担が減らないと言う恐れか、わからない。

ただ、姉からの連絡で不和である話をされると、辛さが増す。

そういった話を聞かされることで、私の精神も追い詰められる。


書き散らした内容になったが、誰か、私の精神を落ち着かせる方法を教えてほしい。

2021-10-11

姉の親離れで鬱になりそう

から姉は母離れができず、母は子離れができないタイプだった。

末っ子である私以上に母と姉は仲良がよかった。

姉は結婚してから金銭面や子供の面倒、日常の細かなことまで母に甘えていたし、母もそうすることに自分価値見出していたように思う。

そんな姉がある日、もう母に縛られて生きるのは嫌だと言い始めた。

これまで母の言うように生きてきたし、母が喜ぶ選択をしてきた。(私の目から見てそうは思わないが、姉の視点ではそうだったのだろう。)

そうして生きてきて、いまは母のことを考えるだけでしんどく、精神的に参ってしまい、診断も受けているようだ。

これからはそういったストレスから逃れ、自分の家庭を大事にしたいそうだ。

私としても姉が精神的に自立するというのはいいことだと思う。

母の問題さえなければ。

母は母で問題を抱えている。

どうも母も精神的に不安定になっているようだ。

この原因は私にもよくわからない。

コロナ禍で気分良く出歩くことができないことがストレスになっている面はあると思う。

そうしたところで姉から距離を置きたいと告げられ、さら精神的に落ち込むことになったようだ。

その結果、母から私への連絡が増えた。

元々姉との交流の分が私に回ってきているのか、それよりも量が増えているのかわからない。

が、日に30分ほど時間が取られる。

電話に出ないとLINEで出かけているのか?と確認される。

私としても、私がたまに電話で話して母の精神が少しでも落ち着くのなら喜ばしいと思っていた。

しかし、取られる時間があまりに長い。

電話がかかってくると思われる時間に出かけることも躊躇ってしまう。

そうして聞くのは体調のことや精神的な負荷になっている祖父母関係ことなど、楽しい話題は少ない。

からもたまにLINEがくる。私に母の負担がいっていないか、という心配気遣いの体はとっているが、自身精神的な不調の訴えだ。

からの連絡は普段はあれど、聞いてればよく、精神的に回復して落ち着いてくれれば落ち着くだろう、今だけだと思うとやっていける。

私自身も母が心配ではある。人生まだ数十年、元気にやってほしい。そのために遠隔地から出来ることがあるなら多少は頑張ろう。

ただ、仲が良かったはずの母と姉が不和であると言う事実が私を苦しめる。

これは昔からそういったことに気づかなかった悔恨からか、不和解決しない限り自信の負担が減らないと言う恐れか、わからない。

ただ、姉からの連絡で不和である話をされると、辛さが増す。

そういった話を聞かされることで、私の精神も追い詰められる。


書き散らした内容になったが、誰か、私の精神を落ち着かせる方法を教えてほしい。

2021-08-08

疲れた憎悪悔恨と焦燥が底の方に沈澱していってる。寝ていたい。

2021-08-03

東大工学部システム創成学科の思い出と悔恨

東京大学にはシステム創成学科という学科がある。

機械学科電気学科といった学科で扱う従来の工学分野だけではなく、社会科学分野を含めた問題解決を扱おうという学科である

もう何年も前の話である

当時の私は日本産業の変化から工学だけを学んでいて良いかという不安工学社会に応用していこうという学際的な志への興味を抱いておりこの学科選択した。

しかし、

船舶学科流体力学など過去カリキュラムが残っていて統一性がなかった。

・広範囲を扱おうとしてカリキュラムが浅くなりがちだった。

専門性を求めて転科したり、別の院に進学したりする学生がいる。

と不人気学科を再編成した新しい学科であることの影響を感じざるを得なかった。

カリキュラムが少ないため工学部では就職のための楽な学科扱いだったり、情報理工学研究科には入れなかったり、キラキラネームだったりと工学部内で微妙な扱いだった。

進振り希望通りに進学したものの期待と異なり、悩んだものだった。

ここまで否定的に述べてしまったが、当時から改善していると思うし、良いこともあった。

カリキュラムで学んだことを仕事で活かせたこともあった。

他の学科はいないようなタイプの学友が持てたことも良いことだった。

今でもこの学科から優秀な研究者エンジニアが育っていたり、起業したりするなど優秀な人材を多く輩出している。

優秀な人間が業績を残せる場であるとは思う。

詰まるところ自分自身が合っておらず、凡人だったというだけの話である

2021-07-17

anond:20210717181621

いいところ住んでるんだなあ。

そんなに儲けてるんだ。

だったらあれだよ言葉謝罪するんじゃなくて金で謝らないと。

財産の90%くらいイジメてた人に贈ったら悔恨意思も伝わるんと違うかねえ。

2021-07-11

anond:20210711225609

声をあげない人間にも感情思想はあるわけで、これを無いものとして扱っていると間違いなく悔恨を残すんだけど

あの人らは分かってんのかね

2021-06-02

anond:20210602203538

今際の際にそう書いて彼は亡くなりました

私はこれにこそ、彼の人生というものが詰まっていると思う

これが彼にとっての最後の言葉

人によっては親族へ遺す言葉であったり、悔恨の念であったりするところ

 

彼は状況を説明して亡くなりました。

 

しかしたら、死に行く最中にどうしても伝えたくて文章にしたのかもしれません。

最後の、書き込みボタンを押した時点ではもしかしたら彼は前のめりになって倒れているのかもしれない。

 

その死に際の姿のように、彼はインターネットを這いずるようにして駆け抜けて行きました。

 

グエー死んだンゴ

 

そう書いて彼は…

 

黙祷

2021-05-16

素人の私は「犯罪自慢を犯罪化するべきでは?」と素朴に考えてしまうけど、実務上は難しいんだろうな。

例えば「元犯罪者の悔恨の手記」とかは社会的公益性もあるだろうし、そういうのは自由に発行されるべきだと思うんだけど。じゃあ「悔恨の手記」と「自慢」の間の境界線はどこにあるの?と聞かれると、答えは容易じゃないよなぁ。

2021-03-28

「東アジア反日武装戦線」の初心と過ち

韓国発の映画『狼をさがして』は何を描いているか

太田昌国 評論家編集者

 韓国発のドキュメンタリー映画『狼をさがして』が間もなく日本で公開される。金美禮(キム・ミレ)監督2020年作品で、原題は『東アジア反日武装戦線』という。映画が描くのは、1974年から75年にかけての出来事――「東アジア反日武装戦線」(以後、「反日」と略す)を名乗る人びとが「連続企業爆破」を行ったこと――とその背景である

歴史像と世界像が一新されてゆく時代のただ中で

 描かれる時代は、アジア太平洋戦争日本帝国敗戦してから30年近く経った時期に当たる。活動を担ったのは、敗戦から3~5年経った頃に生を享けた、当時は20代半ばの若者たちだった。いわゆる「団塊の世代」に属する。その彼ら/かの女らは、敗戦以前に日本がなした植民地支配および侵略戦争責任を問うた。同時に、戦後過程はすでに30年近い長さに及んでいるにもかかわらず、日本がその過去清算することもないままに、改めて他民族に対する加害国と化している現実に警告を発した。手段として使ったのは爆弾だった。

 その標的はまず、戦前絶対無謬の存在として日本帝国を率い、戦後は「平和」の象徴となった昭和天皇に向けられた。だが、「お召列車」の爆破計画が実現できなくなった後は、戦前戦後を貫いて繁栄する大企業に的を絞った。

 戦後日本象徴する言葉は、長いこと、「平和民主主義」だった。それは新憲法を貫く精神でもあると多くの人びとが考えていた。

 天皇戦争責任が問われることも裁かれることもなく始まった戦後は、「一億総無責任体制」となった。この体制の下では、日清戦争以降、断続的にではあっても半世紀もの間(1894年1945年アジア太平洋地域戦争を続けた近代日本実像を覆い隠し、この戦争全体像を、最後わずか3年半の「日米戦争」に凝縮して象徴させることが可能だった。広島長崎の「悲劇」を前面に押し出し米軍占領下の沖縄辺境ゆえに無視して、日本全体があたか戦争の「被害国」であるかのようにふるまった。「反戦平和勢力」の大勢も、そのことに疑いを持たなかった。

 1960年安保闘争の時にも、1965年日韓条約反対闘争の時にも、戦前日本帝国がなした対外政策と関連づけて現在分析する言動ほとんど見当たらなかった。すなわち、日本社会総体として、近代日本が持つ「植民地帝国」としての過去をすっぽり忘れ果てていたと言える。

 1960年代後半、この社会思想状況はゆっくりとではあっても変化し始める。日本は、高度経済成長過程で目に見える形での貧困は消え失せ、急速に豊かになった。この経済成長最初の基盤となったのは、1950~53年の朝鮮戦争による「特需景気」だとする捉え方が常識となりつつあった。

 時代はあたか米国ベトナム侵略戦争の渦中で、沖縄を軸に多数の米軍基地があり、インドシナ半島輸送される米軍物資調達地でもある日本は、再度の「特需景気」に沸いていた。近くに住むアジア民衆が苦しんでいる戦争によって自分たちの国が総体として豊かになっていく――この際立った対照性が、とりわけ若い人びとの胸に突き刺さるようになった。

 加えて、米国でのベトナム反戦運動は、黒人先住民族インディアン)の権利回復の動きと連動していた。植民地主義支配人類史に残した禍根――それが世界じゅうで噴出する民族問題の原因だとする意識が、高まっていった。

 「東アジア反日武装戦線」に所属した若い人びとは、それまでの歴史像と世界像が一新されゆくこのような時代のただ中にいた。彼ら/かの女らは、日本近代史と現在が孕む問題群に、「民族植民地問題」の観点から気づいたという意味では先駆的な人びとだった。

「重大な過ち」の根拠を探り続けた歩み

 「反日」はこうして獲得した新たな認識を、すぐ実践に移そうとした。当時刊行された「反日」の冊子『腹腹時計から鮮明に読み取れるのは、次の立場だ。「そこにある悪を撃て! 悪に加担している自らの加害性を撃て! やるかやらないか、それだけが問題だ」。政治性も展望も欠いた、自他に対する倫理的な突き付けが、行動の指針だった。「反日」が行った、1974年8月30日東京丸の内三菱重工ビル爆破は、8名の死者と385名の重軽傷者を生み出す惨事となった。

 「反日」にはひとを殺傷する意図はなかった。事前に電話をかけて、直ちに現場を離れるよう警告した。だがそれは間に合わなかった。しかも、なぜか「反日」は三菱爆破の結果を正当化し、死者は「無関係一般市民」ではなく「植民地人民の血で肥え太る植民者だ」と断言した声明文を公表した。映画の前半部で、この声明文がナレーション流れる

 多くの人びとはそこで「引く」だろう。半世紀前の当時もそうだった。それゆえに、彼ら/かの女らは、日本では「テロリスト」や「血も涙もない爆弾魔」の一言で片づけられてきた。

 その責任の一端が、「反日」そのもの言動にあったことは否定し得ないだろう。だが、実はそこにどのような内面の思いが秘められていたのかということは、路傍の小石のように無視されてきた。そんな渦中にあって、獄中の彼ら/彼女らは初心を語ると同時に、自らが犯してしまった重大な過ちの根拠を探り続けた。獄外には、その試行錯誤を〈批判的に〉支え続ける多様な人びとの存在があった。映画『狼をさがして』は、これらの獄中・獄外の人びとの歩みを74分間の時間幅の中に刻みつけている。

過去を振り返ることをしない社会は、前へ進むことができない

 画面には登場しない「主人公」のひとりは、「反日」狼部隊大道将司である。彼は2017年5月、長らく患っていた多発性骨髄腫で獄死したが、死刑が確定してのち、彼はふとした契機で俳句に親しむようになった。生前4冊の句集にまとめられたその作品は、人間関係自然とのふれあいも極端に狭められた3畳間ほどの独房にあっても、人間はどれほどの想像力をもって、ひとが生きる広大な世界を、時間的にも空間的にも謳うことができるものかを証していて、胸を打つ。それは、ひとを殺めたという「加害の記憶悔悟」を謳う句において、とりわけ際立つ。

 映画でも紹介される「危めたる吾が背に掛かる痛みかな」もそうだが、他にも「死者たちに如何にして詫ぶ赤とんぼ」「春雷に死者たちの声重なれり」「死は罪の償ひなるや金亀子」「ゆく秋の死者に請はれぬ許しかな」「いなびかりせんなき悔いのまた溢る」「加害せる吾花冷えなかにあり」「秋風の立ち悔恨の溢れけり」などの秀句がある。

 「反日」のメンバーの初心と、結果としての重大な過ちを冷静に振り返るこの映画制作したのは、韓国映画監督キム・ミレとその協力者たちである。ふとした機会に「反日」の思想と行動を知ったキム・ミレ監督がこの映画制作したのは、「人間に対する愛情、その人間を信じること」からだったという(「『狼をさがして』――金美禮監督に訊く」、東アジア反日武装戦線に対する死刑・重刑攻撃とたたか支援連絡会議=編『支援ニュース』420号、2021年3月6日)。社会正義のために、加害国=日本搾取され殺された東アジア民衆の恨みと怒りを胸に行動した結果、数多くの人びとを死傷させてしまった、つまり自らが加害者になったという事実に向き合ってきた「反日メンバーに対する思いを、かの女はそう語る。

 だが、その裏面には、次の思いもある。彼らは「長い期間にわたって、自らのために犠牲になった人々の死に向き合って生きねばなりませんでした。苦痛だったかもしれませんが、幸いにも『加害事実』に向き合う時間を持つことができたのです。8名の死と負傷者たち。それがこの作品制作過程の間じゅう私の背にのしかかってきました。しかし、彼らと出会うことができて本当に良かったと思います。この作品は、私に多くのことを質問するようにしてくれたからです。どう生きれば良いのか、今も考えています。」(キム・ミレ「プロダクション・ノ-ト」、『狼をさがして』劇場パンフレット所収)。

 74~75年当時の「東アジア反日武装戦線」のメンバーからすれば、韓国の人びととの共同作業は「見果てぬ夢」だった。日本自分たち戦後の「平和民主主義」を謳歌している彼方で、韓国および北の共和国の人びとは、日本植民地支配を一因とする南北分断と内戦、その後の独裁政権の下で呻吟していたからだ。

 そんな時代が40年近く続いた後で、少なくとも韓国では大きな体制変革が起こった。表現言論の自由を獲得した韓国新世代のなかから、こんな映画をつくる人びとが現われた。キム・ミレ監督は、この映画日韓関係の構図の中で見られたり語られたりすることを望まないと語る。過去を振り返ることをしない社会は、前へ進むことができない。日本韓国も、どの国でも同じことだ、と(前出『支援ニュース』および2021年3月18日付「東京新聞」)。

脈打つフェミニズム視線

 最後に、もうひとつ、肝心なことに触れたい。この映画を際立たせているのは、女性存在だと思われる。

 刑期を終えたふたりの女性が、生き生きとしたその素顔を見せながら、獄の外から窓辺に寄ってきた猫との交友を楽し気に回想したり、かつて自分たち闘争に大きく欠けていたものを率直に語ったりする。前者の年老いて元気な母親は、娘が獄に囚われてから、娘と自分たちを気遣う若い友だちがたくさんできたと笑顔で語る。二人は自宅の庭を眺めながら、「アリラン」を歌ったりもする。

 キム・ミレ監督らが撮影する現場に付き添う姿が随所に見える女性も、長年「反日」の救援活動を担ってきた。撮影すべき風景、会うべきひとについて、的確な助言がなされただろう。

 死刑囚の獄中書簡集を読んで、あん事件引き起こしたひとが自分と変わらぬ、どこにでもいるふつう青年だと知って、縁組をして義妹となったひとの語り口もごく自然だ。女たちの運動を経てきたと語るかの女の言葉を聞いていると、獄中の死刑である義兄とは、媚びへつらいのない、上下関係でもない、水平的なものだったろうと想像できる。

 そして、もちろん、韓国人のキム・ミレ監督女性だ。弱い立場にある労働者現実を描いてきたかの女は、男性の姿ばかりが目立ち、男性優位の価値観が貫いている韓国労働運動の在り方に疑問を持ち、スーパーで働く非正規女性労働者が大量解雇に抗議してストライキでたたかう姿を『外泊』(2009年)で描いた。日本でも自主上映されたこ作品に脈打っていたフェミニズム視線が、『狼をさがして』でも息づいていることを、観る私たちは感じ取るだろう。

2021-01-14

はてサって受動攻撃パーソナリティ障害じゃん



— アメリカ精神医学会精神障害の診断と統計マニュアルIV-TR

やっぱ病気やったんやね

2020-12-21

大根悔恨

大根悔恨”との一致はありません。

大根悔恨検索結果 (引用符なし):

大根悔恨 : 留年エセ文学青年blog - livedoor Blog

blog.livedoor.jp › theanubismonoeyes › archives

大根悔恨. 2017/07/25 20:17; 0. 前の記事 · 次の記事 · ホーム. 今日は進級要件であり、私の留年の原因でもある、数学科目の期末試験がありました。 単位認定 ...

2020-07-14

どこにでもいる大学生がこの半年で変わった話

 先にいっとく!!!!ちょ~~~~~~~!!!クソ長くなる!!!

私怨私怨!!!!!悔恨!!!!!5箇条にまとめようとしたら失敗した5箇条の御誓文か?????

567で見えてきた色んな人の裏表に疲れてしまった大学生乙女ゲーと地下ドルオタクの話!!!!!!同じ大学に通う人から身バレ防止のためここから大学描写ボンヤリとしたものになりますコメントでの特定はおやめください。大学は生徒の多くが望んだであろうオンラインじゃない講義ができるようにどうにかこうにかがんばってるはず!それに私が対応できなかっただけで大学は悪くない。家に引きこもるのが社会的批判されることがない・堂々と引きこもって自分のやりたいことできる今をその時間が欲しかった人が心から楽しめますように!!!

誤字脱字はすいません。

いままで約20年間、数学物理化学の類いばかり熱心に取り組んできたので私には正しい日本語が使えているのか、日本人であるのに自信が無い。

大量のレポートに追われたまま、脳直で文章を打ち込んでいる状態なのでご了承願いたい。

 私は本当にどこにでもいる地方国立大学二年生だ。つい2時間前まで教師を目指していた。

もし同じような境遇にいる子がいたら私みたいにならないよう、こんな文章があったな、ぐらいの軽い感じで覚えておいてほしい。

いくらでも手段はあるので諦めないで欲しい。

読んでくださった皆さん、こんな考えの人間がいるんだ、へぇ笑ぐらいに思って頂いて結構です。ここまで打ち込んでおいて自分でも文章稚拙さが”マジで”やべぇ……とおもっていますが暇な方最後まで読んで頂ければ幸いです。

①去年~今年2月の話

 学部一年生だった去年は将来の夢のため、周りの友達よりは長い時間勉強していた方だと思う。

趣味だったイラストサークルにも加入し、高校が同じだった友達学部に一人もいないながらも他学部に進学した高校クラスメイトと協力しながら大学に慣れていった。

サークル友達とは週に1回は誰かの家に集まりピザを頼んだり、学食で何時間も話したり。大人数で端から見たらアホみたいなやりとりを繰り返すあの空気感が好きだった。

安心できるバイト先も決まって、サークル内の人間関係に多少の不満はあったが今思えば望んでいた大学生活そのものだったかもしれない。

 私の将来の夢が教師になったのは大学受験が終わってからである。もともと物理という科目が好きで将来は数学系の研究ができればと思っていた私は理系学部に進んだ。(身バレ防止のため明確な表記は避けさせて頂きたい)

私の大学受験サポートをしてくださった先生は、私が進学した大学の同じ学部出身の方だった。

有名な塾があるような都会ではないので、毎日高校の授業が終わってから校内に他の生徒が誰もいなくなるような時間まで、その先生担任先生大学理科を学んでいた購買のおばちゃん……色んな人に見守られながら勉強した。

私が受験合格し、心から喜んでくれた職員室の先生方を見て、先生達みたいな大人になりたい・この高校で同じように生徒を見守れるような先生になりたいと思った。

これが理由で、理系学部に進んだ私は自分学科の必修科目に加え教育学部の必修科目も履修するようになる。

もちろん授業が倍になるなら試験レポートも倍になるということで確かに大変だったが全然苦じゃなかった。

1年間やりきった。成績も上々でモチベーション入学当時と変わらず、今まで友達と呼べる友達が2~3人だった私の人間関係がどんどん広がっていくことに喜びを感じながら春休みを迎える。このころは人と連絡を取り合うのも一緒に出かけるのも大好きだった。

2020/02~04の話

 

 2月、実習も終わって大体の友達実家に帰った。私も電車で何時間もかけ実家へ。

電車の中では咳をした人がにらまれているのを何度か目撃した。

実家の周りは見渡す限り山!!!!!緑!!!!!!という空間が広がっていて私はそれが大好きだ。その頃、ニュースではコロナウイルス話題が取り上げられ始めていた。まだ大丈夫な感じはするけれど、実家のある高齢化の進んだ小さな村で広がったらとんでもないことになる…と危機感を持ち始めたのはその辺りだった。

 

 その後の展開はある意味予想通りだった。大学は次年度のガイダンスを予定通り行うと宣言していたがすぐに中止となった。4月からの授業はいつも通り行うということだったが私はそのメールが信用できなくて、下手に実家から動くことも不安で、結局大学へは移動しなかった。やはり、授業開始は5月からという一斉メールが届いた。教科書を買いに大学へ行くこともできなくてAmazon教科書を用意した。

 友達出身も都会のほうで、2/3月はよく連絡を取り合っていたものの、みんな地元友達ショッピングセンター居酒屋に遊びに行くようになったらしい。もうその頃にはみんな地元友達毎日のように遊んでいたらしくてラインzoomも使わなくなっていた。

私はというと同じように地元に帰っていた同級生はいたが、もし自分たちが感染していたらという恐怖から会うことをやめた。クラスターが進学先で発生していた子は自宅から一歩も出なかったという。その頃から私は人と会うことの必要性に疑問を感じていた。元からオタク気質だったことも原因かも知れないが、友達とのSNS上でのやりとりが少なくなっても特に私に影響はない。自分がひねくれた人間であるとは自負しているがまさかここまでとは、自分でも思っていなかった。どれだけニュース危惧されていても・どれだけの芸能人が亡くなっても、それぞれの地元で遊び続ける大学友達理解できなくなった。

ほとんどの大学友達とは連絡を取らなくなっていたが片思いしていた先輩とは毎日のようにラインした。毎日ライン来る度に小躍りしてた。

4月後半、家にこもり続けた私は全く暇を感じなかった。本を読んだりお菓子を作ったり、他にも筋トレメイク同人誌を作れるレベル二次創作もした。自担(地下)の過去映像を見て1ライブできるぐらいにはダンス練習した。(クソデカ過大評価

しろ今までよりも忙しくさえ感じていた。5月になれば今までのように勉強漬けの毎日が始まる。だからこの何かをしていても誰からも途中で遊びに誘われない、家に勝手ピザだのウーバーだの頼まれ友達勝手に上がってこない・勉強しなくても公的に、なんとなく自分感覚自分を許すことができるこの時間人生夏休みとして思いっきり使おうと毎日何かしらしていた。今までのみんなでワーワーする時間も大好きだったけれど、この過ごし方も最高だった。

大学近辺に借りたアパート電気・ガス・水道すべて止めた。

2020/05

5月になった。オンラインでの講義が始まった。大体の講義を受ける度に一つずつレポートが増えていく。

今はもう慣れたけれども最初は“マジで地獄だった。

連日徹夜は当たり前、朝8時までのレポートを7時に提出して1時間仮眠を取ると1コマ。またレポートが積まれていく。私の要領が悪いだけかも知れないと感じていたが、初日には同じクラスのほぼ全員でzoomでの会議しながらみんな半泣きでレポートをこなした。みんな同じだった。家から出るななんて言われていたがその日食べるものを買いに行くことすら厳しいレベル課題が出るのだからから出ることが本当に、絶対、多分無理。

オンライン講義が始まってまだ慣れなかった一週間、実家にいるのに私は一歩も自室から出ることができなかったのだから、それ+家事である帰省していない友達もっと大変だったと思う。私はその一週間スマホを触れなかった。そんな時間があるならレポートをやったし、私の性格だともし今暇そうで遊び歩いている人を見たら理不尽イライラしてしまいそうだったからだ。そんな自分性格は今でも嫌いだ。人はそれぞれなのに、SNSみえる部分はその人の日常におけるほんの一部分なのに。

 そのうちテンプレートを作ったり教科書を読み込んだりすることで余裕を持てるようになってきた。教育学部の授業も生徒との関わり方など、本当に学びたかたことを学べるのが嬉しくて真面目に受けた。苦手だった英語せっかくだから少し取り組んだ。友達と話していたりご飯に行っていた時間を全て勉強に充てた。目が回るほど忙しかったが一日を一秒も無駄にしていない感じがして、4ぬほど充実感があった。多分ランナーズハイみたいな状態になっていたと思う。この頃の私の思考、今考えると狂ってる。怖ッ

そうやって暮らしていたら、片思いしていた先輩に彼女ができた。友達から聞いた。3日泣いた。

なんでも4ぬ程忙しかったり課題が出ていたのは私の大学では理系教育学部医学部薬学部だけだったらしい。文系その他は相変わらず課題なんてない、流しておけば講義が終わるから余裕なんて状態だったらしい。悔しかった。先輩は地元で飲んでいたらその子出会ったとかなんとか、先輩と仲が良かったサークル男子が教えてくれた。マジで無理だった。

こんな世の中なのに先輩は毎日飲みに歩いていた事実も、もうちょっとで付き合えそうだったのに私はダメでその飲みの場にいた女の子は良かったことも。先輩は付き合ったら長く続くタイプらしいのでもう諦めた。悔しがっていることを知られたり、先輩に彼女ができた事実を知っているということを悟られたりするのが嫌でしばらくインスタをログアウトした。対面授業が再開して会ったら、知らなかった!よかったね!おめでとう!と言おうと決めた。

インスタをログアウトしたので特に仲の良い2人以外とは関わらなくなった。

正直、一旦距離を取りたい人間関係もあったためなんとも思わなかったが家族以外の人と言葉を交わさなくなってから他人に会うことに抵抗を覚え始めた。さすがにやばいと思った。

メンタルボロボロのまま毎日徹夜レポートを書いた。エクセル演算した。勉強しても充実感はなくて朝7時に起きて授業を受けて次の日の4時に課題を終わらせて寝る、余裕がある日は推し夢小説を読み漁った。オタクでいられたのでガチ夢女に戻ることでメンタル回復した。多分推しのグッズ、末代まで「捨てるな!」って書いた紙と一緒に保管。

2020/06

コロナ騒ぎも日常化して、実家のある村にも日常が戻ってきた。近所のおばあちゃん達にはまだ実家にいることがバレ、実は大学をやめたのではないかという噂がすぐに広まった。これはギャグ。もう私の家では笑い話。インターネットオンラインという言葉をおばあちゃん達に理解してもらえなかったのでもしかするとまだ大学やめたことになっているかもしれない。つらい。

リアル人間関係からほぼ身を引いていたため、ツイッターフォロワーと夜な夜なTLを巻き込んで会話しながらレポートを書く。それは変わらなかったし確か6月の中盤まで、私は靴を履いていない。つまりから一歩も出なかった。5月からミリも変わらない暮らしをしていた。

大学からある日アンケート回答のフォームが送られてきた。匿名フォームで、今帰省しているのか・そうならば実家は通学可能距離にあるのかという内容であった。正直に送った。

私の周りでは実家帰省したままだという人がほとんどだった。

しかし次の日の授業で衝撃を受けた。今回のレポート提出は手渡し以外認めないと教授は言った。とても口が悪いので書くこともためらわれるが、このご時世でそれって狂ってんじゃないのかと思った。事情メールして渋々だったが郵送させて頂いた。

その後も何人もの教授大学に行く用事を作った。全て郵送やらメールやらファイル共有やらで代わりに提出を認めてもらった。正直メールファイルを添付すればいいものばかりだったので助かったものの、もし私が他学部実験科目がある生徒だったら?サンプルを取りに行くために泣く泣く地元から大学へ向かった友達もいた。このまま実家講義を受けていたら落単するのではないかと、なんとなく恐怖心を持った。

もし町から町への移動がそのように咎められるものでなくなりつつあったとしても私の地元はどうだろうか。

教授気持ちはわかる。高校部活演劇部だった私は裏方としてであるけれど人対人でなければ伝わらないことがあるということを何度も学んできた。絶対こんなに課題を出すよりも対面で、お互いの表情や空気感を読み取りながら講義を受けた方が1000倍伝わる。教授達が沢山努力していることはわかっている。でも一つだけ、ちょっとだけ考慮してください。アンケートで回答したみたいに、今は大学に通学できない距離暮らしている子もいますWord文書気持ちが伝わりにくいなら、手書きどうでしょう。「今すぐ」や「今日中に」大学プリントを取りに来るように伝えるのではなくPDFを配布してみませんか。

この頃、一通のメールが地下ドル垢のDMに届いた。7月オープン予定でコンカフェを開く予定なのでキャストとして働いてみないか・お店で働く子達で地下アイドルグループを作ろうと思っている、ということだった。声をかけてくださったのは去年地下ドル現場でお会いしたことのある方で事務所経営してるとかなんとか…ということは知っていた。しかし怪しいと思い事務所名や名前鬼のよう検索した。本物だった。メイド服に憧れていたのでコンカフェには興味があった。どれだけいろいろな事情を抱えていてもステージに上がれば夢を見せてくれるきらきらした地下アイドルも大好きだ。かつて片思いしていた先輩も同じ地下の子が好きだったっけ。

しかし私に沸いてきたのは不信感だった。なぜこの時期なのか、私の推しでさえライブ自粛しているのに、都会でなければ成立しない「コンカフェ・地下」をなぜ今始動させようとしているのか、意味がわからなかった。

その頃だった。コンカフェ店舗を構える予定の歌舞伎クラスターが発生したのは。

もういつもなら暗示や占いの類いは良いものしか信じないご都合主義頭だが、こればかりは神様がやめろと言っている気がした。だから断った。

それでも何度もDMがきた、見学だけでもいいとかなんとか。

断った。挙げ句の果てにブロックした。

捨て垢から見に行ったが、コンカフェは無事にオープンしたらしい。地下ドルグループもできたみたいだ。某メイドカフェでも感染確認、こんな世の中なのにメイドが働いているのってどうかと思った。大人が信じられなくなった。あとグループの曲は普通に私の趣味雰囲気じゃなかった。(←これはお気持ち表明)

ということで先輩が好きなアイドルにはなれませんでした。前に現場に一緒に行ったことがある。

いつか地下で活動してそうだな、とか、そうなったらチェキ撮りにいくねとか言われたこと多分一生覚えてるけど、アイドルにはなりませんでした。(超怖いガチメンヘラコーナー)

2020/07と今日の話。

そんな感じで相変わらずレポートに追われる毎日実家で送っています最近は本当に仲の良い2人と連絡を取り合うくらいで、レポートにも慣れてきて二次創作を適度に楽しみながら暮らしています

私はこれでも勉強趣味に…ってそれなりに外に出なくても毎日充実してる。それぞれの生活もあるんだし、私みたいな生活しろなんて誰にも思わない。それでも東京毎日感染者出てたり、私の実家に近いところでもじわじわ感染確認されていたり、5月から世の中変わってないみたいだ。友達の住んでる市は勝手ロックダウンしたらしくもう当分大学には戻れないとか。

そしたら今日大学からメールが来た。私はちょうど課題をやっていた。

8月頭から対面での授業を再開するって、教育学部が中止と予定していた介護実習や高校での実習も開講する予定ですって。受講を希望するなら今すぐ登録を、また必要書類大学窓口で手渡し以外認めないって。期限は5日後。

実習も8月に開講する科目も、教育学部以外の学生教員免許を取るには必須で1科目でも落としたらもう4年間で卒業するチャンスはほぼないかもしれない。

から私はどうする?

教師は今後10年間で必要なくなるなんて記事ネットはいっぱいある。

多分これから教育ネットが主流になる。

メールが来てから時間、ずっと私はなけなしの脳みそフル稼働させて考えた。

県内感染者も増えているのに?移動中に感染する可能性は?土日ですら授業あるのにいつ動く?

介護施設も高校も、もし大学の誰かが感染していたら?大学のある場所感染者が増えたのは先週の後半。これが決定したのは先週の始めらしいか明日になれば対面での講義中止のメールが届くのでは?社会的にどう?教師になることを諦めたらいい?そんなに簡単に1年半の努力は捨てられる?距離を置いていた大学のみんなにいきなり会うの?

私今まで通り大学生活送れる?

もうどうでも良くなった。大学ですら信用できない気がしてしまった。

なんて、こんなことが頭によぎって考え込んでしまうし、しまいにはこんな文章を書いてしまうのでもしかすると私の本当の夢、なりたいもの教師じゃないのかも知れない。

私が弱いだけだと思う。本当になりたい!と思っている子ならこんなこと考えずに書類出しに行くだろうから。対面での講義にもどることを喜ぶはずだから

ということで、私は先生になる夢を諦めることを決めた。

意思が弱くどうしようもない救いようがない根性ひねくれた人間なのでもしかしたら、明後日には電車に乗って実習に必要書類を出しに行くかもしれない。8月はどこかで実習しているかもしれない。教師になることを諦めたまま Permalink | 記事への反応(1) | 02:20

2020-06-19

放送大学最近聞いてる、精神病現代人の抱える問題についていろんな視点からアプローチしてる話を聞いてると、ネトウヨとかパヨクってのは、思春期に抱えた問題を解消できないままおとなになった人なんじゃないかと思うようになってきた。

認知の歪みや受動攻撃性の説明で、ネトウヨパヨクの行動が大体説明出来る気がした。

DSM4の基準

1,日常的な社会的及び職業的課題を達成することに受動的に抵抗する。

2,他人から誤解されており適切に評価されていない不満を述べる。

3,不機嫌で論争を吹っかける。

4,権威のある人物を不合理に批判軽蔑する。

5,明らかに自分より幸運な人に対して、羨望と憤りを表現する。

6,個人的な不運に対する愚痴を誇張して口にし続ける。

7,敵意に満ちた反抗と悔恨の間を揺れ動く。

らしい、攻撃性の高い増田やツイフェミアンチフェミ等含めて当てはまる人間匿名フィールドに多いように思える。

2020-05-30

もっと早くアイドルマスターを知りたかった

時はニコニコ全盛期。

ランキングには多くの動画に満ち溢れていた。MADボーカロイドゲーム実況釣り動画、果てはアニメ本編丸上げなど様々な流行が生まれては消えを繰り返す

━まだユーザー主体が強かった時代所謂「楽しかったニコニコ」の頃だ。


その当時の私は中学生で「萌え」というものをよく理解出来てなかった。だからボーカロイドの人気も分からなかったし本当に東方エロゲーだと思い込んでいた。

そんなニコ厨真っ盛りの年頃で唯一関心を持たなかったジャンル存在した。

それがアイドルマスター だ。


私はこのゲームのことをゲームまとめサイトの影響で「女の子おっぱいを触れるゲーム」程度の認識であり、グラフィックが貧相だったのもあってどんなゲームか知ろうともしなかった。

からMADに使われてるキラメキラリが何の曲かも知らなかったし、ランキングに上がってるアイマス動画は全て無視して松岡修造チャージマン研ばかり見ていた。


「好きの反対は無関心」という言葉が正しいのならニコニコ御三家の中で一番優先順位が低い状態だったのだろう。


そんな私がアイマスを本格的に知ることになるのは大学生の時。デレステリリースした時「ちょうど音ゲーをやってみたかった」という些細な理由だった。

当然アイドルマスターキャラは数名しか知らないし1ヶ月ぐらいやって辞めようとと思っていた。


すごいハマった。

キャラクターを好きになるという気持ちを実感できたのは今までにない経験だったし、初めてソシャゲ課金した。なんならモバマスもやってるしライブにも行った。

もちろん765、ミリオンsideMのことも調べた。気がつけば沼に肩まで浸かり、完全にアイマス界隈の住人と化していた。



 さて、時代が移りニコニコが本当のオワコンになってしまった今、友人達が皆youtubeに移ったというのに私はまだ未練がましくニコニコを見ている。

本当に見たいものが減った。時にはランキング動画を1つも見たくないことだってある。


そんな時はアイマスカテゴリにある過去の名作を見るようにしてる。そしてその名作を再生するたびに思う。



何故もっとアイマスを早く知ることができなかったのか。


もっと早くアイドルマスターを知って765プロアイドルに対して接したかったし、リアルタイムコメントして動画を待ち望んでみたかった。

そしてアイマス2発表の時にジュピターガチギレしたかったしアニマスも生で見たかった。モバマスだってサービス開始当初から始めたかったし、

担当に声が付かない思いもデレアニで心を絞められる思いだってたかった。


不幸にも大学以前の友人は皆ボカロ厨と東方しかいなかった。アイマス話題に上がらなかった。当然知る機会はなかった。


なぜ誰も教えてくれなかった?

このコンテンツもっと長い時間を掛けて真剣アイマスに向き合って、老害ムーブかまし勝手失望して、その後何事もなかったかのように手のひらを返したかった。



時間は進むしかない。今から過去動画を振り返ったってアイマス青春を過ごしたという過去はもう手に入らない。


偏見好き嫌いしたせいだ。萌えだけでつまらなさそうというくだらない自分偏見現在悔恨へと繋がっている。

もう何をしたって戻ることはない。あの頃は過ごせない。


本当にどうしようもなく悔やんでいる。

なぜ私はこうも後悔の多い人生を送るのだろう。

2020-05-21

国立大学法人化「が」失敗というよりも、この国の議論と変更へのアレルギーが失敗の本質だと思う

今回のネタ

国立大学法人化は失敗だった」 有馬朗人東大総長・文相の悔恨

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00158/051900003/


この国の問題一言で言えば、アップデート頻度の少なさだと思っている

やってみて試してみてダメなら、またやってみて試してみればいいだけの話

2020年にもなっていや~失敗しましたわ~

とか馬鹿みたいに語る有馬朗人東大総長の後悔のしたからして失敗なのだ


から飛び降りようとしている日本人が二人いたとして

A:いくぞ!飛ぶぞ!いいか?いっせのーでで飛ぶぞ?

B:ちょっとまて!いっせーのせっのせ!で飛ぶ?

A:じゃあ1,2,3の3で飛ぼう!

B:1,2,3のサンのンのところで飛ぶ?

A:サンのン!でいいよ行くぞ

とかどうでもいいところで議論

そしてこの元東大総長は、財務省サンsanのaの部分で飛んだんだ!騙された!とか意味不明無駄な後悔をしているわけだ


そういう反省と後悔の仕方は東大総長としてどうなんだ

ルールを常に見張り、チェックし、考える機会を与え、変える前提でいることが大切なわけだが

この国はなぜかそれをせずに変える変えないで大騒ぎしたと思ったら

変えたとたん誰もそのことを考えなくなり、忘れ、失敗したら騙されたと大騒ぎするわけだw

いやいやいや、君たち今まで何してたの?

失敗したなら変えればよかったじゃん

もしかして一度変えたからもう変えてはいけないみたいなそういう話?

東大総長でこれなのだからそりゃもう終わってるよね


現にコロナはいろいろな日本の変更のアレルギーを見せている

消費税がそうだけど

もう消費税10%にしちゃったからいまから変えれませんとか言っている

難しい難しいと念仏を唱えている

はてブも騙された~とかいうくらいで、どこか他人事のようで、消費税が変えられないことは仕方がないと思っていそうだ

あれだけ反対していたのにだ

あれだけ増税に反対していたはてブも、いちど決めてしまった消費税をまた変更することには抵抗があるらしい

ハンコにしても書類にしても変更アレルギーこそがこの国の問題なんだと思う

2020-05-18

anond:20200518154528

なんかなー

私の場合おしゃれできるようになってからにしよーって

それまでモテ諦めてたし、

おしゃれっていうか身なりに気も使わんと飾らない自分を見てほしいみたいなタイプが多い気がしてなあ(偏見

からみれば外見、金、仕事、特技、頭の良さとか

いろんな項目で評価してもらえるなんて男は挽回チャンスいっぱいあっていいやんと思うのだが

青春悔恨が本当根深

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん