「人的資源」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人的資源とは

2018-06-18

anond:20180618110653

スポーツ人種なんてほとんど関係ないよ。

どれだけの人的資源を投下しているか、どれだけ金をかけて選手を育てているかだ。

2018-05-30

anond:20180530000215

おお、愚痴みたいな独り言真摯解決策を見出してくれた貴方はええ人や…

そうなんだよねえ

仕事だったら、代わりにできる人を育てたりとか仕事を少しずつ周りに割り振るようにするとか、

何かあった時にわかやす場所に諸々を配置しておくとかするよね

普段パートもしてるけど、そういうのあんま頭になかったよーありがとう

そうなると、私が使える人的資源が、激務の夫オンリーというのが問題なんかなあ

少しずつ日常生活で、「もしこれを誰かにねがいするなら?」を意識してちょっと生活してみようかな

そしたら、やりたいことが子供いるから無理ってなっても、「でも私も今やりたいことできるようにすこし準備してるし」と思えるし、前向きになれそう

2018-05-29

勝利宣言


         おめでとう!!

おまいら、サイレントテロリスト勝利は確定しました!

最高のサイテロとは「子孫を残さないこと」であります

将来の消費者納税者意図的に残さないことで

大打撃を与えることができます

既に氷河期世代をはじめ、貧乏人所管の働きにより

人口減少確定値に入り、2100年以降にならなければ

自然増になり得ないまでに至りました。

現在最後祭り東京五輪)の準備中でございます

この祭りの後は、国家としてのイベントは何もございません。

毎年100万人以上が消える国、それが「未来」なのです。

我々の子孫は「人々が次々と消える国」を生きることになるのです。

近代史において、戦争や疫病そして飢餓等、大きな国難を受けたわけでもなく

ここまで人口が減るのは自然界における「淘汰」になりえます

イラク戦争シリア紛争?ふふん甘い甘い。

我ら日本国戦争犠牲者数す凌駕する、最凶の武器

自然減」砲を毎年毎年くらっております

そして、子孫を残さな概念において「ある制度」がやり玉

上がることになるでしょう。

「後からまれるほど、損をする」という考えの根幹にある

社会保障制度をどーにかせんとまず挽回できないでしょうな。

そして、我が国資源がない国です。しいて言えば「人間」こそが資源なのです。

その人間を、同じ人間勝手に優劣を決め、勝手正規非正規に分けたのです。

ここまでくると愚かどころか国賊ですね。

人的資源をないがしろに扱った結果、この国は滅ぶんですよ。

ゲームに命を喰われる

毒にも薬にもならぬ携帯ゲームがどれだけ人の貴重な時間(命そのもの)を奪っているかソーシャルゲームなるものをつくり世に提供する会社とは、価値創造どころか貴重な人的資源の浪費を促す害毒垂れ流し会社である

しかしそんな害毒をまき散らす会社創業者富豪となっている状況を見るに、私の感覚は正確とはいえそうにない。

2018-05-28

IRカジノ法案の動向を見て思うこと

地方創生はどこへ行った。

結局は、当初のコンセプトは忘れ去られ、無難な着地を望む官僚政治家妥協産物として中途半端ものが出来上がる気がしてならない。

IRの設置は、都市部への富の過集中を緩和し、地方部へ資源を再分配するための手立てではなかったのか。

(あまり適切な例えではないかもしれないが)

日本身体見立て場合地方は手足だ。

血液たる富が巡らねば、手足は冷え、いずれ動作不良を起こす。

都市部無関係ではない。

地方日本から切り捨てられない以上、一蓮托生だからだ。

地方が冷え込めば、心臓部分たる都市部にも必ずや影響は及ぶ。

事が決定的になる前に、少しでも地方血液を送らねばならない。

それは地方優遇、何もしない人々に富をくれてやる、というものではない。

都市部への悪影響を最小限に食い止めるための予防策だ。

地方崩壊と困難は、いずれ都市部に悪影響をもたらす。

今手を打たなければ、将来的に払うコストは途方も無いものになるだろう。

人が住む限りは、その地域は維持されなければならず、コストがかかる。

家でも車でも、問題は綻び程度の段階で対処した方が後々累が及ばない。

国にも似たところがある。家や車と一緒にしてしまうと、違和感があるかもしれないが…

都会にいると、地方疲弊具合は分からないだろう。

しかし、人的資源インフラ、共にあと20年もすれば限界が来る。

崩壊と困難が取り返しのつかない段階に達し、都市部にも悪影響が及ぶ前に、

手遅れになる前に、地方への輸血が必要なのではないだろうか。

日本全体が病んでいる。

日本全体の血の巡りが良くなることを望む。

2018-04-13

中国すごくないの増田ですが

夜酔っぱらって書いた増田が思いのほか伸びて動揺しています


結構な数の反論をもらったのだけど、一番多かったのは「すげーと思ってるのはそこじゃねーよ!」というものでしたね。

「(主に)ITにおいて、ダイナミックに新しい技術を導入できているその変化の速度が羨ましいんだ」という主張が多かったように思います

じゃあその速度がどこに起因するんだということを自分なりにいつも考えているのだけど、私に思いつくのは以下のもの


1.独裁的で民主プロセスをすっ飛ばし規制緩和を決められる政府とそれに諦めを持っている国民

2.個人情報収集に命を燃やし、それに役立つ民間技術があれば金銭的、法制的に積極的に後押しする政府

3.儲かる(と思った)領域に一気に人的資源を投入し、ダメだったら即首を切れるるゆるゆるの解雇規制

4.最後に人に物理的にサービスデリバリーするための大量の低賃金労働者

5.不動産の次の投資先を探して彷徨ちょっとバブル気味の投資資金

6.15億人の同一言語の市場と毎年800万人出現する新卒労働者

7.リプレースすべき先行インフラがないことによる、新技術導入メリットの大きさ

8.怒られるまではやってもいいというゆるゆるの倫理観

9.新しいものかっこいいじゃん、かっこいいものは見せびらかしたいじゃん、という社会空気

10.失敗して怒られてもいいじゃん、というサービス提供者側の当事者感の無さ

 (ちなみに消費者側に失敗に寛容な雰囲気はないよ。ミスがあれば普通にキレまくるし、裁判起こしまくる)


はい、見るとわかる通り日本では入手不可能か、心情的に抵抗のあるものが多いですね。

最初記事へのブクマでも何人か指摘していたけど、日本がいいところだけ取り入れようとするのは結構難しいと思うのですよ。

(9、10は日本もっとあってもいいと思うけど)


ということで、中国ダイナミクス羨ましい!という人は、日本でギャーギャー言ってないで、中国移住したほうがいいです。

日本人にとって中国語は簡単だし、ちょっと勉強すれば話せるようになるよ。今の中国企業は市場として日本進出目指しているところも多くて、

日本話者ニーズは無いことはないと思う。まあ日本語話せる中国人が死ぬほどいるので競争は厳しいけど。


自分は、個人的には新サービス好きなので、流行っているアプリサービス結構使ったしそれはそれで楽しんだけど、

中国の勢いをもう十分味わったからおじさんは日本に帰らしてもらうわ。あとは若人頼んだぞ!

え、あん生活環境の悪いところには住みたくない?じゃあお先真っ暗な大嫌いな日本でブーブー文句言いながら沈没しとけよ臆病者。


anond:20180412231909

2018-01-18

anond:20180118100649

実際は大量殺戮を目指す核兵器より、狭い範囲を精密攻撃できて、かつ人的資源を浪費しない方向に開発が進んでいるから実は核兵器なんてとっくの昔にいらなくはなってるんだけど、

持っているやつがいから廃棄できないという理屈のおしつけあい

「おれが先に廃棄するよ」「いやおれが先に廃棄するよ」「いやおれが(略」

という状況になっていて、実は北朝鮮上島竜兵になってほしいっていうのが書く軍縮会議実態だよ。

2018-01-05

anond:20180104132743

かに個人レベルでみた場合には大半の人にとっては不要でしょう。一方で国レベルでみた場合には自国歴史文化研究・伝達するための人的資源を確保するための施策として、古文漢文という教科を高等教育の前段階である中等教育カリキュラム組み込み入学試験科目として設定すること(を促すこと)には一定妥当性があるように思います元増田は「国家レベル失恋引きずるな。」と書いていますが、むしろ増田国家レベルでみた場合必要だという認識です。

また、大学入学試験入学後の専攻に対しては極めて大雑把に粗い科目設定しかできないという実運用上の理由もあるでしょう。古文漢文は「専門的な学問の内容」というよりは「専門的な学問のためのツール」として重要であるため、そういった古文漢文必要とする分野に進む「かもしれない」人材に対して、その学習要求するのはそんなにおかしなことではないように思います特に東大進学振り分け関係上、古文漢文必要とする分野に進む権利を認めているわけですから入試科目に設定していても何らおかしな話ではないでしょう。他の大学に関しては各校の方針または事情で設定したりしなかったりでしょう。実際のところ、当該分野を持たない大学では入学試験科目にしていなかったりすると思います(持っていてもしていないところもあるでしょうが)。

あと、反論として「大学に入ってからやればよい」という意見はある程度、首肯できます。ただ、それに対する再反論として「それだと時間が足りない」というものがあります。実際のところ、古文漢文必要となる大抵の場合において「ツール」でしかありませんから、それを学習することは主目的にならないのが大半のケースです。

このあたりが元増田認識のズレがあるところだと思います元増田が「おれは別に面白いとは思わなかったが、漢文出会い興味を持った学生古典研究者の道に進むことだってあるだろう。」と書いているように、古文漢文高等教育段階での必要性について実際よりも狭い範囲しか認識できないというのは高校生レベルではありうる話です。そういう視野の狭さに対して「入学試験科目」という強制力対処するというのは一つのやり方なのではないかなと思います

ちなみに古文漢文と同じような位置付けにあるにも関わらず、「大学に入ってからやればよい」という意見のとおりになっているのは、日本語英語以外の言語学習でしょう。これは東洋史西洋史・その他の地域史や文学思想などの研究には必要な「ツール」ですが、一般的には「大学に入ってからやる」ことになっています。ただ、これらの分野については本気でやるなら留学必要になってくるものなので、日本史日本文化研究の「本場」としての優先順位の違いとみなせるように思います

ちなみに個人的な話でいえば、古文漢文受験科目として勉強たことは結果的には時間無駄だったという認識を持っています個人的には増田意見には共感できます

2017-12-03

日本が学ぶべきは中国ではなくイギリス

中国談義が盛り上がっているが、中国は進んでいる!日本も真似せよはおかし

そもそも中国日本は前提条件が違いすぎる

・有り余る人的資源

災害比較的少ない沿岸部と巨大な国土

・それなりに賄える天然資源

・陸の国

情報統制

中国日本には使えない手札をいくつも持っている

日本が本当に学ぶべきはイギリス

イギリス戦後史は敗北と抵抗の歴史

WW2の終了で遂に決定的となった覇権の終了

米国国際社会の中心を渡すところから始まった

経済規模西ドイツに遅れをとり、統一ドイツに決定的に敗北を喫する

フランスと組んでドイツ封じ込めのEUを作るも2010年代にはドイツEU支配が成立

過去遺産はあるものの、その存在感は決して大きいものではない

経済発展はしているが、立場は失う一方の70年だったというわけだ

だが抵抗の歴史でもある

EU内で独自通過を残し、ヤード・ポンド法を残し

独仏伊と違って女王歴史を残し、核保有もした

近年ではBrexitなど

彼らはまさに世界の国々から追い抜かれ取り込まれる情勢の中で

自国運命に抗い続けた歴史を過ごしたと言える

日本は敗北する中での、戦い方を学ぶべきだ

例えば香港中国に返された

これとて英国は嫌だったかもしれないが、

昇りゆく巨竜と取引を成立させた点は上手な負け方だっといえるかもしれない

尖閣とは訳が違う規模の「都市」を返還することを選ぶ政治は並大抵ではない

日本なら武力衝突の末、奪還され遺恨が残ったかもしれないような場面だ

しかアルゼンチン相手には軍事行動を取った

これはケンカ相手の選び方が上手いナイス判断だと思う

(どちらも英国からは離れていて、価値で言えば香港の方が遥かに上だが譲った)

EUとは距離を置きながら、97年-07年は平均3%の経済成長も達成

97年から2017年までにGDPを2倍に成長させた(日本はほぼゼロ成長)

地域社会地位を失うなかでこれだけ成功を収めれたのは

彼らが「取引」と「負け方」を知っているからに他ならない

Brexitでポカをやらかしたとの見方も強いが

僕は先見の明があると見ている

07年から17年までの10年間は2%を下回る経済成長力になっており

EUとしての効果は切れつつあるのではないかと見られるから

その十年で「ドイツ道徳選択」を強いられるようになっていて

ここから脱出できるというのは長期的には悪くないのではないかと思う

いずれにせよ振り返ると彼らは「安定の中で国際社会地位を落とした」と思う

世界地域覇権国家が衰退するときは滅亡することも珍しくはない

彼らは負け方がうまく「普通にイケている国」にかなり平和に移行した

日本アジア随一の国からすでに脱した

そこで再度「勝ちに行く」考えは対立と失敗を生むだろう

どうやって中国相手平和王座移譲し、利益を得、国民精神面を支えるか

「負け方」を考える時期に来ている

そんな時、中国を見習うという姿勢よりも覇権禅譲したイギリスの負け方を見習うべきに思う

2017-11-16

anond:20171116091517

日本には資源なんてないんだから日本侵略される心配はない。

人的資源

人的資源は、日本企業よりちょっとだけ高い給料を出すだけでいくらでも取れる。

2017-09-25

anond:20170920174920

地方創生なんて関わるもんじゃない

ろくなことがない、人生時間をムダに過ごすだけ

対価をろくに金を払わず人的資源をムダに浪費しているだけ

使い潰されて、新しくほかの人が来て、使い潰されての繰り返し

地方だけじゃなく、東京ローカル場所でも同じく

地方創生標榜にしているコンサルタントも同じ

正当報酬を得られる業界に行かないと、人生詰むので地方創生業界オススメしない

https://anond.hatelabo.jp/20170809083935

2017-08-22

公私混同なきイノベーション

イノベーション動機は純であれ不純であれよく定義された問題でなければならず、ゆえに往々にして私的である報酬帰属先は個人だ。

イノベーションとは個人資源特に人的資源投資を集めて、存在するアイディア自己成長するビジネスとして自律する形に仕立てることだ。

公私混同がないということは雇用主と労働者の間に労働提供しかないということで、建前上は理念概念提供がないということだ。

公私混同批判を防ぐ一つの方法私的報酬を減らすことで、多少はいい思いをしているけれども一切実質がないと納得させることだ。

もっと簡単には投資を浪費して失敗させることだ。

現実には動機を薄めて投資効果を抑え、この二つを両立したと称するもののみが生き残るだろう。夢は大きく語りつつも実現は避けるのがイノベーターにとって最も安全戦術となろう。投資家にとってはなるべく起業家を安く買い叩き投資を回収出来次第即座に潰すことが安全であろう。さて、われわれは本当にイノベーションを求めていたのだろうか?

2017-08-17

https://anond.hatelabo.jp/20170817021510

そうか?

中国の台頭と衰退は歴史的必然だろ

台頭するだけの思想的蓄積も人的資源もある、当然そのエネルギー近隣諸国との摩擦を産んでぶつかり衰退する可能性も大いにある

つの時代競馬で言う所の大穴的な存在だろ中国

代理戦争ってのは核の時代にはありえないが、中国とは経済的にな影響で主権コントロールされないように付きつ離れずうまくやっていくしかないんだよ

2017-08-15

目的会社認知向上です!」

サラリーマン諸氏にはわかってほしいんだけど、えてして優先順位不明瞭な場所は居心地がいい。少なくとも短期的には。

みゆく船の上というのものはなかなか不思議光景で、船長も船員もわけわかんないことになってる。

うまい例えば見つからないのだけど、下手したら「船長、助かるために甲板に穴をあけましょう!!!」みたいな提案も通ったりする。

平船員が「いや、それはさすがにおかしい!」と言ってもわけわからなくなっているので副船長あたりが「行動もしなければ代替案も出さな批評家は船を下りてくれ」みたいなことを言い出たりする。落ち着け

極端な例はさておき、アホな船頭やら大将やらは人的資源分散配置して死ぬ歴史証明しているのに、まぁよくやる。

なんとかなんねえもんかなぁ、うちの会社

2017-07-06

ITディレクションを舐めてる奴に殺意を覚える

いろんな現場に行って思うのは

エンジニア以上にディレクション力の上下振れが大きいことだ

(というかエンジニア側は自分が入ればある程度どうにかなるし)

 

ディレクター蔑ろにしてる現場

ディレクターそもそも何なのか理解していない現場

ディレクター居なくても大丈夫だと思ってるエンジニア

ディレクター業務舐めててボトルネックを生む現場

無能エンジニアディレクションやらせ会社

 

すごくストレスが溜まる

 

死にかけの会社ならまだ分かるが、それがベンチャーだったりすると尚更腹が立つ

喩えるなら、口では東大目指してますとか言って遊んでるようなやつを見た時の憤りに似ている

 

まあ俺は外注から何もしないんだけどね、そういうところは皆早めに出ていくよね

外注は金さえ払えばと思われてるよね、そういうところに限って安いんだけど。バイトだってバイト先は選ぶだろうに)

 

___

 

すまん、ITじゃなくてweb屋って書けばよかったな

web屋のディレクターってweb屋に居ないと分かりづらいよね

 

俺のイメージする役割分担はこんな感じ↓

下級PMって感じ? 会社によってはSEって呼ばれてるかもしれん

PMディレクターとなってるところは、難度高い部分をPMがやる)

 

・立上げ   偉いPM役員、偉い人、偉い営業、偉いエンジニア

計画    PMディレクター ★

・実行    ディレクター ★

監視      PMディレクター ★

コントロール  PMディレクター ★

終結    放置! ★

スコープ  ディレクター ★

タイム   ディレクター ★

コスト   PM

品質    ディレクター ★

人的資源  PMディレクター 

コミュニケーション  ディレクター ★

リスク   PM ★

調達    役員

ステークホルダー  PMディレクター ★

 

★の部分がだいたい漏れがちで、俺(PG)がやることがある

PLとしてやってるときはまあ適当にやるからいいんだけど

PGとして入って、ディレクター(のような人)が居て、業務を把握していないパターンお見合いになるのでキツイ

無視してもきつい、ヤレというのもきつい、自分がやるのもきつい)

 

これらの業務内容をちゃんと把握してる現場がまず稀(意外かもしれんが受託会社はそこらへん非常にしっかりしている)

PM相当の部分はやる人が居るんだけど(おっさん管理職)、ディレクター相当の部分が抜ける

システム開発よくわからない」とかいいつつ、なぜか皆勉強しない

2017-04-26

東北でよかった

そうだね、東京さえ残れば別に構わないよね

東京には大量の消費者エリートが集まっているからね

まぁ、人的資源用の地方が死んで最後に一番苦しむのは東京から

2017-02-28

受験計画と実績

はじめの一周

番号目次学習計画学習実施
1-01経営戦略全体像2/272/27
1-02戦略策定企業戦略2/282/28
1-03事業戦略3/13/1
1-04現代戦略3/23/2,3/4
1-05組織構造3/6?
1-06組織人材3/7?
1-07人的資源管理3/8?
1-08労働関連法規3/13?
1-09マーケティング概要プロセス3/143/29
1-10製品戦略3/21
1-11価格チャネル戦略3/22
1-12プロモーション・応用マーケティング3/23
2-1財務諸表3/24
2-2簿記の基礎知識3/27
2-3税務・結合会計3/28
2-4キャッシュフロー計算書3/29
2-5原価計算3/30
2-6経営分析4/3
2-7投資評価4/4
2-8資本市場資本コスト4/5
2-9現代ファイナンス4/6
3-1生産管理生産方式
3-2工場計画と開発設計
3-3生産計画生産統制
3-4資材・在庫管理
3-5IE
3-6生産オペレーション
3-7店舗立地と店舗設計
3-8マーチャンダイジング
3-9物流流通情報システム
4-1コンピュータの基礎
4-2ファイルデータベース
4-3システム構成ネットワーク
4-4インターネットセキュリティ
4-5経営情報システム
4-6情報システムの開発
4-7プログラム言語Webアプリケーション
5-1消費者行動と需要曲線
5-2企業行動と供給曲線
5-3市場均衡
5-4不完全競争市場の失敗
5-5経済指標と財市場分析
5-6貨幣市場IS-LM分析
5-7労働市場と主要理論
6-1特許権実用新案権
6-2意匠権商標権
6-3著作権不正競争防止法
6-4株式会社機関設計
6-5株式会社設立資金調達
6-6事業再編と持分会社
6-7契約とその他の法律知識
7-1中小企業の動向
7-2中小企業の稼ぐ力
7-3小規模事業者の動向
7-4政策の基本と金サポート
7-5経営基盤の強化
7-6中小企業経営安定化
7-7経営革新創業支援

2016-11-27

バブル脳の北陸新幹線計画小浜経由で日本終了のお知らせ

北陸新幹線敦賀新大阪間のルートが、小浜京都経由できまりそうと聞いて、もう日本は駄目かも、と思った。現在日本財政的窮状が見えていないバブル脳の老害がまだ政界に跳梁しているのか。

北陸新幹線・3ルート国交省の詳しい比較はこちら。

https://www.mlit.go.jp/common/001152043.pdf

舞鶴経由なんてもとより頭がおかしい。もともと無茶な小浜経由の影を薄くするために、わざとスケープゴートとしてむりやり候補ねじ込んだとしか思えない。

新大阪駅京都駅間の人口密集地にもう一本、新幹線を作る?どれくらいのお金時間がかかると思っているんだ?(資料では2.1兆円とあるが、とてもそれですむとは思えない)。新快速バンバン走る中、どれくらいの需要があるんだ?しかも、既存東海道新幹線と並走するんで、災害時の迂回ルートにもなりはしない。そして小浜市という人口3万の町のどこに、わざわざ迂回してまでも行かなければいけない巨大な旅客輸送量のニーズがあるんだ?それって、(米原ルートとの小浜ルート建設費の差額の)1兆5千万価値があるのか?国家予算が50兆円の時代の1兆5千億円の価値が分かってる?日本人美徳の「もったいない精神はこれだけ規模がでかいと忘れ去られるのか?

一方の中央新幹線大阪延長は、国の融資支援による前倒しが決まっていて、現状では2038年開業予定になってる。北陸新幹線は、2023年春に敦賀まで開通予定で、その直後に着工しても、小浜ルートの工期15年だから、結局、開業時期は同じだ。

だとしたら、北陸新幹線米原ルート(工期10年)にし、米原駅ホームを、東海道新幹線から北陸新幹線にドア・ツー・ドアで乗り換えられるように改造し、5年間は米原での乗り換えを我慢する。中央新幹線が開通し東海道新幹線の便数が激減する 2038 年から大阪から米原経由・直通便を出すようにするのが、もっと経済的合理的だろう。

ソフト施策としても、たとえば米原での乗り換え時に、プラットフォームで隣の車両の移動するだけですむよう、指定席車両単位シンクロさせるとか、指定席特急券は特例で通しで買えるようにするとか、いくらでも施策は打てる。「JR会社が違うから」などと言うのは、兆円単位の工費の違いに比べれば些細な差に過ぎない。

今の日本高齢化洒落にならない状況に深刻な状況に陥っていて、お金は少しでも多く、今後の高齢者を養う力を持つ若者を育てる教育と、国際的お金を稼げる技術力の種を産む研究開発費に突っ込まなければいけない。そして2100年には人口は8千万人まで減少すると予測される中、地方から撤退」して、生活資本整備は都市部に「集中」と「選択」をする政治的に難しい舵取りをしなければならない。

経済的にあまり効果がない土木工事には1円ですらお金を費やす余裕はない危機的状況なのだが、「北陸新幹線小浜ルートで」などと寝呆けたことを言っている連中は本当に日本の現状がわかっているのだろうか?

米原ルートのもう一つの利点は、米原の北東側に、北陸新幹線名古屋方面への短絡線を作れば、横浜静岡名古屋から北陸方面への新幹線移動も可能になる点だ。しかも安くできる。繰り返しになるけど、2038年に中央新幹線大阪まで開通すれば、東海道新幹線はがら空きになる。それを有効活用し、災害時に迂回路としての役目を果たせるよう、メインルートから距離を離しておくのは、ものすごく重要だ。

なので、我々がすべきことは、2038年開通予定の中央新幹線新大阪までしっかり期限内に完成させて、空いた東海道新幹線をすぐに北陸新幹線転用できるよう、東海道新幹線北陸新幹線制御系統共通化などソフト面での対策を、時間をかけてしっかりやっておくことに尽きる。

場合によれば測量・説明会運営用地買収政府自治体支援すれば、中央新幹線の開通はもっと早められる可能性もあるだろう。

これまでも、日本鉄道災害対策は「天災路線ダメージが出たら、工事担当者が集中して復旧作業して、素早く再開させる」のが基本で、需要にまったく見合わない東海道北陸中央新幹線トリプルネットワークの整備は筋が悪すぎる。どんな災害でも素早く状況を見て復旧ができるような人材の維持・育成こそ大切だ。

少しでも多くのお金日本未来を担う人的資源の育成に。土木事業業界を潤すという考え方は早く捨てないと、日本未来はない。最小限の投資で最大限の効果を実現するよう、願わくば、多くの関係者再考をお願いしたいと思う。

2016-10-17

http://anond.hatelabo.jp/20161016224105

時間ダイスキーの人たちはなんか勘違いしてるけど、広告業界官僚長時間労働ってぶっちゃけ何の意味もないんだよね。

個人長時間労働して利益を増やしてくれるのは特定企業にとっては労働生産性が高い、ということになるけど、日本経済全体にとっては市場内での利益をどこが取るか、という競争しかないので日本国から見れば労働生産性が低すぎてゴキブリ並にいらないんだよね。

官僚統計の精査や政治家答弁ばかりに忙しい忙しい言ってるのはただのジコマンなの。

国に奉仕した気分でおしんかよってくらい苦労に酔ってるだけのイタイ連中だって気づかないのはヤバい

なぜ規制するかというと健康のためにもならんし社会にとっても害だから

どこででもタバコを吸いたいんだ自由をよこせ、と言ってるニコチン喫煙者と同レベル

タバコを吸いたいって言っても規制する理由があるから規制される、長時間残業もそれとおなじ。

蛇足だけど、希望する業界職種長時間労働慣行としてあるから向いてなかった、って、希望する業界職種には向いている可能性があるのに長時間労働パワハラセクハラで潰すのを正当化してしまうってちょっとおかしいよね。

http://anond.hatelabo.jp/20161018125858

な、長時間労働派ってバカしかいないだろ?

「なんか、まさにいま沈没していってる船の上で「定時過ぎたんでー」とか言ってるアホなバイト船員みたいでほんと滑稽。」「ここでの“船”とは、日本国全体のことを指している」「「長時間労働をすれば船は沈まない」などとは一言も言ってないのです。」「「あんたらのその言い方だと、頑張ろうとしてる人間の足を無駄に引っ張るんじゃないの」と言っている。」

主張に一貫性がないのもまるわかりだし、

「「労働が長時間かどうか」なんてのは問題の核心ではない」とかいうのも国にとって人的資源の毀損や健康面での悪影響の観点からマイナスなので政府長時間労働規制しようね、という話をまったく知らない世間知らずのバカである証明だし、「「3日間徹夜してがんばったらすげーもんができた!」っていうのをわざわざ潰す必要はないじゃん。」もダンピング規制と同様だし、「「それをやられるとこっちがバツが悪い」とか言うやつに合わせなきゃならない社会」はタバコをどこでも吸えるようにしろと叫んでる社会的コスト理解していないニコチン脳と一緒。

2016-10-16

http://anond.hatelabo.jp/20161016173413

結論だけ読んだけど典型的な極論でワロタ

人的資源観点から長時間労働はやめようねというのが今の政府方向性なんだがそこら辺理解してなさそう

個人企業ミクロ合理的手段として長時間労働選択して合成の誤謬が生まれから規制しないとダメだなという話なのに自由選択させろとか言われても今が現にだめじゃんっていうね

コイツにとっては安倍政権もエセNPOなのかな?

関係ないけど参画してるNPOはエセ呼ばわりされたことに裁判起こしたらいくら取れるんだろう

2016-10-08

長谷川 秀夫 - 月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死自己保存用)

Hideo Hasegawa

10 hrs ·

NewsPicks

·

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社業務をこなすというより、自分が請け負った仕事プロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

過労死白書過労死ゼロに向け…世界で例がない初の報告書毎日新聞

海外メディアから編集部が厳選した翻訳記事やThe Wall Street Journal日本版)で配信された記事を読むことが出来ます

newspicks.com

1 Like2 Shares

Share

偉大なる元記事様 https://www.facebook.com/hideo.hasegawa.5/posts/1344423522255614(削除済)

Googleキャッシュ http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:https://www.facebook.com/hideo.hasegawa.5/posts/1344423522255614

魚拓 http://archive.is/K4OEv不要な要素は適宜削除ください)

長谷川秀夫(武蔵野大学教授)「100時間くらいで過労死は情けない」

長谷川秀夫(武蔵野大学教授)がFacebook投稿し、その後削除した内容。

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社業務をこなすというより、自分が請け負った仕事プロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

URL

キャプチャ魚拓はなかった)


長谷川秀夫

武蔵野大学グローバルビジネス学科教授。 一部上場企業を中心として、10年以上のCFO経験を持つ。

CFOとしての最後仕事は、IMC社(本部イスラエル株主米国Bershire Hathaway Inc. leaded by Warren Buffett)とのM&A取りまとめ。

Warren Buffettによる初めての日本企業への出資を実現。その後、学校法人理事を経て現在に至る。

元日経団連コンテンツ税制委員会委員

早稲田大学商学部卒業BA in Commerce)、 米国The University of Iowa経営大学院卒業(MBA)、 米国Kellogg School of Management, Northwestern UniversityにてAdvanced Executive Program (現AMP)修了。

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期過程(国際経営専攻)退学。

https://newspicks.com/user/1077197/

2016-10-07

はてな民「自堕落患者を生かす代わりに幼小児を殺せ」

長谷川氏の主張は稚拙すぎて糾弾されて当然かもしれない。

だが私は自己責任患者自己負担増の必要性排除しない。

はてなでの人気ブクマブコメを見るかぎり、界隈では透析に限らず、自己責任患者への医療自己負担増そのものに反対であるように思う。

医療が限られた物理的・時間的人的資源である以上、直接的なトレードオフではないにせよ、予防可能疾患に割かれた分の資源は他の領域から差し引かれ、生命予後にも影響を与えると考えられる。

当然、予防可能であった疾患に、努力する必要性を知っていながらそれをせず罹患した患者を救う分の資源は間接的に幼小児患者から差し引かれ、その結果亡くなる方もいるだろう。

どこまでが自己責任判断するのは簡単ではないが、例えば生活習慣改善への努力スコア化するなど、十分に吟味制度化すれば不可能ではないと思う。

また、予防可能疾患を減らすことで本当に医療負荷が減るのかについても検討必要だと思う。

だが、好きなようにタバコを吸い、好きなだけ暴飲暴食して要医療状態になった患者を救うために幼い命が失われるのだとしたら何かが間違っていると思う。

2016-08-11

[] ノウフー

ノウフー(know who)とは、「誰が何を知っているのか」「どこにどんな業務経験者やエキスパートがいるのか」といった

組織内の人的資源情報を蓄積し、検索できるしくみのこと。専門的なスキルノウハウを持つ人とそれを必要とする人を、

部署間の壁を越えて結びつけることで知識の共有化と有効活用を図る、ナレッジマネジメントには欠かせない要素の一つです。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%95%E3%83%BC(KnowWho)-802183

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん