「醜形恐怖」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 醜形恐怖とは

2019-01-30

醜形恐怖

の人は、自分顔面レベルコミュニティに足りていないかコミュニティにいるのが辛いと感じ、自分を守るため、仕事や友人知関係趣味の場を「一段下げる」そうだ。

要するに、自分が一番イケメンor美人になれることを最優先に、その他の条件は顧みずに飛び込んでいってしまう。例えば、一番の顔でいられるならブラック薄給でも心が落ち着く。といった具合だ。そこで落ち着けばいいが、醜形の人はありもしない欠点自分見出して辛くなって自殺したりする。この顔で生きていくくらいなら死んだほうがマシ、と。

病気だよな。醜形恐怖wwwwブスが辛いってかwww芸能人じゃあるまいしwwwwって思ってたけどわりと深刻だ

2019-01-22

腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」のこと 2

前回(https://anond.hatelabo.jp/20190122051523)の続きです。

6.欠落は誰にでもある

さまざまな理由から、化粧が出来ない、してくれる協力者もいないという人達に私は会ってきました。

病気怪我治療中の人、あるいは治らない障害を抱えている人が居ました。症状が出ないように薬を飲んでいて、副作用がひどいと教えてくれた人も居ます

発達障害からの注意欠陥、嗅覚・触覚過敏、どれほど頑張っても自分では時間管理ができない人、神経麻痺で手が震えてしまう人、不安障害や、醜形恐怖のために鏡で自分の顔が見られない人も居ました。先天性もあれば事故による後天性もあります

一見しただけではわからない、介助者もいない軽度の人ほど、偏見に晒されてつらい感情を秘めていました。「就活の時期はとても苦しかった」と胸の内を話してくれた人もいました。

それらは対話しなければわかりません。

生きるだけで精一杯の彼女達を外見で判断することは、とても残酷なことだと思いました。

初対面の人へ否応なしに恐怖を抱く人もいます彼女達はあまりにも傷ついてるのです。だけど彼女達も同じもの好きな人なら、親身になって耳を傾けてくれるなら、素直に明るく話せる『普通の』人達でした。

彼女あるいは彼らが、趣味を楽しむことを、ドレスコードもないイベントへ素顔と普段着で行くことを、そのために外出することを、誰が止めて良いでしょうか。

作中では、腐女子の一人のバイセクシャル発言を、言い訳と切って捨てるページもありました。

腐女子仲間の交流という非日常でならカミングアウト出来る人達もいるのです。クエスチョニング(自分性的嗜好がわからない人)も居ます

女性の体で生まれ性自認男性トランスジェンダーであれば、彼もまた女性らしい化粧をひどく嫌がるでしょう。

男性の体で性自認女性の人は、きれいな化粧をしたい彼女自身の願望を世間から嘲笑われて、ひどく悔しがることでしょう。

私自身が、長い間クエスチョニングの状態で、もしかしたら今もそうかもしれません。「雌雄何方でもない究極生命になりたい」などと本気で考えた頃もあります。そうしたキャラクターに憧れたことも。それを中二病黒歴史と切って捨てる気はありません。

その頃に考えた数々の想像は、今の作品作りに役立っています。何がどう人生関係するのかはわからないですし、簡単嘲笑材料にしてはいけません。

そして、結婚して子供もつ腐女子人達カーストの上位に位置すると作品内ではほのめかされていました。

独身の私には、既婚者のまま交友関係を続けてくれる腐女子が幾人かいますが、本人達の多くは決してそんなことを思っていません。

切り詰められた趣味時間一生懸命やりくりしています子供たちが幼く、預けられる人が居なければ、イベントに出ることもできません。離婚経験している人も居ます子供を産めない体の人も居ます彼女達の苦悩を「自虐に見せかけた自慢」などと断定することはできません。

外見に気を使えない分、時間が限られている分、彼女達は会場で迷惑をかけないよう礼儀正しくいようと努力しています

作家さんに送る差し入れを考えたり、相手不快にならないような感想手紙を丁寧に考えてくれます他人の悪意に敏感で、日々変化する対人マナーを注意深く観察しています

賢明な彼あるいは彼女達は、自分がなにか悪いことをしたら、自分を容易く卑下すれば、自分と同じ属性の誰かが心無い偏見を向けられると知っているのです。

自分を奮い立たせなければ、読みたい本を手に入れられないのです。彼女達にとってもイベント会場はまさしく「戦場」なのです。

主人公自身我慢して「普通」を演じてるからといって、どうして不特定多数にもそれを押し付けて、勝手審査してしまうのでしょうか。

腐女子として知り合ったのに、そこでしかできない話があるのに、なぜ、妹や会社の同僚にもできる彼氏の「恋バナ」を主人公はその中でしたいのでしょうか?

誰しもに欠落がありますいくら擬態を頑張っても、つつけば粗が見えることを知っています

見下す主人公よりも、その嘲笑われた「誰か」に共感して悲しみ、怒るのです。これは腐女子一般人も変わりありません。

ここまでくれば主人公の『欠落』は明確に見えてきます恋愛パートナーの有無や、化粧や顔の出来などとは関係のないものです。

物語としては、この欠落を彼女尊敬する『神』の作品で、あるいは腐女子の友人達との交流で埋める方向に少しでも向くと思わせられれば、得る物はあったであろうに、エッセイ漫画として面白くなるであろうに、無視したまま化粧と服装だけに固執し、自分以外の他人嘲笑し苛つきだけ表現して、何処かで見たような「あるある」ネタとしても使い古された、見慣れたエピソードで彩られた孤独な「自分語り」に、なぜ終始してしまうのでしょう?

主人公が妹との会話で傷つくシーンがありますが、それもどこか核心からずれています

描こうと思えばいくらでも描けて、周り込めばそれだけ「面白い」題材になるはずのこの欠落を、なぜ無視して、このように雑に扱ってしまったのでしょう。

作者自身結論が出ていないから?

であれば、必要なのは時間です。自分他人を見つめなければ、表面的な出来事自分内面を掘るだけでページが終わってしまます

結論が出ていてもページ内に収める技術問題

であれば、そのような『制限』を外すべきだったのです。悪意を放り投げてしまうより、収拾可能になるまで、試し読みの範囲伏線を詰めて描くべきだったのです。

そのほうがずっと「面白く」「続きが気になって」読んでもらえるはずです。

その柔軟さと判断力が編集者に無かったとなれば、漫画面白くできなかったのは作者だけの責任には留まりません。

私はそう考えます

7.SNS媒体での発表のリスクについて

ツイッター年齢制限がありません。誰でも登録できます

ツイッター機能として、登録者の興味のある事柄から自発的検索しなくても、プロモーションフォロワーいいねがTLに流れることがあります

日夜ツイッターではプロアマチュアを問わず真の意味で赤裸々な「漫画」が、作り手の欲望善意によって公開されております

読み手は気軽にそれらを楽しむことができます。なんの警戒心もなく、それを読めるのです。

まりツイッターを利用している未成年の、思春期の「腐女子」あるいは「腐男子」達も、この「腐女子カースト」という作品を目にした可能性が高いと言うことです。

今この文書を読んでいるあなたは、どう感じるでしょうか。

腐女子は皆が皆、18禁作品をたしなむ訳ではありません。未成年で、好奇心不安を抱えたまま腐女子世界に飛び込んだばかりの人達現実世界では未来ある学生達がそこにいるのです。

悪意に慣れていない少年少女も当然いますもっと幼くて、ただ漫画というだけで熱心に読む子も居ます。今は内容がわからなくても必ず影響は残ります。『顔芸』と呼ばれる大ゴマをつかって笑わせることは、どんな幼い子供にも通用します。

子供達に対し、自由想像世界に生きる存在であったはずの腐女子達の中に「カースト」が存在するなどと言い含め、ある嗜好を持つだけで現実では最下層の証明になるのだという差別意識を植え付けて、その子たちの無意識に色眼鏡を与え、自尊心を摘み取ってしまっていいのでしょうか。

自分もどうしようもない存在から笑って許して欲しい、などと言う虫のいいお願いを「いい大人」が子供果たしてできるでしょうか?

それとも子供達も自分と同じ目に遭いつらい人生を歩めと言うのでしょうか?

あの時から今もなお続く炎上は、腐女子ひいてはオタク達の怒りでありながら、撒かれた毒を浄化しようという一心不乱の活動でもあるのです。

それが見えない露悪的な人達はこの騒動冷笑しています。私はそれを、昔の自分のように恥じています

これについては個人の快不快に留まる問題ではありません。会社ではなく、一個人があのような悪意を撒いたとしても、彼らは同じように行動するでしょう。

わずかな露悪的な読者層を取り入れるために社会倫理無視して行動したのであれば、そうした会社に集まるのは、いっそう露悪的で短命な漫画ばかりとなってしまうでしょう。

8.倫理と信頼と商売関係

このような感想になってしまいましたが、改めて、私は自由創造性というもの尊重したい側です。

同時に面白くないと思ったもの面白くない、酷いと思えるものを酷い、ノットフォーミー(自分向けではない)な作品はそうだと言える自由もまた有ってほしいと思います

商業作品においてもアマチュアであってもそれはかわりません。ただひとつ願うのは、描き手と読み手企業購入者、互いが互いに優しい形でそれが実現することです。

作品の話になりますが。

今回の騒動を見ていた時に同レーベルの「こじらせブスの処方箋~見た目を気にして病気になりました~」という醜形恐怖を描くエッセイ作品と作者が気になり、こちらは購入しました。

内容は「腐女子カースト」よりも読めました。やりようによっては幾らでも面白くなる題材だと思いました。たった一冊の本では描き切れないはずなのに、始まりから消化不良のまま、読み終わってしまいました。なぜ充分に生かせず、彼女は次々と過激タイトルの新連載に移ってしまったのでしょうか。彼女無料公開している作品を見ていましたが、やはりどこか無理におどけている様な、抑圧されているような、物足りなさを感じてしまいました。

他の主力作品ヘテロ恋愛や性事情を題材にしたものや実録系が多いようです。WEB雑誌系のスポンサー出会い系美容系で占められていることと関係しているのでしょうか。それらへ興味が向くように迎合した作品作りをすることも、おそらく企業戦略としては正しいのでしょう。

しか果たしてそれは、自由創造性でしょうか?

自尊心の低い女性や、夢を求めて来た外国人や、年齢や身体のどうしようもない特徴で偏見に晒された、「世間ちょっとずれた」弱い立場の人々を集めて「見下す対象」を作り抑圧することが、今のレーベルでの狙いなのでしょうか?

そうではないとする証拠が、今回の騒動の中にあったでしょうか?

今連載されている作品達に、作家達に、充分に示せているでしょうか。

そうした雑誌ジャンル伝統的にあることを私は知っています

会社の内部事情について、私は一切知り得ません。

善悪を私が断じることはできません。ユーザー文句をいう事は出来ますが、断罪するわけではありません。

誰かの表現を止めることはできません。

一度出した表現は別の表現で塗り替えることしかできないのです。

多くの人にとって良くなければ、出資するほどではないと思われれば、自然と読者は離れていき、伝統はそこで終わるだけです。


9.おわりに

今回の感想を書く上で、障害者や、性的マイノリティについて書かなければならなくなりました。

それらを教えてくれた人々は、私の大事な読者達です。

私はかつて、仕事をやめたのと同時に、しばらく普通でいることを休もうと思いたちました。世間や周りに合わせようと無理をするのをやめて、家に籠りました。趣味漫画を描くうちに、私は作品を通じてツイッターで人と繋がりました。

読者のフォロワーの一人が、家庭の事で「爆発」し鍵垢で叫んでいた所に遭遇しました。私はその言葉を丁寧に読みました。

私が知り得る知識を総動員して、望んだ人生が歩めない悲しみを、それを他人から非難される恐怖と怒りを一生懸命想像しました。私は彼女問題提起を注意深く見定めようとしました。

リプライではなく空リプで、一緒になって怒り、一緒に笑い飛ばしました。それは一時のSNS上のやりとりでしかないし、実際に顔を合わせる間柄ではないですが、今でも彼女との交友は続いています

上下はありません。私の意見押し付けたわけではありません。

私と彼女は、対等な互いの読者として、信頼する友人として存在しているのです。

彼女理解を諦めて無視したなら、きっとこうはなりませんでした。

信頼関係の構築に大事なのは性格ではありません。ただ己を一度引っ込めて、わからないなら真摯に聴き、調べ、深く考えた上で言葉を使うことが大事だと私は気付きました。彼女が暴れすぎて収拾がつかなくなるほど傷つかないように、考えて行動することでした。

それは自分作品を作る時と同じでした。二次創作で『推し』を見つめて、彼あるいは彼女がどう行動するか考える時と同じでした。

彼女達の苦悩の間に、それでも己自身肯定する言葉があると、パートナー子供を心から愛している気配を見つけられると、私は安心できました。

他人の心の傷を全て想像出来るわけではありません。自分の心の傷に触れられることがあれば、動揺してひどい言葉を投げかけることもありました。ブロックされることもありました。しかしそれは、多くの人がそうなのです。ぶつかり合うことも距離を置くことも恐れてはいけません。本当に知りたいと思うなら、何度でも内省し正しい目で観察すべきなのです。

彼や彼女達が教えてくれた人生エピソードを、私はそのまま作品に描く気にはなれません。自分自身人生すらも。

作品には力があります祈りにも呪いにもなり得ます他人自分幸せにさせられるし、同時に破滅させられます。それほど重く、他人が口出ししてはいけない価値観が誰しもにあるのです。

一度発表したもの簡単に無かったことになりません。丁寧に積み重ねた善意よりも、悪意の一撃の方が取り返しがつかないこともあるのです。

それから私は、世間からちょっとずれた自分感性を、注意深く噛み砕いて、善か悪かも断定しないように、フィクションに載せて描き続けました。自分が好きな作品がどうして好きなのか、どう世間と噛み合わないのか、深く深く悩み、考えました。それを読んだ人達の中に、共感して会いに来てくれた人が何人も居ました。ゆっくり時間をかけてですが、心から対話をすることが出来ました。

世間からちょっとずれた人々にも悲しみがあります。楽しみがあります。それを見下して、ただの自虐的な見世物にして終わってはいけません。

良き人生として昇華すべきなのです。自分自身のために。

漫画を描いている人々、漫画マネジメントする人々、今まさに伸び悩んでいる方に、今一度向き合って頂きたいのです。

「本当に長く愛される作品」というものは何か。

説教ではありません。私自身がまさに悩んでいたから、これからも悩み続けるだろうからこそ、一緒に考えてほしいという願いです。

ただ楽しいから、ただ涙が止まらいから書くというだけでも充分良いのです。書き上げてから、少しだけ手を止めて、考えてほしいのです。一時の利益のために道を見失わないために。


ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

ハンドルネームペンネームも、いくらでも変えられる世界です。それは責任放棄することと一緒ではありません。

今回は匿名での投稿ですが、私は私の思ったことをできるかぎり真摯に見つめ、影響を考え、投稿に至りました。それが少しでも伝われば幸いです。

私の活動がいつか誰かの人生と交わることもあるでしょう。

その時には、互いに今より優しくなれていると良いなあと、願っております



追記

これを書いている間に、『COMIC維新りあら』公式ツイッターからお詫び文が出ました。

配信停止までやる必要はなかったかと思いましたが、仕方のない判断かもしれません。

また一冊の本が燃やされたと感じました。

2019-01-15

科学アプローチとか患者へのアドバイスとか

https://anond.hatelabo.jp/20190114224851

ずいぶん時間が掛かったみたいだが、逃げずに書いた事は褒めてやるよ。NATROMよりはマシかな。

pbmedの検索のやり方について

まさかPubmed検索方法についても書いてくるとは思わなかったわ。

当然ながら「"PATM"という用語では見つからない」と俺も記事で書いたとおり、その語句では見つからないぞ。

PATMを"自分自身が皮膚から放散する化学物質によって,周囲の他人に対してくしゃみ,鼻水,咳,目の痒みや充血などのアレルギー反応を引き起こさせる体質"と定義

ちょっとズッコケたんだが、お前はやりとり読んでるか?定義って一番大事な所だろ、勝手定義を変えるなよ。NATROMかよ。

PATMそもそも「皮膚から放散する化学物質」という定義はない。定義知りたきゃ読み直せ。

唾液内のタンパク質かもしれない、何かしらの真菌かもしれない、何かしらの細菌かもしれない、フケに付着したタンパク質かもしれない、呼吸から出される物質やガスかもしれない、

そもそも体じゃなく部屋の埃(服についた埃)が原因かもしれない。

それは散々PATM掲示板などで可能性として言われてた事。患者によって原因が異なるかもしれないし、それぞれで調べないとならない。

人間についている常在の真菌は様々な種類が知られているが、そのうちの1種類が原因の可能性もある。

例えば"マラセチア"真菌。これは人に常在している菌で主に皮膚炎などを起こす事などで有名だが、人にアレルギー性鼻炎などを起こす可能性もある。

そのような真菌が様々な種類存在しており、それが付着したフケや角質が風で飛んでアレルギーを起こす事は有り得る。

一方で"直接動物を飼っていない人が他者媒介されて動物アレルギーを引き起こす"という話がある。これとか↓

その可能性も以前指摘されてたこともあったが、患者が何の動物を飼ってないと言ってるケースも多いので恐らく無い。

似た説で、"部屋もしくは衣類にホコリorダニ"というのも昔から指摘されていたが、新品の服等を試してダメだったという報告もあるしまだわかっていない。

お前が想像するような可能性は既に出てるからPATM掲示板を3年ROMってみたら?

追伸

"犬に対する人アレルギー"みたいな意味不明言葉には突っ込まないでおいてあげる。直すなら早めにこっそりな。

何を突っ込みたいのかわからないが、「ペットの犬」が「飼い主の人」が近寄る事でアレルギーを起こす事は、いくつか海外記事が見つかる。

これとかね。

https://news.nationalgeographic.com/2015/04/150411-dogs-cats-allergies-science-pets-animals/

あと極端な症状だと「水アレルギー」というのもあり、自分の汗や涙ですらアレルギーが発生し、まともな生活が送れない人も世の中には存在する。

(※正確には皮膚の蕁麻疹であるが)

要は、色々なトリガーアレルギーアレルギー様症状を起こす可能性があるという事。

また、ちょうど先週こんな記事があった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00050039-yomidr-sctch

原因不明というのは現代でも珍しい事ではなく、後の医療などで判明する可能性もある。

安易に「人にアレルギーを起こす人など居ない」と決めつけるべきではない。


で、話を戻すと、他のコメントで書いたが、PATM患者は全国で10人程度との試算も可能理由コメント読め)であり、そもそも報告人数が少なすぎてPubmedに載ってない可能性も高い。

更に俺は「ある」と証明するために書き込んでるわけではない。マウント取りたいわけでもない。

「無い」というからにはそれなりのフローくらい示せよ、という単純な話。

「じゃあお前が調べろ」という反論は、「原発反対!」と言ったら「じゃあお前が電気作れよ!」とか言うクソリプみたいなもんだ。

で結果、お前はあるかないか検索するなんて簡単みたいな事を言ってた割に全然できてないよな。

唾液等のタンパク質、皮膚のタンパク質、髪の毛などのタンパク質、真菌などの常在菌、細菌ダニ、皮膚ガス、呼気ガス、衣類、花粉、その他の埃、その他の付着物質、、、

まだまだ可能性は有り得るが、検索簡単なら是非実行してみてくれ。もちろんPubmedだけでなく、J-STAGEやGoogle_Scholarとかもな。

ちなみにNATROMは当時、小1時間ほどしか調べずに「Pubmedに無かったで~(鼻水たらしつつ)、PATMなんて無いんやで~」とか抜かしてやがったぞ。

まだお前の方が調べてるからその点は誇っていい。

NATROM記事の主張について

氏の元記事ブコメ民の反応を読めばわかると思うが、氏は「そんなもの存在しない」という主張だ。

最後エクスキューズ("もちろん、論文がないからといってPATMという病気がないことにはならない。また、PATMとされている患者さんの苦痛は気のせいなどではなく実在しているものである")など、取ってつけたようなものだ。

実際、その後のコメント欄では "PATM実在するとしたら、これはたいへんに奇妙なことです" や、

"PATMでは「他人アレルギー症状なんて起こしていないよ」と説明されも、絶対に認めようとしないことが症状の一つであり、まずアレルギー科ではなく精神科対応すべき理由なのです。"

などと述べているように、実質「無い」という主張がNATROMの主張。コメント欄もブコメ反応も併せて読め。文章額面通りに受け取り過ぎないようにな。

俺の主張に関して

「無い事を証明せよ」と俺が言っただと?何度同じ事を言わすんだ。お前は俺の文を10回読み直せ。

どうやらお馬鹿さんみたいなのでもう一度整理してやる。

俺の主張

PATMが無いというなら科学アプローチで示せ。科学アプローチとは例えば以下のような事だ。

 ・PATM患者に会い診察する、PUBMEDなどで調べたフローを開示する、等

PATMがあるかどうかはわからない(可能性としては有り得る)

で、もうクソリプや見当はずれのクソコメばかりなので、もう答えを書いてやる。

NATROMがどうすればよかったのかは、こうだ。

①最低限、まずは検索フローは全て開示する。

②実際に複数患者からヒアリングや診察をする。数が多い方が望ましい。

③その上で「無い」と判断した場合。もし相手精神科に勧める際には、例えば以下のように言う。

 「PATM症状がある人でかつ"以下の症状がいくつか当てはまる人"は、精神科に行くことも検討してはどうだろうか」

 例)人の視線が気になる、醜形恐怖症がある、社交不安障害がある、電車に乗れない事がある、悪口や陰口を言われるとよく感じる、口臭体臭が強くないか頻繁に気になる、うつ症状がある、精神不安定になることがある・・・等等。

以上。

お前もNATROM科学とか言う割にPATM定義を変えんな。頭大丈夫か?

あと科学アプローチとはコタツ検索する事じゃないんだよ。

PATM患者にも会わず科学とか言うなよボケ(特にNATROM)。

あと「精神科に行け」も雑。雑過ぎる。「PATM」の症状を訴えるだけで精神病扱いされかねない書き方だろ、あれは。

せめて「自臭症」との類似から推測したなら、何らかの神経症のような症状も併発してる可能性が高いだろうと考え、

それらの症状なども併せて確認した上で精神科に勧めるのが「寄り添った医者」だ。

咳が出る側の訴えの投稿について

でもまぁ以前ネット投稿で「ある人が近づいたら咳が出る」とか投稿されてたのはあったと思う(ソースは待ってくれ)。

我々はいつまで待てばいいんですかね??

他人が症状を訴えた」という記述があるのはこの辺りかな。

https://anond.hatelabo.jp/20180924111759

http://q.hatena.ne.jp/1393263179

http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20180306_03.html

あとトラバにも挙がってるみたいだね。挙げてくれた人サンクス

https://anond.hatelabo.jp/20190115142743

アレルギーについて

これでも読め↓

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3519933/

おいおいそういう雑な反論の仕方すんなよ。どこがどう思ったのか、お前の意見を具体的に書いてくんねーか?

"犬猫アレルギー理解にすら深刻な間違い"を、なぜそう思ったのかをちゃん説明しないと「何も反論できなかった」として受け止めるぞ?


繰り返すが逃げなかった事だけは褒めてやる。

ブコメで「増田にはツッコミどころ満載であるとだけ。」とか具体的に言わないほのめかし馬鹿よりはお前のがマシだよ。

ブコメ返信

Lhankor_Mhy 『NATROMがどうすればよかったのかは、こうだ』←全ての症例に対して全ての医師にこれを求めるのかな。リソースについてどう考えてるのかな。それとも、id:NATROM限定あるいはPATM限定かな。限定する理由は何かな。

うん、うん、大変だね。

ランカー君は早く頭のお医者さんに診てもらって、症状が良くなるといいね^^

2018-12-24

anond:20181224210428

横だけどひとをブスとかでかってにクラス分けしないのもモテ要素やで。

世間の美醜基準統一されてると思い込んでる醜形恐怖よりはモテそう。

(定期)

2018-12-03

anond:20181203141630

本人が一番硬く信じ込んでるんじゃ他人はどうしようもないじゃん。

ポリシーなんでしょ? 毎日政治活動、大変ですねご苦労さま

もしやめたくなったら鏡と医者美容整形醜形恐怖症なおせる精神科医)と相談してくださいね大事にー

 

あとなんだっけ、エヴァででてきたハリネズミパラドックスとかも100回読めば

2018-11-21

20181121103231には敢えてぶら下げないが

別に何のコンテンツにも特段こだわりも好意ももってないくせに、自尊心強すぎて醜形恐怖症気味な言動するやつ。

何か思い通りにならないことがあれば必ず「オレがキモオタからだろ」ってひがむヤツだけは生理的に無理。

拗ねてもなんの芸にもなってないしただ不快芸能人キモい危ないとされてるヤツらのほうが見た目も中身もずっとマシ。

とにかくそこにオタつけんな、キモだけしか合ってないし。

その上でキモ自称して開き直って相手センスが悪いみたいにいう。

まず化粧や整形してから言えばと指摘しても根っこが醜形恐怖曲解なんだからあいつらにはべつに外見を改善する必要もなく繊細ヤクザ地位に安住すんだよな

2018-11-20

anond:20181120193244

同意

そもそも醜形恐怖症みたいなのを少しでももった男性というだけでオタク(本義はコンテンツラバー)を代表してものを語っていい雰囲気になってることがおかしいと思うんだ。

ここカウンセリングボランティアの場になっちゃってるよなー。

そんな法律ないよ、そんな世の中じゃないよ・・・って

繰り返し説得しても納得しないんだ、結構疲れるよな。

こいつ心の病気だぜで済ませられればいいんだけどしつこいしな。

2018-11-19

anond:20181119210826

これが有名な、男はマザコンと言われる所以となったという、漠然とした不安ってやつか。

社会性アダプターが足りないことにうっすら気づいてるだけだし、不安がない男よりまし。その不安がないのはアダプターがありあまるナンパ師か孤独も知らない宗教家からな。

その不安を解消するには普通に誠意ある同年代女性がたった一人捕まえられればすむ。

そのためには醜形恐怖だのミソジニーをもたらす世の中の情報の氾濫に惑わされず、人伝いで探すしかないよ。

ネットだけではマッチング不可能

2018-10-19

歯が痛くて本当に死にそう

毎日20分くらいかけて歯磨いてるんだけど引きこもりから一度虫歯になるとどうしようもないんだよね。昔は歯強かったんだけど親知らず生えてから弱々で。

それで虫歯出来てからもう10年くらい経ってる。多分だけど歯医者行ったら総入れ歯勧められるレベルでぼろぼろ。何本か割れてるし。

鬱病醜形恐怖症をこじらせて引きこもりになった女が総入れ歯人生生きるのなんて無理。ストレスで髪も半分くらい減ったし(元が多いのでなんとかなってるけど)色白が自慢だった肌も非ステの薬塗ってれば症状出ない極軽度だったアトピー悪化して色素沈着だらけだし。

今別我慢出来ない痛みじゃないけどこれから悪化することだけが分かってると少しの痛みでも本当に怖くてつらい。これ以上痛くなると首くくりそう。

でも昔首吊ったけど気絶しただけで死ねなかったんだよね。どうしたらいいんだろう。家のなかで痛みに耐えながら歯が抜け落ちるのをただ待つの

醜形恐怖症になるくらい容姿固執してた女が色素沈着だらけの身体と総入れ歯人生スタートさせてメンタル保てるの?

2018-10-04

とりわけ醜形恐怖とか自己臭恐怖とかと連続的な精神病は、

他人からの罰への反応に関して、

サイコパス度の高い人と対称的ってことでもあるな。

2018-09-03

いろいろな恐怖症があるんだね

クモ恐怖症

血液恐怖症

結婚恐怖症(Gamophobia):同棲結婚に対する恐怖。社交不安障害一種

口臭恐怖症(Halitophobia):口臭に対する恐怖。

高所恐怖症(Acrophobia):高さに対する恐怖。

幸福恐怖症(英語版)(Cherophobia):幸せになることへの恐怖。

魚恐怖症(英語版)(Ichthyophobia):魚に対する恐怖。死んだ魚も含むことがある。

失敗恐怖症(Atychiphobia):失敗することへの恐怖。

死亡恐怖症(英語版)(Necrophobia):死ぬことへの恐怖。

社交恐怖症(Sociophobia):社交に対する恐怖。

醜形恐怖症(Dysmorphophobia):自己の見た目に対する恐怖。

集合体恐怖症(Trypophobia):小さな穴の集まりなどに対する恐怖。

女性恐怖症(Gynophobia):女性に対する恐怖。

女性器恐怖症(英語版)(Eurotophobia):女性器に対する恐怖。

書籍恐怖症(英語版)(Bibliophobia):書籍に対する恐怖。

性愛恐怖症(Erotophobia):性行為など性的事柄への恐怖。

性恐怖症(英語版)(Sexophobia):異性や性行為など性に対する恐怖。

性交恐怖症(英語版)(Genophobia):性交に対する恐怖。

性的暴行恐怖症(Contreltophobia):性的暴行に対する恐怖。

性同一性障害トランスジェンダー恐怖症(Transphobia):性同一性障害トランスジェンダーに対する嫌悪

重増加恐怖症(Obesophobia):太ることへの恐怖。

男性恐怖症(Androphobia):男性に対する恐怖

若者恐怖症(英語版)(Ephebiphobia):若者に対する恐怖。

笑われ恐怖症(英語版)(Gelotophobia):笑われることへの恐怖。

2018-08-22

anond:20180822082410

自業自得で肌を汚くして言語障害になってみろよバー

運が悪くなきゃなれないよ 相当嫌になるよこんなの 人とも会えなくなったし 醜形恐怖半端ないし 自己責任とか言ってくるバカはなんもわかってないわ

そもそも言語障害なのに文系学部進む時点で馬鹿だよなこれ 親も含めてさ!ははははははははははhウェエエエエエエエエエエエエエ

2018-07-29

anond:20180729182646

統合失調症を疑ったが本当にカメラ監視されたり、電波攻撃されたり、集団ストーカーに襲われているケース

この手の「異常な言動だと思ったら事実だった」ケースは医者がどのように診断を下すのか非常に興味がある

他にも、

ずっと自分不細工だと言い続けるので、醜形恐怖症かと思いきや本当に誰が見ても不細工だった

時間通り退社できないのはおかしいと言ってるので、自閉症スペクトラムかと思いきや勤め先が超絶ブラック企業だった

などのケースが考えられる

https://anond.hatelabo.jp/20180729113748

LGBはともかく、Tなんて自身性自認と肉体が違うなんて丸っきり精神障害者だと思うけどな

醜形恐怖症とかと大差ないでしょ

女扱いされない女の反骨録

私は対人関係を築く際のキャラクター上、女扱いされない事が多いし、ブス!と軽はずみに言われることが多い。

まあ、再三そういう心無い言葉に傷付けられてきたわけで。

そういう一過性の、場を盛り上げているつもりの、面白くない弄りを覚えた男、よくいますよね。

不思議とこういう人間は本当に男性が多い。

男だから女だからどうこうの論争は好きではないが私が被害を受けたのは男性から言葉のみなのでこの記事では極一部の情けない男性への憎悪で溢れ返っている。

気分を害すなら回れ右だ。

お陰様で私は顔面コンプレックスが酷くて若干の醜形恐怖症です、ほんと最高の人生だよみんなありがとね。

まあ、私も20をとうに超えた女、流石に傷付いてもヘラヘラする面白キャラクターとして馬鹿人間達に搾取されるにも限界がきた。

へらへらしてるだけじゃ永遠に変わらないのだ。乙女よ、今こそ反骨精神を持つのだ!!

具体的な最近の対抗策として、ブスと言われたら、そうなんですよね!だから私今度40万くらい使って整形するんです!みんなブスって言うんで!!って言うようにしている。

40万なんて整形界隈の人間の間では端金でしかない額だが、阿呆ビビらせるには十分な額だ。

途端にたじろぐ相手の表情はとっても滑稽である

お前がブスって言うから金の力で解決するんだわ。ありがたく思えよな。

お前女じゃないと言われたら途端に無表情になり言葉を発しなくなるという方法も使う。

からさまに機嫌を悪くするのだ。

いや、冗談じゃん!空気読めねーな!という人がいるかもしれないが、悪いのはどう考えても他人を貶める言葉冗談でも吐いた人間だということを忘れてはいけない。

そう思ったお前も阿呆の一味だ。受精からやり直せ!

お前の母親って本当に売女みたいな女だよな、って言ってやろうかという気持ちになる。

勿論冗談だ、笑って許してくれよな、わはは。

こういう弱音を吐くと、愛のある弄りだ、とか、本当にブスじゃないから言うんだよ、とか言うやついるんだけど、私はそいつが本当に可愛い子にブスというところを見たことがないからつまりはそういうことだ。

愛という言葉を使えば何でも許されると思っている阿呆存在することも不可解である

愛故に殺すぞ?とか思うんだけどどうかな??

愛があるから無罪だよね!ありがとな!!

まあ、何にせよ不必要他人を傷付ける言葉簡単に吐く人間のこと、それが自分への言葉であれ他人への言葉であれ私はそんなに好きじゃないです。

他人を貶めて笑いを取ろうとする阿呆って真性の阿呆から一生直らないと思うんだよね、それなら関わらないのが吉。臭いものには蓋。

ばいび〜☆

anond:20180724024230

身体醜形障害 なぜ美醜にとらわれてしまうのか (こころライブラリー)

マイケル・ジャクソンは、なぜ自らの容姿にこだわり、ひどく苦しんだのか? 自分容姿が醜いと思い込んでしま身体醜形障害は、醜形恐怖症と言われることもある。客観的には全く醜くないのに、なぜ病的な悩みが生まれしまうのか。20年以上身体醜形障害と向きあってきた第一人者が、「自分は醜い」と思い込む人たちの不思議な心の世界を解き明かし、身体醜形障害から回復過程と、治療ポイントについて解説する。

2018-06-21

鼻が上を向いてる女

女の子は化粧で変われる」

「ブスは努力不足」

「クソブスの私が詐欺メイクお人形さんに」

みたいなものインターネットで見かけるたびに心に重くのしかかる

変われる人はいいよな

すれ違う女性、派手地味に関わらず下を向いてる鼻に嫉妬する

陰キャっぽい女性でも鼻が下を向いていれば、この人も変わろうとすればめっちゃ可愛くなるんだろうなと思う

私は可愛くなりたい、というより周りから浮かない程度の平均の女性になりたい

最低限の顔面があって、その上で初めて個性多様性が認められると思っている

豚鼻はキモいから無理

化粧で誤魔化すにも限度がある

身なりに気を使っても顔面キモいから全てがキモい

キモい人は何やってもキモいから自己実現も何もないと思っている

キモメンから人に話しかけるのが苦手

電車で人の前に立つのも嫌い

醜形恐怖症の症状と似ているけど実際にキモいから違うかな

整形しかないけどお金がない

宝くじ当選するしかないと思う

2018-06-20

生活では全く縁のない人の本名と顔を知ってガッカリした話

数年前からあるSNSフォローしてる女のコは、若干醜形恐怖を感じさせるくらい美意識が高かった

何かの作文コンクール入賞したという筆に自信を持つ彼女は、純文学チックな文章で日々を綴っていた

生活趣味、読んだ本やその時懇ろにしていた男との逢瀬、そして彼女を覆う化粧や衣装について

意識プライドの高さからか、しょっちゅう自分はブスだ、ブスな自分で苦しいと嘆いていたし、あんなブスがと時に自分以外のブスも許せなかった

私はパーツはいいけど配置と骨格がブスだからどうしようもない、と

そして美人享受する幸せを羨ましがっていた

友達や男からかわいいなどと言ってもらえるけど、自分ではブスだと思うから信じられないと言っていた

それでもおしゃれは、特にメイク自分に自信を与えてくれる、世界が開けると言って、饒舌に語り楽しんでいた

アイラインが綺麗に引けるようになった、少し跳ね上げると私の目が際立つ、アイシャドウはどのパレットのどの色とあれを組み合わせるといい感じ、ファンデは、リップは、アイブロウは、マスカラは、チークは、シェーディングは、ハイライトは、コンシーラーは、ベースは、

意志が強く気性が激しくて、危うげだった

彼女の尖った美意識プライドは歳をとるにつれ角が取れ、今ある素材を生かしつつ美しくなろうと前向きになっていった

自分の稼ぎで憧れのデパコスブランド品を手に入れ始め、ヒールを履いて背筋を伸ばし、徐々に自信をつけているそうだ

若いとき遊んだり遊ばれたりしたけど、今やめでたくプロポーズされて幸せの一路を進んでいる

とあるキッカケから、そんな彼女本名を知った

アカウント名は、ほんの人さじ程度本名にちなんでたんだとわかった

検索すると、彼女が積み上げてきた発言からわかる素性に一致する、同姓同名写真が見つかった

少し珍しい名前だったから、これで正解だろう

こぎれいで残念なブスだった

ばかうけOLになった、みたいな感じの

顔の骨格が間延びしてて、首が短くて頭がでかいこけしみたいなフォルム

芋臭さがぬぐいきれないけど、なんとか灰汁抜きしましたって感じだった

発酵しすぎてて焼いてもダレる、どうしようもないパン生地だなって思った

ガッカリした

あなたプライドと美意識の高さから、実際はそれなりに整っていてそれを周りにも認められているのに、ブスって自称してるもんだと思っていたか

本当におかちめんこだなんて思ってなかった

からこれじゃ、自意識こじらすよねと同情してしまった

物心ついた頃から自分相対的にどこに位置しているか理解できてる人だったんだね

勝手勘違いしていてごめんね、本当にガッカリしたの、あなたがあまりに締まりのないブスだから

これから幸せなブスになってね

2018-05-31

男性女性に求めるものを教えてください

もう自分が何をすべきなのか分からない。

醜形恐怖からここ数年で美容整形をおこなってきた。

埋没、目頭切開、眼瞼下垂、鼻プロテーゼ、鼻尖縮小、軟骨移植、眉下切開、脂肪融解注射、口角ボトックスヒアルロン酸注入

手術はどれも効果的であった。

到底満足出来るレベルには到達していないが、昔の顔と比べればかなり見られる顔にはなった。

美容整形以外にも美しさを求めて多額の投資をした。自己満足のために書かせてもらう。

髪が痛むのを恐れて4万円もするヘアアイロンと最新のドライヤー毎日ブローして、寝る時は摩擦防止のシルクキャップかぶって、男の大好きなさらさらやわらかヘアのために髪質改善サロンに行った。

台湾から取り寄せている漢方パックは毎日しているし、その他の化粧品にもこだわっていることは言うまでもない。おかげでシミはまだ出来ていないし、私より白い肌の人はめったに見ない。

ダイエットしてもGカップを維持するために何種類もの女性ホルモンサプリを飲み分けて、毎日飲むサプリ10種類近くになった。

全身脱毛の痛みにも耐え、コルセットウエストを締め付け、最近買った¥15000のボディオイル、清楚なエロさを求めて吟味した服装も、控えめを装った性格も、気遣い

ぜーんぶ女性器に勝てなかった!!!

涙が止まらない、私を好きって言ってくれたのに結局すぐ挿れられる女性器を選んだし、きっと私のこともオプションがついた女性器みたいな感覚なんだろうな。31ババアだけじゃなくて自分女性器にも敗北した。

『男はまず性欲で動く』この周知、当たり前に受け入れてた事実がいざ自分の前に立ちはだかったらこんなに辛いと思わなかった。

どこが悪かったんだろう、次はどこを治せばいいんだろう、どうすれば勝てるのか男性の皆さん切実に教えてください。

2018-04-11

anond:20180410202032

デモ参加って醜形恐怖だと辛そうなんだけどそのへんどうなん?

4社くらいでそこまで凹まれるとどう言う顔したらいいかからない就活落ちこぼれマン

(今思うと完全に自己PRの方向迷走してたし営業なんか絶対向いてないのに就活ハイで「営業しかない!」と思い込んでた。怖いね。)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん