「さいこ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: さいことは

2018-11-11

anond:20181111141336

ほとんどの女性は小さい頃から男性に愛される努力をしている

ええええっ!マジで???

齢40にして驚いたババア増田。そういうことやってんのは水商売とか適性ありそうな1割くらいと思ってた。

結婚適齢期には打算でもうちょっと増えると思うけど、生涯の大部分は全く関係なく過ごしてる女が大多数でしょ。

しろいかブロックするか、職場学校対象になると面倒くさいことになるからいか対象外になるかに注意を払ってるんだと思ってた。

だって関係持てる相手って生涯で(多くても)数人だけど、会う異性は星の数ほどいるから、殆ど時間ブロックモードだよね。

いや、上司上層部に媚とか、取引先に気に入られる努力くらいはするよ?(元ネタは小さい子だから、気前のいい親戚のオジちゃんに媚か)でもそれって、男同士だってやる程度のことじゃん?

2018-11-10

anond:20181110121013

ならないね。でも外野から見て何でそんなめんどくさいこと悩まないといけないのかわかりにくいのも事実

2018-11-09

anond:20181109142154

税理士さんから聞きかじっただけだから間違ってたらすまないんだけど、結局はイートインや飲食店っていうのは場所サービスなわけ。

例えば100円の商品を買った時、見かけ上は、持ち帰り108円、店内飲食110円だから、売上は108円か、110円なんだけど、

この税の8円、10円は売上じゃなくて、税を一時的に預かってるという扱いなわけ。何故かと言うと、企業備品を購入したりして消費税を払っているから。

そして、その預かってる消費税は、企業が払った消費税分引いて国に納税するわけだ。だから今、一律8%だからめんどくさいことはない、手に入れた分の税から払った分の税を引いて納税すればいいんだから

んで、飲食店だと、食材費の他に、洗剤を購入するだろうし、皿も購入するだろうし、食材以外にも出ていくお金はあるわけよ。じゃぁ、食材から企業に入ってくる税は8%。出ていく税は8%と食材以外の10%とすると、計算がいろいろめんどくさいわけよ。だからサービス提供という意味消費税10%になるのよ。

イートインがある店内だとどうなるかというと、店内で食べられたら普通掃除をするための掃除道具、机や椅子などを買う場合10%の消費税で買う。だから10%。店内で食べない場合人にその備品分の税も出させるわけにはいかないか食材に関しては8%という話になる。

日本語怪しいな…俺もザッとしか把握してないから大体こういうニュアンスらしい。

anond:20181109003552

わかったよお前がクソめんどくさいことは。

こんど1000円でない床屋行って顔そりするときに剃り跡に何ミクロン残るかを聞け。それなら男でも出来るやろ。

分からんっていわれても食い下がるな。お前は一歩外に出ればクレーマーや。

2018-11-03

anond:20181103001329

御覧くださいこれがキャラ愛とかい気持ち悪いものでシコシコプレイする害悪の姿です

弱いやつにリソース突っ込んで強キャラガチャを回さない、業界に貢献しない癌細胞ですね

こんな低能は見つけ次第排除しましょうね

2018-11-01

寿司ネタが貧相だったとき自分はどうすればいいのか

先々月、クリエイティブ系の職を体調を崩し辞めた。

夢を追いかけて就いた仕事だったが、こればかりはどうしようもない。

しばらくは起き上がれないほどだったが、ようやく普通に動けるくらいに健康を取り戻した。

近頃ではリハビリも兼ねて1日4時間元気に寿司クリエイトしている。

職場の方々は優しく、とても良い環境の中仕事をさせていただいている。

しか最近ひとつ大きな悩みが生じてきた。

それは、寿司ネタが貧相だったときどうすればいいのかということだ。

シャリにのせるための寿司ネタは、作業スムーズに進むよう予めカットされている。

仕込みが済んだネタがパックに詰められているのだが、その中の2割くらいがシャリの幅よりも小さいサイズだ。

そんなネタを使うと、当然ながらシャリがはみでる。

職場システム上、ネタが小さいからといって大きなものに取り替えたりはできない。

ネタの数はしっかりカウントされているため、用意されたネタを使うしかないのだ。

ネタカットした見知らぬ誰かを責めるつもりは毛頭ない。

カットしておいてくれるだけで有難いし、魚は部位によって大きさに違いがある。

ネタの一つ一つに差が出てくるのは当たり前だ。

そういった事情も踏まえた上で、やっぱりネタが小さいのが気になる。

課せられている仕事は、食材寿司として売り出せる形にすることだ。

形になっていればいいのであって、別段クオリティを求められている現場ではない。

しかし、商品として形づくるからには綺麗に見せたいという欲が湧く。

状況と欲求から生じるジレンマに苛まれながら、シャリを出来る限りネタに合わせて縮めることで妥協している。

それでも場合によっては、ネタの脇からシャリが2割くらい見えている一貫が出来上がったりする。

せめてあと数ミリ大きければ。

そう思いながら、小振りな寿司ネタシャリにのせて握る。

世の中自分の力ではどうにもできないことばかりだが、寿司ネタが小さいこととは何故か仲良くなれるような気がした。

きっと明日も、こぢんまりした寿司ネタを前に悩むんだろう。

相手と同時に話し始めたとき譲ります

この人生で90%は譲ってきたと思う。

もはやぶつかった瞬間に巧妙に引っ込むテクニック無意識に体得してる。

譲った直後の相手の話し始めには大げさに相槌し、相手の気を悪くさせない工夫も忘れない。

あえて男女差を言えば男性相手には楽に譲れるケースが多い。相手スピードが全く落ちないことも少なくない。もちろん譲ってくれる紳士もいるにはいる。こちらも促せば大抵譲れる。

女性相手では大体互いに失速するが、雰囲気に合わせて「こっちは超小さいことだから!」と言えば大体譲れる。(ただし信憑性を出すために2回目以降は文言を変えた方がいい)

なかにこちらが繰り返し譲っていることさえ気づかず延々と喋り続ける人もいる。こういう人は間違いなく危険人物

まあたまに先に喋りたいときもあるけど、白熱していればいるほど譲れたら勝ちだと密かに思っている。なんというか関係性への配慮が現れる場面だと思う。

2018-10-30

anond:20181029150109

私もそんなに大した問題ではないと思う、これだけみればね。

こっから下衆の勘繰りで完全に推測だけどさ、そういう怒る人、フォローする人の役割って固定されがちなんだわ。夫婦だとお互いがそれなりに培ってきた考え方があるから特に

親子関係勉強しろ、100点とれ、っていうのは子供がよほど勉強好きでないと双方すげーストレス。というかそもそも勉強好きなら言わなくたってやってる。

そして、大抵そのフォローは怒らない側がやることになる。これが積み重なると、怒る側の人間だけ子供から反感買って、フォローする側だけは良好になる。当然、怒る人は自分がワリ食ってると思うわな。

一回一回はスシロー程度で小さいことだから面と向かって言わないことも多いけど、これが積もり積もると爆発する。うちの母もそうだった。

まあ、怒る側も立ち回りとか子供モチベ上げる方法が上手くないってのがあるから役割固定化は双方の責任なんだろうけど。

何が言いたいかっていうと、そういう夫婦役割分担は話し合わないと得てして固定化する、そしてちりつもでいつか爆発するから気をつけたほうがいいよってこと。こういうのが多発してるからブコメで総叩きされてるんじゃないのかな。

2018-10-26

リコール案件

ちんちん戦闘形態)が公称値より平均して1~2cm、小さいことがわかりましたので

回収のち部品交換を行わせて頂きます

代わりに「イケメンに生まれて良かったこと、良くないこと」を書く

イケメンに生まれて良かったことと、良くないこと

https://anond.hatelabo.jp/20181025141220

0 はじめに

すごく読みたかったけど読む前に消えてしまった。おれもこのことは考えた事があるのでちょっと記して共有したいと思う。

すげえ嫌なこと言うね。高学歴高身長、女に人気ある職種で、三十過ぎだけど未婚です。見てくれは学生時代ホストやる勧誘受けたり、女にデート誘われたり部屋に誘われたりだから、少なくとも悪くないと思う。いや、きっと良い部類なんだろうな。その前提で書かせてください。あと、イケメンだよねとか男女問わず言われる。

じゃあセク○スし放題だと思うじゃん。でも、おれは家族関係があまり良くなかった。精神分析的な視点から男の女性関係は異性の親との関係を繰り返すとかいうしで、母との関係が悪かったおれは女をそんなに信頼できていない。結婚したいっていう意識希薄なんだと思う。母親から虐待を受けていた男は女との関係安心できないから、セク○スで勃起ができない、射精できないことが多いみたい。俺も似たようなもので、一夜限りの関係全然楽しめないので心の底から男性性を楽しめていない。ていうか、異性関係はクソ真面目だと思う。

率直に言えば、別にイケメンでもなくて社交性の高いやつがいろんな女とセ○ロスしているのが羨ましい。おれはそこまで女との関係安心できない。

スペック的には恋愛市場で一応人気はあると思う。イケメン高学歴高身長仕事も十分(もちろん、上を見ればキリがないんで匿名のあれがイキってると流してください。ただ、そう思ってくれる人が多いみたいだという話)らしい。

一応言っておくと、女という性別そもそも一般的に信頼できない!とかいう話じゃなくて完全に家庭的で個人的事情でおれが単純に女を信用できないから、よくわかんない人ととのセク○スに持ち込めない、ということだ。よく知らない女と同じ布団に寝られない。むしろ信頼という話で言えば、共感ベースにした話は女との方がしやすいし、尊敬できる人もたくさんいる。

N=1ではあるが自分経験をとりあえず整理したい。それぞれ挙げることは相互排他的じゃないけど思いつくまま書いていく。

1 よかったこ

(1)女が優しい 

 これは統計とったわけじゃないけど他の男を観ていて多分そうだと思う。会って話して、他の人とは違っておれと話しているときはなんかいい方にか声色が変ってる女の比率は、世の中の人より多いと思う。多分イケメンからだと思う。男がキレイな女を好きなのと同様に、女がかっこいい男を好きなのはそれがそうあるべき姿かはおいといて、当然だろうな、と思う。ていうかアイドル俳優生き様はあるかもだけど、何よりも見た目だしね。

 職場でもそう。おれを目の保養にしている表情のお局が優しくて、そこは本当に助かっている。

(2)特に旅先の熟女が優しいことはすごく嬉しい

 これは本当に強調したい。人妻っぽいお店の人がすっごい優しくしてくれる。なんなら商品を安くしてくれる。

(3)風俗サービスが嬉しい

 友人のイケメンの話によると風俗でも気がついたら女側の意思で入っ○たとかあるらしい。おれもある。他にも韓デリのお姉さんがうちに来なよっていってくれたけど、多分多くの人はそういう経験ないし、おれの見てくれはその発言に影響していると思う。

(4)なんか褒められて嬉しい

 なんだかんだ承認されるのはとても嬉しい。おれは自己評価死ぬほど低かったから、こう言われて救われている機会は想像以上にあると思う。特に大学入る前に激ヤセした分、その前後評価の違いはかなり感じる。

2 よくないこと

(1)遊んでると思われる

 本当に辛かったのが、マッチングアプリで知り合った女にお前みたいに好条件の男にはなにか裏(彼女持ち・既婚)があるに違いないと疑われたこと。直接的には関係ない裏はあります心理相談室でカウンセリングを受けているので。というのも自分はいかんともしがたい自己評価の低さを悩んで通っていた。直接的に彼女ができないのとは関係ないと思っているけど。この疑問は半分本当な分、なおさら自分の誠意を疑われて辛かった。

(2)やばい女に絡まれ

 面食いの女が寄ってくる。イケメンが好き、とかじゃなくてイケメンじゃないと嫌だという女は、だいたいイケメンと付き合っている私が好きという女で、自己肯定感が低く後々面倒くさいことになる例が多い。ある種の層にとってはイケメンブランドと似ているんじゃないかな。セ○ロスするだけならいいけど、本当に付き合いたい人を探している者としてはつらい。この手の女はおれと同じく、あるいは俺以上にいろいろ抱えてるから相手するのがだるい

(3)イケメンマウンティングしてる自分が好きな男がよってくる

 自分すごいの出汁イケメンにこんなことが言える自分はすごいだろう的にマウンティングしてくる同性がいる。これは、うまくあしらえない自己肯定感の低い自分という問題はあるけど、そういう輩は一定数いる。

3 整理してみて思ったこ

(1)別にイケメンだったらなんとでもなるわけじゃないよ

 得することは絶対ある。とはいえ女性関係において、男が女の顔とかおっぱいといった外面を観ているように女も男の見てくれを見ている。でも、男のそれとは非対称的に女は男の内面をかなり観ていると思う。マッチングアプリ運営している友人曰く、男は顔、身長学歴、金、女は年齢、おっぱいがある人が人気をかなり決めるようです。でも、いざアプリを使う男として女と会ってみた皮膚感覚で言うと、マッチングしたら女のほうが話が合うとかいった内面を重視してます

 男のあなたは俺と同じく、すげえ美人スタイルがいい性格ブスともやってみたくない?でも、女は違うらしい。モテないと画面の向こうでイケメンを呪うあなたがもてない理由スペックだけじゃないのです、たぶん。。。ていうか男は学歴年収という努力でなんとかなる要素が効く分、男でよかったと思った。

(2)同性の男には嫉妬されない

 よく「かわいいからって調子乗って」とか女が周りの女に思われてもやもやするっていう話を聞きますが、男はそういう嫉妬相対的に薄いのではないのでしょうか。女が男にどれだけ求められているかで女の価値が決まるみたいな価値観を抱きがちですけど、男にはそういう感覚は薄いと思います。みんなに求められている女を好きな男はいますとはいえ、この話は上野千鶴子の『発情装置』とかで論じられているらしいのを間接的に聞きました。モテるのはいいことだみたいなところはありますけど、両性のモテる要素には言語化するのは直感的には難しい差異がある。

(3)ゲイを断りにくい

 おれは華奢なのでなんかそういう層に需要があるみたいです。「2 よくないこと」に入れようと思いましたが、男が好きな人にとっては悪くないのでここにいれます。手が松脂臭い爺に手を握ってうっとりされたりで正直面倒くさいです。でも、30超えてからそういう機会も減って煩わしさが減りました。

4 おしまい

 イケメンで救われてることは経験的にたくさんあるけど、イケメンなのにその程度なのかよっていうのはもっとある。たいしたことなくてすいません。なんか、人と比べてどうのっていうより、自分幸せを見てくれにかかわらず他人と育んでいける人間関係を築くのがいちばん大切なんじゃないんでしょうか。

 おれはイケメンスペックと世の中的には認識されがちな層だとは思うけど別に自分のことがそんなに好きじゃないという感情もあるし、なんか自分のことを肯定できてブサメン、低スペック幸せに生きている人が羨ましいです。本当に調子に乗った発言だとは思う。でも、おれだって見てくれなんかどうでもいいか自分好きな人間として育ちたかった。というわけで、そういう人が幸せ結婚してるしで、俺もお前も自分他人と比べずどうなったら幸せかを考えようぜ、というお話

2018-10-24

あの元コスプレイヤーさんがAV売れっ子レイヤー志望を流す女衒やってるのは知ってたけど

今じゃリフレ着エロAV風俗鉄板ルート全部自分経営して女の子流してると聞いて驚いた

他は知らないけどプロデュースしたAV女の子可愛いとかなり評判が良いらしい

男向け商売からって男が主導になる必要あんまないよな

フェミ的にもうるさいこと言われにくくなりそうだしこういうの増えてほしいね

留学生Fukushimaスキー場おすすめした話

先日、日本に来た留学生の友人らにおすすめスキー場を聞かれた。

スキー場についてあまり詳しくない私は、北海道長野くらいしか知らなかったのだが、彼らはもうそこには行ったことがあり、別の場所が良いという。

そんな中ふと、昔行ったことがあった福島スキー場を思い出し、私は「Fukushima」と口にしてしまった。

途端にその場にいた全員が笑いだした。

それまで話に加わっていなかった奴らまでこっちを見て、「放射線のなかで滑るのか」とバカにし始めた。

私はそれが非常に悔しかった。

彼らにとっては「Fukushima」という単語汚染区域という意味で定着してしまっているのだ。

いくら線量を測定し、その影響が非常に小さいことがわかろうが、これはもう変えられないだろう。

どうしてよりにもよって福島第一だけ県名から名前をとったんだろう

双葉郡からとって双葉原発にすればよかったのに。

2018-10-23

Twitterで四六時中どうでもいい思考垂れ流してる奴

あれは何だ、未来技術で脳とTwitterが繋がっているのでもなければ、わざわざ手で書き込みしてるんだよね毎回

何が彼らにそんな面倒くさいことさせるのか

お金がもらえるわけでもないのに何がモチベなんだ、書く内容が誰にも有益でないことは本人も知ってるはず

2018-10-20

同人誌感想欲しい~とか言ってる場合じゃなかった話

とあるジャンル同人活動をしている。

この話はそのジャンルでよく分からない何かと戦わされているただの同人作家の話である



そのジャンルはかつてものすごく治安が悪く、無断転載炎上誹謗中傷、トレパク、だいたいのバズった問題には必ずアイコンがそのジャンルキャラクターの人が関わっていると言っても過言でなかった。

数年前までは。

当時は学生が多かったということもあり、そういった問題が起きがちだった。

また、ジャンル歴史が少々特殊なため、世代による確執も根強い。

公式地雷だがそのジャンル同人をしていますサークルです。」という作家も少なくない。

数年時が経ち、上の世代結婚や年齢の問題などでリタイアが増え、当時学生だった子たちは成人している。

ジャンルに残った子も少なくはないが、オタクブームの波が来たこともあり、一気に流行ジャンルが増え、ほとんどはジャンル鞍替えしていった。

私はそんな、絶滅寸前とまで言われた状況だったこジャンルに飛び込んだ。

絶滅寸前ではあったが世代交代のチャンスでもあった。

今ならこのジャンルをイチから再生させてもっと平和に盛り上げられると思ったからだ。

幸い同人マナーに関しては大きなジャンルが失敗と反省を繰り返している。

前例確認し、公式を大切にしながら同人をしていくジャンルにしたかった。

私一人でジャンルをどうにかするなどおこがましいかもしれないが、いつだって流れは誰かが作るから生まれる。

流れさえできればあとは私はタダのモブ同人作家に戻る予定だった。



1年目、閉鎖寸前だったお絵かき掲示板お絵描きグループ管理人を一手に引き受けた。

私自身はサークル参加者が居なくなってしまったBLカップリング漫画を描いていた。

管理人を引き受けて驚いたのは特定の最王道カップリング以外は不快に思う人も居るから排除しろというとんでもない意見が飛び交い始めたことだ。

これがもし、最王道カップリング主の管理人だったら、意見を呑むのだろうか?

私が出した結論は、「”全ての”カップリングイラスト隔離」だった。

二次創作において人気があるかないかで、人目にさらして良い悪いと判断することはできない。

所詮、どれも二次創作なのだから

よって同性愛異性愛わずすべてのカップリングイラストは専用グループ作成隔離した。

ここで更に私は驚いた。

王道カップリングはあまりに普及しすぎていて、ジャンル者の感覚麻痺していたのだ。

ありていに言えば「このカップリングは人気なのでみんなが描いているしもはや公式(と思い込んでいる)だからカップリング禁止でも投稿して大丈夫」という感覚だ。

何というか、言葉を失った。

二次創作においては人気問わず、誰だって自分の感じ取ったカップリング公式だと思って絵を描いている。

ファン人気投票によって決められたキャラが「投票の結果だから」と、ある日突然恋人関係を結ぶようなジャンルがあったらご教授願いたいものだ。

二次創作に貴賤はない。

どれもこれも公式関係者でもないのにただの一般人がとち狂って描いてるだけ。

描くなとは言っていない。

隔離グループであれば投稿が許されているのでそちらに投稿して欲しいと要請したにすぎない。

しかし彼らはカップリング否定されたと騒ぎ始めた。

正直マジ疲れる。

思い返しただけで死ぬほど胃が痛い

私のカップリングだって投稿できるもんなら全部ここに投稿してやりてえわ!

おめーらがカップリングだってうから隔離したんだよ!

と怒り狂いながらなんとか人間らしい言葉遣いで彼らを説得した。

1年目が終わりかけの頃、ようやくまともにグループが動き始めたので一安心。(私の新刊もなんとか出た。)


2年目、色んな人と関わりたくてアンソロを出した。

本当にいろんな人が来た。

やばい人かと思ってた人はことに同人に関してはまともな人だった。

結局一番やばかったのは当時色々とサポートし合っていた最も近い仲間だった。

アンソロが発行するという頃、別アカウントで私の悪口を、これまた同じジャンルの人の別アカウントと言い合っていた。

あん気持ち悪い奴に住所を教えたくない」

と言っていたので、アンソロは送らなかった。

後日縁は切られ「あのアカウントが私だっていう確証はあるんですか」などと騒ぎ始めたが、最終的に「私だったからとして何?献本どころか謝礼金くらい出ないの?一万円くらいくれ!」と言っていたのでシカトした。

正直今思い返せばこの時点で私はジャンルの舵取りを失敗していた。

けどこの後、リアル親友が死んでそれどころではなく放置していた。

親友は死んだが、件の相手は生きている人間であることを忘れていた。

生きているということは、私が息をしていると同時に相手も息をし、私が人と話せば向こうも誰かと話している。

まりリアルタイムに私の悪評が広まっていっていたのだ。

水面下で。(お恥ずかしながら気づいたのはここから2年後くらい後になる。)

2年目の終わり、ここで活動を休止していた同カップリングのいわゆる神絵師に捕捉されフォローされる。

私は実のところ先の出来事疲弊していたし、このジャンルの神絵師がどれだけやばい奴揃いか理解していたので、若干戸惑った。

戸惑ったが、相手ものすごく褒めてくれるのでうっかりフォローを返してしまったし、それなりにDMで誕プレ送りあいっことかしてぬるま湯に浸った。

所詮私もこの程度の一般的同人作家だったのだ。だって感想嬉しいもん。

けど、これが更に私を苦しめることになる。


3年目は割と幸せに生きたつもりだったが、今思い返せば変なことがいくつもあった。

まず、例の神絵師だが絶対DMしか私に感想も誕プレも送ってこない。個人的なやり取りもない。

恥ずかしがり屋なのかなと思っていたが、よく考えたら他の人には見えるとこで送ってたわ。私だけかよ。

けど、私はただのオタクだし、推しカプで騒ぐ方が最優先だったので騒いだ。

ハチャメチャに騒いだし新刊も出た。ここで本来なら相容れない感じのカップリングの神絵師に気に入られてフォローされる。

でもまあ、統計的というか、そのカプに苦手な人が多いってだけで私自身はそのカプも全然食うしいいか~と思ってフォロバした。

そのあとたまたまそのカプのオフ会にも呼ばれ、何人かと連鎖的につながった。

いや、この時点で本当に変なんだマジで

そして事件は起きる。

ジャンルの一番でかいイベントが終わった頃、同人誌に掲載していた連絡先に来た一件のメール

それは先ほど書いた例のオフ会あたりで仲良くなったAさんからのものだった。

もうめんどくせーからコピペで載せるわ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇〇様、こんばんは。

イベント名)にて新刊『(作品名)』買わせて頂きました。

こちらの作品、(私の推し)がとても可愛く、色っぽく最後まで楽しく拝見させていただきました。

少し気になる点がございまして、ご連絡の方差し上げた次第です。

同じく(イベント)の”Bさん”の新刊本『(作品名)』ですが、〇〇さんの漫画コマ一部と非常に似た所がありまして……

構図的な偶然かも知れません。勘違いでしたら申し訳御座いません。(トレパク?とまではいっていないのかも知れませんが)

一応ご参考までに画像の方、添付致します。

それでは、突然のメール要件、失礼致します。

これからも、〇〇さんの作品楽しみにしております

―――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というものだった。

めちゃくちゃ厄介なのがこの"Bさん"という人物

オフ会の前にフォローされた相容れないカプの神絵師だ。

そして何と言いますかね、イベントのアフターでも別の作家に同じ指摘をされておりました。

ここでもう私の疑心暗鬼ポイントMAX大変身。(ジャンル関係はない。念のため。)

ちなみに添付画像にはBさんがAさんの構図もパクったという画像も付いてた。正直そっちはそんなにパクってないと思った。

そしてこれ、めんどくさいことに私がBさんに直々にその話をしなければならないという話にまで発展する。

で、マジで本人にDMで話してきたんですけど、

「人に言われたことだったんで、私はそうでもないと思ってるんですけど、トレパクとかする訳ないですよね~」

くらいのノリで言ってきた。

返答はやはり「違います以下略)」だった訳だが、

「私がそういう悪い事してないのはいつも仲良くしてる”Aさん”に聞けば分かる」

という趣旨発言があった。

はい、Aさん。Aさんが告発しておるのに証人もAさん。

これ、闇ですよマジで

仮にAさんの私への告発が本当のことだとする。

とすると

「AさんとBさんは仲良くしているように見えるが実は仲が悪く、特にAさんはBさんのことが嫌いで、Bさんの失態をこれ幸いと私に報告してきた」

ということになる。

逆にBさんは無実でAさんが私に嘘をついたとする。

すると

「AさんとBさんは仲が良いが、実はAさんが私のことを嫌っていて、私とBさんの関係を悪くするために虚偽の告発を私にした」

ということになる。

更に拗らせた考え方をすると

「AさんとBさんは仲が良く、どちらも私のことが嫌いなので、私にトレパクの話題を吹っかけて暴れる様でも見ようと結託した」

という可能性もある。

いずれにせよ碌な話じゃない。

私はそっと、この問題に蓋をした。(後日AさんはTwitterアカウントを消した。)

ついでに愚痴らせてもらうがそのカップリングのもう一人の神絵師Cにもフォローされていたが翌年私が誕生日を祝わなかったという理由リムーブされたのでキレてブロックした。

絵師はみんなああなのか?誕生日祝われ慣れすぎだろ。フォロワーと貸し切りパーティーとか行ってやがる。いや、そんなの毎年付き合えねえって。




4年目、私は商業活動も始めていた。(自分でも未だに驚いている。)

ここで、水面下で私を嫌っている人物が突然浮き彫りになる。

私がこのジャンルに来るよりも前から活動していた大手作家のIである

正直私はしゃべったこともない。

ただそのIとコンビを組んでいる作家が私のフォロワーである

いきさつはこうだ。

その大手作家Iはクラウドファンディングで集めたお金二次創作をしている。

まりにでかい作家なので私も知っている。

関わったことはないが、マジで有名なので疑問に思う人も多く、「募金二次創作はありえへんやろ」と私もTwitterで呟いていた。

それが多分目に留まっちゃったんだね。

私は私で、二次創作で目を付けてもらってオリジナル商業を任されていたのだが、その成り行きがⅠさんには募金二次創作するのと同じに映ってたようだ。

とあるオフ会で「〇〇(私)は色んな大手作家に嫌われている!あいつと関わるのはやめろ!」と言っていたようだ。

ちなみにそのオフ会に私のマブいフォロワーちゃんが居たので、事細かく事情は聴けた。

私を嫌っているという大手作家の例の中にはマジで私の知らない作家がいた。誰だそいつ勝手に嫌われてんのか私。

と思ったらその大手作家は2年目のアンソロの時に縁を切ったアイツの知り合いだった。

まり間接的につながってるのだ全部。こわっ。2年経ってるんやぞ。

そしてその後、ちょっとした事件があり、私が長いTwitter生で初めて鍵をかけるに至る事があった。

私に攻撃する捨て垢が居た。

その時にはすでに私はIをブロックしていた。

捨て垢という時点で十中八九私にブロックされている人なわけだが、私がブロックしてんのは誕生日祝い損ねた神絵師Cと例のIだけなので、おおよその確率でⅠである

これでCだったら誕生日祝われなかったの根に持ち過ぎだと思う。

結局その事件も何とか潜り抜け、結果的にその事件は後日、いい感じの終わりを迎える。

まりに良い感じに終わりを迎えた事件なので詳細を話したいけど、話すと察しの良い人にはすべてが分かってしまうので泣く泣く省略。

けど結構大きい事件だったようで、しかもいい感じに終わったのが許せなかったのか、これをきっかけにⅠは本格的に私を敵視しだす。

そしてこの年も、私の新刊は出た。

けど年末活動してなかった同カプの文字書きが突如謎の人物から誹謗中傷され、なぜか私に「お前かもう一人の神絵師のせいだ。」と呪詛を吐いて消える。

同カプ神絵師には伝えないでおいた。


5年目、同カプ神絵師の様子がちょっとおかしい。

なにやら違うカプのコミュニティと仲良くし始めた。サークル参加やめるとか言ってたが描くのをやめて売り子を始めたらしい。

その中にはⅠと仲が良い作家もいたが、ただの絵描き仲間だろうと思っておいてた。

けど、イベント後にお疲れ様リプを送ろうとしたら、その作家たちの裏垢から書き込みらしきものがあった。

っていうかID見えるようにそのままその垢でそいつらにリプする同カプ神絵師ちょっとしっかりした方が良い。

悪い癖が出てそのIDで辿ってしまった私は、見たくないものオンパレードを見た。

なんかいろいろ察した。

けど同カプ神絵師発言にそういうものはないし、人付き合いでそういうアカウントと仲良くすることもあるよねと思って見ないふりをした。

その年、例年さぎょいぷをしていた同カプ神絵師に「集中したいかスカイプはしない」と言われた。

そういう時もあるよね~と思い、「おっけ~原稿がんばってくだしゃい(^▽^)/」みたいな感じで返しておいた。

若干モヤモヤしてたけど、もう4年の付き合いだし、信じた。

次のイベント当日。最悪だった。

都合が悪く私の知り合い達はあまり来れないと事前に聞いていたので部数が出ないのは覚悟していた。

それにしても最悪だった。

まずⅠを筆頭にその知り合いっぽい奴らが私のサークルの前でわざと避けるジェスチャーをする。

そんなんされたの中学校入学してすぐいじめの標的になった時以来だわ。

私の居る島をカニ歩きであいさつしてた知ってる作家が隣のサークルあいさつし終わってたので、「こんにちわ~^^」って言うと舌打ちして踵を返していった。

隣のサークルの人にめちゃくちゃ心配された。

舌打ちしていった作家は後で調べたらⅠが言っていた私を嫌っているという大手作家ファンだった。

こんなみじめなサークル参加をしたのは初めてだった。

でも結局本は売れた。

売れたけど何かものすごく嫌な気持ちが私の心に住み着いて離れなかった。

おかしいな。ちょっとマイナーもの描いてるから、「興味ないな~」って態度の人と会うのは初めてじゃないはずなのに。

たぶんちょっと変なイベントだったのは間違いなかった

アフターでは同カプ神絵師が黙りこんで全然会話してくれんかった。スケブ拒否られた。

それでもまだ「他の人のスケブしてたししょうがないよね~スケブしんどいの分かるし」とか考えてた私は相当浮かれポンチキである

一緒に参加してた人には「お疲れだったのかな~」とこれまた心配された。

で、「ちょっとイベントでは悲しいこともありましたが、このジャンル好きです!来年も来ます!」と宣言した矢先、

同カプ神絵師に縁を切られた。

4年間イベントの後毎回アフターもした。

誕生日会もした。

同じカプでわいわい盛り上がったし、雑談も話せるやろうと思い私は話題を色々振ってた。

何がダメだったか

色々あるとは思った。

でも、私が彼女に悪意を振るったことはない。

女性には多いことなのだが、きっと何か小さなことが積み重なって縁を切られたというのが正しいんだろう。

それでもだ。私は疑わざるを得なかった。

これまでのことを。

ついに、私を嫌う人のよく分からない波が私の好きなカップリングにまで及んでしまったのではないかと。


今、まっっっっったく創作意欲がわかない。

感想とか本当に新刊を出すたびに1つ来るか来ないかだった。

それでも描き続けた私だったけど、描けば描くほど嫌われるんじゃないかという気持ちがぬぐえない。

私が本を一生懸命描いてイベントに持って行くと不幸になる人がいるのだ。

それがついに私の好きなもの好きな人にまで及んだ。

私は同人をやめるべきなのだと、頭は理解している。

反撃をすべきだという声もあるかもしれない。

でも私の反撃はすでになされているのだ。

本を出す、イベントに顔を見せるだけで、たぶん大勢の人を不幸にしている。

ただでさえ感想を貰うこともほとんどないし、人を不幸にしかしないのなら、それはもう二次創作範疇を超えている。

私の好きなキャラクターで人を傷つけたくはない。

私が消えても正直ジャンルは何一つ傷はつかない。

私が消えても素知らぬ顔で神絵師は同カプの本を描いてくれるだろうし、Iはこれからも人から得た募金二次創作をしてそれを売って、お金を支払うことのない同人をするのだ。


それは私がただ好きなカップリングの本を描いて出すことよりも、よっぽど人を不幸にしない。

らしい。

2018-10-18

anond:20181018094027

何にしろ、面倒くさいことになるから嫌いな作品をいちいちあげつらう必要もないと思うけどね…

嫌い・気持ち悪いと言うためにわざわざ自分主観を書き連ねるの、直接人に向けるか作品に向けるかの違いだけで、ほぼほぼ罵倒と同種でしかないし。

あれ〜、もしかたらこの人、ちょっと発狂されてるのかな? ってまず思うよね。

2018-10-17

anond:20181017114836

から単純に「私はあの絵柄が気に食わないんだ」とだけ言えば済む話で、そこに余計な理屈を持ち込むからめんどくさいことになるんだよね

2018-10-16

anond:20181016132020

女性専用車両は元々は痴漢盗撮から回避過去性犯罪心理的ストレスを緩和するためのもの

そして性犯罪者は圧倒的に男性が多い。

女性専用車両に関していえば、男性はよしよしではなくごめんなさいこれで対応してくださいって立場だろ。

例えが悪かったな

anond:20181016124623

まじかー。

Vtuberファンクラスタと、二次ロリクラスタがどれだけ重なっているかはわからないけど。

二次ロリクラスタは、うかつに素材選ぶとある日いきなりそのオリジナルは魂があるのでダメ絶対って言われることになってかなりめんどくさいことになるけどさ。

Vtuber側がそこまで覚悟してやっているなら、もう言うことはないや。意見ありがとう

2018-10-14

会社楽しい

会社には行きたくないけど(「行く」のがめんどくさくて)会社でやってることは楽しい。これはまだ一年目で責任が薄いからっていうのもあるんだろうけど、楽しいと思ってる内に誰かに言いたかったので

まず、自分プログラム書くのが好きだって言ったら先輩がプログラミングをする課題を投げてくれる(別にめちゃくちゃプログラミングできるというわけでもないけど)

うちの課だけで使う効率化のためのシステムから自由に書けるし期限もない。言語はなんでもいいって言われたのとか、難易度的にちょっとむずかしいくらいでやりがいがあるのとか、プログラム動かすだけのサーバが欲しくなったら前々から興味があったラズパイ貸してくれたのとか、楽しい残業代ちゃんと出るので最高

あと、先輩方がみなさん社内でも技術力が高い人たちらしいっていうのがいい。飛び交ってる話を聞いてるだけでも勉強になるし、教え方もうまい。別の課の先輩複数人に「その課に一年からいられるのなら間違いなく成長できる」みたいなことを言われるくらいにはいいところなんだと思う、空気もほどほどにゆるい。

この先輩のようになりたいって思える人ばかりでありがたい。褒めて伸ばすスタイルなのか、小さいことでもすぐ褒めてくれるのも嬉しい

最後に、ソリが合う同期たちが多くて楽しい

今までオタクめいた話が出来る友達なんて少なかったのに、今はそういう話が出来る上に趣味も合う人がいるから本当に話してて楽しいアニメゲームの話が弾む上にプログラムとかの話をしても「分からない」って言われない すごい

きっとだんだんしんどくなってくるんだろうとは思うから楽しいと思える今のうちにやる気出していろいろ頑張っときたいなあ

anond:20181014203109

正解は「パック寿司の蓋を醤油皿にするのはあんまりいいと思わないんだけど小さいこといちいち言うのも面倒くさいしそれを言い出したらあれやこれやいろいろあるけどまぁ結婚って妥協必要だよなという男と結婚する」です!

2018-10-11

anond:20181011064752

結論:めんどくさいこと言うやつはめんどくさいことを絶対言うのだから住み分けろ、お前は見るなを徹底するしかない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん