「自意識」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自意識とは

2018-11-15

anond:20181108142913

普通の日本人」だけでなく「フツーのゲイ」を名乗っている人もおかしかったので、自認が「普通」な人はどこかおかしいし、その肥大した自意識なのに「これで普通」という認識から、どんどんエスカレートして暴走するんだと。

2018-11-13

男性で時々いる「女優アイドルみたいな高貴な美人よりその辺にいる平凡な女子が好き」

っていう人、悉く本音は「見た目だけ女優アイドルレベルだけど自意識けが平凡女子なのが好き」だよね……

何だよそれ図々しい。美人自分に自信持つ根拠あるのにわざわざ卑屈になるかよ

見た目も含めてその辺にいる平凡女子の方が好きっていう人だけが平凡好きを名乗れよ

女性作家男性強制されて絵を描いている」と同じ構図で喋るオタクに行き当たった

作家って存在そいつの中で希薄過ぎて、大衆という参照点コンテンツコンテンツを消費する消費者という生態系の外にある自意識を持たない装置としてしか作家を捉えられていない感じだった

つかアスペだこれ

初対面だけいい人になれる

いつもにこにこしてると不機嫌になるととたんに評価落ちる

いつも不機嫌な人が笑うと評価があがる

第一印象いいね褒め言葉じゃないよな

まり中身を知るとクズ

自分が本当はクズなのは重々承知の上だけど、なまじ最初はにこにこ明るく誰とでも話せます☆って感じだからたち悪いよな

でも初対面の人に全力にこにこしていってしまう。だって好かれたいんだもん

そして中身を知られてく内に周りの人が離れてくんだよな

何回も繰り返してるのに懲りない

中身クズな分、これで第一印象も悪かったらただの嫌な奴で終了だよなーー

最初は良い印象ないのにだんだん評価上げてく人が本当に羨ましい。第一印象に全降りしてしまう。やるべきなのは中身の改造だけど、中々上手くいかない

笑顔本来長所のはずなのに、笑顔可愛いのに中身が残念だからギャップで余計ダメ烙印を押されてる気がする

もうこの上の文章だけで私悪くない!勝手に良いイメージ持ってる相手が悪い!って思ってる底意地の悪さ見え見えだもんな

そりゃ周りの人も離れていくよ

後悔と反省開き直りとを繰り返して私は何も変わらない

結局どこかで自分大好きなんだろうな

笑顔かわいい自分

 

これからどうやって生きてこう

自意識は、変えられるのか?

2018-11-08

anond:20181108101819

まずその自意識捨てて始めてスタートラインだ。

そんなショボい自意識抱えたままじゃ恋愛映画どころか若おかみは小学生! すら見れんやろ。

2018-11-02

自殺なんてありふれた話だ。

本当にそう思う。

今、酒を飲みながら文章を書いている。

平日は毎日9:30~23:30まで働く。クソみたいな職場だ。

この生活は何も考えられない。

仕事から帰ってストロングゼロ飲んで意識を飛ばすまでの2~3時間けが人間だ。

それ以外はただの装置だ。

元カノ自殺するなんて、よくある話だと思う。

なんせ年間3万人が自殺している。日本では。

今はどれくらいなんだろう? 年間3万人って数字は、

僕の古くからの友人の兄貴所属していたロックバンドの曲の歌詞で知った。

10年以上前数字だ。今はきっともっと多いのかもしれない。

「年間3万人の自殺者って、多いの、それとも少ないの?」

という印象的なフレーズがサビ前に来る歌だった。

大きく名が売れたバンドじゃなかったが、良い曲を歌うバンドだった。

友人の兄貴は、自殺ではなく病気で亡くなった。

元カノとは6年くらい恋人関係だった。

別れた理由は僕があまりに将来を楽観視しているからだった。

でもそれは引き金になっただけでしかなく、

実際はあの子と僕の、価値観の違いに対して、

の子は歩み寄ってくれていたのに、僕は歩み寄れなかったことだった。

僕があの子を裏切ったことが遠因だ。

この文章は、本当に、自分への慰めでしかない。

他人が読んでもきっと何も得るものはない。

ならローカルメモ帳にでも書いとけってな話だが、なぜかそうはいかない。

表現するからには誰かには届かないと気が済まない。

でも、親しい誰かには伝えられない。

我儘。あるいは自意識に絡めとられているのか。

自身、どう位置付けていいかからないが、

そういう人間の為のはてな匿名ダイアリーだと信じて続きを書く。

自殺の引き金になるものは、ありふれた絶望だ。

ということを教えてくれたのは、誰だったか作家は忘れたが、

ウツボラ」という小説だった。

学生時代に読んだが、だれが書いたかはもう覚えていない、増してや酒に浸かった脳では。

その小説の中では、確か父親だったかが、自殺していたんだった。

父を亡くしたその人は、「父が死んだのは玄関電球が切れていたからだ」

と推察する。

まり自殺の引き金になるものはあまりに容易く、ありふれたものであるという、

そんな描写があった。

の子は、会社に出社して、体調が悪いからと早退して、そのまま亡くなったらしい。

死因は知らない。

どうやって死んだのか、知る術はあるが、知る資格がない。

だが、きっとそういったものが引き金になったのだと思う。

家庭環境が悪かった。

父親社会でうまくいかず、悪い筋と繋がり、最終的に自殺したらしい。

田舎出身の子だった。とんでもない田舎出身だった。

僕は東京まれ東京育ち、ヌルそうなヤツは大体友達って感じの

よくいるオタクなので、実感のない想像だが、残されたあの子と、家族はきっとつらい目に遭ってきたのだろう。

ただ、思春期に父を自殺で亡くしたあの子に、自殺現実的選択肢として

傍らにあったということだけは、どうにか理解できる。

の子には将来の展望がなかった。

僕と付き合うことをきっかけに上京してきたが、

の子仕事は、本当に残念なことだが学歴などの問題もあり、出世は望めない、

ただ事務作業毎日なすだけの仕事だった。

たまに、あの子は「出身商業高校では1位の成績だった」

ということを話した。

きっと悔しかったのだと思う、大学に行けなかったことが。

そのせいで、自分よりバカな人に使われていることが。

僕と別れて二年が経った頃、あの子自殺した。

僕はずっと好きだった

思い違い、モテないオタク勝手思い込み

どう捉えてくれてもかまわないが、

僕だけはあの子幸せにできると信じていた。

人間関係代替可能だと舞城王太郎に触発されて嘯いていた僕が、

それでもこの関係だけは僕だけだと信じていた。

今でも信じている。

の子にはきっと僕だけだった。

それを僕がダメにして、結果彼女は死んでしまった。

の子との関係を終わらせたのは僕だった。

僕のことをストレスに感じているあの子に耐えられなかったのは僕だ。

それでも、僕を手放さずにいてくれたあの子を、裏切ってしまったのは僕だ。

別れてから二年間、何度も後悔してやり直そうと言ったが、それが叶うことはなかった。

今僕は罰を受けている。

この生活が罰だ。

の子に向き合えず、自分に向き合えず、

怠惰に過ごした数年間の罰が今の生活だ。

それだけが、このクソみたいな労働環境での生活を支えている。

年間3万人の自殺者がいる。

3万人の自殺者の周辺で、僕みたいな人がきっといる。

ありふれた話なのだが、僕にはありふれた話と処理するにはキツすぎる。

この話にはオチはない。

かに読ませる文章ではない。

だが、酒に酔った自分を慰めるには十分な機能を果たした。

本当に笑顔かわいい子だった。

その笑顔を思うと、僕はどうにもならなくなってしまう。

2018-10-24

anond:20181024021913

年上かどうかというより、買い専だからちゃう

男の買い専は自意識肥大タイプ多すぎ

2018-10-23

anond:20181023082042

世界歴史でそうであるクレオパトラ楊貴妃紫式部時代もそうだった。

おまえの自意識皇族レベルに高いことはわかった。で、なんで平民のことまで巻き込んでんの?ばかなの?それともまさか本当に皇族の方…?

2018-10-21

プライド自意識が異様に高い惨めな絵描きの話

私は産まれからほとんどをオタクとして過ごした。

息をするかのように絵を描き、ゲームをし、漫画を読みアニメを見るような生活をしてきた。

pixiv歴は9年、Twitterアカウント作成しては潰してを繰り返してはいるが、初めてアカウントを持ってから6年が経過した、一般的オタク絵描きだ。

ただ、どんな時もオタク絵描きとして生きていて楽しいことはほとんどなかった。厳密には人と関わって楽しいと思えたことがなかった。

私の異常なプライド自意識邪魔をするのだ。

今、本当にオタク絵描きである意味を見い出せないほどに楽しくなくなってしまっているので、整理の意味を込めて自分語りをさせてほしい。

小学校では教室で絵を描いても、どの学年のクラスにいても1番にはなれず、いつも2番かそれ以下だった。

パッとすることもなく遠足のしおりの表紙を任されることもなく、1番絵の上手い子がちやほやされる姿を眺めては羨む日々が続いた。

中学校では「クラスという狭い世界でも1番なれない私は、相当絵が下手なのだろう」という自覚も持ち、イラスト部のような部活はあったが入部することはなかった。

画力人格までも叩き潰されるのが怖かったのだ。

この時点でもう十分無駄自意識が身に付いていたと思う。

高校に入る頃には某マイナーゲームシリーズを主とするTwitterアカウントを作った。

メジャーアニメ漫画も好きではあったが、自分のような低い画力ではそのような世界では淘汰されてしまうという自覚が十分にあり、その上そのマイナーゲームシリーズ物心がついた頃から家族の影響で好きだった。

狭い世界古参な方であったので、まずそれだけでマウントが取れると踏んだのだ。

予想は当たり、数年はイマイチ画力でもちやほやされる日々が続いた。

私が何かしら絵を描けば相互達がある程度のふぁぼをくれる。ゲームステージ構造音楽に関する深みを持たせたツイートをすれば空リプやふぁぼをくれる。気分のいい日々が続いた。

ただかなり古いシリーズであったので、再熱と飽きで人の出入りが激しく、たまにいわゆる「神絵師」のような人も現れた。

古いゲームなだけあって古参新参が、という話が盛んに行われる界隈であったので、そういう話はタブーであることは分かっていたが、ハマって数ヶ月の神絵師がその界隈で大きな波を作り出すのを何度か目撃した。

絵師擬人化を好めば擬人化流行り、あまり人気のないキャラを好めばそのキャラ神格化された。

私は正直、激しく嫉妬した。

この人はゲームシリーズを全作やってないではないかシリーズの中でたった1作やってイラストを描いただけで大きい顔をしないでほしい、といったどす黒い感情が渦巻いた。

結局2年経たない内に妙な輩に絡まれ、それを理由アカウントを消した。

その輩も不快ではあったが、それよりも界隈で波を作り出す「神絵師」を見ているのが辛かった。今思うと被害者面してアカウントを消す理由と機会がただ欲しかっただけだと思う。

それから半年、私は某アニメシリーズとあるAというキャラに本気で惚れた。

それまでゲームアニメを嗜んではいたが、特定キャラクターに入れ込むことはあまりなかったため、大きな衝撃を受けた。

ただ、それとほぼ同時に自分性癖の異常性にも少しずつ気がついた。

Aが洗脳されている姿が見たい。

Aが痛がる姿を見たい。

Aが致命傷や後遺症を負わない程度にあらゆる手を使って痛めつけてやりたい。

いわゆる「精神リョナ」というものだと、しばらくしてから理解した。

その性的趣向に嫌な予感と前述の苦い思い出もあり、すぐにTwitterアカウントを作ることはなかった。

しかしそのキャラにハマって半年ほど、できる限りイラストの腕を磨きペンタブレットの扱いに慣れ、そのジャンル流行っているものに媚び、溜めに溜めたイラストまとめのようなものpixiv投稿したところ、予想以上の反響を得た。得てしまった。

気分が良くてたまらなかった。

同時に、「今ならあの時の神絵師たちのように、私の趣味趣向で界隈に波を起こすことができるのではないか。私が好きなもので界隈を満たすことでできるのではないか」と妙に高い理想を抱いてしまったのだ。

それから少しした頃、そのAがいるアニメを主としたTwitterアカウント作成した。

できる限り周りの空気に媚び、私自身の趣向を出さず、ふぁぼやRTにより私の存在を知らしめるために絵を描いた。イラスト漫画RTが多めな絵師を中心にフォローした。

ツイートもそのアニメ話題で徹底し、他の話題自分語りをすることも控えた。

客観的に見て私の画力はそうでもないが、そういうことを続けているとアナログ適当落書きを描いても100ふぁぼはもらえるようになった。

その頃に界隈の流行りと自分性癖半々くらい織り交ぜた、オールキャラギャグ本を自身初の同人誌として出したが、完売させることもできた。

こうして私の実力が全てでない、媚びによって得た数値と実績による自意識プライドが着々と育っていった。

同人誌を出した少し後くらいからであろうか、私は自分趣味趣向を全面に押し出しイラスト漫画ツイートをするようにした。

媚びた絵よりも数値は減るがふぁぼやRTをしてくれる人も多くいて、正直投稿不安ではあったが予想よりは上手くいった。

ただ、私の絵(性癖)に便乗してイラストが描かれることはおろか、そういったツイートや私のイラストに対する言及空リプも見られなかった。

私は悔しかった。あそこにあるふぁぼやRTは惰性に近いものしかないのだ、と思ってしまった。やり口からして勿論なのだが。

そして、引かれているだろうな、とも思ってしまった。それまで好きだった相互の方々にも、ツイートを読むのが辛くなるほどの疑いを不安を抱くようになってしまった。

私の中の冷静な部分は「そりゃそうだ、精神リョナなんて倫理抵触する趣向広まらなくて当然だ」と思えているのだが、私の拗らせた部分は「なんで流行らない?擬人化の方がキツイでしょ。他の人の性癖を歪めることもできないなんてこの絵公開してる意味ある?」と思ってしまう。

私には波が作り出せないことが、あの羨んだ神絵師たちの足下にも及ばないことが自覚できてからは、自分趣味趣向が急に恥ずかしくなり、FFの極端に少ない身内アカウントに引きこもった。

身内アカウントに引きこもったまま数ヶ月。現在に至る。

結局は私の実力不足と、歪んだ自意識プライドが悪い。分かっている。

Aに対する熱意や、自分趣味趣向に刺さる創作物を見た時の衝迫を、自分表現して他人を揺さぶ画力や魅力はない。

他人を揺さぶらない創作になんの意味があるのだろうか?だったら絵なんて公開しないでパソコンファイルの中で腐らして、自分けが眺めている方が幸せなのではないだろうか?

最終的に私の趣味趣向を認め、同意し、同じ熱量で盛り上がってくれる仲間がほしい。

だって趣味趣向の合う仲間とオフ会がしたいし、Skypeだってしたいし、趣味から知り合った仲間とプライベートな話がしたい。

人とオタクとして接することが楽しいのは中途半端に知っているので、私が理想とする仲間とオタクとして楽しく生きたい。

そういう界隈を自力で作り出そうとしたのが失敗だった。

そして画力がそうでもないまま大人になってしまったのも失敗である

イマイチなままで固まった画力無駄に高いだけのプライド自意識をもって絵を公開して、何が楽しいのだろう。

何も楽しくないに決まっている。

Twitterで絵を描くようになってからというものの、評価評価をくれる人々の動向にばかり目を向ける癖が付いてしまい、私一人で何をすれば楽しいのかわからなくなってしまった。

絵描きなんて趣味やめた方がいいんだろうな、私には向いてないんだろうなって、今はそう思うのです。

力不足を痛感してとても悲しいです。

お目汚し、失礼致しました。

2018-10-20

anond:20181020165322

これは、野生のカン的なもので、綺麗というのは=健康で整っている(バランスがいい)に近いのかなと。

しか中学で習う

ウィトルウィウス的人体図」とか黄金比

http://www.crl.nitech.ac.jp/~ida/education/VitruvianMan/index-j.html

幼少時に読んでいた漫画の、異様に大きい目、鼻の穴のないキャラクター金髪という名の黄色いだけの髪、

そういうものが少し怖かった。美しいって何だろう。

私の美意識日本のそれでも海外のそれでもなく、不自然でないバランスだったように思う。

この比率を著しく外れてしまうと、つまりやりすぎると、ファンタジーか、滑稽なおもちゃに見える。

濃い化粧はバランスを崩さないのでいいんだけど、画像の加工はバランスを逸脱して不自然なことがあるので怖い。

自意識自分自身アプリ補正のようにフィルタ自分の印象を補正してゆく。それが自己愛

でも、DOLLになりたいっていう、人たちの気持ちもわかる。

2018-10-19

みんな何時頃人生妥協するんだろう?

妥協することの正しさとちんけな自意識の間で揺れて選択先延ばしにしてるから気になった。

なにか目標があって、それに対する強烈な執着があれば悩まなくても良かったんたけど

2018-10-16

anond:20181012163452

我々は元増田が何故このような増田を書いたのかという

疑問を解決するため、元増田故郷である京都に向かった。

「まだ日本にこんなところがあったのか…」

わず口に出てしまった言葉を同行したブクマ家に田舎は滅びるべきだと咎められた。

互いを見下すように建てられた物見櫓、ツギハギだらけの自意識をこじらせた村民たち、

そして彼らは余所者で身なりのいい我々を監視する様にウォッチしている。

アベノミクスだの、いざなぎ超えだの、オリンピックだのを叩いていた

我々は改めてはてな村の現状を噛み締めていた。

犬小屋のような家に居たのは老い村長一人

我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに

増田申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。

我々はこの時初めて元増田を許そうと思った。

誰が悪い訳ではない、はてな村の貧しさが全て悪かったのだ。

我々はヨークシャーテリアから貰った茶葉を手に、

打ちひしがれながらメタブへと帰路についた。

2018-10-10

anond:20181009210439

納得。自分オタクから萌え絵オタクたちを無下に扱われるとそりゃ見ていて気分は良く無いけど、それに噛み付いてヒステリック起こすオタクたちを見てると悲しくなる理由がわかった。オタク棄民という自虐を伴う自意識があるオタクと無いオタクギャップがここにある。

2018-10-09

萌え絵についての、まだオタクが見るし描くしという頃の記憶

萌え絵について考えた時、うる星やつら存在は大きい。

うる星やつらキャラデザは、萌えという記号が満載だ。

虎柄ビキニ鬼、パッツンセーラー服白衣保健女医、フリフリ女子……などなど。

ただ、高橋留美子の絵が「萌え絵」かというと、わりと微妙エリアになる。

とちらかというと絵柄は水木しげるのとなりにある気もする。

そこに描かれた絵は確かに萌え」の記号なのだが、絵柄として「萌え」かというと微妙である

朝起きたら、「高橋留美子みたいな絵柄になっていたらいいな」とアニメオタクが思うかというと

微妙だ。

当時のオタクアニメ)は「好きな絵柄」という自意識が強くあって

特にA先生とB先生を合わせて2で割ったような絵柄になりたい」みたいなのが良くあった。

同人誌自己紹介で、あちこちで見られた自意識

美樹本晴彦とか良く名前があがっていた。

それは、これまでにない新しい絵柄というものが、ティーンエイジャーの心をむんずと掴んだのだ。

その意味でいうと高橋留美子の絵は、ティーンエイジャーにとっては新しいものではなかった。

ただ、うる星やつらで見つかった、オタク好みの絵の流れというのもある。

森山ゆうじプロジェクトA子とか土器手司のダーティーペアとかへ繋がるあのへんのアニメ絵の流れ。


エロゲーでいうと、ELFのあのへんの作品と繋がる。

「野々村病院の人々」とか「河原崎家の一族」とか。

ちゃんと動かせるアニメっぽいデッサン力のある身体

そこに、PC98の肌色塗りテクニックDNAが入っている。

描く人が憧れる要素がある。


一方、萌え絵少女漫画からというのもがある。

かつて少年漫画の絵はGペンの太い線。一方少女漫画丸ペンの細い線だった。

そういう守るべきルールがあると子供は思っていた時代があった。

この細い丸ペンによる線。

ここの身体感覚がわかるだろうか?

丸ペンは繊細な人間しか描けない!」と、実際に紙にペンで描いてみようとした男子は思うものだった。

絵柄自体に繊細な少女身体を感じる。

壊れやす砂糖菓子のような絵。アニメセル画塗りに対し、淡い水彩が似合う。

終末の過ごし方」とか多少それっぽい。

この2つのDNAが、混ざり合って、オタクが憧れる絵柄は色々変わっていく。

デッサンポンコツだが、雰囲気カラー処理などこだわる部分が魅力的な絵が多く出てきた気がする。

雫とか。

そういう時代を経て、経て、経て、今はとにかくみんな上手い。

断絶の壁がある気がする。

受け手意識が変わっている気がする。

PCフォトショからSAIの塗りを経て、経て、経て、2018年だしな。


まだオタクアニメを見て感動して、自分でも(アマチュアとして)模写するのが普通だった頃の記憶

ちなみに、オタクはがきイラストを送る先の最高峰ファンロードだった。あそこはレベルが違った。

2018-10-08

キズナアイを女だと思ってる人多いけど

人間女の子が好きなので自分女の子の姿をまとったAI」であってもともと性別があるわけではない

テレビに出演した時「好きな男の子タイプは」と聞かれて「恋愛とかよくわからないけどかわいい女の子が好きです」的な回答をしたことがあるくらい

もっとも、だからといってレズビアンだということにはならないが

なにしろ本人に性別がないか女の子の姿をしていて女の子が好きでもそれは同性愛のように見える異性愛だ(無性から女性への好意異性愛と言えるのであれば)

それでも中の人女性なので自意識としてはキズナアイ女性に限りなく近いとは言える

かわいい女の子が好き」と言ってしまえるのはアイドル(男女問わず)が異性との恋愛禁止でも同性との恋愛OKみたいなのと似ていて、ファン層を把握していてこその発言

で、なぜそんなAIがこのような「性搾取的」な格好をしているかというと現実アイドル模倣しているからだと思う

タランティーノキルビルVol.2で「何故スーパーマンは冴えないサラリーマンに変身するのかといえばまさにそのようなものとして人類を見ているからだ」ってお喋りがあったけど、キズナアイも「まさにそのようなものとして」女の子を見ている

からキズナアイの姿は「性的搾取」ではなく「人間社会性的搾取に対する非人類の批評」だと考えるべきではないか

なんてことを一日中考えていたのだが、そもそもキズナアイAI設定にこだわってるのキズナアイ本人と一部のファンくらいなもので、世間では「あれは女の子の姿をしているか人間女の子」という認識なのだろうか

それはそれで、外見版チューリングテストみたいで納得できなくもないが

2018-10-07

死んだらその場に縛られ続ける

たまに死んだ後のことを考える。

無になるのは怖い。

ももしそれ以上怖い事が起きたら。

幽霊になって、意識あるままその場に縛られ続けたら。

地球が無くなるまで地縛霊として意識あるまま。

怖い。

小さい頃は自意識が消える事が怖かった。

でも今は存在し続けることの方が怖い。

anond:20181007133029

乳袋エロ目的を感じない人って、本人の自意識とかエロさとか関係なく、そういう絵がネットとかで表(というのか)に出ることが増えてきたから「そういう絵柄」として受け入れてるだけだと思う

まりあれを性的だと思うのはおっさんおばさんの証なのでは

(私も乳袋はいやらしさの強調と「どんな素材だよ」というモヤモヤを感じるので嫌いです。)

2018-10-06

anond:20181006232905

でも「怒張する自意識」ってすごくシックリくる表現だと思った。

最初に使った人に敬意を表したい。

まさに自意識っていうのは、青筋立てて怒張して、

どうだすごいだろう、コレでも喰らえと言わんばかりなので…

anond:20181006225757

「鬱陶しいくら怒張した自意識を見せつけ」たのはおそらく私では無いのではないかと思います

全部ひとまとめに言われても困るとしか

anond:20181006225437

鬱陶しいくら怒張した自意識を見せつけられた上に「お前が気にしなければいいだけ」って、これだからWeb屋は…

anond:20181006133135

私は中堅私立独身のザコだけどこういうレベルの人でも他者を見下すことでしか自意識を満たせないのかと思うと人生が果てしなく長く無意味ものに思えるね

こんなことやってないで子どもを構えばいいのに

2018-10-01

統合失調相手するのはものすごくイラつくぞ

http://blogos.com/article/328188/


・言うことが妄想オンリーマジで話にならない

自分のことばかり考えていて他者への気遣い・思いやりは一切ない

被害者意識が強く、ひたすら自分自分自分

・人に親切にするようなことがまるでないのに自分の扱われかたにはめっちゃうるさい


簡単に言うと人間のクズな感じ。

なんていうかあれは十代の頃の自分に似ている。

アダルトな皆さんはご存知だと思うが、自分のことで頭一杯にして自分のことばっかり大事にしてるのって実はなにも楽しくない。

自意識とか被害者意識とか不安とかが強くなるだけ。



実物を見てもらう。

「行く先々でかわかわれてる」「からかいサインは鼻スン(鼻をすすることらしい)」と主張してた患者無職)のブログ

はてな界隈をうろついてた。

誰にも相手されてなかったので増田人知れず俺だけが相手してた。

夫婦いじめられそうな予感がしたので早めに寝ます

http://karakaware.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

長くないからこの1エントリだけ読んでみて欲しい。

内容としては親戚がいじめようとしてきた、妹がいじめようとしてきた、と言ういうものだけど

そう判断した根拠常人には理解出来ない些細なことからサイン」を読み取ったものだというのがわかる。



自分が朝、座っていた席にご飯がよそってあったのですが

ほんのちょっとだけなんとなくみすぼらしい感じでよそってあったので一瞬つらくなりました。

でもよく見てみると茶碗が妹の茶碗でした。

こういうことがいくつかあってなんだか罠にかけられそうだったので

夫婦が怖くなりました。

どうしようもないので夕飯のときにすごく居心地が悪い、

と言って急いで食べてその場を離れました。

追記

次の日の朝、怖くて朝飯を一緒に食べるのが嫌だったので、

自分の部屋にいたら、父親が戸を開けて「起きてるか?」と言ったのですが、

その後続けて、何か聞こえたのか「ぁあ?」と言われました。

脅されているようで余計怖くなりました。

後で親と妹夫婦に「いじめられそうで怖い。」といったら、

父親に「そんなことはないんだけど。」と言われました。

再び追記

夫婦自分とは挨拶しないでいつの間にか帰っちゃいました。

こういう、いじめておいて反発すると逆ギレするのが嫌だなと思いました。



どうこれ。

妄想意味不明さに目を奪われず、フラットに1人の人間日記として読んで欲しい。

夫婦が楽しく過ごせるようになどと気を使うことが一切なく

一方的に「居心地が悪い」と宣言して妹夫婦に気まずい思いをさせて退出し

その後翌朝の朝食まで自室に引き篭もって「あいつらがいじめようとしたから」とほざき

夫婦が慌てて引き揚げたらそのことを「挨拶がなかった」「いつの間にか帰っちゃいました」「嫌だな」などと非難する

人間のクズっしょ。


一旦「病気から仕方ない」という偽善的寛容さを脇に置いて考えてみて欲しい。

こいつに足りないのは何か?

他人」でしょ。

実際にはこいつこそが妹夫婦因縁を付けて非難し、遠ざけ、2人の居心地を悪くさせ、挙句急いで引き揚げさせたというのに、

そういう他人気持ちについて一瞬も考えてないの。

ミリ他人というもの考慮せず完全に自分しかない世界ものを考えてたら確かにこんな感じにもなるよ。

「全てのことは自分感情に対するアプローチで、自分気持ちはひたすら尊重するけど他人気持ちなんて考えもしない」という認識世界に接するなら確かにこういう手前勝手被害妄想の塊になるよ。ある意味論理的に正しい。


自分がやったことで妹夫婦がそっと帰っていったことすらその理由を思慮することがなく「自分への攻撃的な示唆」だと決めつける。

それでますます「かわいそうな自分」が肥え太っていく。ますます社会から孤立していく。

自分で作った檻の中に入った人間のクズっしょ。


あの種の統合失調と言うのはそういう、

極限に自己中心的他者不在な心を肥え太らせていった結果として発生するんじゃないかと疑っているけれども、

当人責任ではなく脳の不幸な科学作用によって不可避になあなってるのだとしても、

結果として現れる認識は「自分のことしか考えない人間のクズ」なので

あれが社会に参加してくるのはキツい。


みんな客として突然絡まれ女の子のことばかり心配してるけど、

それよりずっとキツいのは同僚だと思うよ。

更にキツいのは同居する家族

きれいごとでなんとかなる?


参考に同じ奴の別のエントリ

いかにこの妄想が突拍子もないか

自分ブログちょっと似たテーマブログ自分のことをからかってるんだと。

http://karakaware.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

理解不能でしょこれ。

薬で治って、ちゃんと飲み続けてくれるんならいいけど、そうじゃないなら社会に参加するの無理だし

無理に押し込んだら直接接する人達ものすごい精神ダメージを被るわけだよね。

「最低限の生活費を与えて隔離」か「都合のいい医学発展で一気に治る」か以外の解決策を具体的に提示できる人いる?

2018-09-29

「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ」言説について

正しい,というか建設的だしそっちのほうがみんな気分がいいであろうことは理解できる。

この世のすべての人が他人を腐すことなく「何が好きか」で自分を語るようになったら世の中はたいそうハッピーになるだろう。

ただ,僕は(僕だけじゃないことを祈る)この言説を様々なところで目にするたびになんとも言えず居心地の悪い気分になってしまうのだ。

おそらく,「これまでにどんな風に自分デザインしてきた自覚があるのか」という自意識問題だろう。

思えば,僕はこれまでの人生でひたすらに「こんな風にはなりたくない」を繰り返しながら自分を形作ってきた。

ヒステリック母親に,大嫌いだった生物教師に,恋愛以外に話すことが何もない軽薄さに,満員電車に揺られるサラリーマンネクタイに。

「何が嫌いか」で自分デザインしてきたのだから当然だ。「何が好きか」の上にいない自分自身を語ることは出来ない。

僕はそんな沢山の「嫌い」の上に成立している自分が中々気に入っている。

子どもの頃なりたかったものにはなれなかったけれど,子どもの頃からなりたくなかったものにはならずに済んでいる。

少ないけれど気の合う友達もいる。

一体世の中に「何が好きか」で自分を語れる人がどのくらいいるのだろうか。

疑問だし不安だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん