「多角的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 多角的とは

2021-07-30

今、報道機関を信頼しているか

一つ問いたい。

あなた特定報道機関を信頼しているか

率直に、今でも朝日新聞読売新聞日経新聞など新聞紙1紙のみ、1テレビ局のみから情報を得ていると言う人はいるだろうか?

例えば私であれば、テレビは持ってないから見ないし、同一ニュースは参照できるなら海外ニュースソースも参考にする事が普通になった。

多くの人も朝日新聞だけ、読売新聞だけって情報の受け取り方をしてないだろうと推測する。自分の周りには、自覚的複数ソースを見る人が多い。

私も自覚してそうしているけれど、その理由メディアは嘘をつくし真実を書かない事もあるし、客観性と言う点では信頼に値しない」と感じているから。

時事通信共同通信などは、速報性は認めても、事実は後で複数ソースから確認すべき存在しか思えないほどだ。

とは言え、ニュースを伝えるメディアが全く必要ない訳でもないし、多くの情報を集めることは1個人で出来る事ではない以上は、その存在には価値はある。

ただ、自社あるいは記者が都合がいいように曲げた情報を乗せるという前提でしか受け取ってないので海外ソースとも比較は避けられないというだけだ。

特定報道機関のみを信じてますって人は、もう希少種なのでは?と思うがどうだろう。


報道機関に感じる問題

自分よりは年配の方はもっとからそうかもしれないが、自分にとってはこの10年ほどでその傾向は強くなった。

何故か?近いところで例を挙げてみると、コロナウイルス感染者数に関する報道がある。

感染者数の増減が一つの重要指標であるには違いないが、それ以上に重要なのは重症者の数、死者の数だ。

しかも、感染者数と重症者数は必ずしも一定法則で比例する訳でもない。

現に、4000人の感染者がいても現在は死者数名だが、1月ごろは2000人の感染者でも20から死者がいた。

この間の差はワクチンの接種が、高齢者に対して進んだことで生まれたのは明白だ。コロナ対策は確実に決定的な効果を生んでいる。

例として感染状況の報道スタイルで生まれる差を考えてみたい。



このように、何を伝えるかで国民の多くの感じ方を操作できるのは明白だ。コロナ対策関連では、報道恣意的姿勢の例は枚挙にいとまがないく、もう全く信頼できない。

今、警戒感と自粛意識を薄くすることは危険なので、特に感染者数にフィーチャーして報道を行うことは理解できる。恐怖で自粛を選ばせる事は全体の利益に繋がる。

だが、一部の報道機関は、この感染者数の増加を一方では死者数が減っているし致命的な結果を招く割合は下がり続けているという状況を伝えることなく、人々の恐怖感を政治的に利用している。

情報制限し耳目を塞いで起きながら、恐怖をあおり、その恐怖の矛先を自らが望む方向へとむける論調でいる事が、私が報道機関を信じがたくなる理由だ。

コロナに関しては興味も、情報取得に割く労力も高いから、矛盾や嘘に気付けるが、他の興味が薄い案件であれば、私も騙されてしまう事があるかもしれない。

そう考えた時、複数報道機関の、必要であれば海外ソースをも見て、それぞれに深度に差がある角度付の報道を見る必要を感じることになる。そうでなければ、矛盾に気付くことができない。

結局、変わるべきは我々国民

良い報道とは

  1. どのようなニュースも取捨選択する事なく報じる。 (だが、新聞テレビなどは、紙面時間などリソースが有限であり難しい)
  2. 報道は、事実のみをまず述べる。 (記事解説なくして時事への受け手理解が深まらない側面も確かにある。全ての人間思慮深い訳ではない)
  3. 起こった事実や結果に対して複数の相反する専門家意見を付記する。 (都合のいい専門家のみを登場させすぎているが、複数専門家を常に登用するコストも安くはない)
  4. 自らは主張を持たない。 (現状は、角度をつけるなどと言って憚らない位で、大きな問題だ)

こういう事だと考えるが、限りなくこれに近い事が出来ているのは、現状ではNHKだけだろう。

世の中の事ってのは、何か一つだけを見ていればいい程簡単ではないし、様々な情報意図的に我々が取得するべきだ。

恣意的に角度をつけて誘導しようとする報道NGを突き付けて、必要情報多角的に取得して、論理的帰結を考え、合理的判断を下す事を多くの国民が出来れば

報道機関の側で変わらざるを得なくなるだろう。いいように操れて多額の利益を得られてしまっている間は、報道機関に変わることを期待するのは難しい。

アフターコロナ世界で、メディアを改めて査定すべきだろうと強く思う。だが、同時に我々は自分たちについて考えるべきだ。

報道機関を信頼出来ないという事実は、翻ってみれば、我々自身のお互いの知的能力を信頼出来ないという事でもあると思う。

国民が変わっていくためには、やはり大事なのは教育だ。もっと家庭での教育学校での教育改善していくべきだなと感じる。結局は、そこに帰ってくる。

2021-07-22

anond:20210722142136

多角的視点が見たいと思っている人間が、

政治的傾向が左に偏向してる人が多いと言われているはてぶで、何で人気コメなんか見てるんだろう?

そんなところで人気のコメントなんか見たって、だいたい左に偏ってるに決まってるだろ。

はてブの人気コメント変更でよかったこ

はてブの人気コメント仕様が変更されて建設的な意見かどうかで重み付けが変わったようだ

もとより自分はくっだらないダジャレを書いてそれが上位に表示されることが嫌いだった。

多角的視点からコメントを期待して開いたのにダジャレ、こんなアイコン/名前なので気になります関係ない話の大喜利...etc

今回の変更でよかったなと思う点が一つあって、もはや元記事なんかと関係のないスターをもらうことが至上主義人間可視化できたことだ

どういうことかというと、今回の変更そのものほとんど回避されてしまっているのもあるのか建設的なものが上位にきている印象はない

しかしくだらないブコメで目立とうとする人間が「ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•」のような文言を入れることで文字数の嵩増しと回避をしている。

これは非常に助かって、このような目立つためだけにブコメをつけている人間ミュートするのに非常にいい

2021-07-07

最近はてなが糞溜になってきてる

このところ特に顕著になってきているのが、早い段階で攻撃的なコメントが星を集めてから、その後にID付きの反論コメントがついて星を追い上げるパターン

じゃぁ反論コメント良識があるかというとそうではなくて、それはそれですごい極端な意見だったりする。

それが何を意味してるかというと、いまのはてなでは思慮深く多角的物事を捉えられているコメントが誰の目にも留まらない状況になっているということ。

まり、どっちがくさいうんこ投げられるか大会の会場に成り果ててしまった。

勝手想像だけど、今まで他のSNSでイキってたようなガキンチョ(世の中ではい大人と言われるようなやつら)が流れ着いてきてる感が強くて見てられないんだよね。

先日、古参はてな民がいなくなってるというやりとりが何ターンか続いてたけど、運営がこんな状況を野放しにしてたらそりゃそうだろなって思う。

ましてはHAGEX氏の事件があってからこうした状況は沈静化していくどころか加速していく一方にしか思えなくて、もしかして運営無能なんじゃない?っていう気持ちしか湧いてこないんだよね。

最近国語力の増田とかを吊るしてるのを見て、ユーザーユーザー勉強しないなって不安になったばかり。

日本死ね国会まで行ったことに運営は喜んだのかもしれないけど、あの辺がターニングポイントになってはてなリークとかディベート(笑)が増えたけど、優良な個人コンテンツが輩出されることがなくなっていってるようにしか思えない。

それがはてな方針というならそれまでだけど、早い段階でよっぴーさんからブコメ素行の悪さは指摘されていたわけで、1はてなユーザーとしては残念でなりません。

これからうんこ投げ頑張ってください。

2021-06-25

読売オンライン記事がひどすぎる

この記事

コロナ存在しない」荒唐無稽な主張するグループも…誤った情報、大量に出回る

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210621-OYT1T50049/

コロナ存在しない」という荒唐無稽な主張をするグループ存在するが、

疾病対策センターCDC)が公開しているウイルス写真確認すれば、デマと分かる。


写真があるというだけでは存在証明しないよね

写真があるから存在している」ならSTAP細胞存在していることになる

つの情報だけではなく多角的視点から情報を整理して提示するのがメディア役割でしょうに

自分コロナ存在否定派じゃないけど日本メディア科学リテラシーの低さはあきれるレベルだわ

anond:20210624223340

作品責任以前に自己選択から逃げてる人らの集まりからな>腐女子

書いてる連中は現実逃避だろうけど、

その理屈が通るなら絵日記だって現実逃避なっちまうよ。

自分自身の何かを別の形に変換して客観的にとらえ直すのは、物語基本的機能だ。

そうすることで冷静になれたり見えなかった側面が見えてきたり、感じ方が変わったりする。

創作腐女子場合は信頼できる仲間からフィードバックも期待できるだろう。

目の前の現実への対処真剣からこそ、多角的で柔軟な付き合い方ができるんだよ。バカ正直に正面からぶつかるしかできないのは、言うなれば現実迎合

原作へのリスペクトとか、書いた内容とか、それ以前の段階でコケてると思う」

十把一からげで語るのは解像度が低いと思う。実際には十分なリスペクトを持ってやってる人もいる。

創作をやっていること。好きだと思う得るものを読んで、感想を書くこと。

そのすべてが自己選択に他ならない。

逃げてる人らの集まりなんていない。実態直視することから逃げている人らはいるかもしれない。

2021-06-18

anond:20210618184705

まぁそれと同時にロボットエレベーターとか操作できるようにするための規格も作ってるから多角的にやってるんでしょ

2021-06-17

anond:20210617201727

姓の選択にモヤって… なかなかに気骨ある真剣さに好感が持てる。

「妻に怒られた」は、はてブ人気コメントにあるように色々な可能性があるよな。

女性に叱られるのが屈辱とか、女性を盾扱いしてるとか、世間女性への甘さに相乗りしてるとか、女性責任押し付けてるとか、女性に謝るつもりはないアピールとか…

個人的には証拠が少なくて発言だけではなんとも判断出来ないと思う。妻の尻に敷かれる夫みたいな、ジェンダー的に不平等関係性って幼い頃から多角的に少しずつ刷り込まれから内面化された構図はすっかり透明化しちゃって後から気づきにくいことがある。議論のすえに「どう差別なのか」結論が出なかったとしても、注意深くみんなで気にし合う姿勢を維持するのには、意義がある。たぶん。

仕事ができない

30代なかば、2年ニートの末就活し、今までの職と全く違うエンタメ系の会社に入ってしまったが、

明らかに自分能力ではついていけていなくて毎日辛い。

入社し1年半経つが、毎日失敗続きで俺より後に入った奴らのほうが仕事をたくさん任せてもらってる。

頭が悪い多角的に考えることが苦手、思慮が浅い、記憶力が悪い)

ものすごく不注意でケアレスミスが多い(検査を受けて、軽いADDである

自己判断して失敗する

コミュ障相談ベタ

パッと思いつくだけでこれだけ欠点がある。

頭が悪いのは正直もうどうにもならんだろうと思っている。

ガキのころから国語テストは得意だけど、感想文やモノを考えるってことが本当にできなかった。

努力で直せそうなことからやってくしか無い…。

新社会人からニートになるまで関東暮らして、仕事がうまく行かなくて悩んでたところを親のすすめで東北地元に帰ってきていた。

地元はつまらないけど、生活費はかからないし親元に居れば生活保証されてた。

親には再上京することを反対されていた。でも俺は受かって舞い上がってたんだな。

反対を押し切って出てきてこれ。

エンタメ業界って楽しそう、だけで踏み入ってしまって本当に後悔している。

採用してくれた人にも申し訳ない。

ツイッターではリア充見下して訳知り顔でイキってるくせに、現実社会では何も役に立たないのは俺って・・・コト!?

次の契約更改、このままだと更新するかわからないと言われている。

努力しないと後がない。すべてこれまでの人生における努力不足が招いたことだが、つれえわ。

2021-06-02

陰謀論

陰謀論って、信じる奴は馬鹿、みたいな論調あるじゃん

実際Qアノンみたいな話は俺もどうかと思うし、

陰謀論信仰が高じて反科学・反医療主義に陥ったり、

妄想現実の境目がなくなって統合失調症みたいになるのは問題だと思う。

 

でもさ、じゃあ「陰謀なんてない」のか?

というと、そんなことないよな。

陰謀論否定することは、「すべての公式発表は事実とする」ってことだよな。

政府がシロと言ったらシロ。

ケネディ暗殺オズワルドの単独犯。

ホワイトハウスが盗聴なんて知らないといったら知らない。

森友加計桜も安倍が知らないと言ったら知らない。

どんな不審死警察自殺と言ったら自殺

 

本当にそんな世の中なら、ジャーナリズムなんていらないのにな。

もちろん現実、そうじゃないと皆知ってるはずだ。

陰謀は、ある。

確かな証拠はないかもしれないけど、証拠がない=潔白ではない。

から陰謀を疑うことに関して、まるっきり否定するのは間違っていると思う。

結局、政府公式発表だろうが、陰謀論だろうが、盲信することが愚かなのではないだろうか。

我々はどんなことに対しても、できるだけフラットに、多角的考察し、疑い続けなければならないのだ。

2021-05-17

anond:20210516225443

ごめん。

俺もわかってないのではてな民はできたらバカにせずに教えてほしい。


単なる一般市民としての自分としては、高度な科学は何が正しくて何が正しくないのかは自分判断してないし、実際判断できない。

ワクチンは信じてるし、陰謀論には傾倒してないし、QAnonはひどいと思う。

でも自分がそう思ってるのは、朝日新聞とか毎日新聞とか権威のある新聞から多角的情報を得たり、著名な科学者の権威を信じてるから

彼らが専門の訓練を受けて、種々の精査を学会で受けてると信じてるから

でもこれってそういった権威基本的に盲従してるだけなので、自分権威主義者だと思ってる。

でもはてなの人はそれを権威主義者じゃないって言ってるのかな?

それとも自分みたいに著名な人や新聞を見るだけじゃなくて全人類はあらゆる点で専門家並みに努力をしなければならないしそう努力しなければならないって言ってるのかな。

自分バカからできれば教えてほしい。

釣りじゃないし、皮肉って言ってるわけでもない。

2021-05-03

anond:20210503104236

この辺も哀れなんだよなあ。

el-condor 彼等の普段の振舞から考えると有り得ないと言い切る根拠はない。深掘りしてみる価値はありそう

oka_mailer どこか報道機関が掘り下げてほしいな。

いや、まず提示された資料をよく見て、無心に考えてみようよ。

この辺のおバカな振る舞いは、森友事件あたりから何も変わってない。

資料を読めない、もしくは単一の角度からしか見れない。

本人たちは事象を「多面的」に見ているつもりで、どこから見ても政権が悪いように見えてしまっているのだろうが、それって結局「多角的」に見れてない証拠なんだよね。

致命的だよ。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/b.hatena.ne.jp/entry/4702059276052123970/comment/tekitou-manga

2021-04-23

ムシキング相手にするな

自分推し登録者数で他を上回っているからとマウント取るヤカラは界隈で「ムシキング」と呼ばれ忌み嫌われているよ(本家ムシキングには風評被害)。

深淵を覗き込んで深淵になることはない。

Vtuber本人が数字を直接的に気にしている様子はあまり見ない。

特に箱内では先輩後輩の関係の方が重視されているっぽい。

ボイスの売上やライブの動員数など、他の評価値も内部から多角的みえているだろうし(本人にはわからなくても社員から伝わるものはあるかと)。

ただ外部コラボのために登録者数を伸ばしたいというVtuberは見かけた。

まり人数に差がある状況でコラボすると「数字を吸っている」と誹謗されるからかな……身内や同時期デビューの親しいVtuber相手には登録者数の差を気にしていない様子だった。

そういう意味ではこれも界隈の悪い風習が影響している。

本人には風船みたいに中身がない可能性もある数字より強みと自信をもってほしいんだけどね。

https://anond.hatelabo.jp/20210421191717

2021-04-19

[]不滅のあなたへ 二話

一話目が主観目線希望のない荒野を映し出したのに対して、二話目は完全に客観目線なので感情移入より社会派を目指したのかな、という冷静な目線に立ち戻ってしまう。要するに突き放した目線で見てしまう。内容もナショジオなどで取り沙汰されたクマリの儀式を模したもので、作中の価値観は極めて現代的な「自由」を標榜したもの

人身御供などの題材は普通洗脳下における人物感情の無情さ、無機質さ、怖さが必ず絡んでくる。あるいは逆に、そうまでして守りたい信心というあらゆる意味多角的文化を捉えなければならないものでもある。今回はそうした重みのある題材を軽々しく作品にしてしまった。こうしたものの取り扱いには現地の倫理観という優先すべき事項も存在するわけで、外人であるほぼ西洋化した日本人感覚で語ることは、本来まり歓迎すべきことではないように思える。タンクトップの女も民族衣装的ではなく、歴史を正視するノイズになっている。

一方(原作未読だが)二話以降は感情の伴わない神が送り出した物体少女との不思議交流がメインとなるわけで、感情が伴わないもの感情豊かなもの、死なないものと確実に死にゆものの対比が描かれる。そう考えると歴史的に行われる人身御供巫女儀式は全くメインではなく、視聴者が感じる旅情感と作品のメインモチーフである「人であることとは」という現時点の問いかけに全力で振り切っていると言い換えたほうが適切なのかもしれない。それならなぜ重たい背景を持つクマリをあからさまに題材にしたのかという疑問点は残るが。

2021-04-03

呉座と「男性皆殺し協会」を通じて盛り上がるネットモラル上ゲーム

特定規準を以て他者非難した人間は同様の規準を以て非難されるのを甘受しなければならない。とまあ、そういうルールですよね?それはある種の「覚悟」であって尊ぶべきものに相違あるまい。

呉座氏の件では論点が多岐に渡るため必ずしも採用される道徳倫理とか他の言葉に置き換えてもよい)規準一定ではない。私が思うに根本規準は呉座氏が北村氏を中傷していたのはよくないという程度だったろう[※1]。しかしま関係者含め他のことも非難していたりするわけで、その根本規準を外れたのであれば新たな規準を示したと考えざるをえず、その新規準はその新規準を用いた人間にも適用される。

そしてなんと今回(結構前)めちゃくちゃ大きなアップデートがあったのである

北村紗衣・北守・牟田和恵・古谷有希子各氏の過去発言|喜多野土竜|note

簡単に言えば、約10年前に北村氏が男性皆殺し協会マニフェスト北村訳:男性根絶協会マニフェスト)を翻訳して、「『セックス』で検索してくる人がたくさんいるのだが、だいたいひっかかってくるのはヴァレリーソラナスの『男性根絶協会マニフェスト』の翻訳だろうから、見た人はびびるだろうね!楽しいな!」と書いたのが問題視されるべきだという内容の話である

あ、いや、喜多野氏は「保留」と言って逃げているので、もへもへ氏やMGTOW NEWSが、もしくはこの件で批判されるべきだと言っている一部はてなユーザー達が規準アップデートしたと言うべきか。

もちろん、訳しただけで問題だと言っているわけではあるまい。実際、MGTOW NEWS過去部分的に訳して説明を付している(https://archive.ph/2QksL何故かMGTOW NEWS消滅してしまった)。その中で、当マニフェストに対する否定的見解は「フィクションに登場する悪役、はたまたブラックすぎるジョークのように思える」という部分以外にオウム引用して暗に否定している部分だけである。加えて次のようなツイートをしている。

ミグタウニュース MGTOW NEWS @MGTOW_JP

本当は「みんなが幸せ社会」を実現したいだけなのに、なぜか誤解されて叩かれがちなフェミニズム

本当は、男性も”解放”するのがフェミニズムだということを知ってほしいので、

今回はヴァレリーソラナスさんが創設した

#男性皆殺し協会 

とっても素敵なマニフェストについて紹介します!!

https://archive.ph/A6lfs

もちろん、これは皮肉であるしかしこのような調子ツイートであっても問題はないということをMGTOW NEWSは示している(ダブスタなんてするはずないからね)。換言すれば「このような悪質な憎悪文書を茶化し結果的矮小化することは不謹慎だ」という非難はそれ単体では適用できないということだろう。ということは多角的分析せねばなるまい。

なお、MGTOW NEWSは何故かこのツイートを削除してしまったので魚拓での引用とさせてもらう。

北村氏の翻訳記事はいったいどんな内容だったのか

記事自体は削除されたのだが、なぜかわけのわからん怪しいサイトで拾えたのでそれを真実勝手にみなして話を進めていく。セキュリティソフトが発動したのでちょっと不味い気がするが、気になった人は文章検索すればヒットするよ。さて、北村氏はマニフェストについてどう言及していたのだろうか?

…(前略)…基本的にはレズビアンパレティストの立場から男性抹殺を主張するものである(?!)。ソラナスによるとこの文章辛辣風刺目的としたもので、別に本人は男性を本気で皆殺しにする気はなかったようだ(ハムレットも芝居の中で結婚している奴を皆殺しにすると宣言していたが、別にしなかったし、そのノリとたいして変わらん)。ただしソラナス本人は子供の頃から性的虐待を受けており、…(中略)…"cut up"を「抹殺」だと原文にある去勢イメージがなくなるから「根絶協会」のほうがいいと思う。

なお、私は別にこのマニフェスト賛同しているわけではない(いや、男の人大好きですよ!とくに女装している時はね)。単に風刺文として面白いと思っているのと、日本語訳がないのと、クリスマス休暇中は図書館しまっちゃって時間があくから訳してみるだけである。一方でこのマニフェストに書かれているミサンドリー(男嫌い)的な内容は、現代大学で読まれているような哲学芸術史上重要とされているいろいろな論文に現れているミソジニー(女嫌い)に比べればそうたいしたことないんじゃないかと思っていることも確かであるこの論文はたしかイカレているが、初期キリスト教関係の文献とか、私が研究しているイギリスルネサンスアンチ女性パンフレットとか、現代の「未来派マニフェスト」なんかのイカレっぷりに比べてそう突出しているとは思えない

太字が批判的、下線部が肯定的(?)な部分である

とりあえず、「内容に賛同しているわけではなく、イカれたミサンドリーを含む文章だが、一方で風刺文として面白くまた過去現在ミソジニーを含む文章と比べてそう突出しているわけではない」という感じだろう。

すなわち、今回作られた新規準によれば(1)イカれていて(2)ミサンドリーから(3)不賛同先に断っていても特に免罪にはならず断罪されるべきだと言うのである

ではMGTOW NEWSの紹介記事とは何が違うのだろうか?「風刺文として面白い」のように少しでも価値を認めた時点でダメなのだろうか(なお風刺文として面白いというのは的を射た風刺だというのを意味ないらしいのに注意。後述)?もしくはミソジニーテキストと比べてそう突出していないという論評がどっちもどっち的な矮小化を思わせてよくないのだろうか?それはさておきもう2箇所程引用して少し検討してみよう。

しかし、二パラグラフからヴァレリーソラナス自身男性嫌悪が匂い立ってくるようでまったくすごい…のだが、これは人生において一度はブスだったことがある女性しか書けないとこである気もする。実は私はこのあたりはかなり読んでいて厳しい。

北村氏は一気に全文翻訳したのではなくかなりの回数に分けて翻訳している。これは2回目の翻訳の時の説明。この少し前に「あまりホラーっぷりにちょっと笑いがとまらなくなってしまった」とあり言葉は軽いが男性嫌悪の勢いに着いていけない感じがうかがえる。引用後半部分はそれとは別の感慨だが。

この反ヒッピー論は私はなかなか頷けるところもあると思うのだが…ヒッピーコミューンとかが基本的男性中心的、異性愛中心主義だっていうのはよく言われていることじゃない?ここ二回ぶんくらい、表現が非常に下品なだけでソラナスの言うことが結構まともな気がするので、興味深いがちょっと諷刺の切れ味は鈍っている気がするな。

ちょっと前に「なお風刺文として面白いというのは的を射た風刺だというのを意味しないらしい」と書いたのはここにかかる。まともだと風刺の切れ味が落ちるということは風刺として面白いというのはもしかしたら褒めてないかもしれない。

ここは一部同調している箇所で他にも同様の反応が何箇所かある。逆に「相変わらずヒドい」と書いてある場所もある。…とまあおおよそこんな感じである

さて、最後北村氏の態度についてまとめておこう。

引用文書について(1)イカれた差別文書と認め(2)不賛同を表明しているが、(3)一部で論の価値を認め(4)他の差別文書相対評価している。

新規準を整理しよう

とはいえ喜多野氏やもへもへ氏らはどこに言及すべき価値見出したのか具体的に説明していないので何とも言い難い節はある。実際具体的にどのような態度で引用翻訳していたのかについての論評はない。つまり直接的に言及引用されている内容を中心に彼らの取る規準を見出せばとりあえずこんな感じではないか

中核の評価基準

(1)悪質な文書引用文書性質項を満たせば自動的認定される)について引用し(2)その攻撃性を軽視しているように見られかねない発言をしていた場合(3)その発言10年前程度の範囲内であっても問題である

引用における態度

(A)差別または憎悪文書と論じ(B)否定的評価イカれたなど)を下し(C)不賛同を表明する一方で、(D)部分的価値を認め(E)類例と並べて相対化している場合は免罪されない。

引用文書性質

(a)(引用から)40年前の文書であり(b)差別または憎悪文書であり(c)内容も過激で(d)本人が殺人未遂を起こしている。

とりあえずキタ規準とでも呼んでおくとする(北村氏にも喜多野氏にも適用されないので不適切名称かもしれない)。「中核の評価基準」「引用文書性質」はこれより悪質性が高い場合問題視され、「引用における態度」はこれより良心的であれば責任は軽くなるという感じで、総合考慮されるべきだということになるだろう。ただし、何度も繰り返すようだが「引用における態度」については喜多野氏らは特段触れていないことに留意必要ではある。ここを入れないと逆にキタ規準適用されるもへもへ氏らに酷く高度な道徳規準適用されるのが不憫なため考慮に入れるのが妥当だと考える。

ところで規準で時期を考慮することに不満を持つ人もいるかもしれない。「中核の評価基準」において時期を考慮するのは、1つはやはり価値観の変遷が大きな理由だ。例えば女性事務職という考えはすこぶる差別的だが過去に遡ってそういう発言をした人間断罪されるべきとなれば過去人物はわりと断罪される(もちろんそういう考え方が過去にあったことを差別的な思想蔓延っていたと批判するのは否定しない)。するとやはり過去発言の方が悪質性は減ると考えるべきではないだろうか。とはいえ過去においても問題であった言行は当然問題であり免罪されない。もうひとつ時効という考え方だが、こちらは不同意の方も多いかもしれない。なお例えば森元会長女性蔑視的発言をした際に15年前の「女の人だなあ。やっぱり(視野が)狭い」という発言が掘り起こされたのは単にその人の一貫した思想態度に対する批判であって15年前だから擁護することはできないだろう。何にせよ、一見した感じ呉座氏批判については3年前に遡った程度らしく、北村氏が現在ミサンドリー発言をして10年前の言行が掘り起こされたというわけでもないので、単発で10年前の言動非難されるという新たな規準が定立されたと評価するほかないだろう。

引用文書性質」で一応時期を考慮に入れるのは少し違って切迫性の観点による。例えばどこぞの戦国武将の妻が「子供の1人でも戦死すればお家の名誉になる」と言ったのを称揚するのとどこぞの現役政治家が「お国の為に子供差し出すのが名誉あることだ」と言ったのを称揚するのではやはり深刻度は大きく変わる。

キタ規準の演習例題問題

というわけで架空の例題問題[※2]でどのように応用できるか考えてみよう。

アメリカ議会を襲撃して逮捕された人物発言引用しよう(訳は引用者)。

リベラルは超特大の馬鹿class-A moron)だ。いつでも自分達が正しいと考え意図に沿わない他者糾弾排斥する。自らを民主主義者の守り手と称するが、その実彼らは選民思想エリート主義者に過ぎない。弱者多様性を言い寛容を謳うが本性は非寛容で本当の弱者に対して無関心。アメリカを偉大さから引きずり下ろした犯人なのだ。今回もDSを支持し選挙を盗み民主主義だと嘯いている。彼らは引きずり出され、八つ裂きにされるべきだ。夜明けに連れ出され銃殺されるべきだ。」

彼はこの発言非難された際に冗談だと返しておりリベラルは本気で殺されるべきだと思っていたわけではないようだ。それにしてもこの発言からリベラルに対する憎悪が伝わってくる。彼は陰謀論者であったが、リベラルについての評には見るべきところがある。選民思想の持ち主だと喝破するところなんて的を射ていないか

今は例の議会襲撃者の発言ブログトップから別の用事で見に来た人はびっくりしそう。

いい薬だね

まず、引用文書は(a)最近発言で(b)差別かはさておき憎悪文書なのは間違いなく(c)射殺を言い出さすなど内容も過激で(d)本人も議会を襲撃しているという事情に鑑みれば悪質で切迫性も満たす発言問題だろう。

引用における態度では、(A)憎悪が伝わってくるなど憎悪発言であることが読み手に伝わり(B)発言否定的評価は薄いが陰謀論者という評があり(C)不賛同だと表明していないが同調してはいなさそうである一方、(D)部分的好意的評価をしている。ただし、(E)相対評価はしていない。ただ総合的に見るとキタ規準抵触する態度と言わざるをえない。

中核的の評価基準だと(1)悪質な発言を訳し(2)その攻撃性や悪質性を軽んじているように見られかねない態度を(3)最近取っていたので問題だと言える。

まりこのような発言キタ規準抵触するということになろう。もちろんキタ規準絶対のものではないが、甘受する「覚悟」を示した人間には当然適用される。まあ北村氏にも喜多野氏にも適用されないのだが。何にせよ尊い覚悟は敬服し記録するものである

MGTOW NEWSパラドクス

ところで繰り返しになるが今回北村氏を批判した人々はマニフェスト翻訳したという事実とそれに言及したツイートをもって批判している。であるから、ここで適切だと考えた規準はいささか正確性に欠ける嫌いがある。ここで言うところの「中核の評価基準」で論じるべきかもしれない。しかしMGTOW NEWSも同じく男性皆殺し協会マニフェスト引用し「とっても素敵」と茶化し皮肉を言っている。これは「その攻撃性を軽視しているように見られかねない発言をしていた場合」と言えなくもない。

所与の条件である今回の批判者は過去発言と直接的なダブスタをしていないは動くわかげないので困った話である。これをMGTOW NEWSパラドクスと言う。これを解消するためにこの論考では別の項目、特に引用における態度」の項を作り表面上逃れることとした。だが後続者の皆さんには正面から向き合ってこの点をブレイクスルーしていただきたい。

終わりに

小学生並みの感想を言うと何にせよモラルが向上するのは良いことだと思います覚悟がある人がモラル寄与するんですね。いいと思う。それは呉座のいいね欄を遡ってる人でも北村氏の件を非難する人でも同様である。その覚悟は敬意をもって記録されるべきだ。

けど、自分は直接の誹謗中傷でなければ遡っても数年くらいかなって思うので私に対してはそのくらいの基準批判してもらえると助かるかなあ。その範囲でならリツイートだろうとスターだろうといいねだろうと謝罪するので…。ダメですかね。




[※1] ここはみんな合意してくれると思うんだけど中傷ではないという意見の人もいると思うので次の増田で詳しく説明しておきたい。

結論を言うと、容姿揶揄したと見るか全く言わないようなことを言っているかのような風聞を流したと見るかどちらかにせよ中傷であるという結論だ。

[※2] 一応元ネタは何個かあるが、1つはトランプ政権で大規模な選挙不正は無いと言って事実上の更迭をされたKrebsに対してトランプ大統領の弁護士diGenovaが冗談?として言った”that guy is a class A moron. He should be drawn and quartered. Taken out at dawn and shot.”

2021-04-02

anond:20210402142842

君が初めてなにか情報が足りない事について知識を得たいってなったとき判断する基準はどれ?

①みためがいい

②そういう情報をもってるってうわさをきいたことがある

③そういう事については信頼できるって人が認定してる

④自他ともに認める専門家

どれでもいいけど、まず自分が得たい情報について確度をあげたり品質の高いもの判断するにあたって多角的に答えや知見がもらえる人って何番かな?

ネットは④かな いくらでもでてくるよね その筋の専門家研究第一人者執筆ぼやきもでてくるよね

2021-03-28

anond:20210328203356

いろんな人と語り合って多角的視点を得るのが正義なの?

2021-03-10

anond:20210310125222

「考える」って気軽に言われるんだけど意味するところが多岐に渡りすぎててほぼ正しく伝わらないんだと思うわ。

そう言ってる俺だって、気がついたら20年くらいなんだかんだ数学周りを勉強したりそれを利用して仕事したりし続けてるけど、その部分のイメージ言語化するのはかなり難しい。

安易に口にすると「多角的に考える」とかそういうやっぱり全然伝わらない言い回しなっちゃうし。

2021-03-01

anond:20210228021045

都市から切り離された理想郷か、貧しくて積極的地域での交流・協力を必要としていてかつそれをしている家庭か、の2つがあったとして継続的安心が予想されるのは後者でしょ


内部でおかしなことになったり内部での調整がおかしくなった理想郷で何かが起こっても誰も止められなさそうな所と、その家庭だけでは足りなかったとしても助けを外部に求めて集団における秩序に従って解決策を求めてくれそうな所と比べたら、将来の不安がより少なくなるのは後者じゃない?



養子に出すのに子供部屋とかおもちゃとかきれいに残ってるお金持ちだけど高い塀で遮られてる男声2名の住む家と、隣近所とあけすけに繋がってる庶民アパート多角的人員構成家族と比べたら、後者のほうがいいと思わない?



だれのどんな幸福を祈るかによると思うけどさ

2021-02-20

古文漢文をやったことに意義を感じない

全然役立った気がしないぞ

確かセンター古文満点だったし、漢文も1ミスくらいだったから、少なくとも「古典が大の苦手」ってことはない あんなんカン結構読めるしな

でも、ホントになにかに活きた感じが全然しないのよ

俺の「活きた」のハードルはかなり低い

ナショナルジオグラフィックとか見てて、森の中にひらけた場所があるのが映ったとき「あ!ギャップだ!ヤッター!」と思えればもうそれは活きた判定になる

そうすると、かなり色々活きてるんですよ

現代文:評論文を読もうという気になれる 漢字が読める 問題に使われた小説を読もうと思う

歴史:フィクションの下敷きになってる史実がわかって楽しい

科学:科学番組を観てて楽しい 擬似科学を警戒できる ドクターストーン的な作品をより楽しめる

英語:洋楽を聴いて楽しめる 洋画を原語で見ると楽しい 英語インターネットを楽しめる

数学:日常のなかでちょっとした確率計算とか測量の真似事みたいなことをして楽しめる お金計算にも役立つ

 

ほら、ホントに色々役立ってるんスよ

古典文法くんさあ……君はなんだい?

俺が日本史に興味薄いかそっち系コンテンツに触れることが少ないっていうのももちろんあるけど、それにしたって活かす機会がなさすぎる

枕草子パロディでウケられる」みたいな話を古典学習メリットとして出してくる奴いるけど、枕草子くらいのメジャー作品って逆に古典時間あんましっかりやらなかっただろ!

あいうのはむしろ中学校の初期とかにサラサラっと通すだけなんだよな そのころの教科書にはだいたい結構しっかりした現代語訳も載せられていて、ホント入り口っぽい感じの運用なんだ

で、そういう体験ツアーみたいな感じで読むメジャー作品の話しか出てこないんだよマジで 古典の話するときはさあ!

とりかえばや物語とか落窪物語とかそういうのもやった記憶はうっすらあるんだけど、ホントにうっすらした記憶なんだよな

なぜならクソつまらなかったか

古文ってほとんどカスだな……昔の日本人ゴミだったのか……」みたいなことを思いながら読んでた記憶しかない

からいからつまらないとかじゃなくて、文意をしっかり解釈できた上で、「で?」という感想しか残らないんだ

つうか、かきつばたを見て都を思い出すのはいいけどよ、そこで「この気持ちを歌にしよう、そこにかきつばたの頭文字を織り込もう!」ってなるのがホンマに気色悪いね

マジでキモいんだよな キレそうになる

ミュージカルじゃねえんだから気持ちをいちいち歌にするな 薄ら寒いねん 俺はもっと自然感情の発露が見たい

歌が技巧的だと「こいつこんな小手先テクニック弄してる余裕あるし、実は全然感情動いてねえだろ」ってなる

逆にシンプルな歌だと「クソつまらんヘタクソな歌だ、こんなん読むくらいなら黙ってた方がマシだろ」ってなる

和歌文化ホントに心から嫌いなんですよ マジで気色悪い 死んで欲しい(もう全員死んどるか!ガハハ!ざまあみろ!!)

友蔵心の俳句本質が同じなんですよね オッサンが事あるごとにヘッタクソな俳句を詠んで聞かせてきたらマジでぶち殺したろかと思うが、古文読んでると常時その気持ちになる 常時

あと、なんかムダに引用みたいなのを会話に織り込んでた記憶もある 内輪ネタへのリファレンス=賢さみたいなノリ本当にキモい 淫夢ネタゲラゲラ笑ってるのと何が違うのか

本当にカスなんだよな古文

そんで漢文だよ

漢文、さすがにバカでけえ中国産なだけあって内容はやや面白いことが多い そこは認めよう

でもこう、なんつうか、儒教的?すぎるんだよな

基本的オチというか教訓が読めるんだ この展開ならこういう教訓を引き出す方向に行くだろうっていうのが容易に読めてしまう こぢんまりと纏まってるんですよね サプライズがない

そんで、あの形式をわざわざ読めるようになる意味マジでまったく感じられない

返り点とか漢文の授業以外で一切見たことねえもん 最初から書き下して出してくれればいいじゃん

古文にも共通する話だけど、漢文ってもう増えないじゃん いや、増やそうと思えば増やせるだろうけども、増やす意味がない

中国語をそのまま読むわけでもなく、かといって日本語でもなく、なんなんだ?マジで

というか、機械的に書き下せるものをワザワザあの若干読みにく形で出してくる意味マジでからない

漢文自転車でいうところの補助輪みたいなもんだと思ってるんだけど、補助輪つき自転車トラックをビュンビュン走らされてるような違和感がある

ガッツリやりたいなら補助輪をとれ 軽くやりたいならそれなりの軽さにしろ 半端やねん全てが

つか、内容、古文よりマシとはいえ意味わからんのも多いしな なんか突然神仙要素が出てきて、昔の中国ってこんなノリなんだ〜…ホーン…と思いつつ終わることが多かった

何が言いたいかからなくなってきた

とにかく、古文漢文文法からガッツリやるようなものではないんだよな

それよりスペイン語でもやったほうがいいですよマジで スペイン語やったらイタリア語ポルトガル語あたりもうっすら分かるようになるし、英語への理解もより多角的になる感じあるもん

¡Que mueran los hatenars! ¡Os odio!

ホラかっこいいじゃんスペイン語

朝ぼらけとか言ってる場合じゃないですよ、マジで

 古文死ね ああ古文死ね 古文死ね

  つまら和歌を 詠むんじゃないよ

マジでこんなクオリティ和歌ときどき出てきてたからな 問題用紙破り捨てたくなるもん

俺、なんなら古文なかったほうが先人への尊敬度高かったと思う

古文いくら読んでも軽蔑の念しか出てこないんだよな 垣間見文化とかもキモいし、とにかく全体的にキモすぎる 

あと平安あたりだと都なんかに住んでる貴族しか出てこないのも腹立つ 所詮金持ちボンボンどもが暇にあかせて遊んでるだけやんけ

本当に嫌いなんだ俺は

2021-02-19

大学入試共通テスト古典問題が凄かったので解説させてほしい

タイトルの通り。筆者は高校教員で、いま業務が少しだけ落ち着いていて分析する暇が出来たので、次年度以降の入試対策のために解き直してみたのだが、新テスト方針をすごい形で問題として体現していたので、なるべくわかりやす解説していきたい。


わかりやすとはいえ大学入試古典問題について突っ込んで書くので、もし興味(と古典知識)があったら実際に解いてから読んでみてほしい。

問題解説予備校分析などは以下から参照。解けなくても解説や、現代語訳と設問を見るだけでもいい。


予備校

https://www.toshin.com/kyotsutest/

https://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/kyotsutest/21/


ちなみに大学入試センター問題作成方針はこっち。

https://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00038406.pdf&n=R3年度大学入学共通テスト問題作成方針(令和2年6月30日一部変更).pdf


以下は教員仲間とのディスカッションメモを元にしているから内容はかなり専門的かもしれない。それと、自分の専門は古典ではないので専門家から見れば細かい部分で雑だと思うが許してほしい。


まず、第三問の古文

センター試験から変わると事前に予想された、複数文章や会話形式選択問題はなかった。

本文(「栄華物語」)は妻を亡くした夫の哀しみについてのしみるストーリーだが、新傾向の問五が回答することによって本文の感動・深みをよりしみじみかみしめられるようになっている。これが非常に素晴らしく、「文学的文章入試問題かくあれ!」と感じた。いとあはれなり。


・具体的には、問五では本文中の和歌X(妻の死の悲しみを無常観を引き合いにして慰める歌)とそれに対する返歌Y(無常の教えなど今は悲しみが深くてとても考えられなかったよ、という返歌)に加え、本文とは異なるXへの返歌Z(無常の教えは肯定するが、それでもなお悲しい、という趣旨の返歌)を問題は示している。

・問いとしては、本文とは異なる返歌Zの存在を指摘し、Y/Zの内容を比較したうえで正しい説明を選ばせるというもの

これは表面的には和歌を中心とした複数の出典の内容を読解するという新傾向問題であるが、作問者の意図はむしろ文学的文章の鑑賞」つまり作品の情趣や感動の理解」に重点があるのではと感じられた。

・本文のストーリー的なキモは、妻を亡くした夫が、この返歌Yを書き終えながら「こんな悲しみにあってなお私はこんな冷静に返歌を書けているわけだが、それならこれから数ヶ月、数年と徐々に時間が経っていけば、私はこの悲しみをいつか忘れてしまうのではないだろうか」と考えるところにある。そして、亡き妻との思い出をまた振り返るところで、出題の本文は終わっている。

・問五の正解の選択肢⑥「和歌Yは、世の無常ことなど今は考えられないと詠んだ歌だが、そう詠んだことでかえってこの世の無常を強く意識してしまった長家が、いつかは妻への思いも薄れてゆくのではないかと恐れ、妻を深く追慕してゆく契機となっている」。この説明は、本文の感動を得るための入り口を示すものとして非常にすぐれた一文であると感じられる。さらには、本文の内容が古文学習における重要概念無常観」と繋がっていることに自然と気づくことができる。現代人にはなじみの薄い「無常観」という価値観が、悲しみと共に実感を持って感じられてくるだろう。これを正解として選べた受験生は、本文の「あはれ」を回答前よりも深く感じられたのではないか。(少なくとも自分は深まった)

・「こんな問題作れたらキモチイーだろうなぁ!!!!」と同業者的(?)的におもった。


・また、過去試行調査でも、本文と同一内容の文章だが異なる出典で差異のある文章を出題する、本文異同研究や異本系統研究といった国文学研究のよくある題材を意識させるものがあった。今回の出題も「栄華物語」とは異なる返歌が「千載和歌集」にあるということを指摘した問題である。新傾向で問う能力古文の中で定義した結果が、人文学研究的な意味での「思考力」ということかもしれない。(これは友人で一生敵わないんじゃないかってくらい優秀な国語教員が、試行テストを見て上記のようなことを半年前に言っていたのを思い出したから言ってる。持つべき者は優秀な友人である


これだけでも十分すごいが、続いて漢文

こちらは長い五言詩と短いエピソードを記した漢文で、いずれも馬車を操縦する「御術」に関するものという点で共通テーマ文章ふたつの出題である


・新傾向の問題は問三の押韻と内容理解を組み合わせた空所補充問題と、問六の2つ文章の内容正誤問題

とはいえ、問六は二つの文章の内容合致問題であり、多くの予備校などが予想していたものと大差ない印象。

・対して、問三は感心するくらい出来の良い問題で、複座的な視野を持ち、落ち着いて整理しながら考えるという多角的思考力が要求される。

漢詩押韻知識で、5択の選択肢をなるべく削るところまではセンターと同じセオリー通りの知識問題しかしそれで絞っても選択肢は残り三つ。

・そこから正答を選ぶためには文章Ⅱの読解と漢詩の読解ふたつを重ね合わせる必要がある。この二つの重ね合わせが難しく、よく考えられている。

文章Ⅰの空所補充については、該当部分を訳せば「四本の脚は馬についているとはいっても、その脚の速さが遅くなるのは御者である私の【X】のせいである」という感じになる。ここの【X】に入る候補「心」「進」「臣(臣下・わたくし、の意)」。

・該当部分の漢詩の訳ができていてテクニカルに解くなら、この時点で文脈判断して「心」が正解は出せる。(予備校でもそのように解説を打ち切っている)。

しかし、そもそも選択肢に上がっているのは文章Ⅱに入っている字なのであるしかも、いずれも馬の御し方の神髄について述べるところに選択肢の漢字は入っている。

受験生を惑わすのは、文章Ⅱの内容が「馬を早く走らせる条件」となっていて、その中に「心」「進」「臣」という字が傍線と記号付きで強調されていること。つまり受験生心理としては、文章Ⅱの内容が正確に理解できていないと「進」「臣」が誤りなのか判断しづらく、疑心暗鬼になるように作られている。あるいは、先ほどのテクニカルに導いた回答と矛盾するような内容がここに書いてあったら……という心理を誘発する。

・よって受験生文章Ⅱを慎重に読解せざるを得ず、その中で文章Ⅱを精読してゆく。同時に文章Ⅰとの共通点を探りながら、最終的に文章Ⅰの内容を考えて空所補充の内容を決定する。このような思考過程要求される(というよりも問題から誘導されてゆく)という問題構造が、出題者の作問力が並大抵の出来ではないことの証左である


このように、古文漢文ともに「受験生思考力を求める」という建前のもとで「受験生を深い読解へと誘導してゆく」「受験生思考多角的ものに仕立て上げる」問題に仕上がっているのは驚くべきことであり、事前の予想を超えた完成度の高さだった。

また、問題によって誘導した思考迷路の中で、その読解の深度や多角的視野に立って考えようとする態度の有無を測ろうとしている。能力の低い受験生ならこれだけの思考を繰り広げることはできず、中途半端な読解や類推に頼ってしまうので確率的に正答率が下がるが、問題誘導する深い思考対応できる受験生は自ずと正答へたどり着けるよう適切に迷路設計されている。学力を測る目的大学入試問題としても適切である

センター試験からの積み上げがあるとはいえ、「言語を手掛かりとしながら,文章から得られた情報多面的多角的視点から解釈」するという方針を、古典という題材を用いながら、新テスト実施初年度で見事に実現させたのは、高校教育の成果というよりも大学入試センターおよび作問者の作問能力の高さや学術知識の豊かさが結実した結果であると思う。高校教育現場から、惜しみない賛辞を送りたい。



2月22日追記

・思ってた以上に反応があったので、書いてよかったと思いました。ありがとう自分にとっても、いろいろ考える機会になった。

・別記事で「古典義務教育で扱う意義について」の返事を自分なりに書いてみました。

https://anond.hatelabo.jp/20210222160532

この記事みたいな筆の乗り方はないし、教育制度についても専門とは言えないが……

古典の魅力はもちろん語れるんだけど、他の科目と同様にそれは万人に共通でない、というのが義務教育のむずかしさであり、教員にとっては腕の見せ所でもあるとは思っています

古典が嫌いな生徒に古典を学んでみたいと思わせることが、自分の授業の到達目標でもあります

・あと、改行のやりかたを学んだのでついでに上に付して見やすしました。

文学的感じ方を入試に出さないでほしい

文系の連中だって微分積分の深みとか行列演算の感動とか最初から拒絶してるだろ

わかるやつはすんなり理解するけど、わからないものはわからないんだよ

こちらの書き方が悪かったなら申し訳ないけど、「感じ方」は出題されていません。あくま論理的に、勉強した成果を発揮できたら「あはれ」を感じられるような構成になっている、というつもりで書きました。

よくある誤解だけど、国語入試はとことんまで「論理的に」答えが出るように作られていて、必ず本文中に根拠があるし、その根拠と解答をつなげるものは「感情センス」ではなく「論理」になっています

しかしたら昔はそうじゃなかったのかもしれないけど……。

入試問題批評だと「大学受験のための小説講義」「教養としての大学受験国語」が面白かった

石原千秋の本は納得感高くていいですよね!どちらも自分現代指導根本にある本です。

解答して読んだ。長年古文から離れていたが丁寧な注釈と設問に助けられて理解できた。テクニック丸暗記ではとても太刀打ちできないが、当時の情緒を解する読解力があれば知識は最低限でも解ける良問だと思った。

解答までしてくれてありがとう!まったくその通りで、重箱の隅をつつくような部分もなく、古典学習におけるエッセンシャルな部分が試されていると思います

これは数学の同僚の先生に聞いたことですが、数学ⅡBでは指数問題でも非常に数学エッセンシャルな(そのぶんやや抽象的な)問題が出たのだとか。

共通テストについて、これまでの学力測定に加えて、より学問エッセンスを感じられるような方向を現時点では感じています実施されるまでの経緯がひどかったので、これについては非常にありがたい。

今回の共通テストセンター試験名前が変わったにすぎない。その程度の変革だったのだけど、もともとセンター試験がかなりよくできてるんだよ!国語でも随分前からちゃん多角的思考力を問う内容になってる!

そうなんです。ただ、今回の新傾向がそれをさら進化させたような代物で、ただただ凄いと思って、まずは同僚の先生に伝えようと思って書いたのがこの文章のもともとです。しかも、これまでと比べて劇的な変更と呼べるほどではなく、受験生にとっても取り組みやすものになっています

文系研究醍醐味を先取りできるテストってわけか。

それもあるし、これを見た高校先生は「知識だけでなく、学問的な思考方法を教えていく必要があるかも?」と授業を見直すきっかけになります

大学入試改革は、高校入試改革嚆矢としての役割を持っているので、この方向性国語の授業を探求性を高める方へドライブしてくれると思います

古文漢文って、歴史を学ぶだけで拾えない、当時生きていた人たちの生き様や心情を拾える学問なんだなあと思った。そう思うと大事やなー。未来人達に私達の心情とか踏まえて歴史理解して欲しいって思うもん。

こういう言葉を生徒から聞くために古典を教えているんだと思います

今回の内容はいずれ、授業にアレンジして生徒へ伝えるつもりです。その意味で、非常にいい「教材」になるのもセンター共通テストが良問であるとされる所以ですね。

anond:20210219024039

そういうことですわな

クズってのもそのごく一部の局面的なそれの「それだけただ一つの事例についてのみ多角的・他事例をみての評価を表見するとしてのクズ」なので

クズといえばすぐに全人格否定したり性別がどうのというわけでもない

他人に厳しくて自分あまいのは支え合う環境にあって評価が一番低くそ評価結果に伝達用の名前をつけるなら「クズ」をこちらが選んだというだけ

ただそれが全部わかって了承済みなのにかならずズレが発生する「かわいい」を使い続ける理念とか哲理とか信条みたいなもの元増田の言い分だけではわからんわな

べつに「あなたらしい」とかいう言い方でもいいだろうに「かわいい」と発言表現を伝達する相手自分との関係性と自分自身に酔ってでもいるのだろうか

かわいい」でしか言い表せない絶対的現象が目の前で発生しているのだろうか

だろうかってったってそれが発生してるからそうなんだろうけどね

でもかわいいっていったらブチギレて全然可愛くなくなるからかわいい」って発言するたびに可愛さ喪失してるけどそれがかわいいのか

かわいいという瞬間をキャッチしたらすぐ逆切れリリースしないといけないのか

はたまたかわいいと言ってそれを聞いたらブチギレて何もかも台無しにしてまうことが必要であるからこその「かわいい発言なのか

どれだけの損失がその先に待ち構えていようともそれがその瞬間には「かわいいであると断然言い切りだれかに伝える必要があるというのか

なにがどうかわいいのかを説明できるくらいにはなってほしいね

聞く側として よくわからんから

2021-02-11

主観客観が逆転するワケ

A「〇〇ってどうなの?」

B「そんなの×××に決まってるだろ」

A「でも、△△のときは……じゃない?」

B「関係ねーよ。×××しときゃいーんだって

…みたいな例を考えてみれば分かるように、人とまともに会話ができない『B』からすれば『A』は「話が長い」。でも実際には、何かを人に説明したり人を説得したりするとき、簡にして要を得た発言ができるのは多角的に物を見ている『A』の方。一方、ダラダラと主観的愚痴を垂れ流して無駄に話を長引かせるモンスタークレーマーみたいことするのは『B』の方で、つまり実際に「話が長い」のは『B』。

anond:20210211074846

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん