「クレジットカード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クレジットカードとは

2017-12-16

anond:20171216100932

かにそうなんだけど、少なくともATMに行ってお金を引き出す手間は増えるので、「クレジットカード出してサインすれば即解決」よりはましだと思う。欲しいものを見つけたけど、それが財布に入っているお金じゃ足りない場合、「あ、お金ないので下ろしてきます」っていったん商品の前から離れた方が「本当に買うかどうか」冷静に考え直すチャンスができるのではないかと…。ま、どうやっても欲しいものは買っちゃうって人は存在すると思うけど、それを買うために手間がかかる方が、多少なりとも無駄な買い物を減らせると思う。

せっかくシステム改修するなら何かしらカード使えるようにしてくれればいいのに

anond:20171216095232

レジ打ちの人が商品金額をどんどんPOS登録した後、支払は機械相手にやるってやつ。支払方法現金でもクレジットでもポイントカードでもOK

これ読んで思い出した。

近くのスーパーが長年、現金のみ支払だったのが、この前レジシステムの改修を行った。

「おお、いよいよカードが使えるようになるか?」と期待したら

支払は機械相手にやるように変更されただけで、支払方法は相変わらず現金のみだった。

んで、タイトルの通り。

勝手な推測だけど、クレジットカードしろ電子マネーしろ手数料的なものがかかってしまって、それが商品価格転嫁されることを店が嫌ったのだろう。

anond:20171216100145

自分は残高に関係なく、高額商品の支払とかで現金を沢山持ち歩きたくないときデビットカードを使っている。別に残高ぎりぎりまで使うような使い方を推奨する気はまったくないけど、リアルタイムで残高に反映されるのが良いと思っている。クレジットカード派とかで自分の手持ちのお金以上に使ってしまタイプの人には残高の範囲までしか使えないようにする方がましかなと思っただけ。あと、クレジットって使ってから2ヶ月後とか忘れた頃に引き落とされるところがキライ。

anond:20171216081627

コンビニとか駅の売店とか、少額の買い物で小銭ジャリジャリやりたくないときは確かに電子マネー便利だと思うけど、個人経営の小さなお店とか電子マネー対応してないところがまだまだたくさんあるんだからしょうがないじゃん。

あと、電子マネーとかクレジットって、お金使ってる実感が薄くなりがちだから節約には向いてないと思う。物理的に財布からお金が出ていって、「残りが少ないかピンチ!」みたいな実感がないと金感覚の甘い人はどんどん使ってしまうと思う。っていうか電子マネークレジット推進派って、店員の手間を省くだけでなく、客の財布のひもを緩めるためにやってるんじゃない?あと、クレジットは店側も手数料取られるし、現金が入ってくるまでに時間がかかるので、ある程度の高額商品で使ってもらわないとあまり喜ばれないのではないかと思う。

個人的に最強だと思っているのはデビットカード自動精算機。デビットカードだとクレジットカードと違ってリアルタイムで口座からお金が引き落とされるので、残高を意識やすいし、残高以上の金額は使えない(担保定期預金とかあれば別だけど)。自動精算機ってのは、私がよく行くスーパー採用されているんだけど、レジ打ちの人が商品金額をどんどんPOS登録した後、支払は機械相手にやるってやつ。支払方法現金でもクレジットでもポイントカードでもOK。店側では釣銭を用意したり売上金を回収したりする手間がかかるけど、おそらくそ作業ごと精算機を管理している業者やらせてるんじゃないかと思う。特にレジ行列ができてるときに、時間かけて小銭を探したりする客待ちをしなくていいのは素晴らしいと思う。

2017-12-15

PCデポのあれはレンタルでも割賦でもない、という話

タイミングを外しているような気もしますが、PCデポ契約の話を書きます

始めに断っておきますと、私はPCデポ関係者ではなく、ステークホルダーでもなく、取引先でもなく、顧客でもありません。100%完全な部外者です。社会正義弱者救済といったお題目はなく、100%好奇心PCデポ問題を見ています。外部から分かる範囲理解し、この文章を書いています

PCデポ炎上して云々、とうのは改めて説明するまでもない話だと思います。昨年の大炎上から1年と4ヵ月経ちました。しかし、未だに「PCデポ契約を解約しようとしたら高額な解約金を請求された」という話がちらほら見られます

PCデポ批判する言葉には枚挙がありませんが、「契約の内容はどうなっているのか」ということに踏み込んだ人はあまりいないのではないかと思います調査不足でしたらすみません)。

契約の内容が分からないのにどうやって批判するんだ、というのが私のスタンスですが、どうやら「分からないこと」を論拠に批判するのが流行っているようです。

そこで、何かしらの一助となればいいと思い、私なりの解釈を紹介したいと思います。私もただの野次馬の一人ですので、正しいとは限りませんのでそこはご了承下さい。

また、この文章あくま契約に関する解説を試みるものであり、誰かを批判するために書いたものではありません。そのためPCデポ批判するトーンは極めて弱くなっています。当然思う所は色々ありますが、それを混ぜると趣旨がぼやけるので今回は省いています

まずは、簡単PCデポトラブルの源泉である、「プレミアムサービス」にまつわる話をおさらしましょう。

サービス一体型商品

サービス一体型商品」はIR文書等に出てくる名称で、お店のホームページなどでは出てこないかと思います言葉の通り、機器販売サービスを一体化した商品です(余談ですが、「商品」という言葉対象が物でなくても使います)。

これは非常に重要概念で、PCデポ契約がよく分からなくなる原因の一つでもあります契約上、「サービス一体型商品」とは物理的な製品なのか、それともサービスなのか。これも後ほど解説します。

サービス一体型商品」には大きく分けて2種類あります。主にパソコン対象とした「プレミアムサービス」+「デバイス追加オプション」と、スマートフォン対象とした「JUST PRICE FON」です。名称は違いますが、基本的に同じものと考えて差し支えないと思います

プレミアムサービス

プレミアムサービス」とは、要するにサポートサービスの定期契約です。契約時に登録した機器について、分からないことがあればPCデポスタッフ相談できるというサービスです。1台プラン、5台プラン10プランなど対象機器の台数を増やすプランがあります(他にも増える内容がありますが、ここでは置いておきます)。

3年契約が基本です。

複数台のプラン場合契約時に2台目以降の機器登録する必要はなく、後で追加する形で登録できる仕組みです。そのため、1台しか機器を持っていないのに10プラン契約した、という大炎上の主因となる現象が生まれました。

デバイス追加オプション

デバイス追加オプション」とは、「プレミアムサービス」のオプションプランです。単体での契約はできません。契約時に指定した機器を頭金なしで受け取れますプレミアムサービスに追加する形での月額料金が設定されています

プレミアムサービス」では既に所有している機器、または新規で購入した機器登録します。一方「デバイス追加オプション」では、機器リストから選び、新規に購入(?)してそれを登録するという形になります。「デバイス追加オプション」では機器の代金は支払いません。代わりに「デバイス追加オプション」の月額料金が「プレミアムサービス」の月額料金に追加されます

このオプションの肝となるのが、「機器の代金を支払わない」ということです。PCデポは「デバイス追加オプション」の料金を機器の代金だとは一切言っていません(少なくとも契約上は)。契約は、「この月額料金を払うとこの機器が使える」です。ここも注意が必要です。

プレミアムサービス」の契約時に、「iPad無料で使える」というようなセールスを受ける場合があるようです。実はこれも「デバイス追加オプション」の一種です(便宜的にそう扱いますが、PCデポ内部でどう分類されているかは分かりません)。

JUST PRICE FON

「JUST PRICE FON」は、スマートフォン格安SIM、「プレミアムサービス」のセットです。セット内容に格安SIMが入るのが特徴です。2年プラン、3年プランがあり、3年プランの方が長い代わりに少し安く設定されています

「JUST PRICE FON」については、料金設定が高いため商品としての魅力に乏しいということ以外に特段問題はないかと思います

解約金について

さて、PCデポ問題と言えば解約金なので、これについても少し触れておきます

PCデポ契約の特徴は、高額な解約金にありますPCデポ問題≒解約問題となる主な原因はこれです。一部の契約にはトラップまで仕込んであり、お客さんが憤怒するのも無理ない部分もあります

これは「解約金」であり、「違約金」ではありません。言葉遊びと思われるかもしれませんが、満期での解約でも発生する場合があるため、違約金と捉えるのは正確ではありません。満期での解約なら追加の料金は発生しないのが一般的ですので、誤解が加速します。

あらゆる場合に解約金が発生するわけではありません。例えば、「プレミアムサービス」だけの契約や「JUST PRICE FON」であれば、満期のタイミングに解約すれば解約金は発生しません。

発生するのは「デバイス追加オプション」の解約時です。金額契約内容によって異なり、「iPad無料」などは満期時なら無料になるケースが多いようです。一方で、高額なMacなどは基本的に数万円の解約金が設定されています。手元にある資料では、84ヶ月目の金額まで記載されていますものすごく変な感じがしますが、「そういう契約」なのであり、「デバイス追加オプション」は解約時に解約金が発生するのが基本設計であるしか言いようがありません。

この解約金ですが、「デバイス追加オプション」で受け取った機器を「譲渡」すると免除される仕組みがあります付属品が全てそろっており、完全に動作し、大きなキズがない状態、という条件が付いていますが)。

原則的に解約金は発生する、ただし「機器譲渡した場合、これを免除する」という特約が設けてあるイメージかと思います

「解約時に返却を迫られる」という風に捉えられることが多い仕組みですが、解約金を払うのが本来契約で、「譲渡」はオプションであると言えます

「JUST PRICE FON」については問題ないと書きましたが、こちらは一度満期を迎えると解約金がゼロになります。それ以降は復活しません。「デバイス追加オプション」と比べればかなり健全です。ただし、中途解約は許さないと言わんばかりの高額な解約金が設定されていますお勧めしません。

プレミアムサポート」+「デバイス追加オプション」の解説

ここまでは契約書等に直接記載されていたりして読み取れる内容ですが、ここからは私なりの解釈を入れ、少し踏み込んだ解説します。

クラウドストレージセキュリティなど、単体で完結するサービスについては特に問題はないかと思いますので、ここでは「プレミアムサポート」+「デバイス追加オプション」について扱います

この契約は、「機器ゼロ販売」と「3年間のサポート契約」がセットになったものです。私はそう解釈しています

デバイス追加オプション」では機器の代金は請求されませんが、長期間契約を結ぶことでそれを補う形になっています。このことから機器を割賦(分割払い)で購入していると考える人が多いようです。しかし、実際は異なります契約には、月額料金を払う旨の記載はありますが、機器の代金を払うという旨の記載はありません。割賦販売なら支払い計画と利息が示されるはずですが、それもありません。つまり、「デバイス追加オプション」は割賦販売ではありません。

少し余談ですが、小売店クレジットカードを使わずに割賦販売をする場合、通常はクレジット会社サービスを使います。「ショッピングクレジット」や「ショッピングローン」といいますクレジットカードを持っていない人でも割賦が利用できます。この場合クレジット会社がお店に代金を支払い、お客さんはクレジット会社お金を払います。「デバイス追加オプション」はPCデポに直接お金を払うという契約ですからPCデポはこの仕組みを使っていません(そもそもその書類を使っていないので考慮する必要もありませんが)。

デバイス追加オプション」はクレジットカードで支払いをするのが基本ですが、ここでも機器の割賦は行われていません。「毎月、月額料金が請求されている」ということからも分かります

割賦販売ではないという捉え方は、とても重要ポイントです。不可解に思える点が理解できるようになります

よく「解約金の金額に納得できない」という不満が出るのは、ここの誤解もあると思われます。つまり、「○ヵ月払ってきたんだから機器の代金の残りはもっと少ないはずだ」というものです。

割賦ならそうです。しかし、割賦ではないため「機器の代金の残額」というもの存在しません。解約金の根拠となるものは、契約規約規定された内容のみになります

一度満期を迎えた後に月額料金が変わらないのも同じ理由です。「機器の代金の残額」が存在しないため、「完済」という状態存在せず、別途設定されていない限り月額料金が下がる理由がありません。

下げるべきだ、という主張が聞こえてきそうですが、私もそう思います。ただ、現実はそうなっていません。

もう一つ、レンタルではないのか、という話もありました。これも明確に違いますレンタルである場合機器店舗在庫になります。つまり決算上で資産が増えますしかし、レンタルであると考えられるような資産の増え方はしていません。

「実質レンタルである」と「レンタル契約である」は全くの別物ですので、レンタルという言葉を使う場合は注意した方がよいかと思います

機器は誰のものか」という所有権問題もありました。これはレンタルではないというところから契約のものであると考えるのが自然です。一部の書類店員説明で「返却」という言葉が使われているようですが、不正確というか間違いだと思います。ただ、きちんと規約で定めていないように見受けられるので、大丈夫なのか他人事ながら心配になります

まとめると、実は「プレミアムサポート」+「デバイス追加オプション」は複雑な契約ではないことが分かります契約者は機器を受け取り、契約間中プレミアムサポート」と「デバイス追加オプション」の月額料金を支払う、契約はそれだけです。「分からない」と繰り返す人は、難しく考え過ぎているのではないかと思います

サービス一体型商品」とは物理的な製品なのか、サービスなのか、と冒頭で書きました。答えは、サービス商品です。なぜこんな回りくどい仕組みを作ったのか疑問ですが、そのヒントが「売掛金」にあるのではないかと私は考えています

もし次回があれば、その売掛金について書こうと思います

シドニー風俗にいってきた

初めてオーストラリアに来たのだが、オーストラリア女性めっちゃかわいい

小さくて白人なのは素晴らしい。もちろん日本に比べたらでかい人もいるけど、アメリカみたいに無駄に大きいわけではない。

泊まってたホテルの受付の人とか、めっちゃ小さくてかわいかった。3日目ぐらいのオフィスから帰ってきて、挨拶したとき、鼻の頭が赤くなってたので、どうしたん?って聞いたら、昼間ビーチ行ってきたから焼けちゃった、とかいうのも、とても可愛かった。というか、今夏だから皆薄着なのもいい。

そんなわけで、可愛いオーストラリア女性にゃんにゃんするために、そのようなお店に行くことにした。さすがに、その辺の子を捕まえるわけにはいかない。幸いオーストラリアでは合法のお店がある。情報源Webしかないのだが、golden appleという店を選ぶことにした。シドニーアジア系の店が多いみたいなのだが、それは意味がない。移民の大半がアジアだということはある。

お店は、kings Crossという駅の近くにあった。めっちゃひっそりとしてるので、見落としそうになるけど、看板が出てるので探しだせた。地下が入り口になってる。中に入ると、受付のおばちゃんがいて前金制。結構店の中は小綺麗でちゃんとしてる感じ。クレジットカードも使える。amexは使えなかったけど。30分220AUD(約二万円)中に入ると女の子達がソファに座ってて、好きなとこに座る感じ。どういうシステムなん?と隣の子に聞くと、ここから女の子選ぶだけだよ、何か飲む?って聞かれる。そして代わる代わるに女の子から挨拶される。

というか、黒人系が三人、アジア系の子がひとり…まじかオージーガールおらんやん…と一瞬戸惑った。前金制なので誰かは選ばないといけない。いや、黒人の子アジアの子可愛いんだけどね。

特にアジアの子は、私日本に住んでたことあるー、ってめっちゃ愛想がいいし、小さくて可愛い。ここがオーストラリアじゃなければ、間違いなくこの子を選んでる。どうしようかと、ビール飲みながらしばらく様子を見ることにした。黒人だと思ってたけど隣に座ってた子は中国人だそうで、何年オーストラリアにいるの、って聞くと15年とか…何歳だこの人。アジアのちっちゃい女の子は、私、お台場ガンダムたことあるよーって絡んできてくれる。君よくしゃべるね(早く決めてよ)みたいなことを言われつつ、時間つぶしてると、一人の女性が戻ってきた。白人だ!さっそくどっからきたの?って聞いたら、オーストラリアだと。おぉ、これだ!と思ったのだが、めっちゃ背が高いし、腕中入れ墨だし、特に絡んでも来ないし、正直、お、おぅという感じ。正直アジアの子のが可愛いのだけど、ここまできたんだし…とオージーガールを選ぶことにした。

じゃあ準備してるから待っててね、とどこぞに消えていく。黒人の子が、運がいいね黒人ばっかりの時間も多いよ、って言われる、いや皆可愛かったから選ぶの苦労したんだよ、と言っても、ハイハイという感じに。

さて、オージーガールと個室に行くことに。感覚的にはドイツのFKKだね。ビジネスホテルみたいな部屋だった。

しかし、この子愛想が悪い。シャワーの準備できたからお風呂浴びてきて、とか、私飲み物(私の)とってくるから、と結構適当にあしらわれる。胸にもピアスがあって、あんまり触らないでね、キスもだめ、と何か少しずつ醒めていった。

自分相手がノッテル感じじゃないと、自分も感じない人なので、正直あまり立つ気配もない。向こうはゴムつけて、とりあえずブローを始める。うーん、いけるかなこれ、って感じ。ブローしてる姿みたらキレイな子ではあるんだけど、興奮あんまりせんなぁ。じゃあ入れようか、騎乗位がいい?バック(doggy)がいい?と聞かれる。あれ、正常位って英語で何て言うんだろ。とりあえず騎乗で、というと、フニャッとしてるものを何とか入れてくれた。

やっぱりセックスって共同作業じゃないと気持ちよくないんだなと思いつつ、でも出さないわけにはいかんから、正常位に。(i"ll be on youみたいな適当なこと言った。)

もっかいブローしよか?と聞いてくれたけどいや、いけそう、と答えて何とかフィニッシュ。こんなもんか。終わるとめっちゃ愛想よくなった。

1日何人くらい相手してんの?と聞いたら、日によるけど今日は多いよ、六時から15人くらいこなしてる、と言ってた。

じゃあまたね、と最後玄関から出て終わり。

それが1時間前の話。明日の朝のフライト日本に帰る。

2017-12-14

落とした携帯が戻ってきた

から駅までのほんの2,300メートルの間にiPhoneを落とした

つい最近手持ちのクレジットカードを何枚か登録しておいたところだったので血の気が引いた

落としたであろう道や駅のホームを2,3往復したが見つからず、一旦帰宅してパソコンからiPhoneを探す」で探してみたけどオフラインにしてたので役に立たず、家族に連絡してドコモに利用停止の電話をお願いして届けを出すために交番に行ったら、自分iPhoneが既にあった

もう本当に拾ってくれた人、ありがとうございました

から交番まではまあ近いけどそれでも行って届けてまた戻ってしてたら20分は下らないだろう

平日の朝の忙しい時間帯にそこまでしてくれる人がいるなんて

ぜひお礼がしたいと思ったけど辞退されていたようで、どんな人だったかもわからないのでここに書いてみた

大阪南部です ほんとうにありがとう

2017-12-07

anond:20171207225643

本質が同じなら対応も同じじゃないの?

本来のレートより上乗せしたレート使うとか

……かと思ってたけどたぶん違うわ

ビットコイン現物ないんだから電子決済になる訳じゃん?

だったら決済業者の換金レートで両替されて売上は決済業者から振り込まれるんじゃない?

クレジットカード外国為替決済と同じだと思う

2017-12-06

自分は嫌いだから禁止して欲しい

って記事最近多いけど、

俺は納豆嫌いだからから滅んでほしいとは別に思わない。

嫌いだから食べなきゃ良いし、離れてれば問題ない。

こんな感じにはみんななれないのかなー。

しかしたまにこの食べ物は嫌いな人でも食べれるよ!って言って来る人が人がいる。

余計なお世話だと思う。

だがたまにほんとうに美味しいか曲者なのである

人生はほんとうに何があるかわからない。

ちなみにテレビ芸能人が嫌いなものを食べてこれなら私でも食べられるってやつは半分以上は嘘だから気を付けるように。

テストに出るから

そういえば嫌いと言えば最近クレジットカードしろっていう流れがあるな。

全部クレカにしたら駄菓子屋さんで小銭握りしめて選ぶやつは出来なくなるのかな。

それともクレカで小銭と交換してやるのかな。時代の流れだし、まあそこは仕方がないと思うが。

お菓子で思い出したが 

ちなみにおやつは500円までです。

500円って結構おやつ買えるよね。

量を取るか質を取るかはやはり問題だね。

こういうのは経営学で習うよね。

最近10時間ざっと学べる経営学とか

時間で学べるみたいな本あるけど

あれって時間内にできるやつ少なくない?

あいうの無くしてほしいんだよって話でした。

本質的には「キモいおっさん問題なのに「金がない」がつくのは、キモいおっさんに残された救済手段は金しかないということなのだろうが、クレジットカードCM世間の人がホリエモンに反発したとおりお金で買えないものはいっぱいあるのだよなあ。

急に結婚願望が湧いてきたが、いくら金があっても無理臭くて震える。

2017-12-05

SUICAの残高

PASMOもそうだが、恐らく使い切れるであろう金額チャージして、

できるだけ残高を残さないようにする。

使用するのは主に電車を利用する時として、半端に残ったらコンビニ等で使いきる。

以前Edy付きのクレジットカード盗難に遭ったからだ。

被害額はEdyの1万円弱と、カードでのキャッシングで、

被害額はEdyのそれだけだった。

SUICAPASMOで残高が少なくなったら直ぐにチャージする人もいるようだが、

個人的にはしない事が、犯罪に対する予防というか対策だと思ってる。

なので、デビットカードは所持する気になれないな。

今持っているクイックペイカード盗難に遭ったら被害届申請で、保険適用になるとは思うけど、

デビットカードはどうにもならないのでは?と思ってしまう。

話がそれてしまった。

小銭を用意する必要が無い便利さは有るが、キャッシュレスは時として危険だと認識している。

世界ではキャッシュレス化が進んでいる。

2017-12-04

屋台キャッシュレスQRコード物乞い? 中国電子決済が爆発的に普及

https://thepage.jp/detail/20170727-00000007-wordleaf

利用者アプリを立ち上げ、店が提示するQRコードを読み込めば決済が完了します(アプリの種類などによりやり方は異なる)。クレジットカード既存電子マネーと異なり、店側の負担も最小限で済むわけです。

日本遅れてる…

2017-12-03

深センに行ってきたがディストピアにしか見えなかったけどな

イラ昨日深センに行ってきたんですわ。広州から電車深センに入って、深センから香港経由で日本に帰ってきた。

そしたらタイムリーなことに深セン行ったら日本ヤバイと思ったっていう↓の記事がバズってて、だけどオイラの見て感じたことと相当違うなと思ったんで忘れないうちに感想を書く。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53545

あなたは今から書くことを読んでも深セン希望を見ることができるだろうか?


1. そもそも中国には通信自由がない

これはよく知られている話だけど、深センではGoogle, Facebook, Twitter, Line等の資本主義国のWebサービスが大半使用不能。

旅行blog深セン情報を読もうと思っても、閲覧制限があるようでLivedoor blogfc2 blogは参照できなかった。

かといって百度日本語現地情報検索しても、フィルタリングがかかっているようでスカスカ情報しか返ってこない。

記事の筆者も当然この状況を見ているはずだが、これでも深セン希望を感じたのだろうか?


2. そもそも中国には移動の自由があまりない

深センへは日本から直行便が少ないので、広州経由で深センに向かったわけだけどもやたら難儀した。

直線距離だと100km程度で、日本で例えるなら東京宇都宮間ほどの距離

最近中国では全土に高速鉄道が走っているので、そいつを使えばわずか30分で着く…のだけれども。

外国人鉄道チケットを事前予約するのはできないので現地の駅で切符を買う必要があるので広州南駅に向かったのだが、

自動券売機は、中国身分証を読み込む必要があるので一切使えない。窓口に並んで切符を買う必要がある。この窓口の待ち時間が異様に長い。

さらに、中国鉄道全席指定になっているので、当日券を買おうとしても4時間後の便しか買えなかった。

しかも、鉄道に乗る前に待ち受ける身分証確認手荷物検査行列続きで非常に疲れた

深センについた後も地下鉄の移動前にはX線スキャン荷物検査があり、非常に面倒だった。

どうやら中国では鉄道日本でいう飛行機のような存在で、気軽に利用できる乗り物ではないようだ。


3. 華強北の電気街は規模こそ大きいけど多様性はない

記事でも言及されていた深セン電気街、「華強北」。オイラも行ってきました。というかこれ目当てで深セン旅行を決めたんだけどね。

で、実際に行ってみて、結論から言うと「失望」の一言に尽きるかと。

かに規模は大きいよ。ヨドバシ秋葉レベルビルが何棟もあって、秋葉原の高架下にあるような個人店がぎっしり中に詰まってるんだから

だけど売られている商品多様性がないんだな。店が100店舗あっても大半がスマートフォン販売 or そのアクセサリー

USBケーブルに充電器、交換用のバッテリーSDカード、こんな商品を扱う店が9割くらいを占める。

もちろん、Foxxconの横流し品であろうスマートフォン機構部品を扱う店や、顕微鏡片手にスマートフォンの基盤修理をしている店のようなマニアックなのもあったんだけど少数派。

さらに、オイラの期待していた「深セン」でしか買えないエッジのきいたもの、例えばbitcoin採掘マシーンとか評判の高い中国メーカー短波ラジオのようなものは皆無だった。

まあ、この辺はオイラの探し方が足りなかったのかもしれないが、表通りに立ち並ぶ店の品ぞろえは日本とそう変わるものではなかった。


4. 最新の決済インフラ外国人には利用不能

QRコードの読み込みで決済ができきる「微信支付」は銀行口座と紐づけが必要から外国人簡単に利用できないよ。

イラもいろいろ試したかったんだが泣く泣くあきらめた。

仕方ないから町の人の使う様子を見ていたんだけど確かに普及はしている。レンタルサイクルや駅の売店で使っている人はすごく多い。

ただし、屋台の支払いでも普通に使われているかというとそうでもないよなという感じ。

日本ヤバイ遅れている」を強調するために話を盛っているような気はする。体感的には日本駅ビルテナントでのSuica決済と同程度の印象。


5. 深センにないもの香港にはあった

日本に帰るために、深センから国境(香港返還20年たってもまだ残っているのだ!)を徒歩で超えて香港に入った。

香港の街並みは深セン広州と比べるとどこか古臭く見える。駅も狭いし、鉄道車両も年季が入っている。

だけどここには自由があった。Googletwitterfacebookもすべて使える。DMM18禁サイトすら自由に見れる。

地下鉄を乗るとき手荷物検査存在しないし、外国人オクトパスカード(香港Suica)を買えるし、クレジットカードの普及率が高いので、商店で気軽にキャッシュレス決済ができる。

中国本土に居たのはわずか数日のことだったが、香港では深センにない自由を感じたのだった。

大げさな表現かもしれないが、独裁国家から自由の国にやってきた気分だった。


昨日まで現地に居たオイラ感想は以上になるが、あなたはこれでも深セン希望を感じるだろうか?

2017-12-01

バイト先で女の子を泣かしてしまった

小中高とそれなりにうまく人間関係を築けていたと思う。

そして大学生となり舞台アルバイト先。

店長に呼び出された。

増田君、ミミミちゃんを泣かしたんだって?」


えええええええええええ

ひっくり返りそうになった。なんの話だよ、

ミミミちゃんは俺の2つ歳下だがバイトでは一年先輩の女の子だ。

むちゃくちゃ可愛い。先輩だが俺の中ではバイト中の癒やしであり天使だ。泣かすはずがない。

店長によるとミミミちゃんは俺に説教をしたのだがそれが伝わってないことが悲しくて(?)悔しくて(?)泣いたそうだ。

俺は本当に反省してたし誠意を込めて返事したつもりなのだがミミミちゃんには俺が聞く気がないように見えたらしい。


まじか。何だこの食い違い。

その後、店長に言われたこと。

・相槌が下手。

イントネーションに加え俺は相槌が下手らしい。「はいはいはいはいはい」とはい連呼しながら頷くのが俺の相槌のデフォ。これは相手から見たら全然話を聞いてないように見える。


例とは違うが代表的エピソードがこれ。

店長増田君、こないだクレジットカードタイプミスが多いって話し合ったよね。あれ自分のことだよ。ほらこれ、商品券のぶんもいれてるでしょ」

俺 「おおっ!なるほど!!!

ここで店長爆笑されてしまった。

普通は「すみません(ションボリ」とならないといけないらしい。このションボリというポーズ反省しているという意志相手に伝わるので実はとても重要だという。今回の俺の相槌は相手によってはかなり怒らせてしまうだろう。なるほどて(笑)


増田君には仕事を教えても伝わってる気がしない。たぶん訛りのせい。返事の元気は良いが全体的に会話が雑に感じる。普段仕事ぶりがそれを助長している。コミュニケーションポーズ大事で、例えば、ビジネスではメモを取っていなくても取っているフリをするのは常識


そういや終礼では何度か「バイト新人メモを取っていない!」と話題が上がっていたなあ。

あれ俺のことだったのかあ。

いたことに俺はメモを取らない人間だと思われていたらしい。

俺、メモ取ってましたよ(泣)

ただ人前では取ってなかったなあ。一旦、先輩の話が終わった後にメモを付けてた。

だって小学校でもノート先生が話区切ったタイミングで取ってたじゃん!話してる時は相手の目見なきゃじゃん!



さらに驚いたのがこれ。

ミミミちゃん「増田君、今日遅れてきたよね。Aさんに謝った?」

俺 「謝ってないです。」

俺はただ謝っていなかった事実を述べただけのはず。

だがミミミちゃんは、俺は謝る気無いぞと意思表示したように受け取ったらしい。

まじかよ。どこの漫才だよ。

店長曰く、ペコリと頭を下げ「まだ謝ってません。後で謝ります」と言うべきだったね(苦笑)と。




こういう俺の反応や相槌がバイト先の一部ですこぶる不評らしい。

そんなこんなで、俺は無自覚にミミミちゃんを泣かしてしまった。

女を泣かすやつは人類の敵。

つの間にか俺は巷で噂の唐変木のクソ野郎になってた。



まじかー。

いやー、まじかー。

かに俺は遅刻だったりミスしたり若干抜けてるけどさ、自分なりに頑張ろうともがく真面目な男の子だよ!?人生アルバイト四苦八苦してるわけさ。おっちょこちょいが偶にキズなのは認めます

でも俺、遅刻しそうになったときは2500円かけてタクシー乗ったんだぜ。時給850円で4時間しか働かないのにさ。しかもこれが二回あるんだ。みんな知らないけどさ。

ここじゃ俺より出来の悪いやつなんかいない。でも君らが思ってるような悪者じゃないんだぜ?

きっとまだ救いようがある小僧さ。間抜けだけどさ。



俺がそんな愚直な人間だとわかってたのは店長と副店長と齢を重ねた一部の主婦層だけだったらしい。

若手社員アルバイト特に歳下勢からクズと見られていたみたい。

つーわけで、アルバイトをやめることにした。誤解溶けぬまま。

収集付かなそうだし、こんな風に書いてるけど俺も店長と話してる時はショックで泣いたんだ。

店長真摯に話してくれたが、ところどころニヤニヤしてた。俺には申し訳ないが、面白くて仕方無いらしい。



反省すべきなんだろうけど、今の俺は事実解釈の差にただただ驚愕

というか俺ってそんな誤解を招く奴なんだ・・・

さっき食ったハンバーグが実は豆腐だったって聞かされて嘘つくなって心持ちだ。未だに信じられない。

まりよろしく思われていないのはわかっていたがここまでだったとは。



あ、ミミミちゃんの泣いた理由が正確にわかる人いたら教えてださい!

あとミミミちゃんがなぜ説教中に俺の目の前で泣かなかったのか(耐えていたのか?)も教えてください!

2017-11-29

プラチナカード 招待が届いた

聞いてくれ。

自分収入のことだからまり人にできる話ではないだが、

俺的には嬉しくて誰かに聞いてほしいことなんだ。

さっき家に帰ったら、某銀行プラチナカードの招待?紹介?の郵便が届いていた。

俺は、元々金遣いが異常に荒くて、

クレジットカード支払いを事故まくり20代の時にブラックリスト入りしまっていて、

クレジットカードは全くつくれなかった。

しかし、新卒でなんとか会社員になった俺は粛々と働いていたが、

相変わらず貯金はなかった。

信用機関ブラックリスト登録がたぶん消えたのも、つい2年前ぐらいだと思う。

そんな俺が、思うところあって、

仕事を思い切ってやめて独立したのが半年前。

収入はいきなり2.5倍になった。

死ぬほど忙しいが毎月月末に150万ぐらいギャラが振り込まれる。

そしたら、振込先口座にしている銀行からプラチナカード郵便が届いたというわけ。

クレジットカードブラックリスト入りした、という密かなコンプレックスがあった自分とは

今日でオサラバだ。

高収入の多いはてなーの人たちでは笑っちゃう話かもしれないが、

俺にとっては普通社会人として認められた自信が持てた嬉しい日なんだよ。

2017-11-28

クレジットカードICチップの汚れ・サビが取れない場合

クレジットカード金属の四角、ICチップ部分が汚れてしまった場合対処方法

革製の財布に入れておいたりすると、生地に触れてるICチップ部分が黒ずんだり、黒い斑点が発生したりしますよね。

これ、錆びのようにも見えますが、汚れです。

ATMクレジットカード支払い用の端末で読み取りにくくなる場合も。。。

タオルで擦ってみると落ちることがありますが、汚れが頑固な場合は、歯磨き粉をマッチ棒の先程極少量乗せてタオルで優しく擦ると綺麗になります

豆知識でした。

2017-11-27

クレジットカード払いについて

先日、服屋で買い物をした。

レジで財布を出すと「えっ現金払いですか?笑」と言われた。

なんでも最近カード払いをする人が多く、現金で支払う人は少ないのだそうだ。

「使いすぎちゃうのが怖いんですよねー」などと相づちをうちながら聞いていたのだが、

服を袋詰めしている間ずっと「珍しいですねー」「今時あまりいないですよー」と言われた。

店外へのお見送りの時までずっと「珍しいですねー」と言われ続けた。

さいことだがなんだかイラッとしてしまった。

服屋なので比較的支払い金額が大きくなることが多いので、カード払いをする人が多いのも分かる。

先日ニュース現金払い禁止にする国(?)があることも聞いた。

でも、そんなに何回もしつこく言うことじゃなくない?

じゃあどこかの国みたいに現金払い禁止にしたらいいじゃん。

カムカして「カード持っていないので買いません」て言おうかと思った。(言ってないけど)

(本人は忘れているが)その店員さんに何度か接客されたことがあったので、なんだかもやもやする。

これからも通いたい服屋なのに残念。

スタバクレジットカード決済

スターバックスで、たかだか400円の支払いにクレジットカードを使ってみた。

クレジットカード使えますか?」

「使えますよー」

サインいります?」(←もしサイン必要だったら面倒くさいか現金で払う覚悟

大丈夫ですよー(いりませんよ)」

結果、クレジットカード渡して5秒ぐらいでレシートもらって決済完了

小銭ジャラジャラやるよりよっぽど早くてラク。よし、これからスタバでもキャッシュレスだ。

一つ文句を言うとすれば、スタバのどこにも「クレジットカード使えます」って書いてないこと。

自社の電子マネー?と競合するからだろうか。

それとも、VisaとかMasterのロゴがあるだけでスタバ雰囲気を壊すとか、そういうことだろうか。

知っている人にしか使わせないという、軽い嫌がらせだわ。

現金主義

というか、日本クレジットカードを使える店が少ないのが問題かと。

カードが使えるかわからいから、現金の方が確実と言う知り合いもいる。

カードを使う・使わないは別にして、まずは使える環境を先に作って欲しい。

スマホ決済よりもクレジットカード決済を普及させてくれ

訪日外国人を本気で「おもてなし」したいなら、

観光地でのクレジットカード決済(VISA/MASTER)を普及させるべきだと思う。

ヨーロッパクレジットカード決済の普及率にはびっくりする。

歴史ある観光地大聖堂博物館王宮など)の入場料もカードOKだった。カード使える?って聞いたら「もちろんよ!」と返された。

サインじゃなくて暗証番号入力本人確認するから、それほど手間もかからないし。

ポーランドでは、路面電車停留所にある自動券売機カードが使えた。

屋根もない吹きさらしのホームに設置された、小さな白黒液晶パネルボタンがいくつか配されただけの武骨な自動券売機なのに、クレジットカードが使える。暗証番号用のテンキーも完備。

現金使ったのは、屋台ケバブとかアイスクリーム食べだときと、怪しいマッサージ店に行ったときぐらい。

いざという時のために現地通貨必要だけど、基本的クレジットカードで払えるというのは、旅行客にとってはすごくありがたい。

これ見よがしの「おもてなし」もいいけど、もっと実用的な金銭的な面でのインフラ整備を進めてほしい。

2017-11-26

楽天Edy必要性

マクドナルドでもSuicaが使えるようになり、

モスバーガーでもSuicaが使えるようになり、

さらには楽天カフェでもSuicaが使えるようになったいま、

楽天Edyカードを持つ意味はあるのだろうか??

自分がよく使う店舗で、楽天Edyしか使えないのって、マツモトキヨシプロントぐらいしかない。

小銭が増えるの面倒くさいし、それにEdyカード作っちゃったから当分は使うけど、もうなくてもいいや。

もっと沢山のリアル店舗クレジットカード決済に対応してくれれば、完全におさらばなんだが。

2017-11-24

スマホ決済が盛り上がってる中国でも、やっぱり現金が最強だった

中国上海を2泊3日で旅行してきた。

いままで台湾香港には何回も行ったことがあったけど、どうしても中国本土に対する悪いイメージが拭えずに(人の多さとか、サービス精神の欠如とか、大気汚染とか)、今までどうしても行く気になれなかった。

ところが最近、気が変わった。

思っているほど酷い場所ではないのかもしれない、と。

しろスマホやIT技術活用など、日本より進んでいる面もあるのではないか、と。


ほら、最近ニュースメディアでも中国独自スマホサービスを取り上げてるじゃないですか。

スマホアプリのQRコードコンビニでも屋台でも支払いができるので、中国人現金を持ち歩かなくなっている」とか

「街中にはシェアサイクルがあふれていて、スマホでQRコードスキャンするだけで簡単に使えて、移動がすごく便利になった」とか。

現金嫌い&便利でラクなの大好きな私としては、もう気になると実際に試してみたくてしょうがない。

というわけで、嫌がる友達を説き伏せて、野郎二人で上海へ旅立った。


が、しかし、やはり中国という国は独自路線を歩む国だ。

だってクレジットカードVISAやMasterが基本的に使えない(外国人向けホテルとか空港OK)んだよ、あの国

その代わり、中国で使えるクレジットカード中国独自の「ユニオンペイ銀聯カード)」。その隙間をスマホ決済が埋めている感じ。

そのQRコードを使ったスマホ決済にしても、基本的には中国国内銀行口座を持っていることが必要、、、って旅行客には無理じゃね?

しかし、この現代社会でいまさら現金だなんて面倒くせえ!デジタル決済最強!

なんとか抜け道はないのか、といろいろ調べて頑張った結果、以下の「ツール」を手に入れた。

スマホ決済サービス】→「微信支付WeChat Pay)」

中国国内銀行口座がなくても口座を開設OKチャージ香港の代行業者経由でやった。(気にる人はググって)

※もう一つのスマホ決済サービスである支付宝(Alipey)」は、中国銀行口座がないとダメでした。

クレジットカード】→「完全プリペイドタイプ銀聯カード

日本クレジットカード会社クレディセゾン)が発行する旅行者向けのプリペイドクレジットカード


こうした有力な武器を携え、勇者(?)2人は上海へと旅立った。



===1日目===

空港に到着。

友は、空港内の両替所で1万円を人民元両替人民元をゲット。

俺は、空港内のATMでクレジットカード人民元を引き出そうとするが、何度やっても、また別のカードを試しても、エラーダメ一人旅だったら焦るとこだけど、とりあえず人民元を友だちから借りる。現金最強。

空港からリニアモーターカー地下鉄上海中心部へと向かうべく、リニアの窓口で交通ICカードを買う。

銀聯カード」のステッカーが貼ってあるので使おうとしたら「ごめんね、現金だけ!」だってさ、、、またしても友達から人民元を借りる。

銀聯カードが使えるのはリニア乗車券だけで、ICカードの購入はキャッシュオンリーっぽい。

ホテル最寄りの地下鉄駅で降りると、駅構内ATMを発見

早速クレジットカードキャッシングを試すと、今度は無事に引き出せた。人民元ゲット!

ホテルチェックイン

外資系ホテルだけあって、Visa / Master カードOKでした。JCBダメだったけど。

観光地屋台で焼き小龍包を食べる。

QRコードをかざしてる人がいたので「お、WeChat Pay使える!?」と思ったが、Alipayだけだった。

おとなしく現金で払う。

ガイドブックに乗っている上海料理店で夕食を食べる。

Alipayステッカーしか貼ってなかったので念のため確認したけど、やはりWeChat Payは対応していないとのこと。

その代わり、銀聯カードはOKだというので、カードで払ってみる。ようやくキャッシュレスで支払!

カード暗証番号入力した上に、伝票にサインまでするという、安心だけど面倒くさい手順だった。不正利用防止?


===2日目===

観光地・豫園(よえん)の庭園見学する。

お支払は現金で!

まぁこういう殿様商売キャッシュオンリーだわな。

クチコミサイトで見つけた中華料理屋で昼食を取る。

こちらもAlipayのみ対応Wechat Payは不可。お支払は現金で!

業界番手Wechat Payは対応してない店が多いみたい。(特に老舗は)

喉が渇いたので、商業ビル内のフードコートフルーツジュースを飲む。

店員に指差しで「Wechat Payで!」と伝えてからレジ横のQRコードアプリで読み込み、自分金額入力して支払い完了

やっとQRコードで支払えた、、、

上海市内の地下鉄フェリーに乗る。交通ICカードでピピッとお支払。

自動改札だけど、自動扉じゃなくて回転棒(?)を一人ずつ回して通過するタイプ

あと、地下鉄改札口には必ずセキュリティーチェックがあって、大きな荷物スーツケース)はすべてX線チェックされる。

日本安全すぎるのか、中国が疑い深すぎるのか、よくわからなくなる。

喉が渇いたので、コンビニミネラルウォーターを買う。

スマホ画面に表示させたWechat Payのバーコードコンビニ店員がレジバーコードリーダーで読み込むだけで支払い完了

これはラク。日本コンビニで「Suicaで!」と言って支払うのと同じ感覚

大手チェーン店対応が進んでいるのは、日本中国も同じなのね。

観光客向けのバイキングレストランで夕食。

なんと、スマホ決済はもよとり、銀聯カードダメ現金のみ!

さすが観光客向けの殿様商売レジお姉ちゃんもやる気なさそうだったし。


===3日目===

中心部散歩

歩いてみた範囲だと、地元民向けの屋台WeChat PayのQRコードを貼っている店が多かった気がする。

みんながみんなQRコードキャッシュレス、というわけでもなさそう。

空港で昼食。

さすがに国際空港なのでVisa / Master もOK。

だけど悔しい(?)のでWeChat Payで払ってみる。POSレジスマホ画面のバーコードを読み込んで支払い完了

アプリ内に店名や金額など支払いの記録がいちいち残るので、証拠や記録を残すには便利かも。

===結論===

もう面倒くさいか現金でいいじゃん!

いろいろ準備したのに「ツール」の出番が少なくて残念でした。

地元民向けのお店ならもっとWeChat Payの出番があったかもしれないけど、こっちは観光客で、地元民じゃないからねぇ〜

俺もちょっと期待しすぎた部分があるし、実際に現地に行ってみて「こんなもんか」とわかったのも良い経験だったかなと。

(あと、現地人と外国人観光客じゃ越えられない壁もあるし)

今度中国に行く機会があったら、現金をメインにしつつ、それでもやっぱりWeChat Payを試してみます

が、果たしてWeChat Payのチャージ残高約1万円を使い切るのはいつになるやら、、、

2017-11-16

リボ払いって誰が使ってんだよと思ってたけど

クレジットカード管理ページにて

お支払い合計金額

XXXXXXX円

20日までは、ご請求金額の変更が可能です。

※下記よりお手続きください。

今月の請求金額を減らす >

リボ払いへの変更(後リボ



なるほど

anond:20171116140909

クレジットカードは使えるけど現金がない人が一時的現金化できるからでしょ?

25万円を31万円でクレジットカードで買えば25万円が届くし。

おかしいとは思うが今必要お金がない人間もいるんだな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん